青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「演劇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~滅多 滅多~ ~滑稽 滑稽~ ~滝 滝~ 滞在~ 滿~ 漁師~ 演出~
演劇~
演奏~ ~演説 演説~ 漢~ 漱石~ ~漸く 漸く~ ~潜ん 潜ん~ 潜水~

「演劇~」 2860, 31ppm, 3779位

▼ 演劇~ (786, 27.5%)

21 本質を 17 本質は 13 ために 9 本質 7 本質といふ 6 再演劇化 5 為めの, 革新は 4 世界に, 伝統が, 価値を, 光輝と, 方面では, 本質が, 本質について, 真の, 芸術的純化に, 近代化といふ

3 [13件] 伝統に, 価値は, 堕落が, 実際運動, 将来は, 本質と, 本質に, 本質問題が, 歴史に, 純化, 要素を, 領域に, 魅力は

2 [38件] いい先生, ない国, 一幕が, 一要素として, 上で, 世界が, 中で, 伝統, 伝統の, 伝統を, 創造を, 問題を, 在り方を, 堕落である, 堕落を, 娯楽性といふ, 実際家, 専門的研究を, 将来が, 形式は, 本質主義, 本質主義を, 本質的な, 樹立を, 演奏を, 特殊性に, 独立, 社会に, 立場から, 精神を, 舞台を, 近代化, 進化は, 部門に, 重要な, 革新といふ, 革新も, 革新運動も

1 [548件 抜粋] あらゆるジヤンル, あり方について, ある種, ある部分, いくらかの, うちでも, ことを, それぞれの, たそがれが, ためなら, ための, とりしまりや, どの部分, はるかな, ほうへ, ほかにも, ほんとうの, みのりゆたかな, ようだ, ような, より以上広大, わが国在来の, アカデミイが, アカデミイを, アカデミズム樹立に, アマチュアは, エルサレム, シーズンの, ジャンル, ジャンルと, ジャンルは, スペクタクル化は, セリフについても, セリフばかりが, タブーでも, モデル志願を, ラヂカルな, ワザとらし, 一つの, 一傾向が, 一大革命と, 一層広い, 一様式として, 一番本質的な, 一般性を, 一般的法則なる, 一要素である, 一部門として, 上では, 上でも, 上に, 上の, 上演目録審査委員会という, 不健全性が, 不振といふ, 不振を, 不振時代が, 世界から, 世界では, 世界にとって, 世界も, 世界を, 世話一切を, 両者の, 中からも, 中に, 中には, 中にも, 中心人物であります, 中長者の, 主流が, 主流に, 主潮は, 主題が, 事などについて, 事は, 事情という, 二つの, 云は, 仕事が, 仕事では, 仕事としては, 仕事に, 仕事を, 仕組まれて, 代表形式と, 仮小屋, 仲間入りはせられない, 企業性について, 伝統から, 伝統といふ, 伝統に対して, 伝統は, 伝統も, 伝統即ち, 伝統精神は, 作者連で, 使命本領といふ, 価値と, 価値とは, 保護助成を, 停頓乃至, 健全な, 健全性, 先駆的傾向と, 先駆的役割である, 先駆的運動について, 光線を, 全生命, 全般的向上は, 兩方に, 六つの, 内容では, 内容として, 内容としては, 写実味を, 凄絶さに, 分野に, 分野において, 分野は, 前途は, 前途を, 創造と, 効果を, 勉強などは, 勉強は, 勉強も, 勉強を, 動向に, 印象を, 危機でございます, 原始形態では, 原始形態に, 原始精神が, 取り扱, 取締を, 受け継いだ最も, 古い姿, 史的研究は, 各分野, 各部門, 向上は, 否定に, 味ひ, 品位と, 品位を, 商業主義化に対する, 問題現在の, 因襲と, 団体に, 国家的保護乃至, 土壌, 地平線は, 型が, 型より, 執着から, 基礎工事である, 場合には, 場合一は, 壮麗で, 大きな魅力, 大学, 大衆性といふ, 好ましからぬ, 如き一歩, 如き落語, 如何なるもの, 如何なる組織, 姿で, 娯楽性を, 存在, 存在に, 存在は, 存在を, 実写すなわち, 実情と, 実質を, 実践活動に, 実際に, 実際には, 実際活動, 実際的知識, 実験室と, 審美的発達を, 専門家としての, 専門家の, 専門的な, 専門知識を, 将来といふ, 将来に, 将来を, 尖端が, 帰着点かも, 幻想界と, 廻り燈籠を, 弱さ, 弱点を, 当事者は, 形からも, 形は, 形式そのものに, 形式について, 形式を, 心理的分野を, 性格が, 性質に, 性質を, 恐しさ, 恐らく根本的, 愛好家, 愛好者だ, 愛好者と, 所作は, 手引, 技術的伝統が, 指導原理の, 指導精神なる, 改善及び, 改良を, 政治的文化的意義に, 教化力は, 教養のみから, 散文化, 整理と, 文化的役割について, 文化的水準といふ, 文学的内容を, 新しい様式, 新しい精神, 新しい芽, 新しい領域, 新様式, 新発展, 方で, 方に, 方向を, 方面でも, 方面に, 方面は, 旗印は, 既に示し, 旧き殻, 旧脚本, 普遍性を, 最も先駆的, 最も発達, 最も重要, 最古の, 有つ, 本は, 本も, 本を, 本流に, 本質から, 本質として, 本質とは, 本質に対し, 本質に対して, 本質に関し, 本質に関する, 本質問題と, 本質問題に, 本質問題について, 本質探究に関する, 本質的価値といふ, 本質的価値の, 本質的生命, 本質的生命たる, 本質的見地から, 本質的魅力が, 本質研究といふ, 本質美を, 本質論といふ, 本領について, 根本条件について, 根本的な, 根本的革新を, 楽屋裏の, 概念であり, 構成に, 構成は, 様々な, 様式, 様式を, 横行は, 樹立の, 樹立以外に, 正しい伝統, 正体なる, 正確なる, 正統の, 正統的な, 歩みが, 歴史, 歴史が, 歴史で, 歴史などは, 歴史も, 歴史を, 歴史的研究に, 殆ん, 殉教徒で, 残忍は, 殻から, 民衆から, 民衆性を, 民衆的性格の, 水準が, 水準に, 水準を, 泉を, 法則なる, 流れ, 流派が, 消長を, 混乱を, 混沌たる, 演劇たる, 演奏全く, 演技研究を, 為の, 為めに, 片棒を, 物語の, 特徴, 特色だ, 特質, 特質は, 狂, 独立を, 独立性を, 現代アカデミスムの, 現代性作品の, 現在に, 現在は, 現状, 理論づけ, 理論といふ, 生命, 生命を, 畑では, 畑に, 略語か, 病根である, 病根の, 発生は, 発生を, 発足を, 白に, 相を, 相貌は, 真似し, 真似などは, 真価も, 真髄に, 真髄を, 眼にのみ, 知的な, 知的要素を, 知識は, 確乎たる, 確立も, 社会教育的価値は, 社会的効用について, 秘訣も, 種別, 種目, 稽古の, 窓を, 立体化運動, 第一歩は, 第一要素, 筋に, 筋を, 精神と, 純化に, 純化を, 純化作用を, 純粋の, 純粋性で, 純粋領域から, 綜合芸術説, 美しさ, 美学的な, 興味を, 興行方法による, 舞台に, 舞台は, 舞台や, 舞台的伝統を, 舞台的進化は, 舞台軍事教育ラジオピンポン衛生室, 芸術性と, 芸術的価値は, 芸術的向上を, 芸術的堕落を, 芸術的存在, 芸術的存在が, 芸術的存在も, 芸術的本質について, 芸術的本質は, 芸術的民衆主義者である, 芸術的純化, 芸術的純化その, 芸術的純化といふ, 芸術的純化を, 芸術的純化舞台表現の, 芸術的覚醒を, 芸術的誕生とも, 芸術的貴族主義を, 芸術的進化について, 芸術的進化を, 芽生えと, 萌芽なる, 著しい特色, 行き詰つた時代, 行くべき道, 行詰りは, 複製という, 要素, 要素たり, 要素と, 見物の, 見物をも, 視覚的意義, 観客が, 観客に, 観衆にとって, 言葉, 言葉から, 詞章であった, 話それから, 話に, 話聞い, 講義を, 貧困, 貧血と, 質的向上を, 起りという, 起原を, 起源と, 起源に関する, 輸入一代の, 近代化の, 近代化を, 近代性を, 近代的魅力と, 迷宮を, 通俗性を, 造形の, 進化に, 進化を, 進化芸術的純化の, 進歩という, 運動が, 運動は, 運命演劇の, 過渡期に, 道を, 道具に, 邪道であり, 部門, 部門で, 部門である, 部類に, 鑑賞にも, 鑑賞は, 門は, 関係者と, 関係者の, 隆昌と, 隆盛は, 隆盛時代なら, 非近代性, 面に, 面には, 面貌を, 革命を, 革新といつても, 革新の, 革新を, 革新運動が, 革新運動であり, 革新運動では, 革新運動といふ, 革新運動には, 革新運動は, 領土を, 領域も, 領域を, 類は, 風俗的現代化が, 風教問題を, 骨髄と, 鬘を, 魅力ある, 魅力と, 魅力の, 魅力を, 齎す過去

