青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「湯~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

渦~ ~温泉 温泉~ ~港 港~ 湖~ 湖水~ ~湧い 湧い~ ~湯
湯~
湯気~ 満~ 満ち~ ~満足 満足~ 源~ ~源氏 源氏~ ~準備 準備~

「湯~」 6651, 72ppm, 1570位

▼ 湯~ (1180, 17.7%)

84 中に 43 中で 41 中へ 20 ように 18 ような 16 宿の 15 中の 14 方へ, 音を 13 なかで 12 なかに 9 音が 8 やうに 7 上に, 中を, 沸る, 香が 6 やうな, 中から 5 たぎる音, 中では, 匂ひ, 方の, 香の

4 [17件] お浪, 中は, 入口に, 客が, 客の, 客も, 宿を, 方は, 暖簾を, 歸り, 池の, 沸くの, 温度は, 湖の, 烟が, 町の, 音に

3 [23件] あるところ, 上へ, 中でも, 匂いの, 宿, 宿で, 宿に, 川の, 平の, 底に, 方から, 方に, 方には, 方を, 沸く間, 波に, 流れて, 温度を, 街の, 豊富な, 量は, 量も, 面に

2 [73件] あた, あふる, ありがたさ, ある所, ことを, さまかも, たぎるところ, なかの, なかへ, においが, ぬくもりが, ほうが, ようだ, カランの, 三吉と, 中での, 中にも, 事を, 前で, 前に, 名も, 客は, 宿は, 宿へ, 宿までの, 宿温泉まで, 尾峠を, 平温泉, 底, 底で, 底へ, 廃止された, 廓は, 微熱なる, 戸を, 揚場に, 新築の, 方が, 方で, 方も, 日に, 日には, 晩ぎりで, 栓を, 様に, 池に, 沸く音, 法音比丘尼は, 泡に, 温度に, 湖は, 湖を, 湧くとこ, 湧くところ, 潜り戸が, 熱いの, 猿を, 町, 町が, 町は, 町を, 石榴口に, 石榴口には, 脱衣場へ, 表面から, 表面には, 表面の, 表面を, 量が, 面からは, 面が, 音, 香煙り

1 [525件 抜粋] あいた時, あかりが, あくの, あたたかさ, あたたか味, あたりまで, あついの, あつくて, あつさ, あつさ汗, あの朱塗り, あの長閑, あるおかげ, あること, ある中棚, ある處, いつぱいな円筒の, うえに, うちに, うち一二を, うれしさ, おもいでを, おもて, お兼, お加減, お神, お禮, お話は, かげんは, かわりに, けむりが, ことである, ことなどが, ごときもの, ごとく沸, さめない限り, しして, したくに, しづく落す苦し, しぶきが, しぼりで顔, しみ込んだ檜, しりと, じんぎは水とやら, すみに, せいか, せいで, せいでござんす, たぎっているかまをおすえになって, たぎつてる音, たぎるおと, たぎる様, たぎる茶釜, たぎる薬罐, たぎる音如何, たぎる頃, たぎれるを, ただ一組の, たて廻しと, たて廻しなどが, たまるの, ため南巣の, ため心臓の, たゆる, とどろきを, とばつちり, どろどろした, ないもの, なか, なかでは, なかをでも, においも, にじみ出して, ぬくもりの, ぬくもりを, ぬるいの, はいった茶碗, はねない処, はねる媚, ほうへ, ほうを, ほかは, まちらしい, まわりにの, ものなどには, やりとり足を, ゆたり, ようである, わかれ今宵, わきが, わきたるを, わくあいだ, わくころ, わくところ, わくよう, わく所が, わく町で, わく間友子は, わく音が, んだり, トネ子だった, トネ子でありました, パイプが, フダを, フンダンに, 一室で, 一棟を, 一角へ, 三吉であった, 三吉は, 上の, 上を, 上下には, 上村から, 上村付近の, 下で, 下へ, 下足番に, 不潔さを, 世にも, 世話を, 中, 中である, 中にでも, 中には, 中にを, 中まで, 中までも, 中わたしの, 丸山附近と共に, 主人であった, 主人と, 主人という, 主人も, 主人や, 事などは, 二階の, 井という, 井戸, 亭主が, 代りに, 伊豆の, 何んと, 使い方が, 価値も, 信仰に, 傍に, 傍の, 僧兵が, 元です, 先生たちです, 光景が, 光景は, 入ったヤカン, 入口から, 入口が, 入口まで, 具までもねえ, 内外を, 内部または, 冷めて, 冷めないの, 出るよう, 出る托児所, 出る處, 分量は, 分量を, 刑に, 利目だ, 利目である, 前には, 前まで, 前を, 力, 加減だった, 加減は, 加減を, 労れ, 動く音, 匂に, 北に, 区別が, 区別など, 南を, 原に, 原の, 口に, 台, 台の, 味は, 噴出の, 坪までは, 場合も, 境に, 夏を, 外に, 外には, 外は, 大きな宿屋, 大神の, 天井から, 天井の, 天井を, 天井裏だった, 天然風呂へ, 天窓が, 天窓の, 奥座敷を, 好きな, 如く, 如く幼き, 如し, 妖艶さは, 嫌ひな奴も, 字か, 字と, 守り神で, 定連, 客で, 客などは, 客人も, 宿が, 宿な, 宿にも, 宿へは, 宿屋の, 宿情調を, 宿料の, 宿特有の, 小さきに, 小言を, 少量より, 尾今庄板取, 尾峠に, 峯温泉の, 崖に, 川といふ, 川とは, 川に, 川橋の, 川温泉と, 川温泉に, 市松格子が, 席でも, 帰りから, 帰りが, 帰りに, 帰りにも, 帰り道づれ, 帰途と, 底が, 底の, 底を, 建物が, 後の, 後私は, 徳これを, 徳は, 思はるる秋, 怪人は, 惜しむところ, 惨殺体と, 戻りに, 戻り道を, 扉口から, 扉口へ, 扉口を, 拍子木が, 接待を, 描き方, 支度が, 支度を, 斷崖の, 方なら, 方によって, 方への, 方身体温まっ, 旅館紀伊の, 日でも, 日新の, 春の, 時に, 時刻にもな, 札を, 杓を, 板の間を, 案内を, 樋の, 権現様の, 横に, 横の, 歌をも, 歸りか, 残りで, 気たちのぼる, 気の, 気分が, 気噴き立つ, 氣である, 水が, 水も, 水を, 池と, 沈澱物で, 河原に, 沸いた中, 沸え, 沸えた, 沸かないところ, 沸くやう, 沸くを, 沸つた時を, 沸り, 沸り出す, 沸返り, 沸騰る, 泉の, 泊り客に, 泡を, 波が, 波紋が, 注いで, 洗濯に, 流しの, 流しを, 流し場に, 流し場の, 流し場へ, 流に, 流れに, 流れる川, 浴より, 浴場と, 浴槽に, 浴槽にて, 浴槽の, 涌き青, 清六が, 温かさ, 温の, 温まりが, 温度によって, 温泉には, 温泉は, 温泉へ, 温泉を, 湖には, 湖へは, 湖より, 湖戦場ヶ原を, 湖畔を, 湧きよう, 湧き出して, 湧き出る沼, 湧き出る野, 湧く, 湧く湧かぬは, 湧出量が, 湧口に, 湯呑を, 湯女で, 湯川は, 湯気の, 湯気を, 湯治場では, 湯治客なんて, 湯船の, 湯花を, 溢れるの, 滝さんの, 滝は, 滴垂り, 滾沸, 濱の, 烟も, 烟りが, 烟りも, 煙が, 煙であったろう, 煙むらむら, 煙を, 煙突は, 煮えたぎる鐵瓶, 煮えるにつれて, 煮える音, 煽ったよう, 熱の, 熱量を, 玉が, 由だ, 男哉, 町そだち, 町で, 町に, 町へ, 町まで, 町らしい, 町エレジーが, 町通りぬける, 番を, 番人の, 番台が, 番台の, 番台へ, 番臺の, 発売元である, 白いタイル張り, 盤の, 直ぐ向う側, 看板さえ, 真冬な, 神の, 祭礼の, 秘伝のと, 種類も, 穴へ, 空を, 空色が, 立つ家, 笛塚山に, 筋向うの, 筧が, 紹介を, 終業の, 絵と, 縁で, 縁の, 縁を, 肌ざわりや熱, 背後の, 脱衣場の, 色が, 色だった, 色は, 色も, 色を, 荷箱また, 藤屋に, 行宮, 表に, 表面に, 表面上で, 裏口へ, 親爺は, 角に, 設備も, 設計は, 話を, 豊かな, 豊富で, 豐かな, 賽の河原が, 赤い暖簾, 趣味を, 路地に, 軟かさ, 辞儀は, 近所に, 近所へ, 返しの, 迸ば, 透見を, 連り, 遊技を, 道具に, 郡の, 部落へ, 都は, 配線の, 野大熊殿垣内小森五百原高水の, 鉢を, 附近であろう, 隅で, 隣に, 雨なり, 雨に, 雫の, 電気風呂に, 電気風呂へ, 露地に, 青色と, 面は, 面を, 音かおり, 音は, 音ばかりが, 音まで, 音も, 音暢や, 音渓流の, 飛沫が, 香は, 香も, 香プンと, 香梅が, 香気などが, 騒ぎの, 騒ぎを, 驛長さんに, 高さ

▼ 湯~ (989, 14.9%)

30 沸かして 22 汲んで 19 わかして 17 沸し 14 注いで 13 入れて 9 飲んで 8 かけて, 浴びて 7 沸かしたり 6 急須に, 沸かした 5 とりに, 沸す, 浴み

4 [14件] かけながら, くんで, つかって, つかわせて, 使わせて, 出ると, 取って, 持つて, 掛けて, 汲出し, 肩から, 茶碗に, 訊くと, 飲んだ

3 [17件] もらいに, もらって, 一口飲ん, 使う音, 使って, 出てから, 呑んで, 持って, 汲み出して, 沸かす, 沸かすの, 湯呑に, 立てて, 覗きに, 貰いに, 飲ませて, 飲むよう

2 [62件] あが, あけたん, あけて, あけ女の子, あびて, さして, さますよう, すすめて, すゝる, そ, たてると, たやさずに, だぶり, ついでそれ, つぎその, なみなみと湛えさせ, のみながら, グラグラ沸, バケツに, 二杯も, 使う人, 使は, 使ひ, 使ふ, 冷して, 出したり, 出て, 売る店頭, 奉る際, 廻して, 張って, 揉み唄, 揉むとうた, 揉んで, 柔らげる, 楽しみ納涼室, 毎日沸かし, 汲みだして, 汲みて, 汲んだので, 沸かしながら, 沸かし茶, 沸かす支度, 沸した, 沸すから, 沸らせ, 注ぐ, 注ぐと, 注げば, 注して, 浴びたの, 涌かして, 点ぜよ, 煮立てて, 熱くし, 盥へ, 立て, 背中へ, 自分で, 覗いて, 貰って, 金盥に

