青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「漸く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

滿~ 漁師~ 演出~ 演劇~ 演奏~ ~演説 演説~ 漢~ 漱石~ ~漸く
漸く~
~潜ん 潜ん~ 潜水~ ~潮 潮~ ~激しい 激しい~ ~激しく 激しく~ ~濃い

「漸く~」 4454, 48ppm, 2424位

▼ 漸く~ (196, 4.4%)

99 して 2 しるくなれる, 心を, 暇乞し, 気を, 立ち上る気配

1 [87件] また寝かした, ッと, ハッキリと, ムシャクシャと, 一つ二つと, 一と, 之を, 之丈を, 些か之, 人々が, 今この, 倦怠しつ, 其の黄色, 其光茫を, 分ったよう, 判りました, 加はりて, 勢を, 勢力を, 千代は, 去り帝, 口を, 叩き落して, 只一つ思い, 名刺差出し, 君を, 埋め得たと, 存し, 完り, 寂し, 小三郎を, 少し金策, 尽きんと, 帰宅を, 庵室の, 引出したり, 弛むに, 強まり行くもの, 待つて, 心付きし乎, 忘れら, 思い定めたの, 思ひ定めつ, 思ひ当れる事, 我れ, 我心を, 打ち明けしめた, 抑ふべからざる, 明るくなる, 明治五年に, 春が, 暮れ行く, 椅子に, 歩を, 歯の, 気が付き起, 治まりも, 洩れる聲, 深夜の, 清元長唄の, 済ませしが, 渡ると, 測る事, 燐燧の, 私が, 立つた, 聴かれた相, 膨らみ充ち將, 船を, 草に, 蘇生を, 覚醒し来れる, 覺醒し, 語學の, 買い取った幸福, 身を, 追退, 這出して, 進みたる者, 長大生育する, 開きて, 雪の, 霽れ, 青雲の, 飛んで, 高くなった, 黝變する

▼ 漸く~ (114, 2.6%)

52 ことで 32 事で 8 思ひで 3 思いで 2 ことだった, ことである, ことに, こと首を, 事あれ, 思で 1 こと三月ばかり, やうな, 事に, 事引摺り上げる, 事間一丁ほどに, 思いを, 想で

▼ 漸くその~ (95, 2.1%)

2 二つの, 家の, 日その, 日の, 時に, 氣に, 理由を, 重い唇

1 [79件] からくりが, 一二日前から, 一人娘が, 不意を, 事の, 事件を, 事務所の, 件は, 使命を, 修繕を, 借金を, 全貌を, 全軍, 別荘の, 別莊の, 効用が, 勢力を, 勾配を, 句の, 圏外に, 圧迫から, 在所を, 壓迫から, 大半の, 天候の, 害を, 家に, 尽力により, 局を, 巧拙を, 巨大な, 年から, 形を, 復興が, 心は, 心事の, 恐しい, 手を, 改良に, 政を, 故を, 教への, 方法を, 日荷物を, 時が, 時の, 書留郵便を, 望みを, 本体を, 本来の, 樹梢に, 機能の, 正念を, 民情に, 消息が, 涙に, 現實, 生徒は, 発作が, 登場歌章の, 真相を, 端を, 第一部, 緒に, 繭を, 美しさ, 衒學的な, 襟を, 証拠を, 詩の, 話の, 跡を, 隅角と, 雑木林の, 頃に, 領有を, 顔に, 顔の, 馬鹿笑ひ

▼ 漸く~ (40, 0.9%)

2 の腕

1 [38件] が, がその, が十, が物, が訪れた, くらいな, だけ同行, にはっきり, にはつ, にもわかつ, にも分った, にも眼, に双眼鏡, の主人公, の待っ, の心, の生活, の直覚, の相棒, の胴脇, の胸, の裡, の進歩, は, はこの, はその, は一つ, は名, は彼等, は思い出した, は目, は第, は自分, は馬車, も父, も酔う, を活氣, を許し

▼ 漸くこの~ (38, 0.9%)

2 頃に

1 [36件] ことの, オルソドックスに, 一つの, 不愉快な, 事情が, 二人をも, 五十の, 五月に, 仙台へ, 刻限と, 噛み合いを, 変質状態を, 奇賊を, 家に, 山の, 幸福を, 彼等の, 時代から, 歌の, 混雑から, 男の, 男を, 疑惑の, 百年ばかり, 秘密に, 秘密を, 若い客, 裸体国の, 話を, 辺に, 遺稿が, 雷霆の, 頃にな, 頃御, 頃見え, 養老院において

▼ 漸く安心~ (32, 0.7%)

10 して 4 した 3 したよう 2 したわ

1 [13件] が出来た, さしたが, させたが, したという, したやう, したらしいお, した様, した気楽さ, しは, しました, するよう, する事, 致しました

▼ 漸く自分~ (31, 0.7%)

2 で自分, の生活, の言, の部屋

1 [23件] といふもの, に歸, の前, の力, の境遇, の妻, の家, の寝台, の履物, の帰国, の得意, の思ふ, の時間, の村, の田畑, の築き上げた, の罪, の自由, は此, は落着, は輸送車, も從來, を呼ぶ

▼ 漸く~ (27, 0.6%)

2 れを

1 [25件] から離れよう, があの, が全て, が青年期, と同化, にはわかつた, には帰国, に従, の意識的藝術活動そのもの, の法文, の身, はすりよつた, は一応, は奇智, は戻, は気づい, は自分, ものびのび, も二十五歳, も信用, れと, れに, を信じ, を睡眠, を認め出した

▼ 漸くそれ~ (23, 0.5%)

2 に気づいた, に氣, を心配

1 [17件] から恢復, が収まる, が過ぎり終えたらしい, だけを吐き出した, だけを言った, と知られる, に気が付いた, に目覚めかけ, の媒介, は同じ, も片づきました, をさとった, をやる, を宥め, を我慢, を痛切, を聞き

▼ 漸く~ (22, 0.5%)

2 のせき, を定め

1 [18件] がしずか, が和, が私, が落, が落ち着けた, が落着, が靜, のなか, の底, の汚れん, の落ち着く, の落着, をきめた, を取り, を取直した, を安め, を決して, を落つ

▼ 漸くこれ~ (20, 0.4%)

3 だけの事 2 だけのこと, だけ云った

1 [13件] が神, だけいつた, だけに家, だけに成った, だけ云, ではならぬ, に心, はと思う, まで来りしなり, を得, を感ず, を感ずる, を見る

▼ 漸く~ (19, 0.4%)

2 種は

1 [17件] みつは, 助けし, 半の, 取押えなされ有難う, 名前も, 品に, 垂髪に, 帰りに, 床と, 目に, 竹に, 粥に, 葬ひ, 見送りが, 解りでございましょう, 近の, 靜は

▼ 漸く~ (19, 0.4%)

3 を開きました 2 を開いた, を開く

1 [12件] にのぼせた, へのぼっ, をきる, をはさみました, をはさんだ, を出しました, を切, を切った, を切りました, を動かし, を閉じた, を開かし

▼ 漸く~ (19, 0.4%)

3 を離し 2 の隙

1 [14件] が来る, についた, に入った, に入り, に入りました, に入れた, に入れましただ, に入れる, の上, の及ぶ, を擴げ, を放した, を放します, を着けた

▼ 漸く~ (19, 0.4%)

3 が付いた 2 が付い, をとり直し, を取直し 1 がつきました, が晴れた, が附い, に入, は落着き, を利かせ, を取り直す, を取り静めた, を落ちつけ, を落ち着け

▼ 漸く多く~ (14, 0.3%)

1 [14件] これに関する, なつて, なりその, なり其上肋膜, なるに従って, なれりと, 天下の, 帰向, 後には, 活動する, 賊勢日に, 遂に写楽, 道家の, 隊長両角豊後守虎定は

▼ 漸く~ (14, 0.3%)

2 に歸, に返った, れに 1 に復, に返, に返っ, に返つ, に返つた, に返りました, に返る, に還りたる

▼ 漸く~ (13, 0.3%)

3 がついた 2 がつい, が付いた, が付いたらしく 1 が付い, が付きました, を持直す, を落着けました

▼ 漸く~ (13, 0.3%)

2 のあたり, を覺 1 がしょぼつい, が醒めた, が開きかかっ, に慣れ, の映像, の覺め, を定め, を開きます, 覚め初めました

▼ 漸く~ (13, 0.3%)

2 を上げ, を挙げ, を見合せた 1 をあげ, をあげました, を上げた, を上げました, を上げる, を洗, を洗っ

▼ 漸く其の~ (12, 0.3%)

2 政見を 1 動物の, 広々した, 承諾を, 日々, 日を, 本性の, 瘡痍を, 神経が, 襟を, 頭より

▼ 漸く~ (12, 0.3%)

2 の時, れだけ 1 の事, の刻限, の商売, の小屋, の男, の頃, の頃本山寺さま, の頃片言交

▼ 漸く~ (12, 0.3%)

2 へて復 1 ふるに, ふるの, へが見え, へてこれ, へて秋夕, へて行つて, へ一半身, へ儒道, へ始めました, へ食大

▼ 漸く~ (11, 0.2%)

3 て来た 1 づ, て来, て来る, でんと, 京する, 來か, 來た, 來上つた隅田公園の

▼ 漸く~ (11, 0.2%)

2 也, 英統一主義に 1 なるに, に我耳, に我興會, を成した, 合唱の, 學ばざれば, 學豫科の

▼ 漸く暮れ~ (11, 0.2%)

2 か, かけた, かけて, かける頃 1 かかったらしい, かかって, なんとする

▼ 漸く落着~ (11, 0.2%)

5 いて 2 いた心持 1 いた平次, く, くこと, して

▼ 漸く~ (11, 0.2%)

5 じて 3 じ漸く 2 じ威望 1 四疊から

▼ 漸く~ (10, 0.2%)

2 の噂 1 がはいり込める, が通れる, としてのさかり, の性, の情, の氣, の起き出た, は五人

▼ 漸く~ (10, 0.2%)

2 が覺め 1 がさめ, が覚める, が開けそめた, を挙げ, を見, を醒した, を醒ます, 醒まさせ今日

▼ 漸く~ (10, 0.2%)

3 を起した 2 にしみ 1 に合う, に覚えた, も心, を支, を起し

▼ 漸く~ (10, 0.2%)

2 を上げ 1 が見える, のかたち, をあげ, を上げかけた, を上げた, を擡げ, を水面上, を突込

▼ 漸くそこ~ (9, 0.2%)

2 に描かれた 1 から逃げ出した, に来た, に達し, の竹籔, へ腰, まで辿りつく, 迄漕ぎつけた

▼ 漸く江戸~ (9, 0.2%)

2 へ帰っ 1 に歸, に馴れ, の民衆, の町, へ入, へ着いた, まで辿り着いた

▼ 漸く老い~ (9, 0.2%)

2 漸く衰 1 てその, て其の, て好, て客足, 両眼, 漸く枯, 終に死する

▼ 漸く高く~ (9, 0.2%)

3 して 1 なって, なつた陽足, 彼らの, 膨みたる, 風は, 風力の

▼ 漸く人心地~ (8, 0.2%)

2 が付く 1 がついた, がつきました, づいたよう, に立ち還りぬ, 付いたので, 付いた千之助

▼ 漸く彼女~ (8, 0.2%)

1 がナオミ, が來, が出, が階段, の生活, の白々し, はあきらめた, は瞳

▼ 漸く~ (8, 0.2%)

3 れて 1 つた, る, れたが, れ上ったものの, れ下

▼ 漸く二人~ (7, 0.2%)

1 で蚊帳, の手, の男, の病気, は笑い出した, を引離しました, を近づけた

▼ 漸く~ (7, 0.2%)

2 在る処 1 その正しい, は浄, 少し落つい, 思い出したわい, 纏めること

▼ 漸く~ (7, 0.2%)

1 に戻っ, の前, の周囲, の整理, へ帰っ, へ引取, へ戻つ

▼ 漸く少し~ (7, 0.2%)

1 の戲談, ばかり本, 元気を, 宛判っ, 弛んで, 楽な, 発音を

▼ 漸く~ (7, 0.2%)

1 から持っ, にさしかかっ, の主神, の旅, を荒し, を降り切った, を離れた

▼ 漸く~ (7, 0.2%)

1 の意, を閉ぢ, イキと, 氣に, 當の, 監に, 調子出始め

▼ 漸く発見~ (7, 0.2%)

1 されたの, されたらしいの, した, したアザミさん, した浅瀬, し得る仕事, 少々汚れてる

▼ 漸く繁く~ (7, 0.2%)

2 なりて, なりもて, なりもて行く程 1 なった帰京

▼ 漸く~ (7, 0.2%)

1 がすわった, の処, をあげた, をのばしました, を上げる, を卸した, を屈め

▼ 漸く~ (6, 0.1%)

1 がきまった, が多く, の始末, の真相, 済んで, 無きを

▼ 漸く~ (6, 0.1%)

2 を吹返 1 をつぎます, を吐い, を吹き返し, を引取つた

▼ 漸く~ (6, 0.1%)

2 氣に 1 三位大納言を以て, 氣づいた, 氣を, 氣付きました

▼ 漸く正気~ (6, 0.1%)

1 づいたところ, づきましたが, になっ, に返った, に返りました, を取戻し

▼ 漸く深く~ (6, 0.1%)

2 なって 1 なつて, なり初め, 札所九番の, 自然も

▼ 漸く~ (6, 0.1%)

2 になり 1 ならん, なり, になりぬ, になり行く

▼ 漸く~ (6, 0.1%)

1 が浮んだ, はせる, ひが, ひを, ひ止んで, ふこと

▼ 漸く~ (6, 0.1%)

