青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「永い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

氣持~ ~水 水~ 水夫~ 水戸~ 水面~ ~氷 氷~ 永~ ~永い
永い~
永く~ ~永久 永久~ ~永遠 永遠~ 汁~ ~求め 求め~ ~求めた ~求める

「永い~」 1978, 20ppm, 5598位

▼ 永い~ (432, 21.8%)

8 の習慣 7 かかって 6 待って 5 のこと, 見て, 黙って 4 忘れて 3 の努力, 考えて

2 [20件] かかつ, には処々水面, に空気, のお, のた打ち廻っ, の印象, の御, の悩み, の旅, の旅行, の昼夜, の焦燥, の監禁, の研究, の經驗, の苦心, の酷い痛ましい, の非道, 続いて, 苦しんだなあ

1 [346件] ああだの, あえて薄給, あこがれて, あったわけ, あのおふくろ, あのお刀ゆえ若旦那, ありがたう, いつも一人, いろいろと, うごかずに, おそれつつしんで, お互, お匿いくださいました, お目にかかりませず, お祖父様, かかった或, かかつて, からだ, かれを, きしって, くい込んで, くりかえした, こういう平穏, こつちを, この人生, この商売, この土地, この対話, この想念, この瘡, この美事, こんな稼業, こんな空気, ご本, ご浪人, じかに日光, じっとし, ずいぶんお世話, ずいぶん体, そうして坐り, そうやっ, そう思っ, そのうす暗い, そのこと, そのため, そのままじっとし, その店, その数行, その月かげ, その死の, その痛み, その顔, たまって, ためらった, だんだんと, つ, つき合って, つながれて, であろうが, ではあった, ではありました, ではなかっ, では無, でも押しこめ, で何十年, というわけ, とじこもって, とまれ将頼, どうしても, どの武将, どんな小さな雲, なな, なん, にいろいろ, にそういう, にだんだん, には, にはいづれわかる, にはきくでしょう, にはこの, にはその, にはそんな, にはだんだん, にはもう, にはよい, には不完全, には二人, には何だか, には再び, には取外し, には同様勢力, には大きな, には少し, には思はず, には意識的無意識的, には愛, には成長, には案外, には油断, には知つて, には組織, には縁組その他, には膝, には資産, にもさ, にやつれた, にわたってもうろう状態, にわたって外, にインド, に一度, に二人, に亘つて, に今日, に何遍, に使いなれた, に僧侶階級, に受けた, に整え, に植物, に積つた, に築かれ, に自然, に造り上げられ, に鍛, の, のお伽噺, のかさ, のくたびれ, のご, のし, の一念, の世襲, の中, の事, の仕事, の体験, の侮蔑, の信念, の偽, の労苦, の原因, の友人, の受難, の報告, の外国生活, の夢, の夢想, の太平, の好んだ, の孤独, の宿念, の宿望, の宿題, の寂寥, の寝不足, の山谷, の山駕, の平穏, の年月, の心がけ, の心痛, の念願, の思い出, の怠惰, の悪夢, の慣し, の慣習, の慾望, の懸念, の戦い, の抽象化, の支那文化, の放浪生活, の教養, の文化混融, の昼夜転換, の望み, の栄養不足, の欲望, の歔欷, の歴史, の歴史的背景, の氏, の沈黙, の浪人暮し, の海, の煩い, の猜疑心, の獨身時代, の病気, の病苦, の知り合い, の知己, の祖父, の禁慾生活, の私, の秘めたる, の空想, の習練, の自分ひとり, の自然淘汰, の苦痛, の英雄的, の親子兄弟, の謎, の貴方, の辛抱, の都会生活, の雨, の顔馴染, の高, の鬱怨, はたらいてばかり, は勝誇った, は無理, ひき据えられて, ほとんど耐えかね, まことにひた, やつて, わからなかったの, をあんなに, をおい, を孤独, を経, を雪, ゴソゴソ音, 一体どこ, 乱されずに, 互いに食い合っ, 仕付けられて, 休みお, 佇んだり, 余りにエネルギー, 例え折々, 侵して, 信じきつて, 働いた者, 全く埋もれ, 全く無意識, 凝と, 凝り固, 出て, 勤めて, 厳しい霜, 取囲んで, 受けて, 叩き続ける, 咲いて, 啜り泣きを, 坐ったまま, 坐って, 壊れないから, 売りに, 大きい寝台, 委ねられて, 寂しかつ, 寒さ, 帰って, 待ち望んで, 待つて, 思いわ, 悩んで, 悪い事, 慣れて, 憐れむでゐて, 手堅い職業, 手荒く扱われた, 押えつけて, 押しこめられて, 持ち合して, 持ち腐らせて, 持つて, 掛って, 探し求めて, 探し索め, 掻き消されて, 暮して, 書いて, 来も, 楽しみながら, 死んだよう, 殆ど約, 気付かないで, 求めて, 治らないの, 泣いて, 流し続けて, 浸って, 浸つて, 渇して, 激しく鼓動, 生かして, 生きて, 生飯, 眠らなかった, 眠れなかつた, 眺めた, 眺めたり, 眺めて, 眺めました, 睨み合って, 睨んで, 知らなかったの, 知らなかつた, 空しく動い, 立ちつくして, 経って, 絶えず出入り, 続いた, 続くの, 繰り返して, 考え侘びて, 考へた, 聞くだけでも, 若い才物者揃い, 苦しめた自分, 苦しめられた辛苦, 苦しんだ, 苦しんだこと, 虐げられて, 見たところ, 見入って, 見失って, 見張って, 見棄てられて, 見送って, 親しんで, 診て, 語り合った, 語るであらう, 論じ合った, 護って, 貴郎, 起き上れなかつたこと, 跼んで, 辛い稽古, 通って, 重い歴史, 閉されて, 閉じ籠め, 隠して, 隠しとったくせ, 離れて, 額づき合掌, 養われて, 黙つて

