青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「源氏~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

湧い~ ~湯 湯~ 湯気~ 満~ 満ち~ ~満足 満足~ 源~ ~源氏
源氏~
~準備 準備~ ~溜息 溜息~ 溝~ 溢れ~ ~滅多 滅多~ ~滑稽 滑稽~

「源氏~」 2142, 23ppm, 5005位

▼ 源氏~ (881, 41.1%)

38 思った 32 思って 10 言って 8 言うの 7 思いながらも 6 それを, 哀れに, 思ったが, 自身の, 言った 4 右近を, 夫人に, 夫人の, 思ったの, 東の, 聞いて, 行った, 静かに

3 [12件] いろいろな, うれしくて, した, 同情し, 左大臣家へ, 帰って, 微笑を, 笑って, 聞いた, 行って, 語って, 非常に

2 [67件] いろいろに, うれしく思った, おかしく思った, おもしろく思った, かわいく思っ, きまり悪く, この人, こんなふう, したの, して, はいって, よりかかって, 中宮の, 乳母を, 二条の, 京へ, 今も, 口ずさんで, 大井へ, 女の, 妻の, 姫君の, 安心した, 寝室に, 居間へ, 帰った, 帰ろうと, 平生よりも, 微笑された, 心の, 心を, 心苦しく思った, 思いやって, 思うの, 思うよう, 思われるの, 恋人に, 悲しくなった, 感じた, 手紙を, 斎宮の, 明石の, 歎息した, 残念な, 残念に, 気楽に, 泣いた, 泣いて, 涙ぐんで, 満足し, 煩悶し, 琴を, 着が, 知らなん, 答えて, 美しかった, 自身で, 興味を, 花散, 藤壺の, 見て, 言う, 話して, 贈ったの, 車を, 退出した, 院へ

