青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「氣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

気味~ ~気持 気持~ ~気持ち 気持ち~ 気色~ 気質~ ~気配 気配~ ~氣
氣~
~氣持 氣持~ ~水 水~ 水夫~ 水戸~ 水面~ ~氷 氷~ 永~

「氣~」 21143, 219ppm, 452位

▼ 氣~ (5263, 24.9%)

428 して 377 した 282 する 150 ついて 92 ついた 90 付いて 75 するの 62 つくと 58 します 54 したの 48 付いた 46 附いて 43 付いたの, 付くと 35 あつた 33 付きました 30 しました, つきました, 變に 27 付かなかつたの 24 したので, 附いた 23 するので 22 ついたやう, つく 21 あつて, するが, 濟ま 20 ついたの, 付かずに 18 氣でない 17 するよ, つかなかつたの, 附くと 16 つかずに, 付かなかつた, 立つて 15 するん, 出て 14 變にな 13 すると, つかなかつた, 付いたか, 付かなかつたので, 付きます 12 遠くなる 11 されて, つけば, 付かないの, 付きません 10 あるの 9 ある, された, しながら, つかなかつたが, 付いたので, 付いたよ, 氣ぢや

8 [14件] あるん, したん, しない, しなかつた, しますが, しますよ, ついた時, つかないで, ない, 付いたん, 付かない筈, 付かなかつたが, 付かなかつたん, 附かなかつた

7 [14件] つきません, つきませんでした, 付いた時, 付いた樣子, 付かなかつたか, 付きませんでした, 付けば, 少し變, 廻ります, 狂つた, 致します, 變つた, 輕く, 附いたの

6 [19件] あるやう, したから, したよ, するから, そは, ついたので, つかない, つかないの, つくまい, なくな, 付かなかつたで, 付きませんが, 付く筈, 利いて, 弱いの, 挫けて, 狂ふ, 起つて, 遠くな

5 [23件] あると, あれば, さしたもの, したが, しないでも, ついたが, ついたこと, つかなかつたよ, つきます, なくて, 付いたから, 付いたやう, 付かなかつたよ, 引けて, 弱いん, 弱くな, 強くて, 滅入つて, 無かつ, 進まない樣子, 遠くなつ, 附いた時, 鼻を

4 [39件] いたします, きいて, したと, しなかつたの, ついたん, つかなかつたか, つかなかつたこと, つかなかつたので, つかなかつたん, つきましたか, つきましたよ, つきませんが, つくで, つくの, つく筈, とがめて, ないから, ないの, なかつた, よくて, 付いたが, 付いたこと, 付かない, 付かないが, 付かないん, 付かなかつたもの, 弱くて, 急に, 惡い, 散らねば, 氣でなかつた, 氣でなく, 氣では, 湧いて, 無い, 狹いから, 起つた, 附いた樣, 附かずに

3 [68件] あつたら, ありさ, あるから, いたして, さした樣, した事, しだした, しないので, しましたか, しますね, しません, し出した, するけれど, するだけ, するだらう, するで, するね, するもの, する位, ついたか, ついたから, ついたとき, ついた樣子, つかないか, つかないやう, つきましたが, つきませんよ, ないと, なかつたの, なさ, ゆるんで, 付いたね, 付いたもの, 付かないから, 付かないやう, 付かない樣子, 付かなかつたらう, 付かなかつたらしい, 付きましたか, 付きませんか, 付くから, 付くの, 付くまい, 僕は, 出なかつた, 合は, 大變, 好いと, 引けた, 惡く, 散つて, 有る, 氣で, 沈んで, 溢れて, 無いの, 狂つち, 生じて, 着いた, 知れないから, 要る, 變る, 身に, 重くなる, 附いたこと, 附いたので, 附かなかつたが, 附けば

2 [214件] あるか, あるかも, あること, あるといふ, あるとは, あるので, あるんで, あんまり良, いたしました, きかなくて, こ, さしたの, さしたので, さして來, されたが, されました, しそして, したけれど, したなあ, したもの, したもん, しだして, しないの, しなかつたので, しなくなつ, しまして, しますの, するし, するのよ, するもん, すゝま, せいて, せかれ自然, それを, ついたさうです, ついたといふ, ついたもの, ついたらしい, ついたらしかつ, ついたらしく少し, ついた人, ついた筈, ついた風, ついてから, ついては, つかないと, つかない位, つかなかつたで, つかなかつたもの, つかなかつたやう, つかなかつたらう, つかなかつたわけ, つかなかつた位, つかぬ, つかぬ樣子, つきさ, つきそれ, つきましたから, つきましたので, つきませんか, つきませんでしたね, つくからね, つくこと, つくやう, つくわけ, ないぢ, ないので, ないやう, ないん, なくては, なくなつ, ひけて, ふさいで, ふとしか, よければ, よすぎる, 一ぱいであつた, 一轉し, 乘らない, 乘らなかつた, 乘らねえ, 今に, 付いたかも, 付いただけ, 付いたと, 付いたらしく, 付いても, 付かないで, 付かないでは, 付かないな, 付かなかつたかい, 付かなかつたかも, 付かなかつたこと, 付かなかつたと, 付かなかつたな, 付かなかつたやう, 付かなかつた樣子, 付かぬやう, 付き, 付きさうな, 付きなすつた, 付きましたが, 付きませんでしたが, 付きませんよ, 付くかも, 付くだらう, 付くぢ, 付くに, 付くめ, 付くやう, 付くん, 伸, 來る, 凝つて, 出ない, 出なかったの, 出ぬので, 出來, 動いて, 動けば, 合ふ, 向けば, 咎めた, 咎める樣, 塞る, 大きくて, 大きくな, 失せて, 妙に, 少しも, 差して, 廻るの, 引かれ何, 引けるの, 弛めば, 弱いぢ, 弱いんで, 弱かつ, 弱さ, 張つた, 張れば, 強くな, 強くなつた, 微かに, 急いて, 恢復する, 悶々し, 拔け, 拔けた樣に, 挫けたもの, 改まるかとも, 散つたり, 散つて心, 散ると, 散れば, 早い, 晴れるほど, 有つて, 樂に, 段々し, 漂つてゐた, 澄んで, 濟みません, 濟んだ, 無いので, 無くては, 無くな, 無くなつた, 無さ, 狂つ, 狂つたのでござんす, 狂ひ, 着いて, 知れない, 知れないと, 知れぬ, 私の, 立って, 立つ, 立つと, 續か, 續く, 置けて, 自分に, 自然に, 致しました, 良いから, 苛, 落着か, 落着く, 血を, 襲ふ, 要つた, 變だ, 變つ, 變つて居まする, 變り, 起つた時, 轉倒し, 進まない, 違つた, 違ふ, 附いたが, 附いては, 附かないで, 附かなかつたか, 附かなかつたかも, 附かなかつたで, 附きました, 附きません, 際限も, 離れたら坐敷, 非常に, 餘り

1 [1430件 抜粋] あたりを, あつて使, あふれもう, ありさえ, ありましたから, ありません, あり蟒氣, あり雪氣, あるかと, あるし, あるな, あるならわたし, あるに, あるまいし, あるらしいん, ある松, いい樣, いきなりそこ, いたしますが, いつかの, いつぱいになつてゐるのであつた, いまだにし, えならぬ強い, おちついて, お濟, かなり重, からりと, きかないお, きかねえから, きた, きらきら光つて, くるった人, この頃, こもつて, さう早く, さしてお, さしてるから, さして居ました, さして燒芋屋, さし先づ努め, さすがに, さすな, さすもの, されそして, されるの, ししらべて, したかも, したし, しただけかも, したに, したものの, したんで, した同時にまた, しちやつたの, しづかに, してたん, しないから, しないでは, しないのよ, しない譯, しなくなり鐵橋, しましたから, しましたし, しましたね, しましてね, しませんが, しませんよ, し乍ら, し今, し出したので, し出すの, じとじとし, すいたので, すすまないと, すばらしくいいので, すまない, すまないの, すまぬの, すめば, すること, するぞ, するという, するならば, するねえ, するらしい, するわよ, する代り, する毎, すゝみ, せいたの, せき, せく樣子, せずまた, そこの, そろ, だん, ちごた, ついたで, ついたらしく急, ついたら彼女, ついた彼等, ついた時土手, ついた白鳥, ついてが, ついても, つかずお, つかずわたし, つかないかも, つかないくら, つかないそれ, つかないふう, つかないもの, つかないらしい, つかない樣子, つかなかつたかい, つかなかつたと, つかなかつたに, つかなかつた事, つかなかつた樣子, つかなくとも, つかぬらしく唯々乘, つかれたらどうぞ, つかれぬやう, つきかけるころ, つきそれから, つきながら, つきましたね, つきまして, つきませんでしたで, つきや, つき出して, つき難い, つくだけ, つくだらうと, つくぢ, つくまいが, つくもの, つく限り, つよい, とがめないだけでも, とがめるので, とまらず身體, どうした, ないが, ないといふまで, ないね, なかつたと, なかつたよ, なくさつぱりしてゐて, なくなりますよ, なくなるの, なく牛, なさるか, なすつたか, ねする氣, はいれば, はれなかつたの, ひけた, ひけるやう, ひどくな, ひよい, ふと鎭まつ, ほしくなつた, まだ僕, みんなを, むしや, めいつていやに, もつと, もめるか, ゆるんだやう, よくなつ, よく此頃手傳, よろしうございます, わしの, カラリと, コミ上げ, スッキリと, ヘンな, ムシヤクシヤなすつた, ローウッドの, 一寸の, 一新できない, 一杯に, 上つて來る, 上り夜, 下り晝, 乘らなかつたら, 二三日續いた, 五日の, 亢じ, 人の, 付いたさ, 付いたといふ, 付いたどんな, 付いたはず, 付いたらしいが, 付いたらしくハツ, 付いたらしく繼娘, 付いたら教, 付いたんで, 付いた有, 付いた状, 付いちや, 付かずには, 付かず下向き勝ち, 付かず夕飯, 付かないか, 付かないだらう, 付かないだらうよ, 付かないばかりに, 付かないわけ, 付かない程, 付かなかつたさ, 付かなかつたらうか, 付かなかつたんで, 付かなかつた陽, 付かぬ, 付かぬよ, 付かねえか, 付かれないのでな, 付きかの, 付きながら, 付きなすつたんで, 付きましたよ, 付きませんでしたか, 付きませんね, 付きやしませんよ, 付き毎晩, 付くが, 付くところ, 付くま, 住民の, 何でも, 何んと, 何處と, 侵入し, 倦むで耳, 働いて, 充ち充ちて, 入り難い, 全く西漢, 其の頃, 冴えたので, 冷たくな, 凝つたり, 凝固したる, 出ずに, 出たから, 出たので, 出ましてね, 出るすき, 切にする, 利かない, 利かぬこと今更, 利きさうな, 刻々千變萬化, 勃然として, 動き萬象, 勝ち過ぎて, 匂ふ, 却つて何となく, 厭な, 取られて, 合うよう, 合つてすつかり, 合ひ, 向かなくなつたん, 含まれて, 吾人を, 咎めたと, 咎めるほど, 咎め私, 増すを, 外れるから, 多いん, 多過ぎた, 大切である, 失せたやう, 好い, 好い膝, 如何に, 嬉しくて, 安まりません, 室内に, 導入され, 小さいの, 小池の, 少し苛, 差しながら, 幾度も, 庭先を, 廻らないから, 廻りました, 廻りや, 廻るん, 引けますが, 引つか, 引立たず, 弱い併, 弱くつて, 弱つて, 張つてくる, 張つてゐる, 張りたりといふ, 張り得るに, 強いから, 強いや, 強いわねえ, 強くされ, 彼の, 微動し, 必要である, 急かれた, 怯け, 恢復せず, 悉く彼, 惡うござる, 愈進ん, 慌て燥ツ, 折れたらしく平次, 拔けたやうに, 挫けさうに, 挫けると, 揃つた二人それから, 揉めない筈, 揉めるだらうな, 揉めるわねえ, 支柱を, 散りさ, 散るからと, 散る樣, 既に萌し, 早え, 昂つてゐる, 明るいので, 昨日も, 晴々と, 晴れは, 晴れるの, 暗いので, 更になかつた, 朗らかで, 松陰を, 極度の, 樂だつた, 樂で, 欝, 正直の, 殘つてを, 氣持よく, 沈み名状, 治つて行く, 治り健康, 流れて, 流行ると, 浮き立つた, 浸して, 深いよう, 渠の, 湧き立つて, 溶け込んで, 滅入るので, 漂つてゐ, 漲つて, 漸く肌, 激しく燥, 濃厚だつた, 濟むと, 濟むなんて云つてた, 濟めば, 無いかの, 無いと, 無いらしい, 無くなつ, 無くグナリ, 無く去る, 燥つい, 爽かに, 狂つたのかしら, 狂つてゐ, 狂つて八疊二間を, 狂は, 狂ひます, 狂れて, 生ずるの, 町中の, 疎くなつた, 癒つてお, 發動する, 發現し, 盛んに, 目も, 直つて, 直るやう, 着いたから, 着いたの, 着かぬ所, 着かんの, 知られて, 知れないよ, 知れませんよ, 短か, 短くなつ, 確かに, 祖なり, 移つて居ります, 移るの, 空間を, 窕子達にも, 立ち亢奮, 立つといふ, 立つまま, 竭きかけ, 籠つてゐる, 絶えた, 緩んだせゐか, 緩んだやう, 置けない, 置けなくて, 肉體の, 脱せずして, 至極ほ, 致すでは, 良いと, 若くて, 若く哲學的, 茶碗を, 莎蘊する, 落ちつきな, 落付か, 落着いた, 蒸し, 蔓こる, 藥の, 被つて, 觸れ, 許せないよ, 詰まるやう, 變つたのか, 變つてお, 變つてしまつ, 變つてもどる, 變つて俺を, 變つて寶物とやらを, 變つて暗がりから, 變つて無闇に, 變でも, 變にでも, 變りません, 走つて, 起きても, 起て東京, 起りませんか, 起るの, 足りない, 輕, 迫るには, 逆戻りする, 進まず出勤, 進まないね, 進まないらしいの, 進まなかつたが, 進まなかつたん, 進まぬやう, 逸ま, 違つたので, 違つて私を, 遠くなっ, 遠くなり, 適つてゐ, 部屋の, 重い, 重くよどん, 銷沈した, 附いたか, 附いたその, 附いたらしい先生, 附いたら本, 附か, 附かず唯, 附かないでも, 附かないワケ, 附かなかつたけれど, 附かなかつたので, 附かなかつた中, 附かなかツ, 附きまして, 附くか, 附くのぢ, 附ぬ, 隨分火口の, 青味が, 靜まつた, 頓て, 顛倒し, 餘燼に, 騷が, 骨まで, 鬱して, 點い

▼ 氣~ (3528, 16.7%)

270 毒だ 231 毒な 64 中に 60 毒に 51 毒です 49 毒で 31 やうに 26 い, ついたこと 24 中で 22 毒でした 19 ない顏, 付いたこと 17 毒が 16 付いたの, 習の, 習を 12 ために, 毒の 11 ない返事, 張弛, 毒でも 10 乘らない, 散る習, 毒にも 9 ついたの, なかに, 付いた時 8 中を, 事を, 弱さ, 拔けたやうな, 毒さうな, 毒ぢや, 毒である, 毒と, 毒ながら, 無い顏 7 強さ, 毒なる, 爲めに

6 [14件] あつた, ついた時, ないの, やうな, 乘らぬ, 付いた事, 命, 弱いこと, 毒がる, 毒だつた, 爲に, 王, 生ずるの, 進まない樣子

5 [17件] あるの, ことは, ことを, なさ, ものだ, ように, 中から, 好い日, 毒さうにし, 毒さま, 毒な思ひ, 習が, 良い男, 術を, 輕い, 遠くなる, 附いたこと

4 [28件] いい日, きいたこと, きいた男, きいた話ぢ, するもの, ついた者, ないもの, ない髮, よさ, 中にも, 付かないやう, 凝るといふ, 命次に, 如き善氣, 平左, 所爲か, 方は, 毒がり, 毒さうに言ふ, 毒さに, 毒なり, 毒にな, 毒ねえ, 毒らしい, 毒樣です, 知れないところ, 立つて, 習は

3 [52件] あること, ある者, うちに, きいた事, して, すがた, ついた事, ついた樣子, ついて, つかなかつたの, ない不, 上に, 中には, 中へ, 人の, 付かないうち, 付くこと, 付くもの, 付く筈, 働は, 出て, 利いた男, 勝つた女, 可い, 家の, 弱い人, 弱い者, 弱さうな, 張りは, 強い人, 強い女, 御子, 所爲だ, 時の, 毒, 毒だす, 毒といふ, 毒なれ, 毒を, 毒相な, 王は, 癖である, 良いの, 良い人, 良い女, 衰へ, 變な, 變り, 象である, 象を, 過ちで, 長いこと

2 [190件] あなたなどが, あなたは, ありたけ聞かば, ある女, ある方, ある男, いと濃き, おける處ゆゑ, きいたの, きいたもの, きいた若い, きかない細工, ことに, した訣, する圖, する時, する次, する聲, せいも, ついた人, つかないこと, つかないところ, つかないやう, つかない事, つかない筈, つくこと, つくもの, つく女, つまるどうして, つよい子, ないふう, ない娘, ない廊下, ない心, ない恰好, ない所, ない汁粉, ない牧場, ない聲, ない野郎, ない顏色, なき我欲, なくな, はなしを, ふさぐも, ふれた女, まぎれる物, まさりて, もとを, ものは, やうだ, よいの, ような, 一つだ, 世界を, 中, 中では, 中の, 乘つた樣子も, 事に, 事は, 人で, 人でした, 付いたガラツ八, 付いた八五郎, 付いた者, 付かないこと, 付かない筈, 付く者, 休まる時, 作用は, 作用より, 働が, 働きの, 働に, 働の, 優しい方, 光りが, 入つた蒸溜水, 兩極に, 内に, 冷たさ, 凝りを, 出るの, 利いたこと, 利いたもの, 利いた人, 利いた前だれ, 利いた物, 利かないの, 利きし女中風, 加減か, 合は, 命は, 商人に, 商賣, 外に, 多い男, 多い癖, 大なる, 大旦那さま, 大神の, 天皇, 好い聲, 如きは, 如くな, 如くに, 如く明澄, 小さいもの, 小さな私, 少いさくいもの, 少い顏, 平癒を, 底に, 廻る女, 廻る娘, 弊を, 弛みが, 弱いお, 弱いしかも, 弱い善人, 弱い私, 弱さうな若い, 張つた時は, 張つて居らぬ, 張りを, 張るもの, 強いこと, 強い利巧, 御屆, 微動が, 惡い, 所爲である, 持ちやう, 散るの, 方が, 早いの, 早い奴め, 早い子, 早い江戸, 時に, 時は, 殘つてゐる, 毒さうにいふ, 毒さうには, 毒さまと, 毒で御座います, 毒なと, 毒なとて, 毒にもな, 毒みたいな, 毒らしかりし, 毒樣なこつた, 氣味で, 沙汰ぢや, 沙汰とは, 流れが, 濟ま, 無い健康, 無い樣, 無い返事, 父親を, 狂つた, 狂つてゐる, 男で, 町と, 盡き, 知れない人, 確かな, 確な, 立つた折, 立つま, 笛を, 結果として, 置けぬ大阪, 義は, 習である, 習癖が, 良い方, 良さ, 若さ, 藥には, 術も, 觀念から, 話を, 變る, 身に, 鎭まる, 隙き, 骨頂の

