青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「東京~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~来る 来る~ ~来れ 来れ~ 来年~ ~杯 杯~ ~東 東~ ~東京
東京~
東北~ 東洋~ 東西~ ~松 松~ 松平~ 松本~ 松林~ ~板 板~

「東京~」 23059, 221ppm, 447位

▼ 東京~ (5013, 21.7%)

53 方へ 35 方に 29 人は 27 町の 23 家を 20 ような, 郊外に 19 家へ 18 家の, 或る, 町, 空を 17 方が, 方で, 町を 16 女は, 学校へ, 街を 15 下町の, 人の, 大学へ 14 方の, 話を 12 人が, 家は, 方から, 郊外の 11 新聞に, 私の, 街の 10 まん中に, ように, 人間は, 大学に, 山の手の 9 学校に, 弟の, 生活は, 町は, 郊外で

8 [12件] 事を, 人だ, 土を, 女の, 女学校を, 家に, 方を, 生活を, 真中で, 者は, 街, 近くでは

7 どこかの, 中に, 人に, 場末の, 大學, 寄席の, 市中を, 真ん中で, 空が, 近くの

6 [13件] 下町に, 地を, 夏の, 学校を, 客は, 山の手に, 市街は, 生活が, 町に, 留守宅の, 街頭に, 言葉を, 風俗

5 [35件] お方で, ほうへ, まん中の, やうに, 中で, 中学へ, 中學, 中心に, 人たちは, 人と, 冬の, 友人に, 場末に, 夏は, 夜の, 大学の, 学校の, 家から, 家で, 家には, 市民は, 市街が, 市街を, 新文化, 新聞は, 方は, 暑さ, 町が, 真ん中に, 空に, 空気に, 職業婦人の, 街路を, 裏面, 間を

4 [59件] お方と, どこかに, どこに, ど真ン中, ほうに, まちの, やうな, 下宿に, 下宿の, 人々は, 人では, 人には, 住所と, 住所を, 兄の, 冬は, 友達から, 友達に, 各新聞, 商人は, 地に, 外へ, 大地震, 大学で, 大新聞, 大路を, 女形は, 学生は, 宅の, 客が, 客を, 家も, 市中では, 市中に, 市街の, 或新聞, 新聞が, 新聞には, 有名な, 様子を, 水を, 生活の, 町には, 町中に, 番町の, 真中に, 空は, 空へ, 空気を, 空襲の, 繁華な, 街が, 街に, 街は, 西郊に, 近くで, 近郊に, 都市は, 電車に

3 [93件] あちこちの, ある家, おうち, お友達, お客さんが, お客様が, お家へ, ことが, ことを, どの辺, ほうが, まんなかに, まん中で, マンナカで, 一流の, 三十年, 上野の, 下宿で, 中でも, 中央で, 中央に, 人で, 人です, 人でない, 人間の, 伯母が, 何処かに, 兄さん, 印象, 友達, 名所を, 商売は, 四月の, 埃の, 女が, 姿を, 娘の, 学校で, 学生の, 學校へ, 宅に, 客の, 寄席で, 寒さ, 山の手で, 工場へ, 市中で, 市政は, 市街と, 文化の, 新聞の, 方には, 春は, 普通の, 様な, 様に, 水に, 水道の, 火事は, 生活に, 男の, 留守宅へ, 病院で, 病院へ, 真中でも, 空と, 空気は, 自分の, 自宅の, 芝居を, 若い女, 街から, 街も, 街路の, 西北の, 見物も, 親戚の, 親類へ, 言葉に, 言葉は, 諸新聞, 近くに, 近くにも, 近郊は, 道路は, 郊外, 郊外を, 銀座を, 雑誌に, 青バス, 風景を, 高等学校に, 魚河岸には

2 [328件] あちこちで, ある専門学校, ある料理屋, うちでも, うちなら, うちに, おもな, お処, お君ちゃん, お客さんは, お方が, お邸, ことなどを, ことばかり, この家, さる華やか, それよりも, ために, できごと, どこかへ, どこの, のらくら者, ふぢ, ほうの, ほうぼうに, まちを, ものが, ものと, ものを, ダンスホールと, バラックを, 一角に, 一部であり, 三十間堀は, 三月の, 三鷹の, 上空に, 上空を, 下宿屋の, 下町で, 下町は, 下町を, 不良性, 中では, 中を, 中央と, 中心を, 丸の内の, 丸善から, 主要な, 事情を, 事知つてなく, 人, 人から, 人たちの, 人も, 人を, 人人は, 人口が, 人口は, 人気に, 人達の, 人達は, 今の, 今日市内の, 他の, 伯母と, 偉い先生, 僕の, 冬も, 別宅へ, 前期の, 劇場は, 劇界に, 北端れ, 医者に, 医者の, 十一月の, 博覧会で, 印象といふ, 友だちの, 友人から, 友人が, 友人の, 友達の, 友達を, 叔母の, 各新聞社, 同業の, 名を, 名物の, 商売の, 商業學校を, 四方八方に, 土と, 土地を, 地は, 地下に, 地下を, 地震の, 埃り, 塵埃を, 夜が, 夜も, 夜空に, 大きな料理屋, 大学を, 大川口, 大相国寺, 大通りであるべき, 大通りを, 大雪でない, 奥さんの, 女, 女に, 女には, 女中, 女子も, 女学校出身者である, 女学生は, 婆やは, 子どもは, 子供が, 学校が, 学校は, 学校へは, 学生が, 学生生活に, 學校に, 學校の, 學校を, 実業家, 家, 家が, 家でも, 家にも, 家へも, 家や, 家庭の, 宿屋で, 寄席へも, 小さな部屋, 小学校に, 少女は, 少年少女は, 屋根の, 山の手を, 川や, 工場から, 工場という, 市内では, 市内に, 市内には, 市場で, 市場に, 市政が, 市政に, 市政には, 市街に, 帝国大学の, 帝国大学を, 平田鉄胤老, 年中行事の, 店, 店へ, 庭で, 当時の, 役者の, 往来を, 御宅, 御本宅, 御本邸, 復興に, 息子の, 情人の, 情人へ, 惨状は, 文化を, 文壇に, 文壇の, 料亭などへ, 新聞にも, 新聞も, 新聞を, 新聞二三種を, 新聞社へ, 方さでも, 方だ, 方です, 方へも, 方ぼうに, 方角を, 明治学園へ, 書生が, 月よりも, 有様は, 本屋へ, 本社の, 本郷区内に, 某大新聞記者町田梓楼氏, 某女学校, 某省に, 桜は, 楽壇を, 様子も, 様子や, 樹木は, 櫻は, 歌舞伎座の, 気候は, 気分を, 気象台へ, 水で, 水の, 沢山の, 法科大学を, 洒落斎翁の, 浅草に, 浅草の, 深川本所に, 湯屋の, 溝川には, 灯を, 牛肉屋では, 特色が, 犯行と, 王子の, 生活も, 町から, 町で, 町へ, 町中から, 町中で, 町中でも, 町中よりも, 留守宅から, 異変とが, 百貨店から, 盛り場の, 盛り場を, 目抜きの, 目貫の, 眞中に, 真ん中へ, 真ン中に, 真中の, 真中を, 知人に, 神田あたりに, 神田へ, 祭礼は, 秀調よりは, 空から, 空には, 空の, 空も, 空気の, 空襲が, 第一放送, 築地の, 築地病院に, 納豆の, 紳士が, 美観を, 義郎とも, 習慣だ, 者で, 者には, 職人の, 自宅へ, 自宅を, 自由な, 舞台を, 芝居に, 芝居は, 英語學校で, 菓子を, 落人か, 蔡大臣が, 衆は, 街で, 街には, 街路樹の, 表通は, 裏街の, 裏面が, 裡面に, 西洋料理店の, 観客には, 言葉, 言葉が, 言葉で, 話が, 話は, 読者諸君は, 諸友, 識者たちの, 警視庁へも, 軍医学校へ, 輪廓が, 農科大学を, 近くでも, 近くまで, 近郊, 近郊で, 連中に, 邸では, 郊外が, 郊外である, 郊外へでも, 都市が, 釣り師は, 銀座で, 銀座に, 銀座の, 銀行へ, 隅から, 雑誌社から, 雪と, 雪は, 電車の, 音楽学校の, 風景が, 馬力では, 高台の, 魚屋には, 魚河岸に, 麹町の

1 [2777件 抜粋] あちこちへ, あの街, あらゆる下り物, あるあたり, ある一流, ある場所, ある新聞社, ある郊外, い, いとはん, いろんな建物, うちからの, おかみさん, おもかげ, お医者, お嬢様いらっしゃる, お客さんを, お客様に, お店, お方にも, お母さまの, お祭り, お話たった, がいい, こうがいの, ことだ, ことに寄席, こと二人に, この時代, これだけの, ごみ, さる大きな保険会社, さる高名, しゅういの, すべては, そのうち, その局部, それとは, ちょっと来, とはハッキリ, と違い, どこにも, どまん中, にぎやかな, はうどん, は例え, は粒, ひらめは, まけに, まわりに, まん中である, まん中へ, もっとも目貫, ものだ, ものに, もひどい, よりは倍, よんどころない方, アダヨ三橋といふ, イルミネーションの, カフェへ, カミナリ地図という, サツマ揚げ, ステーションに, ダニは, ドイツ語学校の, バラ, ビジネス, ヘソであり, マンナカへ, モンパルナスとか, 一劇団が, 一家を, 一日, 一流新聞に, 一角へ, 一隅しかも, 三人組は, 三宅坂から, 三菱街も, 三高に, 上を, 上流婦人の, 上肉より, 下宿にも, 下町が, 下町という, 下町にも, 下町料理であった, 下町育ちの, 下谷の, 不良少女は, 与兵衛の, 中には, 中央とは, 中央電話局との, 中学校を, 中學校, 中心へ, 中心部あたりの, 中流階級の, 主婦たちは, 乾物屋の, 事です, 事変が, 事業家が, 二枚の, 五月も, 亜流である, 京橋区鎗屋町の, 人ずら, 人だった, 人でも, 人全部の, 人夫を, 人気を, 人達でも, 人間です, 人間集合日本知識人の, 仏教大学へ, 仕立屋銀次の, 会社に, 伯母の, 住いどちら, 住宅地などには, 住所の, 体臭では, 何とか言う, 何処の, 何處とかの, 便りを, 俳優は, 倅の, 停電日です, 兄さんは, 先輩成駒屋, 八月御, 公衆用の, 内とは, 円タクは, 出版屋が, 列車から, 到る処, 前途が, 劇壇, 劇壇へ, 労働者, 勤務先に, 北の, 北郊飛鳥山の, 医師の, 十二月火の気なし, 千坂家へ, 半ばを, 南郊にては, 印刷屋で, 去年あたりからの, 友人たちへ, 友人を, 友人長光太から, 友達へでも, 叔母さんも, 叔父に, 古本屋で, 台所は, 各所に, 吉原といふ, 名に, 名医を, 名所も, 名物である, 吾妻橋を, 周囲にも, 味噌は, 哀愁を, 商人とは, 商売を, 商業は, 喫茶店風景を, 噂や, 四月頃の, 国民新聞へ, 土地が, 地が, 地図が, 地理も, 坂の, 基地立川市にも, 場末, 塾頭の, 士族で, 変貌は, 夏祭りは, 外の面は, 外郭に, 夜を, 夢を, 大した実業家, 大入場, 大学には, 大学生に, 大新聞二三種, 大田区鵜の木の, 大観先生の, 大阪に対する, 大震災は, 天文臺に, 太陽の, 奥さんが, 女と, 女らしい淡泊さ, 女子専門学校の, 女学校で, 女学生らしい, 奴らは, 如く傳來, 妻子の, 姉は, 娘らしい, 婆さんだ, 子に, 子供に, 子女ばかり, 学校へなんて, 学生で, 学生生活には, 學校さ行く, 宅が, 安ッポイ処, 実家に, 実業界の, 客なぞ, 宮さんから, 家と, 家庭が, 家族も, 寄席には, 寄席風景の, 寓所にも, 専門医にも, 小売相場の, 小川町も, 小石川に, 少年俳優が, 尾崎さんどす, 屋敷に, 山の手と, 山手線の, 岡田子爵越後の, 川へ, 工作機製作工場に, 左団次一座に, 市中には, 市内電車が, 市會議員か, 市街ほど, 帆村へ, 帝国大学で, 帝大を, 平和生き, 店で, 庚申講の, 府立第, 延長としか, 式台へ, 影も, 彼岸の, 従弟を通じて, 御所の, 復興は, 心理主義文化に, 思い出に, 恋人って, 悪友で, 情操に, 愛国婦人会や, 感情に, 成金と, 或富豪, 戦後情態などを, 手荒い気質, 掘割のは, 支店づめで日本橋の, 支那料理で, 改造, 故宅, 数多き劇場, 文学者たちにさえ, 文科であり, 料理屋で, 料理店の, 新地図, 新年の, 新生面, 新聞と, 新聞中屈指の, 新聞社は, 新聞記者五六名も, 方からは, 方も, 方言を, 日々の, 日本橋の, 日比谷公園に, 旧住所宛, 明るさ, 星ヶ岡茶寮の, 春で, 晝の, 暑気に, 暮しは, 最も有難い, 月島という, 有難さ身, 朝刊には, 本場から, 本居, 本店に, 本省から, 本社も, 本邸で, 本郷の, 東の, 某, 某大劇場, 某新聞社, 柳桜師匠と, 根岸の, 森彦から, 植物園などは, 様子など, 模様によ, 横田なぞに, 櫻を, 歌舞伎俳優は, 正門を, 歳晩を, 殿司制使楊志が, 母を, 気象台の, 水道では, 法律学校を, 洪水を, 浅草千束町, 深夜, 湯屋に対して, 演奏会の, 濠川の, 火災愈, 炎天を, 焼け跡の, 煙が, 爲にも, 片隅はまぐり料理屋と, 牧野信一へ, 特に女学生たち, 独壇場の, 玄関から, 現在の, 理髪師と, 生まれであった, 生活なんか, 用事も, 男子が, 町とは, 町なら, 町内に, 画家は, 留守宅まで, 異変が, 病院を, 發揚に, 的等の, 目の, 目黒に, 相応の, 真ん中の, 真中より, 真似の, 眼科醫の, 知合いに, 石炭商なる, 磨いたお嬢さん, 社会的欠陥は, 祭の, 私塾の, 私立学校で, 秋を, 空, 空にも, 空氣といふ, 競子の, 第一夜, 管内では, 細君に, 網元が, 縁日で, 罵言, 美術協会の, 羽左衛門という, 老人は, 者と, 職場を, 能謡を, 自宅から, 自慢であるた, 舊住所宛に, 艶麗さとを, 芝居という, 花嫁学校に, 花見時分の, 芸術が, 若紳士, 茶番狂言や, 荻窪あたりの, 落武者が, 落語界には, 蒸し焼きが, 藝者だ, 蝉とは, 街上風景に, 街明りが, 街路には, 街頭には, 被害実状が, 裏店に, 裡面, 西武藏の, 西郊中野にて, 見物に, 親しい友, 親切な, 親類が, 言葉さへ, 言葉と, 評家の, 話で, 話など, 話文壇人の, 読者に, 諸實業雜誌, 謡は, 警視庁に, 豊山中学といふ, 貧民窟として, 赤坂への, 跡見玉枝野口小, 車夫が, 近くは, 近在では, 近辺では, 近郊には, 迷信, 連中は, 遊学先に, 道は, 避難者たちは, 邸で, 邸宅に, 郊外なんか, 郊外らしく眺められる, 郊外荻窪の, 都へ, 都会美には, 都市計画と, 配給も, 醤油は, 金持奥某が, 釣り道具店では, 鉱三の, 銀座だ, 銀座まで, 銀行集会所へ, 長官は, 間阿, 附近で, 隅々までを, 隠居所へ, 雑草どもも, 雑踏の, 雜誌二三册と, 雪景色は, 電話は, 震災を, 青山と, 青空市場へ, 面積との, 音楽の, 頃の, 風に, 風俗は, 風紀頽廃の, 飯田とかいう, 首都, 騒動が, 高村先生に, 高等師範出身だった, 魅力は, 鰻でも, 麻布へ

▼ 東京~ (3291, 14.3%)

317 出て 134 帰って 71 来て 63 行って 41 連れて 29 帰った, 戻って 26 帰ると 22 帰ること, 帰るの, 持って 18 戻つて, 遊びに 15 帰ってから, 歸る, 行くと, 行くの 14 お帰り, 帰るん, 行くん 13 修業に, 帰る, 行くこと, 逃げて 12 出ると 11 いって, 出てから, 帰ろうと, 来てから 10 出かけて, 出して, 帰つた, 行つたら 9 出た, 来た, 行く, 行った, 電報を 8 出ること, 帰ったの, 帰ってからも, 帰らなければ, 帰りました, 帰ろう, 着いた

7 [15件] でて, やって, 來て, 出る, 向けて, 奉公に, 帰っても, 帰つ, 帰つて来た, 戻つて來, 来たの, 来ても, 歸つて來た, 舞い戻って, 送って

6 つれて, 出掛けて, 勉強に, 着いたの, 移住し, 行きたいの, 行ったこと, 行つ

5 [12件] きてから, やつて, 向った, 帰りたくなった, 手紙を, 持つて, 来ると, 歸らう, 着いて, 立って, 行く時, 飛んで

4 [35件] いらつし, お出し, きて, 來る, 出たいと, 出たが, 出たの, 出てからの, 出ようと, 出発する, 呼んで, 嫁に, 帰ったが, 帰ってからの, 帰りたい, 帰ります, 帰る時, 帰れば, 帰ろうか, 引揚げ, 戻った, 戻ると, 来てからは, 東京へと, 歸つた, 歸つたら, 歸つてからも, 歸り, 着くと, 移って, 行こう, 行っても, 近づいて, 電話し, 電話を

3 [51件] お出, ついて, ゆけば, 來た, 出かけた, 出たて, 出た時, 出るという, 出るには, 出る決心, 出張した, 出発した, 向って, 土産に, 帰った後, 帰つたら, 帰つてから, 帰らねば, 帰りたいと, 帰るつもり, 帰るとき, 帰る予定, 帰る汽車, 帰ろうかと, 引き揚げて, 引っ越して, 引返して, 往った, 往って, 来いと, 来てからでも, 来るの, 東京へ, 歸つ, 歸つて來て, 残して, 流れて, 着いてから, 私は, 芝居見物に, 行かなければ, 行きたいと, 行きや, 行くとき, 行くよう, 行く途中, 行こうと, 行つてから, 行つても, 送つて, 飛び出して

2 [171件] いきたいと, いくの, いて, いらっしゃって, お土産, かえった, かえったら氷屋, かえりたくて, かえる, かえること, かえるとき, くるの, ついたの, つくと, はいりこんで, ほつたらかしとくと, やってきた, やって来た, やられた, ゆくこと, ゆくと, ゆくとき, ゆくの, んで, クリスマスを, 一人で, 一緒に, 乗込んで, 修行に, 働きに, 入りました, 出しません, 出すの, 出たいとは, 出たっきり, 出たとき, 出たま, 出たら, 出たり, 出た事, 出てからも, 出ても, 出ない前, 出ながら, 出ました, 出られた時, 出るたび, 出るの, 出るまでには, 出るよう, 出るより, 出る出ると, 出奔し, 出奔した, 出発の, 出立には, 去ること, 向ふ, 呼び寄せた, 報告した, 売りに, 家を, 寄って, 帰してからは, 帰ったって, 帰ったとき, 帰ったらすぐ, 帰つてきた, 帰つても, 帰つて来る, 帰らうと, 帰りたいの, 帰りますが, 帰りませんか, 帰るという, 帰るや, 帰るよ, 帰るよう, 帰る事, 帰る勇気, 帰る度, 帰る気, 帰る途中, 引き返して, 引上げる, 引揚げよう, 引返した, 引返そうと, 往復する, 急行した, 戻ったの, 戻ってから, 戻つた, 戻つたところ, 持ちかえること, 旅立つその, 来たこと, 来たて, 来たとき, 来たばかり, 来たん, 来た当座, 来てからも, 来られたはず, 来るん, 来れば, 来立, 歸つてし, 歸れ, 発った, 百四十五里其, 着いたら一週間うち, 着いたん, 着いた時, 着いた晩, 着いた翌日, 着いては, 着きました, 着くの, 知らせて, 移ってから, 移つてから, 移住した, 立った, 舞ひもど, 行かれようと, 行きさ, 行きたい, 行きたいわ, 行きたいん, 行きましょうねえ, 行くとか, 行くんだい, 行く事, 行く積り, 行く筈, 行けないため, 行けば, 行けるよ, 行ったって, 行ったの, 行ったので, 行ったん, 行った方, 行った時, 行った由, 行っちゃったよ, 行つた一日一夜を通して, 行つて, 行つてからの, 行つてゐた, 行つてゐる, 行つて出版する, 言って, 越したん, 越して, 転任する, 近づきたいという, 送った, 送らせて, 送ると, 送る書信二, 送る書信二通, 逃げたと, 逃げ出して, 通って, 通つてゐる, 遊学する, 遊学に, 遊學に, 運んで

1 [1280件 抜粋] あこがれ出た, あらわれたでは, いくつもり, いけば, いたらえ, いっても, いらしたのに, いらしつたお, いらっしゃるの, おいで, お上り, お出かけです, お出掛けかね, お帰りなさらなけれ, お往き, お母さんを, お遊び, かえった時, かえって, かえって銀座, かえつて, かえるため, かえるなら達ちゃん, かえる事, かえる汽車賃, かけての, きても, くるほう, くれば, さして出立, その種, たつたひとり, ついたかしら, つい先日, つき汽車, でかけた, ですか, でる用, とって返す, なごりおしい気持ち, なぞ帰るべきで, なんかへ, のぼるには, はいった, はいる急行車, ひきあげたが, ひきあげるほう, ひきとったが, ひろ子の, まいりましたのよ, むかったの, もどりたい御, やってきたの, やっても, やって来たん, やって来ると, やっと出, やる餞別, ゆくぞよ, ゆくよう, ゆく筈, ゆこうそれ, よびよせ細々, んだ, レコードの, 一年半時に, 一度行きます, 一足踏み込む, 三度も, 上って, 上られた, 上京し, 乗り出すには, 乗出そうとは, 乘込んで, 二三日行っ, 云つて送らせた, 今年の, 伝えられなかった, 伴って, 住み移るやう, 何を, 使に, 來てからでも, 來なけれ, 働き口, 先ずおいで, 入ったからとて, 入った方, 入り殺気立って, 入るに従って, 入ろうじゃ, 出かけたその, 出かけたの, 出かけようと, 出かける日, 出かければ, 出さ, 出したつて, 出した帰り, 出すん, 出ずれば, 出たいという, 出たければ, 出たころ, 出たばかりの, 出たらもう, 出たら是非店, 出たら逢った上, 出た四年, 出た序で, 出た形跡, 出た私, 出ちゃって, 出でよ学問, 出ないとしても, 出ましょうかって, 出ようか, 出ようかと, 出られないン, 出られなかつたからの, 出られるという, 出られるやう, 出るかという, 出るたびたび, 出るつもり, 出るので, 出るん, 出る日, 出る時分, 出る父さん, 出る相談, 出向くから, 出奔する, 出掛けたこと, 出発し, 出発馬車の, 初めて連れ, 原爆が, 去っても, 去りました, 参ったついで, 参りました, 参ります時, 参る日, 叔父さんを, 古雑誌, 向うて, 向おうと, 向けての, 呼びます, 呼び寄せると, 呼び戻されること, 呼ぶつもり, 呼んだの, 国が, 報らせ, 外出し, 夜逃を, 奥さまは, 嫁いで, 嫁入った, 學問の, 家出し, 少しもっ, 帰えっ, 帰えろう, 帰すとか, 帰ったこと, 帰ったばかり, 帰ったまんま, 帰ったらあたし, 帰ったらいい, 帰ったらお, 帰ったらなんと, 帰ったらよかろ, 帰ったら今度, 帰ったら何とか, 帰った一夜, 帰った当座, 帰った汽車賃, 帰っちまわあ, 帰ってよ, 帰つたばかり, 帰つてからの, 帰つて何を, 帰つて呉れ, 帰つて居る, 帰つて稲升は, 帰つて金を, 帰へ, 帰らずに, 帰らないの, 帰らなくては, 帰られる五十嵐さん, 帰りが, 帰りたいな, 帰りたいよ, 帰りたい気持, 帰りたがって, 帰りつきますと, 帰りましたが, 帰りましてからも, 帰ります前日, 帰りませんわ, 帰り日劇, 帰り春, 帰り着いたの, 帰り間もなく, 帰るさ, 帰るだろうと, 帰るつて云, 帰るといふ, 帰るなり別, 帰るには, 帰るまいと, 帰るン, 帰る千鶴子ら, 帰る夜汽車, 帰る時分, 帰る身, 帰れつて, 帰れとでも, 帰れなくなる覚悟, 帰れるじゃ, 帰れるよ, 帰ろうかなあって, 帰ろうという, 帰ろう手筈, 帰任する, 度胸試しに, 引きあげて, 引きあげる決心, 引き上げた, 引き上げたの, 引き上げて, 引き出しても, 引き移り旧宅, 引き越すよう, 引き返すという, 引くは, 引キアゲルニツイテ一寸塚本サンニユク, 引取つて一緒に, 引揚ぐるのは, 引移つたのか, 引越さうと, 引越したばかりの, 引越しませうか, 引返したので, 往くこと, 往つた折こんな, 往復し, 徒弟にでも, 御出, 御帰り, 御遷座, 怒られに, 急ぐこころ, 戻されて, 戻ったとき, 戻った私, 戻つたの, 戻つて行つた翌朝, 戻らずに, 戻らなければ, 戻りたいとも, 戻りたくてさ, 戻りはじめたの, 戻りまして, 戻り忘恩, 戻るか, 戻るん, 戻る途中藤田氏, 戻れよ, 戻ろうか, 押寄せた, 招かれたこれ, 持ちだしたの, 持ち帰って, 持込めば, 推し出そうため, 携へて, 教員に, 文芸が, 旅立つ筈, 旅行する, 早く東京, 明日行け, 有難う有難うと, 来たおり, 来たその, 来たという, 来たばかりの, 来たよ, 来たらお世話さん, 来たらきっと, 来たろう, 来た事, 来た各国選手, 来た時, 来た連中, 来ては, 来ましたばかり, 来ようと, 来られたとて, 来られるだらうから, 来るって, 来るのに, 来るもの, 来る前, 来る汽車中, 来る鮎, 栄転さるる, 正午には, 歸つたが, 歸つた上でに, 歸つても, 歸つてを, 歸つて來ても, 歸つて行く, 歸らす, 歸らむとし余は, 歸りさへ, 歸りたくない, 歸りついた, 歸れなく, 歸給ひし, 泊りこんで, 注文しなけれ, 派して, 無電で, 現れるまで, 用足しに, 用達などに, 発せられ東京, 発つ日位, 発程, 看板の, 着いたその, 着いたらしいな, 着いたら直ぐ, 着いた上, 着いてからは, 着きますと, 着き私, 着くなり, 着くまでは, 着く日, 着した晩, 着たて, 知らせること, 移せないもの, 移ったの, 移ってからも, 移つた報らせで, 移つて稍久しく, 移りたいと, 移ると, 移れないかしら, 移住されね, 移転させ, 稼ぎに, 立たれました, 立ちたいの, 立つたばかりの, 立つ日取り, 立とうと, 立戻っ, 縁づいて, 罐詰を, 職業を, 脱走し, 舞い戻った時, 舞ひ戻つ, 舞戻つて, 若い人, 落ち着かれたころ, 著くと, 行かうと, 行かずには, 行かないの, 行かなかった, 行かはった, 行かはるやろうと, 行かれたと, 行かれるから, 行き, 行きたいよう, 行きたがるの, 行きたさ, 行きましたの, 行きます, 行きますと, 行きませう, 行き度, 行き着いたが, 行くか, 行くからね, 行くそれから, 行くだちって, 行くといふ, 行くならぜひ, 行くに, 行くひま, 行くべき金, 行くらしいの, 行くナチス, 行く学資, 行く意味, 行く某, 行く父さん, 行く百姓, 行く話, 行けないからね, 行けるの, 行たら, 行ったから, 行ったという, 行ったところ, 行ったらいい, 行ったら三年, 行った大阪, 行った序, 行った経験, 行ってから, 行ってた間, 行ってるつもり, 行つた, 行つた事が, 行つた方が, 行つてたいへん, 行つてゐ, 行つて三月も, 行つて仕事が, 行つて小池に, 行つて水道の, 行つて私ダンサアに, 行つて郵便に, 要求した, 訳を, 誰か, 護送さる, 貨車を, 買ひ, 走った, 走らうかと, 赴くこと, 赴く時, 越すん, 転任した, 転任に, 転出する, 転籍の, 輸入し, 迎えたが, 迎ふ, 近く進行する, 近づくにつれ, 近よる, 返しわたし達, 追いかえすつもり, 追い返すこと, 送った書き物, 送つたが, 送られて, 送られる途中, 送りこむ, 送り出した責任, 送り出す父, 送り無理, 送り返すの, 送ること, 送金した, 逃げたの, 逃げませうと, 逃げるに, 逃れたらしい, 這入られる, 通ぜられた, 通つてゐた, 通勤する, 連れだしましたこと, 連れ戻そうかと, 連行された, 進駐する, 遁出した, 遊学させられる, 遊学の, 遊學する, 遣れないという, 還る途中, 重吉の, 金策に, 降りて, 集って, 電話, 震災の, 顔を, 飛び出しても, 飛ぶ旅客機

