青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「漢~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~滝 滝~ 滞在~ 滿~ 漁師~ 演出~ 演劇~ 演奏~ ~演説 演説~
漢~
漱石~ ~漸く 漸く~ ~潜ん 潜ん~ 潜水~ ~潮 潮~ ~激しい 激しい~

「漢~」 3025, 33ppm, 3592位

▼ 漢~ (596, 19.7%)

11 高祖の 10 時に, 武帝の 9 時代に 8 天下を 7 高祖が, 高祖は 6 末に 5 成帝の, 時代から, 時代の, 桓帝の 4 ように, 時の, 武帝が, 直の, 非難を 3 光武帝の, 天下は, 明帝の, 正統を, 班固, 高祖に

2 [37件] ために, 上に, 丞相と, 中山靖王劉勝の, 中興を, 人の, 代に, 再興を, 初めに, 制度を, 劉, 區別を, 名将の, 和帝の, 天子が, 天子の, 孝明帝とか, 孝武帝の, 宗室で, 宗室の, 寿亭侯関羽である, 左将軍宜, 文帝の, 時には, 時代には, 景帝の, 朝は, 様式の, 沛公が, 王充が, 王充の, 老教師, 運, 郡縣と, 鄭玄は, 靈帝の, 高祖や

1 [396件] いう事, うちは, お揃い, かくれて, ことかネ, しかも老人, ほうだ, まる顔, むかし魏の, ような, わなに, 一名などをも, 一字が, 一巡査である, 一臣たり, 七国の, 七国を, 七国晋の, 三傑なり, 三国対立は, 上諭, 世から, 世に, 世の, 世まで, 世を, 世已に, 丞相曹参が, 丞相曹参の, 丞相漢すなわち, 丞相諸, 中期に, 中葉西洋紀元一世紀の, 中郎将, 中頃からで, 中頃である, 中頃以後統治力が, 主劉旻, 之に, 事を, 二将が, 京の, 京房あたりの, 京房が, 人である, 人との, 人或は, 人間が, 仇覽は, 代と, 代の, 代は, 代を, 代名詞みたいに, 伏波将軍の, 住居には, 信用を, 倭の, 傾頽せる, 儒学は, 元始時代に, 元封, 先生を, 光武は, 光武帝, 光武帝から, 光武帝が, 光武帝なぞの, 光武皇帝の, 全軍, 八分魏や, 公沙穆と, 其中でも, 具律という, 冷, 初めたる, 初めにかけて, 初め匈奴が, 初め頃と, 初め頃支那の, 初天地, 初日本, 初期の, 制度の, 前に, 前期と, 創業四百年の, 劉向, 劉向の, 劉安が, 劉昆弟子常に, 劉皇叔の, 劉邦なり, 勢力を, 勢威の, 北辺には, 卑吝な, 南とかいふ, 印綬を, 古を, 古書の, 古色を, 司徒袁安が, 司隷校尉諸, 司馬遷が, 吉川先生と, 名を, 名家の, 名将汝は, 名臣, 名誉を, 后蒼高堂生の, 君臣は, 呂布が, 呉王の, 呪咀の, 呪法を, 噂が, 四皓が, 国から, 国に, 国土への, 國威を, 圖を, 地を, 地主の, 壓力の, 大将, 大将呂馬通は, 大帝国, 大累, 大臣いずくんぞ, 大革命, 天下内官の, 天子ある, 天子を, 失敗談として, 好みとして, 始めにかけて, 始め頃から, 子孫が, 字で, 字を, 字風の, 孝文帝とか, 孝獻皇帝の, 學を, 安二郎には, 宗室と, 宗族劉家の, 宗親, 宗親なんら, 官吏馬融は, 宣帝は, 宮中の, 寄り集りという, 富穀を, 寡勢を, 寿亭侯関羽, 封爵を, 居ない事, 左将軍予州の, 帝室は, 帝王が, 帝系も, 広川王も, 廷尉の, 建寧元年の, 建平, 張子房など, 張平子の, 張良である, 張良とは, 張衡が, 張道陵が, 律は, 律ばかり, 律を, 後までは, 後ろに, 後期までの, 心は, 応劭の, 応劭は, 息の根を, 悪童で, 意味である, 愚直を, 成帝, 成帝に, 戦記には, 手にも, 手を, 才が, 支那人が, 攻圍を, 政体や, 政治運動も, 文の, 文化として, 文化の, 文化は, 文化も, 文化を, 文帝が, 文帝に, 文景の, 文法を, 文皇帝を, 昌邑が, 昌邑王は, 明帝が, 明帝梁の, 時である, 時などの, 時にも, 時代ごろには, 時代にな, 時代より, 時代頃から, 時代頃までは, 時分で, 時分には, 時太上が, 時既に, 時朝廷へ, 時東華郡の, 景帝が, 書目には, 望月王仁は, 朝から, 朝廟に, 朝廷から, 朝廷が, 朝廷には, 朝廷ばかり, 朝臣それがしも, 末から, 末には, 末世を, 末期から, 末期だった, 末期に, 末葉より, 末頃から, 末頃に, 李少, 村長が, 東方朔の, 柄に, 桓帝から, 梁王劉立と, 棠陰比事にも, 楊雄が, 楊雄程, 様式を, 正直其の, 正統である, 正義を, 武帝だの, 武帝と, 武帝といふ, 武帝に, 武帝は, 武帝も, 武帝以來この, 歴代中でも, 殿宮小公爵の, 民を, 気すでに, 気勢を, 永平年間, 汲黯が, 治世も, 洛陽の, 淮南王劉安神仙八人とともに, 焦延寿, 焼印を, 献帝が, 獻帝の, 王, 王が, 王充といふ, 王孫で, 王尊東郡太守たり, 班超が, 疆域の, 疎屬, 癖に, 皇叔, 皇叔そして, 皇叔玄徳の, 皇帝です, 皇帝に, 皇祖が, 盛時に, 盛時の, 直, 直観あなどるべからず, 相国曹参の, 相国曹参より, 相国蕭何の, 短慮は, 石申の, 石経の, 石経は, 社稷を, 禄を, 章帝の, 第十二代, 第十二代霊帝, 第四代目, 筆に, 篆隷に, 綽名か, 綾足利絹も, 群れの, 脳髄には, 臣おん身も, 臣官位は, 興ったこと, 興隆せし, 舊學を, 色彩を, 苗裔たる, 英雄でしょう, 荀, 荀悦の, 落つるを, 董仲舒が, 蔡, 蔡倫の, 蔵洪や, 虎七とが, 行為と, 行爲と, 袁紹や, 西域經營の, 西域都護と, 觸手を, 言か, 言である, 許愼の, 話を, 諸葛丞相これ, 賈誼, 赤兎目も, 赤誠とは, 趙岐は, 軍, 軍を, 軍侯管敢という, 辺境では, 逆臣とは, 運命も, 郭巨が, 都で, 鄒陽の, 醜様全集, 野口だ, 金日, 間にな, 阿法陀羅権次, 降人, 降将, 陣営から, 陳琳の, 際に, 集りで, 霊帝の, 霊帝劉家の, 霊帝十三世の, 頃からの, 頃に, 頭賭博宿の, 風に, 餌食に, 首の, 高利貸に, 高帝, 高皇帝, 高祖, 高祖から, 高祖すら, 高祖など, 高祖にも, 高祖より, 高祖を, 高祖三尺の, 高祖楚の, 高祖皇帝や, 高祖秦の, 魏伯陽の, 魏豹唐の, 魚売で, 魯恭王が