▼ 演劇~ (197, 6.9%)

16 して 4 見て 3 如何に, 愛するもの 2 つくる人, やって, 今日の, 他の, 承認すべし, 構成する, 看る, 眼前に, 職業と

1 [153件] ある意味, ある面, いかに遇, かくの, かたちづくる要素, くだらない等, くわだてた時, このま, さも人間修養, するについては, する分, その沈滞, それ自体として, ためこんで, どういふ, どう定義, どう書い, なし, はじめ総ての, みるの, もちたいという, もつて, もつべきでありまして, もとうと, やつて, やめあの大きな, やろうと, よく見, わが劇界, カブキと, 一週間興行, 中心として, 中心に, 云々する, 人民大衆が, 作り上げようとして, 作り出しその, 作り出すため, 作り出す上, 作るか, 健全に, 催しいた実, 催し貴婦人令嬢ら, 催す, 創り出しそれ, 創生し, 勉強し, 単なる娯楽, 単なる娯楽的興行物, 取分けて, 唱道し, 基礎と, 基礎として, 堕落せしめた, 堕落に, 変貌させ, 好まない, 如何なる目標, 妨げるもの, 実写し, 対象に, 弁護する, 形くる, 形づくる諸原, 志す人, 想像する, 愛し演劇, 愛し現代, 愛する, 愛するが, 愛すると, 愛するに, 愛する王侯, 愛せんと, 愛好した, 成し得れば, 担おうと, 担って, 指して, 指す, 指すとは, 挙げること, 捨てざるを, 措きては, 改良なし, 救ふ, 文学から, 文学に, 文学より, 暗示と, 末永くやっ, 楽しみその, 民衆の, 滅すもの, 演じさせると, 演劇たらしめる, 演劇の, 演劇以外の, 狭い書斎, 現代の, 理解する, 生かし得るもの, 生み出して, 生み出し得るか, 生み出すため, 生むといふ, 生むの, 生んだ伝統, 生活し, 目指して, 目指す仕事, 看たり, 眺め入りました, 研究しよう, 窒息せしめ, 育てる道, 育みつ, 脅かして, 興さんと, 興す所以, 良心的に, 芸術たらしめる, 芸術と, 芸術として, 芸術家の, 萎靡させる, 虚栄し, 行ふこ, 見せたからとて, 見せて, 見た仲, 見ても, 見に, 見ようと, 見る楽, 見物する, 見限るより, 観衆より, 解する見物, 解剖分析し, 論じその, 論じたもの, 論ず, 論ずること, 論ずるもの, 起そうとして, 通俗化する, 道楽として, 選択する, 邦語に, 邪道に, 邪道より, 鑑賞する

▼ 演劇~ (162, 5.7%)