▼ 永いこと~ (144, 7.3%)

7 はない 6 では 4 かかって 3 すすり泣いた, そうやっ

2 [12件] かかっても, じぃっ, だから, になる, 同じ姿勢, 眠って, 眠れなかった, 眺めた, 立って, 見送って, 話して, 遊びました

1 [97件] あの泉, いつも君たち, いて, おたより, おつとめな, お役所, がある, がのぞまれた, が自分, この家, こらえて, さまよいました, じっと父, じゃない, じゃァない, そうして待つ, そう思っ, そのからだ, そのパン, その長方形, そんなよう, だった, だまって, ちやほやされ, つづきました, でございます, とめて, ながら, ながら伊助, にち, にらみあったまま, ねこんな, ねたきり, のない, はあるまい, は前条, は困る, ぼんやり坐っ, まるで親, もあるまい, もない, よごれ放題, をする, を知らせ, 一心に師父ブラウン, 乗って, 休んで, 動けないで, 勤めまして, 受持って, 囁き合って, 寒い風, 寝ちまったんで, 寝つかれなかった, 少しも, 居て, 帰って, 待たされたもの, 御不自由, 御奉公, 御迷惑, 忙しさ, 怖い夢, 患って, 拭いた, 掛って, 暗い気持, 来て, 来なかったん, 次郎, 注がれて, 潜って, 疑いながら, 登って, 眠らず考え, 眠りやがて, 睡らなかった, 秘めに, 立ちつづけて, 立ちどまり繰り返し繰り返し綴られる同じ, 立ってる, 考えては, 考えました, 苦しんで, 見つめて, 話しこんだこと, 赤い肉, 通いました, 連添った御方, 過ごして, 重いマン鍬なんど, 開けずにおいて, 阿母さん, 隠れて, 飢え憧憬, 鳴り響くので, 黙って

▼ 永い年月~ (68, 3.4%)

23 の間 2 が経つ, のうち

1 [41件] いろんな人, かれが, がたたぬ, が経った, じゃ, だったろうそれ, であったわい, と手順, には何処, にわが子, に向っ, に草稿, のこと, の実践, の昨日, の粒々辛苦, の精神生活, の経験, の習慣, の行路難, の衣料, の間わたくし, の間田舎, は雨, ゆかしがっ, よく辛抱, をかけた, をこの, をすぎ, を他所, を技巧, を経, を経た, を費やし, を長崎, 互いに怨んだ, 人間らしい自主的, 住んで, 働く自然, 書いて, 繰り返された行者

▼ 永い時間~ (49, 2.5%)

3 をかけ, を過した 2 がかかる, がたった, のやう, を要する

1 [35件] かかった, かかって, かけて, がかかるだろう, が掛かった, が流れた, こだわらぬこと, この部屋, さえたて, だつた, でした, ではなかっ, ということ, と地球, には辛棒, に徐々に, に思われ, に思われました, に煮ます, に違い, のよう, の對座, の酒, はその, ほとんど不変, を仮定, を待っ, を消す, を費した, を費やす, を送った, を過す, を飛ん, 待って, 掛って

▼ 永い永い~ (32, 1.6%)

2 年月の, 航海も

1 [28件] こののち, ご病気, ものでございました, 一生の, 丁寧な, 冬眠から, 半睡, 南国の, 原因が, 小説は, 年代が, 年月だったろう, 忍耐は, 旅で, 日, 日が, 星霜の, 時の, 時間が, 牢獄の, 生涯を, 脅迫, 見と, 道連れと, 間の, 間互いに, 間御無沙汰し, 間目の下に

▼ 永い歳月~ (31, 1.6%)

5 の間 3 のうち 2 に亙っ, を経

1 [19件] いやその, かかって, が要る, と波瀾, などというもの, にわたって互, に亙った, の辛苦, の間人手, は一生, は予, は彼女, をすごした, をもただ, を元, を子供たち, を経た, を送った, を通っ

▼ 永いあいだ~ (20, 1.0%)

1 [20件] いとなんで, その遠野, なにかに, にはこれら, の失業, の実験, の彼, の思い, の進化, 実にかた意地, 心がけて, 悩んで, 手あついお世話, 書いて, 泣いたよう, 立って, 腰かけて, 貸して, 逃げて, 錆びついたよう

▼ 永い~ (19, 1.0%)

2 にさ, を暮らしかね

1 [15件] がつづい, がな, が傾き尽し, が愉快, が暮れた, ざしもはや, だ, にあった, のつれづれ, の眠り, は僅, もやや, も午, をふた, を一日

▼ 永い歴史~ (19, 1.0%)

2 の中, を有する

1 [15件] があり, がある, がこれ, が今日, この日本, と根深い, の一宗派, の内, の進歩, の間, をかけたたたかひ, をもっ, をもつ, を経, を貫い

