青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「源~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

湖水~ ~湧い 湧い~ ~湯 湯~ 湯気~ 満~ 満ち~ ~満足 満足~
源~
~源氏 源氏~ ~準備 準備~ ~溜息 溜息~ 溝~ 溢れ~ ~滅多 滅多~

「源~」 8675, 94ppm, 1181位

▼ 源~ (1809, 20.9%)

34 の君 23 の心, は言った 22 は言っ 21 が言う 1514 は思った 13 はその 12 であった 11 は思っ 10 が言った, の大臣 8 はこう, は自身 7 がこう, が言っ, のため, のほう, はそれ, は二条, は明石, は言う 6 であったから, の物語, の目, の美貌, はこの, は夫人, は微笑 5 との関係, の手紙, の旗, の顔, はすぐ, はまた, は思う, は玉鬘, は自分, は身

4 [16件] であるから, と平家, に同情, のよう, の中将, の家, の恋, の歌, の若君, の血, の言葉, はいろいろ, は中宮, は御息所, は歎息, は笑っ

3 [38件] が須磨, であったが, であって, であるが, と同じ, にその, にゆかり, のそば, の勢, の名門, の大将, の夫人, の姿, の子, の御, の愛, の白旗, の美, の耳, の車, の間, はうれしかっ, はこうした, はこんな, はそこ, はただ, は京, は人, は今, は何, は前, は夕顔, は女王, は少し, は思わず, は恋人, は琴, をば一人

2 [127件] がある, がこの, がどう, が三条, が二条, が京, が今日, が他, が御簾, が愛し, が熱心, が石山寺, である, というところ, というの, との交渉, との間, と名, にあっ, にある, にする, には思われた, に似, に好意, に思われた, に持たれる, に生, に由縁, に言われ, のあと, のお, のせがれ達, のながれ, の一党, の与党, の中, の人々, の作, の侍ども, の兵, の冷淡さ, の出入り, の剣法, の勢力, の口, の名, の好意, の姫君, の嫡子, の字, の宿直所, の将軍, の居間, の帖, の御曹子, の性格, の恋人, の恩, の意向, の愛人, の感情, の推薦, の族党, の末路, の来た, の桐壺, の武士, の涙, の生活, の病気, の端くれ, の繪卷, の胸, の自由, の興亡, の花, の諸, の軍, の輩, の隠し事, はあの, はいよいよ, はかわいそう, はこれ, はしいて, はしばらく, ははっと, はまだ, はもう, は中将, は今さら, は初め, は右近, は和琴, は哀れ, は姫君, は宮, は家, は尚侍, は居間, は御所, は御簾, は恋, は恨ん, は悲しく, は挨拶, は昔, は最後, は朝, は末摘花, は東, は直衣, は空蝉, は笑い, は笑った, は聞い, は胸, は花, は車中, は静か, へお, もそう, も平氏, より北条, をよく, を信頼, を呪う

1 [1005件 抜粋] か, からたいした, からの注意, からも望み, から言われた, が, がいかに, がお伝え, がきわめて, がこんなに, がすぐ, がそう, がそれ, がはじめて, が一敗地, が与え, が互いに, が六条, が出, が出かける, が勝った, が十一歳, が反省, が口, が同情的態度, が四十, が大きな, が太上天皇, が女, が宿直所, が尚侍, が強かっ, が快く, が恨み, が惟, が愛人, が戯談, が拝ん, が旅, が昨夜, が来, が来れ, が枕もと, が決め, が源氏, が牀, が申し上げる, が着, が総, が聞いた, が若い, が見, が言い出す, が起きぬ, が都合, が鎌倉, が雨夜階定以後, このかた, すなわち源族, で, であったの, であり平家, であること, であるとか, ですか, では, で多田, というまた, という人間, という生活者, といえ, といふ物語, とした, となっ, となる, との結婚問題, とは其東国, と世に, と出あった, と同様, と姉, と対照, と平家勢, と戦い, と汎称, と相, と称する, と親しく, と逢う, などの物語, なの, に, にあらぬ, にうれしかっ, において恥し, にこう, にこんな, にし, にそう, にそんな, にだ, についての止観, について漂泊, につけられた, にできた, にとってはその, にとっては由縁, にとっても又, にとって石, になっ, にはあった, にはおもしろく, にはしばしば, にはもっとも, には平静, には想像, には故人, には水軍力, には自身, には親しい, にばかり馴染ん, にもし, にも供奉, にも朝家, にも頭中将, によく, によって院, にわかったであろう, に不合理, に与す, に仇, に伝えられた, に似た, に位, に典侍, に及ぼす, に取られた, に呼応, に問われ, に対して一度, に対して感謝, に対して緊張, に対抗, に属し, に従っ, に御, に応ずる, に恋, に愛され, に感謝, に抱かれ, に提供, に書ける, に比べ, に深い, に準じ, に獻上, に現われ, に用, に由緒, に看破, に真正面, に知らせ, に縁故, に育まれる, に見える, に見せる, に見られる, に親しく, に話し, に誠意, に譲っ, に質問, に起こっ, に近い, に逢った, に遠慮, に酒, に関係, に降伏, に隷属, の, のえい響, のこの, のさらに, のその, のつれづれ, のなつかしき, のほこり, のもののふ, のわれわれ, の一つぶ種, の一族, の一行, の三浦, の下, の不幸, の並立時代, の久我家, の二度目, の人たち, の代, の以前, の住居, の侍たち, の光景, の公子, の内大臣, の再び, の出生, の前, の勅答, の勢い, の召使, の君みたい, の味方, の地下人, の夕顔, の多情, の大臣様, の天下, の好奇心, の嫡々, の嫡流, の嫡男, の学史, の宗族, の宰相中将, の家従たち, の富, の居所, の帳, の幾人, の座敷, の形, の徒, の御曹司, の心中, の志, の性癖, の恋人達, の恥, の情人, の情炎, の意見, の愛嬌, の愛撫, の態度, の所有, の掌中, の故, の数多い, の方, の旗上げ, の旗色, の春着, の末, の本意, の棟梁, の様子, の正, の正統此時, の武田一族, の残党, の気持ち, の流れ, の無紋, の父桐壺帝, の牢人, の生母桐壺更衣, の畠, の直流南北朝, の真意, の祖先, の空蝉, の系統, の紫, の絵巻, の縁坐, の義経, の胄子, の自負, の舞い, の著者, の血流, の裾, の訓みと解, の訪れ, の詩, の語, の講義録, の豪傑, の身分, の迎え, の迷惑, の退去, の運, の運命, の部屋, の長男以上, の長者, の隠れた, の頼朝, の顔つき, の香気, の高雅さ, の鼻, はあまりに, はいまいまし, はおもしろ, はおりおり, はからだじゅう, はこんなに, はさっそく, はしなかった, はすぐれた, はずいぶん, はそうした, はそば, はそれ以来, はたい, はとめ, はどんなに, はなった, はねん, はひどい, はほんの, はますます, はまだつれづれ, はみずから, はもう少し, はもと, はりっぱ, は一所懸命, は不幸, は不満足, は久しく, は予期, は二足三足, は今日, は位階, は使い, は促した, は八幡樣, は内大臣, は几帳, は別, は前後, は力, は動く, は参内, は友人, は口ずさまれた, は古い, は困った, は外, は外面上, は大井, は大宮, は大形, は奏上, は姉君, は子息, は客, は寂しい, は寝室, は寺, は導かれる, は小さい, は少しうとうと, は尼用, は山, は帰ろう, は常, は弁, は後悔, は御, は御輿, は心, は忘れなかった, は思われた, は恋しく, は恐ろしく, は恨み, は恨めしい, は悟った, は悲し, は悲しみ, は悶々, は愛人, は懲りた, は招いた, は教え, は方角, は服, は杯, は東宮, は枕, は歌った, は死んだ, は母, は泣き出し, は浪速, は清らか, は灯, は無我夢中, は物, は物音, は独言, は申し上げ, は畏まっ, は病苦, は瘧病, は目, は真実, は知っ, は秘密, は立ち去る, は簡単, は約, は紫, は終日夫人, は美しく, は老い, は聞く, は脇息, は自, は自身用, は若い, は薫香, は行っ, は西, は見, は見る, は見馴れ, は親しい, は言い添え, は言葉上手, は詰り, は語り続けた, は貞淑, は近い, は運命, は遠く, は長男, は院, は非常, は頭中将, は願, は風流遊戯, ぶすま, へすがっ, への冷酷, への思いやり, へ仰せられた, へ済まない, へ贈った, もあれ, もしみじみ, もそれ, もほか, も何, も冷静, も尚侍, も平家, も心, も自身, も言っ, やら徒然草, や筑波, や藤原氏, よりも高かっ, を, をお召, をだれ, をはじめさまざま, をも不, をよび集める, を不快, を伐たん, を十分, を名, を問わず, を女, を御覧, を恋しく, を悲しく, を愛し, を憐れ, を改訳, を書き出した, を決め, を皆, を称する, を誘い出そう, を読ん, を躊躇, を迎える, 即ち押し寄せ, 振といふ

▼ 源三郎~ (708, 8.2%)

76 の前, の手, はその 5 はこの 4 だ, の一行, の兄, の顔, はまだ 3 が生き, にくっつい, のあと, のほう, の死体, の眼, の言葉, の頭, はもう

2 [48件] がじ, が言った, たしかに萩乃どの, づきの, でした, では, ということ, とお, としては今, と丹波, と云う, と同じ, と違った, なの, にこの, にしろ, によく, に刃, のうえ, のこと, のようす, の剣, の名, の妹, の妻, の帰り, の常, の心, の愛馬, の替玉, の死んだ, の立ち姿, の長剣, はあの, はどう, はもはや, は今, は今ごろ, は眼, へ, へお, へ向かっ, へ左膳, をお, をおびきだし, をめがけ, を恋し, を連れ

1 [535件 抜粋] あまりに野暮, いささかくさっ, いつしか眼, うなりながら, お咎め, お手, か, からです, から何, から来た, から酒肴, が, がいくつ, がいくら, がいつ, がいなく, がいる, がうながす, がここ, がすこしも, がせきこん, がその, がとっく, がどういう, がのぞきこむ, がひょっこり, がまじめくさった, がフラッ, が一人, が一寸, が一番, が今, が低, が例, が前, が動き, が夢中, が女, が左膳, が引きつれ, が強, が急, が悠然と, が所要, が手早く, が故, が春日町, が柄, が植木屋, が死んだ, が泊つた部屋, が現われね, が田圃, が笑っ, が見た, が金, が金魚, が門, が首尾, が鳥追いおこ, ぐらい討っ, じゃア, じゃ更め, すっかりもてあまし, すっと座, たるゆえん, だけが姿, だけだ, だけで, だったが, つかつかと, で, であるか, であること, であると, です, ですから, でない, でないと, でもし, で泳ぐよう, で自分, で髻, とあくまでも, という名, といっしょ, といふの, とうとう彼ら, とおこ, とが河原, とが血だらけ, とこうして, とこけ, として今, とすっかり, とその, とても同様, とともに本郷, となった, とならん, とはゆめ, とは知らない, ともどもここ, とも和, と一緒, と並べ, と入れ違い, と兩手, と向かいあっ, と安積玄心斎, と左膳, と彼女, と明朝, と深い, と源三郎, と瓜二つ, と申す, と萩乃, と萩乃様, と見せかけた, と見せかけよう, と話し, にあわせ, にかぎっ, にこうして, にし, にそう, にたいする襲撃, につい, につぐ, につけ, にとってこれ, になりかわっ, になん, にはふと, には来, には用, には自分, には馳走, にまかせ, にも困った, にも聞こえなかった, に会い, に会う, に会わず, に会わぬ, に剣林, に口, に夢中, に対していだく, に対する悔恨, に心, に恋, に持たし, に持たせ, に斬りかかっ, に斬りつける, に断つ, に生, に相違, に約束, に踏みにじられた, に近づき, に違, に陰膳, のからだ, のくやし, のこころ, のす, のそば, のつかんだ, のつめたい, のどんな小さな, のびた月代, のみやげ, のもう, のもと, のゆえん, のりっぱ, の不在證明, の両手, の低い, の供, の側, の側近, の兄対馬守, の処置, の刀, の危機, の叔父さん, の口, の口調, の叫声, の合図ひとつ, の同勢, の命令, の哄笑, の問い, の地, の墓地, の墓場, の声, の夕餉, の大声, の女房, の婿入り, の婿引出, の学校道具, の家来ども, の寝, の小鬢, の屋敷, の帰る, の引出もの, の心持, の心理, の心臓, の思いすごし, の想念, の所在, の手もとあたり, の抗議, の方, の横, の横手, の横顔, の欠伸, の武力, の死後十日以内, の死骸, の気性, の江戸入り, の泊つた部屋, の源三郎, の父, の生死, の用人役, の留守, の癖, の白い, の白馬, の祖父, の穴, の耳, の肘, の肩, の胸, の脳裡, の腕, の臣三人, の若い, の落命, の蒼顔, の袂, の袖, の襟元, の視野, の豪刀, の身がわり, の身の上, の身辺, の身辺近く, の返事, の運命, の部下, の面, の鞭, の顔色, の顔馴染, の馬前, の鼻, はあなた, はあわて, はい, はいか, はいつ, はいつしか, はいなく, はいよいよ, はぎょっと, はこれから, はさ, はさすが, はさながら, はしどろもどろ, はじっと, はじめて知った, はすぐ, はそう, はそうふたたび, はそれから, はそんな, はだまっ, はてっきり, はなおも, はなん, はにこにこ, はにこり, ははやく, はほほえん, はまず, はまた, はむんずと, はゆうべ, はギョッ, はゴロッ, はドン, はニヤッ, はムッツリ, は一時, は一歩, は一躍パッ, は不, は両手, は両立, は丸山要人, は丹波, は二つ返事, は二人, は今朝馬, は何, は何ごと, は依然として, は刀, は勿論, は匕首, は半, は受け取っ, は口, は叱りつけた, は同じ, は名家, は外, は大きく, は大して, は大八, は如何にも, は姉娘, は婿, は少し, は平次, は床, は座敷, は廊下, は心憎い, は怒り, は怒鳴った, は怒鳴り出した, は思ひ, は思わず, は惡, は意識, は手近, は旧友, は昂然, は更に, は欠伸, は気味わるげ, は氣, は沈思, は淡々, は無手, は無精ッ, は無視, は無言, は片手, は狐, は玄心斎, は相手, は瞼, は石, は突っ, は紙片, は素直, は絵巻物, は肩, は苦々し, は萩乃, は行方, は諦め, は迷惑顔, は霊前, は静か, は音, は顔色, は食事, は馬上, は駒, は鯱, ひきこまれるよう, へかかった, へかけ寄っ, へてがみ, への恋, へ丹下左膳, へ向けられ, へ申し送った, へ背, へ顎, もいた, もう足, もお, もすぐ, もすっかり, もそう, もその, もただ, もつづい, もふくれあがった, もまごう, も仔細, も呆れ果てた, も心から, も手, も短気, も萩乃, も行きがかり, も負けず, も身, やおら馬, よせば, よりも一段上, よりも腕達者, をあきらめきれず, をおそった, をおもっ, をかたみに, をからかった, をこの, をこんなに, をさがし, をささえ上げる, をすこし, をそのまま, をだしぬい, をとられ, をどうして, をなき, をなんと, をにらみ, をねらっ, をのこし, をはなさなかった, をはばむ, をはや, をふたたび, をみちびい, をみつめ, をみつめた, を亡き, を先頭, を処分, を即刻, を取りまい, を取り巻い, を取り巻く, を売り, を婿, を左膳, を引, を弟, を待ちこがれた, を待っ, を思いだし, を思いつづけ, を恋いこがれる, を押し込め, を排斥, を斬った, を案じ, を案内, を横目, を殺っつける, を江戸, を無視, を玄心斎, を目掛け, を相手, を祝福, を見, を見おろし, を見た, を見上げ, を見上げた, を見殺し, を見知っ, を討ちとろう, を遠乗り, 居よ, 引きだして, 恋しさ, 恐るべきは, 早くしたく, 決して母上, 相変わらず匕首, 知らなかった, 笑いだした, 見まわすと, 走りよろうと, 静まらぬか

