青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「湖~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

渡っ~ 渡り~ ~渡る 渡る~ 渡辺~ 渦~ ~温泉 温泉~ ~港 港~
湖~
湖水~ ~湧い 湧い~ ~湯 湯~ 湯気~ 満~ 満ち~ ~満足 満足~

「湖~」 2614, 28ppm, 4152位

▼ 湖~ (1032, 39.5%)

31 中に 26 底に, 水が 22 ような 18 ように, 岸の 15 上を, 方へ, 水は 14 底の 13 中へ 12 上に 11 ほとりに 10 中から, 岸に, 方に 9 やうに 8 岸を, 西に 7 ほとりで, 岸へ 6 中の, 底から, 底へ, 水の, 水まさりけり 5 上さ, 上は, 中で, 向ふ, 水を, 面に, 面は 4 ふちに, やうな, 岸で, 岸まで, 御殿の, 怪物の, 東岸に, 面が, 風景が

3 [24件] そばで, そばへ, ふちへ, ほうへ, ほとりの, まわりに, 上から, 上が, 上で, 上へ, 北端に, 南岸に, 女王様は, 底まで, 底を, 底深く, 影響を, 怪物という, 景色は, 水に, 水面に, 波の, 辺まで, 面を

2 [56件] うちの, かなたに, ごとし, なかに, ふちの, ようだった, ようである, 一つの, 一方の, 上, 中なり, 中には, 傍で, 傍に, 傍まで, 写真絵はがき, 半面が, 南端に, 向うに, 周囲には, 周囲を, 如きも, 岸, 岸には, 怪物, 怪物も, 月を, 東の, 東岸の, 水, 水ぎはに, 水も, 水晶の, 水脈の, 水面から, 水面が, 水面は, 泥を, 畔まで, 真中の, 縁から, 縁で, 縁に, 縁は, 縁を, 美しさ, 西の, 西へ, 西北の, 西岸に, 西岸は, 近くに, 面には, 風は, 風を, 魚が

