青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「瀬~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~激しく 激しく~ ~濃い 濃い~ 濃く~ 濟~ 濠~ ~濡れ 濡れ~ 濡れた~
瀬~
~火 火~ ~火事 火事~ 火星~ ~火鉢 火鉢~ ~灯 灯~ ~灰

「瀬~」 1663, 18ppm, 6366位

▼ 瀬~ (407, 24.5%)

27 音が 10 音も 9 音を 8 小石 7 中に 5 家の 4 ないよう, 杜の, 水を, 音の, 音は 3 ないやう, なきほど, 川の, 音

2 [34件] たぎりが, ところから, ない思い, ない思ひ, ない悲哀, ような, 上に, 中, 中へ, 処から, 処では, 処に, 命, 国に, 山の, 早いな, 早い谷川, 水の, 河の, 波に, 称呼, 荒い処, 落ち込みへ, 詩, 迅い, 適しい処, 里人ゆかし, 音し, 音ぞ, 音と, 音に, 音隔て, 風川風の, 鳴る音

1 [241件] あたりまでは, あるごときたらたら, ある如きたら, うつつ蛍が, おくから, おとの, おと逾たかし, かがよひ, かみしも, この地点, そこの, たぎち見ゆ, たぎりの, たぎりは, たびに, つ, ときも, ところで, ところです, どよめきが, ないこと, ない一夜, ない厳しい制裁, ない境涯, ない夢, ない寂しさ, ない悔しい無念, ない憤り, ない時, ない気持, ない気持ち, ない無間地獄, ない男, ない落伍者, ない衝動, ない調子, ない貧乏暮し, なかから, なかつた者, なかへ, なき凌辱, のぼり舟つ, はっきりきき分けられない, ほそりけり冬, ほとりの, 一家の, 上, 下で, 下に, 下流谷中村一帯の, 両面に, 中央へ, 中流に, 主人の, 予想と, 二つの, 人々の, 低い単調, 光照寺で, 凄いの, 力が, 勝ち軍の, 勝を, 勢いで, 合戦の, 吐き出しへ, 命と, 命御, 命次に, 啓司は, 囁きを, 四地区工程八キロの, 国, 地に, 城を, 増水につれて, 壯よりも, 夕日に, 大洪水, 大渓流, 太鼓や, 奇勝を, 奥座敷へ, 女に, 如き急流, 如くに, 家へ, 対岸へ, 尾といふ, 尾の, 尾又瀬野と, 山, 山吹が, 山里を, 岸に, 峠, 川, 川ゆ, 川床が, 工合で, 平凡な, 店が, 店の, 店へ, 引佐細江の, 後秀吉が, 忙しいとき夜, 急激な, 息子が, 悪いところ, 惣ちやんの, 惣兵衛ちやんの, 戦いを, 戦後には, 数も, 新五郎氏の, 方で, 方へ, 早い八筋, 早い泥水, 早い淵, 早い渓川, 早い荒川, 曲角で, 替わるにつれて, 有りとしも, 末が, 本家の, 本流から, 村が, 村などを, 村は, 村人は, 杜は, 東下りるだ, 板橋を, 梅を, 森である, 森に, 様に, 檜林の, 毒水が, 水は, 水勢が, 水源が, 水面へ, 水面を, 水音と, 水音ばかり, 水音も, 汐時で, 河原焼け, 河身を, 波から, 流に, 流れの, 流れも, 浪の, 深林を, 淵と, 清い流れ, 滝を, 激しいこと, 無い人間, 無い境遇, 無い心持, 無い悲しみ, 無い焦燥, 狗は, 狭くなる, 狸じ, 町から, 白き時, 真ん, 真ん中で, 真ん中に, 真ん中へ, 真ン中へ, 真上に, 石の, 石ふみ渡りぬ, 石を, 砦大垣の, 祓へを, 神, 神さまに, 神に, 神までに, 祭礼の, 突地にわたる, 竈風呂いま焚か, 端れであった, 紋所かや, 網も, 縁に, 繁司に, 老妻, 者だ, 色は, 色も, 落ち込みから, 落ち込みで, 落ち込む水流, 落差はげしき, 蕗の薹で, 蕗の薹と, 谿谷は, 辞から, 速い川, 道を, 里から, 里に, 里の, 里へ, 里人は, 鉱毒の, 間に, 関係を, 闇に, 陣も, 陣中において, 難かしい, 面に, 音か, 音こほろぎのうたお, 音さえ, 音たかく, 音だけが, 音ぢや, 音とが, 音とばかり, 音とを, 音までが, 音木の, 響むなべ, 響むなべ天雲翔る, 響る, 鮎の, 鳴りの, 黒木という, 黒木の

