青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「温泉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

渡し~ ~渡した ~渡っ 渡っ~ 渡り~ ~渡る 渡る~ 渡辺~ 渦~ ~温泉
温泉~
~港 港~ 湖~ 湖水~ ~湧い 湧い~ ~湯 湯~ 湯気~ 満~

「温泉~」 4016, 43ppm, 2679位

▼ 温泉~ (581, 14.5%)

9 方へ, 町の 6 あること, 宿の 5 中に 4 宿を, 山の, 町を

3 [15件] ために, なかに, やうに, 中で, 中へ, 前を, 口の, 宿で, 方から, 浴槽が, 湧くの, 町から, 町は, 連中は, 量が

2 [38件] あるところ, とりつきの, ほうが, やうな, ような, ように, わくよう, 一夜, 中の, 主人に, 事を, 作用で, 作用です, 出るところ, 別莊, 匂ひ, 名が, 名を, 奥に, 奥の, 宿屋の, 底の, 徳で, 感じを, 方を, 村, 村に, 温度が, 湯ぶねの, 湯槽に, 湯気の, 為に, 烟は, 町も, 白い湯気, 話を, 近くには, 通った証拠

1 [413件] あた, あたりが, ありがたさ, あるあたり一帯, あるため乗降客, あるキスロボードスク, あるスキー場, あるベト雪, ある別荘, ある山, ある方, ある旅館, ある町, ある美しい, ある附近, あんまさんから, いいこと, うしろの, お客さまと, お歴々が, お湯の, お爺さんは, ききめは, ことで, ことなどに, ことに, ことは, ことを, こと病気の, この近江屋, この長方形, すぐ近く, せいだ, せいである, せせらぎに, それが, それの, ためでなく, ためでは, つもりな, でるらしいシルシ, でる土地, ときの, ときより, とろけるよう, ない家, なかから, ぬるいこと, ほかに, ほこりである, むらを, もって, わいて, わき出るところ, わくところ, わく所が, わく部落, ホテルに, 一つへも, 一件を, 一室で, 一廓に, 一徳であろう, 一流旅館へ, 一軒, 一間せんだって宇津木兵馬も, 三吟歌仙の, 三階の, 上から, 上に, 上の, 上まで, 上を, 上手から, 下の湯川の, 下流二里ばかりの, 下流小松に, 下流小松の, 不景気たら, 丑の, 中では, 中央まで, 主人公が, 主人岡村宏策老に, 主婦, 亀屋に, 事だ, 事で, 二つに, 二階屋が, 交ったもの, 交響楽を, 人々とても, 人々は, 人夫とが, 人目に, 今までの, 代りに, 件が, 件り, 位置は, 低い屋根, 住人です, 作用という, 作用といふ, 作男の, 使命を, 倍ちかく高かっ, 値打が, 値打ちが, 傍へ, 優れた処, 元湯, 入口なる, 入口にて, 六箇月が, 再噴出, 写真で, 冬籠りで, 出るいい, 出口へ, 出口を, 別所の, 別荘へ, 利用だの, 前に, 効き目の, 効き目は, 効用などを, 効目が, 効目は, 効目を, 効能が, 効能だ, 効能も, 効験が, 匂いとが, 匂いとも, 匂ひもかいだ, 化物屋敷の, 北に, 半年の, 原素, 叔母の, 口なる, 口は, 古い歴史, 吉見屋に, 名, 名この, 名で, 名であっ, 名は, 名物, 名誉の, 噴出が, 噴出する, 回想談や, 団体客という, 国で, 在る所, 地であります, 地下鉄寮という, 地獄まわりで, 址を, 夏の, 夏場イヤな, 夕月の, 外観, 夜更けの, 夜語, 大きな看板, 奥様に, 奥様のと, 女であったなら, 女という, 女主人, 女王の, 女神様が, 如きも, 妙見が, 娯楽室から, 娯楽室の, 媚いた, 宙宇に, 客と, 客の, 客は, 家屋が, 家族風呂では, 家族風呂料理屋の, 宿から, 宿だった, 宿に, 宿は, 宿はずれの, 宿へ, 宿らしい, 寒さ, 少年粂之助新に, 山に, 山の上の, 山暮れゆく, 山腹に, 岩に, 岩の, 岩崎といふ, 岩洞や, 巌の, 川原の, 座持ちでありました, 廓を, 建築を, 形が, 従業員であった, 徳は, 心持が, 思い出には, 情趣は, 情趣を, 感じは, 所ニ至ルニ吉井幸助も, 所在を, 所在地から, 掻巻が, 效果との, 效能も, 新名物, 新築やに, 方に, 方にも, 方は, 方角へ, 旅から, 旅籠で, 旅舍が, 旅館と, 旅館に, 旅館の, 旅館町では, 日蓮宗の, 暖房が, 曇りばかりは, 朝の, 朝は, 木曾踊りの, 末に, 村は, 東五里に, 東南に, 東栄舘に, 松屋を, 松川は, 松川河津の, 板屋旅館を, 柳絮古城に, 根原なれ, 桃色に, 案内に, 案内所が, 概念は, 榊屋と, 様子を, 横で, 歓楽の, 水口は, 水質や, 池が, 池である, 沈澱物が, 沈黙, 沖に, 流れ, 浴場は, 浴室が, 浴槽の, 海抜は, 涌き出す洞窟, 温かさ, 温か味とは, 温泉宿であった, 湖水が, 湧いた処, 湧き出して, 湧くところ, 湧く穴, 湧出す, 湧出する, 湧出は, 湧出地である, 湯が, 湯で, 湯に, 湯は, 湯ばな, 湯元まで, 湯口が, 湯口の, 湯壺に, 湯壺は, 湯女物売りの, 湯桁の, 湯気に, 湯氣とを, 湯舟は, 源たる, 源水なる, 滑らかな, 滞在客が, 澁峠を, 炉辺の, 炉辺閑話に, 炉辺閑話の, 烟の, 煙, 煙に, 煙は, 煙りが, 煙りに, 煙りの, 煙りまでが, 物語を, 特徴については, 特殊相である, 現状すら, 生活が, 生活を, 男, 町がかりの, 町で, 町での, 町に, 町はずれに, 町へ, 町らしい, 町入口は, 町入口はずれと, 番を, 発見された, 発見について, 発見は, 直ぐ後方, 相模屋へ, 真上に, 眺望は, 石槽の, 神樣の, 秋立つ, 称ある, 種類を, 空気や, 空気を, 端れ, 符号の, 符號の, 経営し, 経営開始後間もなく, 絵葉書で, 美くし, 美少年の, 老主人, 背後に, 背戸に, 色彩の, 若主人塩谷忠氏, 落ちる音, 薫が, 薬力では, 街, 裏の, 裏二階で, 裏路, 西に, 記號の, 設備も, 話が, 話に, 話も, 詳しい事, 谷を, 路, 辺り絶好な, 近くで, 近くでありましょう, 近くの, 近く大, 近傍流水の, 近在で, 近所で, 途中で, 連中に, 部を, 郷に, 長い段梯子, 長所は, 開けたの, 附近の, 陸軍療養所に, 雌滝に, 雨を, 静かな, 音を, 風景も, 風景を, 食いものが, 香が, 香にも, 香の, 香を, 馬車に, 駐在所に, 駐在所における, 鹽類の

▼ 温泉~ (477, 11.9%)