2 他の, 文学では, 昨日楽に, 最も, 民衆の

1 [152件] あたかもこの, あらゆる民族, あらゆる芸術, いつの, いつ生るべき, かくあるべき, こ, これに, さておき漫才その他, さらに古くは, そうは, そのため, その時代, その構成, その綜合性, その観念, それだけ架空, それは, それゆえわれわれの, それ自体錯綜極まりなき, それ自身多少, たしかに今, たそがれだ, たとへ, たまたま民衆, つくり出せないし, どういふ, どうか, どうかと, どうすれ, まだ始まらぬ, まだ庶民, まだ近代写実主義, もうどうにも, もちろん彼, もつと, もともと職業人, やがてわれわれ, よろしく, ナチスにとっては, 一つの, 一人や, 一個それ自身の, 一個の, 一層戯曲, 三絃を, 上演に, 上演目録の, 之も, 二十年後戻りを, 人, 今や膠着状態, 今日まで, 今日何によ, 伝統的な, 依然文芸, 信用しない, 俳優に, 俳優型俳優を, 僕にとって, 優れた演劇, 其の性質上, 写実の, 写実よりの, 別として, 到る処, 反撥し, 受け方が, 古来幾多の, 各種芸術の, 商業劇場の, 囃子唄鳴物合方床の, 国家の, 国民挙つてこれを, 壁画の, 外形的模倣的ただ, 夙くから, 大きい分類, 大勢の, 如何なる流派, 娯楽は, 実にこの, 実に時代, 室内劇である, 専門戯曲家の, 小劇場, 少くとも, 幾人かの, 当然こうならなけれ, 彼等から, 従来あまりに, 従来の, 必ずしも綜合芸術, 思想的内容だけで, 急速に, 恰も此, 愈々, 感覚的要素の, 成りたたないところ, 戯曲の, 戯曲よりも, 戯曲を, 新しい演技, 新劇を, 既に今日吾人, 既に通俗, 日本の, 明かに, 映画の, 時代に, 時代の, 最も低級, 東, 果して, 次第に純然, 正に一死報国, 正月の, 決して日常生活, 演劇に, 演劇によ, 演劇映画は, 演劇自身によ, 特に近代企業, 理想としても, 畢竟これら, 畢竟人間, 発展的リアリズムなど, 絶えず演劇本来, 綜合芸術だ, 綜合芸術なりという, 綜合芸術なりとの, 総合芸術なり, 総合芸術なりという, 緑肥えたる, 脚本作家と, 舞台に, 舞踊と, 芸術だ, 芸術でなけれ, 芸術として, 芸術なりや, 芸術性と, 荒唐無稽なりと, 行詰つて, 表現の, 誰でも, 貧困にも, 近代に, 進歩しない, 遂に滅びる, 離れて, 黄昏に

▼ 演劇~ (148, 5.2%)

9 於ける 8 於て 4 於ける戯曲, 於ては 3 於いては, 於けるリアリズム, 於ける脚本 2 あつて, とつて, 携はる, 於ける写実主義, 革命の

1 [104件] お作りなさる, かぎらず在来, して, しばしばみる, しろその, しろ彼女たち, するよう, その足跡, ちが, なにものかを, ならない, なり得るか, なる, なるでは, なるわけ, もっともっとヴァライァティイ, やや不満, 一つの, 不満を, 与へた大きな, 今日の, 何かを, 何ものかを, 何を, 入ること, 入るといふ, 公平な, 共通な, 冷淡な, 到るまで, 加へ, 取つて, 取つて大, 向けられた不満, 喜劇が, 多少ずつ, 大なる, 失望し, 好奇の, 寄せる近郷近在, 対抗し, 少なからぬ, 就いて, 就て, 幻滅せり, 必要な, 必要欠くべからざる, 志しは, 志すもの, 志す人, 応は, 或は油繪, 手を, 手腕を, 挺身し, 新たな, 新派を, 於けるアカデミズム, 於けるセリフ, 於ける一つ, 於ける一般法則, 於ける演出者, 於ける煽動性, 於ける眼, 於ける美術, 於ける自然主義, 於ける舞台監督, 於ける舞台装飾, 於ける言葉, 於ける雄弁, 於ても, 最も乏しく, 最も欠けた, 本式に, 本質的な, 極めて痛切, 比して, 比すれば, 求めるもの, 満足し, 用ひらるる, 直接関係は, 種々の, 缺く, 罅く, 至るまで, 興味を, 色鮮やかな, 親しまうと, 趣味を, 農民の, 通じて, 通ずる歴史, 連出すより, 過ぎない, 関係する, 関係の, 関心を, 關する, 降伏した, 限つた, 限らず物語, 限らず芸術作品, 類似した

▼ 演劇~ (103, 3.6%)

2 必要だ, 演劇として

1 [99件] あって, あつた, あつて, あり文学, ある, あるが, ある民族, ある町, いろ, いろいろの, おのづか, かけあひから出發, これらの, これを, さっぱり商売, その先駆的精神, それによ, たそがれに, たまたま浪漫主義的色彩, どう発展, どこに, どれだけ, どんな劇場, ほんとうに, また動, まだその, 一番早く, 人民の, 今日まで, 今日如何なる, 今直, 他の, 伝統的に, 先に, 兎も, 再び鳴り, 出来るの, 初春毎に, 古く風鎮め, 向上する, 嘗て密接, 国民性の, 大事な, 如何なる方向, 娯楽といふ, 存在しない, 専ら果してゐる, 常に古典, 当然文学, 従来の, 徳川幕府の, 必要な, 感覚的一面に, 成り立ち得ること, 所謂, 排斥された, 文字どおりその, 文学の, 文学を, 新しい映画, 日本の, 早くから, 最もその, 最近再び, 本来は, 本来もつ, 栄えた時代, 梯渡しを, 歌舞伎と, 民衆芸術である, 演劇でなくなる, 演劇を, 濟んでから, 特に盛ん, 特に近頃盛ん, 独占し, 現に存在, 現代生活から, 生れて, 生れるか, 生れると, 生れるといふ, 生れるとしても, 生れるの, 生れ戯曲, 生んだ様々, 盛に, 真に民衆, 社会教育的に, 等しく近代劇, 純粋に, 経済的に, 職業として, 舞踊, 芸術的に, 要求せられるであらう, 起って, 近代文学殊に, 過去の

▼ 演劇~ (62, 2.2%)

5 云ふも 3 我, 映画とは 2 云へ, 呼ばるべき, 称へ

1 [45件] いい謹慎着実, いつて, いひ演芸, いへども, して, その革新運動, はつきり区別される, フィルム劇とは, 三遊亭圓朝氏の, 云へるだらう, 共通な, 区別さるべき, 厳密に, 同様根本に, 名を, 君の, 呼ばれる, 呼ばれ劇場, 国語教育とを, 宗教とを, 当局の, 戯曲に, 手を, 政治, 政治との, 文学の, 新劇と, 映画, 映画の, 民衆, 相並, 社会生活, 称せられるもの, 称へる, 紙芝居は, 縁の, 舞踊と, 複雑に, 西洋の, 見世物とを, 言うもの, 講談落語の, 近い関係, 雖も, 音楽と

▼ 演劇~ (48, 1.7%)

