青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「汗~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

永久~ ~永遠 永遠~ 汁~ ~求め 求め~ ~求めた ~求める 求める~ ~汗
汗~
汚~ 汚い~ ~汝 汝~ 江~ ~江戸 江戸~ ~池 池~ 池田~

「汗~」 5372, 56ppm, 2090位

▼ 汗~ (2340, 43.6%)

155 かいて, 流して 87 拭いて 72 拭きながら 65 拭いた 53 ふきながら 41 掻いて, 流しながら 38 ふいて 28 かいた 25 ふいた, 拭き 24 拭いながら 19 拭った 17 かきながら, 出して 16 拭って, 握って 15 ながして 12 にじませながら, 拭く 11 にぎって, びっしょりかい 10 ぬぐいながら, 流した 9 にじませて 8 拭くの, 拭ひ 7 たらして, だらだら流し, ぬぐった, ぬぐって, ふきました, ハンカチで 6 かく, 握る 5 しぼって, 拭いたり, 掻きながら, 流しに, 滲ませて, 覚えた

4 [17件] かくの, ためて, ふいたり, ふきふき, ふく, タラタラ流し, 垂らして, 拭うと, 拭きつつ, 拭きました, 拭くと, 掻いた, 握った, 流し, 流したり, 滲ませながら, 額に

3 [34件] おぼえた, かいたよ, しぼつ, ながし, ながす, にぎりました, ぬぐつた, ダク, ダラダラ流し, ハンケチで, 出しながら, 含んで, 吹いて, 垂らしながら, 平手で, 感じた, 手で, 手の甲で, 手巾で, 手拭で, 手拭に, 拭いては, 拭き拭き私, 拭つた, 掌で, 掻かせる程, 洗ふ, 流し息, 流し血, 浮かべて, 浮べて, 滴らしながら, 絞って, 肱で

2 [100件] お出し, お拭き, かいたと, かいたの, かいたまま, かいたやう, かいたり, かいたわ, かいた硝子戸, かかせて, かきそう, かきはじめて, かきましたよ, かくこと, かくと, かくので, かくほどの, かこうと, ぐっしょりかい, こすって, しとどに, たらしながら, だくだくながし, ながしながら, ながしに, にぎらせ溜息, にぎりましたが, のろのろ拭きはじめた, びつしより掻い, ふき, ふくと, ふくの, ぽとぽとおとし, もって, やけに, ダラダラ垂らし, ビッショリかい, ビッショリ掻い, 一度に, 乾かして, 光らせながら, 取ったせい, 取って, 垂, 小汚い手拭, 懐紙で, 手のひらで, 押し拭って, 押へ, 拭いたが, 拭いつつ, 拭うこと, 拭うた, 拭うの, 拭きそれから, 拭きますが, 拭きも, 拭き乍ら, 拭き取った, 拭き拭き, 拭き片手, 拭ひ去り, 指で, 掻かせましたが, 握つた拳, 握つて, 握らせるほどの, 握らせるわけ, 握りました, 握り固唾, 握り水族館, 搾り搾られた揚句, 洗い落し, 洗う, 洗ひ, 流いて, 流さないと, 流さんと, 流しいびき, 流したこと, 流したの, 流したら何, 流しました, 流し全身, 流し耕作, 流す, 流すこと, 流すと, 流すの, 浮かせて, 滲ませた, 無雑作, 私は, 縁側の, 腕で, 袂で, 覚えたの, 覚えながら, 覺えた, 道に