1 [1539件 抜粋] あたる年ぢ, あふれた大西, あらい陰影, あるお, あるといふ, あるもん, ある事, ある圖ぢ, ある思ひを, ある按摩, ある時, ある焚火, ある篤志家, ある草, いい女, いい掛聲, いい正直者, いい連中, いら, うちにも, おけるお, お内儀, お父さんに, お貞さん, きいたところ, きいた人間ぢ, きいた土産, きいた手代, きいた泥棒猫, きいた美し, きいた袷, きかない一大阪人, きかない淺黄裏ぢ, きかない金ぢ, きかねえ事, きかねえ話ぢ, きつぷになつて殘つて, ことが, これより, させる理由, した女, しづまりきらない三河系統, し通し, するお, するほど, する女, する眠, せいか, せせこましさ, ためで, ため謁見できず, ついたとき, ついた意地惡, つかずに, つかないほど, つかない瞬時, つかなかつたこと, つかなかつた田植, つかぬこまかいこまかい, つかぬやう, つかれざる事, つくとき, つくやう, つく周助, つく方ぢ, つく筈, つよい線, ところを, どくですな, ないきよとんと, ないつまり, ないやう, ないハ, ないムウドン, ない二階, ない公園, ない呼名, ない夜, ない女, ない寂しい森, ない廣間, ない愛憎, ない放浪者, ない朗, ない構内, ない河岸, ない深い心配, ない煖爐, ない男, ない眞珠, ない社交的人物, ない腰, ない臺地, ない赤熊, ない軒下, ない闇, ない青白い顏, ない髷, なかで, なかを, ねえこと, ひかりを, ふくれあがつた顏, ふれた狼, ほかに, まじらない純, まはる野郎, もとだ, やうである, やうやく, やさしい親, やや肌寒い, ゆるみで, よいらしい, よい名前, よい日, よい蟹, らくな, スイス人の, 一つである, 一寸した, 一本槍です, 一語を, 上にも, 上層には, 下る習, 世話は, 中でも, 中心ぢや, 主原因, 乏しい顏, 乘つ, 乞食を, 事である, 事もすつかり話した, 亞爾箇保兒が, 人である, 人に, 人間が, 人間や, 仕業だ, 付いた暮, 付いた風, 付かないもの, 付かない男, 付かなかつた俺, 付かぬやう, 付きやうも, 付く二十五歳, 付く所, 代りに, 休まるはうへとばかり, 作用が, 作用を, 俄に, 偏の, 催さぬ前, 働きを, 働なら, 優しい良い方, 充ちた護謨球, 充滿した, 光りに, 入らないやう, 兩極を, 共鳴作用の, 具合は, 冴えて, 冷え切つてゐる, 凄まじさ, 凝りな, 出さうなお, 出やう筈, 出るやつ, 利いたヴェランダ, 利いた口, 利いた小間使, 利いた新年, 利いた歴史, 利いた話ぢ, 利いた點, 利かない男, 利かぬとて, 利きかた, 利きよう, 前兆に, 功を, 加減だ, 勃興發動底止する, 勝つた男, 勝れて, 匂ひ, 原因である, 原因確定さる, 可い所, 合つた四人の, 合つた親分子分は, 向いたやう, 向いた朝, 向ふところ, 呼吸と, 命の, 命二柱, 問題が, 善い感情, 囘復策を, 圈中に, 場合その子たり, 場合の, 塞ぐ事, 塞逼に, 増し行く, 多いの, 多い卑, 多い悧巧, 多い注目, 多い若い衆, 多い頬, 大きな槌, 天皇の, 失せた肉體, 奧の, 女でございます, 好い不思議, 好い挨拶, 好い老, 好きな, 如き喜氣, 如き惡氣, 如き邦語, 如くいらち, 如く田舍, 如く陰鬱, 妻, 娘の, 子には, 子氣, 存する以上, 安まる, 家では, 寓在した, 寓處と, 小さい事, 小さい男, 小さい良い人, 小さな息子, 小商人, 少しも, 少ないの, 層は, 嵐の, 工合が, 差すまで, 幕が, 平左衞門, 底から, 廻りも, 廻る人間, 廻る曲者, 弛みを, 弛んだの, 弱々した, 弱いうまれつきで, 弱いもの, 弱い信者達, 弱い奴, 弱い感じ, 弱い旗本, 弱い物, 弱い男の子, 弱くて, 弱りと, 張つた時には, 張つてゐる, 張り, 張りといふ, 張るの, 張る氣, 強いらしい, 強い意地, 強い義兄, 強い親切, 形象を, 後に, 心からばかり, 快復の, 急ぐ態度, 性質として, 性質内容に, 恢復と共に, 惡戲の, 惱み, 感じだけでも, 成るところ, 所爲で, 所行も, 技術家で, 拔けたところが, 拔けた人間の, 拔けた耳と, 拔けた高笑いで, 持續が, 振ひ作る餘地, 揃つた賑やかな, 揉めること, 攝する, 故では, 散るに, 散る可, 散る癖, 方に, 日である, 日夜劇しく, 早い人, 早い男, 昂つた時計屋の, 春の, 時には, 時周公が, 時期も, 晴れ渡つた日だ, 書六篇圖三卷の, 有する意味, 望の, 本づく, 本體, 極めて冷, 樣子にて, 正を, 死定もしくは, 毒げに, 毒さう, 毒さうにその, 毒さうに中の, 毒さうに半ば打消す, 毒さうに寢が, 毒さうに禮を, 毒さうに言つた, 毒さまながらと, 毒さんで, 毒だつたわね, 毒でございました, 毒なお, 毒なこつた, 毒には, 毒は, 毒らし, 毒千萬なりと, 毒樣ね, 毒水差しくらゐ, 毒見たいな, 氣に, 氣合である, 永いこと, 沙汰なら, 治療にも, 法を以て, 波動は, 流れた好ましい, 流れも, 流行を, 消息を, 清さ, 減るほど, 溢れた一時, 滿たる室にて, 漲つたぐるり, 漾ふ, 澄明な, 濃いところ, 濟むやうにも, 濤に, 無い, 無いやう, 無い奴, 無い態度, 無い爐, 無い笑顔, 無い調子, 無い顏ぢ, 無くな, 照りあたたかし, 爲めです, 爲め急性肺炎にな, 父が, 爺さんで, 物語りを, 状を, 狂つた人が, 狂つてゐた, 狂れやすい, 猩々齋が, 球に, 生ずると, 生ずる習癖, 生少, 由にて, 町人の, 疾い, 病原とは, 痛みは, 發露騰, 盛なる, 盛衰に, 看病を, 眼に, 知れない化, 知れない痩我慢, 知れぬ奴, 短い小池, 短い方, 確乎した, 福音, 積で, 立つほど, 立方積と, 筈宜しく, 絃を, 結果僕は, 絶えたこと, 經過を, 緩せない, 續く, 置けないの, 置けない心安, 置けない親し, 置けぬ老, 置ける者, 習によ, 習逸る, 者らしくない, 職人でした, 肌寒さ, 自分に, 良いお, 良い叔母さん, 良い日, 良い朝, 良かつ, 若い安, 若者皆掛りでも, 荒いところ, 荒い富山七之助, 荒い馬丁, 萬七には, 薄い日本人, 薄明り, 行くこと, 術が, 術の, 補ふ, 褪めたらしい娘, 觀念は, 言たるや, 言葉か, 許せない女, 話やら, 説ある, 調節を, 諸君と共に, 變はり易い, 變化が, 象は, 起つて, 起る前後, 足, 足場さへ, 軒昂たるを, 輕さ其處から, 輝いた皮膚滑, 迷ひで一と, 通つた舞臺を, 進まないの, 進まない口, 運の, 過ちの, 違つた人間だ, 遠くなつた, 重々しさ, 重みを, 鋭きを, 長い家探し, 長い響き, 長さ, 間に, 附かない人間, 附かぬ倦怠, 附く時, 隨伴者と, 青藍色, 靜養者だ, 頭腦に, 類別法診, 飛動せる, 騰るをも, 骨に, 體驗である, 高い土瓶, 高い谷, 鳥の

▼ 氣~ (2568, 12.1%)

243 なつた 120 して 79 なりました 53 なつて 35 入つた 34 なるの 33 入つて 21 なる, なること, 入りの 19 しながら 15 なつたんだ, なります 14 喰は 12 なると 11 なつたんで, 入つたの, 入らないこと 10 なれなかつた 9 しないで, なりますが 8 なつたら, なつたんだらう, なるかも, なるもの, なれない, なれば, 入るやう 7 さへ, ならなかつた, なるぢ, 入らないの, 入らなかつた 6 するやう, する樣子, ならない, 任せて, 入らないん, 入らなかつたの, 入らなくて, 召して 5 するな, なりさ, なる樣子, 入らないと, 罹つて, 觸れ, 觸れた

4 [28件] してを, し乍ら, すること, するの, なって, なつたんです, なりますね, なるから, なるぜ, なるといふ, なるので, はか, 乏しかつ, 入つた人物, 入らないから, 入らなかつたので, 入らなきや, 入りたいと, 入る筈, 包まれて, 對し, 掛つた, 滿ち, 眼を, 見えて, 見て, 言つた, 返つて

3 [39件] しては, するもの, なつたでせう, なつたり, ならぬと, なり, なりながら, なりますよ, なるくら, なるし, なるだらう, なるほど, なるやう, なるよ, なる筈, なれないの, なれなかつたの, まかせて, 中てられ, 入つたら, 入らうと, 入らない, 入らないところ, 入らない事, 入らぬこと, 入らぬ事, 喰はん, 大人の, 感じては, 掛けて, 滿てる, 笑ふ, 襲はれ, 見えた, 觸れる, 關する, 響いて, 食は, 驅られ

2 [148件] あたつた, いつて, いりの, お遊び, かけないやう, かけなかつた, この河内路, さはつ, しい, したこと, したとて, した住侶たち, しちや, しても, しなかつた, しませうかと, し先生, する, するから, すると, するとは, するほど, するん, する樣, つ, つれて, なつたらう, なつたらしい, なつてる, ならうと, ならはつたん, ならば, なられたの, なられたら何, なりつ, なりて, なりましたね, なりません, なりませんか, なりませんよ, なりや, なり不愉快, なり出した, なるか, なるが, なるでせう, なるほどの, なるわけ, なる事, なる位, なる樣, なる風, なれないよ, はたへられない, ひびいた, ふれて, もとめなかつたが, よりて, らねえ, 乘せられた, 乘る, 云つた, 云ふ, 人氣が, 似合ぬ, 俯向い, 入つ, 入つたこと, 入つたところ, 入つたもの, 入つたやう, 入つた樣子, 入つた男, 入つた相手, 入らないか, 入らないといふ, 入らない一囘, 入らない樣子, 入らなかつた樣子, 入らぬと, 入らぬ奴, 入らぬ妻, 入らねえ, 入らねえよ, 入られて, 入らんの, 入りさ, 入りしを, 入りたいため, 入るか, 入るかなと, 入ること, 入るため, 入るだらうと, 入るの, 入るも, 入るやう一切, 入る家, 入る樣, 召すやう, 向けば, 向つて, 向ひた, 喰はんから, 喰はんと, 基ゐする, 大鳥神社の, 就ての, 御返事を, 復り, 感じて, 感服する, 懸つて來, 懸ツ, 成つた, 成つて仕方が, 成ると, 成る奴, 掛かつ, 掛かつて, 暮して, 染みて, 氣が, 漲つて, 瀕し, 私を, 立つて, 笑つた, 罹つた, 罹つたの, 考へ, 脅かされて, 自分の, 見えるの, 詰らない事, 近い感情, 逆らつても, 逆らは, 違ひない, 適ふた人に, 適ツた, 障りましたの, 障ること, 頭を, 顏のみ, 顏を, 飛んで, 驅られた

1 [1073件 抜粋] あかあかと, いたづら, いつたの, いと, いらず姉, いらなかつた, いらぬ者, いるひと, うけとれなかつたが, うんちくを, おもしろく我が, お月樣, お駒, かう言, かかりながらも, かかる, かかるの, かかるやう, かけずからだ, かけず或は, かけたり, かけないの, かけながら, かけぬ男, かけるの, かこつけられちや, きちん, こちらの, この奇蹟, さうし, させたの, させること, さはり, されて, しいしい笑つて, した, したしみ, したやう, した多勢, しだすと, しつつ, してさ, しとけば, しないと, しなかつたので, しなくなり多く, しますね, しやしなかったに, し一切, すうと, すまして, するこれ, するなよ, するにも, するより, する俗, する書, する私, する風, せぬので, その作用, その同じ立場, その曲り角, それを, た, ぢかに, つけた日記, つたか, つとめて叔父, とび, とめても, とめよう, どこへ, なさらないで, なさるん, なぞなる, なったに, なったん, なってるん, なつたらしく, なつたら忍ん, なつたんぢあ, なつちまう, なにか, ならずに, ならないぢ, ならないと, ならないので, ならない者, ならなかつたが, ならなかつたの, ならなくなつ, ならなくも, なられた相, なりいよいよ, なりお通夜, なりかけて, なりすぎます, なりだした, なりは, なりましたよ, なりますぞ, なりますやろ, なりませんぜ, なりませんので, なりやが, なりバツク, なり三氣, なり假親, なり出したと, なり出したので, なり前, なり待て, なり意地惡さうに義雄, なり早く, なり物云ひも目, なり第, なり自分, なり訪ねて, なるかと, なるつもり, なるであろうこと, なるな, なるなんて, なるには, なるも, なるやうぢ, なるらしくしきりに, なるらしく平次, なる人達, なる位心悸, なる前後, なる品物, なる手前ぢ, なる程, なる素振り, なる限り, なれ, なれずまた, なれないし, なれないだらうよ, なれないので, なれないん, なれない此心, なれない錢形, なれません, なれませんよ, なれるか, はなつたが, ひ, ふかし彼, ふくれて, ふれた時, ぶしょう, ぶら下げた動物學, まじる雨氣, みえて, みんなが, もとめて, もとめなかつたん, やむこと, ゆつ, よくなれる, ジーンと, ヒヾでも, 一生懸命に, 下唇, 下駄を, 中てられた, 主人の, 之か, 之く, 乏しい慾氣, 乘つた, 乘つてゐる, 乾ききつ, 二階へ, 五本指で, 人間の, 仕上げること, 付ける傾がある, 伴なつて, 佐渡屋の, 何處か, 依るもの, 俯向いた, 倚子から, 傾けた顏, 働いて, 充ちた主人, 充ちた青々, 充ち溢れてを, 充ち軒下, 光つて居る, 入って, 入つたひと, 入つた三杉, 入つた女房, 入つた寫眞, 入つた本, 入つた清太郎, 入つた花, 入つた言葉, 入つてん, 入つて云ふた, 入らずば, 入らず獻立, 入らないかね, 入らないさ, 入らないね, 入らないやう, 入らないわ, 入らない八五郎, 入らなかつたかも, 入らなかつたやう, 入らなかつたらしい不心得, 入らなきア, 入らなくつて, 入らなく思はせた, 入らぬかも, 入らぬそれでは, 入らぬ嫁, 入らねえこと, 入らねえケチ兵衞, 入らねえ奴, 入らねえ馬鹿野郎ツ, 入られたか, 入られまた, 入らんが, 入りかういふ高原, 入りたや, 入りたれば, 入りだつか, 入りだと, 入りで容易, 入りで若, 入りなの, 入りまして, 入りません, 入りませんかね, 入りやんし, 入り或は, 入る, 入るだらうとは, 入るべし, 入るやう氣, 入るわけ, 入ろうと, 全吉原, 公正に, 冷えきつて, 出て, 判るやう, 力を, 包まれた中, 十二文の, 卓上に, 及ぼすもの, 反對, 取つかれて, 取られたが, 取り憑かれて, 古典主義の, 叫んだの, 召したさ, 召したもの, 召した女子, 召しまして, 召しませんか, 召すで, 可愛い手紙, 合つた二三首を, 合ふ, 向いた時, 向きたる時, 吹かれちるを, 呶鳴つた, 呼吸する, 喋り立てる, 喰はんたつ, 嘯くやう, 囃し立てるの, 坂を, 垂れさ, 堪へなかつた, 墮し, 壁の, 壓迫され, 外に, 多く充ち, 夫から, 嫁の, 家の, 富む殆どクラシック的, 富んだ人氣作家, 實行した, 尋ねた, 少し當, 山谷の, 岡つ, 干した, 弄ばれて, 引つ切つたこと, 影響され, 後家を, 復つた事が, 微笑し, 心安きを, 忙が, 快味, 怒つて, 思はず鼻, 思ひいまいましく, 恐れて, 恰も何者, 惡いんだ, 意識され, 感ずと, 憶えて, 懸けて, 懸らぬでは, 成つたつて餘程でなくつ, 成つて, 成つても, 成つて勉強を, 成つて耐えられぬ, 成りましたよ, 成り三十六年十二月十四日, 成れない, 手を, 打たれたかの, 打たれた彼, 打たれて, 打ち込んだの, 投じて, 押しあげられて, 拘はるから, 拵へて, 振舞つてました, 掛, 掛つて居た, 掛つて用の, 掛る, 描かれて, 新らしい, 於ては, 暗んで, 暮らして, 書き上げて, 最う涙ぐん, 會つた蛙の, 板橋に, 染まないといふ, 染まぬ嫁, 染む筈, 橋の, 欲を, 止めないほど, 此一段の, 此状を, 歩行き出す, 歸る, 殺して, 比しては, 比すれば, 氣息の, 水を, 泛んで, 流石の, 浮調子と, 浸つて, 混つて鼻に, 溢れたる, 滔々百萬言を, 漂よ, 漉して, 激し, 濟ま, 瀰漫し, 燃えて, 父にも, 犯されて, 玄竹の, 現場に, 留めずそこ, 留めて, 留めなかつたの, 畫の, 當つてお, 疑は, 病むなんて, 病む人氣俳優, 病んで, 登つて行く, 皺が, 目白への, 相違なかつたらう, 眠つたことも, 私と, 突き切る事, 立ち, 立つく, 童男型であり, 笑ひぬ, 筋違ひ, 籠つて少し, 糠が, 網を, 織りました, 續け, 置去りに, 罹つたといふ, 罹つた事, 罹つて家, 罹らせもしくは, 罹りなすつたので, 罹ること, 罹るので, 考へちや, 考へんか, 聞いた, 聞くなよ, 腰を, 自覺, 至るまでを, 舌打ちし, 良い藥, 色を, 茂つた山梔子の, 落着い, 蝕まれて, 裏へ, 襲はれた, 襲われつ, 見えた春枝夫人, 見える筈, 見ながら, 見詰めるの, 解決する, 觸つてお, 觸つて揶揄ふか冷かす, 觸る, 言ふ, 話して, 話すやう, 語つて人々と共に, 語るので, 論究する, 議論を, 讀み了, 讀み終つた, 讀書といふ, 變つた豐川鐵道で, 變り, 負けた, 負ふべき, 跪坐たるに, 踏み固められて, 近い夢, 返つたが, 返れずに, 逃げようと, 進み寄る, 遊んだ吾等兩人, 過ぎないん, 遣付ける事, 適は, 還つたり, 還ると, 邪魔され, 醉つ, 鋭い刄物, 長閑な, 閉塞され, 關聯した, 限つて美術音樂によ, 隔てら, 障つたらしく, 障つたら勘辨, 障りました, 障りませんなら, 隨ひもする, 震へて, 面の, 響き渡つた, 響くの, 顏の, 顫え, 飛びました, 飛んだこと, 飛越え, 食ふこ, 食事を, 飮むべし, 馴染んで, 驅けて, 驚いて, 高く超越, 鬱した室内, 鳥越の

▼ 氣~ (2146, 10.1%)

108 つけて 34 揉んで 31 出して 28 取られて 24 付けて 20 つけろ 16 とられて 15 附けて 14 取直して 12 して 11 引いて 10 利かして, 惡くし 8 きかして, 含んで, 腐らして 7 つけるが, 入れて, 取り直して, 吸ひ, 呼吸し, 起して, 透して 6 つけること, つけるやう, 感じた, 持つて, 率ゐ, 確かに, 變へて, 集めて, 鼓し, 鼓舞し 5 つけるん, つけろよ, もつて, 兼ねて, 吸つた, 生ずる, 直して, 起した, 鼓舞する