▼ 永い~ (18, 0.9%)

2 は無い, 見つめて

1 [14件] か, かかって, じゃございません, すすり泣いて, それから神仏, で厶, で私, ねばり時々, はあるまい, わたり歩き, ァ厄介, 気付かずに, 永いこと, 続いて

▼ 永い~ (15, 0.8%)

2 の間

1 [13件] から一足飛び, が待つ, が来, と戦っ, の夜, の眠, の蟄居, の間どこ, の間中, の陰気, は鼠色, を思ひ, を過さなけれ

▼ 永い~ (12, 0.6%)

2 が彼, だか 1 だ, だから, であるから, でしょうか, では, と休暇, に眠られない, を感じました

▼ 永いもの~ (12, 0.6%)

1 [12件] であったし, であったという, であろう, でございました, では, なのね, に思われた, に感ぜられた, の例, は有りません, を何卒, を書く

▼ 永い月日~ (12, 0.6%)

2 のうち 1 が経っ, が経つ, が過ぎ去っ, だ, といふもの, と血腥い, の間何, を倦まず怠らず, を経, を費し

▼ 永い間私~ (11, 0.6%)

2 はこの 1 の月給, の机, の耳, の身體, はあまり, は隙, をこっそり, を御, を苦しめた

▼ 永い期間~ (10, 0.5%)

1 が続く, であって, と解する, にはその, にわたって自分, にわたって飽きない, に成熟, の困難, の體刑, やっぱり自分

▼ 永い年代~ (9, 0.5%)

3 に亙っ, の間 1 が経たね, に伝承, の目

▼ 永い~ (9, 0.5%)

1 でいらっしゃいます, でした, ですっかり, で疲れた, になる, のあいだ, をし, をした, を致し

▼ 永い生涯~ (9, 0.5%)

2 に於い, のうち 1 の間, へ美しい, を生き, を祈る, を終りました

▼ 永い~ (8, 0.4%)

1 ひだびりつこけだ, ひだブツブツ, ひだ保つ, ひだ気がかりに, ひだ氣にかけて, ひだ見馴れ, ひだ離れられなかつた, ひだ雪の

▼ 永い~ (8, 0.4%)

2 別れに 1 つき合いでした, ひる寝, 使いだ, 別れを, 手紙に, 通じゃに

▼ 永い病気~ (8, 0.4%)

1 から恢復, がすこしよく, であつ, で医者, で生涯, とたたかった, になっ, になった

▼ 永いよう~ (7, 0.4%)

2 で短い 1 だが, な気, にも又, に思います, に思った

▼ 永い別れ~ (7, 0.4%)

1 と, となつ, となる, になる, のよう, を告げ, を告げる

▼ 永い眠り~ (7, 0.4%)

1 から醒まされ, につかなけれ, に就い, に移る, に陥っ, をつづけ, を考えた

▼ 永い経験~ (7, 0.4%)

1 から割り出された, との沈黙, と強い, によってプロレタリアート, によって体得, の結果, をもっ

▼ 永い間自分~ (7, 0.4%)

1 にも解らな, に言いきかせ, の生命, の肉体, はこの, は用心, を恥ぢた

▼ 永い~ (6, 0.3%)

1 がある, だが, では此, なん, に結末, はダメ

▼ 永いから~ (5, 0.3%)

1 そうあせる, それを, ゴミ箱を, 例令え, 此港街の

▼ 永いです~ (5, 0.3%)

1 あなたは, から急, から釣る, ね, ネ

▼ 永いなじみ~ (5, 0.3%)

2 の者 1 である松, でもあり, の間

▼ 永い一生~ (5, 0.3%)

2 の間 1 そんなこと, の区切り, をとおし

▼ 永い伝統~ (5, 0.3%)

1 によって訓練, はその, を引い, を背負った, を負った

▼ 永い~ (5, 0.3%)

1 から分つ, から同君, から没頭, から私, から科学

▼ 永い悲哀~ (5, 0.3%)

1 が残る, と恨み, と運命, に触れ, を遺す

▼ 永い~ (5, 0.3%)

4 の日 1 になっ

▼ 永い~ (5, 0.3%)

2 で見 1 でもの, で見れ, で視

▼ 永い航海~ (5, 0.3%)

1 だ, の後, の疲労, もあす一日, も実に

▼ 永い~ (5, 0.3%)

5 とおし

▼ 永い過去~ (5, 0.3%)

1 から現在, にあらゆる, に於, の生活, をもっ

▼ 永い間それ~ (5, 0.3%)

1 が詩文, こそ房一, を求めた, を生き, を知らず

▼ 永い~ (5, 0.3%)

1 が続く, が降り続い, の二週間, の年月, の間

▼ 永い~ (4, 0.2%)

1 しつき, 凍っちまう, 思ふ, 見える

▼ 永いほど~ (4, 0.2%)

1 修養を, 純潔らしい, 結構, 草深い夜

▼ 永い人生~ (4, 0.2%)

1 に於, の艱苦, もすべて, を通じて只一回

▼ 永い~ (4, 0.2%)

3 の日 1 を口ぎたなく

▼ 永い~ (4, 0.2%)

1 湯治で, 滞在でしたら, 滞留で, 馴染だ

▼ 永い手紙~ (4, 0.2%)

1 がかけない, をかき, を書きました, を書く

▼ 永い~ (4, 0.2%)