▼ 源十郎~ (394, 4.5%)

6 がお, は 4 と左膳, の口, の殿様, はお, はこの 3 の声, の手, の顔, はまた

2 [13件] かッ, がその, である, とお, の居間, の殘, の覺書, はいらだった, はしばらく, はせせら笑った, はそのまま, は左膳, は横

1 [324件] あわてて, いかにもお, いささか気, いささか迷惑げ, いっかなひきさがる, いつのまにやら, いよいよお, おなつかし, お艶ほしさ, お藤, からとしてお, から受け取り, があんまり, がいいきる, がいう, がいまや, がかく, がのぞい, がはっと, がぱっと, がひとり, がぴょこりと辞儀, がまつ, がむくり, がやはり, が与吉, が二の句, が五十両, が今にも, が今宵, が伊兵衛棟梁, が再び, が前方, が割っ, が加はり, が夢, が威儀, が小首, が少年, が左膳, が形, が後, が手, が振り向く, が栄三郎, が棟梁伊兵衛, が歩き出した, が灯心, が自分, が血走った, が訴人, が鐵, が障子, が頼み, が驚き, ぐっと豪刀, こうして短い, このとおり, この年歳, さては悪い, じしんさ, すくなからず, たちまちお, だ, だった, つづけざま, であった, でなくまた, で知られた, と, といふ人, とおさ, としての彼, としてはいわば, としては風流心, とそれ, とともにだんだん, とひとり, とガッ, と一緒, と丹下左膳, と主人, と勢い, と大書, と対談, と対談数刻, と腹, と鍛冶富, なかなかこの, などの前田方, なるもの, にお, にささやいた, にさらわれ, にし, にすすめ, につかえられ, にとっては恋, にとっても左膳, にとっても義理, にないしょ, にはすべて, にはオイソレ, にひどい, にやろう, にカスリ傷くら, に代わっ, に合羽, に呑ませた, に報復心, に大刀, に対する心もち, に対する火, に意味, に感謝, に持たせ, に機会, に相違, に眼, に着せ, に裏切られる, に言, に話した, に語る, に逢っ, に頼ん, に頼んだ, のうしろ, のお, のかん, のこがれる, のこころ, のこしらえ, のこと, のことば, のこめかみ, のす, のため, のつけた, のでたらめ, のふところ, のやう, の上, の代, の仲, の住居, の側, の兩人, の刀, の助力, の化物屋敷, の取巻き, の名, の吹きつける, の命, の奔走, の奥座敷, の妄執, の姿, の弁舌, の後ろ, の怒声, の意気ごみ, の手前, の深謀, の爪牙, の父宇右衛門, の狂刀, の眉, の眼, の瞳, の笑声, の耳, の肩, の肩腰, の腕前, の腰巾着, の血, の言う, の詰問, の鋭, の長剣, の離庵, の面上, の首, の鼻, の鼻先, はあ, はああ, はあせる, はあと, はあわてた, はいつ, はいぶかし, はいぶかしく, はうそ寒く, はおろか, はかっと, はくしゃみ, はぐっと, はしじゅう, はすこし, はすんで, はそう, はその, はそれでも, はた, はちょっとどきりと, はつづみの与吉, はにやりと, はにやり笑っ, ははたして, はひとり杯, はふと, はふところ, はほろ酔い, はフト障子, は上々機嫌, は上機嫌, は何, は先づそ, は冷然, は前, は剣香, は又, は口, は右, は含み笑い, は夜寒, は大刀, は委細承知, は少し, は忍び, は思いきった, は急, は旧, は栄三郎, は武蔵太郎, は歴然と, は深夜, は無言, は留守, は真正面, は眼, は瞬間, は知らん顔, は笑い, は笑った, は続け, は老, は聞き耳, は腹, は自分, は舌打ち, は苦笑, は藪, は覺書, は長い, は陶然, は鯉口, ふらふらとして, ふッ, へしらせ, へのはらいせ, への復讐, への意趣, への面あて, へゆったり, へ一薙, へ何, へ向きなおった, へ恨み, へ持っ, へ掛け合う, へ殺到, へ皮肉, へ返し, むずと老婆, もあっさり, もさすが, もしだいに, もしばし, もすこし, もつりこまれ, も一段と, も帰っ, も武士, も立ちあがった, も蒼い, も虚静, も速力, も部下, やぐら下まつ川, ゆめにも, よくお, をうった, をしりめ, をどれほど, をにらみあげ, をはじめ大声, をふりかえった, をやりこめ, を一應, を与力, を仙, を刺殺したる, を叱った, を尻眼, を望ん, を法網, を知っ, を立て, を見すえ, を見すえた, を見やった, を見る, を見返した, を頭, 一気にこれ, 去水流居合ぬき, 思えば, 思わずアッ, 追い撃ちを, 黙って

▼ 源~ (286, 3.3%)

6 少女の 4 これを 3 何か, 少女を, 自分の

2 [12件] それを, どこに, 上の, 不明なれ, 例の, 印度に, 有司に, 水を, 猶ほ, 私念私念あ, 群小に, 自分が

1 [243件] あらゆる否定, あらゆる幸福, ありや, あるいまわしい, ある晩酒, いい添えた, いずこの, いるか, うれし気, お前だ, お島, かの人, きまりが, こ, ここに, この人, この時みずから, この現実, これ等の, さほど卑屈, すでにそんな, せきこんで, そうです, その品, その地図, その女, その後忽然と, その手, その時, その母親, その話, そんなこと, ただの, たとえシナ伝来, どうもユダヤ系, どぎまぎ, どこで, どの哲学, なお尽きず, なにより, はじめて見馴れぬ, ひどく言, ふとこの, ふんと, ほぼ決定的, まだ宵, まるで弾丸, みんな一つでございまし, もうだまつて, もうシツカリ自暴自棄, もっと微妙, やがてその, やがてそれ, やがてルミ, やがて蘭人, よろこんだ, わが九州大, わざと仰山, アッシリアの, カツと, カーキ色の, ガブと, キヴーといふ, サと, シヨウチユウだ, ニヨツキリとつつ, ネロの, フトンを, フト郭光との, マウント・カイラスの, モッコの, 一つだ, 一つである, 一つでございます, 一つの, 一人ぽつんと, 一寸言葉, 一寸頸, 一男子の, 両親も, 中を, 中世紀, 主として高山地帯, 主體性, 之を, 二人の, 井頭池から, 亭主の, 人が, 人間の, 今から, 今夜の, 今宵程, 今晩こそ, 他に, 以前又, 以前東京に, 伏在し, 伜を, 何かという, 何と思, 何な, 何んで, 個人の, 個人主観による, 僕だけが, 先き, 全くそれ, 公言し, 六朝時代の, 六藝に, 内心の, 冗談を, 决し, 別にある, 到る所, 前に, 勝った, 医者に, 単に家, 単直前借, 即ち爰, 原子の, 原子内に, 去年の, 又た, 可成失望, 地図を, 垢染た, 増上慢心でございます, 夙縁とは, 多くこの, 大伽藍, 大広間の, 大概複雑な, 女が, 妥協に, 嬉しそう, 学問に, 家の, 寿詞に, 尊氏へ, 小さな火, 少しあわて, 少しも, 尚もいう, 山路の, 嶋中の, 巧みに, 布団へ, 常世に, 彼の, 彼女を, 思わず叫んだ, 急促込ん, 恍惚として, 悲痛に, 我の, 扉に, 手洟を, 手造りの, 支那劇で, 故意に, 文字通りの, 既に, 日本側にも, 昂然と, 明瞭だった, 昨年八月十九日み, 更に古くから, 更に変, 最も深い, 柄杓で, 根府川の, 案外近い, 棺桶を, 此の, 殊勝らしく, 母家の, 水なりと, 永生輪廻の, 法然の, 洋燈を, 派手な, 涙声に, 涸れ, 涸れ必要, 淋しそう, 深いやう, 深く人心, 漏りの, 炭を, 炭俵に, 炭俵を, 爰に, 狼狽し, 班固, 疑いに, 疑いの, 白い眼, 皆な, 皆一つで, 相当感謝, 真蔵に, 眼を, 知ってる筈, 知識の, 硬玉の, 磯さんは, 神樣である, 禹稷皐陶を, 私の, 空虚の, 窮より, 笊を, 答へ, 絶えずニコ, 肉體欲即ち, 胃袋で, 脳波操縦という, 腰を, 自分で, 自分に, 色々あります, 色々に, 若い男, 苦笑し, 莞爾し, 袖を, 言語に, 謂わば, 負けぬ気性, 軽く言った, 達者で, 遠い祖先, 遠かった, 遠き苦行, 遠くこれ, 遠く山間, 遠く西紀前五百年, 面白そう, 風であります, 飛上っ

▼ 源~ (253, 2.9%)

4 が言葉, の妻, 早くも

2 [51件] がまた, が一言, が不在, が喧嘩, が大抵, が家, が建て, が手腕, が望み, が清吉, が烈しい, が男, が腹, が談話ぶり, が謝罪, が跳, が頼む, こまりぬ, と一緒, に任す, に劣り, に積り, の急所, の父, の言葉, の頭, はこれ, は二度, は副, は堪らず, は怒っ, は悦び, は柔和, は源太, は無理, は癇癪, は聞い, は腹, は見えぬ, は酷く, は鬚, もこれ, も今, も自己, も見よ, も黙し, を心, を見る, 大きに悦ばず, 居るかと, 軽く会釈

1 [139件] お, おおそういう, おおちょうど, おもはず頭, おもわず頭, かかけ, か何, が, がいかに, がいない, がした, がしよう, がせっかく, がようやく, が云った, が五郎吉, が作りおった, が作り居つた, が受け負い, が受負, が叫んだ, が女, が好き, が居ない, が怒, が怒っ, が恩, が折角, が泣き声, が為, が産衣, が箙, が諄, が返報仕様, その綱, だから, だった, だは, だわ, で御座るが, といい, といっ, といふの, といふ人, といふ男, と政公, と申します, なら附, にさえお許し, にし, にずっと, にずつと通られ, に勝つた, に呼出される, に対する讃嘆, のかけ, のただならぬ, の二番目娘, の懸け, の機械船, の眼, の腕, の舟, の船, の酒浸り, の首, はあくまでも, はある, はいつた, はいない, はいよ, はいよいよ, はかえって心から, はかがんだ, はじっと, はそれら, はたして清吉, はどこぞ, はなおも, はむやみ, は万葉調, は何所, は其等, は却つて心, は叫んだ, は唸った, は寥々, は尚も, は山城屋, は怒つ, は思わず, は思わずう, は手足, は擬し, は気, は消防ポンプ小屋, は無性に, は磨墨, は立ち去ろう, は笑, は笑み, は自分, は船, は船宿, は蒼い, は豫, は遠く, は頭, は頭上, は頼朝, は駕籠, は高笑, は高笑い, は鱸釣り, ほど私, もこの, も二人, も出奔, も敬, も敬い謹ん, も此工事, も行く, や銀三, ゆるりとは, らしい相撲取り, をいよいよ, をうす, をグイ, を取, を取囲みます, を召びたまいて十兵衛, を召び玉, を投げとばす, を抱き寝, を抱寝, を蹴った, 可愛がっ, 悪七兵衛, 果して清吉

▼ 源~ (249, 2.9%)

