青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「水戸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

気質~ ~気配 気配~ ~氣 氣~ ~氣持 氣持~ ~水 水~ 水夫~
水戸~
水面~ ~氷 氷~ 永~ ~永い 永い~ 永く~ ~永久 永久~ ~永遠

「水戸~」 1283, 13ppm, 8311位

▼ 水戸~ (298, 23.2%)

12 御隠居 5 方へ 3 人たちの, 人で, 天狗が, 御隠居様, 神の, 説に

2 [16件] ものが, 人たちを, 人芹沢鴨, 天狗党が, 学問から, 家老武田耕雲斎が, 屋敷の, 山崎, 手を, 武田耕雲斎が, 武田耕雲斎に, 百姓か, 精鋭を, 老公と, 藩士の, 顔を

1 [231件] いうこと, おせい, ことが, ことを, さきから, さきの, ためなら, ために, ときにも, なくなって, ように, ナイフだ, 三人武者とも, 上に, 上空に, 下屋敷あたりから, 両人は, 両人も, 両頬, 中納言が, 中納言様奥州仙台の, 人じゃが, 人たちに, 人たちも, 人に, 人を, 人山崎譲であります, 人山崎譲という, 人間は, 今の, 仕事が, 佐幕党と, 侍たちが, 傾向であっ, 兄は, 先覚者藤田東湖の, 光圀だ, 光圀は, 光圀公が, 党派争いは, 兵粮丸は, 兵糧丸は, 内紛に, 出身じゃろう, 前に, 剣客某と, 南街塾で, 史家が, 吉田に, 吉田篁, 唯一無二の, 唱えて, 国政を, 地方に, 城下の, 城下へ, 士よ, 士族の, 声は, 外に, 外にも, 大変物議如何, 大日本史, 大洗節で, 大浜海岸で, 天狗と, 天狗党の, 天狗組が, 天狗連だ, 天狗連の, 天狗騒ぎ, 天狗騒動で, 天狗黨の, 如きは, 如きも, 姫君さまの, 威公若く, 子供だ, 学問が, 学問と, 学問は, 学流を, 学生である, 安否は, 安島帯刀越前の, 家老職を, 家風だ, 容疑者が, 容疑者を, 寓居を, 尊攘派にとっての, 尊攘派の, 尊攘派を, 尊王攘夷が, 少年だ, 山崎が, 山崎先生でございました, 山崎山崎譲って, 山崎譲で, 山崎譲と, 川又子俳号を, 工場へ, 常磐公園よりも, 廃仏毀釈に, 彰考館に, 影響を, 待って, 御出生, 御出身, 御家人や, 御茶壺, 御隠居はじめ大老, 徳川光圀の, 徳川斉昭で, 志士が, 志士たちとも, 志士は, 志士林の, 志士藤田東湖らから, 怪僧の, 或通り, 播磨守が, 播磨守の, 支藩の, 数十人を, 文化が, 方から, 方じゃ, 方に, 方の, 旧い影響, 最後の, 有志から, 有志と, 有志家杉田恭介君川又英君及び, 東にあたる, 東湖塾へ, 某氏が, 栗山潜鋒に, 横たわって, 武士早川弥五郎が, 武田耕雲斎旧, 殿様に, 津川五郎子と, 浪人が, 浪人たちに, 浪人だ, 浪人で, 浪人等が, 浪士, 浪士が, 浪士篁守人である, 浪士香取流の, 海が, 海岸へ, 海後様の, 漁夫たちと, 烈公さんなんて, 烈公と, 甘い説, 甚六困った, 生れだ, 生れで, 病院に, 百姓, 百姓だ, 百姓と, 相模屋という, 知人から, 硬い面, 祖法護持的な, 神, 私怨でない, 第一, 篁大学とは, 篁守人に, 篁守人顔にも, 精神病院に, 系統とは, 義公に, 老公が, 老公の, 者で, 者であった, 肩は, 背中を, 腕から, 腕を, 臣鮎沢伊太夫鷹司の, 花信も, 苦しい党派争い, 苦悶は, 藤田先生の, 藤田戸田之, 藤田東湖と, 藤田東湖と共に, 藤田東湖の, 藤田東湖戸田蓬軒なぞも, 藩から, 藩内の, 藩学は, 藩論を, 親爺, 言葉を, 計画した, 話だ, 説により, 説は, 諸君に, 諸生党, 豪士あり, 身体に, 身体は, 進駐軍慰問演奏は, 運命は, 那珂川である, 那珂川等幾本も, 郷士で, 野心と, 野心を, 金子健四郎に, 鍛冶に, 隠居, 青年が, 頭上を, 館第, 香川敬三因幡の, 黄門, 黄門と, 黄門といった, 黄門格にまで