▼ 瀬~ (140, 8.4%)

17 なして 6 早み, 渡って 4 立てて, 造って 3 なし淵, 越えて 2 たのしんで, のぼり切ると, 下って, 作りながら, 立てながら, 行く魚, 重ねて

1 [83件] あるいて, うか, くだる, さむみかも, たのしむ夜, たのしもうと, つくって, つくる流, つづけて, なしながら, なせるなり, むすびての, よく均し, わたった, グルリと, 一つに, 上下し, 下ってるうち, 下つて, 下るごと, 乗っきって, 二度は, 伝ひ, 伴って, 作った不動様, 作って, 作つて引き始めた, 作りまた, 作り淀み, 作り瀬, 出て, 名乗るもの, 失つて此の, 失ひ勢, 彩る虹, 成して, 成し或は, 成し淵, 抜けだして, 抜けても, 楽しみたいばかりに, 楽しみ合うの, 楽しむこと, 楽しむところ, 楽しむ境涯, 楽しめる時, 楽しめる時期, 樂しんで, 求めようと, 流れて, 流れる花弁, 渉った, 渉って, 渉り, 渡った, 渡った小山田隊, 渡った甲軍, 渡る為, 渡ろうと, 漁る鰍押し, 知って, 立て, 約束する, 経一部, 続けて, 行く筏, 見た御方, 見て, 見よ, 越えてから, 越え北, 越え来り越え去って, 越すこと, 越す舟底, 越ゆる, 跳ねあがり窪み窪みを, 踰し, 躍らして, 辿つて奧, 追駆けた, 追驅けた, 造つてむく, 過り大原

▼ 瀬~ (119, 7.2%)

12 なって 2 ついて行くと, とびこみました, なったところ, 指が, 横たへ, 波の, 立って

1 [93件] あて, ある, いたもの, うちかかる波, うつれる春花, おおり, おちかかろうと, かかって, しがらみかけ, しぶく水, しぶく水音, しろ流, せせらぐ水流, つきさ, つきそう, できて, どういう底石, なったり, なった場所, なつた, なりどっと, なる, ひれふりありあそび, また秋, ま杙, めぐる, やまど, やまべとる, キラキラと, フワリと, 乗つて, 仕掛けた川鱒, 住む鳥ゃ木, 倚り, 入つたの, 前掻く, 同宗, 噛む水, 墜ちて, 夕方から, 對つた, 小砂を, 差入れて, 彼は, 待つ, 感激し, 揺られて, 搖られ, 日を, 月を, 朝月の, 桜田三河守, 波が, 洗われた, 浪立つ, 游んで, 瀧と, 産する美しい, 用水を, 白泡を, 着く迄, 砕ける流れ, 砥がれたき, 破った後, 碎け, 移るところ, 立ちて, 立ちやる, 立った人, 立つて, 立てる梓弓檀弓, 立往生の, 立竦ん, 紅の, 網を, 菜を, 落ちて, 落つ, 行きあたると, 行って, 近づいたと, 追い撥, 追い撥つて, 追ひ, 降り潛, 陽も, 飛ぶ, 飜る, 馴れて, 魚野川筋随一と, 鳴りつつ, 鹿毛の, 齋杙を

▼ 瀬ない~ (97, 5.8%)