27 発して 4 なして 3 なすもの, 発するの, 發する

2 [11件] もって, 一つに, 尋ぬれ, 持って, 発した, 発した現代文化, 発するもの, 考えて, 見て, 見ると, 遠く

1 [187件] あきらかに, おろそかに, かくしたま, この踊, これと, さぐった, さぐれば, た, たずねやっと, ただせ汲む人, だんだんに, ぢ, ぢさんが, つかまえて, つきとめること, つくる, どうして発見, なししかも, なした, なしたほどの, なしたもの, なした当の, なすので, なす如く永遠, なす木, なす血, ふさいだの, ふさぐ, ほ, まかり違えば, みて, アルプス山中サンゴタール峠に, ムシヤウに, ワーテルローに, 云つた, 人間に, 代表させる, 何所に, 作りつつ, 偸見た, 兄は, 出たところ, 出て, 分子内に, 初めて知る, 原始の, 同じゅう, 同じゅうして, 名乗ったもの, 塞いだの, 塞いで, 塞ぎ本, 増加せしめた, 天上に, 奥へ, 妨げ国庫, 始めお, 害するもの, 専巫女の, 尊重する, 尋ねあてて, 尋ねて, 尋ねること, 尋る, 山陽道に, 嶺岡の, 巣鴨に, 己に, 復讐に, 成して, 我に, 手に, 手初めに, 承知し, 抽斎先生に, 持ち湯本, 持つ根利沢, 持つ発知川, 持つ釜無川, 捉えた, 探ること, 探求し始めた, 探究れ, 推挙し, 提供する, 搾取した, 改めて披露, 文殊菩薩に, 旭日岳に, 星野は, 有し乙, 有すと, 有するであらうか, 有するなり, 有するもの, 有する事柄, 極むるなれば, 欲する願い, 正せば, 此處へ, 水戸の, 求めた, 求めて, 洗つて見れ, 涸らすこと, 涸らす訳, 清むる根本の, 渡って, 理解します, 発し, 発しその道, 発しそれ, 発したか, 発した天竜河, 発した焦躁, 発した若者達, 発します, 発し五千年, 発し何処, 発し八海山, 発し猿ヶ京, 発し西, 発し西北, 発するとき, 発するコロラド河, 発する利根川, 発する吉野川, 発する大河, 発する射水川, 発する本谷川, 発する死, 発する駿州, 発す其源, 発見し, 発見しかけました, 発露せる, 發し, 百里の, 県境の, 知ったの, 知らんと, 知ること, 知るもの, 確めに, 確めようとして, 確定し, 示して, 程近い, 突き止めようと, 糧として, 絶えたる者, 絶つべくして, 自分の, 苦笑し, 茶人であり, 西洋の, 見つけたの, 見ながら, 見やった, 見るお, 見上げた, 言って, 討ねた, 訪ねた, 訪れて, 誘ったところが, 説いて, 説明する, 説明せり, 論じ第, 越後境の, 辿るだらう, 辿れば, 追尋, 造って, 造り社会各般, 遠く五里の, 遠く実在, 酌まなくては, 開いたの, 開く能, 開く能わざりき, 開発する, 開鑿せる, 関口の, 除くべきに, 革命の

▼ 源~ (237, 2.7%)

4 大将, 嫁の 3 ような, 姿は, 字, 方へ 2 おゆう, ことを, 一つである, 一つを, 姓を, 家の, 彼れ, 後に, 心に, 方で

1 [197件] あたりに, いつごろであった, ことが, ことばである, すぐ傍, その慌し, ために, たよりに, ところでも, ところへは, もとに, ものだ, ように, わかれを, グツと, ツラ憎い, 一つは, 一族の, 一門が, 三人を, 上に, 乱行は, 二階で, 二階に, 二階には, 二階を, 亭主は, 亭主も, 人柄の, 人達は, 仕事を, 伜な, 伝に, 何某矢の根に, 俊顕の, 光, 光より, 出現に, 出迎える気勢, 前まで, 力である, 助が, 取濟, 口で, 向側なる, 問題も, 地である, 場所に, 外に, 大なる, 太郎二郎三郎の, 太郎二郎三郎を, 夫婦は, 奥には, 女中が, 如きは, 姿が, 姿でも, 姿を, 姿をも, 婿に, 婿は, 嫁から, 嫁が, 嫁は, 嫁への, 嫁も, 字ああいや, 字は, 字弥生が, 宝庫ヤクーツクの, 実地踏査でありました, 実弟治部左衛門は, 実朝さま, 宰相某とか, 宴会は, 家に, 家は, 家を, 容貌は, 富士の, 富田流から, 対手を, 屋根飾を, 年という, 年歴から, 店へ, 庭には, 弟の, 当体, 形態すなわち, 後から, 心は, 必ず大きな, 忙しい働き仕事, 意味に, 愛人だった, 愛人柳丹永の, 所為に, 手が, 手端に, 扶隆等が, 指す方, 指金で, 文字も, 方の, 方は, 方を, 方向に, 方向を, 暗文, 朝臣が, 杜に, 板前が, 枯れ果てること, 横に, 正しい道統, 死体に, 死生は, 母親に, 水である, 汚れたる, 池が, 泉より, 流儀を, 流行唄にて, 清くその, 温室, 温室から, 焼けたこと, 猪牙舟は, 理を, 生活を, 由って, 皺法を, 目見えと, 直弟子の, 眼を, 着想等々という, 知れない水, 神をも, 神妙らしく取, 科学でも, 竹本座の, 答えに, 統一という, 統制, 繁光今日だけは, 考へが, 者ぢや, 耳に, 背を, 脳波と, 腹心の, 臂を, 血走った眼, 言葉が, 言葉であっ, 言葉に, 言葉を, 記なら, 許に, 許へ, 許婚者の, 話が, 話に, 語で, 調査であります, 謎も, 豐なる, 貯蔵が, 質屋の, 跡を, 辭にて, 近況を, 追求に, 重たげな, 銀の, 開発という, 開発に, 開発も, 関係が, 陳褒別業に, 隠居それらの, 隠居との, 隠居に, 隠居の, 隠居や, 頼光と, 頼光より, 頼光中納言維仲卿の, 頼家卿二十三歳, 頼家卿廿三歳, 頼朝は, 頼義以来の, 高弟で, 魅力に

▼ 源~ (224, 2.6%)

5 の顔 3 は云った

2 [13件] が, が来た, に云いつけ, に別れ, に怨まれ, のうしろ姿, の家, の野郎, はすこし, はその, は説明, も帰っ, も竜一

1 [190件] から受け取っ, から怨まれない, から調べ, か竜一, がいや, がお, がこっそり, がそれ, がはた, が一度手, が俯伏せ, が先, が堀川, が夢中, が妙, が捕まった, が材料, が来, が殺されました, が殺される, が汗, が特別, が皆, が芋, が落胆, が言った, が谷中, が起っ, が遣る, が門前, が風邪, ぞ, だけであった, だけは盃, だけをそこ, であるので, ですら, ですらも, ではなく, とあまり, という人, という桶職, という独身, という男, という者, という職人, といふ惡黨, といふ男, とが出, とが年始, と勝五郎, と古賀, と同じ, と大, と竜一, と裏口, と近江屋九郎右衛門, に, にお茶, にし, にとびかかっ, に先, に出逢った, に対しても他, に怨まれる, に訊いた, に追, に逢いました, に道案内, に関係, のこと, のそうした, のほう, のイガ栗頭, の入れ揚げた, の前, の勢力, の友達, の口, の喉, の報告, の奴, の姿, の宿元, の引攣, の態度, の方, の枕元, の死面, の気持, の特徴, の細工, の肩, の腰, の自白, の苦しみ, の話, の身許, の頬, の頭, の首, はあッ, はお, はがっかり, はこうして, はこの, はこれから, はさっさと, はしおれ返っ, はしかし, はすっかり, はそうした, はそげな, はそこ, はその後, はちょっと, はまだ, はもう, はわけ, はジイッ, はタッタ今, は下っ, は下谷, は不都合, は二度目, は今どこ, は今一度唇, は仕事, は又, は口, は地, は多吉, は少し, は後, は思わず, は思わずハッ, は怱々, は摺り, は本田, は森, は次郎, は溜息, は片足, は眼, は知らん顔, は礼, は縄, は縛め, は表向き面出し, は静か, は頭, は首, は駈け, へ目, へ面当, もあと, もうなだれ, もそこで, もつづい, もどう, もなんだか, も大, も思わしい, も来た, も知らない, も腕, も薄気味悪, よく胸, よりかズット見込み, らしい咳払い, をここ, をひっぱたく, をみろ, をよび付けた, を代官所, を呼ん, を帰し, を帰した, を怨ん, を抱きこん, を曳い, を殺し, を相手, を見捨て, を載せ, を近所, を連れ込ん, ッ, 助真, 立って

▼ 源さん~ (175, 2.0%)

4 は千世子 3 がいいました, が聞, の事, は, も又, も可愛 2 か, と, と一處, には是非よろしく, のところ, の家, の様子, の馬, も

1 [135件] お源さん, からまとい, が, があたし, があの, がいっ, がきく, がさっきっ, がどんな, が一番先, が云う, が云った, が入っ, が出かけなけれ, が山桜, が挨拶, が笑い, が聞く, が薪, が酔うとる, が野郎ども, が阿, が馬, こんな小さなランプ, すまないが, だ, でげしょう, という老人, という訳, といふの, といふ人, といふ年寄り, として居た, とそれ, との間, とぶつかりっこし, と一処, と一緒, と並ん, と云, と云う, と呼ばれた, と由さん, と言つて, と話し, どうした, などと心, にいいました, にかたき, にききました, にこう, にそんな, につれられ, に出, に召集令, に声, に大変, に気に入らなかった, に炭, に見せつけ, に話, に話し, に話しかける, に賛成, に返事, に限らず, のうで, のため, のほう, のマント, の五分, の前, の口元, の声, の姿, の店, の息子, の手, の書く, の来る, の母者, の生死, の留守, の瞳, の答弁, の肩, の船, の轢いた, の顔, の首, はいかにももっとも, はいつも, はいまいましい, はこんな, はすぐ, はそっぽ, はその, はもてあました, はやたら, はガラス壺, は一寸後, は二人, は会社, は何だかやたら, は合点, は左, は庭, は御, は時々, は松さん, は歩行, は火鉢, は無闇, は煙, は由さん, は皆, は私達, は窓, は続け, は自分, は裏, は誓いました, は重い, へ縁づいた, まだ上, まア掛けねえ, も来, も辛い, や, よりも, を思いっきり, を思ひ出した, を見た, を通訳, 組合って

▼ 源太郎~ (171, 2.0%)

6 は太い 5 の家 4 はまた, は眼, は長い 3 の手

2 [46件] がまた, が何とも, が入, が監督者, が腰硝子, が言, とが其の, とはし, とは人込み, に向, に渡さう, の大きな, の方, の杯, の胡坐, の言葉, はお, はかう, はまだ, はフラ, は下手, は二階, は五十, は人通り, は動, は厚い, は善哉屋, は姪, は小, は年, は手紙, は沈み切つた, は河, は煙, は物柔, は福造, は稍暫, は自分, は蝋燭, は話, は追, は酌, は重苦しさうな, は驚いた, も思案, も笑

1 [53件] からの手紙, がこれ位, がそんな, がもう, がシャン, が中央, が兵隊, が来, だけ, という古顔, とお, には孫, に向っ, に萬一, のこと, のところ, の事, の介抱, の娘, の学校友達, の孫, の家位, の家族, の後, の暗い, の答, の顏, の顔, の首, はもう, はやくざ, はスツカリ戸まどい, は今, は何時の間に, は何時の間にか, は取, は家族, は少し, は斯, は昨夜, は曉闇, は気, は瀬戸物町, は身体, は身體, は馬鹿, は馬鹿馬鹿し, もいい, もそれ, も取る, を抱き上げた, を知らない, 知ってるだな

▼ 源~ (130, 1.5%)

3 に相違, の声, の小屋, の歌う, の歌声

2 [11件] という女, という女子, と東馬, と浪, のうたう, のお, の部屋, の顔, は大薮, を手, を連れ

1 [93件] がいるなら, がこの, がその, がどこ, が今度, が叫んだ, が帰っ, が恐ろし, が手, が昔ながら, が独楽, が舞台, が芸, じゃア, そういう女, だ, だ歌ったの, だ源女, であった, とかいう女, とかいう女芸人, とが入っ, とその, との以前, との関係, とも秋山, と申し, と福島, と関係, と黄金, などと浪, などはどこ, に仰せられた, に手繰られ, に逢いたい, に関する怨み, のいう, のその後, の動静, の口, の在所, の愛人, の方, の枕元, の様子, の眼, の背, の見詰め, の身, は, はのしかかる, はグッタリ, は上尾街道, は又, は叫ん, は右, は右手, は嬉し, は安心, は微動, は放心, は本心, は独楽, は畳, は眼, は節, は譫言, は足, は身, は返辞, は閉じ, は震え, は顔, は首, へ近寄っ, も主水, も済まなく, や要, より承, をお, をこれ, を乗せた, を取り返し, を手蔓, を抑え, を抱き, を放した, を見かけ, を逸見多四郎, を附け, 太夫の, 拙者に, 決して渡す

▼ 源~ (117, 1.3%)

27 丞は 23 丞の 8 丞と 6 丞, 丞が 5 丞さま 4 丞を 3 丞座に 2 丞座の, 丞座は, 丞殿の

1 [29件] 丞あの, 丞から, 丞さまと, 丞さまは, 丞さまへの, 丞その他が, 丞だ, 丞で, 丞という, 丞といふ, 丞どのとやらも, 丞なども, 丞も, 丞乙之, 丞伊豫を, 丞即, 丞布施次郎右衛門建部令史永原孫右衛門松田金七坂崎五左衛門速水勝左衛門八番には, 丞座である, 丞座中, 丞座中が, 丞志筑町の, 丞松平藤九郎その, 丞様, 丞様でございます, 丞様と, 丞様園女様ご, 丞源之, 丞西村左馬允北川久八三騎並ん, 丞鮎原村の

▼ 源兵衛~ (99, 1.1%)

2 が言う, が黒ん坊, であった, である

1 [91件] お白洲, か今日, がお, がおろおろ, がご, がびっくり, がよろめき, が今, が剣術使い, が如才, が帰った, が来る, が横合, が気づかいだ, が気遣い, が湯, が箱根, が覊絏, が詰めかけ, が買っ, が追っ, しっかりしろ, で御座んす, といえ, とお, とそれから, とは残念そう, とまたまた, と人, と兵馬, と同じ, どうした, どう思う, なる者, には剣鬼, にも旨, に御, に自分, のからだ, の妹, の斧, は, はある, はう, はうち, はおどろい, はおれ, はかれ, はこれ, はしびれ, はすぐ, はそれ, はなんにも, はもう, は下大須, は不気味そう, は両手, は五年前, は仕事, は冷遇, は四人, は女房, は幾たび, は息, は扇, は持っ, は昨夕城下, は浪人, は生れ付き剛気, は研ぎすました, は自分, は舌打ち, は荷, は荷物, は莞爾, は薪, は討たれ, は説明, は谷, は踏み込ん, もうろたえ, もやっと, も今, も内々注意, も朝晩, も焦れ, も町, を師匠, を番士, 初岡敬治, 小川又左衛門等左右

▼ 源~ (97, 1.1%)