1 [442件] あいだの, あたりに, あたりや, あとは, あなたに, あるの, ある辺, うえを, うちで, おもて, かがやきは, くだりや, ぐるりに, こと, ことそんな小さな, ことだ, こととて, ごとき類, ごとくである, ごとく一たび, ごとく四面丘陵, さまも, すがた, すぐ南, すぐ畔, そこに, そのひとつ, そばだ, そばに, そばの, そばまで, つめたい油, ところを, なか, なかにも, なぐれに, にほ, はなれ島, ひょうたん形に, ふちで, ふちまで, ふちを, ほかは, ほとり, ほとりには, ほとりへ, ほとりや, ほとり川辺の, ほとり瑞西の, まわりなどに, まわりの, まわりを, まんなかに, まん中あたりで, まん中に, むこうの, むこうへ, もくもくから, やうで, ようだ, ような澄み切った, エハガキも, キャンプへ, ボートの, 一つに, 一つへ, 一なる, 一尾の, 一敗と, 一方から, 一端は, 一部である, 一部な, 一部を, 一面が, 一面に, 上からは, 上なる, 上には, 上にも, 上の, 上まで, 下に, 下へ, 世にな, 中では, 中でも, 中などへ, 中にも, 中の島へ, 中の島を, 中へは, 中を, 中央に, 中央へと, 中心線の, 中程から, 中間には, 事は, 二尾の, 他方の, 仙女, 代に, 位置の, 傍へ, 傍ナル丘, 光は, 入り込んだところ, 入り込んだ処, 入口に, 全景が, 公魚釣りは, 冬を, 冬枯れた, 冷たい水, 前に, 北に, 北の, 北岸に, 北岸の, 北畔の, 半を, 半辺, 南の, 南方, 南端を, 南西岸に, 友人の, 只中なる, 只中を, 可容性地層, 名とともに, 名ぶつ, 名を, 名称, 向うから, 向うには, 向うの, 向う側の, 向ひ, 向方に, 周囲が, 周囲は, 周瑜は, 周辺の, 嘖々として, 回りにも, 回りを, 地形や, 夕ぐれの, 夕方の, 夕暮に, 外は, 夜明けの, 夜景, 夜風が, 夜風に, 大きさ, 大半が, 大小が, 大部を, 奥に, 女王の, 女王様に, 好い眺望, 如くである, 如くに, 如く一面麦, 如く大海, 妖精たちが, 姿で, 姿は, 季弟である, 宮殿に, 家の, 宿屋で, 寒さ, 対岸には, 小波が, 小舟棹さし, 尖端である, 尽きて, 山林で, 山湖らしき, 岐入と, 岐入の, 岸づたいに一里あまり北の方へ, 岸である, 岸について, 岸までは, 岸松の, 岸沿ひ, 岸硅砂の, 岸辺に, 島い照る, 島の, 島兎跳ね, 左手には, 市街が, 幅の, 干上った塩床, 広い青い水面, 底, 底で, 底でも, 底と, 底にこそ, 底にでも, 底ふかく, 底へは, 底姫の, 底深く深く, 影は, 彼方に, 彼方の, 往来を, 後を, 御殿が, 御殿は, 御殿へ, 怪物が, 怪物がネ, 怪物などに, 憂欝, 成立は, 戦の, 所在地に, 所所拝礼いたし, 手前の, 探検を, 散在せる, 方から, 方が, 方を, 方向から, 方面に, 日の出を, 明るさ, 昔語りも, 春と, 春は, 春景色は, 景が, 景も, 景勝顕揚の, 景色が, 景色である, 朝凪に, 杜詩や, 東に, 東北の, 東北マナサルワ湖の, 東北岸の, 東南方, 東南方湖心に, 東岸と, 東岸を, 東方に, 東端水に, 様に, 殿堂を, 水おち, 水で, 水と, 水と共に, 水の上を, 水までが, 水傾け, 水平線の, 水明かりを, 水流に, 水神様ばかり, 水精で, 水精を, 水色ばかり, 水色も, 水辺に, 水鎬を, 水門の, 水際に, 水面よりも, 水面上なお, 氷が, 氷との, 氷は, 氷より, 氷上渡御という, 汀の, 汀へ, 汀淋しき, 沈黙戦慄せざる, 沖を, 波に, 波は, 波を, 波打際までの, 波瀾に, 波騒か, 洞庭山に, 流木の, 浅瀬に, 浜を, 深い底, 深きを, 深さ, 淺い, 渚である, 測量については, 湖畔に, 漕遊は, 烟波の, 燈籠流しは, 片傍, 特色は, 珍味を, 珍味百味の, 畔, 畔だ, 畔なる, 畔に, 畔において, 畔にて, 畔にもの, 畔の, 畔へ, 畔自然が, 番人が, 発見を, 白い汀, 白旗の, 眞上には, 眞中で, 真ん中に, 真上に, 真中あたりから, 真中程, 眺め, 眺めの, 眺めや, 眺望も, 眼は, 短艇の, 砂洲に, 磯に, 神と, 神様と, 秋に, 秋の, 秋を, 秘密, 空に, 空気といふ, 空気に, 竜が, 端が, 端へ, 紅鶴の, 絶景に, 総名, 総称なる, 縁には, 縦の, 胴体に, 舟に, 舟の, 舟遊について, 船頭達の, 船頭達は, 色が, 色は, 蒼い水, 蒼黒い, 蓴菜の, 薬研の, 蜃と, 蜃に, 蜿蜒として, 血を, 街を, 表の, 西の地を, 西を, 西岸へ, 西方で, 西方に, 西縁へ, 見える大津, 見える山面, 見える応接間, 見える暗い, 見える氷小屋, 見え出した, 話に, 誇りも, 諸葛瑾, 趣きを, 趣を, 跡が, 軍船を, 輝きが, 辺から, 辺である, 辺は, 辺を, 近くだ, 近くの, 近所で, 遥か東側に, 鄭宝に, 長篇に, 間道に, 隅の, 隔てが, 際に, 雄なる, 離れ島である, 雨景明の, 雲に, 電気事業工事の, 霧は, 青黛を, 静かな, 静け, 静けさにも, 静けさの, 靜け, 靜謐コンスタンチノプルの, 面いと, 面の, 面積深度は, 風景などを, 風景を, 風景西は, 香埃の, 馬の, 魚, 魚を, 魚族が, 鯉は, 鱒の, 鱒釣りも, 鷭を

▼ 湖~ (235, 9.0%)