12 つかって 10 行って 7 来て, 浴し 5 宿を 4 つかつて, 浸って, 浸りながら, 滞在し, 身を, 遊んだ時 3 つかりながら, ひたって, 入って, 入つて, 浴した, 浴す, 浸つて

2 [41件] いた, つかると, つれて, ひたつて, やって, 住んで, 來て, 來る, 入ったり, 入りに, 入れて, 出て, 夏を, 就いての, 屋根の, 於て, 泊り案内者, 泊ること, 浸つた, 滞留し, 着いた, 着いたの, 着いたので, 着いた時, 着いて, 至る, 行かない, 行きました, 行く, 行くこと, 行くと, 行くの, 行った, 行ったとき, 行った時, 行つた, 行つてて, 逗留し, 這入りに, 連れて, 開かれますので

1 [309件] ありて, あるもの, いくん, いたる広き, いたれば, いて, いると, いるよう, いるん, いる画工, お住み, お着き, して, するか, その冬, ついた, ついた宇津木兵馬, つかったとは, つかつたり, つかぬうち, つかりたいな, つかり心しづめん, つかる, つかるの, つかる以外, つかれば, つかッ, つきしは, つきます, つく, でも入ろう, どかと, なる, ぬくもりながら, のぼり来りて, はいりに, はいり広い, はいれば, ひたったり, ひたる理髪, ぶつかり滝, まいりました, みえるはず, もう十日, やりちゃあ, やり人手, ゆき明後日ごろ, ゆくこと, ゆくとして, ゆく決心, ゐたこと, ゐたの, ゐたり, ゐた時, ゐました, ゐるらしいね, ゐる母, 一つ入, 一先ず行き, 一夜を, 一宿した, 一日, 一泊した, 一泊常願寺川に, 一浴し, 一浴を, 一箇月間滞在の, 一週間ばかり, 七月中旬から, 三浦按針祭という, 下り吉田口, 下る急, 下る道, 二三日雨に, 五六日滞在し, 今も, 保養に, 傷病兵の, 兄さんを, 入ったこと, 入つ, 入つたやう, 入られると, 入りそれ, 入りたいと, 入りて, 入りびたって, 入る, 入れると, 入浴し, 入浴する, 入浴に, 入浴同所にて, 入浴昼食を, 全身を, 冬越しを, 出かけた, 出かけたにも, 出かけて, 出かけようと, 出た, 出一, 出懸けて, 出掛ける者, 出養生, 到着した, 前後二回合わせ, 十分間鶏卵を, 半年ほども, 博物館や, 参りましたところ, 取っても, 取材した, 向うた, 向けて, 向って, 唯一の, 唯一人雪の, 四五日滞在した, 女を, 安宿が, 宿った時, 居たとて, 居て, 居りましたが, 居残った, 帰つた, 帰りついた, 度々やっ, 引越したら御, 彼女, 往ったら, 往つてそこで, 徃く, 忍ばせて, 忘れ物を, 投ず, 於いても, 於ては, 旅し, 景勝の, 来しずか, 来た, 来たこと, 来たの, 来たもの, 来た客, 来りなかば自炊, 来るの, 比べれば, 泊ったこと, 泊ったとき, 泊った六年前, 泊った時, 泊って, 泊る手, 泊る筈, 洗ひ流す, 流して, 流しました, 浮かしながら, 浴しなければ, 浴すること, 浴すると, 浴するより, 浴せん, 浴みし, 浸けながら, 浸されて, 浸したり, 浸して, 浸った時, 浸った机竜, 浸つたつて, 浸りあゝ, 浸りそして, 浸りカフェー, 浸るあゝ, 浸ること, 浸るそれから, 浸ると, 浸る女, 浸る心地, 浸る感じ, 涵って, 涵り, 温もって, 湧出る, 湯治する, 滞在した, 滞在中やや, 滯在し, 漬けて, 漬つてゐた, 潜んで, 火事が, 現われたの, 登って, 白く浮い, 眠って, 着いたまさに, 着きぬ, 着きました, 着きまして, 着き正, 着き正栄館, 着くこと, 着する自在舘, 私の, 私は, 移らざるを, 立て籠, 立寄った, 約二週間, 自分の, 至り祖母谷, 至り蓮華鉱山跡, 至る路, 草庵を, 落ちつきたいそして, 落合った二ツ, 落延びて, 落着いた, 著いた, 著いて, 著きぬ, 行, 行かうとして, 行かれたよう, 行かれた時, 行かんか, 行かんかと, 行かんならも, 行きたいと, 行きたいな, 行きたがって, 行きたくて, 行きたくなった, 行きたるとき, 行きて, 行きましたから, 行きましたが, 行き二, 行き旅行, 行くちゅうじゃないか, 行く新道, 行く時, 行く路, 行く途中, 行けて, 行こうと, 行こうという, 行ったとの, 行ったら直ぐ, 行ったり, 行った事, 行った人達, 行った処, 行った夜, 行った帰りがけ, 行った月, 行った留守宅, 行ってた伯父, 行つ, 行つた時の, 行つてゐた, 行つて騒ぐ, 行幸, 行此所より, 設けた羅馬, 誘い出した, 越ゆる, 身体を, 轉地し, 近い山寄り, 近い水沢観音, 近頃稍健康色, 退屈したら, 途中下車し, 逗留した, 這入って, 這入つて, 這入るの, 這入ろう, 連れられて, 遊ばれた時, 遊びし帰途, 遊びに, 遊び十日間, 遊ぶ, 遊ぶこと, 遊んだの, 遊んでを, 達する, 達するには, 長い旅行, 長滯在, 開かれた同級会, 開かれた同級會, 関係の, 關係も, 限ったもの, 限らぬ自然, 集まつた, 非ず, 食物を, 飼って, 養つてゐた, 養生し

▼ 温泉~ (351, 8.7%)

6 がある, に来 5 へ行っ 4 へ来, へ行く 3 であった, である, に於ける, の余興, の宿屋, へゆく

2 [27件] からその, だなんて, でうす暗い, ではある, で懇意, などへ行け, にでも共同生活, には怪談, に到着, に来る, に着いた, に近年流行, に遊び, の, のこと, の屋根, の料理屋, の料理屋全体, の旅館, の浴場, の附近, は一泊, は交通便利, へ來, へ遊び, も皆, も繁昌