1 [584件 抜粋] あがってからも, あがりました, あけた, あげるそして, あた, あだ, あびせられるやら, あびせる, あみて, いっぱい汲みこん, いでて, いれて, うがい茶碗, うちかけられたよう, うっとり眺め, うつし一同, うつ柄杓, うめて, おくれ, おくれ気の毒, おそるおそる秀吉, お六, お飲み, かうるとて, かき廻しつつ, かけた, かけても, かぶる音, かれの, がぶ, きゅうすに, きり上げ, くみに, くれと, くれ粥, こぼして, こぼしに, こぼす, こぼすの, さあ湯, さした, さしたらすぐ, さしたり, さしては, さして客, さして飲ませる, さしながら, さしに, さすよう, ざぶざぶ腹の, ざぶりと月の, じゃあじゃあ出しはじめた, じゃぶじゃぶいわせ, じゃぶじゃぶやった, すくっては, すぐに, すこし相模, すする事, すする私, すゝつた, すゝめて, そそぎます, そそぐの, その老媼, それ焦げる, ぞんぶんに, たぎらして, たぎらせお, たく, たたえた温泉, たてる, たてる番, たのんだり, たびたびさし, たべタオル, ついだ, ついでうま, ついで一杯, ついで客, ついで弥三郎, ついで茶, つかった, つかった作, つかひ, つかわせた, つかわせに, つかわせました, つかわせるの, つかわせるブリキ, つかわせる時, つぎかけた鐵瓶, つぎながら, つくった, つぐうち, つぐ茶碗, つこうては, とって, とりまいて, とり寒中, とれと, どうして沸かす, どうするだろう, どくどくッ, ながめ見ほれてを, ぬくため, のぞくとかで, のましたこと, のまして, のませたの, のませたり, のみほし体, のむだけ, のめば, のんだ, はねかえらせて, はねかして, はねて, ひたした手, ひと口, ひと息に, ふき出しそれ, ふくませ両手, ふたも, ふんだんに使える, ぶっかけ, ぶつかけた, みたして, もて, もらうと, やすみ風, やろう大, ゆらゆらついで長い, よろこべり, わかさせて, わかしながら, わかしオリガ, わかしジャリジャリ, わかし三度, わかし冷飯, わかし小さな, わかし食卓, わかし飯, わかし髪, わかす, わかすくらいは, わかすこと, わかすと, わかすには, わかす時, わかす設備, わかす間自分, わったウイスキー, エレオテジウム納涼室を, ガブガブと, スチームがわりに, チャバチャバいわす, チヤブチヤブさせ, ブツ掛けた, 一つ飲ん, 一包と, 一升五合ばかり, 一度流し, 一杯, 一杯のむ, 一杯貰う, 一杯貰おう, 一杯貰っ, 一杯飲む, 一浴びし, 上がったばかりの, 上げたり, 上つた時の, 上り安房峠, 与えた, 乞うて, 二三ばいたっぷり, 仕掛けて, 代えて, 作る茶, 使いながら, 使う, 使うこと, 使うと, 使うの, 使う山, 使う気, 使う気勢, 使えば, 使つた, 使つてゐる, 使はせ, 使へる, 使わなかった, 充した, 入れその, 入れた, 入れたり, 入れたる鉄瓶, 入れた徳利, 入れた耳盥, 入れます, 入れる, 入れるだけ, 入れ換えてから, 入れ替える間, 冷したの, 出さうと, 出して, 出しますが, 出すべし, 出た後, 出た私, 切らしては, 割つたウヰスキー, 加へて, 勧めるの, 半分くらい, 取たり, 取らせ綸巻, 取りに, 取りまして, 取り上げながら, 取り焼塩, 取るの, 受け入れ孰, 召さするに, 召しあがりませんか, 台所一杯に, 吐きながら, 吸い込んで, 呑ましたなあ, 呑ましたり, 呑ませようと, 呑ませるもん, 呑まそう, 呑みて, 呑みに, 呑み懐, 呑み薯, 呑む, 呑むにさえ, 呑むの, 呑む為, 呑もうと, 呑んだまま槽, 呑んだ味, 呑んでは, 呼びとめて, 啜る, 啜る仕草, 啜る外, 器用に, 噴き上げて, 囲む渓ば, 土びんに, 土瓶に, 娯しむ, 婢が, 寒暖計で, 少しさし, 少しずつ, 少しづつ, 少し注します, 少し熱く, 差して, 幾杯か, 廻つて見, 引いたならもっともっと, 引いた立派, 引いて, 引っかけて, 張ったの, 張った浴槽, 張つたま, 弾いた, 後に, 得たに, 心掛けたる方, 思い出して, 戸板で, 手に, 打ちまけて, 打ちまけると, 打つ水音, 抜く漆喰, 持たせて, 捧げ食物, 掌で, 掘って, 掛けして, 掛け湯, 控えめに, 掬む柄杓の, 掻きまわして, 掻きまわす音, 掻き寄せようと, 提げて, 搬ん, 撥ね返す音, 教えて, 施すこと, 暫く口, 書生さんに, 最後まで, 月夜の, 本に, 柄杓に, 桶に, 棄て即座, 楽しむほど, 楽しむよう, 楽しむ事, 楽しんで, 欲しと, 止めて, 母へ, 水車仕掛の, 求める湯, 汚したこと, 汲みさ, 汲みささげる湯, 汲みに, 汲み上げて, 汲み出した茶釜, 汲み出しては, 汲む音さ, 汲んだ, 汲んだの, 沢山入れ, 沢山沸かし, 沸かさせて, 沸かさせ台所口, 沸かされたり, 沸かした後, 沸かしては, 沸かしに, 沸かしましたから, 沸かし半, 沸かし新しい, 沸かし洗面器, 沸かし焼いた塩鮭, 沸かし紅茶, 沸かし茶道具さ, 沸かし餅, 沸かすこと, 沸かすさ, 沸かすと, 沸かすにも, 沸かすやら, 沸かす仕掛け, 沸かす器, 沸かす手数, 沸かす暇, 沸かす用意, 沸かす茶, 沸かせ湯玉, 沸さした, 沸させ, 沸しとく, 沸し直し, 沸たたせ, 沸らしなどす, 沸らし居る, 沸立たせ, 沸立て, 注いだ, 注いだが, 注ぎそれ, 注ぎ入れ二人, 注ぎ勢, 注ぎ注ぎ昨日, 注ぎ足したり, 注ぎ込み実験, 注ぎ髭ブラシ, 注ぐ百杯, 注ぐ音, 注しかけた土瓶, 注したが, 注せでは, 洗面の, 流して, 流すの, 流す様, 流へ, 浴びせはじめるの, 浴びた, 浴びては, 浴びる, 浴びると, 浴び元気, 浴び頭, 浴ぶ, 浴ぶとひたかぶる, 浴る, 浴わね, 浴槽に, 浸ませて, 済まして, 済ます時分, 湛えそれ, 湧かしたり, 湧かして, 湯槽の, 満し, 満す, 溢そう, 溢れさせて, 点ぜよとは, 焚きつけたり, 焚き十二月, 焚くの, 煎じさせて, 煎じて, 煮たて, 熱くする, 熱く湧, 熱めに, 猪口に, 献じて, 甕に, 申しつけなさいそ, 盛った大きな, 盛った小, 盛って, 監房の, 盥に, 知らない, 移した, 立ち出でること, 立って, 立てた, 立てたやう, 竹筒に, 篝の, 紅茶, 紅茶茶碗の, 経て, 經ても, 脳天から, 舷に, 落す合図, 落す音, 落とした湯気, 葦垣へ, 薬鑵に, 被って, 見て, 見ると, 見下ろして, 見棄てなければ, 覗く, 覗く癖, 訪ねて, 請へば, 論ずるよう, 貰い, 貰つて体を, 貰つて来, 貰ひ, 貰ふ, 買い切りに, 買切りに, 足して, 足場として, 通し夜中, 通し寒, 運ぶにも, 運ぶ印度人, 酌む, 鍵孔に, 開いた時, 雪の, 頂戴した, 頭に, 飮ませる, 飮むが, 飮むところを見た, 飮むところを見なかつた, 飮む此の, 飲まされたやう, 飲まされて, 飲まして, 飲ますと, 飲ませたり, 飲ませた圓, 飲ませても, 飲ませられて, 飲ませろ餅, 飲みたるも, 飲みなよ, 飲みに, 飲み厠, 飲み終えると, 飲み自分自身, 飲む, 飲むうまい, 飲むそして, 飲む時, 飲んだなあ, 飲んだよう

▼ 湯~ (900, 13.5%)

53 入って 23 入つて 21 つかって 20 入れて, 浸って 13 行った, 這入って 10 入った, 入ると 8 行って, 這入りに 7 つけて, はいりに 6 入りに, 入ること, 浸りながら, 這入つて 5 つかつて, つかりながら, はいった, 入ってから, 入りながら, 浸つて 4 ひたして, ひたって, ひたりながら, 入りて, 入る, 浸かって, 浸して, 行くと 3 なって, ひたると, 入ったり, 入つた, 入れと, 全身を, 浸った, 行く, 行くの, 這入る時

2 [47件] お入り, つかったり, つかりまるでまるまる, つかる, なつて, はいり込んで, ほんのりと, ゆく, ゆくので, 体の, 入ったとき, 入っては, 入り過ぎたため, 入ること二三日, 入るとき, 入るもの, 入る時, 入れると, 向って, 御いで, 来て, 比べると, 沸かして, 流されて, 浸けて, 浸しながら, 浸ったまま, 浸つた, 漬り, 砂糖を, 絡んだ聖職, 行くから, 行くこと, 行くといふ, 行くにも, 行く時, 行けば, 近い濁った, 這入つた, 這入りつけて, 這入りまして, 這入ると, 通ふ, 顔を, 飛び込んで, 驚いた, 鮮かに