▼ 水戸~ (91, 7.1%)

5 ドレゴの 2 ホーテンスの, 博士の, 呟いた

1 [80件] あのザマ, いったい吝, きっとなっ, ここで, ことにそれ, この友情, この熱意, さておきとかく, せきこんで, そういっ, そう言っ, そこで極り, そのこと, その度, その影線, それについて, それを, それ以外彼を, ちっともそんな, ちょっと心配, どんなに騒い, はっと顔, ひとり恥し, まず疑われ, もとより京都方面, やむなく博士, ドレゴが, ドレゴに, 一層強く, 一笑に, 下界を, 今も, 何かを, 何もかも早かっ, 何事とも, 何時に, 傍から, 周章てて, 咄嗟の, 問い返さないで, 城壁の, 尊皇攘夷論の, 小さく叫んだ, 巖陰から, 彼が, 彼の, 彼を, 彼等が, 徳川の, 徳川三家の, 応えた, 応じなかったこうして, 懐しい者, 手斧に, 数えた, 昂奮し, 本当に残念そう, 椅子の, 正義党の, 水戸で, 深海軟泥に, 潜水服の, 烈しい不安, 結婚という, 義公烈公以来東湖先生以下農を以て, 肯いて, 背後に, 船の, 見苦しい焦燥, 親藩で, 諒解した, 軽く笑っ, 通信機の, 通信装置の, 逸早く彼, 邸の, 非常に, 頑固に, 首を, 黙って

▼ 水戸~ (74, 5.8%)

10 の用達 2 との關係, のお, の元, の賄方, もいつ

1 [54件] からも意見, から下, から受けた, から拜領, から烈公, が此用達, が眞志屋, が聘した, であったか, であつ, では哀公齊脩, では武公治紀, にもこんな, に上つたの, に仕えた, に仕へ, に仰ぐ, に再び, に奉公, に菓子, に金千両, に関する有る, の一, の初代威公頼房, の前, の売立会, の存亡, の御方, の林泉, の浪人, の特別保護, の用達商人, の用達眞志屋十餘代, の男子一名, の當主, の若年寄, の蔵, の賜, の領, は上屋敷, は元, は光圀, は十分の保護, は幕閣中, は成公宗堯, は既に, は烈公齊昭, は義公, は義公時代, は舊, は良公宗翰, へ出入り, へ奉公, へ女中

▼ 水戸浪士~ (68, 5.3%)

3 のこと 2 のうわさ, の事件, の通り過ぎ, の通過, はもはや

1 [55件] がいたる, がおのおの, がこの, がその, が望月, が来た, が通った, が間道通過, ですら, とでもいった, について越前, に与えた, に加わっ, に当たり, に軍資金三千両, に連れられ, のあと, のある, のうち, のため, の一団, の一行, の伊丹大之進, の処分, の前, の動き, の動静, の十七名, の同勢, の尊攘, の幹部, の応対, の掲げ, の時, の最後, の来る, の生命, の素通り, の群れ, の西下, の通過以来, の進ん, の運命, の間道通過, はうまく, はほとんど, は石神村, も途中, より数日, をこの, を待ち受けた, を敵, を許そう, を迎え, を追いつめ

▼ 水戸様石置き場~ (47, 3.7%)

46 の空屋敷 1 へ上がる

▼ 水戸~ (41, 3.2%)

7 のお 3 の御, の石置き場 2 の石揚場

1 [26件] お目代, お石場番所, からいただいた, から御, が出馬, でのう邸, では, に率いられ, のご, の下屋敷, の前, の同じく, の奥向, の屋敷, の屋敷前, の屋根, の建築, の用地, の饌, はおかしい, は丸, は館林, ばかりじゃござんせん, へ参っ, へ献上, 不取締り

