青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「気の毒~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~民衆 民衆~ 民間~ ~気 気~ ~気がつい 気がつい~ ~気がついた 気がついた~ ~気の毒
気の毒~
~気もち 気もち~ ~気分 気分~ ~気味 気味~ ~気持 気持~ ~気持ち 気持ち~

「気の毒~」 6091, 63ppm, 1815位

▼ 気の毒~ (1649, 27.1%)

60 のは 52 ことを 43 ことに 36 気が 35 ような 29 ものだ 28 ことだ 26 事を 20 人だ 17 ことです 15 ことで, 事だ 13 やうな, んです, 事には 12 事に, 思いを 10 ことである, 感じが 9 ことには, ものさ, ものは, 事で 8 もんだ 7 ことでした, んだ, 顔を 6 ことじゃ, ことは, ものです, 気も, 目に 5 ものである, ものに, 事である, 事と, 事は, 様な, 次第である, 生活を, 男が

4 [14件] ことだった, ことであった, ことでございます, のだ, ほどだった, ように, 事じゃ, 人が, 人である, 人は, 奴だ, 思を, 感じを, 話だ

3 [33件] お義父さん, お身の上, くらいだった, くらいであった, ことが, ことばかり, の, のです, のも, ほど悄気, ものであった, ようで, わけで, 事が, 事であった, 事情が, 人です, 博士, 女だ, 心持が, 思いが, 方だ, 様に, 様子を, 男だ, 男の, 目を, 程でした, 結果に, 結果を, 訳で, 話です, 運命に

2 [72件] お話です, くらいだ, くらいである, くらい瘠せ衰え, くらゐ, ことでございました, と思う, ので, のを, ほどであった, ほどのもの, ほど公式的そのもの, ほど頭, ものが, ものと, ものよ, もんで, やうに, やつだ, わけだ, わけです, ヘロインが, 事です, 人, 人々を, 人でした, 人に, 人も, 人を, 人間だ, 位であった, 位である, 位な, 位の, 地位に, 境遇に, 姿に, 少年の, 彼は, 御生活, 心の, 心神消耗者だ, 愚かな, 感が, 方でございます, 方な, 方よ, 方を, 旅の, 旅人が, 様子である, 気の, 父で, 父を, 状態に, 男は, 立場を, 老人だ, 自分が, 若紳士, 落伍者の, 親子三人の, 訳だ, 詩人です, 話が, 話であります, 話である, 話を, 貧乏人に, 身の上であった, 身の上を, 運命の

1 [751件 抜粋] あなた様に, あの方, あれほどの, いとしい人, いやな, おばさんかわいそうな, おもいを, お前の, お前思わない, お嬢様の, お山さんの, お心, お方, お方で, お方であろ, お暮らし, お母さまが, お母さん姉さんだ, お父さま, お話しでしょう, お連れ, が色, くらい, くらいに忙, くらいに恥ず, くらい万事, くらい大きな, くらい懸命, くらい淋しく, くらい真率, くらい眼, くらい粗末, くらい脊柱, くらい薄っぺら, くらい馬, くらゐです, ぐらゐ目立つ, ことしました, ことぢや, ことであります, ことでござる, ことと, ことな, ことや, ことよと, こと人間は, こと可哀そうに, この憂き目, ご書面, さだめし二官殿, さびしい身の上, その技術, そらか, ただ言葉, ためか, だけなら, だらしなし, という事, といっ, ところが, ところだ, とて心切, と云っ, と思ったなら, と思つて, と言いたげ, と言っ, のか, のさ, のでお, のでこ, のでさ, のでした, のでそこで, のでその, のでキャラコさん, のでソッ, ので何とか, ので御, ので死罪, ので源氏, ので見る, のと, のとで, のよ, はお, はこの, は今尾様, は安, は此, は耶蘇, は重蔵殿, ひとだ, ひどい目, ふうだった, ふうで暮らし, ふうに, ほどいじけ, ほどいや, ほどおかしな, ほどおとなしい, ほどしょんぼり, ほどで, ほどである, ほどでした, ほどなん, ほどにだらり, ほどの好人物, ほどの気, ほどの馳走, ほどひやりと, ほどよく, ほど下手, ほど低い, ほど喜びました, ほど多忙, ほど実, ほど弱々しい, ほど弱っ, ほど悄気返つた, ほど悪, ほど悲し, ほど惨め, ほど憐, ほど憐れ, ほど気, ほど沈ん, ほど浅慮至極, ほど淋しい, ほど無力, ほど特別, ほど疲らせ, ほど神妙, ほど立腹, ほど絶望, ほど近く, ほど適切, ほど露わに狼狽, ほど青春, ほど顔色, ほど顕著, ほんとにいい, まあちょっとお, まわり合わせ, めに, もうやる, もしや溝, ものさね, ものじゃ, ものそち参っ, もので, ものでございます, ものでござる, ものばかりの, ものも, もんぢや, もんでした, もんや, やうだ, やうな思ひ, やつめ, ようでした, ような荒れた, わけだった, わけでねえ, んで僕, んで手代, アカデミシアンであるらしい, アンジョーラだ, イワンの, ギセイ者の, ジャッキーー, ジュッドさんに, ストレーカの, スメールが, テナーでした, ハリー・ジーキル, バスチャン・ルパアジュは, ビレラフォンは, フアンである, フツカヨイの, プリングルおばさんまで, ヘエレンラウフさんでした, ベルナアルさん, ベートーヴェン君には, マイダスにとっての, マイダスは, マターファの, ママ, ルッソオの, ルナアルの, ルーセル一家に, レエヌさんを, 一人ぼっちでも, 一対を, 一条は, 一生だ, 不具では, 不具の, 世渡を, 中介よ, 事さ, 事じゃが, 事ぢや, 事であろう, 事でした, 事件が, 事情で, 事情であった, 事情に, 事情を, 五十三の, 五十二三の, 亡者も, 人々に, 人々は, 人さ, 人たちです, 人たちの, 人だった, 人で, 人でありました, 人と, 人な, 人に対して, 人ばかり, 人よ, 人物である, 人等は, 人達である, 人達の, 人間たちを, 人間である, 人間は, 今も, 仙太だ, 伝記を, 位いあせっ, 位いである, 位だ, 位だった, 位に, 位親切だった, 僕達の, 儚い気持ち, 兄と, 先生, 先覚者よ, 光景だった, 光景も, 冬は, 分会員達, 勇士は, 医者は, 千蔵を, 博士だ, 印象として, 又どこ, 友人の, 友子さんは, 可哀そうな, 右衛門は, 名は, 呼び声は, 哲学者を, 商売だ, 囚人を, 国であった, 地方の, 場合が, 場面が, 境涯から, 境界である, 境遇が, 士官さんて, 変死を, 夫に, 夫の, 失敗を, 失敬な, 女, 女が, 女でした, 女としての, 女の, 女を, 女王さんを, 女王を, 妹よ, 姉, 姿が, 姿で, 娘さん, 娘さん寝てる, 娘に対しては, 娘は, 娘みたいな, 娘達, 婦は, 婦人こそ, 婦人でも, 婦人の, 婦人をも, 子を, 子供の, 子供衆だ, 学者が, 学者と, 官僚主義ヒロイズム独善などが, 実例を, 宮様を, 家で, 容体で, 容疑者村松検事の, 宿命である, 寡婦の, 将軍では, 小鳥たちよ, 少女の, 少女は, 巨人は, 幽霊は, 引揚者だ, 引揚者の, 影響から, 彼の, 御婦人, 御容態, 御方でございます, 御方の, 御経験, 御身分, 心が, 心地も, 必要以上に, 思いは, 思て, 急患も, 性に, 性質の, 患者は, 悪業である, 感じでした, 感じも, 感は, 感を, 憐れな, 或る, 手紙の, 手紙を, 承知しました, 折角たのん, 政子さんを, 敗残者みたいな, 方が, 方たちを, 方です, 方へ, 旅人は, 旅人を, 旧家の, 昔の, 曾呂利に, 曾呂利本馬, 最も哀れむべき, 最後であった, 最期を, 月並の, 有様, 有様だ, 有様は, 服部君をね, 木片の, 末路に, 来訪でも, 森川夫人は, 検挙を, 様だ, 様でした, 様にも, 様子で, 様子でした, 次第だった, 次第で, 次第では, 次第で御座いました, 武士, 殿様が, 母親の, 民族であった, 気さへ, 気に, 気の毒な, 気イしました, 気持ちの, 気持にも, 決して喧嘩, 浅ましい有様, 滑稽感を, 点が, 点も, 父の, 父親も, 爺さんよ, 物足りないこと, 犠牲である, 犠牲者その, 犯罪者であります, 状態であるらしい, 狸を, 生い立ちにまで, 生き恥を, 生恥じ, 申分だ, 男だろう, 男振りと, 病人な, 病人の, 痛ましい人々, 百姓の, 皇帝は, 盲法師は, 瞬間を, 研究生小山すみれである, 私の, 程だつた, 程である, 程にも, 程他愛の, 程処が, 程心配を, 程慌て, 程痩せた, 程社会の, 程薄い, 程迷っ, 立場に, 筈で, 純八殿, 細君の, 結果と, 総江, 義民の, 義父が, 老人と, 老人は, 老人を, 老女の, 老婦人, 老年の, 老職工, 者が, 者どもだ, 者に, 臆病者であった, 自分に, 自業自得だから, 至りである, 色を, 若侍, 茜さんに, 落伍者が, 落胆と, 薄い影, 虚脱の, 蛇までも, 表情に, 被害者です, 言葉が, 言葉だった, 話, 話あるらしい, 話に, 貢様, 跛足な, 身で, 身の上だ, 身の上である, 身の上と, 身の上らしい, 農民たちや, 農民達は, 連中が, 連中では, 運命を, 過失を, 遠慮の, 酒井さん, 野口寧斎が, 長女を, 間違いで, 闘剣者よ, 陰惨な, 隣人は, 面倒臭い葛藤, 預金者達に, 頼みです, 顔に, 風聞が, 鼠の

