青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「民族~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~毛 毛~ 毛利~ 毛布~ ~氏 氏~ ~民 民~ 民主~ ~民族
民族~
~民衆 民衆~ 民間~ ~気 気~ ~気がつい 気がつい~ ~気がついた 気がついた~ ~気の毒

「民族~」 4657, 48ppm, 2414位

▼ 民族~ (1542, 33.1%)

41 間に 12 神話に 10 中に 9 血の, 間にも 8 生活の, 美の 7 歴史を, 血と, 血を 6 文化の, 文化を 5 上に, 優秀性を, 力を, 将来の, 歴史が, 歴史の, 生活を

4 [16件] うちに, ために, 一員として, 中で, 仲間に, 宗教心, 心を, 文化が, 独立を, 現実の, 生活が, 生活に, 矜り, 精神の, 自立の, 間で

3 [21件] 上代を, 中では, 中の, 住んで, 内部から, 性格の, 意識を, 文化と, 最初の, 最古の, 特質が, 生活から, 発展の, 発展を, 神話と, 神話の, 言語が, 誇りと, 運命を, 過去の, 間には

2 [106件] あひだ, うえに, うちには, うちの, すべての, それとを, なかに, はたらきの, ハラワタを, 一つの, 一人として, 一切の, 一派が, 一般的な, 不正なる, 世界史的使命を, 中には, 中にも, 仕事と, 仲間と, 伝統と, 伝説を, 何物にも, 侵入を, 信仰の, 偉大なる, 優秀な, 共有である, 利益を, 力と, 動き社会の, 古語では, 名に, 名において, 問題は, 善良な, 垣は, 場合と, 多くは, 大衆は, 如くに, 存在が, 宗教は, 将来を, 心に, 心の, 性格を, 性質も, 意志を, 手から, 手で, 持って, 文化に, 文化は, 新しい文化, 新らしい, 方が, 本能が, 栄誉の, 歴史と, 歴史は, 歴史的な, 永遠の, 特殊性を, 特色として, 特質を, 特長を, 独立と, 独立の, 独自性を, 理想が, 生命力が, 生活において, 生活様式風俗習慣道徳宗教的信仰または, 由来が, 異同によって, 異同を, 発展せん, 発展に, 眼と, 研究に, 神, 神話や, 神話を, 神話中に, 祭祀と, 精神に, 美に対する, 考へ方, 者であり, 自由と, 自立と, 自立を, 茫漠たる, 落ちこぼれとして, 血が, 血は, 誇りという, 誇りに, 趣味の, 進取の, 運命についての, 間において, 間においては, 面影が, 風尚

1 [1038件 抜粋] あったこと, あらゆる天才, あるいは人類, いずれかが, いたことも, いのちの, うちにおいて, かつて存在, こころの, こころ根が, ことである, ことにまで, このやう, これに, さまざまな, しきたり又は, すべては, そういう物語, そのうち, それぞれの, それとして, それに, それら恐ろしい, ためと, ためにも, つねにより, とどのつまりは, なかでも, に限らず, はたらきが, ほ, または世界民族, もって, ものが, ものであり, ものは, ように, インフォーメイション・センターの, ハラワタから, ブル思想の, プロレタリアートが, マケドニヤの, 一つである, 一人と, 一個の, 一大恩人と, 一致合同を, 一部は, 七艘を, 上には, 上代もしくは, 不信は, 不幸とも, 不断の, 世と, 世界的自, 世界観を, 中へ, 中央都市が, 中心種族の, 主張を, 主領, 二將軍今わが, 人文発達の, 人種が, 今まで, 今日の, 仕事である, 代表的思想に, 代表者であるなら, 伍班に, 伝うる, 伝統という, 伝統は, 伝統的な, 伝説中で, 住む国土, 余力を, 作物を, 侵入が, 侵蝕を, 信仰が, 信仰であった, 信仰伝承の, 信仰的より, 信頼と, 偏見は, 傳統を, 優れた性質, 優劣問題は, 優秀と, 優秀性と, 優秀性は, 優越性とは, 優越性や, 元気を, 先天性にも, 光栄とは, 全く分離, 全体を, 六十の, 共通の, 内心の, 内部に, 分布や, 分派が, 分離以前の, 別から, 利害と, 刺激によ, 前途を, 創造的努力を, 力強さ, 助力をも, 努力は, 勇敢さを, 勝利から, 匂いと, 区別という, 区別は, 協働の, 協同体としての, 南方起原説に, 危機にあたり, 原住地, 反抗の, 叙事詩を, 口誦伝承に, 古い信仰, 古代の, 古代生活に, 古風に, 史的源泉は, 各種の, 同じよう, 同化に, 同情すべき, 名である, 名と, 名残りに, 否更に, 呑気な, 品性に, 商隊で, 問題である, 問題として, 問題にまで, 問題を, 嘆きと, 噴行艇群に, 団結が, 団結を, 国であり, 国を, 国家では, 国家生活としての, 国家的選民宗教の, 国民的信仰の, 国語との, 國家成立は, 土台そのものは, 土地というも, 圧迫を, 城池を, 堅実な, 墳墓中最も, 壮挙アルプス連山や, 外から, 外來文化に, 多数の, 大きな事務所, 大きな起伏, 大を, 大氾濫, 大自覚, 大部落, 天国を, 天才と, 天才的資質, 天職である, 天賦を, 女子の, 好みに, 如きもの, 如く世界眼, 妥協性もしくは, 婦人たちの, 存立と, 学芸の, 安住の, 完全なる, 実力が, 実際的大智, 宿命的な, 審美と, 対立は, 将来が, 将来に, 将来に関して, 將來に, 尖端よりも, 尚武的分子という, 属性な, 崩壊を, 差異を, 希臘人からは, 帝國主義の, 常食と, 平和の, 平民気質を, 幸福は, 広告マン振りが, 引続きであった, 強味と, 形勢を, 影が, 後楯を, 復活の, 心は, 心理は, 忍術も, 思惟の, 思想と, 思想の, 思想信仰の, 思想感情に, 思考の, 性格が, 性格までが, 性生活は, 性質を, 恵まれたる資質, 悪口ばかり, 悲劇と, 悲劇的性格を, 想像に, 意を, 意志や, 意識と, 意識は, 感覚を, 慣習統治宗教等を, 憎悪の, 成功なり, 成立と共に, 成立を, 或いはもっと, 所産であった, 手に, 持つ唯一, 持つ最上級, 持つ美, 持つ風呂, 接触には, 搖籃時代から, 支配下に, 政治的統一が, 教育の, 教養の, 数は, 文化だ, 文化についても, 文化的伝統と, 文化的使命を, 文字が, 文学にたいする, 文学は, 文弱で, 文明は, 文明福祉の, 新しい生活, 新嘗慣行, 方に, 旅行隊, 日常意識が, 日本人が, 暖い, 最も強大, 最も盛ん, 最初を, 有する之, 有する武器, 本能から, 本能の, 本能的な, 本質を, 本體, 核心に, 根本的な, 構成要素や, 様に, 権利確信を, 權利を, 欲望に, 歌の, 正しく深い, 此種の, 歴史に, 歴史に関する, 歴史中より, 歴史的伝統を, 残忍性の, 民主制を, 民族的英雄である, 民謡を, 気質には, 気質性格思想等に, 永久の, 決意が, 活動が, 流麗な, 海外に対する, 消滅と, 消長にと, 混入した, 混在し, 混淆共棲する, 清明心正大忠烈武勇風雅廉潔の, 渾融によって, 演劇の, 為めに, 無自覚な, 物せる, 特性が, 特性とも, 特色は, 特質に, 特長, 特長である, 特長なりという, 状態や, 独立, 独立や, 独立日本が, 獨立といふ, 王国を, 理想たる, 理想である, 理想なる, 理想は, 生きて, 生んだところ, 生存と, 生業の, 生活, 生活である, 生活なぞを, 生活や, 生活意識と, 生活研究も, 由来する, 由来を, 男女が, 略奪を, 異同と, 異同や, 癖である, 発展と, 発展には, 発展も, 発展政策が, 発達の, 百を以て, 盛衰, 盟主として, 相互關係によ, 相貌を, 真の, 眠りを, 眼底や, 矜持を, 知能に, 知識との, 研究から, 研究組織の, 社会です, 祈念に, 祖先に, 祖国の, 神性と, 神経過敏より, 神話から, 神話も, 神話界より, 神話説話中に, 神饌は, 祭典の, 科学的自殺以外の, 称呼であっ, 移動した, 移動や, 種々の, 立場とかいう, 箱, 精神かとも, 精神年齢について, 精神構造の, 精神機能に, 精神的に, 精神的特色は, 精華たる, 系統所属もしくは, 素朴な, 経歴を, 結合の, 統一は, 統治者の, 綜合的特性を, 維持繁栄という, 繁延の, 美しい衣服, 美を, 美風なる, 義務である, 習性であった, 者らと, 肉体的および, 腕に, 自主生活を, 自保自存, 自律への, 自決いや, 自滅を, 自由なる, 自由を, 自発とでも, 自立に, 自立人民の, 自覚を, 自覺, 興亡を, 船を, 色々な, 芸術としては, 芸術家をのみ, 英雄を, 英雄説話に, 著しい特質, 藝術に, 虚偽と, 融合し, 血液と, 血潮が, 血肉は, 衝突し合っ, 裏切者とさえ, 要素を, 親近性が, 解放を, 言葉の, 言葉や, 言語を, 言語的遺産の, 記憶の, 詳細な, 誇りである, 語に, 語部として, 説話に, 読書力を, 豊かな, 貯蔵所, 資本主義政策の, 起原として, 起原遷徒の, 起源を, 距り, 軍隊に, 輝かしい歴史, 進展を, 運動の, 運命といふ, 運命の, 運命われわれの, 道義をも, 違うどれ, 違ひもまた, 遷移, 遺蹟だ, 郷愁という, 野性的な, 鋳型の, 開きである, 間でも, 間の, 関係が, 闘争東亜諸国の, 限界が, 隣人愛即ち, 隷属労働運動の, 集合隊は, 霊妙な, 青春時代の, 領土を, 類似の, 風采と, 驕慢や, 高揚と, 魂が, 麕集する