1 [886件 抜粋] あおぐ, うかべた顔, うかめ, おかきでしょう, おかきにな, おさえながら, おし拭っ, おふき, おぼえながらも, かいたが, かいたぜ, かいたろうが, かいた唾, かいた幽霊, かいた手, かいた馬, かいた高い, かいちゃ, かいちゃって, かいても, かいてるところ, かいてる赤ら顔, かかされたもの, かかして, かかせられたからな, かかせる, かかせるほど, かかなけや, かき, かきあめりか, かきかき商売, かきかき決して, かきさ, かきなお, かきはじめました, かきまして, かきます, かきも, かきコンセルジェ, かき土, かき息, かき煙草, かき熱演, かき申すべきなり, かき脂, かき苦しんだ, かき身体じゅう, かき辻占, かき頭, かくか, かくくらい, かくことしきり, かくだけ, かくとは, かくほど, かくよう, かくゾー, かく力もない, かく裸馬, かく迄, かけ, きらり, こくめい, こすりこすり近づいて, こすりながら, こすッ, こらえて, さへ, しきりにこぼれ松葉, したたらせるそういう, したたらせ鼻息, して, しぼった二挺, しぼらせて, しぼられたもの, しぼりださせ白い, しぼり取る鬼共, しぼり石径, しぼると, しぼる山道, じとじとに, すっかり洗, ずっぷりと, そっとハンケチ, そっと拭うた, たたえて, たたえられ真に, たっぷりお, たらし, たらしました, たらしゆげ, たらし獣みたい, たらし行進, だすの, だらだらと, だらだらながし, とらない, ながした, ながしたの, ながしてる, ながし着替え, ながすや, にぎったり, にぎった途端, にぎらしたうえ, にぎりしめて, にぎる, にぎる諸, にじまして, にじまし息, にじませたまま, にじませてること, にじませること, にじませ夢現, にじませ酒, にじみ出さ, ぬぐいしばらく, ぬぐいつ, ぬぐいぬ, ぬぐい喘ぎ喘ぎ踏み登って, ぬぐい握り拳, ぬぐい終らぬうち, ぬぐい襟, ぬぐい食事, ぬぐうに, ぬぐう時, ぬぐおうとも, ぬぐつてくれたところであつた, ぬぐひながら, ぬぐひながら座, ぬぐひ煙草, ぬぐふため, ぬらして, はたはた流し, はらいながら, ひそめて, びっしょりかき, ふいたの, ふいても, ふかせた, ふきずめ, ふきつつ, ふきふきかえって, ふきふきかけて, ふきふきさかん, ふきふき仕事, ふきふき出かけましたらお, ふきふき切り, ふきふき台所, ふきふき婆さん, ふきふき林, ふきふき正成, ふきふき演説, ふきふき言, ふきふき誰彼, ふきふき駆けつけたあ, ふきふき駈け戻って, ふき仕事, ふき四年生, ふき氷水, ふき鍬, ふき馬, ふくに, ふくよう, ふくんで, ふく人足たち, ふく木蔭, ふせぐため, ぷつぷつと浮かべ, べっとりと, ぽとぽとこぼし, まだかい, ものうげ, ゆっくり拭っ, わすれて, カフスに, グッショリかい, シヤツで, ジリジリと, タオルで, タラリタラリと, ダクダク出し, ハンカチーフで, ビッショリかき, ビッショリ掻き, ポケットの, ポタポタたらし, ポタポタと, ポタポタ落し, 一杯流し, 中心に, 乾かさうと, 乾かし俄, 乾すひま, 二本の, 亡妻の, 代償として, 余計お, 光らして, 入れたり, 入れると, 全く洗, 冷う, 出させて, 出さなければ, 出したの, 出した記念, 出してるよう, 出し足, 出すくら, 出すという, 分泌させた, 取った, 取ります, 取る, 吝しむ, 吝ん, 吸った, 吹かせて, 吹きそう, 吹きはじめた, 吹抜きの, 唇を, 噴きだした, 垂らし手, 変じて, 夕方の, 大きなタオル, 容赦なく, 帯びて, 康子は, 引込める策略, 彼の, 御拭きなさる, 忘れしめ感心, 忘れた時, 怺えて, 惜しまず体力, 想像するなら, 感じながら, 慌しく拭き, 手ぬぐいで, 手拭いで, 払ったそう, 払って, 押えて, 押しぬぐいながら, 押しぬぐった, 押しぬぐったが, 押し拭いつつ, 押し拭いトントン, 押し拭った頃, 押拭った, 押拭つた, 拂つて, 拭いたって, 拭いた一八郎, 拭いた一樹, 拭いた覆面, 拭いちょっと, 拭いました, 拭いませぬ, 拭い上げた, 拭い夢, 拭い払って, 拭い拭い帰って, 拭い拭い老, 拭い此方, 拭うため, 拭うひま, 拭うふり, 拭う暇, 拭う風付き, 拭かうとも, 拭きそのまま直ぐ, 拭きそれからまた, 拭きたり, 拭きとった, 拭きなさい, 拭きなって, 拭きぬいて, 拭きふき二階, 拭きましたっけ, 拭きますと, 拭き乍らガラツ八, 拭き去られたその, 拭き古, 拭き土手, 拭き巻煙草, 拭き忘れて, 拭き押, 拭き拭きうなだれて, 拭き拭きうれし, 拭き拭きお辞儀, 拭き拭きかつぎ込むという, 拭き拭きそこ, 拭き拭きついて, 拭き拭きまた, 拭き拭きイヨイヨ吶弁, 拭き拭きペン, 拭き拭き云った, 拭き拭き亥歳, 拭き拭き八時三十分発急行列車富士号, 拭き拭き力, 拭き拭き受け流して, 拭き拭き台所, 拭き拭き小姓, 拭き拭き年寄り, 拭き拭き戻って, 拭き拭き挨拶, 拭き拭き書いた記憶, 拭き拭き歩いて, 拭き拭き申し上げるの, 拭き拭き立去るの, 拭き拭き笑って, 拭き拭き船頭, 拭き拭き通りかかった看護婦, 拭き拭き頗る, 拭き拭き顔, 拭き続けた, 拭き茶, 拭き靱負, 拭くその, 拭くため, 拭くところ, 拭くひま, 拭くまた, 拭くまもなく, 拭くん, 拭く手, 拭く真似, 拭く間, 拭く顔, 拭こうにも, 拭ったものの, 拭つてさつ, 拭つてのろのろ, 拭はんとて, 拭ひだした, 拭ひつ弁疏せり, 拭ひとつた, 拭ふ, 振って, 掻いたが, 掻いたり, 掻いたわけぢ, 掻かしを, 掻かせられる, 掻きたる輩, 掻きました, 掻き憂鬱, 掻き顔色蒼, 掻くと, 掻くまでも, 掻くやう, 提つて彼等の, 握ったとき, 握ったまま, 握つた, 握つたり, 握つて心配, 握らしむるのはいいが, 握らしむる程度, 握らせた, 握らせやしたしなあ, 握らせられましたよ, 握らせるよう, 握らせる戦慄, 握りわが, 握り出した, 握り荒い, 握り詰め, 握ること数, 握るの, 握るもの, 握るやう, 握る一大事, 握る思ひで, 握れども, 搾つて, 搾らせながら, 搾るよう, 撫であげる様子, 撫でる, 擦って, 旅館の, 木崎は, 横に, 水の, 汚れた手拭, 泛かせ, 泥に, 洗いに, 洗い帷子, 洗い流しゆったり, 洗い流すよう, 洗い落し二階, 洗うほど, 洗ったり, 流さうと, 流させた, 流されて, 流さんばかりに, 流しかき回し夜通し骨, 流しそれでも, 流したいの, 流したでなあ, 流した人生, 流した顔, 流しつづけた, 流してさえ, 流してるの, 流しひたすら, 流しますこの, 流しやっと, 流しブルブル, 流し一生懸命一心不乱, 流し二階, 流し去った心持ち, 流し呻吟, 流し埃, 流し座敷, 流し曳哉, 流し歯, 流し死声, 流し流し聲, 流し犬, 流し発作的, 流し眼, 流し続けた, 流し草花, 流し雨, 流し顔, 流し骨, 流すそれから, 流すでは, 流すとき, 流すなど, 流すん, 流す様子, 流す若者, 流す音曲, 流せるなんて, 流そうという, 浮かし何, 浮かべしきりに, 浮かべながら, 浴びた彼, 浴びながら, 減ずるに, 湛え鼻, 溜めては, 滲ませるころ砂丘, 滴らしつつ, 滴らして, 滴らすさ, 濡らさざるを, 瀝らし, 特別に, 用心深く拭きとり, 発すとて, 白いハンカチーフ, 眼に, 睨めた, 知らない肌, 私に, 紋也は, 絞った貯金二千余円, 絞つて, 絞りつくす程, 絞りながら, 絞り出す空気, 絞り抜いた一昨日来, 絞るん, 股より, 肩に, 肩へ, 腰に, 舐めるの, 落しに, 落ちつけながら, 落とし甚内, 行水に, 覆ふと, 見たお, 見たから, 見るごとくおろそか, 見るとき, 覚える, 覚ゆる, 覚ゆる惨憺, 誘いて, 誘ふあらゆる, 道服の, 邪慳に, 鎧下着の, 額いっぱいに, 額へ, 飛ばせながら, 鼠いろ

▼ 汗~ (774, 14.4%)

37 出て 29 流れて 24 にじんで 20 流れた 16 出る 15 滲んで 12 出た 10 にじみ出て 8 額から 7 流れる, 浮いて 6 タラタラと 5 たらたらと, にじみ出した, にじみ出た, わいて, 眼に 4 にじみだして, にじみ出して, にじむ, にじんだ, 光って, 滲み出した, 滲んだ, 額に, 顔に

3 [15件] たら, でて, ながれて, にじむほど, ぽた, 全身に, 出ます, 出ると, 出るほど, 流れました, 湧きそれ, 滲み出て, 玉を, 目に, 眼には

2 [41件] あった, あつた, あふれて, しつとり, だくだく出, ぢり, ながれました, にじみ出す程, びっしょりと, ぽたぽたと, ジットリと, ダラダラと, ボトボトと, 一時に, 乾いて, 全身を, 出たから, 出ても, 出ましたね, 出るよ, 出るよう, 少し煮染み出した, 彼の, 手のひらに, 氣に, 流された, 流れるばかり, 流れるやう, 流れ出す, 満身に, 滝の, 滲みさうだつ, 滲み出た, 滲み出る, 背に, 背を, 背中を, 背筋に, 腋の下に, 頬を, 顔から