9 渡って, 見て 6 眺めて 3 前に, 抱いて, 描けるのみ, 越えて

2 [11件] ながめて, 作りあげて, 包み海, 右に, 壓し, 舟で, 船で, 見ました, 隔てて, 離れて, 離れると

1 [177件] あとに, えらんだわけ, お渡り, かこめる四方, かたむけた波, こめて, さし挟んで, すぎて, すべって, たつ, ながめまわした, ながめ飽かしめん, なすもの, なす名高き, にらんだ, はじめ民家を, ふたたび見, ふるさとに, へだてたかなた, へだてたつい, まえに, まはつ, まひ渡る, めぐらし遠近, めぐるところ, めぐる群峰, やがて駕籠, よぎる鳥影, わたしたる牡丹, わたり東, わたり東方川, わたり楽平河, わたる寒風, 一周し, 一周しよう, 一周す, 一周する, 中に, 中心と, 中心として, 中心に, 代表せる, 作った点, 傍に, 出て, 出立する, 分隊毎に, 切割すれ, 初めとして, 包む蒼い, 包んで, 北した, 匝って, 半周し, 含むこの, 圍む低い, 埋めたの, 埋めようとして, 多湖地方, 失ひ分家, 奥へ, 少し隔てた, 巡りて, 左に, 差覗いた, 廻つた, 引括めて, 後に, 後に家, 思い出したこと, 思はせる風物, 怪魚の, 抱きかかへるやう, 押し渡って, 押し渡れる大船, 指せる名, 振りか, 探つてだいたい, 探り附近, 掩ひ, 描き其中, 描けるに, 撃ちたるとき, 支へる, 時々荒らし, 時の, 望みながら, 望んで, 来て, 東に, 極めるには, 横ぎって探検した, 横ぎり名のみは, 横ぎり東川を, 横ぎり東海道へ, 横ぎろうと思う, 泳いで, 泳ぎ廻る鯉, 泳ぎ機泉, 泳ぎ渡って, 泳ぐあいだ, 泳ぐ馬, 海津へ, 深く囲んだ, 渉り, 渡つて歌ヶ濱に, 渡つて行かれました, 渡つて霞日に, 渡らなければ, 渡り何百里, 渡り山, 渡るを, 渡る涼風, 渡る蒸気船, 渡る霧, 湛え東北, 滝に, 漕ぎ渡り柴田殿, 漢口を, 無数に, 照らして, 照らし紗, 画き雲, 疏水した, 発見するだろう, 眺めうしろ, 眺めた, 眺めつつ, 眺めても, 眺めながら, 眺め暮らし, 眺め続けた, 眺め青木ヶ原, 秋の, 穿たざるべからざる, 突っ切る, 突つ切り, 立って, 立てこめた数千丈, 紹介する, 経て, 縦断し, 繞る, 置いたよう, 背景に, 胸に, 航行した, 見おろして, 見そめし時, 見たの, 見た時, 見ては, 見ぬ, 見ること, 見ると, 見るとき, 見る落葉松林, 見下した時, 見出して, 見左, 見渡すと, 見降しながら, 覗いた, 谿谷の, 買ったり, 越えると, 越え木之本, 追つて, 造つて了ふ, 造れるもの, 過ぎて, 過ぎると, 遥に, 隔て, 霊地と, 飲み合った, 駛る

▼ 湖~ (210, 8.0%)

9 沿うて 5 臨んで 3 なって, 注いで, 舟を, 面して 2 ならぬが, 住んで, 向って, 映じて, 沈んで, 着くまでに, 身を, 通じて

1 [168件] あこがれる青年, あつめ周瑜, あらしを, あらず, うけて, うつる自分, かかって, かかってから, きた, きめた, して, じっと眺め入ります, そ, そうて, その湖, ちかい村, とどいて, なったところ, なったの, なろうとは, のぞむ大きな, のぞむ大広間, はさまれた一本道, はまった, ぽっかりと, むかでの, よく下りる, 一つ点された, 一隻の, 与えられたる別名, 中断し, 住む小中竜王, 何洗ふ, 入り蕪湖, 入る, 入れて, 出たの, 出ました, 到りその, 到着した, 前世紀, 包まれ夜明け, 反響した, 向かい元気, 向ひ, 向ふ, 向へる, 吸込孔など, 吸込孔は, 善と, 因って, 囲まれたという, 在り, 堕ちたの, 墜ちて, 変えて, 多く住む, 奔騰する, 女神の, 宿す処女林, 宿りける月, 富んで, 寒の, 小さい黒い点, 届く位, 山火事うつる, 帰る途上, 当面し, 往きしか, 往って, 抛げ, 捨てると, 捨てるの, 搖り, 撃砕し, 放して, 旅行した, 映つて, 映りてこ, 映りシロン, 朝靄が, 槍の, 残ること, 比べ欧州, 水の, 沈みたり, 沈めたと, 沈んだまま姿, 沈んでから, 沿える岩窟, 沿った道, 沿ふて, 沿へる, 泛べた緇素とは, 泛んだ, 泥土の, 注ぐ, 注ぐ渓流, 泳ぐよう, 泳ぐ魚, 流れ入, 流れ込んで, 浮いて, 浮かぶ, 浮べる如きなつかしき, 浮んで, 浸った麓, 浸る巌壁一千丈, 游ぐ事, 湛ふ, 漕ぐ船, 漣が, 物を, 発見した, 着いた, 碇泊上陸し, 禊ぎし, 胚胎する, 臨むこの, 臨むところ, 臨む山, 臨む山墓, 臨んだ古い, 臨んだ理想的, 舟がかりした, 舟遊, 船を, 若い男, 落とされて, 葭剖鳴かむ, 蜃, 行くと, 見て, 貯えて, 貯蔵の, 躍り入り長距離, 近いそこ, 近い柴桑郡, 近い鹽津, 近きベルヒ, 近く迫っ, 近づいて, 近づく, 近づくと, 追い攻めて, 通ず, 進入し, 遊ぶ, 遊んだ, 遊んで, 過ぎぬ, 達する, 遠ざかるに, 限って, 隣りて, 雫する, 面したほう, 面したる三階, 面した側, 面した安土城, 面した廣縁, 面した所, 面した旅舍, 面した欄干, 面した部屋, 頸から, 飼養する, 馬を