7 ように 4 ような 3 心の, 心を 2 というよう, ものに, 女の, 思いを, 気持が, 空虚を

1 [68件] あこがれを, あまりに却って思わず異常, こころを, そのかなしみ, その声, たよりない, たよりの, とでもいふ, とも悲しい, のであつ, のよ, ほど身, までの憂鬱感, ままに, ものじゃ, ものだ, やうな, 事情な, 人の, 可笑味, 境に, 声その, 失恋の, 心である, 心地が, 心持が, 思いが, 思いに, 思いの, 思を, 恋路の, 恨みと, 悪夢に, 悲しみを, 悲味を, 悲哀が, 悲哀に, 情調を, 愛着を, 憂愁を, 憂愁抑えに, 憂鬱さが, 憤懣の, 戀路を, 旅愁を, 日を, 様々な, 気分で, 気持だつた, 気持ちだけが, 気持で, 気持に, 気持にな, 氣持にな, 氣持を, 波動が, 泣くに, 涙の, 涙を以て, 無常の, 私の, 肩の, 胸を, 苦しみばかりを, 親達の, 述懐の, 郷愁を, 風情で

▼ 瀬~ (93, 5.6%)

6 ない 4 迅え 3 なかった 2 ないよう, 弱い, 早い, 無くなるが, 直ちに海

1 [70件] あって, あり, ありゃしない, ありやしない, あるでしょう, あるまい, あるよう, ある川, いいので, いつの間にかそこ, かかる, ございますよう, ごろごろ転がっ, さっと聞こえ, しらに, そこにも, どう走っ, ないいっそ, ないね, ないの, ないので, ないやう, ないん, なおありうる, なかつた様, なくなる, なくなるわけ, なく泣く, みえて, 一筋ここで, 傑作だ, 動くと, 大いに関係, 川床の, 常にかわる, 幾筋にも, 急であれ, 早いから, 早いらしい, 早くて, 早くなっ, 是処の, 月の, 浅いので, 溌剌と, 激しくない, 激しければ, 無い, 無いだろう, 無くお前さん, 無くなりまさア, 無さ, 現在の, 白い泡, 白く美しく砕け, 着く騒, 立って, 竜宮の, 絡まるの, 色を, 落ちる, 見えた, 見えたわ, 見えるわ, 退がって, 通った, 速い下流, 開ける音, 響く, 鳴って

▼ 瀬兵衛~ (93, 5.6%)

3 の声 2 の首級, の馬, はそれ, も右近

1 [82件] がおかし, がそう, が声, が守る, が討死, この守り, その人, たたみかけて, ただ腹, だけで, だった, とて彼ら, と右近, と同数, と改め, にし, にしろ, について来い, には早, に男, に近寄っ, に退陣, のあと, のうしろ, のす, のすぐ, のつぶやき, の体, の兵, の前, の如きムキになっ, の姿, の左右, の槍, の眼, の討死, の部下四千五百, の陣, の隊士, の首, は, はきびしく, はこういう, はここ, はこれ, ははっと, はひとり, は云われる, は他, は叱った, は咄嗟, は地, は大, は折れ, は振, は槍, は直ちに, は突然, は股肱, は茨木, は足ずり, は軍扇, は馬, は高山右近, への手向け, へはその, へも高山右近, へ向っ, もそんな, も他, も息, も手勢五百, も頗る, も高山右近, よと仰せられ, らしい, を中心, を討たせた, を誘い, を説かせれ, 守る処, 第三陣

▼ 瀬~ (55, 3.3%)

3 ござりませぬ, ない 2 ないという, なかった, 瀬が

1 [43件] ありけるもの, ありません, ありゃしない, ありん, あるまいが, いせである, いよと, くちなはの, この事件, これからである, これを, さまざまに, たえずざあざあー, ないこと, ないの, なく毎日, もう一人, 一片の, 作つてゐる, 光つてゐた, 加野の, 同じく駕, 平時の, 弱し, 愚か流れる, 日光を, 早い, 早く川幅, 明日の, 木深み見えず, 樋から, 殆ど涸れ, 澄みに, 瀬速し, 白くず, 白く両, 立ちながら, 絶えると, 草木の, 荒い, 資力合鞣の, 達せられる, 雲の