▼ 漢~ (188, 6.2%)

17 の張魯 3 に来

2 [11件] に出, に着いた, の兵, の兵馬, の内情, の地, の太守, の定軍山, の軍, へ移っ, へ進攻

1 [146件] からのご, からの使者, から前線, から従っ, から成都, から積極的, さして総, である, で孔明, ということ, といえ, との戦端, との秘密外交, と西安, にあっ, にあった, にあり, にある, にいたたまれず, におけるこの, にたどりつき, にとどまっ, にとどまった, にとどまる, にのこし, にはどこ, には還らぬであろう, には魏, に一国, に侵略, に備えさせ, に入る, に入るる, に入れ, に出征中, に到着, に勢揃い, に奔, に帰れ, に張魯, に扶植, に據つて獨立, に残っ, に留っ, に移り来る, に精鋭, に討たれた, に送り, に遠征, に附与, に集まった, のうごき, のもの, の一将, の一百姓, の一部, の八陣, の危機, の命令, の咽喉, の営, の基業, の境, の孔明, の守り, の守備, の府, の張氏, の張魯軍, の戦, の援, の方針, の楊柏, の状況, の王, の皇祖, の破滅, の礼物, の街, の西, の西方, の諸, の豪将たち, の軍民, の重臣, の領土, はおのずから, はそっくり, はたちまち, はまもなく, は依然, は去年, は土壌肥沃, は掌, は西蜀, へいそいだ, へかえす, へしりぞく, への引揚げ, への総, へひきあげた, へ一挙, へ先発, へ入った, へ入れるであろう, へ兵, へ出よう, へ去っ, へ去った, へ向った, へ帰った, へ弓, へ引, へ急ぎ, へ漢中, へ移送, へ行くであろう, へ行っ, へ退い, へ退いた, へ退く, へ逃げ籠った, へ逃散, へ進撃, へ還せ, まで出, まで来, よりもどこ, をうかがっ, を取ります, を取る, を守らしめ, を守り, を平定, を擧げ, を攻めとる, を攻めん, を攻め取らん, を救う, を発し, を発した, を立たれる, を総督, を衝き, を衝く, 第一

▼ 漢~ (140, 4.6%)

9 はない 7 である 5 すなわち中国名 4 ではなく 3 がある, であって 2 だと, ではない, にはその, の適用, は, は野鴉椿, を用い, を用いた, を知らない

1 [91件] いまだつまびらか, がきまり, が伝っ, が使われ, が充て, が割りこん, が多く, が慣用, が用い, が用いられ, すなわち支那名, すなわち本名, であるから, であること, です, でヒルガオ, で字音, で東洋, というもの, として, としてこの, としてこれ, としては猫頭竹, として引用, とする, なども無, なの, にはなり得ない, には中っ, に当てた, の, のある, の入っ, の剖葦, の尚, の昆布, の海, の無い, の狗尾草, の用い, の白頭翁, の紫草, の羅漢松, の見付ら, はなん, はまさに, は一つ, は一切これ, は中国, は五味子, は今, は何ん, は前, は大麻, は実は, は山茶, は楝, は灰, は無い, は甜瓜, は稲槎菜, は胡桃, は芒, は虎耳草, は酸模, は馬勃, は鵲豆, は鼠麹草, は龍爪豆, もない, を, をたずねさせたまえ, をもと, を俳人, を充た, を千年松, を持っ, を新た, を有し, を梧桐, を添, を用いし, を用いたけれ, を用いる, を石蒜, を称した, を蘆, を衞匡國, を駆逐, を魯徳照, 小蒜

▼ 漢~ (83, 2.7%)

9 の宗親 3 のながれ 2 の一族, の同, の天子, の復興, の末, の裔, を簒

1 [57件] が衰えた, として大, と董卓, にとって怖, に仕え, に仕えた, に帰参, のお, のこと, のご, のため, の不幸, の司隷校尉, の墳墓, の大, の宗族, の宗族景帝, の廟堂そのもの, の式微, の後事, の復古, の恥辱日, の支, の政命, の旧臣, の正, の現状, の癌, の社稷, の禄, の系図, の紊乱, の苗裔, の衰え, の衰える, の衰亡, の衰兆, の賊臣, の運, の運命, の運気, の鄙徒, の隆, の鴻恩, は元来, は滅亡, への忠誠, を奪った, を復興, を扶, を晦, を簒つた譯, を簒はず, を簒ん, を簒奪, を興し, 第一

▼ 漢~ (79, 2.6%)

3 於て 2 なつて, 馬鹿に

1 [72件] かかっては, ささげて, して, すぎなかったから, なったよう, なって, なり終らなければ, なるの, なれないの, なれなくなるから, なれば, みえる, 一泡ふかせ, 亡げ帰った, 交通した委奴國なる, 交通する, 今しも, 代って, 代るの, 代るべき兆, 備えて, 傳はつた, 入り妙薬, 出でずして, 叛ける, 君と, 因縁を, 報いんと, 声を, 変ったの, 多し, 始まったでないと, 始まったと, 属した帰化漢人, 帰して, 帰れとは, 帰れること, 帰れる日, 征服せらる, 戻る気持, 戻れようと, 把握せられ, 攻め入る程, 於いては, 昇り而, 朝し帰国後衣望服度宮室, 栄え唐宋, 歸順する, 歸順せん, 比すれば, 異ならず, 突き崩されて, 立ち向った, 立ち帰って, 組みしかれ, 聞こえること, 至つても, 至つて馬韓辰韓等は, 茄子は, 踏み込まれたり, 迎えられること, 逃げた, 通じ光武, 通ずる者三十餘國, 遊んだ, 過ぎない, 還った, 降るとも, 降服した, 限ツて, 馳走し, 高い禄