5 あるの 2 ある, 宿る

1 [88件] あとに, ありとして, あり向島秋葉神社境内, あるだろう, あると, あるらしかつ, この世を, この沖合, これを, さしっ, したためて, すでに枯れ, そう呟く, そう言っ, その造営, それこそ, だん, ちゃんとある, どんな顔, なくなると共に, また真如無明一如, やつて, ジャケツに, フト空井戸を, 一度に, 一座の, 一文字に, 一番怪しい, 今後容易に, 俎板を, 俺たちの, 入唐の, 判らず不治, 半分布団に, 口頭で, 名は, 啜泣, 声にぞ, 少し離れた, 居て, 居なくなれば, 平重衡によって, 建設せられ, 引取って, 弟子三十余人を, 強いと, 彼の, 感慨無量といった, 慌しく, 我知らず見上た, 或る, 手に, 斯かる, 日本に, 書古, 朝倉先生の, 木戸から, 東京に, 横向きに, 歌う声冴え, 母親の, 気を, 満ちて, 滝でございます, 潜んで, 瀧でございます, 炭俵の, 焼かれ破壊, 現れては, 発して, 相当遠く, 社の, 神秘な, 私の, 空を, 考案した, 肖像画だ, 背後から, 舟頼みしか, 行ったの, 西に, 見付けました, 見付けまして, 親しく凝視め, 遠く流れ, 適宜に, 駄目で, 高賓如

▼ 源~ (96, 1.1%)

6 になっ 3 の第 2 からし, から起る, がある, が分からない, だと, になった, になる, の一つ, は私

1 [69件] かどう, がかえって, がさ, がちゃんと, が判然分り, が吉川夫人, が思ひ当らぬ, が明記, が自分一人, だらう, であった, であらう, であるから, であるが, でこの, でそう, ではある, ではない, でもなから, で人, で左様, で罪, という言語, とその, となっ, となり, となる, となるなり, と同じ, と経過, と認めべき, なかるべからず, なの, なり伏線, についてです, については全く, について求め, にも何, に因, のいかん, のもと, の一, の中, の写影たる, の微分的変化, の微分的差違, はとにかく, は二つ, は全く, は昔, は漬物, もあり, もない, を想像, を教師, を求めざる, を為し, を発見, を知り, を究むるの学, を究め, を虚偽, を言, を話さない, を話し, を追究, ヲ施シ, ヲ施セバ他, 及び結果

▼ 源~ (94, 1.1%)

6 が家 3 といふ人, にはあらざりき, はむくり 2 の家, はその, は元, 老爺さん

1 [71件] からの贈り物, から聴いた, がお力, がしばらく, がふと, がまた, が合図, が拳, が撃ち損じた, が裏, が見舞, だ尺八, であった, ですまだ, というの, という刺青師, という書置, とか何とか, とござりまするな, との仲, とやらはとうにもう, とやらも幽霊, とやら申す, と同じ, と名, と揉め合っ, と玄蕃, と申す, にむかっ, に金, に頼ん, のしゃッ面, のふたり, の三人, の二タ役, の前, の幽霊, の心理, の手前, の手当, の持っ, の腕, の襟, の言葉, の足, の間, はあり来り, はそれでも, はにこり, はまた, は不評, は元気, は先ず, は安心, は小僧, は弓, は慌て, は気がつかない, は行方, は逞, は驚い, もいよ, もこの, も一生懸命, も仕方, も否, も色々, をのぞい, をバッサリ, を勤め, を見送っ

▼ 源~ (94, 1.1%)

2 が子, の顔, は, は抵抗

1 [86件] がお, がつい, が何とも, が余りに, が優しい, が可愛くっ, が始終, が性質, が懐い, が景岡, が死んだ, が焼け死んだ, が生き, が眼, が肩先, こんなに女の子, さえい, しっかり萩乃さん, じゃア, そんな口, てれること, という執事, と一緒, と同年, と小学, なすこしも, なども犬山その他, なんかがそこ, におら, にだまっ, にはその, に会わし, に会わねえ, に出会った, に御, に隔て, のした, のその, の一条, の亡くなった, の家, の平等観, の方, の本心, の本来, の歌, の歩, の歩み, の腹の中, の衣領, はいささか, はいよいよ, はお, はくすぐったい, はこれ, はしくしくしくしく, はすたすた, はついに, はびくびく, はふっと, はほんとに, は一向, は一度, は何, は先妻, は川, は我が, は父母, は甲府, は白い, は眠りかねた, は美しく, は自分, は術無, は首, は馬, もなんとなく, もホロリ, を好く, を愛し, を打った, を殺そう, を窘める, を連れ, 血走る声, 行くぜ

▼ 源~ (89, 1.0%)

3 お米 2 いって, して, なった, なつて, なる事, なる水, 云うの, 化す才能, 嫁の

1 [68件] あらためた, いいこの, いいまして, いつて, いわれるくらい, さへ, するだらうか, するマック, する利根川, する川, する水, する越後, する酢川, せば, なしその, なしたの, なす, なったかの, なったこと, なったの, なったもの, なった元, なって, なりそう, なりたし, なり又, なり得べき小さな, なり田楽, なるききかた, なるであろう, なるでしょう, なるの, なるもの, なるよう, なる人間, なる此, なる習, ほし, 一緒に, 主人の, 二人きりアルカヂアで, 二人で, 云う呉服屋, 云う女中, 云った世, 出て, 印刷し, 同年輩の, 喧嘩でも, 基ゐ, 天の, 小次郎とは, 幇間が, 思わるる所, 波多野洋介とを, 申しまする駕籠宿, 知り合いに, 私とは, 考へられたの, 見ると, 見る方, 言い智識分布, 言われるだけ, 話しこんで, 近所の, 郭光は, 顔見あわせる, 鳥八十大

▼ 源~ (80, 0.9%)

3 なって, なるの 2 いるよう, さかのぼれば, なる, 就いて, 渡した

1 [64件] あらざるなり, あらずんば, あること, いた時, いって, いと近き, この邸, さかのぼって, さかのぼるなら開国, したかった, して, しようと, する, なつて, なります, なり得るやう, なり謙譲, なる髯籠, ぽんと, 三度礼を, 伝えると, 住みつかれるよりは, 入りたるが, 八千八谷を, 出で, 到着あるいは, 名刺を, 基いた政治支配層, 婿を, 尋ねること, 就いての, 就いては, 就て, 師事した, 帰ろうと, 心あり, 惚れは, 憧れて, 探りを, 於ては, 昨日そう, 書き送った, 横恋慕を, 気の毒そう, 沼宮内より, 溯つて, 溯ると, 理解された, 発して, 立返って, 立還り, 至急逢いたい, 蒋武という, 賄賂でも, 近くて, 近接する, 通じるもの, 逢ったの, 遡らなければ, 遡ること, 遡れば, 遣は, 遣わしました, 還って

▼ 源~ (78, 0.9%)

8 の墓地 4 の和尚, の門前 3 という寺, の縛られ 2 と篠崎家, の住職

1 [52件] から入っ, から寺社方, か高厳寺, があった, ですか, ではそんな, でもその, というの, という江戸時代, という浄土, といえ, といっ, としてお話, としるした, にある, には二つ門, には大勢, に一泊, に係り合い, に入っ, に葬った, に起こった, に都指定史蹟, に預けられ, のいけ, のお, のほう, の一件, の人たち, の噂, の境内, の墓場, の寺内, の山の下, の座敷, の庫裏, の弥勒仏, の裏手, の鐘楼, の門内, の附近, はお, はその後, は中之郷, は慶安年中, は相当, へお, へ入る, へ行った, までは帰っ, まで迎え, をたずね

▼ 源~ (77, 0.9%)

2 と申しまし, の眼

1 [73件] が, があっ, がいいかげん, がこの, がしゃあしゃあ, がその後, がなるほど, がまたし, が三たび訂正, が再び, が急, が認めた, が驚いた, でございます, でもうこう, という勘定奉行差廻し, という腕利き, としての気負い, としてはまた, とちゃんと, とも言われる, と名乗りかけた, なるもの, には源松, にもはっきり, に於, に目, の六感, の帰り, の心魂, の方, の気勢, の注視, の物, の眼前, の着眼, の縄張中, の職, の頭, はいちず, はいよいよ, はそう, はその, はそろそろ, はほほ笑み, はまず, はまた, は一面わが身, は不意, は人, は仰山, は再び, は呆れた, は外, は打算, は文吉, は暫く, は歯噛み, は燧, は腰, は自然提灯, は路傍, は追, もあんまり, もいったん, もこれ, も一時, も勇み, も口, も急, も立ちすくん, を源松, 聞いたよう

▼ 源助さん~ (71, 0.8%)

4 が四年, と一緒

2 [23件] が側, が居ない, であつ, と盛岡, にはお, に弟子入, に書い, の世話, の姿, の家, の息子さん, の立つ, の許, の話, はもう, は其日朝, は啻に, は四年, は村中, は東京, は此五六年, は郷里, も親切

1 [17件] あの吊, から昨夜, から昨晩, が來, が来た, が白井様, が白井樣, で酉刻半, の得意気, の得意氣, はまた, は伊之さん, は殆, は殆ど家毎, は満腹, は滿腹, 真に伴

▼ 源太夫~ (65, 0.7%)

3 のふたり 2 が嵯峨, が浜松, であった, の屋敷あと, を始め

1 [52件] が, がした, がどうして, が家内, が朋輩, が死んだ, が父, が若年, が見た, が語る, である, であること, ではなくし, では無い, というの, という軽業師, と申します, と邂逅, なる人, に手切れ, のこと, の一座, の刃傷, の家, の息子源之進, の知行, の群, の質問, の邸, はこういう, はしばらく, はじっと, はそっち, はその, は伊太郎, は嘲笑った, は四十年前, は家康, は寛永, は尼, は根気, は皮肉, は竹槍, は繰り返した, は考え込んだ, は返辞, は顔, も皮肉, を別に, を殺し, を相手, を見知っ

▼ 源~ (65, 0.7%)

4 の嫡流 3 の人々, の残党 2 の一族, の呉児, の女, の御, の棟梁

1 [45件] が敗戦, と平家, と結婚, にゆかり, に対しても自己, に深く, に至り, に運, のお方たち, のもの, の一人, の世, の人間, の先祖たち, の名, の嫡流也, の強い, の恩顧, の損失, の旗, の末, の末裔, の正しい, の正系, の活躍, の流れ, の牢人, の白旗, の祖先, の祖八幡殿, の系図書, の紋, の統領, の縁者, の義朝様, の者, の興亡, の血, の裔, の起り, の輩, は昔, は暗い, へ伝えられた, へ嫁

▼ 源左衞門~ (61, 0.7%)

3 の浪宅 2 といふの, の妾, の弟, は少し

1 [50件] からしこたま, が出かけた, が刑, が妻戀坂, が有難, が武家, が留守, でせう, で御座います, といふ者, と治太夫, と稱, と言つて, なんてそんな, にも完全, に疑ひ, に紹介, の前, の女房, の娘, の娘お歌, の家, の弟治太夫, の忘れ形見, の罪状, の義理, の話, の隱, は三年前, は元, は可哀想, は噛ん, は壁際, は多勢, は妙, は左, は店, は戸口, は本, は浪人, は相, は芝濱, は表通り, は首, まあ, も佐兵衞, も少し, を呼ん, を訪ねました, 世に在りし

▼ 源~ (58, 0.7%)

3 と時次郎 2 が, の眼

1 [51件] がすこし, がなにか, が不審顔, が出, が夜, が小倉監獄, が懇願, が来, が竈, が見張っ, でもそう, とはさすが, と大川時次郎, と突き留めた, と角助, なかなかもっ, に, にお, にはうなずける, のいう, のため, のとこ, の前, の口, の娘, の家, の店, の後, の打擲, の方, はいった, はいつ, はここ, はオヤジ, はジュン, は冷酒, は泣い, は菊石面, は警察, は足, は顔中, もそれ, も小, も苦笑, や二三, をそそのかし, をまじえ, を押し止めた, を見た, 死ぬ前, 軽浮

▼ 源~ (58, 0.7%)

3 の養子 2 だつた, の奴, の笹

1 [49件] から内匠頭, がすぐ, が聞き取った, ぐらいは玩ぶ, それから江戸, であった, でございました, とかいう子供, とか云う, とはまるで, と岡本, と赤垣源蔵, どの, どのちょっと, どのサ肩, など上方, に出会つたの, のこと, のふたり, のほし, の句, の奴アわし, の家, の蒔絵, の親戚, の言葉, の面, の頃, はいつも, はふたたび, はふと, は刀剣, は君意, は天保中津軽信順, は専六, は年老い, は彼, は改まっ, は橋, は津軽, は濡れ, は縁端, は謁見, も九月中, も姉, や堀部安兵衛, より伝はる高麗, より伝わる, を召し還し

▼ 源叔父~ (57, 0.7%)

4 の舟 2 はしばし, はその, は頭

1 [47件] がある, がかの, がこと, が家, が家一軒, が渡船, が眼, が紀州, が舟底, が行末楽, が言葉, が顔, ならずや, なり, なりき, に気兼ね, のみかは, の世, の今宵, の妻ゆり独子幸助, の帰り, の独子幸, の疾, の顔, はおりおり, はこの, はまだ, はもの案じ顔, はわが, は七人, は五人, は嘆息つき, は布団, は所用, は昔, は櫓, は真顔, は眼, は紀州, は縊れ, は聞く, は袂, は顔, またもや人, よ今宵, 呼びきたらずや, 嘲らんとには

▼ 源~ (56, 0.6%)

2 の姿

1 [54件] から雪, があけた, がたまらなく, が仕立ておろし, が先, が出鱈目, が家, が机, が自信, が長崎表, じゃあない, だん, であるか, でござるよ, とやら申す, と一緒, などとともに長崎表, に, にだって親切, にもてまえ, にも作り出す, にも応急策, のお手の物, の一言, の住居, の前, の奇才, の恥辱, の懸命, の所, の手, の手前, の方, の話, の誰, の面, はあなた方, はうんざり, はさっき, はそこ, はただ今, はわき目, は思い出し, は耳, は貰っ, は酸鼻, は驚いた, ばかり高見, もすでに, や一八郎, や四, をいたわりいた, を一昨夜, を呼び戻し

▼ 源頼朝~ (49, 0.6%)