▼ 湖~ (109, 4.2%)

1 [109件] あわただしい空模様, いうまでも, いかにも美しい, いまなお, ここから, この摩周, これからの, さながら玻璃板, しんしんと, すぐ見えなくなり, すぐ霧, すっかり氷結, すべて山で, そこから, それは, そんな小さなもの, ただ白く, だんだん近く, つくらじ, どこに, なにも, ひかりて, まことにお歌, またもと, まったく見えない, もうこの, もうすっかり薄氷, もう見えない, もう見えなかつた, やがて前, ボートに, モータボートを, 一番深い, 一面に, 一面の, 三叉の, 中禅寺湖で, 中禪寺湖, 人家を, 何と, 何という, 凍るが, 別としても, 千分の二百五十も, 南岸に, 周囲一里半山の, 周瑜の, 唯幽邃, 多くは, 夜明けの, 大きい, 大変景色が, 大小の, 妙に, 嫁さんで, 実は画舫, 小波さえ, 少しの, 山のうへの, 左手に, 巨椋の, 平地の, 広い, 広大山毛欅は, 底において, 底も, 彼の, 彼等の, 日に, 日本の, 旧に, 昼の, 晃, 暮に, 暮れて, 曇った空, 月の, 未だ凍らず, 森の, 樹間に, 此処から, 水底に, 氷が, 波一条銀河を, 波穏かに, 海に, 淡水湖なりや, 湖とは, 湛へぬ, 漢音で, 真っ暗だ, 真ん中よりも, 眼の, 眼前に, 知らず海, 石灰質の, 経文に, 緑青よりも, 聟さんで, 西湖よりも, 見えない, 見えない見えないが, 見る度, 近いと, 陽に, 霧, 青く澄ん, 魔界でござる, 黄紅白濃淡の

▼ 湖~ (88, 3.4%)

5 見えて 4 見える 2 あります, ある, 一面に, 予想せられ, 見えた, 見える筈, 豫想せられ

1 [65件] あったり, あって, あつた, ありそして, ありました, ありまして, ありますのよ, ありバメティクス王, あり中国, あり退屈, あるだけ, うすかわを, おのずから沸き, けたたましく崩れ落ちる, その小さな湾, それである, だいたいナイル河, できあがる, できて, なお存, ひろがり朝, まるで海, 一つあります, 二つ三つ太陽に, 五十二歳で, 光った, 光って, 光つてゐる, 再びひろがっ, 再び彼等, 冷え冷えと, 出来たので, 出来て, 古鏡の, 太陽に, 夫婦の, 寂しい荒れた, 廣い, 拡がって, 日本海に, 春の, 暗くなっ, 松江に, 段々大きく, 油の, 白く光つて, 皆半, 眼の, 眼路遥かに, 血である, 見えたり, 見えます, 見え出したの, 見え出して, 見え出すと, 見え太陽, 見る見る向う, 見晴らされた, 身を, 金色の, 鏡の, 開かれて, 限られて, 青く見えた, 鮮明な

▼ 湖~ (72, 2.8%)

3 山とに 2 いうよりも, なって, なる, 毛糸の, 町の

1 [59件] いう, いひ中, いわれて, お別れ, これに, した, しも, なった, なった翌, なり, なりその, なり風光, なる筈, なる雨上り, よどみ, チベット人が, ラクガル湖との, 並行し, 云うの, 云って, 云へる, 停事場, 其状勢が, 前の, 化して, 化し道, 化すの, 同じであります, 呼んだ, 呼んだと, 大空の, 少しも, 山雨を, 島と, 平野と, 幾つかの, 思われる辺, 摺れ摺れに, 木立神さび, 林とを, 湖水の, 無かる, 異なるかを, 称するとき, 称する数里, 米の, 繰り代り, 聞く宍道湖, 船大工と, 草原と, 葡萄茶の, 西浅井郡の, 西湖は, 親しめり, 言い滝, 通わす超人, 連なって, 長江の, 陸との

▼ 湖~ (67, 2.6%)