▼ 漢~ (78, 2.6%)

8 の臣 4 のため, の旧臣 2 の宗親

1 [60件] から何ら, から離れ去っ, すでに四百年, というもの, にあっ, にとっては国, に仕え, に代るべく立った, に大きな, に対する忠信, に致した, に降服, のごとく, の世代, の中, の乱状, の人, の代, の伏皇后, の同流同族, の名, の名門, の命数, の城地, の変, の大, の天下, の天子, の宗室, の宮廷, の帝位, の廷臣, の征旗, の復興, の忠臣, の忠臣間, の忠臣馬援, の恩, の末流, の末裔, の栄え, の権臣, の正閏, の法度, の統一, の辞令, の逆臣, の運気, の隆盛, の骨肉, の鴻恩, はあった, へ迫っ, も悩まされ, を守り立てしめ, を廃, を思う, を捨て給う, を捨て給わぬ, を離れた

▼ 漢~ (77, 2.5%)

3 に於ける, の人 2 に, において, に於, に這入っ, のもの, の瓦器

1 [59件] からの古制, から一種, から伝えられ, から六朝, から唐代, から存在, から既に, から疑問, から蜀, すでにかかる, だにしらず, でなければ, にいたっ, においても先秦, において亡失, における易, になつて, には特出, に書籍, に理解, に盛, に至る, に道經, に適合, に雷神, の, のこと, の五物, の人々, の伝説, の俗天, の儒家, の儒教, の劉, の匈奴, の史家司馬遷, の地方官, の思想, の支那, の文化, の易, の最大, の木簡, の様式感, の王充, の画像石, の白馬寺, の石刻画, の綺, の緯學, の諺, の貨幣, の轍, の黄河流域, までかけ, までの學問, までの支那, より六朝, 迄上

▼ 漢~ (69, 2.3%)

2 ある, 紛々として, 随分頼まれ

1 [63件] あったという, あらわれて, いつのまにか来, おかしいわ, きた, こんな情ない, するよう, その鏡, そろって, そんじょそ, でて, どうどうめぐり, ぬっと立ち上がった, ほんとに先生, また衰え, カラカラと, ゼイゼイ息を, ドウした, 一度汚した, 亀遊の, 二人要こそ, 二人間を, 云った, 仰向いて, 先に, 八百八町に, 匈奴に, 千言万言列べ, 向ふから上つて, 向顱巻, 声を, 多く出入, 天下を, 奮うて, 好きでな, 嫌いだった, 征け, 所詮天罰, 手に, 有産階級の, 朝鮮を, 朝鮮人の, 歩弓手などに, 物に, 生れたこと, 発頭に, 白い麻, 白刃を, 目前に, 立つて, 興った時, 茶色の, 術策を, 見えた, 起るまでの, 趺坐を, 途惑した, 都会の, 酒焼の, 鉄砲の, 銃声の, 隠れて, 頻りにそれ

▼ 漢~ (56, 1.9%)

32 の上流, の水谷, の税關, の領事館, を經

1 [43件] から一千哩, から三十一, から上海, から帰国後, から脚, が陥落, でも同じ, で開かれた, と日本, には一個大隊, に向, に潜入, に赴任, のバンド, の一角, の中支那派遣隊司令部付, の住い, の勤務二個年間, の在留者達, の夏, の妓館, の山, の市街, の松村領事, の水谷さん, の空, の附近, の風景, ばかりじゃありません, へはひる, へ出かけた, へ向, へ行, へ行った, へ電報, までは大安丸, まで運び去られた, よりの日本語放送, より漢水上流, を廬山, を描き, を落す, 長沙

▼ 漢時代~ (53, 1.8%)

2 の墓, の木簡, の石, の簿書, 若くば

1 [43件] から, からかかる, からその, から始まり, から實行, から已に, から支那外交, である, ではこれ, にあった, にて黄老, には光武帝, には既に, には朱, には流行つて, には發掘物, には美術, にまで遡っ, に他人, に出, に太一, に広, に焦, に紙, に西域, に親, に諸州, のそれ, のもの, の一里, の匈奴, の卿相, の告身, の品物, の地名, の慣例, の標準里, の画像石, の蔡倫, の陶器, を通じて依然, 即ち中国草莽期, 若くは

▼ 漢~ (52, 1.7%)

2 唐宋と

1 [50件] いうべしである, いえば, お呼びに, きて, この三つ, これが, さまで大きから, なって, なりて, みゆる, もう一人背広, 一所に, 一所にな, 三國以來の, 二人し, 云う定評, 云ふ, 交通を, 代, 俺の, 做す, 初手から, 劉, 喚作する, 国民党員の, 女は, 守銭奴と, 安南王族畿外侯彊柢, 思うと, 思ぼしい見る, 戦うこと, 戦っては, 書いて, 書かなければ, 比て, 目され, 相成り今日, 私との, 罵られ婚約者アンネマリー, 肩を, 胡と, 西域, 見えたり, 見えたるが, 見える, 見限って, 言えば, 誰に, 賊とは, 酒肆に

▼ 漢青年~ (49, 1.6%)

1 [49件] が不, が今日, が見上げ, にとってチャンス, にとって大した, にソッ, に報せず, に握られる, に背いた, の両脚, の声, の幻想生活, の手, の毛髪, の疑惑, の背後, の脚, の脳髄, の衣類, は, はいく人, はうまく, はしばらく, はその, はまた, はハッ, はマリ子, はムッ, は三度, は呶, は困った, は壊れた, は家扶, は幻影, は幽界, は我慢, は気, は決心, は浮木, は片手, は窓, は胸, は自分, は退屈, は遂に, をし, をソッ, を利用, を脅かした

▼ 漢~ (45, 1.5%)

2 是れ, 自分の

1 [41件] いつも遣りこめられた, おろか匈奴の, かえって手足, きょろきょろする, たちまちフランス官憲, たちまち掻き消す, どうかし, はじめから, シナの, 下策を, 両人承引の, 主家を, 仁蔵に, 何処にでも, 其勇気に, 別として, 創作の, 劉氏の, 勿論詩経, 土徳に, 多くの, 小娘の, 岩の, 弐師将軍李広, 強かった, 手を, 東亜, 東西を通じて, 松永弾正久秀という, 極度に, 武人の, 水徳に, 漢胡は, 牢屋へ, 羅漢を, 膝を, 見当らない, 言葉を, 道得なかるべし, 鑑賞上の, 顔を

▼ 漢~ (45, 1.5%)