2 が征夷大将軍, が鎌倉

1 [45件] か江戸幕府, がここ, がさして, が伊豆, が召集, が大, が寄進, が富士, が幕府, が府中, が源九郎, が生れ, が石橋山, が鶴岡八幡, すら足利尊氏, です, などの君臣, によって始めて, に依, に依つ, のとき宇治川先陣, の大仏供養, の奥州征伐, の如くあっ, の幕府思想, の幕府政治, の弟, の御家人, の手, の握った, の旅行, の生れた, の直系, の落胤, の蛭, の覇, はここ, は前車, は父義朝, は能, もいたく, や北条泰時, や徳川家康, や義經, をも英雄

▼ 源三郎様~ (48, 0.6%)

3 のお 2 にかぎっ, のところ

1 [41件] がお, が紛失, が貴殿, が道場, さえ亡き, だ, っ, でなければ, とあの, とは無関係, とまだいろいろ, と真剣, と萩乃さま, と萩乃様, なんて馬, におわび, にお供, につけ, にとても, にはすこしも, には先ごろ, に公然, に刀, に斬られ, のこと, のため, のもと, の上, の御, は, はこの, はまだ, はコ, は御, は此馬, は焼死, は貴様, よりお, よりも腕, を亡き, を自分

▼ 源~ (46, 0.5%)

3 の前, の店, の方 2 の顔

1 [35件] からは約束どおり, から安着, がおそい, ですよ, とはちがう, と来たら, にきいた, にし, にはきかける, にはよく, にぶつかる, にゆずっ, に召集, のため, のなげき, のねがい, のみすぼらしい, のテント店, の一坪店, の上官, の出発前, の召集, の名, の心境, の手, の新築, の望み, の立っ, の花店, の話, の身, の面影, は何故, は車, へ返事

▼ 源~ (43, 0.5%)

2 に云った

1 [41件] が労働, が息子, が酒, が野良仕事, さあ何日, という者, と申す, に云っ, に十二分の理由, に訊ねた, の云う, の嚊, の姓, の息子, の方, の横, の種, はそれ, はぴく, はむし, は一寸, は云った, は何事, は十六歳, は呼ばれる, は小川, は感覚, は村, は村一番, は畠仕事, は算盤, は考えこんだ, は葉書, は銀行, は頼母子講, は黙っ, も今, や, を見た, を見つめ, 一寸こっち

▼ 源~ (42, 0.5%)

3 が後 2 が, の野郎

1 [35件] から見れ, が云った, が出し抜け, が承知, が湯呑, が紫錦さん, だな, というやつ, とが観音堂, ときた, ともよく, と一杯, なんかにゃ驚かない, なんか連れ, にしろ, に後, に持たし, に献じ, のところ, の奴, の庭, の血, の野郎ヤケ, の顔, はじっと, は五尺, は人波, は富士春, は小太郎, は色, へこう, へじ, もいずれ, も意久地, を見ねえ

▼ 源四郎~ (42, 0.5%)

2

1 [40件] がさけんだ, がときどき, がのろい, がひどい, が顔, と称した, と陸軍大尉, など義理, に勘当, のことば, のし, のそば, のふたり, の両, の家, の細君, はお, はさけん, はそれ, はただ, はどう, はなお, はへっ, はもちろん, はもとより, はわが, は二十二, は仰向け, は伊藤公, は半, は妻, は槍, は答え, は馬小屋, もようやく, も同じ, も竹俣長七, も老人, や, を差向け

▼ 源~ (40, 0.5%)

32 と云, と申す

1 [33件] がことば, が傍, が印可, が鳥獣魚虫, そういうわし, っ, であった, でござるよ, というの, という休み茶屋, という老人, に一俵二十五文, に主, はあたふた, はかえって, はそう, はまた, はむかむか, は上州白雲山, は先, は刃, は年, は弱い, は憎む, は虚, は見惚れ, は餅, は首, へ, もで, を欺い, を見まもった, 同彦次郎

▼ 源~ (40, 0.5%)

1 [40件] が人間無差別, が供養, が宗旨, が所存, が生き, が申す, が言った, こそお尋ね, すなわち浄土宗, という生涯, という若い, と名, と署名, の一派, の七人, の七祖, の上足, の出生地, の墓, の弟子, の新, の書, の記憶, の説法, の門下, はしりたるとぞ, はそう, はその, は仏道, は呟いた, は弥陀, は智徳, は行った, は観念, もかなり, も仏助け, も余程, も毎日阿弥陀経三巻, を戒師, を法敵

▼ 源八郎~ (39, 0.4%)

2 もこれ

1 [37件] がぼんやり, が云い出した, が呼ばわった, が笑い, すでにへとへと, それ程呑め, というの, などと一しょ, にはしかし, の眼, の闇夜, はこの, はすっかり, はそういう, はその, はようやく, は云った, は単に, は呼ばわった, は声, は忍び足, は武州橘樹郡小机村, は番場宿, は着いた, は群集, は考えた, は裏山, は長沼, は頻りに, は飛降り, もびっくり, も新, も附き添っ, を取囲んだ, を扱い, 云わなかった, 敗けぬ気

▼ 源~ (38, 0.4%)

2 は中央, は今度函館, は入口, は黒い

1 [30件] か, が人柱, が薄, が討たれた, と, と山伏, と鳶頭, なる者, はかねて, はまた, はもとより, はチヨクチヨク, は一倍, は一寸, は以前静岡在, は以前靜岡在, は何, は内, は吊, は四人, は四十, は声, は奥, は年甲斐, は怒鳴りました, は死後, は田舎, もこ, もその, も同じく

▼ 源右衞門~ (38, 0.4%)

6 の家 2 を始め

1 [30件] が松坂, が氣, が石川, が籤, が赤い, だけを拔, には態とらしく, の内儀, の千鳥足, の後姿, の心, の擧, の汚い, の眼, の節, の言葉, は, はいよ, はさながら, は内儀, は別に, は居住, は眼, は講, は頓に, は鹿島立ち, も家柄, も少し, を内儀, を始め同行

▼ 源中納言~ (37, 0.4%)

2 からの手紙, を刑する

1 [33件] から, が参院, が来た, だけが随, だけを唯一, でおわす, という同じ, となっ, と山, に手紙, のほう, のよう, の介錯, の以前, の処刑, の夫人, の妻, の従者, の悲しん, の顔, はお, はこうした, はこの, は宮, は思っ, は朝廷, は死んだ, は礼まわり, も妻, も院, を憎ん, を誘っ, 少しは

▼ 源兵衞~ (36, 0.4%)

2 其の方

1 [34件] が出, が千兩箱, が運動不足, が頭, でございます, でした, という飴屋, といふ二十代, といふ者, と医者, と實名, と記し, に云った, の口, の聲, の話, の顔, は一代, は一國者, は不審, は仰天, は何, は前, は商略, は恐る, は神田, は肝, も困っ, も度々, を柔らか, を欺, を頼んだ, 少し待ち, 預る

▼ 源~ (36, 0.4%)

4 が震火, に当る 3 となる 2 にある, に在る, に聳

1 [19件] から自, から語り出さう, たるマルクス自身, である, であること, で水, とせる, になつ, に位, に向っ, に懸る, に立ち, に行き着く, の小山田, の枯涸, の流れ, をめぐる, を横切っ, 高距二千五

▼ 源女殿~ (35, 0.4%)

2 は, をその, を置く, を連れ

1 [27件] いつもの, か, だけがその後, とわし, と引き合わせ, にはそこ, には昔, のそういう, の場合, の様子, の様態, の歌声, はいなかった, はどこ, は人波, は時々, へ訊い, もおいでなされ, をそこ, を取り返す, を宿, を当方, を林蔵, を見失っ, を頂戴, 要介, 要介お迎え

▼ 源左衛門~ (34, 0.4%)

1 [34件] からしこたま, がひろっ, が今日, が子, じゃない, でいづれも, というこの, という方, といふの類, とが流浪, と云, に先, の一子, の二男, の四男, の妾, の庭, の隠し児, はすでに, はだまっ, は可哀想, は土民, は多年苦役, は屈しなかつた, は歯, は火, は須田等, もいれ, やその他, をやりこめ, を揶揄, を祀, を頼んだ, 罷り通る蒲生忠右衛門

▼ 源ちゃん~ (30, 0.3%)

2

1 [28件] お大事, お床, からそんな, が打つ, が餅, この車, じゃない, そら氷, そんなに執念深い, だってみんな落書き, と言っ, なるものの, にあげ, にも衣服, にわたしお礼, に買っ, のお, のおかげ, の前, の持ち物, は斯様, は日やけ, は気の毒, は病院, また台風, 何で行った, 御大事, 最早お

▼ 源~ (30, 0.3%)

2 の胸

1 [28件] から横, が承知, が死ん, という駕籠, といふの, にとっては誘惑, に立ち, のもと, の勢, の魂, はすっかり, はすでに, はその, はピタリ, は変, は女, は巧み, は帳場格子, は歩き出した, は殺された, は濁声, は腑, は腹の中, は裏切られた, は躍起, も真面目, を呼ん, を本当に

▼ 源~ (28, 0.3%)

2 これを

1 [26件] あるまいと, そこに, その例, つり込まれて, ともに不可思議, また, また元禄, また大きな, わかった, 何時しか植木屋, 凶めいた, 前後を, 可なりの, 噂とは, 尽きて, 或はこんな, 指摘せる如く, 時々人々, 時折やって来, 未だ泥棒, 案外的, 此店へ, 淫奔だった, 深い若年寄ぢ, 疲れたよう, 考えたこと

▼ 源中将~ (27, 0.3%)

2 は杯

1 [25件] が持っ, が無理, が身, に匹敵, に言われた, のきれい, の杯, の袖, はしない, はよい, はりっぱ, は始終, は帰っ, は従兄, は最も, は異様, は盤渉調, は目だっ, は親しい, は言う, は酔い, は酔いつぶされまい, ほどには美しく, を少し, を迎え

▼ 源~ (25, 0.3%)

2 の女房

1 [23件] お國夫婦, が丸ま, が大地, が橋板, で, でした, という人, という仲間, にも勘兵衛, のみぞおち, の伜ぢ, の体, の手, の死, の目, の耳朶, の肉体, の苦しみ, の言, はまさに, は芝口, は辯解, を新之助

▼ 源する~ (24, 0.3%)

3 沢の 2 ように

1 [19件] ことを, という伝説, ので智恵利根, のみ, もので, ヌク沢である, 不動沢の, 南, 川は, 御殿沢, 栃木沢の, 棒小屋沢は, 母岩である, 沢に, 沢は, 沢を, 祖父谷, 藤原沢の, 西ノ沢は

▼ 源三郎さん~ (23, 0.3%)

1 [23件] が, が少し, が死骸, が留め, が鉢合せ, だよ, てえ人, でございます, といつ, とお, と枕, と私, に, のまじめ, のやう, のマダム, は, はりゆうと, は一緒, は變, もね, をおも, を嫌つて

▼ 源八さん~ (23, 0.3%)

1 [23件] がかへつて, には二つ, のくわん, のす, の前, の国, の工場, は, はお, はくわん, はその, はそれ, はそんな, はつ, はひどい, はびつくり, はびやうきがなほつて, は国, は安心, は思ひました, は町, は自分, も

▼ 源~ (23, 0.3%)

3 の嫡男 2 の家, の方

1 [16件] がそれ, だの羽鳥, である, に属する, の一家, の仮館, の告状, の大串, の嫡子, の子, の子息三人, の息子たち, の息子共, は老齢, も逝き, 及び其子等

▼ 源から~ (21, 0.2%)

1 [21件] この一瞥, その水, もし社会, 出たエネルギー, 出て, 出来上るも, 吾, 帝への, 愛情の, 手を, 拾い集めて, 改めてかからん, 来たハガキ, 根こそぎ揺りうごかし, 河口までの, 洗いはじめて, 湧いて, 珠を, 発して, 私の, 誰の

▼ 源である~ (21, 0.2%)

1 [21件] さまざまの, といい, というよう, ところの, と人, と思え, と感じます, 他者即ち, 増上慢心を, 家政を, 尾根の, 此の, 清泉に, 生活の, 真正の, 脱出の, 自然的時間性は, 自然的生においては, 自然的生即ち, 重力を, 黴毒を

▼ 源~ (21, 0.2%)

1 [21件] からで, から流れ, というもの, とか対象, となっ, とは三大河, と囈言, と認められる, なる湖水, に出る, に到達, に満つ, の最も, の波斯, は盖, へゆく, へ帰っ, やその, らしい見当, をそこ, 即ちインド

▼ 源なる~ (20, 0.2%)

2 幸の, 神, 神を

1 [14件] この大地, ものは, アルペの, モンテ・ヴェーゾ, 井の頭池など, 外来魂を, 心の, 情に, 意を, 泉より, 神意を, 第九天, 造主より, 高嶺との

▼ 源~ (19, 0.2%)

2 は叔父さん

1 [17件] が出立, が大見得, であった, といいまし, に漢書, に誘われ, の上, の弟子, の聞く, の財布, は, は世にも, は今朝チヨツキ, は余程, は倒れた, は左右, は老人

▼ 源さま~ (18, 0.2%)

1 [18件] おまはん, がいらっしゃいました, が何御用, が入, が飛出し, きたるの, この印籠, と不義密通, と手, と馴染めた, どうぞこちら, にすまない, のお, はお, はよい, は御, は清水流れ, もよっぽど

▼ 源という~ (18, 0.2%)

1 [18件] のと, んだ, 三階建の, 二十四五の, 人の, 人は, 人を, 僧天狗より, 名題の, 字が, 家だ, 小柄の, 料理屋からの, 料理屋が, 料理屋であった, 料理屋の, 法師武者, 父の

▼ 源左老人~ (18, 0.2%)

2

1 [16件] が呻く, が好意, が自分, と折重なっ, の下り, の問い, の耳, の腰, はおそれた, はこの, はただ, は哭く, は小次郎, へ向っ, や御池十郎左衛門ら, を始め皆彼

▼ 源~ (17, 0.2%)

3 とその 2 という人, の名 1 が市民生活, です, という名, のいる, の出世物語, の閲歴そのもの, は一九二八年以来, は特高課長, は警視庁, を筆頭

▼ 源~ (17, 0.2%)

1 [17件] あの丹波, さえ生き, そうお, では, というお, といっしょ, と知らず掛かりました, どうぞこちら, にたいして妙, に歯, のお, のこと, のところ, の跡, はゆうべ三人, もそち, を助けよう

