青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「滞在~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~溜息 溜息~ 溝~ 溢れ~ ~滅多 滅多~ ~滑稽 滑稽~ ~滝 滝~
滞在~
滿~ 漁師~ 演出~ 演劇~ 演奏~ ~演説 演説~ 漢~ 漱石~ ~漸く

「滞在~」 1274, 14ppm, 8078位

▼ 滞在~ (404, 31.7%)

88 ていた 77 ている 21 てゐた 10 てゐる 9 てい 8 て居る 3 ていました, ていろいろ, て居た

2 [13件] そしてこの, てあの, ています, ておいで, ております, てしまった, てその, て下さい, て来なけれ, て画作, て行った, て調査, 一緒に

1 [156件] いよいよ帰ろう, かの南北戦争, ここに, そこの, その他にも, その朝, たりした, つい二三箇月前, て, てあちこち, てあなた, てあらゆる, てある, ていく, ていただきたい, ていただけれ, ていちまい, ていっ, ていなかった, ていなけれ, ていませんでした, ていよう, ていられた, ていられたであろう, ていられました, ていられます, ていろ, ておいでです, ておけ, ておられまし, ておられるなら, ておりました, ておる, ておれ, てからまだ, てからスマトラその他, てから任地近く, てこの, てそこ, ては帰国, てまた, てもいっこう差し, てやりかけた, てゆっくり, てゐ, てゐたい, てゐまし, てゐます, てゴム園見物, てミラノ, てロシア画家, て一種, て了つたの, て二十日, て付近, て休養, て充分, て其, て其間, て内地, て写生, て医師, て友達, て各, て同地, て国事, て地方一般, て多く, て小さく, て小説, て居られた, て居られない, て山, て帝国大学, て帰京, て帰国, て帰省, て幕府時代, て彼等, て徐ろ, て得た, て御覧, て志呂足, て思うさま, て戻っ, て探した, て教社, て敵, て新, て旅籠屋, て昌吉, て春, て最後, て朝夕鹿, て東京, て林治, て極地, て江戸, て沼, て泰然, て減水, て準備, て父, て疲, て病後, て目的, て研究, て神戸, て祭, て米屋旅館, て絵, て肥後, て蓮華, て蜀軍, て行, て製作, て襖, て詰らない, て調べました, て貰う, て酒匂, て金, て釣っ, て長男, て陸路大連, て難民, て韓嵩, て飛騨行き, て飲め, て養生, て鼻, ながらどちら, ながら心静か, ながら良人, オランダ使節フウテンハイムの, ストラスブールを, ドクタア・ビゲロウは, ミレナと, 久保博士の, 大正十一年一月十三日維也納に, 山麓及び, 後英国, 悉しく, 手あて致したく存じます, 日本の, 東京の, 機会を, 民間外交官とまで, 沖縄に, 目出度男の子, 真面目に, 私は, 絵画掛物凡そ八百種を, 附近を, 静養し, 静養に

▼ 滞在~ (153, 12.0%)

