青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「欄干~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

機嫌~ ~機械 機械~ 機能~ 機関~ 檻~ 櫓~ 櫛~ 欄~ ~欄干
欄干~
欝~ ~欠け 欠け~ 欠点~ ~次 次~ 次々~ 次ぎ~ 次に~ 次の間~

「欄干~」 1579, 16ppm, 7183位

▼ 欄干~ (574, 36.4%)

41 凭れて 24 身を 17 手を 11 よりかかって 10 倚って 9 腰を 8 つかまって 7 倚り, 肱を 6 足を 5 つかまつて, 凭り, 添うて, 背を, 頬杖を 4 倚りかかっ, 出て, 片足を, 腰かけて, 靠れて

3 [12件] しがみついて, ほして, 両手を, 両肱, 倚る, 凭って, 寄って, 掛けて, 添って, 立って, 肘を, 自分のよ

2 [29件] さへ, したばかりの, すがって, とまって, ひらりと, よりかかりながら, 乗出して, 倚りかかり, 僧形の, 凭る, 凭れかかって, 凭れたまま, 凭れたり, 凭れながら, 凭れるよう, 寄ると, 押付けました, 指を, 晒し物に, 沿うて, 沿って, 立つて, 縋って, 胡坐掻い, 胸を, 釘付けに, 青柳の, 靠れた, 頬杖した

1 [295件] あったん, あつた, あらわれたるは, あるいは立ち, あるべき筈, ある庄次郎, ある文字, いる, かかったよう, かかりました二見ヶ浦, かかりました真, からだを, こぼるる裳, こぼれたり, さしかわす桂, しがみついた, しがみついたところ, しがみついたの, しがみつきながら, した見晴, しつかりと, しとやかに, しばりつけた, しぶきを, しゃがんだりで, すがったまま, すがりついて, すがりつつ, すらりと, ずらりと硝子戸, そうて, それらしき, たかって, ついて, つかまったまま, つかまった時, つかまつたが, つかまりつかまり遮二無二, つかまりながら, つかまり川, つかまり遮二無二, つけた, とび上がって, とりついた, なって, なりしまいに, のこした無情, のしかかるよう, のせ片方, はたきながら, ひじを, ひたと, ひたと身体, ひっかかって, ふれて, へたばりつくと, ほんのり暁, もたせて, もたせ変えた時, もたれかかって, もたれかかりぼんやり, ゆったりと, よりかかったら急, よりかかりざま, よりかかりじっと, よりかかり富士, よりかかり水の上, よりつくせる, よりて, よれよれの, わなわな, ダラリと, ツカまっ, ブラ下がっ, 一つこれは, 一人の, 一寸手を, 一枚かかった, 一領の, 上々しい, 上り来る, 上ろうと, 上半身が, 不用意に, 並ぶ灯火, 中りて, 乗り出して, 乘出し, 二つも, 仆れ, 伸び上り伸び上り, 佇むルンペン, 佇んで, 佇立み, 体を, 何者か, 俯向い, 倚っ, 倚っかかっ, 倚った, 倚つて下, 倚つて下へ, 倚つて下を, 倚つて外を, 倚つて牡丹を, 倚りか, 倚りし, 倚り仰い, 倚れ, 傾きかかった月, 凭った, 凭つた, 凭つてか, 凭つて提灯の, 凭つて月を, 凭つて海を, 凭つて立つた, 凭りか, 凭りかかつて, 凭りかかれ, 凭り掛りました, 凭れか, 凭れかかりましたし, 凭れた, 凭れたま, 凭れた人間, 凭れると, 凭れる真似, 凭れ下流, 凭れ銅羅, 凭懸った, 凭懸る, 出た, 出る, 取縋ったつい, 垂れて, 夜ちる, 大人の, 女異人, 妙な, 姿を, 寄せかけて, 寄つて涼しい, 寄りか, 寄り添, 寄り添いながら, 寄り添うて, 寄り添って, 寄り添つて行, 寄掛けたる, 小柄で, 小突いて, 尻を, 左り, 巻き結ばれた船の, 帯を, 干して, 干し忘れた, 引っかかった, 彳むと市中の, 彳んで, 戻りましたが, 手で, 手拭を, 投げかけて, 押しつけて, 括りつける, 括り着ける, 拳を, 持たせた途端, 捉つてゐる, 捕まって, 掛けたは, 掛って, 推当てた, 推當てた, 掴って, 掴まったから, 掴まって, 掴まつたから, 擬う, 擬ふ, 支えた, 支へ, 敷き連ねた緋毛氈, 映じ来たる, 昭和六年九月として, 暮の, 最一度我, 本を, 杖を, 松を, 枕し, 果しなくひろげかけたる, 枝を, 梁から, 横づけ, 横向に, 殆ど横倒し, 江山低し, 添つてその, 添つて靜かに, 添ふて立つ, 湿つた頃, 溢れ人道, 無造作に, 片手載せ, 片肘, 片肱, 片足懸け, 猪口を, 男女が, 白い手, 白や, 目を, 直接明治の, 眠れるは, 確と, 突き立てました, 突伏した, 立たせて, 立ちながら, 立ちも, 立ち止まりました, 立ち熟, 立った丸官, 立てかけて, 立並んだ時, 立止っ, 立顕れた, 糞塗りし, 紅い裏, 細工を, 細引が, 結びつけて, 総出で, 縋つて身, 縋り付いたまま, 縋り付いて, 縛り附けて, 縞絽だ, 繊い, 置き棄てて, 胸少し, 脚を, 腕を, 腰かけたり, 腰かけ扇, 腹を, 膝を, 臂を, 自分の, 花電燈が, 落した, 落とすその, 蝉の, 血が, 裸電灯が, 赤い布団, 赤い裏, 赤い襟裏, 走り寄っ, 赴り付い, 蹲くまつて最早, 軽く擦れ, 近々と浪, 近いところ, 近き座, 近く遙, 近づき一寸, 近よって, 這い寄ると, 這ひ寄る, 過ぎない, 達すると, 遣瀬, 銀杏返しが, 銘々の, 長く長く倚, 長く長く倚つて, 附着いた, 降る, 集る, 雨の, 雪の, 青い汚れた, 靠れながら, 靠れ亡くなった母, 頬づえついて新九郎の, 頬づえをのせてつぶやいた, 顎を, 顕われ, 飛乗れば, 飛付ける, 黄八丈に