1 がわかっ, が極, に一段落, のわかっ, を戻し, を線路

▼ 漸く一つ~ (5, 0.1%)

1 が母, のもの, や, やや明るい, 出来た

▼ 漸く~ (5, 0.1%)

1 に伝わる, に出, に拡, に知られかけ, に行

▼ 漸く~ (5, 0.1%)

2 を手 1 を公, を得, を馴致

▼ 漸く~ (5, 0.1%)

1 が彼, には少し, の名, の多年宿願, は僅か

▼ 漸く其処~ (5, 0.1%)

1 が歩廊, に攀じ登った, へ歩み寄, へ歩み寄った, 迄辿り着き

▼ 漸く合点~ (5, 0.1%)

2 が行った 1 すること, するよう, の行つた源太郎

▼ 漸く~ (5, 0.1%)

1 に復, に歸つて, に返, に返る, れに

▼ 漸く~ (5, 0.1%)

1 だけは取り止めました, だけは取止め, だけを拾っ, だけを拾つて, は取り止め

▼ 漸く回復~ (5, 0.1%)

3 して 1 したりと, する時

▼ 漸く~ (5, 0.1%)

2 が明け 1 に入っ, の三時近く, の九時ごろ

▼ 漸く~ (5, 0.1%)

1 が笑, が笑ひだ, になりかけた, も何, を上海

▼ 漸く~ (5, 0.1%)

1 となり, な斜面, にし, になる, に下っ

▼ 漸く意識~ (5, 0.1%)

1 に入れ, をとりかえし, をとり返し, を囘復, を回復

▼ 漸く~ (5, 0.1%)

1 ういふ, うして, うしては, う言つて, の如き

▼ 漸く暗く~ (5, 0.1%)

1 なった, なって, なつた頃, なりか, 遠近の

▼ 漸く東京~ (5, 0.1%)

1 から昨日喞筒, に前途, の一家, の生活, へ連れ帰つた

▼ 漸く気がついた~ (5, 0.1%)

1 と見え, のである, のです, 余吾之, 照子は

▼ 漸く~ (5, 0.1%)

1 が通った, も盡, を含んだ, を汲上げた, を貰

▼ 漸く~ (5, 0.1%)

1 からの微風, と月, はその, まで水路, を去つ

▼ 漸く深い~ (5, 0.1%)

1 さて配, 夜を, 悲歎から, 水上温泉へ, 皺が

▼ 漸く~ (5, 0.1%)

2 なるに 1 となる, なる時, になり

▼ 漸く盛ん~ (5, 0.1%)

2 になり 1 ならん, になりまし, に前

▼ 漸く納得~ (5, 0.1%)

3 して 1 し, した

▼ 漸く終り~ (5, 0.1%)

1 に近づき, やッ, を告げ, を告げました, 近く私

▼ 漸く結末~ (5, 0.1%)

3 に達した 2 へ来た

▼ 漸く~ (5, 0.1%)

1 の震, を撫で下した, を撫で下ろします, を落, 撫でおろし日本

▼ 漸く蘇生~ (5, 0.1%)

3 の思い 1 つたやう, の思ひ

▼ 漸く~ (5, 0.1%)

1 の届いた, を支え, を洗っ, を踏み入れた, を踏み止めました

▼ 漸く進歩~ (5, 0.1%)

2 したから 1 し戯曲, するに, の路

▼ 漸く長ずる~ (5, 0.1%)

2 を認むる 1 に及び, に及ん, に連れ

▼ 漸くここ~ (4, 0.1%)

1 に落ち付いた, の守備隊長, へ辿り着いた, まで来た

▼ 漸くはっきり~ (4, 0.1%)

1 と分かる, と周囲, 目を, 解って

▼ 漸くほっと~ (4, 0.1%)

1 した心もち, して, 一息つく, 息を

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

1 きれか, となり, と晩, と通り

▼ 漸く三吉~ (4, 0.1%)

1 は平常, は箸, も力, も暇

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

1 の方, へ入, へ入っ, へ通されました

▼ 漸く主人~ (4, 0.1%)

2 は歸 1 の勘兵衞, の金兵衞

▼ 漸く事件~ (4, 0.1%)

2 の全貌 1 の綾, は予審判事

▼ 漸く二階~ (4, 0.1%)

2 の一室 1 に登つて, を下り

▼ 漸く人々~ (4, 0.1%)

1 からも認知, に倦, に疎外, の顏

▼ 漸く健康~ (4, 0.1%)

1 になった, を取り戻す, を取戻し, を囘復

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

1 に復, の道, 氣にな, 氣を

▼ 漸く出来た~ (4, 0.1%)

1 ので王, ような, 由, 都会です

▼ 漸く分っ~ (4, 0.1%)

3 て来た 1 てきた

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

1 を四方, を増した, を得た, を得たる

▼ 漸く問題~ (4, 0.1%)

1 となつ, の核心, の焦, の重

▼ 漸く四十~ (4, 0.1%)

2 になつ 1 になった, の声

▼ 漸く増加~ (4, 0.1%)

2 して 1 し安永, する場合

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

1 が診察室, が運送車, のところ, の病室

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

1 に転, の床, の方, を連れ

▼ 漸く安堵~ (4, 0.1%)

1 したやう, したよう, すること, せる間

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

1 くな, 商売を, 徑へ, 虎の

▼ 漸く少く~ (4, 0.1%)

1 なったが, なりし頃, なり乃ち又新, なり終に

▼ 漸く平次~ (4, 0.1%)

2 の危難 1 を外, を抱き起す

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

2 の上 1 から出た, をはひ出

▼ 漸く思い出した~ (4, 0.1%)

1 くらいです, と見え, のです, ように

▼ 漸く恢復~ (4, 0.1%)

2 すると 1 したこと, して

▼ 漸く成長~ (4, 0.1%)

2 して 1 した, したこと

▼ 漸く我慢~ (4, 0.1%)

2 して 1 した, をし

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

2 を開け 1 を開い, を開ける

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

1 し出したお, し出しましたがね, し拔, し當

▼ 漸く日頃~ (4, 0.1%)

1 の寛濶, の笑, の落着き, の贅澤癖

▼ 漸く明るく~ (4, 0.1%)

2 なって 1 なったが, なつて

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

1 の訪れ, らしい, らしい天気, を蒸す

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

2 なり 1 くな, し

▼ 漸く本心~ (4, 0.1%)

1 に復し, に立ち還りました, を取り戻し, を取戻し

▼ 漸く此處~ (4, 0.1%)

1 に居る, まで來, まで出, まで漕ぎつけた

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

1 せる古都, の到来, の手, の虎口

▼ 漸く母親~ (4, 0.1%)

1 の了解, の懐, を呼ぶ, を抱きあげよう

▼ 漸く決心~ (4, 0.1%)

2 して 1 がついた, したもの

▼ 漸く流行~ (4, 0.1%)

1 して, しはじめたもの, し始めた百人一首, の兆

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

1 の乾いた, ををさめ, を押し拭う, を拭

▼ 漸く熟し~ (4, 0.1%)

1 ていつた, てこの, て法華爾前, 二月と

▼ 漸く立ち上っ~ (4, 0.1%)

1 て五円近く, て帰っ, て帰路, て廊下

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

3 付いて 1 付いた頃

▼ 漸く薄れ~ (4, 0.1%)

2 て来る 1 て来た, て行

▼ 漸く衰え~ (4, 0.1%)

1 てき, をみせた, 聖代の, 行くの

▼ 漸く西~ (4, 0.1%)

1 に沈ん, の山, の岸, の波間

▼ 漸く言葉~ (4, 0.1%)

1 の切れ目, をつかまへ, を得, を発し得た

▼ 漸く許され~ (4, 0.1%)

1 て布団, て庭口, て放たれた, て江戸

▼ 漸く進む~ (4, 0.1%)

1 ことで, に石土, に連れ, や外国奉行等

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

2 る暮色 1 った, るを

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

1 が出, の酔, をさした, を節す

▼ 漸く~ (4, 0.1%)

1 かに半身, になり, に舟人遭難, まる

▼ 漸く頂上~ (4, 0.1%)

2 に達した 1 に達する, まで辿りついた

▼ 漸くあたり~ (3, 0.1%)

2 も青々 1 があら

▼ 漸くあの~ (3, 0.1%)

1 可憐な, 岩見の, 森が

▼ 漸くはつきり~ (3, 0.1%)

1 しだした時代, と目, 見え出した

▼ 漸くホツ~ (3, 0.1%)

3 とした

▼ 漸く一人~ (3, 0.1%)

1 の墓地人夫, を得た, 見付かると

▼ 漸く一人前~ (3, 0.1%)

1 の女, の形, の棋士

▼ 漸く一家~ (3, 0.1%)

1 の説, を成さう, を成した

▼ 漸く一日~ (3, 0.1%)

1 の仕事, の会社務め, の重荷

▼ 漸く一月~ (3, 0.1%)

1 の半, の末, の本性

▼ 漸く世間~ (3, 0.1%)

1 といふもの, に認められ, の認むる所

▼ 漸く乱れ~ (3, 0.1%)

1 たり, て屡, 群盗所在に

▼ 漸く人一人~ (3, 0.1%)

2 行き違 1 の膝

▼ 漸く仕事~ (3, 0.1%)

1 にかかりました, に向っ, もまとまり出す

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 と結婚, の事業, は落つき

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

2 に借金 1 を振り

▼ 漸く八五郎~ (3, 0.1%)

2 の懸河 1 も追

▼ 漸く円熟~ (3, 0.1%)

1 するや, の域, の境地

▼ 漸く冷静~ (3, 0.1%)

1 な心, になりました, を取戻し

▼ 漸く出来上った~ (3, 0.1%)

1 という話, ものだった, 頃には

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 タクシを, 正気に, 此境遇に

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

2 柳原の 1 ひ側

▼ 漸く向う~ (3, 0.1%)

1 の山裾, の岸, の橋詰

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

2 つと 1 つとして

▼ 漸く固く~ (3, 0.1%)

2 所謂る 1 戦乱僅に

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 が出た, だけは立てず, を呑ん

▼ 漸く多き~ (3, 0.1%)

1 に至つて, を加, を致す

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 からさめた, から覚めた, が醒めた

▼ 漸く姿~ (3, 0.1%)

1 を消し去つた, を表, を隠し

▼ 漸く宿~ (3, 0.1%)

1 に帰つて, に歸つて來, に着した

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

2 を出た 1 までつれゆき

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 つ引, の蔭, へ着いた

▼ 漸く岸本~ (3, 0.1%)

2 は自分 1 は国

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 の松, の麓村栃本, を越した

▼ 漸く平静~ (3, 0.1%)

1 であろうと, になつ, を取り戻し

▼ 漸く平靜~ (3, 0.1%)

1 を取戻し, を取戻した, を取戻しました

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 をひそめ, を没しはじめ, を見せなくなった

▼ 漸く彼等~ (3, 0.1%)

1 の心胸, の肺, をのせた

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

2 高年に 1 帰り遊ばしました

▼ 漸く急激~ (3, 0.1%)

1 となった, となつ, な地動

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 が済んだ, を安, を決して

▼ 漸く成熟~ (3, 0.1%)

1 し来れるを, すると, の期

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 はれたばかりの, はれる, ひ出した時

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

2 の第一歩 1 の疲れ

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

2 の光 1 を離れ

▼ 漸く本屋~ (3, 0.1%)

3

▼ 漸く本筋~ (3, 0.1%)

1 に入った, に入り, に入りました

▼ 漸く本題~ (3, 0.1%)

1 にはいりかけた, に入った, に入りました

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 が切れ, の中程, を通りぬけ

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

3 を卒

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 のあたり, の下, は半分位

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

2 らしい言葉 1 を作る

▼ 漸く活氣~ (3, 0.1%)

2 づいて 1 づきました

▼ 漸く消え~ (3, 0.1%)

1 て行く, なんとする, やうとして

▼ 漸く濟ん~ (3, 0.1%)

1 だから, だが, だらしくザワザワ

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 が出来, の盛ん, を消し止め

▼ 漸く無事~ (3, 0.1%)

1 であった自分, に勝手, に治る

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 と一緒, の墓, の実

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 がつきまし, が付きました, 附きかけた頃

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 から癒えた, ひを, 癒えたばかりの

▼ 漸く發達~ (3, 0.1%)

2 して 1 し切つて

▼ 漸く白く~ (3, 0.1%)

1 して, 成って, 成つて何處の

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 わかりました, 和し, 聚まりて

▼ 漸く眠り~ (3, 0.1%)

1 から覺め, に落ちよう, を思ふ

▼ 漸く私達~ (3, 0.1%)

1 の座る, は新しく, は目的

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 の近, らしい青空, 深く楢

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

2 のあたり 1 ぶちに

▼ 漸く立っ~ (3, 0.1%)

1 ていった, てゆっくり, て来

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 に近づい, を告げ, を告げた

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

2 の下 1 のあたり

▼ 漸く蒲團~ (3, 0.1%)

1 から拔, が運ばれた, の端

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 の庭先, の掃除, 戸を

▼ 漸く解放~ (3, 0.1%)

3 されて

▼ 漸く身體~ (3, 0.1%)

1 に力, に快, に表れ

▼ 漸く転じ~ (3, 0.1%)

1 てエタ, て中流, て日本現代

▼ 漸く近づいた~ (3, 0.1%)

2 ボートは 1 時一しきり

▼ 漸く~ (3, 0.1%)

1 を上げ, を抗げ, を挙れ

▼ 漸く頭角~ (3, 0.1%)

3 を現

▼ 漸く馴れ~ (3, 0.1%)

1 ては傍人, て馬上, 視野も

▼ 漸くある~ (2, 0.0%)