▼ 民族~ (317, 6.8%)

6 一つの 4 各自の, 自己を 3 それぞれの

2 [19件] その藝術, 世界の, 他の, 何処までも, 何處までも, 各, 国家意識を, 彼の, 昔から, 根柢と, 殊に音楽, 混融し, 神に, 絶えない限り, 緊密なる, 美への, 自己に, 自己自身に, 自己自身の

1 [262件] あったかすら, あったこと, あります, あり個々, あると, あるという, あるので, ある時期, ある爲, ある霊的, あれ程, いかなる必要, いたとは, いたとも, いたよう, いつも多かっ, いわゆる高天原, いわれるの, おったこと, お互いに, ここに, このあたり, この三つ, この真実心, これほどの, すべてな, その伝説, その成立, その運命共同, それぞれその, それぞれ自分の, それである, それを, たえず現在, つづく最後, どうして生き, どうなっ, どれだけの, みずからの, もしも我々, もって, やはり何らかの, よくこの, より複雑, わが民族, わずかに, われわれに, われわれの, アメリカ人の, アルプスを, アールヤ系である, オーストラリアを, コックの, シナから, チュートン民族と, ドナウ流域から, フランスで, マヒトと, ライン河を, 一つでも, 一定の, 一度は, 一民族として, 一番重要性を, 世界に, 世界化しつ, 世界的に, 争って, 互いに結び合っ, 互いに網, 交代する, 人類の, 今もっ, 今や新しく, 今日日本人として, 他に, 仰で文明, 伝統と, 住まって, 住みさまざま, 住むこと, 住んで, 何かしら, 何かの, 何人かという, 何故に, 作り得た文化, 使うので, 使用した, 個性を, 優者として, 先住民すなわち, 先祖代々から, 入って, 全く違った, 其の意匠, 具體的なる, 内に, 内部の, 出て, 初めは, 到る処, 到底ブル根性, 労働する, 原住民を, 厭に, 又改めて, 取り合いしないという, 受けた惨, 古ければ, 各地方, 同じ言語, 同一の, 同一祖, 同居する, 同系統, 唯一つ, 四囲の, 団結し, 国際的な, 国際連盟に, 國を, 國際聯盟に, 土地に, 埃及を, 基本的で, 外に, 外に対して, 外国とは, 多くの, 多数の, 天から, 太古には, 夫, 奴隷制の, 好んで, 婦人や, 字を, 宗教に, 実際に, 寄り合って, 密集し, 尊敬した, 尚未開, 山若しくは, 希臘に, 常に対立, 形づくられたの, 得意と, 心から天皇, 思想を, 悪かろう, 成立し, 我等の, 戦って, 戦争の, 拡がるに, 提携しなけれ, 損を, 支那において, 支那語を, 攻めて, 教会の, 数千年来の, 数百年の, 文化の, 新しく作り変えられない, 新しく興つて, 新東亜, 日本と, 日本へ, 日本島国発見の, 日本民族から, 早いか, 最も破壊的, 最高の, 有する唯一, 有つ, 有つて, 朝鮮支那の, 朝鮮民族と, 未だ個人的生き方, 未だ野蛮, 本を, 材料として, 来て, 果して叙事詩, 根を, 此等の, 歴史上に, 永く中核的存在, 永續する, 海を, 海外の, 混在し, 渡って, 渡来した, 滅ぶかは, 滅亡する, 無意識に, 独立し, 独立国家を, 現代において, 現存し, 理想の, 生成する, 生活資料の, 異なった言語, 発展せん, 発音した, 皇室の, 目前に, 直面し, 相対立, 真に欠い, 真に王道, 真に生, 真に生き, 眼界の, 矢に, 科学的精神において, 移って, 移住した, 精神文化の, 系統を, 素盞嗚尊を, 終始一貫, 統一的要因である, 絶えずみずから, 絶えず異, 繰り返して, 羅馬に, 羅馬人の, 羅馬市民なり, 自ら黄河流域に, 自覚される, 自身の, 舟に, 虐げられて, 融合し, 製作した, 西洋人と, 見てるだけさ, 見られるの, 解消する, 造った限り, 進歩発達し, 遂に世界, 違い国籍が, 遺したもの, 部族や, 都筑という, 酒神サチユーロスを, 長きは, 隆盛に, 階級だ, 雲南より, 頭高く, 風を, 飢饉により, 馬に, 黄河流域には

▼ 民族~ (253, 5.4%)

2 [11件] その巨大, どの途, 一般に, 他に, 出来て, 多くの, 応わしくも線の, 成立した, 石造建築について, 自分の, 苦しい歴史

1 [231件] ありませぬ, いくたび, いつかは, いまだかつて見られなかった, えらかつ, おのれの, お世辞ら, かかる不毛, きさまたち, こののろわしい, このよう, このディレンマ, この一世紀, この両, この発展, しばしば, すぐそば, すっかり違っ, すべてこれ高天原から, すべて北種に, そうした魂, そこを, その天産, その富, その度量, その後数々の, その惡條件, その生活様式, その間に, その風土, それぞれ近代帝国主義の, ただその, たちまち遠く, ちょっと見る, とうの, どうしてもプロ階級, どこに, どちらかと, どんなに暮し, どんな態度, ないと, はやくも, ふしぎにも, ほとんど北種間, ほんの身近, またも, また世界, まだ日本民族, もう散, もちろん東亜, もっと, もといろいろの, もともと豪壮勇敢, もはや獣肉魚肉, やはり各, やむを得ず次第に南下, よくこの, よほど明敏, ゲルマン人種である, ドイツ人民が, ヨーロッパ民族の, ラテンの, 一つの, 一として, 一個の, 一器の, 一家族から, 一新した, 一民族を以て, 一派は, 一緒に, 一野蛮国としての, 上も, 不幸だつた, 世界に, 世界最大の, 世界的意味を, 互いに通婚, 互に不断, 互に関係, 亡びたと, 亡びない, 人から, 人種を, 今の, 今現に, 今言葉, 他には, 他の, 伸び行く, 何物である, 例へば漢代, 個人の, 優秀な, 優等なり, 先ず日本, 先住土着人なり, 共産主義に対し, 其はじめに, 其中の, 其點に, 再び海外発展, 出来たの, 出雲に, 前印度, 前述した, 北方から, 半神, 南種と, 単に百姓, 即ち又, 即ち黄白, 古代文化の, 各々の, 各別, 合の子民族である, 同じで, 同一なる, 同一の, 周の, 固より, 國家らしき, 土壌を, 地が, 地球人類の, 多く魚貝, 太陽そのものを, 夫先住土着の, 好んで, 婦の, 完全に, 実に情ない, 実際に, 対立と, 少ない, 少なくも今日, 尠く, 尠なく, 屍体, 島国に, 常に互に睨み合う, 常識的な, 幸福である, 幼年時には, 征服者たる, 後世階級思想が, 徐々として, 必ずしも常に道義的, 必ずしも幼少, 必ず堕落滅亡, 必要に, 快活で, 恐らくはどこ, 悲しむべきもの, 意識的に, 成立しない, 戦争という, 抑圧に, 政治上の, 文学を, 日本と, 明白に, 更に大きな, 最低の, 有って, 未だ時機熟, 未だ軽い, 本来の, 本来科学的精神を, 東から, 東亜民族の, 東亞民族の, 東洋民族か, 栄え或, 概して苗字, 機会さえ, 次第に一定, 欧洲大陸の, 民族としての, 民族個有の, 民間伝承の, 永い間, 永久に, 決して, 決して土人, 決して尠, 決して遠征, 没落し, 流石に, 海に, 消滅し, 清濁合せのむ, 滅びる, 滅び長い, 牧畜を, 特に反省, 狩猟よりも, 現今も, 現界を, 當時猶, 真の, 神武天皇の, 科学性といふ, 移動し, 稲という, 穀物の, 立至って, 繁榮し, 自ら中華を, 自ら之を, 自分たちの, 自分らの, 自己の, 自身の, 茲で, 衰へて, 衰滅する, 軍閥の, 辷らせるもの, 近いところ, 近代に, 通常世人の, 進歩の, 遂にその, 遺って, 都市に, 野獣の, 間の, 随分遠く, 靈智靈能を, 高天原から

