青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「火~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~濃い 濃い~ 濃く~ 濟~ 濠~ ~濡れ 濡れ~ 濡れた~ 瀬~ ~火
火~
~火事 火事~ 火星~ ~火鉢 火鉢~ ~灯 灯~ ~灰 灰~ ~灰色

「火~」 19990, 216ppm, 456位

▼ 火~ (6033, 30.2%)

339 つけて 233 つけた 140 焚いて 75 つけながら 71 点けて 61 つけると 60 放って 58 つける 55 入れて 53 かけて 50 点けた 40 消して 36 たいて 32 点じて, 見て 30 吹いて, 見るよりも 29 つけました, 持って, 点ける 28 おこして 24 つけたの, つけようと, 点じた 22 ともして 21 放けて 19 移した, 移して 18 つけたり, 点して, 焚きつけて, 見つめて 17 附けて 16 放った, 発して, 見ると, 貸して 15 つけるの, ともした, 噴いて, 点けながら, 燃して, 點けて 14 つけること, もって, 起して 13 出して 12 吐いて, 吐くよう, 消せ, 見るより 11 囲んで, 焚いた 10 うつして, かけた, つけたが, つけてから, 噴く山, 放つて 9 ながめて, ふいて, 入れた, 燃やす, 見つめながら, 見ながら 8 弱くし, 焚きながら, 焚くこと, 燃やして, 眺めて, 見たり 7 かけろ, 付けて, 借りに, 取って, 点けよう, 睹る, 起こして, 點けた

6 [23件] おこしたり, くぐって, つけさせて, つけそれ, つけに, つけるぞ, つければ, つけろ, みるよりも, 借りて, 前に, 持つて, 放けたの, 放ったの, 消す, 消すこと, 点けたが, 点けたの, 焚くの, 盗んで, 盛んに, 眺めながら, 點し

5 [26件] たきつけて, つけたん, つけた後, つけた時, みるより, 入れたの, 入れると, 出したの, 取りに, 吹き消した, 噴いた, 強くし, 掻き起して, 放けた, 放て, 消すの, 消そうと, 点した, 点ず, 焚くという, 燃やしながら, 發し, 見詰めて, 運んで, 點ける, 點じ

4 [50件] おこす, お貸し, かきたてて, たよりに, つくる, つけ, つけたばかりの, つけたよう, つけようとして, つけるよう, とぼして, ふらして, みつめて, 一ぺんに, 借して, 借りた, 入れに, 出しながら, 吐いた, 吹いた, 吹きながら, 吹き消して, 吹くよう, 噴くと, 放けよう, 放けろ, 放ったもの, 放った者, 放つ, 放とうと, 浴びて, 消した, 消しては, 消すと, 点じながら, 点ずるの, 焚きつけた, 焚きて, 焚きました, 焚け, 焚けば, 燃したり, 燃すの, 移すと, 見るよう, 起した, 起したり, 軽べつすべからず, 降らして, 點じた

3 [79件] いけて, いれて, うけて, うつすと, かきおこして, かき立てて, かけたの, かけられて, かこんで, きって, して, たくと, たくの, ちらして, つけその, つけたこと, つけたもの, つけた私, つけられて, つけるよ, つける時, ともし, ともす, のがれるきつ, ふいた, ふきだして, みて, もやして, 一つ, 付けた, 付けながら, 入れさせて, 入れながら, 入れること, 入れるやう, 出した, 別に, 取り巻いて, 取分けて, 吹く, 失したの, 失して, 山の, 引いて, 引きやすい, 掛けろ, 揉み消そうと, 放ちて, 消したり, 消しました, 消すため, 火箸で, 火鉢に, 点したよう, 点じたが, 点じると, 点そうと, 焚いたり, 焚きつけました, 焚きはじめた, 焚く, 焚けよ, 焚こうと, 熾して, 燃しつけて, 燃やすの, 発した, 發する, 移す, 細くした, 落して, 著け, 見せて, 見に, 見ること, 跨いで, 踏み消して, 避けて, 附けた

2 [308件] あおぐ, あたらしくお, いじって, いじりながら, いれねば, おこした, おこしたところ, おこしても, おこしはじめた, おこし炬燵, おこすの, おこすより, お焚き, かかげて, かがやかしたる食堂, かき立てた, かけい, かけその, かけたうえ, かけたこと, かけたら必定, かけても, かけぬ, かけよう, かける, かざした, かぶったの, かぶって, かりて, くぐり血しぶき, くべて, けして, こしらえて, しずかに, じっと見守っ, すって, それへ, たき, たきそれから, たきつけた, たきました, たくこと, つきつけて, つくるぞ, つけそっと, つけそれから, つけたから, つけたと, つけた一本, つけた奴, つけた線香, つけては, つけます, つけまた, つけるが, つけるため, つけるといふ, つけるところ, つけるな, つけるに, つけるわけ, つけるん, つける前, つける役, つける為, つける者, つける術, つける音, つけ一口, つけ出した, つけ努めて, つけ夜もすがら, つけ彼等, つけ背, とって, ともした松, ともしました, ともすよう, どしどしお, どしゃどしゃ, どんどんと, どんどん焚き足し, どんどん燃し, はなって, ば吹き消し, ひとつ, ふいたり, ふきだした, ふきながら, ふきました, ふき消して, ふくの, ほげ, まともに, めがけて, もってる人々, もつて, もらおうと, もらって, ズット弱く, ハゼて, バラ撒い, バラ撒いた, 一つづつ入れる, 一つ貸し, 七輪に, 中心に, 仕掛けうが, 付けたら心, 入れたやう, 入れなければ, 入れようと, 入れる, 入れるの, 出したり, 出せ, 切り出して, 制するの, 動かして, 包で, 取り分けて, 受けて, 受けると, 合図に, 吐いたの, 吐きつつ, 吐きながら, 吐く, 吐くやう, 吐く国, 含んで, 吸いつけてから, 吹いたり, 吹きそう, 吹くという, 吹くやう, 吹消し, 咥え, 咥えて, 啄つた, 噴き上げて, 噴くか, 噴くの, 四方から, 囲んだ, 埋けて, 城に, 守って, 守りながら, 寄せて, 山猫の, 弄って, 弄ぶもの, 引くか, 強く焚いた, 当てて, 心して見る, 思った, 恐れると, 意味し, 意味する, 慕って, 投げて, 拵えて, 挙げるの, 掛けたの, 掛けて, 掻いて, 掻きたてた, 揉み消そうとして, 擦って, 放けたか, 放けたり, 放けたんで, 放けた人, 放けよ, 放ければ, 放ったと, 放っては, 放つこと, 放つた, 放つたと, 放つたので, 放つと, 放つとしか, 放つの, 未然に, 求む, 消さうと, 消さうとして, 消さずに, 消さないで, 消さないよう, 消しとめる力, 消し止めた, 消し止めたの, 消し止めて, 消すぞ, 消すに, 消せば, 点け, 点けたばかりの, 点けたよう, 点けた金口, 点けれ, 点じたの, 点じてから, 点じぴたぴた昔, 点じようと, 点じるの, 点ずる時, 点ずれば, 焚いたの, 焚いても, 焚きたる, 焚きつけても, 焚きつけること, 焚き立てた後, 焚くと, 焚くので, 焚くもの, 焚くよう, 焚く事, 焚く前, 焚く場所, 焚け油, 焼いて, 煙管で, 煙草に, 照し, 照らして, 煽いで, 煽り立てた, 煽る者, 熟視めて, 熾に, 熾んに, 燃え立たせて, 燃さなければ, 燃しつけた, 燃しつける, 燃す, 燃すこと, 燃すに, 燃すにも, 燃やした炉, 燈し, 燈した, 燒き, 燭し, 発し同時に, 発すること, 発するばかり, 盗みて, 目がけて, 直した, 眼がけて, 瞶めて, 移しながら, 移すが, 移すこと, 突っついて, 窃み, 窃めり, 窃んで, 絶やすこと, 継ぐもの, 置きます, 翳して, 背に, 背負って, 背骨に, 興しはじめた, 花さかしめよ, 落として, 見た時, 見つけて, 見つめた, 見ては, 見ないで, 見ました, 見るとも, 見るな, 見るの, 見付けようもの, 観るよりも, 貰って, 貴重する, 起し始めた, 起すの, 起すやら, 踏んで, 近くともし, 運ぶ, 避くる, 鉄の, 防ぎに, 防ぐ力, 附けたの, 附けるか, 附木に, 頼りに, 顔に, 風で, 飛ばして, 高くかざし, 點け, 點けては

1 [2463件 抜粋] あおいで, あげて, あてる, あらためよ, いけるため, いじっても, いたす云云, いれさせて, いれるの, うずめて, うつし烟草, おかし下さいと, おこしお, おこした政どん, おこしぷうぷうとサモヴァル, おこし湯, おこす時, おこせ槌, おっつけたりなど, おつけ僞善の, お吹きなすっ, お焚きなさい, お茶を, かきあつめて, かきならしました, かき探した, かき起そうと, かけたこの, かけたり, かけた時, かけようとさえ, かけるから, かける前, かけろ火, かけ混乱, かして, かぶるお, かり腰, かんかんと, きりました, くずして, くべること, こしら, こしらえる方法, こぼしそう, さえぎる書物, さしだされて, させたの, しずめたらよい, しばらく一同, じっとみつめ, すった, すつて, すり消し, ずっとつけつらねる, その中, それと, たいても, たかせた, たきつけたこの, たきつけようと, たきレール, たき湯たんぽ, たくとは, たけ, たびたび見た, ちかづけて, ぢつと, つかまえたぞ, つぎ鐵瓶, つくる拡大鏡, つけあまつさえ, つけかけて, つけさせながら, つけそして, つけただけでも, つけたまま手, つけたら室, つけたランプ, つけた曲者, つけた猪, つけた途端, つけてると, つけないわけ, つけぬ煙草, つけましたが, つけますと, つけようじゃ, つけられた, つけられると, つけるお, つけるぞと, つけるとめろ, つけるばかりに, つけるもの, つける奴, つける様子, つける随分, つけプラットフォオム, つけ乍ら庭に, つけ出来るだけ, つけ壕, つけ始めると, つけ悠々, つけ柴, つけ煙に, つけ窓外, つけ薫, つけ軽く, つけ高箒で, つりおろし, とぼし廊下づたいに, ともしかねた, ともした一本, ともしつつ, ともし昼, ともすが, ともす間, とり囲んで, なおして, なんし, のがれるきっかけ, はいた, はくよう, はぜて, はなちいずく, ぱたぱた煽ぐ, ふいたよう, ふきだしたの, ふき出したが, ふくよう, ふらしては, ほかへ, ほとばしらすも, まきあげたところ, みた, みてるもん, めちゃめちゃに, もしてる, もてあそぶ風, もみつぶした, もやしてたきぎ, もやすよう, ゆすぶり消して, よびながら, ろうそくへ, ギュッと, ドツサリ入れ, フチと, ランプに, 一つの, 一つ持っ, 一ツに, 丁重に, 上手に, 乞りし, 仕掛けた, 付けたとかいう, 付けた巻線香, 付けようと, 付ける珍, 仰ぎながら, 佛壇の, 作るの, 使う裁判, 供うる, 保護した, 借りた男, 借りるところ, 借り焼くと, 先立ちに, 免れたの, 入れさして, 入れすぎるん, 入れたアイロン, 入れた土器, 入れた角火鉢, 入れました, 入れようとして, 入れるなどは, 入れる口, 入れる気力, 入れ煙ったので, 八方から, 内蔵する, 出したであろう, 出してから, 出すと, 出だし髑髏を, 切り出し先ず, 利用し得る, 加えようと, 參詣の, 取りあげて, 取りまして, 取ると, 取卷いて, 口が, 叩くと, 吐いたり, 吐きて, 吐き掛けんと, 吐くと, 吐くほどの, 吐く幾つ, 吐く竜, 吸いつけると, 吹いたので, 吹かんと, 吹きつづけて, 吹きはじめどうやら, 吹き出したそう, 吹き初めた, 吹き消しても, 吹き起しても, 吹くと, 吹く力, 吹く生活, 吹けば, 吹起し, 呼びぬ今, 呼ぶか, 呼んで, 喰つてらア口の, 噴いたが, 噴かないが, 噴きかける, 噴き出した, 噴き出す結果, 噴き戦ふ国境, 噴くかと, 噴く時, 四方に, 囲んだ連中, 圧し潰してから, 売って, 大きな十能, 失いたくない, 失したな, 失するに, 孕む, 容れて, 射るなくば, 小さくせり, 山の上で, 差出しました, 廣く, 引いたあと, 引き易い, 引く薬線, 強くする, 彼が, 得たという, 御所に, 忌んだ, 忽に, 思ひフランチエスカ, 恐るる彼, 恐ろしがらない, 愛しますね, 慕うが, 扇ぎ立てると, 打ちこんだだけの, 打ち振り, 払ひ除け, 投げ込むぞと, 抱いて, 抱くよう, 拝む始末, 拾う, 持ちて, 持つたま, 指し示した, 挙げさせようと, 振って, 捌き艶媚, 捲いて, 掛けた, 掛けての, 掛ける頃, 探して, 掻き, 掻きたて薪, 掻き捜して, 掻き立てつつ, 掻き起しつ, 掻立てながら, 揉み消そうなんぞと, 換ふる, 摺ると, 撮ませ熱湯, 擦り出す木, 放けさせたり, 放けたもの, 放けた軍勢, 放けぬッ, 放ける, 放けるな, 放け始めたかの, 放たれた, 放たれ蔵王堂以下, 放ちすぐ, 放ち一方, 放ち弓, 放ち民, 放ち田沼侯, 放ち背後, 放ったという, 放ったん, 放つたところが, 放つた所, 放つ勇気, 放てり悪魔, 散らすこと, 新たに, 明るくし, 昼も, 曳くよう, 望むもの, 枕もとの, 此種の, 気遣ふ, 求めるとは, 沢山燃し, 浪費する, 消さずば, 消さば, 消しあったり, 消したこと, 消したら駄目, 消しちゃあ, 消しとめた, 消しとめるとは, 消し出したが, 消し止める一杯, 消すが, 消すほどの, 消す必要, 消す積り, 消そうとも, 滅す, 濫費し, 灯け, 灯し草, 灼熱させる, 炭に, 点けたいの, 点けたり, 点けた焔, 点けむぞ, 点けられる, 点け元, 点け直し何, 点されたこと, 点しながら, 点じさせ全身, 点じますと, 点じ人, 点じ肉, 点すと, 点ずると, 点もす, 焙して, 焚いたらしい跡, 焚かう, 焚かせられるかも, 焚かれる人, 焚きさえ, 焚きつ, 焚きつけてから, 焚きつける, 焚きつけ四十三年, 焚きに, 焚き付けて, 焚き列ねて, 焚き放題, 焚き米, 焚き食, 焚くすべ, 焚くなと, 焚くも, 焚く味噌, 焚く時, 焚く用意, 焚く部分, 焚けの, 焚こう落ちるかも, 焼きて, 焼こうか, 煽っただけ, 煽るが, 熱い水, 熾そうでは, 燃さない訳, 燃しつ, 燃してる, 燃し立てた, 燃すはあ, 燃すオムレツ, 燃す男, 燃やした, 燃やしつつ, 燃やし出した, 燃やし続けてるの, 燈しました, 燒い, 燭す, 現したの, 生ずるの類, 生む町, 用ひ得る, 発しさせると, 発したよう, 発しましたるは, 発し鍛冶場, 発する, 発するの, 発する事, 発見した, 盗みしこと, 盛った, 直しに, 眺めやった, 睇めて, 磨って, 磨るばかりに, 移さしめて, 移した学生, 移しパクーリ, 移すちろちろと, 移す時, 穢れさせぬこと, 突つきながら, 竹束に, 細くし, 絶す事, 絶やしやあ, 綺麗に, 罨い, 置かせたま, 羊の, 翻へ, 胸に, 自己の, 落した, 落してしめえましたので, 落すまで, 蓄へ, 袋に, 見かけて, 見そうして, 見たら直ちに, 見つめたが, 見てるなあ, 見また, 見るかと, 見るに, 見る風, 見守った, 見詰めた, 視ること, 親しんで, 誘導し, 護りて, 貸しませんどうぞ, 賭る, 起きて, 起こし出して, 起こそうと, 起しかける, 起しながら, 起し開始, 起す方法, 踏み水, 蹴ちらし山刀, 載せたまま灰, 近くへ, 透かしたアイロン, 通じる路, 連想させ, 運ぶ音, 選り分けて, 避けようと, 重ねる鬼共, 銜えると, 鑚り出す, 長く保たせる, 防ぎ老幼, 防護せん, 附けてやら, 附けること, 附け直し一寸, 降らせて, 隠すよう, 靴で, 飛ばし雷音, 養うべき空気, 點けた勿論, 點すべき, 點せり

▼ 火~ (4846, 24.2%)

328 ように 171 ような 111 やうに 93 中に 80 中へ 54 やうな 52 上に 48 光が 45 つくよう 42 消えたよう 39 光を 36 出るよう 34 ついたよう 31 海と, 海に 28 中から 27 子が, 子を 26 そばに 24 光に 23 前に, 様に 21 ついて, 中を, 海の, 用心を 19 ついた踵, 上で, 子の 18 中で 17 海を, 用心の 16 つくやう, 色が, 色を 15 光で, 光は 14 ない火鉢, 傍に, 光の, 柱が, 神を 13 まわりを 12 そばへ, 燃えて 11 上へ, 火が, 燃ゆる, 神の