4 である

▼ 永い星霜~ (4, 0.2%)

1 が流れ, の下, の間, を仙人

▼ 永い沈黙~ (4, 0.2%)

2 の後 1 が来た, を守つてしまつたの

▼ 永い滞在~ (4, 0.2%)

1 が保たれ, の後, を乞, を乞ふたこと

▼ 永い留守~ (4, 0.2%)

2 の間 1 をし, 荒れ生垣

▼ 永い~ (4, 0.2%)

1 でとは言わない, ではつまり, で日本文学, で見たら

▼ 永い間そこ~ (4, 0.2%)

1 に止まる, に蹲っ, は北, をうごかなかった

▼ 永い間東京~ (4, 0.2%)

1 には杉苔, に住み, に帰らぬ, をうろつい

▼ 永い~ (3, 0.2%)

1 いざ顔, こんな脱線, ふり返っ

▼ 永いこと家~ (3, 0.2%)

1 にゐる, の中, へ入らなかった

▼ 永いこと默~ (3, 0.2%)

1 ってそれ, ってみんな, りこんで

▼ 永い~ (3, 0.2%)

1 円みは, 割合に, 秋も

▼ 永いので~ (3, 0.2%)

1 一秒間に, 吾, 後先を

▼ 永い一日~ (3, 0.2%)

1 の間, を結ぶ, を飽きず

▼ 永い~ (3, 0.2%)

1 に, は寒い, を送る

▼ 永い年数~ (3, 0.2%)

1 が自記, のかかる, を要求

▼ 永い戦争~ (3, 0.2%)

1 に疲れた, の年々, の間

▼ 永い旅行~ (3, 0.2%)

1 が無事, などで起居, をつづける

▼ 永い旅路~ (3, 0.2%)

1 と季節, の門出, を経廻つたの

▼ 永い日数~ (3, 0.2%)

1 に比べる, の慎しみ, を必要

▼ 永い~ (3, 0.2%)

1 の長, は十日二十日, は半年

▼ 永い時日~ (3, 0.2%)

1 の間, を要せずし, を間

▼ 永い未来~ (3, 0.2%)

1 にわたって文化, への命, を遥か

▼ 永い生活~ (3, 0.2%)

1 だから, の後, の間

▼ 永い~ (3, 0.2%)

1 と闘っ, に精根つき, をする

▼ 永い苦しい~ (3, 0.2%)

1 年月でした, 時期を, 燃え立つた年月

▼ 永い道中~ (3, 0.2%)

1 で封筒, をともに, 何となく気がかり

▼ 永い間あれ~ (3, 0.2%)

1 が女, ほどの苦労, やこれ

▼ 永い間沈黙~ (3, 0.2%)

1 して, を守らね, を続け

▼ 永いお辞儀~ (2, 0.1%)

2 をした

▼ 永いこつて~ (2, 0.1%)

2 すよ

▼ 永いこと世話~ (2, 0.1%)

2 になった

▼ 永いこと何~ (2, 0.1%)

1 か默想, をかブツブツ

▼ 永いこと沈默~ (2, 0.1%)

1 がつづいた, が続いた

▼ 永いこと炉~ (2, 0.1%)

1 の前, の火

▼ 永い~ (2, 0.1%)

1 病気で, 病気の

▼ 永いため息~ (2, 0.1%)

2 をつい

▼ 永いとも~ (2, 0.1%)

1 さびしいとも, 覚えませんでしたが

▼ 永い~ (2, 0.1%)

1 むりからさめたときその, むりにつかせたのでした

▼ 永い世代~ (2, 0.1%)

1 には定め, にわたる自然

▼ 永い久しい~ (2, 0.1%)

2 間に

▼ 永い二十年~ (2, 0.1%)

1 の間, の闇

▼ 永い以前~ (2, 0.1%)

1 からコペルニクス, から確定

▼ 永い休暇~ (2, 0.1%)

1 が始まった, の最初

▼ 永い修練~ (2, 0.1%)

1 によつて, の末

▼ 永い冬ごもり~ (2, 0.1%)

1 に人馬, の雪国

▼ 永い努力~ (2, 0.1%)

1 で無理, の蓄積

▼ 永い午後~ (2, 0.1%)

1 の倦怠, を這う

▼ 永い原因~ (2, 0.1%)

1 があった, に違い

▼ 永い子供~ (2, 0.1%)

2 は可愛

▼ 永い将来~ (2, 0.1%)

1 のうち, の努力

▼ 永い御無沙汰~ (2, 0.1%)

1 をし, をしました

▼ 永い忍耐~ (2, 0.1%)

1 のいる, はむなしく

▼ 永い忍苦~ (2, 0.1%)

1 はしませぬ, は姉さん

▼ 永い思案~ (2, 0.1%)

2 の素振り

▼ 永い患い~ (2, 0.1%)

1 とが二人, にかかっ

▼ 永い昼間~ (2, 0.1%)

1 がある, が伸子

▼ 永い時代~ (2, 0.1%)

1 に亘っ, を経

▼ 永い~ (2, 0.1%)

1 の夜, の日

▼ 永い結婚生活~ (2, 0.1%)

1 の回想, は水

▼ 永い苦悩~ (2, 0.1%)

1 と懐疑, の総

▼ 永い貧乏~ (2, 0.1%)