3 の上 2 を通じ

1 [43件] が一冊, が屡々, と名, と歌舞伎新報, にとつ, にもどき役, に新, に於, に於ける, に特筆, に特筆大書, に見えない, に重要, のなか, の一巻, の一時期, の中, の叙説, の存在, の探究, の概念, の研究, の研究上, の稿, の立場, の講義, の造詣, はじまって, も亦, をひもどく, を一, を一覧, を少し, を教, を書い, を知る, を研究, を繰返す, を詳細, を通じてその, を通じて最も, 及び演劇批評, 特に演劇文化史

▼ 演劇~ (41, 1.4%)

2 の先覚者, の現状

1 [37件] がこの, がすぐ, が彼, と類似, における革命, に与へる, に単身, に占める, に対して幾分, に巣喰つて, に新た, に於, に於ける, に根, に贈る, のそこ, の事情, の分野, の宿弊, の封建的因襲, の広い, の注意, の消息, の特殊, の特殊事情, の耆宿小山内君, の表面, は不死身, は戦前, は演劇界, は演劇界自体, を代表, を挙げ, を見る, を観る, を風靡, 殊に新劇

▼ 演劇~ (40, 1.4%)

5 なもの 2 ならざるもの, なり, なるもの

1 [29件] であつ, でありかつ, であり皮相, である, では, ならざるべからず, なる藝術, なモメント, な世界, な傾向, な効果, な夢, な挙動, な本質, な水準, な約束, な表情, な表現者, な部分, になる, には最も, には有, にも価値, にも貧しい, に沙翁, に群衆, の事実, の事實, の要素

▼ 演劇運動~ (38, 1.3%)

3 の諸相 2 といふもの

1 [33件] がわれわれ, が優れた, が如何, が時代, が起った, と併行, と共に戯曲, と足並, なるもの, について語る, にとっては非常, に働い, の基礎, の後援, の指導者, の母体, の決定的, の流れ, の線, はほんとに, はもっとも, は今日, は永続, への参加, をおこした, をし, をやっ, を取入れ, を指し, を背負っ, を起し, を通じて二つ, を通じて論者

▼ 演劇といふ~ (36, 1.3%)

6 ものは 3 ものの 2 ものが, ものを

1 [23件] もの, もので, ものについて, ものに対する, もの演劇と, やうな, やうに, 一般的な, 与へられた課題, 専門を, 庭に, 形が, 独立した, 社会が, 芸術形式から, 芸術形式の, 芸術形式を, 言葉の, 言葉は, 言葉を, 課題は, 迷宮に, 迷宮は

▼ 演劇~ (32, 1.1%)

1 [32件] あつて, あり, あり得ると, これを, またいつ, また現代日本, また通俗一般, むろんその, やる, キノも, 亦, 亦一つ, 亦国際的, 亦文学, 亦音楽絵画, 何らか, 優れた演劇, 前述の, 勿論近代主義, 含みその他一切, 後れ馳せながら, 思ふに, 映画も, 春の, 時間に, 未来は, 本質的に, 漸次に, 生々と, 発展させる, 科学者の, 花見も

▼ 演劇に関する~ (25, 0.9%)

1 [25件] ものも, エッセイを, 他の, 公開講演を, 各専門家, 基礎的教養を, 専門的な, 意見を, 文章を, 時評くだけ, 片々たる, 現代の, 知識は, 研究雑誌研究書籍が, 立派な, 覚え書, 記事は, 評論乃至, 評論感想の, 評論感想ノオトの, 談話会を, 諸種の, 講座の, 講演会場の, 限り一個の

▼ 演劇~ (25, 0.9%)

2 を鵜呑み

1 [23件] がいや, が平等, が文学, が欧洲, が舞台革命家, と大戦後, になりました, には北欧演劇学者, に一つ, に一転機, に対する批評, に更に, の口火, の実践, の支え, の骨子, までを偏向的, をもつ, を打ち, を終る, を組立てる, を試みる, を通じた

▼ 演劇という~ (23, 0.8%)

6 ものは 4 ものが 3 ものの 1 のは, ものと, ものとの, ものに, ものを, ような, 一つの, 芸術を通じて, 表現は, 雑誌に

▼ 演劇文化~ (21, 0.7%)

2 の勝利, の向上

1 [17件] が全面的, の, のため, の何分の一, の向上発展, の持っ, の本流, の水準, の現代的水準, の発達, の粋, の部門, は主として, を代表, を是非とも, を樹立, を豊か

▼ 演劇革新~ (21, 0.7%)

3 の運動 2 の名, の旗

1 [14件] のため, のプログラム, の使命, の先駆的運動, の大, の機運, の歩み, の烽火, の狼火, の理想, の目標, は今日, を標榜, を目指す

▼ 演劇そのもの~ (20, 0.7%)

2 の進化

1 [18件] がどう, が危く, が実は, が社会, と相, には興味, に対する一種, に対する愛情, に対する社会的偏見, に少なから, の本質的向上, の話し合える, はどこ, は俳優, は呼べ, は国民生活, を国力, を軽蔑

▼ 演劇映画~ (20, 0.7%)

2 の部門

1 [18件] がかかる, といふもの, といふやう, としてもカット, と大別, などを通じ, の上演, の仕事, の企業形態, の文化的役割, の根本的, の発展, はそれ自身長足, は映画, を一科, を純然, を見る, 両科共通

▼ 演劇~ (19, 0.7%)

1 [19件] がそう, が総がかり, でもコツコツ, でソヴェト, としての宿命, としての精神的飛躍, として名実とも, と雖, にとっては最高, にとって死, の前, の労働組合, の大概, の大部, の立場, は二重, を圧迫, 及び演劇関係者, 及び演劇関係者自ら

▼ 演劇芸術~ (19, 0.7%)

1 [19件] というもの, といふ限られた, としての精神, に携わる, のプロトタイプ, の主体, の前, の名, の場合, の孤城, の完成, の本質, の近代化, の進化, の魅力, は唯一人, への冒涜, を芸術, を認めない

▼ 演劇雑誌~ (19, 0.7%)

1 [19件] からも何, が全滅, が創刊, が十種, で見た, といふ約束, について, にシェキスピア, の一つ, の創刊, の多く, の編輯者, の編集者, は有為, をにぎわせます, を寄贈, を引っぱり出し, を見渡し, を読ませ

▼ 演劇学校~ (17, 0.6%)

2 の内容

1 [15件] でデクラマシヨン, に籍, に通つた, の主事, の必要, の教育, の演劇科, の生徒募集, はその, は俳優, や研究所, を興す, を設けなけれ, を設立, を開く

▼ 演劇改良~ (16, 0.6%)