4 [18件] つけなければ, つけろと, よくし, 付けろ, 保つて, 勵まして, 吐いて, 呼吸する, 囘復し, 帥ゐ, 揃へて, 有たなかつた, 望んで, 生じて, 發散し, 直せ, 落着けて, 起しちや

3 [35件] おつけ, お附けなさい, つくれば, つけ, つけると, ぬるみ, 付けるがい, 取り戻して, 取り直した, 取戻しました, 受けて, 含んだ風, 喪な, 失つ, 失つた, 失ひました, 帶びて居る, 得た, 得て, 恢復し, 恢復した, 揉みながら, 有して, 立てて, 與へ, 落ちつけて, 落つけて, 許して, 負ひ, 配りながら, 鎭めて, 附けないと, 靜めて, 順當に, 養ふ

2 [135件] いたしたこと, うけて, かね父, さらつてゐた, したり, た, つくりて, つくるに, つけさ, つけた, つけてね, つけながら, つけなくつちや, つけます, つけや, つけるの, つける何, つけろツ, つけろ曲者, はかりて, ひいて, ふくんだ風, ふるつて, まぎらそうと, もんだ, もんで, ゆるして, よそほひ, 亂し, 付けないと, 付けや, 使ふ, 全身に, 兼ねながら, 切つた, 利かせて, 利かせれば, 劈いて, 動かす, 占ふ, 取すて, 取戻して, 含んだ聲, 含んだ顏, 吸うて, 吸つて, 吸は, 吸ひ込んだ, 吸ツて, 呑まれし, 呼んで, 喪つ, 喪つた, 喪つてし, 回復した, 壓する, 大きく持つ, 失つた顏は, 失つてし, 失はずして, 失ひて, 失ひましたが, 奪はれ, 奮ひ, 奮ひ起した, 帶びてゐた, 帶びてをりました, 帶ぶる, 廻して, 引いた, 強めて, 惡く, 惡くしたり, 拔かれ, 拔き, 持續し得る, 振つて, 振は, 振ひ起して, 揉み乍ら, 揉む, 揉んだ, 揉んだこと, 換へ, 換へて, 搖る, 撒き散らします, 放つて, 晴らすは, 樂に, 消して, 深めた, 滿た, 漏洩する, 焦つて, 生ずるもの, 生ずる場合, 生ぜしむる, 生ぜしむる傾, 生ぜしむる場合, 用ひ, 病んで, 發し, 確乎と, 立て, 紛らせるやう, 聞かせないか, 腐らせて, 致すもの, 與へる, 苦に, 落さない方, 落して, 落すな, 裝うて, 裝ふ, 見ると, 見るやう, 覺え, 誘發されるで有らう, 誘發する, 變へ, 買つてくんな, 起さしむるもの, 起させた, 起したの, 轉じ, 過泄, 遣ひながら, 配つ, 配り乍ら, 附ければ, 顫は, 養は, 點けて

1 [1188件 抜粋] あたりに, あふつ, いふなよ, いら, うねり, おこした, おつけな, お云, お使, お附, かき立てられたので, かくして默つて勞, からだに, きかせて, くじくべきに, くばりながら, くばるの, こいて, こらへて, さへ, さらつたと, さらつて何千人と, さらふこ, した事, しつかり持て, してから, しないの, しやんと, すつかり險惡, すふ, すると, せられたり, そぎ悲しませる追憶, そろへて, たてて, つかつて, つかふ性, つけさせないの, つけたの, つけたんで, つけた積り, つけてを, つけなきや, つけなさい, つけなすつて, つけねえか, つけますよう, つけやんせう, つけよ側, つける, つけるだらう, つけるべ, つけるン, つける樣, つけろつて, つけろ八, つけろ火鉢, つけツ放し, つけ特に, つけ遊ばし, つゆも, とめないで, とられた形, とられる例, とりもどしあた, とり直して, どんなに恐れはじめる, なぐさめて, のみ張るの, はつきりと, ひかれた, ひねつてから, ふくんだ叩きつけるやう, ふくんだ茸, ふるはせて, ふるひ神田明神下, まぎらしたいと, まぎらすため, まつ暗, みせない彼女, もたせて, もたないこと, もて, もと, もみも, もみ給, もんでを, ゆたかに, ゆるしては, よくもし, よそひ, わけわが, ゾツと, 一と, 一ぱいに, 一杯に, 一紀と, 一變せん, 亂る, 云はずに, 人先に, 付けさして, 付けた彌生, 付けなければ, 付けましたが, 付けること, 付けるやう, 付けろと, 付けろ間拔, 付ケ, 休めずに, 何處かへ, 作つて居る, 併せ力, 使はずに, 使ひ過ぎ, 侯する, 保たんと, 保ちて, 保つに, 保證する, 借りるだけ, 傳へて, 僕の, 入れたやう, 入れ換, 全く排除, 其の方, 其の赤く, 兼ねたらしくもと, 兼ねるらしい状, 冷たくしつ, 出されること, 出したもん, 出し智慧, 出すな, 出す氣遣, 分けて, 利かしたつもり, 利かせたやう, 助けたりき, 動かし去つた, 勵まし, 匂はせ, 十分に, 博すること, 卷いて, 取つて, 取られたので, 取られちや, 取られる筈, 取り直, 取り直し扉, 取ること, 取入れること, 取戻しましたが, 取直したとき, 取直すと, 受けとめて, 吐いた者, 吐き才, 吐くもの, 吐く令室, 吐けりこの, 含みました, 含んだ大きい, 含んだ眞, 吸う爲, 吸し, 吸つてる, 吸つて温順に, 吸つて雪の, 吸ふ, 吹き入れむ, 吹き立たして, 吹つ掛け, 吻と, 告げ合つて, 呑まれた莊公, 呑むを, 呪つた, 呼びおこす, 呼び寄せる樣, 呼吸しよう, 問はう, 喪つたらしい, 喪つた眞似, 喪つてそんな, 喪つて倒れ, 喪つて居る, 喪つて清潔さそのものでした, 嗅いだこと, 嗅ぎながら, 噴出する, 囘復させる, 回して, 土藏から, 増すこと百藥, 壯に, 大きくし, 失つたのだ, 失つた唇は, 失つた肉體が, 失つた軍隊が, 失つてどう, 失つても, 失つてウヤムヤの, 失つて仰向けにぶ, 失つて居ります, 失つて横にな, 失つて青白く, 失はず寄せ來, 失ひかけた, 失ひさらに, 失ひ申した, 失ふ位, 失へる, 失ツた, 奪はれた, 奮つて, 好み多事, 好む茄子, 嫌ふ, 學理としては, 定むといひ, 宿し怨み, 察したせい, 察する事, 尊重する, 岩山の, 帥ゐる, 帶びたる詞鞘を, 帶びた噴煙を, 帶びた筆を通して, 帶びた頬が, 帶びてその質量は, 帶びてゐる, 帶びてゐるのを青六村長を, 帶びて勢ひよくすら, 帶びて水利總代長の, 帶びて薄く, 帶びて頬は, 帶び耳敏く, 帶んで, 底に, 廻します, 廻しやがる, 廻すん, 引きあひ生じ合, 引き立て其氣組, 引くとい, 引くを, 引立てようと, 弛めるとき, 張つて何事にも, 張つて私は, 張らしむる拂曉, 張り詰めたん, 張る, 張る氣, 彼に, 得たばかり, 得更に, 心配し, 忘れましたか, 怖れる, 急に, 恢復する, 惡くさ, 惡くして, 惡くなさらない, 想ひ, 惹き起してまでも, 感じて, 感じながら, 感じ熔岩塊, 愼重に, 手頼りに, 折られた, 抱いてる, 押鎭めやうと, 拔い, 拔く, 持たせたところ, 持たせる爲め, 持たなければ, 持つたが, 持つた作品, 持續する, 挫いた, 挫かれた, 挫くに足る, 振りおこし, 振動せしめた, 振蕩, 捨てない二人, 探りしに, 揉ませてを, 揉ませること, 揉ませ乍ら, 揉み, 揉みますが, 揉むこと, 揉むの, 揉むん, 揉んだくら, 揉んでるぢ, 提さげ, 損ずまいとして, 搖り動かし, 攪亂した, 放つだらう, 散じたの, 散らして, 早く直せ, 書物に, 最後に, 有する人, 柔に, 棄つる, 構成する, 止めずソフア, 死定, 母氣と, 求めは, 沮喪させ, 治して, 泄らし, 注ぎ, 洗ひ落したい, 洩すまいと, 洩らす事, 浮き立たせました, 浴びた如く青白い, 消した, 消した暗い, 涵養し, 添へ, 清めよう, 渫ひ, 湛へて, 滿たしめ, 潮氣と, 焚くといふ, 無理に, 焦燥ち, 煉りて, 煩つて衝心を, 爭つて居た, 爽かに, 獨り, 率ゐる, 生じたため, 生じ少から, 生ずるに, 生ずる理, 生ぜしむるといふことも, 生ぜしむるとは云, 生ぜしめざる時, 生ぜしめたの, 生涯忘れる, 留めた樣子, 留めなかつた, 疲らせて, 病んだの, 癒して, 癒す爲め, 發する, 發散させ, 皷舞した, 直さないと, 直すこと, 看護ると, 眼元に, 知つて居る, 知ること, 破つて山, 確固に, 示す, 移しさ, 移すが, 稀薄に, 積んで, 立てずに, 立ててや, 籠めて, 粧ふとし, 紛らして, 紛らせようと, 緩めやうもの, 置きながら, 考へ察し, 耗し, 聯想する, 背負つて居た, 胸中に, 脊負つて立つた, 脱れた, 腐らした氣味, 腐らし朝鮮京城, 腐らせ少し, 致さしめ其の, 致すを, 與へて, 興し六壺, 苛, 苦慮する, 萎し, 落さぬよう, 落したものぢ, 落しては, 落すこと, 落ちつかせた, 落ち付けさせる爲め, 落付ける, 落着けるがい, 落著ける, 薫蒸する, 衷に, 裝は, 要す, 見せたが, 見せる, 見に, 見出すが, 見舞ふために, 見越して, 觀る, 言ひ, 許した久吉, 訴へ, 診に, 試みて, 誘發される, 誘起し, 説いた其の, 説かぬ者, 説き金氣土氣木氣等, 論ずるもの, 豫期した, 負かして, 貫いて, 賦し, 起させそれから, 起さないで, 起したこと, 起しはせないかといふ, 起し易い, 起すなよ, 足に, 輕くし, 轉ずるに, 轟かして, 迎へて, 送つて, 透す日光, 逸ませなかつた, 避ける爲, 配つてきつ, 配つて下さる, 配つて居た, 配つて居るらしく, 配つて見ました, 配られたもの, 配りました, 配り注意, 配ると, 醒まして, 醫者に, 釀し出した, 重ねるでも, 銷耗し, 鎭めなく, 防ぐ爲, 附けちやあゐた, 附けなくちや, 附けなければ, 附けねえぢ, 附ける, 附けるに, 附ける位, 附けろい, 附けんぢ, 除き可, 隔離した, 集めた, 離れた好奇心, 震は, 靜める, 頼み押し寄, 顧みて, 風で, 食ふとい, 飽く迄ふり起せ, 養へる, 驅逐する, 高く貫いた, 鼓す, 鼓吹し, 鼓舞ようと

▼ 氣~ (919, 4.3%)

36 あつた 11 せう 9 やつて, 寢て 7 ゐるから, ゐるの 6 やつた 5 ゐやがる, 事に, 來た, 居やがる 4 あつて, それを, ゐて, ゐるん, 事を, 床の

3 [12件] ゐたの, 云つた, 居りました, 居るん, 明けつ放しで, 暮して, 死んで, 爲す, 自分の, 言つてゐる, 言ふ, 附き合

2 [45件] あつたの, お轉婆, せうね, その上, ちよいと, ね, もつて, ゐますよ, ゐられる, ゐると, ゐるやう, 云つ, 人の, 仕事が, 以て, 仰しやりますか, 何處でも, 働けなくな, 出かけたの, 出て, 受けて, 困る, 學校を, 安心し, 居たの, 居ります, 居る, 居るの, 居るので, 手が, 死んだの, 無かつ, 狡猾で, 碁を, 私に, 而も, 臆病で, 藝術に, 見て, 見る事, 言葉を, 謂ツて, 贅澤な, 身動きも, 返事を

1 [664件 抜粋] あつしが, あつたらう, あて等に, あなたは, あの屋敷, あらう, あらうか, あらうが, あんなおや, い, いきなり腰, いた, いたけれども, いたの, いつぱいになつて, いて, います, いらいらし, いらしたの, いるという, うごいて, うぶで, おとなしい方, お侠な, お勝手口, お在, お染, お秀さん, お萬さん, お鈴, お鳥, か, がらんとして, ぐづ, ぐツすり眠つてを, こ, この二三日, この力仕事, この東京, この風呂場, これから澤山樂, これが, こんな所, こんな細工, さうかと思つて, さうだつ, さうぢ, さう云, さう云つて口, さう信ずる樣, させて, さへも, さらつたのなら, しかもきわめて, しに, しよう, すぐ地主, すべての, するの, するもの, せうえ, そう仰し, そのま, その代理, その友人, その妹, それから戌刻半, それどころでなかつた, それまで, そんなこと, そんな事, そんな歌, ついた美しい, つとまらないから, でも, ともすれば吾, どちらかと, なさらないん, ねて, はしご段を, はじめから, ばつたり, ぴんぴんし, ふるへて, ぶつぶつと, また思ツたより, また華やか, もちが, やりましたが, やり通して, やれば, やれる奴, ゆつ, ゐさ, ゐた, ゐたいなら固定, ゐたか, ゐたらうと, ゐたん, ゐた事, ゐた時, ゐなくては, ゐましたがいざとなつて石見銀山, ゐます, ゐようとしても, ゐら, ゐるがい, ゐること, ゐるだらうが, ゐるに, ゐるらしい, ゐるんぢ, ゐる八五郎, ゐる時, ゐる林三郎, ゐる程, ゐる空想家, ゐる見識, カッと, ガラガラし, ガランとしてを, スタスタと, ズルクて, ナターリヤ・ヴァシーリエヴナに, パーヴェル・パーヴロヴィチに, ブラブラし, ムンと, 一パイさ, 一口で, 一層暗, 一杯屑の, 一氣百變し, 一生を, 三日ばかり, 三日前に, 上の, 上野へ, 下着一つで, 不氣味, 世の中が, 中の, 主人を, 乘込んだ, 乞食に, 事物に, 二年越し, 二杯も, 云つてゐる, 云ひ足した, 云ふ, 亡くなって, 交際つて行く, 人を, 人並みに, 人間を, 仆れ, 仆れた, 仇つ, 今の, 今まで, 仕事の, 何さ, 何となく固く, 何も, 何時より, 何處からが, 作つて佳い, 來たんぢや, 俗惡な, 俳諧にばかり, 値うちの, 健全に, 働いて, 働きますよ, 働くもの, 優しいお, 入つたもの, 入つた者, 入りびたつてゐた, 兩の, 八五郎親分と, 其のまま其處, 出かけると, 出しや, 出られなかつたので, 出掛けた, 出獄し得た, 利口で, 剛情で, 力が, 努力し, 動かされるの, 動けないか, 動けないの, 十人ほどの, 十手捕, 十風は, 原を, 厭世的に, 反對, 受け流して, 受入れて, 口の, 可愛らしい女房ぶり, 吉三郎を, 名を, 向うへ, 向う見ずで, 吹聴した, 唯遺失, 善良で, 喧嘩強, 四ツ五ツ若, 困つてるよつて金, 困らうなどと, 困るん, 地を, 堅實で, 夜なかに, 大きな顏, 大に, 大一番, 大威張, 夫婦に, 失敬する, 女の, 如才なく, 如此煩瑣な, 姪に, 威勢が, 子供の, 安ツ, 家族は, 寢こん, 寢る, 寢込ん, 寢込んでしまつ, 對屋で, 小さい聲, 小さな時計臺, 小磯扇次を, 少々は, 尤も十年くら, 尻はしより, 局に, 居させる事, 居たが, 居たに, 居たらう, 居た專次, 居て, 居ても, 居ましたよ, 居ますが, 居られない, 居られるもん, 居られる奴, 居られる樣, 居るから, 居るなら逢, 居るやう, 居れ, 居れたの, 居れる自分, 巧な, 常に警戒, 平次は, 序の, 座右の銘に, 庭は, 弟の, 弱つた, 弱つて, 張り上げて, 強かで, 彌生は, 彼と, 彼の, 彼女の, 從事する, 御主人, 微笑し, 心配した, 忠實で, 思つてる, 怠けるといふ, 性根が, 息が, 息苦しくな, 恰幅の, 惡るい方へばかり, 惱む時だ, 感應する, 慾が, 成功した, 我等は, 戻つて, 手傳つて二の, 手摺りにも, 手輕に, 手離し, 批評を, 承知する, 折柄くれかけた, 持堪へた, 振り立てて, 捨てられた若い, 握りしめたん, 握り返し, 損ばかり, 教室が, 斃れた, 文章が, 日が, 日本晴と, 早口に, 明るい街, 春の, 春氣は, 暫く引き, 暮したの, 曲つた顏を, 最も長, 會えん, 會へ, 有り得ること, 有り得るとしても, 有る, 杖に, 東京語發音化する, 松井町の, 枯草乾柴の, 柔しく, 柔和な, 櫻屋へ, 歐羅巴を, 正直で, 歩ばつし, 歸つて居ります, 死ぬとき, 死ねば, 死んだ, 死んだか, 死んだん, 死んだ樣, 死んだ死骸, 死んだ馬, 殺さないとは, 殿の, 毛布の, 氣を, 汚れて, 江島屋に, 沸いて, 沸くの, 活動好きな, 浮き浮きした, 淋しく愁ら, 深川へ, 溌剌としてを, 滅法綺麗, 滑稽的である, 澄みきつた空, 濟し, 濡れた砂, 無表情な, 無邪氣, 然しまた, 爲さる, 爲た, 父親の, 片足を, 狐狸の, 狙つたのなら, 猛烈で, 獨り, 玩具でも, 生きて, 用意した, 甲府か, 男に, 男の, 界隈の, 當に, 病人を, 病院へ, 癇の, 發する, 白々しい出たら, 相手を, 眞白な, 眞面目に, 眺められたら若い, 眼の, 知りたい氣持, 石段の, 砂利詰の, 碇床から, 社村に, 祝言が, 祝言も, 私の, 笑顏を, 笛の, 精, 紙入なんか, 素手で, 細工を, 結構です, 練り固めた正直者, 美しいの, 習慣に, 考へたの, 考へてる, 聽く, 肌に, 脱がなかつた下駄, 腹を, 臆病だ, 臆病な, 臍繰, 臥せて, 自分が, 自分を, 自宅に, 自宅には, 舞臺へ, 色つ, 若々しく, 苦蟲を, 菊の, 蒸すやう, 行かれると, 行くこと, 行つ, 行つてゐる, 行つて見る, 行倒れに, 見ては, 見とれて, 見られるやう, 見る影, 見當掛, 親切で, 解釋し, 言つた, 言つてゐた, 言ひ, 言ひきれる, 訊いた, 記者は, 診て, 話して, 語るあたり, 説明し, 誰にでも, 讀むの, 負け嫌ひである, 貧乏だ, 買手が, 賑やかな, 賣れ殘つた札, 足の, 足腰が, 路の, 身を, 身體が, 身體の, 退院の, 逆に, 這入つて, 逝くな, 過して, 遣りつけて, 適當な, 那, 部屋の, 醜男だ, 鉢卷を, 銃を, 鐵工所へ, 附き合つて, 陸へ, 隙を, 雜沓の, 露は, 青い剃, 青白くて, 靜かな, 非社交的, 面白さうに笑, 面白半分, 風も, 飛び出して, 飛んで, 飛んでも, 食用した, 飮み, 高野豆腐を, 鼻穴が

▼ 氣~ (733, 3.5%)

14 ないか 10 なかつた, ひを 9 ない 8 無かつ 6 なかつたの 5 しなかつた, 少しも 4 どうだ, ないと, ひが, ひに, 出なかつた, 澄んで, 無いの, 確かだ 3 あつた, ありません, ありませんが, すつかり, するが, ないが, ないの, 他の, 水の