▼ 民族~ (199, 4.3%)

6 對する 4 固有な, 奉仕する 3 同化融合し, 於いて, 於て, 於ては

2 [16件] あっては, しむけるの, とつて, とれば, なって, わざわいした, 亘りて, 仲間入りし, 同化し, 同化融合した, 属するもの, 於けるそれ, 於ても, 比べても, 特有な, 適用し

1 [141件] あつて, あらずや, ありては, ありても, いじめられて, おしひろげられるという, おそらく大きな, かえること, くらべて, これを, さへも, して, しても, その源, その背負っ, それが, とりて, ふさわしい形, もうけ入れられ世界, よく見かける, よりて, わざわい, ヒトの, ラテン語が, 一貫した, 与えて, 世界的視圏を, 乗り移る忘恩, 了解させる, 人類としての, 任せたら自然, 例えば印度, 依つて, 依つて説明, 依りて, 信仰され, 優るやう, 共通した, 共通な, 共通なる, 共通の, 内在する, 利益を, 劣る点, 単純な, 占領せられ, 及んだ時代, 取つて, 叙事詩の, 同化しまし, 同化し切れず, 同化せしめる, 同化せられ, 同化融合され, 同化融合せしめ, 同化融合せしめる, 向つて暴力武力, 固有であるらしく見える, 圧えられ, 圧服された, 圧迫され, 在りては, 変じて, 外ならぬ, 大切の, 奉仕せ, 存在し, 存在する, 安易な, 宣伝し, 尊ばるるシャーマン, 對し, 就いても, 就くよりも, 就て, 局限する, 属して, 属してるその, 属すと, 属すると, 属する人民, 屬します, 屬する, 帰し彼ら, 帰せられて, 帰順し, 彼は, 征服され, 徳性あり, 心ひかれ, 必ず無く, 忠実な, 愛好される, 感化を, 押しつけようと, 接する場合, 接触し, 接觸し, 損害を, 播及し, 敗けぬため, 於いては, 於けるが, 於ける論理性, 服従する, 本来共通な, 根ざし民族, 比して, 比し交会, 浸漸, 混じって, 潜在する, 特有なる, 特殊なる, 特異な, 独特な, 独立の, 生れた芸術, 用ゐられた, 眩惑される, 移り伝わり, 自然なる, 蒙らしめたの, 融合し, 裏切られた魂, 見られない強力, 見るべからざる一種不可思議, 見るを, 誘導の, 起りしゾロアスター, 較べて, 農耕及び, 近いフランス, 通有な, 通用させまい, 過ぎぬの, 適合する, 関係ある, 非ざれ, 非常に, 非難する

▼ 民族~ (182, 3.9%)

8 異にする 7 して 3 率ゐる

2 [12件] もつて, 中心として, 単位として, 危地に, 否定した, 否定する, 平等に, 征服し, 教化する, 本位と, 構成する, 規定する

1 [140件] あやまらしめたの, いくらかずつ, いれ自由, おいて, かたちづくるそれぞれ, ことごとく自分, その住居, たがいに, なして, ののしった, へだてて, まだ語る, まったく理解, もたぬ, もって, やだ, アスクレーピヨス生める, クロンボすなわち, フランス人と, 一団として, 三つに, 不思議に, 主体と, 乗せた船, 人類を, 今日の, 代表し, 代表する, 併呑侵略殖民地化し, 侮辱する, 偉大ならしむる, 偏愛する, 元の, 再生させる, 分析的に, 利用し, 刺激し, 助けて, 単位としての, 危うくする, 危地から, 厳しい条件, 叩きだすの, 叩き出すと, 同化融合せしめ, 向上させたい, 向上せしめ, 噛みこなした, 土着させる, 圧迫し, 圧迫する, 外に, 大東亜共栄圏, 始めと, 媒介として, 家僕として, 封建の, 尊敬しない, 導ける舊約, 少しでも, 建てようとの, 引例した, 形づくつた以上, 形成し, 形成する, 形成せ, 征服した, 従えて, 恨む理由, 意味し, 意味する, 愛して, 愛し他, 愛する自然的衝動, 打って, 抑圧し, 抑圧する, 指導し, 挙って, 撃滅し, 擁護する, 改良する, 教育する, 斯かる, 日本の, 日本へ, 日本人として, 日本人に, 明らかに, 曾ての, 検分する, 模倣する, 殺しつつ, 殺す戦争, 滅ぼしたもの, 漢民族と, 為して, 率ゆ足疾き, 現在の, 理解し, 異にした, 知らなかった, 知ること, 知る必要, 研究し, 神聖化し, 組織し, 組織する, 経て, 統一し, 統一した, 統一せられた, 統制し, 統治しよう, 統治する, 絶滅しよう, 脅かして, 興隆の, 衰退させる, 裏切らなかったらさいわい, 見るやう, 覚醒させ, 誘導し, 論じながら, 論理的に, 貫く民族特有, 賛美し, 超えて, 蹶起せしめ, 軽視する, 追い越そうと, 酷使虐待する, 鍛えあげた民族, 限定する, 隷属させよう, 集合し, 食おう, 駆って, 駆逐せよ, 高めるの

▼ 民族~ (152, 3.3%)

27 歴史 5 民族との 4 同様に, 民族とが 3 なって, 云うもの, 云ふも 2 その文化, 云ふ, 人種を, 同等の, 対等の, 文化との, 申しましても

1 [89件] あらゆる国家, いうと, いえども, いえば, いっても, この三様, これに, これを, さらにその, すれば, そう変った, その婦人たち, その社会生活, その自主的文化, なったの, なつて, なり相互, なるの, なるべきもの, まだ融和, ギリシャ, ブッシュマンとの, 世の, 世界資本主義との, 乖離してる, 事を, 云うも, 他方プラトンとを, 伝説は, 個人とを, 共通なる, 及びその, 同じエスプリ, 同一系統に, 同時に或は, 同系に, 同系を, 同視し, 呼ばれて, 呼ばれるもの, 呼びシナ文字, 因, 国境とを, 国家と, 国際協同の, 差別なき, 弱小民族の, 形を, 彼との, 心からなる, 成り果て, 接触し, 文化, 文化の, 日本民族には, 東洋および, 歴史その, 歴史の, 歴史一巻一号において, 比べて, 比較する, 民族が, 浅からぬ, 混血した, 生活様式を, 申し候う中, 盛んに, 相生に, 看做して, 称し得られる一つ, 称するも, 種別を, 競争し, 結びつき狭く, 背反する, 自称する, 自立と, 觸接する, 言います, 言うの, 言は, 言語, 貴賤, 農民が, 鎖国民族との, 開化民族とを, 闘って, 階級との, 雜居せし

▼ 民族~ (114, 2.4%)