3 の声 2 と改作, の急先鋒 1 が初めて, などが叫ばれる, に尽力, に関しても或, の会, の叫び, の呼び声, の趣意, を標榜

▼ 演劇としての~ (15, 0.5%)

2 独立性を

1 [13件] 価値を, 価値批判には, 出発点を, 形態を, 恐慌期を, 新しい真, 未成品で, 本質を, 生命を, 立ち場に, 美, 美しさ, 芸術的な

▼ 演劇~ (15, 0.5%)

3 映画の

1 [12件] よい写し絵, キネマに, 写し絵は, 文学から, 映画がいは, 映画は, 能や, 舞踏の, 講談に, 雄弁にのみ, 音楽の, 音楽会散歩や

▼ 演劇~ (14, 0.5%)

4 あつた 1 これを, したり, する敵ッ, 我々が, 正しい意味, 蛙の, 見ましたその, 記憶力が, 非業に, 飯を

▼ 演劇として~ (14, 0.5%)

1 [14件] ここに, その便利重宝さ, その存在, つまり芝居, われわれの, 即ち上演, 幼稚な, 必要な, 政治的に, 最も不自然, 果して芸術的, 歌舞伎が, 求めるもの, 見ると

▼ 演劇に対する~ (14, 0.5%)

2 民衆の

1 [12件] あらゆる不満, 一種の, 公衆の, 同一信条を, 多くの, 愛や, 探究的な, 改革刷新の, 熱情を, 熱意を, 理解が, 種々の

▼ 演劇とは~ (13, 0.5%)

1 [13件] かくの, こういうもの, その本質, どう云, なにを, 何かと云, 何んぞ, 優れた脚本, 如何なるもの, 書いて, 根本より, 縁も, 風馬牛の

▼ 演劇にも~ (13, 0.5%)

3 近い迎 1 いろいろの, まだ根, 十割の, 叙事詩にも, 巧妙は, 文学にも, 芸術的貴族主義が, 見られない一つ, 近い迎え, 重大な

▼ 演劇革新運動~ (13, 0.5%)

1 [13件] の中, の先頭, の先駆, の勃興以来, の烽火, の第一声, の顕著, は同時に, は小山内薫氏, は期せ, は誠に, もその, を起した

▼ 演劇愛好者~ (11, 0.4%)

1 [11件] からいくらでも, が, がゐ, でも何, と固く, にとつて一種, に是非, の一人, の注意, は西欧近代劇, を導かう

▼ 演劇研究者~ (11, 0.4%)

1 [11件] であり殊に, として考へなけれ, と手, にとつ, の一顧, の便宜, の常識, の眼, の進路, 乃至愛好者, 殊に真面目

▼ 演劇それ自身~ (10, 0.3%)

7 の美 1 のため, の芸術的完成, の魅力

▼ 演劇には~ (10, 0.3%)

1 あつて, ちがいない, ならないの, なり得ないの, 単純な, 又その, 大概な, 姦淫豺狼貪, 日本の, 良いもの

▼ 演劇への~ (10, 0.3%)

1 入口, 刺激と, 愛情に, 愛情の, 推移において, 絶交状であります, 要求を, 道は, 道を, 関心と

▼ 演劇改良会~ (10, 0.3%)

1 が更に, なるもの, のメンバア, の実体, の後身, の流れ, の記録, はさらに, をつくろう, 起る

▼ 演劇政策~ (10, 0.3%)

1 に関するくだり, の如何, の行政的, はまた, はフリドリッヒ大王以来, は四, は現在, への示唆, を強力, を通じて見逃すべからざる

▼ 演劇から~ (9, 0.3%)

1 一歩何か, 一線を, 何ものをも, 区別される, 区別する, 文学を, 現在の, 言葉の, 離れざるを

▼ 演劇について~ (9, 0.3%)

1 いつても, なかなか鋭い, 云へる, 正しい知識, 言えること, 語らうと, 語るという, 論評し, 非常に

▼ 演劇学者~ (9, 0.3%)

1 が此, ではない, としてまた, として私, の作劇術, の影響, の知識, は演劇, をもつ

▼ 演劇形式~ (9, 0.3%)

2 であります 1 からは何もの, があります, が現代日本, でもう既に, のなか, は資本主義, を利用

▼ 演劇活動~ (9, 0.3%)

1 がなぜ, が未だ嘗て, の上, の第一歩, をしはじめた, をすべきで, を以てし, を見出す, を通じての畏友

▼ 演劇理論~ (8, 0.3%)

1 だけで, と舞台的臭味, の中心, の師, の発達, の遂行者, はそれ自体, を組み立てる

▼ 演劇研究~ (8, 0.3%)

2 のため 1 に精進, の上, の書今, の目的, の講座, を志し

▼ 演劇である~ (7, 0.2%)

1 か, ことを, という, とかある, と主張, と説いた, 新劇が

▼ 演劇との~ (7, 0.2%)

1 中間を, 二つの, 交渉の, 密接な, 違いだ, 違いは, 間に

▼ 演劇~ (7, 0.2%)

1 がいよいよ, が急転直下, が盛ん, が非常, に夢中, の後援, をそそり

▼ 演劇関係者~ (7, 0.2%)

1 がひそか, が町民, の厳しい, はその, は私, を悉く, を網羅

▼ 演劇では~ (6, 0.2%)

1 それが, ない, ないといふ, なく却つて, 機械的な, 演じる人間

▼ 演劇に対して~ (6, 0.2%)

1 先づ決定的な, 女買いが, 意識的な, 感ずる興味, 抱いて, 経営者は

▼ 演劇本質論~ (6, 0.2%)

2 の検討 1 が偶然, でいは, は, は理想

▼ 演劇的要素~ (6, 0.2%)

1 とし, の加はつ, を多く, を採れ, を舞台, 乃至方法

▼ 演劇~ (6, 0.2%)

3 の本質 1 の創造, を成す, を構成

▼ 演劇自体~ (6, 0.2%)

1 が他, のもつ, の内部的, の発展, の魅力, もまた

▼ 演劇~ (5, 0.2%)

1 から見物人, とは云っ, と言, ね, もの

▼ 演劇なる~ (5, 0.2%)

2 ものに対する 1 ものに, ものには, ものは

▼ 演劇より~ (5, 0.2%)

3 文学を 1 出で, 戯曲を

▼ 演劇よりも~ (5, 0.2%)

2 演劇的なり 1 なお容易, 人情噺の, 映画に

▼ 演劇を以て~ (5, 0.2%)