2 [44件] ありませんか, あれど, いが, おあり, おのづか, さつぱりと, しない, それである, ないかと, ないので, ないん, なか, なかつたが, なかつたん, なくても, なくなつ, ひがして, ひもありません, 七つ八つより, 乾燥し, 付きますまい唯, 吐くなと, 善惡を, 大したもの, 大して重く, 大變, 子氣, 實に, 尚針, 微塵も, 愈, 挫けて, 散る氣, 次第に凝り成し, 毛頭なかつた, 無いか, 無いが, 無いよう, 無論なかつた, 牽かれなかつた郎女, 相變ら, 肌に, 衰へ, 陰影を

1 [519件 抜粋] あつた人, あまりにお, ありますが, ありませんかと, ありませんでした, ありませんよ, あるな, あるまい, ある酒, いかなる犧牲, いつの間にか又, いつも冷え, いつも陰鬱, いと高く, いやだ, いや益, いよいよ衰, いを, えいな, お前より, お安, かなり以前, きかないが, こころです, こつちで辛抱強く, ございません, さすがに, しじゆう圓層, しつとり, しても, しないで, しないので, しないよう, しなかった, しなかつたやう, しなくなつ, しませんか, しませんがね, しませんでした, しませんでしたが, しんめり, すつかりなくな, すつかり治し, すでに二階, するけれど, するし, そこにと, その後上京し, その相間, その蜂, その頃, それほど進ん, それ以上に, た, だが, だん, ちつとも, ちやんと, ついたが, つきませんよ, つけて, つよく學士人, づかしくな, とてもなかつた, どうかと, どうだい, どんどん進ん, どんなだ, どんなであらう, どんなの, ないから, ないこと, ないだらうね, ないに, ないやう, なかった, なかつたかも, なかつたに, なかつた筈, なかなかなほらなかつた, なく且つ, なく凡そ, なく降參, なほ更ら出まい, なほ生である, ねえが, ねえよ, はがねの, はびこるばかり, ひそつ, ひだつた, ひであつ, ひどい, ひは, ひもしない, ひも見えず, ひ運搬車, ほとほと我慢, ほろ醉ひ, ますます濃く, ますます青く, まだまだ平, まだ全治, まだ冷, まだ温く, まだ輕, まづ大丈夫, まるで煙, まるで硫黄, むかし李夫人の, もういい, もうこの, もうよい, もう幾ら, もう癒つたの, もたないし, もとよりなく, もめども, よいし, よくない, よく廻ります, よし, よし御用, わがいへる, オホツク海から, チットも, チブスでは, ニセでなく, 一切惡氣の, 一層強く, 一層旅, 一層開發, 一新し, 一時性で, 一時性である, 一瞬に, 一笑に, 一處不動の, 丁人の, 七の, 三味線でも, 三年も, 上々春は, 上下の, 上昇する, 下降する, 不思議に, 不經濟, 不調和ぢや, 世を, 世界を, 中風で, 乙人の, 亂る, 亂れる, 二ヶ月あまりで, 些程も, 亡命太子に, 人の, 人より, 人間馴れ, 今の, 今も, 今度が, 今日は, 以て, 何か, 何だい, 何も, 何んで, 何人の, 何時からと, 何病氣な, 何處までも, 何處迄も, 俺に, 健康の, 偶然の, 元は, 元氣, 先づこ, 先づ面を, 光明に, 全くさめ, 全くそこ, 全く失せ, 全く清澄透明, 全く無くなつ, 全身に, 兩國の, 八五郎や, 其の指す, 其の未だ, 其の正反, 其の色, 冷え方, 冷か, 冷たかつた, 凝る氣, 出ずかと, 出氣, 別に, 利いて, 到底あらう, 到底堪へ得ない, 加速度で, 動顛し, 勿論見極める, 十二分に, 卒中といふ, 即ち, 即ち其の物, 即ち物, 即ち香臭, 即ち鬯氣, 又妖婦, 只管に, 各, 向ふところ, 吾が向, 吾人を, 哀と, 唯彌が, 單に, 四肢の, 地上の, 地殼に, 堪へられないけれど, 増加し, 壯と, 多くなる, 大したこと, 大した事, 大なれ, 大に, 大丈夫かしら, 大層な, 大部分, 天台の, 天地の, 好くても, 如何で, 如何に, 妙に, 妾が, 子どもの, 子に, 宜しからぬ, 家の, 容易に, 寒いと, 實際で, 實際の, 寸時も, 少く漸く, 少年の, 屈しは, 山氣日夕佳なり, 川上の, 已むを, 常に林, 常に爽やか, 年増にも, 幾分開發, 店, 店藏ばかりに, 弛む氣, 弛んで, 張つて來る, 張らざるを, 張り暮, 張る氣, 強猛, 彼等の, 復純なる, 心から人間, 急きますし, 急激性肺勞と, 性慾並びに, 怪しく沈ん, 恐らく外, 恐ろしい不安, 恐ろしい勢, 恰も本, 惡くな, 惡し, 惡徳だ, 惡氣では, 愛す可, 愛夏氣は, 感じたか, 感じられなかつた, 感服せざる, 我を, 我顱頂の, 或は凝り, 或は澄む, 所謂凡常の, 打抛つて, 扨置き, 拔けね, 持つて, 持病だ, 持續性であり, 散り亂, 散るの, 既に滿, 既に竭, 既に過去, 日を, 日一日と, 日増しに惡, 日毎に, 昂, 明らかに, 春ながら, 普通の, 暖かに, 暗多く嵐氣, 暢氣者の, 暫くし, 暴なり, 曇り芝生, 更にない, 更に出なかつた, 朝つ, 朝に, 未だ衰, 本より, 樂, 樂秋氣は, 次第に乾燥, 次第に晴れ, 次第に硬, 正に此, 此が, 此の, 死氣である, 比較的に, 比較的發達, 毛頭ありやしません, 毛頭ない, 毛頭ないわ, 毛頭ねえ, 毛頭無, 氣です, 水分に, 氷冽石貞で, 江戸中の, 決して輕, 沈着か, 治つた, 治らぬと, 浮, 浮動し, 浮氣の, 深川勇み, 混濁し, 清く澄ん, 清澄に, 温順し, 滅入り茫然, 漁村の, 漲り來, 漸くその, 漸く弛む, 漸く生じ, 漸く駁氣, 澄みきつて, 澄み切つて, 濃く熱くのみなり, 濕つて空には, 濕氣を, 瀾一瀾に, 無い, 無いらしい, 無い樣子, 無くして, 無くなり醉, 無くなるので, 無論起らなかつた, 爲す, 玄白といふまで, 甚だしく散る, 甚だしく筆硯皆, 甚だ善い, 甚だ複雜微妙, 生々循環し, 生ずる, 生氣, 甲に, 略似, 番頭の, 病の, 癒つて行きました, 白けると, 皆固, 盛です, 盛んな, 直るまで, 直るもの, 直上し, 眞上なる, 眞實には, 眼の, 矢張り疝癪の, 知れません, 破れ私, 確かか, 確かでも, 確かな, 確かに, 私の, 私を, 科解にも, 竭きる, 箝束的, 紫氣である, 終に或, 結び, 絶えずある程度な, 絶えて, 絶えぬ, 經驗である, 縁起がい, 總てを, 繋げません, 美女の, 翠に, 老葉, 考へると, 耗り, 聾多く, 肺結核, 胸中に, 腹の, 膨張し, 自らに, 至つ, 良いし, 良いん, 若いもの, 若しその, 萎縮し, 萬, 落ちるどころか, 落ち著い, 蒸氣の, 藥氣酒の, 融通無礙の, 血を, 見えず, 見られまいと, 見渡す限, 變に, 變らない, 變移し, 谷間を, 貧しい者達, 赤痢, 起きない, 起りにくい, 輕い, 近頃メキメキと, 透きと, 進まないけれど, 進みませんが, 遂に恢復, 遂に空しく, 遽に, 部屋の, 酒氣毒氣が, 酒臭い, 酢の, 銷沈し, 長じ, 陰陽に, 離れなかつたので, 露ほども, 青上清の, 靜かで, 靜かに, 靜かに一處へ, 非常な, 頗る強い, 頬からも, 頭を, 馥郁として, 馬に, 高くても, 高く升, 鮑照の, 黄ばみ, 黄太清の, 黒く悄然, 黒み薄弱に, 鼠色にて, 鼻汁の, 齒痛と, 龍虎五采を

▼ 氣~ (717, 3.4%)

34 顏を 14 んです 12 ことを, んだ, 男で 10 のだ 8 ものだ, 男でした 7 のか, もので 6 ところが, もんだ, 事を, 男です 5 のが, のは, んだらう, 聲を 4 のを, 袷を, 調子で

3 [13件] ことは, さ, ものである, ものです, 子供の, 心を, 態度を, 樣子を, 男が, 男だ, 笑ひ, 聲で, 顏で

2 [35件] がにと女たち, がに見, の, のである, のに少し, のよ, ものおもしろ可笑しく, ものに, やうです, やうな, んだろう, ホテルの, 人が, 人だ, 又左衞門, 女多い, 奴だ, 娘の, 寢臺から, 形を, 微笑を, 意味に, 所が, 方で, 目を, 眼を, 空氣に, 紛着, 袷の, 記憶を, 話を, 野郎だ, 面を, 顏です, 風を

1 [428件] いやだ, おとなしい十六七, おばあさんを, おふくろだ, お前は, お店者を, お母さんと, かる可, がに待ち給, くせに, くらい出し, くらゐ, ぐさみのつもりだったに違いない, けれど空, ことが, さうし, さだ, さつきの, さは, さを, さを通して, すゝけた古い, せりふが, そのため, その呟き, それで, だけに助かり, つもりで, ところの, ところへ, ところも, ところを, のかね, のだらう, ので, のです, ので友達, ので四五日前病院, ので徃來, ので門番, のと, のにこんな, のよオイラ, の緊張, はなしが, ほしに, ほどの町, ものか, ものだらう, ものであった, ものよ, もの言ひで, もんだらう, もんです, やうで, やつさ, よた, わたしを, をばさん, んぢや, んでせう, んに, カロリイヌが, ガツシリと, ガラツ八は, タミ子の, ヅエルビイヌ奧樣がたへは, プロローグです, 一人が, 一夜坂の, 一女學生は, 一片の, 三十男だ, 三十男でした, 不健康, 事が, 事である, 二本差です, 五人一行の, 人々や, 人ね, 人の, 人相では, 人達でした, 人間かも, 人間が, 人間だ, 人間では, 代物では, 仲間の, 伊達者だ, 伜が, 作りの, 便りが, 信長が, 傲慢さでは, 傳説から, 僕は, 兄イ濡れた, 先入主の, 先生を, 光線に, 兎が, 八五郎が, 六疊です, 勞働者も, 勤めだ, 化物ぢや, 區域だ, 即興詩を, 又六, 口から, 口を, 口調など, 可愛い子供, 可憐な, 同志で, 同情で, 名前が, 向は, 君たちが, 品で, 唱歌が, 商人の, 商人風のが, 問ひ, 單純さを, 單衣を, 單調な, 圓い, 埼坊が, 増長で, 壯健な, 夏彦君を, 大聲, 大膽, 大騷ぎと, 奉公人達の, 女たちに, 女だ, 女と, 女房でした, 女郎衆の, 奴です, 奴に, 奴も, 好奇心といふ, 妹な, 姿, 姿が, 姿に, 娘で, 娘な, 娘は, 子だ, 子で, 子の, 子を, 子供が, 子供だつた, 子供達, 學問が, 室に, 家の, 容子の, 容貌で, 密話に, 寢卷を, 小さな功名心, 小屋を, 小料理屋の, 小母さんが, 小股の, 少し洒落, 少年だつた, 少年の, 山の, 山水の, 巾着切の, 希望の, 師範學校石割櫻で, 年増の, 年増女です, 年寄だ, 幻燈器械は, 床に, 床屋で, 座敷の, 庭へ, 廢墟にな, 張合の, 彌太郎です, 影を, 影法師が, 役者です, 役者は, 彼女たちを, 彼女には, 御武家, 御留守居金山主膳, 微笑が, 微笑み, 心が, 心といふ, 心の, 心持で, 心持を, 性分を, 性格も, 性質で, 恢復した, 恰好ぢや, 惡戲の, 感じです, 感じの, 感じは, 態度で, 所に, 手古奈の, 振袖や, 掛り人の, 政治的鬪爭は, 敬吉どんが, 方だ, 方です, 方ねえ, 方の, 日が, 日本の, 旦那, 時代は, 晝も, 晩には, 景氣の, 暗い師走, 暗い風景, 曉の, 曙光を, 木綿物です, 枯野へ, 柔和さうな, 柔順しい, 植木鉢を, 極り惡氣な, 樓閣にな, 模倣である, 樣子, 樣子が, 樣子で, 樣子の, 横井さんが, 歌でも, 歌聲も, 母の, 氣の, 氣性の, 氣持で, 氣持に, 氣持にな, 水音が, 浮世劇の, 浴衣の, 海の, 淋しい家, 清潔な, 渠を, 澤木君が, 濕つ, 瀟洒した, 火皿が, 爺さんだ, 物ごしの, 物寂しい日, 物言ひ, 犬が, 状を, 狂人高, 獨逸語で, 理由も, 生活に, 男, 男この, 男だつた, 男つ振, 男では, 男で御座います, 男も, 男を, 男前です, 男前も, 男手品も, 町も, 町人に, 畑が, 留學生々活, 畫や, 當てこすりや, 病人である, 百姓の, 眞似, 眼で, 眼附を, 知識でも, 神棚だ, 祭壇を, 私が, 私でも, 程度で, 稻荷の, 稽古所の, 笑顏で, 紅い色, 納戸に, 純情とは, 紙入を, 紛着が, 素直な, 縹色の, 群も, 羽織などを, 老人でした, 聲です, 聲にて, 聲の, 肌合ひ, 自分と, 自我の, 自贊, 舞ひ, 色だ, 色は, 若い會員はいふ, 若者においての, 若黨, 荒野だ, 菊池氏は, 華奢な, 葉書と, 薄外套, 藥局生の, 處が, 處を, 螢むし, 蠻聲に, 表情が, 袷が, 袷は, 言ひ, 言葉を, 記憶とに, 訣である, 話ぢや, 話です, 語氣を, 誠實な, 調子に, 調子にな, 調子は, 調子を, 調度の, 諧謔を, 謙遜な, 議論を, 讀經の, 讀者が, 豪傑連や, 質の, 足どりで, 身上な, 身扮の, 身振りを, 輩は, 遊戲だの, 運動で, 運命だ, 過去の, 道化の, 部屋だつた, 部屋で, 部屋です, 部屋の, 酒盛りが, 野郎が, 野郎を, 野郎額眉も, 銘仙の, 鏡臺と, 長屋だ, 階上の, 階下の, 障子の, 雄鷄, 雨で, 雨の, 青々した, 青年で, 青年でした, 青年では, 青年武士です, 靜まりかへ, 面構を, 面白い話, 音では, 音響, 響を, 顏さへ, 顏し, 顏つきや, 顏でも, 顏と, 顏に, 顏は, 顏付も, 顏付を, 顏吉五郎の, 顏色に, 顫聲を, 風で, 風景, 餘興で, 餘韻を, 香之, 馬と, 驚嘆の, 體に, 鬘下が, 鬼の, 魚で

▼ 氣~ (579, 2.7%)

27 する 25 した 17 して 14 するが 11 するの 8 ない, なかつた, 心も 7 します 6 するし 5 あつた, ありません 4 したが, ないが, 無かつ 3 された, しなかつた, しますが, するので, そ, ちさへ, なしに, 何も, 知らずに

2 [34件] あつて, ありいや, ありませんでした, ありませんでしたよ, あれば, したの, しない, しないでは, しなければ, しますね, するがと, するん, つかずに, つくまい, ないらしく, ない癖, なかつたから, なくその, なくなつ, なく笑, なく部屋, ふさぐべき種, 付きませんでした, 何にも, 出た, 宜しく無い, 弱さ, 樂に, 空も, 變に, 起つた, 起らない, 起らなかつた, 輕く

1 [331件] あらせられず御, ありお, ありさ, ありましたがね, ありませんから, ある, あるし, あるなれと, あるので, あるん, ある程度を, いそぐ, いたしますが, いたしますゆゑお, うすい, おこさずに, おのづか, けそりと, これを, こんなに重く, さうでは, さしてゐた, さすがに, されたが, されて, される, されるが, したから, したけれど, したこと, しないこと, しなかつたが, しなくなるの, しました, しますけれど, しますし, しません, しみ出さないよう, しめり氣, し出した, し崩, するけれど, するさ, するぢ, するところ, するな, するなあ, するには, するもの, するわ, する指井, せず思ひに, せぬさま, そこに, そのま, その容貌, それが, だいぶ稀薄, だん, ちがい, ついて, つかず何やら, つかず當, つかず看過, つかないうち, つかなかつたらうが, つかぬらしかつ, つかぬ位, つきませんでしたが, つけませんでした, ないから, ないこと, ないこの, ないその, ないところ, ないほど, ないわ, ない事, ない性質, ない挨拶, ない樣子, ない男, ない眞摯, ない短刀, ない程, ない空々しい文句, ない證據, ない顏, なう鼻筋, なかつたが, なかつたで, なかつたので, なかつたやう, なかつたらうが, なかつたん, なく, なくお勝手, なくこんな, なくさる, なくその後, なくそんな, なくな, なくなつた, なくなります, なくなり力, なくなると, なくヒヨイ, なく不平, なく互に, なく使つて, なく來, なく元村, なく出す, なく友人, なく取放し, なく吉原, なく咲い, なく境, なく夕闇, なく家中, なく射し込ん, なく山小屋, なく應接間, なく捨てる, なく捺し, なく放抛して, なく整, なく望む, なく母屋, なく番地, なく突き出した, なく立ち上がるの, なく納戸, なく葉先, なく行かう, なく表, なく説明, なく跛, なく金, なく長ん, なく開け, なく點, なさらないで, なし眠くも, なほらずいつ不具者, のび, ひけて, またおの, また張る, また散, また暴, もう全, もう既に御, ゆるんだか, よい日, よく赫々, わからないのに, ヤンワリ周三の, 一向に引, 一屈再屈三屈すれ, 一日夜に, 一變すれ, 三日目くらゐ, 上ずつて, 上りさ, 不意氣も, 乘り越え, 亦多端, 亦無い, 人の, 人も, 今だに, 付かずに, 付かない樣子, 付かぬ樣子, 付き快活, 付く男, 付けて, 何んと, 何時しか緩み, 來らず, 其の感情, 其の莊重, 出ずただ, 出て, 出で, 出ないで, 出ないやね, 出なかつた, 出ぬもの, 出まい, 初めは, 判然と, 動顛した, 匂ひさうです, 半亂, 可愛氣, 唯事では, 因循で, 多いが, 大きくなります, 大したもの, 大問題, 大地も, 大變, 失くなつて, 好い面, 好くな, 好と, 嬉し相, 安く心, 察しない, 幾分か, 弛んで, 弱さうに, 張るの, 必ず, 必要も, 惡かつ, 惡く, 憎氣, 挫けて, 挫けまして, 揉まないん, 日光も, 昂つて居た, 晴々します, 暢び, 暴ぶ, 有れば, 未だつかない, 本氣, 柔いで, 樂であり, 止めずに, 正氣, 殘つては, 氣でなく, 決して彼女, 沈靜なら, 治して, 消耗し, 濟みます, 濡れ燈火, 烈しく云, 無い, 無いの, 無いやう, 無い年端, 無い日出雄少年, 無い顏, 無えば, 無か, 無く二三度, 無く其黄金色, 無く前, 無く家, 無く小豆枕, 無く成就, 無く繰返す, 無く話しました, 無く顏, 無しに, 營林署で, 爽, 狂はんばかりに, 狂ひ, 狂ひさう, 狂ひまへ, 狹く, 珍らしい, 生じないでは, 申分の, 病氣極めて, 盛な, 直るといふ, 着かない樣子, 知らない, 知らない彌次馬, 知らねえで勝手, 知らねえやう, 確かに, 磁氣も, 稱する, 立つて, 精神をも, 紙面の, 絶えし廚, 聊か自棄, 自然に, 興味も, 艶氣も, 苦には, 荒涼たる自然, 萎えて, 落ちついて, 落着い, 融解くる, 衰へる, 認められなかつた, 變にな, 起きなかつた, 起さずに, 起つて, 起らず音樂, 起らぬ, 起らぬといふ, 起りながら, 起る, 身に, 身投の, 輕い, 近頃は, 這入らぬやう, 通は, 遙か, 遠くなる, 醉も, 醒めて, 重く, 重り升, 銷沈し, 長い男, 頓に, 顏色も, 顛倒し, 餘裕も, 高は, 魂も, 鰻の, 鹽氣も

