青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「漁師~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

溝~ 溢れ~ ~滅多 滅多~ ~滑稽 滑稽~ ~滝 滝~ 滞在~ 滿~
漁師~
演出~ 演劇~ 演奏~ ~演説 演説~ 漢~ 漱石~ ~漸く 漸く~ ~潜ん

「漁師~」 1232, 13ppm, 8310位

▼ 漁師~ (360, 29.2%)

10 家の 7 家から, 家が 6 家に 5 一人が, 家で, 家へ, 家を, 網に 4 娘で, 子が, 子は, 家では 3 おかみさんたち, ような, 子の, 若者が

2 [21件] ように, 上さんの, 伊太郎は, 姿が, 子どもの, 子に, 子供たちが, 子息の, 家でも, 家にて, 家は, 徳蔵さん, 心は, 手に, 歌一つは, 着物を, 網にか, 群れに, 若者を, 話を, 近づいたこと

1 [235件] あたま, あみにか, うちで, お子, せがれを, たくましい筋骨, つけた徑, は奇特, ひとりが, ひとりだった, やうだ, やどへも, ようでなかった, アンチャン連だ, アンチャン連の, オカミさんが, カケ声と, カシラ以外の, ダアルベルグに, チッチャな, バツグの, パック詩人トック音楽家クラバックなどの, ポンポン船, 一人は, 一人娘で, 一家にとっては, 一日の, 下したと, 世渡りし, 中には, 二番目の, 五軒ぶりも, 人間らしい顔, 介抱を, 仕事でも, 仕事着であるぼった, 仮子, 伊太郎でした, 伊太郎と, 伊太郎の, 伊太郎を, 伜で, 伜でした, 伜の, 住いだ, 住ひとわかる, 住居である, 体格は, 兄弟でした, 八郎丸, 内の, 前に, 勘作は, 友釣り技術は, 取らぬやう, 口から, 古老たちは, 古老は, 吉さんが, 名なり, 呉一因という, 咎め立てする, 喧嘩場が, 喧嘩発動機船底曳網の, 因習的な, 垂れた鉤, 声が, 太造という, 女が, 女房が, 女房たちであろう, 女房とでも, 女房は, 女房らしい, 女房等は, 女達が, 妻が, 妻で, 妻に, 妻の, 妻は, 妻ばかり, 妻を, 妻君の, 娘, 娘お, 娘さんといった, 娘だった, 娘です, 娘と, 娘とは, 娘な, 娘なぞというさえ, 娘なら, 娘に, 娘の, 娘は, 娘や, 嬶さんが, 子, 子これを, 子たちが, 子たちに, 子たちの, 子だの, 子で, 子であった, 子と, 子とち, 子どもに, 子どものを, 子らが, 子供が, 子供さん達と, 子供たちの, 子供たちは, 子供では, 子供なら, 子供に, 子供は, 子供を, 子竜王己, 子素早く, 子起き, 宰領は, 家と, 家などが, 家には, 家のかべに, 家へでも, 家まで, 家も, 家よりは, 小さい組合, 小せがれ, 小供達, 小家が, 小屋が, 小屋さえ, 小舎が, 小舟で, 居た地点, 帰りを, 常として, 干して, 年寄だつた, 弟子や, 張公という, 影さえ, 後から, 徒までも, 息子である, 悠つ, 戸外に, 手が, 手で, 手下に, 手伝いでも, 投げた烏賊釣針, 持って, 掌の, 暮しでは, 服を, 村では, 森岡正の, 歩いて, 母子の, 河童が, 河童の, 泳ぎである, 活動が, 渡世道具こいつを, 源さんが, 漁る灯火, 漁果は, 物置を, 物語ったおきなとかいう, 物語の, 生活など, 生活も, 生活問題だ, 申松が, 申松の, 申松爺さんだ, 真似も, 真黒な, 眼から, 眼には, 着る寛衣, 着物ときか, 着物の, 神さんが, 神経には, 籠からでも, 網小屋が, 置忘れた銛, 群れの, 老人が, 肌それ等が, 腕は, 舟が, 舟さえ, 舟だ, 舟に, 船が, 船も, 若い者, 若者にも, 若者の, 若者は, 茂松という, 藤六に, 蟹が, 裏へ, 見たところ, 親子が, 親子に, 親方ぐらいの, 親方の, 角蔵で, 計画通りには, 話だ, 話では, 話でも, 説に, 誰かの, 踏張った, 部落とか, 部落に, 間にも, 頭の, 頭らしい, 顔の, 顔を, 食べ物な