10 [11件] 中水の, 付くよう, 側に, 唇, 山の, 方へ, 様な, 消えたやう, 用心に, 目小僧は, 鳥

9 ついたやう, ない所, ない長火鉢, 下で, 前で, 柱, 用心が

8 ついた煙草, はぜる音, 光りが, 用心

7 [13件] ついたまま, ないところ, ようだ, 下に, 中へでも, 如く, 廻りの, 影が, 方に, 樣に, 河は, 雨の, 鳥の

6 [18件] ごとく, そばを, 不始末, 中へは, 傍へ, 塊り, 如し, 始末を, 子は, 柱と, 柱の, 柱を, 海である, 消えた煙管, 燃えるよう, 舌が, 色に, 色は

5 [23件] そばで, ために, なかに, 上を, 中でも, 中の, 中へも, 塊と, 如くに, 如く燃え, 方を, 海, 海だ, 海だった, 海で, 消えたパイプ, 消えた葉巻, 消えるの, 燃えるやう, 用心と, 色と, 色の, 輪を

4 [43件] うちには, かたまりに, かたまりの, ことなら, ことを, ごとく燃えて, つく樣, でるよう, ない炉, なかへ, もえて, もとに, よう燃える, 付いたよう, 付くやう, 光りも, 出るほど, 前には, 前の, 前へ, 塊が, 塊に, 如きもの, 尾を, 山に, 廻りが, 形が, 影は, 影を, 息を, 明りが, 氣の, 海は, 焔の, 煙が, 燃える音, 病める瞳, 目小僧に, 目小僧の, 門を, 門内に, 雨が, 雨を

3 [76件] あかりで, あるの, かすかな, かたまりと, そばから, そばの, ついたもの, ついた葉巻, ついた蝋燭, つく様, なかから, なか水の, はいって, まはり, まわりに, ものを, ようである, 下へ, 中にでも, 中にも, 代りに, 光, 光りの, 出る様, 力の, 力を, 呪い, 呪ひ, 団が, 坑へ, 塊の, 塊を, 如しと, 子に, 山が, 山は, 嵐の, 影に, 柱は, 樣な, 氣が, 河の, 海が, 消えたあと, 消えたの, 消えた暖炉, 消えた様, 消えた火鉢, 消えて, 消ゆる, 火を, 点くよう, 為に, 烟なりけり, 無花果の, 煙を, 燃えさかりゆくを, 燃えついたよう, 燃えること, 燃えるの, 燃える炉辺, 燃る, 目小僧と, 神, 神である, 神は, 神オルムーズドから, 穗の, 空を, 芸術は, 蛇が, 裡に, 迦具土の, 附くよう, 音に, 音を

2 [231件] あがるを, あたりを, あるところ, あるまじき所, ある所, ある間, うえで, うちに, かかるの, かかる時, かげが, かたまりが, ことは, ごとき忘, ごとくに, ごとく裏, ごとく赤く, ごとく飛び来る球, ごとし, ついたとき, ついたの, ついたハヴァナ, ついたパイプ, ついた巻煙草, ついた松明, ついた火繩, ついた薪, つかないマッチ, つきそう, つくの, つくばかり, ところへ, ともった窓, ともった蝋燭, ない処, ない室, ない炬燵, ない煙, ない煙管, ない釜, なかで, なかを, においが, にほひ, ぬくみ, はたらきを, ひかりが, ひかりの, ひかりを, ほてりを, ほとりに, ほの, むまし梅の, めらめら燃え, よう, ようで, ようであった, ようです, テンピで, リボンを, 上にかけ, 上には, 下の, 下を, 中, 中へとは, 中より, 事の, 付いたやう, 付いた鼠花火, 会の, 側の, 傍で, 光さへ, 光であった, 光と, 光とも, 光も, 光煌々と, 出たの, 出るほどに, 出るやう, 出る樣, 出る程, 利き方, 前を, 力が, 力に, 動揺に, 動搖に, 勢いが, 匂いを, 厄に, 口火は, 向うに, 向こうに, 君, 周囲に, 国に, 国の, 地獄, 坑から, 塵が, 夜は, 夜藝速男の, 如き熱情, 如き赤誠, 如くなりて, 如く北海道, 如く天, 如く怒って, 如く激昂した, 如く燃えた, 如く燃えます, 如く逸ませ, 威勢が, 子だ, 子とを, 山へ, 島の, 川が, 幽かに, 廻りは, 早く病床, 明り, 明るさ, 映つた, 本は, 枝の, 柱に, 棒の, 残りが, 氣は, 氣も, 河が, 河と, 河に, 波が, 洗礼を, 洪水だ, 流れが, 海から, 海にな, 海へ, 消えしやう, 消えたランプ, 消えた二階, 消えた提灯, 消えた煙草, 消えた葉巻煙草, 消えゆくごとく, 消え方, 溜り場へ, 火で, 火は, 火も, 火中に, 灰を, 炎々と, 炎が, 炎ゆる, 点いた葉巻, 無いところ, 煙に, 熱から, 熱さ, 熱で, 熾んに, 燃えさかる車, 燃えさしを, 燃えないわけ, 燃えるかと, 燃えるたぐひ, 燃える山, 燃える様, 燈台を, 球が, 球の, 球は, 生くる, 用を, 用心は, 痕は, 発するほどに, 発する思い, 発見の, 白檮原の, 目小僧も, 真中に, 眼も, 矢の, 砂漠や, 神が, 神と, 神なり, 神アーリマンの, 神格化なる, 神様に, 禍を, 移るの, 種だ, 空が, 第一圈, 箱即ち, 紙船が, 絶えたこと, 美しさ, 老女, 舌を, 色, 色す, 花と, 芸術と, 跡が, 輝きと, 輪の, 近くへ, 這入るよう, 門に, 門よ, 門外に, 間に, 雨, 雨火の, 雫, 雫の, 雲の, 風が, 飛沫, 魔の, 點いた

1 [1670件 抜粋] あおりの, あかりを, あついの, あまきかな, ありと, ある事, ある火鉢, いぶき, うえにか, うつり繁, うわさ, おこるまで, おもて, お近く, かからない飯田町三丁目, かげろふが, かたまりであって, かなたに, きえたえ, くすぼるる, くるしみ, けむりと, ことで, ことばと, ころには, ごときもの, ごとき恋, ごとき気合鍔, ごとき苦悩, ごとき酒, ごとくいかなる, ごとくかがやき松, ごとくたちあがりて, ごとく人, ごとく愉快, ごとく明かである, ごとく熱した, ごとく竹童, ごとく血走りながら, ごとく顔, ごとや, さら, しだあの, し機械, すいちよ, すぐ近く, その火, そばによるが, たちまちさびし, ちらちらと, ついたほど, ついたまま一本一本床下, ついたシガレット, ついたマッチ, ついた別, ついた如く別天地, ついた想ひで, ついた放れ馬, ついた油タンク, ついた煙草工場, ついた燐寸, ついた紙巻煙草, ついた赤児, ついた騷ぎ, ついた麦藁, ついでに, つかない煙草, つき易き, つくなか, つく小さな, つけられるの, つばさが, でるやう, ところまで, とどかないこと, とびら, ともった行灯, ともつた塚の, ともらない御神灯, ともるよう, ないうち, ない冬, ない屋台, ない提灯, ない瀬戸, ない炉部屋, ない狭い座敷, ない蝋燭, なくなった時, のちは, はいった行燈, はしら, はた, ぱち, ぱっと燃え立ち, ひかりとは, ひとたび生ずる, ふいと, ほうに, ほかには, ほしいある, ほてりの, ほのぼのと, まえに, まだ見え, ままでは, まわりで, むちで, もだえ, もと母の, やうださうで, やうについて, ゆらめきを, ようだった, ような憤, ような睨み合いであった, わななき, シンと, チリは, トンネルの, 一つをも, 一点あり, 七圈各, 三輪を, 上つた處ぢや, 上の, 不始末であった, 両側に, 中する, 中でじ, 中につき, 中も, 中心を, 中迄, 乏しい長火鉢, 事だ, 二三丈も, 付いたの, 付いた獸, 付きたる, 付く様, 伝騎の, 佗し, 使用を, 保ちが, 倉が, 側から, 側まで, 傍では, 傷まし, 働きを, 先端だけが, 光とで, 光や, 光りでかれら, 光りで鍵, 光りを, 光床の, 光洩れ, 入ったアンカ, 入った金庫, 入らない長火鉢, 全景を, 円の, 冴える暗い, 出がけによって, 出ずるを, 出た物置, 出ないうち, 出る処, 出る斬合いを, 出具合が, 列じゃと, 利用機械の, 剣が, 力は, 加減は, 動くところ焔これ, 勢いとしては, 勢いを, 勢を, 十字団は, 午後三時は, 原に, 反射だったろう, 取持ちが, 口を, 叫喚が, 君大分の, 周囲だけは, 周囲を, 命, 喉に, 回りでも, 国だ, 圈の, 地獄絵が, 塊だ, 塊でなく, 塵でも, 境を, 壁は, 外に, 夜の, 夜燃ゆる, 大旆の, 奇怪なる, 奥を, 奴め苦なし, 如きヘクトール, 如き凄まじ, 如き姿, 如き意気込, 如き正義感, 如き精神, 如き血性, 如き革命, 如くそれ, 如くなれる, 如くカッ, 如く千里眼, 如く喉間咯, 如く我手, 如く火急, 如く然, 如く燃え始めた, 如く燃え立てり, 如く白人, 如く紅い, 如く胸腔, 如く衷, 如く野菜, 如く駁, 如し火光の, 姿, 子だの, 子も, 子舞い立ちぬ, 字に, 家を, 小さくなる, 小泊から, 尽きなんと, 山こ, 山な, 山の神タコの, 山上に, 山彼は, 山裾に, 岸に, 島に, 崩れ, 巨人に, 布巻ける, 幕すこし, 年占が, 底に, 廻りかなんかの, 強いしるし, 弾丸, 形式による, 影にも, 影絶え, 循り行く, 心配たえず, 怖さ, 性である, 性質は, 恋だ, 恐ろしい熱度, 戯を, 手段に, 扱方にまで, 揚がったの, 揺くに随って, 搦んだ, 敦賀灣眞上の, 敷設が, 方には, 方へと, 旋風へ, 明いて, 明りに, 映えは, 最も名高き, 有無は, 木の, 束を, 来歴と, 林, 柱です, 柱火の, 桃色の, 棒が, 極と, 模様を, 正体の, 正面へ, 残って, 母なり, 氓びようとして居る, 氣と, 氣弱きを, 池を, 河を, 泡粒紙から, 注意に, 洩れてること, 流との, 流れであっ, 流れは, 浪の, 海かと, 海です, 海のです, 海原の, 海濱に, 消えかかった果敢な, 消えかかる時代, 消えたるごとしで憂慮, 消えた如く, 消えた廊下, 消えた瓦斯灯, 消えた芒, 消えた闇, 消えませんの, 消えるよう, 消しようも, 消長を, 涯も, 渦, 湖に, 滅したると, 滅するとは, 漲る都会, 濃きところ, 火だ, 火元は, 火屑を, 灯るの, 灼熱が, 災いと, 炎中に, 点いたよう, 点いた潜, 点いた種ヶ島, 点く時, 点け方, 為めに, 烟の, 焔なす心, 無いイロリ, 無い火鉢, 無花果を, 煙で, 煙などと, 煙よりも, 照らす下, 燃えあがった時, 燃えさかる, 燃えさかる炉端, 燃えしぶる音, 燃えつきし幻覚, 燃えなむ, 燃える人, 燃える蝋燭, 燃え上がりおるを, 燃え上るの, 燃え付きそう, 燃え広がるの, 燃え立って, 燃え行くの, 燃ゆるがごとく, 燃通る, 爆ぜる音, 物は, 狂暴な, 珠, 球から, 理なから, 環と, 用心か, 用心だ, 用心だけは, 用心とだけ, 用心ぬかる, 用心念には, 用心頼む, 由, 畳に, 発つたちまち, 白いの, 百足が, 盛なる, 盛んに, 直上に, 着くこと, 瞬きに, 砂漠が, 祈祷, 神さまが, 神では, 神オルムーズドに, 神ハイムダルも, 神様や, 禍いが, 移ったの, 移つてゐる, 種一つね, 穂が, 立, 童子が, 筋が, 管理者もしくは, 簾を, 粗相が, 精が, 系統から, 系統は, 素質にて, 絵図面が, 網の, 線と, 續か, 美, 美感であり, 羽ぶき, 聖女ブリード, 脈が, 舌尖が, 船を, 色で, 色も, 色果実の, 芸術の, 芸術火の, 苦悩, 蓋しか, 薪を, 蛇の, 蝶々, 術を, 袖に, 要る季節, 見えた時, 見えるの, 見台へ, 見当と, 試練でなく, 説明に, 象形と, 赤き蚊取線香, 赤るみは, 走り火あかく, 起こった炭, 起らざるべからざるもの, 起原に関して, 足が, 跡を, 跳舞と, 身を, 輝くの, 輪廻を, 近いところ, 近所まで, 這入った満, 通らん, 遊, 過失を, 都とな, 酒飲も, 鉄砲は, 門でしょう, 門キリスト鑰を, 閃条, 闇に, 附いた香, 陣営に, 雨だ, 雨な, 雨も, 雲は, 雷, 霊, 靜なる, 鞠が, 鞭を, 音の, 響を, 風の, 風脇に, 飛んだも, 餌食と, 騒ぎは, 魂の, 魔血の, 鳥とも, 鳥を, 鳴りふかし, 點いたま

▼ 火~ (2328, 11.6%)

104 燃えて 49 ついたよう 41 ついて 32 消えて 21 ついた 16 出るよう 15 入って, 出て 14 燃える 13 消えた, 見える 12 燃えた 119 消えたよう, 見えた 8 つくよう, ともって, 移って, 起って 7 つく, つくと, 出た, 飛んで 6 付いて, 廻って, 消えると, 焚いて, 見えて

5 [15件] あつた, ある, ちらちらと, ついたの, ないと, なければ, はいって, もえて, パッと, 出そう, 消える, 火が, 点々と, 盛んに, 見えたの

4 [16件] あがった, あるから, いまでも, だんだんうしろ, ついたやう, つかぬ, まわって, よく燃えれ, 付きそう, 出る, 点いて, 燃えの, 燃え出して, 燃されその, 附いて, 風に

3 [52件] あかあかと, あたりを, あった, あって, うつって, おこって, さかんに, ちらついて, ついたと, つけば, べろ, ほのかに, ゆらめいて, 一度に, 一面に, 七つ八つうごい, 出たと, 出たの, 出たよう, 出ると, 動いて, 勢よく, 強過ぎる, 消えか, 消えたと, 消えてから, 消えました, 点きそう, 燃え, 燃えだした, 燃えついて, 燃えるの, 燃えるよう, 燃え上, 燃え上がって, 燃え上ると, 燃え移って, 燃されて, 燃る, 私の, 移ったの, 空を, 膝に, 落ちて, 見えたり, 赤く見え, 走った, 起った, 足らないよ, 通って, 附いたよう, 飛んだ

2 [148件] あがりました, あがる, あっても, あるぜ, あるね, あるよう, ある時, かかって, きえると, だが火, ちょろちょろと, ついたかと, ついたから, ついたので, ついたまま, ついた所, ついても, つかなかった, つき, つききゃんきゃんきゃん, つきそう, つきました, つくの, つけられて, でて, でる, ともった, とろとろと, とろとろ燃え, どこかへ, どろどろと, どんどん燃え, ない, なくて, なくては, ならびその, ぼんやりと, ぼッ, まわったの, まわると, めらめら燃え, ゆれて, チラ, チリチリと, フッと, 一時に, 三つに, 上った, 仕掛けて, 他の, 付いた, 付いたよう, 付いた様, 付けば, 光った, 入つて, 入りました, 出たかと, 出たという, 出ました, 出るから, 出るの, 出るやう, 出るん, 利いて, 地上に, 夢の, 天に, 廻った, 強過ぎ, 彼の, 微かに, 微に, 急に, 挙がるの, 揺らめいて, 揺れて, 数を, 明るくなった, 映って, 更に大きく, 来て, 棺の, 次第に西, 残って, 水の, 油に, 消えかかって, 消えたこと, 消えること, 消えるの, 消えるよう, 消えれば, 火を, 灯って, 点いた, 点いたの, 点いたよう, 点けられた, 点ぜられた, 焔を, 焚かれて, 熾されて, 熾って, 熾に, 熾りましたぞ, 燃えあがった, 燃えあがって, 燃えきって, 燃えさかって, 燃えだしました, 燃えついたの, 燃えてること, 燃えてるの, 燃えると, 燃えるもん, 燃え鍋, 燃やされて, 燒いた, 爆ぜて, 目に, 窓の, 落ちたよう, 薄く照らした, 蛍の, 蜿々と, 要るの, 見えたね, 見えました, 見えるぞ, 見ゆると, 赤かった, 赤くうつっ, 赤くゆらい, 赤く見える, 輝いて, 通らなければ, 遠くに, 鎮まりかけると, 降って, 降つて, 降ると, 降るの, 隣家へ, 音を, 風呂番の, 飛べば, 鬼火の