▼ 気の毒~ (1008, 16.5%)

42 と思っ 3530 と思う, な 15 から 1413 がその 12 なあ 9 がお前, と云う, よ, わね 8 と思った 7 がお, が君 6 がこの, という, と云っ, と思い, なア, わ

4 [11件] から私, がおれ, がね, がまた, がもう一度, が仕方, が少し, けれど, と思います, と思つて, と思ふ

3 [11件] からさ, があの, がこれから, がしかた, がそれ, がもう, が僕, けど, といっ, と思いました, と言っ

2 [59件] あ, からつい, からと云っ, からな, からなこれから, からまあ, からわたし, から助け, から貴方, かわいそうだ, がおら, がお前さん, がお前達, がお嬢さん, がきっと, がここ, がこれ, がしばらく, がそいつ, がちょっと, がちょッ, がどうも, がなあ, がまず, がわたし, が一つ, が一番花嫁, が一緒, が下手人, が人間, が今, が今度, が何ん, が沈南蘋, が湧金門, が私, けれどもあの, けれど君, ということ, というの, というよう, という同情, といふ, とお, とか可哀想, とは思う, とは思はず, とも可哀相, とも思っ, と同情, と思, と思ってる, と思わず, と思わない, と思わぬ, と私, と考えた, の, もの