▼ 瀬~ (43, 2.6%)

10 さに 9 さを 4 さが, さそうに 2 さ, さそうな, さの 1 がつて, さあまい, さでも, さと, さとで, さともなります, さなり, さは, さ世, や

▼ 瀬~ (42, 2.5%)

3 あれ 2 ない夕べ, 本蔵

1 [35件] あったもの, あと幾日の, ある, あるし, ある喬, あれと, あれという, うれしいの, その一つ, ないじゃ, ないと, ないわけ, ない佗, ない地位, ない思ひである, ない悔恨, なかつたこと, なき此身, なく啜泣く苦し, なく惡事, なく音, 区別が, 早い底, 沈む瀬, 流れも, 浅いが, 淵も, 澄んで, 無るべけれ, 考えねえで正面, 荒れないと, 見える, 隱れた, 面目もござりませぬ, 響く

▼ 瀬~ (34, 2.0%)

3 なる 2 なって, なり滝, 深い淵

1 [25件] いって, なす, なつて, なり淵, なり渓, なり静, なるか, なると, なる世の中, なる夢, 一人の, 侍女が, 八峯が, 呼ぶが, 定つた, 岩の, 成つても, 淵と, 淵まかせ, 申す老女, 稱す, 網を, 言ふ, 選び迷うしぐさ, 選び迷ふしぐさをした後

▼ 瀬苗子~ (25, 1.5%)

2 は京極三太郎

1 [23件] が自分, その人, だったの, ですが, という二十五, に眼, に近づこう, のアパート, の出現, の場合, の御, の隣りで, はある, はその, は一日一日, は何, は女中, は時々, は横里鯨, への接近, を待っ, を責める, を驚かした

▼ 瀬~ (19, 1.1%)

1 [19件] のがれ出し岬, 出た, 出られる石段, 取って返し其処, 垂れて, 寄って, 帰るもの, 急いだ, 戻る道, 投げこんだまま, 投げすてたいとも, 投げすてて, 抜けようと, 拔け, 来て, 田安殿の, 膝まで, 行かないか, 鮠を

▼ 瀬には~ (17, 1.0%)

1 [17件] いって, いると, ことに美しい, たくさんの, りつぱな柱を, オアズの, カマ風呂という, 俥に, 十日あまりも, 月影が, 桜皮の, 清らかな, 激しいながら, 網代人が, 訪ねも, 都田川という, 魚を

▼ 瀬~ (16, 1.0%)

3 の橋 2 の蜆

1 [11件] と湖上汽船, に立てよ, の唐橋, の少し, の長橋, も京, をぬけ, を中心, 膳所なぞの, 蜆は, 蜆へ

▼ 瀬なき~ (15, 0.9%)

2 思ひを

1 [13件] ぞいぢらしき, ものと, 七兵衛は, 念ひ, 思い, 思いに, 恋を, 悲哀悔恨は, 旨を, 絶叫は, 罪人の, 追憶の, 鬱憤を

▼ 瀬~ (15, 0.9%)

1 [15件] から西, がやって来た, が写真帳, とが来る, とその, の, の方, の村長谷富三郎, の桜井家, の雲龍寺, は二十五, は散り, は灯, まで送, や大きい

▼ 瀬から~ (13, 0.8%)

1 [13件] して, 一滴の, 上って, 下余吾方面までの, 中の, 流れへ, 田神山を, 田神田部引田などという, 逃げて, 電話が, 鞍馬にかけて, 鞍馬を, 餌を

▼ 瀬なく~ (12, 0.7%)

2 なって 1 して, なつたり, なつて, 思ひ出せて, 思われるの, 搦みつく, 涌立って, 無頼の, 腕を, 骨肉の

▼ 瀬~ (12, 0.7%)

1 [12件] が長, という兄, とお, の兄弟分神, の運命, は恐らく, は敵, ももし, やスクナ, や忍熊王, を古い, 或は

▼ 瀬大原~ (10, 0.6%)