1 [1273件 抜粋] あかく燃え出しました, あがると, あたりの, あった釜, あっては, あぶなう御座います, あらふ, ありきん夫人, ありその, ありませんのね, ありテダ, あり米桶, あるそれ, あると, あるので, あるん, ある火, いいから, いったいどういう, いつの間にか消え, いやに, いよいよ近く, うつった時, うつる, うなる, おこらねえが, おこりました, おのおの何千という, お前さまに, かからば, かかるの, かけまわるよう, かすかな, かっかとおき, かつかと, かんかんおこっ, きえて, きっとそのうちみえるだろう, きらめいて, くるくると, くわッ, ぐるりを, ここに, ことごとく消え, ごうごうと燃え, ごー, さっと暗い, しずまってから, しづかに, すぐに, すべてを, そこに, そのまま宿っ, その十字架, その心, その膩ぎった顔, その間を, その體, それからの, たかれるの, ただトロトロ, たよりだつた, だんだんまわっ, ちかちかと, ちら, ちらちらちらちら通っ, ちらちら揺らめい, ちらと, ぢぢと, ついたぞ, ついたとでも, ついたみたい, ついたらうち, ついたらしいとの, ついたらすぐ, ついたわ, ついたキリン, ついた思い, ついた頃家, つかずあきらめて, つかなくて, つかねえでやがる, つきなかった, つきますからね, つきゃ燃えつきそう, つき布団, つぎから, つくだけ, つくという, つくに, つくばかりに, つけばい, つけられた, つこうという, つぶやく, でないと, でるくら, とって, とぶたび, ともされた, ともってるよう, ともりつくした時分, ともる, とんで, どんよりちらつい, ないぞ, ないので, ないハナレ, なかったり, なくとも, なくひとりごと, なつかしくなつた, ぬけたこと, のぼると, はいったの, はいると, はげしく戦争, はねた, ばち, ぱちぱち音, ぱっと消え, ぱっと燃える, ぱつと燃え立つ, ひとつ消えた, ふき出して, ふんだんにある, ほとばしるほどの, ぼうと, ぼやぼや一日, ぽっと赤く, またたく中, まだこの, まだ残っ, まだ焔, まだ燃え, まっ赤, まわった, まわっちゃ, まわり建物全体, みんなの, むしろ懐かしく, めろめろと, もえあがって, もえたつの, もくもく湧い, もみじを, もれ戸, やはり硝子, ゆらぐという, ゆらゆらと, ゆらゆら燃える, ゆれなびいて, ようやく濃く, よく保てる, よく焚きつかない, よく通りません, カン, クリストフを, シューッと, チリリと, ツツツツーと, トロトロと, ドンドン燃え, ハッキリと, パチパチと, パチパチ燃える, パトスが, ピカリピカリと, プスプスと, ボーと, マントを, レンズの, 一つと, 一つぽ, 一つ動き出し, 一つ瞬きを, 一つ靡い, 一同の, 一点ゆらめい, 一番綺麗だ, 一羽倒に, 七つに, 三つ檣に, 上がったり, 上へ, 上ろうとして, 下ったの, 下市場の, 中まで, 乏しくなる, 二つ空を, 二坪ばかり, 五右衛門の, 今日ぐらい, 付いたやう, 付きあしめえし, 付きましてから, 付けられるか, 件の, 伝馬町に, 何時の間にかまた, 僅か燃残, 先だ, 光り, 光を, 入ったの, 入ったまっ黒, 入つた, 入る, 入るよう, 入れられて, 全く滅せずし, 其に, 内側へ, 冷たいと, 出さ, 出ず一塊, 出たか, 出たが, 出たぜ, 出たぞ, 出たらしいの, 出た三人, 出ないくせ, 出ましたよ, 出ますわ, 出るか, 出るところ, 出るなんて, 出る大槌, 出る程, 出京屋, 出来るかしこ, 出来過, 利きません, 削られる, 十数間足らず接近した, 南から, 原因らしい, 又ひとつ, 吹きすさぶ凩, 吹き出して, 吹き消されて, 喧嘩を, 噴いた, 四方の, 四谷の, 埋めて, 城の, 夕闇の, 夜鳥の, 大きくなりました, 大手近く燃え, 天井まで, 威勢よく, 室外に, 寒々と, 射して, 小さく揺れ, 小忙しく, 少しおこり掛けた, 少しづゝ, 少しでも, 尚余焔, 山の, 川風を, 帝の, 幾たびと, 幾つと, 広い野原中, 廻ったころ, 廻ってから, 廻つて塔が, 廻りそう, 廻るはず, 弱いじゃ, 弱くなりましたら, 弱過ぎ, 強いでしょう, 強かったり, 弾ぜて, 彼等の, 微だから, 必要だ, 怒れば, 恋しくなった, 恐ろしく暗い, 愈々燃え拡がる, 憑いたっ, 手元に, 抜けたん, 指先き, 挙らない, 掛かり真赤, 掛るん, 揺いで, 摩擦に, 放けられたの, 教室に, 数百も, 早く出来る, 明, 明るく燃え, 明るく顔, 映る程, 昼間の, 暖かい光, 暗い部屋, 暗に流れ, 有るだろう泡ア, 木立に, 朱で, 来たのに, 来るまえに, 松明の, 枯野へ, 樒の, 次第に消えかかった, 次第次第に, 欲しい, 正に移ろう, 残つてゐ, 気球にまで, 水で, 沸り, 洋燈の, 海の, 消えかかると, 消えさうな, 消えたかナ, 消えたところ, 消えたばっかりに, 消えたやう, 消えたらわれわれ, 消えたわ, 消えた樣, 消えてからは, 消えない代り, 消えましたかしら, 消えやしないかと, 消えるので, 消え茶, 消されるよう, 消しとめられ, 淋しゅうなりました, 済むと, 溌と, 激しく燃え, 灯ります, 灰と, 炎々と, 点いたから, 点いたやう, 点されて, 点して, 点ぜられて, 点ぜられる, 点つてゐる, 点れたいッ, 焚かれたの, 焚かれ豚, 焚きつけられた, 無い無いと, 無くなって, 煤ぶりながらと, 煮えて, 熱いと, 熾つてゐた, 燃えうつ, 燃えさかるという, 燃えそう, 燃えたち腿, 燃えたので, 燃えだします, 燃えついた, 燃えつきて, 燃えつきました, 燃えてから, 燃えては, 燃えなくな, 燃えのぼって, 燃えも, 燃えるとき, 燃える思い, 燃え上った時分, 燃え上つた, 燃え上るので, 燃え出したが, 燃え出し世にも, 燃え出でて, 燃え始めると, 燃え燃えこっち, 燃え立ったと, 燃え立つと, 燃え立つまでに, 燃え雨, 燃して, 燃やして, 燈る, 物に, 狂い廻っ, 現はれ, 現われて, 白い花, 百余り鶴翼に, 皮膚にまで, 眞盛りに, 真丸に, 眼も, 瞬いて, 石竹色に, 祭壇の, 移った, 移つたのだ, 移つて盛に, 移りさうに, 移りそう, 移り燃え上りました光, 移ると, 空に, 窓硝子の, 立ちはじめて, 立った, 第一番, 糸の, 紙に, 細長い光, 絶え絶えに, 膝から, 自動的について, 舐めずるよう, 船について, 花を, 菊之丞の, 落積つた木の葉に, 薄暗がりに, 蜻蛉の, 螢の, 血を, 襤褸な, 見えたが, 見えだした, 見えないと, 見えましたの, 見えますぞ, 見えるか, 見える様, 見え出し沖, 親しくな, 赤いの, 赤く光りはじめた, 赤く立つ, 赤黒く見える, 走ったかと, 走りそれ, 起こって, 起これば, 起つた, 起りました, 起る湯, 越えて, 身寄りの, 軒へ, 輝いた, 輝き青々, 近いて, 近くに, 迫ったの, 這い出した, 這入りますなど, 通ません, 通らないでよく, 速く速く西, 運命の, 道を, 部屋を, 金に, 鉄の, 鎮まって, 長篠の, 門下の, 闇の, 附きは, 附く時, 附けられるか, 降る, 降ろうが, 険呑と, 階段を, 障子一ぱいになつて凍, 雲の, 青めがね, 音も, 頻りに見られた, 飛びだしました, 飛ぶぞ, 高く低く飛びまわる, 高く或は, 點いた, 點けられた

▼ 火~ (1286, 6.4%)

45 なって 18 あたって, 油を 17 くべて 13 あたりながら 12 して, 照らされて 11 かざして 10 入る夏, 手を, 焼いて, 焼かれて 9 当って, 追われて 8 なった 7 入って, 追はれ 6 あたらせて, 入る虫, 包まれて, 掛けて, 焼けて, 燒かれ 5 かけた, かけて, 投じて, 翳して, 顔を 4 かけると, 向って, 当たって, 心を, 火を, 眼を

3 [31件] あたつ, あたりに, あぶって, あらずして, おわれて, かかって, かける, かざした, くべると, つつまれて, なつた, むかって, もえて, 入れて, 寒さ, 投じた, 持って, 気を, 水を, 温まりながら, 焼きて, 煙草を, 照らして, 燒かる, 燒かれる, 翳しながら, 薪を, 觸れぬ, 足を, 身を, 送られて

2 [74件] あたためて, あたためながら, あたった, あたらし, あたりて, あたれ, あたれと, あてて, あてると, あぶりながら, うつった男, おどろいて, かけたもの, かけたり, くべた, くべるが, しては, てらされて, なったが, なった炭, なつて, なると, なるもの, ほてった顔, むかひゐむ, 一燈を, 乾して, 似た情熱, 供物を, 入ったという, 化して, 向いて, 向けて, 投げ込むと, 投じようと, 捲かれて, 掛けるの, 映じて, 暖めて, 暖を, 来ては, 桃花坊の, 氣の, 灰を, 焙って, 焙つて, 焙られて, 焙りしが, 焚木を, 焼かれたの, 焼かれながら, 焼かれ氷, 焼く, 照され, 照らされたお, 燃えて, 燃ゆと, 燃ゆる, 燒き, 縁が, 羽を, 翳した羽織, 耳傾け, 見えるという, 見入って, 触れた, 赴いて, 赴きて, 近づくと, 近づけた, 近づけると, 近寄せて, 逢って, 頭を

1 [734件 抜粋] あおられた焔, あおられながら, あか, あかあかと, あこがれる, あたつた, あたらせる, あたりたいん, あたりなさいよ, あたる, あたること, あたると, あたろうと, あだれ, あてがい大急ぎ, あてた, あてましたところ, あぶったり, あぶっては, あぶられて, あぶりたしとて, あぶりて, あぶりも, あぶる, あぶるの, あぶれば, あへる, あるを, ある如く, いたるまで, いぶされながら, いる夏, いれても, うつし出されし団蔵, おあたり, おあたんなさい, おじる者, おぼろに, かかったり, かかっても, かぎるよう, かけうんと, かけしといふ, かけそれ, かけたとき, かけたま, かけたまま, かけたら晩, かけたら最初, かけた鉄桿, かけた鉄鉢, かけました, かけますけれども, かけられた鍋釜, かけられる, かけシャベル, かけ或, かこまれて, かざし, かざしながら, かざしぬくめしか, かざし私, かざし裏, かざすと, かじりついてる, からだを, きまって, きらりと, くべかけると, くべしに, くべたそう, くべたり, くべてるよ, くべながら, くべる, くべるかも, くべろ, くべ夜, くらぶれ, こちらの, こんがりと, さし伸べて, させたこと, さへ, さらすや, される危険, しが, したしめるかな, しちゃあ, じっと見つめた, じっと見入っ, すくんで, すこし逆上せた, するという, するには, す女学子, その蒼白い, たぎるちろり, たくゐろりの, たたると, つ, つけて, つつまれたよう, つつまれた不動明王, てらされた人, てらして, とびこんで, ともして, どこからとも, ながめ入るだろう, なげこみローリイ, なったかと, なったもの, なったろう, なった処, なった様子, なった煙草, なった頃, なつたら, ならざるを, ならないとも, なりそう, なりそれ, なりたる蜘蛛, なりて, なりました, なり切れない濃い, なり堕落, なり水, なり氷, なり雷, なる, なるその, なるぞ, なるとき, なるばかり, なるむかし, なるよう, なる気, なる運命, なれ水, なれ骨, にた光, ひかる母, ふためけり, ほてった真赤, ほてった赤毛, ほろびたる街, ほんのしばらく, ぼんやり映った, ぼんやり眼, まかれたに, まかれて, まかれるの, まかれるまで, むかひて, もやしたの, もろ手もろ足さし入れ, やけただれた, ゆらゆらと, よりて, キッスした, 一家独特の, 一層近づい, 一番近い, 不祥を, 乾かして, 亡びて, 今や睫毛, 会ったのに, 似たり, 似たりと, 似たるアレース, 似て, 何か, 光った, 光って, 克つもの, 入らば, 入らん思ひは, 入りて, 入るとかいう, 入るなんと, 入る傲慢, 入る勇気, 入れた, 入れよう, 全身の, 出くわした, 出し入れし, 出逢って, 割ねて, 加えると, 勝る馳走, 包まれたもの, 包まれたよう, 包まれた不動明王, 包まれた仁王様, 包まれながら, 包まれ俺たち二人, 却って灼かれた, 反い, 反射した, 取り巻かれた屋根, 口ばかり, 向いた半面, 向うよう, 向かって, 向ったまま, 向つて, 吸い寄せられた灯, 吹かれた時, 吹かれての, 呼びかけるよう, 噛まれざれば, 囲まれたら最後, 塗りたての, 大きな土瓶, 天地寂たる, 失って, 宣らす, 宿つたしるしだ, 密度の, 寝て, 對する, 小さい粒, 属す日, 崩れ落ちんとして, 巻かれて, 干るべしと, 延び反対, 強いん, 当たりなさい, 当たりなさるが, 当たると, 当たるゆえ, 当たろうと, 当てられません, 当てると, 当てれば, 当らして, 当らせて, 当らないと, 当りゐる, 彩られて, 從ふ, 心が, 必死に, 恐れて, 慣れないもの, 憧れるソクラテス派, 懸けず花, 成つた落葉を, 成つて天井裏に, 打たれて, 打ち勝って, 投げた, 投げ入れて, 投げ込もうと, 投じたこと, 投じふたたび, 投じる生, 投じ生, 投ず, 投ずるとき, 投ずるま, 投ずる勇気, 挾まれても, 掛けずに, 掛けたら燃えるだろうに, 掛けたるならん, 掛けられると, 接近する, 救いを, 新田先生は, 明, 映っただけ, 映って, 映つて, 映るお, 映る電車通, 晒らされ, 暖まつ, 暖まりながら, 暖めなど, 替え夜番, 木炭を, 染まって, 柱を, 柴を, 殊ならず, 段々と, 毛脛を, 気付いてか, 汚の, 江戸城の, 油だ, 油と, 油注ぐ, 注意した, 活, 消えたり, 消ゆる, 温まった木, 温められた尿, 溶かす折, 溶けぬ黒鉄, 滅びて, 潮風の, 灼かれるよう, 灼かれる迄も, 炙られた肉塊, 炙られて, 炙られようが, 炭を, 炭団を, 烟は, 焙った, 焙りなぞ, 焙る必要, 焚かるべき罪, 焚かれたもの, 焚かれて, 焚くと, 焚こうと, 焦がされた女, 焦げたよう, 焦げた跡, 焦げても, 焦げる, 焦げる刺戟的, 焼いた, 焼いたよう, 焼かれつつ, 焼かれては, 焼かれるお, 焼かれるの, 焼かれるよりはと, 焼かれる虫, 焼かれ給うに, 焼かれ風, 焼き尽されて, 焼き崩された骨, 焼き立てられて, 焼くさ, 焼くそう, 焼くる薔薇の, 焼けしまま, 焼けた歯, 焼けないもの, 焼けるの, 焼ける竜神村, 焼れず, 照された, 照し, 照らされた人, 照らされた坊主, 照らされた座敷, 照らされた男, 照らされた窓, 照らされた蚊帳, 照らされながら, 照らされると, 照らしだされた不思議, 照らしだされた四つ, 照らし出された, 照らし出されたの, 照らし出されて, 照らし視た, 照り返り, 照る赤く, 煽られること, 熔けし, 熱った頬, 燃えあがって, 燃えあがりやすい, 燃えしかば, 燃えしなり, 燃えたたしむること, 燃えなくなった, 燃えはてしとき, 燃えやすい, 燃え立って, 燃されながら, 燃す支度, 燃やされたもの, 燃やして, 燃やすと, 燒か, 燒かれたる, 燒け, 燒けたボロボロの, 燒けても, 燒ばり, 燔く, 燻べるの, 燻らせ油壺, 狂う奔馬, 狂わせよ, 當つてゐる, 當つてを, 皆七条に, 相違ない, 祟られて, 祟られるところ, 祟るの, 移つた, 穢す気, 突っ込んで, 突込ん, 立ち騒ぎ, 立ち騷ぎ, 紙を, 細い姿, 絶大無辺な, 続いて, 翳し, 翳したやう, 肉に, 肉を, 胡麻を, 脅かされ風, 脚を, 苦んで, 苦痛を, 落ちた錫箔, 落として, 葬る今, 薙ぎ拂, 藤田嗣治の, 蛇経を, 行く先, 行ける, 衣を, 被さった白い, 襲はれ, 襲はれし, 見えること, 見とれて, 見ゆるわが, 見入つてゐた, 見入りながら, 触って, 触るまいと, 触れは, 触れようかとして, 誘はれて, 誘惑され, 負けたまで, 負けるな, 赤き鬼四つ, 赴き刀, 足許を, 路も, 路を, 軽く熱った, 輝らされたクリストフ, 近いところ, 近いの, 近き裾, 近くおいた, 近づいて, 近づきつ, 近づくもの, 近づけないで, 近づけるだけ, 迫られて, 追いやられて, 追かけられ, 追われた二人, 追われながら, 追われるの, 追われ火, 逆上せたよう, 逢つたのでない, 進むべき時節, 遇へ, 遇わざりき, 達し正午, 違いない, 遠い所, 遠くころ, 遭つた, 遭つて本を, 還ること, 酔ったと, 酔へる, 鍋を, 附せよ, 陥る若しくは, 障るっていうの, 雲が, 非ずして, 駆除された, 騷ぐが如し, 骨の, 高く翳す, 鬼も, 魂や, 黒くなった

▼ 火~ (997, 5.0%)

22 消えて 12 燃えて 7 消えた 5 火を, 風に 4 何を, 勢よく, 消えました, 音なくあかるくあかるく 3 さかんに, しめやかに, すぐに, すっかり消え, ふるも, 今も, 彼の, 水を