1 親友の, 転機が

▼ 漸くあん~ (2, 0.0%)

1 よが出来る, よは上手

▼ 漸くかげり始めた~ (2, 0.0%)

2 頃近所の

▼ 漸くかの~ (2, 0.0%)

1 女は, 私欲私利に

▼ 漸くこのごろ~ (2, 0.0%)

1 のこと, はどんな

▼ 漸くこまやか~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつ

▼ 漸くこんな~ (2, 0.0%)

1 境地まで, 話を

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 て多少, て大

▼ 漸くすぎ~ (2, 0.0%)

1 てかへり見る, て十一月

▼ 漸くそういう~ (2, 0.0%)

1 型が, 挽歌の

▼ 漸くそれら~ (2, 0.0%)

2 しい二三軒

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 まだ外, 二房三房とつた

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 それを, まつた

▼ 漸くとぐろ~ (2, 0.0%)

1 をほぐし, をほぐしました

▼ 漸くほつ~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 漸くまあ~ (2, 0.0%)

1 何か, 婚礼が

▼ 漸くもと~ (2, 0.0%)

1 の人間, の隊伍

▼ 漸くわかつ~ (2, 0.0%)

1 てお, て来た

▼ 漸くわかつた~ (2, 0.0%)

1 やうな, よ

▼ 漸くわかりかけ~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ 漸くわかりました~ (2, 0.0%)

1 よ, よ親分

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 さまり, はりに

▼ 漸くケリ~ (2, 0.0%)

1 がついた, がついたらしい

▼ 漸くマロニエ~ (2, 0.0%)

1 の芽, の青い

▼ 漸く一個~ (2, 0.0%)

2 の川

▼ 漸く一台~ (2, 0.0%)

1 のタクシー, の車

▼ 漸く一座~ (2, 0.0%)

1 に加, に酒

▼ 漸く一方~ (2, 0.0%)

1 に遁路, を切抜け

▼ 漸く一種~ (2, 0.0%)

1 の型, の趣味

▼ 漸く一般~ (2, 0.0%)

1 に普及, に用

▼ 漸く一通り~ (2, 0.0%)

1 の原稿, の纏まり

▼ 漸く三十二三分別~ (2, 0.0%)

2 も思想

▼ 漸く三藏~ (2, 0.0%)

1 が口移し, によつて互

▼ 漸く上っ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て秋晴

▼ 漸く上る~ (2, 0.0%)

1 に従う, の時

▼ 漸く上京~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 の騷ぎ, へ降り

▼ 漸く下ろされ~ (2, 0.0%)

2 て八人

▼ 漸く下女~ (2, 0.0%)

1 が茶, と感

▼ 漸く不安~ (2, 0.0%)

1 と恐怖, になっ

▼ 漸く世人~ (2, 0.0%)

1 が家庭教育, の認める

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 の房, 候の

▼ 漸く乾きました~ (2, 0.0%)

2 が銀

▼ 漸く二つ~ (2, 0.0%)

1 に割れた, の大きな

▼ 漸く二十~ (2, 0.0%)

1 か一, と聞く

▼ 漸く二十七歳~ (2, 0.0%)

1 といふ若, の胸

▼ 漸く二度目~ (2, 0.0%)

1 である, を伴

▼ 漸く五十~ (2, 0.0%)

1 になる, の坂

▼ 漸く人家~ (2, 0.0%)

1 も断えた, 多くし

▼ 漸く今に~ (2, 0.0%)

2 なつて

▼ 漸く今日~ (2, 0.0%)

1 まで永らえ, まで漕

▼ 漸く今日あたり~ (2, 0.0%)

2 から一葉二葉

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 で聞い, の鷄

▼ 漸く他人~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 漸く以前~ (2, 0.0%)

1 の旧い, の落着き

▼ 漸く伊藤侯~ (2, 0.0%)

2 に親

▼ 漸く休憩所~ (2, 0.0%)

2 の一つ

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

2 の信ずる

▼ 漸く低く~ (2, 0.0%)

1 之より, 勢いを

▼ 漸く作家~ (2, 0.0%)

2 の出発

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 ならしむる之, なり

▼ 漸く佳境~ (2, 0.0%)

1 に入る, に進み

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 たかと, たので

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

2 に慊焉

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 はある, は停った

▼ 漸く修行~ (2, 0.0%)

1 が積ん, の積んだ

▼ 漸く停留所~ (2, 0.0%)

2 の柱

▼ 漸く傾き始め~ (2, 0.0%)

2 て正しい

▼ 漸く元老~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 漸く其緒~ (2, 0.0%)

1 につく, に就きし

▼ 漸く其處~ (2, 0.0%)

1 へ繋つた高瀬船, 迄辿り着き

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 に入, に衰

▼ 漸く内部~ (2, 0.0%)

1 の動揺, の動搖

▼ 漸く内閣~ (2, 0.0%)

2 の統一

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

2 の眠

▼ 漸く冷え~ (2, 0.0%)

1 て其の, 地球既に

▼ 漸く凌い~ (2, 0.0%)

2 で来た

▼ 漸く凝固~ (2, 0.0%)

1 して, せんと

▼ 漸く出口~ (2, 0.0%)

2 を得たる

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 を, を拭い

▼ 漸く分った~ (2, 0.0%)

1 が能, のじゃ

▼ 漸く分つ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て来ました

▼ 漸く分る~ (2, 0.0%)

1 のだ, 位に

▼ 漸く初秋~ (2, 0.0%)

1 のころ, を感じた

▼ 漸く判つた~ (2, 0.0%)

1 やうな, んだ

▼ 漸く判つて來~ (2, 0.0%)

2

▼ 漸く到り~ (2, 0.0%)

2 林影漸く

▼ 漸く動い~ (2, 0.0%)

1 て余等, て来た

▼ 漸く動き始めた~ (2, 0.0%)

1 と云っ, 樣子です

▼ 漸く動搖~ (2, 0.0%)

1 し始めた, し始めたるは

▼ 漸く十風~ (2, 0.0%)

1 が歸つて來, の住所

▼ 漸く午後~ (2, 0.0%)

1 の三時頃, の六時頃

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 を過ぎたる, 世紀に

▼ 漸く半ば~ (2, 0.0%)

1 まで稿, 過ぎになつたある朝

▼ 漸く半分~ (2, 0.0%)

1 しか出来ない, だけ濟ん

▼ 漸く半身~ (2, 0.0%)

1 が奈落, を起し

▼ 漸く去ら~ (2, 0.0%)

2 むとするを見る

▼ 漸く取り直し~ (2, 0.0%)

1 てあの, て自分

▼ 漸く取出し~ (2, 0.0%)

1 てみる, て薦め

▼ 漸く同伴~ (2, 0.0%)

2 する気

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 が出た, を存

▼ 漸く吐き出す~ (2, 0.0%)

1 ように, 緒口が

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 の出さう, を止め

▼ 漸く四邊~ (2, 0.0%)

1 の暗, は夜

▼ 漸く固定~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 漸く堅実~ (2, 0.0%)

1 なる地歩, な人気

▼ 漸く増長~ (2, 0.0%)

1 した, し来って

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 數の, 見治

▼ 漸く多事~ (2, 0.0%)

2 ならん

▼ 漸く多少~ (2, 0.0%)

1 の愉快, 思ったこと

▼ 漸く多数~ (2, 0.0%)

1 の認識, の預言者

▼ 漸く大きく~ (2, 0.0%)

1 なって, なつた

▼ 漸く天下~ (2, 0.0%)

1 のこと, の注意

▼ 漸く妥協案~ (2, 0.0%)

1 が出, が出来上がりました

▼ 漸く威信~ (2, 0.0%)

2 を失ふ

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

2 は出

▼ 漸く安固~ (2, 0.0%)

2 ならん

▼ 漸く安定~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 漸く完成~ (2, 0.0%)

1 したが, の域

▼ 漸く実現~ (2, 0.0%)

1 された時, されるの

▼ 漸く実際~ (2, 0.0%)

1 に応用, に活動

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 を導い, を送り出し

▼ 漸く宿望~ (2, 0.0%)

1 の蓄音機, を遂げました

▼ 漸く寝床~ (2, 0.0%)

2 を離れた

▼ 漸く対岸~ (2, 0.0%)

1 にし, を蔽つて

▼ 漸く尋ね~ (2, 0.0%)

1 當て, 當てた

▼ 漸く小さな~ (2, 0.0%)

1 塊を, 流れに

▼ 漸く小学校~ (2, 0.0%)

1 に上つた許, の前

▼ 漸く尾大~ (2, 0.0%)

2 不掉

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 処が, 處が

▼ 漸く山の上~ (2, 0.0%)

1 の荒れ, へ近づい

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

2 の彼方

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 に這, へ這

▼ 漸く市民~ (2, 0.0%)

2 の代表者

▼ 漸く帰っ~ (2, 0.0%)

1 ていった, て来た

▼ 漸く帰る~ (2, 0.0%)

1 気に, 汽車の

▼ 漸く帰参~ (2, 0.0%)

1 が叶つた, した二十時間以上

▼ 漸く平熱~ (2, 0.0%)

1 になった, に復し

▼ 漸く広い~ (2, 0.0%)

1 道に, 電車通りに

▼ 漸く広く~ (2, 0.0%)

1 なった, 五六寸ばかり

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

2 に掛けた

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 に下り, 温かい春

▼ 漸く弛み~ (2, 0.0%)

1 夜に, 衰へ

▼ 漸く弛む~ (2, 0.0%)

2 氣と

▼ 漸く強く~ (2, 0.0%)

1 なつた日光, 頼朝義仲の

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 の半生, を追っ

▼ 漸く復活~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 な声, 薄と

▼ 漸く心もち~ (2, 0.0%)

2 が好く

▼ 漸く忘れ~ (2, 0.0%)

1 て行った, らるる

▼ 漸く忘れられ~ (2, 0.0%)

1 て来た, 氣に

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 を圧, 山へ

▼ 漸く思ひ~ (2, 0.0%)

1 がけない, とまつ

▼ 漸く思ひ出した~ (2, 0.0%)

1 がるい, のでせう

▼ 漸く急須~ (2, 0.0%)

2 に茶

▼ 漸く慣れ~ (2, 0.0%)

1 てけれど, て妻

▼ 漸く成人~ (2, 0.0%)

1 させたる其成跡, して

▼ 漸く手掛り~ (2, 0.0%)

1 が手, を見附けました

▼ 漸く打ち解け~ (2, 0.0%)

2 ていろ

▼ 漸く承諾~ (2, 0.0%)

1 したこと, の意

▼ 漸く持続~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 漸く探し~ (2, 0.0%)

1 當てた, 當てられ

▼ 漸く提灯~ (2, 0.0%)

1 に灯り, を一つ

▼ 漸く散ずれ~ (2, 0.0%)

2

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 ふるに, を増し

▼ 漸く整理~ (2, 0.0%)

2 の緒

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 に近づく, の砲声

▼ 漸く文壇~ (2, 0.0%)

1 の為, を泳い

▼ 漸く文章~ (2, 0.0%)

2 も生育

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 に歩き出し, に甲板

▼ 漸く断念~ (2, 0.0%)

2 したと

▼ 漸く新太郎~ (2, 0.0%)

1 を寝かし付け, を寢かし

▼ 漸く方角~ (2, 0.0%)

1 に気づいた, の分る

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 が暖, の詰った

▼ 漸く日本人~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 かになった, かに海

▼ 漸く明けた~ (2, 0.0%)

1 ので是, 頃そこには

▼ 漸く明らか~ (2, 0.0%)

1 になる, に妙想胸

▼ 漸く明り~ (2, 0.0%)

1 出した, 射す光

▼ 漸く普通~ (2, 0.0%)

1 の人, の異人館

▼ 漸く晴れ~ (2, 0.0%)

2 て昼

▼ 漸く曙光~ (2, 0.0%)

1 を得た, を見出しかけ

▼ 漸く曲者~ (2, 0.0%)

1 の正, の襟髮

▼ 漸く更け~ (2, 0.0%)

1 て寒, て風

▼ 漸く最近~ (2, 0.0%)

1 になりはじめた, に至つて

▼ 漸く最近十年間~ (2, 0.0%)

2 の短日月

▼ 漸く本義~ (2, 0.0%)

2 を忘れられ

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 の注目, を指し

▼ 漸く来た~ (2, 0.0%)

1 のだ, のでノッケ

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

2 を取り上げ

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 の白む, の空

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

2 を置い

▼ 漸く枯死~ (2, 0.0%)

1 しこの, するもの

▼ 漸く核心~ (2, 0.0%)

1 に触れる, に觸

▼ 漸く椅子~ (2, 0.0%)

1 に腰, を離れた

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 が熟し, の下

▼ 漸く檢屍~ (2, 0.0%)

2 が濟ん

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

2 んで強い

▼ 漸く止ん~ (2, 0.0%)

1 で五時頃, で南側

▼ 漸く正三~ (2, 0.0%)

2 は彼

▼ 漸く此頃~ (2, 0.0%)

1 では身, になつて暴露

▼ 漸く歩い~ (2, 0.0%)

1 て居る, て行つて

▼ 漸く殖え~ (2, 0.0%)

1 て土間, て来た

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 のとりなし, も口

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

2 が市長

▼ 漸く民心~ (2, 0.0%)

2 に厭かれ

▼ 漸く気づく~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ 漸く沮喪~ (2, 0.0%)

2 せむとせり

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 の縁, を渡り

▼ 漸く泊め~ (2, 0.0%)

2 て貰った

▼ 漸く消滅~ (2, 0.0%)

1 した, し俗語

▼ 漸く消磨~ (2, 0.0%)

2 したりと

▼ 漸く済んだ~ (2, 0.0%)