▼ 欄干~ (274, 17.4%)

19 上に 7 下を 6 ところに, 上へ, 下に, 方へ 5 傍へ, 前に 4 ついた窓, 上を, 外の 3 ところで, ところへ, 上で, 下は, 側へ, 外へ, 所へ, 裏へ, 間から

2 [19件] ある座敷, そばに, ついた二階, ところまで, ない橋際, 一部は, 三方に, 上から, 下から, 傍に, 処に, 前を, 外には, 左右から, 方を, 足を, 鉄の, 附いた石段, 隅の

1 [137件] あたりには, あたりを, あったと, あなたきのう今日掲げた, あるところ, ある料理屋, ある橋, ある温泉宿, ある螺旋形, ある階段, いたる所, ごとく取りまわして, そばを, ついた大きな, ついた橋, ついた橋廊, ついた箱みたい, ついた華やか, ついた軒下, ついた釣橋, ついて, つきるところ, ところから, ない橋, なかまで, ほうに, まわりに, ようである, 丁度角の, 上へでも, 上をわ, 下の, 下まで, 両側には, 中ほどの, 二階の, 交叉する, 付いた輿, 代りに, 側には, 側まで, 側を, 傍から, 傍まで, 優雅な, 先には, 具合といふ, 冷たさ, 前で, 前なる, 前には, 前へ, 割れ目へ, 半ばに, 南詰へ, 向うには, 向って, 吹飛ばされた橋, 四隅には, 壊れた板の, 壞れた, 外が, 外に, 外を, 外部に, 大きさ, 大理石によりか, 女の, 始めと, 子供も, 定石は, 小座敷が, 小間が, 帯を, 彫まで, 影が, 影とを, 後にも, 後ろを, 後を, 所まで, 所を, 手前寄りに, 折れた西, 撓な, 擬宝珠か, 擬宝珠を, 支柱にから, 方に, 方は, 方へと, 明り甲板の, 木の, 木組が, 柱が, 柱の, 根を, 梁に, 楯を, 横桟にかけ, 橋で, 無い橋, 爪の, 真ん中で, 真下に, 眼眼眼, 石の, 硝子の, 簾を, 籐椅子で, 粧飾の, 続いた外, 緋の, 腐った廊下, 腰には, 装飾模様に, 襖が, 見える場所, 見える崖, 赤い扱帯, 赤い扱帶, 軽快な, 辺に, 近くを, 逆立ち渡りを, 邊に, 酒盛なんざ洒落れ, 鉄棒の, 間を, 附いた出窓, 隅に, 隙間から, 電燈の, 霜に, 顔を, 饗宴は, 高さ