▼ 東京~ (2796, 12.1%)

163 出て 59 帰って, 来て 42 住んで 31 いて 18 居て, 行って 16 いるの, 於て 13 ゐて 12 於いて 11 いると, 帰った, 着いた, 行けば 10 着いて 9 いても, 出た 8 住むよう, 出で, 持って, 残して, 残って 7 ゐた頃, 家を, 生れて

6 [12件] あって, いた時, いた頃, いては, いること, ゐた時, 出たの, 出てから, 向って, 帰っても, 戻つて, 来てから

5 [12件] いなくては, いる, いる間, ゐると, ゐる頃, 入って, 居ては, 帰ってから, 帰つて来た, 来たの, 着いてから, 遊学し

4 [28件] いた, いたころ, いたの, いなければ, いるあいだ, いる時分, して, とどまって, ゐるの, 來て, 出して, 出ること, 出ると, 大地震, 居た頃, 居ること, 居残って, 帰るの, 戻って, 来ると, 永住する, 滞在し, 置いて, 自分の, 著いた, 行きたい, 連れて, 遊学する

3 [55件] あこがれて, あった, あっては, あつた, あるが, あるの, いい口, いたこと, いた時分, いないん, いながら, いるとき, いるよう, いるん, いる頃, お出, なってから, ゐては, ゐるが, 一番近い, 二三の, 來た, 出かけて, 出たとき, 参りましたの, 向かって, 奉公に, 家が, 居た時分, 居ると, 居る時, 居る時分, 居れば, 居住する, 帰ったの, 帰つた, 帰つて来, 帰りました, 引返して, 往こうと, 惣之助の, 於ては, 於る, 来た, 来られたの, 歸り, 沢山ある, 用が, 移って, 空が, 行くこと, 行くと, 行くの, 見て, 護送せられたる

2 [180件] あらわれたの, ありて, ある, あるその, ある小泉, ある森枳園, あれおま, いたから, いたって, いたと, いたとき, いたもの, いた土方寧氏, いないこと, いないと, いないの, いない事, いなくなって, いらつし, いるから, いるが, いるころ, いるはず, いる時, いれば, うつって, かえりました, きて, ぐずぐずし, しても, じっとし, すみ本屋, たった一人, たつの, だつて近頃, ついた, つれて, でて, なって, なるまで, まい戻って, やられよう, ゆくの, ゐたころ, ゐたつて, ゐたならば, ゐられた頃, ゐられなくなつ, ゐること, ゐるより, ゐるん, ゐる友達, ゐる間, 一つの, 一泊し, 世帯を, 二箱仕出す, 住みそして, 住むこと, 住むもの, 住むやう, 住む人, 例を, 修業に, 入つて, 入ること, 入ろうと, 出たいが, 出たいと, 出たが, 出たこと, 出たついで, 出たので, 出た時分, 出た頃, 出てからの, 出てからも, 出ても, 出なかつた, 出来る立派, 出現した, 別れを, 勉強に, 原籍を, 叔母さんが, 向つて, 在って, 在っては, 在つて, 在りて, 在住し, 定住し, 定住する, 家の, 寝て, 居た, 居た自分, 居ちや, 居ても, 居るから, 居るの, 居る間, 帰ったこと, 帰ってからも, 帰つて来る, 帰らなければ, 帰ります, 帰る, 帰るか, 帰るつもり, 帰ると, 帰るという, 帰る事, 帰れば, 帰ろうと, 店を, 引移り, 往くこと, 往った, 往って, 往つた, 持つ夫婦, 於けるお, 於ける三高, 於ける亜太郎, 於ける或, 暮して, 来た事, 来た初め, 来た甲斐, 来てからは, 来てからも, 来りて, 来るの, 歸りました, 歸る, 残らなければ, 殘した, 殘る, 比して, 江戸の, 淹流する, 生れたもの, 生れたものの, 生れた女, 留まり太平洋絵画研究所, 留学する, 皈れ, 着きさえ, 着くと, 移したの, 移ってから, 移る, 移住し, 縁付いて, 育ち東京, 育つた, 舞い戻って, 舞ひ戻, 落付い, 落着く, 行かぬかと, 行きさえ, 行きたいと, 行く, 行った, 行ったって, 行ったわ, 行った人, 行つ, 被居た, 親戚が, 送つた, 遊びに, 遊学させる, 遊学すべき, 遣って, 還った, 還って, 電話を

1 [1447件 抜粋] あったかしら, あったればこそ, あつたら, あの風, あらわれて, ありかつ, あり我等, あるたくさん, あるはもは, あるソ連大使館, ある三種類, ある出張所, ある姪, ある時, ある知人, ある藤陰, ある関藤藤陰, あれ程の, いたいと, いたかと, いたくも, いたらどんな, いた官吏, いた次兄, いた間, いって, いてさえ, いないから, いなかった, いなかったん, います, いらっしゃいますの, いらっしゃるならば, いられなかった間, いられなくなり各地, いられるの, いるお前, いるか, いるならいるで云々, いるので, いる人, いる初代さん, いる友達, いる同胞, いる山野, いる方, いる清国留学生たち, いる知人, いる自分, うつされ此方, おったん, おらぬため, おりながら, おりまするから, お住いです, お兄, お在, お帰りなさった, かえった顕治, かえり晴耕雨読, かえる着物, がんばって, こ, こんなこと, こんな気分, ございますならたいへんたいへん, さだめ宋朝歴代, さよならした, すこしい, する, そうとう長く, そだち東京, その女優さん, そばの, たった一ヵ所, ちゃんと住ん, ついた第, つくの, でた日, とどまること, どうしたら, どうしても出なけれ, ない実に, なくなつ, なっては, なり物語, なる譯, のこし来しを, のぼった, はいらつし, はらわたが, ひとりで, ひろめ印刷機械, ふみとどまって, まいると, またこんな, めっきり美人, もし京阪, もつて, ゃいられやしません, やってきたが, ゆくので, よこし自分, ゐたとき耳, ゐた時分, ゐても, ゐら, ゐるとしか, ゐる二三, ゐる奥さん, ゐる從兄, ゐる父, ゐる癖, インフルエンザ病大いに, コレラ大いに, ラヴァアがを, 一つか, 一カ所も, 一人いる, 一寸来, 一度行つた, 一泊した, 一軒ぐらい, 三人居ます, 三少年の, 上った, 上って, 上つて行く, 上り赤坂, 不案内の, 乗り込み郊外, 二とは, 二人知っ, 五倍の, 今なお, 伝えられますと, 位置を, 住せり, 住ふ, 住まざるを, 住みたいから, 住みついてから, 住み二十, 住むと, 住む俗, 住む東京人, 住む考え, 住む覚悟, 住めないよ, 住んだ時, 住居し, 住居致し, 何の, 何年か, 來り, 信用の, 倉瀬とて, 健在し, 働いて, 入った第, 入つて街, 入りこんで, 入りほどなく, 入ると, 入る量, 六万台ある, 六十年も, 出かけたが, 出したこと, 出たいもう少し, 出たばかりの, 出た中津川, 出た時, 出てからは, 出でて, 出とるだけ, 出ますと, 出られる機會, 出るとき, 出るよう, 出る人, 出る者, 出れば, 出同, 出張した, 出版屋を, 到らん方, 力と, 勤めるもの, 十名京都に, 単一家族の, 去りぬ, 参りましても, 参り候, 参るべく候, 及ば無い, 向いて, 向かい工業地帯, 向けて, 向ってるから, 向て, 向ふも, 呼びます, 呼び戻したくても, 固有である, 在て, 在る中央気象台, 在学中その, 変えました, 外にも, 夜間の, 大小二十校内外で, 大阪に, 奉公を, 好い嫁, 子らを, 学んで, 宛てて, 家庭を, 寄留せむこ, 少し住ん, 就職する, 居たいか, 居たですから, 居たらこんな, 居た時, 居った時, 居つか, 居ないと, 居なかったので, 居の, 居ませうよ, 居ようが, 居られたの, 居りそこ, 居りますが, 居る, 居るかと, 居るが, 居るといふ, 居るわけ, 居る人, 居る叔父, 居る彼女, 居る森彦, 居る積り, 居る頃, 居住し, 居憎い, 居遺る大, 展覽會なぞが, 市区改正が, 帰ったきり手紙, 帰ったという, 帰ったらこれ, 帰ったら家, 帰った方, 帰つたのである, 帰つた方が, 帰つてから, 帰つてきた, 帰つて居らる, 帰つて後呼べ, 帰て, 帰らしめ決死, 帰らは, 帰らる, 帰らんと, 帰りたいと, 帰りたくなつちやつた, 帰りましたが, 帰り先ず, 帰り得るかと, 帰ること, 帰るにも, 帰るよりは, 帰る前, 帰る頃, 帰れるかも, 帰れるよう, 帰ろうでは, 廻って, 引き返し再び, 引上げて, 引越し私, 当ったと, 彼は, 往けば, 往っても, 徳川家康が, 急いで, 恰好な, 慣れたつて, 憧れ切つて, 或は横浜, 戻らざるべからず, 戻るから, 戻る気持, 手紙を, 招集し, 持ち帰つた, 持帰る, 改まった時, 攻め寄せた頃, 文を, 於いては, 於けるそれ, 於けるよう, 於けるインテリ市民, 於ける上流婦人, 於ける冬, 於ける大会, 於ける家, 於ける或は, 於ける某, 於ける沢村一門, 於ける犯罪者, 於ける現職, 於ける第, 於ける過去, 於ても, 早く家, 最も多い, 木綿のは, 来たが, 来たせい, 来たと, 来たん, 来た時, 来た陸, 来ても, 来られて, 来り友人, 来る, 来る人, 東京より, 棲むおかげ, 止まるさえ, 歸つ, 歸つたら, 歸つてから, 歸つても, 歸つて叔父さんと, 歸らうで, 殆ど人影が, 残した仕事, 残し一人, 残った召使い, 残つてゐる, 残りました, 殖えて, 殘し, 殘り, 比べたらという, 比べて, 永くいる, 永住せん, 江戸趣味は, 泊りました, 流れて, 満足の, 滯在中で, 燕嬢という, 独逸ビールの, 獅子舞に, 珍しく堆たかい雪, 現われたとしても, 理髮店を, 生まれた人々以外, 生まれ東京, 生れたので, 生れた家, 生れ東京, 生活, 生育した, 用事は, 留まるよりは, 疲れて, 発って, 發つた, 相当の, 着いたとき, 着いたら何処, 着いた日, 着いても, 着きました, 着く, 着く日, 着けるという, 知り合いが, 秋が, 移した, 移すこと, 移った, 移つてから, 移つて始ての, 移りまた, 移り住みて, 移り住んだ敏子, 移住した, 立ち寄った時, 立った, 簇集きたる, 縁づいた娘, 置いとくと, 置き去りに, 美術工業大, 育ったこと, 育ったもの, 育って, 脱走し, 至っては, 至り芝区松本町十二番地, 舞いもどって, 舞い戻り兄夫婦, 芸者を, 英語研究に, 落とそうと, 落合うこと, 葬って, 行かなきや, 行きたいん, 行きたがる子女, 行き京橋, 行くつもり, 行くよう, 行く友だち, 行く日, 行ったこと, 行ったとて, 行ったら甘い, 行った友だち, 行ってから, 行ってるものの, 行つた折には, 行つて大, 行つて知らぬ, 行はれ, 被居, 見られるよう, 見学に, 親戚も, 訪うた前年, 誰一人知る, 販売所を, 買手が, 走りその, 赴き正, 起った神, 踏みとどまるとでも, 踏み止まって, 蹈み止まる, 軍人に, 転任に, 較べると, 辛くも着きぬ, 辿りついて, 近い, 近いこの, 近いと, 近いわり, 近い千葉県, 近い川, 近く最も, 近ごろ殖えた, 近づくにつれて, 追かへ, 送つて展覧会, 送りに, 送るやう, 逃げ込んで, 通っても, 連れ帰り実は, 進駐軍が, 遊学した, 遊学に, 遊學させる, 遊學した, 運ばれ館, 運んで, 達したの, 遠くない, 遣ること, 遷った, 還しそこ, 郵送し, 鉄道馬車が, 長く居た, 開かうと, 開かれて, 開拓使仮, 限らぬ学生たち, 限ると, 集まって, 集めて, 飛び出し大, 飛出す, 飽きて, 駈け落ち, 鬱積した

▼ 東京から~ (1104, 4.8%)

28 帰って 20 来て 11 持って 8 見える山, 電報が 7 離れて 6 見ると, 遊びに 5 やつて, 來た, 出張し, 大阪へ, 持つて, 来たの, 汽車で, 越して, 送って

4 [11件] 大阪まで, 来た人, 来た客, 歸つて來た, 派遣された, 流れて, 私の, 見えて, 買って, 連れて, 電話で

3 [14件] お帰り, 一緒に, 二百里は, 京都へ, 來て, 出かけて, 出て, 外へ, 帰つて来た, 来ると, 此処へ, 自動車で, 訪ねて, 駈けつけ大

2 [72件] おいでに, お出でに, お訪ねした, くる人, こっちへ, つれて, どこへか, はじめてこの, やって来て, わざわざ出かけ, わざわざ持っ, 一つの, 一人で, 一歩も, 九州へ, 京都に, 人の, 人を, 余り離れ, 來ました, 來る, 出掛けて, 取寄せて, 台湾へ, 名古屋へ, 呼んだ職人, 女學生が, 専門の, 専門家を, 尋ねて, 小僧の, 山を, 帰つて来る, 急を, 恋人を, 戻って, 手紙で, 故郷に, 故郷まで, 敦子さまが, 望まれること, 来たと, 来たばかりの, 来たん, 来た時, 来る時, 枕崎くんだりまで, 歩いて, 海水浴に, 疎開し, 直方へ, 着いたといふ, 私に, 移って, 稼ぎに, 船で, 芝居を, 葉山まで, 西に, 西の, 見られる山, 見舞に, 赴任した, 送つて來, 逆に, 遠くない, 釣りに, 電話が, 飛び出して, 餘り, 駈けつけた私, 高橋が

1 [735件 抜粋] あそびに, あなたを, あらゆる友達, ある偉い, いそがしい中, いって, いら, いらっしたん, うけとった, えらい人, おいで, おいでです, おかえりらしい, おもたせ, お人, お出かけに, お客さんが, お客様が, お客様ださうです, お役人, お歸, お目にかかりに, お見え, お電話, きたという, きたんだ, きたパーティ, きた女, きて, こういうところ, ここへ, こてこて持っ, この健康道場, こんなところ, こんな奴, こんな所, ござつた旦那方, さう遠く, さほど遠く, さまで遠く, すっかりはなれる, ずっと離れた, そう遠く, そう離れてない, そちらへ, そのころ, その弟, その身, それだけの, それは, ただでも, だつた, だと, ついて行って, です, とどきました, どうしてこっ, どこかへ, なくなつ, ぬけきらないまま, のこのこやって来, ひき離し, ひろ子が, まいりました, またその, また子供, また葛飾, みれば, もって, やってきた特別刑事調査隊, やって来たの, やって来たり, やって来た義弟, ゆきつけの, よこして, わざ, わざわざやって来, わざわざやって来た, わざわざ出, わざわざ呼んだ, わざわざ明石辺, わざわざ見舞, わたしに, ガキを, クレオソート丸を, スイと, スキーヤーが, ニセだ, バケツと, パリーまでは, ボンボンと, 一人の, 一人新しい, 一度田舍へ, 一度田舎へ, 一時間と, 一時間という, 一歩でも, 一緒だ, 一里ばかり, 七時間一ねむり, 三人の, 三吉は, 三四日の, 三百里近くも, 三里ほど, 上松へ, 上海へ, 下って, 中仙道を, 久しぶりに, 久子さんを, 乘つた特別急行列車は, 九州の, 事業家が, 二三人若い, 二三時間で, 二十時間足らずの, 二十里そこらしか, 二時間位で, 二百三十三里あまり, 五六十里北の, 五十里ほど, 五時間ちかく, 五時間ばかりの, 京都, 京都の, 京都大阪と, 京都大阪神戸に, 人気の, 人気者の, 介山居士が, 仕入れたの, 仙台の, 仙台盛岡其盛岡に, 仙臺盛岡其盛岡に, 伊佐子さんも, 伊勢までは, 伊賀の, 伝わる半蔵, 体を, 何マイルある, 佛欄西の, 便が, 保の, 信越線を, 俺が, 僅かに, 兄と, 先の, 入って, 入り込んだ客, 入湯に, 八王子なら, 六マイルの, 六百マイルも, 円タクを, 出した荷物, 出切って, 出張って, 出張つて来た, 別に二人, 利根川上流の, 前橋の, 劇団, 北の方には, 北の方へ, 北海道へ, 医者と, 医者を, 十時間も, 千マイル近くに, 南の, 博士を, 参りましたから, 參つた御方に, 友だちが, 友人が, 叔父が, 取り寄せたフランス, 取り寄せるほか, 取寄せたもの, 取寄せた薬, 取寄せては, 受け取ったの, 可愛がりに, 吉原や, 名古屋への, 名高い五人組, 味噌などを, 呼びよせた新入, 呼び佐伯, 呼び寄せて, 呼び戻された, 呼ぶ算段, 唯三里, 商人が, 喬さを, 四五十マイルさきの, 土産に, 地方へ, 墓参に, 大きなお菓子, 大変遠く, 大町まで, 大蒜屋敷へ, 大阪とか, 大阪の, 大隈重信その他の, 奉公口を, 女の子が, 女中が, 妾が, 始まるの, 嫁いだその, 学術調査に, 客を, 宮の下へ, 宮川氏都鳥染工場主の, 家元同格の, 家庭教師の, 小さいお客さん, 小一時間, 小池が, 小説の, 尾行し, 尾行した, 屆いた, 届いた荷物, 屋井が, 山は, 岡山辺までは, 川上と, 差しつかわした, 巴里へ, 帰ったかとか, 帰った会社, 帰った勝則, 帰った報知旁, 帰った筈, 帰ってから, 帰っとらんと, 帰つたばかりとは, 帰つて以来げつ, 帰つて来たら, 帰つて来なさる, 帰りますのに, 帰り道武蔵野原の, 帰る電車, 帰国の, 帰村した, 帰省した, 平野来る, 幾らも, 廣島まで, 廻って, 廻送し, 引き取りに, 引越当座の, 影山憲兵大尉が, 彼スポンサー氏の, 後を, 従いて, 御客さん, 御帰り, 御父さん, 御縁組, 御見え, 忍ばせて, 急に, 慌ただしく帰省, 憲兵が, 戻ったの, 戻つて, 手紙は, 手紙を, 押掛けて, 持ち歸つて後, 持ち越しの, 持参の, 揚げ見に, 故郷の, 数百里を, 新に, 新任の, 日光を, 日帰りが, 早川の, 昨日喞筒が, 普請を, 暑中休暇で, 書を, 月野の, 木村と, 本を, 札幌へ, 杉本さんが, 来がけ, 来されて, 来たお, 来たから, 来たが, 来たという, 来たといふ, 来たので, 来たのに, 来たインテリ連, 来た三吉, 来た人々, 来た人さ, 来た人達, 来た列車, 来た子供, 来た学生, 来た小, 来た巡査, 来た旅, 来た東京タイムス, 来た汽車, 来た知名, 来た石田, 来た菓子折, 来た葬儀社, 来た金原省吾, 来た音楽家, 来なくなって, 来なさつたな, 来やしないか, 来らつし, 来るかも, 来るという, 来るので, 来るはず, 来る医者, 来る友達, 来る商人, 来る留守居, 来る蒸気船, 来援した, 来着し, 東北地方の, 東山道経由で, 桐生まで, 植木屋が, 楽に, 様々な, 横浜へ, 横浜まで, 次男の, 次第に其道, 此寄席を, 此等の, 此處へ, 武蔵知安氏と, 歸つ, 歸らない, 歸ります, 母さんが, 毎年の, 比較的近い, 汽車でも, 浜松県に, 清を, 清水峠を, 溢れ者, 焼けだされて, 焼け出されその, 焼出され, 玄王の, 玉川の, 田中三郎来り, 田山花袋ら大勢の, 疎開荷物を, 病気が, 盛岡にかけて, 直き, 直線距離的四十マイルで, 相模へ, 眺めた浅間山, 眺めると, 着いたあなた, 着いたの, 着いた人夫, 着いた山田さん, 着いた高瀬, 矢萩と, 知って, 砂糖の, 神戸までも, 福山に, 福岡に, 私を, 移つて来, 程近い, 程遠からぬ, 稲毛稲毛から, 穂積純太郎が, 突然やつ, 立ち去らなければ, 立ち去るよう, 立ち去れば, 第一, 米た, 米を, 組んで, 考へると, 背負って, 腹の中に, 芳年や, 苗場山が, 若い豪い博士, 草鞋を, 荷が, 菊田, 菓子を, 華子の, 葉書が, 薄着を, 藤澤へ, 行くと, 行けば, 行った若い, 行つた藤沢古実君が, 襲は, 襲われる点, 西望する, 見えた折, 見えるかは, 見えること, 見ますと, 見られます, 見れば, 見得る山, 見舞ひ, 親類の, 訪れて, 調査官を, 豊橋豊橋から, 買い付けて, 買った純粋, 赤城は, 赴いた私, 距離が, 跡見玉枝さんなどが, 車を, 転勤の, 軽くて, 軽井沢へ, 農具を, 迎えに, 近いから, 返送し, 追いかけて, 追いやらるるの, 追い出した, 送られたもの, 送られる郵便物, 送金し, 逃げたいん, 逃げ戻って, 逃れて, 逗留に, 通って, 通つてゐる, 逢いに, 運んで, 道具を, 遠い土地, 遠い或, 遠い温泉, 遠くは, 遠く離れ, 遠すぎます, 遠すぎる, 遥々と, 遥々見送っ, 選者の, 避暑に, 郵送され, 郷里へ, 野に, 鉄筋コンクリートの, 長距離電話で, 長野の, 関西の, 關係者が, 集って, 電報で, 電報為替で, 電話を, 青森くらいまで, 音信を, 額ぶちまで, 飛行機に, 馳け, 駈けつけて, 高名の, 魚を, 鱚釣りに, 黒砂糖が

▼ 東京~ (1066, 4.6%)

8 云えば 7 家を, 暮して 6 一緒に, 生れて 5 何を 4 あった, いえば, 働いて, 病死した, 私の

3 [11件] あること, これを, さへ, ないやう, 一番ハイカラな, 何か, 入院生活を, 手に, 有名な, 生活する, 言へば

2 [65件] あなたの, あゆを, お世話に, お嫁, ございます, ないこと, ないの, もさうだが, 一年も, 一旗上げる, 上等の, 世帯を, 二度目の, 些かながら, 代表的な, 修業した, 修業を, 八重垣姫を, 初めての, 別れて, 受けた, 吸う赤い, 呂昇を, 商売を, 夏の, 女中奉公し, 妻を, 子供の, 寄留届けを, 就職口を, 式を, 彼が, 懇意に, 文学を, 時折見かけます, 暮すと, 暮すの, 暮すよう, 暮そうと, 暮らして, 桜が, 死んだ父, 牛乳配達新聞配達料理屋の, 生れたもの, 生れた彼, 生れ東京, 生れ東京で, 生活を, 相当の, 私が, 私に, 立派に, 経験した, 育ったと, 育ったの, 興行する, 苦労した, 落第した, 行はれる, 見なれて, 近衛の, 逢ったとき, 運動する, 養生し, 高等官連中が

1 [844件 抜粋] あいつは, あたらしく何, あちこちと, あったらこの, あった博覧会, あった関係上, あつた, あなたは, あのやう, あの大震, ありながら, ある文学者, あれほど, あんな目, いい恥さらし, いうと, いうチンチンモガモガ, いう氷小豆, いう注連縄, いう薄, いちじるしく廃れた, いっぱしの, いつもせせこましい, いふしやれ, いらっしゃいますか, いろいろ読んだ, いろんな目, いわゆる, いわゆる御, うまいもの, うまく行き, おきき, おむこう, お前を, お医者様, お暮らし, お目, お逢いしたら, かえって来た, きめた, くらして, くらすとい, こちらを, このたった, このよう, この傾向, この様, この義歯, この道, これも, こんなカルサン, こんな経験, ございますか, ございますよ, さかな屋から, しかるべき家, しらべて, すぐ明日, すごしはじめて, すますこと, せう, その甚だしく, それも, そんな事, そんな浴客, たくさん見, たった一つ, だが, ちゃんといい, ちやんと, どういふ, どうかしら, どこか, どこかの, ないよう, なかった, なすって, ならこんな, のむ酒, はかの, はじまると, はじめて重吉, はめつたに, はやるもの, ひとりぽ, ひどい病気, ひどく叱られた, ひらかれた大, ぶら, ぶらぶらしてる, まごついて, また伺います, また妻子, また役に立つ, まだ落着, まともな, みんなまちまちと, もうさんざっぱら塩, もう一つ, もちよ, やすか, やって来た学生, やりたいという, やるといふ, やる自信, ゆくりなく逢つた時, ようやく君, よく電車, わかるよう, われわれ有明荘の, アテという, アメリカ名物マーカス・ショーを, エライと, カイヅ関西で, ガンモドキという, クダリと, ゴルフ道具の, サントリイを, ジヤガ薯を, チボから, ドラグ・ネットを, ドンドン殖え, マゴマゴし, モヨと, モーローでも, 一つ大阪で, 一ト頃流行った, 一二かも, 一人前の, 一回の, 一年ばかし, 一度ゆ, 一度嫁, 一度見た, 一戸を, 一番乗り降りの, 一番安い, 一番賑やかな, 一等土地の, 一般的放送が, 一軒家を, 七時と, 三つか, 三人の, 三代続いた, 三吉を, 三年も, 三年苦学し, 三藏は, 下宿し, 不便な, 世話を, 中年以下の, 丸の内ビルディングの, 乗換えなけりゃならないん, 九十一歳で, 乞食を, 事業を, 二三囘引續い, 二三専門の, 二三日行動を, 二度と再びあの, 二度ばかり, 云うと, 五郎が, 京都育ちの, 人気が, 以前ツキヌキ団子と, 会うこと, 会うぞ, 会社の, 伸子が, 住む事, 体が, 何し, 何しよん, 何不自由の, 何件の, 何処へか, 佗し, 作ったの, 修行を, 俳句会の, 偉い出世, 催されたシコラ, 催された第, 働きたいって, 働きたいん, 働き口, 働こうと, 僕の, 僕らが, 兄にも, 入って, 入門し, 冬期かなりの, 出会った歯医者, 出來, 出勤, 出来た知り合い, 出来る秘密画, 出版された, 出版せる, 切符の, 初めて自分, 別れたところ, 勉強し, 勉強する, 医を, 十圓の, 十年間さまざまの, 博覧会が, 友田が, 受けた士官学校入学試験, 受け取った最初, 古市加十ただ一人, 可愛い可愛い女, 各町内, 名前の, 君毎日何人ぐらい, 味わえるよう, 唄われる流行歌, 喧嘩する, 喫茶店勤めを, 囲って, 土耳古風の, 地方人の, 堅い屋敷奉公, 売つて, 変化の, 夕凪の, 夜店なんて, 大きくなった, 大きな学校, 大変な, 大学を, 大学院学生兼助手を, 失敗した, 奉公する, 奉公を, 奥畑の, 女学校を, 女房を, 好きな, 妾を, 姉や, 始て, 娘と, 嫁に, 嫁を, 嫌いな, 学士先生にまで, 安心し, 家庭を, 寂しがっ, 富岡と, 将棋の, 小寺夫人清水和歌さんの, 屈指の, 山の, 岩波書店の, 工面する, 左褄を, 師事すべき, 平山の, 年を, 広目屋が, 引き受けたの, 引っぱられた, 当てた, 彼と, 彼に, 彼岸ザクラと, 待って, 御厄介, 御贔屓, 必死に, 思いがけなく男, 恋の, 恰度昨年の, 惜しいもの, 想像し, 懇親に, 戦災に, 所謂る, 持って, 挙げたけれど, 捕まった不良少年少女, 描いて, 放浪した, 教育し, 文学で, 新しい教育, 新婚の, 新年を, 日夕往来する, 日本酒や, 早くこんな, 時々鳥井さん, 時折野口が, 時計職工に, 暗室の, 暮さうといふ, 暮したの, 暮した一年, 暮した頃, 暮しますよ, 暮す, 暮す積, 暮らしたって, 暮らしたよう, 暮らす事, 暴れた話, 暴力団の, 最もハイカラ, 最も信用, 最も増加, 最も有力, 最不幸, 最初に, 最大の, 會つた, 本店に, 本業の, 松井須磨子の, 植木屋や, 検査を, 歳暮の, 死んだちゅう話, 死んだの, 死んだ処, 死んでも, 殆ど例月, 母が, 比較的自由, 氏の, 民藝協会の, 気楽に, 永い間教育, 永くひとり住, 汎太平洋学術会議の, 池上と, 決意し, 河合武雄の, 治療を, 法律書生として, 洋服の, 活躍し, 流行し, 流行らないよう, 浪人し, 海添い, 淋しく死, 満二年, 演ぜられたこと, 無事に, 無理を, 焼け出されて, 焼け出され大阪, 片づける, 物を, 特に大, 独立が, 猪の, 玉の輿に, 現に五分前, 瓦斯を, 生まし, 生れた, 生れたせい, 生れ芝桜田小学校, 生活し, 申せば, 病みついたトルストイ, 発行し, 白金台とか, 盛に, 盛んに, 目撃した, 相当に, 真似て, 知ってるそれ, 知合いだ, 石部金吉と, 確り勉強, 社会新聞, 神品扱ひ, 私たちと, 私を, 稽古だ, 穴埋, 空襲が, 立てるの, 笑はれ, 第一流店主人, 素性の, 経師屋に, 給仕でも, 続けて, 練習し, 縁づいた, 罹災した, 美術学校生活を, 羽田の, 老人達と, 考えて, 聞いたこと, 聞いた所, 聞えた役者, 聞くとして, 職を, 育ったから, 育ったこの, 育った人間, 育った彼, 育って, 育つたこと, 育つに, 育てられた謂わば, 自動車に, 般若の, 花々しく打, 若い多く, 苦学し, 蒼白い神経, 薬剤師に, 行はれた, 行われた, 行われたに, 衣食の, 西京漬けと, 西瓜を, 見かける太神楽, 見たあの, 見たとき, 見られないよう, 見られなかった不満, 見るやう, 見るより, 見る月夜哉, 見當, 覚えて, 親子水入らずの, 言ったらても, 言へ, 諜し合せ, 講演の, 警視庁の, 貧しい間借り生活, 買う事, 買って, 買つてや, 買物の, 賣つて, 質に, 購つた靴の, 身を, 車を, 迎えられて, 造られて, 逢うなどは, 逢った小六, 逢つた依岡駿子さんの, 逢は, 逢はう, 遊ぶの, 遊廓の, 遊蕩の, 過した, 部屋を, 酒屋の, 醫師の, 銀座が, 銀座と, 銀行は, 長いあいだ書生生活, 長兄と, 開かれた第, 開催された, 開業なさるなら, 間借を, 防火用の, 随分えらい, 集金すべき, 雑誌記者を, 雷に, 電気試錐機という, 震災前までは, 靜養を, 革命が, 頼る唯一人, 飜刻された, 食うの, 食ひ飽いてる, 飯を, 飲む焼酎, 餅を, 驚いたもの, 魚河岸へ, 鮎の