1 [554件 抜粋] あさましかった, あの某院, ある発展, いくぶんそれ, いた, いっそう美しい, いつもそうである, いよいよ二条, いるの, いろいろと, うらやましくて, うらやましく思っ, うるさかった, うるさがっ, おかしかった, おかしくも, おかしく思い, おさえて, おほめし, おもしろく思っ, おもしろく聞い, お知らせした, お言葉, かえって困った, かけに, かしこまって, かねてから, からだの, かりに考え, かわいい様子, かわいがって, かわいそうで, かわいそうに, くやしかった, こうささやいた, こうした山歩き, こうした明るい, ここへ, ことさらに, ことさら寂しく, このごろ玉鬘に, この夫人, この手紙, この手習い紙, この方, この時, この時刻, この話, こんな時, こんな気, ささやいて, さすがに, しいてはいろう, しばらくの, しんみりと, すぐに, すぐ出, するの, そこを, そっとそのまま外, そっとわが子, そののち, そのままとどまっ, その中, その前, その問題, その女房たち, その室, その家, その御殿, その方, その時きり引き, それから, それからほどなく, それに, それにも, それの, そんな時, たいした執心, ただ櫛, ただ歎息, たまさかに, たよりない, だから親, だれにも, ちょっと心, つくりたる也, とうていこの, どう自分, どこの, どこまでも, どっちつかず, どんなこと, どんな態度, なおも不快, なおも注意, なお女房たち, ながめて, なった, はじめて夫人, はなやかな, ほろほろと, ほんとうの, まじめに, また, またどんな, また五, また煩悶, また西, また途中, また鏡, まだだれ, まったく回復, まぶしくも, みずから危うく, みずから危んだ, もうその, もうだれ, もう一度続き, もう藤壺, もったいなくて, もったいなく思った, やはりだれ, やはり世間, やはり若紫, よく知っ, よく見, よそよそしい扱い, わが子の, 一つの, 一切を, 一重の, 一面で, 不安な, 不快で, 不思議に, 並み並みの, 中へ, 中将から, 中将へも, 中納言を, 予想に, 五節の, 京に, 人目も, 人知れず数え, 今さらの, 今また, 今まで, 今日逢わね, 今更の, 仏勤めを, 伺候し, 住吉詣でを, 何かの, 何とも返辞, 使いへ, 使いを, 例の, 侍従へ, 僧都の, 入道が, 入道の, 公私の, 六条邸を, 其事を, 其怨霊を, 内心に, 内部の, 再三懇切, 冷淡な, 几帳の, 出かけたの, 出かけて, 出かけるの, 出した, 出たが, 出て, 初めから, 別れて, 前夜聞いた, 加えようと, 勝手の, 南の, 危んだ, 去った, 参内した, 又箙, 反省した, 取った, 古歌, 可憐な, 右近に, 合点した, 同じ東, 同道し, 吟じた, 否定したく思った, 告げて, 呼び寄せて, 命じた, 命ぜられた, 命婦に, 哀れで, 四十に, 困ったよう, 塗籠の, 夕顔の, 夢とは, 夢も, 大事がっ, 大事に, 大奥の, 大将を, 大納言家へ, 大臣の, 太政大臣の, 夫人との, 夫人を, 失望を, 女と, 女へ, 女を, 女王の, 女王を, 女院を, 好便, 如何なる状態, 妻を, 始終来, 姫君を, 子息によって, 学ばせた, 安心し, 定めた, 宮が, 宮に, 宮中の, 宮仕えを, 家にばかり, 寄って, 寝ざめがちであった, 寝て, 寝られなかった, 寝室の, 寝室へ, 小姫君, 少し弾いた, 少し恥ずかしい, 尼君へ, 山手の, 巌窟の, 常陸の, 幾十度と, 座に, 庭を, 弾いた, 弾いて, 従三位から, 御所に, 御所の, 御簾から, 御簾ぎわに, 御簾の, 微行で, 心が, 心で, 心細さ, 心苦しくなっ, 忍んで, 思いがけないこと, 思いついた, 思いながら, 思いやりも, 思い出したの, 思い出して, 思い合わせた, 思い悶えて, 思っても, 急に, 恋しく思った, 恋人たちの, 恋人だ, 恋愛風流などには, 恥じた, 恨みを, 恨めしい人, 恨めしい思い, 恨んだ, 悲しくて, 情味の, 惟光などに, 想像した, 意匠を, 愛して, 感じて, 感じながら, 感ぜずに, 感動せず, 感情そのまま, 慰め明かした, 懐紙に, 成人し, 手に, 手もとへ, 手紙で, 打ち解けた姿, 打ち解けて, 扱うの, 扱って, 批評的に, 拭く真似, 拭って, 持たせて, 振り返って, 捨てられた男, 故人が, 故人を, 教訓した, 敬服し, 新しく改築, 新夫人, 早く起き, 昂奮し, 明石へ, 昔の, 昔を, 昨夜の, 暮らした, 書いた, 書いたの, 書いて, 書道と, 最上の, 服を, 本とう, 本問題, 本官に, 来ない, 東宮へも, 枕に, 枯れた植え込み, 柏木を, 桂の, 極力おさえ, 歌った, 歌って, 歎かれ, 歎息を, 歩いて, 残念にも, 気がついた, 気づかなかったの, 気の毒である, 気の毒に, 気を, 気分も, 永久に, 決めたの, 決めて, 決心し, 決心した, 泊まること, 泣きながら, 泣きなども, 泣くこと, 注意し, 涙が, 深く思った, 混ぜて, 渡した, 満足を, 満面に, 準太上天皇, 無心に, 無言で, 煩悶した, 熱心に, 物哀れな, 物思いを, 物足りない, 物足りない気, 玉鬘に, 玉鬘の, 玉鬘を, 田舎下りを, 申して, 申し出た, 瘧病に, 発見されたくない, 目が, 目だって, 直衣を, 相人, 真剣に, 真心から, 眠くなる, 着いた, 知って, 硯を, 禊いを, 移した, 移らせた, 立ち上がった, 立ち去った, 童女を, 笑いながら, 笑った, 紀伊守を, 終夜眠れなかった, 結婚の, 絵なども, 絶えず勧め, 続いて, 縁に, 縁側を, 美しいこと, 考えた, 考えたが, 聞きその, 聞きたかったの, 胸の, 自信し, 自家の, 自身から, 自身が, 自身でない, 自身も, 若くきれい, 若宮を, 苦しい気, 苦しくて, 苦しく聞い, 苦笑し, 落馬した, 薄色の, 行なったの, 表面に, 装束を, 西の, 見えるの, 見せた, 見た, 見に, 見まわして, 見ること, 見入って, 覚えた, 親しい家司, 親でなく, 言うが, 言ったあと, 言ったの, 言っても, 言づてた, 言葉を, 訪ねた, 訪問し, 話を, 認めた, 説くが, 読むの, 読んで, 賜わって, 贈り物に, 起き上がった, 起き出すの, 躊躇し, 車へ, 軽はずみに, 迎えたの, 近い所, 返事を, 通って, 逢いに, 過去の, 道, 選んで, 邸内を, 酒の, 酔い過ぎて, 鎌倉幕府を, 鎌倉殿を, 鏡に, 長い間, 長く見, 関係を, 陥ること, 隣の, 須磨へ, 頼んだの, 頼んで, 顔の, 願って, 飽き足らず思った, 馬場殿へ, 驚きながら, 高官なども, 髪を, 黄ばんだ薄