▼ 漁師~ (165, 13.4%)

4 女房の 3 それを, 驚いて 2 いまいましがっ, これを, 不思議に, 大急ぎで, 嬉しさ, 眼を, 雁を, 黙つて

1 [139件] あの騒ぎ, ある日, いいましたが, いきなり其の, いま, いまでも, うるさがるやう, かう云つて, かぶって, こんなに変った, さんざん弄り, すぐに, すぐ料理, すっかり狼狽, すばやく船, そう貧乏, そこそこに, そのうち, その一条, その二晩三晩海岸, その女房, その後を, その海嘯, その蟹, それから, それでも皆, それとも, たしかにきみ, つったったまま, ときどき仕事, とても人情, とびあがる, どこまで, なかなか河豚料理, はっとして, またもと, やがて笑ひだ, わが船, カズラ網を, チベットの, ホッキまき, 一塩漬けの, 一歩まえ, 不思議で, 不機嫌らしくかう, 中音で, 中鯛, 丹精し, 久兵衛の, 二朱で, 云った, 今一所懸命に, 伸び上るよう, 何かしら気に, 元気よく, 其の朝, 出来よく, 別として, 到頭舟, 友釣り技術においては, 口を, 吃驚し, 同じ名, 同棲した, 喜んだが, 喜んで, 喫み, 増水に, 夢中であった, 夢中に, 大概道糸に, 大洋の, 富籤と, 寒そう, 小づくりな, 小鯛, 居付, 屯所を, 岩魚を, 己の, 忽ち産, 思わず, 悦し, 懐から, 戦争に, 所在な, 持ち古し, 新聞なぞは, 旅僧に, 旅僧の, 明日の, 昔から, 時分を, 暗闇の, 沙丘の, 浮き袋でも, 海鼈を, 満潮の, 溜息を, 漁を, 烱眼を以て, 無論いなくなった, 獣を, 白白と, 神さまに, 神様に, 福, 私を, 笑いだした, 笑いながら, 考へた, 聞いた, 肩掛の, 腹太鱸または, 膳の, 船板を, 蛸の, 裏の, 言いました, 言葉が, 財布を, 赤い手柄, 透さず追って, 間もなく発狂, 隣村へ, 雁は, 非人である, 頭を, 飛びつくよう, 飛び起きて, 飛んで, 魚よりも, 鮭も, 鰍の, 鰍は, 鰡が, 鰡の, 黙って, 鼻の

▼ 漁師~ (127, 10.3%)

3 住んで, 網を 2 あって, お宮へ, 海から, 鉄の

1 [113件] あったからね, あつまって, ありまして, ある, いた楊, いる, いろいろの, きて, けたたましく叫ぶ, この巨大, この東京湾, ころがるよう, ごめんなさいよ, さお, その地点, その日, それを, とって, ともの, どうした, どくろ島, ひび置き場の, また網, みつけて, ゐて, ゐるが, イタズラ半分に, イワシ網を, カズラ網に, ハヤブサ丸に, モーターが, モーターを, 一人ゐ, 一億五千万の, 一番アシカを, 不思議に, 久兵衛の, 乗って, 乗りうつった, 二三十人中には, 二人川岸づたひに歩い, 二人砂の, 云った, 云つた, 仕事を, 住んでを, 先づまつさきに, 公魚採りに, 去つてしまつて, 友釣りと, 喜んで, 地曳網を, 声を, 夏の, 夜中に, 大きな魚籃, 大臣と, 天然の, 定めの, 小さな村, 居た, 屍体と, 崖下の, 川業を, 帰って, 思い思いに, 手に, 挂声を, 捉ま, 捕ったの, 捕って, 昨年の, 時計を, 晩春から, 来て, 来んから, 東京の, 櫓柄を, 此所へ, 水棹を, 沖へ, 漁獲高を, 煙管を, 熱病に, 用いるの, 病気の, 病氣の, 百万坪の, 眠って, 眠りに, 私に, 突っかかるよう, 答えました, 結婚後間もなく, 綱を, 網に, 苦しむよう, 裸の, 見てさえも, 言つてゐた, 話しよる, 谷川の, 起き上がった, 近くに, 近づくと, 追いかけると, 運送船の, 風と, 餌に, 魚を, 鯛を, 鯨を, 鼈を