▼ 東京~ (859, 3.7%)

28 出て 27 離れて 18 出発した 15 出発する, 立って 12 立つ時 10 立つ前 9 中心と 8 見て 7 出る時, 出発し, 引揚げ, 発って, 立つて 6 あとに, 出てから, 去った, 離れること 5 中心として, 出るとき, 発して, 立った 4 はなれて, 中心に, 去ったの, 去って, 後に, 発った時, 発つ時, 立つとき, 遠く離れ, 離れるの

3 [11件] たって, 十年も, 去つて, 去ること, 引き払って, 思ひ立ちて, 戀し, 留守に, 発つ前, 立つた, 西に

2 [50件] うたふ, たつこと, はじめ名古屋或は, ひきあげて, めざして, よく知らない, 一例に, 出でて, 出ようと, 出奔し, 去つた, 去るに, 去る二十年頃, 去る前, 夜汽車で, 弔ふ, 往復し, 振り出しに, 振出しに, 放浪し, 故郷だ, 救え, 東に, 歩いて, 江戸と, 焼かれた我我, 発した, 発つて, 知って, 知らないの, 立ったの, 立ってから, 立つ事, 落ちのび中山道, 見たいと, 見たこと, 見に, 見ると, 見る事, 走りぬけ本所, 逃れて, 遠く離れた, 遠ざかつて, 遠ざけよう, 離れた, 離れたの, 離れました, 離れると, 離れる事, 飛び出して

1 [465件] あっちこっちと, あるいて, あんな所, いやがったか, うろついて, うろつかせちゃ, うろつくの, おとし入れるだけの, おもう, おもふ, お仙にも, お嫌い, お引払, かけ離れた夢, かまはれた, ぐるぐる眺めました, こっそり覗い, さしての, さして上つた, さして出発, さして學問, さして石川駅, さわがせたやつ, したって, そこに, そんなところ, たちこの, たちひろしま午前五時四十分, たつ其の, たつ前, たつ時, つらぬく川, でて, とって, どんなこころもち, どんなに愛惜, のぞきに, はじめ全国各地の, はじめ祖国の, はなれたくない自分, はなれたく思わないで, はなれたって, はなれたの, はなれた京都暮し, はなれようと, はなれるが, はなれること, はなれると, はなれるの, はなれる気, ふみつぶし関東平野, ふみにじって, ふり顧, ふッ, みそくそに, みたいと, みるという, めがけて, もって, よぎる時, よく知っ, よしと, わずかしか, ウロウロし, グルグル駈けまわっ, ピエル・ロチが, ブラブラ歩き, 一寸も, 一帯に, 一挙に, 一生見ず, 三重四重に, 下と, 不快がりました, 世界的な, 中心としての, 乘り出した, 二周した, 二周する, 二度見, 仕事場として, 体が, 例にとって, 俯瞰する, 全く知らない, 全滅させる, 再び見たい, 再現させよう, 凌駕し, 出がけ, 出た, 出たの, 出た事, 出た時, 出ないうち, 出は, 出ました, 出やう, 出ると, 出るとき二十二円五十銭, 出るとき二十二圓五十錢, 出るの, 出るん, 出る前, 出る前日, 出る時分, 出る時隨分盛ん, 出懸けた, 出来るだけ, 出発しよう, 出発て, 出発の, 出發, 出程, 出立する, 初舞台と, 動きません, 動けやしないん, 北へ, 十五六ぺん乗り回し, 十時に, 南から, 厭がってる, 去ったあと, 去ったか, 去ったと, 去ったまま, 去った矢口家, 去つた今, 去らして, 去らずには, 去らなくっては, 去りそのまま, 去り六年ぶり, 去り山, 去り島根大分, 去り暫く, 去り村, 去り覊旅却, 去ること僅か二十里, 去ること百三十里, 去ると, 去るという, 去るとき, 去るなんて, 去るには, 去るよう, 去る日, 去る時, 去る氣, 去る頃, 取巻いて, 否定せず, 吾が日本民族, 呪っても, 呼び出すさま, 呼吸し, 唯一無上の, 土管の, 売って, 夜逃げの, 好む者, 如何にか, 始めとして, 始め戦禍, 始め日本で, 娘に, 嫌ふ, 学問の, 尊敬される, 尊敬し, 尋ねる事, 希望の, 帰る, 広く一般, 廣重の, 建設する, 建設る, 廻って, 廻らないと, 廻るなんて, 引あげ, 引きあげて, 引き上げる時彼女, 引き上げ郡部, 引上げる, 引払うて, 引揚げよう, 彷徨って, 彷徨つて行つた, 征服した, 律せん, 従姉と, 御存じでした, 御覧無之, 心配します, 忌む自分, 志し辛苦, 忘れさせ今日, 忘れて, 忘れられては, 念頭に, 怖れ, 思い出した, 思い出して, 思うと, 思った, 思ひ出した為, 思ひ出しました, 思ひ出すと, 思ふこと, 思ふやう, 思起さしむ, 恋い焦れると, 恋しがっ, 恋しく思い出させた, 恋しく思う, 惜しむ気もち, 惜しんだと, 想い見ること, 想ひ, 意識しすぎ, 意識しすぎる, 愛して, 愛します, 愛するの, 感ずること, 慕ひ, 憧れて, 憧憬する, 憶い出し, 懐しがる, 懷しがる, 手招きした, 批判させ, 抜けだす自信, 抜け出すまでが, 指して, 捨てたとき胸, 捨て生地, 描いて, 支店に, 攻撃し, 攻略する, 放れたこと, 故郷と, 救いに, 明日発つ, 書いて, 望郷し, 本場と, 東京に, 棄てまだ, 植えるという, 模倣し, 模範と, 横断した, 横行し始めた, 歩いたと, 歩く, 歩くなどは, 歩むほど, 歩るいて, 死守せよ, 洗って, 流れる六十九筋, 海面から, 満喫したい, 濃厚に, 焼いて, 焼きうち, 焼き払うこと, 焼き私, 焼くと, 焼野原, 田舎に, 発しその, 発したこと, 発す, 発するに, 発する前, 発する前不, 発ちそれぞれ, 発ちました翌日, 発った動機, 発った後, 発った時以来何処, 発ってから, 発つこと, 発つたの, 発つつもり, 発つと, 発つとき, 発つにも, 発つ朝, 発つ直前, 発見する, 発足った, 發つた, 發つた後で, 發つてまだ, 發つて來た, 發つて故郷の, 發つて疲れ切つた, 目ざしての, 目前に, 真似る, 着て, 知らずただ, 知らせ良い, 知らないかの, 知らないから, 知らないけれど, 知らない彼女, 知らない田舎, 知らない田舎者, 知らぬ健全, 神様の, 空襲した, 空襲に, 窺い知るべき無上, 立たなければ, 立ちました, 立ち千ヶ滝, 立ち去って, 立ち去ってから, 立ち去らないと, 立ち去らなければ, 立ち去りますが, 立ち去るから, 立ち去ること, 立ち去るはず, 立ち去るべきだから, 立ち去るよう, 立ち去るわけ, 立ち去る腹, 立ち去れという, 立ち去れば, 立ち去ろうと, 立ち大連と金州, 立ち日, 立ち木曾街道経由, 立ち退いた, 立ち退いた晩, 立ち退くこと, 立ち退こうと, 立った昨夜, 立った長男, 立ってからの, 立つたの, 立つてから, 立つと, 立つとき伊賀, 立つとき心殘, 立つ二三日前, 立つ決心, 立とう, 立去ること, 笠に, 素通りし, 紹介する, 経ってから, 経て, 結ぶという, 羨ましく思った, 考えるだけ, 聽く, 股にかけて, 背景として, 背負って, 脱出し, 色付け, 襲うと, 襲う雷雲, 西南に, 見うるの, 見おろして, 見くびるものぢ, 見たため, 見たの, 見たら国, 見た事, 見た人たち, 見ない事, 見ながら, 見ぬ人, 見ません, 見ること, 見るよう, 見る彼, 見わたして, 見下ろしての, 見捨て, 見物さし, 見物しよう, 見物顔なお, 見舞うだろうという, 見限らずに, 観ること, 訪れた, 訪れた外国人, 説くに際して, 説明し, 賊地と, 走ったまんま, 走る長い, 距る, 踏み出すと, 近くしたがり, 追出, 逃げだしたいや, 逃げだしたわけ, 逃げだして, 逃げだすとき, 逃げだすところ, 逃げました, 逃げる時, 逃げ出した, 逃げ出して, 逃げ落ちる決心, 逐はれた, 逐われて, 逐われ大阪東雲新聞社, 逐出される, 通りたがるよ, 通るん, 通過しなけれ, 通過する, 過ぎり仙台, 遠くは, 遠慮する, 遠離し, 銀座へ, 長く離れる, 離れたい, 離れたくない, 離れたくは, 離れたこと, 離れたのさ, 離れた事, 離れた刹那, 離れた方, 離れた瞬間, 離れないこと, 離れない予定, 離れない場合, 離れなければ, 離れようかと, 離れようと, 離れるとき, 離れる二百里, 離れる心持, 離れる磊, 離れ子供, 離れ故里, 離れ殆ど孤立, 離れ諸国, 震撼させた, 風靡した, 飛び出しましてね, 食いつめたの, 食いつめちゃったよ, 食ひつめ, 騒がした有名, 鰍沢の

▼ 東京~ (525, 2.3%)

4 広い 3 人間の

2 [31件] いいところ, いいわね, いそがしくて, いやだ, お手軽, これと, こんな風, さちよを, だらしなく, どこだ, どちらです, まだいい, まだ寒い, もう地震, 一時殆ん, 事務を, 僕を, 大変な, 大混乱, 広いと, 廃墟に, 悲しい思い出, 日本の, 昔から, 流石に, 涼しい, 源助の, 男にや, 雨, 雪が, 駄目だ

1 [456件] あかん, あたたかです, あの通り, あまりおもしろい, あまり住み, あまり批評的, いいからな, いいん, いか, いかがでございます, いつもにぎやか, いなかと, いまその, いま働く, いま生きる, いろいろもっとで, いろんな事, うぬぼれの, うんざりさす, えらいこっ, えらい矢絣, おいしいもの, おおかた廃墟, おごれる, おそろしいところ, おそろしい所ぢゃと, おもしろい所, おろか横浜浦和大宮千葉八王子に, おろか銚子の, お暑かっ, お正月な, かならず武蔵野, こ, こうだ, こうは, このとおり, この一週間, この二, この手紙, この流行, この頃, こりご, これらの, こんなにこわい, さういふ, さすがに, さながらイカサマ紳士, さびしきこと, しみる, すでにひどい, すでに涼し, ずっととおく, せちがらい, その一時, その上, その何層倍, その地勢, その地勢河, その市内, その流行, その点, その特色, その非常手段, それたそう, そんなところ, そんな悩み, たい茶漬けより, たくさんな, たしかに読本, ちつとも, ちょうどそうなり, つぶされ焼け野原, とても食物, どうか知らない, どうだ, どうだろう, どうである, どうでした, どうでしたろう, どうです, どうなるだろう, どうも殺風景, どこ, どこだろう, どこです, どこに, どこへ, どちらに, どっちの, どれほどの, どんな所, どんな隅, なくなった, なつかしい土地, のんきだ, はしかにでも, はじめてで, はやすっかり春, ひどいつて話ぢ, ひどい食糧不足, ひどかろう, ひろくて, ほかに, まあ大変, まあ小野, まことに殺風景, まことに空爆, まさにわが, まず無事, まだ土用, まだ廃墟, まだ復興途上, まだ江戸, まだ漫才, まだ震災, まだ震災後, まるでひどい, まるで違っ, みかけ倒しの, むすよ, もうあの, もうお前, もうすぐだ, もうすっかり秋, もうない, もうみんな, もう今度, もう代, もう八方塞がり, もう最後, もう梅, もう消え失せた, もう見渡す, もちろん日本じゅう, もっとひどい, もとより地方, やつぱりいゝところだと思つた, よい所, よくも無い, よし復興, よろしいです, わりあいに, わるい汚ない, イヤだ, カフェー・バアが, カミナリの, ショールの, セルを, タイクツな, ダメで, チボが, マツクロケノケだ, ヤケに, 一体に, 一寸ようござん, 一度も, 一日も, 一時急に, 一時無, 一晩の, 一流の, 一番平静な, 一躍し, 丁度お, 七・三〇です, 三分の二焼けの, 三四・一%にしか, 下町の, 不思議な, 不景気です, 不潔だ, 世智辛く, 両三日中, 了り, 二合と, 京橋中橋広小路千疋屋の, 人が, 人一人の, 人口二百二十一万八千余だ, 人口百万に, 今ごろ焼, 今なほ火焔, 今までに, 今や大, 今や新しい, 今年まだ, 今日までも, 今玉子, 今革命の, 他国の, 仙台と, 仙臺と, 何かとうるさい, 何と, 何となく勝手, 何にも, 何んな, 何処だ, 何処私共も, 何度も, 何方で, 何處だ, 余程新しく, 依然として, 依然として眼先, 便利な, 俺にとっては, 僕たちの, 僕自身の, 元来こうした, 先刻から, 全くつまらなく, 全く平穏, 全く散歩, 全く雑然, 全国から, 六十八年ぶりとかの, 六尺を, 冷い, 出戻りだ, 分って, 初めて行った, 別だ, 到る処, 刻々に, 勿論全国, 十二時に, 午頃から, 南京虫の, 又も, 只今二三火災の, 可なり, 可愛いわ, 各区別, 味が, 哀しい活気, 四十分ばかり, 四百年この, 回礼者の, 固より, 地方に, 地理的には, 地震地帯の, 場末が, 変ったね, 変化の, 夜が, 夜でも, 夜に, 大いなる魅力, 大きいね, 大きな都会, 大した人出, 大仕, 大半焼け, 大吹雪, 大和民族の, 大地震, 大層広い, 大工の, 大東京, 大正十二年の, 大正十二年九月の, 大空襲, 大震災で, 大騒ぎです, 好い処, 好みませんで地獄, 如何な, 如何に甦, 如何様に, 始めて, 学者として, 実にひろい, 実に文明, 寒い土地柄, 寒しと, 小型機の, 小石川に, 小雨が, 山の手に, 山手の, 左程に, 帝都寸土寸金生が, 帽子を, 平年より, 年毎に, 広いもの, 広い上, 広い所, 広い時代錯誤場所錯誤, 広くなる, 廣い, 彼女達職業婦人の, 往年の, 後に, 後廻しです, 必ず空襲, 忽ち焼, 恐ろしい所, 悪友が, 我があこがれ, 戒厳令下の, 戦場だ, 戦後の, 文化の, 文字通りの, 文明国の, 斯ん, 既に師走, 既に戒厳令, 日本で, 旧時代, 明るい, 明治大正時代の, 晩秋で, 景気は, 暑いところ, 暑いね, 暑くて, 暑くなっ, 暑くなる, 暖い, 暗いと, 更に激しい, 最初の, 最悪の, 朧月の, 未だ晩秋, 本當, 東京で, 東京粕谷は, 桜の, 梅園や, 梅雨には, 概して南, 横浜を, 櫻多く, 正に低, 此の, 此頃どんな, 歩けない, 殆どあらゆる, 殆ど震災前, 殆ん, 殊に甚だしい, 水の, 泌, 浪人の, 淋しかった, 漸次に, 濃霧であった, 火事が, 火災予防として, 灰に, 炭が, 焦土と, 焼け野原と, 熊川忠範を, 熱気で, 物が, 物価が, 物騒だ, 特に夥しい, 狐兎の, 狭い上, 猛火に, 生馬の, 田舎と, 田舎者の, 甲府よりは, 発展の, 盆で, 目の, 相変らず, 確かに, 神田の, 私には, 私は, 稲荷の, 空襲される, 空襲の, 空襲を, 突然登録労働者, 第二, 結搆な, 統一が, 美しい女, 美味いところ, 花の, 芸妓が, 若い国民, 華やかな, 華美で, 薄情な, 街の, 衣食住とも, 西洋風とばかり, 見て, 見る見るうち, 見渡すかぎり, 見渡すところ寿司屋, 言わずもがなどこ, 詰らなかつたから, 誰が, 論外として, 諸國, 賑やかで, 赤坂一つ木の, 近年に, 近年日本迷所の, 近郊に, 近頃物が, 違いは, 遙に, 遠い, 遠いなあ, 遠いねえ, 遠うて, 遠く烟突, 遥に, 適当ねえ, 重き不, 野つ, 金が, 金力を, 銀座は, 開けません時分, 関西方の, 闇だ, 随分焼け, 雨が, 雨だった, 雨だつた, 雨は, 雪ださうだ, 雪だった, 雪の, 雪は, 電燈が, 靄の, 青々園や, 面白い, 面白いです, 風と, 風情という, 食い倒れである, 食糧が, 飢えて, 飲食店が, 首無し死体どころで, 馬鹿に, 高い所, 高梨の, 鬼の, 黒船の

▼ 東京~ (410, 1.8%)

198 の前 6 に着いた 5 につく, へ行く, まで送っ 4 にかけつけ, に着く, の待合室, へ着く, へ行っ, を出, を出発, を発つ

3 [11件] でお, についた, に到着, に着い, に着き, のプラットホーム, の八重洲口, の方, へつく, へ行こう, まで送る

2 [27件] から下り, から丸ビル, から夜汽車, から汽車, である, でね, で下車, で乗換える, で待っ, で待つ, で降り, に著い, のプラットフォーム, のホーム, の大, の赤煉瓦, の附近, はございませんでした, へかけつけ, へ出, へ往, へ来やしない, へ着いた, へ行った, へ迎え, へ送っ, を出た

1 [243件] からきっと, からつばめ, からやっ, からわざわざ, からタクシー, からタクシー九段会館, から丸の内, から九州, から家, から日本橋, から本郷, から此処, から発っ, から真直ぐ, から私, から米原行, から自動車, から銀座裏, から鎌倉, から駒込, から鶴見行, がそのまま, が出来, が出来た, が横たわり, だ, だその, だね, つづきの, で, であう, であったが, であつ, でおそく, でお待ち, でちょっと, での再会, では何ん, では入場券, でぽかんと, でみょう, でスーツ, でヒットラー・ユーゲント, でビクター奥村, でメイ子, で一ぱい, で乗りこむ, で乗車, で今朝, で入場券, で出会っ, で別れる, で少し, で彼, で御, で新聞, で明智探偵, で最後, で汽車, で玉井さん, で砂吐流君, で落ち合い, で送つた, で遇った, で電車, とでは何, と丸ビル, と二重橋, と循環, と警視庁, などはなかっ, などよりはず, なんかくらべ, にあらわれた, にこの, にさえ来, についてすぐ, につきました, にて刺客, にはただ, にはフルサト, には下関発, には人力車, にぶっつかった, にむかえ, にも棒, にやってきた, にやって来た, に下車, に入っ, に写真, に出迎えた, に向かいました, に向かう, に向った, に廻っ, に急いだ, に文藝春秋, に来る, に着いたら, に至る, に落ち合う, に著く, に行っ, に行った, に見おくっ, に走りつけた, に近づいた, に近づく, に送る, に降りた, に馳, のあたり, のない, のなかっ, のまえ, のプラット, の一つ, の乗車口, の二等待合室, の二階, の光景, の入った, の売店, の屋根, の悲劇, の東ジャンダルム, の案内所, の構内, の横, の正面車寄, の歩廊, の混雑, の発信, の見える, の赤帽, の辰野博士, の鉄骨, の長い, の降車口, の食堂, の駅夫さん, の駅長室, はたしか, はだだ, はまだ, へいらっしゃる, へお送り, へかけつけた, へついた, へつき, へつきました, へと往, へのタキシ, へやってこない, へやって来た, へ一行, へ中野実, へ丸ビル, へ乗りつけた, へ二時二十三分, へ人, へ六時四十分着, へ出かけました, へ出迎えた, へ友達, へ叔母さん, へ女房, へ廻った, へ急いだ, へ折れ込ん, へ来, へ来た, へ浮い, へ直行, へ着き, へ私達, へ立, へ総理, へ著い, へ藤川一彦事森繁久弥出征, へ行, へ行つて, へ見送った, へ見送り, へ近づい, へ送, へ送り, へ通っ, へ運んだ, へ駆けつけた, へ駈けつけ, まで, までお, まできた, までだった, までに, までの寝台券, までの間, までゆきました, までゆく, まで一緒, まで乗った, まで乗らず, まで八女陸郎, まで出迎える, まで明日, まで来, まで私, まで行き, まで見, まで見送っ, まで見送った, まで見送り, まで跟, まで迎え, まで送, まで送つ, まで運ん, もなく, も上野, も淋しい, も知らず, や上野駅, よりもっと, よりも大きい, をたった, をも見たい, を出る, を出入り, を十時五十五分, を午前九時, を宵, を正門, を滑り出, を発, を立った, を立つ, を連ねる, を離れ, を鹿島, 下りると, 迄行き

▼ 東京では~ (397, 1.7%)

2 [18件] この源之助, その頃, とても見られない, ない, なにかと, 人気も, 夏の, 川まで, 手に, 昭和六年の, 普通に, 殆ん, 殊に私, 眼鏡を, 見かけたこと, 見ること, 電気燈は, 飯喰ふ

1 [361件] あちこちに, あったが, あの唄, あまりこぶ, あまり新しき, いいこと, いかがでしょう, いくらかボカ, いまは, おてんとう様, おやつ, お餅, かうだといふ, かくれみの, かなり衰退, きいたこと, きっと大騒ぎ, こうは, ここぐらい, このごろ駕籠の, この残虐事件, この福寿草, この頃, これも, これらの, これ以上の, こんなりっぱ, こんな綺麗, ごく生活, さすがに, さっぱり鳶, しゃこの, すかんぽと, すし屋へ, すわったまま, ずいぶん人気, そういうこと, そうである, そうは, そう見える, その, その南蠻砂, その木, それが, それらの, そんじょそこいらに今, そんなウッカリ, そんな心配, たいへんな, とうてい見たく, とうの, とてもこんな, とても出来る, ともかく命がけ, どういうもの, どこ, どこでもという, どじょうなべと, どんな外題, どんな言葉, ないか, ない大阪, なおさらだめ, なかった, なかつた, なかなか逢わなかった, なくある, なくて, なく大阪, なんでも, のどかに, ふなや, まぐろに, また是, また踊り, まだそんな, まだ珍, まだ空襲, まるで想像, みなこう, みるみる野犬, むかし生きた, むしろ商品, めったにない, めったに見られない, もうすっかり急進欧化, もうどうしよう, もうどこ, もうセル, もう一ヵ月, もう桜, もう物資欠乏, もっぱら流行, やうやく, やせて, イージーに, カフェーの, ギュウナベだった, コップの, コーヒーが, ズッと, チンチンといふ, ハリキって, ポツ, モカ系が, ライスカレー一皿で, 一つ目小僧などと, 一介の, 一家六人の, 一帖四十円の, 一月中旬に, 一流の, 丁髷は, 三方を, 上るが, 上等の, 下水堀の, 世界一地方では, 中日すぎの, 九段の, 事実兼ねる, 二人で, 二十五銭ぐらい, 二十年前まで, 二度目の, 二枚目とは, 五六軒だけ, 五日午前零時五十一分に, 五銭以上の, 人口と, 人間の, 今でも, 今の, 今年生まれた, 今度大, 今頃やっと, 会社という, 住居の, 何と, 余り知られ, 便利という, 信じられない安値, 元宮邸, 先頃深川の, 八十カ所も, 六・一自粛などと, 六時から, 冬の, 冬は, 出したこと, 務めに, 勧業博覧会が, 勿論の, 十一時ごろにも, 十万戸の, 十年以上も, 印刷職工の, 古くから, 史談会の, 名代の, 向島の, 味は, 商人が, 喜多流皆伝の, 四囲が, 埼玉の, 場末の, 売り出しましたから, 外へ, 多久家などとは, 大さわぎ, 大会を, 大川の, 大火事, 女で, 女ひとりの, 如何うだ, 学童を, 安南, 実にさまざま, 家も, 家敷という, 容易ならぬ, 寒く感じ, 寒気の, 尾崎紅葉が, 山の, 山の手ばかりに, 山田茂生, 山谷に, 岩井, 平常は, 年が, 年寄か, 年少の, 幾万の, 廣く, 弟子が, 彼女たちを, 待って, 性病又は, 成島柳北時代に, 折々そんな, 探して, 提灯引けと, 政府の, 故殺が, 救護事業が, 数百万の, 料理屋でさえ, 新しい時代, 新宿に, 新暦の, 斷ち切れない, 日々変化の, 日に, 日中も, 日本橋の, 日比谷原頭の, 旧幕府, 早慶戦が, 早朝から, 昆布を, 昔笹乃雪などという, 普通だ, 普通の, 最も甚だしい, 有名な, 朝早く, 松沢病院京都では, 桜が, 桜の, 概して飛び離れた, 欧米の, 正しくヤマメ, 正反対だ, 正直な, 此に, 歩いたこと, 段々と, 母親も, 毎日の, 毎日各種の, 気づかれない興味深い, 水を, 水害の, 水菓子と, 江戸の, 法学士が, 泥棒が, 洗いづくりに, 洗ったあと, 浅虫の, 爪先で, 父の, 父は, 父も, 牛鍋と, 特殊な, 特殊店に, 狂言に, 珍しいもの, 珍しい実力, 珍しか, 珍しくない, 珍らしい, 現在鰯の, 甘藷一貫目が, 生揚げと, 田舎近い, 男山などという, 病院から, 百二十円から, 皆おなじです, 皆さんが, 皆に, 皇居を, 盛んに, 矢田部教授罷職事件が, 知らぬが, 知らぬ人, 知らぬ者, 砂糖黍を, 祝賀會に, 神田明神の, 私の, 秋の, 秒速七八米突か, 稍遅れ, 立行かなくなって, 笑ひ, 第一線の, 紅茶一杯の, 素人の, 素顔の, 細君と, 絶対に, 綿入れを, 縁日の出はずれ浅草神田京橋辺の, 耳障りに, 聞えて, 育たないの, 興津だいと, 般若の, 色々と, 色町とは, 芝居の, 花だって, 若い人たち, 薩摩いもの, 藝者が, 虎の, 蜘蛛と, 蜜柑の, 街頭で, 見かけないよう, 見かけること, 見たこと, 見ない隱, 見られない, 見られない景色, 見られない此, 見られない濃, 見られぬプロ, 見られぬ図, 誰だって, 誰にも, 謂い東上総, 警視庁の, 豆腐屋の, 貸家が, 躯が, 車夫でも, 近年おぼえ, 近来よほど, 近隣に対する, 近頃素人, 迚も, 遊びすぎたやう, 運転手は, 郊外でさえ, 都会改造の, 針仕事の, 釣師仲間から, 長髪の, 間に, 陶器の, 隅田川ほど, 隨分大きい, 非常に, 風月あたりが, 首を, 馬鈴薯の, 駄目かも, 駄目だろう, 駄目で, 駄目でした, 駒込の, 魚が, 麹町神田辺の, JOAKから