▼ 源~ (16, 0.2%)

1 [16件] などよりも余計, にはどうしても, には望め, のあと, の家, の田圃, の言う, はヒヨツコリ, はムツクリ, は思わず, は早速, は身, は途方, は顔, もみんな口, も耳

▼ 源三郎さま~ (15, 0.2%)

1 [15件] おなつかしゅう, おひさしぶり, があの, がお, と自分, にお, に刃, はきょうあす, はこちら, はどこ, は婿入り先, もこんな, を御, を排除, を萩乃

▼ 源として~ (14, 0.2%)

1 [14件] そこから, 他の, 使い得る見込, 使われて, 南洋を, 原始の, 大きなもの, 実用化される, 巨大な, 新しき意義, 新しく出発, 智慧ものを, 現われて, 頼まうと

▼ 源侍従~ (14, 0.2%)

1 [14件] から来た, から藤侍従, が意味, と言われた, の薫, はきまじめ男, はほか, は何, は思った, は見せ, へ書く, をも近く, を始終, を弟

▼ 源~ (13, 0.1%)

1 [13件] 分け入った, 初めてお前, 向き直って, 引っぱり込まれそこで, 来るの, 片着かない, 聞き合せて, 草庵の, 行くと, 逆流させ, 連れて, 遊びに, 還ること

▼ 源六郎~ (13, 0.1%)

1 [13件] だ, である, といった, とは恐れ多い, に不浄, に相違, のおも, のそば, はお, はその後, もちろん愚昧, をもそこなわず, を縛りあげた

▼ 源~ (13, 0.1%)

2 の事

1 [11件] あぶないよ, がお前さん, が手斧, が泣出, が涙ぐんだ, と車屋, に逢い, の倅, の剣風, ひらくところ, より瀬戸口備前守

▼ 源とも~ (12, 0.1%)

3 七とも 1 いえる身, いひ今, なりつつ, なります, なろうと, 云うべき清らか, 云ふべき, 申されましょう, 見受けら

▼ 源太様~ (12, 0.1%)

2 が積り, にだ, の仕事, は羨ましい 1 はさるる, はよ情, はよ情ない, は為る

▼ 源~ (12, 0.1%)

1 [12件] が生田川, につきし, に迫る, のあいだ, のリユーポルト, の中, の大将, は宇治川以来, も水上, を率, を破, 討たる

▼ 源たる~ (11, 0.1%)

1 [11件] と平た, の理由, を余処, を思い, ロゴスに, 労働の, 国々, 地熱が, 心臓は, 男女の, 男性ブラーマの

▼ 源には~ (11, 0.1%)

1 [11件] これが, その青白い, ぞっこんまいっ, 一向構, 二人の, 奇妙な, 山椒魚が, 流れも, 言うに, 逢えずに, 連添てから

▼ 源兵衛さん~ (11, 0.1%)

1 [11件] が天狗様, が来やがった, が祖母, じゃない, だと, だよ, で, になつて, のほう, の母親, は六尺豊か

▼ 源氏方~ (11, 0.1%)

1 [11件] からも五, が駈け降りる, では, などとはまだ, にはただ, のほう, の報告, の那須, は暮れた, は自分たち, より平家

▼ 源より~ (10, 0.1%)

1 あふれいでて, その, もっと大, 出たか, 出づるごとく, 如何に, 生じ後, 發し, 發した, 發する

▼ 源之進~ (10, 0.1%)

1 が余り, という男, と結婚, と談合, のあわただしい, の前, はすぐ, は大いに, は家来一二人, を初め末輩

▼ 源~ (10, 0.1%)

2 の話 1 から思い, から意外, から聴かされた, ということ, にわかれ, の物語, もさすが, も大きい

▼ 源~ (10, 0.1%)

1 につたえれ, の手, の方, の瞼, は遠く, は長年, もこんな, もべつに, も共に, も悪

▼ 源~ (9, 0.1%)

4 ている 1 て何等, て小瀬沼, て沼, て猫又川, やうと

▼ 源~ (9, 0.1%)

1 い読め, お客様に, お米, そのほか, 二三の, 大社の, 文が, 雁鍋の, 鶴さんや

▼ 源候論~ (9, 0.1%)

2 を写し 1 が伊沢氏, が何処, とを五六行, は隋, も亦, を写した, を写す

▼ 源十郎方~ (9, 0.1%)

1 から逃がし, ではあるじ源十郎, に身, の百鬼昼行ぶり, の荒れ, の離庵, へ住みこんだ, へ喜左衛門, へ掛けあい

▼ 源太左衛門~ (9, 0.1%)

4 安綱 1 のす, は答え, へじかに, をさして, 正春先生

▼ 源吾が~ (8, 0.1%)

1 つぎ次男の, 云つた, 吉良邸の, 息を, 笠を, 臆面も, 面を, 風呂敷包の

▼ 源~ (8, 0.1%)

1 と云, に一部, に於, に詩会, の印, の文, の蔵儲, 亦蔵此本

▼ 源~ (8, 0.1%)

1 から話, が, が殿様, である, どのその他, につきしたがっ, に相談, は不思議

▼ 源空寺~ (8, 0.1%)

1 っていうお寺, でしたから, で幡随院長兵衛, に往つて, の住職, の和尚, の豆兄弟, へお

▼ 源こう~ (7, 0.1%)

2 というすり 1 だな, っていうの, ですよ, にちがいありません, に黒シャツ

▼ 源~ (7, 0.1%)

1 お米, からである, からとて病気, ということ, といふ, と考えられ, よ

▼ 源ちや~ (7, 0.1%)

41 ん気, ん源ちや, ん源ちやん

▼ 源サン~ (7, 0.1%)

1 がねころんでる, が目, である, の流言, はカミソリ, はセビロ, も敵

▼ 源~ (7, 0.1%)

2 義朝は 1 為義にも, 為義の, 為義義朝父子など, 義朝一族は, 順に及ばず

▼ 源七郎君~ (7, 0.1%)

1 お自ら磊落そう, が川岸, におわしまする, に違い, のこと, の釣り姿, は生来至って

▼ 源二郎爺~ (7, 0.1%)

1 がゆうべ, が最初, なの, に呼吸, の怒り, の酔い, までが座蒲団

▼ 源右衞門さん~ (7, 0.1%)

1 が拔, であつ, なら芽, にはお, は驚き, を入れ, を叱る

▼ 源森橋~ (7, 0.1%)

2 の方 1 のそば, の下, の川, をわたり, をわたる

▼ 源~ (7, 0.1%)

1 が住ん, が黒山, と並ん, なる少, の弟子, の独楽廻し, を見つけない

▼ 源空寺門前~ (7, 0.1%)

1 という一町内, といったよう, といった所, の善兵衛, の家, の父, の親たち

▼ 源であり~ (6, 0.1%)

1 サンスクリットの, 之を, 基ゐである, 我民族の, 目的である, 芸術の

▼ 源~ (6, 0.1%)

2 んです 1 のだ, のである, のです, のでそれ

▼ 源~ (6, 0.1%)

1 三所ニ出ス, 中ノ岐山二発シ, 取ル所ハ五官ニ外ナラズ, 文殊岩ニ発スルモノアリトイフ, 皇開山間ニ発シ千屈万曲本村, 究メタキ者ナリ

▼ 源三郎殿~ (6, 0.1%)

1 があらわれね, が伊賀, しからば, だ, には悪所通い, はどこ

▼ 源典侍~ (6, 0.1%)

1 がなった, では競争者, といわれ, のよう, の字, の情人

▼ 源平二氏~ (6, 0.1%)

1 の両立, の争った, の分野, の勢力, の武族, を中心

▼ 源森川~ (6, 0.1%)

1 と押上, と曳船川, に添っ, の一路, の流れ, を渡った

▼ 源~ (6, 0.1%)

1 に通じる, のゐる, はにこ, は直ぐ, やが居る, やだけが昔ながら

▼ 源~ (6, 0.1%)

1 が屡々, が愈, であ, の如き, の証明, を大

▼ 源~ (5, 0.1%)

1 と, とあること, とある記事, と特筆, と特記

▼ 源といふ~ (5, 0.1%)

1 これは, んださうです, 二十四五の, 名題の, 四十七八の

▼ 源どん~ (5, 0.1%)

1 かえって来た, にあげた, のところ, のテントばり, へおみやげ

▼ 源はと~ (5, 0.1%)

2 云へば 1 いえば, おどろきを, 云えば

▼ 源まで~ (5, 0.1%)

1 タミノの, 溯って, 行つて見よう, 追跡する, 遡つて

▼ 源七どん~ (5, 0.1%)

1 に万一, に無理無体書置, の御, は出入り, を御

▼ 源三郎どの~ (5, 0.1%)

2 斬られに 1 か, が死なれた, をおびきだし

▼ 源三郎め~ (5, 0.1%)

1 が不浄場, が失礼, に刃, を品川, 覚ったな

▼ 源中納言具行~ (5, 0.1%)

1 がある, の笙, はことし四十二, へ, も虚空

▼ 源九郎~ (5, 0.1%)

1 がひよどり越え, が爲, と静, を懲らそう, を赤族

▼ 源五右衛門~ (5, 0.1%)

1 が家督, と云う, は家, は少しく, は発狂

▼ 源作叔父~ (5, 0.1%)

1 が家督, が藁, の事, は其儘, 程豪い

▼ 源僧都~ (5, 0.1%)

1 から帝, から申しつかっ, が帝, の弟子, の筆蹟

▼ 源~ (5, 0.1%)

1 といっ, の弟子, は, はおの, は早く

▼ 源太夫様~ (5, 0.1%)

2 の御 1 にも一腰, のところ, もつづい

▼ 源宰相中将~ (5, 0.1%)

1 という人, はその, は忠実, は横笛, も来

▼ 源家重代~ (5, 0.1%)

3 の白旗 1 の, の鎧八領

▼ 源~ (5, 0.1%)

1 の首級, よく防い, を攻めた, を討ち取った, を討った

▼ 源~ (4, 0.0%)

1 それから, 一杯飲まされた, 昼と, 檀那に

▼ 源でも~ (4, 0.0%)

1 あった, ある, 実は吾人, 後廻しに

▼ 源としての~ (4, 0.0%)

1 太陽の, 役割を, 感覚領域とについては, 水を

▼ 源にな~ (4, 0.0%)

1 つた, つて人の, つて智略ある, つて自分にも

▼ 源に関する~ (4, 0.0%)

1 物語においても, 表現には, 観念は, 観念を

▼ 源丁馬~ (4, 0.0%)

1 が傲然, が特に, と金茶金十郎, は朱鞘

▼ 源三秀義~ (4, 0.0%)

1 が子, と重国どの, の旧領, は近江

▼ 源九郎様~ (4, 0.0%)

1 に無情, の手, へお, を立て

▼ 源内先生~ (4, 0.0%)

1 が山科街道, が明和七年正月十六日, が眼, も余り

▼ 源大将~ (4, 0.0%)

1 が出, などの申し込み, の訪問, は女三

▼ 源大師~ (4, 0.0%)

1 が葛, に後れる, の御, の法力

▼ 源太景季~ (4, 0.0%)

1 が詠じた, の, のよう, を想い出す

▼ 源~ (4, 0.0%)

1 にはなっ, を名乗ろう, を得た, を賜わっ

▼ 源~ (4, 0.0%)

3 の妻 1 ですよ

▼ 源景寺渕~ (4, 0.0%)

1 に昔, に続く, の河童共, へ誘い込ん

▼ 源氏側~ (4, 0.0%)

1 から見た, の, の好き, の陣容

▼ 源氏節~ (4, 0.0%)

1 なるもの, のかかっ, は説教節, までをアンコ

▼ 源水横町~ (4, 0.0%)

1 その横町, との間, の提灯, の金物屋

▼ 源聖寺坂~ (4, 0.0%)

3 を降り 1 や口繩坂

▼ 源~ (4, 0.0%)

1 が捕まっ, で段々, という三人, と申す

▼ 源~ (4, 0.0%)

1 が云った, が首, を中心, を揺り起し

▼ 源~ (4, 0.0%)

1 で歌, に渡辺さん, に渡邊さん, の門

▼ 源~ (3, 0.0%)

1 て春, て書い, て書き続ける

▼ 源ちやん~ (3, 0.0%)

1 の歩いてる, はどう, は家

▼ 源であった~ (3, 0.0%)

1 あの慈悲, この雑誌, 時代も

▼ 源三さん~ (3, 0.0%)

1 だって云え, だよ, に託け

▼ 源三位~ (3, 0.0%)

1 に, の乱, も遂に

▼ 源三郎居~ (3, 0.0%)

1 の御, の所在, を訪ふた

▼ 源三郎手付き~ (3, 0.0%)

1 の伊賀侍, の伊賀侍たち, の若

▼ 源~ (3, 0.0%)

1 のねばり, はまだ, をヤッツケ

▼ 源八栗~ (3, 0.0%)

1 のくわん, のこと, のしるし

▼ 源内櫛~ (3, 0.0%)

1 にばかり飛びつく, を挿し, を流行らせ

▼ 源~ (3, 0.0%)

1 どのさあ, どの政孝どの, のいかつい

▼ 源吾盛安~ (3, 0.0%)

1 から髪, と名乗る, もすり寄っ

▼ 源太親方~ (3, 0.0%)

2 を対岸 1 さえ去年

▼ 源~ (3, 0.0%)

1 がたずね, と時代, を詳

▼ 源實朝~ (3, 0.0%)

1 が別, ではない, の

▼ 源~ (3, 0.0%)

1 が魚屋, の前, の鼻

▼ 源敬公~ (3, 0.0%)

1 に仕え, の仕事, の遺志

▼ 源~ (3, 0.0%)

1 といった料理屋, の前, も同じく

▼ 源次さん~ (3, 0.0%)

1 とおっしゃる, はどこ, 悪う思わんで

▼ 源為憲~ (3, 0.0%)

21 にせよ

▼ 源~ (3, 0.0%)

1 を察, を知らざれ, 有らざる事無し

▼ 源空上人~ (3, 0.0%)

1 に就いた, の, の撰択集

▼ 源~ (3, 0.0%)

1 の曾孫渡辺綱, はわかい, は毎月二十石

▼ 源~ (3, 0.0%)