▼ 源氏~ (551, 25.7%)

12 君の 8 君を 6 心に 5 大臣が, 心は, 所へ 4 君は, 心を, 愛は, 言うの, 顔を

3 [11件] ほうへ, ほうを, やうな, 君が, 君と, 君も, 大将を, 大臣は, 美に, 衣服の, 運も

2 [36件] ために, ような, 中将が, 住んで, 作である, 出て, 前に, 君である, 君に, 場合は, 大臣の, 夫人は, 妻に, 姿は, 居間に, 居間へ, 座が, 心が, 愛の, 所から, 手紙の, 物語を, 男女の, 病の, 白旗を, 目に, 胸は, 若い将軍, 若い頃, 若君が, 血を, 衣服から, 講義を, 通って, 運命を, 間の

1 [385件] あたたかい親切, あとに, いなかったころ, いる所, いる間, おとなしい手紙, お立ちに, お顔, こしらえで, ことが, ことに, ことは, この言葉, これまで, しばしば行く, そばで, そばに, と大納言, に似た, はむろん, ほうから, ほうが, ほうで, ほうは, ものであっ, ものと, ゆくすえ, よりも長く, 一件という, 一件なんぞが, 一党が, 一行が, 一行は, 上着などは, 上着などを, 下家司でも, 不幸に, 与党と, 世に, 並んで, 中には, 中の, 乗った車, 乳母の, 二十歳前に, 二条の, 二種の, 五十余帖を, 亡き父桐壺帝, 人々は, 人々以上彼らは, 人々機會を, 今日の, 仕事は, 仲間へ, 伴った惟光, 伺候を, 住む所, 作, 作が, 作って, 作られないの, 作者が, 作者は, 作者を, 使いが, 使って, 供の, 供を, 価値を, 保護が, 保護を, 優美さに, 先祖で, 光が, 光の, 光氏であり, 光氏式に, 公を, 兵は, 兵馬が, 内大臣が, 内大臣と, 再版の, 出かけるの, 出仕を, 出動だった, 出立の, 初瀬詣, 前で, 勇敢さや, 勢に, 原稿を, 双璧が, 反省を, 召使も, 右大将をも, 同情によって, 同意が, 同意を, 名流武門の, 名門では, 君さえも, 君であった, 君では, 君でも, 君な, 君にも, 君一族とも, 君東の, 否定し, 告白による, 味方し, 味方と, 命じるまま, 善良さが, 地盤でない, 地盤とも, 夕飯が, 外出に, 多くは, 夢に, 大将が, 大将さんなどと, 大将の, 大将義朝には, 大将義経も, 大将頼光と, 大納言の, 大納言は, 大臣だけが, 大臣に, 大臣以上だろう, 天下に, 夫人が, 夫人の, 女房に, 好みに, 好奇心は, 好意を, 姫君である, 姫君の, 姿が, 姿には, 姿を, 嫡系足利党も, 子息の, 字を, 孝心に, 官位剥奪時代に, 定めること, 実子に, 家でも, 家を, 家人が, 家人どもが, 家人の, 家人等は, 宿直所に, 寝室が, 寝室の, 少年時代から, 居場所が, 山荘が, 巣窟で, 巻, 希望を, 帖の, 帰ったあと, 帰って, 庇護を, 座の, 引き受けて, 弾く琴, 役に, 後援が, 従者が, 従者たちは, 御家人と, 御弟, 御所住まいが, 御旗, 心である, 心には, 心にも, 心の, 心持ちも, 心持ちを, 志として, 思うて, 思うの, 思うよう, 思わなかったこと, 恋が, 恋しさ, 恋にも, 恋の, 恋も, 恋人である, 恋心のみ, 恋愛行為が, 悲しみは, 情人であった, 情人である, 情炎から, 想像しない, 意は, 愛すること, 愛読者で, 態度を, 所からは, 手に, 手の, 手紙に, 手紙を, 打聞きであった, 払った時期, 指貫の, 挨拶を, 挿絵の, 排斥を, 新々訳に, 方へ, 旗上げという, 春の, 時代大阪落城の, 書いた帳, 書いた返事, 書かれた平安朝, 書く返事, 書出しである, 最も愛する, 最初の, 服の, 望むこと, 望むよう, 望んで, 末路, 末路よりも, 本家の, 本拠, 来て, 来ること, 来宿, 某と, 柔らかい調子, 桐壺の, 