1 かなぜ, という顔付

▼ 漸く減じ~ (2, 0.0%)

1 て來, て長大鬱茂

▼ 漸く満足~ (2, 0.0%)

1 すべき結果, の出来る

▼ 漸く源太~ (2, 0.0%)

2 の急所

▼ 漸く激しく~ (2, 0.0%)

1 なって, なり性生活どころ

▼ 漸く濃く~ (2, 0.0%)

1 なって, なるまで

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 の下, の音

▼ 漸く焦躁~ (2, 0.0%)

1 に駆られ, に驅

▼ 漸く煙草~ (2, 0.0%)

1 に点火, のむこと

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 せし時千八百六十七年, せり延宝

▼ 漸く熟した~ (2, 0.0%)

1 ので僕, のは

▼ 漸く燃え盛りかけた~ (2, 0.0%)

2 火の

▼ 漸く爛熟~ (2, 0.0%)

1 しかけて, した肉体

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 に飮まれ馬, の爲

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 からは出ました, を出

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 のけじめ, を言える

▼ 漸く独立~ (2, 0.0%)

1 の萌, を許され

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 はれた, はれんと

▼ 漸く生命~ (2, 0.0%)

1 を継ぐ, を繼ぐ

▼ 漸く生気~ (2, 0.0%)

1 に成っ, を取り戻した

▼ 漸く田園~ (2, 0.0%)

2 の風光

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 に下った, をはづれると

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

2 が見え

▼ 漸く疎く~ (2, 0.0%)

1 なって, 臂を

▼ 漸く疲れ~ (2, 0.0%)

1 て來, を感じ

▼ 漸く癒え~ (2, 0.0%)

1 この二三日, て此頃

▼ 漸く発達~ (2, 0.0%)

1 し哲学的思弁, の兆し

▼ 漸く白ん~ (2, 0.0%)

1 で来た, で来る

▼ 漸く白河~ (2, 0.0%)

1 です, へ着き

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 きたらしい頃, きむとする町端

▼ 漸く眞劍~ (2, 0.0%)

1 になつ, になりました

▼ 漸く知られ~ (2, 0.0%)

1 て来, て来た

▼ 漸く祖母~ (2, 0.0%)

2 の膝

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 としての資格, に入る

▼ 漸く神輿~ (2, 0.0%)

1 をあげた, を擧げました

▼ 漸く秀子~ (2, 0.0%)

1 の念願, の身仕舞

▼ 漸く稽古~ (2, 0.0%)

1 が済んだ, 終る

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 かになる, かに納まりました

▼ 漸く空襲解除~ (2, 0.0%)

1 となった, となつ

▼ 漸く立つ~ (2, 0.0%)

1 て, て台所

▼ 漸く竣成~ (2, 0.0%)

1 して, せし海底戰鬪艇

▼ 漸く端緒~ (2, 0.0%)

1 だけ呑, を開く

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 一巻を, 三版を

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 の鈴虫, を空け

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 ならむとする, に染まりゆき

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 日本の, 造は

▼ 漸く細く~ (2, 0.0%)

1 なった, なつた

▼ 漸く終る~ (2, 0.0%)

1 と裁判長, 所へ

▼ 漸く絶えた~ (2, 0.0%)

2 頃に

▼ 漸く絶頂~ (2, 0.0%)

1 に達した, に達しました

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 に就き, に就く

▼ 漸く緩く~ (2, 0.0%)

2 なると

▼ 漸く緩和~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 を打った, を掛けた

▼ 漸く義理~ (2, 0.0%)

1 の様, の樣

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

2 ひたり

▼ 漸く老いん~ (2, 0.0%)

1 として志, とする

▼ 漸く聞えた~ (2, 0.0%)

2 のである

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 が決まったらしく, を決め

▼ 漸く自信~ (2, 0.0%)

1 を得, を得た

▼ 漸く自分自身~ (2, 0.0%)

1 に立ち返り, のもの

▼ 漸く自己~ (2, 0.0%)

1 の新生面, の運命

▼ 漸く自然~ (2, 0.0%)

1 の妙趣, の美し

▼ 漸く自覚~ (2, 0.0%)

2 し出した

▼ 漸く興ろう~ (2, 0.0%)

2 としてまだ

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 の上, の往来

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 を失ひ, 附けられる無色

▼ 漸く色づき~ (2, 0.0%)

1 か, はぢめ

▼ 漸く芝居~ (2, 0.0%)

1 のこと, の陶酔

▼ 漸く若葉~ (2, 0.0%)

1 が萌えたつ, らしいもの

▼ 漸く荒川放水路近く~ (2, 0.0%)

2 の木下

▼ 漸く萌し~ (2, 0.0%)

1 て居た, 漸く熟した

▼ 漸く落ち~ (2, 0.0%)

2 て夜

▼ 漸く落ちつい~ (2, 0.0%)

1 てあの, て來

▼ 漸く落ち着い~ (2, 0.0%)

1 て, て来た

▼ 漸く落つい~ (2, 0.0%)

2 て来る

▼ 漸く落付き~ (2, 0.0%)

1 を取り戻し, を取り返し

▼ 漸く落着き~ (2, 0.0%)

1 かけた五日, を取戻し

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

2 を嚼む

▼ 漸く薄らぎ~ (2, 0.0%)

1 家々の, 葉

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 のいどころ, のよう

▼ 漸く見付けました~ (2, 0.0%)

1 よ, よ御

▼ 漸く覚醒~ (2, 0.0%)

1 した人, して

▼ 漸く親しく~ (2, 0.0%)

1 なって, なりかけた許

▼ 漸く親密~ (2, 0.0%)

1 になつ, に近

▼ 漸く解い~ (2, 0.0%)

1 てもらった, てもらつた

▼ 漸く解決~ (2, 0.0%)

1 が告げられよう, して

▼ 漸く記憶~ (2, 0.0%)

1 が蘇っ, に甦っ

▼ 漸く語り~ (2, 0.0%)

1 て我, をはりました

▼ 漸く識者~ (2, 0.0%)

1 の厭う, の間

▼ 漸く豁然~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 漸く貴族院~ (2, 0.0%)

1 の歓心, の歡心

▼ 漸く起き~ (2, 0.0%)

1 てきた, て台所

▼ 漸く起き上がりました~ (2, 0.0%)

2 が向う脛

▼ 漸く起き上っ~ (2, 0.0%)

1 て出, て額

▼ 漸く起き上る~ (2, 0.0%)

1 と自分, と青ざめた

▼ 漸く趣味~ (2, 0.0%)

2 をも知り

▼ 漸く足先~ (2, 0.0%)

1 が畳, ばかりが塀

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 が出, が来

▼ 漸く辛抱~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 漸く辿りついた~ (2, 0.0%)

1 のは, 場所で

▼ 漸く近く~ (2, 0.0%)

1 して, 相成り候間

▼ 漸く近づく~ (2, 0.0%)

1 によって又, を候

▼ 漸く近所~ (2, 0.0%)

1 の眼, の者

▼ 漸く返事~ (2, 0.0%)

1 が來, をしました

▼ 漸く迫り~ (2, 0.0%)

1 て道高低, また如何

▼ 漸く迫れる~ (2, 0.0%)

1 の頃, 頃入道は

▼ 漸く退潮~ (2, 0.0%)

2 し一

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 ひ上, ひ出して

▼ 漸く通る~ (2, 0.0%)

1 やうに, 窮屈さを

▼ 漸く通れる~ (2, 0.0%)

1 ほどの口, 位の

▼ 漸く進ん~ (2, 0.0%)

1 で半, で少し

▼ 漸く進歩化~ (2, 0.0%)

2 するの

▼ 漸く過敏~ (2, 0.0%)

2 ならむとしたるに於

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 らしい道, を求め

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

2 退いた

▼ 漸く遠のい~ (2, 0.0%)

2 て私

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 なれど, になり

▼ 漸く酬いられ~ (2, 0.0%)

1 て目差す, むとしつつある

▼ 漸く重荷~ (2, 0.0%)

1 を下した, を卸した

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 で関所, の旗

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 を外す, を明け

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 った今, りて

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 の中, の前

▼ 漸く長い~ (2, 0.0%)

1 冬を, 廊下を

▼ 漸く閣下~ (2, 0.0%)

2 の内閣

▼ 漸く階下~ (2, 0.0%)

1 に降り, への下り

▼ 漸く障子~ (2, 0.0%)

2 に仄めいた

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 が切れ, 採白岩

▼ 漸く電信柱~ (2, 0.0%)

2 に縋りつい

▼ 漸く電車~ (2, 0.0%)

1 が来, を降りた

▼ 漸く静まりかける~ (2, 0.0%)

2 のを

▼ 漸く靜まつ~ (2, 0.0%)

1 たと, た群集

▼ 漸く順番~ (2, 0.0%)

2 が来

▼ 漸く頻なる~ (2, 0.0%)

1 ことを, 厳談酷促は

▼ 漸く頻繁~ (2, 0.0%)

1 となつ, となる

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

2 を擧げました

▼ 漸く顕れ~ (2, 0.0%)

1 て処刑, て来た

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 が出た, に揺れたる

▼ 漸く風呂~ (2, 0.0%)

1 が沸いた, の明いた

▼ 漸く~ (2, 0.0%)

1 のすわり, を上げる

▼ 漸く馬車~ (2, 0.0%)

1 が到着, は走り出した

▼ 漸く高まった~ (2, 0.0%)

1 不比等, 頃で

▼ 漸く黄昏~ (2, 0.0%)

1 に及び, の柔らか

▼1* [2055件]