2 な生活

▼ 永い辛苦~ (2, 0.1%)

1 の歴史, を想わせる

▼ 永い過程~ (2, 0.1%)

1 にいろいろ, を経なけれ

▼ 永い間お前~ (2, 0.1%)

1 の厄介, を封じ

▼ 永い間ここ~ (2, 0.1%)

1 にいる, に立つ

▼ 永い間これら~ (2, 0.1%)

1 の品々, の詩

▼ 永い間世~ (2, 0.1%)

1 に出さなかつた, の批難

▼ 永い間世の中~ (2, 0.1%)

1 に活動, のあらゆる

▼ 永い間二人~ (2, 0.1%)

1 で通う, はその

▼ 永い間何~ (2, 0.1%)

1 のおとさた, も彼

▼ 永い間俺~ (2, 0.1%)

1 に恥, を苦しめた

▼ 永い間内~ (2, 0.1%)

1 へ内, も外

▼ 永い間彼~ (2, 0.1%)

1 が情熱, の胸底

▼ 永い間思案~ (2, 0.1%)

2 した

▼ 永い間怺~ (2, 0.1%)

2 えて

▼ 永い間手~ (2, 0.1%)

1 のこんだ, を合せ

▼ 永い間日本~ (2, 0.1%)

1 に支那文化, の政治

▼ 永い間暴君~ (2, 0.1%)

2 と奴隷

▼ 永い間枝~ (2, 0.1%)

1 にしがみつい, に着い

▼ 永い間次郎~ (2, 0.1%)

1 の捜索, を見つめ

▼ 永い間気~ (2, 0.1%)

1 になっ, のせい

▼ 永い間牢獄~ (2, 0.1%)

1 につながれる, にとじこめられ

▼ 永い間病気~ (2, 0.1%)

1 で, ばかりし

▼ 永い間病臥~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 永い間盲目~ (2, 0.1%)

2 探しに

▼ 永い間研究~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 永い間空~ (2, 0.1%)

2 で号令

▼ 永い間續~ (2, 0.1%)

1 くで, けて來

▼ 永い間胸~ (2, 0.1%)

1 に抱い, の中

▼ 永い間苦労~ (2, 0.1%)

1 して, の多かっ

▼ 永い間雪~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 永い間非常~ (2, 0.1%)

1 に慎重, に非難

▼ 永い闘い~ (2, 0.1%)

1 と動揺, に憔悴

▼ 永い~ (2, 0.1%)

2 がたなびい

▼ 永い~ (2, 0.1%)

1 とあの, をし

▼1* [659件]