2 の方 1 で見る, にし, にも清水, に這入, の奥, の婦人, の民家, の秋

▼ 瀬左衞門~ (10, 0.6%)

1 が榮屋山左衞門, が淺草雷門前, でこれ, といふ者, と負けず劣らず, と逢つたの, に刄向, の一味, もこの, も城下

▼ 瀬~ (9, 0.5%)

1 きれいな, さへ, 完全に, 悉く塞きあげ, 生れたの, 畜生っと, 育った逸物, 血汐を, 釣し

▼ 瀬~ (9, 0.5%)

1 かへり, 不二の, 女中どもに, 岩, 淵で, 淵の, 淵へ, 用事が, 砂利で

▼ 瀬~ (9, 0.5%)

1 でドブン, に投げ込め, の水, の釣り場, へ振り込み, へ振り込ん, へ放り込んだ, へ浸け, をながめる

▼ 瀬童子~ (8, 0.5%)

1 が献つた八瀬, と呼ばれた, と呼ばれる, と呼ん, について何ら, のみには限らぬ, の如き, の後裔

▼ 瀬という~ (7, 0.4%)

1 ところだ, ところに, ものもござりませぬ, バロメートルを, 処に, 利根の, 広大な

▼ 瀬~ (7, 0.4%)

3 をし 1 して, である, に使われた, をさした

▼ 瀬ぶみ~ (6, 0.4%)

1 として一族, に参った, に向けた, に房枝, に飛ん, のやう

▼ 瀬~ (5, 0.3%)

2 みを 1 みの飛行が, み的, み程度

▼ 瀬~ (5, 0.3%)

1 が八瀬童子, が多く, が自ら鬼, などと同じ, また一つ

▼ 瀬兵衛清秀~ (5, 0.3%)

1 はここ, はその, はたしかに, はよく, を始め

▼ 瀬では~ (4, 0.2%)

2 雨汽車の 1 出足が, 思わぬ大漁

▼ 瀬なげ~ (4, 0.2%)

1 な様子, な表情, に手, に眉

▼ 瀬にも~ (4, 0.2%)

1 めぐまれずしかも, 乱るる, 淵にも, 逢ひける

▼ 瀬小原~ (4, 0.2%)

2 の狂歌 1 にて狩くら, をめぐってずっと

▼ 瀬小国~ (4, 0.2%)

2 に妻 1 にさ, によばひせす

▼ 瀬沿岸~ (4, 0.2%)

1 の人民, の桑畑, の鉱毒地, は土地

▼ 瀬泰助~ (4, 0.2%)

1 が悪, という, という当時屈指, は旅店

▼ 瀬無い~ (4, 0.2%)

1 ことを, のは, 思いや, 瞬し

▼ 瀬にな~ (3, 0.2%)

1 つて, つて前途に, つて水の

▼ 瀬ぶみし~ (3, 0.2%)

1 てまいる, て帰っ, ながら主人

▼ 瀬をも~ (3, 0.2%)

1 またずて, 流れをも, 見ること

▼ 瀬多屋~ (3, 0.2%)

2 の主人 1 という菓子屋

▼ 瀬天皇~ (3, 0.2%)

1 などの伝記, など皆, の歌

▼ 瀬~ (3, 0.2%)

1 だ, でなければ, と云う

▼ 瀬~ (3, 0.2%)

1 とその, のみならず, の家臣筋

▼ 瀬改修案~ (3, 0.2%)

1 の餌, をも加, 即ち谷中村亡滅案

▼ 瀬~ (3, 0.2%)

1 が詰所, と相州小田原, に見せられた

▼ 瀬~ (3, 0.2%)

1 に不参, の御, へも御供

▼ 瀬附近~ (3, 0.2%)

1 には今朝, に着く, また椿坂

▼ 瀬~ (3, 0.2%)

1 に立っ, の揉み, をひた

▼ 瀬その~ (2, 0.1%)

1 河底の, 淵の

▼ 瀬とが~ (2, 0.1%)

1 あった, 岩の

▼ 瀬とても~ (2, 0.1%)