▼ 東京~ (239, 1.0%)

6 違って 5 京都の 4 ちがって, 云う所, 大阪の 3 なって, 云うところ, 云ふ, 横浜との, 横浜の

2 [17件] いふ所は, 三つの, 云う大, 交趾とを, 京都との, 北京とかの, 同じに, 同じよう, 地方との, 大阪とでは, 広島の, 往復し, 支那の, 新東京, 東京の, 比較し, 蒙古

1 [167件] あまり違, あらたまって, いえば, いっては, いっても, いつ見, かけ離れて, かなり共通, かわった後, くらべて, くらべると, こちら, その周囲, その店, その都度, それほど密接, そんなに違うでしょう, ちがいありません, ちがいまして, ちがうでしょう, ちがうねえ, ちがった顔, どっちが, なった放水路, なってからは, なっても, なつた, なり我々, なり日本美術, なると, にたてられて, やさしく呼び馴れ, ニューヨークと, パリの, モスク, ヲダハラの, 上方とでは, 上方の, 上海との, 下へ, 世界中到る, 九州で, 九州大學という, 二三度通信を, 二代目, 云うとこ, 云う都市, 云えば, 云つ, 云つても, 云へば, 京都で, 京都とに, 京都は, 代が, 備中との, 処を, 函館とで, 切っても, 別にたいした, 前橋とで, 劃大され, 匹敵し, 半々に, 同じくら, 同じく三十, 同じこと, 同じだ, 同じだけの, 同じねえ, 同じセイラア, 同じ事, 同じ陽気, 名乗る悪魔, 名古屋で, 名古屋と, 国と, 変じたる当時, 変りなく, 変りましたとき, 変わったが, 大地震, 大差なし, 大阪だ, 大阪と, 大阪とで, 大阪とに, 大阪との, 大阪に, 大阪は, 大阪を, 奈良と, 実は大, 富士山との, 対照させる, 対立し, 対立しうる, 小田原小田原と, 打ち合わせたきり, 改まった江戸, 改まりしに, 改められて, 改名され, 改称した, 改称せられた, 断わる以上, 新潟と, 新潟に, 札幌と, 札幌辺とは, 来たらほこり, 東京近くの, 東西相並ぶ, 松山とに, 横浜とに, 横浜に, 横濱との, 横須賀の, 正反対で, 此方とでは, 殆ど変り, 比較したら, 決めて, 沼津との, 注を, 無縁の, 田舎と, 田舎とでは, 田舎とは, 田舎とを, 田舎学校と, 異って, 神戸との, 福井とじゃあ, 福岡ほどの, 称されるところ, 答えたの, 聞くと, 自分とを, 舌を, 華府との, 蝙蝠, 西京とは, 見えるかい, 言へば, 近在の, 逆で, 通話が, 連絡する, 連絡切れたり, 違います京都, 違うじゃ, 違うなあ, 違うの, 違ってね, 違つて人気は, 違つて少し, 違つて田舎で, 違つて電氣事業も, 違ひまし, 遠くない, 遠く離れた, 銀座に関する, 難有さう, 電話する, 鮭とは, 鳥取県の

▼ 東京には~ (230, 1.0%)

5 珍らしい 3 出て 2 ちょいちょい出かける, ひとりの, モナ・リザをは, 多くの, 木下が, 江戸時代の, 火事が, 空が, 近いし

1 [204件] あきらめを, あなたや, あるの, あるまい, いくらでも, いって, いっぱいいい, いつ帰っ, いない, いないだろう, いないって, いないのよ, いなかった, いると, いるまで, いる方法, うまいシャーベット, えい奧さんに, お庄, お星さん, かういふ不規則, かういふ娘, かう云, かえらない体, こいつが, こういう娘, このよう, この単純, この噂, こぶ, これまで, こんなかしこい, こんなの, こんなもん, こんな時, こんな非, ごく激しい, さう, その手, そんな, そんなに用, そんな手腕, どこと, どことなく, どんな人間, ないが, ないけれど, ないので, ないん, ひれたとしても, また怪しい, まだまだもっとひどい, まだダンス場, まだ文化, まだ昼席, まだ西郷さん, まだ電車, まだ顔, みょうな, めづらしき, もちろん親族, もっとひどい, もっと珍しい, やつて, ゐないよ, ザラに, ジイジイアブラミンミンツクヅクボウシカナカナ位しか, ジャングルが, ダンス, フォーブと, 一つしか, 一人の, 三吉みたいな, 三年より, 三田に, 上等から, 上野の, 中学と, 二十年まえ, 二百万の, 五百の, 人浚い, 仕入れに, 代用小学校が, 仲買人が, 伊豆大島の, 住せず, 何人も, 何千人と, 入れない, 全く出ず, 全で, 共通の, 其じゃあ, 其男の, 医学文学美術科学等の, 去年の, 及ばない, 及びませんが, 友達が, 各種の, 吉野櫻といふ, 四日許り居た, 地方から, 地方党員が, 地見, 場違いな, 塵埃が, 塵芥が, 売って, 大変なさわぎ, 大空襲, 奇体な, 女形は, 好い女, 姫路の, 完全に, 實際驚く, 居なかつた, 居られないの, 居られなくなって, 居らんから, 居りませんの, 山も, 年中ある, 弟の, 彼の, 彼等の, 後の, 復活しない, 思いがけない二つ, 想像をも, 招魂祭府中には, 提灯行列が, 政党が, 文学女給文学芸者文学ダンサーなど, 斯いふ, 日本の, 日本全国は, 早稲田時代の, 昆布を, 明日までに, 有楽町神田橋と, 本所で, 本物の, 杉苔は, 根岸に, 欧羅巴の, 歸れない, 母の, 毛布うけ合う, 沢山に, 沢山の, 滅多に, 無い味, 無きもの, 焼芋, 熊より, 特別に, 玄米の, 田舎の, 田舎町に, 留らないで, 百貨店と, 知人も, 祭礼らしい, 私たちの, 私を, 私立も, 秋田犬が, 第三, 箪笥町とか, 結婚媒介を, 美人の, 腐ったワ, 腕の, 自分達の, 自動車が, 自然の, 芝か, 花嫁学校と, 蝋細工の, 行きとうない, 行なわれて, 街頭の, 見かけぬ, 見ざる所, 見られないやう, 親代々から, 親戚と, 誰方か, 身寄りといふ, 近衛師団が, 遠いし, 釣堀通ひ, 長いこと彼女, 関西の, 降雨が, 雪の, 面白い掏摸, 食べる人, 饑え, 鳶の, ZORAが

▼ 東京~ (214, 0.9%)

4 恋しい 3 へりの, 厭に, 好きで, 戀しく, 焦土に 2 えりの, どんなに変っ, 不適当, 好な, 恋しくなっ, 敵軍に, 画壇の, 空襲された, 空襲に

1 [177件] あって, あまりに近く, あまりやかましく, あらかた焼, ある, あんまり焼け, いい, いいか, いいと, いいとか, いいん, いかにも植民地的, いちじるしく膨脹, いつでも, いつ帝都, いやというは, うるさいからと, かえってこの, かえって適し, かつて江戸, きたないとか, きらひに, こいしくて, こいしくなる, このよう, この作家, この間うちいつも, さらに大雪, すこしひま, そういう経験, そうな, それだけ広く, そんなに暑い, そんなインフレ, そんな風, つくづく厭, どんな腰付き, なくならないという, なつかしくて, なんだ, なんだか百里, はじめてなら, ふしぎに, ふれば, ほんとによく思われる, ます, まだ変らず, むしょうに恋しい, もう既に二度, もっと広く, やけて, よく見えた, よろしい, わから, わでは, アメリカの, バタバタと, ポカリと, 一人歩きできます, 一撃の, 一番いい, 一番だ, 一番である, 一番です, 一種の, 不幸に, 不調和な, 中心でありましょう, 乱雑な, 代表する, 保守的である, 億劫な, 元禄安政程度の, 全国の, 再現する, 凄じい発展膨脹, 凝と, 出る, 南極から, 原始に, 厭と, 厭や, 収支つぐなわなくなる, 地震や, 地震地帯に, 大分攻め寄せ, 大変だ, 大雨だ, 失われたからという, 好いか, 好いね, 好いの, 好きな, 好きに, 如何に, 始まるぞ, 始めて, 安政程度の, 完備する, 寄って, 少し恋しい, 広くたっ, 広くなった, 底の, 廃墟と, 廃墟に, 建設され, 影も, 往年の, 忘れられませんよ, 怖しい, 恋いしくて, 恋しいとか, 恋しいどれ, 恋しくて, 恋しくない, 恋しくなった, 恐ろしくなっ, 恐ろしくなり, 懐しかった, 支那革命運動の, 故郷である, 敵国の, 文化が, 日々攻め寄せる, 日本を, 日本第, 早や, 昔の, 晴れて, 暖い, 最新式の, 本場でなけれ, 本拠に, 果してどんな, 森や, 樹, 次第に大きな, 此儘私に, 此那有様な, 段々西, 気が, 気に入ったよう, 江戸の, 江戸を, 灯火を, 灰燼に, 焼けないうち, 焼けるの, 焼け原, 珍しいらしい, 異常に, 稀有な, 空襲され, 空襲されたら, 空襲で, 空襲を, 空襲下に, 立派やの, 繁栄し, 考えて, 膨脹し始めた, 見えるか, 見せて, 見られない, 贔屓かい, 近くにつれて, 遙け, 郊外に, 郷里である, 陽気のせゐ, 離れて, 離れられなかった, 震災後あまり, 面を, 面白うな, 首府だ

▼ 東京~ (212, 0.9%)

13 の堕落 9 の堕落時代 6 の生活 3 の中

2 [14件] がある, がきれい好き, が多い, には思い, に忘れられ, のやう, のよう, の勢力, の気持ち, の舌, の裏面, の間, の風俗, は

1 [153件] かどう, からは一種軽蔑, から教わった, がいなく, がこう, がしばしば, がそう, がその, がどんな, がまぐろ, が単に, が地震, が実地, が最も, が物見遊山, が真実, が語る, じゃない, たる鹿島さん, だ, だから, であったこと, でありながら, である, であるから, である時, である限り, でそうして, でもそうそう, でも眼, で吾が, としては申し分, とちがっ, とともに漠たる, との交際, との嗜好, と云, と思っ, と田舎人, などは一人, なの, にてある, にはもう, には判らない, に分つ, に思い出, に押され, に認められた, に限りません, に類似, に飽かれ, のあ, のうち上流, のくびつたけの促音, のさ, のよろこぶ, のチャキチャキ, のプロ階級, の一人, の云う, の僕, の入りこまない, の口福, の古来使, の商売振り, の喝采, の嗜好如何, の堕落傾向, の好み, の安らか, の家庭, の心, の心理状態, の感覚, の憧憬, の我々, の所, の持つ, の指導下, の方, の最も, の気分, の洋服, の津田氏, の熟知, の父, の発音, の眼, の知らない, の神経, の精神的生活, の考, の胸, の腐敗堕落, の色, の見え, の賞美, の贅沢, の趣味, の運命, の釣り, の非常, の顔, の魂, はあまり, はきれい好き, はこんな, はその, はたい茶漬け, はまだ, はむしろ, はインチキあゆ, は与えられた, は主として, は人烟稀薄, は今や, は今日, は冷却, は国, は地方人, は大和民族, は学ん, は家, は幾万, は憚, は持ち合わせない, は故郷, は文化民族, は日本中, は昆布, は月蝕, は東京弁, は概して, は次第に, は決して, は田舎者, は精良品, は美食知らず, は芝居, は茶, は食物, もロンドン人, も一時, も多かっ, も子供, よりももつ, よりも地方, よりも遥, らしい律義さ, らしい表情, をし, をみじめ, を養う

▼ 東京~ (174, 0.8%)

6 の地図 5 の内外 3 の, の大, の市政 2 ことに場末, には至る, の人口, の土木工事, の河流, の貧弱, の道路工事, の風景, をし

1 [136件] あって, あれど, が広く, が思い切っ, が日本最大, が飛行機, じゃった, だけで言っ, だなと, でありましたならば, ではない, では強盗, では思想取締り, でやっ, で植林, で標準, で編輯, で買切る, という一家, となっ, と報知新聞社, と神奈川県, なの, なので, なんか敵国, における死者, についていうなら, により建設, に初めて, に対する価値, に対する告別, に居る, に広, に建てられる, に敵国, に於ける, に第, のお, のごとき, のほとんど, のまん中, のギャング狩り, の一課長, の一部分, の上, の中, の中心, の丸い, の交通, の人口調査, の代表図書館, の例, の優秀児童, の全形, の公共機関, の公園課, の内外一面, の印, の各, の名, の名誉職, の四角, の土木局長, の地, の地勢, の地圖, の地底, の墓地, の壮観, の大きい美し, の実業家, の寺院墓地, の少壮中堅吏員, の工事担当員, の市民, の広い, の当局者, の彩色, の戦後経営, の戰後經營, の政友会, の有する, の有力, の案内書, の歌, の正門, の殆, の水道, の水道工事, の消防夫, の生活, の町外れ, の目抜, の真実, の腐敗荒廃, の行方不明者, の街燈, の街頭, の調査, の變革, の貯水池, の近代資本主義的発達, の近年, の近時, の道路, の郊外, の電気局, の風, の養育院, の首, はかく, はこれ, はその, はまるで, は何処, は僅か, は原子爆弾二個, は坂, は新しい, は日, は此, は永久, は頻, は馬鈴薯, へ移管, ほど小売相場, まで運び, もたま, もところ, を出, を復興, を愛する, を爆撃せり, を眼がけ, 大罹災, 某町

▼ 東京市中~ (170, 0.7%)

5 到る処 3 では, の到る, の散歩 2 にある, にもこんな, のすべて, の交番, の寺院, の第, の道路, へ出, 及び近郊, 各処

1 [136件] からこれ程, からその, からは此山, から其の, がこんな, が海, が満員, が滿員, が真, でほか, でも最も, でも有力, で毎日十箇所, で社会主義者ども, で純粋, で詐欺脅喝, とは思われない, と同数, にあっ, にありとあらゆる, にいくら, において小林翁, における眺望, にかく, にかなり, にかの絵草紙屋, にだいぶ, にない, にはこの, にはもしそれほど, には殆ど高層建築, には残らず行き渡っ, には鼠, にも空家, にダンス場, にバラ, に卜居, に哀愁脉, に喧伝, に在, に在り, に堂々たる, に婦人, に孵化, に平和穏当, に散らばっ, に散在, に数倍, に横溢, に殖え, に無い, に牡丹燈籠, に珍しく, に生産過剰, に目立っ, に立てる, に開かれた, に電車, に飴, のあちらこちら, のいたる, のもの, のカフェー, の下町, の人々, の何処, の光景, の古本屋, の各, の大, の女, の学生仲間, の家, の崖, の庭園路傍, の廃址, の手, の掘割, の暗い, の最大, の案内, の檜葉, の混乱時代, の石切塲, の私, の私窩子, の秘密出版物, の秩序, の街路, の西洋食品屋, の話, の諸, の賭博, の迷信, の閑地, の震災後, の駅名, の高所, はこんなあらゆる, は一般, は例年以上, は次第に, は破れる, は隈, は非常警戒網, へ第, もう何處, や市外, をさまよう, をただ訳, をひっくりかえし, をまわっ, をゆっくり, をウロウロ, をグルグル, をテク, を三日さまよう内, を十里, を往来, を徘徊, を所嫌はず乘廻, を持ちまわっ, を歩き廻った, を眺めました, を睥睨, を練りあるく, を縦横むじんにあるきまわった, を見れ, を訳, を走りまわり, を馳, 到るところ, 到る処魔窟, 又は近郊, 数え尽されぬほど, 行くとして

▼ 東京~ (154, 0.7%)

7 の人 4 の新聞 3 の電車

2 [12件] が森, が火, で一番, のうまい, のどこ, の一流, の人気, の大, の家, の新聞社, の町, を歩い

1 [116件] いたるところ, いたる所, おたずね, がいろは, がなん, がバラック住い, が焼け野, が見えます, が闇, こんな完璧, での最も, での絶景, でも被服廠, でも被服廠跡, で一番人, で一番賢明, で不徳, で名うて, で川窪外, で彼處, で此日, で西洋猫, で頼り, なら何処, にありません, にいない, にかく, にしたら, にても何百, には何処, には広い, には降らぬ, にひろがっ, にひろがり, に中之郷, に大名屋敷, に寒, に寿司食堂, に工場, に拡, に拡がっ, に無い, に猖獗, に発疹チブス, に百六十何軒, に知れ渡っ, に食いもの屋, のあらゆる, のありとあらゆる, のそこ, のほうぼう, のテキ屋, の一品屋, の下宿屋, の主, の井戸, の仏師屋, の何千人, の医者, の古本屋, の名物, の夕刊, の学者, の客, の寺院, の屋根, の床屋, の建築物, の彌次馬, の往来, の料理屋, の新派, の新聞屋, の景色, の有名, の煤掃き, の牛屋, の白露人全部, の盛り場, の私立探偵, の美味い, の街, の評判, の講釈, の講釈場, の警察, の警察署, の運転手, の道具屋あさり, の銅像, の飮食店, の飼育商, の鼠, は喰い詰める, は大, へ謳われ, やられて, をうろうろ, をさがし廻った, をさわがせ, をとびまわる, をわかせる, を乗りまわし, を尋ね廻, を押し廻した, を探した, を横行, を自動車, を西洋風, を足, を遊びまわっ, を飛び廻っ, 探したって, 探しても, 逃げ廻ったバカ, 駆けまわって

▼ 東京まで~ (140, 0.6%)

7 出て 6 持って 5 行って 4 出掛けて, 行くの 3 連れて 2 いっしょに, 何百里も, 何里ある, 帰って, 来て, 積んで, 線路伝いに, 逃げて

1 [95件] いこうじゃ, いった方, いって, おれは, お送りに, お金を, かえるん, きこえて, きて, くれば, その名, その日, そんなデマ, つつがなく送り届け, とばして, のを, ほとんど飲みつづけだった, むりやりに, もって, やったら百, ゆけ, ようお, トラックで, ニコヤカに, 一人で, 一直線だ, 一緒に, 三里位しか, 上り東京見物を, 乗せて, 乗り越せば, 予約し, 二日半にて, 二百マイル近くも, 五時間私は, 付いて, 何万枚の, 修業に, 全速力で, 出たいもの, 加勢に, 半蔵が, 半蔵を, 取りに, 四時間あれ, 寝台で, 帝展を, 帰りあす, 帰りましょう, 帰るの, 帰れたの, 引つ張り出しさ, 戻った, 戻れない, 手を, 来てから, 来ないであろうか, 案内し, 歩いて, 歩いても, 歩くつもり, 歸る, 求めに, 汽車に, 沈黙っ, 焼討ちの加勢に, 直行する, 直行の, 続いて, 聞えっこないから, 聞えぬもの, 行くこと, 行くには, 行く客, 行く決心, 行けるか, 行けるの, 行つてやらう, 行つて来ます, 行つて見た, 話しに, 買い出しに, 輸送し, 送って, 送つて, 送るからと, 通います, 連られ, 運ばれて, 運んだり, 運んで, 附いて, 頼って, 飛んで, 駅馬車が

▼ 東京市内~ (121, 0.5%)

3 に於ける

2 [11件] から消し, だけでも一日, に居る, に生まれ, に生活, の人々, の各, の各所, の各署, の堀割, は勿論

1 [96件] からも雲取山, から中央沿線, から影, から望見, から郊外, がよく, が次第に, だなと, でありながら, ではこの, ではない, では他, では大騒ぎ, では絶対, でもやっと, でも下町, でも小石川, でも山の手, でも紀, で二十四人, で保険率, で六ヶ所, で数十軒, で流行, と附近, ならば, にありし, にある, においては橋, においても容易, における小売, にくらべ, にこれ, にちゃんと, になった, にはパンじゅう屋, には上り坂, には新橋, には立っ, にもこんな, にも今, に住む, に住ん, に入り, に自動車, に選ん, に釣り, に限らず, の, のある, のちょっとした, のみで, のもの, の中流以下, の主として, の交通機関, の人間, の住人, の公園, の到る, の呉服販売額, の商売振り, の地理, の多く, の大, の小包制度, の方々, の某, の橋, の池, の渋谷, の焼跡, の番地, の目抜, の知人, の警戒, の赤羽台, の遊蕩児, の釣堀, の閑地, の電灯, の電車, の風紀, の高い, の高台高塔, の鯨肉屋, はこんな, は事務所, は坪当り三石一斗, は最も, へ出かけ, や近郊, らしく二十四日, をぶらつい, を脱出, 到る処

▼ 東京でも~ (119, 0.5%)

3 屈指の, 有名な 2 一二の

1 [111件] ありませんから, い, いちばんりっぱ, いちばん読者の, いろいろの, いろいろ面白い, お花見, ここでも, すぐ町内, すでに海外版, そのあと, それについて, それも, たった一人, ちょいちょい見ました, できるという, ときどき見る, とれるだらうと, どこでも, どんなにみんな, どんなに大きな, なんらか, のめる酒, まれには, もちろんイナサ, もっとも空気, やっぱり島田崩し, やれると, よい邸地, よほどの, アパートや, ダンスなら食べ, ニューヨークでも, フナの, ローソクは, 一, 一度トラック, 一度逢った, 一流の, 一番活発な, 一般に, 一門の, 七不思議の, 上野でも, 下層に, 下町の, 下谷金杉の, 互いに親しく, 井戸の, 今に, 今は, 今仏教復興, 今日から, 他県, 以前は, 何処でも, 何処の, 先づ信用名望の, 全壊半壊合わせ, 全身を, 全面的に, 可成, 同じよう, 名高い, 地方でも, 坪内さんの, 多く他, 大阪でも, 婚姻の, 家を, 山の手と, 工場地帯で, 所に, 折折は, 數少い, 新聞に, 曾て, 有名である, 東寄りの, 根津の, 洗濯だけは, 浅草公園で, 湯島明神に, 牛込は, 生かして, 田舎でも, 皆日本民族の, 盛んに, 目下の, 知られて, 石高の, 第一級, 美しいん, 聞けぬ, 職人には, 蒸し暑い夜, 袷一枚で, 西京でも, 見た, 観察された, 言うよう, 認められて, 説教強盗が, 辻商人に, 近来よく, 防空服装で, 随一と, 電車が, 静岡で, 鮨屋へ, 麻雀ばかり

▼ 東京より~ (111, 0.5%)

3 来る, 福山に 2 來れる, 地方へ, 来たり, 歸りたる

1 [97件] いいです, かなりおくれ, この町, この鎌倉, ずっと受ける, せんには, ましだ, まず三月, まづ三月, むしろ外国, よいので, よけいか, よっぽどここ, 一時間ほど, 七八里の, 下りし, 不順に, 中野実, 二年おくれ, 京都まで, 以西横浜名古屋大阪神戸それから, 会計月給持参す, 余計見える, 來り, 來る, 俵別荘掃除に, 北海道の, 北航し, 北越新潟に, 十三里と, 十度以上は, 千葉まで, 呼び寄せて, 四五時間以上かかっ, 夜着新大阪ホテルに, 女房, 少し不自由, 帰つた直後, 帰りたる夏分, 帰着之, 廻送すべき, 弟西洋来る, 徒歩したる, 御帰藩, 悪い様, 惡い, 慶応病院の, 懇意の, 成田に, 押し込んで, 整って, 日本は, 暑いくらい, 暑く開けっ放し, 本が, 来たので, 来に, 来られ清, 来り居りたり, 来り美味き, 来る台本プリント出来, 来れる南部僑一郎, 来信これあり, 来大原氏, 来訪せる, 某氏の, 柳来り, 栄養の, 楽だ, 歸來る, 歸郷中である, 水が, 海老瀬に, 涼しいこと, 清潭子, 用事を, 申来との, 畑田氏夫妻わざ, 発達し, 盛大, 磯貝の, 神奈川に, 秩父に, 行かんには, 西方の, 見舞に, 迎えに, 近いの, 遠いところ, 遠い九州, 重井ら大同団結遊説の, 長文の, 陸羽に, 電報なし, 電報新聞ハガキにて, 飛報あり, 高崎に

▼ 東京にも~ (110, 0.5%)

2 ある, また二つ, ゐたん, 帰れないし, 滅多に, 見られない程

1 [98件] あつた, あるかしら, あるが, あるだろう, あるらしく今度, ある筈, あれ丈, あゝ云, いくつか, いられない多, いられなくなって, いられなければ, おさらばだ, おれの, こ, この花, これ以上の, こんなこと, こんなとこ, こんな一軒, こんな古い, こんな所, こんな見世物, こんな靜けさ, ざらに, しばらく出, そんなの, たくさんある, たくさんの, たくさんは, だんだん関西料理, どこにも, はじめてです, ひとつの, ほしいもの, またその, また別種, みられないよう, ゐられなくな, レールの, 一人ぐらゐ居る, 一度来た, 三台とは, 上つた三木助が, 下町辺の, 二人と, 五六軒できた, 京橋に, 人の, 倦きた, 全然なかつた, 其近傍にも, 出したいと, 別に自分, 劣るべからず, 北海道ほどじゃ, 名古屋にも, 地方にも, 多くの, 大きいの, 大分花ぐるひ, 大阪にも, 家を, 宿屋しか, 寫眞器屋などは, 少かろう, 居堪らなくなって, 帰れる, 平常は, 弟さんが, 指を, 明治頃までは, 昔から, 昔の, 時たま配給, 暫く居つた, 来て, 森が, 横浜にも, 歌人の, 歸へらず, 烈しく降っ, 生活かね, 田舎にも, 相当の, 知合が, 粋な, 蚤が, 行つてゐた, 言ふ, 身の, 輝ってると, 通人が, 進出し, 遊学した, 長崎チャンポンを, 関西風すき焼が, 随分知つ

▼ 東京~ (110, 0.5%)

5 大阪も 2 なければ, 昔は, 見ようぢ

1 [99件] あまり過度, いつしかその, おあついで, お名残り, お屋敷街, かなり中心, こがらしの, ここは, この時間, こんなにひどい, こんな雪, さぞ暑く, ずいぶん変ったでしょう, そうだった, その大抵, その発音, そんな地名, たのしそう, ちょッと, つまりませんよ, つまりや, どうやら復興, なさけない, また以前, また砂埃, みな海の, もういや, もうさぞ暑い, もう朝晩, やがては, よく焼かれ, メチヤメチヤに, ン, 一です, 一時そうでした, 下町の, 不景気かの, 不景気で暮し, 両国の, 中心を, 亦すき焼, 亦以前, 京都も, 人足ばかりは, 人間が, 今どき洗ひ, 今の, 今頃は, 何処も, 余りちがわない, 僅か二, 北京も, 同様である, 名古屋も, 四月から, 変ったろう, 変つたな, 変りましたろう, 外へ, 大事じゃが, 大川向う, 好いけれど, 学園も, 実にひどい, 寒くなる, 寝る頃, 川を, 年毎に, 広いそう, 徘徊できん, 復興した, 散歩する, 日本も, 旧市内, 札幌も, 案外寒, 森に, 横浜も, 毎日鬱陶しい, 永い年月, 満更じゃ, 滅茶滅茶に, 猶去り, 田舎だ, 田舎も, 盛んな, 知っては, 知るところ, 空襲に, 綺麗薩張りと, 表情が, 見尽したと, 變つたらう, 遠いので, 雨であった, 雪が, 面白くない, 食糧事情が, 鹿児島も

▼ 東京~ (98, 0.4%)

2 に向っ, に注い, の方, の方角

1 [90件] いずこ, から其儘丸木舟, から厚木, から強震, から発した, から船, から鮎, が見え, だけかと思ったら, である, であろう, ではこれ, で大, で敵, で舟, と隅田川, と順々, にいる, にながされ, には, にはいっ, にハゼ, に侵入, に入った, に入港, に出, に出た, に向かう, に延長, に次いで, に流れ入る, に近い, に近づい, に達した, のこと, のほう, のミズーリー号, の上, の上空, の中心, の中等潮位, の入り口, の入口, の入口追浜, の入江, の内外, の半分, の南, の口, の埠頭, の奥深く, の岸伝い, の未来, の横須賀附近, の水, の沖, の沿岸, の波の, の波浪, の海, の海苔生産, の砲台, の袋, の観艦式, の釣り場, の防備, の鱚釣り, の鴨猟, は桟橋櫛, へつきこめ, へぬける, へのがれよう, へ凱旋, へ出た, へ向った, へ帰っ, へ持ちき, へ流れ出す, へ突進, へ落した, も当時, や江東方面, を出, を出た, を出抜ける, を横断, を知った, を空, を突こう, を走っ

▼ 東京市民~ (96, 0.4%)

4 の顔 3 にとり 2 に拾, のため, の公生涯, の毫も, は市長, は思へり, は恐らく, は米露

1 [73件] があわて, がさうだ, がどれ位神経過敏, が一体, が慌て, が明治以来, が無邪気, が現に, が申し合せ, が相手, が誰一人, が負わね, が迷惑, が醵金, として存在, と江戸町人, にいかに, にならなけれ, にわが, に与えた, に日比谷公園, に檄す, に駆使, のそれ, のオアシス, の一人, の全部, の口, の喉, の地震, の大, の娯楽, の幾十パーセント, の心, の日常生活上雨, の気質, の活気, の淫蕩気分, の爲, の税金, の要求, の間, の防毒設備, の頭, はただちに, はたちまち, はだんだん, はほとんど, はめっきり, はもう, はアッケラカン, は停電, は固, は御酒頂戴, は愚図愚図, は感謝, は我が, は殺気立っ, は注意, は空襲警報, は耳, は血走った, は近き, は野獣, は骨, や日本人民, わけても吾が, をし, をニヒリスト, を怨み, を恐怖, を獣心, を驚かせる