7 の方 2 といふもの, の上, をやつ, を復興

1 [30件] から入, が一向, が如何なる, が日本, で教, とか或は, と洋學, などは寧ろ, においてもさういふ, においても宋學, に於ける, に頼つた, の一つ, の修業, の先生, の實力, の發祥地, の私塾, の種, の老, の餘弊, は先づ大要斯樣, は是, ばかりでなく, をお, をする, をやらう, を主, を眞, 即中國聖賢

▼ 漢~ (45, 1.5%)

3 したもの, の 2 されて, した, の一切経, の明治維新史, の経文, の阿

1 [27件] から思, から来た, が全部, された, された民族, しあるので, したとき, したり, した書, して, するつもり, する場合, であるの, でも不十分, などした, には無熱, のお, のバイブル, の博物窮理, の名, の問題, の外国書, の新本, の旧約全書, の植物学書, の法華経, を日本語

▼ 漢~ (39, 1.3%)

3 の流れ, を越え

1 [33件] に入っ, に兵, のこなた, の一支流, の向う, の小さな, の小波, の岸, の彼方, の方, の東, の浮橋, の畔, の神女, の神烏, の竹青, の辺り, は依然として, へ三四回, へ命からがら, へ往, へ着いた, へ落ち, へ追撃, まで兵, まで来る, まで迫っ, をうしろ, を下り, を前面, を取る, を渡っ, を渡り

▼ 漢民族~ (37, 1.2%)

2 の文化, の茫漠, の軍隊

1 [31件] から帰化, が入っ, が永く, にかえる, の世, の中, の侵蝕, の勇敢さ, の国家生活, の山岳崇拜, の心, の悩み, の新, の最も, の美, の血, の裏切者, の革命, の鼻髭, はその, はよく, は世界最大, は共産主義, は南種, は多く, は未だ, は自ら中華, もその, ももう間もなく, を主体, を脅かし

▼ 漢~ (36, 1.2%)

3 の天子, の根據地 2 の發展

1 [28件] が黄河流域, と居民相半, と相違, と稱, のため, の人材, の勢力圈, の勢力範圍, の南下, の南方殖民, の原, の國威, の國家, の士民, の多, の建てた, の文化, の版圖, の甲姓, の移住, は夙に, は多大, は成るべく, は所謂堯舜時代, を劫掠, を斥け, を統治, 多數

▼ 漢~ (35, 1.2%)

2 地上より, 門外に

1 [31件] して, たすけて, つよく憎む, はっきりと, もし禁廷, 主人公として, 乗せたが, 云々する, 亡ぼした後, 仙人の, 仰ぐと, 体に, 借りて, 刺り, 召捕ろうと, 抉て, 推薦し, 敲き殺すん, 殺しました, 気取り悪所通い, 消化する, 生かして, 甦らしたという, 簒つた後に, 経るが, 絞殺した, 要す女丈夫, 見て, 買収せ, 買收せ, 走らして

▼ 漢~ (27, 0.9%)

2 あつたり, 宿屋へ

1 [23件] あつた, ありまして, あると, してね, それゆゑ却て, 何事も, 便々たる, 保証を, 儒生の, 元気と, 其大食は, 南京虫に, 反逆者では, 外道面と, 天辺の, 妾は, 小力も, 年は, 年も, 教授の, 最初の, 薬取, 酒を

▼ 漢中王~ (27, 0.9%)

3 の名 2 に即

1 [22件] が孔明, でいらせられます, とあなた, との君臣, にお, にご, にまみえ, に仕え, に昇る, の内殿, の劉玄徳, の命, の太子たる, の室, の御, の王旨, の頃, の驚愕, へ直々, をこの, を称えた, ノ実子ガ継グコトニナッテイル

▼ 漢~ (27, 0.9%)

3 に於 2 の頃, までに成り, までの間

1 [18件] になっ, には其の, には此, に作つた, に到る, に孔子, に復興, に至る, の人, の經學, の著述, の製作, までに亙, までに其書籍, までの記録, までは隨分, 古文の, 政略的に

▼ 漢~ (27, 0.9%)

2 がいきなり, が段

1 [23件] あり, かな, がある, が足音, が黒き, であった, と変わりぬ, なりし, にはあらざりき, に問うた, に触れ, に觸, のみじめ, の兩手, の妹, の答, の農夫, は, は数歩, は蕈, を差遣, を置く, 称して

▼ 漢~ (22, 0.7%)

32 とし, のにお前

1 [15件] おめ, からな, が愚鈍, というの, とか六朝, とか喜田, としてる, とすれ, とでもいう, と云う, と仰有った, と侮る, などと言つて般若湯, 堕落漢だ, 芸妓を

▼ 漢文学~ (21, 0.7%)

3 の影響

1 [18件] からなされた, が実地, である, との融合, には歌, によつて, に於, の味, の如き, の専攻学者, の思想, の態度, の盛ん, の盛況, の知識, の素養, の魔力, を模倣

▼ 漢~ (21, 0.7%)

1 [21件] と戦っ, には後援, に備えさせ, に対する策戦, に迫る, の中心, の前後左右, の左翼, の幕僚たち, の後方はるか北, の成功, の死傷者, はしだいに, はついに, は一日, は十一月, は平, は徐々に, も千, を圧倒, を遠巻き

▼ 漢では~ (20, 0.7%)

2 ない, ないからね, ないつもり

1 [14件] あった, いまや大赦令, ござんすまい, ないか, ないが, ないの, なかった, なくその, スパイの, 其地方に, 有りませんな, 朝鮮全部を, 決してない, 食物の

▼ 漢學者~ (20, 0.7%)

2 若くは

1 [18件] から聽, が親子連, だの其他豐田さん, であります, でも飯, に比し, のこと, のやう, の作つた詩文, の子, の帆足萬里先生, の批評, の沒, はをひ, は大抵, は親孝行, は醫者, 同樣

▼ 漢~ (18, 0.6%)

2 の家, は遠い

1 [14件] からいそい, から漢川方面, ですよ, に, にいなく, に移した, に行こう, に遊び, の家々, の市, の春, の樹, の荘麗, へ行く

▼ 漢法医~ (17, 0.6%)

1 [17件] が多く, だった, である, であるけれども, で丁度, で医者, で合田義和, になる, にばかりかかっ, にも劣らざる, の名, の延樹方庵, の業, の爺さん, の道, は今, をと撰

▼ 漢~ (16, 0.5%)

1 [16件] から今, であり水, であること, に, に遼東方面, の亂, の如く三分, の妖賊, の應劭, の王, の當時, の綱紀, の蔡, より三國時代, より連綿, より隋唐

▼ 漢~ (14, 0.5%)