▼ 欄干~ (173, 11.0%)

10 越して 9 越えて 7 離れた 5 叩いて 3 背に 2 つくり中央, つけたり, またぐと, 抱いて, 掴まへて, 掴んだまま, 越えようと, 越えると, 逆立ちを, 離れて

1 [119件] あッという, かけて, くぐり出て, こう踏み, こわして, しっかとにぎっ, しっかりにぎっ, それも, そんなにひどく, つりた半, とおして, とんと叩きました, はなれようと, またぎました, またぎ越そうと, まつすぐ, めぐらした三重, めぐらした廻廊, めぐらせること, もったその, もった廻廊, コツコツと, ツウ, トントンと, トントン叩く, 一気に渡り切っ, 一足飛びに, 丁と打ち, 三階の, 下から, 下へ, 乗り越えました, 乗出して, 五条橋に, 仰いで, 伝いながら, 伝うところ, 伝うの, 伝う緋鯉, 伝わりましたよ, 切った, 力に, 匐い上り, 叩く外, 向う側から, 嗅いで, 圭太は, 小さな楓, 幾処か, 御覧種々な, 念入りに, 急造し, 抜けて, 拭き込む, 指して, 掛けて, 探り居たり, 掴んで, 掻い擦ったこの, 握って, 握つて, 握りて, 撫でたり, 撫でつつ, 撫でながら, 擦って, 放れると, 斜めに, 斯う, 杖以てがたり, 楯に, 流れた, 涙の, 渡ったらそれから, 渡って, 渡つた, 渡らせられ綾子, 渡る, 渡るまで, 渡るまでも, 渡るもの, 渡れと, 渡れるわけ, 潜らせ下, 濡らして, 照らす電光, 積んで, 突っつきながら, 立てめぐらし金, 築いて, 繞した, 背後に, 葉が, 見物する, 覗く松, 調べて, 超えた乞食, 越えました, 越え異様, 越しそう, 跨いだの, 跨いだよう, 跨いで, 踏むん, 踏んで, 蹈んで, 躍ったかと, 逆立ちして, 逆立ちで, 附けたもの, 離れました, 離れようとも, 離れる, 離れると, 離れるの, 離れ同じ, 颯と掠め, 飛び越した, 飛び離れたが

▼ 欄干から~ (121, 7.7%)

8 下を, 身を 3 半身を, 外を 2 下の, 下へ, 手を, 離れた

1 [91件] お専, こちらの, すぐ湖水, するすると, ずり落ちるよう, そつと, それを, ふと二階, ぶら下ったまま, ぼんやり泥溝, もっとしばしば眼, アアチの, セエヌの, ブラ下げた, ブラ下げる, 上つ, 上半身を, 二間ほど, 互いに呼び合っ, 何を, 俯向けに, 倒れんばかりに, 先ず外, 六尺余りの, 向こうを, 唾を, 塔の, 外ずし身体の, 外の, 外へ, 大川へ, 子供が, 少し離し, 山を, 川の, 川へ, 川上の, 引き剥さうと, 引っくり, 引離すと, 往来を, 後ろの, 御覧に, 恐ろしい怪物, 明日の, 松の, 橋の, 橋ゲタへ, 橋板が, 水の上を, 水中に, 波を, 海を, 消えて, 消え失せて, 温泉場の, 湖水を, 瓔珞の, 盛り上っ, 真逆様に, 眺められる小, 眼下の, 瞰下し, 緋鯉に, 美しい妾, 胸を, 自分は, 若くて, 落ちた二三人, 見おろして, 見おろすと, 見たの, 見るその, 見る奴, 見下すと, 覗きますとね, 谷間へ, 身体を, 軒にかけて, 這込みます, 遥かな, 降りて, 離れて, 頭を, 飛び上がって, 飛び下りて, 飛び込む投身者, 飛び込めさうな, 飛んだら後向き, 飛出して, 飛込ませろ