永いあいだ世帯の苦労, 永いあいだ乱世の顔みたい, 永いあいだ二人の子供, 永いあいだ仲間の盗んだ, 永いあいだ勝手気ままにされ, 永いあいだ口をきかなかった, 永いあいだ家にとじこもっ, 永いあいだ彼の眼, 永いあいだ放埒な大学生, 永いあいだ日の目を見ず, 永いあいだ未踏のまま, 永いあいだ目をつけ, 永いあいだ私はゆめ, 永いあいだ苦労をし, 永いあいだ薬餌をとっ, 永いあいだ辺境の古びた, 永いあいだ顔を見, 永いあいだ食物も何, 永いあいだ馬車が駆け, 永いいつになっ, 永いいや私には, 永いおなじみの或, 永いかも知れぬから, 永いからたちの生垣, 永いくちづけを, 永いことあたしたちの賭け, 永いことあちらへ行っ, 永いことお喋りをいたしました, 永いことお待ちなさらなくとも, 永いことお母さまと二人きり, 永いことお母さんに会ひたい, 永いことそとを眺め, 永いことガンバッていました, 永いこと一人でい, 永いこと世に知られなかった, 永いこと丸髷に結わなかった, 永いこと人眼を避け, 永いこと停車した, 永いこと具合の悪い, 永いこと冷却されて, 永いこと刺青をせん, 永いこと勉強して, 永いこと土台石がそのまま, 永いこと天井を見つめ, 永いこと姿を見せない, 永いこと姿勢を改めなかった, 永いこと官憲の手, 永いこと室外にもれ, 永いこと家庭をもたぬ, 永いこと床の間の隅, 永いこと彼を見送っ, 永いこと彼等の間, 永いこと御霊所の前, 永いこと感動して, 永いこと手を合せ, 永いこと払いがとどこ, 永いこと接吻などされた, 永いこと放心の状態, 永いこと散歩しても, 永いこと日本を支配, 永いこと春子さんたちに対してあんな, 永いこと朝倉先生が生徒監主任, 永いこと机によりかかっ, 永いこと枕の上, 永いこと横浜に暮し, 永いこと泪に暮れ, 永いこと無意識につめ, 永いこと無理やりに距, 永いこと無言のまま顔, 永いこと父の噂, 永いこと獨逸語を讀まない, 永いこと玄関にしゃがん, 永いこと田地のこと, 永いこと病室に保護, 永いこと病気なの, 永いこと皆とお, 永いこと目かくし, 永いこと県外に出, 永いこと真暗な密室, 永いこと眼をつぶっ, 永いこと礼を学ん, 永いこと稍三十分ばかりも這入っ, 永いこと童の如く無心, 永いこと縁側に立ちつくし, 永いこと肩車に乗らなかった, 永いこと腹の中で衝突, 永いこと自動車にゆられ, 永いこと船乗りだったん, 永いこと苦労をおかけ, 永いこと薄闇のなか, 永いこと蚕室の階段, 永いこと話が続きました, 永いこと貸家になっ, 永いこと車にのせられた, 永いこと返事を出せしまへ, 永いこと部屋をぐるぐる, 永いこと里子にやっ, 永いこと銀子の頭, 永いこと陽に照らされ, 永いこと雨が続い, 永いこと預け放しに, 永いこと頬杖をつい, 永いこと默想にふけった, 永いこののちの, 永いこの世に, 永いころに筧, 永いしずかな地, 永いしめやかな夜, 永いつきあいなので, 永いつき合いを思い, 永いといふことは, 永いとだけでは, 永いとても永い時間, 永いとは思わない, 永いぢみの人ぢや, 永いなどと思うな, 永いには驚く様, 永いにも涙かな, 永いのちのちまで蠱惑, 永いはるを吾等, 永いひる寝を, 永いふんべつをし, 永いものあとになっ, 永いもんだで, 永いゆめでございました, 永いらしいからきっと, 永いりっぱなご, 永いほんとにいけすかない, 永いわずらいの後, 永い喜びます, 永いだし, 永いアインシュタインもかなり, 永いジグザグの道, 永いヤケな生活, 永いヨーロッパからの航海, 永い一日がかりでもまだ, 永い一時が窮屈, 永い一生何をし, 永い丁寧なお辞儀, 永い三分間を送った, 永い三十分が過ぎた, 永い三年を待たせた, 永い不在の歳月, 永い不自由さにうちかてたら, 永い世間は無い, 永い中世紀の間宗教, 永い乱麻の世相, 永い争いの最後, 永い事うち棄てて, 永い事どこへ旅, 永い事印刷屋の土蔵, 永い事和蘭に居た, 永い事女手一つで俺達三人, 永い事寢てゐ, 永い事有楽町の新聞社, 永い事滅多に押, 永い事聴診や打診, 永い二年のあいだ筒井, 永い五年のあいだ, 永い五月の末, 永い交友を続け得たらう, 永い交際の仲, 永い人間であるか, 永い人類の歴史, 永い人類進化の歴史, 永い仕事を一つ, 永い他出か, 永い休みのあと, 永い会話を力, 永いでなければ, 永い作家生活の中, 永い依存主義國策に過られ, 永い俳優生活の惰性, 永い傑作とは云, 永い六月の日, 永い冬眠から呼び覚まされた, 永い切断の後, 永いをつくった, 永い初夏の日, 永い別離の印, 永い前置きをする, 永い力作をさしあげたら, 永い勤務で鍛, 永い十七年間といふ歳月, 永い午後じゅう考えて, 永い午後表通りの電車, 永い睡の, 永い南国の日, 永い単調な航海, 永い受苦の歴史, 永い受難であった, 永い古い文化の, 永い合間があった, 永い呼吸を試み, 永い哀れを感じさせました, 永い哀情が横たへ, 永い啜り泣きのあと, 永い四月の日, 永い回向をすました, 永い因縁から年上, 永い困難な芸術家, 永いへ渡ったら, 永い土塀があった, 永い変化に富んだ, 永い夏期休暇が始まる, 永い夕暮の明るみ, 永い外国旅行の間, 永い夜僕はお前, 永い夢想であったの, 永い天下でご, 永い奴等めがっ, 