1 [395件] あってよ, あるぢ, あんまり出る, いちめんに, いち早く頸, うかんで, うき彼, うき長い, おさまった, ぎらぎら浮い, ぐつしより私の, ころげて, ころげ落ち, こんなににじむ, こんなに流れる, さっぱりと, さめて, しきりに蒸発, したたった, したたつて, したたりました, したたるよう, しとどに, しばしば顎, しみこんだの, しみ出した, しみ出るので, じっとりし, じっとり出る, じとじとと, じとじとに, じとじと渉, じりじりと, じんわりにじみ出たらしく, すだれ, すっかり霜, すらすらいける, その額, それと, たくさん出た, たらたら出, たらたら流れ, たらたら流れた, たらたら流れる, たらたら額, だくだくと, だらだらと, だらだら気味, だらだら流れる, ちっとも出な, つくの, つるりと博士, てらてらと, でた, でるの, でる手, でる熱, どっとふき出, どんどん流れだし, ながれた, ながれても, ながれます, ながれ光つて, なんだ, におう, におって, にじみさ, にじみだしました, にじみだすほど, にじみでる湯あがり, にじみはだけた胸, にじみます, にじみます午後, にじみまだ, にじみやすい, にじみ八重子, にじみ出しました, にじみ出し無数, にじみ出すの, にじみ出すよう, にじみ出たの, にじみ出る, にじみ出るという, にじみ出るの, にじみ出る感じ, にじみ始めた, にじみ見えて, にじむくらい, にじむやう, にじむよう, にじむ様, にじんでる青ざめた額, ぬるぬるし, ねっとりと, ねつとり滲み出, ばらばら流れた, ひいたため, ひいたところ, ひたいに, ひとすじ流れ, ひどいから, ひどくて, ひどく八, ひどく出, びっしょりだった, びっしょりに, びっしょりよ, びつしりと髮の, ふきだしてたらたらと, ふけないので, ぼたぼた落ちた, ぼとぼとに, ぽたぽた流れ落ちた, ましろな, まとって, やんだところ, ようよう収まる, よほど多分, りんりと, わき出でた, わき結局, わく, わくみたい, グッショリ滲ん, シャツを, シャツを通して, ジックリと, ジットリ浮ん, ジメ, ジリジリと, スーッと, タラタラ流れ, ダク, ニジミ出, ニジム程の, ネト, パラパラと, ヒヤヒヤと, ビッショリ流れる, ボタボタと, ポタ, ポタポタと, ポト, ポトポトと, ポロポロ出, ワイシャツの, 一つ一つ粒に, 一度に, 一粒, 一粒一粒に, 一遍に, 一面に, 上着の, 上衣まで, 下方へ, 乾いた, 乾いたこと, 乾かないうち, 乾きかけたせい, 乾きかけると, 二人の, 付き髪, 体から, 体じゅうの, 体に, 体中に, 何よりも, 何時の間にかひき去っ, 先刻貰った, 光り, 入るから, 其の趾, 内ぶところ, 冷えて, 冷え切って, 冷く, 凍って, 出かねない程, 出そう, 出たくらい, 出たね, 出たの, 出たので, 出たり, 出たん, 出たア, 出た心持, 出た急いだので, 出た田部, 出づるかな, 出てから, 出ないという, 出ないの, 出ないので, 出なくて, 出ましたよ, 出ますでございますよ, 出ます汗, 出ます面目次第, 出るうららかさ, 出るかと, 出るから, 出るくらい, 出るぐらい, 出るという, 出るので, 出るばかり, 出る出る, 出る始末, 出る息, 出る様, 列の, 収まった, 収りました, 取れましたか, 口中へ, 右の, 吊るしランプ, 吹き出して, 喉の, 噴き出して, 垂, 垂れた, 多いのねえ, 大いに出る, 大きいしずく, 大きな滴, 大きな粒, 大変に, 宇治の, 客を, 寝捨てた布団, 寝衣, 小麦色に, 少し乾く, 岩を, 幾すじかの, 幾つにも, 引いて, 引っ切り, 引っ込むよう, 引込むに, 引込んだん, 引込んで, 張子の, 急速に, 感じられる, 握られて, 文字通り滝だ, 更に湧いた, 机に, 染み出て, 染み出ました, 染んで, 楓の, 次第に鼻, 止度なく, 毛穴に, 気味悪く腋の下, 水銀の, 汗ばみ女, 沁みる, 沁んで, 沈む, 沢山出, 沸, 沸え, 泛んで, 流る, 流れおちて, 流れこみました, 流れしと, 流れずには, 流れたよ, 流れた私, 流れだしました, 流れで, 流れます, 流れるほど, 流れるよう, 流れる私, 流れればと, 流れ一人, 流れ一滴, 流れ五体, 流れ出した, 流れ初めた, 流れ呼吸, 流れ息, 流れ私, 流れ込まあ, 流れ顔, 浮かんで, 浮き出して, 浮んで, 浸み出して, 浸み出た, 浸むや, 涌いて, 淋漓と, 湧いて, 湧きました, 湧出し流れる, 湯気の, 溜り聴衆, 溜息が, 溢れでたの, 滝より, 滲みでました, 滲みともすると, 滲みながれたほど, 滲み出したが, 滲み出して, 滲み出します, 滲み出すよう, 滲み出たやう, 滲み出るの, 滲み出る位, 滲み胸, 滲むほどの, 滴って, 滴に, 滴り初めた, 滴り落ちとうてい, 漲つて, 激しいので, 激しくなっ, 烏帽子際から, 無暗に, 煮染み出した, 玉と, 玉に, 玉にな, 玉の, 玉太郎の, 珠の, 白い函, 直ちに空気, 真白い霜, 眼へ, 瞼を, 短冊に, 石の, 私の, 筋を, 糸を, 絞り出された, 絶えず滲み出た, 絶え間なく, 絹衣に, 総身を, 耳へ, 肌に, 背中と, 背中に, 胸から, 脇の下も, 腋の下を, 腋下を, 腕を, 膏と, 膏の, 茶帷子の, 落ちて, 落ちる, 蒸し暑さ, 蒸し蒸し, 蒸発しない, 蝋に, 血が, 血の, 襟もとに, 襟筋から, 襟首から, 襯衣に, 西陽に, 見えた, 言うに, 走った, 走り寝ぼけたよう, 載って, 輝やき流れ, 酷いと, 雨の, 音も, 頭から, 頸筋から, 額の, 額を, 顎を, 顔をも, 風呂敷を通して, 首の, 黄薔薇と, 黒くしみ出

▼ 汗~ (443, 8.2%)

25 玉が 11 玉を 6 ような, 匂いが 4 においが, やうに, 出るほど, 出るまで, 玉の, 珠が, 粒が, 顔を 3 ために, やうな, 流れるの, 粒を, 臭いが, 臭ひ, 身うちに, 額を

2 [42件] しずくが, すじが, ため肌へ, たれるよう, つぶが, ところへ, においに, にじみ出て, にじみ出るの, にじみ出るよう, にじむ日, にじんだ私, にじんだ額, にじんで, ひくの, ひどさ, ほけ烟, ように, 下に, 冷えを, 冷めたくなるの, 出るの, 出る土用, 匂いと, 匂ひ, 匂を, 如し, 流れる思, 湯気の, 珠を, 籠った言葉, 結晶だの, 肌に, 贖いである, 雨ダレを, 雫が, 顔に, 香, 香いが, 香が, 香の, 香を