1 [477件] あり拙き, あッたま, いたる, いつたら電車, いつたり, いても, いない八月二十日頃, いひ難い, いり金, いるとき, いる江戸もの, いれられぬ皮膚, うんと胡椒, おりしま, かかりながら, かくまったが, かよって, からだを, かわって, こもりつつ, さっと通した, さらされて, して, しても, しめした手ぬぐい, しろ両親, すぎない, すぎないの, すると, すんなりした, ずんぶり, ずんぶりああ, そういう催し, たてて, たのむ月給, たびたびつかる, つかった, つかったってな, つかつたあと, つかつたままぐつすりと, つかつたり, つからないの, つかりさば, つかりたいと, つかりたまえ, つかりに, つかり形, つかり昼, つかると, つかるの, つけさせた, つけた, つけた二人, つけてたべ, つけないでも, つけると, つけ後, つれて, といて, とかさう, とかして, とけて, とけるそして, とびこむ, とびこむ一杯, とりあげたの, ながくながくひたる, なるあの, なるかと, なるじゃ, ぬくみつつ, ぬれたお, のびのびと, のぼせた身体, はいったとては, はいったの, はいった事, はいらず決して, はいらないので, はいらない事, はいりたくなり湯田, はいり体量, はいり夕食, はいり帰つて, はいり暫く, はいり紅毛人, はいり遅い, はいり頸筋, はいり髯, はいれ, はいれたありが, はいれないこと, はいれないとは, はいれるの, はいろうと, はいろうの, ひかせ候はん, ひたした, ひたしながら, ひたす, ひたった, ひたったり, ひたつて, ひたつて笑, ひたり, ひたりおも, ひたりそこ, ひたりつつ, ひたり薄, ひたり首, ひたるありがたい, ひたる習慣, ひたれり, ひつそり浸つ, ひとり浸る, ひびいて, ぴったりと, ほてったから, ほてった身体, まいって, みんなで, ゆくさま, ゆくの, ゆっくり入る, ゆっくり浸った, ゆつくり浸, われには, ゐる間私, ジッと, 一つは, 一と, 一夜の, 一夜引き還し, 一方が, 一晩つけ, 一泊し, 三日入れ, 下りた, 下り穴山駅, 中って, 中に, 二人の, 二週間ばかり, 今日は, 仕掛が, 任せ後頭部, 休養し, 伸ばす, 何かが, 先に, 入ったあと, 入ったか, 入ったこと, 入ったとき自分, 入ったの, 入った後, 入った心持, 入った時, 入った気持, 入った私, 入っても, 入ってる客たち, 入つ, 入つた事, 入つた気分, 入つて一本飮, 入つて和服, 入つて夕飯, 入つて寢, 入つて長, 入つて附近, 入つて驚ろ, 入つて髯, 入て, 入まさに, 入らせた, 入らないので, 入らぬもの, 入らぬ富豪, 入らんと, 入りいつ, 入りお茶, 入りぐッ, 入りたいって, 入りつけてはと, 入りつけないお, 入りのんき, 入りました, 入りましたのよ, 入りますれば, 入り中原さん, 入り共, 入り前, 入り将棋, 入り濡れた手拭, 入り軽く, 入り過ぎて, 入り酒, 入り食事後, 入るか, 入るそして, 入るそれ, 入るといふ, 入るとき薬用石鹸, 入るにも, 入るの, 入るべき白き, 入るほか, 入るゆゑ湯具, 入るよう, 入るよりも, 入る人, 入る人達, 入る前, 入る度数, 入る時分, 入る暇, 入る為, 入る甚だ, 入る興味, 入れた新しい, 入れた時, 入れないから, 入れなかつたの, 入れられそして, 入れられた, 入れる, 入れるには, 入れるやら, 入れる工夫, 入れ汁, 入れ薬, 入ろうかという, 入ろうと, 入浴する, 出かけさ, 出かけその, 出かけた, 出かけたが, 出かけること, 出で, 出掛けたから, 出掛ける, 出没する, 初の, 力を, 包まれた一つ, 包まれて, 千浪の, 参りましたの, 友待て, 取憑かれてを, 向わねば, 味噌を, 呼ばれて, 多かった, 女童居り, 嬲らせて, 子供を, 寄つて皆なで, 寒く果, 寝て, 寝どまり, 居りて, 居る時分, 干大根, 廿日あまりを, 引き返し強談, 強烈な, 往きたるに, 往くこと, 往くと, 往く時刻, 御這入り, 御這入んなさらない, 手を, 打任せたる, 招かれて, 指入, 於て, 明かしその, 明日から, 映って, 暑さ, 暗いあかり, 暮し度いお, 最初入っ, 月仰ぐ, 朱の, 来たもの, 柄杓を, 染った上, 染まって, 比べるの, 氣持よく, 沈めて, 沈める, 沈んだから, 河の, 沸す, 泊りそこで, 泊ること, 流された時, 浮いた垢, 浮かせつぶつぶ, 浮かべて, 浮かんで, 浮んだ一筋, 浮んで, 浴かっ, 浴し得たの, 浴し得る, 浴す, 浴する事, 浴って, 浴つて散歩の, 浴びる, 浸かりあげれば, 浸かりながら, 浸けたまま, 浸されたこと, 浸されたまま, 浸されたよう, 浸した, 浸し他, 浸し各自, 浸ったまま朝日, 浸った女, 浸っては, 浸つた儘, 浸つて女, 浸つて顔, 浸りすぎて, 浸りたい, 浸りつつ, 浸り夜, 浸り時に, 浸り朝夕二度, 浸り沈丁花, 浸り足, 浸り髯, 浸ること, 浸ると, 浸るの, 浸る位, 浸る最も, 涵つて目を, 温まったという, 温まつて, 湯治し, 溶いて, 溶かしたブロチン, 溶かして, 溶けるよう, 溶解し, 漬かって, 漬かると, 漬けて, 漬った, 漬って, 漬つた時其の, 漬る, 潜り落ちて, 濡れずに, 濡れた顔, 濡れて, 濡れないよう, 焦, 甘味を, 當りかける, 皮膚を, 眞先に, 真赤に, 着いた, 立ち越えんと, 立ててからの, 第一番, 聞かせようの, 聴けば, 肌を, 肩を, 脚を, 腐やけたまま, 行, 行かせ附近, 行かないかと, 行かないこと, 行かない方, 行かねえん, 行かれたあの, 行かれたり, 行きし帰途, 行きたいな, 行きつ, 行きましたろう, 行きやしないだらうから, 行き帰りて, 行くつて云, 行くとか, 行くところ, 行くまで, 行くより, 行く度, 行く支度, 行く時間, 行く橋がかり, 行く途中, 行けの, 行こうと, 行こう僕, 行ったついで, 行ったとか, 行ったの, 行ったもの, 行ったり, 行った中, 行った留守, 行った隙, 行ってるす, 行つた, 行つた時に, 行つた留守か, 行つてゐた, 行つて來ます, 行つて教場にも, 裸の, 誘った, 誘つた, 読む, 越ゆる, 足を, 蹲つては, 身を, 身体を, 追いついては, 逃げた, 逗留し, 這入った, 這入ったが, 這入ったという, 這入ってから, 這入つたら人間, 這入つた時, 這入つて行, 這入らうか, 這入らうと, 這入らなかったせい, 這入らぬかと, 這入りかけて, 這入りましたか, 這入り食事, 這入る, 這入るふり, 這入るん, 這入る御膳, 這入れぬと, 通いし古, 通って, 遊ぶ, 遊んだの, 遊んだ時, 達するには, 長いこと, 長くつかっ, 開きたる此, 關する, 限ります, 難有, 面した部屋, 頸まで, 顏を, 首だけ, 首まで, 首を, 馴染めそう, 駆けつけた, 髪洗つてゐる

▼ 湯~ (401, 6.0%)

11 湧いて 10 沸いて 5 流れて 4 ある, たぎって 3 あふれて, いて, えりの, たぎつて, わいて, 島に, 島の, 沸って, 沸る, 野まで

2 [16件] あまりに沸き過ぎた, ぬるいと, へりの, わいた, わいたと, 一杯に, 兵馬の, 沸くと, 沸らし, 湛えて, 湛へて, 爪の, 耳に, 自ら責めた, 這入って, 部落の

1 [305件] あきましたよ, あたためられ老人, あついと, あついので, あつた, あつて, あびられる, あふれた, あふれます, あふれる, あふれる中, あふれる憂欝, あふれ出ないと, あまり熱く, あります, あり飯, あるかね, あるだろう, あるでは, あると, あるのみ, ある弥之助, ある筈, いかにも熱い, いたり, いちばん熱く, いったいどんな, いっぱいはいっ, いつもいっぱい, うごくと, えりと, かるい渦, きたのう, きて, くた, くまれ生徒ら, ぐらぐらと, こぼれた, こぼれたの, こぼれて, こぼれる, こんこんと, さめて, ざあ, ざわざわざわざわと, しきりに揺れ動く, しみる, しゅんしゅんとわく, じや, すっかり冷え, すんだら七番, せめてぎんぎん, そもそも部落, たぎり我々, たぎるたぎるたぎるやたぎる, たぎるりん, たぎる頃, たくさんいる, たっぷりたたえられ, たつて, たれて, ちいんと, ちとお, ちんちん沸い, つきると, できたと, どんどん流れ, ないので, なみなみと湛えられ, にじみ出して, にじみ出て, ぬるいため, ぬるいので, ぬるか, ぬるかった, ぬるかつ, ぬるくて, ぬるくなっ, ぬるんで, はいって, はきだされて, はねお, はねかったとか, はねた, はねるから, はねるじゃ, ばかに, ひそやかに, びっくりし, ふつ, ふつと, ぶつぶつ泡, ほしい, ほんのり赤い, ぽこん, また有難く, まだ熱い, まわるよう, やっとたぎり出し, よく利く, よそならぬ, わいたのに, わいたらさ, わかされるよう, わかされ最後, わかされ酒, わきまして, わく, わくやう, アンチピリンに, コトコト沸, ザーッと, シンシンと, タイルの, チインと, チンチン途切れ, ツーンと, ドロドロに, ドンドン湧い, 一ぱいは, 一尺五寸も, 一杯張れる, 一杯源吉の, 一番最後に, 一等です, 上加減で, 不断に, 両方の, 久しぶりで, 乳の, 二個所に, 伊尹の, 何の, 僅に, 入ったの, 入れて, 全身に, 全身心, 八分目しか, 冷えきつ, 冷えるとき, 冷っこくなっ, 冷めてから, 冷めるから, 冷めるもん, 出て, 出ないあゝ, 出ないうち, 出ないがっかり, 出ないし, 出ないと, 出ないので, 出る, 出るという, 動いた, 動く, 勢ひよく掌面に, 取って, 吹きこぼれて, 噴きこぼれても, 噴き上, 噴き出して, 四服目だ, 夏を, 夜寝る, 大分ある, 好きだ, 好きだつた, 好きで, 好きであった, 好きな, 好き温泉浴を, 妙に, 威勢よく, 嫌らしい, 少し温い, 島, 島で, 島では, 島へ, 島を, 島泊りの, 島温泉へ, 島温泉まで, 常時出る, 平生に, 幾杯か, 広く何十人, 広やかに, 強いん, 待つて, 恋しさ, 持ち出されその, 揉めぬ, 早いの, 早く抜けちまっ, 桃色の, 歌を, 止ってる, 汚くて, 沸いた, 沸いたが, 沸いたと, 沸いたところ, 沸いたので, 沸いた湯, 沸いてるなら濃く, 沸いてを, 沸きました, 沸きましたから, 沸き出した頃, 沸き始める, 沸くよう, 沸く時分, 沸く間, 沸せる, 沸つた, 沸立っ, 沸騰し, 沸騰て, 沸騰を, 注がれて, 洩って, 流し場, 流し板の, 流れ出た, 温いの, 湛えられ匂い, 湧いたと, 湧かして, 湧き上ると, 湧き出して, 湧き出て, 湧き出で, 湧くと, 湧くどこ, 湧くの, 湧けば, 湯気と, 満々として, 溢れて, 溢れるばかりに, 滑石の, 滲みて, 滲み出して, 滴り落ちて, 滾, 漏るやう, 漲り溢れて, 澄み透って, 澄み透つて, 無くなって, 無けりゃァ, 煮えこぼれるよう, 煮えたって, 煮えたつて, 煮え沸, 煮たったから, 煮立った, 煮立って, 煮立つにつれて, 煮立つ爺さん, 熱いか, 熱くされ, 生温るく, 用意し, 瘡毒や, 白い湯気, 盥の, 眞白に, 眞赤に, 眠そう, 神経痛に, 私の, 私ひとりを, 立たないので, 立って, 立つこと, 結構だ, 総立ちに, 自由に, 草の, 荒らされて, 要つて, 諸病, 豊富で, 赤いので, 跳り, 身体に, 這入ったの, 這入ってると, 野では, 野へ, 野までは, 野も, 野温泉である, 金色に, 釜で, 長いか, 長いん, 陽なた, 非常な, 飲みたいと, 鳴るよう, 黄色い繊毛