7 なもの, 自覺 4 な特色 2 たること, であると共に, なロシア, な思想内容, な血液, な風格, に論ずれ

1 [82件] だという, である, であるだろうと, であると, であるとともに, でなく同時に, でなければ, というよう, と云われる, なある繋がり, なこと, なそしてまた, なるところ, なる時代, なツナガリ, な一種, な他, な体質, な偏見, な兇暴性, な分化, な否, な土俗的, な宿命, な巧慧さ, な性格, な息窒, な意味, な感傷, な拡がり, な文化, な根, な特徴, な特性, な特殊性, な甚だ, な痛快感, な知恵, な神秘気質, な立場, な精神, な線, な肉体, な英雄, な詩譚, な違いそのもの, な長所美点, な障碍, な集り, な雑多, な音楽家, にし, になる, にはカトリック教徒, にも国家的, にも最も, にメシア, に云え, に他, に区別, に底, に根拠, に様々, に生活的, に礼讃, に考え, のはたらき, のもの, の不, の戦争, の気質, の相違, の美, の踊り, の関係, または人類, また歴史的, や宗教的, 不理解, 大爆発, 大犯罪, 大飛躍

▼ 民族~ (103, 2.2%)

4 の問題 3 や国民性 2 が大きな, が濃厚, ということ, というもの, と階級性, のある, の理解, を考える

1 [80件] から, からきた, からも独立, から必然的, があり, がある, がいかなる, がはたらく, がはなやか, が会戦指揮方針, が作用, が最も屡々, が養成, たる古い, だけれども, という, という場合, という興味, という話, として利己主義, として現われ, との一致, との関係, ともいふべき, とを同列, と一致, と世界性, と会戦方式, と同列, と名づけ, と申す, と称し, なるもの, については科学, にも相当, にゆき子, による本能的, に依っ, に対して自ら信頼, に対する反駁, に日本, に見る, に触れなかつた, に適切妥当, のつよき, のどこ, の主張, の強み, の影響, の根本, の欠陥, の特色, の発展, の解釈, の認識, の論理, の重要, は人, は問題, は我等, は文弱的, は極端, は民族性, への洞察, もない, も民族精神, や個性, や知識偏重論, を代表, を利用, を古典, を売り, を失っ, を強調, を深刻, を論じ, を超え, を養っ, 乃至国民性, 及び思想

▼ 民族生活~ (87, 1.9%)

5 の発展 4 の歴史的発展 3 または国民生活 2 とか国民生活, とその, に入りこん, の全体, の情緒, の長い

1 [63件] から生まれ, から生れ, から生れた, から遊離, から離れる, があまり, が世界性, が問題, が変化, が忽ち, といふもの, とのいろいろ, との関係, とシナ, と歴史, にあてはまらない, におけるその, にはあてはまらない, にはそのまま, にもその, によって仏教, によって養われた, に内在, に深く, に特殊, に長い, のあらゆる, のあらわれ, のすべて, の主, の内部, の変化, の存在, の実際, の将来, の差異, の幸福, の意義, の成り立たない, の或, の推移, の本質, の永續, の浄化向上, の特異, の特異性, の状態, の独自, の真相, の種々, はそれら, はどの, は全く, もしくは政治形態, もしくは民族精神, をもつ, を外, を批判, を支配, を改善, を破壊, を考えよう, を考察

▼ 民族精神~ (50, 1.1%)

4 を否定 3 の暢達 2 の否定

1 [41件] か何, が形成, で精製, というもの, とか群集心理, と切っ, と文化, などといふ問題, には生, にも徹, によるところ, に共鳴, に或, のよき, の上, の伝統, の作興, の哲学, の展開, の或, の拡充, の本領, の概念, の無量, の発揚, の発揚運動, の発露, の真, の綜合的, の自由, の表現, の謂, の高, または国民精神, もしくは国民精神, も固定, も女給, を以てすれ, を生かし, を肯定尊重, 又ハ世界思想ニ戰ヒテ凱歌

▼ 民族主義~ (47, 1.0%)

3 の主張 2 とを混同, の立場, は民族自己主義, を認容

1 [36件] が一つ, が勢力, が軍国主義, とか云, とか云う, とはすべて, とは凡て, とは畢竟, などをいじくり廻し, になる, によるゲマインシャフト, に便乗, に帰着, に性根, に数える, に是認, の傾向, の弁護, の強調, の思想, の文芸的適用, の旗, の武器, の泥沼, の目的, の贊成者, はファシスト, は孫文時代, は文化, へ飛躍, や全体主義, や日本民族主義, や民族, をたきつける, をふき込まれ, を鼓吹

▼ 民族である~ (40, 0.9%)

8 ことを 3 ことは

1 [29件] かない, からこの, から両者, から互に, から信頼, から苗字, がため, が今日, ことに, こと宗教や, それは, という事実, という様, という親しい, といふ立場, とかいうよう, とそう, との思想, との証明, と斷定, と考え, などと考え, にちがい, のであります, ように, ブッシュメンは, 事を, 点において, 限り是は

▼ 民族との~ (39, 0.8%)

3 間に, 間には 2 接触が, 間の

1 [29件] つながりなどが, 交易, 交易であります, 人種的関係に, 人間的理解を, 協同に, 双方を, 史詩や, 多少の, 戦いにまで, 戦争という, 戦争には, 戦争の, 接触で, 本然の, 比較を, 決勝戦を, 深いところ, 混合体より, 混淆の, 生活力の, 真の, 競争何より, 繋がりも, 貿易関係を, 過去の, 関係などによって, 関係に, 関係の

▼ 民族~ (39, 0.8%)

3 亦た 2 ある, それぞれの, 階級も

1 [30件] あり予, おかまひ無し, おなじラテン系, この国運, こんな詩, すぐれた文化, そのはじめ, その未開, その沙, また一般, また発展, みないっしょに, みな同じ, もう間もなく大勢, もつては, 之を, 亦この, 亦他, 入れて, 単に自己自身, 味方同志の, 單に, 嘗て一度び此, 宗教も, 徳川時代には, 救われるん, 明治以来朝鮮台湾満州国に, 漢民族も, 火の, 直接或は

▼ 民族としての~ (30, 0.6%)

2 品位を, 存在を, 生活が

1 [24件] すぐれた文学その他, 優秀な, 内なる, 劣等感を, 匂いと, 原始的気魄が, 名と, 哀歓を, 子供の, 強い団結力, 新しい発展, 日本人に, 日本人の, 最も不幸, 最初の, 歓びも, 死後の, 統一を, 自覚の, 蝦夷は, 血液の, 資格を, 運命を, 重大な

▼ 民族として~ (27, 0.6%)

2 生活し

1 [25件] この奇蹟, そして更に, はたらくという, また個人, 世界に, 世界的に, 乏しい中, 全世界, 再建に, 同じ歴史, 固有の, 天皇が, 存在し, 存続する, 宇宙から, 安住するであろう, 定住するであろう, 常世を, 昔から, 最も重要, 生を, 発展した, 知られて, 立ち上る気力, 育って

▼ 民族には~ (27, 0.6%)

1 [27件] あてはまらぬという, いまだ興り得ない, かならずなく, かような, この区別, その成立, それぞれ特異な, それぞれ異なる, なくして, もとより革命, われわれに, ジャズの, 一つも, 儒教は, 其の晴朗, 初から, 古来無数の, 己の, 日本民族の, 本質的の, 次第に土地, 民族として, 相当適合, 知られるわけ, 立派に, 負けたり, 風景という

▼ 民族~ (27, 0.6%)

2 に行われた, の戦争, の競争

1 [21件] には往々, に伝わった, に同じ, に存在, に於, に於ける, に此形式, に残存, に発見, のプロレタリア, の人道, の信頼, の反感, の対立感情, の文化, の白鳥処女説話, の貿易, の距, の間, 又は国民間, 或は階級間

▼ 民族という~ (23, 0.5%)

5 ものが 2 ことを, ものの, ものは

1 [12件] ことに, のは, のも, のを, 一つの, 感じなどで, 方が, 概念が, 現実の, 純粋な, 観念からのみ, 語が

▼ 民族意識~ (22, 0.5%)

1 [22件] からの飛躍, が今日, が存在, が強烈, が現実, というよう, といふやう, との対立, に捉われ, に深く, のなか, の方, の絶大, は主として, は到底, は反動者, や国家観念, を保有, を利用, を否定, を象徴, を重視

▼ 民族によって~ (21, 0.5%)

1 [21件] いつからとも, いろいろな, その心理, それぞれの, 一つ一つ異らね, 世界を, 分化された, 初めて夫, 占有された, 同じく韓国, 大変ちがいますでしょう, 夫, 差が, 形づくられた, 敬虔に, 文化民族の, 異なって, 融合統一され, 貴賤, 雄渾な, 韓国から

▼ 民族~ (20, 0.4%)