1 [255件] あとの, あふれた土地, ある手, うえに, うちに, うるみを, おさまった顔, かたまったもの, かたまりの, ことは, ことまで, ごとく, ごとくに, ごとしさ, しずくで, しずくを, した, したたる, したたるも, したたる難儀, しづくが, しづくによって, しみた肉襦袢, しめりで糊, すこし流れた, すじを, するほど, たまが, たまった顔, ため厚化粧の, だくだく流れる, だらだら流れる, ついたシャツ, ついた手首, ついた指, つぶつぶを, つぶを, つめたさ, でない程度, でるの, でるよう, でる日, ない工藝, なか, ながれるの, においで, においであった, においとが, においなど, においを, におい葉煙草の, におい食料脂の, におう町, にじみ出して, にじみ出すよう, にじみ出たこと, にじみ出た全身, にじみ出るころ, にじむの, にじむよう, にじむ心地, にじむ様, にじんだ手拭, にじんだ熱っぽい, にちや, ひいて, ひろがりが, ふき出る, よごれが, アの, シヤツ夜も, ショーレイは, ジットリ滲ん, ブツブツを, 一と, 一粒に, 上に, 中から, 中で, 中に, 中にでも, 中の, 中へ, 中を, 乾かない襟, 乾かぬうち, 乾くにおい, 乾くまもなく, 乾く臭い, 代価で, 代償の, 代金と, 体を, 体臭は, 価を, 光りの, 光る紙, 光る顔, 冷, 冷たくなる, 処へ, 出が, 出さうな, 出て, 出ないの, 出なくなるって, 出ることしきり, 出るほどに, 出るやう, 出る仕事, 出る位, 出る季節, 出る思い, 出る気支, 出る間大助, 匂いで, 匂いや, 匂いやら, 匂いを, 匂とが, 匂の, 化物, 単帯を, 口な, 味だろう, 固り, 垂れて, 報はれ, 塊り, 塩も, 声が, 多い體質, 大きな玉, 如しと, 子孫が, 子霧雪を, 季節に, 帽子を, 引き込むほど, 後ようやく, 後継者太宗の, 後裔が, 心を, 心持を, 怒りを, 悩ましげ, 意志なり, 感じが, 手に, 指導に, 掌へ, 放散を, 植物のに, 止まらぬうち, 死後十年の, 殺気が, 毛孔は, 民衆が, 気とともに, 水も, 汚点を, 汚點, 沁み出た両手, 沈まるまで, 泌出た, 流るぞ, 流るる額, 流れてる顔, 流れるという, 流れるやう, 流れる七月, 流れる身体, 流れ流れぬ, 浮いたこめかみ, 浮いたガラス戸越し, 浮き流れ, 浮く真夏, 浸染んだ, 深い河, 湧くの, 湧く悩まし, 湧出づるとともに, 滝で, 滝を, 滲み出すよう, 滲み出た額, 滲み出るの, 滲む滑稽, 滴が, 滴より, 滴るの, 滴るほど, 濡れ通った, 濡れ通つたのが, 為に, 熱さ, 爲に, 玉だらけの, 玉で, 玉も, 玉や, 珠拭い, 球が, 由です, 目に, 真価を, 粒々が, 粒々辛苦の, 結晶とを, 絶えないのにも, 緑の, 美しさ, 群集群集群集, 背が, 胸を, 臭いに, 臭いの, 臭が, 臭ったらがまん, 臭などの, 臭の, 臭ひでも, 臭を, 臭気が, 臭気ほど, 臭気を, 臭車に, 至りに, 苦しきを, 苦労が, 落ちるの, 蒸気とが, 薬, 襟元へ, 見える日, 言葉は, 話が, 賜物なり, 身體を, 辛うじて齎ら, 進路を, 量を, 銭を, 靄が, 頭から, 額に, 顔が, 香いなら, 香とで, 香好き娘は, 香涙の, 鬣, 鹽辛さの, 默啜の, 鼻持ちならぬ

▼ 汗~ (343, 6.4%)

38 なって 17 まみれて 12 ぬれて 10 なつた 6 なりながら, 成りて 4 なった, まびれ, 塗れて 3 なったので, なりて, なりての, 光って, 濡れて

2 [14件] おなりなさいました, なった我々, なる, なるから, まじって, まみれたシャツ, まみれ息, まみれ自分, 斑ち, 汚なくし, 汚れた体, 濡れた肌, 薫蒸し, 褪め風

1 [199件] うじゃじゃけて赤く, うるおされその, うるおって, およごれ, かがやき見えるの, かすんで, かわって, くつついた, ぐっしょりと, ぐつしより濡らした, ぐつしより濡れ, ぐつしより濡れた, けむって, こびりついた埃, ござります, して, しみたる防空着, しみて, しみみ粒だつ紅, しみるから, しめって, じめじめする, するばかり, たかる土, ちらちらと, つかれて, つもった土ほこり, とけこむ涙, なったから, なったの, なった垢, なった所々, なった肌, なった衣服, なった襦袢, なった詰襟, なった身体, なった鎧下, なった顔, なつて, なりたる武男, なりつ, なりぬ, なりました, なりましたよ, なりまして, なりませんから, なり袂, なること, なると, なるほど, なるん, なる処, なる所, にじみながら, にじんで, ぬらして, ぬれそぼちながら, ぬれた, ぬれたはげ頭, ぬれたシャツ, ぬれた坊主頭, ぬれた手, ぬれた手の平, ぬれた肌, ぬれた膚, ぬれた赤ひげ, ぬれてるその, ぬれてる彼女, ぬれながら, ぬれ修学旅行, ぬれ埃, ぬれ草, ぬれ蝋燭, ぬれ身体, ぬれ頬, ひかり肩, ひたされて, ひたりて, ひたりました, ひたる, びしょぬれていたかれ, ふやけた五体, へばりついて, ほこりが, まぶれ, まみれた武士, まみれた百姓, まみれた肌, まみれた身体, まみれた運搬夫, まみれた額, まみれた顔, まみれついたは, まみれながら, まみれむ, まみれる頃, まみれ半ば裸, まみれ焼けつくよう, まみれ目, まみれ鞴, まみれ頭, よごれた肌着, よごれた財布, よごれわかめ, わが背, ヘトヘトに, 二筋三筋溶け, 五体は, 体を, 光り, 光りその, 冷え切った全身, 冷たく盲目, 商ひといふ, 商ひといふ事はじめばや, 嗄れた声, 土が, 堪へられなくなつ, 堪へ難き, 塗れた旅姿, 塗れた顏, 塗れた顔, 寄食し, 惱まさる, 惱みつ, 成つて居る, 成つて歩い, 成りましたから, 成り蒟蒻, 成れば, 押浸し, 揉れ, 揺れつつ, 擬するの, 映って, 曇って, 染みるので, 染み埃, 汚ご, 汚れた物, 汚れ易い, 沾うた絹衣を, 洗われたその, 浴すること, 浴びると, 浸って, 浸れる, 溶ける白粉, 滲みまるで, 滲んで, 滴るや, 濡るる, 濡れただよう, 濡れたる, 濡れたる単, 濡れたる枕, 濡れたハンケチ, 濡れた手帛, 濡れた書簡, 濡れた毛並, 濡れた氏, 濡れた着物, 濡れた老, 濡れた髪, 濡れた髪の毛, 濡れながら, 濡れるの, 濡れクタレ, 濡れ喰, 濡れ照りつける陽, 濡れ纏りつ, 濡れ額, 焼け, 燃えて, 燃し, 痩せ無頼, 眩まされまいと, 眼が, 眼を, 粘って, 粘り付いて, 老眼晦く, 肌着も, 苦ま, 萎えた身体, 蒸されて, 蒸される熱, 蒸れた襟元, 蝕むまなこゆゑ, 血涙の, 裾も, 西陽が, 貼りついて, 身をば, 身体を, 陳弁し, 額の, 飛ぶ如く