1 [528件 抜粋] あんこやる, あんなもの, あナ, お前は, お役所, お気の毒, からあれ, からいいます, からいたわっ, からこの, からこれから, からじゃ, からすぐさま, からそう, からその, からそれだけ, からだ, からで, からでは, からという意味, からと云う, からと倉島君, からと申し, からと言, からどうにか, からなにもかも, からなんとか, からわざ, からわざと, から一先ず, から云う, から云った, から今, から今夜, から今日, から何うに, から何とか, から僕, から先, から切腹, から只, から向山, から周旋, から子, から家, から少し, から局, から庭, から待賃, から後, から急用, から武蔵, から水, から済まない, から療治代, から私たち慰問, から聞かし, から自分, から良人の, から要らない, から見, から返したら, があいつ, があなた, があんた, がいくら, がいつも, がおまえ, がおまえたち, がおまえ方, がおれ達, がお茶, がきょう, がくれる, がこう, がこういう, がこれア, がさ, がさし上げ, がすぐ, がせめて, がそうさして, がそちたち, がそれから, がちっと, がちょ, がちょい, がちよ, がついで, ができます, がでは, がでん, がとう, がとうとう, がと言, がどう, がどうしても, がな, がなおいら, がねえと言っ, がねえもう一度, がねどうにも, がのやむを得ねえ, がひとまず, がへた, がほか, がほんと, がまるっきり, がもうすっかり, がもう少し, がもう長々, がやっ, がやはり, がよく, がよろしく, がわが, がわし, がサンタルシア, がダメ, がツイそこ, がデストゥパーゴさま, がネ, がボク, が一旦, が一時留置, が三脚, が上げられない, が下駄, が不, が主人, が主人殺し, が乗合, が予算, が二人, が京都, が人手, が人民, が人違い, が人類全体, が今夜, が今晩中, が仔猫仔猫, が仕事, が何, が何処, が余り, が信用, が兄哥, が全く, が八, が内, が到頭, が加州中将様, が勘弁, が友吉兄哥, が古風, が君ら, が命, が因業爺, が図書館, が土足, が大きい, が大した, が大声, が天, が学校, が宅助, が宇宙艇ごと, が宛名, が室, が小堀家, が小樽, が帯, が帰っ, が帽子, が幇間, が平, が平次, が平次殿, が店, が引, が後悔, が御用聞, が御覧, が御輿, が思い詰めた, が急い, が悪漢, が扇子, が打ち明ける, が掛り合い, が教えられねえ, が敵, が敵弾, が斯, が新吉, が旅館, が早速, が昔, が春さん, が曾祖父, が有りません, が本当, が来た, が東京中, が松, が根こそぎ, が桜場, が植物, が検屍, が正次郎, が正義, が此, が此処, が武器, が死骸, が毎日, が氏, が気の毒, が決っ, が渡されぬ, が煎じつめる, が犯した, が玄翁, が生命, が用心, が男児, が画布, が番所, が番頭さん, が疑い, が監獄, が監禁, が矢口, が石巻左陣さん, が神田, が竜吉, が筋, が米, が約束, が綱, が縄, が芸能, が若旦那, が見, が警視庁, が負っ, が貴公, が貴方, が貴様, が辻番, が近世, が近頃, が退職, が道理, が違え, が金, が銭形, が附合, が馬道, が鶴子, きっと読ん, けどくみちやん, けどせいぜい, けどそこん所, けどその, けどそろそろ, けどできるだけ, けどでも, けどねえ, けどひとつぺんぺん, けどふきだしたくなる, けどまってる, けどもう, けども家, けど三伝, けど何しろ, けど坊ちゃん, けど姉さんたち, けど槇子さん, けれどあたし, けれどあの, けれどいっ, けれどお前さん, けれどお前たち, けれどお隣, けれどこれ, けれどこんど, けれどとうとう, けれどと困つた, けれどもう一度, けれどもお, けれどもなに, けれどもね芝浦, けれどもやっぱり, けれどもラサ府, けれども事情, けれども云わない, けれども何しろ, けれども南鐐, けれども姐さん, けれども持っ, けれども書き直し, けれども木村, けれども縫子, けれども誰, けれど一寸, けれど俺, けれど半日留守番, けれど少し, けれど己たち, けれど憤る, けれど早く, けれど毎月いま, けれど泊め, げっども, こと, これからは, さあ此方, さつ, し, しそれ, しぼく, しまた, し仲, し女の子, し女房, し心苦しい, し思い切っ, し整備, し災難, し自分, し電話, ぜ, それが, ちょうどソレそこ, っていうのよ, つたこらえ, つたすみません, つたな, つた人間が, つた御飯を, つた追う, とあたり, というふう, というわけ, という一言, という侮蔑, という冗談, という心, という念, という思, という感じ, という料簡, という様子, という気, という考, という表情, という軽い, という遠慮, といったら, といふやう, といふ心地, といふ理由, といわなけれ, とおも, とお母さん, とかすまない, とか云, とか云っ, とか可哀そう, とか或は, としみじみ, とそう, とその, とそんな, とでも言う, とどこ, とは思い, とは思いました, とは思いません, とは思っ, とは思つた, とは思つて, とは思わない, とは思わなかった, とは思わん, とは感じない, とは言い, とも何, とも何とも, とも思わなかった, とんだ事, と云い, と云った, と云つて, と云つて同情, と亭主, と今, と介抱, と何ん, と信如, と割石, と博士, と始終, と姫君, と存じ, と川, と御, と心から, と必ずや, と思いまし, と思うなら, と思えない, と思ひ, と思ひます, と思われた, と思われない, と思召, と慰め, と母, と気, と源氏, と素直, と義憤, と老い, と考え出した, と見, と見え, と言いだした, と言う, と話しあった, と語る, と面白, どうだ, なああんなに, なあと云, なあと思いました, なあ戦, なあ民弥さん, なけれど, なこんな, なこんなに, なと思っ, などうか, なんぞとは思はない, なんぞとよけい, なんて中, なんて言っ, な俺, な同情, な君江, な小, な曲者, な無利息, ねえ, ねえせっかく, ねえそん, ねえどうか, ねおお, ねおもたく, ねお前さん, ねこんな, ねそんな, ねどうにか, ねの一言, ねアッタスン, ねクラチット君, ね昨夜, ね泊っ, ね親王, のう, のうこんなに, ひとつ掻き集め, もう一通, ものです, よな, よ己ア此処, よ縁談, よ行っ, わし, わねこんなに, わ間違えられた, ア, ッた, ナ, ネ, 一層死んだら, 何とかし, 何人も, 勝気な, 可哀相に, 文殊は, 晩に, 此処に, 気の毒だ, 私あ, 私にも, 私は, 馬鹿だ

▼ 気の毒~ (824, 13.5%)

104 なって 76 思って 42 思った 36 なった 16 なる, 思う 14 なつた, なつて 11 思ったの, 思つた 10 思います 9 なりました, 思うの 7 なったの, 思われた, 思われて 6 なり, 思いました, 思ふ, 感じた 5 なったので, 存じます, 思うて, 思ったか 4 なりまして, 思うと, 思うよう, 思わずに, 見えた

3 [14件] お思い, なったと, なります, なるの, なッ, 堪えない, 思いまして, 思いますが, 思えた, 思えて, 思ったから, 思ったが, 思はれた, 感じられた

2 [30件] たえないので, なったから, なったくらい, なつたらしく, なるばかり, なるよ, 堪えないの, 存じて, 存じまして, 存じ上げて, 思い, 思いながら, 思いながらも, 思いましたが, 思うが, 思うこと, 思うとも, 思うもの, 思うん, 思う心, 思う心持, 思ったもの, 思ひました, 思ひましたので, 思ふと, 思ふの, 思ふ心, 思わざるを, 思召した, 感じたの

1 [269件] あの人, あの奥義, あの方, あれが, あんなベッピンさん, おもいながら, おもつ, お可哀そう, お思われ, お怪我, さへ, しかし仕方, その婿, たえず候, たえないの, たえないほど, たえなかった, たえられない心持, たえんが, たまらねえ気, どうしよう, ながめて, なったか, なったが, なったこと, なったよ, なったよう, なったらしい, なったらしくこれ, なったらしく少し, なったらしく止めさせるよう, なったり, なったん, なったんで, なった薫, なっちまったわ, なってね, なつて会, ならずには, ならない, ならないばかりか, なりいそぎ, なりしきりに, なりそう, なりその, なりて, なりまあまあ, なりましたから, なりましたが, なりましたの, なりますね, なりますよ, なりまた, なりわざと, なり一, なり仕事, なり何, なり女, なり宮, なり母, なり自分, なるから, なるくらい, なるし, なるとか, なるはず, なるほど, なるやう, なるよう, なる位, なア, みえた奴, ももと, ハリーは, ピース提督は, ヤンキイには, 一閑斎様は, 三野村さんが, 不安に, 両君とも, 佐造老爺が, 六条院は, 其の益, 半裸体, 堪えない次第, 堪えなかった, 堪えぬでは, 堪えぬという, 堪えぬ然, 堪えません, 堪えませんが, 堪へないの, 堪へなかつた脱衣場, 堪へぬ, 堪へぬの, 堪へません, 堪へられない, 変化し, 大怪我, 存じそのまま, 存じますが, 存じますでは, 存じますもう一度, 存じますもの, 存じられますが, 存じ上げるほど, 存じ上げ候, 存じ他, 存ずるから, 存ぜられまする, 従兄も, 心得候, 心得出牢, 思, 思いおかしく, 思いかえろうとして, 思いかけた, 思いかつて, 思いぜひ, 思いつつ, 思いどうか, 思いなど, 思いましたから, 思いましたもの, 思いましても, 思いますから, 思いますわ, 思いやつれて, 思いやりました, 思いやること, 思い一座, 思い一緒, 思い世話, 思い其息子, 思い可愛相, 思い市, 思い彼, 思い心窃, 思い恐る恐る, 思い持って, 思い時々, 思い横, 思い死骸, 思い父, 思い石川光明さん, 思い話し掛けると, 思い頼春, 思うかしら, 思うごとくに, 思うそち, 思うぞ, 思うたか, 思うたから, 思うたです, 思うだけの, 思うだろう, 思うだろうと, 思うだ己ア汝, 思うとともに, 思うとるよ, 思うとるん, 思うばかり, 思うほど, 思うよりも, 思う事, 思う人, 思う他, 思う半面, 思う目つき, 思えるよう, 思し召して, 思ったくらい, 思ったけれど, 思ったその, 思ったという, 思ったに, 思ったので, 思ったのに, 思ったばかり, 思ったり, 思った事, 思った何事, 思った健三, 思ってること, 思ってるし, 思つ, 思つて, 思つてゐた, 思つてゐました, 思つてゐる, 思つて三十万円も, 思つて君を, 思つて嗣二の, 思つて居ます, 思つて言ひ知れぬ, 思つて金円を, 思はない訳, 思はれました, 思はれます, 思はれる, 思ひしは, 思ひし事, 思ひましたけれども, 思ひ乍ら, 思ひ申し候, 思ふけれど, 思ふて, 思ふ嘆くなかれ, 思へた, 思へたので, 思わずには, 思わせられた位, 思わないわけ, 思われたし, 思われた藤侍従, 思われまして, 思われる, 思われるの, 思召さるるなら, 思召された, 思召す, 恥入, 感じたからの, 感じて, 感じました, 感じます, 感じます事, 感じられたの, 感じられて, 感じると, 感じるの, 感じ危険, 感ずる理由, 感ぜられる, 感ぜられるの, 成って, 成つて来た, 成る, 成るくら, 成ッて, 拝見いたし, 敗訴し, 映ったと, 死んで, 気絶した, 消えさ, 為つてあんな, 病気では, 目も, 眺めて, 神経質だ, 考えられる, 考へられたこと, 耐えぬといった, 聞くの, 見えたり, 見える, 見えるもの, 見ゆ, 見られた, 見守るばかり, 見申せしに, 覚えたの, 覚し召さるる, 観察した, 足の, 辛く感じる, 過した女, 鴨田さんの