▼ 欄干~ (76, 4.8%)

5 手を 3 体を, 片足を 2 凭れるとも, 出た, 出て, 寄って, 帯を

1 [55件] うッ伏, つかまると, とりついたの, のせて, ひたひたと, もたせかけ主税, もろ手を, よって, ピタリと, 乗出して, 乾して, 俯ッ伏す, 倚った, 倚って, 光の, 凭りかかった, 凭れかかった, 垂らしぼんやり, 姿を, 寄せないの, 寄った, 懸ける, 抑えつけた, 押しつけた, 押しつけられすでに, 捉まり片手にて, 掛けて, 攀じ登ったの, 板札が, 浴衣がけの, 片手を, 猿の, 登つたもので, 砕けよと, 立ちあらわれた, 立って, 結んだの, 綱を, 縛らうかと, 縛ろうかと, 背を, 背中を, 腰を, 蟹の, 足を, 踏掛け, 身の, 身を, 這い上がりゃしませんあッ, 這ひ上がりやしません, 雪洞を, 飛ぼうとして, 馳け, 駈け寄って, 駈上つたやうである

▼ 欄干~ (59, 3.7%)

5 ついて 2 あって, ある, あるだけ, 低いの, 声を

1 [44件] あたかも大船, あつて, ありその, あり前, あるか, あるきり, あるなど, ぎいぎいときしんだ, すぐそこ, そこだけ, できて, ない, ないので, まわりに, 中程から, 付いて, 仲秋の, 取りつけて, 取り廻わし, 取附けて, 四角に, 外れるよう, 左右へ, 思いなしか, 折れ大勢, 挫げそうにの, 数えら, 月の, 朱で, 架かって, 橋もろとも, 水の, 現れた, 画いたよう, 真中で, 落ちて, 見えた, 設けられて, 身を, 遠く見え, 長々と, 附いて, 霧に, 飛べそう

▼ 欄干にも~ (55, 3.5%)

38 たれて 3 たれながら 2 たれた

1 [12件] たれたま, たれたまま, たれたまま片手, たれた乞食体, たれても, たれる, たれる癖, たれ夕風, たれ顔, 拭き切れない血, 暖かな, 木組みを

▼ 欄干~ (28, 1.8%)

1 [28件] ぎっしりと, その半, それこそ, ついて, どういふ, どよめき立つて, もう朽ちた, 上図の, 人間の, 前後左右を, 夫人の, 川中へか, 川面から, 平次の, 広いから, 影も, 折られた足, 支那風に, 朽ちて, 水と, 瀬戸物で, 珠の, 痛々しい, 皆草の, 破れ橋板, 総朱塗, 繞り, 頑丈で

▼ 欄干~ (23, 1.5%)

3 植えられ木製

1 [20件] ついたそれ, ない, ない底, なくそのまま, なにも, やはり木, 何も, 取りつけられて, 屋根も, 巌を, 暗いなか, 朱塗りである, 梯子も, 植ゑられ木製の, 物さび, 物色われず, 玉かと, 皆宝石, 襖も, 見えて

▼ 欄干~ (16, 1.0%)

2 堂宮に, 過行く

1 [12件] はしすずみ, ケビンの, 倒れかかった四阿, 庭面の, 旗や, 欄間の, 煤けた樹, 石柱と, 石造の, 船室の, 階段などは, 障子が

▼ 欄干越し~ (13, 0.8%)

2 に庭, に闇 1 にうっかり, にずっと, に三つ五つ, に下, に往来, に梯子, に窓, に船, に青々

▼ 欄干~ (12, 0.8%)

1 [12件] どうも聞いた, 啼いて, 囲われその, 思ひが, 掌を, 播磨屋橋を, 涼んでると, 絞つて, 雪の, 顎を, 顏洗ひ, 首を

▼ 欄干~ (12, 0.8%)

2 あれ森, 堂宮の 1 いはず柱, 思ふ所, 旧情を, 枝垂れ柳, 水肌との, 言つた説明を, 言ふ, 通行する

▼ 欄干には~ (12, 0.8%)