1 [254件] からいくら, からそこ, からの闇買い, から一里, から上方, から十四五町, から婢, から森栖先生, から生れ, から町, から遠望, か何, があった, があつ, があります, がたくさん, が寂れた, が賑やか, が近年, が近年著, その南, たるバース, だ, だけのよい, だと, だので, であて, であるから, であるが, である雑木山, でございますが, でその, での三四日, では, ではからずも, ではこの, ではなく, では浅井, では見えません, でもやり尽しまし, でも何, でも歩い, でも滞在客, で下, で亡くなっ, で今宵, で倭文子さん, で先ず, で大久保先生, で宿屋, で散歩, で暮す, で松島さん, で松平藩主, で板場, で温泉芸者, で目, で起った, で退屈, で過した, で釜, で長い, で静養, で養生, とかへ稼ぎ, としての気分, としては代表的, として知られ, となっ, となる, とはいい, と思へよう, と数町, と階段, などでは余り戸締り, などでは怪しい, などでよく, などで親しく, などにあった, などへいつ, などへ遊び, などもあり, なども賑, なるもの, なんか詰まらない, にある, にいた, においてお客, においてボー, にできる, にでも隠れ, にはこの, には今年, には幾多, には派手, には近郷, にゐる, に來, に出向き, に変, に春半, に普請, に未練, に止まっ, に泊っ, に着い, に着く, に立ち寄る, に行き, に行く, に送られた, に逃れ, に遊ん, のうち, のかい, のことゆえ病人, のよう, の一つ, の三助, の人心, の今にも, の今時分, の俗塵, の元勲, の全体, の内状, の出現, の前, の化物, の午後, の土産物, の坂, の夜, の女給, の姿, の家, の小間物店, の山, の幽暗, の広告絵, の座持, の徒然, の御, の挽物師, の排泄物, の方, の旗, の暇, の様子, の正月, の気分, の清琴樓, の湯治客, の物, の町, の町並, の白壁, の碁会所, の空, の空気, の街, の裏, の記憶, の路, の追分, の道, の間, の飲食店, は, はさて, はその, はとくに, は以前, は停車場, は到底, は大抵, は太平洋側, は山, は岡, は泊, は温泉場, は湯治客, は病, は谷底, は鬼門, へいっ, へいった, へつれ, へでもやっ, へでも行け, へでも行つて了つて, へでも遊び, への第, へまいりました, へも停車, へも行った, へスキイ, へ下りた, へ入ります, へ出かけ, へ出かけた, へ参り, へ参る, へ呼出, へ探し, へ最も, へ来る, へ松杉, へ泊つた, へ湯治, へ着いた, へ立つ, へ著い, へ行, へ阿, へ隠された, までの里程, まではバス, までまた, まで行き, も一時, も同じ, も大抵, や避暑地, よりずっと, らしい形, らしい淫蕩, らしい特異, らしく和んだ大気, らしく湯, をさし, をひやかし, をまわっ, を会議場, を作っ, を叙, を廣, を引きあげ, を征服, を後に, を根柢, を沸き返る, を照らし, を発っ, を見下ろした, を設け, を読書, を貫い, を開い, を離れた, ヲ開イテ以テ仲街, ヲ開クモノアリ, 兼ねて, 近いところ

▼ 温泉~ (344, 8.6%)

22 行って 9 行った 7 行くと 5 着いて 4 いって, 保養に, 来て, 行くの, 行こうと, 行つた 3 出かけて, 帰って, 湯治に, 行けば

2 [24件] はいる, 入り込んだの, 入浴に, 出た事, 向かった, 志ざす人々, 旅した, 暗い人心, 来たの, 泊りたいと, 療養に, 発つた, 行きたいと, 行きました, 行くこと, 行くわけ, 行く事, 行く人, 行く道, 行けと, 行こうという, 行ったり, 逃げた, 遊びに

1 [217件] いらしたという, いらっしゃるの, おいでに, お客様が, お里が, かえりおばさん, かけて, きて, くる客, こうまで, しばらく引越し, すぐ逃げた, それから修道園, たどりついた時, ちょっと立寄っ, つかって, でかけた, でかけたの, でかけたユーモラス, でかけるよう, はいりに, はいるん, ひきこもって, まいったこと, まいりましたか, ものを, やって来たとしか, やって来て, やって来る, やって来るとき, ゆきそれ等, ゆきもう, ゆく, ゆくにも, ゆく国府津, 一文字に, 一晩ぐらい, 一緒に, 七時間一日で, 三十七年つづけ, 三十二町二見温泉へ, 三十五町鐘釣温泉へ, 下って, 下られるという, 下り白峰, 下る, 下る積り, 下山七月終りには, 下山八月終りには, 下山沓掛より, 二三日目に, 二人で, 二里二十二町と, 五町砂金採取所へ, 今と, 今までは, 仕事に, 休養に, 何し, 何不自由なく, 例の, 保養が, 入りそれから, 入り込んで, 入場する, 入込みます途中, 入院に, 八時間くらい, 八時間一浴し, 八時間道は, 出かけたが, 出かけたので, 出かけたり, 出かけること, 出かけるの, 出た, 出て, 出ると, 出るの, 出るよう, 出る事, 出其処, 出掛けた, 出掛けた弥之助, 出掛けようと, 出発させ, 出発した, 出発する, 出養生, 十一時頃着い, 十二時間乗鞍大池小屋に, 参つたのも, 参りますとの, 向いつつ, 向う筈, 向けて, 執筆旅行の, 夫婦づれで, 奉公に, 妾と, 姿を, 家族づれで, 川端深田等, 巡業した, 帰ったの, 帰ると, 帰るの, 廻つたが, 廻らうか, 廻ろうか, 引返す, 往った, 往って, 得たり, 御案内, 御着き, 急ぐこと, 手紙を, 招待され, 数度入り宿泊せり, 旅立った日, 旅行せられる, 旅行を, 来さつし, 来た, 来たと, 来た頃, 来てから, 来てるん, 来る時, 案内しよう, 極暑, 歩かなければ, 死にに, 母と, 毎夏湯治, 汗を, 泊って, 泊っては, 泊りに, 泊り温泉, 泊るの, 浴み, 温泉宿を, 湯治と, 瀬戸を, 発足しよう, 着いた, 着いたばかり, 着いた許, 着きますぜ, 着くと, 着した, 祖母と, 立たれた, 興行に, 行かう, 行かうぢ, 行かうと, 行かうといふ, 行かうなんて, 行かないこと, 行かない事, 行かなければ, 行かれてはと, 行きがけには, 行きその, 行きたいが, 行きます, 行きますが, 行きませうよ, 行き兵馬, 行き鷹, 行くかね, 行くさ, 行くって, 行くつもり, 行くなぞ, 行くべきだと, 行くべきであると, 行く途中, 行ける位, 行こうか, 行ったとか, 行ったとき, 行ったの, 行った時, 行った留守, 行つ, 行つたに, 行つたのです, 行つた時の, 行つた時作つたもの, 行つてし, 行つてもらつ, 行つてゐる, 行つて来る, 行つて気長く, 行つて泊る, 行啓あ, 行宮を, 行幸の, 赴き薬師堂, 赴く途中, 身体を, 辿りつくこと, 辿りつけば, 這入ったり, 這入りまた, 這入ると, 通ったという, 通ったの, 通ふ, 連れて, 遊んだとき, 集まった各, 飛び込んで

▼ 温泉宿~ (315, 7.8%)

10 の二階 4 の一室, の主人 3 があつ, がある, は今, へ帰る, をやっ

2 [31件] から受けた, から穂高山, であった, である, でしんみり, で一緒, で二人, というもの, として世間, にかぎらず, には薄暗い, に滞在, に着いた, に草鞋, のお, の主, の亭主, の前, の在る, の姿, の娘, の方, の生活, はこの, は一軒, は万事, へ一旦, へ帰った, へ引き返す, へ行っ, も普通

