青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「漱石~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

滝~ 滞在~ 滿~ 漁師~ 演出~ 演劇~ 演奏~ ~演説 演説~ 漢~
漱石~
~漸く 漸く~ ~潜ん 潜ん~ 潜水~ ~潮 潮~ ~激しい 激しい~ ~激しく

「漱石~」 1141, 12ppm, 8912位

▼ 漱石~ (273, 23.9%)

7 と私, はその 5 の寓居, はまた 4 の句 3 が, の, の家, の手紙, もまた

2 [16件] から私, がまだ, に就い, に話した, のよう, の口, の室, の書斎, の謡, の顔, は, はまだ, は一人, は熊本, もその, を訪問

1 [198件] からはまだ, から云え, から時々, から滝田氏, から聞い, から送った, か小生, がその, がその頃, がそんな, がよく, が亡くなった, が何日, が修善寺, が先年京都, が創作, が折角, が招待, が文部省, が新妻, が新聞雑誌, が書いた, が朝日新聞, が東京俳友, が熊本, が留別, が立っ, が胃潰癰, が芝居, が蘊蓄, が褒め, が連句, だつた, であったが, とかのもの, とどういう, との両, との間, とはよほど, とは一緒, とは俳体詩, とは調子, と一緒, と京都, と前後, と同じ, と居士, と是公氏, と若い, と連れ立っ, と道後, などから見たら, などはその, などは定め, などは眼中, に, には書齋號, にも何, に依頼, に変っ, に宛て, に宛てた, に話し, に逢った, のごとき, のただ一枚, のところ, のは白, のもと, の一年半, の下, の下宿, の不平, の乱調, の京都滞在, の仮寓, の住まわれた, の作品, の倫敦, の傍, の名, の名前, の姿, の学生小説, の宅, の帰朝, の後ろ姿, の心, の意向, の感懐, の数十本, の文芸, の文鳥, の旧居, の明暗, の書, の最も, の最後, の模様, の機嫌, の次, の注文, の消息, の生涯, の画, の留守中, の発音, の皮肉, の着, の瞑目, の神経, の葬式, の記憶, の評された, の談話筆記, の鋭い, の門下, の面影, の面白い, はあまり, はいつも, はこれら, はじつと, はそこ, はそれ, はそんな, はどうして, はどこ, はますます, はまた上, はもう, はよほど, は一向, は一番町, は一高, は下鴨, は不思議, は不思議そう, は主として, は京都, は他, は何度上京, は何時上京, は億劫さうに言, は優しく, は別号, は前, は創作, は大学, は子規居士, は小説家, は常に, は応えた, は忠実, は愉快そう, は拙く, は振返っ, は文章, は書い, は最も, は月給, は松山, は棚, は残り惜し, は洋服, は無造作, は物, は猿楽町, は留守, は私, は立っ, は笑わず, は答えた, は英文学者, は言った, は話した, は近頃よく, は非常, は頻りに, は香港, は驚いた, は高浜, へも教, も上, も京都, も別に, も滝田氏, よりもかえって, よりも寧ろ, をその, を一夜, を中心, を芝居, を見下し, を見出した, を見送っ, を見送る, を迎え

▼ 漱石~ (216, 18.9%)

