青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「濡れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~激しい 激しい~ ~激しく 激しく~ ~濃い 濃い~ 濃く~ 濟~ 濠~ ~濡れ
濡れ~
濡れた~ 瀬~ ~火 火~ ~火事 火事~ 火星~ ~火鉢 火鉢~ ~灯

「濡れ~」 2010, 22ppm, 5301位

▼ 濡れ~ (1118, 55.6%)

107 いた 47 いる 25 ゐた 24 ゐる 23 いるの 16 いて 11 ゐるの 10 しまった 8 いるよう, しまつ, ゆく 6 いたが, いました, ゐて, 居た 5 いたので, いると, いるので, ゐるやう, 歩いて, 見えた 4 いたの, しまって, しまふ, ゐると, 光って, 居る, 帰って, 来て, 立って

3 [13件] いった, いるせい, いる間, おりました, きた, くる, くるの, ゐるので, 居たの, 居ります, 居るの, 月の, 歩くの

2 [53件] いなくて, います, いるから, いること, いるし, いるため, いるとも, いるもの, いる頬, いる顔, いれば, えんまこほろぎも露まみれ, おります, しおしおと, しまいました, しまう, その葉, はろけさ, ゐます, ゐる敷石路, ワナワナと, 上気した, 光つた, 冷こく, 出て, 切籠形の, 呼吸も, 喜ぶ燕, 居りました, 居りますから, 居るから, 居るでは, 居るのに, 来る, 泥に, 用に, 病的な, 粗末な, 絶句しました, 肉いろ, 育ったアパッシュ, 行った, 行つた, 見ゆるも, 語り進むの, 赤い唇, 足に, 露天に, 静かな, 面はゆに, 黒, 黒い滑, 黝く