▼ 気の毒そう~ (337, 5.5%)

40 な顔 2821 に云った 15 に言った 7 に眺め 5 な表情, にいった, に頭 4 にいう, にし, に云う, に彼 3 な眼, な色, にその, に聞いた, に苦笑

2 [17件] な様子, な目, にいいました, にいっ, にした, に婆さん, に小, に小声, に彼女, に眼, に答えた, に見, に見た, に言う, に説明, に顔, に黙っ

1 [146件] であった, でしばらく, な, なその, なシナ, な事, な声, な容子, な微笑, な恰好, な探偵, な目つき, な眼つき, な眼付, な笑い顔, な苦笑い, な面, な顔つき, な顔色, にあわて, にうち, にお, におどおど, におれ, にことわった, にこの, にささやいた, にしみじみ, にそうして, にそっと, にそば, にたずねた, にだまっ, につけたした, につけ加えた, にでもし, にながめ, になぜ, にはいっ, にひき止める, にみ, にもしません, にもなく, にクックックッ, に一つ, に上っ, に中途, に云い, に云いました, に云い出した, に云い渡した, に人, に今日, に伊那丸, に会釈, に例, に僕, に出した, に動かない, に半, に又, に受け取っ, に口, に口元, に同情, に否, に呉服, に告げた, に呟いた, に周作, に囲み, に壮年武士, に外, に外套, に妻女, に威かしやがる, に子供, に小倉, に尾田, に左伝次, に平中, に幾たび, に座, に微笑, に微笑み, に微笑んだ, に徳利, に応えた, に思った, に恥ずかし, に手紙, に承知, に断った, に断る, に春房, に桂子, に武兵衛, に深い, に溜息, に照らし, に田中, に申し訳, に男, に相手, に眺めた, に眺める, に礼, に私, に私達, に窓, に笑い, に節子, に繰返し, に老人, に聞い, に聴い, に肴屋, に自分, に莨, に蟹, に見える, に見やり, に見る, に見送っ, に視線, に言いました, に言い訳, に言訳, に訊ねた, に詫, に詫言, に話, に話した, に語韻, に調子, に謙遜, に赤い, に趣向, に送っ, に遮った, に長吉, に隣席, に離れ, に頷き, に首, に黙り

▼ 気の毒~ (312, 5.1%)

13 はある 11 なりません 9 あつた, ね 8 たまらなかった 7 見て 6 ならない, ならなかった, はない 5 お気の毒, 気の毒で 4 仕方が, 仕様が 3 しようがない, たまらない, たまりません, なりませぬ, 私は

2 [16件] ござります, そしてすまない, たびたび出かける, たまらないから, たまらないん, たまらない気, たまらなくなりました, ならないの, ならねえ, ならん, はあり, はありません, はございます, 堪りません, 心苦しくて, 顔を

1 [172件] あらう, いい兼ねる, いい悪いん, いけない, いけません, いじらしさ, いたわしくって, いとしゅうて, ええす, おくみ, おそば, お前さん何を, お可哀そう, お詫びの, かえって去り, かわいそうで, かわいそうに, げしたが, げすが, このお, こまった, ごあんす, ござりました, ござりまする, ごぜえます, さあね, さ俺, さ女, しよう, しようがなかった, すけれ共, せうか, せめてそれ, せめて三千円, そうなれ, そのこと, その場, その子, それからまたよく, そんなこと, そんな強い, ただおおよそ, たまらないけれども, たまらないついては, たまらないと, たまらないの, たまらないよう, たまらなくって, たまりませんでした, だんだん好き, ちょっと顔, といふ月並, とても我慢, とても離れられなかった, とめよう, どうも立入っ, どっちに, どんな噂, なぜありのままの, ならないもの, ならないん, ならない飲みさ, ならぬ, ならぬよ, ならねえから, ならんわい, なりませぬゆえ, なりませんかった, なりませんから, なりませんでした, なりませんでしたの, なりませんので, なれしませんすみませんすみません, ねあんな, ねだが, ねとなる, はあった, はあります, はござりますけれども, はござる, まったく旧来, もう見, もったいないん, 一人で, 一寸ことわれなかった, 一廉の, 万, 云え, 互いにもの, 五十に, 仕様がねえ, 低いの, 何しろ昼, 何と, 何とかなぐさめ, 何とも謂, 何んとも, 傍で, 先方から, 其の心, 出来ない, 却って心配, 厭だった, 口が, 口に, 可哀そうだった, 可哀そうに, 可哀そうよ, 善良な, 困って, 堪えませんでした, 堪えられない, 堪えられないし, 堪らなかつた, 堪らなくなる, 堪らぬ, 堪りましねえ, 堪りませんが, 婦人の, 定めし恥入っ, 客に, 小君は, 少し容体, 彼の, 御厄介, 忠平どんも, 急に, 成りません, 房子さんの, 早々に, 暫らく父御, 有ったが, 正直に, 正面には, 此方から, 此方が, 残念に, 残酷な, 涙が, 淑景舎の, 深く自分, 済まないこと, 済まなくって, 源氏は, 溜らぬという, 無暗, 父や, 申上げられません, 異常な, 痛々しいの, 私の, 私も, 私ネ, 耐らない, 聞くに, 自分の, 自分も, 芥川と, 見せられないよ, 見ちゃいられませんわ, 見ちや, 見ぬ振り, 見るに, 言いにくい, 誠に有難う, 赤ちゃんの, 辛かつ, 間が, 露骨に, 頼みを, 黙って, 黙っては

▼ 気の毒です~ (241, 4.0%)