1 [220件] から半, から梓川, から皷, から立ち去らなけれ, から電報, があっ, があろう, が中, が今, が出来た, が四軒, が平面的, が押流, が有ります, が雨, だ, だった, だつた, だと, で, であすこ, であの, でこれら二人, でした, でそれ, でただ, でたまたま, での元朝, での出来事, ではあった, ではまた, では夜, では家, では部屋, でも夜汽車, でも極, でも経営, でわたし, で一, で一ヵ月, で一夜, で云う, で互, で何, で君, で川上眉山著, で川端さん, で座敷代, で懇意, で樽野, で死んだ, で毎晩, で泊っ, で泊った, で泊まる, で爆発, で独り旅, で芸者, で運命的, で隣室, とお客, としては少々薄々, と名, と商家, などで寝, なので, にあなた, にある, にたどりついた, にたどり着く, についた, にでも居る, にとまっ, には来, にもう, にもほとんど, にゐ, に乾した, に住居, に入っ, に到着, に委, に寝転ん, に居る, に帰, に来, に来る, に沈湎, に泊っ, に泊つて, に泊まっ, に泊まる, に泊り, に湯治, に滞在中, に滯在, に舞い込んだ, に落ちつい, に逗留, のある, のうち, のこと, のそば, のつく, のつれこみ, のなか, のほか, のやう, のセット, の一廓, の一軒, の一間, の下駄, の中, の主人百瀬君, の二階座敷, の作つて, の側, の勝手口, の名残, の垣, の外, の夜中, の女中, の女中さん達, の婢, の子供, の客引き, の小さい, の屋, の屋根, の屋根越, の広告, の後ろ, の支払い, の數, の日々, の昼間, の株, の欄干, の気, の池, の湯槽, の火光, の灯影, の燈影, の燈火, の看板娘, の祝儀手拭, の窓, の細格子, の膳, の芸者, の表, の裏山, の軒, の軒端, の金蔵, の長い, の附近, の離れ, はその, はどう, はわたし, は在る, は殊に, は濁流, は無い, は熊岳河, は生憎割り, は病, は病い, は茅葺き屋根, は茅葺屋根, へき, へと淋しい, へなど来, へやつ, へやられた, へ三人づれ, へ保養旁, へ出かけ, へ出かける, へ向かっ, へ妹さん, へ来, へ泊つた翌日, へ泊まる, へ混み入っ, へ着いた, へ着く, へ行, へ電話, まで取り, もあれ, も一軒きり, も公園, も多い, も月並, や商家, や松, や精米所, より拘引, らしい屋根, らしくなくさっぱり, をお, をし, をやり, を兼ねた, を出た, を出発, を向う, を忍ん, を持つ, を指し, を経営, を貫い, を開い, を除い, 悉く脚下

▼ 温泉~ (196, 4.9%)

4 ほんた

2 [14件] あるの, ある筈, この近所, その湖岸, ないかと, 川の, 惡く, 春ひらい, 汽車から, 湧出量が, 滾, 病人の, 神社の, 街道から

1 [164件] ありがたい, ありがたいかな, ありがたいと, ありがたし酒, あるけれど, あるし, いい, いいけれども, いかがでございました, いくらか利いた, いっぱい溜っ, いつも同じ, いつも黒い, かなり気持, ございません, すこぶる原始的, すべてこの, すべて同じ, その力, たいがい胃腸病と, たいていこの, ちまき多良頭巾, ちょっとした谷間, ついて, どうした, どうだったい, どこか, どこに, どちらで, ないのに, なくとも, ぬるくて, ひとしくみな高山, ほんとによい, まだ出来た, まだ通じ, もうすぐそこ, もう真, やはり山, やはり新湯, よいかな, よいなあ, よいなあと, よいほん, よく人, よろしくない, アベックの, カンタルに, シラホネが, スキイ人のみが, ドイツの, ローマ時代より, 一月七日頃より, 一番愉しい, 万事電気ずくめの, 三階の, 上州唯一の, 中學の, 乘鞍嶽北側の, 二つ岳の, 五箇所に, 五里の, 人の, 今は, 今も, 今春以来かく, 今時珍しい, 何, 何といつ, 何に, 何病に, 信州といつても, 修善寺という, 僕に, 全くカンサンそのもの, 全市を, 六ヶ所ほどに, 出なくなって, 出ら, 別種の, 利が, 前の, 効かないという, 効くもの, 勿論実在, 各地に, 地図で, 塩類泉にや, 好きだ, 定めし石器時代, 小山の, 山また, 山川と, 山腹に, 山裾の, 峡谷の, 川一面が, 川原に, 左右へ, 常世の国から, 御承知, 急速な, 應擧寺を, 改修され, 日清役に, 明治の, 昔の, 昔白船の, 昨年とか, 有難いもん, 本陣という, 梓川の, 毎朝の, 河の, 河原の, 海に, 海抜八百メートルの, 深い谷底, 清水以上に, 渓流に, 温度が, 温度も, 温泉として, 湯宿が, 満喫した, 無か, 無かつ, 無色無臭まったく, 無限に, 熱くて, 珍しい, 珍しくない, 田舎の, 病いを, 盛り上る, 盛夏軽井沢に, 石器時代の, 砂の, 硫化カルシウム及び, 祖母谷の, 私には, 私にも, 羅馬人によ, 胸や, 脚気に, 脚気の, 自炊し, 自然の, 誠に気の毒, 赤谷川の, 身心を, 遊びに, 適しませんねえ, 鉱泉を, 銀採掘の, 鑓ヶ岳の, 障子の, 雨の, 雲仙の, 静まるが, 非常に, 首を, 高原の, 黒薙の

▼ 温泉~ (184, 4.6%)

17 ある 4 あって, あると, 湧き出て 3 あつた, 湧いて, 非常に

2 [13件] あった, あります, ありませぬ, あり金, あるが, あること, あるの, ある高い, あれば, 出て, 湧出し, 通ったの, 通って

1 [120件] あったに, あってない, ありそっち, ありながら, ありました, ありますから, ありませう, あり北鮮, あり根岸, あり水神, あり海, あり海岸線, あるから, あるけれど, あるこ, あるさ, あるそう, あるそこ, あるため, あるなら, あるゆ, あるらしいのよ, ある故, ある橡尾又, ある筈, いい, いいわね, お休, この茫々, ごくごくむせん, ございます, ございますか, さびれて, ついてるだけ, どういう風, ないから, ないの, なかった, なくて, なつかしくて, ぬるいという, ひいて, ふいて, ふきだして, ふんだんにあります, ほしいのう, わいて, わく, 一昨日から, 一番良い, 三つばかり, 今日の, 今日までも, 出たつけ, 出たと, 出てを, 出る, 出ると, 出るの, 出来或は, 別府と, 利いたの, 噴き出して, 噴出し, 在る, 坂の, 外傷の, 多い, 多く外人, 大変気に入っ, 好いかとも, 好きだ, 好きで, 好きな, 嫌いな, 岩伝いに, 岳, 岳を, 嶽に, 嶽は, 川底から, 急に, 我々を, 抑も, 昌つて来たで, 時々ぴたりと, 時間を, 普通の, 有って, 本当に身体, 果して物質的, 流れ込むん, 渓を, 渓流の, 湧いての, 湧いてを, 湧きこぼれる音, 湧きでて, 湧き出しそこ, 湧き蒸気, 湧くもの, 湧くん, 湧出た, 煙を, 発見されぬ, 百二十も, 目当ての, 相結ん, 節電の, 精神病に, 続々あらはれる, 良かろう, 處, 設けられて, 豐富で, 豐富である, 近いと, 連續し, 霊験ある, 高温の

▼ 温泉~ (132, 3.3%)