様子が, 様子に, 様子は, 様子を, 機嫌を, 歌で, 歌である, 歌に対して, 歌舞妓化なども, 正統であり, 正統悪, 武士でございます, 武士の, 武士は, 武族が, 残党が, 殘黨のみ, 殿様の, 母の, 母君の, 氏子だ, 気づかないところ, 没落から, 泊まった理由, 泊まること, 泣く日, 注意を, 洗面の, 流れを, 涙が, 為義父子も, 焦点を, 物とも, 物思いを, 物語, 物語は, 物語人に, 現在の, 理想に, 甘いささやき, 生母桐壺更衣を, 生活の, 用で, 画が, 病気を, 発祥地とも, 白旄軍を, 白旗に, 白旗は, 白旗も, 盛んな, 盛世を, 目にも, 直衣の, 相剋の, 着くころ, 矢響きの, 知った顔, 石山詣でを, 立って, 笑うの, 策は, 紅葉賀の, 絵巻の, 縁坐也云, 美しいとりなし, 美しい顔, 美しさ, 美は, 美音に, 耳には, 聞いて, 胚子が, 胤を, 自身の, 舞い姿, 舞の, 芝居でなくたつ, 若さ, 萌芽時代という, 葵夫人の, 藤の, 行く所, 行く時, 行為以上の, 衣摺れ, 衣服は, 袖も, 裔尊氏の, 製作が, 見せなかったこと, 見た半分, 見られるの, 見舞いの, 言うまま, 言ったとおり, 言ったの, 言って, 言葉を, 計らい, 訓み, 詩文の, 話を, 誓うの, 誘惑に, 語るの, 読まれて, 論文を, 謎の, 豪傑たちは, 賞め言葉を, 踏まえて, 車は, 車も, 輩が, 輩も, 追い風が, 追放された, 通過を, 運勢を, 野人も, 長男の, 長者であり, 長者淳和奨学両院別当後に, 間である, 間とでも, 間には, 陣の, 陣地を, 陣所の, 面影を, 頭領源頼信の, 頼朝時代以後に, 顔が, 顔と, 顔に, 風貌に, 馬の

▼ 源氏~ (168, 7.8%)

6 言うと 3 言って 2 それを, 出て, 手を, 来て, 非常に

1 [149件] あると, いけない事, いまも, おとずれして, お言い, こう言う, こぞり起って, この人, さげすまれるばかり, さて平氏, そこから, そこへ, その問題, ちょっと顔, ながめて, なつかしく思われた, のぞいて, はいる時, まじめらしくし, まず言い出した, また, また恋しい, また躬恒, また限り, ゆっくりと, わざと自分, わざわざ参賀, わの, 一度振り返っ, 一族郎党を, 上げた, 世話し, 中を, 京を, 人の, 人臣として, 人騒がせに, 今でも, 今日も, 伺候した, 六條の, 勧めたり, 勧めて, 右大将と, 吹くのに, 呼ぶと, 塗籠で, 夕顔を, 外から, 夢で, 太政大臣に, 奮い起ちましょう, 女の, 妻と, 始終聞きたく思っ, 姿を, 婿でなくなった, 室内へ, 宮様へ, 寄って, 寺に, 将来を, 山荘に, 帰って, 年いっ, 座敷の, 引き受けて, 弾き出したので, 弾くの, 当帝, 得たため, 御寝所に, 御心, 御簾の, 必要な, 忍んで, 思いやり深, 思いやるの, 思われて, 恋しくなる, 恨めしくて, 悲しんで, 手ずからあける, 手で, 打ち解けて, 扱い始めたころ, 拝見する, 旗揚の, 明瞭に, 明石に, 昔の, 書いて, 来た, 東の, 栄えて, 栄えましたから, 桂の, 権勢の, 母親の, 気の毒で, 決してただ, 決めたの, 深い憐, 清い愛, 無関心, 特別に, 猛烈と, 王命婦の, 生きて, 留守に, 直衣を, 研究の, 立ちどころに寄った, 立ち上がった, 立ち寄って, 紫を, 絵を, 美しければ, 考えて, 自身でした, 興つたのは, 蔵人に, 蟠踞し, 行くと, 見るたび, 親らしくし, 言い出して, 言う, 言った, 言った夜, 計ったこと, 認めて, 躊躇した, 軽々と抱い, 辞退し, 迎え入れた女性, 追い追いに, 逆境に, 避けて, 野良を, 長い間, 関東に, 隠れた屏風, 隠栖の, 静かに, 須磨へ, 頼むと, 飲もうと, 髪の