361916119 から 53 がもう, なあ

2 [11件] があなた, がこれ, がその, がどうぞ, がまあ, が一万年, が事実, が仕方, が御, って, わね

1 [117件] ええと, からお, からここ, からこの, からち, からどうか, からやはり, からイワン, から御, から方法, から此方, から泊め, から私逢, から誰, か私, があの, がお客人, がきまっ, がぐずぐず, がこいつ, がこう, がこんな, がそう, がそれ, がそれでも, がただいま, がたとい, がと云い, がなにしろ, がなにぶん, がね, がねこう, がひと違い, がま, がまけられません, がまたの日, がむろん, がもう一度, がクウシャウ中, がクウショウ中, がダメ, がネテレビ放送, がホフマンさん, が一度, が人, が今日, が今更, が余り, が偽善者, が傷口, が出来ません, が叔父, が多分, が奥さん, が妻, が家, が少し, が思い切っ, が手遅れ, が折角, が掴みどころ, が旦那さま, が是, が時, が殿下, が氷川詣で, が生憎, が石郷さん, が花田, が莫迦げ, が行きゃしません, が衛兵, が貴女様, が院長さん, けどじゃ, けどそれ, けどちょっと, けど相手, けど阪急, けれどどうぞ, けれどほんと, けれどまあそう, けれどもこの, けれどもご, けれどもなあに本来当人酔興, けれども何とか, けれども何分, けれども先生, けれど先生, けれど晩, けれど殿さま, けれど蘭亭さん, しああ, しかえって, しかしママさん, しその, し今後, し今私, し土地, とか済みません, と悔み, と日頃, なア, ねえ, ねえあなた, ね何, ね可哀相, のでどう, もの, ものねエ, よ兄さん, わねえ, わね旦那様, わね横浜, わまだ, わもう, 少しでも

▼ 気の毒にも~ (139, 2.3%)

6 なって 4 なったの 3 なった, なりまた, なる, なるが, 思ったが, 思われた 2 お思い, 不明の, 僕の, 思って, 思われて

1 [101件] ありまた, あり可笑しく, うまらない役まわり, おもいまた, お亡くなり, お母様にも, お父様, この境遇, この娘, この難破船, ご老僧, さびしい方々, そうなる, そのよう, そんなこと, そんな間, だいぶヒステリツク, なったので, なったり, なってさ, なりました, なり大変, なり白々しく, また面喰, また頼もしい, まだ結婚, みんなフランク大尉の, エレナに, ムービー氏は, ロケットは, 一昨日の, 一階受持ち, 丁寧な, 丹念に, 主人公から, 今の, 兵馬は, 写真機を, 初手から, 前置胎盤, 十八世紀の, 可愛さうに, 同嬢, 呪われて, 失敗した, 女の, 存じますから, 山小屋飯場の, 山海関に, 市之丞殿は, 度たび大島を, 彼の, 彼らは, 彼女は, 思いうれしく, 思いすまないとも, 思いまた, 思い恋しく, 思い拙者金三郎, 思うの, 思えた, 思えたが, 思った, 思ったか, 思つた, 思ふで, 思わず唯, 思われるが, 思案に, 感じたが, 感ぜられますが, 憐むべ, 成って, 旧穢多, 明日が, 木の葉の, 本条殿は, 次に来た, 歎き悲しん, 残念にも, 汗に, 淪落の, 滑稽であった, 燃えあがって, 癩を, 睨み合った相手, 矢島さんは, 突然大審院, 箱根の, 粗野にも, 考えた, 良人に, 苦しそう, 見えまた, 見えようおかしく, 誰れ, 都会からの, 重い御, 金網に, 間もなく滑稽, 額からは

▼ 気の毒~ (110, 1.8%)

15 ような 5 やうな, 至りだ 4 ようです, ように, ようにも, 感に 3 ようで, 念に, 至りである 2 うちに, ことである, ものじゃ, ようだ, 至だ, 至りに

1 [48件] あまり言葉に, うちにも, お身の上, かぎりである, かぎりと, ことだ, ことでございます, ことでした, やう, やうで, やうに, やうにも, ようで御座います, ようにさえ, 事と, 事を, 念を, 悲哀談次は, 情に, 感あるらしき, 感じを, 感なき, 感なく, 様で御座いました, 様に, 様にも, 次第だ, 次第でした, 次第と, 母よ, 至なり, 至に, 至り, 至りお, 至りであります, 至りです, 至りでは, 至りと, 至りならずや, 至りなる, 至極です, 表情, 話だ, 話らが, 輪で, 連続であった, 限りです, 風采でございます

▼ 気の毒ながら~ (89, 1.5%)

2 批難も, 汝に, 魂魄が

1 [83件] あの地方, いづれ私, うちの, お化けの, お役目柄, お断わりじゃ, お邸内, こうなっ, この向う見ず, これは, これを, さっき読んだ, さびて, そこに, そちらの, その告白書, その室, その手形, その時分, たいへん醜い, とうとうただ, どう考え, また何ぞ, まだ相, もはや脈, やっぱり遺言状, 一刀の, 一時地下室に, 一走りついそのまま, 人に, 仇呼ばわりは, 何とかし, 兄さんの, 先づ外後架と, 其家の, 凡眼家には, 出して, 切り刻んでも, 助けては, 千二少年を, 午後から, 厩橋侯, 吉良様の, 塵芥です, 大衆の, 失敬ながら, 女の, 威張つた甲斐が, 安穏に, 宝探しは, 密通の, 尾張の, 彼は, 御櫃, 我等は, 手前だって, 挽木の, 捻り潰す, 断然あれ, 最後の, 木の, 来年の, 楚々たる美女, 決して許す, 決して遠い, 法律は, 無理の, 無駄な, 現代式の, 生きかえらなかった, 生きては, 病死の, 精神的脈絡が, 自立は, 菰田源三郎は, 裏切り者の, 見殺しに, 諏訪家へ, 諸君を, 赤井殿は, 途中で, 間もなく門前雀羅, 黒田五十五万石の

▼ 気の毒がっ~ (84, 1.4%)

138 ている 6 ていた 2 ていろいろ, てその, てわざと, て親切

1 [49件] たりで閉口, たり気, たり特別扱い, てあなたほんとう, てありあわせ, ていなすった, ています, ていられる, ているらしい, ているらしく, てお金さん, てくれ, てくれる, てこの, てしまいに, てそこ, てそれ, てそんな, てね, ての宿, てもいるらしい, て下さる, て五, て伯爵, て出, て友さん, て子供達, て学資, て小銭, て居た, て居りました, て幾たび, て弁償, て彼, て敵, て斡旋, て母さん, て泣きました, て泣く, て涙, て炉辺, て笑うだろう, て自分, て薬, て見舞い, て課長, て谷川, て遂に, て銃

▼ 気の毒~ (83, 1.4%)

3 いえば, 思って 2 いうよりも, 云って, 思うの, 思ったから, 異に遠慮

1 [67件] いうより, いうよりは, いふべきか, いへば, おもったら謝罪, おもつ, おもわれたればこそ, お思い, からかいました, そっと下り, それから, なつて, 三百円の, 両手を, 云うよう, 云えば, 云ふ, 仰言, 存じまして, 存じるので, 思いいそいで, 思いし如く, 思いました, 思いましたが, 思います, 思いますから, 思いまするのでな, 思い嫂, 思い役人, 思い材料, 思い自分, 思い返ししよう, 思う, 思うたですたい, 思うと, 思う場合, 思う情, 思う様子, 思った, 思ったか, 思ったの, 思っても, 思つたのか, 思つてだらう, 思はないでは, 思はないでも, 思はれる向き, 思ふは, 思わずに, 思わないでも, 思わないわけ, 思わなかった, 思わぬほどの, 感じるばかり, 浅間し, 滑稽とが, 滑稽を, 申さなければ, 申外之, 考えたので, 腹立ちとに, 見えて, 見たか, 言うか, 言えば, 言わんか, 評して