▼ 汗~ (211, 3.9%)

10 埃に 6 涙で 4 埃り 3 なって, 一緒に, 土に, 埃とに, 埃を, 涙と, 涙とを, 涙の

2 [25件] あぶらが, いっしょに, ほこりを, ホコリに, 冷い, 垢の, 埃で, 埃と, 埃の, 塵に, 泥に, 涙とが, 涙に, 白粉の, 脂が, 膏とを, 血で, 血と, 血とで, 血に, 血の, 血を, 限りなき, 静こころなき, 革具の

1 [117件] あぶらで二人, あぶらで光る顔, あぶらを, いったら, いって, お白い, なくして, なつた, なつて, なやみに, なり鼻腔, はっきり区別, みる方, わきがと, ホコリを, 一所に, 一緒にな, 丹精によって, 云つたら, 人の, 代を, 体臭とが, 元気に, 冷汗を, 動悸で, 同時に身体, 吸入の, 吹雪の, 呻き声, 呼び先輩, 喘ぎの, 嘔気が, 四人の, 土けむり, 土で, 土との, 土の, 土まみれな, 垢が, 垢で, 垢と, 垢とが, 垢とで, 垢とを, 垢まみれの, 埃が, 埃だ, 埃だらけにな, 埃とで, 塵で, 塵埃と, 塵埃に, 変な, 小便との, 差別は, 恥かし, 息に, 息苦しさ, 戦う時, 戦慄, 日に, 株券の, 棉とが, 気息に, 気息の, 水っぱなとで, 水洟に, 油が, 油で, 油とで, 油に, 泡を, 涎れ, 涙を, 灰と, 炎の, 炎熱とに, 炭粉で, 煤とで, 熱い涙, 熱とに, 熱の, 獰猛な, 疲れに, 疲労と, 疲勞とに, 疲勞に, 白粉を, 盗汗との, 真実の, 砂ほこりに, 砂ぼこりに, 砂漠の, 破格の, 私は, 税による, 精根を, 精魂だ, 肌の, 脂を, 脂粉の, 脂肪ぎった溌剌たる, 膏と, 膩との, 膩の, 藪と, 血が, 血パンパンや, 違つて粘り気が, 金の, 銀平は, 鍬から, 陽の, 雨で, 雨とで, 靴革の, 香油の

▼ 汗~ (153, 2.8%)

9 滝の 3 流れて 2 乾いて, 四肢より, 氷の, 淋漓と, 滴り無縁, 薄紅, 袴を, 身體を

1 [125件] あな生な, いきいきと, いまに, かくけれど, こころから他, こひしき, ざっと音, した, しぼって, しんしんと, すうっと, その作業, その者, たぐいの, たらたらと, だく, だらだらと, つめたく肌, でる動き, どうだ, にじみ居, にじめり, ひどいひどい有様, ふいて, ふつふつと, まず杓子, まだ流れつづけ, よけい流れた, カラーによって, タクタク流れる, ダクダク湧く, ダラダラと, ビッショリ, ピラミッドの, マトモに, 一夜で, 一方は, 不必要, 両の, 乾いた, 二人の, 人々の, 仏の, 僅かな, 僅に, 元来乾い, 入えっし, 全身を, 冷え肺, 出たが, 出て, 出なかったが, 出るが, 出る雪, 前々から, 半蔵の, 又一時流出, 双馬, 土の, 地を, 垂, 塩に, 塩辛かった, 夥しく増えた, 大きな水滴, 天与の, 太腹に, 寝衣, 川より, 己が, 引っ込むが, 必ずしも象徴, 忽ちにし, 悠然と成吉思汗, 悲鳴を, 拭く鼻くそ, 放散し, 日本の, 極度の, 欧洲を, 止め度なく, 止め度も, 水では, 水を, 油汗と, 泉の, 泣ける, 流されむ, 流るるばかり, 流る眼, 流れる咽喉, 流れ呼吸, 淋漓として, 滝なし, 滲ませながら, 瀧の, 瀬に, 爺さんの, 玉と, 玉を, 産の, 用捨なく, 男に, 病と, 直ちに拭い, 眼と, 眼鏡を, 祈祷の, 私の, 筋肉を, 粘くだんだん, 紅の, 肋骨の, 蒙古語, 血と, 衣を, 衫, 袷の, 豆粒位な, 貧を, 遠慮なく, 重ねて, 閉め切った部屋, 飯が, 鬢毛に

▼ 汗~ (141, 2.6%)

3 しとどに, ぬれたシャツ 2 ぐつしより濡れ, その快よい, ぬれて, びつしより, シャツは, ビッショリに, 眼が, 着物が, 裾に

1 [117件] あつたの, いっぱいだった, いっぱいで, おっつけない程, ぐしょぐしょに, ぐちゃぐちゃ草, ぐっしょりと, ぐつしりと濕る, ぐッしょり, しめった髪, しめって, しめらせ婉然, じっとりと, じっとりに, すっかり寒天みたい, すっかり濡れ, それを, たちまち絵の具皿, つめたくぬるついた佃, てかてか光る, てらてらさせ, でも, ぬらぬらし, ぬらめいた手, ぬれ, ぬれかわいたところ, ぬれたの, ぬれたシヤツ, ぬれた肌, ねち, ねばねばし, びしょびしょ濡れ, びっしょりである, びっしょりに, びっしょり濡れ, びつしよりだ, びつしよりになつた石油十銭醤油七銭眼鏡四十五銭, べたべたに, べっとりの, べとついて, べとべとした, ぼとぼとに, むずむずする, やっと噺, やりきれない, よごれた旅装束, ギラギラ光った, グッショリだった, シャツを, ジットリと, ズクズクに, ドンドン拠り出した, ネバネバした, ビショ濡れに, ビッショリし, ビッショリです, ビツシヨリし, ベッタリと, ベトベトである, ベトベトに, リボンを, 一回終る, 上気した, 体中を, 働いてるん, 光, 光って, 光つてゐた, 光つてゐる, 剥げかかって, 力を, 励ました, 唸つて, 墨が, 平べつ, 幾たびも, 彩色され, 後頭部に, 得ること, 掻き集めて, 日の丸を, 最切, 朽ちた, 染め抜かれて, 権藤病院に, 水を, 汚されて, 油ぎってる黒い, 油切ってる, 温かいぼってり, 湿って, 湿つて, 湿らせ端麗, 滲ませた, 濕した, 濡らし真っ青, 濡れた, 濡れた博士, 濡れた広い, 濡れなければ, 煮えるやう, 熱くさい, 白粉を, 眼まい, 私は, 粘って, 美しい襦袢, 肌に, 腐蝕せられ, 自分の, 自分等の, 臭くなっ, 身体は, 輝き頬, 辷るばかり, 長髪を, 黒く光る