▼ 東京~ (91, 0.4%)

8 を使う 3 だが, だった 2 がその, が上手, だ, で, と凡そ, の, を交え, を使っ, を使った

1 [59件] か本当, が使える, が巧, が自由自在, そっくりで, だつた, であった, でしゃべりだした, でもいなかなまり, でもや, で一気に, で大学生, で彼女, で断った, で早口, で演じ, で若い衆, で訳, で話しかけた, で話す, で静か, というかハマ言葉, と云う, と区別, と来, と此村, などをひけらかし, なの, なるもの, になり得ず, になろう, にはならない, に九州なまり, に訂正, に近い, に馴致, のその, のアクセント, の作物, の全く, の懐かし, は先ず, は小作人, は東京, も上手, をごっちゃ, をつかう, をまじえ, をまぜこぜ, を上手, を使, を使いはじめたで, を使いました, を使つて, を居心地, を心掛けよう, を持っ, 使うてるねんが, 必ずしも文化的

▼ 東京での~ (66, 0.3%)

2 二年間の, 生活が, 生活を, 生活線なんて, 自分の

1 [56件] あの苦しかっ, ありよう, ある悪夢, いろいろの, お信さん訪問, ことを, できごと, はなし私は, ようには, ダイジェスト日本陶器展で, 一年間私は, 一週間の, 主人すじから, 二畳の, 再會, 出来ごとを, 初めての, 十五年間の, 友人で, 古賀の, 名物の, 名精神病院, 商売が, 商用も, 大学時代にかけて, 存在に, 孤独な, 封切りであった, 就職は, 帝展見物の, 彼の, 彼岸ザクラは, 恐しい出来事, 教部省奉職の, 日々は, 旧知星野武夫と, 暮しだった, 最初の, 最後の, 様々を, 死人も, 流行の, 生活のせゐ, 生活は, 生活十六年分の, 発震は, 相談の, 瞑想や, 約束とは, 貨車の, 販路拡張の, 集いを, 震災の, 駿介の, 騒ぎの, 髷である

▼ 東京監獄~ (64, 0.3%)

3 に入 2 から帰っ, の一室, の未決監, へ送られた, へ送られる

1 [51件] から, からここ, からその, から巣鴨監獄, から手紙, から放免, が未決監, での第, ではこれ, ではごく, ではまだ, では監房, では看守等, でも千葉, でも同じ, で押丁, で面白い, で面白かっ, と違っ, にいる, にはいっ, にはいった, にゐる, に一ヶ月, に五晩, に今, に勞役場留置中, に在り, に居る, に拘留, に残され, に監禁, に着いた, に行きまし, に行く, に這入った, のあの, の一監房, の二週日, の大, の時, の門, は仲間, は挽割麥, へとつれ, へはいった, へ行った, へ送られ, まで送られる, や巣鴨監獄, より押送吏

▼ 東京見物~ (64, 0.3%)

3 に來, に出, に行きたい, をし, をする 2 でもし, に行った, に費された, をさせ, をさせる, を企てた

1 [37件] が悪かっ, させようと, して, たいてい赤毛布, ではない, でもさし, でもさせ, などさし, などをする, につれて歩い, にでも出, にでも連れ, に出かけた, に参った, に帰っ, に春, に来, に来たら, に来る, に行く, に連れ, のその, の低空飛行, の客, の旅行, の相談, の衆, はこり, は冨美ちゃん, は後廻し, は無理, は陰惨, もし, や月々, をするなら, を一つ, を母

▼ 東京からの~ (61, 0.3%)

3 手紙を 2 客が, 通信では

1 [54件] お客さんと, お客さんに, お客さんには, お客さんも, お客です, お荷物, 下肥ひきに, 余波であった, 便りを, 便利な, 切符を, 友人を, 土産を, 報告に, 夜行が, 客, 客と, 客というは, 客の, 客は, 客人で, 帰りに, 帰りを, 帰り路を, 帰途この, 帰途に, 引取り人は, 御餞別, 扈従記者は, 指令を, 旅人と, 旅客に, 日帰り乃至, 書留が, 汽車が, 汽車は, 汽車賃を, 消息を, 生卵, 疎開先を, 約束だった, 絵葉書だけ, 言伝を, 謙さんの, 距離との, 返電を, 遊覧の, 運賃一円十銭を, 避暑客などは, 野菜の, 電報が, 電報も, 電報以来はじめて, 鮭や

▼ 東京新聞~ (60, 0.3%)

4 の, の時評 2 のヨリタカ君, の文芸欄, の田中君, の第, の記者, やら手紙

1 [40件] からはあと二十回, から死人, だから, で劇評, で小山栄三, で見る, に, にのった, にも読み飽き, に出, に我社, に書い, に書かれた, のもとめ, のタロちゃん, のタロちやん, の人たち, の名, の地方版, の小原壮, の改題, の文化欄, の栃木版, の漫画家, の第一線, の記事, はいずれ, は私, は部数, は都新聞, ば読め, ば読ん, へ寄す, も碌ッ, をとりだし, をひろげた, をよみそめし, を振り上げ, を読ん, を讀ん

▼ 東京附近~ (60, 0.3%)

2 で三人, にある, の田舎

1 [54件] から始め, から東京都内, から東海道, げに, だが, ではあえて, ではさ, ではよく, ではコトハジメ・コトオサメ, ではツクシンボ, では三月, では品川沖道隆杭, では武蔵橘樹郡橘村大字明津, では第, では赤塚村, では青い, では馬の脚, では鯊, でもこの, で冬, で死骸, で蔬菜, で避暑地, で鱸, にてはともかく, には其類まれ也, には吉野櫻, には大, にもこの, にも少し, に居る, のある, のいわゆる, のコウセン, の三五劇団, の冬, の地, の平原, の或, の村, の浅薄, の温泉場, の百姓, の目星, の祭礼, の自動車道路, の貝塚, の選手, の重要, の開け, は急激, へまぎれ込んだ, や信州, を通過

▼ 東京へは~ (59, 0.3%)

2 出て

1 [57件] あなたは, あの明くる日, いつか出たい, いつ歸, いるまでに, お出, こられません, まだへえ, もう戻らない, やれない, よく出た, 一寸行け, 二十日目に, 二度とかえっ, 二時間以内で, 全くひどい, 出ずに, 出ず頑固, 出たし, 出られないと, 刺戟を, 始終出, 帰らないで, 帰らなかった, 帰らなかつた, 帰りません, 帰るだろうね, 帰るまい, 帰れないと, 帰れない身体, 戻って, 戻つて, 戻らないといふ, 戻れないし, 日露戦争の, 明後日でも, 明朝夫人と, 暫らく歸りたくない, 来らんで, 歸らぬだらう, 歸らんと, 歸らんの, 殆ど出, 無断で, 皆行きたがっ, 着かないもの, 着きし物, 突如と, 聞えて, 行かずこの, 行かずとも, 行かずに, 行かないこと, 行きませぬ, 行つて来よう, 転入出来ません, 通勤する

▼ 東京~ (57, 0.2%)

54 と思っ 3 より 2 から知ってるでしょ, つたと, でヤなつ, と思う, と思ふ, なあ

1 [33件] から東京, か横浜, が, が今日東京, これでも, し秋川, そうです, つてこれぢや, つて御前見た, つて歴史は, つて知つてる, つて私どうしても, といい, という, といふ, とてあらう, と云, と年寄, と教えた, と私, な, なんてそんな, ね, もう間もなく浦安, もの, よと云い, よりのはたと, よりの記者, ツイたまたま, 大阪だ, 東京と, 牛肉も, 誰でも

▼ 東京~ (57, 0.2%)

10 の汽車 5 の列車 2 について一口, の話, の馬車

1 [36件] だ, に乗った, に移つて, に関しては妻君とりら子, の下肥取り, の出る, の切符, の急行列車, の旅客機, の日, の時間, の書信一切郵便局, の汽車賃, の省線, の空望み, の超, の錢別, の青, の頭, の餞別, はお, はご, は大いに, は止め, は父さん, ばかりと思っ, をする, を中止, を二つ返事, を引き止められる, を引止められる, を彼女, を思, を決心, を許し, を隆ちゃん

▼ 東京~ (56, 0.2%)

9 大阪の 4 大阪や 2 その他の, 札幌の

1 [39件] お銀, そちらと, そない, なあ思うたらしい, またはその他, わなあ, 京都で, 京都に, 京都の, 京阪で, 北海道の, 千葉に, 地方の, 大阪なぞの, 大阪などから, 大阪などでは, 大阪に, 大阪へ, 大阪まで, 大阪よりは, 大阪よりはずつと, 大阪等の, 小樽札幌に, 東京附近で, 東海道方面で, 横浜から, 横浜の, 横浜へ, 横濱あたりで, 横濱さへも, 横濱の, 横濱神戸大阪などで, 田舎などに, 箱根へ, 薩摩に, 行田や, 金沢の, 鎌倉から, 阪神沿線の

▼ 東京~ (51, 0.2%)

3 へ鑛毒水 2 の一部

1 [46件] から御, から私, が今日, が孫, が皇太子殿下, が盡, だけで三, では, ではこの, では少年少女, では府立演劇学校, では青山, とか他, なら練馬板橋, に代理, に入っ, に勤め, に聞け, に頼み, のささやか, の人民, の吏, の問題, の学務当局, の学務課, の役人たち, の心, の恩給掛, の構内, の用地, の老人ホーム, の課長, の警部, の豫防, の電柱, は初めて, へ入っ, へ召喚, へ咄嵯, へ書面, も私, よりも静岡県, より太田氏, を鑛毒地, 第一中學, 迄引揚可申旨

▼ 東京行き~ (50, 0.2%)

12 の汽車 4 の列車 2 に火, のこと, の切符, の夜汽車

1 [26件] でない上り列車, でなければ, といふ, と書いた, には彼, の乗合馬車, の二等車, の二郎, の信玄袋, の四十格好, の夜行, の思いつき, の急行, の旅費, の機関車, の省線, の終電事, の郵便屋, の電車, の飛行機, はぜったい, を志した, を思い立った, を断念, を望ん, を見送った

▼ 東京近郊~ (50, 0.2%)

32 で世界

1 [45件] から冬, だけでも十五, である, では井, では好い, でも甘, でも近年, における採集, には頻りに, に住ん, に及ん, に咲く, に定住, に小, に於ける, に移転, のひらけなかつた, のみならず, のゴルフ場, の住宅地, の國電, の地主, の地名, の地図, の大利根博士, の女, の宿屋, の小さい, の川, の採集, の日野, の最大, の村落, の板橋, の桜, の特色也, の臺地, の農村, の静か, の面目, は能, を遊歩, 全圖, 或る, 某侯爵邸

▼ 東京~ (48, 0.2%)

2 などに作ろう

1 [46件] がもう, が大阪, で色, とか江戸自慢, との間, な家庭教育, にすっぽん, にならず, になる, にもの, に作っ, に作る, に床間, に染ん, に理窟, に結っ, に髪, のお, のお菜, のゆっくり, のカフエー, の品, の女, の女中, の家, の洋装, の洋裝, の派手, の流行, の渋い, の焼イモ, の煮, の生活, の男, の真似, の箪笥, の縁, の菓子, の蒸し, の言葉, の贅沢, の酒場, の髪, を吹かさず, を知らぬ, を見せる

▼ 東京じゅう~ (47, 0.2%)

11 の人 3 に非常線, の新聞, をさわがせ 2 の警察

1 [25件] いや日本じゅう, がふるえあがる, が同じ, でこの, で何万人, で有名, で電燈, にどっと, に家, に知っ, のどこ, のひょうばん, の交番, の人気, の宝石商, の番地, の警察署, の金持ち, の雑誌記者, の電燈, をさわがせた, をへめぐらされる, を歩きまわらせ, を足, を駆け回っ

▼ 東京という~ (47, 0.2%)

4 ところは 3 処は 2 ものの, 大都市の

1 [36件] ことは, ところにも, ところの, ところを, のです, ふるさと全体が, まちの, ものが, ものを, ボイラーに, 一つの, 人口過多の, 土地には, 土地を, 地理的距離以外に, 大都会, 大都会全体, 定まった土地, 家敷に, 巨大な, 帝都が, 所が, 所の, 所は, 所も, 文化都市, 新しい都会, 現実の, 町の, 都が, 都会からは, 都会に, 都会にたいして, 都会の, 題目で, 首都を

▼ 東京会館~ (44, 0.2%)

2 の忘年会, へ

1 [40件] ですきや, でポタアジュ, で催された, で夕飯, で披露, で晩餐, で極めて, で祝, で行われる, で開い, と帝劇, と帝国劇場, と相, と高橋, に開く, のオザ, のグリル, のビクター, のプルニエ, のルーフ, のロビー, の二階, の大, の屋上, の屋上庭園, の招待状, の法事, の片倉, の玄関, の賑やか, の階段, は現に, は腰, へカブキヤ, へ久世, へ寄り, へ清元梅吉, へ行っ, を飛び出した, を飛出した

▼ 東京朝日新聞~ (44, 0.2%)

3 に左 2 に, にれい, に出た, の文芸欄, の記者, へ一文

1 [29件] が報じる, が幾日, が本件, であるが, でも, とが置かれ, などにお, などは大いに, によれ, に前後, に寄せね, に連載, の初, の夕刊, の奸譎邪惡, の左, の文藝欄, の映画欄, の社説, の記事, の論説, は, は去る, は輿論, より需めら, よろず案内欄, を見たら, を見る, ノ

▼ 東京あたり~ (43, 0.2%)

2 からはるばる

1 [41件] かそれとも, からやってきた, から人, から來, から新任, でそういう, でその, では, ではごく, ではどうも, ではなか, では一寸, では十メートル, では普通, では此, では見受けられない, でもまだ, でももつ, でも隅, で俗, で大型秋田, で磁石針, で耳, とはだいぶ, とまるで, と変らない, にいつ, にでも滅多, にはもう, に多い, の一円五十銭, の人間, の家, の標準的発音, の猟組, の町中, の親しい, はレグホン, へ送り出す, も前, より一月

▼ 東京への~ (43, 0.2%)

3 土産にと 2 往き還り

1 [38件] おみやげと, おみやげに, お土産, かえりがけ, かえり途, 侵入を, 初旅, 原稿を, 反逆つまり, 土産だ, 土産に, 好い土産, 帰還, 庭石は, 往き帰りに, 愛情と, 憧れと, 推移の, 旅, 旅に, 旅行などは, 旅行に, 曳船だった, 汽車が, 汽車に, 汽車の, 流れだけ, 用向を, 移り変りは, 第一信, 距離は, 転出は, 途中に, 途中兵隊が, 進学を, 道すじを, 道を, 電話の

▼ 東京付近~ (42, 0.2%)

3 にある 2 でいう

1 [37件] だけで一万六千人, だと, でおもしろい, でざっと, ではかの, ではそういう, では一番アジ釣り, では十五, では千葉県, では多摩川, では府中, では房州, では折り, でも三尺, でも利根川, でも千住在, でヤマベ, で見る, で言え, などで年々, に大変, に居る, に非常線, のイイダコ釣り, のオシラサマ, のクヌギ林, の下級層, の中川, の例, の地, の田, の田舎, の空, の花ダイ, の郊外, の釣り師, へド

▼ 東京方面~ (41, 0.2%)

2 への切符

1 [39件] からこっち, からのそれ, から木曾路, から来る, から箱根, から見た, から遠征, ではうち, ではうち盲腸炎, ではそういう, では無尽, では熊谷, で親父, との交通, における唯一, にはよい, に及びたる, の事情, の人, の壮士, の学者, の情報, の競輪場, の要求, への順路, へも出, へゆく, へ列車, へ娘, へ帰る, へ引いた, へ御, へ旅行, へ行ける, より伝わっ, より来た, を主, を目指し, を襲撃

▼ 東京~ (38, 0.2%)

2

1 [36件] が出来た, だのそう, ではお, で団蔵, で彼, といっ, とを掛け, などはだだっ広い, における勝四郎, にて坪内博士, にて新, には上方若手芝居, に出た, に居, に往, に於, に開かる, の, のレヴィユー, の三月興行, の二十四孝, の六月狂言, の外, の花道, の連続興行, は九月, は左団次一座, は神田, へ出勤, へ呼び, もその, も初日, や川上座, や歌舞伎座, を主, を見

▼ 東京~ (37, 0.2%)

2 であるから, ではない

1 [33件] かも知れぬ, が杉山, が薩摩人, が赤ん坊, だが, だって東京, ですとさ, で一度, で深川, で私達, という金箔, にこの, にこれ, にちがい, には東京者, には珍しい, に入り込まれ, に対しては私, に悪い, に打勝った, に此手, のやう, の云う, の四五人づれ, の行く, は尻尾, もいく, も弱った, やな, らしいお, らしいハイカラ, らしい少年, らしかつ

▼ 東京郊外~ (37, 0.2%)

2 に住ん, の井の頭公園, の或

1 [31件] から下総, から牛込, で令嬢殺し, にある, にも折々, に家, に移つて, の, のこんな, のどんづまり, の借, の写生品, の夏, の家, の寓居, の平和, の景物, の武蔵野, の温泉地, の田圃, の田園, の田舎, の畑, の私, の空ツ風, の空地, の茅屋, の陋屋, の高い, への採集, を荒しまわっ

▼ 東京近く~ (36, 0.2%)

2 にて青鼠頭魚, のこの, の県

1 [30件] が便利, では, ではアヒダキモノ, では中川, では京王電車, では千葉県, では武州高雄山, では珍しかっ, では相州, では若鮎, でぼく, でもへた, でクボ, で三四人, で言う, にも立派, に移住, の人たち, の或, の村里, の此村, の武州保谷村, の温泉地, の溝端, の溪, の狭山, の田舎, の農村, の青梅, 来るまで

▼ 東京生れ~ (34, 0.1%)

4 の人 2 だと

1 [28件] だから, だろう, でいざ, です, ではあるまい, でも山の手, で両親, で父親, というの, なので, なんで, には幸田君, の, のあの, の人形芝居, の俺, の喜兵衛, の女, の妓, の娘, の学生, の東京, の檜垣, の気前, の言葉使い, の証拠, の醜婦, は珍しい

▼ 東京生活~ (32, 0.1%)

2 の混乱, をした, を引きあげ

1 [26件] がもう, が三十年, が恰度外國, が面白く, が髣髴, であつ, でこんな, で困つた, で慣れ, に於い, のなか, の所産, の薄, の薄っぺら, の裡, はその, はまことに, は結局失敗, も昔, よりお客, をいつわらず, をきりあげ, をし, をする, をその, を知っ

▼ 東京~ (30, 0.1%)

2 の所謂

1 [28件] が喉, が大体標準語, ではなく, でもある, で只, とか平安朝盛時, とも地方語, とよりもはるか, と同じく, と名古屋語, と大体, と好い, における語頭, には存在, には東京語, に大きく, の, のカ, の幾つ, の調子, の返事, はシ, は本来, ばかり使っ, もそう, をつかわね, をつくった, を基準

▼ 東京~ (30, 0.1%)

2 の中, の西

1 [26件] か, が市街, が戦災直後, が数年前, だ, だけに適用, ではあつ, では明治新政以来, では許可, と雖, などはまだほとんど, のおそらく, のこんな, のそこここ, のもっとも, の下町一帯, の住民, の内規, の地図, の島, の露店, は保護保存, は東京都庁, への転入, へ一万枚, を一例

▼ 東京~ (29, 0.1%)

3 へ行っ

1 [26件] で, で年鑑, とに買物, と丸善, に, にありませんでした, にもおいてない, による, の, のまるで, の店員, の番頭君恐縮, はぐるり, へ, へまわりました, へゆき, へゆきました, へゆき字引, へよる, へ出かけ, へ本, へ行き, へ行く, へ行ったら, までいった, や丸善

▼ 東京へも~ (28, 0.1%)

2 どこへも, 出て

1 [24件] お前に, きこえたが, すぐ知れる, どつて來, やつて, トントントンカラリの, 一度行く, 伝は, 何度か, 大阪へも, 寄って, 帰られずけっきょ, 帰られは, 帰れなかったあかつき, 帰れるし, 殆ん, 用達しに, 行きかね, 諸国から, 連れて, 進出し, 遊びに, 電信を, 電報で

▼ 東京~ (27, 0.1%)

1 [27件] であちこち, ではまだ, ではビク, では四月末, では家鴨, では極, では見た, では豚, で取れた, で売る, で朝晩, で生粋, で茶飯, と四国, ならば, なら椎, のようえい, のデパート, の人, の大人位食物, の嫁菜摘み, の学者, の安, の悪い, の豚, の風習, は追

▼ 東京なら~ (26, 0.1%)

1 [26件] あなたにも, おれも, さしづめ魚, ば三浦半島, ば学校, ば寒い, ば松沢行き, ば桜, ば流しませう, ば牛鍋屋, ば猶, ば築地魚河岸, もうこれツ切り, もう店仕舞, 五六千円より, 多摩へと, 大よろこびです, 広うございます, 東京という, 東京へ, 此方へ, 流行する, 百円も, 車で, 近いからと, 駄菓子屋といふ

▼ 東京よりも~ (24, 0.1%)

1 [24件] どこより, なぜか, まだ北の方, 住み心, 十三円, 却って諸君, 地震が, 大阪の, 大阪独特らしく, 寒しと, 日本よりも, 早かったらしい, 星がは, 暑いと, 暑く冬, 暖かいの, 松江が, 温いほど, 溌溂と, 遙かに, 遥に, 長く会えるらしい, 閑静な, 面白いだろう

▼ 東京ビル~ (24, 0.1%)

4 の崩壊 3 の横腹 2 の横

1 [15件] がカチカチカチッ, が崩れ, だけで崩れる, に茂森君徃訪, のコック, の主任, の入口, の崩れ, の崩れた, の崩壊事件, の玄関, の給仕, へ行き, を呆然と, を背

▼ 東京劇場~ (24, 0.1%)

2 の広告, まで

1 [20件] での忠臣蔵大序, で上演, で帰朝, で明日, とか演舞場, におけるその, に着く, の中央, の先代萩政岡忠義, の地下室, の塔, の裏手, は早速, へ, へ出掛けた, へ大船映画, へ文藝春秋愛読者大会, へ新派, へ連れ, まで一緒

▼ 東京地方~ (24, 0.1%)

1 [24件] から富山県下, では地震, などで晴れた, にはめずらしい, には稀, に大雪, に居住, に活動, に破壊的地震, のもの, の大, の惨状, の気象, の電力事情, の震災, は大, は稀, は警戒解除, へ旅行, や大阪地方, をおそった, を合せ, を巡講, を通過

▼ 東京における~ (23, 0.1%)

2 最高位の

1 [21件] いろいろな, 三月の, 冬季の, 喜劇の, 夕陽の, 実際の, 廃娼運動の, 御殿の, 戦後の, 新しい住所, 新派劇団からの, 日本戦犯たちの, 書生芝居の, 活動写真の, 火星人の, 総売上高, 美食は, 華族の, 諸外国大使, 重力の, 野球界の

▼ 東京都内~ (23, 0.1%)

1 [23件] だけでも数軒, ではあります, でもそういう, で起った, ならば, に, にい, にかけてこの, にこんな, にご, にだって動物園, にはちがい, にも小鳥, に於, に氾濫, の, のちがった, の地下, の接収家屋, の直下, の諸方, の賑やか, はいや

▼ 東京からは~ (22, 0.1%)

2 望まれない

1 [20件] いつも逆光線, しきりに手紙, なれて, まだ大学生, もう金, よく絵かきさん, 何とも云っ, 係官が, 信越線の, 同行者も, 帝大, 形も, 後から, 手紙を, 時々片仮名, 東北の, 歸省する, 真竪, 第四種, 若し何ん

▼ 東京ちょん~ (22, 0.1%)

22 きな

▼ 東京との~ (22, 0.1%)

3 間を 2 距離は

1 [17件] あひだ, お通話, 事業上の, 二十倍も, 交渉は, 俳交も, 対立に, 差である, 手紙の, 接触それらの, 料理の, 比較が, 距離が, 連絡は, 連絡を, 過渡期の, 違いだろう

▼ 東京にて~ (22, 0.1%)

2 有人様, 相当の

1 [18件] せよ, 出すには, 勉学の, 商売を, 夏の, 嫁入, 学校教育を, 居を, 山岡鉄舟の, 役人などに, 恰もお, 日を, 毎月五日の, 没す行年四十, 猪子蓮太郎先生瀬川丑松より, 聞馴れ, 花柳に, 越年

▼ 東京市長~ (22, 0.1%)

2 として最も, として未だ, の椅子

1 [16件] が急逝, が欠け, が缺, であった尾崎行雄氏, とか大阪市長, なら東海道, になる, に就任, の中, の御, の辞職, の銀盃, はつとまらん, へ色気, をつとめ, をやっ

▼ 東京湾口~ (22, 0.1%)

3 の鯛

1 [19件] から外, で大, で発光, で釣った, で釣れた, で釣れる, と言う, には凄い, の海, の深い, の落ちスズキ, の落ち鱸釣り, の鴨居, は魚, へ産卵, へ釣り, を中心, を出た, を扼し

▼ 東京です~ (21, 0.1%)

9321 かい, がしばらく, ってまだ, ねその, もの, よ, わ

▼ 東京なる~ (21, 0.1%)

2 大都会, 重井に

1 [17件] ものの, 伯母の, 吾妻橋に, 大原満は, 帝室博物館の, 旧友の, 本郷病院へ, 某学校, 母より, 自宅へ, 都会の, 都会を, 都市に対して, 都市の, 高山法学士から, 高山法学士の, 麻布の

▼ 東京へでも~ (21, 0.1%)

3 出て, 遊びに

1 [15件] いって, お出でに, どこへでも, 出かけるやう, 出掛けた時, 帰ったらいずれ, 引き取るの, 旅を, 来た時, 留学を, 行くよう, 行って, 行つて, 連れて, 飛び出すばかり

▼ 東京もの~ (21, 0.1%)

2 と異なる

1 [19件] かといふ, が幾人, だそう, だろう旅, である, でたま, と夫婦, によく, の三崎, の子弟, の持っ, の眼, は口, は清潔, は蓮葉, も居た, よりずっと, らしいインバネス, らしい人間

▼ 東京パレス~ (21, 0.1%)

1 [21件] である, というところ, とは何もの, にもそろそろ, に於, のこと, のホール, の五棟, の似, の女の子, の情景, の男の子, はその, はそれ, はアベコベ, は今, は広, へ交渉, へ行っ, をという案, を精密

▼ 東京帝國~ (21, 0.1%)

11 大學 1 大學内地震學教室, 大學地震學教室, 大學教授其他來賓及松, 大學教授文學博士宇野哲人君, 大學文學部學生, 大學文科, 大學新聞, 大學派, 大學理學部, 大學英文科

▼ 東京じゃ~ (20, 0.1%)

1 [20件] あんなこと, これが, これで, そんなこと, ないわ, なかったし, もう大抵毛, アきけない, 催促さえ, 右翼の, 大騒ぎだ, 子供扱いで, 新円, 旗が, 米で, 臆病な, 自然聰さんが, 見られないよ, 観音様の, 誰も

▼ 東京とは~ (20, 0.1%)

1 [20件] いうても, いや日本, えらい違ひで, かぎりません, また似, よほど違いますでございます, 云ふ, 別な, 名のみの, 大分違ふ, 少くとも, 少し拵え, 思えなかった, 新宿の, 目と, 直接に, 變り, 違ったもの, 違つて遊樂の, 違ふ

▼ 東京専門学校~ (20, 0.1%)

1 [20件] あり仏法, が今や大いに, で文学, といい, と称えた, にとって最も, にわずか, に入っ, に求むる, の十五周年, の名, の大学昇格資金, の政治科, の講師, の起る, は一時押潰, は経営二十星霜, へ英語, をし, を起した

▼ 東京といふ~ (19, 0.1%)

3 ものを 2 言葉を

1 [14件] ことで, ものの, 処は, 団体に, 土地に, 大都会, 大都市の, 天下名題の, 此都會の, 観念から, 近代都市に, 都会は, 都會を, 酒色と

▼ 東京地図~ (19, 0.1%)

2 を握り

1 [17件] あるかい, が拡がっ, などが不, などが持ち出される, にし, には江戸時代, のところ, の上, の煩雑, はすでに, はなかっ, は幾何学, をもち, を借り, を嫌っ, を懐中, を畳ん

▼ 東京大阪~ (19, 0.1%)

2 に於ける, の各

1 [15件] から来た, が最も, とも同時に, にない, の合併相撲, の外, の市長, の新聞社, の有志, の生徒, の金銀座, をまた, を探し, を通じて計算, 両朝日紙上

▼ 東京へと~ (18, 0.1%)

1 [18件] いかばかり幾変転, いって, こころざして, である, まりに, 上京し, 乗出した, 云うの, 呪の, 帰路を, 志されたこと, 志望した, 思うと, 急がせた, 汽車に, 浮足たっ, 爆音もの凄く, 言う声