▼ 気の毒~ (82, 1.3%)

9 まで 8 までございます 3 である, まですね 2 に顔, の余り, よ, を感じ, を感じる

1 [49件] があった, がある, が感じられた, でどんな, で押, とそぐわな, と同時に, と来たら, と残念, と自分, と自棄, なの, なんて通り越し, に, につい, に何, に又, に小平太, に引受けた, に正面, に比べ, に泣き付かれる, に直, に面, に頭, のあまり, のひとつ, の前, はいう, は又, は感じられる, は決して, は私, までご, までごぜ, もあり, も予想, も分らない, も面目, や興奮, をもっ, を一人, を今, を忘れ, を感じさせる, を感じはじめた, を覚え, 堪らずよけい, 堪らず余計

▼ 気の毒だった~ (73, 1.2%)

1195 ねえ 42 がその, のです, のは, わねえ, んです

1 [34件] から少し, から御, から行かれ, が, がお蔭, がしかし, が今, が今度, が今日, が別れ話, けれどこれ, けれども苦しい, こと, ことを, これが, ぞや, とあと, という眼付, と云っ, と思います, と親, なあ, なおたがいに, なな, なア, にし, ねおそく, のでしょう, ので山木, のはうら, わネ, ネそんな, 捕手に, 明日は

▼ 気の毒~ (62, 1.0%)

6 で, ですが 43 だと 2 でございます, でした, なこと, よ

1 [35件] あの花売娘, だ, だけれど, だ一文, でお母さん, でご, でございますこと, でございますなあ, でしたか, ですこと, ですね, ですねえ, でどうも, でネ, で何, で先刻, で御座んした, で然, で申そう様, で食べるお, といったら, と云いました, なこつたが, なん, にて候, ね, ねエ, へえ誠に, みて, もう約束済, を食う, 出かけましたよ, 出来ません私ども, 嘸お, 帰って

▼ 気の毒さま~ (61, 1.0%)

6 ですが 53 ですね, みたよう 2 だったね, です, ですねえ, ですわね, な訳, ね

1 [32件] これから蔵前, こんなに割れ, さぞ待, じゃいずれ, それなら勝手, だが, だがねえ, だと, だな, だね, ついお, でしたね, でしたわね, でしたワ, ですねエ, というところ, と云った, と言ひながら, どすこと, ながらその, なんかって云う, にございます, にもこれ, ねえ, ねえ今晩, ねえ死神君, ねエ明朝, ほんとにお, みて, 何卒ね, 御金, 見たいな

▼ 気の毒である~ (52, 0.9%)

2 がこの, がこれ, しそれ

1 [46件] あの不, から, からくわしい, からただ, からです, からアタクシ, から米, から風呂, がかう, がしかし, がその, がそれ, がそれでも, が全く, が彼, が御家, が早速, が未だ, が母子, が生活圏外, が目, けれども早く, ことを, し故人, ということ, といっ, とて故, とも反省, とも思わぬらしい, とも悲しい, と女房ら, と思い, と思うなら, と思っ, と思召, と歎, と源氏, に衣食, のだ, のと, のに, のみならず, よりも文子, 上に, 可愛そう, 才人酒壺洞君に

▼ 気の毒でも~ (50, 0.8%)

4 あった, ありまた, ある, あるし 2 あつた

1 [32件] あったの, あったので, ありいい, ありたのもしく, あります, ありますから, あり会社, あり又, あり可笑しく, あり嬉しく, あり愉快, あり慮外千万, あり憎らしく, あり此方, あり癪, あり皮肉, あり相, あり自身, あり薄気味悪く, あるが, あるしね, あるナ, あんた歩い, いくらか間, いっしょに, このくらい, 今晩は, 役目には, 暫くの, 申し上げて, 白井違いで, 雑草の

▼ 気の毒でした~ (46, 0.8%)

95 ねえ, よ 3 わね 2 では本日, なんて間抜け, わ

1 [18件] お夏さん, が, がお, がこちら, が婦人警官, が思ひき, が私, けれどもしょせん, けれどもまた, し愛されえない, し第, な, ねえ姉さん, ね色々, もの, ネ, 気の毒でした, 然かし

▼ 気の毒でございます~ (36, 0.6%)

5 ね, わ 2 が当, とも, な

1 [20件] お作さん, から, からお, から今晩, が, が佐野さん, が何しろ, が出来ません, が旗本, が枝珊瑚, けれどこう, けれどもできませぬ, こんな山方, その代り明朝, とも云わず, ねえ, の, よまあ, よ旦那様, わね

▼ 気の毒がる~ (35, 0.6%)

3 のか, のを, ような, ように 2 ことは, やうな, 一切の

1 [17件] が仕方, そういう時期, ためには, には及ばぬ, のが, のであつ, のと, のは, やうに, よりむしろ, 事は, 仲間の, 厭な, 心持で, 必要は, 無言太子の, 隊員も

▼ 気の毒じゃ~ (35, 0.6%)

43 ないか 2 どうだ, のう

1 [24件] ありませんか, ありませんかしら, あるけど, あるし, ございませんか, すぐお, てて, でな, ない, ないかしらと, ないの, なにしろ此処, なもし, なれど, よ, アありません, ア有りません, ナ, 万事貴様と, 呼んで, 疲れて, 眼が, 聞かぬが, 風でも

▼ 気の毒千万~ (35, 0.6%)

4 なの 3 である 2 であった, のもの

1 [24件] が一時, そのお, だが, だぜ, でありまた, ではありますまい, で彼, とは思いました, とも思う, な, なお手数, なこと, なり, なる有様, なる男, なる諷刺劇, なれば, な事, にも傍聴席, にも寒中濡れ鼠, の事, 実は貴殿, 御亭, 猫に対して

▼ 気の毒なる~ (31, 0.5%)

2 を当人, 境遇に, 状態に

1 [25件] かなパガン外教の, は主人公, は雨, ばかりに有, もの恐く, 人達哉と, 人間である, 先覚者とでも, 友だちなるべし, 哉二葉亭は, 哉独逸皇帝よ, 境遇にも, 境遇の, 店頭の, 情も, 有様なれ, 次第なれ, 状態の, 者なり, 落伍者間において, 評言を, 貴公子よだ, 身の上なり, 面持にて, 顔色に

▼ 気の毒~ (27, 0.4%)

3 つた

1 [24件] つたが, つたのだらう, つたり, つて, つてあんたほんた, つていろいろ, つてくれた, つてむす, つてやつと, つてわざわざ, つて下さる, つて二度と, つて何かに, つて存分に, つて樹明君が, つて無上に, つて言ふ, つて貰ふ, られるの, られる必要, 一杯にて, 先に, 凝結し始め, 半分と

▼ 気の毒がり~ (27, 0.4%)

1 [27件] こうしてひとり, さへ, つつも彼, てもぢ, て機, て笑う, ながらも結局, ながら何と, ながら褒める, ほんた, もしない, もしなかった, 一中も, 一日商主に, 一面私の, 今少し, 何と, 典物を, 右近丸は, 同情した, 夜は, 女なれ, 居候よし, 心配致し, 水臭からぬ, 浜口氏が, 若君も