▼ 漁師たち~ (79, 6.4%)

2 はその

1 [77件] がしばしば, がとる, がはしゃぎ, がよく, がナイル河, が人魚, が出, が十二両, が四五人, が大, が宿屋, が思いがけない, が死体捜索, が沖, が涼み, が立っ, が蟻, が造船所, が錨繩, が鍬, が騒い, が騷, と機船, などに書ける, にもこの, にも慾, に共通, に半金, に訪ね, の, のため, のやり方, の住む, の信仰, の小舟, の律動的, の採る, の生活, の腕, の話, は, はいや, はお互い, はお金, はけっして, はこの, はこれ, はすぐ, ははじめ, はほら, はまだ, はもう, は亀, は幾度, は彼, は惶, は手わけ, は手網, は昔, は是, は権叔父, は決して, は砂, も, もひとしく, もめったに, もようよう, も住職, も子供, も恐れ, も残念, も総がかり, も興, も驚いた, をかえし, をどういう, を急がせ

▼ 漁師~ (75, 6.1%)

3 の方

1 [72件] からも加勢, から女衆, から物, か何, があります, が続い, だ, だから, だが, であった, であり農村, では人間族, では俗世, では川, では永久, でも温泉町, でわずか, で成長, で日本, で海苔, で貝, とまったく, と似た, と思え, につきました, にて喜平次, にはありません, にはさいわい, に住まなけれ, に入り込んだ, に数日, に溢れ, に行っ, に関係, のう, のこの, のちょッ, のとある, のほう, の人々, の入口, の全部, の境界, の娘, の孝行藤六, の方言, の棟, の殺風景, の細い, の芸者, の若い, の藤六, の裏, の間, の露地, は行水時, は魚, へでも行っ, へむかった, へやってきた, へ避暑, も川, らしい, らしい場末, をつきぬけ, をヒトナメ, を一廻り, を拔, を描い, を繞, を越し, を通り抜け

▼ 漁師~ (41, 3.3%)

1 [41件] おれい, かけ合うと, かつがせ浜, このこと, この地方, しては, ないしょで, なって, なつた, なりました, むかって, よると, 一塊の, 世話を, 傾く, 其の金, 別れて, 半分やろう, 占められまた, 向って, 命じて, 問うて, 報らせる, 変装し, 後事を, 持たせて, 教は, 教わって, 獲られる危険, 聞いたって, 聞いて, 言伝て, 言葉も, 訊ねました, 逢ったので, 配られる, 釣りあげられて, 青ざし, 頼んどくと, 養われたが, 黄金の

▼ 漁師~ (38, 3.1%)

6 して 2 やって

1 [30件] あまり齒牙, おこして, ことごとく集め, したか, し夜, せんならんちや, たしなめた, つれて, ひっとらえそれから, まのあたり見た, やつて, 中心に, 亭主に, 吃驚させ, 呼びとめて, 呼んで, 埋めようと, 怒らせて, 捕へて, 時俗六騎と, 染める, 止めて, 狂瀾から, 習うた方, 見つけて, 見まわしながら, 誘うた吉志美ヶ嶽, 走らせて, 雇って, 驚かす

▼ 漁師~ (32, 2.6%)

1 [32件] がついぞ, が寄っ, が寝そびれた, が或, が死, が長, と烏賊釣り, と知り合い, にまで伝わっ, に私, に聞い, の内, の十二三人, の半分, の口, の多い, の神, の網, の話, の釣針, の顔, はそれ, はただ, は何とも, は怪しまないで, は手助け, は打ち, は未だ, は釣竿, は黙つ, も取立て, を眺めた