▼ 汗~ (82, 1.5%)

3 しと, ふかずに 2 かかずに, しとどに, 乾き心持, 出ないのに

1 [68件] いわゆる軽く, お身体, かかずゆるい, かかないで, かかない人柄, かかない帯, こぼれれば, さすがに, ざっと流した, しとどと, しどろに, すぐ乾いた, せん, その中, たちの, つきせぬ愛, でねえの, なかなか面白い, ねばねばとして, ふき体, ふき忘れた如く, ふけず弱る, りんりと, ろくろく流させない, わすれて, 一人前に, 一時に, 乾いて, 出さずに, 出さず綽々, 出でず稍, 出ないで, 出ないほど, 出なかつたの, 出なければ, 出ぬ額, 出るの, 出れば, 同じ思い, 小石に, 感じないで, 感じぬらしく端然, 拭かず矢鱈, 拭かないで, 拭けないの, 拭はずに, 拭はず好い, 掻かずに, 掻きやしません, 汗行も, 流さず車中, 流さないから, 流した, 流して, 流れないほど, 流れ口, 涙も, 涼やかに, 湯玉かと, 燦きよろこび, 痛みも, 美しい一羽, 膏も, 血も, 褐色では, 遠いもの, 酸え, 銀平も

▼ 汗~ (54, 1.0%)

5 て働く 4 てパン 2 ている, て得た, て苦しみ

1 [39件] きりである, つつにない登る, て, てあせっ, てえた, てかかっ, てかせいだ, てなほ, てはたらく, てもっ, てより, て一生けんめい, て働い, て働き, て働け, て勤労, て告げ, て土地, て居た, て得る, て念じないで, て愈, て森, て歩, て淋漓, て生, て眺め, て着実, て築き上げたる, て聞え, て自力, て言った, て逃れ去る, て食, て食う, て駈け, と, ながら入っ, 最後の

▼ 汗だらけ~ (32, 0.6%)

7 になっ 3 になり 2 だけれども, になつて

1 [18件] だ, だった, だもん, で背中, となっ, にし, になった, になつ, になつて下, のその, のシュミーズ, の人, の努力, の手, の洋服, の浴衣掛け, の顏, の顔

▼ 汗臭い~ (30, 0.6%)

2 ぞ, も, 帽子を

1 [24件] からです, から焚き占めましょう, から行水, が俺, くらいなに, のも, のを, ものが, 人間が, 余熱を, 匂ひ, 匂も, 寝床の, 小判なんかに, 握飯, 油ぎった顔を, 浅黄色の, 満員の, 狩衣を, 紺サアジを, 身体に, 身体を, 輜重車を, 頭を

▼ 汗びっしょり~ (29, 0.5%)

11 になっ 3 になった 2 だった, である, です 1 で何とも, で握りしめた五円札, なの, になってる, になり, の我, まっかな顔, 脚の, 道子団扇で

▼ 汗まみれ~ (27, 0.5%)

11 になっ 5 になった 2 の正 1 だろう, であるいて, で都, なのに, な喘ぎ喘ぎ, な額, になり, になり疲れはて, の勞苦

▼ 汗~ (25, 0.5%)

3 垢が 2 あぶらやゴミ, 垢の, 涙を, 血に

1 [14件] あぶらや, きたないもの, さ, スチェンカ・ラージンほど, 垢に, 埃が, 埃に, 埃ま, 息から, 泥に, 涙の, 脂が, 脂を, 膏や

▼ 汗かき~ (22, 0.4%)

2 に行く

1 [20件] だった, て居り, て日々恙, である, でしたが, で唇, な, ながらけえっ, ながらすすっ, ながら目, なので, なのに, のほう, のピチピチ, の八重子, の登勢, 喘ぐ事遠方, 大息つい, 息張るその, 息張る其中

▼ 汗くさい~ (21, 0.4%)

1 [21件] こと, ちぢみに, っていう, よごれた着物, ベトベトした, 人いきれが, 体では, 兄の, 兵の, 変な, 日向っ, 暗がりの, 武者修行風呂敷と, 武者修行風呂敷とを, 浴衣を, 笠を, 背を, 軍服の, 頭を, 髪の毛が, 髪を

▼ 汗にな~ (16, 0.3%)

2 つて馳け

1 [14件] つたから, つた薄, つて, つてこの, つてにじん, つて修行を, つて戻, つて滲み出た, つて町内の, つて眼を, つて私は, つて苦勞し, つて辯解する, つて飛込ん

▼ 汗かい~ (15, 0.3%)

2 ている

1 [13件] てさらり, てそして, てそれでも, てはあはあ, てクタ, てチベット語, てハアハア, てマア, て居る, て帰っ, て念写, て牛, て駈けつけ

▼ 汗だくだく~ (12, 0.2%)

2 となっ, になっ 1 で呼び出し, で振り切っ, で日参, で隣, の大童, の綿貫警部補, の説明, 足を

▼ 汗でも~ (12, 0.2%)

2 取つて 1 お拭き, お流し, 出さないと, 出たよう, 取らねえでは, 小鼻の, 拭いたが, 拭いて, 涙でも, 絞って

▼ 汗みづく~ (12, 0.2%)

3 になつて 1 となり, になつた, になつて拵, になつて滝, になつて自分, になつて蠅, になつて豆腐, になつて麺麭, になり

▼ 汗さえ~ (11, 0.2%)

1 [11件] かすかに, それに, ながれて, ひたいに, 出して, 掻いて, 流せば, 浮かせ精根限り, 浮かんで, 滲んで, 袖で

▼ 汗する~ (10, 0.2%)

1 ばかりで, ばかりである, ばかりな, ばかり油煙, やうな, ような, よりも湖水, を禁ぜ, 快さ, 駿足を

▼ 汗臭く~ (10, 0.2%)

1 てムンムン, ない代り, なった寝間着, なつたの, なつて健脚, のろのろと, もない, 無下に, 白粉臭く, 立ってる人たち

▼ 汗とに~ (9, 0.2%)

2 まみれながら 1 まびれ, まみれた人, 同化し, 堪へんと, 塗れながら, 汚れて, 浸みこまれて

▼ 汗ばかり~ (9, 0.2%)

4 拭いて 1 かいて, べとべとと, 拭くので, 拭って, 流れて

▼ 汗~ (9, 0.2%)

2 の端 1 で赤紫, などでおおよう, に支那綾, に樺色, に重ねた, を上, を着せ

▼ 汗~ (8, 0.1%)

2 けり 1 あぶらかが, きたるを, きたる背, 涙か, 脂かで, 露か

▼ 汗~ (7, 0.1%)

21 から平気, か冷汗, か帽子, が山, のが

▼ 汗~ (7, 0.1%)

2 のだ 1 ので一人娘, のよ, んで, んでとても, 膏で

▼ 汗ビッショリ~ (7, 0.1%)

1 だ脱いで, なん, になっ, になった, になっちゃった, になり, になる

▼ 汗くさく~ (6, 0.1%)

1 ていかん, なった, なって, 思えるほど, 感ぜられて, 活溌に

▼ 汗~ (6, 0.1%)