▼ 湯~ (256, 3.8%)

3 何に

2 [12件] ある, いつでも, ぬるく便所, 嫌いである, 寂として, 浴槽に, 温かつた, 熱くて, 確に, 芋を, 菖蒲の, 風呂いっぱいに

1 [229件] あたたかそう, あつくて, あふれて, あふれ滾れて, あり部屋, あるが, あれども, いけないと, いつもながら, いわばその, うまいもの, お湯でない, きび, くませは, この近く, ごく狭く, さう, さながら神薬, さめきって, しづかに, すぐに, すっかり土, すつかり沸き切つ, すなわち湯, すみと, そっちのけに, その二軒, その名, たぎつて, たぎりなか, たちまちこの, たのしみです, だだっ広い薄暗い台所, どうした, どうだろう, どこから, どこでも, どこの, ないもの, なか, にぎやかであった, ぬるいが, ぬるみ加減, ぬるめに, のめず, ぴつたり熟語的の, ふんだんにある, またが, まだ冷め, みな向こうへ, もうすっかり夏, もちろんよろしく女, もちろん薪, もとより熱い, よいかな, よいけれど, よいな, よいなあと, よく練れ, よそうと, よろしく春, わいたその, わいて, わかして, わかねえかや, ガラ空きで, クラクラ沸, サービスだ, ゼロだ, タイルの, タダ女も, 一人ずつ, 一度に, 一月わずか, 一番低い, 万病に, 三四十年前には, 並んで, 中, 中央の, 二本の, 二銭だ, 人里離れ, 今では, 今日は, 他の, 付けたり, 何時も, 共同湯で, 其ばかりか, 其儘小川を, 冷えて, 冷え切って, 冷く, 冷めて, 出るらしい, 切創, 効く浴, 効能を, 勢いよく湯槽, 勿論なま沸きで, 勿論よい, 匙で, 半刻はか, 即ち一杯, 同じくほがら, 吾妻山の, 呑みたくないの, 四圍へ, 土瓶に, 垢と, 変だ, 外から, 外で, 外囲いが, 大いに好き, 大変熱い, 太股の, 女房が, 始終わいてる, 客間が, 寺の, 小さいワ, 少し前, 山と, 川の, 幾らでも, 底少く, 彼女にとって, 意外にも, 我慢します, 抜けるの, 持つて, 斎に, 斎川水と, 新しく普請, 新参者が, 日陰で, 旦那の, 旧日本, 早い, 早くすたれた, 早く廃れた, 明いて, 昔とは, 晴雨によって, 有難い, 桶の, 水に, 水楢などの, 汲み出されたり, 沢山には, 河岸っ, 沸, 沸いたと, 沸いとるかね, 沸かないが, 沸き返ッ, 沸って, 沸らせました, 泡の, 流れおちて, 流れないが, 海岸寄りの, 混雑し, 温まるの, 温微, 温泉で, 湯によって, 湯室の, 満々と, 溢れ白い, 火鉢に, 炭酸泉だ, 煮えたちかは, 煮え沸ぎって, 煮たぎって, 煮立って, 熱いか, 熱過ぎた, 狭い山, 生温るく冷め, 男女混浴な, 男湯よりも, 町内の, 癪に, 皮膚の, 真っ紅, 真白で, 神社か, 私の, 私を, 竈屋の, 箱根七湯の, 紺碧を, 絶対の, 胃腸病に, 自噴です, 良いでしょう, 色の, 色街の, 芸妓達の, 茶碗の, 荒々しいが, 蒸気で, 血の, 表面からも, 身体をや, 込んで, 透通ります, 遅く午前九時, 遠く西域, 適温よりも, 金創に, 釜に, 長いこと, 隣の, 音を, 頂かぬと, 顏を, 顔の, 顔を, 風呂みたいな, 飮まねえ, 高い山の上, 高い岩壁, 高い楼上, 黄色く濁, 黒部川の

▼ 湯~ (252, 3.8%)

8 行って 7 入って, 行くと 5 入るの 4 湯治に 3 はいりに, 入つて, 入る時, 行つた, 這入って

2 [23件] いって, せかせかと, 下りて, 入られると, 入るか, 入る順番, 入れて, 出かけて, 出して, 来て, 泊った客, 泊って, 玉子を, 着いたの, 行かないし, 行くにも, 行くの, 行く前, 行こうと, 行った, 行つ, 集る, 飛び込む

1 [160件] あがりこむの, いつたよ, おいり, お泊り, お這入り, からだを, くる時, この先, さか, つかれた足, つくと, つれて, はいって, はいりながら, はいるそして, はいるの, はいれと, はいれば, はいろう, はいン, ひそかに, まゐれ, やってくると, やって来ること, ゆくけ, ゆくこと, ゆくぽか, ゆく途上即吟一句, ドブリと, ベシン皿を, 一人で, 一杯這入っ, 一緒に, 七日湯治を, 下つて一, 二度お, 人の, 人間が, 今の, 伴って, 入ったと, 入ったりなんか, 入っちゃあ, 入っても, 入つ, 入つたの, 入つて一パイ, 入り, 入りかけて, 入りなど, 入りに, 入り四半刻, 入り度い, 入り読書, 入ること, 入れ, 入れてから, 入れねえぢ, 入れると, 入れるん, 出かけました, 出かける, 出かけると, 出たり, 分け入って, 初夏の, 参詣に, 參りました, 向って, 向つて, 喜太郎が, 天皇一家の, 女の, 娘を, 寄って, 少しずつ, 廻って, 引き返した, 往復する, 戻って, 捨てに, 掛け合った者, 新らしい, 旅を, 旅行を, 来いあ, 来たそうだな, 来たん, 来た時, 残念ながら, 泊ったと, 泊った七ツ, 泊りましたが, 浴って, 浸りに, 溪から, 漬かりに, 箱形の, 繰込んだという, 肩まで, 自分も, 落しながら, 行かなかつたもの, 行かなければ, 行きたいの, 行きました, 行きましたよ, 行く, 行くこと, 行くつて, 行くとき, 行くので, 行くべ, 行くらしく廊下, 行く入口, 行く帰りみち, 行く恰好, 行く氣, 行く約束, 行く道, 行ったあと, 行ったお, 行ったから, 行ったとき, 行ったところが, 行ったの, 行ったり, 行った後, 行っても, 行つたお, 行つたぢや, 行つたといふ, 行つたのが, 行つたばかり, 行つた後お前は, 行つた歸り, 行つた留守三七郎が, 行つてそれつ, 行つて亥刻を, 行つて來て, 行つて來る, 行つて来, 行つて来る, 行つて歸つて, 行つて留守だ, 行つて訊い, 西洋酢を, 跼んでシャーシャー, 近くなった, 這入っても, 這入りに, 這入ります, 這入る時, 這入ろうと, 通う電車, 遣り, 降りたの, 預けて, 飛びこんで, 飛び込んで

▼ 湯から~ (228, 3.4%)

33 上って 19 出て 17 帰って 8 上がって 6 上ると 5 上がると 4 あがると, 出ると 3 あが, あがって, 上が 2 よい月, 例の, 出たて, 出るの, 双子山の, 帰ると, 戻って, 飛び出して

1 [107件] あがった時分, あがるころ, あがるの, いつもの, こっちへ, この女, ずっとこっち, で, とびだし外, はじまって, ひ, もう三十年, わざわざ御, サッと通した, 一里ばかり, 上がったばかり, 上がったばかりという, 上がった体, 上がった男たち, 上げしなに, 上った, 上ったあと, 上ったので, 上ったら始めて, 上った七兵衛, 上った僕, 上っちまわあ, 上っては, 上っても, 上つた, 上つたところな, 上つたばかり, 上つたら, 上つた鷄介は, 上つて, 上つて二階へ, 上つて來る, 上つて夕刊を, 上つて来, 上つて来る, 上つて洋服や, 上つて運ばれた, 上つて部屋へ, 上りましたが, 上りますと, 上り二人, 上るころ, 上るの, 上ろうもっと, 今帰った, 伝わった, 出して, 出し立ての, 出た, 出たの, 出たばかり, 出たら, 出たら汚れた二人, 出たり, 出た兄, 出た後, 出た老人, 出ようと, 出ようとして, 出るそこで, 出るまで, 出る渋川, 出れば, 安房峠を, 巨大な, 帰えりしな暗い, 帰った, 帰った所, 帰つた所だ, 帰つて来る, 帰らないの, 帰りがけに, 帰る女, 帰る時分, 帰る跫音, 弟が, 弟子屈への, 揚がったら咳払い, 揚げて, 木賊の, 来た声, 柳原土手まで, 此處までや, 歩いて, 歸つた, 歸つた時, 歸つてゐた, 歸つて來ても, 歸つて來る, 歸つて四半刻も, 歸つて斯の, 水を, 法師温泉を, 活動を, 浮きあ, 舊道の, 起ったと, 酌み出されたそれ, 離れて, 頂上まで, 飛上が, 飛出したという

▼ 湯~ (133, 2.0%)

6 あつた, 顔を 3 問題に 2 仕舞湯に, 伝説に, 清元を, 溶かして

1 [110件] あおりこれ, あた, あつしなんか, あほりこれ, あらって, おまけに, お猿さま, お茶を, お葉, かきまぜ甘藷, きいたばかり, くつくつと, こねて, さっぱりと, さッ, しきりにたで, すすがねば, せっせと大根, たきこむこと, ぢつと, て水, でも, といて, はかったら十四貫三百五十目, ふいても, ほてつた細そり, ほんのりと, またぶ, もって, もつて, もらって, カン, ビンが, 一旦湯, 一時間ほど, 上州で, 下田の, 下駄を, 主婦から, 二個所に, 体を, 使ったの, 先生の, 冬籠り, 半時間ほど, 召上がると, 嚥み, 四十分間ほど, 塩気が, 大きな共同, 子供が, 小紋縮緬, 少し熱, 弛めて, 彼女は, 思ふこと, 惨殺された, 手拭を, 手速くしなけれ, 拭いた顔, 拭いて, 拭く方, 時間を, 柔く, 歌を, 殿の, 水車の, 沈んだお客, 洗いその, 洗い切って, 洗い油でも, 洗うこと, 洗うだよ, 洗って, 洗っては, 淹れた, 温めたとき, 温めようと, 湯煮, 満腹だ, 溶きましたから, 火照った顔, 煮るの, 煮出して, 熊また, 熊又, 父法外を, 磨く, 私たちと, 絞る白い, 聞いて, 聞けば, 茹でて, 蒸され上, 薄めて, 訊くと, 話を, 身体を, 身体中の, 身體を, 造り込むの, 逢った建具屋, 遊んで, 金蔵が, 雜巾を, 顔や, 飲んだらよかろ, 馬の, 鶏卵を, 鼻を