▼ 漁師~ (26, 2.1%)

2 商人の, 猟人の

1 [22件] お百姓さん, その女房子供, ときには蒸気乗り, 不良少年や, 女子供たち, 学生を, 山男の, 往来の, 村人に, 猟人が, 米屋の, 船頭が, 船頭たちは, 船頭だけ, 船頭も, 若者たちも, 農夫が, 農夫たちは, 農父に, 通船の, 釣舟屋の, 魚屋の

▼ 漁師~ (21, 1.7%)

1 [21件] ある百姓, いるらしい, おぞけを, その飲食器, やって, やはり一種, ゐたさ, ゐるもの, 不漁で, 四五人別荘を, 多かもん, 尋ねて, 帰して, 幇間も, 怖毛, 時にこれ, 沖を, 百姓も, 見物も, 誰だ, 鱸釣りでは

▼ 漁師~ (17, 1.4%)

2 百姓とを

1 [15件] いつし, ならんで, ふたりもつれ合っ, 友達だっ, 同腹に, 密接な, 彼の, 狩人との, 異りたる, 病気の, 病氣の, 若い警官, 見さかい, 都会人の, 酒盛りする

▼ 漁師~ (13, 1.1%)

1 [13件] がいう, が口惜し, が時々, に懷, に話し, の寄つて, の眼, の着, の通, の銛, は得, は鰯, もあきらめ

▼ 漁師小屋~ (9, 0.7%)

1 があつ, だった, で一夜, とも遠く, にい, のうち, の前, も最早, をのぞい

▼ 漁師から~ (8, 0.6%)

1 かりたの, すぐ返事, 乞食の, 友達の, 歡び勸められる, 突然極度, 聞いたあばた蟹, 肥った河豚

▼ 漁師~ (8, 0.6%)

1 あつた, あとの, すらも晩, 其仲間中の, 冬は, 名を, 子供の, 少し位

▼ 漁師~ (8, 0.6%)

1 がある, ですから, などによく, のはずれ, の何ん, の日焼け汐焼け, はまとも, を表

▼ 漁師です~ (7, 0.6%)

1 からね, からね到頭, が社長, その人, ものボクには, よ, 癪に

▼ 漁師とは~ (7, 0.6%)

2 仲の 1 ちがって, 少しく地位, 異う, 違つて幾分か, 遠目に

▼ 漁師~ (7, 0.6%)

1 が大騒ぎ, のいわゆる, の網, もさすが, も網, をみ, を見

▼ 漁師ども~ (6, 0.5%)

1 が網, だ, に問い返す, のアバズレ仕事, もさすが, を捉え

▼ 漁師などが~ (6, 0.5%)

1 これを, やって来て, ヘッピリ腰でも, 声を, 曲者に, 見付けると

▼ 漁師らしい~ (6, 0.5%)

1 のが, 家並が, 男が, 老人が, 若い男, 風体の

▼ 漁師六兵衛~ (6, 0.5%)

1 とやらの娘, に救われた, の住居, の住居以来, の家, の網

▼ 漁師夫婦~ (6, 0.5%)

1 が住ん, が苫屋, の質朴, は利根川, は若山丸, べつだん悪者

▼ 漁師~ (5, 0.4%)

1 が最も, が海亀, とか言いました, よ, よ俺

▼ 漁師でも~ (5, 0.4%)

1 あの暴風, これに, ない素人, なければ, 遊釣人でも

▼ 漁師~ (4, 0.3%)

2 かまは 1 のかい, のである

▼ 漁師仲間~ (4, 0.3%)

1 からも追いのけられ, がいつも, の何人, を大連

▼ 漁師~ (4, 0.3%)

2 には男 1 に鷄頭, は羽矢銛一つ

▼ 漁師じゃ~ (3, 0.2%)

1 ないけれども, ないん, 他に

▼ 漁師だった~ (3, 0.2%)

1 からどんな, ね, よ

▼ 漁師だの~ (3, 0.2%)