1 いは, 仏蘭西の, 民衆芸術の, 直接民族精神の, 純粋の

▼ 演劇以外~ (5, 0.2%)

3 のもの 1 には人生, の演劇

▼ 演劇新潮~ (5, 0.2%)

1 で柴田勝衛氏, といふ雑誌, に掲載, に於, に私

▼ 演劇本来~ (5, 0.2%)

1 の, のさういふ性質, の姿, の存在意義, の面目

▼ 演劇的伝統~ (5, 0.2%)

1 からはなれ, があり, の本質的区別, より離れ, を素直

▼ 演劇研究所~ (5, 0.2%)

1 ができる, たる築地小劇場, で上演, なるもの, の創設

▼ 演劇鑑賞~ (5, 0.2%)

1 とはい, の内容, の基礎知識, の態度, の標準

▼ 演劇関係~ (5, 0.2%)

2 の人々 1 の人たち, の書物, の部門

▼ 演劇としては~ (4, 0.1%)

1 どうか, 余白の, 古くさい, 魅力が

▼ 演劇のみが~ (4, 0.1%)

1 もつ一種, もつ陶酔境, 他の, 特に不遇

▼ 演劇を通じて~ (4, 0.1%)

1 凡そ不朽, 如何なる程度, 最も驚異, 比較的

▼ 演劇~ (4, 0.1%)

1 に劇場内部, に戯曲, に映画界, に浮世絵研究者

▼ 演劇~ (4, 0.1%)

1 にいまだかつて, に取り入れられるであらう, に在る, に表現

▼ 演劇~ (4, 0.1%)

2 して 1 した証拠, する所

▼ 演劇当事者~ (4, 0.1%)

1 にとつて, の反省, の間, は注意

▼ 演劇映画科~ (4, 0.1%)

1 といふ一科, なる一科, の創設, は既設

▼ 演劇的土壌~ (4, 0.1%)

1 があり, が一個, が明治, とは作者

▼ 演劇精神~ (4, 0.1%)

1 がそれ, の伝統, を守り育みつ, を生かさう

▼ 演劇興行~ (4, 0.1%)

1 だけの収入, の上, の為め, を取締

▼ 演劇舞踊~ (4, 0.1%)

2 の中 1 として観照享受, の方面

▼ 演劇~ (4, 0.1%)

1 での仲間, と記され, のもの, の仲間

▼ 演劇金剛座~ (4, 0.1%)

1 の一隊, の座員, の後, の隊員一同

▼ 演劇たらしめる~ (3, 0.1%)

1 要素の, 運動と, 運動は

▼ 演劇とを~ (3, 0.1%)

1 全く別個, 携へ, 見せる劇場

▼ 演劇においては~ (3, 0.1%)

1 この方向, せりふは, 作家と

▼ 演劇ばかり~ (3, 0.1%)

1 でなくことに, でなく怪談全般, やって

▼ 演劇人達~ (3, 0.1%)

1 には良い, をもより, を嘘偽

▼ 演劇~ (3, 0.1%)

1 と変っ, に佐藤大使, に切符

▼ 演劇全体~ (3, 0.1%)

2 のすがた 1 の価値

▼ 演劇全般~ (3, 0.1%)

1 にとっても決して, にわたる疲弊, に関する諸

▼ 演劇創造~ (3, 0.1%)

1 のシステム, の喜び, の悦び

▼ 演劇博物館~ (3, 0.1%)

1 で挙行, にある, にでも寄贈

▼ 演劇史上~ (3, 0.1%)

1 の奇蹟, の記録, の邪道

▼ 演劇形態~ (3, 0.1%)

1 というもの, なの, について詳しい

▼ 演劇批評~ (3, 0.1%)

1 が与える, の一部, の研究

▼ 演劇改良論~ (3, 0.1%)

1 から出発, とが新聞紙上, に刺戟

▼ 演劇改革~ (3, 0.1%)

2 の事業 1 の状況

▼ 演劇文学~ (3, 0.1%)

1 としての戯曲, に較べる, の研究会

▼ 演劇~ (3, 0.1%)

2 潮と 1 らしい時代

▼ 演劇方面~ (3, 0.1%)

1 に於ける, に関係, の仕事

▼ 演劇映画界~ (3, 0.1%)

1 が現在, に送らう, の一従業員

▼ 演劇時代~ (3, 0.1%)

1 なん, の転換, は一斉

▼ 演劇独自~ (3, 0.1%)

1 の, の物語, の立場

▼ 演劇理論家~ (3, 0.1%)

1 でありまた, は未だ嘗て, を満足

▼ 演劇研究会~ (3, 0.1%)

1 のロボツト会長, は職業組合ソヴェト, や脚本朗読会

▼ 演劇研究部~ (3, 0.1%)

1 に自分, のメンバー, へ鶴子

▼ 演劇聯盟~ (3, 0.1%)

1 でもさ, の組織, 乃至劇研究団体

▼ 演劇論的~ (3, 0.1%)

1 にこの, にまた, に未だ

▼ 演劇連盟~ (3, 0.1%)

1 とかの事業団体, の活動, 第一回東京公演

▼ 演劇都市~ (3, 0.1%)

1 すなわちオスロ, におきましてもさだめし, に負けず

▼ 演劇だけは~ (2, 0.1%)

1 あくまでも集団, 一人の

▼ 演劇であろう~ (2, 0.1%)

1 とどの, とチャン

▼ 演劇とか~ (2, 0.1%)

1 あるひ, 学生演劇が

▼ 演劇とかいふ~ (2, 0.1%)

2 ものの

▼ 演劇とも~ (2, 0.1%)

1 とれるもの, 観られるの

▼ 演劇と共に~ (2, 0.1%)

1 かつて熊祭, 自滅せしめる

▼ 演劇なども~ (2, 0.1%)

2 かかって

▼ 演劇における~ (2, 0.1%)

1 俳優万能の, 実際的努力

▼ 演劇については~ (2, 0.1%)

1 まあ専門家, 大政翼賛会文化部編纂の

▼ 演劇にとって~ (2, 0.1%)

1 一番大事な, 尊重すべき

▼ 演劇を通じての~ (2, 0.1%)

1 フランスの, 対外宣伝に

▼ 演劇オリムピアード~ (2, 0.1%)

1 が開催, を開い

▼ 演劇シーズン~ (2, 0.1%)

1 に, の過ぎた

▼ 演劇マニヤ~ (2, 0.1%)

1 ともいうべき, の圭子さん

▼ 演劇~ (2, 0.1%)