▼ 水戸~ (39, 3.0%)

2 越前か, 退いて

1 [35件] ある三左衛門, しがみついて, すがりついて, そういわれる, 丁寧に, 三年い, 仕へ, 伝えたく思ったが, 入る梅いまさかり, 処し徳川氏, 到着停車場前の, 十一時過ぎに, 同感, 居る親戚, 来りて, 泊って, 浪人し, 監獄が, 相談を, 縁なき, 行けば, 行藤田虎之助の, 見せた, 語って, 語るべき事柄, 質問したであろう, 赴かむとて, 赴き白川, 赴く途, 遊びその, 遊びたるついで, 遊び住ん, 附き添われて, 降りしを, 限ったこと

▼ 水戸~ (33, 2.6%)

1 [33件] いないから, いれば, うちへ, この家, せきこむよう, たずねた, やっぱり一番乗り, エミリーを, ケースを, ドレゴに, ドレゴの, 一番ちかい, 今まで, 仲, 加わること, 如何に, 彦根殿の, 愕い, 新聞記者らしい, 早口に, 海底において, 海面下に, 疑問を, 痩せ我慢を, 目を, 立って, 見える筈, 訊く側, 訊ねた, 誰に, 酒壜を, 頭に, 顔を

▼ 水戸~ (30, 2.3%)

2 行く, 逃げるか

1 [26件] いった, おいでに, ゆき相模屋, ゆくこと, ゆこうという, 下って, 下車した, 人を, 出掛けて, 参りまして, 向いて, 向って, 回されたそう, 急行させ, 押し詰めて, 来て, 留めて, 着いたの, 行きてえの, 行けないから, 行った早田さん, 行つたしな, 行つてゐた, 近づくと, 逃げて, 駆け出して

▼ 水戸記者~ (30, 2.3%)

2 はその

1 [28件] がかかる, が初め, が横, それにエミリー, のたち, の協力, の声, の方, の耳, はすぐ, はよっぽど, はホーテンス, はワーナー博士, は右隊, は報告, は塑像, は大きく, は始めて, は思った, は激しい, は苦し, は誰, は轟く, は静か, もそれ, もようやく, もホーテンス, を大西洋

▼ 水戸~ (29, 2.3%)

1 [29件] ささえる主要, どうしてあそこ, ひとり残し, 交えた四名, 出発した, 只ひとり, 引張りまわして, 徳川という, 愛して, 憎がって, 憎む一念, 憎んで, 手放しアイスランド, 抱いて, 押えて, 東へ, 毛嫌いし, 毛嫌いを, 立退くまえに, 笑えなかった, 背景として, 見詰める, 認めると, 誘うこと, 誘ったが, 誘って, 過ぎやがて, 馴撫せり, 骨髄に

▼ 水戸~ (27, 2.1%)

2 の志士

1 [25件] が南朝, では佐幕派, では朝命, でも会津, で編纂, などの人々, にあった, にある, において学校, において正, にも尾州藩, に仕え, のなか, の七百人, の人々, の剣道指南役, の持っ, の掃き, の行動, の覆轍, の誰, は勤王, へはまた, へ下されました, より一頭

▼ 水戸から~ (22, 1.7%)

2 七里許り

1 [20件] 久慈郡へ, 他の, 來た, 先真直に, 出たん, 出て, 出るか, 加入の, 土浦へ, 府中土浦を, 手紙が, 江戸に, 江戸へ, 汽車に, 発足と, 膝栗毛に, 西は, 起こったもの, 郡山へ, 随い

▼ 水戸~ (16, 1.2%)

2 と反対

1 [14件] および肥後守, と少しく, に属する, の予言者藤田東湖, の保羅, の如き, の尊王論, の志士, の意見, の議論, もしくは一橋, 即ち安島帯刀, 実にこれ, 第三筆頭

▼ 水戸~ (15, 1.2%)