6 の作 2 に山, に彼, に見た, の, のある, のこと, の出来事, の長良川博士

1 [131件] ある日磬, この人, この作品, したしく之, すでにアイルランド, ずっと降り通す, そして今春大東学園病院, その別荘, その地, その娘, その家, たった一度, だけ貴方, だったロシア大使, だった博士, つづいて, つひに, であったが, であると, とあっ, とかでございます, とて山, と聞い, なりし岡野敬次郎博士, にいちど, にこの, にこれ, にそういう, にその, にちか, には日神楽, には能う, にも聞い, にキエルケゴール研究, に一日小諸城趾, に二度, に何かと, に出, に古い, に只, に数カ月間, に最も, に画板, に知った, に秀吉直属, に私, に聞いた, に聞き込みたる, に詠んだ, に起こった, のエジプト王族, のドヴォルシャーク, のロシヤ, の一ヶ月, の二人, の京都, の伝七郎, の体験, の内乱, の剣客者, の周囲, の四月十三日, の夫妻, の学者, の宇宙学者長良川博士, の安, の寸暇, の御所, の徴税使, の思い出, の感想記, の挿話, の日本, の日記, の曲馬団員, の森田たまさん, の私, の経費三千ドル, の者, の記念, の諸家, の道庵先生, の邸, の食日記, はいつ, はいろいろ, はずっと, はサンマース氏, はブリキ函, は一緒, は一週間, は万事不行届, は乗, は何かと, は公使館内, は勧業博覧会, は大宮氏, は小屋, は恰度, は探, は日中七十七, は日本使節一行, は樹, は毎夕, は洛, は父, は財布, は賓客, は間島氏, ふとしたこと, もたびたび, もたべ, ももしや, も時々, も毎食, も黄色い, やや馴染, を幸い, デアル, 作った唯一, 及び帰航, 固疾, 寝て, 尋ねて, 或日一人, 時時姿, 比較的小さな, 特に以上, 短い関西旅行, 色いろ取持ち, 遂に一匹

▼ 滞在する~ (123, 9.7%)

18 ことに 5 事に 4 のは 3 うちに, ことも 2 ことが, ことの, つもりだ, つもりで, つもりでなかった, と思え, のかと, のが, ように, 客は

1 [70件] あいだには, あいだほんとうの, お父さんが, かという予定, から是非遊び, こと, ことは, ことを, こと七年の, こと約, ため巴里を, だけで, だけの金, つもりであった, ということ, というの, といふ風, と丈助, と申し渡した, と聞き付け, と言っ, と警官, などと語る, においては余, には良い, に従ってその, に過ぎない, のだ, のに, のも, のを, はずである, やうに, よ, ような, ようにと, よりは反, 中に, 予定だ, 予定だつた, 予定であった, 予定です, 伸子と, 勇気も, 外国人は, 客が, 客も, 家庭教師が, 岡の, 平助も, 度に, 御隠居, 必要が, 旅の, 時古く, 最後の, 気持ちに, 気持は, 由を, 私の, 積りだ, 積りで, 等の, 義雄兄へ, 習慣を, 能ハざらしむ, 西洋人は, 設備も, 間は, 間出来る

▼ 滞在~ (78, 6.1%)

3 つもりで 2 あいだに, 予定だ, 予定で, 御予定, 日を, 日数を, 期限が

1 [61件] うちには, ことを, こと苦しからず, ために, つもり, つもりなら, つもり夫より, のち倫敦へ, のち芳野に, はじまりに, 一期限は, 上帰路は, 中止を, 予定だった, 予定である, 予定です, 予定な, 予定の, 予定日数も, 二三日間に, 人は, 人達が, 便宜を, 先発者田代季吉云々, 出来ない土地, 割に, 半ば以上過ぎた, 四年間を通じて, 客が, 後で, 後に, 後には, 後ヘンデルは, 後八月二十六日に, 後帰朝し, 心算で, 数年間は, 旅客が, 日が, 日も, 日程を, 日記は, 時ほど, 最後の, 田舎客の, 由です, 由に, 目的で, 見込みか, 覚悟で, 計画で, 費用を, 費用問題, 長びいた庸三, 間あれにも, 間に, 間にも, 間一回二回と, 間殿下の, 際ある, 際の

▼ 滞在した~ (61, 4.8%)

8 ことが 2 がこの, ことの, のだ, のである

1 [45件] あとで, あるイタリア人, からと言っ, から一夜見物, が樽野, ことによって, ことも, ころの, だけで, ついでに, ということ, ときの, ところも, とほぼ, のち李陵は, のち私らは, のは, ままで, ものいずれも, パリから, 上京都へ, 事が, 人が, 人間が, 佐世保の, 先を, 大連の, 寺が, 後だった, 後に, 後我々は, 後海岸に, 後私は, 後自殺の, 方が, 旨を, 時が, 時ここの, 時雨戸を, 期間は, 期限は, 若き作家, 酒を, 長崎だ, 隆治夫妻は