1 商人だの, 水によって, 熊の

▼ 漁師であった~ (3, 0.2%)

1 おとうさんが, が物産学, 父様が

▼ 漁師には~ (3, 0.2%)

1 水屍体と, 背を, 適は

▼ 漁師まち~ (3, 0.2%)

1 の感じ, より髭, を思い出す

▼ 漁師~ (3, 0.2%)

1 が発見, だな, に違い

▼ 漁師~ (3, 0.2%)

1 がある, ではアジ, も乞食

▼ 漁師~ (2, 0.2%)

1 船頭に, 農村の

▼ 漁師では~ (2, 0.2%)

1 ない, なくて

▼ 漁師とか~ (2, 0.2%)

1 狩人とかは, 相撲の

▼ 漁師みたい~ (2, 0.2%)

1 なふう, な姿

▼ 漁師イゾート~ (2, 0.2%)

1 などとこの, の快い

▼ 漁師伯龍~ (2, 0.2%)

1 とその, は元来女たらし

▼ 漁師特有~ (2, 0.2%)

1 の, の表情

▼ 漁師~ (2, 0.2%)

1 が網, は頸

▼ 漁師育ち~ (2, 0.2%)

2 である丈

▼ 漁師~ (2, 0.2%)

1 であります, のうち

▼ 漁師連中~ (2, 0.2%)

1 が集つて, は喜ぶ

▼1* [86件]

漁師からだけでなしに, 漁師がをりました, 漁師ただ一人しか善人, 漁師たち七八人と一艘, 漁師たち以上にあなた, 漁師たち顔を知った, 漁師だけには極素直, 漁師であって帯刀, 漁師である日鮪漁に, 漁師であろうか, 漁師でさえ泳ぎかねるよう, 漁師でさえも出舟, 漁師でなく何ぞ他, 漁師というものは, 漁師とかいふ人間的環境を, 漁師とかに取材する, 漁師として漁獲多から, 漁師としては正に位, 漁師とだけがこの島, 漁師とのあいだで, 漁師ともみえなかった, 漁師どもア骨までしゃぶられ, 漁師ども十数名中に裸体, 漁師などではあるまい, 漁師などには信じて, 漁師なみに陽やけ, 漁師なら百姓, 漁師なれど彼等, 漁師なんかとつきあって, 漁師なんぞがお前さんに, 漁師なんて迷信が, 漁師にて候吾れいまだ, 漁師にとつては, 漁師にとって海に, 漁師になつてしまつても, 漁師にまでよく知られ, 漁師によってなされすくなくとも, 漁師ばかりのすんで, 漁師までびっくりさせた, 漁師みたに呆, 漁師よりよっぽど下士官, 漁師らしくなったのです, 漁師ジクッスの網, 漁師ハンスルが娘一人, 漁師一人が友だち, 漁師一同ひたすら拒絶, 漁師一家の考え, 漁師三人が漁, 漁師上りで久住, 漁師丹吾兵衛を訪, 漁師仕事ばかりし, 漁師のおやじ, 漁師全体のなか, 漁師共はさまで驚いた, 漁師十余人が数艘, 漁師半分百姓半分と運転手, 漁師同志の話合ひでやつ, 漁師向きに生れ附いた, 漁師土方などが入り, 漁師大工乳母だけにとどまる, 漁師姿の明智, 漁師右衛門と, 漁師崩れの網干七平, 漁師馳し, 漁師村人に訊け, 漁師渡世の者, 漁師漁具屋釣舟屋などみな商売, 漁師狩人など殺生肉食, 漁師猟人の如き, 漁師の手鍵, 漁師申松の家, 漁師町以上に整つた宿場, 漁師な顔, 漁師相手だもの, 漁師総出の有様, 漁師船渡鍛冶屋屠者, 漁師船頭市兵衛その他七名の者, 漁師角蔵のむす, 漁師言葉のあら, 漁師でサト子, 漁師拾う子ら, 漁師部落に稀, 漁師鍛冶屋屠者, 漁師の老人, 漁師を貸せ, 漁師鱶七のよう