2 [66件] いよ, しかし私, じりじりと, すぐ畑, だんだんに, ついて, とくの, どうした, どこまで, どろ, どろどろぱちぱち, ないか, また中空, まっ赤, もうここ, もう消え, もう踵, もえて, もはや消されぬ, ガランと, ツツツと, トロトロと, ナア, 一ヶ所だけかな, 今や五味坂上, 何とツツツ, 何の, 何處から, 入れてない, 八方から, 別に, 大事に, 幾度か, 強い方, 愛です, 断えず燃, 未だ消えない, 次第に炭, 水に, 水の, 油の, 消えない, 点いた, 焔, 燃え, 燃えあがった, 燃えながら, 燃える, 白金麻布方面から, 盛んに, 禁物だ, 私が, 移って, 絶えず動揺, 見る, 見る見る黒く, 赤, 赤い, 赤く愉快, 赤く燃え, 迅速に, 近くまで, 近づいた, 途中で, 音を, 風を

1 [774件 抜粋] ああし, あかあかと, あくまで燃えつづけ, あたかも余, あたりに, あっという間に母屋, あつく乾かし, あの食慾, あらまし消え, ありがたい焚火, あるの, いいな, いかにし, いく度これを, いつか灰に, いつの間にやら, いつもより, いづこぞ, いま丸く, いよいよ明るく, いよいよ盛ん, うれしいもの, おこりそう, おとなしくやがて, おのずと明るく, かの女, かんかんもえ, きえはてて, きえ底びえのする, くすぶり続ける, くれないの, こうして, こうして長火鉢, ここからは, こちらに, こちらへ, ことに用心, この屋敷, この裾野一帯, この頃, これが, これに, ございますか, さきに, さきほどは, さながら地獄, さびしく燃えつ, じじじ, じりじり体, すぐ横, すぐ消え, すっかり絶える, すつかり, すでに燼, すでに閨, すなわち烈しき, そこの, そこまで, そのよう, その一点, その入口, その効用, その孤, その当日, その後から, その絹, その習, それが, それなりばったり消え, たしかに彼, ただいっそう, たちまち本堂, たちまち燃えひろがった, たばこの, だいぶ燃え上がっ, だんだん吸口, だんだん水, だんだん燃え, ちやうど, ちょうどあいさつ, ちょうど挨拶, ちょろちょろと, ちらちらと, ついた, つかないだろう, つけないで, つけられねえ, とうとうよく二日一ぱいもえつづき, とうとう海岸, とっぷりと, とまやの, どうじゃ, どこに, どろぼう, どんどん勢いよく燃え上がる, ない, ない虚言, なおきつく, なかった, なかつた, なかなか容易, なし氷, なるたけ強い, なんだろう, ねむたげ, ばうばう, ひとり木より, ひろがり外, ひろがり寒い, ふたたび燃えだし, ふっと消え, ほそくなっ, ほとんど消えかかっ, ほんとに燃え上がっ, ほんのりと, まことにただ, まさしく燃えつき, ます, ますます燃えひろがる, ますます盛ん, またたく間に, また変化, また幕, また彼, まだこの, まだ十分, まだ容易, まだ消え果てず, まだ炎々, まだ紙, まだ赤, まっすぐに, まったく消え, まやかしだって, まるで鉛, みるみるうすく小さく, みるみる障子, むしろだんだん盛ん, めぐつて, めらめらと, もうしわけが, もうその, もうめらめらと, もう傍, もう小屋全体, もう消えた, もう鎮まった, もえなかったの, もっとあたたか, もとよりその, やがてぱッ, やがて枯木, ゆら, ゆらゆらと, ようやく大きく, よく熾っ, よく燃えた, よく通つた, わずかに, わらの, アベであっ, アルコール, カンカンと, スッカリ埋け, ッ, パッと, フィルムに, ユラユラと, レンズを, 一しきりぱつと, 一つ一つ消え始めた, 一度消えた, 一方だけ, 一時に, 一晩の, 一瞬に, 一軒焼けで, 万山の, 三太郎に, 三方から, 三箇所から, 上昇した, 下町へまで, 下谷の, 世間普通の, 中に, 乾燥した, 予等に, 二人の, 五百八十囘己が, 亞鉛板が, 人を, 人家の, 人間の, 今にも消え, 付きかけては, 以前より, 佐, 何処にて, 何時しか消え, 余を, 余程に, 借らん, 傳は, 元気よく, 入つて, 全く消え, 八方に, 公平なたい, 内よりぞ, 再びしずか, 冬は, 冷笑する, 凄まじい火柱, 凍えたよう, 初め七つか, 別な, 力です, 力を, 勢なく, 北風に, 十口坊が, 南でも, 却つて鮮か, 又燃え上れり, 及ばなかったの, 取るに, 古え, 可燃物質に, 吹き消すよう, 吹消え, 周囲三尺くらいの, 周圍の, 四方の, 四方へ, 土蔵の, 地獄に, 地球と, 壓迫に, 外界の, 夜に, 夜風に, 大きくなった, 大わかし, 大分に, 大勢し, 大方消え, 大空高く, 大通りまで, 天に対し, 天使に, 好く燃えた, 妾を, 始終なくなっ, 威勢よく, 安芸の, 完全に, 宿屋の, 小さい程, 少し頽, 少許頽, 尾の, 届かなかったが, 屋根から, 山の, 山火事と, 川の, 已にテント, 幕の, 幸に, 幾たびと, 床を, 床几から, 座席の, 弱くなる, 強過ぎる, 彦七の, 彼を, 後の, 必ず消, 快よく, 忽ち消えた, 急に, 恐らく雷神, 息を, 悪い役, 愉快に, 慕ひ, 我家を, 所々に, 手の, 手摺附の, 拡大され, 掻きて, 提灯に, 揺ぐ紫, 放けても, 放つらし煙, 放てなにか, 既にその, 既に全, 既に棺, 既に殆ど, 日本を通じての, 明かに, 明かるく, 明瞭と, 昔カインの, 映って, 是物火邊の, 時機が, 暗い水, 最初二人の, 有るし, 朝一度起した, 木の根が, 木より, 本丸の, 本邸の, 東華門から, 松の, 松脂の, 果しなく燃えつづけた, 検証の, 極く, 極く強い, 横には, 樹, 次第にあかるく, 次第に小, 次第に燃えひろがつた, 止まりて後, 正太の, 此の, 武術家気質とどろく, 母屋の, 民衆に, 気持よく, 汗かきの, 決して消えなかった, 油が, 注意し, 注意深くこっち, 海松ふさや, 消えかかったほどの, 消えずに, 消えたが, 消えたけれども, 消えたまま, 消えたらしかった, 消えつ灰, 消えては, 消えなかった, 消えなんと, 消えるでは, 消える声, 消えラムプ, 消え血, 消え騒ぎ, 消されたが, 消されたの, 消されましたが, 消さんでよい, 消して, 消しも, 消す椅子, 消せなん, 消そうと, 淨火の, 温かい酒, 湖の, 湧きぬ, 漸く保たれた, 漸く消し, 漸く達, 激越に, 火のみで, 灰に, 灰の, 炉を, 炎々と, 点いたが, 点かなかつた, 焔に, 焔の, 焚かなくちゃ, 焚くな, 焚けなかったが, 無きぞと, 焼け過ぎぬと, 煙は, 照りはえて, 熱いか, 熱いと, 熱急ならぬ, 熾る, 燃えきれば, 燃えさかる一方, 燃えざるぞと, 燃えつかない, 燃えつきて, 燃えません, 燃えるだけ, 燃え上, 燃え上がり始めんと, 燃え尽して, 燃え易く, 燃え移ったらしくぱちぱち, 燃ゆるであろう, 燒け, 物に, 特に燧石, 猛然として, 生ひぬ, 疾かった, 白, 皆默想に, 益燃え拡がつた, 盛に, 直に其の, 相変らず燃え, 真直に, 眼下の, 瞬間に, 知らぬ間, 神様に対して, 祟って, 私の, 空を, 精神力では, 紙が, 絶えず, 絶やさなかったが, 絶ゆる, 美くしく, 美しくさかん, 義雄自身の, 翌日の, 聞くと, 能く, 膨張しよう, 自家の, 舞台の, 花の, 荒れ狂, 葡萄染の, 蒲団にも, 薄鍋, 薪に, 蘆の, 血の, 衰えた, 衰へて, 裏山の, 西陣までの, 見えない, 見えなかった, 見えぬが, 記録にも, 警視庁を, 赤い小さな, 起きて, 足下の, 車の, 輕き, 辛うじて残っ, 農婦の, 近いよう, 遂に熾, 遠く燃え去つた, 部屋一杯に, 重罪, 鉄の, 鋭くカチッ, 長いなりに, 長くも, 闇に, 闇を, 附いて, 降つて, 障子に, 離屋半分を, 雨が, 雨中に, 雪に, 雲である, 雲を, 青くかれ, 青くて, 青天を, 頂上を, 顔を, 飛び火による, 飛ぶ, 高きに, 高くあがらない, 高天の, 魔が, 黒い暖炉, 黙々として

▼ 火~ (358, 1.8%)

12 気長に 7 あつた 6 焼いて 5 煮ます 3 ものを, 四時間ばかり, 煙草を, 燒いた

2 [20件] あぶつ, からだを, それを, よく見る, 一時間ばかり, 一時間ほど, 三十分間煮, 乾させ乍ら, 四十分間煮ます, 気短に, 漸と, 焼くと, 煎餅などを, 煮ますが, 煮るの, 燒い, 見ると, 観る先, 透かして, 高田御殿を

1 [276件] あた, あたためながら, あたためました, あたためる, あたりが, あついの, あつくした, あつて, あぶって, あぶらせて, あぶられ幾万, あぶり又, あぶり焦した或は, あぶる, あぶること, おくれ毛へ, おつぎ, およそ一時間, お前を, かわかして, きわめて静か, これは, ござります, さへ, しずかに, じっとお初, じりじり体, すかして, すっかり焼き立てた, すむやう, すら遠慮, そこい, そこを, その人, その手紙, その顏, そめた, ただ三時, たどって, ちょろちょろ焼かれ, ちらと, ちらりとお, つくられ同じ, つけて, つつんで, とろとろ辻占, ならず丁度, なわを, にえくりかえって, また吸いつけ, もだしたよう, もやしたって, やいて, やわらかくそして, よく暖め, わたしひとりで, アクを, グツグツと, グツグツ煮, ジリジリと, パンパンが, ロース焼に, 一寸と, 一時間の, 一時間以上湯煮ます, 一時間半以上煮ます, 一時間煮, 一時間煮ます, 一時間煮詰め, 一服つけた, 一杯に, 三十分間煮た, 三十分間煮る, 三時間以上気長に, 三時間以上煮ます, 乾かしたり, 乾かしてから, 乾かしながら, 乾かすの, 二三分間焼く, 二十八町四方を, 二十分間煮ます, 二時間ばかり, 五十分間ほど, 作つた食物を, 使わなければ, 供養する, 偃松の, 充血した, 光って, 出火の, 前の, 勢付い, 十分間ほど, 十分間焼て, 反古紙を, 吸いつけようと, 吸うの, 吸う煙草, 吸ひ付けた, 唐芋の, 喫むと, 嚇し我々, 四十分間煮, 四時間湯煮ます, 囲み焼く神, 土を, 壁や, 客の, 山火事無用じゃ, 屹と, 島々まで, 巻煙草を, 店も, 心の, 怪我を, 手を, 打つて, 描いた遠見, 提灯の, 数も, 明るくなった, 晩の, 暖かく窓, 暖を, 書かれてるよう, 東京の, 松明を, 森を, 楽に, 横顔を, 死ぬるの, 毛布が, 永い時間, 沸し, 油煎される, 洗うよう, 洛中の, 清浄に, 温まる杏色, 温めた程, 温めては, 温めながら, 湯が, 湯煎に, 濡れた洋服, 火事には, 火化は, 火箸を, 火薬が, 灰と, 炊いたもの, 炒って, 炒ると, 炙いたり, 炙った矢, 炙って, 炙つて, 炙つて吸, 焙って, 焙られて, 焙り乾かして, 焙り殺された蛹, 焚いたもの, 焚いた風呂, 焚かぬ限り, 焚きましたお湯, 焚くと, 焦がされた太い, 焦す, 焼いた, 焼いたやう, 焼いたよう, 焼いた鯨, 焼いても, 焼かれたから, 焼かれたと, 焼かれるに, 焼かれるよう, 焼きかねないほど, 焼きそれ, 焼きながら, 焼きます, 焼きますが, 焼き切れ, 焼き尽して, 焼き捨てて, 焼く, 焼くが, 焼くこと, 焼くという, 焼く痛, 焼けたという, 焼けた穴, 焼けちまったん, 焼けて, 焼けでも, 焼けはじめた部分, 焼けますか, 焼けると, 焼け死ぬ前, 煎詰, 煙に, 煙の, 照された, 照し出され, 照らして, 照らしみようと, 煮た処, 煮て, 煮てから, 煮まして, 煮炊きした, 煮焼, 煮詰ますのに, 煮詰めますが, 煮込みまして, 熱くって, 熱する, 燃えたの, 燃き殺される, 燒く, 燗を, 玉子へ, 生気を, 病人の, 痛めた上, 目口鼻四肢腹心臓という, 真っ赤だ, 着物の, 確に, 私ひとりで, 空気が, 米友に, 純化された, 絵図面を, 綺麗な, 練られて, 美味そうに, 股火を, 自殺した, 船頭の, 蒸發する, 蓋を, 薬鑵頭の, 虫を, 蚊帳越しに, 行かず弱, 見えた, 見た瞬後, 見とどけようという, 見れば, 観客は, 読んで, 負けず劣らず綺麗, 赤く映っ, 足もとを, 足りれば, 身を, 身体じゅうが, 輝いて, 遮るか, 酒を, 醤油を, 鍋で, 鎔す, 長く揚げ, 防げ, 阿婆摺, 頭髪の, 頻りに煙草, 顔の, 食物を, 鶏の, 黒焦, 鼻の

▼ 火~ (319, 1.6%)

30 なって 5 して, なった, なり日 4 水の, 煙と, 煙を

3 [11件] なりて, なり海, 水との, 火の, 炭と, 煙とが, 煙に, 煙の, 燃えて, 血と, 血の

2 [15件] けむりの, それに, なり水, 云ったん, 化して, 哮える鉄, 土と, 少しも, 水とが, 水を, 煙とに, 煙との, 爆ぜに, 申して, 線香の

1 [199件] いう, いおうか, いたしますれば, いはれるの, いふと, いわざる, きたない毛布, こちらから, させるに, し口, し同意語, し道, その向う, それから, それから煙, それを, だんだん近づい, つてくんねえ, つながって, どんな関係, なさんず気ぶり, なし小屋一棟, なったこと, なったであろうそう, なったと, なった覇気一ぱい, なつて, ならむ, ならんと, なりうる形, なりその, なりちり, なりぬ, なりましょう, なりやがて, なり一方, なり両, なり今や, なり専門学者, なり接戦, なり消えては, なり漸く, なり火の粉, なり煙, なり熱, なり申さん, なり鎖, なる, なること, なるといふ, なるもの, なるを, なるクニッツァ改悔, なる児, なる寒い, なる心地, なれり躍りあがるらむうれしき風, なれ彼, まりの, もし入, もし狐, もりて, わかって, コンクリートの, ラジオのぼ, 云うもの, 云う奴, 云ったな, 云ったの, 云ったもの, 云ってね, 云ふ, 人との, 全く同じ, 共に始ま, 出づる火, 刀を, 切りに, 化すばかり, 博士の, 合したちまち, 同じこと, 同時に水生火, 同様正体を, 名づくる, 名づけて, 呼ぶこと, 土とに, 地を, 変じその, 変じながら, 変つ, 太陽の, 寝るフトン, 小さき胸, 屈んで, 思うよう, 思はれて, 懺悔のく, 成し山, 我々との, 我我と, 戦いは, 戯れて, 接触し, 日曜日の, 暗い町, 書いて, 月光と, 柴薪は, 楽しい歓談, 榾の, 死の, 死骸とで, 毒と, 毒瓦斯の, 水と, 水とに, 水とを, 水ほども, 水無限大と, 水相, 氷との, 氷の, 氷も, 永久の, 海との, 涙とを, 深夜の, 温度と, 湯とを, 火, 火である, 火事の, 火水と, 灰と, 灰との, 灰を, 炎と, 炎の, 炭とを, 烟の, 烟りが, 焼け土とが, 煙が, 煙とを, 煙のみ, 熱した白刃, 熱する, 熱せさせるこの, 熱であった, 燃えたが, 燃えたって, 燃える思い, 燃え上がらんばかりに, 燃え声, 燃え立ちながら, 燃え聲, 燃え肉, 燃ゆる, 燃料とに関する, 爆弾の, 物音にさえ, 現ずるが, 申すそう, 相亞げ, 硫黄に, 称えて, 称して, 称するもの, 称する青白い, 稲の, 自ら招いた, 薫香の, 血を, 見えたの, 見たの, 言つてかち, 詩の, 變つ, 遊ぶこと, 酒の, 金聖皇后とは, 鉄とは, 鐵瓶の, 関係の, 闘って, 離れないよう, 雪とを, 音との, 食とを, 食物, 食物とを, 飢ゑの, 騒いだ噂, 魚油しか, 黒煙と, 黒煙の, 龍太郎以下の

▼ 火~ (260, 1.3%)

9 消えて 5 燃えて 3 つけずに

2 [19件] いとよし, おのずから涼し, これが, ないところ, なければ, また凉, やがて燃え尽す, 下火に, 何も, 入れて, 吐いた, 室町小路にて, 果は, 消えた, 涼し, 焼く能わず水, 盛んに, 薄暗い, 見ゆ