1 あるまいじゃ, あるまいぢゃ

▼ 瀬とも~ (2, 0.1%)

1 つかない急, 知りぬる

▼ 瀬とを~ (2, 0.1%)

1 幾度と, 等分に

▼ 瀬なみ~ (2, 0.1%)

1 の荒い, を抜けきる

▼ 瀬にか~ (2, 0.1%)

1 かつて船, はる世

▼ 瀬まで~ (2, 0.1%)

1 来ましたところ, 駈けつけて

▼ 瀬より~ (2, 0.1%)

1 ずっと下流, 駕一挺知津に

▼ 瀬~ (2, 0.1%)

1 のコロガシ, の鮎

▼ 瀬切れ~ (2, 0.1%)

2 て流れず

▼ 瀬半兵衛~ (2, 0.1%)

1 の後家, は佐佐木家

▼ 瀬多川~ (2, 0.1%)

1 で行われ, で顔

▼ 瀬山地~ (2, 0.1%)

1 に入る, へ駈けつづけ

▼ 瀬方面~ (2, 0.1%)

1 の味方, の山々

▼ 瀬~ (2, 0.1%)

1 に追, に追い

▼ 瀬~ (2, 0.1%)

1 助なれ, 助疾駆

▼ 瀬~ (2, 0.1%)

1 にうつれる, のかみし

▼ 瀬~ (2, 0.1%)

2 津姫以下の

▼ 瀬良三石~ (2, 0.1%)

1 と結婚, は洋画家

▼ 瀬苗子さん~ (2, 0.1%)

1 と仰し, を貸し

▼ 瀬~ (2, 0.1%)

1 の旨味, もザザ虫

▼ 瀬賤ヶ嶽~ (2, 0.1%)

1 などの境, など境

▼ 瀬越え~ (2, 0.1%)

1 の境, もなんのその

▼ 瀬越憲作~ (2, 0.1%)

1 はやう, を中心

▼ 瀬越雄太郎~ (2, 0.1%)

1 という医師, となっ

▼ 瀬~ (2, 0.1%)

1 に乗, に乗っかかる

▼ 瀬~ (2, 0.1%)

2 の音

▼1* [182件]