1 [596件 抜粋] あたたかに, あたりは, あり, あるし, ある駅, いくの, いたあの, いたって, いたもの, いたらどう, いたん, いた事も, いた半纏, いた幟, いた曠野, いた為, いた甲板, いた着物, いつた, いてよ, いない, いないお, いないこと, いないもの, いなかった, いなくては, いねえで, いましょう, いますから, いませんぜ, いやが, いよ, いらっしゃるわね, いるうち, いるかの, いるかも, いるころ, いるじゃ, いるだろう風情, いるでいくら, いるなどと, いるのに, いるばかり, いるらしい男, いるわけ, いるインク, いるパリ・ミデイ, いる下, いる両側, いる光景, いる墨色, いる外, いる大きな, いる大刀, いる夫, いる安普請, いる小, いる屏風, いる岩, いる庭先, いる感じ, いる手, いる敷石, いる敷石路, いる日蔭, いる暗い, いる梧桐, いる様, いる濾紙, いる痕, いる白髪頭, いる眼玉, いる着物, いる瞼, いる筈, いる綱宗, いる者, いる胸毛, いる自分, いる色, いる芝生, いる街, いる貨車, いる辻馬車, いる重, いる陣, いる鼠, いろいろの, えと, おいでに, おらず体, おりますもの, おりまた, おる, お互いの, お出でに, お婆さんの, お戻り, お耳, かがやいて, かがやく, かがやくを, かがやく柿, かくは, かすかなる, かたすみのシクラメン, かぶさる木片屋根, かをりぬ, きたに, きたもの, きた旅, きた連戦, きて, きらきらと, きらきら輝い, ぎらぎらと, くぐるも, くしゃくしゃに, くるよう, けぶる, げつ, こ, これは, こわばったロープ, ござるの, ざあッと, しつとり, しなやかな匂わしい, しまいましたけれど, しまいますぜ, しまいますよ, しまい折角, しまうだろう, しまったでは, しまったマッチ, しまっても, しまつた街燈が, しまふの, しめつたそととは, すずろぐ, すゞしく, そのあたり, それを, それ自体も, たそがれ, ちぎれそう, ちらめく星, ちろめく星, つぶやく銀砂, つるつるし, てふてふも, てまばゆ, とどきぬ, ともすれば辷り, ぬるぬるし, のぼる, はおらず天, はおらぬ, はおりますし, ひとりで, ひりひりと, びしょびしょ行く, びしよ, びっしょり絞る, びつくりする, ぴんぴんし, ふやけた篁, ぶるぶるふるえ, ぶるぶるふるへ, べとついて, ほのかに, ほんのりした, ぼたぼたと, まい晩三, ます, みえるほど, みたいの, みな雑巾の, みるか, みん, もはや血, ゆく女, ゆく男, ゆく背丈, よくわからない, ゐたが, ゐたこと, ゐたため全身, ゐたところ, ゐたの, ゐないところ, ゐましたね, ゐますで, ゐますね, ゐますの, ゐようと, ゐるから, ゐるが, ゐること, ゐるだけに, ゐるでは, ゐるよ, ゐるらしい, ゐるわけ, ゐるん, ゐる事, ゐる小さい, ゐる岩, ゐる庭石, ゐる彼, ゐる森, ゐる眼窩, ゐる背中, ゐる雨, ゐる顔, ギラギラし, シロ掻く, ハラハラと, ビショ, ビシヨ, フィナーレを, ベトベトに, ボトボト雫の, ポストまで, ポタリ, ムーッと, ラクダは, 一層色, 一層青やか, 一本一本下向に, 一段と美しい, 一種の, 三浦さんの, 下りし, 下りて, 不安と, 不愉快な, 乱るる, 乱れたよう, 了つてゐた, 二人とも, 二人は, 交つてゐた, 人気なく淋しい, 仄めく, 仕舞った座蒲団, 他の, 代掻く, 伏す, 何か, 何ともいえない, 何ともいへぬ, 何んと, 來ない, 信夫は, 傘は, 傘も, 働らくかう, 光つてゐた, 光つて矢の, 光る, 光る友田, 光る浪花節, 光る道, 光る鼠色, 冷え切り北鎌コルの, 冷く, 冷たいの, 冷たくなっ, 出た, 出血の, 剥がれる発端, 動きたるらし, 匂って, 半分ほど, 去る, 参拝し, 反って, 反つて光, 叩かれて, 可愛さ, 可愛そう, 右も, 号泣し, 吹くらん, 吹く夏, 呼吸つく, 咲き亂れ, 哀れ深く, 唇は, 困つて, 在しき, 垢びかりのした髪は, 夏とは, 夏の, 夕焼に, 大きな眼, 大変だったろう, 天に, 女の, 客人も, 寒いの, 寒いので, 寒い顔, 寒く光っ, 寒そう, 小さめの, 少し腫, 尚ぴったり, 尾を, 居たこと, 居たさ, 居なかつた, 居なかつたやう, 居ました, 居ますね, 居られますが, 居りまして, 居りますが, 居りますの, 居りまする, 居るしかし, 居るぢ, 居るで, 居ると, 居るので, 居る側, 居る四五本, 居る筈, 層雲社へ, 岩も, 崩れて, 嶮しい, 帆を, 帰らうと, 帰れ, 平らだった, 弦之, 待って, 復活った, 微かに, 心持が, 怨むが, 悲しんで, 愁ふる, 戸畑へ, 戻つた, 戻つて机, 戻るいよ, 手足の, 指先に, 摘んで, 散り込んで, 方々蛙を, 日を, 明るい太陽, 春の, 晝間は, 暗いうち, 暫らく絶えます, 朝日に, 来ずとも, 来ました, 来るやつ, 枯芝の, 枯草の, 枯野を, 歩いたこの, 歩いたもん, 歩きつ, 歩くあんまり, 歩く一歩一歩, 歩く処々行乞, 歩むこと, 歸し, 歸る, 殆ん, 気味が悪いなぞと, 水から, 水の, 氷の, 油断を, 泥んこな, 浮きあがっ, 消えゆくあま, 涼しう, 涼しく晴れ, 深い奥, 渇くこと, 温泉を, 湿気の, 滲んで, 濡れた所, 濡れ雀の, 火が, 照りか, 熱く重たくなつ, 燃えて, 爽かな所に, 牡丹色に, 犬と, 異様に, 痩せ細, 白く光つて, 白茶地に, 皺くちゃに, 眞珠の, 真実に, 真暗で, 知らずに, 知らない道, 知りつつ, 石炭殻を, 砂浜を, 破けそう, 私の, 私は, 穿けない, 突立っ, 立ち人馬, 立つ美女, 立てかけて, 笑って, 笑つてゐる, 答へる, 紅い唇, 続いて, 縞目も, 繁茂した, 美しい目, 胴金の, 脱け, 脹つ, 膃肭臍の, 自然に, 艶, 花の, 若葉も, 苦痛に, 茂り町中, 草も, 落ちて, 落ちるよ, 薄けぶり立てり, 薄闇に, 薄靄, 行くこと, 行くわれ, 行く俥, 行く兵隊, 行く馬, 行こうと, 行ったか, 裏の, 見えくる大, 見えたの, 見えないもの, 見える土塀, 見たいの, 親しい静けさ, 誰が, 走る郊外電車, 越える秋山, 足の, 足は, 足袋と, 踏みつぶされて, 輝いて, 近代風景を, 透き徹る, 這って, 遅く田, 重いもんぺ, 重くなった, 鈍く私, 鈴蟲鳴く, 錆が, 降りしばかりの, 陽に, 陽も, 電灯の, 電車線路の, 霧を, 青ざめて, 静もっ, 静止し, 項垂る, 顏に, 風邪でも, 飛び散った, 飛び行く魂, 食慾的に, 馬を, 骨牌の, 黒い色, 黒くなっ, 黒く光つて, 黒く光り, 黒ずんで, 黙々として