▼ 滞在~ (42, 3.3%)

3 して 2 乞ふた

1 [37件] お許ししたであろう, した, した男, するため, せよと, ひきのばす事件, ゆるすか, 一ヵ月のばし, 一日々, 一日延した, 乞ふたことが, 便宜と, 切りあげて, 切り上げて, 切り上げ夫婦, 勧める彼, 固執なさるなら, 始めると, 少しも, 延ばそうから, 強いるかの, 強要され, 慰めるため, 知る以上, 私の, 終って, 終わって, 続けて, 荷厄介に, 許して, 許可する, 許容する, 退屈の, 重荷だ, 重荷に, 長引かせること, 願ったの

▼ 滞在~ (35, 2.7%)

1 [35件] あまり印象, この冬, この戸籍, すれど, どう考え, なお心軽やか, ひどく疲れ, ほんの半月, めったにございません, クラマールへ, 一人も, 一週間の, 九月上, 人に, 余り長く, 僅の, 出來, 十日より, 困難に, 実に自分, 幾日間です, 彼の, 愉快に, 数日に, 朝日新聞入社の, 束の間では, 森田たま女史ぐらゐの由, 極めて僅か, 病気の, 短かった, 経済と, 覚悟いたさず, 譬えようも, 長かつ, 随意じゃが

▼ 滞在~ (19, 1.5%)

4 なって

1 [15件] なった, なった後, なつていらしつた, なりそう, なりますか, なり同家, なるわけ, なれるん, まず御, 不自由は, 兄弟の, 外観を, 期限つきだった, 来た老父, 疲れたか

▼ 滞在~ (19, 1.5%)

2 がある

1 [17件] がいつのまにか, が時どき, で金びら, といふかう, などには馬鹿丁寧, にたいして冷淡, にイギリス, のあいだ, のない, の中, の中年, の性質, は十五日以上, もおいおい, らしく宿, を喜ぶ, を調べる

▼ 滞在~ (18, 1.4%)

1 [18件] この食堂, すんだらもう, できなくなった, のびて, わたしを, 一ト月ちかく, 予定以上に, 何日に, 保たれて, 倦怠とな, 六月から, 十日だろう, 少し長びく, 漢人の, 長くなる, 長びいただけの, 長びいて, 長引くよう

▼ 滞在~ (15, 1.2%)

2 にも足りない

1 [13件] がいる, が三月以来溜つて, とそれから, と地元, にする, の切迫, は, は当方持ち, は残ろう, は総て我藩, を加える, を支払はず, を計算

▼ 滞在~ (14, 1.1%)

2 あつた

1 [12件] ございましたさうで, ござります, しかも独りぼっち, しかも酒, はじめて知った, 切上げなければ, 同じ町, 帰って, 帰途も, 彼の, 私は, 骨牌にも

▼ 滞在です~ (13, 1.0%)

111 かペンベリーさん, ね

▼ 滞在~ (11, 0.9%)

1 [11件] あと一年は, あらまし三年ぐらいと, しばしの, ずゐぶん, つい延び延び, なさらず故, もう二週間, 御夫婦, 最早僅, 長くなっ, 間もなく年

▼ 滞在せし~ (9, 0.7%)

2 ものあり, 時葉石との 1 とき不知火の, とき市内の, につき教授, 事の, 間に

▼ 滞在~ (8, 0.6%)

3 きめて 1 なると, 極める, 聞いたには, 聞くや, 通行に

▼ 滞在しよう~ (7, 0.5%)

1 かとも思, かとも思ふた, かとも考えた, じゃない, といふ予定, とし, と何処

▼ 滞在日数~ (7, 0.5%)