2 富士を, 指して, 落ちて, 行って, 身を, 遊びに

1 [55件] あんないいたす, お運び, かかって, こぎだすに, そこの, そそぎはじめて, はこぶと, はまりこんだという, ひきかえしたのに, まいって, コースを, 乗り出しました, 信心の, 出かけて, 出た, 出たの, 出ますところ, 出る, 出るには, 参る途中, 叩きこんだり, 引き摺り込んだに, 急がせた, 捨てた損害, 掘割の, 来いと, 来たらしい面白, 来た時, 来てからは, 注ぐ宮川筋上川筋, 注ぐ川, 流れ込んだの, 流れ込んで, 流入する, 渡る山上, 片っ端から, 着いた夜, 瞳を, 舟を, 船を, 行かなければ, 行き着くの, 行くか, 行くと, 行くん, 行くバス, 行く途上, 行つ, 蹴落されて, 蹴落したわけ, 身投げを, 逃げて, 進みモエロ湖, 達して, 降りて

▼ 湖~ (44, 1.7%)

3 に沿う 2 へ出

1 [39件] が頭, で, で釣, に住む, に後姿, に沿い, に泊っ, に現われ, に糸, に群兎, に連れ, に騒ぎ, に鼓噪, のこと, のしら雪, の人心, の大名, の寺, の山, の常識, の樹木, の民, の灌木, の物騒さ加減, の町, の百姓たち, の石垣, の砂原, の稲田, の逍遙, は決して, へゆき, へ出る, へ近く, まで二, まで来た, を散歩, を過, を離れました

▼ 湖から~ (41, 1.6%)

3 流れて

1 [38件] あがる風, たった五里, どうしで, シベリアと, タンガニイカ湖へ, ロッカディパパの, 一路上っ, 世に, 乗った南陽丸, 九江までは, 仙石原を, 出て, 向つて右, 吹いて, 吹き送る濕氣, 吹く風, 土足で, 帰った, 強羅へ, 揚子江の, 数里離れた, 數里離れた, 来て, 歸る, 水が, 注ぎ出て, 流れ出て, 湖へ, 湧き上る水蒸氣, 珍らしい, 用水を, 目の下の, 直接に, 竜宮へ, 見る南京城壁, 隠川, 飛び上った白鳥, 高原の

▼ 湖~ (40, 1.5%)

4 の水 2 で心中, へ向っ

1 [32件] から引き揚げた, で一番, にある, においてさえも, にはカムルチ, に一隻, に入水, に出でた, に島, に捨て, に散, に散らばっ, に有多, に流され, に浮べ, に湧き出し, に漕ぎ出した, に突き出た, に突き出てる, のある, の一島, の七ツ釜, の何物, の城, の香取, へ向け, へ沈める, へ溺死, へ跳ねとばされた, へ長く, へ飛び入り灘兵衛, へ飛び込ん

▼ 湖~ (37, 1.4%)

2 あつた, 下車した, 今夕水死人の

1 [31件] あそべるのね, せう, それに, とれた魚, やるほう, ボートでも, マス釣りを, ラングミュア博士に, 並に, 大ぜ, 大層大きい, 岩木川を, 心ゆくまで, 投身自殺, 投身自殺する, 敗れた, 日本第, 景色の, 死ぬる覚悟, 水泳競争が, 泳ぎいると, 海抜六百尺の, 湖と, 滝壼で, 燈籠流しを, 獲れる世界最小, 獲れる魚, 発見し, 自殺する, 鯉を, 鯉をと

▼ 湖~ (32, 1.2%)

2 の徳川家康, の竹, はかう

1 [26件] たる所以, と云, によれ, に唯, の作品, の前人, の名, の母校, の漁師, の為, の菱湖鎮, の薄命, は古人, は家康, は必ず, は思ひ, は早稲田大学, は明治, もその後, も或は, も明治三十四年出版, を才人, を明治, を知らぬ, を薄命, を逸し

▼ 湖~ (31, 1.2%)

3 山も 2 見えるかも

1 [26件] あった, い, いつか夕雲を, きわだって, ここも, そんなに悪い, ない, なく故郷, ひとめの, みんな父親の, 一瞬に, 伊勢の, 大きなの, 暗くなり, 暮るる, 氣の, 波も, 温泉も, 濁されて, 空も, 立ち罩め, 見たこと, 見られた, 見られないよ, 見飽きましたと, 銀の

▼ 湖~ (27, 1.0%)

2 川が, 葦の

1 [23件] ウリ湖にも, バングエオロ湖などの, バングエオロ湖まで, ローヌの, 上高地や, 四明ヶ嶽の, 地所の, 大きな湖, 大岳の, 山々による, 暑さ, 榛名の, 池や, 河が, 沼が, 沼と, 沼の, 沼や, 海や, 潟ほど, 街の, 裾野の, 鉄道も

▼ 湖には~ (23, 0.9%)