▼ 東京全市~ (18, 0.1%)

1 [18件] がどう, が不良, が断水, が水浸し, が災害, で行われた, にわたって倒壊家屋, にランプ, に正午, に通じ, の家, の発達, はもちろん, は大, へ支店, も大, を太平洋, を席捲

▼ 東京帝国大学~ (18, 0.1%)

3 の法学部

1 [15件] から発表, で研究, に遊学中, の俵國一, の卒業証書, の嘱, の小石川植物園, の御用出張, の文科, の法科, の祖校, の系統, の経済科, の航空研究所, も遂に

▼ 東京言葉~ (18, 0.1%)

2 だ, を使うとる, を勉強

1 [12件] が自由, で, では言, になっ, にもお, に直し, は一寸, を使う, を使おう, を使っ, を使つて田舍者, を遣っ

▼ 東京駅前~ (18, 0.1%)

2 の大通り, の広場

1 [14件] から市川行, だ, である未知, で見た, で見送っ, で見送つ, で詰め, にある, に建った, に行った, の交番, の花月, の通り, の雑沓

▼ 東京~ (17, 0.1%)

4 行って 2 でも行け, でも行っ 1 など行ったら, ね, は今度, は何時着ぐの, へゆくだ, 出たとき, 持って, 行ったら俺, 逃げだべって

▼ 東京朝日~ (17, 0.1%)

1 [17件] がこの, しか来ません, と東京日日, には宮津電話, に出, に出た, に書いた, に次, に連載, の, の夕刊小説, の杉村楚人冠君, の編輯局, の鉄箒欄, も時事, や読売, をという具合

▼ 東京育ち~ (17, 0.1%)

2 だから, の私

1 [13件] であったから, と名乗る, にする, のあらかじめ, のくせ, のもの, の人間, の妻, の子供, の弁, の書生, の貧乏, の銀子

▼ 東京音頭~ (17, 0.1%)

1 [17件] が愛嬌, であった, となり, と称する, のレコード, の代り, の会場, の大, の流行, の連中, は嵐, は郡部, やデッカンショ, や長唄, を唄う, を踊つて, を踊る

▼ 東京~ (16, 0.1%)

2 やなかつたら, やア, や怎, や迚 1 や, やとても, やねえか, や催促さ, や夜店, や往き來, や江戸ツ子, ゆう搜

▼ 東京~ (16, 0.1%)

2 のさかいめ, のシグナル, の潜水洞 1 で水上けいさ, で汽船, にむかっ, に到着, に特に, に碇泊中, のほう, のボート, へはいります, までいく

▼ 東京裁判~ (16, 0.1%)

2 のラジオ

1 [14件] が捕虜, が最終論告, で私たち, で裁かれ, で近く判決, という国際的, における東條英機その他, に便乗, の判決, の実況放送, の記事, の進行, の陳述, はまちがう

▼ 東京~ (16, 0.1%)

2 の汽車, の距離, を往復 1 でこの, で二十回位, の往復, の旅客機, の旅程, の電報往復, は町, を二, を指定区域, を日帰り

▼ 東京ポスト~ (15, 0.1%)

2 の千種十次郎君, の社会部次長

1 [11件] ですがね, のヴェテラン, の千種十次郎, の名, の早坂勇, の社会部, の社会部次長千種十次郎, の社会部長, の編輯室, はまだ, は何時

▼ 東京~ (15, 0.1%)

9 一の 1 一という, 一ほど, 一他に, 一否, 一大区十一小区東松下町三十七番地工部省七等出仕塩田真方寄留, 四区

▼ 東京近在~ (15, 0.1%)

1 [15件] から来, で展望無双, の女, の寺, の小さな, の田畑, の百姓家, の社寺, の若者, の註文, の農村, の里ツ子, の零落, の馬鹿囃, をあちこち

▼ 東京~ (15, 0.1%)

1 [15件] から箱根越, から素直, から麻素子さん, で買, などとは思ひ, に出, に着いた, に落合, のプラツトフオーム, のホーム, の浮浪兒たち, へくみ子, へ歸つた時, まで來, を一番

▼ 東京~ (14, 0.1%)

2 のです, んです 1 の, のか, のだ, のでしょう, のですぐ, ので恥, のね, んだ, んでございます, ンです

▼ 東京において~ (14, 0.1%)

1 [14件] あるん, もっとも進歩, 上人の, 強力な, 或は家, 暗殺の, 来た女房子供, 檜舞台を, 求めても, 消耗される, 碧梧桐虚子氏その他の, 置けない気, 草すること, 軍隊の

▼ 東京府下~ (14, 0.1%)

2 の三鷹町

1 [12件] だけでも丸潰れ千八十戸, での網打, では八丈島, にも何十人, に行, に達する, の一病院, の品川町, の子供唄, の町, の西部山村, は總數四萬餘

▼ 東京~ (14, 0.1%)

7 繁昌記 2 市長 1 大坂町に, 市域のは, 滑稽や, 繁昌記の, 繁昌記中に

▼ 東京だって~ (13, 0.1%)

1 [13件] あるん, こんなに焼け, すぐ育つ, まあ同じ, みんなが, デルタでした, ヒドかった, 京都だって, 今の, 年に, 御前みた, 親切な, 言うのに

▼ 東京までの~ (13, 0.1%)

4 切符を 1 六十マイルを, 切符は, 切符一枚, 弁当も, 戦災の, 自動車の, 見送りとしては, 間の, 間は

▼ 東京~ (13, 0.1%)

1 [13件] ですが, という新宿, といわれる, の勧工場, の大, の大き, の大通り, の女形俳優, の牛肉屋, の病院, の盛り場, の虫, の道路

▼ 東京以外~ (13, 0.1%)

1 [13件] では京都大阪, で旨い, にはなく, には先ず, にも開くべき, に文壇, に踏み出した, の十二月, の土地, の地域, の方達, は全然, を知らない

▼ 東京劇壇~ (13, 0.1%)

1 [13件] が意気地, では彼, にあった, においてその, に風雲, の中心, の眼, の総, の覇権, は松竹, へ一つ爆弾, を征服, を振わす

▼ 東京及び~ (13, 0.1%)

1 [13件] その以北, その近郊, 其附近にて, 地方で, 地方に, 大阪の, 東京地方に, 東京附近には, 横浜で, 湘南地方に, 近県が, 鎌倉人は, 附近から

▼ 東京暮し~ (13, 0.1%)

2 をし

1 [11件] でたちまちすーっ, で会社, で高橋, にしろ, にちっとも, の作家, はかう, をいたします, をする, をつづけ, を思い立っ

▼ 東京などの~ (12, 0.1%)

1 [12件] メンザイと, 人は, 咳の, 大工たちも, 大都会, 小さな女, 御客遊び, 普請場で, 私立営業の, 秋祭りは, 花曇りの, 若い人たち

▼ 東京よりは~ (12, 0.1%)

1 [12件] うまくって, ましの, よかった, よほど暖かい, 一月おくれ, 万事の, 偉いん, 先鞭を, 北の, 少し寒い, 当時の, 餘程暖かい

▼ 東京大学~ (12, 0.1%)

2 で先生, の名誉教授 1 での講義, で十五年, で講義, に二十年以上勤務, に移られ, の理科大学, を卒業, を定年

▼ 東京市外~ (12, 0.1%)

2 の三鷹村下連雀 1 ではある, となる, に住ん, に出る, のどこ, の三鷹村, の三鷹町, の地価, の最近, の病院

▼ 東京市政~ (12, 0.1%)

2 の裡面, は久しく 1 でつかう, の有力者, の破綻, の腐敗, の腐敗堕落, の裏面, を今日, を見る

▼ 東京朝日新聞社~ (12, 0.1%)

2 の通信員八十島氏 1 が襲撃, で使用, において昭和十一年度, に石川, に籍, の主催, の代理部, の建物, の若菜貞爾, より南京陥落

▼ 東京近傍~ (12, 0.1%)

6 の温泉場 2 にはさすが 1 だけだった, の在, の汽車道, の設備

▼ 東京にては~ (11, 0.0%)

1 [11件] いよ, これを, 一月二日の, 何とかハゼ, 借家住居の, 帝国ホテル前の, 幾ん, 最も高く, 見慣れたれど, 雲の, 電話の

▼ 東京名所~ (11, 0.0%)

4 の一つ 1 だの役者, という錦絵, の図, の増上寺山門, は更に, や俳優名妓等, や日本三景

▼ 東京~ (11, 0.0%)

2 地震の 1 博覧会で, 博覧会へも, 地震を, 地震予言を, 地震湯屋破損の, 學の, 歌舞伎の, 火災の, 空襲の

▼ 東京時代~ (11, 0.0%)

1 [11件] であったが, とは町, にあぶない, における先行者, にねずいぶん, に一中節, に一高, に経験, の南原杉子, は, はあばれた

▼ 東京浅草~ (11, 0.0%)

2 の以前, の方 1 に鷲神社, の七年住, の住, の住居, の家, の小楼, の蔵前

▼ 東京~ (11, 0.0%)

1 [11件] かえらなければ, ゆられ, 出た, 出たいもの, 出て, 十二日かかる, 持ち運び候事に, 歩いて, 菓子買は, 行ったのにという, 陸路二百マイルの

▼ 東京音楽学校~ (11, 0.0%)

1 [11件] では昭和九年二月十七日, にも及んだ, に入学, に於, に送達, の態度, の教授, の萌芽, の規則, を卒業, を被告

▼ 東京地方裁判所~ (10, 0.0%)

1 から黒川博士, に公判開廷, に通っ, の公判, の判事, の委嘱, の法廷, へ出かけました, より貝原検事, 第一審判決

▼ 東京府庁~ (10, 0.0%)

1 で墓所, に宛て, に寄附, のあった, の前, の前側, の山下町, の方々, へ出す, へ引き渡された

▼ 東京控訴院~ (10, 0.0%)

1 でようやく, に於, の判事, の判決, の審理, の監房, は彼, は開け, へ移された, 長長谷川喬君

▼ 東京~ (10, 0.0%)

1 がいい, で西, にすれ, に御み, に羽目, に翻訳, の奥さん, の百姓, の言葉, の黄色い

▼ 東京湾内~ (10, 0.0%)

1 から集まっ, には無数, のもの, のよう, の三浦半島, の所々, の静か, の鯛, へも四, へ乗っ込ん

▼ 東京空襲~ (10, 0.0%)

3 が激しく 1 がはげしく, が始まっ, が本格的, が行なわれる, にさいし, の末期, はますます

▼ 東京都民~ (10, 0.0%)

1 がこの, でもあったら, として最低, のおどろき, はおちおち, は今頃何, は新聞, は黒い, も熊谷市, をふるえあがらせました

▼ 東京って~ (9, 0.0%)

1 そんな生やさし, ところは, どんなところ, もの, 一月十日ごろよく, 云えば, 呼ぶとね, 街の, 返事を

▼ 東京などで~ (9, 0.0%)

2 政府反対の 1 よく聴く, 古くから, 外で, 物の, 祭礼の, 言ふと, 近頃聞く

▼ 東京などへ~ (9, 0.0%)

2 行かれようと, 行きも 1 來年の, 出て, 出る機会, 行って, 遣って

▼ 東京にでも~ (9, 0.0%)

1 いれば, 出すくらいに, 出て, 居ること, 有るん, 留って, 花時などに, 行つ, 行つて住ふ

▼ 東京下町~ (9, 0.0%)

1 に生れ, の, のある, のい, の娘, の小学生, の溝, の蔵住い, を兩斷

▼ 東京以上~ (9, 0.0%)

1 だ, だと, であり元来町人, とは申しかねる, にひどかっ, に小説, のもの, の笑, 受ける

▼ 東京~ (9, 0.0%)

2 都の 1 図という, 図を, 市民が, 都に, 都にわたる, 都を, 都民の

▼ 東京名物~ (9, 0.0%)

2 の一つ, の一銭蒸汽 1 として錦上花, なわけ, の悪, の石橋, の空

▼ 東京美術学校~ (9, 0.0%)

1 で日本画科, で西洋美術史, と書い, の教室, の教授服, の生徒, へ奉職, を去っ, 雇いを

▼ 東京~ (8, 0.0%)

1 え, 北海道で, 東京でない, 東京周辺の, 横浜あたりから, 横浜あたりの, 横浜の, 関西かの

▼ 東京なんか~ (8, 0.0%)

2 では 1 じゃ大学出, すてちまうの, まだ一度, もう行く, ザマア見, 離れるより

▼ 東京に対する~ (8, 0.0%)

1 京都の, 大阪で, 大阪の, 対立感が, 捨てぜりふも, 日本人一般の, 神経は, 空襲という

▼ 東京のみ~ (8, 0.0%)

2 では 1 ならず三都, ならず中京, ならず大きな, ならず日本, ならず西洋, ならず近接

▼ 東京~ (8, 0.0%)

1 とは認められぬ, に小さな, に打つ, に若者, の屋号, の理, の結い, の醤油

▼ 東京文壇~ (8, 0.0%)

1 で皆, で自分, に対する一種, に理解, の作家田中, の理解, の空虚, へ返り咲く

▼ 東京横浜~ (8, 0.0%)

1 で育ち, に出動, の住民, の大, の惨状, は再建, を中心, を焼いた

▼ 東京近県~ (8, 0.0%)

2 のもの 1 でとれる, では上州, の各, の地, の水田, の絶品

▼ 東京随一~ (8, 0.0%)

1 だらうといふ, といわれた, とならなく, のアンチャン地帯, の不良少女享楽団, の人出, の実利的名声, の賑い

▼ 東京風景~ (8, 0.0%)

1 では, というの, といふの, に添, の第, を写した, を撰め, を残した

▼ 東京および~ (7, 0.0%)

1 その附近, 他地方, 各地の, 各地方, 地方の, 大阪で, 横浜などにて

▼ 東京からも~ (7, 0.0%)

1 きて, 三四人来ました, 大家では, 失われた, 相当に, 買いに, 遊びに

▼ 東京その~ (7, 0.0%)

2 名の 1 ほかで, ほかの, まん中の, 名を, 物が

▼ 東京その他~ (7, 0.0%)

1 からの客, そういう便宜, に出来る, の俳事, の大, の方面, 各都府

▼ 東京などでは~ (7, 0.0%)

1 この二月, 夙にその, 屋敷の, 見られない図, 豆を, 音楽は, 鰊と

▼ 東京へか~ (7, 0.0%)

1 へりたく思はなくな, へりました, へること, へるころ, へるつもり, へるの, へる人

▼ 東京ほど~ (7, 0.0%)

1 きたない所, まぐろを, やって, ピン, 岡燒の, 戦場化し, 暑いと

▼ 東京タワー~ (7, 0.0%)

2 の鉄骨 1 とならん, にのぼる, の火星人, の鉄塔, を見

▼ 東京ホテル~ (7, 0.0%)

2 の裏口 1 の広場, の玄関, の給仕君, の裏, を中心

▼ 東京~ (7, 0.0%)

1 から市川九蔵, で受持つ, に十分, に対して甚だしい, の作家, の俳優, の評判

▼ 東京周辺~ (7, 0.0%)

1 から近国, のある, の居住者, の川筋一帯, の街道, の観衆, の都市

▼ 東京在住~ (7, 0.0%)

1 ときめ, の主, の人, の彼, の或, の者, の身

▼ 東京市街~ (7, 0.0%)

2 の急激 1 であって, と住民, の一端, の美観, を漫歩

▼ 東京帰り~ (7, 0.0%)

1 に兄, の九州書生, の円タク, の土産話, の汽車, の聞きかじり, の隈本君

▼ 東京日日~ (7, 0.0%)

1 だつた今, とを買い求めた, と大阪毎日新聞, に對, に時事, の新聞社長, の諸

▼ 東京~ (7, 0.0%)

1 と關八州, に第, の出船入船, の口, の海面, の潮, を見下し

▼ 東京繁昌記~ (7, 0.0%)

1 である, なる者, の一節, の画文, はわたくし, は則初, を評し

▼ 東京近辺~ (7, 0.0%)

1 ではどこ, では草, では逗子, でも適当, にいる, には多く, のもの

▼ 東京~ (7, 0.0%)

1 であるが, と思っ, なるには, になっ, のこと, ひの, ひを

▼ 東京銀座~ (7, 0.0%)

1 にはいつかうに, のレストラン, の四つ辻, の大阪系酒場, の書店主人, の街頭, の裏通り

▼ 東京っ子~ (6, 0.0%)

1 である, になっ, の面汚し, はこれ, は今, をアッ

▼ 東京にな~ (6, 0.0%)

1 お発ちなさる, ざあこう, つてから, つてしまつてゐた, つては, つて芝居町以外に

▼ 東京ばかり~ (6, 0.0%)

2 では 1 だと, ぢや, でない世界各国, でも

▼ 東京らしい~ (6, 0.0%)

1 かと尋ねた, と思つたの, んで, 下町らしい, 固有な, 方角を

▼ 東京キネマ~ (6, 0.0%)

1 のスタジオ, の女優, の女優山上みさを, の撮影所, の重役某, へ入れた

▼ 東京ッ子~ (6, 0.0%)

1 には不評判, にも大, の眼, はこの, も昔, らしい歯切れ

▼ 東京公演~ (6, 0.0%)

1 で男, についての批評, に先だつ, に対する能楽批評家, に際しその, の成績

▼ 東京商大~ (6, 0.0%)

1 にどの, に限らぬ, の人々, の哲学者, の杉村助教授, の某

▼ 東京~ (6, 0.0%)

1 と称する, に参内, に飜, の行宮西丸, の西, の関外

▼ 東京帝室博物館~ (6, 0.0%)

2 で発行 1 の再, の所蔵, の正門, や東西

▼ 東京彫工会~ (6, 0.0%)

1 というもの, のこと, の成立, は彫刻会, へ御, もまた

▼ 東京新報~ (6, 0.0%)

2 の女 1 の婦人記者, の花形記者, の記者, の高城鉄也君

▼ 東京會館~ (6, 0.0%)

1 で松竹, などがその, に於, に開く, の破, へ自動車

▼ 東京東京~ (6, 0.0%)

3 その名 1 って呼ぶ, って返事, と難

▼ 東京生まれ~ (6, 0.0%)

1 といっ, のインテリ, の世帯, の人, の女性, の水原

▼ 東京警備司令部~ (6, 0.0%)

1 が日米開戦, ではいよいよ, の地下街, の手, の眼, へ火急

▼ 東京開成学校~ (6, 0.0%)

1 が東京大学, で, では明治七年, で法律科, において法学, に法学科

▼ 東京電報~ (6, 0.0%)

1 です, の翻訳, の飜譯, をスミス中尉, を訳さし, を譯

▼ 東京駅頭~ (6, 0.0%)

2 で別れた 1 でウラー, にて狙撃さる, に又, に立つ

▼ 東京だけ~ (5, 0.0%)

1 だから, ださうだが, でしょう, でなく元, では

▼ 東京でなく~ (5, 0.0%)

2 て郷里 1 ちやよく, てはできない, 九州に

▼ 東京など~ (5, 0.0%)

1 じゃあの, ちっとも恋しく, ですら, のとは, 面赤し

▼ 東京などでも~ (5, 0.0%)

1 まだ江戸, よく使う, スズメカゴと, 三月に, 道路に

▼ 東京にての~ (5, 0.0%)

2 場末ぞ 1 塲末ぞ, 觀測の, 金策成就し

▼ 東京へなんか~ (5, 0.0%)

1 出る気, 行くの, 行けませんよ, 行けるもの, 行って

▼ 東京までは~ (5, 0.0%)

1 どうしても十時間, 半日がかりだ, 帰れない, 直行で, 鉄路既に

▼ 東京上野~ (5, 0.0%)

1 からは正しく, の停車場, の博物館, の展覧会, の松坂屋

▼ 東京中心~ (5, 0.0%)

1 であるから, の今日, の土地, の大, の時代

▼ 東京丸の内~ (5, 0.0%)

1 にある, にも立っ, に事務所, の中央倶楽部, の地内

▼ 東京人士~ (5, 0.0%)

1 で温泉, には珍しい, の中以下, の持ちはじめた, の標本

▼ 東京住居~ (5, 0.0%)

2 をし 1 である為, になっ, の幼兒

▼ 東京八景~ (5, 0.0%)

1 が出来, の一つ, の中, の計画, を思いついた

▼ 東京土産~ (5, 0.0%)

1 などを提げこん, にもらった, に三枚續きの錦繪, に買っ, の村田張

▼ 東京地震~ (5, 0.0%)

1 から同じ, に始まり, の状況, は最初, を本郷湯島

▼ 東京宝塚劇場~ (5, 0.0%)

1 の屋上, の建設, はちかく, を建設, を設立

▼ 東京市会議員~ (5, 0.0%)

2 の改選 1 のよう, の選挙, は四回立候補

▼ 東京市内外~ (5, 0.0%)

1 の不良, の到る, の各所, の都市, へかけ

▼ 東京~ (5, 0.0%)

2 の天ぷら蕎麦 1 にはいった, の前, を出た

▼ 東京役者~ (5, 0.0%)

1 が痛切, につき, になりきる, の芝居, の芸

▼ 東京~ (5, 0.0%)

2 婦人の 1 出発の, 引越に, 滞在中の

▼ 東京検事局~ (5, 0.0%)

2 へ自訴 1 では, に自訴, は起訴猶予

▼ 東京横浜間~ (5, 0.0%)

1 の建設, の汽車, は電化, やその, を除い

▼ 東京病院~ (5, 0.0%)

1 にはいっ, の受け附け, の看護婦さん, へ入院, へ直ぐ

▼ 東京~ (5, 0.0%)

1 た, ただちに表面, です, の時間, 直ちに鍛冶橋監獄

▼ 東京神田~ (5, 0.0%)

1 に於, のキリスト教青年会館, の共立学舎, の駿河台, 元佐久間町

▼ 東京~ (5, 0.0%)

1 では, 入り乱れて, 多角的に, 烈しく行われない, 著しくなく

▼ 東京~ (5, 0.0%)

1 が使える, が話せる, である, を使う, を遣う

▼ 東京~ (5, 0.0%)

1 だ, であつ, の事, の作物, の鋭い

▼ 東京遊学~ (5, 0.0%)

2 の志望 1 のごとき, の費用, を志す

▼ 東京麻布~ (5, 0.0%)

1 での所謂, に火傷, の中学, の狸穴, の町

▼ 東京などと~ (4, 0.0%)

1 いかに威張っ, ちがって, 違う, 違つて萬事が

▼ 東京などは~ (4, 0.0%)

1 いつの間にかこれ, ことに多い, その第, 近年たしかに

▼ 東京なり~ (4, 0.0%)

2 神戸なり 1 から取寄せ, 京都なり

▼ 東京なんかに~ (4, 0.0%)

1 おかしくって, 住まないで, 戻りたいと, 歸る

▼ 東京にばかり~ (4, 0.0%)

1 いて, いらっしゃったの, 居る必要, 暮すもの

▼ 東京にまで~ (4, 0.0%)

1 出されて, 及んで, 届けられた, 留学に

▼ 東京へなんぞ~ (4, 0.0%)

1 一歩だって, 出かけて, 帰らないで, 行ったって

▼ 東京までも~ (4, 0.0%)

1 ひとりで, 知れて, 羽根を, 貴様の

▼ 東京~ (4, 0.0%)

1 さようなら, さらば, 未だ葬列の, 東京よ

▼ 東京よりの~ (4, 0.0%)

1 もので, 味噌による, 文は, 順路なる

▼ 東京~ (4, 0.0%)

1 出テ来テ教エルノデ, 帰リタイワ, 行ッタ時弘君ニ話シテシマッタノデス, 輸送セントス

▼ 東京レコード~ (4, 0.0%)

1 でお, なる故, へも吹, へ吹

▼ 東京下谷~ (4, 0.0%)

1 に江戸時代, に滞在, の古書店, の池

▼ 東京並び~ (4, 0.0%)

2 に出先 1 にその, に各

▼ 東京以西~ (4, 0.0%)

1 あるいは近隣, のいわゆる, の迷信談, は初めて

▼ 東京俳友~ (4, 0.0%)

4 の消息

▼ 東京出来~ (4, 0.0%)

2 のもの 1 の鮒竿, を誇っ

▼ 東京区長~ (4, 0.0%)

2 のカニザワ氏, はそう

▼ 東京大阪間~ (4, 0.0%)

1 にこういう, に弾丸道路, の貸しきり飛行機, を往復

▼ 東京~ (4, 0.0%)

1 だとは, の勝気さ, の気まぐれ者, は手

▼ 東京市会~ (4, 0.0%)

1 が本, が電車市有, ではいつの間に, と某

▼ 東京広し~ (4, 0.0%)

3 といへ 1 といえ

▼ 東京支那~ (4, 0.0%)

1 から来た, にいる, の知事, へ

▼ 東京放送局~ (4, 0.0%)

1 であります, の時報, の理解, の画期的

▼ 東京文理大~ (4, 0.0%)

1 から出, の務台理作教授, の和歌森太郎助教授, の藤岡由夫

▼ 東京~ (4, 0.0%)

1 から挽回, の原田八段, は昔, への意地

▼ 東京本社~ (4, 0.0%)

1 からワンサ, でも大, にいる, へ座員

▼ 東京~ (4, 0.0%)

2 の普請 1 というあれ, というの

▼ 東京法學院~ (4, 0.0%)

2 に入 1 の學生, を卒業

▼ 東京~ (4, 0.0%)

4 の英譯

▼ 東京生物学会~ (4, 0.0%)

2 なるもの, は其後動植

▼ 東京~ (4, 0.0%)

1 で熱海, で道子, の成層圏航空株式会社, の時間

▼ 東京発声~ (4, 0.0%)

1 の, のスタヂオ, の重宗所長, の重宗社長

▼ 東京百貨店~ (4, 0.0%)

1 が一夜, の地階, をこれから, を地下

▼ 東京絵図~ (4, 0.0%)

1 もまた, を合せ, を見れ, を開き見れ

▼ 東京裁判所~ (4, 0.0%)

1 からの通知, の大, の役人, へ送られる

▼ 東京貴石倶楽部~ (4, 0.0%)

2 の松沢 1 の松沢一平, の松沢平吉

▼ 東京~ (4, 0.0%)

1 で起る, に於ける, の四分の一, の新聞

▼ 東京電気~ (4, 0.0%)

1 からもすすめられ, との最初, との資本関係, の傍系会社

▼ 東京電燈~ (4, 0.0%)

1 とか三井, の神戸さん, の重役, の電柱

▼ 東京駅ホテル~ (4, 0.0%)

1 にて, の前, の記事, 第十四号室

▼ 東京駐在~ (4, 0.0%)

1 のフランス大使, の列国外交官中, の列國外交官中, の日本代表

▼ 東京高校~ (4, 0.0%)

2 へ入学 1 というところ, の黒い

▼ 東京さして~ (3, 0.0%)

1 の旅, 出かけましたが, 東海道を

▼ 東京だけでも~ (3, 0.0%)

1 すでに百数十回, 十万戸も, 已に百数十回

▼ 東京だけに~ (3, 0.0%)

1 いるの, とどまって, 空襲の

▼ 東京でこそ~ (3, 0.0%)

1 ほとんどふぐ, 外へさえ, 相手に

▼ 東京でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ, ば出来ない

▼ 東京とか~ (3, 0.0%)

1 他郷とかへ, 甲府とかへ, 鉄道とか

▼ 東京としては~ (3, 0.0%)

2 安政以来の 1 珍しかった

▼ 東京とに~ (3, 0.0%)

2 区別されるであろう 1 アジア虎疫が

▼ 東京とを~ (3, 0.0%)

1 うまく結びつけ, つなぐ鉄道, 股にかけて

▼ 東京などから~ (3, 0.0%)

1 お客が, わざわざ訪れ, 札幌へ

▼ 東京などに~ (3, 0.0%)

1 別居し, 大晦日の, 融通する

▼ 東京なんて~ (3, 0.0%)

1 ここから, なんだ, 止めに

▼ 東京においては~ (3, 0.0%)

1 もし鬱然, 全くこれ, 随一の

▼ 東京においても~ (3, 0.0%)

1 かなりに, ほとんど長兄, ユネスコ協力会を

▼ 東京にかへ~ (3, 0.0%)

1 つた, つて酒の, らむとす

▼ 東京にさえ~ (3, 0.0%)

1 あまり例, 困って, 居り切れない身体

▼ 東京につれて~ (3, 0.0%)

1 帰れば, 来た責任上, 行つて頂かう

▼ 東京ふう~ (3, 0.0%)

2 な出来事 1 だと

▼ 東京やら~ (3, 0.0%)

2 札幌小樽やらの 1 著書の

▼ 東京ッ児~ (3, 0.0%)

1 となり, の彼女, の持てる

▼ 東京上野公園~ (3, 0.0%)

2 の不 1 のもの

▼ 東京下り~ (3, 0.0%)

1 のハイカラ, の吾妻下駄, の流し

▼ 東京丸ノ内~ (3, 0.0%)

1 のオアシス, のネオン, の報知新聞社代理部

▼ 東京京都~ (3, 0.0%)

1 のごとき, のそれぞれ, の人

▼ 東京~ (3, 0.0%)

1 ひ, ひしたやう, ひは

▼ 東京俘虜収容所~ (3, 0.0%)

1 なら日立分所, には分所, の建物

▼ 東京出發~ (3, 0.0%)