1 が二年, のほど, の極めて, は, はまだまだ, は存外, も短

▼ 滞在期間~ (7, 0.5%)

2 が長い 1 など構わず, は一日一日, も前, を制限, 約十日分

▼ 滞在したい~ (6, 0.5%)

1 けれど, と云っ, と思う, と思ふ, のだ, 希望で

▼ 滞在一週間~ (6, 0.5%)

2 の予定, ばかりにて母上 1 にし, ほどする

▼ 滞在~ (5, 0.4%)

1 ゅうの, ゅう毎夜来, ゆうによこした, ゆうに私, ゆうの話は

▼ 滞在にも~ (5, 0.4%)

2 表面に 1 いらぬ費用, 慣れたばかり, 拘らず下知

▼ 滞在~ (4, 0.3%)

1 であろう, で世話, をかえる, を知った

▼ 滞在いたし~ (3, 0.2%)

2 て居りました 1 お家来衆

▼ 滞在せる~ (3, 0.2%)

1 二十六七の, 印度貿易商岩形圭吾氏, 大工石工人夫ら二十余名が

▼ 滞在という~ (3, 0.2%)

1 ことです, のを, 言葉は

▼ 滞在にな~ (3, 0.2%)

1 つたとの, つていらつ, つて京都の

▼ 滞在させ~ (2, 0.2%)

1 て貰つた, 云々のかどをもって

▼ 滞在され~ (2, 0.2%)

1 てそこ, ては困る

▼ 滞在しすぎた~ (2, 0.2%)

1 さよなら若い, シケた

▼ 滞在したる~ (2, 0.2%)

1 わが在野, 事あり

▼ 滞在してる~ (2, 0.2%)

1 ことは, のだった

▼ 滞在しなけれ~ (2, 0.2%)

1 ばならない, ば歩く

▼ 滞在すべき~ (2, 0.2%)

1 か, 安心を

▼ 滞在せられた~ (2, 0.2%)

1 と言, 毘耶離城に

▼ 滞在なさる~ (2, 0.2%)

1 からと言っ, のなら

▼ 滞在なされ~ (2, 0.2%)

1 ている, て居られる

▼ 滞在について~ (2, 0.2%)

1 和一郎と, 質問を

▼ 滞在中一日快晴~ (2, 0.2%)

2 を卜

▼ 滞在中各所~ (2, 0.2%)

1 の慰問演奏, の案内

▼ 滞在中殆~ (2, 0.2%)

2 んど

▼ 滞在出来ぬ~ (2, 0.2%)

1 ということ, と思ふ

▼ 滞在出来る~ (2, 0.2%)

1 のだ, 所は

▼1* [161件]