5 思い出 4 作品の 3 作品に, 感覺の, 知と

2 [13件] ことを, ように, 墓に, 姿を, 態度に, 態度は, 散文は, 文章の, 晩年の, 視覺, 話を, 遺族が, 門に

1 [172件] あらゆる他, うしろ姿が, おかげで, ことで, その樂, それに, と紅葉の, どこかしらに, ほうが, むきな, もつスタイル, ものを, ような, よわさ, イギリス文学の, インテリは, サロンには, デリケートな, ヒューマニスティックな, リアリズムが, リアリズムの, 三四郎が, 下等という, 世界に, 両性相剋の, 主観の, 云わば, 人間に対する, 何かの, 作品が, 作品と, 作品には, 作品を, 作家としての, 例を, 俳句の, 偉大さである, 全作品, 全著作, 全集いよいよ, 内的生活の, 内省の, 内部には, 写真に, 写真を, 初期の, 匂いと, 十八世紀の, 原稿が, 友人で, 古い友人たち, 名を, 名をすら, 味覺の, 命日, 嗅覺が, 嗅覺には, 坊ちゃんだ, 型式美の, 場合その, 場合としては, 墓, 大患を, 女の, 女性が, 女性観は, 妻君の, 姿だけは, 家が, 家庭の, 家庭生活が, 小品も, 小説です, 小説は, 小説を, 居た家, 幼年時代貧弱極まる, 影響は, 彼岸すぎまでを, 後継者では, 御弟子, 心に, 心境は, 心持は, 悲痛な, 感覺, 憎み通したもの, 所に, 所へ, 所謂, 手紙が, 才人も, 批評は, 批評を, 提撕を, 故事を, 教養の, 教養を以て, 文体が, 文学の, 文学を, 文学作品を, 文学態度とも, 文学森鴎外の, 文学的活動は, 文学論を, 文学論十七世紀英文学史いずれも, 文章は, 方から, 方が, 旧友が, 明るいサロン, 書いたもの, 書画に関する, 最後の, 有って, 有名な, 未亡人という, 権力, 歴史を, 死後である, 死後十年の, 没したとき, 没後にも, 爲に, 生活と, 生涯では, 男心です, 畫, 畫の, 目的は, 眼力も, 神経症状の, 系統での, 系統に, 紹介で, 繪具の, 美と, 聽覺の, 自己への, 自覚に, 自転車で, 良心が, 芸術と, 芸術には, 草枕を, 著書は, 西欧的教養は, 観念の, 言つた通り, 訃に, 話が, 談話の, 諷刺は, 諸長篇, 講演速記が, 警句, 豊富さと, 追求も, 遺作で, 遺族などは, 金剛草の, 長男とは, 長篇を, 門下で, 門下であっ, 非人情も, 非人情論は, 面ざし, 面影を, 體驗が, 魅力の

▼ 漱石~ (151, 13.2%)

4 日本の 2 十八世紀の, 家庭の, 彼の, 良識に

1 [139件] あの男, あまり, あまり寫生, いかにも愉快そう, いかにも楽し, いつだった, こういう社会層, この作, この小説, この習慣, しかしそう, しまひ, そういう作品, そういう心持ち, そういう風, そうした資質, そう語り, そこでは, その人, その作品, その己, その招待, その日, その遺した, ただその, だが一身上, とらえこの, どうして直, どちらかと, なかなか腰, もうちゃんとそこ, より多く視覺型, イギリス文学, イギリス風の, ジョンソンを, ディフォーの, ナチュラリスムと, ブルジョア, ロックや, 一郎という, 七月三日に, 世間全体が, 五高で, 今日の, 仕事が, 以上の, 低俗軽薄文学也と, 何か, 作の, 作品の, 例へば山肌, 倫敦の, 偽りで, 別に勢い込ん, 則天去, 前の, 勝負事には, 十六七以後は, 半切に, 単に作家, 句は, 同じ, 君が, 周囲に, 喜劇が, 四十から, 執拗に, 変な, 多くの, 大学の, 大學, 女が, 女を, 婦人に対して, 学問を, 学習院という, 実際の, 客を, 家人の, 家庭では, 寒い色, 寺田寅彦などから, 座ぶとんの, 当時の, 彼が, 心得て, 志賀君に, 志賀直哉君の, 思想家では, 懷疑主義者であり, 政治家嫌いだった, 教育や, 散文と, 文学的生涯の, 日本文学の, 明らかに, 明治三十三年九月八日に, 昨日死んださうだ, 時代の, 晩年こそ, 普通の, 更に其, 本当の, 本郷の, 杭打つ, 椅子とか, 権力, 権力と, 正面から, 池辺三山の, 決してそれ, 生れつきカラリストだつた, 生彩を, 畫家の, 私の, 立って, 純然たる, 結婚が, 翻って直, 胃文学ストリンドベリーは, 自分は, 自殺だの, 自然主義に, 船に, 船の, 色々な, 色の, 花袋君及び, 若いころ, 蕪村の, 西洋文学と, 西田先生の, 觸覺そのものを, 言葉に, 話したの, 講演の, 遂に出ぬ, 霹靂の, 飾らない言葉