漸く〇・三瓦ばかり立派, 漸くああさうかと, 漸くあいた所である, 漸くあかつきが来た, 漸くあがったが風, 漸くあせてゆく, 漸くあたふたと釜場, 漸くあちこちにきこえ, 漸くあぶらがのつて, 漸くあらわになった, 漸くありついた夜学の, 漸くあるじぶりなど言, 漸くあわただしい心の, 漸くいい気持に, 漸くいきり立つ二人を, 漸くいくらかの溜飲, 漸くいってしまっ, 漸くいつもの落着, 漸くいぶせき旅宿を, 漸くいまに残っ, 漸くいま灯のついた, 漸くいま雲から半身, 漸くいらいらして, 漸くいろいろの意味, 漸くうち勝ちかける頃, 漸くうなづいた樣子です, 漸くうまい匂ひがしだした, 漸くおこって来た, 漸くおさまっても流言, 漸くおちついて見舞, 漸くおとなびて来た, 漸くおどろおどろしく物怪などの, 漸くおのれに還った, 漸くおぼろに少年, 漸くおまじりを少量, 漸くお代先生の両親, 漸くお前が友達, 漸くお盆の客, 漸くお節も我, 漸くかう言ひきる, 漸くかすかになっ, 漸くかたぶき身に, 漸くかたまった感じ, 漸くききわけて尚, 漸くきざし山名細川両氏の, 漸くきまると早速, 漸くくつろいだのは, 漸くくれたり, 漸くこういう色彩の, 漸くこうした病症から, 漸くこうして取戻し出した自分自身, 漸くこちらに気づいた, 漸くこやみになりました, 漸くこらへて, 漸くこれらのうろくず, 漸くこれ丈けのこと, 漸くさがしあてた処は, 漸くさめかけていた, 漸くさめようとし, 漸くさりげなきおん気色, 漸くざわめきが湧き上った, 漸くしとしとと多きを, 漸くしみじみとなっ, 漸くすさまじくなりはじめた時分, 漸くすたって闇, 漸くすべての呪言, 漸くすませて丸ビル, 漸くするどい矛盾を, 漸くすんだと思ふ, 漸くなたを, 漸くその他の諸, 漸くその道に入る, 漸くそれ丈け出来る, 漸くそれ位のこと, 漸くそんな氣に, 漸くたかし崖下の, 漸くたけなはに, 漸くたつた一言さう, 漸くだまして聞く, 漸くだらだら坂に, 漸くついたけれど未だ, 漸くつかまへて帰った, 漸くつかまへたが息, 漸くつきとめられさうにな, 漸くつぎ自身呪文の様, 漸くつまらぬ用が, 漸くである有様だ, 漸くですの男, 漸く花子に, 漸くにもこれで, 漸くぬるみかけた水に, 漸くて今朝, 漸くのこんで帰っ, 漸くのぼりはじめて寺, 漸くツきりし, 漸くはい上がりそのまま, 漸くはしゃぎ出す道庵を, 漸くはじまらむとす, 漸くはじめの丘, 漸くはつきり目をさまし, 漸くはやりだしたばかりだ, 漸くはれて霜, 漸くふかいことを, 漸くふくらみはじめてもう, 漸くふさわしくない年配, 漸くふり替つたものと, 漸くふるへて動いた, 漸くへたばり出したやうに, 漸くほぐれて行きます, 漸くほぐれたやうに, 漸くほころび始めて世の中, 漸くほんとうの鮎, 漸くほんとにやうやく, 漸くぼんやりしたその, 漸くぽかぽかする風, 漸くまた抑えること, 漸くまたまた臨終の, 漸くまとまったが何, 漸くまとめ得たかと思ふ, 漸くまどろみかけてゐた, 漸くまわり出してあたり, 漸くまア此の, 漸くみのるが家内, 漸くみひらいて, 漸くみんなをなだめました, 漸くもう少し前に, 漸くものを書き出しうる, 漸くはらぎ, 漸くやすらかになった時, 漸くやって来たことを, 漸くやり出したくらいのもの, 漸くよちよち立ち始め危なく, 漸くわかってくる, 漸くわかりかけたように, 漸くわが家に帰り, 漸くわけが分った, 漸くわしのあと, 漸くわたしのからだ, 漸くわれわれと殆ど, 漸くアガリつ, 漸くイタリアの風景濃厚, 漸くイブセンを説き伏せた, 漸くカットすべき個所, 漸くカプリの島邊, 漸くカワレリヤルスチカナの幕開き, 漸くカーブして, 漸くガランとした, 漸くスピードも出, 漸くズボンだけでも日常, 漸くゼーロンも必死, 漸くチョン労れて, 漸くデッキの所, 漸くトーキーができ上がった, 漸くトーキースタディオに入る, 漸くハイヤーに乗る, 漸くハネ退けて, 漸くハンケチを擴げ, 漸くパスした時, 漸くパラフィン紙ごと出して, 漸くベッドの上, 漸くホッとし, 漸くホームの階段, 漸くボストンのカリホルニア座, 漸くボードレエルの伝統, 漸くポウツマス条約に終り, 漸くポツポツ拾いよみして, 漸くマートンの右手, 漸くミシシッピー号に達せしめ, 漸くメリイとの婚約, 漸くモオリスの遺稿, 漸くモノになっ, 漸くリモオジュからリオン, 漸くルーテルが硬直誠実, 漸くロダンに傾倒, 漸くロパーヒンは悪人, 漸くヱネチアの都, 漸く一ぱいの飯, 漸く一人一人起き上, 漸く一人突殺申候門前を通行致候浪賊十人位山林, 漸く一個位しか揚り, 漸く一先ず打ち切りと, 漸く一冬は保つた, 漸く一刻位の短, 漸く一同笑って, 漸く一圓ばかりの財布, 漸く一変すべき時, 漸く一夜を明し, 漸く一安心出来たよう, 漸く一尺二寸二百匁前後五年目で一尺三寸余三百匁前後, 漸く一尺餘りに, 漸く一年余り私が三十四歳, 漸く一年前の孝行娘, 漸く一弾指の間, 漸く一應の解決, 漸く一旅館に投ず, 漸く一旦の終結, 漸く一昨年から着手, 漸く一時半であった, 漸く一本の小さな, 漸く一杯だけ食べた, 漸く一枚見出された, 漸く一條の活路, 漸く一段落ついた所, 漸く一決した, 漸く一滴の無根水, 漸く一盃飲で帰る, 漸く一着フロックコートを作りました, 漸く一策を案じ出した, 漸く一組を元, 漸く一致し来りたるを, 漸く一般化した婦人, 漸く一般的に流行, 漸く一般語となつ, 漸く一行が壻, 漸く一週忌が終った, 漸く一間半位の間口, 漸く一首をまとめ上げ, 漸く一馬身一馬身とその, 漸く七三にわけられる, 漸く七八月の頃稻, 漸く七八町山を登っ, 漸く七名だけ遁, 漸く七日目に町, 漸く七時半位のもの, 漸く七時半解除となり, 漸く七月の初め, 漸く七月十一日に末吉, 漸く七歳のメルリン, 漸く万年町のお, 漸く三つの女の子, 漸く三万五千メートルの射程, 漸く三十になつ, 漸く三十七八位にしか見えなかった, 漸く三十三年からのこと, 漸く三十位な男, 漸く三十前後ぐらいで, 漸く三回目に恵端, 漸く三宝山の下まで辿り着た, 漸く三寸あまりしかない, 漸く三年このかた, 漸く三年目の彼, 漸く三度位しきゃア, 漸く三日間の辛い, 漸く三時近い七時, 漸く三時半すこし廻, 漸く三時近くから, 漸く三枚のリバノールガーゼ, 漸く三流の平行線, 漸く三発も撃てれ, 漸く三組の役人, 漸く三芳屋の甥, 漸く三角点を絶頂, 漸く上がり框から滑り落, 漸く上つたやうなので, 漸く上りついたおかみ, 漸く上り框の端, 漸く上下の人心, 漸く上半身を起した, 漸く上山に行, 漸く上根岸のそこ, 漸く下火となり, 漸く下足預かり所, 漸く下降し草木, 漸く下駄だけ位, 漸く不作法に変じ, 漸く不吉な噂, 漸く不和になっ, 漸く不惑に入った, 漸く不意と吾, 漸く不振に向かう, 漸く不明ならん, 漸く丑松は起上つて, 漸く世の中といふもの, 漸く世界動乱の萌し, 漸く世間的に認められ, 漸くの下, 漸く三日前に, 漸く両手で船ば, 漸く中世の戦場, 漸く中井へつい, 漸く中山の鬼子母神様, 漸く中途まで我慢, 漸く丸木舟にて渡す, 漸く主任を納得, 漸く乏しくなって, 漸く乗り込むと夏, 漸く乗るには乗つた, 漸くること, 漸く乘出しました, 漸く九時半頃にお, 漸く九歳の時, 漸く九萬町が聊か, 漸くを思わん, 漸くを離れた, 漸く乳房のあたり, 漸く乾きかけて居つた, 漸く乾きかける頃には, 漸く乾き切つたる舌を, 漸くれて, 漸く事済になっ, 漸く事済み候跡へ御, 漸く二七日も済みました, 漸く二万円の貯金, 漸く二三日前に, 漸く二三百年ぐらい前, 漸く二三間位であった, 漸く二人目であったの, 漸く二兩纒めて貸し, 漸く二分計り長, 漸く二十七八にしかならなかつた, 漸く二十七年たって, 漸く二十台の頃, 漸く二十四だ, 漸く二十四五にしか見えず, 漸く二十日を越え, 漸く二千五百米に近き, 漸く二升ばかり宛, 漸く二句作る間, 漸く二宮家に着する, 漸く二時半頃終る, 漸く二条派歌壇の元老, 漸く二枚の硝子戸, 漸く二歳でまだ, 漸く二流以下の俳人, 漸く二百米か或は, 漸く二種の定まり, 漸く二箇年になり, 漸く二艘だけすり違えられる, 漸く二週間目に彼, 漸く二錢の奮發, 漸く云ってのけた, 漸く云つてあわてて, 漸く互に打解けて, 漸く五つになった, 漸く五人の志願者, 漸く五体が自分, 漸く五六文の銭, 漸く五分位の幅, 漸く五年を經, 漸く五日目に羽生村, 漸く五旬になりな, 漸く五時すぎに終った, 漸く五月心地になり, 漸く五歳か六歳, 漸く五段ばかり自分, 漸くし沈着, 漸く人ごころが出, 漸く人中に韜晦, 漸く人心も落ち着い, 漸く人烟多くな, 漸く人物の価値, 漸く人目を牽き, 漸く人通りが繁く, 漸く人間の心持, 漸く人間らしくなったこと, 漸く人馬の足跡, 漸く今しがた居所が分つた, 漸く今回事件の計画中, 漸く今年は新しい, 漸く今日仇を討ちました, 漸く今日帰京御手紙, 漸く今日話が調った, 漸く代表として一氏, 漸く以前通いなれた女, 漸く仰ぎて遂に, 漸くの飴屋, 漸くが果て, 漸く伊勢に着い, 漸く伊勢屋の旦那, 漸く会うことが, 漸く伝へることが, 漸く伸びて声名海内, 漸く佐賀町の河岸, 漸く佐野をすぎる, 漸く体力が衰え始め, 漸く何うにかなり, 漸く何年か前, 漸く佛教に對抗, 漸く佳處に入らん, 漸く來意を語る, 漸く來診した, 漸く便所を出た, 漸く俊子の側, 漸く信玄はその, 漸く俳句界の一勢力, 漸く倉さんが口, 漸く個人的天才的類型を脱し, 漸く個性的な馬鹿笑, 漸く倒れ朽ちた国境の, 漸く借りて來, 漸くざりして, 漸く倦んだ士気を, 漸く偃松の重囲, 漸く停車した沿線, 漸く傍聴席に入る, 漸くうして, 漸く催して此, 漸くけられた胸, 漸く傾いてひとしきり, 漸く傾いたけれどその, 漸く傾き油蝉が, 漸く傾きかけてきた, 漸く傾覆せんと, 漸く僅かに發達, 漸くに近い, 漸く僧侶の仕業, 漸く厚なら, 漸く元気を取り戻し, 漸く元気我に還りぬ, 漸く兆し初めた性, 漸く先月から店, 漸く先生は屹, 漸く光明皇后を写しえ, 漸くる, 漸く免れた危機に, 漸く入って来た, 漸く入りてより, 漸く入口のところ, 漸く入学が出来た, 漸く入棺したばかり, 漸く入門して, 漸く全快しましたれば, 漸く全身が水, 漸く兩頬に苦笑, 漸く八幡村を立去る, 漸く八時すぎからセット, 漸く八歳の頃, 漸く八歳此悲境に落ち, 漸く八王子に小屋掛け, 漸く八郎丸から取り戻した, 漸く八郡に渉, 漸くけに聞え, 漸く公人の問題, 漸く六つばかりになりたる, 漸く六七首も写し終えた, 漸く六十に達せ, 漸く六十年の間, 漸く六尺位になる, 漸く六歳だつたの, 漸く六里が原, 漸く六里ヶ原の高原, 漸く兵尽き箭窮まり疲馬, 漸く其三分の一すら辿る, 漸く其下手の横, 漸く其中心地方に移る, 漸く其勢力を増す, 漸く其尊栄を失ふ, 漸く其彫をした, 漸く其後は帰りたい, 漸く其意味のある, 漸く其拍子を替え, 漸く其方へ移つた, 漸く其日を送っ, 漸く其祠祭の精神, 漸く其窓に達し, 漸く其端緒を開い, 漸く其筋の人, 漸く其純一を失つて來, 漸く其聲に馴れた, 漸く其財布を取り出した, 漸く其質を変じ, 漸く其間蹙まり竹の育ち, 漸く其頂上に攀じ登る, 漸く兼次を見つけた, 漸く内儀さんの前, 漸く内大臣の沙汰, 漸く円熟境に這入ろう, 漸く円熟期に入った, 漸く円熟自在の境, 漸く再興の気運, 漸く冒さんとす, 漸く冗談を言, 漸く写実的精巧の極点, 漸く冷めてその, 漸く冷やかにし, 漸く冷靜に立ち還つ, 漸く凝りては少女, 漸く凪いでやるせない, 漸く凸凹だらけになっ, 漸く出した手を, 漸く出たなとお, 漸く出はじめた頃で, 