2 魚多し

1 [21件] あるの, こまかい雨, たいへんおいしい, どういう種類, 一尾で, 一面に, 伊香保温泉を, 俗な, 北部の, 及ばない, 夏が, 川の, 昔から, 本当にそんな, 水は, 湖岸森林中の, 無数の, 笑を, 遠く一二点かいつぶりの, 釣舟が, 魚が

▼ 湖~ (22, 0.8%)

1 [22件] があり, がさまざま, が二三, が奇怪, が崩れ落ち, が沢山, が置い, と呼べる, などがおい, などを置い, のこと, の方, の蔭, の重畳, は南画, は実物, は数人, は素晴, は絵, は血, を池, を河

▼ 湖~ (18, 0.7%)

1 [18件] から三里, から舟, で村尾某, にある, に上った, に着いた, のいぶせき, の一膳飯屋, の小屋, の山, の川, の手前, の桟橋, の汽船発着所, の疏水, へ湖尻, まで漕ぎつけた, や元箱根

▼ 湖では~ (14, 0.5%)

2 鯉を

1 [12件] あったが, あると, あるまいか, ない, 余り漁も, 初時鳥, 大きな驚く, 死体が, 汽船の, 泳げないもの, 流し釣り, 淡黄色い細砂

▼ 湖という~ (14, 0.5%)

2 のは, ものは, 湖の 1 ような, 上方作者の, 名前も, 小さい池, 小池の, 湖水が, 湖水で, 風景も

▼ 湖~ (14, 0.5%)

2 の路, を 1 から舟, とに五層, に聳え立った, の丘, の土地, の雷峯塔, の雷峰塔, へと走った, を往, を行っ

▼ 湖まで~ (12, 0.5%)

1 [12件] お買い, たしか二里, とどろいた, ハイヤが, 出かけて, 探りました, 来た, 来たが, 歩いて, 行って, 赤かった, 辷った大

▼ 湖~ (12, 0.5%)

1 [12件] であると, で多く, で話した, で飲食, などにグヅ, にひらかれた, に宴会, に寄っ, の御, の送別会, へ少し, 抄こて

▼ 湖~ (10, 0.4%)

1 から時々颯と, しいまさら, し北, という, と思っ, ね, のの, のを, よあの, よ屹度いま杜鵑

▼ 湖~ (7, 0.3%)

1 とおなじく, なの, に親類, の内外, の砂浜, は東丘村, より攻めかかり

▼ 湖龍斎~ (7, 0.3%)

1 が全盛期, が明和年代, が画中, に至りますます, に見る, の好ん, の諸家

▼ 湖との~ (6, 0.2%)

1 境に, 心に, 相違な, 間には, 間ほぼ, 雄大な

▼ 湖あり~ (5, 0.2%)

1 その原, ベナーコと, 広原ある, 数派の, 溪流あり

▼ 湖である~ (5, 0.2%)

1 かの如く, ことが, ところの, と同様, に相応しい

▼ 湖~ (5, 0.2%)

2 んです 1 のさ, ので, のは

▼ 湖べり~ (5, 0.2%)

1 に新た, に映っ, に来, に来た, の宿屋

▼ 湖めぐり~ (5, 0.2%)

1 から三河行, のコース, をし, をしよう, をやった

▼ 湖附近~ (5, 0.2%)

1 で韃靼, にまで探査, のバーニオレジオ, の地勢, を通つて

▼ 湖として~ (4, 0.2%)

1 あるよう, 大沼と, 明るさ, 永い冬

▼ 湖とは~ (4, 0.2%)

1 反対の, 申せ日本, 異なりて, 言うものの

▼ 湖などの~ (4, 0.2%)

1 ごとき高山, 火山湖と, 附近一帯を, 顔が

▼ 湖より~ (4, 0.2%)

1 ラクガル湖の, 程遠からぬ, 落つる水, 遙に

▼ 湖よりも~ (4, 0.2%)

1 また更に, 更に南方, 深くまた, 神々しかつ

▼ 湖佳話~ (4, 0.2%)

1 について見る, にまさる, に曰く, は柳北

▼ 湖~ (4, 0.2%)

1 と地名, に付けた, は元, 直に地名

▼ 湖~ (4, 0.2%)

1 と同一, と対照, の地誌, の風土

▼ 湖月抄~ (4, 0.2%)

1 と本間, と首引, の第, を取り出し

▼ 湖~ (4, 0.2%)

1 が設け, とし, のうけ, の片影

▼ 湖~ (4, 0.2%)

1 を串, を主, を炙らせ, を炙り

▼ 湖その~ (3, 0.1%)

2 岸を 1 一つ一つを

▼ 湖でございます~ (3, 0.1%)

1 か, から手, が行方

▼ 湖です~ (3, 0.1%)

1 か, かとり, がまわり

▼ 湖でも~ (3, 0.1%)

1 あるの, 同じです, 見て

▼ 湖といふ~ (3, 0.1%)