1 でも勢語, の注, や平語

▼ 源護どの~ (3, 0.0%)

1 です, の大串, の訴状

▼ 源護一族~ (3, 0.0%)

1 との間, と闘, や大

▼ 源達どの~ (3, 0.0%)

2 同じく春勝 1 同じく春勝どの

▼ 源頼家~ (3, 0.0%)

2 おみくじ 1 の墓

▼ 源あり~ (2, 0.0%)

1 や凡そ, 一は

▼ 源~ (2, 0.0%)

1 めえ, 沢お

▼ 源~ (2, 0.0%)

1 万辰か, 伊予紋へ

▼ 源からの~ (2, 0.0%)

1 放送を, 激励に対しては

▼ 源~ (2, 0.0%)

1 は世話, や忠さ

▼ 源たり~ (2, 0.0%)

1 これに, しなりその

▼ 源だの~ (2, 0.0%)

1 六だの, 疾患は

▼ 源ちかく~ (2, 0.0%)

1 では, まで登っ

▼ 源であります~ (2, 0.0%)

1 がこの, がしかし

▼ 源です~ (2, 0.0%)

1 かよく, ね

▼ 源でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬであらう

▼ 源では~ (2, 0.0%)

1 ない, 到底不十分

▼ 源とか~ (2, 0.0%)

1 北畠中納言具教とかいう, 北畠中納言顯房とかいふ

▼ 源としては~ (2, 0.0%)

1 つまらない葡萄酒, 無常で

▼ 源との~ (2, 0.0%)

1 審査を以て, 間の

▼ 源とを~ (2, 0.0%)

1 有するにも, 発見し

▼ 源など~ (2, 0.0%)

1 一つ一つについて, 各

▼ 源などと~ (2, 0.0%)

1 云う本, 会いきたるべき日

▼ 源なり~ (2, 0.0%)

1 是が, 自由の

▼ 源についての~ (2, 0.0%)

1 双璧の, 村人の

▼ 源への~ (2, 0.0%)

1 伝言を, 誘惑と

▼ 源へは~ (2, 0.0%)

1 參り兼ねました, 孫達は

▼ 源~ (2, 0.0%)

1 がまっさきに, はべつ

▼ 源一刀流机竜~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 源一郎さん~ (2, 0.0%)

1 から心切, のお

▼ 源三郎こんど~ (2, 0.0%)

1 の東くだり, は力

▼ 源三郎たち~ (2, 0.0%)

1 は付近, をこう

▼ 源三郎どこ~ (2, 0.0%)

1 へも行き, へゆく

▼ 源三郎ギリッ~ (2, 0.0%)

2 と歯

▼ 源三郎一味~ (2, 0.0%)

1 と捜索, におされ

▼ 源三郎以上~ (2, 0.0%)

1 に剣腕, のにが

▼ 源三郎君~ (2, 0.0%)

1 から来信, とに感謝

▼ 源三郎店~ (2, 0.0%)

1 に居る, の喜六

▼ 源三郎排斥~ (2, 0.0%)

1 の急先鋒, の若い

▼ 源三郎眼~ (2, 0.0%)

1 にもとまらぬ, をこすりました

▼ 源三郎萩乃~ (2, 0.0%)

1 お藤, の三人

▼ 源九郎御曹子~ (2, 0.0%)

1 ではない, には亡き

▼ 源九郎澄之~ (2, 0.0%)

1 とならせた, を立てん

▼ 源二郎~ (2, 0.0%)

1 へ面会, を訪ねた

▼ 源二郎爺さん~ (2, 0.0%)

1 が若い, と子供

▼ 源~ (2, 0.0%)

1 の腕, の足もと

▼ 源五兵衛~ (2, 0.0%)

1 である, と所名

▼ 源五郎殿~ (2, 0.0%)

1 が調子, を蔑んだ

▼ 源伍兵衛~ (2, 0.0%)

1 の語調たる, をしり

▼ 源~ (2, 0.0%)

1 が貴様ん所, だ

▼ 源兄い~ (2, 0.0%)

1 がやられた, の関係

▼ 源六郎殿~ (2, 0.0%)

1 が修学, とおおせられる

▼ 源兵衞手前~ (2, 0.0%)

1 が何, は何

▼ 源内法師~ (2, 0.0%)

1 の胸, を先

▼ 源助さん今朝~ (2, 0.0%)

1 の話ア眞實, の話ア真実

▼ 源助さん明後日~ (2, 0.0%)

2 立つで

▼ 源十左馬也どこ~ (2, 0.0%)

2 にいる

▼ 源十氏~ (2, 0.0%)

1 だけはこれら, は屡々

▼ 源十郎仙~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 源十郎軍~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 源即ち~ (2, 0.0%)

1 その化学変化, 心臓の

▼ 源叔父今~ (2, 0.0%)

1 はいかん, もなお

▼ 源右大臣~ (2, 0.0%)

1 とその, には何人

▼ 源吾殿~ (2, 0.0%)

1 まで御, を通じてお

▼ 源因ニ~ (2, 0.0%)

1 在ルヲ知リ, 在ルヲ知ルガ如キ

▼ 源因結果~ (2, 0.0%)

2 の理法

▼ 源堂蔵~ (2, 0.0%)

1 とは註して無い, の註

▼ 源太夫禅僧霊宗~ (2, 0.0%)

1 に下されました, を語らっ

▼ 源太床~ (2, 0.0%)

2 に入り

▼ 源太男~ (2, 0.0%)

2 が廃る

▼ 源太胸~ (2, 0.0%)

2 には苦慮

▼ 源女さん~ (2, 0.0%)

1 ですよ, のお

▼ 源家古法~ (2, 0.0%)

1 と甲州流, の野沢家

▼ 源家嫡流~ (2, 0.0%)

1 の名家, の御

▼ 源家相伝~ (2, 0.0%)

2 の家僕

▼ 源家長~ (2, 0.0%)

1 が第, が開闔

▼ 源寺さん~ (2, 0.0%)

1 はあの, は嘘

▼ 源少納言~ (2, 0.0%)

1 が東, や讃岐守

▼ 源左衛門叔父~ (2, 0.0%)

1 の注意, は甥

▼ 源左衛門尉~ (2, 0.0%)

1 というの, の部下

▼ 源左衛門等~ (2, 0.0%)

1 が備え, 之につき四千人

▼ 源~ (2, 0.0%)

1 は, は備中守師盛

▼ 源最も~ (2, 0.0%)

2 深き所

▼ 源朝臣~ (2, 0.0%)

1 に仰せ, の姓

▼ 源林寺~ (2, 0.0%)

1 と極まり, の墓地

▼ 源次郎~ (2, 0.0%)

1 もなんぼ, も既に

▼ 源氏びいき~ (2, 0.0%)

1 といったよう, の余り

▼ 源氏以来~ (2, 0.0%)

1 の名門, の長い

▼ 源氏物~ (2, 0.0%)

2 がたりを千古

▼ 源波響~ (2, 0.0%)

1 である, は蠣崎氏

▼ 源~ (2, 0.0%)

2 は此処

▼ 源爲憲~ (2, 0.0%)

2

▼ 源的源~ (2, 0.0%)

2 の字

▼ 源禪師~ (2, 0.0%)

1 の如き, の樣

▼ 源竜我~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ 源~ (2, 0.0%)

1 である, の女子

▼ 源~ (2, 0.0%)

1 と平系, の者

▼ 源自身~ (2, 0.0%)

1 が手, は天

▼ 源花亭~ (2, 0.0%)

2 の三名

▼ 源~ (2, 0.0%)

1 は易筮, より出でたる

▼ 源覚寺~ (2, 0.0%)

1 で切腹, にある

▼ 源護一家~ (2, 0.0%)

1 と将門, は新治

▼ 源遠く~ (2, 0.0%)

1 して, 宝暦年間に

▼ 源~ (2, 0.0%)

1 には, の攻撃

▼ 源開発~ (2, 0.0%)

1 と称し, には国民

▼ 源頼朝公~ (2, 0.0%)

1 から建礼門院様, の御子

▼ 源頼朝征夷大将軍~ (2, 0.0%)

2 に任

▼ 源頼義~ (2, 0.0%)

1 そうしてその, という大将

▼1* [667件]