▼ 濡れながら~ (88, 4.4%)

3 行けば 2 そよいで, 只一筋, 林深く, 橋の, 立って

1 [75件] あの髪, しきり, しずかに, なおさまよっ, なおも山道, ぽつぽつ歩く, まだ寺, ションボリとして, トロッコは, 一と, 一生懸命に, 三吉は, 上下七里の, 不意に, 久しくそれ, 争って, 二人は, 二人路上で, 仕事を, 伺った奇特さ, 働いて, 光って, 再び燃え尽きる, 咲いて, 外語学校の, 夜を, 宿へ, 山門を, 岸本は, 径を, 徹男の, 忍んで, 急に, 摩利信乃法師の, 昼間見, 木の間を, 松林を, 松蔭の, 格別身装を, 欄干に, 死体の, 海岸の, 燃えつづいて, 甲谷の, 男の子は, 登って, 突っ立っ, 群集を, 花びらに, 荷馬の, 行くと, 街を, 袂の, 裾を, 覚束ない, 豊田氏の, 走って, 走る人, 身を, 農学校まで, 近付いて, 近路, 逃げ走って, 逸散に, 野菜売り, 銀座の, 鍬を, 門附けした, 静かに, 靡く, 飾るという, 駅の, 駆けるよう, 高山の, 髪を

▼ 濡れ~ (76, 3.8%)

3 の柄 2 と, の斬っ尖, の血, の豪刀, を鞘

1 [63件] おめ, からしずく, から一筋, があずかってる, がある, がそれ, がまた, が承知, が羽ばたきした, が闇, とふたつ, に, にかかった, にきい, にむだ, に人血, に催促, に見舞われた, のとぶ, のほか, のよう, の下げ緒, の光った, の刃, の名, の斬, の目釘, の重み, の長い, の鞘尻, はまるで, はナ手前たち, は何ごと, は名代, は左膳, は鞘, もこの, も思うさま, も水, も糸, をいだいた, をかた, をかまえる, をくわえた, をさげた, をひっさげ, をもっ, をグイ, をソッ, をトン, を大上段, を左手, を左膳, を杖, を枯れ細った, を片手, を砂, を突い, を自分, を走らせた, を頭上斜め, を駆っ, 斬っ尖から