▼ 漱石先生~ (90, 7.9%)

63 の追憶, の靈前 2 が, がいかに, がこの, の話

1 [70件] がああ, がかつて, がそれ, がただ一度, が倫敦, が原文, が居る, が未だ, が津田青楓氏, であったという, でもこれ, と冬彦, と寺田先生, など持ち合せ, に, にされた, にされたらしい, にその, にドイツ語, に俳句, に手引き, に話された, に話されたら, のいわゆる, のその, のところ, のやう, の処, の創造, の南山松竹, の句, の実感, の小説, の心, の息, の所, の手紙, の手記, の書いた, の書かれた, の書一軸, の熊本時代, の特異, の紹介, の耳, の自筆, の詩, の追憶談, の面會日, の顏, は, はこの, はしきりに, はその, はもっと, は一々, は一度, は偉い, は傍ら, は巻中, は既に, は森さん, は毎朝便通, は現代作家中, は野々宮さん, へ今日飯田橋, も大変興味, も書斎, も青磁, より経験

▼ 漱石~ (66, 5.8%)

2 教師を, 朝日新聞に, 自分の, 視覺

1 [58件] いいと, この明治四十年, その作品, その恋愛, その精力, その進歩性, それ等に対して, のこして, はじめて訪ね, よっぽどいい, よりよい, カーライルの, スウイフトの, ロマンだ, 一言の, 人間性の, 作家として, 作家的また, 先生という, 先生を, 只もう二箇, 大に, 大正三年に, 大衆性を, 天才か, 女性に対して, 妻の, 学究では, 実に容赦, 彼の, 心配し, 思想家であった, 我とも, 描いた藤尾, 描こうと, 文学論の, 文展の, 旧道徳, 権門富貴に, 此岸から, 死去し, 毎週自分の, 決して意識, 深い知識, 熊本で, 独歩君に, 生前仲のよ, 生涯の, 矛盾に, 第一, 結婚しない, 自ら満足する, 芥川に, 英国で, 講演の, 軽薄な, 輔仁会で, 門下の

▼ 漱石~ (31, 2.7%)

1 [31件] えらい作家, くさすの, さそい出しに, つれて, なつかしが, ほめるもの, よみ直しいろいろ, 一個の, 一種の, 博士呼ば, 取り巻いて, 呼びに, 大いにケナ, 天下に, 始めて, 志して, 批難する, 核と, 横浜まで, 気の毒に, 気違いじみた, 狙って, 癇癪持ちの, 知らんと, 筆頭に, 見て, 見ろとか, 訪ねた, 讀むこと, 身近に, 非難攻撃などという

▼ 漱石~ (27, 2.4%)

2 楯を, 限らず一體

1 [23件] あっては, したよう, しても, しろ文学, しろ森鴎外, しろ荷風, とつてこの, ひっかけたので, アブノーマルな, 会えたよう, 接して, 接しはじめてから, 推賞された, 教わった人たち, 比べて, 淵源し, 理解させる, 甘える気持ち, 近づいた人, 逢って, 限らず一体, 限らず私たち, 頭の

▼ 漱石さん~ (23, 2.0%)

2 のお

1 [21件] がロンドン, が其事実, が東京帝国大学英文学, が深淵, が私, と安倍能成さん, にたずねた, の, のつもり, のロンドン, の嫌い, の意味, の未亡人, の自画像, はあらゆる, はもはや, は不在, は二重, は感謝, は松江, も