▼ 氣にな~ (328, 1.6%)

21 つてゐた 19 つたのは 12 つて 11 つたのも 10 つてならない 9 つた, つてなら 7 つてならなかつた 6 つて來た 5 つたのさ, つてから, つてならねえ 4 つては, つて仕, つて來る 3 つたのでした, つてし, つても, つてを, つて來ました

2 [16件] つたの, つたのが, つたのである, つた後の, つてお父さんや, つてゐ, つて仕方が, つて働い, つて居た, つて居りました, つて死ぬ, つて氣にな, つて溜らない, つて自分の, つて足を, ツて

1 [150件] あれ, つたお樂, つたお禮殿, つたこの, つたに, つたのかも, つたのださうだ, つたので, つたのであります, つたのでございませう, つたのには, つたのを, つた人だ, つた私が, つた者は, つた話は, つた話を, つてあ, つてあつし, つてあなたが, つていさ, つておびき出した, つてからと, つてからも, つてぐつと寐込ん, つてこの, つてさ, つてしまつた, つてしまつてね, つてしまつてゐた, つてそう, つてそこらに, つてそして, つてそれでは, つてそれツ切りに, つてそんな, つてた, つてぢつと, つてつい, つてと, つてどんな, つてな, つてならず, つての, つてむしや, つてもう, つてもう一度, つてや, つてわたしは, つてゐたら, つてゐやがる, つてカンタンに, つて一人乘の, つて一寸二階を, つて一日ぢゆう, つて下手人を, つて不愉快を, つて人相手相から, つて以來今朝程, つて何んと, つて作つて來た, つて働かず, つて僕は, つて其後の, つて出た, つて到頭まんじりと, つて力み出した, つて助け, つて勉強を, つて十日許休む, つて去年の, つて口に, つて垢染みた, つて堪らぬ, つて増長し, つて女の, つて妙な, つて妙に, つて始終, つて子供等を, つて孝養を, つて宗助は, つて宗方善五郎の, つて家の, つて少し, つて居, つて居ります, つて已むを, つて平次と, つて床屋を, つて引つこ, つて引ツ張られ, つて後ろ姿を, つて恥も, つて手前達三下の, つて折角, つて搜し, つて擔ぎ上げられ, つて暇を, つて書い, つて有頂天な, つて樣子を, つて歸つて來て, つて歸京したい, つて死んだ, つて激しく, つて激した, つて爲方が, つて玉が, つて理も, つて田舍に, つて番頭の, つて病氣の, つて病監に, つて眞つ, つて眠られない, つて着, つて着澄まし, つて知らず, つて私が, つて秋風が, つて空想し, つて納まつて, つて細君と, つて終つた, つて聟の, つて聽い, つて自分目蒐けて, つて自分自身の, つて船頭を, つて茫然と, つて蟻を, つて行く, つて行つて見る, つて袂から, つて見, つて見えた, つて覗い, つて言は, つて話し込ん, つて身體の, つて近頃では, つて達公の, つて釣臺の, つて長く, つて開帳中の, つて降りた, つて隣の, つて驚いた, ツた

▼ 氣持ち~ (309, 1.5%)

16 になつ 13 だつた 10 のい 6 であつ, になつて 5 がいい, がした 4 である 3 がし, がする, がよかつ, がよく, が惡い, が續, になつて來, になり, に醉, のいい

2 [27件] から, からどの, がかぶさ, が惡, が皆, が隱, だつたが, だと, でする, でゐる, とよく, なの, になる, のよい, の好い, の惡, の汲みとれる, の爽やかさ, は其, は拔, ばかりで, よささう, を代作, を味, を感じ, を感じた, を表し

1 [160件] いい, いい道路, かも知れません, からさ, からとりあへず, から私, から讀む, があと, がかなり, がしない, がしばらく, がその, がわかる, がわれ, が出, が壓, が好き, が得, が心, が暫く, が横, が浮びません, が渠, が湧い, が私, が胸, が衝動, が起らなく, が違, さうだ, さへ, だ, だが, だこと, だつて, だらうな, でいふ, でお, でおそるおそる, でさ, でそれ, でそんな, でぢ, でとり, でなければ, でね, でのどか, でびく, でもなかつた, でゐられた, で一杯, で二重底, で伸, で何, で呑ん, で坂, で大島, で實, で彼女, で支配人, で暮れ, で校友會館, で眺め, で聞いた, で自分, で見, で言つて, で詠み上げられ, で這入, で通り拔, とこの, として何となく, とにそそられ, と一緒, と少し, なン, にでもなれ, になつたの, になつたん, になりき, になりました, になれる, にもなつ, に任せる, に包まれ, に寢入つて, に引き摺り込ん, に應, に纏まる, に飛ぶ, のこと, のもん, のやり場, の惡い, の樣, はしない, はどう, はまるで, はみ, はよく, は一, は一向に, は今, は少し, は彼, は文學的, は無, は直ぐ, ばかりでゐ, もおこらず, もし, もする, も一, も世間普通, も判る, も拔, も母親, も添, も私, も軈て, よくお歌, よく感じた, よく樂, よく皆, よく耳, よく見られた, をあまり, をかるく, をすこし, をひれき, をもつ, をよく, を何氣, を僕, を出しすぎ, を勿論, を十分, を受けず, を引き, を惡, を感じ始め, を抑制, を持つ, を春, を歌, を無, を爽, を破らない, を經驗, を續, を落ちつかせ, を行き, を言ひ現す, を詠ん, を起させる, を輕, を轉, を轉換, を述べた, 惡さうな青白い

▼ 氣~ (230, 1.1%)

6 なつて 3 いふ, 云ふ, 勇とを

2 [13件] し爲, なる, 一緒に, 凝る氣, 同じ苦痛, 大膽, 張る氣, 爪は, 稱し, 精力に, 血と, 言つたら, 言つても

1 [189件] あの明るい, あまりに人込み, いつたやう, いつて, いひ塵氣, いひ山岳, いひ日輪, いひ暈氣, いひ本, いひ泉氣, いひ澤氣, いひ虹氣, いひ道家, いひ野氣, いひ雲氣, いふでも, いふと, いふべきもの, いふよりも, いへども, いへば, うす暗と, かがやきに, きく格別, きりやうを, すれば, その中, それから餘裕, そんな事, どこまで, なりこの, なりぬ, なり得駁氣, なるが, なると, なるの, ひと癖あり, みえる町人風, 一しよ, 上から, 且は, 云うて, 云つたのである, 云はず何の, 人の, 人格そツくりぢや, 伏しける, 併稱し, 來て, 健康と, 健康とで, 健康とを, 僞つて大澤家を, 兇暴を, 光線とに, 兩, 内で, 内心の, 初夏の, 力とを, 勞苦に, 勢力を, 叡知の, 同じで, 同時で, 名づくる, 名づけたるが, 名づけ運動, 名聞に, 囃子方の, 地の, 地球を, 埃とに, 墓畔の, 女の, 好奇心と, 威力を, 威勢の, 嫉妬は, 子供達の, 家庭の, 尊敬を, 對應し, 對照し, 嵐氣と, 希望とを, 忍耐で, 忍耐とを, 忍耐の, 忍耐は, 快活とを, 思はれたの, 悔恨と, 惑星の, 惡臭とを, 惡魔とは, 惱み, 意圖が, 意志とが, 慰めを, 慾だけは, 慾氣との, 應和協諧し, 抱合し, 拘禁生活による, 撒かれた香水の, 日光と, 星ぞ, 時間とを, 景色とに, 景觀に, 暮の, 暮氣とは, 更に矯飾僞善, 月天の, 根氣とが, 模倣に, 歩行との, 民風士氣との, 氣との, 氣の, 氣むづかしさを一人で, 水と, 水とで, 決心とは, 決斷とを, 沈着をば, 活氣と, 清らかな, 火, 災難とを, 無能を, 煙とで, 煙とに, 熱心と, 熱情と, 熱情如何によつ, 爲し, 物と, 獻身と, 生と, 申しましたら, 申しませうか, 申立登城延引, 病氣と, 相失へ, 相附隨, 眞の, 眞實が, 眞心とを, 眠たさ, 空腹と, 粗暴の, 精力の, 精神を, 肋膜で, 能辯との, 脈絡相通じ, 腐つた人肉, 腕力を, 膽力とのみ, 色氣は, 色艶とに, 華やかな, 血との, 血とは, 血とを, 見られれば, 解釋し, 言つては, 言つて不, 言つて滅多に, 言つて祝言を, 言て, 言ふ, 言や, 誠實さが, 誠實とに, 論理との, 連ねて, 運勢とに, 道樂氣は, 違つて藥なんか, 醫者見, 陰影に, 陽電氣の, 雄辯軍人政治家辯論家の, 馬琴を, 鬪ひ

▼ 氣なく~ (191, 0.9%)

6 言つた 4 答へ, 顏を 3 云つた, 訊きました 2 ぬつと, 思つたのは, 手に, 眼を, 聞いて

1 [161件] あしらはれ, あたりを, いつて, いふ, いろんな喜ばせ, うしろを, うち出し, うつるの, うと, お六, お崎, お芳, しないで, するの, そう呟いた, そこの, そちらを, そのちひさい, その仲間入り, その小, その窓, それを, ぢつと, つてよそ, て冷たい, て滅多, どん, のこ, ぼくが, みんなと, もつそりそこ, も僕, も躍起, やって退けるの, やつた, アンヌに, スラスラと, ドイツに, ハヾトフは, 一つ脅かされる, 一同に, 上つて見る, 上り込んで, 上體を, 中を, 事件に, 二度の, 二階へ, 云つ, 云つて, 云つてしまつてから, 云ひつける, 云ふ, 云ふと, 交つた, 人の, 倚子より, 傍らの, 傳はれる, 元氣, 入學試驗, 八五郎を, 其れ, 其話を, 出せたらいかに, 出て, 利口者でございます, 加藤醫院を, 千代子の, 却けられた, 取扱つて一夜後向きに, 口を, 叱るやう, 告白し, 呼んで, 問うた, 單調に, 外套の, 大阪毎日新聞の, 字を, 宗太郎の, 宥めて, 密と, 左樣だ, 師匠の, 店の, 庭先から, 微笑し, 急所々, 應へ, 扉の, 手を, 投げて, 拒絶せ, 挨拶する, 搜り, 斥けて, 新聞を, 暗に去る, 暮方の, 木石の, 東の, 梯子を, 欄干に, 權柄づくです, 此處は, 歸つて來た, 殿松などといふ, 氣が, 汚れ腐つた木綿, 河原の, 無造作に, 生得の, 由良松に, 申上げた, 畫家の, 疊の, 百和堂へ, 眺めて, 私の, 私は, 窓ぎわに, 窓の, 立ちどまると, 立つて, 笑つた, 笑つてゐる, 箸で, 紙コツプを, 組合に, 老人の, 行きすぎたが, 行屆いた, 衣袋を, 見すごすやう, 見せかけた, 見ると, 覗いて, 觸つたら, 言いながら, 言つた言葉は, 言つてふい, 言つてほろ苦く, 言つて太田は, 言つて源太郎は, 言つて車掌は, 言ひ, 言ふと, 訊ねました, 訊ねます, 話しを, 諮ねますが, 讀み過ぎた寸行, 讀んだ, 讀んで, 貪り食, 辛辣です, 迎へ, 追ひ, 開いて, 飛び込んで

▼ 氣にも~ (153, 0.7%)

6 せずに 5 なれなかつた, 留めなかつた 4 なつた, なる, なれない 3 しない樣子, なりません, なれないの, 止めなかつた 2 ならなかつた, なれなかつたか, 止めては, 留めない樣子, 留めなかつたさ, 留めなかつたし

1 [101件] あたしは, かからなかつた, かけず更けゆく歳, かけず聞きながして, かけては, かけなかったに, かけなかつた, かけぬ状, かけません, かけませんでしたが, しない, しないで, しなかつたが, しなかつたこと, しなかつたで, しなかつたの, しません, しませんでした, せずうつら, せず手, せず眠, ならず, ならずに, ならず出來, ならず師匠, ならず次第に, ならないほど, ならないらしい, ならないらしかつ, ならなかつたが, ならなかつたらうと, ならん獨, なりました, なりませう, なるだらうよ, なるでせう, なるので, なるん, なれかつ, なれさ, なれず, なれずあんな, なれずさうかと, なれず叔母, なれず生え揃, なれず自分, なれず足序で, なれないだらうぢ, なれないで, なれないでは, なれないらしく大戸, なれない樣子, なれない程, なれなかったの, なれなかつたの, なれなかつたので, なれぬ, なれぬの, なれまい來, なれません, なれんけど, はた傷ましや, 下界の, 人生と, 何だか自分, 依りその, 出さずに, 單身寸鐵を, 土にも, 實物の, 左程に, 平癒にも, 張弛, 思ひは, 態度は, 懸けず可愛, 成れないの, 拘はらずぞ, 拘らず平常, 掛からないが, 掛けて, 止めずその, 止めずに, 止めず此處, 止めなかつたが, 止めなかつたに, 止めぬといふ, 氣持を, 留めず煙草, 留めて, 留めないだらう, 留めないやう, 留めない冷靜さ, 留めなかつたが, 留めなかつたの, 留めなかつたよ, 留めません, 私を, 等しき歐米交際, 自分の, 響くだらうな

▼ 氣~ (152, 0.7%)

7 つたかも, つたに, つたのか, といふ 5 つたのさ, つたのです, ね 4 つた, と思 3 から早く, な 2 から此場合, がまだ, ということ, と言つて, よ

1 [85件] からお前, からそり, からつて, からな, から三十, から三輪, から今年, から何, から呆れる, から女の子, から打つ殺されつ, から此方, から段々, から氣, から狐, かわからぬ, かサッパリ, が僕, が僕の, が少, が物, けれどとても, つたと, つたの, つたのが, つたのは, つたのよ, つた二三人が, つた婦人氣は, つた日光は, つた杉枝が, つた梅雨の, つた相です, つた相手の, つた頃甲州街道を, つた顏が, つた體が, つて, つてお母さんのせゐと, つてそんなに, つて病氣でなくたつ, つて言ふ, てのフォン, とあんた, といつたつ, といふ東京, といふ樣, といふ評判, とお, とか死, とか涙脆い, とか疼痛, とか謂ツ, とは限らない, と云う, と云つて, と云ふ報知, と分つた, と取り, と徒黨十餘輩, と思っ, と思つた, と春三郎, と知, と聞かされ, と聽, と言うじ, どうして惡, なそれで, なと仰し, などといふ者, ねやつぱり四月, ね三世相, ね親方, のと, もの, よ親父さん, わ, わね, ツて, ラヂウムだ, 手拭が, 闇酒かね, 難有, 餘り

▼ 氣よく~ (108, 0.5%)

3 空壜か 2 呵々と, 書きつ, 歩いて, 聞えて, 菊の, 言つた, 言放つて, 讀み通したの

1 [89件] あやした後, いひ寄つて, お駒, こたへて, この事件, して, その仕事, なる, はひつ, やってのけようと, ハンドルを, マツチ擦る, ヨーロッパの, 三藏に, 人の, 今頃は, 働いて, 働らいた, 先き, 先に, 先行する, 其の考, 再び仕事, 出てを, 別れよう, 勉強する, 動き, 勤勉に, 口笛を, 口説いて, 啼きつ, 國會論を, 夕方から, 大なる, 奮鬪を, 始めるの, 家の, 家探ししました, 帽子を, 怒鳴り散らして, 應へ, 掘つた, 掛け聲, 搜し, 撓まず噛んで, 書いたの, 書簡を, 格子を, 櫻の, 歌つ, 歩いたらう, 歩き, 歸つて來た, 歸つて行つた, 毛髮の, 父親を, 犬の, 笑ふ, 笑ツた, 答へ, 答へる, 絡み付きます, 續け, 考へ, 聲を, 肩の, 英字を, 荷造りを, 蓋を, 見て, 言つてごろ, 言つて病人を, 言ふと, 言葉を, 訪ねました, 話して, 調べ廻つて居ります, 走り出す函嶺, 起き上つて手袋, 追つ掛けり, 進んで, 運んで, 野獸の, 集めそれ, 頼み込み到頭, 飛出して, 飮みい, 飮ん, 鼻紙三枚半に

▼ 氣ない~ (104, 0.5%)

9 顏を 8 調子で 5 風を 3 調子でした, 顏で 2 うちに, ものに, 樣子を, 氣が, 癖に, 調子に, 風で

1 [62件] うちにも, お加奈, お雪, から親分さん, しま, ぢや, とは思ひつ, と云, と思ひ付いた, ので六兵衞, のに似ず, ふうを, ふりで, まで婦, ものだ, もので, ものでした, ものは, やうで, やうです, やうな, んです, 世に, 世の中に, 事さ, 交際の, 含みの, 夜中に, 大金が, 奧齒に, 女で, 子供の, 島です, 心持にな, 思ひでありました, 思ひを, 態度で, 手を, 拶挨を, 挨拶です, 數行の, 業である, 樣に, 樣子で, 氣持ちに, 無雜作, 物言ひも思はせ, 甲野の, 笑顏を, 羨望の, 見合ひであつ, 言葉の, 話てえ, 話は, 調子では, 調子と, 返事だ, 返答には, 返辭ぢ, 風し, 風に, 首筋が

▼ 氣には~ (104, 0.5%)

14 なれなかつた 9 なれない 7 ならなかつた 4 なれないの, なれません 2 どうしてもなれなかつた, ならない, ならなかつたの, なれなかつたの

1 [58件] かけないで, かぶれない, さしたる變, さらさらなれなかった, して, しやぎ, とてもなれない, どうしてもなれない, ならずに, ならないかよ, ならなかつたかも, ならなかつたので, ならなくつて, なりません, なりませんでした, なり得ぬまでも, なるまい, なるまいよ, なるめ, なれさ, なれないで, なれないやう, なれないん, なれなかった, なれなかつただらう, なれなかつたばかりに, なれなかつたもの, なれなかつたよ, なれぬ, なれぬので, なれませんでした, なれませんので, 下手人の, 不思議な, 乏しいが, 些とも, 何んと, 何んの, 入りません, 其酒を, 妙に, 實際驚きました, 少しばかり, 得ならぬ薫り, 歩いたり, 海岸がい, 灰多く, 無理なら, 病氣です, 硫黄の, 落ちなかつたので, 街で, 誰れ, 違ひありません, 餘り入らぬ, 驚いたね, 驚きましたよ, 驚く

▼ 氣づい~ (84, 0.4%)

8 てゐた 3 てゐる, て來 2 て, てきた, て思ひ, て見る

1 [62件] たりし, てあて, てい, ていきなり, ていないらしかった, ておそろしく, ておどろい, てき, てくる, てさすが, てしばらく, てその, てどう, てひそか, てひとり, てます, てまだ, てみる, てもと, ても誰, てをりました, てトコトコ, てヴェリチャーニノフ, て三藏, て下司, て下島さん, て俄, て却, て卷, て叫んだ, て呉れた, て喋つて, て小, て少し, て居る, て平次, て微笑, て思, て手紙, て押入, て晴がましい, て歸, て深く, て清い, て特有, て猶も, て生み落した, て産婆, て知つて, て答, て腹, て自然, て裏, て襖, て言, て誡め, て躍り出す, て逃げ去つた, て隣り, て駒平, て駿介, て驚い