2 人種の

1 [18件] ゴツス人の, 人種や, 出雲派ツングース民族などの, 国土や, 国民が, 大陸の, 或る, 支那, 文化の, 文化階段などを, 日本人血統の, 時代の, 海部, 漁撈民族が, 異れる, 社会や, 血統や, 階級の

▼ 民族から~ (19, 0.4%)

2 盟主と

1 [17件] シナから, 人類へと, 出た大, 分析し, 堕落し, 学ぶよう, 完全に, 帰化した, 常に劣等人種, 成る私たち, 文化へと, 独立した, 第一線決戦の, 第二線決戦, 見ると, 起ったので, 限定される

▼ 民族とは~ (19, 0.4%)

3 何の

1 [16件] いかなる由来, こ, これらの, ちがった特色, どういう者, どうしても僕, ならず結局民族, また別, もとより人種, 何ぞや, 全く生活, 別な, 前々から, 北支那人, 同じでない, 違う別

▼ 民族たる~ (18, 0.4%)

5 ことを

1 [13件] ことが, の特権, や決して, ガラ族及び, ロゼルの, 事を, 印度の, 同胞が, 官軍が, 蝦夷として, 蝦夷人の, 諸君は, 鮮卑の

▼ 民族~ (18, 0.4%)

1 [18件] がもし, がもしも, が一般に, とかを学問, と神秘学, のこと, のやう, の中心項目, の呪術, の教授ハッドン, の研究対象, の領分, の魔術, はこれ, は古代史, は現存原始種族, また宗教学上, や人類学

▼ 民族的特質~ (17, 0.4%)

2 の認識

1 [15件] が何等, であると, というもの, として掲げ出, との一致, と稱, に新た, に災, に適合, の中, の外, はやはり, を与えてる, を嫌忌, を超越

▼ 民族~ (16, 0.3%)

1 [16件] から, から日本民族, ということ, とてまさかに, ともいう, と主張, と信じ, と思いこん, と思ひます, と思ふ, と愛想, と教えられ, と知った, と確信, などいう, のという

▼ 民族文化~ (16, 0.3%)

1 [16件] との関係, と云う, と労働者階級, の優位性, の反映, の尊重, の正しい, の比較, の高度, は必ず, もまた, をどの, を世界文化, を如何, を此処, を誇張

▼ 民族~ (14, 0.3%)

1 [14件] あつた, あつて, あらうと, すらこれ, その悲しみ, ついにアリア人, もとは, フィリッピン諸島の, 一つの, 其の統治者, 同時にまた, 当時の, 残存し, 自由や

▼ 民族でも~ (14, 0.3%)

1 [14件] その将来, なかった, なかつた事, また本能的, もつて, 同じこと, 変りは, 少なくとも民族, 平和に, 早いか, 時により, 決してその, 發生し, 運が

▼ 民族~ (14, 0.3%)

1 [14件] この歌, においてかく, におけるある, にかかる, には最も, には虎, にもまた, に一種, に混入, に潜在, に融合, に行き渡っ, の落伍者, 尚この

▼ 民族では~ (13, 0.3%)

2 忍び得ないよう

1 [11件] ありますが, できないこと, ないから, ないと, ないの, ない一つ, なかった, もともとない, 一般に, 地位の, 字母製造における

▼ 民族的国家~ (13, 0.3%)

2 の勃興

1 [11件] が帝国主義, が次第に, が膨脹的運動, という, のいずれ, の中心, の互いに, の膨脹, の膨脹的欲望, の間, は更に

▼ 民族的宗教~ (13, 0.3%)

1 [13件] が衰え, が衰える, であ, となっ, の必要, の盛ん, の衰えた, の道教, の附属物, は当時, は沖縄, を記念祭的, 全盛代

▼ 民族であった~ (12, 0.3%)

1 [12件] かということ, からし, がため, が一歩ユカタン半島, ことには, ことは, という, としても小, と考える, にし, のだ, 当時以来人口の

▼ 民族にも~ (12, 0.3%)

1 [12件] いかなる芸術, この種, 仕えること, 信じられたの, 同様の, 奉仕しなけれ, 折々聞く, 甚だ多い, 知られて, 稀しくない, 類の, 類例は

▼ 民族に対する~ (12, 0.3%)

1 [12件] ならば, ツラニズムの, 人道は, 反感的比較は, 場合に, 奉仕を, 強い信頼, 意味においての, 愛も, 愛着を, 文化的逆, 謬見

▼ 民族全体~ (11, 0.2%)

1 [11件] がその, が己, としての大きな, にとっては分裂, のはたらき, の一つ, の力, の神, の道徳的並, は最も, を人造人間

▼ 民族固有~ (11, 0.2%)

3 のもの 2 の価値 1 のあらゆる, の文化, の直観力, の神, の観念, の面影

▼ 民族そのもの~ (10, 0.2%)

1 が一つ, が亡び, が劣等, の本質, の独自, の童謡, の自立性, はほとんど, は科学性, も真

▼ 民族とか~ (10, 0.2%)

2 国家とか 1 ノールディックとかを, 国家とかも, 国際世界とかの, 國家とかいふ, 文化とか, 時代とかという, 申しますもの, 身分とかの

▼ 民族~ (10, 0.2%)

3 のである 2 のだ, んだろう 1 のであります, のであろう, んです

▼ 民族に対して~ (10, 0.2%)

1 どんな仕事, 不正を, 人道を, 今日ある, 出雲民族という, 卑怯野蛮な, 同じ効果, 普遍であった, 用いられる事, 確保しよう

▼ 民族自立~ (10, 0.2%)

2 のため, の問題, の運動 1 との社会主義達成, と世界平和, の精神, の要求

▼ 民族~ (9, 0.2%)

4 の問題 1 いかなる地位, から貴, より観察, 何ら区別, 少しも

▼ 民族にとって~ (8, 0.2%)

1 かなり大きな, 値打の, 合理的に, 如何にも相応しい, 寒心すべき, 最も重大, 画期的な, 驚異の

▼ 民族よりも~ (8, 0.2%)

2 進んで 1 ドイツ民族の, 優美な, 如何に, 安楽に, 経済でも, 豊かに

▼ 民族を通じて~ (8, 0.2%)

1 同一なりと, 宗教信仰の, 文化の, 星に関する, 最も屡ば, 神話発生の, 素朴なる, 至る所

▼ 民族乃至~ (8, 0.2%)

3 国民の 1 國民と, 國民の, 日本の, 日本国民の, 特に人類

▼ 民族国家~ (8, 0.2%)

1 としての日本, の代り, の問題, や対立的世界, らしい華やかさ, をパレスタイン, を助くる, を完成

▼ 民族的特色~ (8, 0.2%)

1 がある, がそれ, とを同列, と云う, の最も, もまた, を与え, を持っ

▼ 民族をも~ (7, 0.2%)

2 意味する, 讃えないの 1 合せて, 襲ふところの, 閑却し

▼ 民族主義的~ (7, 0.2%)

2 なもの 1 な思想, な感傷論, な敬神思想, な時代, な誇

▼ 民族問題~ (7, 0.2%)

1 がマルクス, が世界, が漂流, にあり, は世界, をこの, を扱

▼ 民族特有~ (7, 0.2%)

2 の美 1 な反, のまっ黒, の楽天主義, の生活, の規律

▼ 民族独特~ (7, 0.2%)

1 の性情, の情死, の抱容性, の淡い, の生産, の色彩, の見地

▼ 民族的理想~ (7, 0.2%)

1 が, と自由, に服從, の一日, の基礎, の頂上, は満

▼ 民族的精神~ (7, 0.2%)

2 に同化 1 となり果てた, に執着, の強弱, の習得, を發見

▼ 民族的自覚~ (7, 0.2%)

1 が流れ, というの, といふの, によるもの, の絶決算, をもっ, を喪った

▼ 民族であり~ (6, 0.1%)

1 その渡来, ながらもその, 彼等が, 日本民族の, 社会に, 血液共同体であり

▼ 民族とが~ (6, 0.1%)

1 一切の, 互の, 優れた素質, 同盟或は, 現在に, 終始一貫友情

▼ 民族とに~ (6, 0.1%)

2 抑え得ない愛情 1 おもおもしくのしかかっ, 對し, 根ざすこと, 限られない

▼ 民族または~ (6, 0.1%)

2 国民としての 1 国家の, 国民の, 彼の, 部落民が

▼ 民族協和~ (6, 0.1%)

1 の実, の実現, の実践, はこの, は人, を困惑

▼ 民族心理~ (6, 0.1%)

1 の取扱, の最も, の歴史的根拠, の現れ, の變化, は変死

▼ 民族~ (6, 0.1%)