▼ 源氏~ (107, 5.0%)

5 見ては 3 愛して, 見て 2 御覧に

1 [94件] お憎み, ここに, して, その人たち, たたえた, たわれた好色人, とらえて, ながめて, ひもとく場合, ほめた, ほめて, めぐるまぶしい, 一枚一枚はぐっ, 不運に, 乗せて, 仰いで, 催して, 典侍は, 出しては, 反省させた, 同乗させ, 呪い神酒, 呪わんと, 困らせる用, 多く喜ばせた, 大事がる, 天子に, 太政大臣に, 女房たちは, 始終見, 婿である, 婿に, 宮に, 導いた, 導いて, 少納言は, 引き入れた, 強く避け, 形どった, 後援者に, 忘れること, 思い出さないわけ, 恋しく思う, 恨めしくなっ, 恨んで, 悩まして, 悲しませた, 惜しみ陰, 愛した, 慰めぬもの, 懲りさせたとも, 戸口から, 持って, 救おうと, 書いて, 書き出したの, 泣かせて, 激励し, 父と, 父君陛下が, 狩りもよおし, 知らないあの, 知らなかったが, 移転させ, 立たせて, 純文学と, 美しく引き立て, 良人に, 苦しませた, 苦笑させた, 見かけて, 見た者, 見に, 見ること, 見ると, 見る右近, 見る機会, 見送ったあと, 見送るが, 観察し, 説きに, 読み, 読み秋日, 読んで, 護って, 護る法, 蹶起せしめ, 迎えた, 迎えたの, 遠くから, 避けて, 隣の, 集めたころ, 頼みに

▼ 源氏~ (67, 3.1%)

2 参内し

1 [65件] あわてて, いっしょに, お供を, かねて, きわめてまじめ, こうまで, ここには, この宮, これを, こんなに真実, しいて, そうしたく, その希望どおり, そんな醜い, つれづれを, どこかで, ないの, なんとなく身, まだ若かっ, まったく何人, もう長く, もっともだ, やかましいと, 今までは, 今日の, 以前と, 何か, 公人として, 冷静な, 右近も, 声を, 夫人の, 宰相中将も, 山上の, 幾度か, 微笑し, 心に, 心の, 快心, 思った, 恋人が, 打ち明けてからは, 打ち解けた心持ち, 旅で, 時々声, 時々歌, 時利あらず, 期して, 毎日閑暇が, 泣いて, 涙ぐみながら, 涙の, 深く歎, 煩悶は, 玉鬘の, 目を, 終日宮中で, 耳の, 自家の, 自邸へ, 舞ったが, 計画どおりに, 認めて, 負けては, 遺憾に

▼ 源氏~ (29, 1.4%)

2 いい平氏, 内大臣は, 恋を

1 [23件] いえば, きり放し, ただ二人で, 保元, 其邊の, 内大臣に, 前斎院, 同じやう, 和議を, 大臣との, 夫人の, 平家が, 御息所が, 戦つた, 暮らして, 月の, 玉鬘とは, 答へ, 葵上との, 言つてな, 言われる人達, 評判のみは, 違った内容

▼ 源氏~ (27, 1.3%)

7 の上 2 のうえ

1 [18件] からどこ, から桜雲台, という, とよん, にはいあがっ, には降りる, にも昼, に監禁, のてッぺん, の屋根, の座敷, の建物, の方, の附近, へ, へこい, へ斬りこんだ, へ源氏閣