2 あつた, 一ヵ月ばかり, 或朝, 矢田津世子と, 芸者を, 開かれる筈

1 [120件] あかし翌朝, あんまを, いろいろ聞い, うだり通し, おしろひ, おた, おん催しあらん, お雪, きいた女, きわどい時, すっかり癒え, そういう半熟, そのうえ電気浴, それを, だいぶ心, ね, みがかれた玉, もさうであるが, もって, ゆっくり仕事, よく訊い, 一つの, 一夜巡礼の, 一日の, 一泊した, 一泊も, 一浴し, 一風呂浴び, 世古の, 二三日遊ん, 休みすぎた, 休養したい, 似而非, 作つたもの, 保養を, 僕に, 先生が, 入口には, 兵隊さんと, 冬籠り, 冷えたから, 冷えた体, 同行を, 名刺を, 四囲の, 姿を, 容易に, 小金を, 尺八を, 帰る日, 弘法大師が, 御養生, 意気銷沈の, 我行を, 揉んで, 新しいパンツ, 昼食を, 昼飯を, 晝食を, 暫く保養, 暮らしたの, 最近は, 朝夕ちつ, 朝飯を, 木萩の, 東京の, 桜の, 正月を, 正確に, 死んだ飛騨, 母が, 河鹿は, 泊めるかも, 浮気を, 温める, 游泳が, 湯あみを, 湯が, 湯治を, 湯煮る, 滝に, 田舎まわりの, 病後の, 療養という, 療養中でありました, 登山者の, 眼を, 秀吉の, 私は, 秘密の, 立春を, 著名だ, 蒸汽煖房の, 見た何とも, 見た妖女, 見た泡盛草, 見知越, 農民小説を, 迎へ, 逢ったとき, 逢った若衆さん, 連日の, 遊び冬は, 遊ぶの, 過ごしたので, 酒を, 酒場を, 里の, 鍛冶屋の, 鎭つてゐた, 関係を, 電灯さへ, 静養し, 静養したら, 頭の, 食ったうどん, 食ったという, 飲んだ我々, 高浜虚子氏や, 鬼怒川と

▼ 温泉~ (119, 3.0%)

4 経て 3 訪ねて 2 うめる水, 出発した, 利用した, 志して

1 [104件] おっとり囲んだ, この際子供, さまよ, ざぶざぶ使った, すべて廻り尽した, そのまま大きな, たのしみに, ついでに, ひらいたという, まだ知らなかった, めぐる山々, めざした, ゆずって, 一週間程, 中心と, 中心に, 二三挙げた, 其懐に, 内山村に, 出したという, 出て, 出ると, 出発し, 出発点と, 別莊, 利用しよう, 利用する, 加熱する, 午前八時三十二分の汽車で, 吐く川, 呑むの, 好む, 好むの, 好むを以て, 嫁の, 守る防壁, 左に, 帰ること, 建つ二子, 廻って, 廻つて歩き, 廻られた時, 引いたもの, 引いて, 御出発, 思い出しそこ, 思い出して, 悉く遍歴, 択んで, 掘つて, 掘るの, 掘る為, 掬んで, 描きながら, 教えた, 教へ, 新設する, 望む風景, 楽しもうと, 歩いたが, 歩き廻った時, 求めず猿ヶ京, 求められたり, 汲みに, 沸し, 浴びて, 浴びながらも, 浴み, 浴むるまも君が, 満喫させない, 物色し, 環り, 発して, 発った, 発って, 発見し, 發見し, 目ざした, 目標として, 知って, 知らないという, 知るにつれ, 立ち出, 立ち出でた宇津木兵馬, 立った, 立つ, 立つて, 素通りに, 紹介した, 経めぐっ, 經て, 見れば, 見逃がすわけ, 観覧せしめる, 調べに, 買った, 軽蔑しきっ, 逃げまわりや, 過ぎて, 過ぎてからは, 過ぎ高手, 過ぎ高橋お伝, 選んだもの, 選んで

▼ 温泉~ (119, 3.0%)

3 である, にある, に見る

2 [13件] であること, で長い, というもの, としての三朝, としての城崎, にあ, にも見つける, に一日二日, に住ん, に縁故, へでも行け, へ弟, へ通

1 [84件] かと思っ, かは知らぬ, からそれら, から城崎, から少し, があっ, があります, がどういう, が散在, だ, だから, であった, であるから, であるとも, でさえ塵, です, ですから, でなり, での遊山, ではなく, では秋風, でも熱海, で呉服, で思ふ, で流し放し, で自費, とある村立共同浴場, といっ, としての特色, としてみまし, と温泉客, と花柳地, などでは今, なの, につくられ, にでも旅, になじまず, にも残され, にも種々, に來, に向っ, に最近, に泊つた事, に滞在, に送った, に遊ん, に隠遁, のある, のこと, のどこ, の一廓, の住民みたい, の小家, の小屋, の悪童, の方, の火事, の町, はむかし, は戦時景気, へと再び, へと出発, へもしばしば, へ上った, へ住みついた, へ出る, へ子, へ室蘭碇泊中, へ来, へ案内, へ行った, へ遊び, までは更に, まで行きついてた, や私, よりも高原, らしい, らしい思ひを, を一晩, を奇怪, を汽車, を益々, を経, を連絡

▼ 温泉から~ (71, 1.8%)

5 帰って 4 沈澱した 2 私の

1 [60件] かえるまでは, この頂き, さらに七里奥山, その愛人, やって来て, 一里あまり道程の, 一里は, 三名引山を, 三四丁手前で, 三国峠へは, 上つ, 上りまして, 二時間半ばかり, 二里下流の, 二里半ばかり, 佐梨川の, 停車場までは, 僕は, 八ヶ岳への, 六七里ばかりも, 出したもの, 出た足, 北地獄に, 四キロほど, 安房峠と, 小日向山を, 小瀬温泉まで, 少し下, 山を, 峠まで, 島の, 帰った夜, 帰ってからに, 年々いくらかの, 御幣岳, 戻つて, 日帰りで, 来た倉持, 東方五里の, 梅木峠を, 梓川を, 消えた, 渋峠を, 渋川まで, 渋温泉を, 湯の谷と, 湯女の, 燕小屋まで, 病氣で, 登って, 登山道が, 白馬岳に, 直接槍に, 石垣について, 立ち上るもの, 芦峅寺まで, 著いた, 金沢地方にかけて, 鬼怒川本流を, 黒部川を

▼ 温泉~ (68, 1.7%)

3 の入口 2 から電報, と漁師町, の夏

1 [59件] からいっしょ, があります, ができ, が現れた, くすみの, でその, ではある, ではこうした, ではよそ, では名士, では戦災, で桜, で遊ん, で酒, というもの, とが見えた, としてゐる, として名高い, として復活, と此, にあなた, にも社会健康保険制度, に住みついた, に宿, に春, に辿りついた, のこと, のだらだら, のよう, の人々, の夕ぐれ, の家々, の旅館, の明るい, の春, の気温, の特性, の静か, はこぼれた, はちょうど, はもうすっかり, はパンパン, は小さい, は暮れ, へはいる, へ出かける, へ参りまし, へ来, へ来た, へ行き, らしい特異, らしい狭い, を五十戸, を少し, を建てる, を散歩, を流し, を発見, を貫通

▼ 温泉~ (66, 1.6%)

3 いえば, いっても, 畑づき 2 いうへ, いふに, いへば, 改称された

1 [49件] いいましたそれ, いうに, いうまで, いえるか, いって, いひこの, いひこれから, いひ東郷温泉, いふへ, きめて, これらの, それを, ちがって, なりまして, なる, はいっても, よぶ連込み, 三泊である, 上高地の, 云うの, 云う名, 云う打って, 云えば, 云って, 云つても, 云へ, 他との, 反対に, 同じ系統, 名だけ, 呼んで, 塩谷温泉との, 大聖寺という, 廻り歩いた, 思っちゃ, 毎年極, 決める, 沓掛の, 湯崎温泉の, 畑の, 称するもの, 稱し, 線を, 言っても, 言ふ, 谷川とが, 赤玉女給等は, 趣きを, 遠く相