▼ 漱石~ (20, 1.8%)

3 私との

1 [17件] いって, おのれとの, その家族, どういう話, どんな話, またちがい, 二人きりで, 云う人格, 同程度, 夫人との, 対坐し, 広告文, 接触し, 直接に, 私とは, 言ふ, 青楓

▼ 漱石文化~ (17, 1.5%)

2 なるもの, のエージェント

1 [13件] がすでに, が文化そのもの, とに於ける, にぞくする, に立つ, の代表者, の圏外, の小, の批判, の特色, は例えば, は文化的紳士, を如実

▼ 漱石~ (13, 1.1%)

1 [13件] あれは, その後の, 君の, 森鴎外から, 樗牛の, 潤一郎に, 蘆花なんかとは, 蘆花の, 鴎外などまでが, 鴎外ならざる, 鴎外に, 鴎外の, 鴎外や

▼ 漱石~ (12, 1.1%)

1 [12件] こう奔命, その博識, イギリスへ, ロンドンから, 亦異説, 学習院の, 書き損じは, 来て, 知らず志賀直哉, 知らない樋口一葉, 芥川龍之介も, 藤村も

▼ 漱石全集~ (10, 0.9%)

1 に初めて, に皆, の予約高, の校正, の第, は実に, をよみました, を持っ, を読み直し, 第十三巻

▼ 漱石自身~ (9, 0.8%)

1 がたとえば, がどう, が十八世紀, とは全く, と如何に, のうち, の文化的伝統, の文学上, も自分

▼ 漱石~ (8, 0.7%)

1 がすわる, が今, であった, などと云う, の家, の演説, はズーデルマン, は一年上

▼ 漱石山房~ (8, 0.7%)

3 の秋 1 であった, で話, へついた, を訪ねた, を訪れた

▼ 漱石門下~ (8, 0.7%)

1 であったという, で漱石文化, にも加わらなかった, の一人, の人々, の先輩, の多く, の漱石文化者

▼ 漱石から~ (5, 0.4%)

1 はじまって, まじめな, もらった書, 四方太, 子規に

▼ 漱石~ (5, 0.4%)

1 さえ交響楽, その頂点, はない, も西田哲学, 思ひ出しましたが

▼ 漱石という~ (5, 0.4%)

1 ことが, ものを, 一人の, 人は, 男は

▼ 漱石に対する~ (4, 0.4%)

1 尊敬, 思慕の, 敬愛によって, 理解や

▼ 漱石~ (4, 0.4%)

1 にこの, のタンカ, の教養, の文化

▼ 漱石的教養~ (4, 0.4%)

1 がシンセリティー, であり, と漱石文化, に遡らね

▼ 漱石といふ~ (3, 0.3%)

2 男は 1 人は

▼ 漱石とは~ (3, 0.3%)

1 かなり別の, 何もので, 異った

▼ 漱石には~ (3, 0.3%)

1 いささか武術, 小さな悲しい, 現實

▼ 漱石よりも~ (3, 0.3%)

1 あるいは今, 早くその, 氣狂じみた

▼ 漱石鴎外~ (3, 0.3%)

1 だ, の兩氏, の文学

▼ 漱石そっくり~ (2, 0.2%)

1 で漱石, の道具立て

▼ 漱石だって~ (2, 0.2%)

1 かいたもの, 銭湯で

▼ 漱石について~ (2, 0.2%)

1 感心し, 歩いて

▼ 漱石より~ (2, 0.2%)

1 一層彼, 雄勁である

▼ 漱石夫妻~ (2, 0.2%)

1 の仲, の間

▼ 漱石居士~ (2, 0.2%)

1 などの方, の作品

▼ 漱石文化人~ (2, 0.2%)

1 としては谷川徹三, の異色

▼ 漱石文化圏~ (2, 0.2%)

1 の外, の選手

▼ 漱石時代~ (2, 0.2%)