1 [14件] から持ち出され, のご, のながれ, のよう, の一宗派, の事, の封, の復古, の忠良, の系譜, の臣, を敵視, ノ醫學ニテハ, 多少韓彭將

▼ 漢~ (14, 0.5%)

2 の名医

1 [12件] ではある, では全的, で柳橋, には民間, に書痙, の医術, の振出し, の方, は零, も場合, を, をすゝめ

▼ 漢医方~ (13, 0.4%)

1 [13件] から出た, には温和, には生薑, に本, のため, の上, の基礎, の学校, の廃れ, の後勁, の興隆, を多紀雲従, を棄てなかつた

▼ 漢~ (13, 0.4%)

1 [13件] がますます, という名, の妻, は十二, は急病, は死んだ, は留まり, は赤足, を伴, を呼ん, を見たがっ, を返します, を魚

▼ 漢から~ (12, 0.4%)

1 [12件] で道家神仙家, どのよう, 六朝にかけて, 六朝時代の, 六朝時代までの, 六朝迄の, 六朝頃までの, 唐までの, 唐までは, 始まつて魏, 盛に, 降った李将軍

▼ 漢~ (12, 0.4%)

1 [12件] が, であ, であつ, であり奴加己利, でも容易, で官吏たる者, などから習慣, などの信仰伝承, のいう, の祀, の船, を征

▼ 漢~ (12, 0.4%)

1 [12件] と同様, になる, に対して漢書, に於ける, に較べる, の序, の有力, の渡来, の関係, は此書, を学んだ, 或は後

▼ 漢~ (11, 0.4%)

1 [11件] が北夷, に仕えた, に奉る, に説き奉らせ, のご, の代々, の宮中, の悔恨, を亡ぼし, を廃, を民間

▼ 漢~ (10, 0.3%)

1 いる, した, ないので, また異, 之に, 受けたが, 哀帝の, 掛価無しの, 暗然として, 軟化します

▼ 漢~ (10, 0.3%)

4 はおろか 1 から唐, の時代, の碑碣, の間, はおろか今, を揚げた

▼ 漢~ (8, 0.3%)

2 唐宋などの 1 六朝は, 唐の, 唐も, 敗徳者に, 晉に, 狂人は

▼ 漢以後~ (8, 0.3%)

1 に出た, のこと, の交通, の記録, の諡, の諡法, は儒教, も歴代

▼ 漢~ (8, 0.3%)

1 とす, との恋, と美妃, の, の使, の貴, はその, も亦

▼ 漢~ (8, 0.3%)

1 が本統, との混沌期, に比し, のくすぶった, の利き, の医者, はきざん, を服し

▼ 漢~ (8, 0.3%)

1 された景教, した, して, すると, に和譯, の景教, の經典, も其一

▼ 漢です~ (7, 0.2%)

1 から, からこの, があの, が飲む, な, よ, 欲情を

▼ 漢でも~ (7, 0.2%)

2 あらわれたかの 1 こういう一刻, なかった, 喧嘩に, 既に不明, 無視する

▼ 漢中軍~ (7, 0.2%)

1 がよく, の先鋒, の帷幕, の軍監楊柏, へこんど, をひきいた, をもっ

▼ 漢于仁~ (7, 0.2%)

1 には物足りなかっ, の故郷, の顔, はそこで, は今, は今日, は少年期

▼ 漢文体~ (7, 0.2%)

1 か擬古文体, にでもしたら, のそれ, の古い, の書籍, の雑書, を用いる

▼ 漢とは~ (6, 0.2%)

1 光武洛陽に, 思はざりしに, 性質が, 汝等の, 漢族, 高祖を

▼ 漢人種~ (6, 0.2%)

1 によって唱導, のもの, の古く, の支那傳來, の民間, や朝鮮人種

▼ 漢~ (6, 0.2%)

1 が城内水, さては水, とこの, と闘う, の手強, は十

▼ 漢~ (6, 0.2%)

1 の境, の広大, の民, も危殆, を失え, を風靡

▼ 漢~ (6, 0.2%)

2 の鋭い 1 と名, にした, に変質, の感じ

▼ 漢~ (6, 0.2%)

1 に眞, の前, の方法, の模倣, は七略, や隋志

▼ 漢~ (6, 0.2%)

1 などではなく, に歸, に限る, の故智, の熱心, 祈千秋

▼ 漢~ (6, 0.2%)

2 の人々 1 であり現, のごとし, の乞巧奠, の近代

▼ 漢詩文~ (6, 0.2%)

1 あるいは国風, と対等, の復興, の格調, よりも欽定集, より五十年後

▼ 漢~ (5, 0.2%)

2 のだ 1 ので団々, んだ, んだらう

▼ 漢らしい~ (5, 0.2%)

1 その顔容, ところは, のが, 厭らしい, 風儀の

▼ 漢以來~ (5, 0.2%)

1 この傾向, の古い, の學術, の政治, は此

▼ 漢以前~ (5, 0.2%)

1 の俳優, の古代, の古典, の樣, の起源

▼ 漢~ (5, 0.2%)

1 が唐虞三代, が屡々, であって, で殊に, の注解

▼ 漢文學~ (5, 0.2%)

1 が行, の上, の刺激, の國文, の影響

▼ 漢~ (5, 0.2%)

1 になき, を指し, 已に有りたる, 有朝見者, 未だ有らざる

▼ 漢魏時代~ (5, 0.2%)

1 に倭國, に當, の標準, の歴史談, の都

▼ 漢~ (4, 0.1%)

2 土方の 1 気ちがいかに, 知るまいが

▼ 漢かも~ (4, 0.1%)

2 知れない 1 しれないぜ, 知れんな

▼ 漢であった~ (4, 0.1%)

1 がひとたび, ことを, というの, に相違

▼ 漢であり~ (4, 0.1%)

1 しかも一年, その動物性, 健全な, 又いかに

▼ 漢である~ (4, 0.1%)

1 かということ, ことを, とは, 日本の

▼ 漢という~ (4, 0.1%)

1 ことに, のは, ものの, ものは

▼ 漢として~ (4, 0.1%)

1 クラス中に, 彼を, 歴代総督の, 糺弾した

▼ 漢~ (4, 0.1%)

1 せられずに, せられたの, せられた様式, の時代

▼ 漢寧王~ (4, 0.1%)

1 と爲さん, に封ずる, の位, の称号

▼ 漢~ (4, 0.1%)

2 とは狗 1 といひ, とか一錢漢

▼ 漢鉄道~ (4, 0.1%)

1 の客車, の敷設, の汽車中, 総工会

▼ 漢魏六朝~ (4, 0.1%)

1 から唐宋, の碑碣, の詩賦, の風

▼ 漢あり~ (3, 0.1%)