▼ 温泉旅館~ (44, 1.1%)

2 であるから, というもの, にも机, に宿泊, に投宿, の客引き, へ行った

1 [30件] があつ, が数軒, が軒, であったの, では最も, となし, となっ, と同じ, と称する, なども経営, に一泊, に数年前, のお上さん, のカス, のマッチ, のヴェランダ, の主人, の井菊屋, の仮設, の前庭, はすべて健康人, は必ず, は明治三十年頃, ばかりの集落, へつれ, へ出演, へ押川春浪井上唖々氏ら, へ招かれ, へ案内, へ行

▼ 温泉~ (43, 1.1%)

2 あると, これを, わいて

1 [37件] あつた, ありそこ, ありますと, あり前, あり最近, ある, あるが, あるし, あるという, あるん, い, こんな湯槽, すきです, すでに雪の下, それから太古, ない小さな, ほんの茅葺屋根, よくい, わるくない, 一つ二つは, 世の, 二つ三つあっ, 今日限り明日は, 前に, 娘たちも, 嫌ひ, 平地の, 愉快であろう, 歌でも, 永遠に, 河津波で, 活火山も, 無論円やか, 私には, 近づいたとある, 随分変っ, 静に

▼ 温泉まで~ (36, 0.9%)

2 出かけて, 行くに, 行く事, 行こうと

1 [28件] お金を, なら楽, ゆくこと, ドライヴ, 下ると, 下る必要, 二里の, 來る, 出掛け彼女, 四里といふ, 四里には, 御病者, 持って, 散歩した, 来ると, 歩いて, 療治に, 私は, 自動車で, 葉子が, 行かうと, 行かうとして, 行きました, 行くこと, 行って, 買出しに, 辿り着いたの, 辿り着ける

▼ 温泉には~ (33, 0.8%)

2 いると

1 [31件] いって, いる一杯, その遊興地化, やはりかなわない, よいとき, ろくに食う, 一つも, 一箇所共同湯が, 三度しかは, 下赤松, 二十年程, 人が, 低く掘り下げ, 例の, 入り放題, 去年の, 名物の, 好意が, 宿屋という, 宿屋は, 得てしてこういう, 旅の, 普通の, 海も, 温泉らしい, 番人と, 秋の, 西洋人は, 違いない, 遠くありません, 露天湯が

▼ 温泉にでも~ (25, 0.6%)

2 つかつて, 行つ

1 [21件] しばらく漬かつたら, つかったよう, つかつ, なりそう, ひたつたやう, 入って, 入つて來よう, 出かけて, 出掛けようといふ, 寄って, 御案内, 来たつもり, 浸って, 浸り充分声, 落着いたなら, 行きたいと, 行くかと, 行つてそれから, 行つて静かに, 行らっしゃる, 避難しよう

▼ 温泉へでも~ (23, 0.6%)

2 行かうか, 行って, 行つ

1 [17件] おでかけです, つかりながら, ゆきたいと, 何処へでも, 出かけたくなつ, 来るさ, 湯治に, 繰り込まうか, 行かれれば, 行きから, 行きたくなって, 行くかね, 行けるまでは, 行つた, 這入つて來, 連れて, 遊びに

▼ 温泉という~ (22, 0.5%)

7 のが 2 ところに

1 [13件] ことは, のそれから, のだ, のは, のはね, のへ, ものは, ような, 名の, 山の, 岩風呂の, 文字が, 方へ

▼ 温泉では~ (18, 0.4%)

2 箱根が

1 [16件] あるが, いたずら者の, ずいぶん失礼, どうか, ないが, なくとも, またが, 僅かに, 先づ, 古いラジオ, 多人数の, 湯が, 炬燵を, 第一, 箱根を, 阿二羅サマ

▼ 温泉ホテル~ (18, 0.4%)

4 の三階

1 [14件] がある, こそは私, である事, という宿屋, といふ宿屋, にあり, に向いました, に身, の前, の屋根, はしん, へ着, を目標, を見

▼ 温泉~ (18, 0.4%)

1 [18件] から金精山, が三つ巴, が見える, と多良岳, と根名草山, に産せず, に至る, の尖頂, の山麓, の巓, の怒る, の普, の熱湯, の麓, は就中好き, までか, も寛永三年, を望ん

▼ 温泉~ (16, 0.4%)

2 を勧められた

1 [14件] などをこ, に誘い, のバス, の人々皆, の助言, の最上, の費用, の重み, をすすめた, をやめ, を勧められない, を楽しみ, を決意, 御聞済

▼ 温泉~ (13, 0.3%)

1 [13件] お十夜, かへ泊った, かへ泊つたとき, から意地, がそこ, が大震災以後土地, しかし私, という, といっ, との事, と云います, と仲介者, と聞きました

▼ 温泉~ (13, 0.3%)

2 というもの

1 [11件] が亭主, との関係, に依存, に売る, のフリ, の性格, の通る, は十把一, もなく, や町, を此処

▼ 温泉附近~ (13, 0.3%)

1 [13件] からは段丘, である, で百貫山, にては著しき, に一番多く, に景致, の路, の醫者, はとても, は惜しい, は概して, へ出た, を歩い

▼ 温泉にも~ (12, 0.3%)

1 [12件] いたたまらず山, たまに, 予は, 元は, 入りて, 有名な, 望みを, 浸りたいので, 組合が, 行て, 這入った, 遠く何

▼ 温泉へは~ (12, 0.3%)

1 [12件] いまでも, ひつたり, 七八年前ちょっと, 入らず, 初夏の, 千山登りの, 半里, 数丁どんぐり庵へは, 数町, 数町一洵どんぐり庵へは, 療治に, 這入れません

▼ 温泉都市~ (12, 0.3%)

3 の性格 1 でたぶん, でも熱海, と覇, に住ん, の健全, の海岸通り, の諸, の賑い, を選び

▼ 温泉である~ (11, 0.3%)

2 から板の間 1 から思ひ切, から樹木, から自分, が他, が東京, ここは, ことは, という事, のであった

▼ 温泉といふ~ (11, 0.3%)

3 ものは 2 のへ 1 こ, のだ, のは, ものが, ものをも, 深谿

▼ 温泉~ (11, 0.3%)

1 [11件] 上林の, 何や, 冷泉が, 奈良田付近に, 旅行は, 海浜へ, 港町が, 稚児淵地先で, 蒸気の, 蔦温泉附近は, 附近の

▼ 温泉より~ (11, 0.3%)

1 [11件] い, 一つ向, 上は, 二里ばかり, 吾はかへ, 数町下り, 登りたること, 登るに, 白出沢を通じて, 高湯, 鹿児島に

▼ 温泉行き~ (11, 0.3%)

2 の手紙 1 などせず, には便利, のこと, の二人連, の手筈, の話, の軌道車, も十年ぶり, を欠勤

▼ 温泉~ (10, 0.2%)

2 の夜店飾り 1 がすぐ, であった, では一箸, の一つ, の売店街, はしごく, を土足, を歩い

▼ 温泉気分~ (9, 0.2%)

1 がする, であるが, と夫婦生活, になった, にひたれ, にひたろう, の嫌ひな批評家, は絵, を味

▼ 温泉療養所~ (9, 0.2%)