漸く出奔の期, 漸く出来て最初, 漸く出来あがったのだった, 漸く出歩けるように, 漸く出版する運びになつた, 漸く出立の間際, 漸くッて, 漸く分かつたので神, 漸くなるに, 漸く切になつた, 漸く切りましたがその, 漸く切り取ったらしくまだ生々しい, 漸く切り取つたらしくまだ, 漸く切り開かれて残り, 漸く刑法講義の一枚, 漸く夏めいて, 漸く初まるのである, 漸く初めの目的, 漸く初めて一人きりの, 漸く判って来, 漸く判ったのである, 漸く判つたのはたつた, 漸く判つて来た, 漸く判明した事情, 漸く別山乗越の頂上, 漸く利き目を, 漸く利益を見る, 漸く到りし時弟は, 漸く到達したよう, 漸く剃り終つた, 漸く奪せられ, 漸くを通りかかる, 漸く前後まる一日, 漸く前記の方針, 漸く前面にぼんやり, 漸く副産物の量, 漸くを養, 漸くりぬ, 漸く加わって来た, 漸く加冠するやう, 漸く友に, 漸く助かった事も, 漸く助かり日頃身體の, 漸く助け段々様子, 漸く助手の丘数夫, 漸く勇氣を取戻しました, 漸く動かすべからざるものとな, 漸く動きだした人々が, 漸く動き出して利光, 漸く動くことが, 漸く動揺し始めたるは, 漸く勢望を固め得た, 漸くって歩く, 漸くい出して, 漸くして, 漸く化物をまい, 漸くと西, 漸く医者と警察, 漸く医院の軒灯, 漸く十一時過ぎになっ, 漸く十七の年, 漸く十九になつ, 漸く十二時とは為った, 漸く十二時半から三カット, 漸く十五歳まで育っ, 漸く十人にすぎない, 漸く十八歳の少年, 漸く十八歳二箇月なの, 漸く十六であったが, 漸く十六名の者, 漸く十円だけ友人, 漸く十年かそこら, 漸く十日間地方に出, 漸く十時をちょっと, 漸く十時すぎから始める, 漸く十月の半ば過ぎ, 漸く十歳であった, 漸く十間以上を歩行, 漸く千九百〇六年の最近, 漸く千本松を過ぎ, 漸くりて, 漸く午前九時になった, 漸く午後一時ごろ自動車を, 漸く午後十時終り入浴, 漸く半ば目的を達した, 漸く半死半生のお里, 漸く半眼を開い, 漸く半身丈動かせる様, 漸く半途まで漕ぎ付けた, 漸く半道ほど街道, 漸く半面を張り終つた頃細君, 漸く卑俗となり, 漸く卒業したと, 漸くにつかまっ, 漸くに去り, 漸く南下して, 漸く南岸へ出る, 漸く印刷の上, 漸く危きを懼, 漸く危険が去つたと, 漸くを産みはじめた, 漸く厚く親く, 漸く原子核の人工崩壊, 漸く去りて今, 漸く去り尽して胸, 漸く去年の二月頭, 漸く去年後期の免状, 漸く及第点を取る, 漸く反動が起り, 漸く収穫れられる時, 漸く取り戻した上着の, 漸く取り返すことが, 漸く取寄せたのだ, 漸く取押え誠に有り難う, 漸く受容れる気風, 漸く台南からトロ, 漸く右岸に退却, 漸く吃驚して, 漸く大臣も, 漸く合點の行つた源太郎, 漸く吉野に御, 漸く吊り下つて, 漸く業者間に, 漸く同年十二月二十五日に至り, 漸く名人と言われた, 漸く向う側に着く, 漸くを見出し得, 漸く君長の唇, 漸く吹き飛ばされた樣子です, 漸く吾家の阿, 漸く周りの空気, 漸く周囲に目, 漸く味噌汁の實, 漸く呼ばれてセット入り, 漸く呼吸がつけた, 漸く命がけでこの, 漸く命びろいしたと云う, 漸く和田の岬, 漸く和解が成立, 漸く咲き始めた六月の, 漸く咳きやんだ私は, 漸くを開かれた, 漸く唯継の立, 漸くをのみ込ん, 漸く啄木の所, 漸くを覺, 漸くひを, 漸く善良な傾向, 漸くを通った, 漸く喜八と周吉, 漸く喧しきを見, 漸く喧しくして, 漸く嘆願が叶った, 漸く嘉義についた, 漸くを開いた, 漸くを止め, 漸く器物を顛倒, 漸くに吊り込まれた, 漸く囘復して, 漸く四五十両しかございません, 漸く四五年前から農林省, 漸く四五日分の新聞, 漸く四人が座つた, 漸く四十両の金, 漸く四十枚にまとめ, 漸く四百幾文五百に足りない, 漸く四辺の暗, 漸く四途乱になり, 漸く回想の甘味, 漸くった訳, 漸く国府津についた, 漸く国民党内部で一仕事, 漸くへ手, 漸く土地の人, 漸く土屋という警部, 漸く土砂掘りの方, 漸くへた, 漸くに落ち, 漸く地図に採録, 漸く地平線上に立ち上り, 漸くを登り切る, 漸く坂井金兵衞を搜, 漸くに着き, 漸く坐り力なげ, 漸く坐ることを, 漸く然, 漸く垣根の入口, 漸く埒外に出れ, 漸く堅固となり, 漸く堤防を築く, 漸く堪えて見, 漸く堪へて來, 漸く報いられる機会に, 漸く場内の空気動き, 漸く塩瀬の大将, 漸く墓中に入る, 漸く墓門を出で, 漸く増人を以て渡る, 漸く壁隣の家, 漸く壜型の, 漸く変じて灰, 漸く変りて出, 漸く変りかけてゐる, 漸く夏姫に近づい, 漸く夏日暮れんとし, 漸く夕べの食膳, 漸く夕方近くなつて, 漸く夕焼もうすれ, 漸く夕食の食卓, 漸く外人部落が目, 漸く外光を取入れる, 漸く多く流注さる, 漸く多事幕府将に奔命, 漸く多年の願望, 漸く多忙であつ, 漸く夜寒を感ずる, 漸く大きな露岩の, 漸く大体のこと, 漸く大入つく, 漸く大原に傾けり, 漸く大学を卒業, 漸く大川へ出ました, 漸く大悟徹底し爾後四十年間, 漸く大森の部屋, 漸く大正の終り頃, 漸く大路へ出る, 漸くを突く, 漸く天の川と書いた, 漸く天井裏に登る, 漸く天幕を張り, 漸く太く針葉樹も, 漸く太平になつ, 漸く太田にはこの, 漸くれに, 漸く夫婦になれた, 漸く奈良の杉, 漸く奉還金の残り, 漸く奥まりたる一間に, 漸く奥様のお, 漸く女難を避けた, 漸く女髪結の職, 漸くには分った, 漸く如何にも重荷を, 漸くの病苦, 漸く始まったばかりであり, 漸く始めて文学的修辞, 漸く威嚴を取戻し, 漸く婆さんに引かれ, 漸く婚礼延期を承諾, 漸くの方, 漸く嫁いて半年位の, 漸く子供に自分達, 漸く孝吉の指摘, 漸く季題に重き, 漸くに就く, 漸く学校は卒業, 漸くに志せり, 漸く學校へ通, 漸く安らかな気持, 漸く完全に歩みつ, 漸く官軍の戦線, 漸くると, 漸く定まりたる時代なり, 漸く実力があり, 漸く実行し始めた彼, 漸く実質的に国家問題, 漸く実践的に取りあげられ, 漸く室堂に辿り着いた, 漸く宮仕えと云う, 漸く家居の楽, 漸く家庭の楽, 漸く家業は立ち直つた, 漸く家近く來ると, 漸くを正し, 漸く宿内のもの, 漸く宿賃を増す, 漸く寂しく冬は, 漸く寂寞の感, 漸くなり, 漸く密集し歩調, 漸くを致しける, 漸く寐支度をし, 漸くさを, 漸く寒くなつた, 漸く寒暑を厭, 漸く寝しづまるのが例で, 漸く察したので自分, 漸くると, 漸く實質の増加, 漸く対座して, 漸く封建社会の外, 漸く専らにし, 漸くに乱れん, 漸く将来に対して迷妄, 漸く将監橋の袂, 漸く將來に對, 漸く尋ね当てた事である, 漸く小さくまたか, 漸く小屋に帰り, 漸く小康を得た, 漸く小径を求め, 漸く小暮路に出, 漸く小止みになりました, 漸く小豆大のかたち, 漸く少々よろしゅうございます, 漸く少からむとする時分に, 漸く少しく眠気ざし, 漸く少なからんと, 漸く少年の域, 漸く少数の金, 漸くくなり, 漸く就眠した衣川柳太郎, 漸く尽きて来た, 漸く尾根上の草地, 漸く尾瀬ヶ原に達し, 漸く居住居を直しました, 漸く届き今は, 漸く屋根の波, 漸くかれだした人生, 漸く山上の高, 漸く山巓について何, 漸く山林地帯を出抜ける, 漸く山河を鎖し, 漸く山男の頭, 漸く山麓へ辿りついた, 漸く岩上村へ掛ります, 漸く岩小屋にかえりついた, 漸く島村と一緒, 漸くの唸, 漸くを離れ, 漸く巡礼の姿, 漸く工面して, 漸くう気づいて, 漸く左手の尾根, 漸く差し出したるに受取, 漸く差配をし, 漸く市場に顏, 漸く帝国主義の熱, 漸く帝都に近く, 漸くに着いた, 漸く帰して仕舞う, 漸く帰つてきた, 漸く帰つて来ると, 漸く帰つて行つた, 漸く帰りかけるともう, 漸く帰京の途, 漸く帰宅すること, 漸く帰陣した, 漸くの心, 漸く常識を取戻す, 漸くを上げた, 漸く干潟のよう, 漸く平らぎて静か, 漸く平中も思い, 漸く平壌に逃げ帰った, 漸く平定した後, 漸く平常に復した, 漸く平生の生活, 漸くをとっ, 漸く年の瀬を越した, 漸く年明けになつ, 漸く年頃になる, 漸く幸福の生涯, 漸く幾らかの落ちつき, 漸く幾枚かの紙幣, 漸く広告が出た, 漸くに就く, 漸く座敷へ上つた時, 漸く座蒲團を半分, 漸くの霜, 漸く庭口に来, 漸く廃れて今, 漸く廃れゆくこそ却, 漸く廃頽期に向はん, 漸く延子はやつ, 漸く廿二歳殊に可愛い, 漸く弁護士に向, 漸く揚げましたが, 漸く引き寄す, 漸く引つ張つて渡り廊下の, 漸く引上げた時, 漸く引取って葬式, 漸く引取つて貰つたのはツイ先刻, 漸く引摺出したは, 漸く引離して梯子, 漸く弛んで其の, 漸く弛んだことを, 漸く弟子となり, 漸く弱々しい光りを, 漸く弱い呼吸が, 漸く張らざるに至る, 漸く張り暮に, 漸く強大である, 漸く当市に無事安着, 漸く彫刻仕上げたとき, 漸く役場や警察, 漸く彼源十郎が少年, 漸く往来まで這, 漸く侘びた日, 漸く初めてゐた, 漸く得た新風を, 漸く得心がいつた, 漸く得意の時代, 漸く御室の厚咲き, 漸く御用済みとなった, 漸く御輿をあげました, 漸く御返事をいただい, 漸く御飯は炊ける, 漸く復興されてる最中, 漸く微かな声, 漸く心付きこれなら, 漸く心安からず, 漸く心持が落着, 漸く心臓が躍動, 漸く心落着きて素直, 漸く忌々しさを, 漸く忍ぶべからざるを, 漸く志賀屋が引, 漸く忘れようとする, 漸く忘れ果てられたを頷き, 漸く忘却から蘇らされ, 漸く快方に向った, 漸く怒りを表, 漸く怒号をやめた, 漸く思い出すのです, 漸く思う柔かな, 漸く思ひ出し申し候, 漸く思ひ切つて入口の, 漸く思ひ定めやしけむ衝, 漸く思ふ日は, 漸く思切って, 漸く思案を定め, 漸く思返し此頃, 漸く怠り出したのを, 漸く怪しと思, 漸く怪奇な面, 漸くへかねたる, 漸く息疲るるに, 漸く悟ったとかいっ, 漸く悟つたかし, 漸く悟りまして, 漸く悟ることが, 漸くく覚え, 漸く悪いことを, 漸く疎なる, 漸く惨憺たる有様, 漸くみ悶え, 漸く想像すること, 漸く意志を通じ, 漸く意気を新, 漸く意見が纏, 漸く意識的にこの, 漸くづけて, 漸く感じられて来た, 漸く感じ出した冬の, 漸く感情の境, 漸く感興を催し, 漸くき枕, 漸くられて, 漸く憧れの地上, 漸く懐しい草地へ, 漸く引を, 漸くの心, 漸く程と人, 漸く成りて本, 漸く成功したの, 漸く成立せむとせしに, 漸く我々を訪う, 漸く我が地位を, 漸く我家に帰りつけ, 漸く我心と膠着, 漸く我等の車, 漸く我邦にも現, 漸くる一つ, 漸くの結果, 漸く戸外の闇, 漸く手ランプが點, 漸く手中で, 漸く手元に引き近づくる, 漸く手桶下げて, 漸く手足を伸ばさう, 漸く打ち明ける氣に, 漸く打ち開けるのです, 漸く打明ける氣に, 漸く承知しました, 漸く抄い上げて見る, 漸く抑えがたきを, 漸く投げ槍と, 漸く折生迫にもどれ, 漸く抜いてもらいました, 漸く抜け出した一人の, 漸くへがたく, 漸く押し開けて入, 漸く押詰って人民, 漸くごり行け, 漸く拡張せられ知識, 漸く拳位ともいひたい, 漸く拳大さに過ぎない, 漸くひ当てた物品, 漸く拾いあげたものを, 漸く拾い上げたが一時, 漸く拾った円タクが, 漸く拾つて來ましたよ, 漸く上るよう, 漸く持て餘し, 漸く指先を離す, 漸く指頭の渦卷, 漸く振うの時, 漸く振仮名を頼り, 漸く捉えた枝が, 漸く捜して来た, 漸く捜しあてて来た, 漸く採用せられたの, 漸く探し出されるほど顕著でない, 漸く探りあてた一筋の, 漸く探索上に一道, 漸くふ, 漸く握り得たと思つた, 漸く損失が少く, 漸く搬出されるの, 漸く摘発せられたの, 漸くを降し, 漸く擡頭して, 漸く擧げた小三郎の, 漸くごりぬ, 漸くへたる, 