▼ 濡れ~ (75, 3.7%)

12 なって 8 なつた 4 濡れて 3 なった, なつて 2 けらしも, なる筈, 濡れた薄あかり, 濡れた高瀬舟

1 [37件] くるかや, けり, けりかな, けるかも, し, して, し袖, たる鉄柵のうへに, なったが, なったところ, なった三人, なった手帳, なった方, なった朋輩, なった着物, なってる夜具包, なつたらしく, なつち, ならは, なりながら, なるやらう, ゆかむ, 冷え切つた身体, 出た, 出て, 出る宗助, 寄るにも, 成つてやがて, 来るん, 来るんぢ, 濡れそぼつて, 濡れたの, 濡れたる一個, 濡れた舗石, 濡れ或は, 濡れ通つて, 雪が

▼ 濡れ~ (70, 3.5%)

11 になっ 6 になつて 5 になつ 4 になった, のよう 3 のやう 2 となった, になり, になる, のす, の姿, を乾かす

1 [25件] であった, であったが, です, でせう, でブル, で舞いこん, で辿, となっ, な姿, な肌着, にし, になつたま, になつて歸つて, になつて着, のお客樣, のからだ, のまま, のまま十時間, の二人, の右門, の姉, の客, の平作, の被害, の道行

▼ 濡れ手拭~ (61, 3.0%)

3 で拭く, を肩, を頭 2 が恐ろしい, でよく, で拭い, で若い, をさげた, を下げ, を持つ

1 [38件] がすぐ, がほとんど, が肩掛, できゅうきゅう, ですが, でどきどき, で丁寧, で幾たび, で汗, で背中, で胸, で額, で顏, とまちがえ, に顔, のごとく, のやう, の水, は自然, は長寿法, ひを, をさげ, をしぼる, をのせ, をぶら下げ, を健吉, を入れた, を取つ, を口, を四つ, を投げつけた, を持ち添えた, を持った, を掛けた, を畳ん, を眼, を絞る, を頂い

▼ 濡れても~ (20, 1.0%)

1 [20件] いるかと, かまは, からだの, きりぎりす野辺に, じっとし, よいよう, よい一時凌ぎ, ゐるかと, 判明と, 大したこと, 天日で, 好い, 寒くは, 小舎には, 居りません, 平気でした, 濡れ足りない, 白い, 知らないよ, 透しません

▼ 濡れ~ (19, 0.9%)

2 ま, 姿で, 汗が

1 [13件] まま到, 半折, 場を, 大汗, 女が, 姿です, 小倉服は, 百合子が, 紋付を, 色の, 身体を, 身體を, 道の

▼ 濡れては~ (18, 0.9%)

2 ゐなかつた

1 [16件] いないでしょう, いねえだっけよ, いませんね, かなわないので, たらくめうと, ならぬが, ゐなかつたぜ, ゐるが, 体に, 寒いだらう, 寒いだろう, 居なかったぜ, 居なかつたやう, 居りますが, 火が, 震えて

▼ 濡れにな~ (18, 0.9%)

2 つてゐ, つて居ます

1 [14件] つたあたりの, つてお, つてし, つても, つてゐた, つて両方の, つて十二と, つて大概の, つて居りました, つて引つ, つて物置の, つて稼いでる, つて突つ伏し, つて顔から

▼ 濡れ~ (16, 0.8%)

4 ぼけて 3 ぼれて 2 ぼけた縮緬浴衣 1 ぼり染色, ぼるまま, ぼれたまま番小舎, ぼれた丹下左膳, ぼれた夜, ぼれる心地, よとも動かず

▼ 濡れ~ (15, 0.7%)