1 の帝国主義侵略戦争反対, の様式

▼ 演劇世界~ (2, 0.1%)

1 が日本, のなか

▼ 演劇公演~ (2, 0.1%)

1 は合理的, も単に

▼ 演劇取締~ (2, 0.1%)

1 の手段, の点

▼ 演劇史的~ (2, 0.1%)

1 な観点, に云

▼ 演劇~ (2, 0.1%)

1 が生れる, の女優

▼ 演劇天覧~ (2, 0.1%)

1 あり, と三十六年

▼ 演劇女優~ (2, 0.1%)

1 に移りかけ, の流行

▼ 演劇~ (2, 0.1%)

1 の研究, 及び演劇理論

▼ 演劇~ (2, 0.1%)

1 との結合, はまだ

▼ 演劇愛好家~ (2, 0.1%)

1 に定め, に訴

▼ 演劇批評家~ (2, 0.1%)

1 は真に, や劇団人

▼ 演劇指導者~ (2, 0.1%)

1 としては根本的, の典型

▼ 演劇様式~ (2, 0.1%)

1 が在来, を発見

▼ 演劇~ (2, 0.1%)

1 に筆, を担任

▼ 演劇殊に~ (2, 0.1%)

1 映画の, 映画への

▼ 演劇~ (2, 0.1%)

1 がやがて, とかで

▼ 演劇界全体~ (2, 0.1%)

1 に放つ, の制度

▼ 演劇的スペクタクル~ (2, 0.1%)

1 であり若々しい, を創り出す

▼ 演劇的モニュメント~ (2, 0.1%)

1 なるにも, を私たち

▼ 演劇的表現~ (2, 0.1%)

1 ですね, で大人

▼ 演劇的訓練~ (2, 0.1%)

1 に於, を受け

▼ 演劇~ (2, 0.1%)

1 に上演, のある

▼ 演劇~ (2, 0.1%)

1 は悲劇科, を設ける

▼ 演劇~ (2, 0.1%)

1 の事, はこの

▼ 演劇統制~ (2, 0.1%)

1 に乗り出し, の場合

▼ 演劇美学者~ (2, 0.1%)

1 の山田肇君, 乃至舞台革命家

▼ 演劇舞蹈~ (2, 0.1%)

2 を催す

▼ 演劇芝居~ (2, 0.1%)

1 がどういう, は今殆ど松竹

▼ 演劇芸術そのもの~ (2, 0.1%)

1 に関するむしろ, を否定

▼ 演劇~ (2, 0.1%)

1 によつて創作, を投げ捨て

▼ 演劇評論~ (2, 0.1%)

1 の著述, は流石

▼ 演劇論者~ (2, 0.1%)

1 によつて提唱, の如き

▼ 演劇趣味~ (2, 0.1%)

1 にのぞましく, をふきこまれたかれ

▼ 演劇集団~ (2, 0.1%)

1 の名, の座長

▼ 演劇音楽~ (2, 0.1%)

1 のグループ, の品定め

▼ 演劇風景~ (2, 0.1%)

1 が眼, に密着

▼1* [312件]