漸く支度がそろつ, 漸く支那において基礎, 漸く支那文化の根原, 漸くる平潟, 漸く放たれたお駒, 漸く放免されたやう, 漸く政治上の社會主義, 漸く政治思想を開発, 漸く故に復らんと, 漸く故国に帰り着く, 漸く故郷を去る, 漸く救われた心持に, 漸く教えられた川端に, 漸く教化の門立, 漸く教授となられた, 漸く教義を探り, 漸く教育社会の問題, 漸くつて春も, 漸く散つて行く, 漸く散りそめていた, 漸く散会になり, 漸く数十金を得る, 漸く数銭にしかならない, 漸くひ人民, 漸く整うて世人, 漸く整備陳列された頃, 漸く整骨醫の門, 漸く敵討小説に移らん, 漸くを増し, 漸く數年前にこの, 漸く文化と称する, 漸く文化的な記事, 漸く文学そのものではない, 漸く料理人も新規, 漸く斡旋して, 漸くらしい枝, 漸く新し橋の, 漸く新宿に辿り着いた, 漸く新橋を過ぎ, 漸く新生の曙, 漸く新進作家として名声嘖々, 漸く施政の上, 漸く旁付終りホッと, 漸く旅人の姿, 漸く旅籠と草鞋銭, 漸く旅行先から病院, 漸く日暮方に死骸, 漸く日本の奥, 漸く日本本土を望見, 漸く日本橋の何某店, 漸く日程を濟, 漸く威を, 漸く旧き古色と, 漸く早春が訪れた, 漸くんなる, 漸く昂奮からさめ, 漸く昇降口の一隅, 漸く明けて一寸, 漸く明けるまでには雨水, 漸く明した, 漸く明日の朝薩摩富士, 漸く明治三十二年彼が六十八歳, 漸く明瞭する旧知, 漸くの賑やか, 漸く映る黄昏時の, 漸く春めいて来た, 漸く春めきて青空, 漸く春三郎を見つけ, 漸く春蚕の仲買, 漸く春風に吹かれたる, 漸く昨今のこと, 漸く昨夜になっ, 漸く昨年雲龍寺の被害寺院, 漸く昨日印刷屋の手, 漸く昨日帰京軍資欠乏と人少な, 漸くが終る, 漸く昼間の喧噪, 漸く昼飯に有, 漸く時節が参っ, 漸く時計の機械室, 漸く時間を惠まれ, 漸く晦日近くなりました, 漸く普請が出来た, 漸く普通人の気分, 漸くに向わん, 漸く晴れしが風, 漸く晴れたのである, 漸く晴れ上ったがその, 漸く近くなる, 漸くを貰っ, 漸く暑い日を, 漸く暖かな季節, 漸く暖かく成つて百姓の, 漸く暫くの間, 漸く暮れむとした, 漸く暮れるに間, 漸く暮れんとして弥, 漸く暮年になっ, 漸く暴力革命主義を精算, 漸く暴露されて, 漸く更けた子刻, 漸く書いて置い, 漸く書き終って読み返し出す, 漸く書き終った草稿を, 漸く書斎へひきとる, 漸く書物になる, 漸く書生間に知れ渡, 漸く最初のメロン, 漸くは没し, 漸く月々が越し, 漸く月々百円ほどは工面, 漸く有合せの金, 漸く有名無実のもの, 漸く有楽町駅にたどりつく, 漸くかにし, 漸くを遂げた, 漸く朝顏から注意, 漸く朦朧として此, 漸くになれる, 漸く朧げながら事件, 漸く木地の華美, 漸く木立を抜け, 漸く木賊山である, 漸くの子, 漸く末席をもつ, 漸く末流の才能, 漸く末近くなったのに, 漸く本尊くさくな, 漸く本当だと, 漸く本当になって, 漸く本意を忘れ, 漸く本栖村に到着, 漸く本格的な貌, 漸く本気になります, 漸く本然の調子, 漸く本腰になっ, 漸く本間定五郎と云う, 漸く本隊と合体, 漸くの前, 漸く朽腐するが, 漸く朽葉色の闇, 漸く材料の何, 漸く村落の見物, 漸くでさ, 漸くて伊藤松雄作詞, 漸く来らんとする, 漸く来り冷コーヒーのみて, 漸く来れるが最, 漸く東岸へ漕ぎつけ, 漸く東海道の名刹古社, 漸く松島さんへお, 漸く松葉屋の羈絆, 漸く林相を形づく, 漸くる, 漸く枯れなびいた萱草山の, 漸く染む人皆, 漸く栄え行くのに平, 漸く栄蔵はお, 漸く案じ出したことにも, 漸く案内しました, 漸く案内者の跡, 漸くに還りました, 漸く梯子段のあたり, 漸くの隅, 漸く森厳になり, 漸く棲居へ帰りしか, 漸く植付を為さしめたる, 漸く椽側に移しました, 漸くがつい, 漸くになった, 漸く楽し草を, 漸く槌音が聞こえる, 漸くで突いた, 漸くしい秋, 漸く標準を高め, 漸くにはなった, 漸く横山町へ歸, 漸く樵夫の通う, 漸く樹相を形づくる, 漸く機嫌が直, 漸く機械の操縦, 漸く欠席勝になっ, 漸く欧洲の思想家, 漸くして, 漸く歇んだが, 漸く止みその戦争, 漸く正しい批判に, 漸く正午に近い, 漸く正月らしく三階, 漸く正路に向, 漸く正造の申す, 漸く正面を向いた, 漸く此処に身, 漸く此島へ漂着, 漸く此怕ろしい線, 漸く此意味に於ける, 漸く此詞にま, 漸く此點を忘れかけ, 漸く武家の手, 漸く武者修業の風, 漸く武蔵野に掛る, 漸く武道者は手, 漸くを進め, 漸く歩いた位だ, 漸く歩き出したばかりの私, 漸く歩き始めた幼年だ, 漸く歩くのに, 漸く歩けるように, 漸く歩むばかりの末, 漸く歴史に小説, 漸くつた其の, 漸く歸つて來ましたが, 漸く歸京をした, 漸く歸唐しこれから, 漸く死せんと, 漸く殆ど稀である, 漸く残りなく引, 漸くる粗末, 漸く毛布にくるまる, 漸く氏家を磯山, 漸く民主的共和制であつ, 漸く民家を見た, 漸く民間に流通, 漸く気付いたのだ, 漸く気付くのであつ, 漸く気分が和らいだ, 漸く気力を回復, 漸く気楽な一人, 漸く水中に没し, 漸く水草を切払っ, 漸く水車小屋のある, 漸く水離れのした, 漸くが這入, 漸く永代橋を担い, 漸く永年強いられて, 漸くを覺, 漸く汗ばんで来た, 漸く江戸根生の個性, 漸く江戸表へ着きました, 漸くのある, 漸く汽笛の音, 漸く沈み掛けた夜氣を, 漸く沈下すると, 漸く沖合いのうすぐらく, 漸く没する位つまり, 漸く沢子はやって来た, 漸く河内介は父, 漸く河心を照らし, 漸くが乗っ, 漸く治つたかと思へ, 漸く治り近々の, 漸く治るや數年間殆ど, 漸く法印から聴き出した, 漸くゐる彼, 漸く泣きじゃくりをやめ, 漸く泣くのを, 漸く泣声がやむ, 漸く注意するの, 漸く泰平の娯楽, 漸く泳ぐことが, 漸く洋式活版術が行, 漸く洋書のかじり, 漸くの入口, 漸くの守坂, 漸く洩らすことが, 漸く活動らしい活動, 漸く活気付いて, 漸く活況を帯び, 漸く活溌に移る, 漸く洽くよべの, 漸く流木の端, 漸く流通し殊に, 漸く浦賀へ這入りました, 漸く浮き上るやう, 漸く浮き上った心を, 漸く海岸へ向, 漸く海抜三千百二十米突の天上, 漸く浸蝕せられた, 漸く燼し, 漸く消えかかる遠い国, 漸く消しとめましたが, 漸く消し止めましたその時可哀想, 漸く涼しい風が, 漸く涼しくなり候まま, 漸く深きを知る, 漸く深けて興いよ, 漸く深けると自然, 漸く深まりつつあれ, 漸く深刻になる, 漸く深田印刷会社に一月, 漸く清々した, 漸く渇きを止め, 漸く済んで一寸一ヶ月, 漸く渋谷の道玄坂, 漸く減少し之, 漸く温か味が蘇, 漸く温めてやつ, 漸く温泉へ辿りつく, 漸くについた, 漸くつぼの, 漸く満たされてくる, 漸く満身に光り, 漸く準備が終り, 漸く溜った馬の, 漸く溢れ終ふせ, 漸く溶け灰色な, 漸く溶け始める頃には, 漸く滑らかになりました, 漸くにも無言, 漸く滿足して, 漸く滿開で江戸, 漸く漫歩によし, 漸く激烈を加, 漸く濃やかならん, 漸くる, 漸く火事が燒, 漸く火打箱を取出しまし, 漸く火星に着陸, 漸く火鉢に麁朶, 漸くを消さん, 漸く灯りを点け, 漸くの中, 漸く炊事場の暖簾, 漸く点数しらべ結了, 漸く烈しくなるの, 漸く烏金丸を作る, 漸く烱眼卓識なる士人, 漸く無くなって来た, 漸く無意味となつ, 漸く無為にし, 漸く焦り出して来た, 漸くる可, 漸くまれる, 漸く煮えくり返りながら取り出し, 漸く熔岩流に近づく, 漸く熟し来りたるを以て爰, 漸く熟れ出した葡萄の, 漸く熟睡した處, 漸く熱くなって, 漸くを蹙めん, 漸く爆発しそう, 漸くに確乎, 漸く爺さんは手綱, 漸く爽やかな秋風, 漸く片づきさうにな, 漸く片原町の宗円寺, 漸く片言が利けだし, 漸く片隅に退けられ, 漸く物心がつきはじめた, 漸く物置に居る, 漸く物蔭に引入れました, 漸く特別任用で警部, 漸く犯人の目星, 漸く狂歌に対する趣味, 漸く狂譟的な迷信, 漸く狡獪陰険の風, 漸く獄吏に引立てられ, 漸く獲得して, 漸くの艶, 漸く王化に沾, 漸く王朝の出羽位, 漸く現世利益か乃至, 漸く現住所に独立生活, 漸く現実味を帯び, 漸く現状を保持, 漸く理想に近い, 漸く理解された, 漸く環境描写の筆, 漸く甚だしい暴虐として, 漸く生きている, 漸く生き返つたといふ鹽梅, 漸く生じて來, 漸く生れたばかりで, 漸く生存する事, 漸く生活してるきり, 漸く生長して, 漸くを立て, 漸く産声を上げた, 漸く産後の痛み, 漸く田植の終る, 漸く甲府の旅, 漸く町並に一種, 漸く画道の精進, 漸く畑宿と言う, 漸く當市に無事安着, 漸くなり, 漸く疎らになつ, 漸く疎隔して, 漸く疑いがほぐれ, 漸く疑ひを晴らし, 漸く疑惑を有, 漸く疲労が出た, 漸く病み上りといふ所, 漸く病床を出る, 漸く病気の全快, 漸く病院を出, 漸く痕跡を残した, 漸く痛みも去つ, 漸く療法の利目, 漸く癇癪の起り, 漸く癒えた頃三吉は, 漸く癒してやつ, 漸く発掘され前者, 漸く発揮すること, 漸く発火点に達しました, 漸く発育し始めたよう, 漸く発芽するよう, 漸く発言した, 漸く登りて今, 漸く登りますると是, 漸く登ると共に道, 漸く白みかけた薄墨の, 漸く百姓の暇, 漸く百米余りを上っ, 漸く百首歌の稽古, 漸くを少し, 漸くを納めし, 漸く盆踊を見つけ, 漸く盛りになった, 漸く盛り返すことが, 漸く盛大に赴く, 漸く目ざす叛乱地に, 漸く目ざめかけていた, 漸く目前の危機, 漸く目指す山巓に, 漸く目的の地, 漸く目科の話, 漸く目録の學問, 漸く目鼻が付きました, 漸く相模屋といふ旅籠屋, 漸くを開い, 漸く看護婦の方, 漸く県界を越した, 漸く眞面目な話, 漸く真人間の仲間入, 漸く真剣味を帯び, 漸く真顔を取戻しました, 漸くに落ちた, 漸く眼鏡からのぞける, 漸く附が, 漸く着せて見た, 漸く着なれたペチコオトを, 漸く着到か, 漸く着物を着せてる, 漸くを催し, 漸く睡る事何の, 漸くを定め, 漸くつたやう, 漸く知ったと云う, 漸く知らずに聞い, 漸く知り得た所である, 漸く知れた時には, 漸く知れ亙つた如き, 漸く知れ渡つたことを, 漸く知恵が廻っ, 漸く短い一通しか, 漸く短くはある, 漸く矮小となつ, 漸く石町の八つ, 漸くの上, 漸く硯箱を取寄せ, 漸く碓氷を越し, 漸く確實になりゆく, 漸く示談となり, 漸く神戸に着く, 漸く神戸行が新橋, 漸く神樂坂裏の家, 漸く祟って来, 漸く福島屋から送, 漸く福運の來訪, 漸く秘密の左右, 漸く移つて後漢の桓帝, 漸くくなり, 漸く稼いで暮し, 漸く稿を集め, 漸く積もりぬ身も, 漸く積極的になりました, 漸く穢げな庖丁, 漸く穩健着實な改革意見, 漸くを拔, 漸く空きたる由, 漸く空しくなりて, 漸くつ立て, 漸く突出したところが, 漸く窮まって水, 漸く窮乏を告ぐる, 漸くへ落葉, 漸く立たんとする, 漸く立ちあがり得た栄蔵は, 漸く立ち上つて父, 漸く立ち直って平次, 漸く立ち直りましたがもう, 漸く立上り前後左右を見廻し, 漸く立方體に變化, 漸く立直った千代子は, 漸く立脚の地, 漸くの臺, 漸く笑って, 漸く笑ましげに, 漸く笑顏を見せました, 漸くの中, 漸くへて續, 漸く築きたてたばかりの根拠, 漸く米塩の資, 漸く紀代子と歩い, 漸く納まつたのでした, 漸くを包ん, 漸く紙入の中, 漸く素晴しい頭脳, 漸く細りゆくを見, 漸く細君が朝飯, 漸く終ってかけつける, 漸く終つて春が訪れる, 漸く終に福運の, 漸く終りましたが宇佐美金太郎君, 漸く終わりに近づいた, 漸く終了に近し, 漸く組み伏せるまで若者, 漸く組織的になり, 漸く組踊りの名, 漸く結婚した, 漸く結論を引出す, 漸く統一に傾ける, 漸くに進化, 漸く絵筆を擱, 