▼ 氣もち~ (84, 0.4%)

5 になつて 3 になつ, になる, のいい 2 で, を主として

1 [66件] からその, からつい, からで, があつ, がいい, がする, がながれ, が好く, が正直, さうに彼は, すら明け暮れ, だけは失つて, だけを一, だつた, だらう, である, でいた, でいつ, ですがね, でそつ, でそれ, でときどき, でなつかしみあふ, では聞い, でゐまい, でゐる, でゐるらし, で心から, で書き, で自分, で讀むらしい, にさせられ, にさせられた, になつて參, になつて愛讀, になります, になれる, にもなつ, に僕, に復, に打たれ, のいつ, のま, の好い, の爲, の離れ出し, はしなかつた, はとうに, はどんな, はほん, はわかる, は一年, は三十年前, は又, もよかつ, やす, よくな, よくもら, よくゆく, よく讀みふけつ, をあた, をたた, を切實, を察, を思ひやる, 快く思へる

▼ 氣~ (73, 0.3%)

7 へする 5 へし 3 へされ 2 に似ず, へよけれ, へ持直せ

1 [52件] がいつ, がなくなっ, が充分, が此男, が無く, が白い, が眼, が腹, では中等程度, でも救, で斯, と輕はずみ, なれば, におどろき, になる, には遠く, に錢形平次, の見本, の面憎く, は全く, へありません, へい, へおび, へした, へしだした, へしなかつた, へし出し, へなけれ, へ來, へ出, へ失つて, へ好, へ帶びてゐたけれど, へ張れ, へ持たぬ, へ改めれ, へ灰色, へ無く, へ生じ, へ直れ, へ確り, へ良けれ, へ起らなかつた, もなかつた, や滅, や陽氣, を取り戻した, を失, を失つて身, を思はせる, を見せる, 只更私

▼ 氣まぐれ~ (61, 0.3%)

2 な思ひつき, な氣流, な運, を起す

1 [53件] からそう, から大いに, だとしか, だね, である, でせつ, でも起さない, で我が, といふもの, としては洪水, とは云, ともなる, な, なもの, なる人柄, なる干渉, な人, な兒, な動搖, な夕日, な寒い, な山, な彗星, な火龍, な紅い, な自然, な蒲公英, な蜂, な讀み, な贅澤, な道樂, な魔法使, にお, におそろしく, にそんな, によつて插入, に一人, に保險, に天主教, に後, に白い, に自分, に身, に輕, に過ぎなかつた, に選ばれた, に醉月, に鳴き, の洒落, もの, や好み, をさも, を制御

▼ 氣といふ~ (54, 0.3%)

13 ものは 6 ものが 4 のである 3 ものを 2 ことを, のは, もの少し

1 [22件] ことは, ので, のに, はい, ものと, ものとは, ものとも, ものに, ものの, やうな, やうに, わけで, 中に, 事で, 事は, 君こそ, 善氣の, 病氣に, 言葉とに, 語は, 語を, 魔力に

▼ 氣づいた~ (50, 0.2%)

4 やうに 2 ことは, のだ, のは

1 [40件] いかに多く, かのやう, から丁度, から夜, か半, がその, がそれ, が土間, ことか, ことから, ことだ, ことである, ことの, ためで, だけで, ところで, ところでした, と見え, と見える, のかも, ので, のと, ばかりの主人, ものの, やうだつ, やうな話し, 八五郎, 場合私はい, 後, 時に, 時は, 樣に, 次第で, 母は, 煙が, 私は, 者も, 聲で, 非常に, 頃から

▼ 氣では~ (48, 0.2%)

6 あるが 5 ありません 2 ござんせぬ唯, それも, ない, ないか, なかつたの, 出來, 寧氣樂だ, 無かつ

1 [21件] あつた, ありますが, ありませんので, あるまいが, いたの, これ以上辛抱が, ないと, ないもの, ない自然, ない逃路, なかつた, なかつたらしいが, なく通, びこらしてゐる, ゐら, 値が, 居れぬわけ, 無い勝, 病まぬ, 病氣などは, 迚も

▼ 氣です~ (47, 0.2%)

8652 からねえ

1 [26件] かあれ, かなん, からそれでも, から御, か親分, が, がイヤ, がソノ運命, が人間, が何, が思慮分別, が笛, ことあの, なあ, ねえ, ねこいつ, ね親分, ね錢形, の, まして居, もの, ものだ, よ, よ何, よ髮, 一昨日は

▼ 氣でも~ (45, 0.2%)

2 あつた, 取りやう, 狂つてゐる

1 [39件] あげて, ありその, ありません, ありませんね, あるの, ある樣子, して, してるでねえかな, すると, するもの, そのま, ちびの, ないで, ないと, なかった, なかつたの, なく却つて怡, なく風, なければ, 亡くなつた主人, 何でも, 出さうな, 呑まれた人, 好くつて, 彼の, 彼女が, 忽ち此機關, 武士の, 氣は, 無い, 無かつ, 狂つた, 直す力, 確り者, 起さる, 通つて居る, 違つた, 違つて居ない, 違や

▼ 氣なし~ (37, 0.2%)

2 に買う

1 [35件] にいつた, にお家, にしかし, にする, にフト, にペラ, に其巡査, に原稿紙, に取上げた, に四疊半, に夜, に大きな, に女, に思ひ出した, に戸棚, に手, に指, に漕い, に父さん, に町人, に目, に私, に縁側, に自分, に表紙, に訊く, に顏出, のこと, のエス卷, の新, の病人, の素袷, 是れ, 眞面目に, 紅だけ

▼ 氣を以て~ (36, 0.2%)

10 事に 3 之に, 血を 2 事を, 人を

1 [16件] これに, して, 一昨年御, 之を, 事の, 人に, 功を, 對し, 心を, 恐ろしい敗, 恰も那, 懊惱焦燥の, 治病保身の, 立たれて, 藝術に, 語つた

▼ 氣紛れ~ (36, 0.2%)

1 [36件] がどう, だらう, で, であつかはれた, であり一つ, であるであらう, であるのに, でないこと, ではなかつた, で平次, で柄, とでもいひませう, と慈悲心, なふるまひ, なもの, な出來ごころ, な心, な我儘, な氣分通り, な直, な空合, な通り雨, になり, に俗物, に御, に照りつける, に物, の殺しぢ, の熱情, は眞, ものであつ, や出來心, や感情, や陽氣, らしい樣子, を度々

▼ 氣なる~ (35, 0.2%)

2

1 [33件] こと赤子の, との二つ, に, に夜半, ものが, をこの, アントニオと, 事かな, 人々を, 信頼を, 古典主義の, 善男の, 天人の, 寛容が, 小兒, 少年の, 應答を, 放尿, 日出雄少年の, 日出雄少年は, 明き目容は, 武村兵曹は, 水兵等の, 洋裝の, 滑稽今人の, 答を, 者の, 討死を, 詩人私の, 輕薄を, 輪廓を, 道徳家なりし, 顏

▼ 氣取り~ (35, 0.2%)

2 てふさ付き帽子面もちゆたか

1 [33件] さへ, て椿山莊, でたまに, でゐます, で三味線, で叔母, で居る, で構, で歩き, で脂下つて, で裏門, で途方, で隨分罪, といふ樣, ながら大, ながら生徒達, のお, のない, の岩吉, の強い, の青年, もありません, もなく, も臭く, ゆふ, をし, をした, を見せ, 周書大, 大政治家, 方を, 淺薄といふ, 滑稽にも

▼ 氣~ (32, 0.2%)

6 づい思ひを 3 づい事, づい顏, づさを 2 ぎらしにとぶら, づいこと

1 [13件] づい對立, づい斷定, づい月見, づい沈默, づき思ひを, づくするの, づくな, づく思, づく相, づさ, づさも無く, づさをお互ひ, はしも

▼ 氣~ (31, 0.1%)

11 やありません 8 やない 3 やなかつた 1 や, やが, やといふやう, やに因つて, やね, やねえ, やブチ壞, や大名, や無い

▼ 氣~ (31, 0.1%)

1 [31件] おまへ, さかいな, すさに, それから近代醫術, なぞの, み患者, もん五燭, 人の, 健康は, 印氣ロールの, 大地や, 山氣に, 弛みけん, 情熱や, 感情や, 才氣などといふ, 日暮まで, 期待が, 水などの, 燒麺麭の, 看護婦の, 秀氣や, 自動車と, 萎む氣, 萎む氣等, 表情や, 貴女が, 金儲けで, 靜子の, 鬱々葱, 龍虎五采の

▼ 氣込み~ (30, 0.1%)

1 [30件] がひど, が不知, が揚らない, が無けれ, が穩, だね, であつ, でしたが, です, ですが, で出, で私, で自分, で金次郎, で鐵扇右手, で飛び出しました, とはうつ, とも見, に訴へた, の一部面, の激し, はわれ, は大, は實際, ばかり高, もあつ, を以て紀, を發表, を裏切つ, 龜に

▼ 氣なら~ (27, 0.1%)

2 何も

1 [25件] あつしは, あなたの, お前だけ, そりや, そんな場所, どうし, ばはいはい, ば二十七日轉宅, ば何, まだ外, んとして, 一緒に, 何處か, 俺は, 兩國の, 初めから, 外に, 少し炭, 此後は, 無論の, 良いの, 遠からず, 遠慮の, 鐡拳を, 面倒臭くて

▼ 氣ある~ (26, 0.1%)

2 を認め, 火力を

1 [22件] といはん, のである, ものは, ものを, や, 一團は, 人間の, 人間は, 友人の, 大小名, 好男子と, 毒, 父の, 町に, 疲勞でも, 總理大臣たるを, 者は, 行爲を, 説を, 諸友, 道程を, 風に

▼ 氣~ (25, 0.1%)

4

1 [21件] お前は, さりとは, それとも女, だ, どうか, どうだ, どツ, よしお, わかりませんが, ツ, 不具か, 何かで, 何ぞの, 否かを, 斬る氣, 知らそれとも, 知らないが, 知りませんが, 見當, 錦太郎, 頭髪は

▼ 氣づく~ (25, 0.1%)

5 のである 2 と彼

1 [18件] が早い, ことが, ことを, ためにのみ, とき, とき私を, と急, と氣, と眞ツ, と紅梅, と良吉, と見る, のだ, のでありまし, まさにこの, までには少し, 時小室は, 者が

▼ 氣らしい~ (25, 0.1%)

2 中老人, 何だ, 氣の

1 [19件] お春, お樂, ことが, のに, 下町娘も, 中年者飯炊きは, 十七八の, 唇を, 夥間の, 娘が, 字の, 弱々しさ, 打越金彌, 横井源太郎も, 田舍の, 眼だ, 話を, 雲だ, 顏である

▼ 氣づき~ (24, 0.1%)

2 のこと

1 [22件] おもはず苦笑, そして自分, て思ひ定まらざる, て身, になつ, にはならなかつた, のとおり, はありません, フラリと, 何となく物, 力附く, 又云, 同時に迷惑, 周圍に, 密集團と, 小さな窓, 支店長や, 煙つた月を, 聲を, 自づか, 自分ながら, 自分の

▼ 氣あり~ (23, 0.1%)

2 とする

1 [21件] て人, て場屋, て能くしたる, とおも, として居る, とも見えず, と云つた, と言つて, はた美, 一切萬物に, 力あり, 南に, 外國通辯頭取而し, 天に, 太陽の, 座談久うし, 氣と, 水に, 深谷に, 草木に, 高山に

▼ 氣~ (23, 0.1%)

3 ことだ 2 ことは, ことを

1 [16件] お琴, お祭の, ことであります, ことでございます, ことまで, ところは, のは, ものである, ものにな, ものは, 事は, 想像かも, 話が, 話で, 話です, 顏を

▼ 氣のせゐ~ (23, 0.1%)

1 [23件] かいかにも, かえらい熱い, かお前, かお祖母さん, かどうやら, かなあ, かも分りません, か一寸, か他, か大和, か家中, か心細, か昨日, か立てこめた, か自棄, か良秀, か近頃, ぢや, でそんな, でひどく, ばかしでなく, もあつ, も恐らく

▼ 氣高い~ (23, 0.1%)

2 圓味を

1 [21件] と思ふ, ばかり品, 一片である, 匂ひ, 土地を, 姿を, 威嚴とを, 情を, 愛の, 感じが, 方法で, 海と, 淒し, 百枝が, 美くしい, 芝居に, 處女まりやの, 誇りを, 貴女を, 連山の, 韻を

▼ 氣づかひ~ (22, 0.1%)

8 はない 2 はありません, は無い 1 あの儘, がない, が無い, さへ, ながら體操, のない, はねえ, 半ばも, 給ひぬ, 給へば

▼ 氣がかり~ (21, 0.1%)

2 だつた

1 [19件] だ, だと, であ, であつ, でならなかつた, ではない, でまだ, でもある, で仕方, で凝, な事, な雲, な風, にもなる, に思はれ, に思ひつ, はない, は忘れる, らしくちよい

▼ 氣付いた~ (21, 0.1%)

2 のは

1 [19件] から之, から私, ことです, とする, のだ, のでございます, ので寧ろ, ので込み上げ, ばかりで, ものか, やうに, 二三を, 人は, 吾等一同は, 所によるに, 所を, 時に, 時は, 母は

▼ 氣~ (20, 0.1%)

2 て, て何, て顏

1 [14件] てあらゆる, てほとんど, てゐた, てゐない, てゐる, て來, て心臟, て歸つて來, て海岸, て潮, て睫, て赤い, て馳, やがる

▼ 氣~ (20, 0.1%)

10 がひ 3 がひじ, がひだ 2 がひと 1 がひでない, がひで仕方

▼ 氣である~ (20, 0.1%)

3 ことを

1 [17件] お蔭で, かは醫者, からこれ, が之, が人, が張る, ことが, ことそして, とかの惡, とか弟妹, とか殺げる, とか浮く, にしろ, のである, ばかりでなく, 人々が, 而し

▼ 氣とは~ (20, 0.1%)

2 大に, 抑

1 [16件] ちが, 云ひ, 全然反, 刻々に, 却つて君の, 實に, 打つてかは, 朱紫相近似し, 生ある, 異なつたもの, 異なつて, 異なる點, 知らずまだ, 縁の, 自由黨を, 違つた新し

▼ 氣づか~ (19, 0.1%)

5 はしさう 3 はしく, はしげに 1 つてを, はし, はしげな, はしめる, ひもされる, ひもなく, へば娘, わしげに

▼ 氣から~ (18, 0.1%)

2 して

1 [16件] いふと, すくめられる樣, 一種の, 何にか, 來る, 凝る氣, 唯それ, 察する, 推すと, 救ひ出し, 此作品は, 毛嫌される, 逃れ出た, 遁れ出ました, 離れて, 離れられない病人

▼ 氣だつた~ (18, 0.1%)

7 んだ 2 やうで 1 か家内, か見向き, がお, ことで, し, のであと, ので一日, んだらう, んでせう

▼ 氣でない~ (18, 0.1%)

3 樣子です

1 [15件] かも知らず, その瞬間, といったふう, ときに, と云, ので, ので門, もんだ, よ, 時も, 樣子でした, 皆なそ, 證據な, 證據には, 風に

▼ 氣とを~ (18, 0.1%)

1 [18件] いまだに忘れられない, いろいろに, めぐまれた, もちあつ, 保持し, 備へて, 充たせる小さい, 動かし, 呼び起す, 得たいと, 或る, 持つこと, 與へ, 與へて, 與へられた, 除かば, 隅々まで, 黨に

▼ 氣した~ (17, 0.1%)

3 やうな, 顏を

1 [11件] だけで, やうに, ような, ように, んだ, 小さい顏, 桃色の, 波だ, 熱い頬, 色の, 顏あれは

▼ 氣付い~ (17, 0.1%)

3 てゐた 2

1 [12件] てもう一度, てゐる, て一應搜, て來, て大, て居た, て居ります, て歸, て見たら, て見る, て解毒, て赤く

▼ 氣づかない~ (14, 0.1%)

4 でゐた 1 おろかさといふ, ではなかつた, でゐるらしい, とでは, のを, やうな, 二の腕が, 位である, 樣子を, 風を

▼ 氣づけ~ (14, 0.1%)

2 てくれた

1 [12件] さへも, てくれます, てくれる, てやつ, てゐた, てゐる, て呉れる, て最初, て障子, に一本, に一杯, 競爭者達が

▼ 氣さく~ (13, 0.1%)

2 な調子

1 [11件] さで, だとか, であ, で面白い, な人間, な宏庵先生, な家, な平次, に, に立ち上がり, に言つて

▼ 氣との~ (13, 0.1%)

3 差は 1 中に, 事を, 外には, 差異は, 理由に, 異は, 自力で, 見榮, 親和協應交錯背反, 關係の

▼ 氣まり~ (13, 0.1%)

3 の惡 2 がわるく, が惡 1 が惡いま, が惡いや, のわるい, の惡いや, は惡, を惡

▼ 氣じみた~ (12, 0.1%)

1 [12件] 事も, 人々の, 幻覺に, 怒り方を, 恐怖に, 恐怖の, 所が, 樣子も, 癇癪を, 眞似, 聲で, 言葉よりも

▼ 氣なんか~ (12, 0.1%)

2 ありやしません 1 ありませんよ, あるわけ, ございません, するものぢ, する氣, なかつたん, 出やしない, 惡く, 無くな, 起すん

▼ 氣ばかり~ (12, 0.1%)

1 [12件] あせつても, して, だと, ぢり, でなく他人, 強くたつ, 強くて, 強くても, 早くてさ, 滅法若く, 無闇に, 記念に

▼ 氣附いた~ (12, 0.1%)

3 やうに 2 のは 1 といふやう, ので, のです, ので此數年間其編纂, やうな, 時劍道家です, 時私は

▼ 氣づかなかつた~ (11, 0.1%)

2 ことが 1 かも知れない, が, が扁理, ところの, のだ, のだらう, ほどぼんやり, やうな, 根性が

▼ 氣なお~ (11, 0.1%)

1 [11件] やぢ, 喋べりや, 天氣の, 孃さんという, 皆は, 秀は, 縫さんを, 萬さんに, 葬ひ, 靜は, 顏を

▼ 氣にでも~ (11, 0.1%)

2 なつて, 打たれた樣 1 あてられたやう, なつたら, ならうか, ならなければ, なると, なる外, 觸れた

▼ 氣より~ (11, 0.1%)

1 [11件] いはんも, うけし, さきに, して, 外には, 張る氣, 成れる新しき, 生じた或, 生ず此氣, 結核菌を, 駁氣に

▼ 氣高く~ (11, 0.1%)

2 さへ 1 わけても大きく, 一人この, 姿に, 嫋々として, 暮れて, 燒殘つた, 老いさびた, 聞ゆ, 聞ゆるなり

▼ 氣おくれ~ (10, 0.0%)

3 がする 1 がし, がしたらしく, がします, の心, もなく, を叱, を叱り

▼ 氣くさい~ (10, 0.0%)

1 ことを, のよりも, ものを, んで少し, ヒポコンデリー患者だ, ホオルの, 低聲, 聲を, 青年は, 頭髮を

▼ 氣づかず~ (10, 0.0%)

2 にゐた 1 にいたし, にいる, にただ, にはいなかった, にゐる, に僕等, に彼, に通り拔

▼ 氣なき~ (10, 0.0%)

2 公園の 1 一少女の, 事を, 小徑, 廣間に, 椅子にも, 田舍景色よ, 相互扶助の, 驚異を

▼ 氣らしく~ (10, 0.0%)

1 いい氣, て大きい, カンヴアスを, ハキハキした, ポケットから, 云つた, 尻ごみを, 恥かしい, 昔は, 構へて

▼ 氣付かれない~ (10, 0.0%)