2 へ少し 1 へも光つて, へ今, へ流れで, へ肌

▼ 汗とを~ (6, 0.1%)

1 これまでの, 洗い流し且つ, 流した, 流しつづけた, 流しつづけたよう, 集めた

▼ 汗には~ (6, 0.1%)

1 あらず紅宝玉, それが, なる, なる分けて, 且つなる, 困惑しちゃいまし

▼ 汗にも~ (6, 0.1%)

2 埃にも 1 いろいろという, 似て, 汚れて, 苦しまず眠りました

▼ 汗~ (6, 0.1%)

1 から後光, が光っ, の面, をかき過ぎ, をこすっ, を洗い

▼ 汗止め~ (6, 0.1%)

2 の鉢巻 1 をきりっと, をし, をした, キッチリとうしろ

▼ 汗流し~ (6, 0.1%)

1 てきた, てのサーヴィス, て云い, て担い, て進む, 入浴し

▼ 汗~ (6, 0.1%)

1 と書く, に重ねた, の袖, の襟, を被りたる, を鬆

▼ 汗ぐっしょり~ (5, 0.1%)

2 で喉 1 で倒れ, になっ, になり

▼ 汗~ (5, 0.1%)

3 かきの 1 かきで, かきと

▼ 汗では~ (5, 0.1%)

1 ございませぬ, ないか, なくて, なく何, 眼を

▼ 汗という~ (5, 0.1%)

1 ものを, 一人の, 汚水の, 程度の, 考から

▼ 汗などを~ (5, 0.1%)

3 拭いて 1 かいて, 拭いてを

▼ 汗拭き~ (5, 0.1%)

1 て桔梗, とかぶり, ながらその, の布, を出し

▼ 汗~ (4, 0.1%)

1 ゆるまで, ゆる夏, ゆる日, ゆる鹿毛

▼ 汗かいた~ (4, 0.1%)

1 その浅黒い, のだろう, 人々に, 顔に

▼ 汗かく~ (4, 0.1%)

1 かな, ほどの道, もげびた, 重の

▼ 汗から~ (4, 0.1%)

1 出て, 取りもどした, 西暦一二四五年に, 見て

▼ 汗っぽい~ (4, 0.1%)

2 顔を 1 下の, 淫らな

▼ 汗です~ (4, 0.1%)

1 から, よ, よと顔, よ熱

▼ 汗とが~ (4, 0.1%)

1 しぼられて, 一緒くたに, 浸み, 浸潤し

▼ 汗とで~ (4, 0.1%)

1 ぐしよ濡れ, 土らしい, 苦しいの, 静也は

▼ 汗との~ (4, 0.1%)

1 ほかに, 上に, 交った細い, 連絡を

▼ 汗と共に~ (4, 0.1%)

1 すっかり出切っ, 何かしら揉まれしぼり出される, 心身を, 絞り出せば

▼ 汗ながし~ (4, 0.1%)

1 てかへれる, て捜査, 塵埃の, 車曳き

▼ 汗まで~ (4, 0.1%)

1 かいて, にじませながら, わかるよう, ポタポタ垂らし

▼ 汗をも~ (4, 0.1%)

1 収めるつもり, 押拭った, 知らず顔, 知らないらしかった

▼ 汗~ (4, 0.1%)

1 拭フノ恥晒シヲ, 掻イチャ遣, 掻ク, 掻クト肌ガツル

▼ 汗光り~ (4, 0.1%)

2 のする 1 がし, の赭ら顔

▼ 汗~ (4, 0.1%)

1 に寫, はローマ, へ墨, を出し

▼ 汗~ (4, 0.1%)

1 はむと, ひ身, を与え, を垂げ

▼ 汗~ (4, 0.1%)

1 が後世, に向, は豐太閤, 蒙古

▼ 汗した~ (3, 0.1%)

2 肌を 1 パンを

▼ 汗じゃ~ (3, 0.1%)

2 ないか 1 なくって

▼ 汗なく~ (3, 0.1%)

2 しては 1 風時に

▼ 汗など~ (3, 0.1%)

1 ちっともかかない, ふいた, 流させたが

▼ 汗なんか~ (3, 0.1%)

2 かいて 1 嗅いで

▼ 汗ッかき~ (3, 0.1%)

1 だが, の拙者, の阿

▼ 汗一杯~ (3, 0.1%)

1 の季節, の頬, はいい

▼ 汗出で~ (3, 0.1%)

1 て厚く, て咽喉, て背

▼ 汗掻く~ (3, 0.1%)

2 氣で 1 気で

▼ 汗~ (3, 0.1%)

1 や襷, をし, をする

▼ 汗~ (3, 0.1%)

1 にたかる, も流さない, を拭き落とす

▼ 汗蒸れた~ (3, 0.1%)

1 のが, のは, 匂が

▼ 汗~ (3, 0.1%)

1 の結晶, の馬, を洗い去りぬ

▼ 汗衫ひとつ~ (3, 0.1%)

1 で月光, と命, 着たる媼出

▼ 汗あえて~ (2, 0.0%)

1 吾き, 越ゆるたむけ

▼ 汗あぶら~ (2, 0.0%)

1 から出さね, 皆灰色

▼ 汗いっぱい~ (2, 0.0%)

1 にかいた, にしろ

▼ 汗~ (2, 0.0%)

2 もほえ

▼ 汗じん~ (2, 0.0%)

1 だ埃だらけ, だ白い

▼ 汗それ~ (2, 0.0%)

1 ぐらいしか書けない, は私たち

▼ 汗である~ (2, 0.0%)

1 のにも, 涙である

▼ 汗として~ (2, 0.0%)

1 うるおすあの, 潭く

▼ 汗とともに~ (2, 0.0%)

1 かわいたほこり, 絞り出せば

▼ 汗にぎる~ (2, 0.0%)

1 冒険談でした, 競馬です

▼ 汗について~ (2, 0.0%)

2 物語ること

▼ 汗にて~ (2, 0.0%)

1 なりし, 流るるが

▼ 汗ぬぐい~ (2, 0.0%)

1 つつ辿りつけ, をくれ

▼ 汗びしょのまま会~ (2, 0.0%)

2 の接待役

▼ 汗びたし~ (2, 0.0%)

1 にさせた, になる

▼ 汗ふき~ (2, 0.0%)

1 にけり, ふき平身低頭

▼ 汗ふく~ (2, 0.0%)

2 と軍帽

▼ 汗~ (2, 0.0%)

1 あてがいながら, 飛びついて

▼ 汗~ (2, 0.0%)

1 びれに, びれの

▼ 汗までが~ (2, 0.0%)

1 約束通りに, 美しい

▼ 汗みずたらし~ (2, 0.0%)

1 てはたらい, て働い

▼ 汗みたい~ (2, 0.0%)

1 な塩, な鹽

▼ 汗もが~ (2, 0.0%)

1 出来た, 出来て

▼ 汗もに~ (2, 0.0%)

1 ただれたその, 歯みがき粉を

▼ 汗もの~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ 汗もは~ (2, 0.0%)

1 仕合わせものたちで, 吹でもの

▼ 汗やら~ (2, 0.0%)

1 髪の, 髮の

▼ 汗をすら~ (2, 0.0%)