1 [205件] あがらない煙, あまり過ぎては, あやうく吹き消され, あります, ありません, あり机, あり沸く水, あり酒, あるから, あるぞ, あれば, おこさずと, おこそう使い走り, おなじよう, おのずから涼しい, おろかな, きえぬべく人, くゆる, こよひ, これと, ございません, さびしからぬほどに, さらに大いなる, すべてこれ自分への, そこの, それを, たかないん, たくし料理, だんだん衰えたらしく, ちょうどよい, ついて, つけず声, つけず身, つけて, つけないで, つける, つねより, ともしたい商人, ともるらし, どっさり入れ, ないだろう, ないとこ, ないので, ない囲炉裏, ない土間, ない火鉢, ない炉辺, ない煙, ない煙管, なかった, なき困窮, なくては, なく二畳, なく愛, なく灯, なく煙筒, なく空いた, なく鐵瓶, なく風, なし, にわかに焔, ねえじゃ, ねえや, はやく伏せろ伏せろ, ひとか, ほとんど消え, ほのぼのと, またまもなく, また之, また凉しだつて, また凉しなん, また既に, また涼し, また滅ぶ, また熱度, また追, みんなが, もう燃え, やがてどこ, ゆる火, よく起った, らいは, ホトホトとう, 一切忘れ, 不知火として, 何にも, 何もかも, 入って, 入れてないのに, 再び燃えはじめた, 出がけ, 出します, 出なかった, 出ませうけれど, 台なし, 同様で, 吐くであらう, 吹いたこと, 吹出さず大釜, 夜は, 大抵この, 家々の, 小く, 小さき光, 小さくなっ, 小火の, 少くなかった, 山を, 幽かに, 幽に, 延焼し, 弱え, 弱くなっ, 強くローリング, 徐々に燃え, 怖れなけれ, 急に, 怪しく燃えれ, 恋く, 打ち消して, 投げ捨てられて, 掻き起さなければ, 散らさず鐘巻, 新しい店, 旅の, 本丸まで, 欲しいと, 水ぎはを伝へば, 水と, 水も, 氷るばかりの, 沢に, 洩れず, 海の, 消えか, 消えがち, 消えたこれ, 消えたので, 消えた眞夜中, 消え女中, 消え漕ぎ去る, 消え烟りも, 消さねば, 消した, 清らかに, 湿気も, 漸く尽き, 火かげの, 火鉢の, 灰が, 炭も, 点けずに, 点けず田辺侯爵, 点けないで, 点けられては, 焚いて, 焚かざる寒室, 焼くこと, 煙も, 熱くなく, 熾って, 燃えつきませんこと, 燃える, 燃え上, 爆弾も, 猶漆黒, 瓶の, 皆白い, 直ちに消し止められ, 知らぬ, 禁断だ, 禁物である, 穏か, 等しく幽冥界, 細々と, 置かず布団, 興りかけて, 色彩も, 茶も, 落ちてるらしかったが, 血も, 要らないじゃ, 見えず, 見えないし, 見えないで, 見えないの, 見えぬ, 見えやしねえ, 見て, 見る, 見張らなきや, 賑やかに, 赤, 赫と, 走り廻ッ, 起さず電気, 遂に若い, 遠くから, 酒も, 釉薬も, 鎮まって, 鎮りたら, 鐵瓶も, 隠れ音楽, 難なく焚けました

▼ 火~ (226, 1.1%)

6 が射し 4 の中 3 がさして, がぱっと, に恐れ, を見, を見る

2 [14件] がつづけ, がパッ, が怖し, が発し, が眩く, と轟々たる, に披, のなか, の射した, をたより, を受け, を意味, を発する, を蔽

1 [173件] あり, あるを, から数間, があざやか, があり, がきらきら, がさし, がさす, がしたたる, がちらつく, がちらりと, がどうして, がどこ, がぼっと, がぼんやり, がまっすぐ, がカッ, がチラチラ, がパツ, が下, が下っ, が大き, が天, が天の川, が天井, が射した, が幽, が彼, が揚がらない, が散点, が映し, が映じ, が映じた, が映す, が映つ, が木の間, が東海, が洩れ, が煌々, が狐色, が現われた, が發, が窓, が紅く, が薄, が見え, が見える, が見え出したら, が谷間, が迸った, が遥か行手, が鋭く青い, が門, が闇, が龕燈, だけが人, だけが人懷, であった, である, であろう, でぱっと, で二女はじッ, で天, で深紅, で空地, で車夫, とが同じ, とすさまじい, とに練り合わされ, と叫喚, と変じ, と煙り, と避難, と黒, と黒煙, などが火, にさらわれ, にちがい, になっ, にふと, にもえ, にキラキラ, に凄惨, に向, に映じた, に暈, に染まっ, に煙っ, に照, に照らされ, に燃, に等しき, に行軍, に警戒, に赤く, のうごいた, の布陣, の径, の火影, の照, の燦然, の空, の窓, の見えた, の見える, は, はお, はここ, はイルミネーション, は三軒町, は何時の間にか, は到らぬ, は同じ, は弱く, は彼, は数, は環, は益, は蝋燭幾本, は赤く, ばかりで有ります, ほのめき立ち次第, めがけて, もその, もない, もなく, もようやく, も洩らすまい, も洩れ, も煙り, も見える, をいみじくも, をうしろ, をかこん, をすさまじく, をながめた, をねらっ, をはねた, を仕込ん, を以て精霊, を伴, を先, を前面, を反射, を受けたる, を叩き割る, を合図, を外目, を揚げ, を放す, を有, を望ん, を洩らす, を浴び, を淡紅, を漏らさじ, を発し, を発す, を発見, を眼がけ, を禁じたれ, を縱横, を纏い, を見せた, を見守っ, を見詰めた, を認め, を認めつ, を閃, ヲ以テ道路, 煙り逃げ迷う人々, 美しく透き, 颯と葭戸

▼ 火から~ (87, 0.4%)

23 卸して 3 卸します, 卸す前 2 おろして, 卸す一時間, 取下ろされて, 煙草を, 生れたさ, 生れたの, 生れたん

1 [44件] おろしせり, おろせば, すぐ附けられます, そばに, だすの, だんだん燃えうつっ, では, はなして, まもって, タバコを, 下して, 下してから, 下ろすの, 免れる工夫, 出て, 出る煙, 分立し, 卸した時, 卸した時レモン油, 卸した時一合, 卸した時今, 卸した時碾茶, 卸した時鮪, 卸すが, 卸すの, 卸す二十分前, 卸す少し, 卸た, 守りとおすところ, 引きずり下しました, 来るもの, 水の, 火事が, 無数に, 煉獄の, 生まれたこと, 白い灰, 目を, 眼を, 空への, 遠い畳, 遠かれ, 鍋を, 離さないと

▼ 火でも~ (78, 0.4%)

4 水でも, 焚いて 3 ついたよう 2 焚かうか, 落すと

1 [63件] あった, あてて, あろうか, いいと, お焚き, かけて, からで, くれないと, ずいぶん明るい, ついた日, ついて, ついで置きましょう, つけられたり, つけられると, つけると, ない, なくまた, なくベッキイ, ほげ, もらふやう, よく熾し, ブッ燃い, 付けられたら大変, 借りようと, 借りるよう, 吹つたけ, 呑むよう, 呼ばぬ事, 噴きさ, 得られるならもう, 持って, 放けられては, 放けると, 放ける役, 放ったよう, 暗くする, 望むやう, 欲しいの, 流れて, 消えるよう, 消すよう, 澤山おこさない, 炉の, 点されたよう, 焚きつけて, 焚きましょう, 焚こうもの, 燃えちろめきそう, 燃えついたよう, 燃えて, 矢玉でも, 移って, 粗忽した, 蒸気でも, 蒸氣でも, 藁炬火でも, 見て, 見ようと, 踏み消させたぐらい, 鍋の, 鎖でも, 附けなきや, 附けるつもり

▼ 火~ (61, 0.3%)

2 はげしい波, 印度人の, 噴きあげる血, 煙に, 煙を, 血や, 青い火

1 [47件] きらめく赤褐, たが, でいっぱい, わが民族, 人殺しが, 光あるいは, 剣を, 土佐房ごとき, 地球の, 地震と, 如何なる木, 守りけむ, 幽霊に, 幽霊火の, 役人小者の, 提灯を, 暁がたの, 木と, 松明が, 母が, 水を, 水自分自身の, 氷を, 渦巻く烟, 湯の, 灰が, 炎を, 烟に, 煙や, 熱い酒, 熱の, 熱帯海のか, 熱帶海のか, 畠の, 目付役の, 空腹な, 紅い火, 線香の, 縁に, 茶道具を, 行く潦, 調理道具を, 赤い火, 送り火を, 鎚の, 青の, 風や

▼ 火~ (56, 0.3%)

52 ということ, といった, と申します

1 [45件] あの火, かがうっすら, がね何だか, が滅法, こと考へ, このでき, これは, つけ火だ, つたのが, つたのである, つてえ, という噂, とかそういう, とさとっ, とさほほ, とばかり皆, と余, と睨んだ, なあ, ねとなり, ねにされ, ねのいる, ねのため, ねは絶えず, ねみたい, ねをこしらえ, ねをとる, ねをのせ, ねを作っ, ねを埋け, ねを残し, ねを長火鉢, ね一つおかず, ね埋めゐ, ね守りゐ, のが, まさしく民族, よ, ッ, ッ火だ, 人の, 明るくない, 火だ, 火の粉だ, 火事としても

▼ 火吹竹~ (53, 0.3%)

2 でふう, の稽古, をこし

1 [47件] から洩れ, が飛ぶ, でた, でどやしつけたら, でも宙, で十あまり, で吹き起し, で打つ, で泥竈, で静か, という名, とは関係, と同じ, などは無く, なども手製, など手当り次第, など捨つる, に過ぎず, のこと, の失態, の師匠, の歴史, の無い, の発明, の社会上, の穴, の貝, の領分, はその, は瘧, ほどの柄, も私, をふく, をもった, をタウブキ, をフキツボ, を一握り, を不用, を口, を吹いた, を吹く, を得物, を持っ, を持った, を持つた, を構, を顋

▼ 火~ (51, 0.3%)

2 が傳, の外, や鐵砲, を使用

1 [43件] あり, が前方, が實地, が歐洲, が焔硝, が發明, であつ, で自分, といふものさ, とすれ, と相違, と鐵砲, に平次, のこと, の主要成分, の使用, の修錬, の傳播, の成分, の爆發力, の發明, の起源, は今, は宋人, は弱い, は支那, は東洋, は硝石, は蒙, も作れる, や火器, をつめ, をつめこみ, を充填, を利用, を加, を塗, を打ち込ん, を敵, を敵陣, を發明, を盛つて, を盛り

▼ 火~ (49, 0.2%)

52 から十返花君, を訪ねる

1 [40件] からはへちま, から豆腐, から鯛, がやつ, が層雲, が持つ, が来, が来た, が草, さよなら岔水君, だ, だしぬけに, とが偶然, とは駅, と久しぶり, と共に岔水居, と共に星城子居, と共に裏山, と散歩, にも逢う, に出, に病中, に秋田蕗二句, のはがき, の厄介, の来, の純情, はねむ, は八時, は出張不在, は出立出勤, は四時, ひよつこり来, も, もやつ, よ, をそ, を待ち合せ, を未明, を見送り

▼ 火~ (48, 0.2%)

7 かけて 3 向って, 油を 2 かけます, 火を

1 [31件] かかった様子, かけなければ, かけますが, かけると, かざし出した, くべた, くべながら, つぎ足して, とびこめば, はいったなら万事休す, ぶっかけるなり, ぽちり, わざわざ乾いた, 冷たい水, 向かって, 懸けた, 投げつけたの, 投げ込んで, 掛けて, 掛けますと, 松明の, 水を, 湯を, 焚木を, 石油を, 紙火屋の, 翳して, 落ちて, 薬鑵を, 見当を, 近寄って

▼ 火~ (46, 0.2%)

5 ちの向こうに 4 しで, しの 3 なを 2 さみ, しらが, しらの, しを, ちが, ちに, なは

1 [16件] し, しでかき, しまで, しまでが, しみたい, しや, しら, ち, ちだの, ちにか, ちのこちらへ, ちの向, ちの向こうの, ちの陰に, ちへ, 絶やすな

▼ 火~ (44, 0.2%)

12 の中 2 の上, の灰

1 [28件] から立ちのぼる, があり, がある, が作り付けられ, が燃え, その上, だの槃, であり一つ, で焼却, という名, と巨, と煙突, と釜, なので, には釜, のむしろ, の乳木, の内部, の前, の山家風, の形, の温い, の胎養, まで行った, もやっぱり, も解剖台, やフイゴ, を擁し

▼ 火~ (42, 0.2%)

3 の匂い 2 の火, の焦げる

1 [35件] が仕掛けてない, が埋め, が短, が見え, とが置かれ, とを持っ, と火口, につける, にて古, には火, によって燃えあがる, のごとく作りたる, の一端, の匂, の屑, の煙, の燒, の秋, は口, は彼ら, は拔けさ, は暗に, へチヨイ, もそれ, をかけ, をぶんぶん, を伏せ, を叩い, を噛み切つた, を噛み切る, を外し, を振っ, を消し, を要し, 忽ち大木

▼ 火~ (38, 0.2%)

3 をちらし 2 のよう, を散らし

1 [31件] が口づけ, が噴いた, が散った, が発しる, が飛び散るであろう, であった, にすぎない, にばかり魅せられ, に自分, のやう, の出る, の様, の発する, の驟雨, は今十巻, は火華, は鏘, は雨, は黄河, をしめし, をちらした, をとばし, をまじえた, を交える, を咲かせたかった, を散, を散らし始め, を散らす, を消し, を産ン, を発した

▼ 火よりも~ (35, 0.2%)

2 大きくない, 燃ゆる

1 [31件] いっそう多く, いっそう熱く, その方, なほ弱し, はげしく騰, まだ弱い, みよのほ, ハッキリ, 一層多く, 切なさ, 勁き, 大切な, 強い凧, 強く滾, 強烈な, 彼等や, 早くは, 旺と, 明りよりも, 月に, 煙りが, 熱い心, 熱き千々, 熱して, 熱なる, 燎かなり, 赤い姿, 赤い革命, 赤い顔, 赤き気競, 鮮明に

▼ 火~ (34, 0.2%)

2 の屍躰

1 [32件] あり水神, あるを, が天然物素, たること, である印度, と土神, には火, に祷り, の威力, の子, の工場, の御社, の意志, の拝殿, の暴威, の生れ, の直ちに, の神話, の祭り, の霊験, はまた, は其生, は天火, は天然, は純粋, よりはじめん, を生み, を生みし, を生む, を祭る, を称し, 生れて

▼ 火~ (30, 0.2%)

2 がほか, が今や, が東

1 [24件] がちらちら, が井戸端, が僅, が凹, が吹き出し, が左, が立直っ, が舐め, きを, と火先, にひらひら, に素早く, のつながり, はさんらん, は一粁, は先方, は疾風, は西風, は逆, へ延びず, も宿さぬ, や煙, を斜, を靡かせ

▼ 火つけ~ (29, 0.1%)

1 [29件] あつかいでございます, が消防夫, その他ありとあらゆる, だ, だな, てくれ, て夏炉, て身, というよう, といふこと, にとり, の下手人, の悪者, の相談, の総, の罪人, は無え, もした, もする, や押込み, や盗人, よりや巾着切, を何とも, を殺せ, 人殺しの, 強盗ゆすりの, 押しがりゆすり, 津軽の, 群盗辻斬り残党といった

▼ 火かげ~ (28, 0.1%)

4 のさした 2 がだんだん, のなか, のゆらめき

1 [18件] あえかに人, が一つ, でかつて, でずるずる, で一人, で大きい暗い, にすかし見よ, に寐所, のうつろいゆく, のわが, の映った, の栄, の落ちた, の長き, もちらちら, も桃花心木, を遠く, 薄き光

▼ 火にかけて~ (28, 0.1%)

2 アクを, 沸立った

1 [24件] あぶり阿片, お庭, ごらん, その上, よく攪, わたしの, 一晩おいた, 上へ, 代用食を, 実を, 晩まで, 机の, 水に, 沸った, 沸立たせます, 浮いて, 消して, 湯煮ます, 焼くとき, 砂糖を, 見ろ, 長い時間, 食塩を, 魔法ののみ

▼ 火という~ (26, 0.1%)

7 ものは 3 ものを

1 [16件] のが, のは, のを, ものが, もので, ものに対する, もの文明の, 四の, 大明王, 宝物だ, 宝珠でございます, 所を, 火の, 火を, 火術家, 言葉を

▼ 火には~ (25, 0.1%)

2 かからぬと, 當てず

1 [21件] いろ, おわれ太史慈, かなわんよ, きっとおびき寄せられ, だか, ならない, なるまい, 二つの, 依怙贔屓という, 堪えぬほどに, 恐ろしい疑念, 捲かれずとも, 朝鮮人が, 水という, 決して焼けくずれない, 灰が, 焼かれるはず, 相違ない, 諸大名, 遠い薄暗がり, 驚いて

▼ 火にも~ (24, 0.1%)

7 水にも

1 [17件] あたらせて, やけぬこの, ゆるたましひ, イヤがられ, 堪え得るの, 当たりたいと, 業の, 焼かれず水, 焼けず寝て, 焼けず水, 燒けず, 細かな, 翳さないで, 見える, 負けない意志, 追われぜひ, 這入れる水

▼ 火ぶくれ~ (24, 0.1%)

3 になった 2 がし, となっ, になっ, になる, のよう

1 [11件] がある, がつぶれ, ができやしない, が出来, にし, にする, になつ, になりやしません, をおこし, を拵, を拵へた

▼ 火~ (23, 0.1%)