あればこれ, 源いこうか茨脊負, 源いるか, 源おらぬか, 源お前え何ん, 源かすかに見える, 源からは湧き切れなかったの, 源のみで, 源さしてとけこんで, 源さまいつかのお話, 源さまこちらの家, 源さま私が今立聞, 源さま貴方にお, 源さんお櫃は姉さん, 源さんきりであった, 源さんどこにある, 源さんわたしゃお嫁入り, 源さんイヤ日天さんがお, 源さんイヤ源さんイヤ日天さんがお, 源さん世の中にゃ随分, 源さん僕のこと, 源さん君は, 源さん大に乗, 源さん大変顔色が悪い, 源さん家では余儀なく, 源さん工学士の, 源さん御苦労さまやなあ, 源さん憚りさまお湯を一つ, 源さん源さんの轢いた, 源しないのみならず, 源しましたことと, 源その反対側の, 源それから下っ, 源煩ひと, 源ぞと聞くからに, 源たちと一緒, 源だけあって, 源だけに回顧し, 源だけは知つて居る, 源ちゃんお前気をおつけ, 源ちゃん僕たちの住ん, 源ちゃん品川まで来た, 源ちゃん変じゃない, 源ちゃん昨夕は, 源てえば彼処, 源てめえ今日のこと, 源であって一つ, 源であるまいが一九〇六年版ワーナー, 源であろうと思われます, 源でございお肴, 源でしかないという, 源ででもあったの, 源での初対面は, 源というも風情なる, 源といったところで, 源とかいふお妾野郎, 源とさえなり得るもの, 源としても考えて, 源とで平ヶ岳全部を, 源とに行きあう, 源とはなって, 源と共に勤労階級の, 源どうだ綺麗, 源どころの土, 源どんお前さんほんとうにここ, 源どん元気かわりない, 源どん少年だけはヘーイさん, 源などが驚き顔を, 源などに一とわたり, 源などの下に, 源などへ礼まわりを, 源なども新室, 源なんぞ追いだすの, 源についてもすこぶる奇譚, 源にて諸天, 源にとっては実子にも, 源にも当主の, 源に関しては藤原の, 源ぬるに慶安, 源のぼりわれ行か, 源はかういつて, 源はね先々代の, 源また実にこの間, 源まだ起きてたの, 源よりも遒勁である, 源をかへすが, 源をこそきわめたい, 源をばその辺, 源をも想像する, 源校長先生あれ, 源ガアルヨウナ気ガシテ行クノガ恐クモアル, 源ス山梨郡帯那山奥仙丈秩父郡界ノ雁坂等ニ綿亘セリ, 源トス大ニ, 源ナルカノ如ク垂涎スル小膽國民ニシテ如何ゾ世界的大帝國, 源ペロロを斷, 源一げんとてげりき, 源一たちが小さく, 源一刀流の巻, 源一郎は櫻痴, 源七いずれも好評, 源七さんなどの生きた, 源七つあんの写し, 源七どんと誰袖を手, 源七どん関脇は本石町油屋藤右衛門どの, 源七何じゃい, 源七君の, 源七方へひきとられ, 源七格子を細目, 源七殿とやらこの, 源七氏の報告, 源七玉川の権太郎, 源七老爺さんの家, 源七達から菓子折, 源七郎君おん自らは葵, 源七郎君右と左, 源七郎正俊が邸, 源七香西又六, 源七高橋又四郎らをつき従わせ, 源三おれを肩車, 源三お前ははかられ, 源三のにお, 源三めに与っ, 源三エみやげだ, 源三メを萩乃様, 源三位數もなき, 源三君に調べ, 源三庭石に腰かけ, 源三成綱と申しました, 源三氏はその, 源三那須辰造氏の, 源三郎ここに初めて, 源三郎これがお, 源三郎さまいま此寮には不知火流, 源三郎さまお母様のおっしゃる, 源三郎さまこちら様のおかげ, 源三郎さん主人公緑平さんは今更, 源三郎さん後藤寺から次郎さん, 源三郎じゃまがへえり, 源三郎つきの安積玄心斎, 源三郎どころぢやない, 源三郎ふたつ続けて, 源三郎ふところ手だ, 源三郎ツと左膳, 源三郎ドッカとこの, 源三郎一派に気取られる, 源三郎一筆に書き下し, 源三郎丈けを愛し, 源三郎三安積玄心斎四に高大之進, 源三郎中っ腹だ, 源三郎久しぶりに八ツ山下, 源三郎二声呼んで, 源三郎側近の三羽烏, 源三郎同勢をそろえ, 源三郎喜びと驚き, 源三郎壁によりかかっ, 源三郎婿入りの引出もの, 源三郎対丹波の真剣勝負, 源三郎後の称寅吉, 源三郎意識して, 源三郎懐中の右手, 源三郎昵懇の人々, 源三郎様がまに合わない, 源三郎横腹の深, 源三郎機を求め, 源三郎正式に名乗り, 源三郎殿何をなさるる, 源三郎殿夜中ながら御, 源三郎殿拙者よりも貴殿, 源三郎殿萩乃と道場, 源三郎気がつく, 源三郎沈黙のうち, 源三郎河原へ来い, 源三郎火のごとくいらだっ, 源三郎片っぱしから女, 源三郎狐につままれたごとき, 源三郎玄心斎の一団, 源三郎紙の端, 源三郎胡坐のまま, 源三郎脇腹から脇腹, 源三郎膝わきに引きつけた, 源三郎自嘲的な笑い, 源三郎見事にくぐり抜けた, 源三郎身がわりの焼死体, 源三郎轡を並べ, 源三郎近ごろもって, 源三郎迷惑しごくに, 源三郎部屋の隅, 源三郎金縛りにあった, 源三郎露草にぬれる, 源三郎馬の腹, 源上人をお, 源不明の者, 源中将のは水, 源中将具光でこういう, 源中島為次郎野口二郎大森禅戒の諸氏, 源中納言どのを斬, 源中納言のはそうした, 源中納言以外に適当, 源中納言具行卿を六波羅, 源九郎殿を以て管領家, 源二つあり, 源二郎トイウ仁ガ有リオレガ裏店神主ト云ッタヲ聞キオッテ腹ヲ立テキノウノシマツヲ宮川ヲダマシテ聞キオリ小吉ハイラヌ世話ヲ焼, 源二郎梁川星巖春日などの名, 源五兵衛りっぱなもの, 源五右衞と云, 源五朗義俊が所領, 源五沼という沼, 源五郎さんと, 源五郎どのだよ, 源介どんは日, 源と云った, 源が府舎, 源伍兵衛老人である, 源佐荻生惣右衛門などと云, 源作お前は今度息子, 源作さんに口一つ, 源作叔父様が酔つて, 源もまた, 源信章に法照, 源候論跋元板, 源傳説が種々, 源と云った, 源柳町の, 源元素であると, 源いお前, 源兄いが右手を取られた, 源先生をご, 源光圀をし, 源光行等の系統, 源八がさがし歩い, 源八さん川床が非常, 源八さん葛籠を取られた, 源八どのとやら, 源八わしはそこ, 源八町まで進ん, 源八老人の声, 源八草薙家の遺族たち, 源八郎のは剣法, 源八郎危しと, 源八門遁甲の類, 源公たち五六人神社の裏手, 源公七生滅賊の四大字, 源公今のを見た, 源公後をつけ, 源公忠の, 源六夫婦それに當夜, 源六綿利八右衛門など一人, 源六郎さまでも, 源六郎ときに十四, 源六郎歯ぎしりをし, 源六郎高山威雄諸氏の, 源兵衛これを見い, 源兵衛さんぢやない, 源兵衛さん知つてるだらう, 源兵衛思の外, 源兵衛殿気永く待つ, 源兵衛面をあげい, 源兵衞さんが一昨日, 源兵衞何か心配, 源兵衞大概此の方に心当り, 源兵衞当家の嘉八, 源兵衞斯う打明け, 源兵衞方から持参, 源兵衞是までに話, 源兵衞毒虫を入れた, 源典侍のを見る, 源内先生創製するところ, 源内快刀乱麻の手伝い, 源内武者の摂, 源内流にいわずもがな, 源内談義が及び, 源冶店界隈の浪花町, 源初夜後夜の鐘, 源をもつ, 源助さん眞に伴, 源とその, 源十おれあ貴様, 源十たちに, 源十てめえに弥生, 源十ッ見さげ, 源十マンその他七八人の主, 源十以下の人々, 源十八幡製鉄作業主任の谷俊次, 源十大川時次郎大庭春吉三崎国造田中光徳の七人きり, 源十左馬也白痴者めが, 源十源的源の字, 源十矢代某に世話, 源十貴様はまだ, 源十郎がらになくかたく, 源十郎くらゐを, 源十郎これで気がつい, 源十郎しずかな声, 源十郎したり顔に膝, 源十郎そこに思いき, 源十郎その他を抱きこん, 源十郎そりが合わず, 源十郎たかをくくっ, 源十郎たちの鳥越城, 源十郎ていねいにじ, 源十郎ともにけろりと, 源十郎どの加藤兵庫どの蒲生右兵衛大輔どの, 源十郎のがなりたてる, 源十郎われにもなく, 源十郎スタスタ奥へはいっ, 源十郎一味の行状, 源十郎一桁うえをいっ, 源十郎不肖なりといえ, 源十郎与力の鈴源, 源十郎与吉で十九, 源十郎五十三歳記す, 源十郎五十両を持った, 源十郎五十歳の頃, 源十郎前後に眼, 源十郎勇士が敵陣, 源十郎合羽の下, 源十郎善はいそげ, 源十郎土気色の微笑, 源十郎土生仙之助, 源十郎声をおとした, 源十郎夫婦の小, 源十郎子供が木, 源十郎実の母, 源十郎屋敷の一間, 源十郎山田友次郎等が正造, 源十郎心中に思え, 源十郎懐紙をくわえ, 源十郎指揮をくだし, 源十郎新井清兵衛北山常吉折原逸太郎の名, 源十郎様がきつう, 源十郎様方へ下女, 源十郎殿ときやがら, 源十郎流光雨中に尾, 源十郎片手なぐりに, 源十郎眉をつりあげ, 源十郎眼は遠ざかる, 源十郎着流しに銀拵え, 源十郎自分で気, 源十郎芝居めかして, 源十郎貴公の右腕, 源十郎貴様も女, 源十郎達のいる, 源十郎部屋へはいろう, 源十郎銀杏の幹, 源十郎間に水, 源十郎食客丹下左膳などがギッシリ, 源十郎飯塚春太郎栃木県会議員関口忠太郎藤沢友次郎の五名, 源十郎高だかと, 源十鈴源俺だ, 源叔父家に帰りし, 源たる羅甸語, 源只硝石年年輸山幾千舟, 源右そちも怠る, 源右大将は常陸守, 源右大将様の御, 源右衞門さへ時々, 源右衞門大音安太夫唐津口には郡正太夫, 源吉方へ頼置候フラフ, 源だのお, 源君公ここを御, 源吾兵衛はひ, 源吾増井富次の両君, 源吾武林唯七らの人々, 源吾氏からの報告, 源和尚に辞, 源問題がなかっ, 源嗣敬右近衛少将藤原兼茂藤原俊蔭出羽守藤原経邦兵部少輔良峰, 源四郎おまえとなりへつれ, 源四郎ふたりの母, 源四郎河村伝兵衛小山源五左衛門などは原惣右衛門, 源四郎爺は目, 源因たるは疑うべからず, 源因ナル作用ト次ナル結果ナル效驗トヲ相結合スル上ニ, 源因ニハ云々ノ結果アリト云フコトニテ, 源因ニ由リ寒キ結果ハ雪, 源因ニ由リ其國治ルトハ其政善シト云フ源因ニ由ルト云フガ如ク萬事ニ其結果ヲ推シテ其源因ニ, 源因ニ由ルト云フガ如ク萬事ニ其結果ヲ推シテ其源因ニ, 源因就学の有様, 源因追究慾が満足, 源地帯を実地, 源坊のだ, 源坊ぼうとなっ, 源坊案不破水月のかまえ, 源坊脚絆ば脱がし, 源基らの人々, 源埼その他の弟子達, 源堂本は此南宋版, 源明いはく, 源士明は植村氏, 源士明将之浪華臨別詩以為贈, 源納言雅俊卿の, 源大事なこと, 源大納言さんの八講, 源大納言ひとりが法領寺殿, 源太さは畑, 源太はんやない, 源太はん帯が弛む, 源太めが仲間外れ, 源太ヶ産衣をくれ, 源太兵衛と申す, 源太十兵衛ともに聞け, 源太十兵衛時代にはこんな, 源太可愛がつて, 源太君もみな, 源太夫一味が周章て, 源太夫乃ち起って, 源太夫殿とても御用人格, 源太夫禅僧霊宗らの忠義者, 源太夫聞書という写本, 源太夫鈴木順平藤林藤吉石川五郎治及余五人舟にて宮島, 源太左衛門らが知った, 源太左衛門不破彦三菅屋九右衛門などがある, 源太左衛門信綱土屋右衛門昌次一条右衛門大夫信就等中央下裾附近柳田表, 源太応左様いふ, 源太提灯を点け, 源太殿相馬大作をお召, 源太緋縅か紫裾濃, 源太親方さへ去年, 源太郎これはもう, 源太郎さんとかいう人, 源太郎どっかでつっころげ, 源太郎めはわし, 源太郎ガ来タカラ段々酒酔, 源太郎一家の者, 源太郎中新田の源七, 源太郎二三十本かけ並べた白刄, 源太郎兵衛丸などといふ連中, 源太郎子飼いの壮士たち, 源太郎源助夫婦お銀, 源太郎老人はプンプン, 源太郎親分のところ, 源太青木了意蜂谷礼司永瀬忠作江間犬丸古幡牛丸, 源女性の存在, 源女殿向こうへ向こう, 源というの, 源如見たさ, 源の息吹, 源委事歴等に就い, 源委流傳の状, 源委異同まで飮込, 源たらしめんこと, 源宰相の中将, 源家の子のため, 源家八幡太郎の子孫, 源家再興のため, 源家同姓のともがら, 源家嫡々のお, 源家存亡の重大時期, 源家平家の弓取, 源家物語のかたち, 源家累代の家人, 源家衰頽時代建仁三年の出来事, 源寺の前であなた, 源寺住職の祥慶, 源寺妻籠の光徳寺, 源寺摂津国町又二郎町, 源寺門前を通り, 源寺O町の家, 源と共に武士, 源将来の画像, 源少し遠きよし, 源少将兵衛佐などをつかわした, 源少納言さんがいられましたら, 源居ないのかい, 源と山, 源左めなまじ生木, 源左十兵衛カメその他数名の者, 源左名村百右衛門長瀬小三次, 源左大将であったが, 源左衛門その他の者, 源左衛門以下は主人, 源左衛門和田源四郎を差向け, 源左衛門大槻を蒲生忠右衛門, 源左衛門常世は呼びもどそうと後, 源左衛門様だ壬生, 源左衛門殿や御, 源左衛門父子である, 源左衛門町野左近将監等は政宗勢, 源左衛門蒲生忠右衛門二番手に蒲生四郎兵衛, 源左衛門蒲生忠右衛門蒲生四郎兵衛町野左近等何躊躇すべきしおらしい, 源左衛門蒲生忠左衛門蒲生四郎兵衛町野左近将監新参ではある, 源左衞門それに爭, 源左衞門丈けは留守, 源左衞門先生のところ, 源左衞門治太夫御兄弟, 源左金吾頼家尊霊と刻み, 源左馬頭の梟雄, 源平屋島の戦ひ, 源平織りにされた, 源平菅原紀などの類, 源に達すれ, 源廷尉宛然なり予, 源を洞察, 源戸田一刀斎などの高名, 源扶敗軍して, 源扶隆たち兄弟の兵, 源抄十に, 源津守頼光の, 源擁心流の拳法, 源政綱というこれ, 源敬公以来の尾張藩主, 源敬公時代以來の古記録, 源斎巌が左, 源斎師など名前, 源旅館の二階, 源との間, 源明峠その他の山頂, 源ぞ火花, 源時珍が本草, 源景寺河童のやつ, 源朝雅の第, 源軒で, 源東江に学んだ, 源松これにあり, 源松そのものも実は, 源森源といっ, 源様あなたの御, 源様いつまでこう, 源権現様の御, 源次さん千太さん理右衛門爺さんなんかが来る, 源次たちの仲間, 源次に何が, 源次の間にいつのまにか, 源次オイ源次よく胸, 源次号柏雲といい, 源次郎さんがヒョッコリ, 源次郎氏の姿, 源次霧浪あふよ, 源母子からさらに, 源氏一族の領下, 源氏以後にもございます, 源氏佐々木家と共に奥州, 源氏先陣館盛綱陣屋の段, 源氏先響の如く, 源氏再興のため, 源氏史からいえ, 源氏学の先駆者, 源氏方一人に平家方, 源氏方平家方と称び, 源氏武田家は四隣, 源氏石川ノ義基, 源氏節出語りで芝居, 源氏節本来の名, 源氏系でも平家系, 源の判官, 源水横町これという名, 源治たちより一足先, 源波響木文河釧雲泉川槐庵同賦, 源波響木村文河釧雲泉今川槐庵があつ, 源余滴や, 源流説を略記, 源など, 源涸れて, 源淘宮八門遁甲九星方位人相骨相家相墨色御鬮, 源深遠な自然力, 源の事, 源渓間数十里人能く窮むるなし, 源湧玉池に枕, 源の字, 源滿仲藤原顯基等の名流, 源為朝であろう, 源烈公が積年, 源爲朝が島, 源爲朝上陸の碑, 源爲朝養由基をし, 源特に満州, 源猫彦と号, 源未尽, 源寺坂を, 源生的な哲学, 源病状は先, 源白石中井竹山の如く, 源の意義, 源的おれと貴公, 源的そこにいた, 源的原型が内在せり, 源盛これを見, 源相職よりも仰せ, 源相職朝臣仰せの旨, 源県治のある, 源祐翁の方, 源禅門とか前, 源禅門直義公にはかねがね, 源禪師大休及び夢窓國師等, 源禪師空性禪師佛智禪師等いづれも, 源空らを流罪, 源空以後の念仏宗, 源空最初の意気盛ん, 源之辛, 源より説き起さ, 源義家の子義国から出, 源義明であること, 源義経八艘飛び, 源義経楠正成といったよう, 源義經もまた, 源義經那須與一等で綺麗, 源翁禅師を開基, 源東西会, 源自ら富田流の一派, 源英明にせよ, 源はまだ, 源蔵原の夕影, 源藏原の夕影, 源藤太という雑色男, 源行家が伊勢大神宮, 源術九星術淘宮術などはこの, 源術交神術中座術占夢術そうして五遁隠形術, 源術淘宮術のごとき, 源衛門の子孫, 源裏手の体, 源語其他の古, 源語源氏が紫, 源語竹取宇津保俊蔭等書, 源護右馬允貞盛ならびに公雅, 源護平良兼平貞盛等の訴, 源護殿のお, 源護等が愁訴, 源護被告将門および国香, 源谷室浜の儀兵衛, 源豊宗君及び奈良飛鳥園主, 源貞世豊臣勝俊の紀行, 源貞世近来水府長赤水説こと甚詳なり, 源起きいで誰, 源身死骨枯名不朽永同日月照乾坤, 源軍勢力ではその, 源軍首を得ら, 源軒天渓瑞長居士である, 源通寺で仮葬, 源通親が後鳥羽院, 源造おれはお前, 源造末が勇, 源遠い大河の, 源遠からざれば, 源遠き峡水である, 源である総, 源の, 源酒店の主人, 源重光に来る, 源重成を指す, 源長内てな息子さん, 源長明という者, 源長氏の離れ家, 源門下に及ぶ, 源は咸豐十一年, 源閣一通は熱河, 源院本太平記の刊行, 源院譲誉礼仕政義居士, 源陶宮等も行われ, 源が矢, 源雅信の女, 源雅定が若い, 源などの方法, 源頼信も関白藤原道兼, 源頼光さんの弟, 源頼政も白井権八, 源頼朝ニ送リテ和, 源頼朝天下の政権, 源頼朝奥羽を定め, 源頼朝徳川家康と云う, 源頼朝時代から続い, 源頼朝母は北条政子, 源頼義義家は前九年, 源頼義義經など英雄豪傑, 源願文を, 源高明の, 源の書帖, 源鳥八十などと云う, 源龍如我亦如君