1 [15件] がの一番, がむかし, ではかれ, という店, という煙草屋, と云う, の乾, の姉さん, の娘分, の屋根, の店先, は古い, を立ち去った, を背負っ, を訪ねました

▼ 水戸烈公~ (15, 1.2%)

1 [15件] がまた, が一夜, と結び, に処したる, の如き, の子, の差図, の愛子, の著, の話, も七分, より外, を援, を父, を記念

▼ 水戸~ (14, 1.1%)

1 [14件] とはすこぶる, と称され, の偏僻, の基礎, の始祖光圀ら, の定義, の宿儒会沢, の尊王, の精神, の総, の運動化, は一種, は会沢伯民, を鼓吹

▼ 水戸~ (12, 0.9%)

5 のお 2 の屋敷, の落胤 1 だ, と傳通院, の裏

▼ 水戸さま~ (11, 0.9%)

3 のお 1 のところ, の中屋敷, の前, の石置場, の脇, の裏, の部屋, は鼈甲

▼ 水戸~ (10, 0.8%)

2 の遺物 1 から出火, に調進, の北, の手前, の方, の門, へとどける, まで土手

▼ 水戸齊昭~ (10, 0.8%)

2 の主唱 1 でなくとも, におく, のある, の手記, の頑張り, は阿部, も, も川路左衞門尉

▼ 水戸~ (9, 0.7%)

1 あった, 到着地は, 大日本史, 守人の, 敵の, 水長藩士の, 火の, 私は, 里見無念斎の

▼ 水戸~ (9, 0.7%)

2 聞いて 1 ドレゴを, レンラクが, 同じくサンノム老人, 堀田と, 承われば, 朝廷との, 薩摩以下の

▼ 水戸~ (9, 0.7%)

2 に入 1 において御, に帰っ, に籠城, の内, を根拠, を落し, を賜

▼ 水戸斉昭~ (9, 0.7%)

1 から越前慶永, その人, では, に上書, に主唱, の場合, の尊王攘夷, の比, をやつ

▼ 水戸~ (8, 0.6%)

2 の持つ 1 であるから, であること, とは気風, の思想, の気性, もしくは準

▼ 水戸~ (7, 0.5%)

1 いきなり門口, ドレゴも, 丁寧な, 中納言でござんしょう, 列の, 愕いた, 知って

▼ 水戸~ (7, 0.5%)

1 か, から得た, とは違いまし, には話し, の説, はワーナー先生, も愕

▼ 水戸~ (7, 0.5%)

4 の汽車 1 は午前十一時五十五分, は恐らく, を午前十時

▼ 水戸さん~ (6, 0.5%)

1 から, だってそう, の唯一無二, はご存じ, はどう, を連れ

▼ 水戸~ (6, 0.5%)

2 に育った 1 のあの, のもの, の実家, の百姓

▼ 水戸街道~ (6, 0.5%)

1 と出会う, なん, の宿, の宿場, を加島, を江戸

▼ 水戸まで~ (5, 0.4%)

1 であったか, 一行を, 担いで, 行くので, 行って

▼ 水戸~ (5, 0.4%)

1 と血縁, の別, の落胤, の邸宅, の金子御用達

▼ 水戸には~ (4, 0.3%)

1 なかなか使える, 今だに, 水戸の, 水戸藝州には

▼ 水戸~ (4, 0.3%)

1 であったに, の番屋, の砂, を南

▼ 水戸宗一~ (4, 0.3%)

1 という三十歳, の役割, の意見, はドレゴ

▼ 水戸~ (4, 0.3%)

1 から一里, の北端, の士族屋敷, の近く

▼ 水戸殿~ (4, 0.3%)

1 とは同系, においては義公様以来, の邸前, を介し

▼ 水戸浪人~ (4, 0.3%)

1 であったが, に繰られた, の一派, の遊佐銀二郎

▼ 水戸~ (3, 0.2%)

2 薩摩か 1 尾州か

▼ 水戸ほど~ (3, 0.2%)

2 苦しい抗争 1 当時の

▼ 水戸~ (3, 0.2%)

1 御使, 御祈願ノコトデ行クカラ駕籠, 急ギノ御用ダカラ

▼ 水戸光圀~ (3, 0.2%)