3 の石壇

1 [12件] だ, ってんで, である, で折々, とはうまい, とは縁起, にてお, のよう, の縁起, の見える, を前, を建立

▼ 濡れ~ (14, 0.7%)

2 を見せ

1 [12件] から視線, がぬける, とさして, に, になっ, になつて, に燃え, の白鳥, は沈めり, をし, をした, を見せた

▼ 濡れ~ (12, 0.6%)

3 を拭き 2 をふき 1 で銭勘定, のまま, をふきふき, を下げた, を前垂れ, を前掛け, を拭き拭き

▼ 濡れ~ (11, 0.5%)

2 で口 1 にとつ, に包ん, のやう, のよう, を一, を一枚空, を巻い, を巻かず, を貼つ

▼ 濡れつつ~ (9, 0.4%)

1 ある, ぱっと咲いた, 伊良虞島の, 散りぬ, 散りぬさくら花, 淀む悪, 薄い桃色, 薄明い, 逆まに

▼ 濡れつばめ~ (9, 0.4%)

1 が舞いこんだ, が飛ん, です, の名, の柄, の羽ばたき, の鍔, は何度人血, を供

▼ 濡れ~ (9, 0.4%)

2 しないで 1 しさうだつ, しまい, しめりて, しよう, せずに, せず石, 乾かずに

▼ 濡れ~ (8, 0.4%)

2 せぬか, せぬかと, 立ち話の 1 せぬ, 濡れでも

▼ 濡れ濡れ~ (8, 0.4%)

1 しい若, てちらめく, てちろめく, て夕日さしそ, て燃え, て薄, て薄闇, とした

▼ 濡れたる~ (7, 0.3%)

1 がする, にてその, にもの言, をざわ, 梢に, 砂に, 翼の

▼ 濡れ~ (7, 0.3%)

5 が黒ずみ 2 を五六寸

▼ 濡れ~ (7, 0.3%)

1 かき分けたるも, は解け, をうしろ, を地べた, を干す, を愛妃, を手拭い

▼ 濡れたり~ (6, 0.3%)

1 いかがは, したから, したが, 坂路を, 日に, 陽に

▼ 濡れ~ (6, 0.3%)

1 した声, なって, なる, ほつた草鞋, ほりま, ほる

▼ 濡れもの~ (6, 0.3%)

1 にさわっ, をそ, をひとまとめ, を乾す, を掛け並べた, を椅子

▼ 濡れしずく~ (5, 0.2%)

2 になっ 1 の硝子, の草, の麦稈帽

▼ 濡れてを~ (5, 0.2%)

3 りました 1 りましたが, る端居

▼ 濡れ雑巾~ (5, 0.2%)

1 で丁寧, のよう, を引きずり出し, を投げつけた, を持った

▼ 濡れそう~ (4, 0.2%)

1 なもの, な打ち水, にぐし, に水気

▼ 濡れながらも~ (4, 0.2%)

1 なお巡視, ピチピチした, 毛穴から, 道を

▼ 濡れねずみ~ (4, 0.2%)

2 になっ 1 になった, のまま

▼ 濡れ~ (4, 0.2%)

2 拭いて 1 たたいた, り瀧

▼ 濡れ~ (4, 0.2%)

1 がぎらぎら, がばらばら, を叩き, を浴び

▼ 濡れ~ (4, 0.2%)

1 であった, に成った, のたれる, の蝙蝠傘

▼ 濡れ~ (3, 0.1%)

1 うですもの, がって, がってところどころ

▼ 濡れ~ (3, 0.1%)

2 歩る 1 腰から

▼ 濡れにぞ~ (3, 0.1%)

1 濡るる, 濡るれ, 濡れて

▼ 濡れタオル~ (3, 0.1%)