1 て八百万世, 屹と, 屹とかの

▼ 漢だった~ (3, 0.1%)

1 が大抵, ということ, のでした

▼ 漢であろう~ (3, 0.1%)

1 となん, と何, と立憲

▼ 漢でした~ (3, 0.1%)

1 から一番, よ, 頭には

▼ 漢とか~ (3, 0.1%)

1 すべて人を, 何とかいふ, 無頼漢とか

▼ 漢~ (3, 0.1%)

1 かけての, かまうなら知らぬこと, 軽率に

▼ 漢また~ (3, 0.1%)

1 一つが, 学道する, 道得あるなり

▼ 漢みたい~ (3, 0.1%)

2 なと 1 な人間

▼ 漢を以て~ (3, 0.1%)

2 内務の 1 洋を

▼ 漢中攻略~ (3, 0.1%)

1 のとき, の後, をなさん

▼ 漢使~ (3, 0.1%)

1 に遭っ, の存在, をもてなした

▼ 漢~ (3, 0.1%)

1 がこれ, にきく, の大家

▼ 漢口陥落~ (3, 0.1%)

1 ときい, の報, の提燈行列

▼ 漢~ (3, 0.1%)

1 には泰一太一, の方面, の用字

▼ 漢名和名~ (3, 0.1%)

3 の詮議

▼ 漢~ (3, 0.1%)

1 の中心, を守る, を陥れた

▼ 漢字典~ (3, 0.1%)

1 から掘り出され, の記載法, を作っ

▼ 漢学生~ (3, 0.1%)

1 であるという, に取っ, の罪

▼ 漢弥三郎~ (3, 0.1%)

1 が今, でした, とわかりました

▼ 漢文化~ (3, 0.1%)

1 が一つ, の一貫, の精髄

▼ 漢文脈~ (3, 0.1%)

1 に縋, の熟語, より欧文脈

▼ 漢~ (3, 0.1%)

1 の史料, の學, の書物

▼ 漢王三尺~ (3, 0.1%)

21 のげい

▼ 漢~ (3, 0.1%)

1 とつけ, と玉佩, 及び妹

▼ 漢~ (3, 0.1%)

1 では鳥, の楊条, の節

▼ 漢~ (3, 0.1%)

1 であり支那伝来, と区別, に対する和算

▼ 漢~ (3, 0.1%)

2 な本 1 の寝言

▼ 漢~ (3, 0.1%)

1 に亙り, の書物, 等しく字

▼ 漢詩壇~ (3, 0.1%)

2 が振ひたる 1 が振いたる

▼ 漢靈帝光和中~ (3, 0.1%)

1 とあり, に作る, の内

▼ 漢風習合以前~ (3, 0.1%)

2 のたなばたつめ 1 の日本式

▼ 漢あたり~ (2, 0.1%)

1 から出, の民政

▼ 漢おり~ (2, 0.1%)

2 来れり

▼ 漢この~ (2, 0.1%)

1 卑劣漢, 漢と

▼ 漢たち~ (2, 0.1%)

2 だった

▼ 漢たる~ (2, 0.1%)

1 の感, を免れぬ

▼ 漢だって~ (2, 0.1%)

1 えから, ざらに

▼ 漢だの~ (2, 0.1%)

1 叛逆者だ, 文無しだの

▼ 漢でございます~ (2, 0.1%)

1 から, な

▼ 漢でない~ (2, 0.1%)

1 大かた長脇差では, 自己を

▼ 漢ども~ (2, 0.1%)

1 の濁り, を放し

▼ 漢などが~ (2, 0.1%)

1 出現する, 和尚の

▼ 漢なり~ (2, 0.1%)

1 し, し一郎

▼ 漢にかけて~ (2, 0.1%)

1 七百年に, 所謂方士は

▼ 漢には~ (2, 0.1%)

1 残念ながら, 狼性が

▼ 漢にまで~ (2, 0.1%)

1 知られること, 聞こえないであろうこと

▼ 漢に対する~ (2, 0.1%)

1 戦いには, 軍略にだけは

▼ 漢ばかり~ (2, 0.1%)

1 でないと, で柔弱

▼ 漢め我~ (2, 0.1%)

1 のせっかく, の折角洗

▼ 漢~ (2, 0.1%)

1 な, オイ悪か

▼ 漢より~ (2, 0.1%)

1 唐までの, 晋まで

▼ 漢一代~ (2, 0.1%)

1 のこと, の對異族策

▼ 漢中巴蜀~ (2, 0.1%)

1 に雄視, に非常

▼ 漢~ (2, 0.1%)

1 傳諡, 末流

▼ 漢以上詩~ (2, 0.1%)

2 は唐以上

▼ 漢以來六朝~ (2, 0.1%)

1 の學問, までの間

▼ 漢~ (2, 0.1%)

1 としての彼, とは即ち

▼ 漢六朝~ (2, 0.1%)

1 の彫刻, の金石

▼ 漢内飛行場~ (2, 0.1%)

1 ですね, を意味

▼ 漢名之部~ (2, 0.1%)

1 に出, に薫

▼ 漢名石蛇~ (2, 0.1%)

1 で実は, という

▼ 漢名麦門冬~ (2, 0.1%)

1 のヤマスゲ, の中

▼ 漢唐以來~ (2, 0.1%)

1 の注, の相

▼ 漢委奴國王~ (2, 0.1%)

1 の印, の金印

▼ 漢学び風~ (2, 0.1%)

2 の因習

▼ 漢學先生~ (2, 0.1%)

1 の家, の教

▼ 漢學派~ (2, 0.1%)

1 と云, を生ずる

▼ 漢~ (2, 0.1%)

1 のゴツゴツ, を背景

▼ 漢川方面~ (2, 0.1%)

1 に行動, への突撃

▼ 漢師長~ (2, 0.1%)

1 はあたり, を呼びだした

▼ 漢建武~ (2, 0.1%)

2 の銅尺

▼ 漢式化~ (2, 0.1%)

1 したものの, すること

▼ 漢彝玉器~ (2, 0.1%)

2 の類

▼ 漢~ (2, 0.1%)

1 と云, はかう

▼ 漢後主~ (2, 0.1%)

2 に上表

▼ 漢~ (2, 0.1%)

1 です, に国語簿記何ん

▼ 漢數教授~ (2, 0.1%)

1 といふこと, の利目

▼ 漢文句調~ (2, 0.1%)

2 の幼稚

▼ 漢文字~ (2, 0.1%)

1 で, であつ

▼ 漢文学かぶれ~ (2, 0.1%)