1 かくこと, 思わせて

▼ 汗をに~ (2, 0.0%)

1 ぎつて一晩中三角原を, ぢませた

▼ 汗をば~ (2, 0.0%)

1 そっと手拭, 流し

▼ 汗を以て~ (2, 0.0%)

1 しても, 汗を

▼ 汗冷たく~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 汗~ (2, 0.0%)

1 に過ぎず, の帷子

▼ 汗吐下~ (2, 0.0%)

2 の三法

▼ 汗地蔵~ (2, 0.0%)

1 というもの, と名

▼ 汗垂らし~ (2, 0.0%)

2 拭ひもあ

▼ 汗塗れ~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつ

▼ 汗多き~ (2, 0.0%)

2 働きである

▼ 汗天地~ (2, 0.0%)

2 くらむムムム

▼ 汗少し~ (2, 0.0%)

2 いでぬ

▼ 汗~ (2, 0.0%)

1 して, に購われた

▼ 汗拭い~ (2, 0.0%)

1 てやがて, を持てまいらん

▼ 汗拭く~ (2, 0.0%)

2 その子

▼ 汗拭ひも敢~ (2, 0.0%)

2 へず

▼ 汗掻い~ (2, 0.0%)

1 てしもた, て飛ん

▼ 汗握っ~ (2, 0.0%)

1 てこの, て戸倉老人

▼ 汗水垢~ (2, 0.0%)

1 になっ, に成

▼ 汗流れ~ (2, 0.0%)

1 て死んだ, 眼中に

▼ 汗~ (2, 0.0%)

1 が出来た, にもなるまい

▼ 汗~ (2, 0.0%)

1 を吐き出した, を浮かべ

▼ 汗~ (2, 0.0%)

1 の力作, を流し

▼ 汗臭う~ (2, 0.0%)

2 はござんせぬ

▼ 汗見れ~ (2, 0.0%)

2 ばよく

▼1* [187件]

あえにけり, 汗いきれの掛け声, 汗いでながら支那人墓地馬来人墓地, 汗いやはや全く暑い, 汗うるみ冷ゆる, 汗おし拭ひて, 汗かかしやがった, 汗かかず眠れきょうは, 汗かかねばならぬ, 汗かき乍らうんと食った, 汗からも陽炎が, 汗かを拭いて, 汗がからだ中, 汗がにはかに, 汗がはあえらく, 汗きゅうくつきわまる長時間, 汗くささに, 汗くさき錢を, 汗ぐつしよりになりながら今までこの, 汗ぐツしより, 汗さえも出つくしその, 汗しっとり斬刻まるるより, 汗しらずを塗られた, 汗める, 汗すべる黒衣聖母の, 汗すれば, 汗せずして貸, 汗せぬものに, 汗せねばならぬ, 汗その水この, 汗ただ彼方の, 汗ためてゐる, 汗たらしたが全然, 汗だあぶら汗だ, 汗だけでない, 汗だけは人いちばい汗性らしい, 汗だったがありがたく, 汗だらけ砂埃其の上蜘蛛, 汗やない, 汗ぽい肌, 汗つけて, 汗つたひたるに, 汗づいた浴衣だけは, 汗づくになつ, 汗でからだが, 汗でしとど濡れる, 汗でしょうから今, 汗で無て, 汗といふ稱號を, 汗とかスチェンカ・ラージンなどといった, 汗とによって優れた画工, 汗とも涙とも, 汗とりして, 汗めの, 汗どすね, 汗なぞ滲まないので, 汗などでよごすこと, 汗なども少しも, 汗なら好んでもしゃぶる, 汗なんて凡そ大した, 汗にぎって見くらべ, 汗にじむまで晴れわたりたる, 汗にとくらん, 汗に対しても済まないよ, 汗のみなれば, 汗のみか彼の, 汗ばかりを流すの, 汗ひとつかいて, 汗びっしょりすぐ入浴し, 汗びっしょりぶるぶる震えて, 汗びっしょり少し習ったが, 汗びっとりで十一時迄ねる, 汗びつしよりになつたりする事がいまだに, 汗びつしよりになつた庵は涼しい, 汗びつしよりになつて居る, 汗びつしりに成つて居る彼等, 汗ふいていました, 汗ふき手拭がじき, 汗ふく冬は來, 汗ほこりで白い, 汗ほど安ツ, 汗ぼんできた, 汗までも感じられて, 汗どれにな, 汗みじくに急いだ, 汗みづくなれやかく歎きしかく, 汗もちてちる, 汗もて血もて, 汗もと血を吸, 汗ものでさすがの, 汗もも出来ますまい, 汗もろとも, 汗やけがし, 汗よけだけがつるさがり, 汗より来るな, 汗よりも血の, 汗らしい汗を, 汗かいてまで, 汗ガナガレタリイキガハゲシクナツタリホコリガヒドクテ苦シカツタガ遠クデ笑ヒナガラ, 汗ガ出テイヤダッテ仰ッシャルンデス, 汗グッショリであった, 汗ジミのない白い, 汗タメルランアチラなどの事蹟, 汗かきおまけ, 汗濡レテイルガーゼノ肌着ヲ, 汗ビッショリ押し拭って, 汗一つかいた様子, 汗一ツ掻いたこと, 汗一人が眼鏡, 汗一分だけが霊感, 汗三粒飲めば, 汗不知でも附けよう, 汗の汗, 汗の積み載せきれる, 汗の山, 汗分泌減少性欲喪失であった, 汗升馬超の字, 汗去りも敢, 汗吹きからす夏の, 汗に滑る, 汗垢膿等を喜ん, 汗の中, 汗堕ちて白薔薇, 汗場外の大衆, 汗に黒く, 汗変化なきその, 汗多く出るを, 汗大分ひどい, 汗大変だ, 汗山北方の山地, 汗帽燈の下, 汗出, 汗らしい顔, 汗の苦し, 汗手の甲の汗, 汗押しぬぐいて, 汗拭うてばかりいた, 汗拭わんとぴくとわが硬直, 汗掻いた頭を, 汗掻きながら頂辺, 汗握つて押し寄せる, 汗サラサラ流れる, 汗散ると暑き, 汗暑気徒歩の旅, 汗染みた襦袢一つの, 汗よりも冷やか, 汗沁みた手拭を, 汗沁むる木彫の, 汗がし, 汗流すネーリュウスの, 汗深いため残暑に, 汗のあたり, 汗の如し, 汗滴るしとどの, 汗して, 汗漫遊不迷, 汗百回するの, 汗の追求, 汗を作つた時, 汗絞らせやがっ, 汗絞り出されるやうに, 汗と為っ, 汗の念, 汗を濡, 汗に似た, 汗との楽しい, 汗臭き馬の背に, 汗臭そうな大時代, 汗臭芬々として馬車, 汗蒸れ垢臭き, 汗も思わない, 汗衫一つの下衆, 汗衫一つぎりでほとんど裸, 汗衫一枚鞣革の袴一つ, 汗袗山吹襲の袙, 汗袗袙は紅, 汗を着, 汗襦袢と新しい, 汗よ, 汗評判悪くちゃ, 汗軽らかになりにけり, 汗過多におとしいれた, 汗を奮わす, 汗集而光面とあり, 汗に成っ, 汗までした, 汗の至り