1 を取, を彼女, を額

▼ 濡れ光る~ (3, 0.1%)

1 サフラン色硫黄色薔薇色丁子色朱色土耳古玉色オレンジ色群青菫色, タクシーの, 海草や

▼ 濡れ手ぬぐい~ (3, 0.1%)

1 が頭, を振りまわし, を絞る

▼ 濡れ手拭い~ (3, 0.1%)

1 など肩, の端, を肩

▼ 濡れ放題~ (3, 0.1%)

1 になつて, のカウンター, の自暴自棄

▼ 濡れ~ (3, 0.1%)

1 でもう, もまた, をし

▼ 濡れ晒布~ (3, 0.1%)

1 をていねい, を巻い, を解きほぐし

▼ 濡れ~ (3, 0.1%)

1 を全部, を扱う, 御用心

▼ 濡れ~ (3, 0.1%)

2 の上 1 ができ

▼ 濡れ草鞋~ (3, 0.1%)

1 のやう, をぬぐ, を踏み叩い

▼ 濡れ~ (3, 0.1%)

1 のごとく, のし, のよう

▼ 濡れ~ (2, 0.1%)

2 ちや

▼ 濡れきつ~ (2, 0.1%)

1 た改札口, た重い

▼ 濡れけり~ (2, 0.1%)

2 傘の

▼ 濡れしおれた~ (2, 0.1%)

1 髪には, 髪を

▼ 濡れ~ (2, 0.1%)

1 いやはや, 上着も

▼ 濡れ~ (2, 0.1%)

2 やない

▼ 濡れついで~ (2, 0.1%)

1 にあれ, に小金井

▼ 濡れつつも~ (2, 0.1%)

2 燃ゆる

▼ 濡れてに~ (2, 0.1%)

1 ほひし, ほへる

▼ 濡れでも~ (2, 0.1%)

1 あんな濡れ, したやう

▼ 濡れ~ (2, 0.1%)

2 たるめり

▼ 濡れ~ (2, 0.1%)

1 で折々, にてお

▼ 濡れ光った~ (2, 0.1%)

1 玄関から, 甲虫の

▼ 濡れ光ッ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 濡れ~ (2, 0.1%)

2 なげな

▼ 濡れ姿~ (2, 0.1%)

1 に朗らか, を見とがめる

▼ 濡れ布巾~ (2, 0.1%)

1 で擦る, で颯

▼ 濡れ泥だらけ~ (2, 0.1%)

2 になっ

▼ 濡れ~ (2, 0.1%)

1 のよう, よりも黒い

▼ 濡れ~ (2, 0.1%)

1 の中, を分け

▼ 濡れ草履~ (2, 0.1%)

1 の音, を穿い

▼ 濡れ~ (2, 0.1%)

1 からは淡い, を被せた

▼1* [172件]