1 が流れ, が誰, であるけれども, にも階級, のお, の嫡統

▼ 民族独立~ (6, 0.1%)

2 して 1 がある, ということ, とか植民地化, への希望

▼ 民族発展~ (6, 0.1%)

2 の上 1 とに背反, の方向, の歴史, の閉塞

▼ 民族的教養~ (6, 0.1%)

1 が唯一, と民族的, によつて余自身, によつて完成, によつて自己, は我等

▼ 民族的記憶~ (6, 0.1%)

1 がよびさまされ, でいろどられた, とでもいう, による特殊, の名残, を探ろう

▼ 民族~ (5, 0.1%)

1 ッ五反田防護団員な, 判明しない, 或は何れ, 物凄い黥, 西洋民族かと

▼ 民族であっ~ (5, 0.1%)

1 てその, てもうまく, てもし, て主神, て感情的

▼ 民族といふ~ (5, 0.1%)

1 もの, ものが, ものは, やうな, 趣は

▼ 民族とかいう~ (5, 0.1%)

1 名称さえ, 情緒的な, 根本概念が, 範疇は, 観念と

▼ 民族とも~ (5, 0.1%)

1 に全力, 功利活用の, 第一, 範疇の, 違うので

▼ 民族なり~ (5, 0.1%)

1 国民なり, 国民なりの, 國なりの, 時代なりの, 蝦夷なりについて

▼ 民族に関する~ (5, 0.1%)

1 事ばかりを, 優れた記述, 学術的研究が, 知識によって, 考古学

▼ 民族への~ (5, 0.1%)

2 信頼の 1 侮辱に, 奉仕を, 迎合を

▼ 民族を以て~ (5, 0.1%)

1 一国家を, 任じて, 任ずる, 任ずるわれわれ日本人は, 高下すべから

▼ 民族~ (5, 0.1%)

1 中ニ於テ自決スルヲ得ル覺醒的民族ト, 大乘的信仰ニ對セントスル如キハ, 差別ヲ, 支配ヲ, 滅亡ヲ

▼ 民族及び~ (5, 0.1%)

1 その労働者階級, 帰化民族の, 時代を通じて, 諸個人, 韓民族は

▼ 民族~ (5, 0.1%)

1 において極めて, によつて教育, に規定, の上, はかかる誇るべき

▼ 民族文学~ (5, 0.1%)

2 の主題 1 が云われない, の上, の担当者

▼ 民族的感情~ (5, 0.1%)

1 から, などが一時的, にも特異, の渦巻, をよび起させ

▼ 民族的研究~ (5, 0.1%)

1 の一部, の発表, はいずれ, を施し, を述べた

▼ 民族~ (5, 0.1%)

1 が単なる, が外, と雖, の互に, も漢

▼ 民族とを~ (4, 0.1%)

1 いくらか異, 今力強く, 同時に亡ぼそう, 問わず恐怖

▼ 民族なる~ (4, 0.1%)

1 かを語る, において決して, ものが, ものを

▼ 民族において~ (4, 0.1%)

2 固有であり 1 何人にも, 血を

▼ 民族についても~ (4, 0.1%)

1 もし欠乏, 同様であっ, 同様であろう, 国家についても

▼ 民族ほど~ (4, 0.1%)

2 女は 1 容易に, 戦争好きな

▼ 民族もしくは~ (4, 0.1%)

1 その要素, 人種の, 国民としての, 国民には

▼ 民族~ (4, 0.1%)

1 利得, 包有セザル者ナキコト各, 迎ヘ, 迎ヘテ先住

▼ 民族主義者~ (4, 0.1%)

1 の事, の素質, はファッショ, も多い

▼ 民族宗教~ (4, 0.1%)

1 にもまた, に固有, の情緒, を作り上げた

▼ 民族心理学~ (4, 0.1%)

1 の特色, の課題, は民族, やら神話成立

▼ 民族理論~ (4, 0.1%)

1 から出発, と国家理論, へ解消, 及び独裁形態説等々

▼ 民族生活そのもの~ (4, 0.1%)

1 が歴史的, によって形, を変化, を直視

▼ 民族的伝統~ (4, 0.1%)

1 が内在, と解, の習俗, を維持

▼ 民族的勢力~ (4, 0.1%)

2 の衝突 1 としての争, として後

▼ 民族的差別~ (4, 0.1%)

1 がある, を撤廃, を有する, を根本

▼ 民族的文化~ (4, 0.1%)

1 が創造, の形成, の特質, を創造

▼ 民族的自尊心~ (4, 0.1%)

1 が含まれ, といふもの, などをふり廻す, を傷

▼ 民族的英雄~ (4, 0.1%)

1 がはたらい, であるよう, として賞讃, や民族

▼ 民族移動~ (4, 0.1%)

2 の方向 1 と時, の波

▼ 民族自主~ (4, 0.1%)

1 の国々, の必要, の意識, の観念

▼ 民族自己主義~ (4, 0.1%)

2 でありそこ, に基く

▼ 民族興隆~ (4, 0.1%)

1 の健全, の意気, の時, の種子

▼ 民族解放~ (4, 0.1%)

1 と民主主義, のゲリラ隊, の慾求, の指導者マサリーク

▼ 民族道徳~ (4, 0.1%)

1 が案外, の内容, の觀念, の重要

▼ 民族でありまし~ (3, 0.1%)

1 てオール, て他, て古代希臘人同様

▼ 民族です~ (3, 0.1%)

1 か, から, ね

▼ 民族でない~ (3, 0.1%)

1 ことを, というもの, 彼等は

▼ 民族としても~ (3, 0.1%)

1 その生活, 日本の, 死んだもの

▼ 民族においても~ (3, 0.1%)

1 まぎれること, 共通に, 動物の

▼ 民族について~ (3, 0.1%)

1 吾, 考える時機, 記して

▼ 民族にとっては~ (3, 0.1%)

1 それは, 之が, 暦は

▼ 民族による~ (3, 0.1%)

2 その特殊性 1 もので

▼ 民族に対し~ (3, 0.1%)

1 この有力, 働いて, 給える

▼ 民族以外~ (3, 0.1%)

1 において所謂毛人, に何, の異種族

▼ 民族~ (3, 0.1%)

1 の個体間, の平和, の総べて

▼ 民族~ (3, 0.1%)

2 して 1 するという

▼ 民族~ (3, 0.1%)

1 国民という, 移動につれて, 移動の

▼ 民族学者~ (3, 0.1%)

1 にまかせ, によって言われ, によつて言

▼ 民族感情~ (3, 0.1%)

1 についてのさまざま, の昂進, や国家間

▼ 民族或は~ (3, 0.1%)

1 一階級の, 更に限つて隼人種族, 歴史上交渉接触の

▼ 民族本来~ (3, 0.1%)

1 の性質, の無, の長所美点

▼ 民族的偏見~ (3, 0.1%)

1 というもの, に火, をまた

▼ 民族的性格~ (3, 0.1%)

1 でもある, との闘, の概念

▼ 民族的特徴~ (3, 0.1%)

2 というもの 1 をとらえた

▼ 民族的特性~ (3, 0.1%)

1 の喪失, は生かされた, を殺戮

▼ 民族的特殊性~ (3, 0.1%)

1 として理解, を強調, を高調

▼ 民族的発展~ (3, 0.1%)

1 の機運, はその, を遂げん

▼ 民族的矜持~ (3, 0.1%)

1 にはなり, にふれる, を失う

▼ 民族的芸術~ (3, 0.1%)

2 の前途 1 だそう

▼ 民族的論理~ (3, 0.1%)

1 があります, というもの, の規律

▼ 民族的農~ (3, 0.1%)

3 本組織

▼ 民族礼式~ (3, 0.1%)

1 というよう, などにかまけ, の前

▼ 民族自体~ (3, 0.1%)

1 の上, の気力, は決してさ

▼ 民族自決~ (3, 0.1%)

1 とか人種差別撤廃, を結果, を絶叫

▼ 民族自身~ (3, 0.1%)

1 にあたえる, にとってすら眼鼻, の持っ

▼ 民族~ (3, 0.1%)

2 の新聞 1 の混入

▼ 民族資本家~ (3, 0.1%)

1 までをふくむ, までを含めた, をあらわす

▼ 民族あるいは~ (2, 0.0%)

1 人民の, 社会層の

▼ 民族こそ~ (2, 0.0%)

1 一番基本的な, 真の

▼ 民族すなわち~ (2, 0.0%)

1 国津神系統の, 天孫民族である

▼ 民族それ~ (2, 0.0%)