▼ 湯~ (121, 1.8%)

9 水も 6 じ一つ 5 沸いて 4 茶も 3 じを, つかはねば 2 あやめの, あるし, じが, じの, じ一貫, 型ばかりに, 浴びずに, 滿足には, 熱かつ

1 [73件] あつい, あつた, あり茶室, ある医者, ある筈, ある蒸湯, いいでしょう, うっかりわかせない, きたならしいよいとこ, きれいだつた, じといふ, じにでも, じ白足袋, その他の, その倅, たぎって, たぎらせ茶堂, ちっと熱, ちんちん音, でなかつた, ない, ない食事, なしでも, なしに, のまぬ, また早い, みなよりは, よかった, よく宿, よごれるはず, わいて, チンチンと, 二度とは, 体に, 使って, 來なかつた, 出ない, 取っては, 取らせましょう, 口に, 咽喉を, 啜れなくっ, 喉へは, 大切に, 実はこの, 少しも, 彼の, 成りければ, 拔か, 文王武王も, 旦那方が, 昼酒に, 欲しい, 水に, 汲んで, 沢山沸かし, 沸, 沸いてるから, 沸らせ, 法外先生の, 浴びて, 湯花が, 満足には, 熱い奴, 立たず人々, 立たぬ, 米も, 粥も, 美しかつ, 隔なき, 風呂場の, 飲まずに, 飲ませて

▼ 湯~ (114, 1.7%)

12 て裏漉し 6 ておい, て水, 玉子の 5 ておきます, にし, 玉子を 3 てそれ 2 てある, てザラザラ, て一旦, て水気, て皮, て身, にした

1 [52件] たりした, たりブリスケ, たり煮, てあります, ています, てお, ておき, ておきまし, てから使う, てまた, てみ, ても唐辛, ても構いません, て一寸, て三杯酢, て使わなけれ, て別に, て前, て半日, て堅く, て塩, て塩胡椒, て擂鉢, て杉箸, て水嚢, て沸, て油, て湯, て湯松茸, て牛蒡, て白い, て白味, て直ぐ, て穂先, て笊, て箸, て絞っ, て肉, て肉挽器械, て薄く, て薄く小さく, て裏漉, て貰う, て輪切り, て骨, にする, にも飽きました, をした, ニスレバ却テ硬, 加減や, 半熟を, 玉子は

▼ 湯~ (95, 1.4%)

5 女湯との 4 いって 3 なって 2 云ふ, 女湯の, 日の

1 [77件] あつて, あるの, いう, いうのに, いつしよ, いつたの, いひこんな, いふ, いふへ, おなじ仕方, お豊風呂, かいつた時分, こうした雷雨, それに, ちがって, なり氷, ぬるい湯, わかりましたが, わさび漬で, コーヒーと, 一緒に, 二ヶ所で, 二万八千石の, 二棟に, 号し, 同じ, 同じよう, 同じボイラー, 同じ温度, 呼ばれて, 呼び慣らわし, 呼んで, 唐めかした, 変つた, 変らずよく, 大汝, 女湯とに, 女湯とを, 妙な, 山は, 川原の, 床屋に, 思うの, 思ったの, 思ふの, 新しい鶏卵, 書いた一対, 水と, 水とに対する, 水とを, 水の, 水を, 沸いて, 理髪店朝日軒の, 生みたての, 申す湯屋, 男湯とは, 白抜き, 盥を, 称するやう, 称せられ大正, 稱す, 等分に, 納涼室とを, 茶と, 親切なる, 言いまして, 言う, 言うと, 言えば, 言つた, 言へば, 誤り湯の, 酒と, 酒とが, 間違えてや, 餅の

▼ 湯には~ (82, 1.2%)

22 いって 7 いつて 5 いると 4 いったり, いる 2 いるの, ひる事

1 [36件] いかなかつたが, いってから, いつた, いつたが, いつたン, いるくらい, いること, いるすべて, いるそして, いるだけの, いるには, いるん, いる四日ぶり, いる底, いる戻つて, いる朝湯, いる湯, お浪, ちょっとつかった, ひつた, ひらうと, ひりながら, ひり別れ, また溪ぎわ, 一人の, 一度入った, 五日前に, 入らずと, 六太郎が, 客が, 尚更に, 数へる, 晩に, 浮かして, 溶けないの, 這入らなかったの

▼ 湯~ (79, 1.2%)

25 の中 4 のなか 2 の底, の隅, へ下り

1 [44件] から出, から出た, から桜, から眺められた, から首, がしばらく, でふつふつ, で逢う, で逢つた男, にし, にずん, にぢ, につかつ, にはいり込ん, に入った, に浸った, に浸つ, に湯しぶき, に漬けられ, に納まった, のあたり, のふち, のほとり, の乱闘, の傍, の前, の周囲, の湯, は去年, は地, は花崗石, は階梯, への案内, への稲妻型廊下, へは誰, へ下る, へ入ろう, へ連れ, へ飛び込ん, もよかつ, や灯火, をわが, を泳ぎ巡っ, を眼

▼ 湯~ (70, 1.1%)

7 の中 6 を立て 3 が立つ, の立つ 2 となつ

1 [49件] おほけれ, がむら, がもうもうと, が凍りつい, が温く, が立ちあがつ, が茶碗, が隙間, が黄色, でもあげ, で中, で困らう, とを充たせる, と子供達, などを嗅い, なん, になつて, には得ならぬ, に濕つて, に陽炎, に顏, のたつ, のなか, のやう, の上, の内, の出る, の向う, の奧, の末, の樣, の立, の立ち籠め, の裡, の騰る, はうづまきぬ, はむかし李夫人, まで亂, も匂, を出される, を吹き吹き, を吹き立たし, を噴出, を棚引かせ, を立てたる, を見, を見れ, を見詰めた, 立ちて

▼ 湯宿~ (52, 0.8%)

3 の二階 2 なぞで, に入っ, に泊る, に自分, へ遁走

1 [39件] があつ, があります, がある, が十二軒, が四軒, が皆, が立てこんだ, この桔梗屋, で一泊, と今, と雑貨, には過ぎた, に三人連れ, に入, に就き, に権め, の一室, の夜, の夜ふけ, の方, の月, の老婆, の裏, の軒, の部屋, の金田屋, の高い, は案外, へいま, へ走った, へ走つた, まで自動車, もあった, を営む, を營, を立つ, を見れ, を訪ね, を開い

▼ 湯煮た~ (52, 0.8%)

9 のを 3 のと, 肉を 2 のとを, スープを, 汁を, 玉子を, 薩摩芋の, 魚の

1 [25件] お芋, お魚, じゃが芋なんぞを, のだ, のは, のへ, のや, アスペラガスの, ジャガ芋や, ジャガ薯を, ハムを, マカロニを, 三つ葉の, 半熟は, 尾を, 汁が, 汁へ, 玉子の, 蓮根を, 豚の, 隠元豆を, 青豆を, 青隠元と, 魚を, 鶏肉を

▼ 湯加減~ (50, 0.8%)

5 を見 3 をし 2 が殊に, のよい, の件, は少し, をした, をみ, をみる

1 [28件] から始まる, がよかっ, が悪い, して, じゃ, である, でも見, になっ, に出た, のいい, の調節, の適度, はいかが, は温い, もよかつ, も上々吉, や濃度, をぬるく, をよく, を偸, を気, を氣, を考える, を聞いた, を聞く, を見よう, を見る, 程よき一風呂

▼ 湯という~ (49, 0.7%)

7 のは 5 のが 3 のに, のへ 2 のも, ものが, ビラを, 湯屋が, 湯屋で, 漢方の

1 [19件] いつも潜る, ことから, のなど, ものは, 人も, 名が, 名は, 家で, 屋号が, 感じを, 暖簾を, 温泉が, 温泉へ, 煎じ薬が, 言い伝えの, 銭湯は, 銭湯屋の, 電気風呂を, 風呂屋の

▼ 湯~ (43, 0.6%)

2 のふき, の湯気, を提げ

1 [37件] えてねえ, からのぼる, から渋茶, がある, が俯向け, が前, が天上, だと, と共に膳椀, なんかをつく, に入れ, に水, に沸き冷し, に熱い, に移し, のお, のたぎる, の下, の余り, の口, の湯, の火, の茶, は便利, は段々, は滅多, は露西亜人, りと, をお, をそこ, を借り, を取り, を台所, を持つ, を掛け, を早くから, を達引

▼ 湯にも~ (36, 0.5%)

2 いら

1 [34件] いい心持, はいって, はいらずむさ苦しく, はいらないで, はいらなかった, はいれた, はいれない, また恵まれ, よくいっしょ, 人が, 他の, 何にも, 入った, 入ったん, 入らずすぐ, 入らずに, 入らず式服, 入らず煙草, 入れる身分, 大変です, 女湯にも, 好い心持, 思い取られそう, 板の間かせぎ, 水にも, 浴せず, 碌々這入らない, 至り申さざるほどに, 行かず引き籠って, 行かず鮨, 這入らずさ, 這入らない後, 這入るだろうが, 酒にも

▼ 湯~ (36, 0.5%)

3 をする 2 の時

1 [31件] かの加減, させて, して, し経帷子, だよ, となる, とは何, なんぞしなく, に使う, に成りまし, のもの, の手つだい, の支度, の時らくだ, の時彼奴, の盥, の道具, は一人, は大体家柄, は新吉一人, は誰, は酒, は馴れなくっ, もすん, も濟, や何, をし, をした, を使わ, を使わせ, を言付けられ

▼ 湯でも~ (34, 0.5%)

3 水でも, 茶でも 2 飲むよう

1 [26件] あるまい拙者, かかった時, さしあげましょう, して, た, たくさん飲ん, なく白い首, わかして, ドッコイショ, 使わして, 冷たい気, 勝手に, 同じこと, 呑むベイ, 打っかけられたよう, 拝もうと, 沸かせるよう, 波, 浴びさせようと, 浴み, 癒えきれなかった, 秋子は, 自然の, 進げたら, 飲みますと, 飲んで

▼ 湯にでも~ (28, 0.4%)