2 の先生方 1 ができまし, に入院, に入院中, に限ります, のお, の同僚, へ問い

▼ 温泉~ (8, 0.2%)

4 のだ 2 のだった 1 のでした, んざいつも

▼ 温泉までは~ (8, 0.2%)

1 ここの, ちょっと無理, どのくらいの, 一里足らずの, 三尺以上の, 愚な, 森林帯で, 細径あり

▼ 温泉~ (8, 0.2%)

1 が蜿々, にのぼり, にのぼりし, の下, の沸騰, の道, の附近, を発ち

▼ 温泉でも~ (7, 0.2%)

1 こうして宿屋, この清らか, できるの, もとは, よしまた, 吹き出しましたかな, 熱海の

▼ 温泉らしい~ (7, 0.2%)

2 温泉と 1 いいところ, 情趣が, 温泉が, 温泉は, 趣を

▼ 温泉旅行~ (7, 0.2%)

1 ができる, が無軌道, だったの, とはまた, の仮面, の夢想, を与える

▼ 温泉荒し~ (6, 0.1%)

1 のハンスト先生, の先生, の敬服, の方法, の武者ブリ, の泥棒

▼ 温泉~ (5, 0.1%)

1 どちらかへ, 何かへ, 山にでも, 海水浴か, 温泉も

▼ 温泉です~ (5, 0.1%)

1 がうしろ, ね此, のよ, ばい, よ

▼ 温泉での~ (5, 0.1%)

1 作, 即吟だ, 文壇交友日記の, 約束果して, 記憶を

▼ 温泉などは~ (5, 0.1%)

1 いろいろの, この湯治客, 小規模で, 物の数では, 立派に

▼ 温泉への~ (5, 0.1%)

1 山路を, 登り口が, 通路である, 道であるべき, 道を

▼ 温泉へも~ (5, 0.1%)

1 やれないと, 持って, 行ったり, 行を, 這入りたい

▼ 温泉めぐり~ (5, 0.1%)

1 など出来る, をし, をする, をやり, を為

▼ 温泉神社~ (5, 0.1%)

1 にいくら願, の一家, の神官, ははたして, へ

▼ 温泉とか~ (4, 0.1%)

1 云う, 弘法薯とか, 田代湖とかを, 鉱山とかいう

▼ 温泉とは~ (4, 0.1%)

1 しやれたもの, そもそも病人, どこです, 何度ぐらい

▼ 温泉などが~ (4, 0.1%)

1 あるの, ぎっしり混ん, ございます, 湧き出して

▼ 温泉などへ~ (4, 0.1%)

1 入湯に, 出かけるよう, 行く余分, 行つた

▼ 温泉なども~ (4, 0.1%)

1 ありますから, 今では, 昔弘法様が, 西洋のは

▼ 温泉へと~ (4, 0.1%)

1 志したの, 急ぐ, 達し得た, 霧の

▼ 温泉までの~ (4, 0.1%)

1 巌峰だけにても, 路は, 道は, 道も

▼ 温泉芸者~ (4, 0.1%)

1 して, などの比, は更に, を揚げよう

▼ 温泉あたり~ (3, 0.1%)

1 とあたり, に姿, に雪割草

▼ 温泉だの~ (3, 0.1%)

2 古い宿場 1 待合へ

▼ 温泉~ (3, 0.1%)

1 ところには, とこ迄, もの何う

▼ 温泉といった~ (3, 0.1%)

2 方が 1 ように

▼ 温泉とも~ (3, 0.1%)

1 いふべく飛騨路一帶, 異った, 異つた

▼ 温泉なぞ~ (3, 0.1%)

2 歩いて 1 へ仕事

▼ 温泉などに~ (3, 0.1%)

1 來て, 居る退屈さ, 来て

▼ 温泉なら~ (3, 0.1%)

1 そう往, 先生の, 温泉と

▼ 温泉をも~ (3, 0.1%)

2 見ずに 1 私に

▼ 温泉プール~ (3, 0.1%)

1 と書いた, なるもの, の入口

▼ 温泉又は~ (3, 0.1%)

1 仙人の, 四ツ家の, 森上へ

▼ 温泉地帯~ (3, 0.1%)

1 がある, なので, もほどなく

▼ 温泉好き~ (3, 0.1%)

1 でその, の私, の私達

▼ 温泉~ (3, 0.1%)

1 に登る, に限る, の実験談

▼ 温泉案内~ (3, 0.1%)

1 などの景品, に書かれ, の前

▼ 温泉灸療法~ (3, 0.1%)

1 でもやる, という, とは変

▼ 温泉鉄道~ (3, 0.1%)

2 に乗っ 1 の停車場

▼ 温泉~ (3, 0.1%)

1 では誰, へ下車, までの時間

▼ 温泉あり~ (2, 0.0%)

1 おまけに, 海に

▼ 温泉こそ~ (2, 0.0%)

1 お楽しみ, 無けれいまだに

▼ 温泉~ (2, 0.0%)

1 のみに, もりには

▼ 温泉そのもの~ (2, 0.0%)

1 の薄暗い, は消極性

▼ 温泉でない~ (2, 0.0%)

1 から別, ような

▼ 温泉とが~ (2, 0.0%)

1 うまく融合, たくさんある

▼ 温泉として~ (2, 0.0%)

1 全く価値, 聞えたる信濃

▼ 温泉との~ (2, 0.0%)

1 二軒のみ, 間に

▼ 温泉などで~ (2, 0.0%)

1 小説が, 高う見積っ

▼ 温泉などと~ (2, 0.0%)

1 ちがって, 呼ばれて

▼ 温泉にて~ (2, 0.0%)

1 敵方の, 神仙体を

▼ 温泉ばかり~ (2, 0.0%)

1 です, で好き

▼ 温泉ほど~ (2, 0.0%)

1 いいです, 物淋しい田舍びた

▼ 温泉まわり~ (2, 0.0%)

1 を一緒, を初めた

▼ 温泉よりは~ (2, 0.0%)

1 山の, 海が

▼ 温泉よりも~ (2, 0.0%)

1 スキイ場の, 野天の

▼ 温泉マーク~ (2, 0.0%)

1 でねこん, の旅館

▼ 温泉二三杯~ (2, 0.0%)

2 を飲んだ

▼ 温泉以来~ (2, 0.0%)

1 の出来事, の鈴慕

▼ 温泉倶楽部~ (2, 0.0%)

2 も出来た

▼ 温泉~ (2, 0.0%)

1 はわずか, はド

▼ 温泉入口~ (2, 0.0%)

1 とアーチ, と一行其他

▼ 温泉別館~ (2, 0.0%)

1 のデン, の南向き

▼ 温泉場繁昌~ (2, 0.0%)

2 の時節

▼ 温泉~ (2, 0.0%)

1 なりむかし蒼海, の靜

▼ 温泉~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 温泉富士屋旅館~ (2, 0.0%)

1 です, に投宿

▼ 温泉廻り~ (2, 0.0%)

1 の上方者, の女

▼ 温泉情調~ (2, 0.0%)

1 といつた, はある

▼ 温泉所在地~ (2, 0.0%)

1 から普賢, に草庵

▼ 温泉~ (2, 0.0%)

1 の世話役, の風景

▼ 温泉~ (2, 0.0%)

1 と洒落こん, を何

▼ 温泉湧出~ (2, 0.0%)

1 し新島, せぬやう

▼ 温泉特急~ (2, 0.0%)