3 やうに 1 で凝視る, で役に立つ, ほど小さな, やう一と, 塀の, 存在だ, 筈は

▼ 氣付く~ (10, 0.0%)

2 ことで 1 ことは, でせう, とさ, と當家, と裏口, ものか, 所と, 然れ

▼ 氣盛り~ (10, 0.0%)

1 どちらも, な若若しい, のイドメネー彼, のエペーオイ, の亂暴, の甥, の者, の腥, の踊, の青年

▼ 氣立て~ (10, 0.0%)

2 のい, の良い 1 のいい, のやさしい, の優しい, の柔, もきりやう, も申分

▼ 氣などは~ (9, 0.0%)

2 なかつた 1 とうになく, なくなりましたよ, 中, 少しも, 感じられませんが, 毛頭ありません, 毛頭ないばかり

▼ 氣さうな~ (8, 0.0%)

1 ことも, ところが扁理, ので大した, のは, 四十男で, 小僧の, 惡考へを, 返事である

▼ 氣づかれず~ (8, 0.0%)

2 にその 1 にゐる, にフエアリイ・ランド, に再び, に少し, に平, に進行

▼ 氣~ (8, 0.0%)

1 しまつてどんな, ゐる, ゐるとは, ゐるん, 大きな電車, 居て, 居るかも, 居るから

▼ 氣とも~ (8, 0.0%)

1 やくざ者とも, 何とも思つて, 冗談とも, 同中に, 思はれず愛し, 聞いた, 聞かれつら, 言はん樣なき

▼ 氣なささう~ (8, 0.0%)

1 にくらして, にさう, に歩い, に歩き出し, に立ち, に聞い, に自分, に言つた

▼ 氣高き~ (8, 0.0%)

1 こと彼, には比, を述べたれ, 人物なりし, 信もて, 女十二一重を, 心の, 眼差も

▼ 氣がち~ (7, 0.0%)

2 がつて 1 がひ, だつた事, であ, でひどく, の寡婦

▼ 氣がよ~ (7, 0.0%)

5 かつた 1 かつたら, ささうだ

▼ 氣~ (7, 0.0%)

5 んで 2 んだ

▼ 氣する~ (7, 0.0%)

2 といふは如何にも 1 のは, ほどなつかしく, 事に, 位煖かい, 理由が

▼ 氣づかぬ~ (7, 0.0%)

1 ふうだ, ふうに, ふりし, ほど微, まに, やうに, 素早さ

▼ 氣にか~ (7, 0.0%)

1 かつた, かつてさ入らない, かつてならない, かつてならなかつた, かつてもろく, かつてゐる, ぢかん

▼ 氣にて~ (7, 0.0%)

1 ソツと, 作家としての, 引籠, 感情が, 敢て, 薄氣味惡, 論ずると

▼ 氣ラムプ~ (7, 0.0%)

1 が其ビール, で鶴子さん, に光らす, の光, は駄目, よりも一層, を見詰めた

▼ 氣取る~ (7, 0.0%)

2 もあり 1 な一體何, のも, 人が, 劇評家が, 積りは

▼ 氣安く~ (7, 0.0%)

1 その日, てゐる, て高尚, 口の, 心地爽かに, 感じられたので, 樂觀的にも

▼ 氣臭い~ (7, 0.0%)

1 ことも, ところだ, ので氷峰, のを, 感じの, 有樣, 男が

▼ 氣かと~ (6, 0.0%)

2 問はれ 1 お勝手から, 思つたのである, 思つたら, 男は

▼ 氣かも~ (6, 0.0%)

4 知れない 1 知れないが, 知れぬ

▼ 氣ぜは~ (6, 0.0%)

1 しく出入り, しく取交し家, しく叩くん, しく言, しく訊ねるの, しさうに

▼ 氣だけは~ (6, 0.0%)

2 直して 1 一人前で, 不思議に, 少し心細い, 買つてやらう

▼ 氣だらう~ (6, 0.0%)

2 押かけ 1 が, がそんな, と雨, よ

▼ 氣でなく~ (6, 0.0%)

2 なつた 1 て誰, なつて, 直ちに球燈, 自分の

▼ 氣とが~ (6, 0.0%)

1 乏しい, 大切である, 待受けて, 現はれ, 直らなかつた, 迸る痕

▼ 氣~ (6, 0.0%)

2 つたで 1 つたハイヒールで, つた聲を, られぬやう, りやの

▼ 氣にかけて~ (6, 0.0%)

1 ゐたこと, ゐたの, ゐないと, ゐる樣, 居たの, 持ち出したといふ

▼ 氣ぶり~ (6, 0.0%)

1 が讀めた, にも見せない, もありません, もなく, も見せる, を見せない

▼ 氣まま~ (6, 0.0%)

1 だ, な感想, にノン・シャランス, に感ずる, に食べ, に食べられる

▼ 氣らし~ (6, 0.0%)

2 う沈ん, かつた 1 けれどね, さは

▼ 氣コンロ~ (6, 0.0%)

1 で煙草, にスイッチ, に凸凹, のところ, の上, の炬燵

▼ 氣付かぬ~ (6, 0.0%)

1 ところへ, ふりを, 振りで, 程巧みに, 間に, 風で

▼ 氣付き~ (6, 0.0%)

4 のこと 1 になつて, ぬれど

▼ 氣分解~ (6, 0.0%)

1 か他, によつて銅粉, による水, に關, の原理, の實驗

▼ 氣好く~ (6, 0.0%)

1 うたを, 無駄骨を, 登つた, 石積みを, 聲を, 見えるかの

▼ 氣振り~ (6, 0.0%)

1 がその, にも見せず, にも見せなかつた, は誰一人, もなく, も見せない

▼ 氣無い~ (6, 0.0%)

1 や, 姿を, 小娘で, 希望と, 徑も, 顏には

▼ 氣そのもの~ (5, 0.0%)

1 が變つて, であった矢崎君, であるから, の實體, はすべて

▼ 氣~ (5, 0.0%)

3 ぷに 1 ぷの, ぷものに

▼ 氣づかつ~ (5, 0.0%)

2 てゐた 1 て, て迎, て醫者

▼ 氣づかれ~ (5, 0.0%)

1 てゐない, てゐるであらう, とでもいふ, に精力, はしまい

▼ 氣とに~ (5, 0.0%)

1 信頼なし, 信頼篤く, 冷されて, 當つて義雄は, 終夜眠らず

▼ 氣ながら~ (5, 0.0%)

1 何時癒るべき, 判つた, 左の, 理解できる, 見て

▼ 氣なれ~ (5, 0.0%)

2 ども明日, ば吉ちやん 1 ば據

▼ 氣まで~ (5, 0.0%)

1 亂れ流れ, 凍つた樣, 失はれて, 弱くな, 毛程も

▼ 氣もの~ (5, 0.0%)

2 に仕立 1 でございますよ, です, の叔母さん

▼ 氣~ (5, 0.0%)

1 さで, さ同じ, さ陰澁さそれが, 私は, 色を

▼ 氣丈夫~ (5, 0.0%)

1 でありました, な思ひを, に, に感じた, に頼母

▼ 氣付かず~ (5, 0.0%)

1 に何時の間にか, に此處, に行く, に過す, 妄迷的なる

▼ 氣或は~ (5, 0.0%)

1 亢る, 凝る氣等, 散る氣, 暴ぶ, 逸る氣

▼ 氣掛り~ (5, 0.0%)

1 でならなかつた, で落ち付い, なもの, な山田, の次第

▼ 氣漸く~ (5, 0.0%)

2 衰へて 1 化し, 弛み衰, 沮喪せ

▼ 氣立つ~ (5, 0.0%)

1 てきた, て到頭, て居る, のが, やうな

▼ 氣落ち~ (5, 0.0%)

2 がし 1 したやう, した面々, しよう

▼ 氣違い~ (5, 0.0%)

1 じみた樣子, でも入牢, になりっ, になる, のよう

▼ 氣銷沈~ (5, 0.0%)

1 した, したるか, して, し或は, するかと

▼ 氣附かぬ~ (5, 0.0%)

1 でもなかつた, 内に, 振りし, 文化人は, 風である

▼ 氣がま~ (4, 0.0%)

1 はらなかつたの, へな, へを推察, へを見

▼ 氣ざかり~ (4, 0.0%)

2 の十七八, の十六

▼ 氣づかれない~ (4, 0.0%)

1 で裏, ほどの小, やうに, ように

▼ 氣でし~ (4, 0.0%)

1 てな, てなあ, てね, てまことに

▼ 氣でした~ (4, 0.0%)

1 から自然, が山, よ, 仕業では

▼ 氣とか~ (4, 0.0%)

1 云ふも, 言つてゐた, 通とかの, 通とかを

▼ 氣として~ (4, 0.0%)

1 さう, 保つて, 生ずる, 體驗した

▼ 氣にく~ (4, 0.0%)

2 はなかつた 1 はない, はぬ

▼ 氣によ~ (4, 0.0%)

1 つてどうにも, つて建設せられたる, つて衝動刺激さる, つて豐滿の

▼ 氣のせゐだ~ (4, 0.0%)

1 ね, よ, よ日, よ誰

▼ 氣~ (4, 0.0%)

2 つけろよ 1 つけて, つけろ

▼ 氣一つ~ (4, 0.0%)

1 した事, だす, のもの, 無い空氣

▼ 氣事業~ (4, 0.0%)

1 とよく, の發達, も避雷針, 又は近

▼ 氣保養~ (4, 0.0%)

1 がてら, しなくちや, の本, の目的

▼ 氣即ち~ (4, 0.0%)

1 刻々に, 心心即ち, 老子や, 軍陣の

▼ 氣取られない~ (4, 0.0%)

3 やうに 1 のは

▼ 氣張り~ (4, 0.0%)

1 から戀, それより, でわざと, 堅くな

▼ 氣強い~ (4, 0.0%)

1 女でなけれ, 性格にか, 手が, 者で

▼ 氣易く~ (4, 0.0%)

1 それに手傳, わけの, 答へ, 言ひます

▼ 氣時計~ (4, 0.0%)

1 のあたり, は四時, を振り仰いだ, を振り仰ぐ

▼ 氣晴朗~ (4, 0.0%)

1 で波, で海波平穩, なりき, なる一日

▼ 氣組み~ (4, 0.0%)

2 思ひやるべし聞かぢ 1 だつた, と云

▼ 氣込む~ (4, 0.0%)

1 と車夫, のです, のも, のを

▼ 氣附く~ (4, 0.0%)

1 と朝, 事はなはだ, 又知る, 點も

▼ 氣難しい~ (4, 0.0%)

1 ことを, ところを, 憂鬱な, 顰めつ面

▼ 氣あつかひ~ (3, 0.0%)

2 十三の 1 も他人

▼ 氣あれ~ (3, 0.0%)

1 ば即ち, ば必ら, ば瓊

▼ 氣いと~ (3, 0.0%)

1 旺なる, 清爽也, 盛なり

▼ 氣~ (3, 0.0%)

1 て居ります, て居る, て年増女

▼ 氣だて~ (3, 0.0%)

1 に有るべき, のよい, の良い

▼ 氣つけ~ (3, 0.0%)

1 て生き, の賓丹, を注射

▼ 氣づかつた~ (3, 0.0%)

1 が子供心, この暑熱, 私は

▼ 氣づかれる~ (3, 0.0%)

1 がそれ, のみである, ほどのはつきり

▼ 氣づけられた~ (3, 0.0%)

3 やうに

▼ 氣づける~ (3, 0.0%)

1 かど, と, に十分

▼ 氣でございます~ (3, 0.0%)

1 な, よ, よ親分さん

▼ 氣でなかつた~ (3, 0.0%)

1 が仕方, ことは, に相違

▼ 氣でなき~ (3, 0.0%)

1 やどんな, や煙草入, アあんな

▼ 氣でを~ (3, 0.0%)

2 ります 1 れるので

▼ 氣という~ (3, 0.0%)

1 た場合, ものが, 奴が

▼ 氣とともに~ (3, 0.0%)

1 夜を, 烈しく感じ出した, 白い肩

▼ 氣など~ (3, 0.0%)

1 一體に, 全く無し, 起こらうとは

▼ 氣などといふ~ (3, 0.0%)

1 ところの, のは, 語は

▼ 氣などを~ (3, 0.0%)

1 かけるやう, 嗅いだり, 嗅ぐほど

▼ 氣について~ (3, 0.0%)

1 ながれた, 大いに省みられる, 相談を

▼ 氣になんか~ (3, 0.0%)

1 なるものぢ, なれぬ, 鬱いで

▼ 氣にもな~ (3, 0.0%)

1 つて, つてただかの, つてゐた

▼ 氣のよ~ (3, 0.0%)

3 かつた

▼ 氣のり~ (3, 0.0%)

2 もせな 1 のしない

▼ 氣みたい~ (3, 0.0%)

1 なもの, な顏, にふんはり

▼ 氣むづかしい顏~ (3, 0.0%)

2 をし 1 を續

▼ 氣上り~ (3, 0.0%)

1 のやう, の氣, の細君

▼ 氣仕事~ (3, 0.0%)

1 がいとわしく, として餘程, を續

▼ 氣付け~ (3, 0.0%)

1 に冷酒, の鹽, を一服

▼ 氣取らず~ (3, 0.0%)

1 に彼, に筋, オシャベリで

▼ 氣取られ~ (3, 0.0%)

1 てはならぬ, て俺, 翌る

▼ 氣問題~ (3, 0.0%)

1 で冷笑, は幾多, を別

▼ 氣強く~ (3, 0.0%)

1 なつて來, 思つた, 思はせる

▼ 氣忙しい~ (3, 0.0%)

1 のだ, 氣持に, 鳥影が

▼ 氣忙しく~ (3, 0.0%)

1 あちこちの, なつて, ヒステリックに

▼ 氣昂然~ (3, 0.0%)

1 たり, たる其の, として

▼ 氣無し~ (3, 0.0%)

1 の健康, の官舍, の疣尻卷

▼ 氣疲れ~ (3, 0.0%)

1 とで忽ち, のせゐか, 魂倦れ

▼ 氣病み~ (3, 0.0%)

1 になつて, に影つた私自身, も加

▼ 氣軒昂~ (3, 0.0%)

1 たるあり加, たる上京, であり大村益次郎

▼ 氣過ぎ~ (3, 0.0%)

1 てひどく, て付合, て遊び好き

▼ 氣長く~ (3, 0.0%)

1 待ち而, 我船の, 築きあげたるもの也

▼ 氣附かず~ (3, 0.0%)

1 にゐた, に譯, 唯平然下座敷

▼ 氣附き~ (3, 0.0%)

1 になつ, はしません, 自分の

▼ 氣~ (3, 0.0%)

21 さと

▼ 氣ありし~ (2, 0.0%)

1 にあらず, にも拘らず

▼ 氣~ (2, 0.0%)

1 ツぱいに, 付けな

▼ 氣かといふ~ (2, 0.0%)

1 のさ, ので

▼ 氣かへ~ (2, 0.0%)

2 あゝ行く

▼ 氣がかは~ (2, 0.0%)

1 つていい, つてしまつ

▼ 氣こそ~ (2, 0.0%)

1 常に汝, 餘り有れ

▼ 氣この~ (2, 0.0%)

1 通りだ, 通り醉つても

▼ 氣ごころ~ (2, 0.0%)

1 に對, もぴつたりしてゐたにちがひない

▼ 氣ごみ~ (2, 0.0%)

1 いはうと, にて聟さま拂底

▼ 氣さうに~ (2, 0.0%)

1 見えるあんなに, 見えるもの

▼ 氣させ~ (2, 0.0%)

1 ている, て最

▼ 氣ざし~ (2, 0.0%)

1 てゐる, はございました

▼ 氣その他~ (2, 0.0%)

1 に就い, のお

▼ 氣~ (2, 0.0%)

1 此中にも, 火事は

▼ 氣たる~ (2, 0.0%)

1 や駁雜, 無形無臭の

▼ 氣だの~ (2, 0.0%)

1 元氣, 邪氣だの

▼ 氣だる~ (2, 0.0%)

1 げに, さうに

▼ 氣つよく~ (2, 0.0%)

1 なりし八月, 成し八月

▼ 氣づかせる~ (2, 0.0%)

1 ことは, やうな

▼ 氣づかれまい~ (2, 0.0%)

1 として何, と思つて

▼ 氣づきし~ (2, 0.0%)

1 が中, が草木

▼ 氣づよいものと~ (2, 0.0%)

2 恨まれる女

▼ 氣でございました~ (2, 0.0%)

1 のでつい, よ

▼ 氣でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ば店賃

▼ 氣とから~ (2, 0.0%)

1 のがれようと, 成る

▼ 氣とを以て~ (2, 0.0%)

1 それに, 滿たされた

▼ 氣と共に~ (2, 0.0%)

1 それさへ, 冷え渡つて寒

▼ 氣どり~ (2, 0.0%)

1 が鼻, なしに

▼ 氣なかつた~ (2, 0.0%)

1 かとしみじみ, のに氣

▼ 氣などが~ (2, 0.0%)

1 いくら言葉, 判るもん

▼ 氣なり~ (2, 0.0%)

1 あの子, 力なり

▼ 氣なんかに~ (2, 0.0%)

1 なつちやいけない, 負けち

▼ 氣になんぞ~ (2, 0.0%)

2 懸けなくても

▼ 氣にばかり~ (2, 0.0%)

1 して, 成つて居る

▼ 氣のせゐである~ (2, 0.0%)

1 かも知れなかつた, にし

▼ 氣のみ~ (2, 0.0%)

1 忙しく動い, 然る

▼ 氣はげしく~ (2, 0.0%)

1 なり, 續き

▼ 氣~ (2, 0.0%)

2 つけて

▼ 氣ぶつ~ (2, 0.0%)

1 せいな, せいに

▼ 氣まぎれ~ (2, 0.0%)

2 に呑ん

▼ 氣むずかし~ (2, 0.0%)

2 げな

▼ 氣むつかし~ (2, 0.0%)

1 げにあたり, げにぢ

▼ 氣むつかしく~ (2, 0.0%)

2 外目に

▼ 氣むづかしい方~ (2, 0.0%)

1 でゐ, で夜分

▼ 氣むづかしい處~ (2, 0.0%)

2 から無敵

▼ 氣むづかしくなつて~ (2, 0.0%)

1 居りました, 行くの

▼ 氣やすめ~ (2, 0.0%)

1 のためわれ, ばかりでない

▼ 氣やら~ (2, 0.0%)

1 苦勞やら, 蘊蓄ある

▼ 氣よく細い~ (2, 0.0%)

2 綱の

▼ 氣よりも~ (2, 0.0%)

1 共鳴作用を, 多くの

▼ 氣らく~ (2, 0.0%)

1 な所, に娯樂

▼ 氣らしう~ (2, 0.0%)

2 吸立てた

▼ 氣らしき~ (2, 0.0%)

2 生れなれ

▼ 氣をかへ~ (2, 0.0%)

2 たやう

▼ 氣をも~ (2, 0.0%)

1 あまり大事, 平氣でく

▼ 氣一方~ (2, 0.0%)

1 に正直律義, の村人たち

▼ 氣上る~ (2, 0.0%)

1 とあるに, の義

▼ 氣不味~ (2, 0.0%)

1 さが, さを

▼ 氣仕掛~ (2, 0.0%)

1 でぐる, でごろ

▼ 氣付いたら~ (2, 0.0%)

1 學生は, 武士は

▼ 氣付いたらしく~ (2, 0.0%)

1 そんな事, 吸ひ込まれる

▼ 氣付かなかつた~ (2, 0.0%)

1 と安藤, ので多分

▼ 氣付かれず~ (2, 0.0%)

1 に後ろ, に防雪林

▼ 氣付きました~ (2, 0.0%)

1 があまり, が恐ろしい

▼ 氣付け藥~ (2, 0.0%)

1 を呑ませる, を服

▼ 氣以上~ (2, 0.0%)

1 に何, のもの

▼ 氣兼ね~ (2, 0.0%)