1 は四方, は見

▼ 民族たるべき~ (2, 0.0%)

1 事を, 人々から

▼ 民族だった~ (2, 0.0%)

2 のだ

▼ 民族であるなら~ (2, 0.0%)

1 ば偉大, ば刻々

▼ 民族なりと~ (2, 0.0%)

1 し朝鮮人, する一部

▼ 民族においては~ (2, 0.0%)

1 それは, 現代文化が

▼ 民族における~ (2, 0.0%)

2 人口に対する

▼ 民族については~ (2, 0.0%)

1 ともすれば忘れ, 絶望という

▼ 民族にと~ (2, 0.0%)

1 つては, つて魅力あり

▼ 民族にとっても~ (2, 0.0%)

1 代表的な, 趣味は

▼ 民族に対しても~ (2, 0.0%)

1 文化独裁の, 譲らざる矜持

▼ 民族より~ (2, 0.0%)

1 保護発達を, 劣ってると

▼ 民族を通じての~ (2, 0.0%)

2 人生の

▼ 民族~ (2, 0.0%)

1 取リテハ一ニ奇異ナル風俗トシテ傍觀スレバ足ル, 過ギザルナリ

▼ 民族上一般民衆~ (2, 0.0%)

1 とそう, と相違

▼ 民族上区別~ (2, 0.0%)

1 すべきもの, のある

▼ 民族世界~ (2, 0.0%)

1 に対立, は相互

▼ 民族五十二~ (2, 0.0%)

1 の言葉, の言語

▼ 民族住居~ (2, 0.0%)

1 の化外, の国

▼ 民族信仰~ (2, 0.0%)

1 に幾分, の名残

▼ 民族共同体~ (2, 0.0%)

1 の運命, への隠されたる

▼ 民族共通~ (2, 0.0%)

1 の信仰, の拝火教

▼ 民族~ (2, 0.0%)

1 の率, を表明

▼ 民族~ (2, 0.0%)

1 の道化味, 各地方

▼ 民族又は~ (2, 0.0%)

1 国民の, 新付民族の

▼ 民族史国民史~ (2, 0.0%)

1 のいろ, のいろいろ

▼ 民族史的考察~ (2, 0.0%)

2 の權利

▼ 民族~ (2, 0.0%)

1 と相当, に通ずる

▼ 民族学的研究~ (2, 0.0%)

1 に興味, の書

▼ 民族形成~ (2, 0.0%)

1 の方法, の過程

▼ 民族心理學的~ (2, 0.0%)

2 乃至民族史的考察

▼ 民族戦争~ (2, 0.0%)

1 の如き, の際

▼ 民族戦線~ (2, 0.0%)

1 という大きい, に無

▼ 民族指導~ (2, 0.0%)

2 の実権

▼ 民族文字~ (2, 0.0%)

2 をもっ

▼ 民族文芸~ (2, 0.0%)

2 の憧憬

▼ 民族混淆~ (2, 0.0%)

1 に逢っ, をひき起こした

▼ 民族的使命~ (2, 0.0%)

1 の下, の自覚

▼ 民族的傳統~ (2, 0.0%)

1 に對, を顧慮

▼ 民族的利己心~ (2, 0.0%)

1 が内, を実現

▼ 民族的國家~ (2, 0.0%)

1 の中心, を形

▼ 民族的地方的~ (2, 0.0%)

1 な特徴, の第

▼ 民族的存在~ (2, 0.0%)

1 が無くなっ, を失った

▼ 民族的宗教衰微~ (2, 0.0%)

1 の有様, の歴史

▼ 民族的意識~ (2, 0.0%)

1 が稀薄, の喪失

▼ 民族的条件~ (2, 0.0%)

1 を考慮, を論理的

▼ 民族的民俗学~ (2, 0.0%)

1 には第, の第

▼ 民族的活動~ (2, 0.0%)

1 が芸術, なりその

▼ 民族的理想實現~ (2, 0.0%)

2 の目的

▼ 民族的統一~ (2, 0.0%)

1 が現われ出よう, を形成

▼ 民族的関係~ (2, 0.0%)

1 もあり, を離れ

▼ 民族的闘争~ (2, 0.0%)

1 によって解放, を為した

▼ 民族研究~ (2, 0.0%)

1 の一部分, への一寄与

▼ 民族研究者~ (2, 0.0%)

2 の云う

▼ 民族研究資料~ (2, 0.0%)

2 第二

▼ 民族等々~ (2, 0.0%)

1 の観念, を意味

▼ 民族~ (2, 0.0%)

1 救とでも, 發の

▼ 民族自決主義~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ 民族芸術~ (2, 0.0%)

1 としての責務, の一切

▼ 民族藝術~ (2, 0.0%)

2 はかかる

▼ 民族観念~ (2, 0.0%)

1 と呼ぶ, をすて

▼ 民族~ (2, 0.0%)

1 である, への疑問

▼ 民族~ (2, 0.0%)

1 に及ん, に大きな

▼ 民族論議~ (2, 0.0%)

1 の台頭, は

▼ 民族資本~ (2, 0.0%)

1 がね, のね

▼ 民族軍隊~ (2, 0.0%)

2 を造る

▼ 民族運動~ (2, 0.0%)

1 としてドイツ, による混乱

▼ 民族過去~ (2, 0.0%)

2 の光栄

▼ 民族関係~ (2, 0.0%)

1 に於, の意味

▼ 民族~ (2, 0.0%)

1 という大きな, といったよう

▼1* [384件]