1 の際, までに加集その他, を二ヶ月餘

▼ 東京~ (3, 0.0%)

1 したバラック住民, した地方人, して

▼ 東京化學會~ (3, 0.0%)

1 でこれ, で私, に於

▼ 東京区裁判所~ (3, 0.0%)

1 に出現, の検事局, の管轄区域内

▼ 東京博物館~ (3, 0.0%)

1 で私, の天産課, の高橋博士

▼ 東京~ (3, 0.0%)

1 座の, 新聞社に, 新聞社東京地方裁判所檢事局より

▼ 東京各地~ (3, 0.0%)

1 で稼いだら, に散在, の芸者

▼ 東京名所絵~ (3, 0.0%)

1 と参照, にも描かれ, の中

▼ 東京地圖~ (3, 0.0%)

1 など披, など熱心, は實

▼ 東京場末~ (3, 0.0%)

1 のやう, の煮豆屋, の飯屋

▼ 東京女子医専~ (3, 0.0%)

2 を卒業 1 など

▼ 東京好み~ (3, 0.0%)

1 の木型, の粋, は俗

▼ 東京~ (3, 0.0%)

1 からみやげ, が沢山, に目見え

▼ 東京市内各区~ (3, 0.0%)

1 に一つ宛デパート式, に牛肉店いろは, のいろは牛肉店

▼ 東京市電気局~ (3, 0.0%)

1 がまだ, の争議, は市電営業

▼ 東京帝国大学理学部植物学教室~ (3, 0.0%)

1 では何十年以来植物, の学生, を去る

▼ 東京師範学校~ (3, 0.0%)

1 と名, の卒業生, の生徒達

▼ 東京府知事~ (3, 0.0%)

1 に頼込む, の井上博士, の松田道之氏

▼ 東京拘置所~ (3, 0.0%)

1 から栃木刑務所, へ移され, へ移された

▼ 東京支部~ (3, 0.0%)

1 でも陳列, における婦人同盟員, は

▼ 東京文化~ (3, 0.0%)

1 が悲しく美しく, の灯かげ, はその

▼ 東京料理~ (3, 0.0%)

1 にはこれ, の面影, は薄口醤油

▼ 東京日本橋~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の繁華

▼ 東京映画~ (3, 0.0%)

1 のこと, の小国, を滝村

▼ 東京景物詩~ (3, 0.0%)

1 と呼べ, はその後数ヶ月, は大正二年七月

▼ 東京本郷~ (3, 0.0%)

1 の南江堂, の帝國, の西片町へん

▼ 東京横濱~ (3, 0.0%)

1 の兩地方裁判所判, の知人たち, の誰一人

▼ 東京歌舞妓~ (3, 0.0%)

1 では見られぬ, のよ, はやがて

▼ 東京毎夕新聞~ (3, 0.0%)

1 といふ社, の家庭部, の駈け出し

▼ 東京毎日新聞~ (3, 0.0%)

1 にいた, の社会面, はべつに

▼ 東京泊り~ (3, 0.0%)

1 だそう, だなんて, の習慣

▼ 東京深川~ (3, 0.0%)

2 のなにがし組 1 の扇橋

▼ 東京湾上~ (3, 0.0%)

1 で全滅, の雲, より北上

▼ 東京滞在~ (3, 0.0%)

1 ぐらい落ち着かない, の日, は幾日間

▼ 東京築地~ (3, 0.0%)

1 で生れ, の山田病院, の魚河岸

▼ 東京築地本願寺~ (3, 0.0%)

1 で催された, で宗教平和会議, で開かれる

▼ 東京興行者協会~ (3, 0.0%)

1 なるもの, はその, は多聞

▼ 東京~ (3, 0.0%)

1 できめ, へ立ち帰る, へ転住

▼ 東京~ (3, 0.0%)

2 を聞い 1 になる

▼ 東京~ (3, 0.0%)

1 新聞紙の, 新聞雑誌社等その他奔走せし, 溝渠の

▼ 東京赤坂~ (3, 0.0%)

1 で生れた, の或, の途上

▼ 東京近所~ (3, 0.0%)

1 にゐる, の各, も開け

▼ 東京通信社~ (3, 0.0%)

1 と紅く, などはいい, の名

▼ 東京都下~ (3, 0.0%)

1 では八王子, でも多摩川上流, の或

▼ 東京電灯~ (3, 0.0%)

1 が玖珠郡飯田村湯坪, に帰すべき, の発電所

▼ 東京青山~ (3, 0.0%)

1 の根津邸, の自宅, もしくは谷中

▼ 東京音楽協会~ (3, 0.0%)

1 からパリ, では昭和九年, なるもの

▼ 東京養育院~ (3, 0.0%)

1 で保育, で更にもうすこし, の板橋本院

▼ 東京駅発~ (3, 0.0%)

1 の列車, の急行, の電車

▼ 東京高等~ (3, 0.0%)

1 の入学試験, の学生, へ入った

▼ 東京いうたら~ (2, 0.0%)

2 いつ来

▼ 東京からでも~ (2, 0.0%)

1 やって来た立派, 來た

▼ 東京くん~ (2, 0.0%)

1 だりまで出かけられ, だりまで捜し

▼ 東京さい~ (2, 0.0%)

1 ってなにか, てこげえな

▼ 東京さ置ぐからつて手紙~ (2, 0.0%)

2 寄越す筈

▼ 東京そだち~ (2, 0.0%)

1 と知れる, の私

▼ 東京それ~ (2, 0.0%)

1 が最早, もツイ

▼ 東京だけで~ (2, 0.0%)

1 五万人の, 何十万という

▼ 東京だけの~ (2, 0.0%)

1 こと, 特別な

▼ 東京だったら~ (2, 0.0%)

1 大たい夏, 私が

▼ 東京でさえ~ (2, 0.0%)

1 めったに見られない, 年じゅういる

▼ 東京でした~ (2, 0.0%)

1 か, がその

▼ 東京でない~ (2, 0.0%)

1 か, とだめ

▼ 東京とも~ (2, 0.0%)

1 つかない夜, 思えぬ閑寂さ

▼ 東京ないし~ (2, 0.0%)

1 大阪に, 大阪の

▼ 東京ながら~ (2, 0.0%)

2 一度だけ

▼ 東京などとは~ (2, 0.0%)

1 違って, 違つて云つて見れ

▼ 東京などにも~ (2, 0.0%)

1 あったの, よく知られ

▼ 東京なんかへ~ (2, 0.0%)

2 出て

▼ 東京なんぞに~ (2, 0.0%)

1 ゐて, ゐるから

▼ 東京にか~ (2, 0.0%)

1 へりましたら米峰, へるには

▼ 東京にだって~ (2, 0.0%)

1 こんなの, 蛇は

▼ 東京にても~ (2, 0.0%)

1 御出, 評判好

▼ 東京にゃ~ (2, 0.0%)

1 流行らないで, 調和しない

▼ 東京にや~ (2, 0.0%)

1 ア人は, 調和しない

▼ 東京にを~ (2, 0.0%)

1 りましたころ, り父

▼ 東京に対して~ (2, 0.0%)

2 最も尊い

▼ 東京ばかりの~ (2, 0.0%)

1 ように, 車を

▼ 東京へといふ~ (2, 0.0%)

1 夢に, 夢を

▼ 東京へなど~ (2, 0.0%)

1 出て, 勉強に

▼ 東京ほどの~ (2, 0.0%)

1 にぎにぎしさ, 遠慮が

▼ 東京みやげ~ (2, 0.0%)

1 がほしい, の

▼ 東京もしくは~ (2, 0.0%)

1 何処かに, 東京近在の

▼ 東京もん~ (2, 0.0%)

1 の俺, は抜け目

▼ 東京クラブ~ (2, 0.0%)

1 で君島総領事, の雇人たち

▼ 東京ステーション~ (2, 0.0%)

1 にかえられる, を出よう

▼ 東京ステーションホテル~ (2, 0.0%)

1 で歓迎会, に一泊

▼ 東京ハイキング~ (2, 0.0%)

1 という特別読物, 第九日

▼ 東京パン~ (2, 0.0%)

1 のあたり, の食パン

▼ 東京ポスト社中~ (2, 0.0%)

1 のやくざ扱い, の前借二

▼ 東京一流~ (2, 0.0%)

1 のホテル, の料亭

▼ 東京~ (2, 0.0%)

1 けだ, けでも

▼ 東京三越~ (2, 0.0%)

1 に現代高僧墨蹟展覧会, の

▼ 東京上空~ (2, 0.0%)

1 に侵入, を旋回

▼ 東京上野公園下~ (2, 0.0%)

1 の不, ノ不

▼ 東京下町人~ (2, 0.0%)

1 だつた, らしい不

▼ 東京世渡草商人~ (2, 0.0%)

2 の仮

▼ 東京両国~ (2, 0.0%)

1 の与兵衛, の中村楼

▼ 東京中学~ (2, 0.0%)

1 になり, の五年

▼ 東京~ (2, 0.0%)

1 という, はニューヨーク

▼ 東京乃至~ (2, 0.0%)

1 東京近在の, 関東人の

▼ 東京事務所~ (2, 0.0%)

1 で若干, へ森さん

▼ 東京交通労働~ (2, 0.0%)

1 などの諸, を中心

▼ 東京人特有~ (2, 0.0%)

1 の度胸, の軽快

▼ 東京人種~ (2, 0.0%)

1 が無数, すらこれ

▼ 東京人類學會雜誌~ (2, 0.0%)

1 及び考古界等, 第三十一號

▼ 東京仕入れ~ (2, 0.0%)

1 の瓜, の自慢半分

▼ 東京以北~ (2, 0.0%)

1 の總, の諸

▼ 東京以来~ (2, 0.0%)

1 ことにここ, の話

▼ 東京以東~ (2, 0.0%)

1 に狐, の迷信談

▼ 東京会談~ (2, 0.0%)

1 はやつぱり停滞, も決裂

▼ 東京住い~ (2, 0.0%)

1 になりました, の勤め人

▼ 東京停車場~ (2, 0.0%)

1 のその, を前

▼ 東京全体~ (2, 0.0%)

1 がひどく, を眠り殺す

▼ 東京全部~ (2, 0.0%)

1 としてやった, を相手

▼ 東京公論~ (2, 0.0%)

1 とありき, へ載する

▼ 東京出張員~ (2, 0.0%)

1 として東露, とはいい

▼ 東京出発以来~ (2, 0.0%)

1 いかにし, 既に四週間

▼ 東京出發前~ (2, 0.0%)

1 にかの, にちよツ

▼ 東京出立~ (2, 0.0%)

1 に付, 同二十七日無事帰県

▼ 東京劇場所在地~ (2, 0.0%)

2 に移っ

▼ 東京~ (2, 0.0%)

1 に横浜, は横浜

▼ 東京博覧会~ (2, 0.0%)

1 の土産, の時

▼ 東京又は~ (2, 0.0%)

1 東京付近に, 洲崎の

▼ 東京向き~ (2, 0.0%)

1 の甘藍白菜, の芝居

▼ 東京品川区~ (2, 0.0%)

1 の五反田, の洋服屋さん

▼ 東京唯一~ (2, 0.0%)

1 の女, の歩道時代

▼ 東京商業学校~ (2, 0.0%)

1 が木挽町, というは本

▼ 東京地方検事局~ (2, 0.0%)

1 に平田次席検事, の猪俣検事正

▼ 東京地方裁判所検事~ (2, 0.0%)

1 であり今, の後身

▼ 東京地検~ (2, 0.0%)

1 に連絡, の三階

▼ 東京外交界~ (2, 0.0%)

1 における英公使パークス, のリーダーシップ

▼ 東京外国語学校~ (2, 0.0%)

1 の露語科, を出

▼ 東京大相撲~ (2, 0.0%)

2 を見た

▼ 東京大阪等~ (2, 0.0%)

1 の内地, の大

▼ 東京好き~ (2, 0.0%)

1 で長火鉢, はまた

▼ 東京婦人方~ (2, 0.0%)

1 の事, の慈善心

▼ 東京小石川~ (2, 0.0%)

1 のモミヂ, の某

▼ 東京居住~ (2, 0.0%)

1 の人間, を命ぜられた

▼ 東京市中大騒ぎ~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 東京市京橋區入船町~ (2, 0.0%)

2 に生まる

▼ 東京市会議員選挙~ (2, 0.0%)

1 に出, に立候補

▼ 東京市内電車~ (2, 0.0%)

2 の乗客

▼ 東京市庁~ (2, 0.0%)

1 に芸術家, のある

▼ 東京市役所~ (2, 0.0%)

1 に同じ, の蔵版もの

▼ 東京市橋梁課~ (2, 0.0%)

1 のお, の渡船

▼ 東京市統計課~ (2, 0.0%)

1 の統計, の調査

▼ 東京市長永田秀次郎氏~ (2, 0.0%)

1 は後藤新平氏, も今

▼ 東京帝国~ (2, 0.0%)

2 大学校地質学教室行

▼ 東京帝国大学図書館~ (2, 0.0%)

1 にある, へ紹介

▼ 東京帝国大学理学部~ (2, 0.0%)

2 の植物学教室

▼ 東京平民福沢諭吉~ (2, 0.0%)

2 と署名

▼ 東京府令~ (2, 0.0%)

1 によって市内, により俳優

▼ 東京府北多摩郡千歳村字粕谷~ (2, 0.0%)

1 に移した, の忠良

▼ 東京府学務課~ (2, 0.0%)

1 では率先, はこの間

▼ 東京府立~ (2, 0.0%)

1 第一中学, 第一高女

▼ 東京府管内~ (2, 0.0%)

1 にかけて欠間, の警察関係

▼ 東京~ (2, 0.0%)

2 しとい

▼ 東京復興~ (2, 0.0%)

1 の下廻り, の波

▼ 東京技芸者協会~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の方

▼ 東京招致~ (2, 0.0%)

1 に亢奮, に成功

▼ 東京新聞さ~ (2, 0.0%)

1 そのこと, 書かれたら伯母

▼ 東京新聞主筆~ (2, 0.0%)

2 として夙に

▼ 東京新聞寺田改造西田新聞報柴野若園君~ (2, 0.0%)

2 とその

▼ 東京方棋士~ (2, 0.0%)

1 と絶縁, 乃至将棋大成会

▼ 東京方棋師~ (2, 0.0%)

1 が実戦的, は協力

▼ 東京日々~ (2, 0.0%)

1 だけを毎日, の方

▼ 東京春陽堂~ (2, 0.0%)

1 である, で発行

▼ 東京書林組合~ (2, 0.0%)

1 と云, は又

▼ 東京有数~ (2, 0.0%)

1 な藪忠, の記念物

▼ 東京朝夕新報~ (2, 0.0%)

1 という新聞, の朝刊八頁

▼ 東京本所~ (2, 0.0%)

1 に怪火, の五百羅漢

▼ 東京東部~ (2, 0.0%)

1 を通る, を通過

▼ 東京~ (2, 0.0%)

1 名家の, 製粉会社の

▼ 東京棋師~ (2, 0.0%)

1 の代表, の面目

▼ 東京毎日~ (2, 0.0%)

1 に転じ, の井上氏

▼ 東京毎日新聞社~ (2, 0.0%)

1 につとめ, の建物

▼ 東京深川生れ~ (2, 0.0%)

1 のお, の色

▼ 東京淺草~ (2, 0.0%)

1 の仲見世, の新片町

▼ 東京湯島~ (2, 0.0%)

1 のほう, の順天堂

▼ 東京滞在中~ (2, 0.0%)

1 はずっと, は勧業博覧会

▼ 東京灣汽船~ (2, 0.0%)

1 が出る, の林專務

▼ 東京爆撃~ (2, 0.0%)

1 に向おう, のほか

▼ 東京版画~ (2, 0.0%)

1 に文献, の上

▼ 東京特有~ (2, 0.0%)

1 で此, の空

▼ 東京~ (2, 0.0%)

1 の代, の美人

▼ 東京百美人~ (2, 0.0%)

2 の写真

▼ 東京目抜~ (2, 0.0%)

2 の通り

▼ 東京目白~ (2, 0.0%)

2 の日本女子大学校家政科

▼ 東京相撲~ (2, 0.0%)

1 の画びら, を見よう

▼ 東京社交~ (2, 0.0%)

2 の中心

▼ 東京程には~ (2, 0.0%)

1 受けない, 行かなさうだ

▼ 東京~ (2, 0.0%)

1 と名づけた, を払うた

▼ 東京第一流~ (2, 0.0%)

1 の料理人, の祠

▼ 東京紳士~ (2, 0.0%)

1 が来る, の眞

▼ 東京絵画展~ (2, 0.0%)

2 の感想

▼ 東京美術倶楽部~ (2, 0.0%)

1 で書画骨董, で行

▼ 東京美術學校~ (2, 0.0%)

1 の生徒, 及び高等工藝學校兩校學生

▼ 東京羽村間~ (2, 0.0%)

1 の往復, を往復

▼ 東京~ (2, 0.0%)

1 の大巻先生, の聖心女学院

▼ 東京英語学校~ (2, 0.0%)

1 にはいった, に下宿

▼ 東京茶房地下バア~ (2, 0.0%)

1 へ寄り, へ行く

▼ 東京行き急行列車~ (2, 0.0%)

1 がホーム, の二等

▼ 東京行列車~ (2, 0.0%)

2 を待合せる

▼ 東京行急行~ (2, 0.0%)

1 にのりこむ, を選んだ

▼ 東京街道ロシヤ街道それ~ (2, 0.0%)

2 から西洋街道

▼ 東京裁判情痴部~ (2, 0.0%)

1 というよう, といふやう

▼ 東京~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の鈎

▼ 東京~ (2, 0.0%)

1 なの, も取り

▼ 東京~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 東京警備一般警報~ (2, 0.0%)

1 第一号, 第二号

▼ 東京警視庁~ (2, 0.0%)

1 に勤務, の巡査

▼ 東京趣味~ (2, 0.0%)

1 とかいふこと, の洗練

▼ 東京迄の~ (2, 0.0%)

1 切符を, 寝台券を

▼ 東京迄も~ (2, 0.0%)

1 行こうと, 連れて

▼ 東京近海~ (2, 0.0%)

1 で獲れる, にもたくさん

▼ 東京通り~ (2, 0.0%)

1 に受ける, 受けるが

▼ 東京進駐~ (2, 0.0%)

1 でいくらか, という

▼ 東京遊学中帰郷~ (2, 0.0%)

1 したある, した或

▼ 東京鉄道局~ (2, 0.0%)

1 が主催, の旅客掛

▼ 東京開催~ (2, 0.0%)

1 と年, の挨拶

▼ 東京電機~ (2, 0.0%)

1 でその, へ出かけ

▼ 東京音楽学校助教授~ (2, 0.0%)

1 になっ, の環

▼ 東京飯田町~ (2, 0.0%)

2 の皇典講究所

▼ 東京駅地下室~ (2, 0.0%)

1 でホットサンドウィッチ, の美容院

▼ 東京駅着高槻~ (2, 0.0%)

1 が来, の迎

▼ 東京駿河台~ (2, 0.0%)

1 に前田珍男子, に家

▼ 東京高等商業学校~ (2, 0.0%)

1 に入っ, の校長

▼ 東京高等師範学校~ (2, 0.0%)

1 に転じ, の教員

▼ 東京高裁~ (2, 0.0%)

1 に勤め, に控訴

▼ 東京魚河岸~ (2, 0.0%)

1 で扱う, の鮮魚

▼ 東京麹町~ (2, 0.0%)

1 に居, までの値

▼1* [1160件]