1 [23件] があつ, が高く, でとけ, で黒ずんだ, とに攻められ, と身辺, によって数町先, に対しても火, に暖められた, に油, に焙られた, のため, の原因, の為, の鉄, はカント, は天地, は莫大, も再び, をやきつかせる, を加えた, を絶やし, を覚える

▼ 火~ (22, 0.1%)

2 の中

1 [20件] かどこ, でもさせ, で恐ろしく, とも言わず, に入れた, に抵, に挿し, に火, に眼, のいぶりくすぶった, の埋, の灰, はない, ばかり煙草, へぽん, へ巻莨, まで気色, を引寄せん, を敲い, を見た

▼ 火焚き~ (22, 0.1%)

2 塲の

1 [20件] くらいはせね, すなわち竈男, その他の, てなすなるべし, と称し, ながら物語っ, にした, の少年, の練習, ばやつ, も石炭, 呉る, 場と, 場には, 場を, 役であっ, 水汲み, 男あるいは, 男として, 男アラミの

▼ 火~ (22, 0.1%)

2 の立つ, は西

1 [18件] が浅間山, が起った, と化した, につ, につつまれ, に包まれ, のため, の中, は彼女等, も噴くべき, をあげな, をあげる, をくぐっ, を吐く, を吹いた, を吹き揚げ, を噴き, 反胡神

▼ 火~ (21, 0.1%)

5 櫓の 3 櫓が 2 櫓を

1 [11件] と書いた, の階子, やぐら, 櫓だけは, 櫓と, 櫓とも, 櫓などが, 櫓は, 櫓までが, 櫓も, 櫓並んだ

▼ 火~ (20, 0.1%)

1 [20件] があった, がジリジリ, が出来る, が現われ, が酸化, が雁首, となる, に近づけ, の中, の如き, の明る, の片側, の表面, はもろく, はジリジリ, は出来, は出来ず, をその, を宙釣り, を飛び出し

▼ 火では~ (19, 0.1%)

3 ない

1 [16件] ありません非常, あるが, あるけれども, あるまい, いけません, すっぱに, ないの, なかった, なく別れて, なく怖, なく湯煎, はっきりす, ジーッと, 煙草が, 衣食足らずどうか, 駄目だ

▼ 火である~ (18, 0.1%)

2 ことを, ぞ

1 [14件] かの風評, から, からもちろん, から相当, が, ことが, と, というよう, とか, とは判っ, のみで, 上に, 場合には, 野陣の

▼ 火~ (18, 0.1%)

2 をめぐらせし, を忘れ

1 [14件] であらう, という, とは汽車, なる語, なる飛行, に乗っ, に業, のなか, のよう, の姿, の死陣, の聯想, を乗り代え, を轉ら

▼ 火~ (17, 0.1%)

2 人か, 水か

1 [13件] あるいは風, くる者一人, して, それとも電, はた亡き, ぼうと, 他の, 何か, 単なる水, 単なる篝, 土か, 天主の, 焔か

▼ 火にて~ (17, 0.1%)

2 物を

1 [15件] あたためその, あぶれば, かしこに, クジは, 一二服煙草を, 御焼滅, 暖まり湯, 焚かれたり, 焚れ, 焼かれたもの, 焼く, 燒き切り, 物食いたり, 聞きたる豫言, 鉄漿を

▼ 火より~ (17, 0.1%)

1 [17件] いづる熱鐡, さきへ, わが許, 先に, 前に, 十七年以後の, 卸して, 卸す少し, 取り出し, 取り出す, 成るとか, 救へ, 救へよと, 水水より, 熱かつ, 發し, 造られたる

▼ 火独楽~ (17, 0.1%)

3 と水独楽

1 [14件] がいかに, がスッ, が指, だ, と水独楽双方, の焔, はそ, は文字どおり, を, をくれ, をつかん, をつねに, をふりかぶっ, を地

▼ 火~ (16, 0.1%)

2 フキ鉄丸ヲトバシワガ船ハクダカレ全員ハ傷ツキ七分デ

1 [14件] タキ, 一層強, 享ケル, 以テマズ巨鼠ヲ, 弄ブ者ハ斬, 放ツテ, 救ワン, 済マスト間モナク颯子ハ出カケテ行ッタ, 焚イテ暖メテ上ゲルデス, 焚クデス夜通シ火ヲ, 発セル家, 見テ, 見ナバ曹操, 雨ラセ王軍ヲ

▼ 火~ (16, 0.1%)

1 [16件] から外, には大きな, には烈火, に据え, に鍋, の上, の上八尺, の中, の前, の棚, の鉄棒, は幅, も火吹竹, を取り巻い, を構, を開いた

▼ 火~ (16, 0.1%)

9 理の 2 理命は 1 理命が, 理命と, 理命という, 理命を, 理命亦

▼ 火みたい~ (14, 0.1%)

2 な息, な赤い 1 だった, な女, な熱意, な速, な頬, な顔, に一とき, に熱かっ, に熱く, に痛ん

▼ 火との~ (13, 0.1%)

1 [13件] うちに, ちがうところ, はげしい争い, 二つの, 散りまじる夜空, 混乱, 激闘に, 禍いが幾たびか, 調和を, 起源, 間に, 闘いを, 集まり火花

▼ 火伏せ~ (13, 0.1%)

5 の行 3 の神 1 の修驗者, の呪禁, の神ゆえ, の禁呪, の稲荷

▼ 火~ (13, 0.1%)

9 見尊 1 で, で來, で来り, 見命

▼ 火~ (13, 0.1%)

1 [13件] だちて, である, と煙, に鬱した, の中, の去る, の滿たる室, をひきいだし, を嫌, を手頼り, を拔, を靜め, 立ち騎馬

▼ 火祭り~ (13, 0.1%)

2 の日, の松明 1 じゃよ, だったのう, で賑わっ, というの, にし, の光景, は一年, は鞍馬, も何

▼ 火~ (13, 0.1%)

5 の死体 2 のからだ, の遺骸 1 に似た, の死体紛失事件, の遺族, は絞首台

▼ 火~ (12, 0.1%)

2 燃ゆる, 點る 1 あそぶ, かたじけなし, これは, しめる寺, つき, 噴きのぼる, 沈む嗚呼, 誰が

▼ 火~ (12, 0.1%)

1 [12件] がつけ, がヒョックリ, が一週間, が呼び, という家扶, と思う, と王妖順, の忠言, の身体, は中国料理, は漢青年, を呼ん

▼ 火~ (12, 0.1%)

2 のよう, の光 1 がばらばら, が落ち, が飛ん, の如き, は背, を吹き, を散らす, を流し

▼ 火~ (12, 0.1%)

3 よ燃えたけれ 1 か, だが, だけに水精, ではあの, とを比較, にはけっして, に代り, の一句, よ燃え猛れ

▼ 火雷神~ (12, 0.1%)

2 の子 1 が丹塗矢, として竃, なりと伝え, に就, の丹塗矢, の名称, の如き, の説話, は此神, 或は大

▼ 火ともし~ (11, 0.1%)

3 頃に 2 頃より 1 ごろなまめかしい, ごろに, ごろまで, て行, に七夕祭, 頃である

▼ 火~ (11, 0.1%)

3 ぶりを 2 ぶりの 1 ところが, のじゃ, のです, んかちつ, んだらう, んだろう

▼ 火のし~ (11, 0.1%)

4 をかけ 2 の火 1 の上, をかけた, をかける, を平, を持っ

▼ 火ばかり~ (11, 0.1%)

2 では 1 ここより, だ, でおす, でなく呉, で水, めらめら燃え, 吹いて, 見つめて, 見詰めて

▼ 火~ (11, 0.1%)

1 [11件] あらんと, から脱, だけは今, における, にころげ墜ちる, にて一たび, には既に, に落ち, の堤, より發, を発見

▼ 火放け~ (11, 0.1%)

1 [11件] ありとあらゆる罪, か窃盗, が来, をなされよう, 人が, 強盗は, 殺人誘拐し, 火に, 道具に, 道具を, 鳶や

▼ 火~ (11, 0.1%)

1 [11件] だ, にも十分以上, にも達し, の大家, の精華, の蘊奥, の計, も進ん, や兵法, を使う, を知り

▼ 火辻軍平~ (11, 0.1%)

3 の死体 2 のからだ 1 だ, だな, という三十歳, のなき, の病気だらけ, の身

▼ 火とも~ (10, 0.1%)

1 いうこと, いえる炎, ならんほど, なるの, なる恋, 弁へ, 蓑虫とも, 見つ, 言えないし, 金生火とも

▼ 火~ (10, 0.1%)

3 見横丁 1 元ヲ, 初滅而烟気, 戸幡姫兒千, 戸幡姫兒及び, 手を, 見横町, 迦具土神を

▼ 火掻棒~ (10, 0.1%)

1 が落ち, で一撃, で犬, につま, に手, に跨がつ, はこんなに, は鉄ぢ, までに唐草模様, を手

▼ 火沙汰~ (10, 0.1%)

1 があり, がなかっ, で時, に丘, のため, の中, の前兆, はまた, も不用心, を憂慮

▼ 火~ (10, 0.1%)

2 なり, にそよぐなるこびえ, 華やぐかた, 騰れり 1 に行く, の走り添

▼ 火繩銃~ (10, 0.1%)

1 ぐらいは飛び出さん, で戦っ, で戦争, にのされ, のつつ先, の射的, ばかりであったです, を取りだした, を持った, を肩

▼ 火術弩~ (10, 0.1%)

2 の弦 1 から発射, が発射, が落ち, の落ち, は壁, は箭, を取り上げ, を拾い上げた

▼ 火~ (10, 0.1%)

2 にかかっ 1 ありとして, のある, のあるなら, のほか, の全貌, はまったく, は用いたくない, 一策です

▼ 火~ (10, 0.1%)

2 の響 1 かの點, となし, にも駕さん, に下っ, の光, をうた, を回し, を示します

▼ 火とともに~ (9, 0.0%)

1 おののいて, 乱れたの, 信長から, 和尚さんの, 寒き處, 恋の, 攻め立てて, 歌ひ, 身を

▼ 火とを~ (9, 0.0%)

2 固めて 1 もたなければ, 持つて, 沢山, 背景として, 見くらべながら, 見て, 頂戴出来まい

▼ 火なら~ (9, 0.0%)

2 んと 1 で泣寝, ばなんでも, むや, んかと, 何分間位持っ, 熱いはず, 贅沢を

▼ 火にでも~ (9, 0.0%)

2 あたるが, 打たれたよう 1 あたつ, くべて, 打たれたやう, 焼かれたよう, 追われて

▼ 火をも~ (9, 0.0%)

2 齋は 1 しつけて, 嫌はめ, 心に, 新らしくし, 燃やすだろうと, 踏み水, 避け得つべき喜

▼ 火~ (9, 0.0%)

2 の氷 1 にかざし, にかざし炙り, に屍體, に屍體積, に磔, の鳥, を渡りし

▼ 火~ (9, 0.0%)

2 の前 1 で人間, で焚火法, で焼却, のぐるり, のよう, の中, の鍵

▼ 火~ (9, 0.0%)

1 に地下足袋, の第, は家, へいつ, へ落ちつく, まで歩い, も星城子居, を敲く, 二句

▼ 火~ (9, 0.0%)

1 が一対, とは夜, と玄関, の光, の如き, はあたり, はなかば, を先, を握れ

▼ 火掻き~ (9, 0.0%)

3 棒を 1 で松枝, をもった, を小脇, を御, 棒が, 棒で

▼ 火木土~ (9, 0.0%)

2 と八時 1 がとべ, だもの, ですから, といふことに, と書かれ, のうち, は午後七時

▼ 火~ (9, 0.0%)

4 の原 1 からでき, にあり, は島中, を天空, を打っ

▼ 火除け~ (9, 0.0%)

2 地の 1 になる, の御札, の行, 地で, 地に, 地へ, 地まで

▼ 火とは~ (8, 0.0%)

1 おのずから性質, なんという, 十二宮中の, 卷き舌, 木は, 気がかり周馬の, 肉硬く, 黒い大きな

▼ 火など~ (8, 0.0%)

2 焚いて 1 おこしつ, 波に, 焚いては, 焚く家, 見ると, 起して

▼ 火兄弟商会~ (8, 0.0%)

8

▼ 火土金水~ (8, 0.0%)

1 といふの, と有形物, にあらざる, にし, の五つ, の五種, の五行, の外

▼ 火燈口~ (8, 0.0%)

2 の小 1 から右, から差し出し, のふす, のよう, の下, の方

▼ 火~ (8, 0.0%)

1 が天上, が火, と言い, のふく焔, のよう, の勢い, の舌, はてんてん

▼ 火~ (8, 0.0%)

1 か鶴屋, が荒れまわっ, となっ, に彼方, のよう, の脊中, はかの, は気味

▼ 火かき棒~ (7, 0.0%)

1 でたたき落とした, をにぎりしめ, をにぎりしめた, を前, を手, を持っ, を突

▼ 火です~ (7, 0.0%)

21 かね, からこの, よ, よその, 火です

▼ 火といふ~ (7, 0.0%)

2 ものを 1 のは, もの, ものは, 六の, 暗示を

▼ 火なんか~ (7, 0.0%)

1 かえって今, ないはず, 放けるやう, 沢山, 潜り込むわけ, 燃えてない, 附けるもの

▼ 火むら~ (7, 0.0%)

2 のただ 1 から生じた, で焼いた, に燃えたて, は, を一層

▼ 火合図~ (7, 0.0%)

1 であったと, で明け方, とみえ, なども用いた, なの, の信号, はつづけられ

▼ 火~ (7, 0.0%)

2 の中, 捏ねを 1 に転ん, を築い, を築き

▼ 火~ (7, 0.0%)

1 の広場, はまるで, は横ざま, をかぶっ, を払い, を泳ぎぬけ, を浴び

▼ 火~ (7, 0.0%)

1 と共に吹き散らされる, にあたためられた, のなげき, は大, をそつ, を吹きぬ, を残す

▼ 火~ (7, 0.0%)

1 にし, の為め, の術, の謀, の防ぎ, は呉, は戦略遂行

▼ 火~ (7, 0.0%)

2 を買 1 でも使いたい, でも使ひたい, は二, も同じ, を作る

▼ 火柴公司~ (7, 0.0%)

1 では煽動者, などを順ぐり, のレポ, の工人達, の社員, へ向けられた, も土嚢塁

▼ 火~ (7, 0.0%)

2 き屋, の老人 1 くこと, の小, をしさう

▼ 火燧崎~ (7, 0.0%)

1 が来, だ, に来, の人, の方, まで出かけた, まで強盗

▼ 火~ (7, 0.0%)

1 のはかり, の修羅, の如く猛りだした, の戦法, の策, の計略, は吠え

▼ 火~ (7, 0.0%)

2 ではない 1 が別して, と, に暗黒, に注ぎ捧げもち, の真鍮

▼ 火~ (7, 0.0%)

1 ですが, で鳴らした, とある, とはもと, と一緒, と稱, の字

▼ 火藥庫~ (7, 0.0%)

1 が爆發, の土手, の汚, の番人, の番兵, も淺露, わきいま

▼ 火~ (7, 0.0%)

1 から遁がれよう遁, が早, が早い, はかなり, はすこし, は次第に, は間近

▼ 火避地~ (7, 0.0%)

1 がある, で樹木, には借家, に出, に飾っ, のやや, を前

▼ 火がと~ (6, 0.0%)

1 ぼつとる, ぼり切れて, もつた, もつた瞬間, もつて, もれて

▼ 火こそ~ (6, 0.0%)

2 みえけれ其棹 1 はやく消さね, 嫉め, 真如へ, 移りたれ

▼ 火だけが~ (6, 0.0%)

2 赤い 1 勝者の, 呼吸し, 残った, 言葉どおりかすかに

▼ 火だけは~ (6, 0.0%)

1 ソロ, 人が, 是れ, 枕頭へ, 燃えて, 盛だ

▼ 火とが~ (6, 0.0%)

1 あり後方, 一緒に, 当てられたところ, 恐ろしい勢, 烈しいので, 町尽頭の

▼ 火と共に~ (6, 0.0%)

1 どすんと焦土, 一散に, 吹き散らされてしも, 消えるとも, 灰に, 群り

▼ 火なる~ (6, 0.0%)

1 こと身の, と同じ, に仰天, ものが, ものを, を奈何

▼ 火を以て~ (6, 0.0%)

1 これを, 全心, 描かれた絵, 火を, 自ら焼け亡ぶ, 蠍を

▼ 火アブリ~ (6, 0.0%)

1 にかける, にされ, にしてやる, にしない, にもしない, は死ぬ

▼ 火~ (6, 0.0%)

1 で本年, といふこと, と対照, なるとき, の家, を刺戟

▼ 火悪戯~ (6, 0.0%)

1 となる, と人, のお, のよう, はあなた, は元

▼ 火~ (6, 0.0%)

1 で人間, なども行, なども行なわれ, のそもそも, の経典, や拝日教

▼ 火明命~ (6, 0.0%)

1 と決めたらしい, に關係, の名, の後裔, の末孫, を祀つ

▼ 火榴彈~ (6, 0.0%)

2 に一次一發, を揚げ 1 は危急存亡, や火箭

▼ 火~ (6, 0.0%)

1 の前線, の手のうち, の石火矢, の砲術, の針路, は停車場付近

▼ 火道具~ (6, 0.0%)

1 がなさ過ぎた, が春山, というもの, はちゃんと, や懐中附木, を出し

▼ 火門内~ (6, 0.0%)

1 にある, における變異, には風雨霜雪, に入り, に入る, の魂

▼ 火~ (6, 0.0%)

1 のこと, のまじ, の御幣, の為め, の神, の舞踏

▼ 火~ (6, 0.0%)

2 の皮衣, の裘 1 のよう, の皮

▼ 火ある~ (5, 0.0%)