2 姫が 1 まるで花見, 下の, 二三人ずつの, 傷痕も, 塑像が, 幽霊が, 昨夜の, 昭和三年一月竣工として, 紅い蒲団, 霜が

▼ 欄干によって~ (8, 0.5%)

1 モスクワの, 下界を, 人が, 庭を, 暫くその, 立留っ, 見て, 遠くの

▼ 欄干~ (6, 0.4%)

2 の桂川 1 に廂, に打見遣った, に燈籠, に顔

▼ 欄干まで~ (5, 0.3%)

1 よじのぼって, 押し詰めもがく頭, 持って, 死體を, 登って

▼ 欄干~ (5, 0.3%)

1 でなお, に床几, のほとり, をみやしやんせ, をわたる

▼ 欄干からは~ (4, 0.3%)

2 赤い鹿の子絞り 1 若々しい孃さん達, 髭の

▼ 欄干~ (4, 0.3%)

2 しに 1 しに一筋, しに樅

▼ 欄干へも~ (4, 0.3%)

2 たれかかつて 1 たれて, 出られずふすま

▼ 欄干では~ (3, 0.2%)

2 何時までも 1 今一匹の

▼ 欄干渡り~ (3, 0.2%)

1 が済む, が済ん, が見た

▼ 欄干近く~ (3, 0.2%)

1 その姿, の反, へ持っ

▼ 欄干づきで~ (2, 0.1%)

1 静に, 靜に

▼ 欄干として~ (2, 0.1%)

1 どこに, 何處に

▼ 欄干にかけて~ (2, 0.1%)

1 背中ばかり, 自分の

▼ 欄干について~ (2, 0.1%)

1 前刻来, 頬を

▼ 欄干によ~ (2, 0.1%)

1 つてじ, つて木や

▼ 欄干より~ (2, 0.1%)

1 低いくらい, 引き放し

▼ 欄干~ (2, 0.1%)

1 の廂, を茶船

▼ 欄干堂宮~ (2, 0.1%)

2 の玉垣

▼ 欄干擬宝珠~ (2, 0.1%)

1 の左右, の日本橋

▼ 欄干近い~ (2, 0.1%)

1 枝も, 窓掛

▼ 欄干~ (2, 0.1%)

1 に引, を縫っ

▼1* [64件]

欄干あの斜桁を, 欄干いつしかに雨, 欄干遣い残し, 欄干からうす黒い顔, 欄干からでも眺めて, 欄干ぎわにずらりと, 欄干ぎわからざんぶとばかり大川に身, 欄干ぐるみ池の橋, 欄干ごしドドドッ, 欄干さえついて, 欄干さきへ植え, 欄干じゃありませんか, 欄干ずれにその, 欄干そのものさへも, 欄干ぞいに姫ぎみ, 欄干だけが星の, 欄干だけには日が, 欄干だけの野広い, 欄干やありません, 欄干つかみて遠き, 欄干つきの階段, 欄干づき輻も, 欄干でも腐つて, 欄干とも風の, 欄干と共に忘れ難い, 欄干なども朱塗の, 欄干などを洗つただけで, 欄干なんぞまっ赤, 欄干において示されて, 欄干にて北側の, 欄干により城内の, 欄干のみが目に, 欄干へよつか, 欄干ほとほととわが, 欄干よりのテーブルに, 欄干らしいものを, 欄干をなどやさながら, 欄干をわたつて, 欄干ハ屈曲シテ明月ヲ留メ, 欄干一つ隔てた露台, 欄干けで, 欄干低く眺めらる, 欄干へ群集, 欄干北側の中央, 欄干の加茂川, 欄干から足, 欄干外左の一方, 欄干家毎にある, 欄干寄りを歩き, 欄干窓などから, 欄干庇その他造作の一部, 欄干愛日学校の小さい, 欄干摺れに, 欄干無しの石橋, 欄干の肖像, 欄干紅裏の着物, 欄干網棚カーテンの鐶, 欄干が消え, 欄干振掛けて, 欄干越柳がくれ, 欄干近く雲かと紛, 欄干るや, 欄干を鐺, 欄干隠れに少い