永い娑婆がある, 永い季節であるとは, 永い実戦談の結末, 永いが伸子, 永い密談に時, 永い寒気の間幾冬, 永い寛容を示し, 永い対談はここ, 永い寿を言, 永い小説はまだ, 永い尼寺生活をした, 永いを引かせ, 永い尾行を余儀なく, 永い居残りを思う, 永い山牢生活に自分, 永い希望であつ, 永い年數がたつ, 永い年月ひた隠しに隠し, 永い年月わたしたちの全, 永い年月イプセンの日本語譯, 永い年月叫びくりかえされて, 永い年月孤独と戦ひ勝つ, 永い年月工夫したか, 永い年月東京住まいをした, 永い年月苦心に苦心, 永い年月荒野を迷い歩き, 永い年月風雨霜雪に曝された, 永い年歴の間我日本, 永い幽界生活中にもお客様, 永いに就き, 永い廻廊を白足袋, 永い強い惱み, 永い彷徨をつづけた, 永いにはこの, 永い心労が決して, 永い心持がした, 永い忘却あるいは天涯万里, 永いを吐い, 永い悲しい夢から, 永い悲しみの末, 永い惑いからやっと, 永い愛撫の時, 永い感じが欠乏, 永い慘忍な沈默, 永い憂ひを思はぬ, 永い憂鬱と退屈, 永い戦乱に滲みこんだ, 永い抑制を破り, 永い抑圧の歴史, 永い拝借がある, 永い掛声にした, 永い放浪の後, 永い敬愛の念, 永い数千年の間, 永い文化の闘い, 永い文学の途上, 永い文学生活は覚束, 永いやない, 永い旅行先の眼ざめ, 永い日なかを何處, 永い日の目を見た, 永い日影が落ち, 永い日本の歴史, 永い日自体から忘れ, 永い明るい夏の, 永い春秋はただ, 永いからの集合生活, 永いが永き, 永い昼過ぎの日, 永い時世を経, 永い時代一どはか, 永い時間みんなは息, 永い時間一人で歩き, 永い時間議論をし, 永いだ焼, 永い晩酌にかかっ, 永い期間安定して, 永い未決の生活, 永い東京生活のなか, 永いの生涯, 永い正月はありませんや, 永い武芸修行は困難, 永い歴史ものをいくつ, 永い歴史的根拠を有し, 永いがした, 永いの出る, 永い汽車旅行のあいだ, 永い沈默がつづいた, 永い流浪の生活, 永い浮世に短い, 永い海外滞在を終え, 永いの忍従, 永い淋しい冬籠り, 永い深いそうし, 永いの後, 永い漂泊の旅, 永い漂浪の旅, 永い演説の最後, 永い濃い影を, 永い煩いか, 永い熟柿主義を奉じ, 永い熱心な祈り, 永い牢人生活の後, 永い牢獄のなか, 永い物語の次, 永い独身生活から結婚生活, 永い獄中生活にもかかわらず, 永い現実の生活, 永いを足し, 永い用便を終っ, 永い由緒があり, 永い画壇生活の中, 永い相談と互に, 永いにさそう, 永い睡眠がいつも, 永い確執を解く, 永い社会の歴史, 永い祖先以来の生活, 永いだつた, 永い禁慾生活のため異性, 永いの沈黙, 永い穿鑿には果して, 永い立話をされ, 永い精進によらね, 永い細長い平たい匕, 永い絵巻のよう, 永いを張っ, 永いの端, 永い興味がある, 永い芝居見物でしたわね, 永い若々しさへの, 永いるしみ, 永い苦労の仕, 永い苦心談もある, 永い苦海の間, 永い苦痛のうち, 永い苦艱の道, 永い苦行の旅, 永い苦闘隠忍貧窮屈辱大成そして寛大, 永い苦難をともに, 永い行く手を感じ, 永い行末に御, 永い見物は出来ない, 永い言葉を用, 永い計画である, 永い訓練の歴史, 永い記念となっ, 永い訣別にでもなる, 永い論争の歴史, 永い論議がなり立つ, 永い貧乏暮しのため, 永いを見とおされ, 永い迷夢も醒め果てました, 永い退屈な晩酌, 永い退屈さもやっと, 永い遊びがつづき出す, 永い遊牧生活の末, 永いを車, 永い道中千浪の美しい, 永い道中女の小智, 永い道連れとならなけれ, 永い遠い夫を, 永い醜行と悪行, 永い間あたいを騙し, 永い間あなたにあわなかった, 永い間あれこれと話した, 永い間いじめたり小言, 永い間うち沈んで, 永い間お世話になりやした, 永い間お初のこと, 永い間お話したわ, 永い間こちらへもいろいろ, 永い間こっちのふところ, 永い間これが為め, 永い間ご馳走になりました, 永い間それらの影像, 永い間ただ一人でさまよう, 永い間とろろ汁が出来る, 永い間どこにも寄らない, 永い間どちらからも喋らなかった, 永い間の手しおにかけて, 永い間の手練の世帯向き, 永い間ひそかに尊敬, 永い間ひとみをさらす, 永い間ひとりで忍耐, 永い間ぼんやり床にへたっ, 永い間みんなの注意, 永い間わたくしをお, 永い間わたしの家, 永い間カラーやカフス, 永い間キリシタンの大敵, 永い間ギリシア的に保存, 永い間ジーッと考えれ, 永い間ズーッと忘れ, 永い間ソルボンヌ大学でそれ, 永い間バスなどにのっ, 永い間バーといふもの, 永い間ユニバシティカレッヂの教授, 永い間ラテン語が文章語, 永い間レーリーの手足, 永い間一とところ, 永い間一つの美, 永い間一人の正直, 永い間一人前の女, 永い間一冊ずつ深く, 永い間一度は, 永い間一緒に住ん, 永い間一部の識者, 永い間上眼遣いに顔, 永い間不和の状態, 永い間不如意ながら自分, 永い間世話になった, 永い間中国の, 永い間争いがあった, 永い間京都のこと, 永い間人影のない, 永い間人気なくしめ, 永い間人間性を無視, 永い間介抱して, 永い間仲も悪かっ, 永い間仲間の盜ん, 永い間住所も知らせず, 永い間便りのない, 永い間信長に接し, 永い間修業したの, 永い間僕の親友, 永い間先生がそう, 