1 ところは, に至りし, ひは, を知り, を知る

▼ 火さえ~ (5, 0.0%)

1 あれば, 強ければ, 消そうと, 焚いて, 風も

▼ 火さき~ (5, 0.0%)

1 がメラメラ, が向い, が堅炭, は早い, を見つけた

▼ 火さん~ (5, 0.0%)

1 が予想, が大山澄太さん, の手紙, はあた, はほんとう

▼ 火そのもの~ (5, 0.0%)

1 となっ, に興味, のよう, より土, をユリ

▼ 火だるま~ (5, 0.0%)

2 になっ 1 と化し, になった, の種

▼ 火とか~ (5, 0.0%)

2 水とか 1 空気とかに, 空氣とかに, 酒とか

▼ 火なく~ (5, 0.0%)

2 瞋に 1 して, しては, 炎日も

▼ 火にな~ (5, 0.0%)

1 つた, つた思ひきられぬ, つて怒る, つて東の, つて燃え

▼ 火によって~ (5, 0.0%)

1 必然焼かれうべき, 揺らめいてる魂, 猛烈な, 茅の, 金属の

▼ 火ほどの~ (5, 0.0%)

2 あたたまりも 1 ものを, 人の, 光も

▼ 火もて~ (5, 0.0%)

1 其葬禮を, 描ける火, 消ちつ, 畫き成せる, 觸れ探らで

▼ 火もと~ (5, 0.0%)

1 あらための, に眠りかける, はあの, はまさに, を充分

▼ 火~ (5, 0.0%)

1 叫喚ハ掠, 如ク燃エシカド周囲, 如シ, 気ノ, 用心

▼ 火一つ~ (5, 0.0%)

1 で御飯, ない土間, の神秘的, みえない, もみえなかった

▼ 火~ (5, 0.0%)

2 に白き 1 で拾い刺し, の藤蔓, は円形

▼ 火喰鳥~ (5, 0.0%)

1 が空, っての, のやう, の卵, や駱駝

▼ 火~ (5, 0.0%)

1 から天, に吹き飛ばされぬ, の熱気, は三箇竝立, や湯気

▼ 火~ (5, 0.0%)

1 が適度, で文樣, で焼いた, の不足, を上げ

▼ 火教徒~ (5, 0.0%)

1 あり, が使った, が火中, の忍, の説

▼ 火明り~ (5, 0.0%)

1 がうつっ, が昼間, になんとなく, に映った, は急速

▼ 火~ (5, 0.0%)

1 とのみ云っ, の海, より水, を消す, 明るいぞ

▼ 火照り~ (5, 0.0%)

2 を稍 1 をあげる, を感じ, を漂

▼ 火~ (5, 0.0%)

2 をかけ 1 がいる, に逡巡, をかける

▼ 火~ (5, 0.0%)

2 をし 1 だ, の熱い, を出し

▼ 火膨れ~ (5, 0.0%)

1 が出, になつ, に膨れ, のした, の痕

▼ 火~ (5, 0.0%)

1 のやう, のよう, の如き, の精, はギアナ

▼ 火輪船~ (5, 0.0%)

2 の船体 1 がはじめて, は港口近く, を用いる

▼ 火附け~ (5, 0.0%)

2 道具 1 人殺しの, 道具で, 道具を

▼ 火あり~ (4, 0.0%)

1 て今, て天, とも云, と見えしなるべし

▼ 火いたずら~ (4, 0.0%)

1 なりませぬと, に乗せられた, の仲間, も時に

▼ 火かき~ (4, 0.0%)

1 がいっ, がうまく, がねだりました, の先

▼ 火~ (4, 0.0%)

1 へともせれ, へ小さく, へ淡く, まだ舵

▼ 火~ (4, 0.0%)

1 づまりて後, づまりて後約束の, ても三日間遠慮, て乱雑

▼ 火じゃ~ (4, 0.0%)

1 ございません, とても駄目, ないですか, パイプの

▼ 火それ~ (4, 0.0%)

4 だわ

▼ 火たい~ (4, 0.0%)

2 てもいい 1 て待ってるがら, で待ってるがら

▼ 火だけを~ (4, 0.0%)

1 凝然と, 時々明るく, 残して, 頼りに

▼ 火であった~ (4, 0.0%)

1 ことまでが, のだ, 事と, 故に爰

▼ 火でない~ (4, 0.0%)

1 ことが, ことだけは, といたします, ように

▼ 火として~ (4, 0.0%)

1 であった, 打ち鍛えた刀, 焚いて, 鳥に

▼ 火なし~ (4, 0.0%)

1 だ, だと, の生活, コンロ

▼ 火にあたり~ (4, 0.0%)

1 たまえ, 一時ばかりに, 携へ, 飯を

▼ 火について~ (4, 0.0%)

1 そんな晩, 炙り食う山人これ, 種々なる, 考へる火

▼ 火ほどに~ (4, 0.0%)

1 なりましたので, なります, 点つて居た, 點つて居た

▼ 火もち~ (4, 0.0%)

2 がちがいます 1 てその, て猪

▼ 火~ (4, 0.0%)

1 我が胸, 無闇に, 燃えよ, 霰よ

▼ 火らしい~ (4, 0.0%)

2 ものは 1 ものが, 火花さえ

▼ 火ウチ袋~ (4, 0.0%)

1 は信長, やヒョウタン, をぶらさげ, を七ツ八ツ腰

▼ 火ッ気~ (4, 0.0%)

1 が流れ, に煽られ, も身, をもっ

▼ 火~ (4, 0.0%)

1 のもの, の二人三人, の童二人, の童達

▼ 火~ (4, 0.0%)

1 となっ, まで舞い上がっ, を, を招く

▼ 火持たぬ~ (4, 0.0%)

2 人は 1 はあらね, 手うち振り

▼ 火~ (4, 0.0%)

2 は伊東さん 1 の火一ツ, は僕

▼ 火~ (4, 0.0%)

1 は一つ, は樋口富, は樋口富小路, 來の

▼ 火~ (4, 0.0%)

1 このきらびやか, と水, などの名前, に映じ

▼ 火~ (4, 0.0%)

1 だの槃, に凭, を中心, を拵え

▼ 火生土~ (4, 0.0%)

1 という, というは不都合, とは火, とは諸物燃

▼ 火~ (4, 0.0%)

1 が乗組員, にとびのった, はもうさっそく, へとびうつった

▼ 火~ (4, 0.0%)

1 くること, けたり, けて夷, けて燒

▼ 火~ (4, 0.0%)

1 になっ, の四つ, の四大, をしのぶ

▼ 火體蟲~ (4, 0.0%)

1 と命名, のうつくしい, は四種, は多

▼ 火~ (4, 0.0%)

2 の燈 1 と火の粉, の目標

▼ 火~ (3, 0.0%)

1 かりに, たつて, たつてたら木の葉さくつ

▼ 火あるいは~ (3, 0.0%)

1 これに, 蓑虫と, 金殿玉楼くらいに

▼ 火いじり~ (3, 0.0%)

1 しながら, の危さ, をする

▼ 火かすか~ (3, 0.0%)

1 になり, になりゆけり, になり行けり

▼ 火がかり~ (3, 0.0%)

1 の大道具, は水, をする

▼ 火たき~ (3, 0.0%)

1 すしたるなせ, の子供, 榾たきあぶる

▼ 火~ (3, 0.0%)

1 気が, 火が, 火の手が

▼ 火つき~ (3, 0.0%)

1 がよく, が好かっ, のい

▼ 火つけ人~ (3, 0.0%)

1 である, でも, となる

▼ 火つけ役~ (3, 0.0%)

1 の一方, はのち, をする

▼ 火どの~ (3, 0.0%)

1 かならず違約, から咲耶子, 軍配が

▼ 火などは~ (3, 0.0%)

1 みな生物の, みな空中に, 見えませんでした

▼ 火などを~ (3, 0.0%)

1 出して, 望みました, 焚きつけて

▼ 火なり~ (3, 0.0%)

1 うつくしく, 否水, 水なり

▼ 火なりと~ (3, 0.0%)

2 涙な 1 あるに

▼ 火に対しては~ (3, 0.0%)

1 まことに消極, 何の, 弱いけれども

▼ 火に関する~ (3, 0.0%)

1 掟が, 文字が, 著書の

▼ 火のさ~ (3, 0.0%)

3 緑の

▼ 火ツケ~ (3, 0.0%)

1 でも教えこまれる, で出来る, の悪

▼ 火~ (3, 0.0%)

2 自ラ涼シ 1 亦スズシ

▼ 火~ (3, 0.0%)

2 の行 1 にあり

▼ 火~ (3, 0.0%)

2 は放け兼ねない 1 で寒

▼ 火入り~ (3, 0.0%)

3 の月

▼ 火~ (3, 0.0%)

1 する骨, は二, ヲ行ヒ骨灰

▼ 火口原湖~ (3, 0.0%)

1 として大沼, に水, は別

▼ 火叩き~ (3, 0.0%)

1 やらなんだか, や砂袋, 鳶口スコップ鍬いざ

▼ 火吸器~ (3, 0.0%)

1 だもの, という高田駄平, と渾名

▼ 火吹き~ (3, 0.0%)

1 役も, 紅竹, 達磨の

▼ 火吹達磨~ (3, 0.0%)

1 が火, のやう, や泣達磨

▼ 火~ (3, 0.0%)

1 となっ, の如し, を目がけ

▼ 火太立旅館~ (3, 0.0%)

1 がそう, という物々しい, の老

▼ 火~ (3, 0.0%)

1 が伸びる, は金色, を嘗める

▼ 火尻座~ (3, 0.0%)

2 の方 1 の法

▼ 火~ (3, 0.0%)

1 ある上帝, に代り, を得

▼ 火教等~ (3, 0.0%)

2 の諸宗 1 が並び行われ

▼ 火早い~ (3, 0.0%)

2 のが 1 と云いやん

▼ 火~ (3, 0.0%)

2 の命 1 に赤く

▼ 火浣布~ (3, 0.0%)

1 でも仕上げ, とかエレキテル, の製造

▼ 火~ (3, 0.0%)

1 にし, にせられた, にもされよう

▼ 火~ (3, 0.0%)

1 りされた諸々, りですが, りに

▼ 火~ (3, 0.0%)

1 が迫っ, も噴, 全く絶

▼ 火焼き屋~ (3, 0.0%)

3 なども下人

▼ 火熱っ~ (3, 0.0%)

2 て来た 1 ていた

▼ 火燃え~ (3, 0.0%)

1 つつわが, て鍋, ひろご

▼ 火~ (3, 0.0%)

1 し頃, めかした小, を目守め

▼ 火燧石~ (3, 0.0%)

1 のよう, を切る, を尖らせ

▼ 火空気~ (3, 0.0%)

1 のその, はその, は人生

▼ 火~ (3, 0.0%)

2 に衝突 1 より降りしきれ

▼ 火耳灰~ (3, 0.0%)

1 を得, を釈, 獲ら

▼ 火~ (3, 0.0%)

2 の殉教 1 の蓮華

▼ 火起し~ (3, 0.0%)

1 のとき, の物語, を見つけ

▼ 火車站~ (3, 0.0%)

1 に着いた, のフランス風, の構外

▼ 火車等~ (3, 0.0%)

2 と称する 1 いちいち列挙

▼ 火~ (3, 0.0%)

1 というの, のほか, 両曜ごと

▼ 火~ (3, 0.0%)

2 を冠ら 1 でたっぷり

▼ 火鍋子~ (3, 0.0%)

1 が出, の中, をとっ

▼ 火~ (3, 0.0%)

1 のごとき投げ, をあびせろ, を浴び

▼ 火~ (3, 0.0%)

1 あつまり去れば, が燃え, むらがり翔べば

▼ 火麿~ (3, 0.0%)

1 といふ者母, の惡逆, は裂目

▼ 火~ (2, 0.0%)

2 消で

▼ 火あかく~ (2, 0.0%)

1 燃えて, 燃ゆれ

▼ 火あれ~ (2, 0.0%)

1 ばおの, ばこそ火遁

▼ 火いけ~ (2, 0.0%)

2 て勝手

▼ 火うち~ (2, 0.0%)

1 なら勝手, 消しつ續

▼ 火うち石~ (2, 0.0%)

1 をもつ, を情熱

▼ 火かきおこし~ (2, 0.0%)

2 寒むか

▼ 火かと~ (2, 0.0%)

1 思えば, 恨めしく映る

▼ 火かも~ (2, 0.0%)

2 知れぬ

▼ 火がよ~ (2, 0.0%)

1 大方浪, 袖の

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 ひ鳥火, を恐れざりき

▼ 火ぐらい~ (2, 0.0%)

1 なもん, 木葉を

▼ 火した~ (2, 0.0%)

1 ものと, ようなもつれた

▼ 火せしめた~ (2, 0.0%)

1 事は, 同じ思想

▼ 火その~ (2, 0.0%)

1 賑かな, 魚鱗火連弾光鵜舟の

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 とひ, とひこ

▼ 火だけ~ (2, 0.0%)

1 明明と揺れ, 燃やしたらいい

▼ 火だけで~ (2, 0.0%)

1 それを, 済ませるくらい

▼ 火だった~ (2, 0.0%)

1 のが, のを

▼ 火だの~ (2, 0.0%)

1 その他いろんな, 猫だの

▼ 火だらけ~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ 火だろう~ (2, 0.0%)

1 かとうわさ, といっ

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 やある, やない

▼ 火って~ (2, 0.0%)

1 何だい, 賑やかな

▼ 火ってな~ (2, 0.0%)

2 んだい

▼ 火つけ人種~ (2, 0.0%)

1 がいつダブる, がダブッ

▼ 火つぼ~ (2, 0.0%)

1 をよく, を空

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 ふもの, ッて

▼ 火であっ~ (2, 0.0%)

1 てもいつか人生, て何物

▼ 火であり~ (2, 0.0%)

1 天より, 工作であった

▼ 火でから~ (2, 0.0%)

2 だ中

▼ 火でございました~ (2, 0.0%)

2 が粟田口

▼ 火でございます~ (2, 0.0%)

1 な, 放火だ

▼ 火でさえ~ (2, 0.0%)

1 大概度胆を, 風は

▼ 火でなく~ (2, 0.0%)

2 てはならない

▼ 火でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ば放け, ば理化學的

▼ 火とぞ~ (2, 0.0%)

2 燃ゆる

▼ 火とで~ (2, 0.0%)

1 照らされて, 部屋は

▼ 火ともす~ (2, 0.0%)

1 わざも, 蝋の

▼ 火なき~ (2, 0.0%)

1 なり, は意味

▼ 火なりしか~ (2, 0.0%)

2 墓地ぬけ

▼ 火なんぞ~ (2, 0.0%)

1 おこして, 突つい

▼ 火にあたる~ (2, 0.0%)

1 必要も, 男

▼ 火にか~ (2, 0.0%)

1 楽しむ, 樂しむ

▼ 火にしか~ (2, 0.0%)

1 ないわけ, 見えなかった

▼ 火によ~ (2, 0.0%)

1 つて再び, つて背中から

▼ 火のみが~ (2, 0.0%)

1 勢ひよく赤く, 微かに

▼ 火ばかりが~ (2, 0.0%)

1 残つたと, 物すごく見えた

▼ 火ばかりに~ (2, 0.0%)

1 とどまらず将門, なって

▼ 火ひらめき~ (2, 0.0%)

1 万雷はためき, 萬雷はためき

▼ 火ふき竹~ (2, 0.0%)

1 でふい, にも吹き

▼ 火ほど~ (2, 0.0%)

1 いいの, な火繩

▼ 火また~ (2, 0.0%)

2 小笠原殿の

▼ 火まで~ (2, 0.0%)

1 土地の, 燈し

▼ 火まわし~ (2, 0.0%)

1 などの戯れ, 尻取

▼ 火もて焼き~ (2, 0.0%)

1 そね, て転ばし落しき

▼ 火よく~ (2, 0.0%)

1 おこつてるか, 金を

▼ 火よけ~ (2, 0.0%)

1 安産と, 街路の

▼ 火よけと~ (2, 0.0%)

1 安産との, 安産の

▼ 火タタキ~ (2, 0.0%)

1 などを一本, を持たせ

▼ 火ネズミ~ (2, 0.0%)

1 が廊下, に追われ

▼ 火二つ出~ (2, 0.0%)

2 で来る

▼ 火二杯煙草盆~ (2, 0.0%)

2 と茶

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 涼, 涼と

▼ 火何と~ (2, 0.0%)

1 いひかの, 答ふる

▼ 火作り~ (2, 0.0%)

1 およそある, だらうと

▼ 火先生~ (2, 0.0%)

1 ぜひ咲耶子, それほどまでの

▼ 火光閃~ (2, 0.0%)

1 めき炎々, めくと

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 がたった, だという

▼ 火剋金~ (2, 0.0%)

1 とは火, の理

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 し, し火危

▼ 火即ち~ (2, 0.0%)

1 救はれし, 電光

▼ 火及び~ (2, 0.0%)

1 人の, 水の

▼ 火唸り~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 に火天, の前

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 と一緒, の中

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 その次, は成熟

▼ 火~ (2, 0.0%)

2 の火打石

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 が目, が空気

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 の新居, の経営新

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 とか言, につく

▼ 火惡戯~ (2, 0.0%)

1 のやう, をした

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 という, を言

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 に潜ん, に針

▼ 火明らか~ (2, 0.0%)

1 に心, に是

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 親し誰, 親し誰か炉

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 れ十一月, れ尋常

▼ 火暗き~ (2, 0.0%)

2 空に

▼ 火木土火木土~ (2, 0.0%)

2 と八時

▼ 火格子~ (2, 0.0%)

1 の上, を持つ

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 とって, を圧石

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 に引っかかり, の鍵

▼ 火点け~ (2, 0.0%)