1 のインテリゲンツィア, より萎靡

▼ 漱石晩年~ (2, 0.2%)

1 の作, の満

▼ 漱石研究~ (2, 0.2%)

1 の本, を膝

▼ 漱石荷風~ (2, 0.2%)

1 など評論, の文学

▼ 漱石虚子~ (2, 0.2%)

2 によって試みられた

▼1* [91件]

漱石これに降る, 漱石その他にはすぐ, 漱石だけの問題では, 漱石であったかどう, 漱石でも一流中の, 漱石とかいうものも, 漱石としては初めて逢う, 漱石との交わりの, 漱石なぞも京都, 漱石などその門下, 漱石などが若い青年たち, 漱石などになると, 漱石などの研究特輯佐藤春夫, 漱石などもロンドンに, 漱石なんかこれで, 漱石において不具な, 漱石によって明治四十二年に, 漱石により多くの, 漱石による紹介状を, 漱石に対して無遠慮である, 漱石ばかりが自分の, 漱石ほど日本を, 漱石ほどの作家でさえも, 漱石また円喬を, 漱石みたいに髭, 漱石もどきに菫, 漱石ゲエテをさえ志し, 漱石ゲーテトルストイ等あげて, 漱石追懷セシムルモノニアラズヤ漱石明治四十三年此地菊屋ニ於テ舊痾, 漱石一人切りで, 漱石一點ばりで何事, 漱石以上と激賞, 漱石い真剣, 漱石佐佐木信綱森鴎外坪内逍遥という大, 漱石信者であり武者小路, 漱石個人展覧会が開かれる, 漱石先生門下として有名, 漱石集中の, 漱石全集一寸したもの, 漱石句集から若干句, 漱石同門でありかつ, 漱石四方太二人の俳句, 漱石夫人の, 漱石が話し, 漱石尾崎紅葉正岡子規島崎藤村高浜虚子巌谷小波などというの, 漱石山人になつ, 漱石などへ用, 漱石を作る, 漱石或は直接この, 漱石文化史上意味がなく, 漱石文化者だけでも数え, 漱石文学とし, 漱石明治四十三年此地菊屋ニ於テ舊痾ヲ養フ一時危篤ニ瀕スルヤ疾, 漱石曰く全篇大概, 漱石曰く趣向は陳腐, 漱石森鴎外坪内逍遥と大きな, 漱石森鴎外尾崎紅葉徳富蘆花それから先日文化勲章, 漱石森鴎外有島武郎江口渙菊池寛の五人の, 漱石森鴎外鈴木三重吉武者小路実篤有島武郎長与善郎志賀直哉千家元麿江馬修江口渙菊池寛佐藤春夫加藤武雄僕この十五人, 漱石死後の書齋, 漱石氏はじめ多くの新進作家諸君, 漱石氏らにもまた, 漱石深沈ニシテ苟合セズ靜觀シテ自適ス往々, 漱石潤一郎と思ふ, 漱石かどう, 漱石独特の判断, 漱石生前には一度, 漱石當時排悶ノ一詩, 漱石的要素なるもの, 漱石皆それぞれのテムペラメント, 漱石秋聲獨歩誰彼の二世たち, 漱石の作家, 漱石系統の帝大, 漱石の書簡, 漱石自身調節して, 漱石芥川のよう, 漱石芥川すべてこれらの人々, 漱石蘆花紅葉馬琴為永大近松, 漱石調で水戸黄門, 漱石をやろう, 漱石逝キテヨリ茲ニ十七年此地ノ有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ, 漱石には猫, 漱石門下潤一郎荷風の一党, 漱石門外の, 漱石鴎外一葉樗牛独歩花袋秋声白鳥荷風潤一郎三重吉など実に, 漱石鴎外枕をならべ, 漱石鴎外芥川龍之介有島武郎小林多喜二などの例, 漱石鴎外藤村の極めて, 漱石鴎外逍遥等の先達, 漱石龍之介に心酔, 漱石龍之介崇拝の軍人