4 入って, 行って 3 入つて 2 いって, はいって, 行ったの

1 [11件] お入り, つかつて, ゆつくり這入つ, 入ったら可, 入つて來い, 入ろうと, 入ツ, 晩湯にでも, 浸ったよう, 浸って, 行つ

▼ 湯~ (27, 0.4%)

3 に燗

1 [24件] が入れ, が揃っ, が温かく, が這入っ, であった, とは感じ, と書い, と風呂, などここ, につき思ひ当れる, に湯, に触っ, の一, の如く, の範囲, ばかり入れ, へ冷たい, も今, をこさへ, を余り, を元, を呼びし, を用, を見付け

▼ 湯~ (26, 0.4%)

2

1 [24件] いよいよ飛騨, から入浴, から冷たく, から御製, かを漱石, つた今日の, とか半, とか明礬, とすれ, と指揮, と答えた, ど, ね, のと, のを, べ, みんなは, よ洗濯, らいに, ッ, ツ, ナア, 月の, 湯で

▼ 湯タンポ~ (25, 0.4%)

5 を入れ 2 のお湯

1 [18件] がぬるく, で脚, と襤褸, のお世話, のせゐだと, はもうさつき入れた, をお腹, をこしらえ, をつくりました, をゆろり, を二つ, を二ツ私, を入れさせ, を入れさせた, を入れ換え, を支えてる, を蹴り落し, ヲ入

▼ 湯~ (24, 0.4%)

2 の方

1 [22件] から一里, があった, がある, で永らく, で見知っ, と称し, などには然, に近づいた, の売店, の煙, の習慣, の賄い女, は危険, は新開, は稼ぎ, へ一晩泊り, も空, も鶴, や江の島, を働く, を出, を新築

▼ 湯煮る~ (23, 0.3%)

4 のです 2 か蒸す, 時お湯の

1 [15件] かし, とその, とエガ味, と双方とも, と杉箸, と溶け, と白身, と章魚, と脂, と黄身, ように, 事も, 時に, 時沸立ったら掻き混ぜ, 時間は

▼ 湯~ (22, 0.3%)

2 のよう

1 [20件] が上がる, が立たん, が立っ, が立つ, が逃げ出し, でもあげ, でも立っ, などの場合, にあて, のお話, の中, の向こう, の温度, の立ち, の立ち上がる, は縁, も立ち上らん, をよく, を吐い, を吐き

▼ 湯ヶ原~ (21, 0.3%)

1 [21件] か, で降りましょう, にしましょう, に到り, に勤務, に着いた, に行った, の入口, の如き, の旅館, の温泉宿, の溪谷, の門川温泉, は可, へ行, へ行き, へ行く, まで送り, も可, より今日, を通過

▼ 湯~ (20, 0.3%)

3 水の 2 水へ

1 [15件] お茶を, どの春, シーツの, タオルを, 小涌谷邊り, 山の, 平左衛門の, 御食事, 懸想びとめく髪な, 果物を, 水で, 水に, 発哺温泉に, 茶の, 茶を

▼ 湯帰り~ (19, 0.3%)

4 の女 2 に師匠

1 [13件] か何, と見え, に蕎麦, のあと, のお店者, の勘次, の捷径, の浴衣, の濡れ手拭, の職人, らしい島田, らしい濡れ手拭, をおどした

▼ 湯では~ (18, 0.3%)

2 朝から, 男湯の

1 [14件] ありませんでした, あるが, あるけれども, いけませんぞ, ない, ないか, なおなおお, またいでは, ヘリを, 中毒を, 四里と, 本当の, 白馬温泉又は, 祭礼の

▼ 湯ヶ島~ (18, 0.3%)

2 へかけ

1 [16件] から少し, から帰っ, でしたか, で乘合自動車, と狩野川, にちょっと, に切支丹, のこと, の宿場, の温泉, の湯本館, の街道, の間, は元村, は谷底, へ出発

▼ 湯檜曾~ (17, 0.3%)

2 から引返した

1 [15件] からは約, から先, から岐, から越後, でいう, で汽車, というの, といふの, のはずれ, の村, の渓, の温泉, の辺, の邊, を通っ

▼ 湯風呂~ (15, 0.2%)

4 のなか 3 の中 2 には旧式, の前, の隅 1 にひたっ, の底

▼ 湯といふ~ (14, 0.2%)

5 あり 1 あのすぐ, のが, のは, のへ, 湯宿に, 狹苦しい, 聴くだに, 豪傑が, 銭湯が

▼ 湯~ (14, 0.2%)

2 を古

1 [12件] といふ, といふは男女とも, と湯巻, に紐, は古, めくもの, もこれ, も木紅, も此, をそのまま, を六本, を絡

▼ 湯あみ~ (13, 0.2%)

5 をし 2 をしよう 1 する窓, もし, をさし, をすまし, をする, を致し

▼ 湯アガリ~ (13, 0.2%)

1 [13件] が時々, だけだ, だつた, といふの, と顔, どころか茹蛸もどき, などに出会, の仇名廃止論, の斡旋, はもう, は大変, もぐでりんもそんな用事, を諸星源十

▼ 湯~ (12, 0.2%)

4 うふ屋 1 うふが, うふで, うふでも, うふに, うふにも, うふは, うふを, うふサシミ

▼ 湯~ (12, 0.2%)

2 に新しく, の水, の胴 1 がかけ, の湯, の湯水, の熱い, の蓋, を再び

▼ 湯づけ~ (11, 0.2%)

1 [11件] にでもし, のほう, の話, の道中, の音, の風習, をすする, をたべ, をめしあがられまし, を一匹おみやげ, を食べさせ

▼ 湯まで~ (11, 0.2%)

1 [11件] あるの, ずっと通したい, わかして, 下りるの, 側でまじ, 日に, 来ると, 歩く, 汲んで, 行くという, 辿りつくこと

▼ 湯~ (11, 0.2%)

1 [11件] じゃない, です, と同化, に入る, に堪能, に棲む, に足, のなか, の音, や白石川, 荒しの

▼ 湯漬け~ (11, 0.2%)

1 [11件] かッ, でもよい, でも食べ, などが出された, などのもてなし, のオペラ役者, をたべる, を持っ, を掻, を秀吉主従, を食べ

▼ 湯どの~ (10, 0.2%)

1 から消失, だ正, できいた人膚, の方, の橋, の裡, は久しく, へは出ません, へ一散, らしい

▼ 湯豆府~ (10, 0.2%)

1 たのしみ鍋, だ, ですのね, で飮, とあろう, なんか私, の事, の味, も慘憺, を本式

▼ 湯~ (9, 0.1%)

2 潮か 1 どっちを, 何か, 水か, 水かと, 水を, 石鹸を, 酒で

▼ 湯とは~ (9, 0.1%)

2 違って 1 すぐと, 別な, 名ばかりで, 君も, 堀割を, 机竜之, 蓮台寺温泉の

▼ 湯など~ (9, 0.1%)

1 あらば, あり, わかして, 一杯飲ん, 乞うて, 所望いたし, 沸かして, 貰って, 飲んで

▼ 湯好き~ (9, 0.1%)

21 が大坂, でいつ, で内風呂, というの, と相場, な日本人, の私

▼ 湯小屋~ (9, 0.1%)

1 から八谷越, が設けられ, で聞い, の往き帰り, の戸, の方, の柱, の羽目, を出発

▼ 湯崗子~ (9, 0.1%)

1 と千山, にて友, に著かれ, の温泉, は温泉場, へ今日, へ帰られない, 凍むる竝木の間, 遠く来り

▼ 湯揉み~ (9, 0.1%)

4 の唄, の音 1 やはじまる

▼ 湯~ (9, 0.1%)

1 が一枚, と手拭, もなくなり, をだした, を一枚, を出し, を数枚, を貰, を買っ

▼ 湯柄杓~ (9, 0.1%)

1 で, でか, で寸時, で汲み, で釜, を持っ, を持った, を退け, を釜

▼ 湯~ (9, 0.1%)

1 か蒸気浴, し少, などせ, のさま, の支度, をかいま見る, をし, を樂, 御召替

▼ 湯~ (9, 0.1%)

1 がき, が表, にわたし, に聞く, の者, の耳, は着物, も別に, も話し

▼ 湯との~ (8, 0.1%)

1 あいだは, 二つの, 二人前をも, 仕切板の, 境界に, 現実性を, 真ん中に, 間は

▼ 湯どころ~ (8, 0.1%)

5 の秋 2 のうしろ 1 の春

▼ 湯~ (8, 0.1%)

2 小屋から, 小屋へ 1 古里の, 古里兩部落の, 古里有脇瀬戸黒神高免の, 聖敬日躋

▼ 湯~ (8, 0.1%)

1 と水俣, に着いた, のおやじさん, の水, の親父さん, へ下る, へ向う, を出

▼ 湯~ (8, 0.1%)

4 の連 2 に定め 1 の巫女, は主として

▼ 湯権現~ (8, 0.1%)

2 の覚明 1 にしばらく, の堂閣, の常明燈, の房, の良暹, へのぼっ

▼ 湯灌場~ (8, 0.1%)

1 でうまい, と大久保, にさえ屋根代, に置い, の事, 買いね, 買いらしいこんな, 買い例

▼ 湯~ (8, 0.1%)

2 が夏, の盤 1 がこれ, が天下, は天帝, よりもまさつ

▼ 湯鳴り~ (8, 0.1%)

1 がし, がやむ, する釜, ときれい, の音, みたいだった, もしずまる, を見物

▼ 湯です~ (7, 0.1%)

2 よッ 1 から私, か僕, と湯げ, な, もの

▼ 湯~ (7, 0.1%)

1 がひとつ, に向かった, の上, の向う, も不愉快, も備, を運ん

▼ 湯道具~ (7, 0.1%)

1 の入った, やらおむつ, を前垂, を抱え, を片手, を自分, 持って

▼ 湯かげん~ (6, 0.1%)

1 の名, は, も気持ち, をさしのぞい, を直す, を聞き計っ

▼ 湯たんぷ~ (6, 0.1%)

2 を当て 1 が冷えた, は身重, をした, を渡せ

▼ 湯でもと~ (6, 0.1%)

3 薄淋しく 1 云うた処, 唄うそう, 言うから

▼ 湯よりも~ (6, 0.1%)

1 ここの, むしろ清浄, ハンニャ湯が, 三倍以上の, 余計に, 肌に

▼ 湯作新~ (6, 0.1%)

1 と舅壻, の不埒, は殺人未遂, は重罪人, は韋駄保, を憎

▼ 湯冷し~ (6, 0.1%)

5 の水 1 という

▼ 湯~ (6, 0.1%)

2 の上 1 に肩, のさき, は湯, や

▼ 湯煙り~ (6, 0.1%)

1 がモウッ, が上り, が川, のゆくえ, の凄, を立てた

▼ 湯~ (6, 0.1%)

2 にお 1 に着かえ, を着, を竿, を縦横

▼ 湯あみし~ (5, 0.1%)

2 て出 1 つつ飲み食い, てあがりたる, て髪

▼ 湯である~ (5, 0.1%)