1 の修史事業, の行状記, は

▼ 水戸浪士中~ (3, 0.2%)

1 にある, に少なく, の幹部

▼ 水戸義公~ (3, 0.2%)

1 の大, の湊川, は日本

▼ 水戸老公~ (3, 0.2%)

1 の, はあたかも, は攘夷家

▼ 水戸~ (2, 0.2%)

1 お前は, からもっと

▼ 水戸です~ (2, 0.2%)

1 か, よ

▼ 水戸では~ (2, 0.2%)

1 あるまいな, オチゴ花下野では

▼ 水戸という~ (2, 0.2%)

1 小札, 駅を

▼ 水戸とが~ (2, 0.2%)

1 互いに傷つい, 連合し

▼ 水戸などの~ (2, 0.2%)

1 公武合体派の, 小粒の

▼ 水戸における~ (2, 0.2%)

1 内外の, 天狗党と

▼ 水戸中学~ (2, 0.2%)

1 の津川五郎子, を卒業

▼ 水戸中学校~ (2, 0.2%)

1 に入学, を四年

▼ 水戸人士~ (2, 0.2%)

1 のこれ, の行動

▼ 水戸~ (2, 0.2%)

1 がひきうける, で三人

▼ 水戸~ (2, 0.2%)

1 藩とは, 藩を

▼ 水戸出身~ (2, 0.2%)

1 の原市之進, の同級生

▼ 水戸城内~ (2, 0.2%)

1 がどう, の建物

▼ 水戸天狗党~ (2, 0.2%)

1 の擾乱, の生き残り

▼ 水戸夫人~ (2, 0.2%)

1 となった, の卵さん

▼ 水戸学者~ (2, 0.2%)

1 の稜々, はこれ

▼ 水戸家尊王論~ (2, 0.2%)

1 によって幕策, を運用

▼ 水戸屋敷~ (2, 0.2%)

1 に於, の記念物

▼ 水戸徳川~ (2, 0.2%)

1 のお, はむしろ

▼ 水戸徳川家~ (2, 0.2%)

1 の増植, の藏

▼ 水戸慶篤~ (2, 0.2%)

1 とも謀っ, と共にその

▼ 水戸方面~ (2, 0.2%)

1 それから真直, の小粒納豆

▼ 水戸様前~ (2, 0.2%)

1 からもう少し, の砂利

▼ 水戸様石置き場空屋敷~ (2, 0.2%)

1 とやらで, なの

▼ 水戸様街道~ (2, 0.2%)

1 といわれる, を東

▼ 水戸派尊攘~ (2, 0.2%)

1 の提唱, の義挙

▼ 水戸~ (2, 0.2%)

1 にし, の諸

▼ 水戸浪士ら~ (2, 0.2%)

1 の悪戦苦闘, は馬籠

▼ 水戸浪士加~ (2, 0.2%)

2 多源次郎

▼ 水戸浪士吉村軍~ (2, 0.2%)

2 之進

▼ 水戸藩主~ (2, 0.2%)

1 となつ, も前後

▼ 水戸藩關係~ (2, 0.2%)

1 のもの, の古書類

▼ 水戸越前~ (2, 0.2%)

1 その外, に蟄居

▼ 水戸領内~ (2, 0.2%)

2 の郷校

▼1* [143件]