▼ 源氏から~ (26, 1.2%)

3 手紙を

1 [23件] かけられる女房, このお話, そんなこと, どんなに熱情的, 与えられて, 中宮へ, 何とも, 別離の, 勧められて, 忘れられるの, 思われて, 恵まれた物, 愛されて, 新しい手紙, 来た手紙, 神の, 見て, 言われたこと, 贈られた, 贈られて, 離れて, 離れるよう, 頼まれた話

▼ 源氏自身~ (21, 1.0%)

1 [21件] がおもしろ, が予言, が何かと, が其生活, が型, が話題, が遺骸, が非常, で自身, で見舞い, の内, の座, の心, の紅, の胸中, は中宮, は至誠, もよい, も心, も時々, も葬家

▼ 源氏~ (13, 0.6%)

2 下された

1 [11件] お取り次がせ, このこと, 参加の, 手紙を, 挨拶を, 挿の, 答えること, 表明する, 話した, 贈った, 送った

▼ 源氏~ (12, 0.6%)

1 [12件] ついて行った男, ゆかりの, 一任し, 六条邸の, 同情し, 女房たちは, 思い出されるころ, 恋を, 最後の, 負けて, 迎えられて, 迎えられ夫婦

▼ 源氏~ (12, 0.6%)

1 [12件] その他の, 万葉の, 中将を, 北条氏を, 古今や, 古典平家の, 平家の, 枕草子の, 竹取, 若い者, 薫大, 西鶴に

▼ 源氏~ (9, 0.4%)

1 が毎日, につき石橋山, にも義経, の安田義定, の敗北, の負け, の陣營, はすでに, もまたたく

▼ 源氏夫婦~ (7, 0.3%)

1 が同じ, が磨きたて, と姫君, の幸福, は美しかっ, への詛い, を今さら

▼ 源氏~ (7, 0.3%)

1 から来た, で, の悪口, の流行, の芸子芝居, の踊, は誰

▼ 源氏長屋~ (7, 0.3%)

1 といふの, にゐる, に近頃, の主人鈴川主水, の怪, の方, へ行つて

▼ 源氏~ (7, 0.3%)

4 の間 1 が散らし, の一間, の隣り

▼ 源氏であった~ (5, 0.2%)

1 からすぐ, からようやく, から宮, とすれ, のが

▼ 源氏~ (5, 0.2%)

1 がいた, が蟄伏, の往来, の相, や飢餓疫病

▼ 源氏には~ (4, 0.2%)

1 一目置い, 心細さ, 思われた, 恥ずかしくて

▼ 源氏~ (4, 0.2%)

1 だったの, に相違, に誘はれる, に誘われる

▼ 源氏平氏~ (4, 0.2%)

1 と対称, の用いた, の者たち, もあれ

▼ 源氏節芝居~ (4, 0.2%)

1 の女, の楽屋, の話, を見た

▼ 源氏平家~ (3, 0.1%)

2 の家憲 1 の武力

▼ 源氏~ (3, 0.1%)

1 の發光, の發光機官丈, の論文中

▼ 源氏重代~ (3, 0.1%)

1 のみ旗, の家来たち, の紺

▼ 源氏~ (2, 0.1%)

1 平氏かと, 彼は

▼ 源氏からは~ (2, 0.1%)

1 かたじけない客, 丁寧な

▼ 源氏からも~ (2, 0.1%)

1 させた, 始終見舞い

▼ 源氏さえ~ (2, 0.1%)

1 その気, も絶対

▼ 源氏その他~ (2, 0.1%)

1 のもの, の人

▼ 源氏~ (2, 0.1%)

1 とか枕草子, よ

▼ 源氏~ (2, 0.1%)

1 あつた, しかも年

▼ 源氏である~ (2, 0.1%)

1 からまた, から紫夫人

▼ 源氏として~ (2, 0.1%)

1 おもしろいこと, 今日考えるべき

▼ 源氏ほどの~ (2, 0.1%)

1 人を, 深い愛情

▼ 源氏までも~ (2, 0.1%)

1 失脚し, 悲しくなった

▼ 源氏~ (2, 0.1%)

1 が少し, は庭

▼ 源氏一人~ (2, 0.1%)

1 はあさましく, は時々

▼ 源氏~ (2, 0.1%)