1 から燃料, といい伝え, とはいえ, と聞い, 例によ

▼ 湯とか~ (5, 0.1%)

1 小町湯とか, 御所の, 或は又, 書いた銭湯, 班超とか

▼ 湯とを~ (5, 0.1%)

1 仕切るドア, 半々に, 味つて此二つの, 持つて, 絶した

▼ 湯なり~ (5, 0.1%)

1 水なり, 水なりに, 粥なり, 粥なりを, 茶なり

▼ 湯ブネ~ (5, 0.1%)

1 から首, で暮し, で遊ん, につかっ, の方

▼ 湯~ (5, 0.1%)

1 原ニ來ル, 原温泉, 原滞在中, 原駐在巡査, 原駐在所

▼ 湯婆子~ (5, 0.1%)

1 よ懐炉, を入れる, を懐, を懐中, を持っ

▼ 湯崗子温泉~ (5, 0.1%)

1 から東方五里, で一泊, に帰, のホテル, の外観

▼ 湯~ (5, 0.1%)

1 に關, の後一, の放伐, の時, 両聖王

▼ 湯温泉~ (5, 0.1%)

1 で昼食, で晝食, といふまで歩いた, のしも手, の長い

▼ 湯灌場買い~ (5, 0.1%)

1 だけあっ, というもの, という屑屋, にも縄張り付き, を一手

▼ 湯~ (5, 0.1%)

1 と髮錢, に困つた, に困る, をせびる, を誤魔化しやし

▼ 湯附近~ (5, 0.1%)

1 で採った, にて昼食, の峯, は発電所入口, 更に進ん

▼ 湯あたり~ (4, 0.1%)

2 から谷 1 でとうに, に一泊

▼ 湯つぼ~ (4, 0.1%)

1 のなか, のへり, は碧色, へ下り

▼ 湯とも~ (4, 0.1%)

1 いわずふッ, 呼んで, 水とも, 称して

▼ 湯なと~ (4, 0.1%)

1 いただこうか, 召し上がれ, 水なと, 進ぜようか

▼ 湯なども~ (4, 0.1%)

1 吸呑て, 少しずつは, 沸かせ戦, 薫は

▼ 湯にへ~ (4, 0.1%)

1 えったの, えって, えってたん, えるの

▼ 湯のけ~ (4, 0.1%)

4 ぶりかも

▼ 湯ばかり~ (4, 0.1%)

2 飲んで 1 でなく鹽原全体, のむ湯

▼ 湯~ (4, 0.1%)

1 が一つ, の落ちる, は直径一尺, へ落とし

▼ 湯檜曾村~ (4, 0.1%)

1 の名, の方, の条, の言い伝え

▼ 湯檜曾温泉~ (4, 0.1%)

1 でいろいろ, と決める, は海抜八百メートル, へ行った

▼ 湯~ (4, 0.1%)

2 りの 1 りだから, りらしいお

▼ 湯津香木~ (4, 0.1%)

2 あらん 1 の上, 及び井中

▼ 湯灌場大久保~ (4, 0.1%)

1 と呼び, と言う, の屋敷跡, の裏長屋

▼ 湯煮ます~ (4, 0.1%)

1 から湯, がどんなに, が最初水, が玉葱

▼ 湯いづる~ (3, 0.0%)

1 山に, 山の, 町を

▼ 湯~ (3, 0.0%)

1 ぶっかけ, 沸し, 貰いに

▼ 湯おけ~ (3, 0.0%)

1 のふた, をふた, を見た

▼ 湯こぼし~ (3, 0.0%)

1 と品, に捨て, へ捨て

▼ 湯~ (3, 0.0%)

1 へ飲み得ず, へ飲めなかつた, 入るもな

▼ 湯さえ~ (3, 0.0%)

1 引いたと, 自分たちで, 飲もうと

▼ 湯~ (3, 0.0%)

1 て日本人, て皮膚, まさに晩餐

▼ 湯たり~ (3, 0.0%)

2 とも人の 1 これを

▼ 湯だけ~ (3, 0.0%)

1 でありました, もらって, 沸かして

▼ 湯だった~ (3, 0.0%)

1 といくらか, 事, 笹の

▼ 湯だり~ (3, 0.0%)

1 ましたか, ましたら肉, ますけれども

▼ 湯として~ (3, 0.0%)

1 利用され, 清雅な, 現わ

▼ 湯~ (3, 0.0%)

1 と一杯, のだ, ので気持

▼ 湯にでもは~ (3, 0.0%)

1 いらうか, いると, いる外

▼ 湯にばかり~ (3, 0.0%)

1 つかって, 這入りつけた彼, 馴づんでゐた

▼ 湯へは~ (3, 0.0%)

1 ひつてもよ, 入れない人, 必ず真夜中

▼ 湯へも~ (3, 0.0%)

1 案内しよう, 行けないやう, 這入らねえうち種々

▼ 湯をば~ (3, 0.0%)

1 ささんとして, 斯かる, 浴びて

▼ 湯ヶ島温泉~ (3, 0.0%)

1 と云っ, にもう, に往つて

▼ 湯ヶ野~ (3, 0.0%)

2 から湯ヶ島 1 を越す

▼ 湯島台~ (3, 0.0%)

2 までわざわざ 1 がありあり

▼ 湯~ (3, 0.0%)

1 とか本郷, の天神社内, の高台

▼ 湯~ (3, 0.0%)

1 がをはる, だ, に代る

▼ 湯~ (3, 0.0%)

1 は取, は情状尤も斟酌, は舅姑

▼ 湯~ (3, 0.0%)

2 になっ 1 にし

▼ 湯沢山~ (3, 0.0%)

1 と命名, の右, の薺粥

▼ 湯沸器~ (3, 0.0%)

1 で御座います, と白い, の湯気

▼ 湯~ (3, 0.0%)

2 真椿 1 のつま櫛

▼ 湯流山~ (3, 0.0%)

1 のいただき, の林檎畑, は氷

▼ 湯~ (3, 0.0%)

1 がとれる, と云っ, と木炭

▼ 湯煮こぼし~ (3, 0.0%)

1 て下さい, て水, て砂糖

▼ 湯煮漏し~ (3, 0.0%)

1 てそれ, て塩, て苦味

▼ 湯~ (3, 0.0%)

2 をたて 1 のうち

▼ 湯あみせし~ (2, 0.0%)

2 時日くれ

▼ 湯かむり~ (2, 0.0%)

1 歌といふ, 歌も

▼ 湯くみ~ (2, 0.0%)

1 がない, は友達

▼ 湯けぶり~ (2, 0.0%)

1 にしもや夕日, 照り白らむ薫の

▼ 湯ざめ~ (2, 0.0%)

1 がする, を恐れ

▼ 湯ざめがして~ (2, 0.0%)

1 来たから, 来て

▼ 湯する~ (2, 0.0%)

1 のみ, の風習

▼ 湯だの~ (2, 0.0%)

1 明礬湯だ, 葱焼海参だ

▼ 湯づかれ~ (2, 0.0%)

1 にとろとろ, 酒づかれ

▼ 湯での~ (2, 0.0%)

1 ことであった, ものだった

▼ 湯とに~ (2, 0.0%)

1 つかって, わかれて

▼ 湯どう~ (2, 0.0%)

1 ふだ, ふで見る

▼ 湯どころか~ (2, 0.0%)

1 お茶さえ, お茶さへ

▼ 湯などの~ (2, 0.0%)

1 処方も, 小景

▼ 湯などを~ (2, 0.0%)

1 呑んで, 飲ませて

▼ 湯については~ (2, 0.0%)

2 一つの

▼ 湯にと~ (2, 0.0%)

1 いはせて, 出かけた

▼ 湯になんぞ~ (2, 0.0%)

2 這入って

▼ 湯にまで~ (2, 0.0%)

1 もって, 這入って

▼ 湯によって~ (2, 0.0%)

1 いくらかは, 残る名

▼ 湯~ (2, 0.0%)

1 呑まして, 飲まねえで

▼ 湯へでも~ (2, 0.0%)

1 行つたのかと, 這入らねえこと

▼ 湯へへ~ (2, 0.0%)

1 いってや, えったって

▼ 湯まき~ (2, 0.0%)

1 に藍辨慶, をチラリ

▼ 湯みたい~ (2, 0.0%)

1 なもの, な液体

▼ 湯~ (2, 0.0%)

2 で来し

▼ 湯より~ (2, 0.0%)

1 のぼる蒸気, 鷹巣山の

▼ 湯をと~ (2, 0.0%)

1 いいつける, 乞うに

▼ 湯カゲン~ (2, 0.0%)

1 も知らないらしい, を見ましょう

▼ 湯~ (2, 0.0%)

2 平温泉

▼ 湯~ (2, 0.0%)

1 沸カシタリ注射器ノ, 沸ス可ク徴発

▼ 湯一杯たま~ (2, 0.0%)

2 はらん情

▼ 湯加僧正~ (2, 0.0%)

1 という声明, はこのほど

▼ 湯加減並~ (2, 0.0%)

2 に蝋燭製造

▼ 湯同様~ (2, 0.0%)

1 です, に廃止

▼ 湯売り~ (2, 0.0%)

1 なぞを, のそれ

▼ 湯~ (2, 0.0%)

1 って, ですね

▼ 湯崗子駅~ (2, 0.0%)

2 で下車

▼ 湯差し~ (2, 0.0%)

1 を手ずから, を持ち

▼ 湯~ (2, 0.0%)

1 がない, も売っ

▼ 湯~ (2, 0.0%)

1 に抜け, を覗い

▼ 湯廃止湯銭値上げ~ (2, 0.0%)

2 などという問題

▼ 湯~ (2, 0.0%)

1 という関係, とでは丁度

▼ 湯御所~ (2, 0.0%)

1 がある, の主君

▼ 湯~ (2, 0.0%)

2 の唄

▼ 湯方面~ (2, 0.0%)

1 の梓川, より見た

▼ 湯本舗~ (2, 0.0%)

1 というの, のオヤジ

▼ 湯檜曾川~ (2, 0.0%)

1 の川瀬, の森林帯

▼ 湯檜曾橋~ (2, 0.0%)

1 からの登路, を渡り

▼ 湯~ (2, 0.0%)

2 の水

▼ 湯沐みの時湯~ (2, 0.0%)

2 や水

▼ 湯津楓~ (2, 0.0%)

1 に倚, の上

▼ 湯津津間櫛~ (2, 0.0%)

1 の男柱一つ取り闕ぎて, を引き

▼ 湯津爪櫛~ (2, 0.0%)

1 に取らし, を引き

▼ 湯津石村~ (2, 0.0%)

1 に走りつき, をとどろき揺る

▼ 湯灌場物~ (2, 0.0%)

1 が主, のなか

▼ 湯灌場買い津賀閑山~ (2, 0.0%)

1 が江戸中, の古道具店

▼ 湯煮ず~ (2, 0.0%)

1 に直ぐ, に食べます

▼ 湯煮った~ (2, 0.0%)