水戸あるいは中国九州筋か, 水戸からにしようかという, 水戸からの三人武者と共に, 水戸これからホーテンスに, 水戸さま前の堤下, 水戸さん眼をさます, 水戸そうしてぼんやりし, 水戸だけは堂々尊王, 水戸っぽで, 水戸でもよろしいの, 水戸とか新徴組, 水戸とかでお座敷に, 水戸との提携を, 水戸とは共に頭, 水戸とも暗闘が, 水戸とを伴って, 水戸なんかの泊って, 水戸にとっても大きな損失, 水戸に対し紀州に対し, 水戸のさざらなみ鷹一羽来り, 水戸ばかりじゃないでしょうか, 水戸へでも紀州へでも, 水戸へは行かん土浦, 水戸へも仙台へも, 水戸仙台へは, 水戸より太田鐵道に, 水戸エミリーの三人, 水戸ブロックの幕政参与, 水戸万歳のよう, 水戸三十五万石の財力, 水戸上市小学校教室の天井, 水戸上水道の水揚げ場, 水戸藩の, 水戸中学出身の津川五郎君, 水戸中納言の弟, 水戸からで, 水戸付近では那珂川, 水戸以上のもの, 水戸以来総勢八人八溝の天, 水戸会津唐津等からそれぞれ, 水戸会津桑名筑前小田原大溝等諸藩, 水戸佐賀越前の憂国, 水戸とか水戸孫, 水戸公園を見物, 水戸兵二百人と新選組百五十人, 水戸内部の動揺, 水戸出発右に久慈川, 水戸は薩摩, 水戸參議治保でなくては, 水戸四国の高松, 水戸地方の戦報, 水戸地裁下妻支部でも犯行, 水戸城籠城と来た, 水戸堀田を斬らずん, 水戸天狗組一同としてあらあ, 水戸姫君の典医, 水戸学国学を勉強, 水戸学派の諸, 水戸学風の学者, 水戸とかたいがい水戸, 水戸のそれ, 水戸宗一君であった, 水戸宰相家に對, 水戸家志士が井伊, 水戸尊攘派の運命, 水戸尊攘派領袖が慶喜側近, 水戸尾張越前薩摩の諸, 水戸屋敷前とそれ, 水戸岡田先生よりの使い早田隼人, 水戸市上市の千代田橋上手, 水戸市上市小学校教場の天井, 水戸市下市の汽船発着場, 水戸市外に狐, 水戸建白書は文政二年打払令, 水戸弘道館の碑文, 水戸弘道館等の画, 水戸彰考館総裁川口長孺の著, 水戸志士の最後, 水戸のした, 水戸景山公に知られた, 水戸有志を自然自滅, 水戸様時分に繁昌, 水戸樣御用の煙草問屋, 水戸武士の態度, 水戸殿浪人或は新, 水戸派一橋立儲君派らを拘留, 水戸派紀州派の諸, 水戸派鼓動の力, 水戸浪士三百五十余人を斬った, 水戸浪士事件の顛末, 水戸浪士処刑のこと, 水戸浪士十七名の肖像畫, 水戸浪士増子金八杉山彌一郎広木松之助大関和七郎などであった, 水戸浪士石坂儀右衛門之墓, 水戸浪士西下のうわさ, 水戸浪士通行の際, 水戸海道の途中, 水戸烈公徳川時代第一, 水戸生れか, 水戸町奉行田丸稲之右門, 水戸執迷, 水戸的眼孔を以て僅か, 水戸皇家と最も, 水戸の孫, 水戸笠間辺までも暴す, 水戸継嗣ブロック以上に出, 水戸に乘りか, 水戸義公父子を離間, 水戸義公臥龍梅と命名, 水戸老公斉昭は側用人安島弥次郎, 水戸のよう, 水戸肥後加賀仙台などの家老, 水戸自身もやっぱり, 水戸藝州には藝州, 水戸藩あたりの田舎千両役者, 水戸藩一派の策動, 水戸藩出身の者, 水戸藩吏に捕へられた, 水戸藩土浪人あぶれ者野士百姓町人ならず者都合その勢四千人, 水戸藩士あり京都鷹司家, 水戸藩士二人宍戸侯の切腹, 水戸藩士藤田東湖の塾, 水戸藩士藤田東湖戸田蓬軒らの率先, 水戸藩廳ではおどろい, 水戸藩浪士らによって江戸高輪東禅寺, 水戸藩邸の最後, 水戸訛りの主婦, 水戸がそんな, 水戸諸生組奸党の者, 水戸警察署に捕まっ, 水戸越前土佐それぞれに大名中, 水戸出る積り, 水戸近在の農村, 水戸邸内杏所甚五郎の許, 水戸郷里福井に遊説, 水戸長州等東西南北の脱, 水戸間三里の道, 水戸附近川口から僅か, 水戸でも天狗, 水戸領田伏の浪人宿, 水戸頼房入國, 水戸な学者, 水戸高等学校の教授兼主事