2 のした

▼ 漢族特有~ (2, 0.1%)

2 の文化

▼ 漢~ (2, 0.1%)

1 に及び, の律

▼ 漢楚軍談~ (2, 0.1%)

1 のむかし, を思い出した

▼ 漢~ (2, 0.1%)

1 に盛なり, の邸園

▼ 漢~ (2, 0.1%)

1 の開墾地, は囘匪

▼ 漢水方面~ (2, 0.1%)

1 にひき退いた, の大戦

▼ 漢法薬~ (2, 0.1%)

1 の店, の復興

▼ 漢法醫~ (2, 0.1%)

1 がよい, にハツボ

▼ 漢玉章劉海日~ (2, 0.1%)

2 の旧

▼ 漢王高煦~ (2, 0.1%)

1 の反, 反す

▼ 漢~ (2, 0.1%)

1 と大和絵, の竜

▼ 漢画風~ (2, 0.1%)

2 の山水

▼ 漢~ (2, 0.1%)

1 を祭った, を祭る

▼ 漢科之者御供~ (2, 0.1%)

1 不仕, 被仰

▼ 漢~ (2, 0.1%)

1 が雑談中, と盲目共

▼ 漢藝文志考證~ (2, 0.1%)

1 の方, を書き

▼ 漢訳仏典~ (2, 0.1%)

1 の竜, をほんの

▼ 漢訳大蔵~ (2, 0.1%)

1 の模稜, を正誤

▼ 漢訳聖書~ (2, 0.1%)

1 には, をしらべ

▼ 漢~ (2, 0.1%)

1 が後進少年生, が正しい

▼ 漢譯經典~ (2, 0.1%)

1 があつ, として

▼ 漢防已~ (2, 0.1%)

1 とコウモリヅタ, はけっして

▼ 漢陰園味~ (2, 0.1%)

1 と題名, も雲東

▼ 漢~ (2, 0.1%)

1 に近く, の諡號

▼ 漢~ (2, 0.1%)

1 の氣, は十たび

▼ 漢高祖~ (2, 0.1%)

1 が白蛇, や文帝

▼1* [379件]