1 時その, 時鮎を

▼ 湯煮ったら~ (2, 0.0%)

1 ば一旦, ば水

▼ 湯煮なけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばなりません

▼ 湯煮汁~ (2, 0.0%)

1 が一合, でお

▼ 湯熱い~ (2, 0.0%)

1 湯に, 湯熱い

▼ 湯~ (2, 0.0%)

1 もない, も見

▼ 湯立った~ (2, 0.0%)

1 ように, キャベツの

▼ 湯~ (2, 0.0%)

1 は防寒具, を見めぐつ

▼ 湯~ (2, 0.0%)

1 に向, も備

▼ 湯~ (2, 0.0%)

1 望, 望の

▼ 湯菖蒲湯~ (2, 0.0%)

2 なんとなく江戸

▼ 湯~ (2, 0.0%)

1 といふ誓誥, に三后

▼ 湯~ (2, 0.0%)

1 だとか, ひの

▼ 湯~ (2, 0.0%)

1 などまでも広く, を飲みわけ

▼ 湯飲茶碗~ (2, 0.0%)

1 の糸底, を持っ

▼1* [333件]

あそこへ行きましょう, 湯あみすれば小娘, 湯あみどに目, 湯ありやと問, 湯あること第, 湯かがジャジャジャアと, 湯かき棒で掻回そう, 湯からでも帰って, 湯からまで野次馬が, 湯かんとう焼, 湯がかへられたり, 湯がちつとも, 湯きずの湯, 湯ぐらいならいいが, 湯ぐらいでは埒あかねえさ, 湯ぐらいのことで, 湯むりをちこち, 湯こしらえた食て, 湯さめがした, 湯さらにその上流, 湯さ入れで洗, 湯ざめがするといけませんよまたこないだ, 湯ざめしたような顔つきをし, 湯ざめで冷くなる, 湯ざめをするのも忘れて, 湯しかなく死に, 湯しぶきを立て, 湯じゃええかげんじゃ, 湯じゃったぞ, 湯すら十分に, 湯せんきの湯, 湯そうして三四軒おい, 湯そして酒あゝ, 湯それお茶佛壇の南天, 湯たぎりて今, 湯たんぷはないしふと考え, 湯たんぷをかかえて二階へ上りました, 湯だけしか殘らぬ, 湯だけは今でも, 湯ださうで八月末から, 湯だったら網杓子で, 湯だつたが長い, 湯だりながら新鮮な, 湯だろう手元に, 湯っていうんです, 湯のへ, 湯であったが茶室, 湯でうがいを, 湯でございますからね, 湯でなくて多少, 湯でものんで, 湯といふは居風呂, 湯とかいう本文通り一口の, 湯とがいろいろに, 湯ところてんとし, 湯とでも名づけたらよから, 湯ともいはずふ, 湯とんがけに, 湯どこの騒ぎぢ, 湯どころ茶どころ孤独の旅人, 湯なぞのひとかたまりの, 湯などが挙げられる, 湯などさえお取り, 湯などで彼の, 湯などという温泉の, 湯などに入って, 湯などにはめったにゆく, 湯などは熟語と, 湯ならもう少しは, 湯ならあるよ, 湯なりというここにおいて, 湯なんかいらねえやとばかり, 湯なんかに入っちゃ, 湯なんかへ入る女, 湯なんぞ売るもの, 湯なんて引いて, 湯にさえ入らぬ身, 湯にだけ浸って, 湯にだけは密と, 湯についても神秘な, 湯にて江戸女と, 湯にとて降りて, 湯になど浴みしなかった, 湯になんか入りたくも, 湯にはをとめのうすべ, 湯にまでなつたと, 湯にをりて, 湯はちよつと其處ら, 湯ばかりが名物ぢや, 湯ばかりに凝られて, 湯ばかりは清く澄み, 湯ぶくれ都々逸の, 湯ぶっかけて, 湯へかよふ仮, 湯ぼてりの顔, 湯ゐる花, 湯までが今は, 湯までは十町ばかり, 湯もう二分という, 湯もと地獄谷温泉と, 湯やの半札, 湯よい酒よい, 湯らしい落ちつきを, 湯わかせ子供いちひ, 湯をかへなかつたこと, 湯をこそと召す, 湯をのんだり, 湯をのみに来たり, 湯をも沸かして, 湯を以て時々少, 湯を通して置くと, 湯中へ, 湯ん中から獺, 湯アガりさんや, 湯アガリ氏の苗字, 湯カラ上ルトウシロカラタオルデ拭キベビーパウダーヲ振, 湯ガサメルノデ薬鑵ニ入レタ熱湯, 湯ケ原のよう, 湯タンプをあつく, 湯タンポデ温メテクレタノデ, 湯ていう鼻, 湯ニ水ヲ割リ微温湯, 湯ニ漬カッタオ蔭, 湯ノスソ通りと称した, 湯ヤ洗面器ヲ運ン, 湯ヶ島あたりの風景, 湯ヶ島温泉付近も魚, 湯ヶ島温泉滞在中に詠んだ, 湯ヶ島温泉附近である, 湯ヶ島湯本館にて, 湯ヶ島落合楼ての, 湯ヶ島附近では岩, 湯ヶ野温泉旅館に数年前, 湯一つ飲んで, 湯一名法斎湯というの, 湯一棟と言う, 湯丁稚つれたる御寮人, 湯下駄の古い, 湯がし, 湯中ノ湯と二棟, 湯丸山は国境, 湯主人は昔, 湯五十日の逗留, 湯五里が峰, 湯りの, 湯仕掛けで鶏, 湯は一度, 湯を置き, 湯以上に臭く, 湯俣温泉小屋持主を訪ね, 湯俣迄ト思フモ有元ヲ捨テルニシノビズ, 湯なの, 湯する雄, 湯入りを追憶, 湯共同浴場と立札, 湯冬至の柚湯, 湯加減その他風呂場の準備, 湯加減一名刃渡しである, 湯加減火加減と同じ, 湯即ち摂氏の, 湯又は郭公湯あたりに, 湯を見る, 湯召したまわんとはよろしき, 湯は清正公, 湯も天妙, 湯噴きいでしぞ, 湯やらをあて, 湯四方獻令といふもの, 湯四銭は高い, 湯垢離の場, 湯場働というの, 湯場宗十郎等ガ中ヘイリテ段々八太郎ガ, 湯場稼ぎの有る, 湯大台ヶ原高野あたりまでを中学一, 湯太夫たる土豪本多氏, 湯振出しなぞ, 湯婆粗末なそれら, 湯ひが, 湯嫌いの男, 湯ならず女湯, 湯宗按察使陳瑛が燕, 湯の眼, 湯宿一軒に西洋づくり, 湯宿一軒七味温泉と呼ん, 湯宿佐野家に滞在中, 湯宿藤屋の階下座敷, 湯対岸の岩壁, 湯小谷より北の方, 湯小谷川を上, 湯少々づつ強て, 湯山行はダメ, 湯峨峨青根岳那須等へ行った, 湯崗子ホテルの前, 湯崗子君が馬, 湯崗子土も草葉, 湯崗子左の窓, 湯崗子水にうつれる, 湯崗子氷は厚し, 湯崗子温泉入口と一行其他, 湯崗子等に農場試験地, 湯崗子蛙なくなる, 湯崗子行きだと, 湯嶋天神境内また京橋築地あたり, 湯嶋天神市谷八幡牛込赤城明神小石川牛天神の五箇所, 湯嶋市谷の三箇所, 湯嶋聖堂の裏手, 湯は赤城神社, 湯巻きのこと, 湯巻き一つで紛々, 湯帷巾を着たる, 湯を以て名, 湯を行き, 湯廻りまでし, 湯引きをし, 湯断り申候, 湯必ず隣りに, 湯恋いをお, 湯懐石の次第に, 湯或は鑓の, 湯戻りらしく襟白粉を, 湯持って来, 湯飯は, 湯は野菜, 湯最初の浴客, 湯の二字, 湯有りと教, 湯木立の湯, 湯松茸にし, 湯桧曾川谷川岳から出る, 湯には天子様, 湯の御, 湯を見, 湯檜曾のはづれで落ち合つて利根川, 湯檜曾方面からは清水峠, 湯檜曾渓谷にはもう, 湯檜曾谷ではなく, 湯が幾つ, 湯正平は何人, 湯正平至自江戸, 湯武以來は放伐, 湯武革命など, 湯氣出した, 湯水菓子の夜店, 湯江村やまだ色々, 湯池鉄壁中村城のそ, 湯は二千戸, 湯沸かせ子ども櫟津の, 湯沸きて火初, 湯沸シノ湯ニ水ヲ割リ微温湯, 湯沸場に取り, 湯沸所へ通う, 湯泉場にドンチャン騒ぎ, 湯泉宿は寂然, 湯泉屋敷で弓弦, 湯干鮭計り, 湯洗いを忘れる, 湯津々間櫛の男柱一箇, 湯津磐村の如く, 湯活花又は連歌, 湯に鄰, 湯海気封じて, 湯湯島の天神下, 湯を囲ん, 湯漬け菓子などが皆, 湯を出し, 湯濫用の弊, 湯瀧それ鯉の瀧昇りぢ, 湯瀧三千丈で流場一面, 湯瀧湯瀧それ鯉の瀧昇りぢ, 湯瀬見小野川川の湯, 湯灌場あたりで追いつける, 湯灌場者は死人, 湯灌場買なぞに売り捌い, 湯灌道具がおい, 湯を辞, 湯炉炭の上, 湯無精を除い, 湯煮こぼすと酸味, 湯煮してやわらか, 湯煮ないと火, 湯煮ればモー沢山, 湯煮上った処で, 湯煮汁五勺とを注し, 湯煮漏さない, 湯煮漏すとアク, 湯燕窩だとか, 湯特に湯の花でも, 湯生花ガ然ルナラバ男子ニ謠曲, 湯田中という所, 湯町ちくぜんや, 湯番小屋で五刻, 湯と正月, 湯に浸っ, 湯を下, 湯神社といふの, 湯のフチ, 湯へき, 湯の湯, 湯のむせびた, 湯の中, 湯でございます, 湯がおきない, 湯至るの観が, 湯が揃っ, 湯など築地なまこ塀, 湯の湯, 湯薫る女の, 湯薬竜胆岩梨黄花石楠なども咲い, 湯蘇生は是, 湯衣地とを真とも, 湯覆しだなお前ン許の, 湯覗きをし, 湯詣で奈良の, 湯は一種, 湯誥曰古禹皐陶久勞於外, 湯読み疲れたと言っ, 湯起請で国史, 湯迄のコースを, 湯道具一式を変, 湯酒うちすすろひて, 湯錢一圓となる, 湯長さんの音頭, 湯阿部治助作といふ, 湯雑巾の略称, 湯雑炊をくらっ, 湯を見詰め, 湯へ浮かせ, 湯音曲の先生等, 湯がすん, 湯高く蒸, 湯高尾塚離室甘湯沢, 湯というお, 湯鴒蛋だとかとは