滞在ありしをもってあらかじめ, 滞在まずこの, 滞在かと存ぜられます, 滞在から私が, 滞在からは故人の, 滞在させようと云, 滞在させられるということ, 滞在させるわけには, 滞在されたんです, 滞在されるそうで, 滞在しうる最大便宜に, 滞在しすぎましたこれから秋葉山拝登, 滞在したらなるべく早く, 滞在しました大した御, 滞在しろと云っ, 滞在し得たるのみならず, 滞在し続けたので前, 滞在し続ける資格が, 滞在し過ぎると自分, 滞在し頼まれて額, 滞在し飲めや歌え, 滞在するではない, 滞在するならばなん, 滞在すれば見知り, 滞在せねば成らぬ, 滞在から永山氏, 滞在っていた, 滞在であったがその間, 滞在でございましたな, 滞在でございますか, 滞在でござるが何, 滞在でしたからいわゆる, 滞在でしたら前に, 滞在でも月の, 滞在としてその番地, 滞在んです, 滞在なさいましたがさらに, 滞在なすって頂戴, 滞在なすったらずっと効目, 滞在なすってた時兄と, 滞在などして, 滞在についての素子の, 滞在には大使館方面で, 滞在によっても証明される, 滞在に関しても公使の, 滞在づかに, 滞在わずか数ヵ月で, 滞在を通じていくらも, 滞在ゲーテシラーの遺蹟, 滞在フランス人に捕まっ, 滞在一日の朝, 滞在三日のうち, 滞在三日目の夕, 滞在三週間帰城して, 滞在中あなたをほったらかした, 滞在中ことに感触, 滞在中これらの町村, 滞在中ニ一日オ暇ヲ戴イテ奈良見物ヲサセテクレト云ッテイタノデアル, 滞在中マッチセン氏の厚意, 滞在中ロンドン在留同胞有志の懇望, 滞在中ワシントンのボスたち, 滞在中一室を占領, 滞在中一度だけ私, 滞在中一日タコマと名, 滞在中一日赤谷川の渓谷伝, 滞在中七八度続けて, 滞在中下宿の人達, 滞在中事情の許す, 滞在中二三の画家諸君, 滞在中会社の方, 滞在中何度となく, 滞在中使用して, 滞在中先生のため, 滞在中千田氏が止宿, 滞在中友人秦敏之氏とともに自由島, 滞在中同市の人伊勢崎君, 滞在中和歌山市有志の招待, 滞在中国際聯盟の仕事, 滞在中宇都宮丹靖氏とか黒田, 滞在中山井博士や牟多口氏, 滞在中山本の家, 滞在中岸本がこの, 滞在中川上音二郎の一行, 滞在中巨人的な鼾声, 滞在中市の内外, 滞在中市内の見物, 滞在中幾度となく, 滞在中強羅へ出掛けた, 滞在中数ならぬ我, 滞在中旅店その他において毎日, 滞在中最初の二巻, 滞在中有志家を以て任ずる人, 滞在中東京の元, 滞在中東海道線を利用, 滞在中某氏とハンプトンコート, 滞在中止宿したの, 滞在中毎晩編物をした, 滞在中池上はわたくし, 滞在中油絵の手ほどき, 滞在中漁船に乗っ, 滞在中病間に訳した, 滞在中穂高行の同志, 滞在中興世王も加わっ, 滞在中英語を教, 滞在中見物のダービー以来, 滞在中言語不通なるに, 滞在中貴方がこの, 滞在中輿論の趨勢, 滞在中運動を見合わせる, 滞在中避寒のため, 滞在中郊外の鉱区域, 滞在中院の特別, 滞在中隣室に泊りこん, 滞在中雪の余り, 滞在中非常に好, 滞在中韶をきかれた, 滞在丸三日に過ぎなかった, 滞在九月中旬にプラーク, 滞在五年の後, 滞在であるという, 滞在仕り候へども, 滞在仕事をし, 滞在休養して, 滞在休養宿は勿論, 滞在からいずれ, 滞在凡そ二十日使節の事, 滞在に択んだ, 滞在動物園に遊ぶ, 滞在十月十一月はプラーク, 滞在半年余の長, 滞在の言葉, 滞在外国人がある, 滞在は紅足馬居泊, 滞在客中でだいいち, 滞在宿は同前, 滞在の夜, 滞在当時は南風黄葉, 滞在後中国にわたりふたたび, 滞在数日無上の面目, 滞在数月帰航の途, 滞在相客は, 滞在日程をのばし, 滞在昨夜の今朝, 滞在時間はほんの, 滞在月余世にもつまらなく, 滞在を清算, 滞在期間一ヵ月に限られ, 滞在期間中の三分の一, 滞在期間中私の助手, 滞在十日藩吏の, 滞在のある, 滞在致候筈に候, 滞在製法を会得, 滞在許可を受け, 滞在読書句作漫談快飲, 滞在費八ツ山ホテルと云う歪んだ, 滞在費用もかさん, 滞在費謝礼等二万ナニガシの金, 滞在遊ばすつもりだ, 滞在邦人の中, 滞在願わねばなりません