永い間凡てを云, 永い間出入りして, 永い間切支丹屋敷の牢獄, 永い間切札のやう, 永い間勉強しそれから, 永い間動きが取れなくなっ, 永い間勢力があつ, 永い間北海道も何とか, 永い間十年近い間耕吉の放埒, 永い間友達にもつ, 永い間反対の人, 永い間合掌して, 永い間合法性を確保, 永い間名乗りもせず, 永い間名乘りも, 永い間呼吸器の病気, 永い間因襲され伝統, 永い間土に荒れた, 永い間地下室の一隅, 永い間均等な高, 永い間培養せらるると, 永い間壁や障子, 永い間壁飾りとなつ, 永い間変な顔, 永い間変人の誤解, 永い間外に出, 永い間多くの本, 永い間大使館に出入り, 永い間大衆の力, 永い間天子様は一系, 永い間天文を遣りました, 永い間夫婦でありながら, 永い間奥で手間取っ, 永い間女と一しょ, 永い間女房を擲っ, 永い間妻が目, 永い間姦通して, 永い間子供は眠つて, 永い間子供部屋へ拘束, 永い間宅にばかりくすぶ, 永い間守り本尊として守護, 永い間安吉に命じ, 永い間安閑とし, 永い間家を建てる, 永い間寝床から起きられなかった, 永い間寝泊りして, 永い間小児が欲しい, 永い間山稼ぎはいたし, 永い間布の間, 永い間幕府の特權, 永い間床につい, 永い間廻転椅子の中, 永い間弁護士の不愉快, 永い間強力に支配, 永い間形而上學の覊絆, 永い間彼女は父, 永い間往還をゆき, 永い間待ち焦れて, 永い間後悔を続け, 永い間徐行しシグナル, 永い間御無沙汰して, 永い間心に不平, 永い間忘られて, 永い間怪人は呼吸, 永い間患つて居りますが, 永い間慈愛深い母親, 永い間憐れな自分, 永い間懐中から手帛, 永い間我国の誰人, 永い間戰爭して, 永い間戸口にじっと, 永い間所謂結婚制度なるもの, 永い間抑圧されて, 永い間持続的に拡散, 永い間接触して, 永い間放置されて, 永い間故国を離れ, 永い間教育をうけた, 永い間敢て薄給, 永い間断たれて, 永い間斯んな稼業, 永い間新聞社の踏台, 永い間旅で御苦労, 永い間旅人に食物, 永い間日に照らされた, 永い間早口にべらべら, 永い間昏睡状態に陥っ, 永い間星空の下, 永い間本を借し, 永い間机にかじりつい, 永い間村松君と今日, 永い間栄養がとれ, 永い間模範として用いられ, 永い間横になっ, 永い間橘の門, 永い間機会を逸し, 永い間檻へ入れられ, 永い間此の氣懸, 永い間歳太郎の顔, 永い間死ぬるほどの, 永い間母様も, 永い間民も変らず, 永い間気づまりな思いをさせ, 永い間氣むつかしげに, 永い間水をあび, 永い間水面に浮かなかった, 永い間氷のよう, 永い間沈默がつづいた, 永い間沢山の涙, 永い間法廷の天井, 永い間注意せられたにも, 永い間海中に浸っ, 永い間海員生活をし, 永い間深刻な闘争, 永い間清らかな水, 永い間清水の溜り, 永い間滔々としゃべり続け, 永い間炭坑に暮した, 永い間点灯夫のする, 永い間無事に退屈, 永い間然って飲む, 永い間牛にされ, 永い間牢に居, 永い間牢屋に暮し, 永い間王宮の正門, 永い間理性を封鎖, 永い間用意を怠らなかつた, 永い間田の番, 永い間田舎に住んだ, 永い間甲賀家に仇, 永い間男気無しのまま, 永い間番町の武家屋敷, 永い間癖づけられて, 永い間皆が覚え, 永い間目の下に活動, 永い間眼を閉じる, 永い間着て悪く, 永い間睦じく, 永い間祈りかつ咽ぶ, 永い間私たちは声, 永い間私等の家族, 永い間私達夫婦は分れ分れ, 永い間科學畑に住んだ, 永い間秘密の用務, 永い間種族または人種, 永い間積極的な態度, 永い間窓のところ, 永い間立ちん坊をする, 永い間競争した, 永い間筒井の渡舟, 永い間経験したこと, 永い間絵をかかなかった, 永い間絶大な恩恵, 永い間締切りにし, 永い間縛に就かない, 永い間置きざりにされ, 永い間群集を見た, 永い間翁が筆者, 永い間考へ拔, 永い間聴耳を立て, 永い間腕に抱かれ, 永い間腰を下ろし, 永い間自分たちの家, 永い間良人の情事, 永い間芸をした, 永い間苦学生としての生活, 永い間蔵つて置いてよ, 永い間行燈のそば, 永い間西欧の貿易人, 永い間診察した, 永い間話をし, 永い間読書して, 永い間誰にも秘密, 永い間議論をし, 永い間貧乏世帯を張っ, 永い間費って自然科学, 永い間赤子の枕元, 永い間身内と一緒, 永い間辛労致しました甲斐, 永い間辛抱の出来る, 永い間辛棒に辛棒, 永い間退席して, 永い間逢はない, 永い間逸作に倣っ, 永い間里へやられ, 永い間野田へ身上, 永い間釣をし, 永い間長椅子に座つて, 永い間門人たちを相手, 永い間閑枝の胸, 永い間關係があつ, 永い間陸にいる, 永い間集合的な諸, 永い間雇人もおかず, 永い間雨をしみじみ, 永い間雨ざらしになりし, 永い間雨曝しになつ, 永い間雨風に曝され, 永い間電燈の下, 永い間静かに声, 永い間音沙汰なしに, 永い間頭にあった, 永い間風雨にさらされ, 永い間飯を食っ, 永い間餌をあたえず, 永い間館から外, 永い間馬になっ, 永い間鮒が落ち込ん, 永い間鼓舞され愛護, 永い間齒ぎしりを, 永い間龍代の放埒, 永い闘病生活のうち, 永い降雪期を心, 永い難局が切抜け, 永い難行苦行を必要, 永い雨期をこの, 永い雪解けのあと, 永い露営のその間, 永い革命活動の閲歴, 永い頂上は申す, 永い馴染みだった