1 が頼朝, に立っ

▼ 源氏全体~ (2, 0.1%)

1 のこの, の興亡

▼ 源氏北条氏~ (2, 0.1%)

1 であったが, の時代

▼ 源氏~ (2, 0.1%)

1 の格子窓, の西

▼ 源氏太郎~ (2, 0.1%)

1 は早速, は胴

▼ 源氏太郎様~ (2, 0.1%)

1 をお, を犬

▼ 源氏宿~ (2, 0.1%)

1 だ, のひとつ

▼ 源氏屋口調~ (2, 0.1%)

2 になる

▼ 源氏~ (2, 0.1%)

1 つまりこれ, と決

▼ 源氏発祥~ (2, 0.1%)

2 の地

▼ 源氏~ (2, 0.1%)

1 な, な訴

▼ 源氏~ (2, 0.1%)

1 と名, を蹴破

▼ 源氏~ (2, 0.1%)

2 散里

▼ 源氏讀み~ (2, 0.1%)

1 にはかうした, の人々

▼ 源氏~ (2, 0.1%)

1 の名誉, をさかん

▼ 源氏追い~ (2, 0.1%)

2 四ツ師置き引き九官引き

▼1* [98件]

源氏あし手の着物, 源氏あり飄忽として, 源氏そのある日の, 源氏たちの出た, 源氏だけがさめて, 源氏だけは早く起き, 源氏だけを中宮も, 源氏づくりにでき, 源氏ではあるが, 源氏でもその意味, 源氏といふ貴人は, 源氏とかにもありますそう, 源氏との宿命の, 源氏などの古典に, 源氏のみ旗が, 源氏ばかりが恋しいという, 源氏ばかりの人は, 源氏みずからが来, 源氏らしく御辞退, 源氏をばかり思って, 源氏をも恨めしく思召, 源氏グループと平家群像, 源氏コレヲ鎮メ源氏世ヲ侵ス日ハ, 源氏スミレ円葉スミレあるいは黄スミレ, 源氏ヲ語ラヒ兵員三万余騎ト聞エソノ勢逐日熾烈, 源氏一家は六条院, 源氏一流の嫡流, 源氏一色となった, 源氏一行は気楽, 源氏ヲ侵ス日ハ, 源氏久米川の陣, 源氏之間は嘘, 源氏二十二歳より二十三歳, 源氏五十四帖の絵巻, 源氏代々の将, 源氏以上にも積極的, 源氏以前にもあり, 源氏以外の文学, 源氏伊勢物語は心, 源氏光る源氏と, 源氏全滅の今日, 源氏全盛時代でその間, 源氏八領と総称, 源氏再興を計り, 源氏勃興の当初, 源氏は自律, 源氏勢力また多分, 源氏十七歳の夏, 源氏十九歳の秋, 源氏十二歳の元服, 源氏十二段外の管絃, 源氏又は平家, 源氏吉野朝戰國期などの支配者, 源氏坊天一が出た, 源氏壮年の情事, 源氏学興隆の時, 源氏學者はす, 源氏宥免の宣旨, 源氏征討の宣旨, 源氏復活ともいはれる, 源氏ひは, 源氏或いは平家と, 源氏やく, 源氏新田小太郎義貞たるもの, 源氏新田氏と足利氏, 源氏方女は肉身, 源氏時代になつ, 源氏枕草子その他の王朝文学, 源氏枕草子等にかざみといへるもの字, 源氏栄花等にあらはれ, 源氏桐壺の巻, 源氏正統縮此時畢子孫不可相繼之然者飽帶官職欲擧家名云々, 源氏滅亡と見えた, 源氏を一ふし, 源氏物語だと, 源氏物語りに影響, 源氏白旗といえ, 源氏相伝の白旗, 源氏研究会とも称すべき, 源氏二代の, 源氏とどちら, 源氏箒木の巻, 源氏をたたい, 源氏節丈けを語る, 源氏節専門の寄席, 源氏総蹶起の初め, 源氏興復の氣運, 源氏の時勢, 源氏蜂起に際しては清盛, 源氏行灯です, 源氏読みの習慣, 源氏調伏の奇特, 源氏譜代の恩顧, 源氏を一袋買つて來, 源氏閣閣上において咲耶子, 源氏それに加賀百万石, 源氏雛姿も国貞, 源氏のよう