濡れおまけに地震, 濡れかしこにいる, 濡れがちに, 濡れぎぬ着せられて, 濡れぎらぎらと光っ, 濡れむあしびきの山の, 濡れこそかかれこの, 濡れごとの扉, 濡れごと騒ぎいかなる妖魔, 濡れしい若後家, 濡れしおたれてきしむ, 濡れしおたれた黒髪に, 濡れしおったものを, 濡れしおり枕と, 濡れしとった忘勿草の, 濡れしぶきつつ, 濡れずして工藝, 濡れそこから血, 濡れその上に, 濡れそよぎつつ, 濡れそんな苦業を, 濡れそ夜風に堪えよ, 濡れうきん, 濡れただようばかりだ, 濡れたれば乗客, 濡れちゃいねえが, 濡れちやふわよう, 濡れついた顔を, 濡れつくように, 濡れつつや早苗とる, 濡れつら豆の, 濡れてかそれとも潮, 濡れてからだ中, 濡れてけふも旅, 濡れてまでいらっしゃる方, 濡れてもな屋根代の, 濡れてや来つる山ほととぎす, 濡れであることです, 濡れおしだ, 濡れながらとぼとぼと蓴菜, 濡れながらに路を, 濡れなさいましたよ, 濡れなすったようだ, 濡れなんぞは気が, 濡れにじんでその, 濡れえと思, 濡れねこが出来あがった, 濡れはじめすうっと, 濡れはためいている, 濡れびたしとなり, 濡れびたった夥しい甲冑, 濡れい, 濡れほの暗きランプの, 濡れまさり嵐烈しく, 濡れまだうす明るい夕方, 濡れまっくらな, 濡れまろがりし, 濡れえもの, 濡れものの仕末, 濡れやうです, 濡れやうぢやなかつた, 濡れわたる街の, 濡れでも, 濡れオガ屑の鼻, 濡れガラスになる, 濡れクタレております, 濡れジーと音, 濡れ上気し顫, 濡れ下りながら呟いた, 濡れ乍ら歩いた, 濡れ乍ら平次と八五郎, 濡れ乱れた庭を, 濡れ人形に化した, 濡れ今にも消えなんと, 濡れ今度水の中, 濡れ仏さまにも中, 濡れ仏丈けは正しく, 濡れ伊良虞の島, 濡れ佛さまにも中, 濡れのよう, 濡れ傾斜の樹, 濡れ兵糧も水, 濡れる, 濡れ初めていた, 濡れは血, 濡れ縛りたる唇, 濡れの樹, 濡れている, 濡れ尽して肌着, 濡れ居り坐りつつ, 濡れには乱れ, 濡れ工合によって想像, 濡れの泥, 濡れ彼らの手指, 濡れ彼女は狂人, 濡れ微かな水, 濡れ徹つて帽子から雫, 濡れ心地が違うだろう, 濡れ或はそれに, 濡れ手拭ひで二三度顔を叩い, 濡れ手紙が乾いた, 濡れ手試いを釘, 濡れ拭布でごしごし, 濡れに乾きたる, 濡れに輝, 濡れに働き, 濡れに染みた, 濡れ枕紙も湿りました, 濡れ歩いてみた, 濡れんど, 濡れ殊に体格劣等の, 濡れる生垣, 濡れを人, 濡れ気もちが悪かっ, 濡れは濁り, 濡れ泥濘もある, 濡れ浸りポケットにも, 濡れふ袖, 濡れりて, 濡れ潤つたやるせない寂しい微光, 濡れるる雨後, 濡れ濡れ花が咲く, 濡れ煩悩の催し, 濡れ燈火も濡れ輝い, 濡れ燕伊賀の暴れん, 濡れき美しい, 濡れは夕日, 濡れのうえ, 濡れ真綿でからめられた, 濡れから射す, 濡れを巻紙, 濡れを盾, 濡れだが, 濡れ紅い下の, 濡れ紙一重を隔てた, 濡れのいっそう, 濡れ縫目にはいつ, 濡れ纏りついて, 濡れを震っ, 濡れに袷, 濡れ腐った聟入, 濡れが咲く, 濡れへ居, 濡れ落葉濕れり, 濡れ蓆位被せたって, 濡れを積ん, 濡れの上, 濡れ行く香こそ, 濡れの火, 濡れのまま, 濡れ輝いてゆく, 濡れ輝いた個性が, 濡れ輝かなくてはならない, 濡れ輝かねばならない, 濡れ輝く愛の, 濡れ透つた登山服や毛布, 濡れ透ることを, 濡れ通ったのが, 濡れ通つたのが気, 濡れ通つて寒さ, 濡れ遊ばしてお, 濡れの姿, 濡れに叩き落とされる, 濡れが落ちる, 濡れは重く, 濡れ頭巾をかぶっ, 濡れからタラタラ, 濡れの方, 濡れも蒼ざめていた, 濡れ吹けば, 濡れ黄ばむ憂鬱症の, 濡れ鼠どころじゃない