1 やはり字, 名が, 感じは

▼ 湖とに~ (3, 0.1%)

3 守られて

▼ 湖とも~ (3, 0.1%)

1 つかぬ所, 見えた, 雲とも

▼ 湖にも~ (3, 0.1%)

1 岡にも, 波風の, 行ったが

▼ 湖までは~ (3, 0.1%)

1 あったさ, こちらで, 鳳陽丸蕪湖から

▼ 湖処子~ (3, 0.1%)

1 の猶, の諸君, を崇拝

▼ 湖~ (3, 0.1%)

1 に行っ, へ帰れ, を通じてすさまじい

▼ 湖~ (3, 0.1%)

1 に房山, の某, 陝西河南に

▼ 湖方面~ (3, 0.1%)

1 から法師野地方, に越, より出し

▼ 湖~ (3, 0.1%)

1 といふ人, の句, を敷妙

▼ 湖~ (3, 0.1%)

1 がもう, の清明, を眺め

▼ 湖~ (3, 0.1%)

1 に医者, の東洋的, をうかべ

▼ 湖~ (3, 0.1%)

1 だとかに, に暑し, のさま明らか

▼ 湖~ (3, 0.1%)

2 に幽か 1 の書

▼ 湖~ (2, 0.1%)

1 であったろうと, 川か

▼ 湖かと~ (2, 0.1%)

1 思う渚, 疑われるが

▼ 湖こえ~ (2, 0.1%)

1 て鳴ったれ, 花の

▼ 湖それ~ (2, 0.1%)

1 に勝沼, を縁どる

▼ 湖だけに~ (2, 0.1%)

1 地味で, 暗く秀

▼ 湖であった~ (2, 0.1%)

1 か私, のを

▼ 湖なりや~ (2, 0.1%)

1 とむづかしく, 鹹水湖なりや

▼ 湖のうへに~ (2, 0.1%)

1 影を, 舟の

▼ 湖一つ~ (2, 0.1%)

1 だけでももし, は墓海

▼ 湖中の島~ (2, 0.1%)

1 なので, や遠く水

▼ 湖~ (2, 0.1%)

1 體の, 體を

▼ 湖北端~ (2, 0.1%)

1 の探検, への探検

▼ 湖南岸~ (2, 0.1%)

1 のチタンボ, 同國常呂郡常呂村

▼ 湖州君小伝~ (2, 0.1%)

2 によれ

▼ 湖州大久保余所五郎~ (2, 0.1%)

1 なるもの, の才人

▼ 湖月亭~ (2, 0.1%)

1 という, の宴会

▼ 湖月貞輝大姉~ (2, 0.1%)

1 である, と云

▼ 湖楽しい~ (2, 0.1%)

2 湖へ

▼ 湖~ (2, 0.1%)

1 の士, ひろがるところ丘陵

▼ 湖~ (2, 0.1%)

2 の深

▼ 湖處子~ (2, 0.1%)

1 のもの, は宗教

▼ 湖~ (2, 0.1%)

1 ゆ, 難きと

▼ 湖~ (2, 0.1%)

1 でもあるまい, の頭

▼ 湖辺湖岸~ (2, 0.1%)

1 の物騒, は御

▼ 湖近江~ (2, 0.1%)

1 の琵琶, の琵琶湖

▼1* [212件]