1 がする, がなく

▼ 氣~ (2, 0.0%)

1 した諸, し神聖

▼ 氣及び~ (2, 0.0%)

1 温度との, 節制を

▼ 氣取らない~ (2, 0.0%)

1 のが, 匂ひ

▼ 氣取りたる~ (2, 0.0%)

2 も買

▼ 氣好み~ (2, 0.0%)

1 のお, の女

▼ 氣弱い~ (2, 0.0%)

1 事語り, 性質と

▼ 氣弱く~ (2, 0.0%)

1 人を, 成つたのかと

▼ 氣忘れし~ (2, 0.0%)

1 と, めんと

▼ 氣感情~ (2, 0.0%)

1 が多少, を抱い

▼ 氣懸り~ (2, 0.0%)

1 さに, ゆゑ俺ゃもう決して

▼ 氣投合~ (2, 0.0%)

1 した, したり

▼ 氣拙い~ (2, 0.0%)

1 ことに, もので

▼ 氣有る~ (2, 0.0%)

1 が故に, は則

▼ 氣横溢~ (2, 0.0%)

1 するもの, で進取果敢

▼ 氣次第~ (2, 0.0%)

1 で早かれ, で昇つて

▼ 氣毘賣~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 氣~ (2, 0.0%)

1 も魂, 即ち心

▼ 氣永く~ (2, 0.0%)

1 存する, 待つて

▼ 氣~ (2, 0.0%)

1 さに, さや

▼ 氣無く~ (2, 0.0%)

1 何か, 俎板の

▼ 氣無駄ばなし~ (2, 0.0%)

2 の取りやり

▼ 氣特有~ (2, 0.0%)

1 のスッパイよう, の一種

▼ 氣盛ん~ (2, 0.0%)

1 なる人々, な年齡

▼ 氣立ち~ (2, 0.0%)

1 て, 騎馬は

▼ 氣立つた~ (2, 0.0%)

1 富山七之助の, 日々に

▼ 氣節制~ (2, 0.0%)

1 の諸, の象徴

▼ 氣紛れ者~ (2, 0.0%)

1 であつ, でね

▼ 氣~ (2, 0.0%)

1 には茶, に茗氣

▼ 氣~ (2, 0.0%)

2 の井

▼ 氣見舞~ (2, 0.0%)

2 に來

▼ 氣詰りな~ (2, 0.0%)

1 丸善も, 人に

▼ 氣遣い~ (2, 0.0%)

1 はあるまい, はない

▼ 氣配り~ (2, 0.0%)

1 のため, 眼配り

▼ 氣附かれず~ (2, 0.0%)

1 に出, に進行

▼ 氣馥郁~ (2, 0.0%)

1 たるもの, たる乙女

▼ 氣高い美しい~ (2, 0.0%)

1 人, 女である

▼1* [600件]

、騎氣烏氣なんどと云, 氣あいあいとして寄り集うた, 氣あいあい卑屈やニヒル, 氣あしきため病み, 氣ある仕女畫, 氣いおとす事も, 氣いかに密なり, 氣いかほど勝るとも, 氣いふな, 氣いまださだまらざるとき, 氣いよいよつのる不安, 氣いろのつよい, 氣い利かして一人, 氣うとさう, 氣ほけれや, 氣おくれせす再ひ, 氣おされて, 氣おとろへ, 氣おのづから, 氣おもで隨つてあまり多く旅行, 氣かなと三十男の, 氣かね一片食ぶんの, 氣がかはり過ぎて, 氣がかへつてきた, 氣がさつぱりすると悦んだ, 氣がしかかつてゐます, 氣がとツ付い, 氣がねは全くない, 氣がねもあるらしくこれ, 氣がねやはにかみなど, 氣がもーツと, 氣がるさうなもの, 氣くばりが無く, 氣くらべは遂に, 氣くらべだね, 氣ぐみを持つ, 氣ここにも浮び, 氣これを汝, 氣さうぢや, 氣さうだなア, 氣さうだつたが, 氣さうですが平次, 氣さうな若い藝者を, 氣さうに唄を合, 氣さうに懷手をし, 氣さうに紅の這入つ, 氣さうに聽いて, 氣さうに言つたこと, 氣さうに顏を出した, 氣さえしたの, 氣さかんに食慾, 氣させねえでなア, 氣さね此も, 氣さりながら姿, 氣したら看護婦の, 氣しつかり持てよ, 氣しない人間の, 氣やアうんざり, 氣じみてゐる, 氣じみた放縱に, 氣じゃなんぼ奴, 氣がたに, 氣すさまじき共に寧樂美術, 氣すらなささうだ, 氣すりや病院さ, 氣せられるより用, 氣せんばかりになった, 氣はしげな, 氣そのま, 氣それ等は寧ろ, 氣たことぢ, 氣たつぷりで誰にでも, 氣たらしむるに, 氣たらず氣は, 氣だかんな, 氣だけだつた, 氣だけが私には, 氣だけがかはるわけ, 氣だけでも樂ぢや, 氣だしつかり搜せ, 氣だちていち, 氣だつてくる, 氣だつたさうですよ, 氣だにあらしめむか必ずや, 氣だのといふこと, 氣ちがいになる, 氣ついて來, 氣ついてたのよ, 氣つかず之を, 氣つけられて仕事, 氣つけ藥の瓶, 氣つたら無かつ, 氣つて云ふが, 氣づいた如く手古奈の, 氣づいた如くたとひ, 氣づかいはありません, 氣づかう筈が, 氣づかずまばたきもしない, 氣づかず思はぬ失敗を, 氣づかせてゐなかつた, 氣づかせずにあの, 氣づかせまいとする, 氣づかなかったとはいえ, 氣づかなければならぬ, 氣づかぬらしく内田は, 氣づかねばならぬ, 氣づかはれて或は, 氣づかはれまいとする, 氣づかひし空霽れ, 氣づかひしが夕暮方その, 氣づかひなら扉を, 氣づかふのを, 氣づかふならんかくては, 氣づかへるもありし, 氣づかれた事實である, 氣づかれぬ樣に, 氣づかれ報いられたときには, 氣づきでしたか, 氣づきましたが餘程, 氣づき視覺を, 氣づけえはねえがその, 氣づけようとした, 氣づけられてゐる, 氣づけられる一人である, 氣づまりかと思つたら少し, 氣づまりから殆ど不, 氣づまりだつたのでボオイが再び, 氣づまりを感じながら, 氣ても居るが, 氣てるやうに, 氣であったが, 氣でからかふの, 氣でございまして閣下, 氣でしつとりしてゐた, 氣でと話し末野, 氣でなかつたならばもう少し, 氣でなくたつて縹緻, 氣でなく頼むやうに, 氣でぶつきらぼうですわ, 氣でやすてい, 氣といへる不思議, 氣といふは喩へば, 氣とかいふ言葉に, 氣とかに似た私, 氣としか起つて, 氣とぼしい岩の, 氣とりの世界, 氣どころかほんた, 氣どころぢやない, 氣ない寂しさを, 氣なおももちを, 氣なかんずく途方も, 氣ながらも分り始めた, 氣なくちがつた言葉, 氣なくなりて悄然, 氣なく小さい乍ら手入れの, 氣なく強く表は, 氣なく良い聲で, 氣なく近よつて, 氣なく高き帽を, 氣なければ彼活溌, 氣なぞはもう無, 氣なつらをし, 氣などと氣の, 氣などにはなれなかつたの, 氣などの働である, 氣なども強いし, 氣などをも含めて, 氣ならぬわが墓, 氣なりし樣子までが, 氣なりとしては意を, 氣なんぞ棄て, 氣なんぞにや負けらツ, 氣なんぢやなく, 氣なんていやな, 氣なんどと云, 氣な悶えをかんずる, 氣な曇りのない, 氣な浮ばない顏色を, 氣にかけ出して, 氣にかけもしません, 氣についてのみでは, 氣にでもかかつてやけくそ, 氣にでもなつた日には, 氣にと心掛ければ, 氣にのつかつて, 氣にばかし成つて, 氣にまでなつた人な, 氣にやなれんからなあ, 氣ぬかすな, 氣のしをらしや, 氣のせゐかぐつと大人び, 氣のせゐでありませうそれには, 氣のせゐなのか, 氣のそよとも動かぬ, 氣のちひさい勇, 氣のどかにて船頭共, 氣のなほりがけの, 氣のほどを見せて, 氣のみとは南華經の, 氣のみに着眼せよ, 氣はうづまきぬ, 氣はかはらなかつたので, 氣はずつと重くな, 氣はまるでなかつたし彼, 氣ばかりかと思つたら, 氣ばかりでせう, 氣ばかりの中年の, 氣ひろびろした庭園, 氣ふかく立ち舞へば, 氣ふれ婆の, 氣かき, 氣ぶんでは豫言者, 氣たのしげ, 氣への途に, 氣へまで餓ゑま, 氣がらに, 氣まくらの口金, 氣まぐれ藝當かの二つ, 氣まさりて先, 氣まずさを, 氣また奮ひ, 氣までには至らずとも, 氣まり惡げに手, 氣まり惡さうに二人は默つて, 氣まり惡さうに私に白状, 氣まり惡さうに笑ふ, 氣まり惡さうに答へた, 氣まり惡さうに顏を赧くし, 氣みちて, 氣むずかしい子です, 氣むずかしくなつて, 氣むつかしい顏を, 氣むづかさうな男ですが, 氣むづかしいからそれくらゐの, 氣むづかしいところがあると聽いて, 氣むづかしいんだらうと私はさ, 氣むづかしい事と言, 氣むづかしい人を喜ばす, 氣むづかしい心の状態, 氣むづかしい湖へコース, 氣むづかしい男とも見られます, 氣むづかしい背中の子供, 氣むづかしい貧乏武士くらゐにしか, 氣むづかしい顏付で一つ, 氣むづかしく呟きました, 氣むづかしくうなづく半之丞を平次, 氣むづかしくて夜半過ぎまで店中, 氣むづかしくて意見を言, 氣むづかしくなつたのにおどろいたのであつたけれどしかしそれ, 氣むづかしくなつたり泣いたり, 氣むづかしくなつて歸郷した, 氣むづかしくなつて雨氣をふくんだ, 氣むづかしくはなつて居るに, 氣むづかしく末は活溌, 氣むづかしげな建物の横, 氣むづかしげな樣子をした, 氣むづかしげな顏をした, 氣むづかしさうですがその代り, 氣むづかしさうな板屋主水涙を流し, 氣むづかしさうな顏をし, 氣むづかしさうにビイルを飮ん, 氣むづかしさを一人で引受けた, 氣むづかしやで意地わるで, 氣むづかし相な男, 氣めいたくだらない事, 氣めでたき日の, 氣もし出したり, 氣もち通りにあちこち, 氣もて我に, 氣やすくなつて, 氣やすく若さと, 氣やらがムッと, 氣ゆゑ家内と妹, 氣よくコツコツとステツキ, 氣よくピンと撥ね, 氣よく始終甲板を, 氣よく美しく坐つて, 氣らくに何でも, 氣らしくつぶやかせたがその, 氣らしく思はれるおそれ, 氣らしく生やしいつもまぶし, 氣らしく見えるのが, 氣をこそは望みしか, 氣をぞつとする, 氣をだに留めざりき, 氣をと思ふと, 氣をなほさなければ, 氣をば之を, 氣をやはらげ, 氣を通してその布, 氣を通じて來る, 氣時でもから, 氣スタンドを引き寄せ, 氣てな甚, 氣トロイアの, 氣入リマシタナ, 氣ニシテ幸福多ク, 氣罹れデ, 氣行詰リテ, 氣ミシンもいつ, 氣ロールの費, 氣皷舞スルノ功偉大ナルハ期シテ竢ツヘキナリ書成ルニ及ヒ鄙見ヲ書シ序ト爲ス, 氣一たび生ずれば, 氣一ぱいで會場, 氣一世の氣, 氣一交友團の氣, 氣一人の氣, 氣一人種の氣, 氣一國の氣, 氣一字でも氣息, 氣一日の時, 氣一節乃至一年, 氣一職業團の氣, 氣一脈芳霞靉靆く, 氣一脈蘭の香, 氣一階級間の氣, 氣三郎の持つ, 氣上昇し冷やか, 氣不味いことを, 氣不味く暮した事, 氣へつ, 氣中り氣味で, 氣乳氣の如く, 氣二十六歳のフオン・シーボルト, 氣二十四節は二十四節, 氣の氣, 氣の氣, 氣今日こそ歩ける, 氣介抱やらで, 氣仕掛けに通じ, 氣付かせなかつたものらし, 氣付かねばならない, 氣付かれまいと憔悴, 氣付き以前とは違つた眞劍, 氣て我國, 氣任せにし, 氣例年見ざるところ, 氣依然在, 氣俳優の似, 氣催促も平, 氣充ちあふれたこの不思議, 氣先生甚だ得意, 氣光線地物等に關, 氣光線此等の事, 氣氣は, 氣入院中の事, 氣全く沈みさる, 氣全快してから, 氣八十七刻六分に始ま, 氣の氣, 氣六ヶしい言語擧動, 氣六十年は六十年, 氣其他あれこれのこと, 氣其處を見込ん, 氣具合で變, 氣兼ねしておど, 氣兼ねなのである, 氣凝る氣戻る, 氣べて六十歳, 氣出さないかん, 氣出すもんぢや, 氣分子による分解作用, 氣分解つまり電氣の性質内容, 氣初夏の如し, 氣剛強の不屈, 氣化して姿容, 氣匠氣乳氣の如く, 氣十分の男であるから, 氣博物館といふよう, 氣取らうとして益, 氣取らせないくらゐだ, 氣取らなけれあいい, 氣取られたんぢや, 氣取りげなく毫末, 氣取りめがと顰蹙, 氣取り屋なの, 氣取り氣のない, 氣受けも極め, 氣吸氣出氣, 氣吹き込めば, 氣氣, 氣呼び出せ武器持ち, 氣呼吸の害, 氣呼氣は, 氣嘘氣呵氣, 氣嘲罵も近隣, 氣の氣, 氣地色形體音その他一切の外物, 氣堪へがたくなつ, 氣増長いたし血路, 氣壓搾喞筒等に依る, 氣壓搾喞筒電氣力發機等の緻密, 氣大いに沮喪し, 氣の數水, 氣天象の唄, 氣奮鬪誠實戀と生命, 氣好き折かしこに尋ねゆき, 氣好き日の朝舟, 氣安いやうです, 氣安い寂しさで, 氣安さの對象, 氣定めて多し, 氣容易に去らず, 氣密度は皆一樣, 氣寫眞版及び凸版, 氣寸毫のたるみ, 氣少々氣が, 氣履氣少室氣, 氣山葵は山葵, 氣工氣匠氣乳氣の如く, 氣幅物を藏, 氣平次もさすが, 氣平癒になりませう, 氣弛んで一日々, 氣弱きを, 氣張りやうだな, 氣さにおいては, 氣強暴之性質, 氣彼岸の中日, 氣隱居樣の, 氣忙しさに, 氣恐慌で餓孚途, 氣恢復期の健康, 氣悠揚として壇, 氣悠長硬直などすべて, 氣憂氣驕氣, 氣氣爭氣等は, 氣懈い笑ひ, 氣懶い氣持は, 氣懸りなのは, 氣戻る氣暴ぶ, 氣才氣眞氣などといふ語, 氣打たせながらただ, 氣につけ, 氣抵抗の少い事, 氣拙く時には生, 氣招致に適した, 氣持つてそり, 氣振り起しまともに, 氣振り起せ今こそ, 氣散じに便利, 氣新秋に入る, 氣新鮮な野菜, 氣日及天の氣, 氣易い態度は, 氣の如き, 氣晴らしにもなる, 氣ぶ氣, 氣有るべき道理である, 氣朦朧鈍頭痛耳鳴りそして後頭部半面, 氣染みた勸めを, 氣染みる迄活動, 氣校長教員を始め何百, 氣極めて重態な, 氣概況や漁業氣象, 氣構えが仄, 氣構造であること, 氣横綱を獨占, 氣機器あり, 氣此等の或は, 氣死氣病氣憂氣驕氣, 氣殆ど當る可, 氣毒氣があり, 氣の如く, 氣汽車に迫れり, 氣沈む氣浮く, 氣沙汰は看過, 氣沮喪したかに, 氣沸騰して, 氣治療的手段にばかり落ちた, 氣治癒の保證, 氣波動を伴, 氣津液血脈の六者, 氣流行の消息, 氣浮く氣等あらゆる, 氣涸れむとして, 氣涼しき處を, 氣淪落その存在, 氣清く神澄み, 氣清爽とか平和, 氣湯煙を立て, 氣溌剌だ, 氣溌剌たるを崇敬, 氣溌溂たる政治家たる, 氣の工合, 氣激しく物凄く大喝しつ, 氣は是物, 氣炬燵がし, 氣烏氣なんどと云, 氣邪氣つて云ふ, 氣無き能は, 氣無精と脚, 氣營頭氣車氣騎氣烏氣なんどと云, 氣爭氣等は其の, 氣爽快なる塲所, 氣状態及び之, 氣狂いじみた考え, 氣狂い野郎が昨夜, 氣狼藉の客, 氣且人に, 氣玄天の氣, 氣生じて而, 氣由三は暗い, 氣疎いことが, 氣疎くなツ, 氣疲れ力衰へたれ, 氣疾く盡き, 氣病みだといふお, 氣病氣憂氣驕氣, 氣療養の爲逗子, 氣癇癪怒罵, 氣百倍心のたけり, 氣百倍息をもつかせず, 氣百變して, 氣し異例, 氣盛りなる風貌に, 氣の感情, 氣眞氣などといふ語, 氣着いたのである, 氣知らずの巨利, 氣知識敬虔及び敬, 氣短く思はないで, 氣研究法などを體得, 氣神州を隘, 氣窒素瓦斯水素瓦斯眞空等に入れ, 氣窮まりなきもの, 氣立ち日は寒し, 氣には竹氣, 氣素天の氣, 氣絶えいるばかりになりぬ, 氣絶えし渡殿の, 氣絶えたる木立を, 氣緊張して, 氣考察を以て書, 氣肩入れが出, 氣自分の生活, 氣臭く靜まり返つ, 氣芬芬だつたさうだ, 氣若殿も馬, 氣苦しさや, 氣苦しく感ずるので, 氣草履をはい, 氣蒼天の氣, 氣蓄音機を購, 氣やかな物音, 氣血氣才氣眞氣などといふ語, 氣衝天の勢, 氣負けをし, 氣に浸, 氣車氣騎氣烏氣なんどと云, 氣軒昂我れ能, 氣じて, 氣辛いし湧き返る, 氣込みぢやない, 氣込みましたもうわかり, 氣込んだ樣子を, 氣ひやらはれて, 氣過ぎますぜ親分, 氣過ぎやしませんか髯, 氣過ぎ前身に唯, 氣遠いといふ心持ち, 氣遠く夏は, 氣遣うてもともと, 氣遣うらしく私を, 氣遣れたけれどもつひ, 氣都合がよけれ, 氣重いものが, 氣重き虚空鞭うつ, 氣重態との事, 氣量子の倍數, 氣の色, 氣鋭く強しとも此, 氣長き爲に, 氣阻喪を自己, 氣附かなかつたまつ暗, 氣附かなかつたらしいがそれ, 氣附かなかつたらしくやつぱり手紙を, 氣附かぬ如く肩越しに, 氣附かぬ如くであつた, 氣附かれないやうに, 氣附かれぬことが, 氣除かずと許, 氣除けの石炭酸, 氣陽炎の中, 氣雪氣の如き, 氣霜氣雪氣の如き, 氣響きの約, 氣にくじけ, 氣頗る正大なる, 氣風俗習慣言語此等のもの, 氣風情の懷, 氣颯爽として滿座皆, 氣飽く迄逞しき同名二人アイアース, 氣氣憤, 氣高き美しき女子も, 氣高く厚く壘立てたる, 氣高く麗しきその面輪, 氣鬱結して, 氣鼠たちの苦し