民族あらず貴族と, 民族あらゆる社會層あらゆる, 民族かと申しましたら私, 民族かも知れないと, 民族からさえも一般的承認を, 民族からの区別の, 民族からは襲われず永久, 民族からも蛇蝎の, 民族がちがへば血液もち, 民族ことごとく遠いか, 民族この大軍を, 民族さまざまの異, 民族じゃと羨しく思わるる, 民族すらあり得る, 民族その国民全部を, 民族そのものみたいなもの, 民族それぞれの国家, 民族それ自体の持つ, 民族それ自身と同じく, 民族だけが生き残り文化生活, 民族だけで現在ある, 民族だけの問題でなく, 民族だけを見ても, 民族だろうかという気, 民族であります上に, 民族でなくキリストの, 民族とかいふものにも, 民族とかに由って, 民族とかの場合は, 民族とくにイギリス国民の, 民族としてはこうした習俗, 民族とともに砂漠の, 民族とばかり思って, 民族とりわけ独立国家を, 民族どもがあった, 民族なしと断言, 民族なぞであり得ましょうか, 民族などがはいって, 民族などと威張っても, 民族などの移住地と, 民族なども加わって, 民族ならんか, 民族なりにもそれぞれ特有の, 民族なりの間には, 民族においてのみのことである, 民族にさえも大いに尊信, 民族にたいしていっそう多く, 民族にでもないこと, 民族にとっての現実的な, 民族になつてし, 民族にのみ生じたもの, 民族によつて變形された, 民族により時代精神が, 民族に関して参照し得る, 民族のけちらかされた生活の, 民族のみならず馬来民族, 民族その帰着, 民族ばかりならこれ, 民族また南洋の, 民族みずからの生活, 民族みたいに取扱う, 民族よりは遙かに, 民族ガ内部的興奮ニヨリテ外部的壓迫ヲ排斥セントスル時, 民族ガ積極的覺醒ノ爲メニ占有者, 民族タルベキ大本ヲ具體化シタル者ニシテ, 民族タル理由ニヨリテ日本國民タル國民權ヲ最初ニ且ツ完全ニ賦與セラルルヲ明カニスル者ナリ, 民族チベット民族などがはいっ, 民族然ラザル者トアルハ, 民族トルコ民族チベット民族などがはいっ, 民族ドイツ人の本質, 民族ドイツ光榮あるグウテンベルグ以來, 民族ナル點ニ於テ屬邦タルベカラズ又植民地タルベカラズ, 民族ニ對シテハ義勇兵制ヲ採用スル者アルベシ, 民族ハ十年間居住ノ後, 民族フェニキアエジプト人のもつ, 民族ユダヤ民族は自分ら, 民族ヨリ濠洲ヲ封鎖シツツアル現状ハ同一ナル不義ナリ, 民族一つの時代, 民族一列の, 民族一国民に真, 民族一般に窺, 民族三つの文学, 民族上彼らは区別, 民族上興味を感じた, 民族不動の信仰, 民族に国家, 民族中堅の階級, 民族主義ガ近世史ノ一大潮流ナリシハ言フノ, 民族主義内閣打倒を思っ, 民族主義国家主義の影響, 民族主義思想であろう, 民族主義文学だ, 民族主義理論が台頭, 民族主義的理念が生れかけ, 民族主義的社会理論の一端, 民族主義的社会科学論から主観論的自然科学論, 民族主義者流の間, 民族主義説の形, 民族主義風の定石, 民族ノ五, 民族二千万口を, 民族なる金博士, 民族人種の見当, 民族今日の智識文化, 民族代表の重大, 民族伝説が初めて, 民族個有の言語, 民族優勢説をかつぎ出し, 民族優越主義や, 民族先人の出色的光彩, 民族體の, 民族共和国自治国を包含, 民族共存共栄の希望, 民族其の他の, 民族分割の運命, 民族分離以前に持つた, 民族初期の文学, 民族利己主義が表面, 民族割拠の形勢, 民族創造の大乗精神, 民族劇アイヌにも所謂舞踊, 民族劇団が年, 民族の発展昂揚, 民族協和徹底のため, 民族協和運動は今日, 民族南下の事, 民族原始の形式, 民族叙事詩は極めて, 民族古い文明, 民族古来の習慣, 民族史中最も活動的, 民族史思想史よりは生活史, 民族史研究上最も必要, 民族同化融合の史実, 民族四囲の自然現象, 民族国家主義を樹立, 民族国家絶対主義が絶対的, 民族国家絶対主義者としてのこの, 民族国家絶対至上主義は種, 民族国家至上絶対主義という常識, 民族国家衰微の原因, 民族国民の問題, 民族多くの国民, 民族契丹の国, 民族奮起の輝かしき, 民族奴隷化をたくらんだ, 民族婦人に向っ, 民族存亡の危機, 民族存在説を取れり, 民族存立のため, 民族学協会の諸君, 民族学協会連合大会第8回記事, 民族実際の風習, 民族対世界の奇怪, 民族対人類の問題, 民族対民族の心, 民族対立主義者であって, 民族将来の発展, 民族尊重の傾向, 民族希臘民族日耳曼民族等の互に, 民族平等なる平和世界, 民族の想像, 民族強圧に反対, 民族形成以前から特能, 民族をけしかけられる, 民族心理上の諸種, 民族心理学実験心理学と内省心理学, 民族心理学者のルボン, 民族心理學性格心理學法律政治の心理學, 民族思想に具体的, 民族性将帥の性格, 民族性格のだらけ, 民族性社会と云う, 民族性論は民族, 民族悉くが振るい, 民族意慾を暢達, 民族意欲の象徴, 民族意識国家意識をもともと, 民族意識民族感情についてのさまざま, 民族は超凡, 民族感覚を中, 民族成立上の知識, 民族成立史の上, 民族或いはその人々, 民族所々にある, 民族排撃の野蛮さ, 民族政党の中, 民族救済から世界, 民族敗戦民族の差別, 民族教育にとつ, 民族数千年来の共同, 民族文化文芸の最高賞, 民族文明の基調, 民族新しい国家生活の, 民族方面の事, 民族日本国家の正しき, 民族日本国家等の正しき, 民族昭和維新の新, 民族普遍のもの, 民族最上の神格, 民族最古の詩篇, 民族最後の士師, 民族最高の表現慾, 民族服装言語宗教人生観は異, 民族本位から論ずれ, 民族構成の要素, 民族殊に吉川公と, 民族に各自, 民族民権民生の説, 民族永遠の発展, 民族などを始め, 民族消長の一つ, 民族混住の国, 民族渡来説のよう, 民族渾融による新しい, 民族特に我が皇道, 民族独立精神に対するめつぶし的金看板, 民族独立運動を再燃, 民族ゐるは, 民族理想の昂揚, 民族生活世界人としての日本人, 民族生活伊波氏のいわゆる, 民族生活徳川時代の社会組織, 民族異邦の文化両々相, 民族發展の跡, 民族的アジア哲学又アジア的関税, 民族的ソヴェト共和国連邦として之, 民族的リリシズムとも言, 民族的一座を結成, 民族的一殊異現象, 民族的交渉の程度, 民族的伝説や歴史, 民族的体質乃至気質, 民族的価値尺度と一つ, 民族的信仰の存する, 民族的偶像となり, 民族的傲慢心は人, 民族的優秀性を示す, 民族的優越感を満足, 民族的利害の外, 民族的制限という二つ, 民族的創造のコンクール, 民族的努力を別, 民族的危機の中, 民族的原因によるもの, 民族的反感からは信用, 民族的史学はギリシア, 民族的和協の実, 民族的問題が提供, 民族的因襲や国民的偏見, 民族的国家理論によって社会存在, 民族的国民的に固有, 民族的團體が形成, 民族的圧迫を絶滅, 民族的地位を感じ, 民族的地方的特徴としての純然, 民族的威容をととのえ, 民族的孤立特に一般民衆, 民族的対立がある, 民族的差別観を以て世間, 民族的差異をも暗示, 民族的思想を発揮, 民族的思考の法則, 民族的性癖であると, 民族的悲運に陥っ, 民族的意味から見ます, 民族的戦争に加, 民族的所屬は大食國, 民族的才能に執着, 民族的文化国家的思潮に冷淡, 民族的文芸を更に更に, 民族的本性を反省, 民族的本能から来る, 民族的本質の姿, 民族的段階によって一つ, 民族的気質を知らなけれ, 民族的滅亡に追いこまれ, 民族的潜在意識発露の一相, 民族的特異性の多い, 民族的特長がある, 民族的独占を得よう, 民族的獨立を得よう, 民族的発展上不可欠の要件, 民族的相貌は現象的, 民族的礼拝の標幟, 民族的社会的意識も強く, 民族的祝祭が一九二八年, 民族的科学をさえわが国, 民族的空想の偶発的産物, 民族的立場からこの, 民族的約束だから, 民族的素質によつて規定, 民族的結合は紀元前八世紀, 民族的統制のもと, 民族的義務とに欠け, 民族的習性には適, 民族的習癖としてさえも現われる, 民族的能力を示す, 民族的自立の必然, 民族的自虐でさえある, 民族的自覚心を向上, 民族的自負を強調, 民族的自負心にすべて, 民族的苦痛の要因, 民族的蜃気楼は林籟, 民族的血統の純化, 民族的要求と無関係, 民族的要素の出所, 民族的観察を記述, 民族的記録の実物, 民族的詩劇を描く, 民族的詩歌が一層, 民族的誇りの一つ, 民族的財産を最大, 民族的趣味も決して, 民族的運命的共同体くにへの自覚, 民族的遺伝としての連想, 民族的野心の鬪爭, 民族的限界を超えた, 民族的雄図を行なわん, 民族的雰囲気というよう, 民族的類型化を卓抜, 民族的飛躍の輝かしい, 民族携えて, 民族相互の神話, 民族相手にはさ, 民族研究上の一分野, 民族研究中の主要, 民族祖先の主流, 民族として最も, 民族神的信仰の産児, 民族神話学の叙述, 民族神話的或いは儒教的, 民族移住や十字軍, 民族移動開始後既に二十年, 民族童話にあこがれる, 民族競争国家競争のはげしく, 民族競爭の時代, 民族競爭國家競爭ニ眼ヲ蔽ヒテ何ノ所謂科學的ゾ, 民族一卷第二號, 民族精神国民道徳を発火点, 民族精神実現のため, 民族統一を図る, 民族統一運動も追, 民族統治法が如何, 民族美術館を建てた, 民族聡明な国民, 民族自分の友人ら, 民族自決主義ニ非ルハ論ナシ, 民族自治の主旨, 民族自治共和国をふくむ, 民族自発ですね, 民族至上主義に帰着, 民族芸術尊重熱の炎波, 民族古契丹, 民族衰亡の警鐘, 民族製作のもの, 民族して, 民族親和の魅力, 民族解放戦争革命もそこ, 民族記憶の力, 民族としての俳句, 民族詩人を良人, 民族詩人ルイス・カモウエンスがその, 民族詩日本民族詩としての俳句, 民族詩歌の発展, 民族詩的情景がいかにもありあり, 民族説話は頗る, 民族論並に言語學的, 民族諸子および全, 民族資本家インテリゲンチアが百年前, 民族資源が才能, 民族起原論がほとんど, 民族軍団千二百万人が襲来, 民族遊資を引出す, 民族過ぎさりし名, 民族闘争の所産, 民族階級或は職業, 民族雄飛の夢, 民族革命の思想, 民族革命共産主義者の潜航運動, 民族の形而上学的, 民族風習の上, 民族首都である