1 かにちがい, と火消し

▼ 火点し~ (2, 0.0%)

1 ごろ過ぎ, て来

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 にし, になり

▼ 火無し~ (2, 0.0%)

1 では困るだろう, の部屋

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 の翁, はやはり

▼ 火~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 火熱った~ (2, 0.0%)

1 上に, 顔へ

▼ 火熱る~ (2, 0.0%)

1 のを, ような

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 なり, 然として

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 りの, をパッ

▼ 火~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 を囲む, を殖やし

▼ 火田法~ (2, 0.0%)

1 なども用い, を附近

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 がヒョットコ, であり同様

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 を, をととの

▼ 火立色~ (2, 0.0%)

2 見えて

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 の火, を存じ

▼ 火~ (2, 0.0%)

2 の火

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 がある, が湿ってるだ

▼ 火繩桿~ (2, 0.0%)

1 は大砲, を取っ

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 涼, 涼と

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 といい, を先頭

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 の誤写, は火葬

▼ 火蛋白石~ (2, 0.0%)

2

▼ 火説話~ (2, 0.0%)

1 は如何, は此

▼ 火論家~ (2, 0.0%)

1 と水論家, は何時何処

▼ 火赤し~ (2, 0.0%)

2 我が映る

▼ 火起る~ (2, 0.0%)

1 なり, を俟

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 にあり, にて煙

▼ 火近う~ (2, 0.0%)

1 ともしたり, なりて物

▼ 火遠く~ (2, 0.0%)

2 光の

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 に置き, の燥熱

▼ 火金水~ (2, 0.0%)

1 に土, に春夏秋冬

▼ 火~ (2, 0.0%)

1 を磨っ, を腰

▼ 火~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 火門外~ (2, 0.0%)

1 の山麓, の魂

▼ 火~ (2, 0.0%)

2 降命

▼ 火附盗賊改役~ (2, 0.0%)

1 をし, を勤め

▼ 火風水~ (2, 0.0%)

2 の四つ

▼ 火風空~ (2, 0.0%)

2 の五巻

▼ 火~ (2, 0.0%)

2 へる思

▼ 火骨居~ (2, 0.0%)

1 を見舞, を訪

▼ 火高く~ (2, 0.0%)

1 燃えて, 燃ゆるが

▼1* [615件]

あかりがみえました, 火あげの独自, 火あそび四十八死參照, 火あつかいをさせない, 火あらばすなわち, 火あらせよ, 火あり熾れりと見, 火いきれに火照つた, 火いじり商売だ, 火いつけりゃあ牢, 火いづれもその, 火いよいよ燃えて, 火い燃してわかし, 火うつされたり, 火おこさぬ火桶, 火おこしそれから出前持ち, 火かがやく鏡の, 火かきおこしつ文ども読む, 火かきかきて苧, 火かげ祇園は花, 火かざし花やげる新婦, 火かしこにも一揆, 火かということを, 火かとも見えまた, 火かなんぞのように, 火かのやうに, 火からの影響を, 火かんと言, 火がはいつて, 火がもゆるなどと, 火がわら束にうつった, 火くせ焼きくせ, 火くゆる聖殿に, 火くりまきとする, 火くるしさに, 火ぐちから一つづつボーボー, 火ぐもでした, 火ぐもが壁の上, 火悉く資財, 火これを撃つ, 火さえもその火, 火さき五本ずつ逆さ, 火さげを持っ, 火さしつけて中, 火さし物あぶりくひなど, 火さては近き海岸, 火ざし華やかに, 火ざらというもの, 火しか燃えて, 火したらしい枯枝の, 火しめしせえすり, 火じゃによって消すには, 火じゃろうか, 火すばるを高み, 火すら惜みつ, 火すらに早や, 火することをすら, 火すれば三十日間参詣, 火すゝたく蜑, 火め骨身の, 火たいていねえ時, 火たきそめて煙, 火たく子等のをり, 火たく屋も小夜, 火だこを生ずる, 火だらうな, 火気と, 火つけたもんだ, 火つけ友達はまぎれなく, 火つけ押込みまでやりました, 火つけ野郎がわかつ, 火つむじの底, 火てえのが, 火てりが冷めぬ, 火てりだし始末に, 火であっためるのだって, 火であるなら格別荒ぶる, 火であるむかっ気である, 火であろう山を, 火でにかわを, 火でねえか, 火といったような, 火とかいうんです, 火とから生れた畸形物, 火とこそ生ひ, 火とのみ云って, 火とばかり魔の, 火とぼす物で, 火ともしたるやうなる, 火とやらで焼失, 火とやらだの黒坊主だの, 火とろとろと燃ゆ, 火どこまで野望, 火なお明なりと, 火ながらちいちいと, 火なければ朝夕, 火なす身熱, 火なぞをつけて, 火なたのついた, 火なほいきて, 火なほ炳えたり, 火ならざるをもっ, 火なりという哲学も, 火なりというはその誤れる, 火なんぞをこわがるの, 火にあたって膝を, 火にあたるは寒さ, 火における如くなるべし, 火におけるもまたかく, 火にかけ料理を, 火にかけてはこがしかけては, 火については暖炉が, 火にても罪の, 火にとって油である, 火にともなへりまた, 火になんぞあたれない, 火にばかり当たって, 火にまで焼かれ損なったの, 火による團結の, 火によるにあらず地, 火に対し一杯の, 火に対して相手は, 火に対する趣味などにも, 火に当たって一命を, 火のう水のうの, 火のうへにゐるやう, 火のなびけるひまに客主, 火のみ山, 火のみか石も, 火のみで燃えて, 火のみはよく燃えつ, 火のわざはひのうちつゞきておのが, 火はかかつた, 火はげつそりと, 火はもうい, 火はや見えそめ, 火はをやみなく, 火ばなと咲く一生, 火ひとりの火, 火ふっと消ゆ, 火ぶくれしたような, 火ぶくれたような, 火ぶくれなのよねえ, 火へも飛込みさ, 火ぼこりをかぶつ, 火または風より, 火までがあの時, 火もえつきて焼死, 火もと思つた, 火ものなり思ふに, 火もはや消えなんと, 火やとかすかに, 火ややに消えゆき, 火やらきれいな, 火ようなし, 火ようように消え, 火よけの御札を, 火よばむ, 火らし霧濃し, 火が洩れてる, 火譯では, 火をけに火さし物あぶりくひ, 火をぞ懸けたり, 火をでも攫む, 火をともせり, 火をなほし始めた, 火をのこりなくたたき消して, 火をはくんだぜ, 火をば好めど, 火を通して来て, 火中へ, 火ついデモゴグ休, 火アッハハハ驚いたか, 火アブハジヤ人の歌, 火アブリ水責め氷責め熱湯, 火アブリ牛ざき穴つるし水責め, 火アーヴィングの宿った, 火で温, 火ウチ石とツケ木, 火ウチ袋ヒョウタン七ツ八ツぶらさげちょうど, 火カキという, 火カキその他一揃を買っ, 火ジロのはた, 火スクヒなどというもの, 火タラタラと行手, 火ダルマのよう, 火てもの, 火ツケ役の出現, 火テーブル一筋の光, 火ニ燒カルト信仰ストモ是等ノ信仰ガ信仰ナルガ, 火ニ西風来ツテ吹キ懸余多, 火ハゼの音, 火バシを目, 火パチパチパチパチ火の粉を, 火モ静マリ向岸ニ移ラントスルニ河岸ニハ爆風ニテ重傷セル人, 火ヨリモ水ニ近カラン, 火ヲ付ケルノハワレワレノウチノ誰カナノダガ今夜ハ時分ヲ見, 火一たび身を焚か, 火一つらになり, 火一ツで天下, 火一個に封じ込め, 火一杯いこして, 火一火に骨, 火一閃するごと, 火万物の母, 火三昧して, 火下りた, 火不能燒水不能漂とかいた, 火世界の脈, 火乃ち第八嚢, 火乃與夫相見婦人, 火乍ら銀の棒, 火であつ, 火以後に諸子, 火伴兩三輩を延, 火作用は起る, 火使の心得, 火依然として少しも動く, 火に眠る, 火がつる, 火充満し噛めば, 火光さし人の声, 火光千万の物音, 火光千萬の物音, 火光吸ひじめじめ, 火光囂然たる銃声, 火光天を焦がし, 火光放電の方, 火光河の向, 火光白菊の花, 火入これには摺附木, 火入われら見世番にて隙, 火體を, 火兵學科の設け, 火ものなる, 火其胸中に燃え, 火を裝, 火具合を見, 火には暖炉, 火冷たい目耳終ひ, 火出ずることあり, 火出たるよし府内, 火出づこはいと, 火出来ぬと聞き, 火て紅, 火則燧人之前, 火の片, 火である, 火を受け, 火劫火敵火爆火手一つでも消しますでし, 火化寒化風化の數, 火却って八千の, 火又は火神である, 火叫びしながら, 火同然人造に係る, 火君来訪ありが, 火つたけたばかりよ, 火吹だるまが怒り出した, 火吹竹片手にどなった, 火吹達磨みたいな顔, 火唐土にもなし, 火喰い鳥は, 火喰鳥羚羊を追, 火噫相遇へり青き, 火四方に並べし, 火回りがもっとも, 火土焼きにし, 火地人等と併び, 火地火劫火敵火爆火手一つでも消しますでし, 火坑精らがその, 火堅い所故, 火堆はげしく燃えしめよ, 火は焦れ, 火変何か城内, 火は自分, 火大風大空大これであります, 火天堂の三, 火天焔魔王七母八執曜, 火天狗礫ととなうる, 火太立であるかが, 火女影の里, 火女神と云う, 火存すというよう, 火宇宙の命根, 火室扉をあける, 火を巻きこめ, 火寒いにせめて, 火寒山寺記過呉楓, 火尅金これが相, 火小町の半身, 火小間使ひにでも, 火を吹い, 火を曳い, 火の出来栄え, 火は土, 火の雲, 火の如く, 火床がくづれたのである縁起のよい, 火庭自身も日本人, 火延しを掛け, 火廻りの早かっ, 火など雨, 火強盗橋杭の伐り倒し, 火に上徴, 火を二尺五寸断り, 火りを, 火微かに, 火徳衰う, 火心頭に発した, 火性女また火性, 火性女水性なるも, 火怨霊火等の名, 火に脳中, 火慰斗かけの女, 火または変成, 火成巌の小片, 火戯光映照波絃歌相和, 火を上ぐる折, 火把持を前, 火がよい, 火の松明柱松, 火振り立て振り立てて光, 火挺身あらゆる方法, 火捕り虫が, 火を手伝っ, 火掛かりに馳せ向かった, 火や棒ぎれをにぎって, 火掻きで煙突を, 火掻棒ようのもの, 火揚げなどと称し, 火攻背は氷攻め, 火泥棒でも, 火放けしたか物, 火放けですか, 火の費, 火教徒兎と栗鼠, 火斉珠をとおし, 火断ちをすれ, 火茗を, 火の如く, 火旋風と共に走り出し, 火日向筑紫を巡, 火明かりで梵天台, 火明らけく, 火明るいぞ, 火明るくなりしとて, 火のまま, 火映えはどこ, 火映り見れば, 火有り土石を, 火木金の四日, 火だ, 火未だわが胸, 火に本, 火来すべて予定の行動也, 火来りて身, 火啄み滅し去ると, 火の小山, 火桃神を作, 火棚火鍵はもと, 火検めが通る, 火榾柴を焚い, 火模様描くもの, 火のよう, 火次に雨次に, 火次第である火, 火歌聲ともにあだなら, 火止まるおよび人生, 火止めしたとのう, 火黎が, 火歴程のため, 火死水死圧死などこの, 火の罠, 火殺する一種の, 火を吹いた, 火殿の鉄砲, 火を吸い出さし, 火氣一鍋に對, 火氣或ひは, 火氣盡き燥熱, 火氣立ち日は寒し, 火水土の昼間, 火水木と三日, 火水木金とアパート, 火油手間等大仕掛, 火法みな厳秘洩らすまじきもの, 火流光輪である, 火流前線がどれ, 火の中央, 火消えて後, 火涼しく見へて, 火渡青笹の字中沢, 火湿を得れ, 火漸く薄くし, 火潔斎して, 火火事おこすん, 火火火事おこすん, 火火災の余炎, 火火生土これが相生, 火火鉢湯たんぽ炬燵毛織物締め切った障子, 火で夜眼, 火灯時に近く, 火炉中に投じ, 火炎天をこがし, 火を挙げ, 火点ずれば雨晴, 火点るといふ, 火点るごときそのけは, 火烈々身体を焼き, 火烙台を立てた, 火焚く屋の, 火焚けば雲, 火焚棒がまだ, 火殯斂を, 火無き煖炉の, 火焼いて夜, 火焼きの神事, 火焼き神事と一つ, 火焼諸人見物とある, 火煙水けむり土煙, 火煩熱湯倒懸地獄と, 火新茗, 火熔石の流れた, 火熱した鉄鍋沸き立つ, 火熱り出して燃え上る, 火熱ッて来る, 火熱性の元素, 火熱脂のはじける, 火熾んに人前, 火ゆるさま, 火燃えつきぬと叫べ, 火燃えつきんとすれ, 火燃え上るさま掌に, 火燃え移りてかわるがわる, 火燃え立ち居る大きな鶏, 火燃せんと, 火燃ゆフランチエスカのこの, 火燃ユルガ如ク外ニ国民性ノ堅実不撓ナルニアラザレバ, 火燈型で木目, 火よりも微, 火爆火手一つでも消しますでし, 火には渋, 火片しづかに降り, 火牛乳パン薪などということば, 火特別の食物, 火独楽めんどうとふところ, 火独楽水独楽どっちもなにか, 火滅え, 火現在の闇黒, 火球日天子の座, 火生みの詞章, 火生土これが相生, 火生木とも土生木, 火産霊神の生れ, 火産霊神生み給ひて, 火用心の声聞こゆ厠, 火用心火用心の声聞こゆ厠, 火田民の上, 火男神従五位下火売神の二社, 火男神火女神と云う, 火を通り越しました, 火界呪によつて, 火的革命家も今, 火盗除ノ守護札, 火はこれ, 火相闘つ矛盾, 火石熱土を流し, 火硯池の水, 火神アグニは其生, 火神アグニーは枯木, 火神ヘファイストフが天火地火, 火神殺戮の神話, 火神生出の神話, 火祭り賭場は有名, 火は吸いとられ, 火程に小さく闇, 火種子は毎朝太田, 火より噴き, 火に閃き, 火空氣と月天, 火の火, 火立岩に陣, 火へ上っ, 火の名, 火等種々の怪火, 火をのみ, 火篝火真昼の如く, 火をそっくり, 火粉米黼黻は繍, 火紅鳥ならぬが, 火素説であり進化論, 火を講じ, 火絶やすな, 火を構成, 火繩仕掛けの三十目銃, 火繩時計のよう, 火繩筒がどうか, 火繩銃くらゐの, 火者三十五名を選拔, 火耳無と御名, 火のみ, 火はさ, 火たまに彼女, 火臭い匂と, 火の中, 火華則拝之, 火落し地に倒, 火を切る, 火藥セルロイド模造皮などの工業向き, 火藥利用の飛道具, 火藥爆發の前, 火藥百七十五斤に相, 火藥製造法などを傳習, 火あるべきやう, 火虫さへ燈下, 火蛍息つかししとど, 火の煙, 火に思ひ, 火と化, 火の火微か, 火蝋燭を禁じた, 火の壇, 火行事がもう, 火術ハ長州と申, 火術初期の宗教戦争, 火術家でありながら, 火術家アレッサンドロ・カポビアンコあたりまで用いられ, 火術小具足術槍薙刀鎖手裏剣棒武技という武技, 火術棒術十手術鎖鉄球手裏剣の飛道具, 火術符号めいた形, 火術自慢の松代藩, 火術試合の申し出, 火の烏曇鉢, 火裡ニ有リ又我兵馬ニツツマレ終ンヌ, 火裡一瞬君の御, 火襤褸なり, 火西八条からも大きな, 火見え歎きの, 火という名前, 火記六百篇趣く所, 火は何処, 火の紙, 火が燃やしつる, 火論家水論家が剣, 火謨賀那火邪悪心邪悪人を燃尽, 火を飲む, 火に遇っ, 火貰いという交際, 火貸してちょう, 火の群, 火しも, 火赤い火の, 火起り帝終る, 火起り夷輩騒動するを, 火起り熾に燃えあがり, 火起接天者俗以爲異因行祷祭, 火が一本破裂, 火をする, 火に燃え, 火車一類として猫化け同様, 火輪車駛り石油, 火返しと申し, 火迸り火箭飛ぶ, 火連塞河と太子河, 火連弾光鵜舟の篝, 火遂にその手, 火避け火断ち, 火酢芹命の御, 火金両日にやって来, 火金曜日の午後, 火の傍, 火はこの, 火の火, 火はもと, 火鎌象山の燧石, 火を発明, 火と見える, 火長たちを見やり, 火長代が二人, 火門前の三段, 火となり, 火防地を設けた, 火防盗難除けの, 火防線を界, 火に非常, 火附強盗の帳元, 火附草をとっ, 火を搖, 火雲近くの邑, 火雷命だ, 火霊ペルソイスの子, 火青い火が, 火音響などによわい, 火須勢理の命, 火須勢理命其の次に, 火須勢理命火遠理命, 火を彼, 火風水土の四厄, 火風水土四大の厄, 火飛ばす君われ一言を, 火飛ばせば之, 火飛ぶ如し之に, 火飛箭の運動, 火の信仰, 火は躍り, 火騒ぎには目, 火價な, 火鬼火かと怪しまるる, 火が青い, 火であったろうと, 火鳴澄みつつ, 火なる火, 火黒き烟入り乱れ, 火點けたんだから, 火龍舞ひ朱蛇