漸く絶えて波濤, 漸く絶え絶えに成ッ, 漸く經過して, 漸く維持を得たる, 漸くを取り詰め, 漸く綻びむとす, 漸く綾瀬のごとくなら, 漸く緊密になった, 漸く緑色もかなり, 漸くになる, 漸く練達の域, 漸く縁側の欄干, 漸く縄脱けえ, 漸くられる様, 漸く縛り上げ灯の, 漸く縛り上げた時平次は, 漸く繁みが浅く, 漸く繁盛を致し, 漸く繁茂し春闌わに, 漸く繁華となる, 漸く繃帶を取つた, 漸くを打つた, 漸くに進化, 漸く纏った自己の, 漸く缺員の補充, 漸く群衆の中, 漸く義歯を入れる, 漸く羸弱に傾く, 漸くの生え, 漸く翌日の午前二時, 漸く翻訳はイヽ加減, 漸く耀きしにかの, 漸く老い社務も倦ん, 漸く老境に入りかけた, 漸く老年に近く, 漸くへ付いた, 漸くに通じ, 漸く耳朶のラヂオ体操, 漸く聖岳の直下, 漸くゆる經, 漸く聞いて貰つてそれ, 漸く聞えるか聞えぬ, 漸く聞え始めたので又, 漸く聞きつけて凡事, 漸く聞きつけたと見え, 漸く聞き出すことが, 漸く聞き取れない程の, 漸く聞き取れるばかりのお前, 漸く聟入の僞首, 漸くを掛けました, 漸くも着こう, 漸くに浸み透る, 漸く肥えて褐色, 漸く肥大し, 漸くあげが, 漸く育って来た, 漸く育ったわが子の, 漸く育てたひとりの, 漸くは恢復, 漸く胸壁の上, 漸くの乗っ, 漸く脱してそして, 漸く脹れ始めた饅頭であった, 漸く腐敗して, 漸く膨れ出して以來, 漸く膨脹し来って, 漸くがすわりました, 漸く臆病風を吹き飛ばした, 漸く自分たちが国境線, 漸く自分等の前, 漸く自動車一台が通る, 漸く自己企業的組織に転換, 漸く自炊によし, 漸く自然主義的針路をとり, 漸く自白せしめる事, 漸く自身の人柄, 漸く至り着いたところ, 漸く至れば新, 漸くに乗る, 漸く興行をし, 漸く舊來の陋習, 漸く舞臺の正面, 漸く舟人に頼み込み, 漸く船内を散歩しま, 漸く船堀橋の所在, 漸くが來, 漸く良くならうと, 漸く色々の意味, 漸く色づいて田園, 漸く色づき初めた程であり, 漸く色紙短冊の御, 漸く芭蕉や一茶, 漸くをつくる, 漸く花桜の色, 漸く花洛に帰り来たれ, 漸く花魁が来ました, 漸くのほぐれた, 漸く芽ぐんだ岳樺の, 漸く芽生えたばかり丸顏, 漸く苛烈となつて, 漸く若干の小遣い銭, 漸く若者の馬車, 漸く若草のもと, 漸く苦しい世間に, 漸くに独力以, 漸くを持ち来りぬ, 漸く茶卓が終る, 漸く茶碗の底, 漸く荒れ寂れた原を, 漸く荘厳な調べ, 漸く菅馬之助, 漸く萌したのは, 漸く生し那辺箇辺, 漸く落ちついたように, 漸く落ち付いて来た, 漸く落ち着いた東京を, 漸く落ち着きを取り戻し, 漸く落延び同所の, 漸く落成した許, 漸く落手致し候次第, 漸く落著いた生活, 漸く葉並を揃, 漸く葉茶屋を開店, 漸く著しくなつて行, 漸く葛籠をハネ, 漸くへた, 漸くを敷いた, 漸く蔓延の兆, 漸くを作りかけた, 漸く蕎麥掻の味, 漸く蕗子を囲, 漸くを入れたる, 漸くがふくらみ, 漸く明りが, 漸く薄くして, 漸く薄らいでこ, 漸く薄らいだが恐怖, 漸く薄らがんとしてゐた, 漸く薄暮に及んだ, 漸く薄闇きを, 漸く薄闇さを感じた, 漸く薔薇のにほ, 漸く薩摩の國, 漸くの戸, 漸くを買, 漸く蘇つた先生の意識, 漸く虎口を遁, 漸く虹蓋の秘法, 漸く蚊遣香の破片, 漸く蜘蛛の網, 漸く蝠女の手, 漸く螺旋階段を昇りつめる, 漸く蟄居が免, 漸くが上つて, 漸く行ってみる, 漸く行詰りが見られる, 漸く街道に差し, 漸くの都, 漸くの都, 漸く衣類を整頓せり, 漸く表面に浮かび出た, 漸く衰えたような, 漸く衰え垂れた雲は, 漸く衰亡した, 漸く衰弱して, 漸く衰微し伊, 漸く衰滅に帰した, 漸く衰萎するもの, 漸く衰退の色, 漸く袖子はあたりまえ, 漸く被害地の人々, 漸く裁判にだけはならず, 漸く装い作って, 漸くになった, 漸く足せられた爲め, 漸く複雑となり, 漸く西岸に沿, 漸く西村氏に泊, 漸く西洞へ来た, 漸く西片町の家, 漸く西町三番地に一家, 漸く西鶴を離れ, 漸く見せてもらつた, 漸く見つけた家は, 漸く見ゆる世の, 漸く見るもの聞く, 漸く見付けて刷り出した, 漸く見付け出しそれから量つて売つて, 漸く見出した隙間を, 漸く見出すほどの慰藉, 漸く見分けられるくらゐ, 漸く見定めると龕燈, 漸く見当る鼠の, 漸く見慣れた杉森を, 漸く見物に參, 漸く覚束なく終, 漸く親しむべき思を, 漸くりました, 漸くへ出る, 漸くつた, 漸く解いたのだ, 漸く解けかかって来た, 漸く解けることに, 漸く解読完了ということ, 漸く解釈が出来, 漸くつた, 漸く言つて温しく頭, 漸く言つて穏しく頭, 漸く言んとして泣声, 漸く訊問を始める, 漸く訪れた季節な, 漸く許されたんです, 漸く評判の普賢菩薩, 漸くの詩, 漸く詩作の興, 漸く詩壇の意識, 漸く認め候, 漸く語感の変化, 漸く説得したと, 漸く読み得し時の, 漸く読み覚えたという人, 漸く読書に興味, 漸く読本の一冊, 漸く調はず動植漸く衰萎, 漸く調べあげた積り書又, 漸く調子を合せました, 漸くじ漸く, 漸く論争に倦み, 漸く諦めかけていた, 漸く諦めたやうに, 漸く諸方に進み, 漸く警察署を呼び出し, 漸く譲吉の世話, 漸く讀み了つた, 漸くじて, 漸く變つて來ました, 漸く變調を呈した, 漸くを埋めん, 漸く谷中へ送られ, 漸く谷川が流れ, 漸く谷底近くまで, 漸くを與, 漸く豊世は姑, 漸く豐川の岸, 漸く貞之助の眼, 漸く負傷から医, 漸く貧しいものに, 漸く買つてもらつたの, 漸く賃取り仕事にもありつく, 漸くはつた, 漸く賞美の金, 漸く賣り出したばかりの癖, 漸くち得たとき, 漸く起きあがつたと思ふ, 漸く起きたのは, 漸く起きだしてこれから, 漸く起き上り石を, 漸く起き出して來, 漸く起つて来る, 漸く起つた燒物が, 漸く起りかけて居た, 漸く起りました遅いこと, 漸く起上って膝, 漸く起上がらうとする, 漸く起出してこれから, 漸く起出すところである, 漸く起回りて忙, 漸く起行すること, 漸く越して松枝, 漸く薄うなり, 漸く足らず官を, 漸く足元の明るく, 漸くを絶ち, 漸く跪拝いて, 漸くを得, 漸くくなりける, 漸く踊子の方, 漸く踏み分けただけの小径, 漸くを旋, 漸くって北, 漸く蹙まりて左右, 漸く身上の相談, 漸く身体を保つ, 漸く車掌に押し込まれた, 漸く軌道に乗っ, 漸く軽く見られる傾き, 漸く輝り出す星を, 漸く輸入するという, 漸く辛辣になっ, 漸く農商務大臣河野敏鎌の名, 漸く農業そのものに絶望, 漸く辿りついてみる, 漸く辿り着いたのである, 漸く辿り着かれた大和も, 漸く辿り読むとこう, 漸く近きて益, 漸く近くなつた, 漸く近して砂川, 漸く近づいて見る, 漸く近づきて春衣, 漸く近づけども二人, 漸く近代を示す, 漸く近年に至り始め, 漸く近頃になつて, 漸く返されようとし, 漸く迫って物音, 漸く迫らんとする, 漸く迫り来るのである, 漸く迫り近づきて南國, 漸く迫ると知っ, 漸くつ払つて貰つた弟, 漸く追い付いた先き, 漸く退いてゆきました, 漸く退院して, 漸く逃げて来た, 漸く逃出しましたが, 漸く透明な秋空, 漸く途切れた所で, 漸く這い寄ることが, 漸く這って逃げ出す, 漸く這寄りて貫一, 漸く通されて見る, 漸く通ぜられて来た, 漸く通っていた, 漸く通ったのは, 漸く通りの明るみ, 漸く通り始めた市内電車の, 漸く通り越したという気, 漸く進み鹹澤, 漸く進みゆくに霧晴, 漸く進級するわけ, 漸くれて, 漸く遅いということ, 漸く遊びが佳境, 漸く運ばれてきた, 漸く過ぎて而, 漸く過ぎたと云われ, 漸く過ぎようとしてゐる, 漸く過すことが, 漸く道子の傍, 漸く道筋は分る, 漸く道路らしいもの, 漸くいた, 漸く遠い懸隔を, 漸く遠くの方, 漸く遠ざかつて行く, 漸く遠ざかり詞句の, 漸く遠ざかれり牧島湾頭やがて, 漸く遠のいたと見, 漸く遠島は免れました, 漸く遣って見様, 漸く適当な入口, 漸くくなつ, 漸く邪魔者を追い払った, 漸く部屋に通された, 漸く都会の生活, 漸く都合がつい, 漸く酩酊したらしい顔, 漸く醒めて王政復古, 漸く醒め来れば半面, 漸く醸造し得たの, 漸く釈放されたの, 漸く里人に納得, 漸くそうに, 漸く重い口を, 漸く重きをなした, 漸く重く戸外に, 漸く重なりかけてゐた, 漸く重大なもの, 漸く重患となり, 漸く重湯に口, 漸く野村の考え, 漸く釣れて来た, 漸くつた, 漸く鈍い渾然さを, 漸く鈍くなりぬ, 漸く鈴ヶ森のアパート, 漸く鋭い鋒鋩を, 漸く鋭くかつは, 漸く錦小路家を捜し当てる, 漸く錺屋のタガネ癖, 漸くの中, 漸くの中, 漸く鎭まり彼方の岸, 漸く鎭靜するに, 漸く鎮めて井伏君, 漸く鎮定し丸の内辺, 漸く鎮火致しました, 漸く鐵條網の外, 漸く長くなりたるを, 漸く長広舌を終った, 漸く長野から判事, 漸く長閑になつ, 漸くがあく, 漸く門内の麦門冬, 漸く門外に至る, 漸く開け漸く擴, 漸く開けかけで藤村君の, 漸く開け始めたことを, 漸く開会す, 漸く開通する端緒, 漸くに会う, 漸く間に合わせたといった, 漸く間近になつ, 漸く閭巷の侠客, 漸くくなりかけた, 漸く闇黒に馴れた, 漸く闊葉喬木帯の上部, 漸く阿倍川町に着きました, 漸く阿部川町の家, 漸くを立て直しました, 漸く陣形をかえ, 漸く除隊になっ, 漸く陥落したの, 漸く陳列を終りました, 漸く陳腐に帰し, 漸く険しく駒下駄では, 漸く隆盛となり, 漸く階子段の音, 漸く險惡な空, 漸く威を, 漸く集団的機能的組織性の中, 漸く雇った女中の, 漸く雑木林の山路, 漸く雑誌を手, 漸く雜誌の基礎, 漸く離れた部屋に, 漸く離れることが, 漸く離床したが, 漸く難からむとするを看れ, 漸くのふっ, 漸く雨戸が開いた, 漸く雨露を凌げる, 漸く雨風も遠く, 漸くが歇ん, 漸く雪堤の縁, 漸く雪渓に辿り着いた, 漸く雪解がすんだ, 漸く雲巌寺の山門, 漸く雲影模糊とみえそめた, 漸く雲脚より早く, 漸く零言瑣語の姿, 漸く雷門へ来た, 漸く電灯が点いた, 漸く電燈の明るい, 漸く霜柱が解けた, 漸くに罩め, 漸く露命を繋い, 漸く露国との平和, 漸く青くなりかけた庭, 漸く青年が娘, 漸く青江が帰っ, 漸く青葉の色, 漸く静かな呼吸, 漸く静まッて, 漸く静まれば風, 漸く静寂の眠, 漸く静止の生活状態, 漸く靜止の生活状態, 漸く労働と, 漸く面倒な模様, 漸く面倒臭がりだすから, 漸くと帽子, 漸く鞍部に着いた, 漸く順序立ちたる人情本, 漸く頭巾を取った, 漸く頼みに行, 漸く頼母木遞相を動かし, 漸くれた, 漸く顕れかけた暗い土, 漸く顕要の位地, 漸く顯要の位地, 漸く風俗画の外, 漸く飛びかゝつて彼を背後, 漸く飛行具が出来上る, 漸く飛鳥の野, 漸く食いとまることが, 漸く食べてゆける, 漸く食事になる, 漸く食物上の趣味, 漸く飮みつぶれて, 漸くにならう, 漸く飯場の中, 漸く飲むで少し, 漸くが来, 漸く養家の窮窟, 漸く饂飩を食, 漸く饑餓を回復, 漸く馬耳がその, 漸く馴れるに随, 漸く駁氣になつて仕舞, 漸く駄夫の胸, 漸く駈け出して行, 漸く駈け廻れるくらいで, 漸く駈着けたやうな, 漸く驛遞の家, 漸くを動かし始め, 漸く高い山の, 漸く高きに及び, 漸く高まりかけた明治二十三年の, 漸く高名となっ, 漸く高瀬は畠, 漸く高等小学の一学年, 漸く高等工業学校の門, 漸くの道具, 漸く鮎川の町, 漸くならん, 漸く鮮やかに美しく, 漸く鮮妍たり, 漸く鹿だなと, 漸く鹿田の性格, 漸くへ運び下ろした, 漸く麻痺せむとする日本精神, 漸く麻雀終り千恵蔵, 漸く麻鞋を動かした, 漸く黄ばもうという頃, 漸く黄泉に帰す, 漸く黒くほそく見わけられた, 漸く黒木の多い, 漸く鼓膜に響く, 漸くの生え始めた, 漸くOKを造り