演劇ありし時渠浅尾を, 演劇あるを幸, 演劇および文学の, 演劇からのみ受け得られるの, 演劇からは到底想像, 演劇からも演劇雑誌からも, 演劇ことに新劇, 演劇しか生れない道理, 演劇しばしば催さる, 演劇じゃないか, 演劇するものの, 演劇その他の近代主義, 演劇その他演劇の革新運動, 演劇やと, 演劇たるゆえんな, 演劇だけがどうなる, 演劇だけの問題では, 演劇だけを残して, 演劇だったのである, 演劇だっておんなじ芸術, 演劇って奴は, 演劇つまり日本の, 演劇であってしかも, 演劇であれあるひ, 演劇でなかつた時代に, 演劇でなくては望めない, 演劇でなくなることほど, 演劇でなければ表現, 演劇でもいずれも, 演劇とではその困難, 演劇とに分離しなけれ, 演劇とのみが何ゆえに, 演劇とはという定義が, 演劇とはなんぞやという, 演劇んといふ, 演劇などから来た先入主, 演劇などといふことをも, 演劇などに親しむ機会, 演劇などによる宣伝も, 演劇などのために, 演劇なら両手を, 演劇なんかどうで, 演劇なんかへ往ってる, 演劇においてこれまで, 演劇においてのみその, 演劇においても先立つもの, 演劇におけるはそれは, 演劇におけるや舞台と, 演劇にかはつて自己の, 演劇にて見たり, 演劇にとつて危いこ, 演劇によつて楽しませる, 演劇によってその集団, 演劇に対しこの本質的, 演劇に迄発展し, 演劇に関して屡々音楽, 演劇に関しては大学における, 演劇のみとは限らないが, 演劇のみにあらず江戸平民固有, 演劇のみにはあらず音曲浄瑠璃絵画彫刻等, 演劇のみの演劇たらしめる, 演劇のみはこの点, 演劇はかやうに, 演劇ひいては西洋の, 演劇ひとつに打ち込ん, 演劇新しい芸術意欲, 演劇ほどの華々しい仕事, 演劇までも帝国主義ブルジョアジーは, 演劇きたる生涯, 演劇やはどこか, 演劇をも含む, 演劇を通しても涙の, 演劇アカデミイの問題, 演劇グループはあったでしょう, 演劇サークルみたいなもの, 演劇サークル上演の芝居, 演劇サークル員たちがぎっしり, 演劇サークル赤色救援会の組織, 演劇システムは単純, 演劇ジャンルは正確, 演劇ファンを含ん, 演劇フィルムは多く, 演劇ラジオと空中, 演劇レビュー漫才ダンスホール等々の統制, 演劇一般に関する諸, 演劇不振の声, 演劇中世の秘蹟劇, 演劇主任所謂批評家等は創作, 演劇主義によつて, 演劇乃至映画の, 演劇人たるの夢想, 演劇人並に演劇関係者, 演劇人協会現代日本音楽協会教育民主化協議会児童文化協議会日本美術会新俳句人連盟, 演劇人連盟が上演, 演劇以前であ, 演劇会社幹部の人たち, 演劇会社社長の打つ, 演劇伝統についてひと通り, 演劇作者としては少し, 演劇価値の再, 演劇保存という見地, 演劇修業の結果, 演劇修業者として自分, 演劇光景は出現, 演劇分子をも含ん, 演劇労働者はみんな, 演劇協会の設立, 演劇及び映画の, 演劇及オペラの如き, 演劇及小説との関係, 演劇史上劃期的の事業, 演劇史上唯一の華々しい, 演劇史上特筆すべき新, 演劇史並に主, 演劇史以前にこんな, 演劇史家も恐らく, 演劇史料となるべき, 演劇史演劇本質論近代劇論科白原論視覚芸術論音楽解説演出研究演技論及び各, 演劇史的事実となった, 演劇史美術文学が何れ, 演劇史論的理念を先づ最初, 演劇三時間, 演劇同盟の沢村貞子, 演劇同盟員北原幸子という二人, 演劇同盟美術家同盟なども同じ, 演劇同盟美術家同盟等の十三団体, 演劇団体から作家, 演劇図書館お出入り, 演劇地図を頭, 演劇へ入る, 演劇の危機, 演劇壇方面の関係者, 演劇大会を開く, 演劇奨励の演説, 演劇好きで倶楽部, 演劇始まつて以来, 演劇学徒としての私, 演劇学校創立案なるもの, 演劇学校創設の運動, 演劇学校長として詩学, 演劇学生であつ, 演劇学者らの手, 演劇の構成, 演劇実際家の, 演劇専攻者のため, 演劇専門の佐内満, 演劇専門家は今, 演劇工場といふ感じ, 演劇年表を作っ, 演劇年譜であるが, 演劇復興を目指し, 演劇思想家の大, 演劇を昂揚, 演劇意識による演劇価値, 演劇愛好者演劇研究者と手, 演劇或は映画という, 演劇技術と云, 演劇技術家指導に重大, 演劇担当記者らが集まっ, 演劇改良会その他が劇, 演劇改良国立劇場設立をとなえ, 演劇改良熱の勃興, 演劇改良策の遂に, 演劇改良論者の仲間, 演劇政治研究室及び図書室, 演劇教師であり特に, 演劇文化史の上, 演劇文化向上といふ問題, 演劇文学音楽舞踊演芸と関, 演劇新潮同人の間, 演劇日本の映画, 演劇畫關係に, 演劇映写隊の計画配給, 演劇映画博物館図書館等に限られ, 演劇映画専攻の部門, 演劇映画専門学校の創設案, 演劇映画専門学校案なるもの, 演劇映画方面に進まう, 演劇映画研究所とでもいふべき, 演劇本質論近代劇論科白原論視覚芸術論音楽解説演出研究演技論及び各, 演劇楽劇は空間的, 演劇概論に過ぎない, 演劇構造を採る, 演劇機構はそれぞれ, 演劇殆数るに, 演劇に新劇方面, 演劇殿堂はいかばかり, 演劇を噛, 演劇浄瑠璃凡て頽廃せむとする時, 演劇済美館の旗上げ, 演劇演劇の起り, 演劇演奏開始後の入場, 演劇演芸などを生産勤労者, 演劇演芸等の外, 演劇なん, 演劇珍書刊行会において翻刻, 演劇はシュプレッヒ・コール, 演劇現代の思想, 演劇用仮面に相違, 演劇界そのものの機構, 演劇界全般に亘つて, 演劇界内部の事情, 演劇界消息をおぼろげ, 演劇界自体が萎縮, 演劇に播い, 演劇発生の由来, 演劇発生史以前ですからね, 演劇的イメーヂといふもの, 演劇的イリュウジョンが, 演劇的スノブを総動員, 演劇的リアリズムの勉強, 演劇的リズムを生かし, 演劇的不毛の期間, 演劇的作品のなか, 演劇的催しの輪郭, 演劇的傾向のある, 演劇的効果の一切, 演劇的動作であつ, 演劇的同志たる岩田氏, 演劇的同盟に加はるこ, 演劇的場面になる, 演劇的幻象の神秘, 演劇的感覚をもつ, 演劇的所作があつ, 演劇的才能と行動性, 演劇的抱負に適, 演劇的教養に健全, 演劇的文学的な高, 演劇的新種に適, 演劇的方法の浸潤, 演劇的映画などは一日一日, 演劇的時間と, 演劇的活動をやった, 演劇的流派を超越, 演劇的熱情を早く, 演劇的特質を大, 演劇的現実の広い, 演劇的現象を詳しく, 演劇的生活に没頭, 演劇的種子を求め出す, 演劇的組織の基本, 演劇的興行に対する政令, 演劇的行動を起す, 演劇的行動それ自身の, 演劇的見地からはそれぞれ, 演劇的貧困から救, 演劇的趣味を低下, 演劇的躍動の完璧, 演劇的開花期であつ, 演劇的饑饉を救, 演劇研究会みたいなもの, 演劇研究会キネマ研究会ラジオ研究会等の中, 演劇研究会主催の講演会, 演劇研究所プランを拡大, 演劇研究者演劇愛好者に是非, 演劇社会科学と国際的, 演劇科主任教授で演劇美学者, 演劇種目はそれぞれ, 演劇純化運動はどうしても, 演劇組合の組合員, 演劇絵画の作者たち, 演劇絵画文学諸般に渉, 演劇絵画等における五ヵ年計画, 演劇綜合研究機関たるべきもの, 演劇美学と演劇史, 演劇美術のすべて, 演劇美術商業など文化的, 演劇美術文学等に亘る, 演劇の中心, 演劇自ら演劇を滅す, 演劇自ら自己の革新, 演劇自身によつて再生, 演劇至上熱の中, 演劇興業の為め, 演劇興行者に背, 演劇舞台や政治舞台, 演劇舞踊美術よりも彼, 演劇芸術全体としてです, 演劇芸術家としてのウンチク, 演劇華やかな時代, 演劇藝術の必然, 演劇行きも舞台, 演劇行動の意, 演劇要素を多く, 演劇なるもの, 演劇評論家の間, 演劇誠に結構であります, 演劇論上の根拠, 演劇論中に用, 演劇論史舞台機構論戯曲論を映画専攻者, 演劇講演会は時々, 演劇講習会へ御, 演劇講談落語俗謡その他の言語文章, 演劇貧困の時代的要求, 演劇賞金を土方与志君, 演劇に有名, 演劇道場と云, 演劇道楽とかそんな, 演劇部議長になっ, 演劇鑑賞上にどれ, 演劇関係者自らはつ, 演劇のため, 演劇隊行進曲を合唱, 演劇青年と称する, 演劇革命の一特色, 演劇革新派はエルヴイユウ, 演劇革新者を以て自任, 演劇革進論者であった, 演劇音曲に関する古書, 演劇音曲文学に徴する, 演劇顧問という位置, 演劇の朗読