▼ 気の毒とは~ (27, 0.4%)

2 思いましたが, 思いませんか, 思うけれども, 思っても, 思わないの

1 [17件] ただ先方, ちっとも思わなかった, どういうこと, なんの, よほど趣, 存じて, 存じ候え, 思いつつ, 思いながらも, 思うが, 思うん, 思つた, 思ひさ, 思ひは, 思わなかった, 自我を, 言いながら

▼ 気の毒とも~ (25, 0.4%)

1 [25件] おいたましい, なんとも, なんとも申し上げ, 何ともい, 何とも云い, 何とも姉御, 何とも申し, 何とも申し上げ, 何とも言いよう, 何とも謂, 勿体なしとも, 可哀そうとも, 可哀想とも, 思いますけれども, 思いませんよ, 思ず, 思ったし, 思わないで, 思わないでは, 悪い癖, 悲惨とも, 感心とも, 笑止とも, 言わず哀れ, 言葉に

▼ 気の毒であった~ (24, 0.4%)

2

1 [22件] からいつも, から今度, から国, か知れない, がそれにしても, が何, が実は, が実質的, が彼, が昨年, が普通, が私, が細君, が魚屋, ことを, というべきであろう, と云っ, と後で, と思っ, な実は, のが, 人情に

▼ 気の毒じゃが~ (23, 0.4%)

1 [23件] あの人, お前さんたちには, お断りしましょう, この家, この病, そちも, その子, それではお茶, それ位の, なにそれも, また戸板, もう一度お, 一まず, 仕方が, 仕方がねえ, 仕様が, 何分頼む, 妹菊めが, 是非が, 死相が, 氷水を, 然ら, 腕を

▼ 気の毒~ (23, 0.4%)

3 通り越して 2 した, 絵に

1 [16件] いたしました, したと, したという, したよう, して, しました, よそ事の, 五年後の, 勘酌し, 感じた, 感じたり, 感じながらも, 覚えたらしい, 身一つに, 通越し, 醸し加

▼ 気の毒さうに~ (16, 0.3%)

1 [16件] いふの, して, しはじめ, そして心安, だまって, まじまじと, 執り成された, 尋ねたの, 微笑んで, 思ひ浮べた, 振り返つた, 時々夫, 若い画家, 見て, 見守つた, 訊いた

▼ 気の毒さうな~ (15, 0.2%)

8 顔を 2 眼を 1 思ひ入れ, 表情を, 調子も, 響が, 顔で

▼ 気の毒みたい~ (13, 0.2%)

3 なもの 2 だわ, なもん, な気 1 だなど, ですわね, な話, に真に

▼ 気の毒という~ (11, 0.2%)

1 [11件] ことを, ものだ, もんだ, 一言も, 以上に, 心が, 念を, 感じが, 感じを, 観念を, 言葉を

▼ 気の毒~ (10, 0.2%)

2 気の毒だ 1 これだけで, 一しお増し, 依然として気の毒, 勿論です, 家の, 弁護士二人の, 気の毒です, 気の毒でも

▼ 気の毒~ (10, 0.2%)

1 いうて, がこれ, けどあたし, けどこんな, それじゃ, とお, とか姉ちゃん, 思いなさるか, 拙者貴殿の, 調子の

▼ 気の毒がって~ (8, 0.1%)

2 いろいろ手当て 1 たいて, 他所へ, 手もとへ, 気を, 泣いて, 身の

▼ 気の毒なり~ (8, 0.1%)

1 その内, と思う, と鏡花, 下らないこと, 可哀相でも, 小児たちは, 第一自分, 良あり

▼ 気の毒やら~ (8, 0.1%)

3 おかしいやら 1 で自分, 全く呆れ, 歯痒いやら, 済まない思い, 申訳ない

▼ 気の毒らしい~ (8, 0.1%)

4 顔を 1 ことなんか, と自分, まで身, 容子などは

▼ 気の毒がった~ (7, 0.1%)

1 おじいさんが, かしれません, がお, のだろう, ので, ような, 泰造が

▼ 気の毒~ (7, 0.1%)

1 なお嬢さん, にし, に彼, に心配, に瞻, に見られた, に黙っ

▼ 気の毒さうに言~ (6, 0.1%)

5 つた 1 ひぬ

▼ 気の毒だって~ (6, 0.1%)

1 やっぱり今, 大変私に, 好んで行く, 新聞を, 言い暮して, 貴方は

▼ 気の毒だつた~ (6, 0.1%)

1 けれどルンチヤン, けれど私, けれど私たち, ね, ものです, わ

▼ 気の毒~ (6, 0.1%)

1 ごめんなさい私, どんなにはらはらし, 全く, 才能は, 沁, 開けて

▼ 気の毒がられ~ (5, 0.1%)

2 てお 1 そして本体, ては, ては私

▼ 気の毒した~ (5, 0.1%)

1 がその, な, よ, わ, 御苦労とも

▼ 気の毒でならない~ (5, 0.1%)

1 との意味, のだ, ので, ような, 集金に

▼ 気の毒には~ (5, 0.1%)

1 思いませぬ, 思うが, 思ふけれど, 気の毒だ, 気の毒千万だ

▼ 気の毒かも~ (4, 0.1%)

2 知れない 1 しれぬが, 知れねえが

▼ 気の毒さうに云~ (4, 0.1%)

2 つた 1 ひ合, ふの

▼ 気の毒~ (4, 0.1%)

3 やない 1 やと思召

▼ 気の毒であり~ (4, 0.1%)

1 また国家, 何と言つて, 気兼ねを, 芸術の

▼ 気の毒でございました~ (4, 0.1%)

21 こと, な

▼ 気の毒とか~ (4, 0.1%)

1 いうより, お可哀そう, 可哀そうとかいう, 憐れとかいう

▼ 気の毒なれ~ (4, 0.1%)

1 ど, ども六編, ど今日, ど呼ぶ

▼ 気の毒らしく~ (4, 0.1%)

1 て急い, もなく, も感じられた, 半纏着の

▼ 気の毒がらせる~ (3, 0.0%)

2 結果を 1 ために

▼ 気の毒すぎる~ (3, 0.0%)

1 から一つあいつ, ことが, 世の中には

▼ 気の毒だの~ (3, 0.0%)

1 なんのと, 何だ, 可哀相だ

▼ 気の毒であります~ (3, 0.0%)

1 からこの, が悟後, よ

▼ 気の毒でし~ (3, 0.0%)

1 てどんな, てね, やうが

▼ 気の毒でたまらず~ (3, 0.0%)

1 一層身, 王の, 躊躇し

▼ 気の毒とでも~ (3, 0.0%)

1 思ったか, 思ったもの, 見たか

▼ 気の毒な思ひ~ (3, 0.0%)

1 がした, に打たれ, をした

▼ 気の毒~ (3, 0.0%)

1 二十円で, 喃知らぬ, 気の毒ね

▼ 気の毒~ (3, 0.0%)

1 な眼眸, にこんな, に顔

▼ 気の毒笑止~ (3, 0.0%)

1 である, などとは申しますまい, の限り

▼ 気の毒かつ~ (2, 0.0%)

1 その短気, 笑止なり

▼ 気の毒がってる~ (2, 0.0%)