あさ過ぎくれば, 湖あたりへ行きませう, 湖あるいは十三潟と, 湖いちめんがほ, 湖いつぱいに, 湖いづれを海, 湖うみのこころ, 湖かがよふ見れ, 湖かぜが煽, 湖からは一筋の, 湖ぎはにゆふべ靄たち靄のかげ, 湖ぎわに枸杞, 湖これは例, 湖これらを奇異, 湖さやに見えね, 湖しろきほとりに, 湖じゃないから, 湖ひゆけば, 湖だったんじゃ, 湖だつたか暗い, 湖だの十字架だの, 湖だんだんと波, 湖つづき蘆中の, 湖づらへ向け, 湖であり山上湖である, 湖であれ程繁殖した, 湖であろうな, 湖でしかない広さ, 湖といふも妨なし, 湖とかその向う, 湖とぐらいな相違, 湖としか見えぬ, 湖どりと覚しい, 湖などがもし天然, 湖などで色々の, 湖などという池まで, 湖などに産する, 湖などを同人と, 湖なにが天下, 湖なみの, 湖なら鼻を, 湖について聞くところ, 湖にて摘みたる白き, 湖にとってはなかなかの, 湖に対しどんな感, 湖に対してはそんなに暴風, 湖に対する感動が, 湖のうへは遠く澄み, 湖のさざなみ, 湖はんに一軒, 湖たで羽柴勢, 湖ばかりわればかり, 湖ばかりじゃないね, 湖ひろがり更に北方, 湖ひろくかつ長く, 湖へでも二三日行つて來ようかなと, 湖へと畳み込まれる, 湖へは姫鱒湯川へは, 湖べり一帯はいたる, 湖ほど実用と, 湖ほどもあり鼻, 湖もしくは沼で, 湖やらまたそれ, 湖見出せば, 湖よりはよほど小さい, 湖らしき趣を, 湖らしくきらきらと, 湖をわたつて, 湖エリーの水上, 湖ニ屈スルハ其山水ノ観, 湖ハ頓ニ水色ヲ変ズ, 湖ヨルダン川では飛魚, 湖環ツテ闘馬, 湖一周の新道, 湖一面にふわり, 湖一面開早起先登百尺台, 湖中竜住むべし而, 湖に次ぐ, 湖乙女峠いったい景色, 湖九江漢口岳州沙市の辺, 湖五つ見てと, 湖と名づけ, 湖付近には実際, 湖伊沢柏軒小島抱沖堀川舟庵と漁村自己, 湖住みをする, 湖にあった, 湖全体が何処, 湖全部を探検, 湖全面を一瞰, 湖ちかし真鴨, 湖到るところで, 湖をながめ, 湖の編纂, 湖南北九町東西十五町と稱, 湖口県を去る, 湖の王妃, 湖周囲は七十里, 湖の風景, 湖地区だけで, 湖地帯にも遊んだ, 湖地方から渡っ, 湖地高燥本栖湖ニ至テ最高ク湖面不断ニ光ヲ発シ, 湖埋もれた都会と, 湖のサー, 湖に小, 湖外記は亀井能登守, 湖に浮い, 湖寄りには柵, 湖山人南総稲毛, 湖山人著作小説集の序, 湖山子の周旋, 湖山葵山南岳新兵衛, 湖の岩, 湖にさ, 湖州自身も史上, 湖州著家康と直弼, 湖巡りをする, 湖は明瞭, 湖廣總督であつ, 湖廣總督張之洞, 湖をなす, 湖影清らなり春雪, 湖征服のお祝い, 湖戦場ヶ原を隔て, 湖新樹がひそか, 湖日本第一, 湖春色研近山如笑遠山眠不知造化有何意画幅懸来, 湖暗し五月雨, 湖月さんのあの, 湖月亀清柳光亭といった一流二流, 湖月園へゆく, 湖月帝国ホテル精養軒抔といふ所, 湖月抄本とウエイレイ, 湖には鳥, 湖を終りました, 湖の羽織袴, 湖楼下にあらね, 湖楼和井内ホテルの御, 湖楼酔書を始め唐韓, 湖の処, 湖檜原湖と称する, 湖殆ど半日湖の, 湖殿に頼ん, 湖水天に連, 湖水月の如し, 湖水田稻村めぐれども, 湖に落ち, 湖氷上を跣べり, 湖氷貯蔵の倉庫, 湖汽船の乘降場, 湖沢城市塁寨平野などさしも, 湖沼池の多い, 湖沿まがるひと, 湖に行き, 湖泉井までもすこぶる, 湖泊りだった, 湖海侠徒雲井竜雄の方, 湖涙阜が異様, 湖淵泉の主, 湖清水のながれ, 湖渓谷には美しい, 湖に幸, 湖滞在は愉快, 湖く稻, 湖片方は海, 湖焼く煙, 湖画伯も, 湖碑畔の崖, 湖移動る沼, 湖窓外に青く, 湖の惨状, 湖網引き船漕ぐ葦, 湖の群れる, 湖船禅定とて船, 湖處子出で中西梅花, 湖處子安江稲次郎宮井章景三原武人の四人, 湖處子等諸家の小, 湖處子金子馬治野々村戒三等の早稲田派, 湖行きの大きい, 湖裾野人穴いたる所, 湖見ゆる朝の, 湖越しの水, 湖近く横りて, 湖退屈という湖, 湖邊海岸といふ所, 湖邨等の諸氏, 湖の菱, 湖鏡庵赤泊町の東光寺, 湖開晨起先登百尺台波上茫茫看不, 湖附定の連山, 湖つ田上山, 湖集つた人人を眺め, 湖集まりて川, 湖を頂いた, 湖雪原と大, 湖のうへのいただき, 湖雲去来して, 湖霞みたる見ゆ, 湖ふかく水皺幽か, 湖青森あたりだと, 湖靜かなり遠山は見えず, 湖風景車窓に展開, 湖風色入吟眸, 湖風雨送君帰, 湖鳴りに幾たび, 湖うく秋, 湖龍斎らの画工, 湖龍斎出で安永年代, 湖龍斎春章らいづれも, 湖龍斎春章清長北斎らの或, 湖龍斎春章清長北斎等の或, 湖龍齋の板畫