あたりよりみぞ, 瀬あらざるべきかと母上問, 瀬ありて彼, 瀬あるものでし, 瀬あるいは隠日, 瀬瀬頭か, 瀬かげをつくり, 瀬かと思います, 瀬がねえが, 瀬ごとに追, 瀬渡るよう, 瀬さばしる若鮎, 瀬さらに五六町上流の, 瀬すじの優しい, 瀬青に, 瀬だけが一人揚っ, 瀬なんや, 瀬であったから午後, 瀬であるが国田, 瀬でないだけに救助船, 瀬といふ旧家に, 瀬とかはる浮世の, 瀬とは水の, 瀬ないさびしい気分に, 瀬ない寂しさを, 瀬ない幼い涙が, 瀬ない悲しさを, 瀬ない腹立たしい思ひも, 瀬なかつた気持を, 瀬なかろう淋しかろ, 瀬なき淋しさから, 瀬なく強い者の, 瀬なく恋しかった, 瀬なく恋しくなる時, 瀬なく悲しいのであった, 瀬なく早く早く早く御目, 瀬なく物凄いものに, 瀬なく苦しく思われるの, 瀬など山また, 瀬などといって, 瀬などという地は, 瀬などはどだい出来ぬ, 瀬なりて, 瀬なんだか故郷が, 瀬において御承知, 瀬にかへつた, 瀬につき込んで, 瀬にて何其の, 瀬にや流される, 瀬によって惹き起される空気, 瀬にわたる方角に, 瀬にをどり越ゆ, 瀬に対してお石, 瀬のうづまく見, 瀬のうねくるまま, 瀬のうへに垂り, 瀬のねえ話, 瀬はしる水音も, 瀬までの間道の, 瀬もかはつてゐた, 瀬をはやみ岩に, 瀬ヒサさんが一級上, 瀬ブミに過ぎない, 瀬ヲカラウジテ渡リ来テ其家近ク成タルガ如シトヨメル歟, 瀬・人の瀬, 瀬一帯を扼し, 瀬上下に乱流, 瀬岸, 瀬並浜宿の主人, 瀬並温泉の宿, 瀬丸山鷲の巣, 瀬付き前の巣離れ, 瀬付場として有名, 瀬以後大勢はすでに, 瀬というの, 瀬侍女の懐剣, 瀬八峰の二女, 瀬兵衛これにあり, 瀬兵衛たちがそれ, 瀬兵衛もとより武功, 瀬兵衛今日の戦, 瀬兵衛以下二番手の勢, 瀬兵衛夫婦がまだ, 瀬兵衛尉どの, 瀬兵衛戦死の報, 瀬兵衛敵中に馳せ, 瀬兵衛昶からである, 瀬兵衛某と信之, 瀬兵衛様の軍勢, 瀬兵衛頼有といっ, 瀬兵衛高山右近もすでに, 瀬兵衛高山右近池田信輝蜂屋頼隆等みな同様に心, 瀬兵衛高山右近池田勝入堀秀政などの諸, 瀬兵衛高山右近黒田孝高蜂須賀彦右衛門などと膝, 瀬兵衞と云, 瀬出陣のとき, 瀬切りをし, 瀬利根両沿岸十六里, 瀬十兵衛が真先, 瀬十郎ぬしと, 瀬即ち上古の, 瀬受博士之饗應於平八茶屋, 瀬へ進んだ, 瀬に朝, 瀬命天ノワカヒコ等いずれも屍体, 瀬善次兵衛俊兼戸隠山九頭竜権現の申し, 瀬垢離であったと, 瀬多から小舟を, 瀬大原帰りに鞍馬, 瀬天皇ぐらゐ純粋な感情, 瀬奔湍の奇, 瀬之射, 瀬宇治おちかたう, 瀬に近い, 瀬小原辺にて甚幽邃, 瀬小太郎淵路の頭, 瀬山中の一村, 瀬山峡の村, 瀬岩附近竜田山の一部, 瀬は南, 瀬まで行っ, 瀬川路考大家のお嬢様, 瀬幼武天皇に上げ奉る, 瀬七郎本木昌造等十四人云々, 瀬の帰趨, 瀬といっ, 瀬の両川, 瀬思等の逆流, 瀬リテハ滝果ハミナ一, 瀬戦捷のとき, 瀬戦況の報, 瀬新地島村地先群馬県境町地先世良田村平塚から尾島町前小屋地先, 瀬村さん今夜は飲み明かしましょう, 瀬村字早川田, 瀬椿坂大黒谷と蜿蜒, 瀬か取り乱し, 瀬の魚, 瀬池水の調べ, 瀬河畔に父老, 瀬沿岸三郡の中, 瀬沿岸何十里が放っ, 瀬沿岸地方と同じ, 瀬沿岸被害の原因, 瀬の八千尋沼, 瀬み水そこ, 瀬溪谷の入口, 瀬激しければ此方, 瀬さを, 瀬無からし網代人舟呼ばふ, 瀬無くて我, 瀬照らす更闌け, 瀬の光照寺, 瀬町長も来とる, 瀬百瀬などといっ, 瀬に告げ, 瀬神子元島のまわり, 瀬などの名, 瀬私たちは暫く, 瀬立つところを, 瀬立不動で山, 瀬から川, 瀬良営業係長来り千秋楽, 瀬良文蔵と云う, 瀬茂山の乱軍, 瀬菊之丞孫の菊松, 瀬及び鷲尾, 瀬藤五郎及び鷲尾貢, 瀬見上ぐれば蒼い, 瀬にそう, 瀬走っている, 瀬踏も承知の, 瀬をし, 瀬小坂五六, 瀬近傍に発火演習, 瀬速し下つ, 瀬かにたなびく, 瀬部落へき, 瀬霊神と呼ぶ, 瀬風佐保風伊香保風等の例, 瀬へかかる, 瀬鳴りて気, 瀬鶴瀬など此附近