東京あてのエハガキ, 東京あの附近に, 東京あり横須賀が, 東京いたるところの, 東京いや日本内地の, 東京うちなら郡部, 東京互ひ, 東京おっ立てて, 東京おんちゃんしょんべん, 東京お化けの名所, 東京お目見えなので, 東京お茶の水の聖堂, 東京かってんだ, 東京かと慌てて, 東京かなア, 東京かも知れないね, 東京からかまたは伊那盆地, 東京からわづかしか持つて, 東京がといふわけぢや, 東京くさく荒れて, 東京くるしみの津野さん, 東京ぐらいハゼ釣りの, 東京ぐらしのうち, 東京ぐるりでの生活, 東京こそみよ子にと, 東京ことばにはそういう, 東京ことば大阪京都伊勢中國邊, 東京この上空は, 東京さあ嫁づい, 東京さいげば南京米食わにゃならんぞい, 東京さえ知らずに, 東京さえが深紅に, 東京さたよりして, 東京さなんど行かねえよ, 東京さん行って, 東京さ勉強に行っ, 東京さ告げであげますだ, 東京さ稼ぎに行, 東京さ行つて二人で稼ぐなり, 東京しか聽け, 東京じゃあ今, 東京じゃとて問うて, 東京じゅうどこへ行っ, 東京じゅう日本じゅうの人, 東京まひの, 東京せましととび歩き, 東京その他遠隔の地, 東京それから結婚十四年目の, 東京だけかも知れぬが, 東京だけが六・一自粛一足先に, 東京だけしか知らない眼界, 東京だけについて主なる, 東京だったなら或いは千鶴子, 東京だつか, 東京だつたね, 東京だろうと横浜, 東京ゅう処は, 東京っ子芸者学生の団体, 東京つてさてとなる, 東京つてあなたがたはどう, 東京つてところは何でも, 東京つて起伏をもつ, 東京てえところは, 東京であれ丈疲れ, 東京でさえも南南東風が, 東京でといふことに, 東京でなければ買へん, 東京でねあなたと, 東京でねえと云うところ, 東京ではずつと静かな, 東京といはずして, 東京といつても, 東京とが大好きで, 東京とくツついてしまつ, 東京とて同じである, 東京とてもあの黒だい, 東京とても相当やられて, 東京とでも話が, 東京となつては, 東京なぞはあまり, 東京なつかしの燃えてる, 東京などにて交際の, 東京などにはかなり多く, 東京などへは歸らない, 東京なども戦後人口は, 東京などより大きくも, 東京などよりも一層鮮, 東京なみです, 東京ならねばこそと半, 東京なりとて油断は, 東京なれば地内, 東京なれないお今, 東京なれぬ細君には, 東京なんかじや普通, 東京なんかじゃないさ, 東京なんかよりいくらいい, 東京なんざ震災当時のよう, 東京なんぞの空で, 東京なんぞへ出て, 東京においての公認が, 東京におけるの隅田川は, 東京にだけあるの, 東京について応援を, 東京についての情報は, 東京にという気持らしい, 東京にはもつけの, 東京にばかし居たがるん, 東京に関する覚書, 東京のこつちですかそれとも, 東京ので沢山, 東京はいつたいどう, 東京はからッ風で, 東京はさほどに烈しい, 東京はじめ各地において敢行, 東京はじめ太平洋岸の人々, 東京はといつた風, 東京はどつちが, 東京ばかりじゃないらしいぜ, 東京ばかりを戀し, 東京ばっかりだと, 東京ぶりに驚く, 東京へけえったら二人, 東京へさえいけば, 東京へではないだらう, 東京へという思いに, 東京へとか行つてゐるだ, 東京へなんていらしつて, 東京へはも二十年も, 東京へばかり出たがって, 東京へやつて差支へ, 東京へんの変りよう, 東京へんで育った人間, 東京まつりの前夜祭, 東京まででも追って行, 東京までを徒歩で, 東京みたないな處, 東京もさうで, 東京もというのは, 東京もはやここは, 東京もよりではすでに, 東京やと叫び呼ばざら, 東京やをプロゼックだ, 東京よいところである, 東京らしきは富士, 東京らしくなつた, 東京らしくないしめり氣を, 東京らしくなったという, 東京わが生れた孤島, 東京をばかり思い出して, 東京をも襲ふ, 東京を通じて輸入される, 東京来て, 東京イタリア等同様日本にもありし, 東京イ行たらじ, 東京エキや上野駅, 東京オリムピックが催される, 東京カジノへ抜かれた, 東京カブレをした, 東京カラトノ, 東京コンテストの審査員たち, 東京ゴウゴウゴウ放送ガバガバガバ局, 東京行って, 東京サア出る時, 東京ジャズを奏し, 東京タイムスの朝刊, 東京タクシーの運転手, 東京てじつに, 東京ッ子あれは貸, 東京ツ子かあの, 東京ツ子全体に烏金, 東京ツ子口調を出し, 東京ナイ所ヘ, 東京デパートの前, 東京ニイテモ宴会ガ多クテ夜ガオソイ, 東京ニイテ文芸倶楽部ノ末, 東京ニオリマスコトハオリマスケレドモオ爺チャンヲオ一人オ残シ申シトクノハ心配デゴザイマスシソレニ軽井沢ハプールノ水ガツメタ過ギテ泳ゲナイカラ, 東京ニ墓ナンカ作ッタラドンナ時ニドンナ都合デドンナ所ヘ移転サセラレルカ分ッタモンジャナイ, 東京ニ帰ル故今日, 東京ニ於テハ大日本赤十字社, 東京ニ来航シテ居ヲ構エシガ, 東京ニ歿シ雜司ヶ谷ニ葬ル先生ヲ景仰セル土井英一, 東京ニ置イトカレルト骨ニナッテカラモ始終アッチコッチヘ逃ゲ回ラナケレバナラナイ, 東京ニ設立セルモノニ於テ其實驗ヲ表, 東京好サヲ知ラナイ政治家ト称スル人間共ノシタコトデハナイカ, 東京ノヨウナ不愉快ナ自分ニ何, 東京好キジャナインダ, 東京ハイキング中の記事, 東京パリー南京ベルリン上海京都大阪ニューヨーク天津マルセーユ香港横浜等々世界中の名, 東京パレス御存じですか, 東京パレス見学に出かけた, 東京ビルデングの地下室, 東京ビル主任永田純助氏語る, 東京ビル崩壊事件の真相, 東京ベルファストは大阪, 東京ベンゴ士会館国原さんに会う, 東京マーチをやつ, 東京ミヤゲができ, 東京メリケン合衆国海軍士官測量方ワルトン・ギリンネル同鉱山技師リウルモウル, 東京モスクワ間の切符, 東京ユネスコ協力会発起人会で招請状, 東京ロンドン間を一昼夜, 東京思イ出サセル趣ガアッテ却テナツカシイ, 東京ヲコンナ浅マシイ乱脈, 東京一俄の親玉, 東京一流商店連合商品切手を発行, 東京一番の御馳走, 東京一随って開通式, 東京一高価な靴店セキド, 東京七時四十何分東京って街, 東京万世橋の広小路, 東京三省郁文などききました, 東京上りの刺戟, 東京上水道のため, 東京上野公園内東京帝室博物館の正門, 東京上野駅発の夜, 東京下層社会の生活, 東京下流の対話, 東京下町言葉の訛り, 東京下等社会の迷信, 東京下谷区上野西黒門町二番地元御成道警察署南隣, 東京世田谷区の花崎さん, 東京世田谷区東北沢の私, 東京世田谷区梅ヶ丘小学校の教員川村コウ女史, 東京両国回向院の墓場, 東京両国橋ですね, 東京の形式, 東京中どこからでもその, 東京中乘りま, 東京中大抵の和本屋, 東京中大騒ぎであるらしい, 東京中央とあっ, 東京中央局の消印, 東京中央幼年学校に在学中, 東京中央放送局海外放送に対する御, 東京中央楽壇の色潮, 東京中央郵便局に持っ, 東京中央電話局の建物, 東京中学校と大成中学校, 東京中押廻したって, 東京中野局消印で, 東京丸の内署に沼田, 東京丸ノ内有楽館内工政会の出版, 東京丸浜の池ボラ釣り, 東京九段の戦勝展覧会場, 東京事務所長をし, 東京二六新聞が, 東京五万キロとあっ, 東京交通労働組合の一部, 東京京橋の目貫, 東京京橋区鎗屋町というところ, 東京京橋新富町に生れた, 東京京都その他の大, 東京京都奈良の三箇所, 東京京都間要するところ三十時間, 東京京都間位離れて, 東京京阪神及縣内の交通不便, 東京で開かれた, 東京人となり新東京, 東京人中国人などは材能, 東京人坊ちやん詩人, 東京人女に渇いた, 東京人情噺の名人, 東京人某は己, 東京人民大会でとらえられた, 東京人珍らしいので, 東京人間がどう, 東京今川小路の家, 東京入の, 東京仕込のお, 東京仕込みの人々, 東京付近一帯に亘る, 東京仙台名古屋京都大阪神戸福岡の各地, 東京仙臺間のやつ, 東京代理店のアメリカ人, 東京以北唯一の繁華街, 東京以外京阪その他幾ヵ所の大, 東京以来かぜひき健吉さん, 東京以来同伴して, 東京以来棚田判事と親密, 東京以来耳にかぶさっ, 東京会館休憩室で緑波君, 東京会館向なり, 東京住ひもむつかしいつて, 東京住まいをした, 東京住宅の近, 東京住居中は昼飯時, 東京住居家族も芝辺, 東京便に間に合わない, 東京保護観察所よりの来状, 東京俳優学校の日本歴史教師, 東京俳句界の中, 東京倉庫の社長さん, 東京倶楽部へ立ち寄っ, 東京側芸能人の吹き込み, 東京傳通院のぐるり, 東京僕自身の歩いた, 東京をする, 東京入り考へて, 東京全体カストリの質, 東京全市三分の二を焦土, 東京全市焦土と化す, 東京全滅の報, 東京公園課長の井下清君, 東京大百貨店, 東京其の他でこそ, 東京写生等にそれ, 東京冨山房から開板, 東京出府に付, 東京出張でもう, 東京出来のをよい, 東京出演をすすめられ, 東京出版の会社, 東京出現と共にだんだん, 東京出発前も父, 東京出發前後に書きかけた, 東京出發後もしやあつ, 東京出身者も地方出身者, 東京分祠長千家尊宜等, 東京切ってのスゴイ高利貸連, 東京刑事地方裁判所のこと, 東京刑事地方裁判所検事局ヨリ被告人妻ユリニ対シ右罰金ノ納付方請求有, 東京刑務所に護送, 東京初めその他の都市, 東京初めてか, 東京初期の競馬熱, 東京到る所に, 東京前面の海, 東京劇団をのぞいたら, 東京劇場新橋演舞場が鼎立, 東京劇場新橋演舞場歌舞伎座帝国劇場と華美, 東京劇界の大, 東京力士緑川小岬, 東京の身, 東京勤めになっ, 東京勤務と云う, 東京化学製造所は盛, 東京化学製造所長になっ, 東京北海道はその, 東京区域図をバリバリ, 東京区裁判所判事は右, 東京区裁判所執達吏鈴木達彌と, 東京区長カニザワ氏と大学病院長, 東京医大の浅田一博士, 東京医大附属の堀口申作氏その他, 東京医学校の預, 東京十三年間の生活, 東京十五大新聞, 東京十五区の中, 東京千住の火葬場, 東京千住東町にある, 東京千四百三十八人中婦人サークル員は百四十五人, 東京千葉と落付, 東京博文館の求, 東京博物館長となりぬ, 東京博覽會の噂, 東京占城柬埔塞暹羅太泥等と貿易, 東京占領の計, 東京印象記さしゑ, 東京騒擾の, 東京その近郊, 東京収容所の分, 東京史蹟の高札, 東京各区をめぐり, 東京各紙のうち群, 東京同年十月に庄内, 東京名古屋京阪地方にまでも絵, 東京名所それぞれの極, 東京名所写真十二葉が音匣, 東京名所図絵の版画, 東京名所案内を読む, 東京名所絵葉書から取除かれ, 東京名物中の名物, 東京名題の大, 東京向島に退, 東京周助妻より蒲焼, 東京周辺二十キロ以内に敵, 東京哲学館在学中境野黄洋高嶋米峰たちの新, 東京大図書館, 東京商人を堺卯, 東京商人たる者今にし, 東京商売は棗, 東京商業會議所を代表, 東京商科大学と神戸商業大学, 東京商科大学ギルドの内, 東京四ツ谷で両親, 東京四周の平原, 東京四谷の米屋, 東京四谷区信濃町の家, 東京四谷方面に浜田家, 東京図書館長に任, 東京圖書館に居られた, 東京土産話というもの, 東京の田舎, 東京在住中妾は数, 東京在学の令弟, 東京在来の町言葉, 東京在郷将官懇談会で述べた, 東京地下鉄道のステーション, 東京地学協会で芝公園, 東京地学協会発行の, 東京地學協會の幹事, 東京地方一円は警戒管制, 東京地方協議会署名にかかる, 東京地方委員会のキャップ, 東京地方検事正と事務上, 東京地方検察庁からのハガキ, 東京地方版のよう, 東京地方自由労働者組合東京製糖労働組合の組合長, 東京地方裁判所予審判事古我清氏, 東京地方裁判所刑事部で支倉喜平, 東京地方裁判所判事潮恒太郎同河島臺藏, 東京地方裁判所小原檢事は同, 東京地方裁判所小林檢事正の談, 東京地方裁判所所属弁護士猪飼弁三事務所のその, 東京地方裁判所検事安藤竜太郎と刷り込ん, 東京地方裁判所檢事局より本件, 東京地方裁判所民事第一部, 東京地方裁判所豫審判事に本件, 東京地方裁判所長に轉任, 東京地方裁判所雇その他二三を転々, 東京地検堀検事正馬場次席検事は, 東京地理沿革誌に従え, 東京地裁にいた, 東京の貴顕, 東京堂あたりへ行っ, 東京堂の前あたりにミモサ, 東京堂三省堂その他どうなる, 東京堂丸善本店をまわっ, 東京堂出版の, 東京堂書店で山田伸吉, 東京堂月報に拠る, 東京堂月報一ヵ年予約のこと, 東京夏宵の追懐, 東京外国人ヲ御, 東京外國語學校獨逸語學科に學んだ, 東京大学近くの群庶軒書店, 東京大映本社へ川口松太郎さん, 東京大本営において天皇陛下, 東京大根は二倍大, 東京大森の前衛社, 東京大阪あたりの気候, 東京大阪その他の駅, 東京大阪下の関, 東京大阪両朝日へ同時に, 東京大阪京都などの大都市, 東京大阪兩地の發表, 東京大阪合同でターキー, 東京大阪広島の各, 東京大阪神戸の三都, 東京大阪福岡というふう, 東京大阪等各地は九月, 東京大震災のとき, 東京天文台から放送, 東京天狗倶楽部の一人, 東京天王寺にて菊, 東京奇襲は事実, 東京奠都祭当日の賑, 東京女子宝塚会のオザ, 東京女子師範学校の卒業式, 東京女子師範学校中の高等女学校, 東京女子高等師範学校の最も, 東京女子高等師範学校長の湯原元一氏, 東京女学館というの, 東京好しといえ, 東京妓女の姿, 東京始めての大火, 東京委員会の藤森代表, 東京である, 東京は小遣, 東京学士会院会員に推挙, 東京学生のようす, 東京官報ハンバイ所なんて電話, 東京実験劇場事務局長として演劇界内部, 東京宮城などという声, 東京家元制度の今, 東京寄りの, 東京寶塚劇場の側, 東京専門学校時代からの記念的建物, 東京専門学校経営の経験, 東京專門學校は經營二十星霜, 東京小樽札幌の間, 東京小町だなどと, 東京尾久町の待合, 東京尾張間の停止所, 東京居周りの仏寺, 東京居回りの川筋, 東京にやっ, 東京山の手の某, 東京山手線の池袋驛, 東京島田三郎宅にて, 東京崇拝に原因, 東京川崎横浜の三都市, 東京巣鴨宮仲に住ん, 東京巣鴨真性寺に葬る, 東京巣鴨花街の居宅, 東京市ヶ谷の上屋敷, 東京市三分の二は全滅, 東京市上空に進入, 東京市中どこへ行っ, 東京市中まま宿場に等しき, 東京市中十万の商店中毎年代がわり, 東京市中古来名勝の地, 東京市中散歩の記事, 東京市中数ヶ所の芸者, 東京市中無料配達を致しまし, 東京市中穩かならず, 東京市中米の配給, 東京市中繁華の屋根, 東京市中美人ならざるなし, 東京市中野区の某, 東京市中電車雑沓の中, 東京市井の住民, 東京市井文明の中, 東京市会疑獄事件の, 東京市会議長の大岡育造氏, 東京市位空中襲撃をし, 東京市住所姓名録の緒言的, 東京市全部の地図, 東京市内二十六カ所の賭場, 東京市内京橋采女町に一怪事, 東京市内付近へかけ, 東京市内出沒行脚をやつ, 東京市内及付近では小石川, 東京市内各所の避難バラック, 東京市内四谷区でたしかに, 東京市内所望の山岳高度表, 東京市内遊覧でモスク, 東京市北部及び西部, 東京市区の繁華, 東京市南縁の高台, 東京市参事会に自ら籍, 東京市参事会員として汚, 東京市史稿のため, 東京市史編纂上の依頼, 東京市土木局嘱託浅見厚太郎博士の邸, 東京市場で手, 東京市外三鷹町に移住, 東京市外上落合と書い, 東京市外大久保の植木屋池田氏, 東京市小石川区原町で生れた, 東京市川の間さ, 東京市市会議員畑孫一郎氏の長男, 東京市当局の言明, 東京市役所東京府庁警視庁の協議, 東京市役所水道課長の感想, 東京市役所警視庁その他二三の官庁, 東京市政界の裡面, 東京市政裡面のダラシ, 東京市政頽廃の裏面, 東京市會が電車市有, 東京市會議長の大岡育造氏, 東京市本郷区駒本尋常高等小学校, 東京市東側地区の上空, 東京市某区某町, 東京市欧洲戦争講和記念祭の当日, 東京市民一般に関するいろいろ, 東京市民中でこの, 東京市民生活の触手, 東京市民諸君に訣別, 東京市水道拡張課の土木監督, 東京市深川区から市会議員, 東京市深川区西森下町に生粋, 東京市現時の形勢, 東京市立の施療病院, 東京市精華尋常小学校は鉄筋宏壮, 東京市經營の廣, 東京市芝区下高輪第一書房, 東京市衆議院議員補缺選擧の候補, 東京市街戰災燒亡早見地圖を買, 東京市街鉄道会社の技師, 東京市連合会の, 東京市郡全体の戦争, 東京市銀座四丁目帝都百貨店洋酒部ノ, 東京市長中村是公氏もそれから, 東京市長今の日露政治ブローカー後藤新平, 東京市長時代に設計, 東京市長更迭に際してこんな, 東京市電のストライキ, 東京市麻布区飯倉五丁目の山口屋書店, 東京市麻布區六本木の少女, 東京市麻布飯倉町赤羽心光院にまつる, 東京帝国医科大学の雇教師, 東京帝国大学以上の壮観, 東京帝国大学内部秘中の秘, 東京帝国大学前のパン店, 東京帝国大学助手に任, 東京帝国大学医科大学の別科生, 東京帝国大学卒業医学士であったところ, 東京帝国大学卒業式にあたって陛下, 東京帝国大学史料編纂官和田英松というお, 東京帝国大学地震学科学生某氏は市内二か所, 東京帝国大学学生だよ, 東京帝国大学官制第一条, 東京帝国大学理学部植物科を卒業, 東京帝国大学発行の, 東京帝国大学育ちであり一方, 東京帝国大学英文学の卒業生, 東京帝国大学英文科一年の学生服, 東京帝国大学農学部の佐々木喬農学博士, 東京帝国大学附属地震研究所の設立, 東京帝国工科大学造船学科へ入学, 東京帝国文科大学の怠惰, 東京帝国文科大学哲学科卒業後引続き今日, 東京帝国法科大学教授長谷川謹造先生はヴエランダ, 東京帝國ホテルに開催, 東京帝室博物館刊行の, 東京帝室博物館天産部へその, 東京師範学校卒業者を求めた, 東京平和の遊民, 東京平河町の土田, 東京幾十万の鮎釣り党, 東京庁立体操音楽女学校を卒業, 東京府下代言人有志者百余名等からも断行意見書, 東京府下南葛飾郡葛西村字大島の共同井戸, 東京府下荏原郡大井町小学校に奉職, 東京府下駒込辺りのある, 東京府会の議員たる, 東京府出府被仰, 東京府判事になった, 東京府南多摩郡加住村大字宮下にある, 東京府南多摩郡町田村の香雪園, 東京府南葛飾郡にまで鉱毒, 東京府士族の, 東京府士族警視庁警視属永井徹と云, 東京府巣鴨病院に行き, 東京府庁警視庁の協議, 東京府庁電信局等に勤務, 東京府府立の中学校, 東京府技手恩田岳造と固く, 東京府會の議員たる, 東京府本の, 東京府民有志の発企, 東京府知事職ニ在ル大久保一翁, 東京府知事警視總監を兼務, 東京府社会事業協会は市内五十, 東京府神奈川静岡千葉埼玉県に戒厳令, 東京府立松沢病院は日本, 東京府美術館で催された, 東京府職業紹介所に就職, 東京府連の, 東京府郡部における集団的不良, 東京府開成中学校に通っ, 東京座新築落成して, 東京座頭取であったので, 東京廻しといっ, 東京廻りとは東京, 東京廻り軍艦六艘青森へ入港, 東京弁護士会所属です, 東京式流しがあり, 東京強盗ばかりです, 東京役者中での竹本役者, 東京往復はお婆さん骨, 東京後楽園は日曜日, 東京徳川の時代, 東京徳川末期の名人, 東京恋しとも思わず, 東京恋しく約束の, 東京愛国防空隊の二十機, 東京愛国飛行隊はどう, 東京慈恵医学専門学校を卒業, 東京慣れしない田舎者で, 東京慣れた風も, 東京憲兵隊へ着く, 東京憲兵隊本部で取調べ, 東京憲兵隊東京市役所東京府庁警視庁の協議, 東京憲兵隊長の四方淳二, 東京戻りの壱州人, 東京へ出る, 東京招き行燈の灯影, 東京招致前後の空気その他, 東京招致運動を苦々しく, 東京指して逃げのび, 東京振りはすべて, 東京控訴院刑事第四部公開法廷, 東京控訴院検事局に出頭, 東京控訴院部長と記憶, 東京控訴院長大塚正男氏の長女, 東京撮影所で作られた, 東京支局から招待状, 東京支局長となっ, 東京支局長ラッセル・ブラインズ氏に対して日本人, 東京支局長リンゼー・パロット氏AP東京支局長ラッセル・ブラインズ氏に対して日本人, 東京支店の支配人, 東京支店長となった, 東京支社から送られ, 東京支社長マッキイヴォイ氏と同席, 東京支部婦人委員会とに分れた, 東京支部総会で婦人委員会, 東京支部長村上いく子さんに願つて其達筆, 東京放浪時代の形見, 東京政府の狼狽, 東京教育博物館動物園帝国大学植物園帝国図書館まるでもう無我夢中, 東京教育博物館長また東京図書館長, 東京散歩の記, 東京文化史の上, 東京文庫すらその, 東京文科大学の国語研究室, 東京新星空港だ, 東京新橋の料亭花月, 東京新橋尾張町辺りに夜ふけ, 東京新聞七月三十一日号に火野葦平, 東京新聞社の田中, 東京新聞社社會部の田中義郎君, 東京新聞紙上で激賞, 東京新誌第四一三号, 東京旗上げ興行で大阪, 東京日光も見, 東京日日等悉く揃, 東京日暮里の周施屋, 東京日本橋人形町の袋物屋, 東京日本橋仲通りを徘徊, 東京日本橋区第一銀行, 東京日本橋區内の中央, 東京日本橋本町辺のお, 東京日本橋箱崎川の水, 東京日本赤十字病院に轉, 東京日比谷東京駅横須賀江の島などゆくらしい, 東京日比谷現代そんな事, 東京早く歸らう, 東京明治時代とか何とか, 東京の武蔵野, 東京星ヶ岡茶寮の北大路氏, 東京映画撮影所から九時半, 東京是月廿七日補文部省十等出仕爾後或入, 東京普通の内幕, 東京最初の一年, 東京最後の朝飯, 東京最近の山岳国, 東京會館ウエーター君まで貰, 東京有楽社のグラフイツク, 東京朝日新聞左の記事, 東京朝日新聞社会部記者と肩書, 東京朝日新聞紐育電報中左の一項, 東京朝日新聞紙上で, 東京朝日新聞記者村山某小池は愚直, 東京朝日新聞讀賣新聞等二三の新聞, 東京朝日新聞週刊平民新聞の二紙, 東京朝日新聞長野版を見る, 東京朝日発表後に大岡山書店, 東京未決監未決六年冤枉者支倉喜平宛名は金沢市役所市長殿, 東京本所石原の阿部家別邸, 東京本郷座の辺, 東京札幌間の定期航空, 東京板橋の区民, 東京板橋区の或, 東京某家へ納まる, 東京某生の來書, 東京柳橋でも名妓, 東京根岸のさる家, 東京根生ひの, 東京案内の類, 東京案内一名遊歩の友, 東京桜木町間の電車, 東京よりいろは字, 東京森養竹より書状到来, 東京植物同好会が生まれた, 東京植物学会にはまだ, 東京を土台, 東京横浜その他の大, 東京横浜それから日光, 東京横浜其他の富豪, 東京横浜名古屋京都大阪神戸の六大都市, 東京横浜大阪神戸などもことごとく, 東京横浜川崎の三市, 東京横浜房総の大震災, 東京横浜横須賀なぞではたちまち, 東京横浜横須賀以下東京湾の入口, 東京横浜沼津静岡浜松名古屋大阪神戸岡山広島から福岡へん, 東京横濱あたりの人達, 東京横濱兩市の新聞社中, 東京横濱地方に於ける, 東京横濱方面から來, 東京横濱長野神戸和歌山其他全國各地, 東京樺太失敗失戀札幌の滯在等, 東京檢事局にては審理, 東京歌舞伎のえ, 東京歯科医専に入学, 東京殊に横浜には, 東京も姉, 東京毎夕に勤める, 東京毎夕新聞営業局長の矢野錦浪氏, 東京毎日新聞社演劇会と変っ, 東京毛織の塚口, 東京民族はほんの, 東京気分を作り, 東京永住の覚悟, 東京の端, 東京河出書房から出されはじめた, 東京法学校と称した, 東京法学院にあっ, 東京法学院東京専門学校あり仏法, 東京派遣員であった, 東京派遣研究班が主として, 東京流行の魁, 東京浅草区駒形町六番地に船板塀, 東京浅草夜のあかり, 東京浅草左衛門町までの旅先, 東京浅草猿若町に居りまし, 東京浦安あたりの青, 東京深川区富川町中村某方にて撮影, 東京渋谷のわが家, 東京渋谷村に歿, 東京温泉なるもの, 東京温泉ニ這入ルンダケド, 東京港付近まで来る, 東京湾口あたりの鯛, 東京湾口鯛釣場の双璧, 東京湾頭を横断, 東京滞在中ソヴィエト政権転覆のため, 東京滞在中各所の慰問演奏, 東京滞在中東海道線を利用, 東京滞在期間が思いの外, 東京演劇界の変動, 東京灣内のみならず, 東京灣内海岸の見るべき, 東京灣脚底に展開, 東京灣近く一大明鏡, 東京火災保険の久米平三郎君, 東京御引越午後, 東京無名氏より金一万円寄附, 東京と大, 東京牛込北山伏町三十八田山鉄彌二十九日夕, 東京牛込区市ヶ谷の谷町, 東京牛込早稲田なる大隈伯爵家温室内, 東京牛込神楽坂には円本芸者, 東京牛込神樂坂を少し, 東京物理学校の淡い, 東京特派員のヒュー, 東京玉川上野毛の大東病院, 東京現今之光景如此, 東京生れ両親はなく, 東京生活時代には子供, 東京生粋の人形浄瑠璃, 東京産まれだったが, 東京田舎その間には或, 東京画家のもこの, 東京界隈の農家, 東京留守政府の井上大蔵大輔, 東京発八月十八日福山著廿四日執政を罷め, 東京発太郎を国府津, 東京発熱海へ, 東京発行の選手名鑑, 東京百景や隅田川, 東京百貨店跡から地上, 東京になり, 東京盲唖學校小石川臺の高等師範學校, 東京盲学校長町田則文というお, 東京直行の夜汽車, 東京相場に換算, 東京県人会のみがない, 東京着三時の三輛目, 東京着専務支配人樋口以下揃って, 東京着意外に出, 東京着物市場がある, 東京着防空演習で昼, 東京知ってるのん, 東京石原邸に於, 東京砧村にある, 東京の原稿, 東京社交舞踏教習所と書きつけた, 東京社会新聞を現出, 東京祝捷会が盛大, 東京神奈川など狭い, 東京神学社の学生, 東京神恵病院長押鐘博士の夫人, 東京神戸などの外人生活, 東京神田万世橋の傍ら, 東京神田区東福田町倉本某方の左手, 東京神田區冨山房をニホ, 東京神田柳町に生れ, 東京神田橋外での献扇事件, 東京神田橋見附跡の外, 東京神田裏神保町に住ん, 東京神田錦町の橋田病院, 東京神田錦輝館に於ける, 東京神田須田町の某, 東京福岡間を往復, 東京私宅へ郵送, 東京の風, 東京科学博物館刊行の, 東京程にもないが, 東京程はつきり, 東京稗史出版社の社員, 東京の大根, 東京空中宣伝会社からこちら, 東京れの, 東京の各地, 東京等一円の隣地, 東京築地南小田原町荒物商某方へ同居, 東京粕谷は粕谷流, 東京とか大阪組, 東京攻撃を, 東京のい, 東京繁昌の中心, 東京繁華な下町, 東京繊維という工場, 東京美校の教授, 東京美術学校個人では細川侯爵, 東京美術学校出身の日本画画家, 東京美術学校文学会の開会式, 東京美術學校目白臺の學習院, 東京美術學校長阿刀田, 東京美術展覧会に昔出品, 東京羽田の空港, 東京育ち同様ながら彼, 東京胞衣会社と書いた, 東京自慢の一名物, 東京自立劇団協議会に組織, 東京興行界を席巻, 東京芝区の某, 東京芝区三田二丁目慶応義塾邸内演説館において福沢先生, 東京芝區濱松町一の十五土岐方, 東京芝大神宮の行器, 東京芝居の仕出し, 東京芝浦に蓄電池試作研究所, 東京芝浦自動車ホテルで發表, 東京芝芝園橋付近の銀茶寮, 東京芸者の私生児, 東京茶房てとこ, 東京御, 東京著名講談師たちに拠つて寄進, 東京蕎麦の真, 東京の門, 東京行き急行であります, 東京行き関東大暴風, 東京行それ自身さえあきらめなけれ, 東京行以外にありません, 東京行幸の為, 東京行沼田行とそれぞれ, 東京行省線電車が新橋有楽町間, 東京行連絡の急行, 東京街上の夏景色, 東京街頭を歩いた, 東京表有志間中非常に中傷, 東京裁判その他で日本, 東京裁判みたいなこと, 東京裁判録音は裁判, 東京製糖労働組合の組合長, 東京西南の一隅, 東京西郊の農村, 東京要塞長はどこ, 東京見たいに寝る, 東京見物左側の一人, 東京親戚というもの, 東京角筈の家, 東京が抜けなかった, 東京訛りのある, 東京訪問は必至, 東京になりました, 東京語式のもの, 東京語發音化すること, 東京諸先俳の俳句, 東京講演会ての, 東京講演社へゆき, 東京警備司令官の職権, 東京警備司令官別府九州造に変装, 東京警備司令官別府九州造氏であった, 東京警備司令官別府大将の布告, 東京警備司令部付帆村荘六氏へ次, 東京警備司令部内は眼, 東京警備司令部東京憲兵隊東京市役所東京府庁警視庁の協議, 東京警報があります, 東京警察後援会というもの, 東京警醒社書店から発行, 東京谷中天王寺墓畔に転住, 東京谷中延命院脇の貝塚, 東京貯蓄銀行丸の内支店からタンポ, 東京贔屓だん, 東京赤門前のその, 東京なども矢張り此, 東京軍事裁判にたいして満足, 東京転任に先立つ, 東京転移に付, 東京輕井澤間の汽車, 東京轉任で僕, 東京辺のとは少し, 東京辺りでよく, 東京迄と云ふ, 東京近い此の, 東京近くのはたいてい, 東京近しとの暗示, 東京近来の模様, 東京近海もののピカ一, 東京逗子間を往復, 東京通いもした, 東京通信新聞の佐, 東京通信新聞社の記者, 東京通船株式会社の倉庫, 東京通過其処より, 東京通過其處より, 東京連絡所を兼ねた, 東京連鎖劇一座という長方形, 東京遊學者だといふ, 東京運動倶楽部の秋季会合, 東京遠近といふ言葉, 東京遷座の用意, 東京遷座由来記を心ゆく, 東京遷都建白等についてその, 東京郊外三鷹村に無事着陸, 東京郊外大崎町の同氏邸, 東京郊外川向うの深川, 東京郊外渋谷町鶯谷アパートにて, 東京郊外省線荻窪駅の北口, 東京という, 東京部長というの, 東京都くじの発行, 東京都下その他各地方, 東京都世田谷区のはずれ, 東京都人口の一割以上, 東京都北海道府県市町村などみな, 東京都宝くじの抽せん, 東京都小岩である, 東京都庁がこれ, 東京都文京区音羽町三丁目十九番地光文社発行の雑誌, 東京都新聞に連載, 東京都板橋区東大泉町となっ, 東京都板橋区板橋五ノ一〇一四, 東京都民諸君の前, 東京都水道の補助水, 東京都渋谷区千駄ヶ谷四ノ六二五境ツネ子, 東京都目黒区駒場町八六一番地であって, 東京都知事以下全国の選挙ビラ, 東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県の七つ, 東京都練馬区東大泉町五百五十七番地なる私宅, 東京都西部の民家, 東京都議会の副, 東京都駒場に在る, 東京都麹町区六番町二十五番地旗田鶴彌印, 東京醫學校を出られる, 東京重機の吉田文雄, 東京金蘭会と称する, 東京鉄工組合に各々, 東京鉄道諸機械, 東京鉄道事務所の好意, 東京鉄道会社だつた頃, 東京鉛筆が欲しい, 東京鉱山監督局長南挺三の名, 東京銀座三丁目の左久良書房, 東京銀座鳩居堂の楼上, 東京鋼材会社の帰り, 東京の重々しい, 東京錦絵風景を好ん, 東京鍛冶橋監獄署へ護送, 東京長谷川町梅の屋, 東京開化の碧, 東京開成学校規則には, 東京間トラックにゆられた, 東京間位と思う, 東京間各駅に手配, 東京間抜一人と附け, 東京間百時間飛行でジャビー, 東京関藤先生より書状及開化繁昌誌二冊到来, 東京けて銀座, 東京阪神著名な温泉場, 東京防衛司令部発表のニュース, 東京阿佐ヶ谷の寓居, 東京附近山櫻の見るべき, 東京附近明治神宮あたりの地, 東京という古, 東京隅田川の水辺, 東京階上のクラブ, 東京隨一の名所, 東京電気局長に就任, 東京電気株式会社や日本放送協会, 東京電燈会社の創立, 東京電話申し込んだが, 東京電話例の件, 東京電話局はいま, 東京電話東劇の切符, 東京震災復活の第, 東京青山信濃殿町三十六番地谷澤成瀬と申す, 東京青山茂吉宅に於, 東京音楽協会員の協会, 東京音楽学校長は賢明, 東京音樂學校の演奏, 東京音樂學校東京美術學校目白臺の學習院, 東京音頭まがいの街頭小唄位い, 東京風うなぎ蒲焼で飯, 東京風のよりもエロ, 東京風俗を描写, 東京風俗詩とでも命名, 東京風景断片の採集, 東京風景版画が残つたとい, 東京風景画は古河黙阿弥, 東京風牛鍋なん, 東京風物の写生, 東京飯田橋職業紹介所の鳴物入り, 東京養育院慈善演劇を催し, 東京馬車鉄の社長谷, 東京馴れないので此處, 東京馴れるとお, 東京駅あたりまで押しあっ, 東京駅カラ下ノ関迄, 東京駅ステーションホテル第十四号室, 東京駅ハオレノ家ダト言ッチャテネエマイッチャテネエオレノ妾宅ハ丸ビルダト言ッタラ, 東京駅ホテル殺人事件以来の出来事, 東京駅一時のかもめ, 東京駅一時四十分文芸ビルへ行く, 東京駅七時三十分発博多行急行発車の十分前, 東京駅三時発で中華, 東京駅中央郵便局聳えたつ丸ノ内ビルディング, 東京駅京橋へ歩いた, 東京駅付近の大, 東京駅停車塲に送る, 東京駅入口階上の食堂, 東京駅八重洲口附近の焼けビル, 東京駅員で昨夜当直, 東京駅地下の荘司食堂, 東京駅地下室荘司でホットサンド, 東京駅外が落寞, 東京駅工事真ツ最中, 東京駅帝国ホテルその他である, 東京駅帝国大学その他重要な建物全焼, 東京駅東口のほう, 東京駅横須賀江の島などゆくらしい, 東京駅横須賀線の一番, 東京駅発下関行急行は欧亜連絡, 東京駅発二十七日熱田丸横浜出帆諸先輩, 東京駅発午前八時二十五分の伊東行の普通列車, 東京駅発大阪行の一二九号列車, 東京駅発姫路行に乗っ, 東京駅発車の岡山行, 東京駅着の時間, 東京駅着午後三時の急行列車, 東京駅着文ビルへ急ぐ, 東京駅着高槻迎へで帰宅, 東京駅行きのバス, 東京駅降車口前に行く, 東京剳大使の, 東京駐箚仏国大使に右, 東京駒込追分の坂路, 東京驛停車場はまだ, 東京驛前の廣場, 東京高島屋に於ける, 東京高工山岳部の学生二人案内一人, 東京高師を出, 東京高等商船学校の実習学生, 東京高等女学校のポスト・グラデュエート, 東京高等学校の辺り, 東京高等学校三年生であった弟, 東京高等師範には明治二十七八年, 東京高等師範學校長なるが, 東京高等裁判所判事三浦襄のペンネーム, 東京高裁棚田判事同僚井沢判事と決闘, 東京高裁民事部長の職, 東京高輪の留守宅, 東京高農の出, 東京の拵, 東京は幕下級, 東京鳥居坂の宗家, 東京球氏より, 東京鷺宮の無, 東京麹町区三番町沿いの御, 東京麹町区内山下町帝国ホテルに投宿中, 東京麹町区土手三番町浸礼教会跡に隠れ, 東京麹町区飯田町の皇典講究所, 東京麹町隼町で生れた, 東京麻布十番の時代, 東京麻布本村町にあった, 東京YWCAに泊つて