あらんか一波万波, 漢あるを, 漢あるいは門外漢に, 漢かなといぶかったの, 漢からの使者が, 漢さえも出た非常, 漢すなわち我だ, 漢その他の告別, 漢その禍, 漢ぞと打呟き, 漢たりし一外人水夫, 漢たりとも立所に, 漢っと彼が, 漢でなければそれ, 漢といふ字の, 漢とかいうのなら知らぬ, 漢とでもなんとでも, 漢との戦いには, 漢とばかり彼を, 漢とも言ふべき, 漢なかなか勇猛で, 漢なきにあらず, 漢などとその英雄, 漢などの類では, 漢などはろれつの, 漢ならば漢律, 漢なりと呼ばれた泥仕合, 漢なる小丘, 漢なれば剣, 漢にかけてのことで, 漢にせ天才の, 漢にとって残された道, 漢になつて白青黄赤の, 漢ふざけやがるなここ, 漢ぷんは同じ, 漢ほろびつづいて三国, 漢までの記事を, 漢っ, 漢やうの虚偽, 漢よく仏法を, 漢よほどの野蛮人, 漢よりも高尚である, 漢クロンウエル虎視竜蟠し, 漢クープリンでさえ彼, 漢コロレンコでさえ彼, 漢サルダナパロスであろうと, 漢十二銖ハ今ノ, 漢ヘンデルの伝記, 漢ラザレフはそれ, 漢ロローに扮する, 漢慕フノ心ヲ, 漢一ダアスのみ, 漢一統の世, 漢一經專門の學風, 漢三人車を宙, 漢三才図絵には丹波国遠坂村, 漢上笑聲常寄白雲邊と云, 漢世間から云, 漢方式を, 漢両方に心, 漢中ニ在ルノ虚, 漢中以来大王のご, 漢中尋で陷, 漢中川蜀に起つた, 漢中市街は曹軍, 漢中平定の祝賀日, 漢中滞陣の一ヵ年, 漢中王トハ養父子ノ間ニナッテイルガ, 漢中王玄徳は成都, 漢中王領大司馬, 漢中西蜀あたりの情報, 漢中進出は西蜀, 漢中進攻のとき魏, 漢乗車をすゝむる人力, 漢九名のため, 漢九郡のうち, 漢の側, 漢事始に丑, 漢二百年間に於ける, 漢于仁君の帰国, 漢亡びた以上皇太后の, 漢人中にも二字姓, 漢代以前にすでに, 漢代以後支那哲学の正統, 漢代以後織物の發達, 漢代初期からすでに, 漢代臘を以て神荼欝塁兄弟, 漢代頃の貝墓, 漢代高句麗時代金遼時代等の古墳, 漢代高名の大儒, 漢以來三國の前, 漢以來南土の風化, 漢以來外國人で支那, 漢以來行はれて, 漢以來諸家の説, 漢以來革命と云, 漢以後伏生の尚書, 漢以後六朝時代の交通, 漢以後唐以前の六朝, 漢以後彼此参酌して, 漢以後晉までに著述, 漢以後陽に秦, 漢以来武臣銭を愛す, 漢伯禽封魯淮夷蠻貊及彼南夷莫不率從不意蔡侯一虜熊貲始大楚之覇業, 漢何ぞ其様な, 漢使一行を厚遇, 漢儒先生たちの説, 漢儒者のごとき, 漢儒説禮制有不合者, 漢帝の, 漢元年の條, 漢兄弟は金, 漢光武時遣使入朝, 漢公時代の號, 漢公王莽の事, 漢六朝文の中, 漢共通の而, 漢初以来の骨肉相喰む内乱, 漢前衛して, 漢北劍がまた, 漢匹夫の徒, 漢医方存亡の責, 漢医方時代には詩, 漢医書生は之, 漢医法癈れて, 漢十余万を率, 漢卑劣漢この卑劣漢, 漢の口, 漢真稿, 漢の考証, 漢口あたりの水面, 漢口一番のりという, 漢口一番のりをさせた, 漢口事件のあった, 漢口北京という工合, 漢口岳州沙市の辺, 漢口從軍行について門出, 漢口攻略戦のクライマックス, 漢口攻略目睫と叫ん, 漢口時代の大, 漢口路福州路広東路, 漢口陥落景気で此, 漢口陥落記録のため, 漢口駐屯時代に徐州, 漢夫人は, 漢名使用の従来, 漢名君遷子この柿, 漢名東海夫人皆その形, 漢名玉柏一名玉遂また千年柏, 漢名王不留行, 漢名節を尚, 漢名糠栗に基づい, 漢名鶏というも鶏, 漢名龍胆の唐音, 漢な最初, 漢呉音はさらに, 漢と国朝, 漢唐伝疏或用宋明註解, 漢唐宋明を経, 漢唐時代の學者多く, 漢唐貨幣貴於珠, 漢嗣子なく死ね, 漢に摂し, 漢四百年の治, 漢四百年その間の治乱, 漢土木公司の親方, 漢を犯せし, 漢でこし, 漢の居延, 漢塩原参謀とが感激, 漢士風のもの, 漢夕陽新聞記者古市加十の憐れ, 漢多きかを嘆く, 漢丞相と, 漢天民のかく, 漢女子産んだり, 漢奴加己利を尚, 漢子らは, 漢子三十をすこし, 漢子凭りかかり, 漢子首巾をき, 漢字音における右, 漢の如き, 漢学生等の自慢, 漢学科また木村正辞氏その他数氏, 漢學ナル者ハ支那ヲ祖トスレバ, 漢學者中には朝鮮, 漢學者流の套語, 漢學蘭學醫學數學武術としてあ, 漢學講師であつ, 漢宋而別新古従人所求或用漢唐伝疏, 漢室十二代の光輝, 漢室四百余年の末, 漢室四百年の末期相, 漢宮瓦高帝五年治, 漢家代々の系譜, 漢家山東の二百州, 漢家歴代の祖宗, 漢の太守, 漢寧太守を領し, 漢寿亭侯之印, 漢寿亭侯雲長関羽としるした, 漢将軍糜竺青衣侯尚挙, 漢少年を自分, 漢岩太郎の眼, 漢帝なにがしの後園, 漢師直の名, 漢帰化人の後, 漢廷官人の不心得, 漢建武銅尺にて三丁五十一間, 漢式建築の日本化, 漢式直線模様を盛ん, 漢弓矢鉄砲を用い, 漢は私, 漢の僞撰, 漢振, 漢既に衰, 漢忍術空中飛行等悪材料, 漢志以下の四種, 漢志以後の書籍, 漢志以後現存する目録, 漢扱いにし, 漢掃部頭井伊直弼は安政五年四月, 漢数学の塾舎, 漢数教授という看板, 漢數人の羊, 漢數學の教場, 漢文学的影響位は出した, 漢文學史の上, 漢文選等を読む, 漢族五十萬人を移住, 漢族出身の君主, 漢族數萬家を移住, 漢族文弱の風, 漢明帝のとき經學, 漢明帝馬皇后の二人, 漢時代以後だんだん盛, 漢時代邊りまでは, 漢晉以來唐に至る, 漢の月騒恨, 漢最後の獻帝, 漢を着けた, 漢朗詠集の前, 漢朝一定の本来, 漢朝一統の大業, 漢朝四百年の天下, 漢朝復興の旗幟, 漢朝旧臣派の根づよい, 漢朝神虎殿あり, 漢朝累代の臣, 漢朝統一への必然, 漢末瘧を丘社, 漢末賢高麗加世溢漢奴加己利を尚, 漢ともまた, 漢楊震孫賜遂以皐陶不與三后, 漢の戦, 漢楚交戰時代に楚, 漢楚交爭時代に楚, 漢楚軍談忠義水滸伝のよう, 漢業囘復を依, 漢武守宮を盆, 漢武帝の時孔子旧宅, 漢武常後庭鞦韆賦の序, 漢死んでしま, 漢氏多治比部などの傳, 漢民人口は四万五千人, 漢民僅かに四十戸, 漢民族国家衰微の原因, 漢水上流へ二百八十粁, 漢水蜿蜒と天際, 漢に良心, 漢汲黯が退いた, 漢沁みた連中が, 漢れども, 漢法医学の, 漢法医流の無学, 漢法医薬が並ん, 漢法方剤の怪しい臭, 漢法醫者を尊ん, 漢洋折衷に無, 漢へ出よう, 漢滅びて三国, 漢滿蒙囘藏, 漢漁史といっ, 漢火水に錬, 漢無法が活溌, 漢熟語は未だ, 漢の隙間, 漢王即位の時伶人, 漢王延寿王孫賦既に酔い眠った, 漢瓦鐺の譜, 漢田村文琳の茶入, 漢画水墨の技巧, 漢画的装景であるか, 漢な行為, 漢がのち, 漢皇二十四帝にまみえる, 漢皇剣をひっさげ, 漢皐台の下で佩玉, 漢舟裔, 漢石経の本文, 漢を殘, 漢を簒奪, 漢なんか手, 漢等俗に, 漢等山狗かとばかり痩せ, 漢を持, 漢紀三乾祐二年の條, 漢紀以外にも前, 漢紀後序に, 漢ようやく紊, 漢線方面では彰徳, 漢繍衣之義, 漢の, 漢も, 漢は胡, 漢行徳浦来毎, 漢自身も負傷, 漢興二百一十載, 漢英仏独の文学科, 漢英数だけはよく, 漢薬商黄駝となん, 漢薬花蕊石は崩, 漢薬蘭薬なん, 漢藝文志それから揚雄, 漢を飮, 漢蘭医法比較研究の端緒, 漢蘭学党の争い, 漢蘭学芸の事, 漢をした蒙, 漢言語同断といふべし, 漢訳せられ習合せられ, 漢訳せられる筈である, 漢訳仏教にない, 漢訳和訳の洋説, 漢訳語も起因, 漢詞章と日本歌謡, 漢について云え, 漢語調の軍隊言葉, 漢説仏説の染みつきたる, 漢説仏説蘭説などをも, 漢譯佛典の原本, 漢譯候もの有, 漢の形, 漢で何, 漢起武という二人, 漢歌, 漢には殆ど断, 漢軍これを追撃, 漢軍前列の持戟者ら, 漢道人と号, 漢だらう, 漢の道衰, 漢鉄路で捕えられた, 漢の花器, 漢を變形, 漢鐵道で漢口, 漢已にあて, 漢の旌旗, 漢に出合った, 漢青木弥太郎の事蹟, 漢人道の, 漢韓その他諸蕃帰化, 漢からで, 漢風流なる田人, 漢食指を動かす, 漢にも乗らず, 漢騎十萬今さらに, 漢高祖ガ天下ヲ得, 漢高祖白馬を斬り, 漢高誘註清嘉慶中黄丕烈依宋木重刊, 漢魂洋才で往かう, 漢魏以來明清に至る, 漢魏以後の支那文学, 漢魏六朝唐宋の怪談, 漢魏式の決りきった, 漢魏晉五百年の間, 漢魏晋唐以来を取り, 漢魏注家以外の經書