1 こと近所の, クリストフへ

▼ 気の毒さうに彼~ (2, 0.0%)

1 の姿, の方

▼ 気の毒さうに私~ (2, 0.0%)

1 を見, を見た

▼ 気の毒さうに詫~ (2, 0.0%)

1 でもいふ, を述べた

▼ 気の毒さぞ~ (2, 0.0%)

1 両親が, 左門が

▼ 気の毒さまあなた~ (2, 0.0%)

1 こそいったい, に限った

▼ 気の毒さん~ (2, 0.0%)

2 どすが

▼ 気の毒しました~ (2, 0.0%)

2

▼ 気の毒~ (2, 0.0%)

1 やと言ひたい, やない

▼ 気の毒それ~ (2, 0.0%)

1 に不憫, に袖

▼ 気の毒だい~ (2, 0.0%)

1 そんな, なあ

▼ 気の毒でござる~ (2, 0.0%)

1 が太夫, が是非

▼ 気の毒でない~ (2, 0.0%)

1 か, でもない

▼ 気の毒で堪らない~ (2, 0.0%)

1 のである, オヤオヤ左馬允め負けれ

▼ 気の毒なこっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃ勧賞, てし

▼ 気の毒なら~ (2, 0.0%)

1 国民教育の, 手ぶらで

▼ 気の毒にさえ~ (2, 0.0%)

1 感じたほど, 感じて

▼ 気の毒~ (2, 0.0%)

1 何も, 可愛想

▼ 気の毒やが~ (2, 0.0%)

1 少し手荒い, 行つて呉れまい

▼ 気の毒やれ~ (2, 0.0%)

1 ど今日一日, ど頼む

▼ 気の毒ゆえ~ (2, 0.0%)

1 さらば一応, におまえ

▼ 気の毒~ (2, 0.0%)

1 がい, のう

▼ 気の毒らしく思う~ (2, 0.0%)

1 ほど気, まで今夜

▼ 気の毒様それ~ (2, 0.0%)

1 じゃア私, だから

▼ 気の毒至極~ (2, 0.0%)

1 であった, のもの

▼1* [159件]

気の毒いうな君たち, 気の毒えな婆様ばかりで, 気の毒気の毒いう, 気の毒おろそかには思われぬ, 気の毒がらして, 気の毒がらぬものは, 気の毒がりありあう道具で, 気の毒がりましてその後, 気の毒がるささやきもあれ, 気の毒がるだろうか泣くだろう, 気の毒ぐらいじゃない, 気の毒このまま捨て置く, 気の毒これを彼児, 気の毒さうにいふだけです, 気の毒さうに三毛猫でもあやす, 気の毒さうに二人の方, 気の毒さうに今日は御, 気の毒さうに併し出来るならさ, 気の毒さうに口元を動かし, 気の毒さうに岡が繰り返す, 気の毒さうに左う云つて学校, 気の毒さうに揉み手をし, 気の毒さうに支配人の顔, 気の毒さうに敬之進の横顔, 気の毒さうに斯う云つて, 気の毒さうに滝に訊ねた, 気の毒さうに省吾の顔, 気の毒さうに眉を顰め, 気の毒さうに窓から顔, 気の毒さうに笑ひ乍ら斯, 気の毒さうに答へてその, 気の毒さうに説明しました, 気の毒さうに躊躇したが, 気の毒さうに頭を掻いた, 気の毒さまあちら様でわたし, 気の毒さまこれ丈け下さい, 気の毒さまみたいなもん, 気の毒さまタングステン鋼あたま, 気の毒さま一の糸, 気の毒さま一人で花, 気の毒さま今の身分, 気の毒さま今日は六畳, 気の毒さま写真には顎髯, 気の毒さま大の男, 気の毒さま憎しみは愛, 気の毒さま手がとどかない, 気の毒さま贋金だよ, 気の毒さみたいな, 気の毒さ中に座頭, 気の毒さ哀れさにはいつか伸子自身, 気の毒しかし我らと, 気の毒しちまったな, 気の毒じゃあないか, 気の毒じゃと云うて, 気の毒すぎて馬鹿, 気の毒たらしかつたの, 気の毒だったり釣, 気の毒だつたり釣, 気の毒だ出たから悦ん, 気の毒だ盗りもしない, 気の毒たってまア, 気の毒ついでに兄, 気の毒何の, 気の毒であったり済まなかっ, 気の毒である済まん事に, 気の毒でいぢらし, 気の毒でございます思い切ってお, 気の毒でござんすからちょっと, 気の毒でと種々お話, 気の毒でならなかったからこんな, 気の毒でならなかつたから庭, 気の毒でならん喧まし人は, 気の毒でのう今日は, 気の毒で堪らなかったからだ, 気の毒で堪らぬ上に, 気の毒で御座いましてネ, 気の毒で成らぬけれども此, 気の毒で溜らないやうに, 気の毒で耐えられないのだ, 気の毒で見るに耐えない, 気の毒とおもはれたれ, 気の毒とかいう心持が, 気の毒とかで済まして, 気の毒とかの念慮よりも, 気の毒とこそ存ずれ何ら, 気の毒としか云いよう, 気の毒とわぶるにか, 気の毒とを強く感じた, 気の毒どころでは, 気の毒どしたわ, 気の毒どすえなあ, 気の毒ないぢらしい, 気の毒なおもひで見渡す, 気の毒ながらと申して, 気の毒ながらも深傷, 気の毒なこったと思わず, 気の毒なこんで, 気の毒なやせ馬の, 気の毒なりしと近所, 気の毒なる見張人の, 気の毒なんて言って, 気の毒な助けて遣らん, 気の毒な慌て者だつた, 気の毒な死に方を, 気の毒な殺された女の, 気の毒な萎れてゐる, 気の毒な見てゐられない, 気の毒な飛んだ処へ, 気の毒にてそのままに, 気の毒にでもなったら, 気の毒にと彼は, 気の毒になどといふところで, 気の毒にねと私が, 気の毒ねえ家が, 気の毒はいはい奉捨致, 気の毒まったく罪でございます, 気の毒てえだ, 気の毒みたような, 気の毒やつた, 気の毒やのんは, 気の毒ゆえ鍵屋の辻, 気の毒ゆえ餞別を集める, 気の毒らしいあわて方で, 気の毒らしかりしと後, 気の毒らしくって私, 気の毒コクワを採っ, 気の毒乍ら金森家の御, 気の毒此の, 気の毒今年はうち, 気の毒以下に分解, 気の毒全く見えないの, 気の毒千万えんうん水司又市, 気の毒千万さすがの行者, 気の毒千万とても同居は, 気の毒千万蜂の巣わんわん, 気の毒可愛さに, 気の毒太夫余の事, 気の毒始めて素麺の, 気の毒悲惨それから夫, 気の毒そちらの, 気の毒早速医者の, 気の毒暫らく御待ち下され, 気の毒様お前さんを私, 気の毒様みたいなもん, 気の毒様何んとも思っ, 気の毒様大事な御, 気の毒様庵には電燈, 気の毒の上, 気の毒死んだ人も, 気の毒殊に雨でも, 気の毒気味になり, 気の毒もかあい, 気の毒深林を開い, 気の毒祈って進ぜる, 気の毒自分達も世間, 気の毒話して事情, 気の毒がいったい, 気の毒過ぎて到底, 気の毒に口