1 はフル, は伊豆

▼ 温泉疲れ~ (2, 0.0%)

1 がし, で起きられ

▼ 温泉療養~ (2, 0.0%)

1 して, をする

▼ 温泉~ (2, 0.0%)

1 であるかも, に縁

▼ 温泉組合~ (2, 0.0%)

1 の機関雑誌, は遊山人

▼ 温泉~ (2, 0.0%)

1 と書いた, を辿

▼ 温泉道是~ (2, 0.0%)

2 より二里半

▼ 温泉部落~ (2, 0.0%)

1 があっ, を出外れ

▼ 温泉鑿掘~ (2, 0.0%)

1 のため, の現場

▼ 温泉風呂~ (2, 0.0%)

1 などと呼ん, の浴槽

▼ 温泉饅頭~ (2, 0.0%)

1 を坊ちやん, を食べた

▼1* [274件]

温泉あのちかくには, 温泉あまりよくなし, 温泉あれば湯, 温泉行って, 温泉いたるところを, 温泉いっぱいに行われた, 温泉ほし, 温泉かと思つたら, 温泉からが楼閣也, 温泉からの登りは, 温泉からは五丁と, 温泉からも見える山, 温泉ぎらひまた自然生活ぎらひで, 温泉くさい湯気が, 温泉ぐるみただの一万, 温泉ぐるみ二町の田畑, 温泉こそは僕が, 温泉これを午後二時頃獨占, 温泉入れるえ, 温泉しぶきに日頃, 温泉じゃないけども, 温泉せきや方, 温泉その物が, 温泉だけといふさりとは, 温泉だけに人の, 温泉だけは立派な, 温泉だったのかも, 温泉だらけですから, 温泉やありません, 温泉づけだから肌, 温泉であり浜ぞいに, 温泉でございますか名, 温泉でさえ気味が悪い様, 温泉でっね, 温泉ででも仕事し, 温泉でなくとも塩原, 温泉でなくなったんです, 温泉といつても特別何病, 温泉といふばかりでは, 温泉といふまで歩いた, 温泉としての伊香保は, 温泉とて思いがけずも, 温泉とには相通ずる, 温泉とに対しては私は, 温泉とやらへ連れて, 温泉とを兼ねたここ, 温泉どうやろ, 温泉どころじゃありません, 温泉なきも海岸遊歩場, 温泉なぞと大袈裟な, 温泉なぞに出られるだろうか, 温泉などあつて, 温泉などでは旅館が, 温泉などでもこういう客, 温泉などというものは, 温泉などといふものは, 温泉などにも行かず苦楽園, 温泉などへは行かず種則, 温泉なるものが, 温泉なんの変哲, 温泉なんかあんまり好きません, 温泉なんかはあったし, 温泉なんかへは気の, 温泉なんぞと洒落こんだ, 温泉なんぞへ行く気, 温泉にだって二部屋も, 温泉についてその温泉, 温泉についての注文は, 温泉によつて羅馬以來繁昌した, 温泉により日本電力の, 温泉による天然療法の, 温泉に対する一種の, 温泉あそこは, 温泉のしも手まで, 温泉のみと思い詰めて, 温泉はじまって以来, 温泉びたりいい気, 温泉へでもつれて, 温泉へばっかり行きましたからねえ, 温泉ほどの山川の, 温泉はりを, 温泉または河童橋より, 温泉までがにせものの, 温泉ゆきの留守, 温泉らしさうです, 温泉らしくてい, 温泉らしくない点で, 温泉アリテ山六七分以上ハ草木生セサル程, 温泉ゲイシャを見た, 温泉スケツチの類集, 温泉ツボへ行っ, 温泉這入ルンダケド, 温泉ニともにあ, 温泉ニ止マリ又し, 温泉マークみたいな痣, 温泉ヶ嶽が数日, 温泉に三函, 温泉一つはいま私, 温泉一帯の地, 温泉一泊と腹, 温泉けである, 温泉三角港小天の湯, 温泉のヘリウム瓦斯, 温泉中心である雲仙, 温泉二葉屋方村上縫子発信人は尊名, 温泉亭家業は思いがけない, 温泉の貸, 温泉付近も魚, 温泉以下の林道, 温泉伊東の町, 温泉例えば発哺の, 温泉保養の決心, 温泉入浴やつとはぎ, 温泉入浴護国神社参拝午後一洵兄と同道, 温泉八丁湯のある, 温泉其物を神, 温泉の娯楽設備, 温泉冷泉がその, 温泉の渓流, 温泉加熱の装置, 温泉協会の, 温泉博物館と図書館, 温泉のバス, 温泉は白浜温泉, 温泉各地を興行, 温泉名所の一つ, 温泉吟行には夫人, 温泉商店街のオヤジ, 温泉土肥館にて, 温泉地熱帯生理現象がやがてぼつぼつ, 温泉地生れで湯, 温泉地行すらまだ, 温泉地行なぞを思い立った, 温泉地遊覧地海水浴場までも活躍, 温泉場そのものの記憶, 温泉場みたいだなと, 温泉場テプリッツで逢った, 温泉場人種の一人, 温泉場付近の瓦焼場, 温泉場全体のこと, 温泉場内へのし, 温泉場医者である, 温泉場山の避暑地, 温泉場景などであった, 温泉場稼ぎをし, 温泉場行きもみんな, 温泉場附近の自動車, 温泉場附近一帯が沸騰, 温泉奇巌洞窟等に至る, 温泉孫次郎の宿, 温泉客舎にて記す, 温泉宮城野原多賀城址など次第に, 温泉宿これらの眺め, 温泉宿中西屋の女中, 温泉宿入りの本, 温泉宿千明の番傘, 温泉宿半月館弓野屋の二階, 温泉宿同様な快適, 温泉宿天野屋に在り, 温泉宿屋のお, 温泉宿新井から, 温泉宿村里を托鉢, 温泉宿桔梗屋の方, 温泉宿野上弥生子氏の燃, 温泉宿附近前穂高一帯, 温泉宿鶴屋を出た, 温泉富山という旅行, 温泉専門の案内書, 温泉小唄を募集, 温泉小屋持主を訪ね, 温泉小町といわれた, 温泉居住の文士川野水太郎君, 温泉山崎村羽入からき, 温泉岳高良山阿蘇山霧島山耶馬渓筑後河の類皆彼, 温泉が見え, 温泉巡りとは真赤, 温泉帰りの利用, 温泉に井水, 温泉の大木, 温泉彼処へ行っ, 温泉心中もこれ, 温泉情緒などは私, 温泉成分海潮刺激等が有, 温泉ハ湯花ヲ, 温泉招待ややむを得ず, 温泉掘つたりや, 温泉掘る音の, 温泉救国論めいた話, 温泉料理店全くお, 温泉鐘釣温泉を, 温泉旅行春風秋月四時の行楽, 温泉旅行等々わがま, 温泉旅館九州ホテルで靴, 温泉旅館五竜閣との外, 温泉旅館八ヶ所が徴用, 温泉旅館松川館の大, 温泉旅館柳美館の主人, 温泉旅館組合の中, 温泉旅館縁辺のわかい, 温泉旅館街で構成, 温泉普通の駅路, 温泉朦朧とした, 温泉東栄舘の桜井次郎, 温泉案内所という札, 温泉案内書のよう, 温泉業者も新, 温泉を渡る, 温泉水滑洗凝脂と云う, 温泉池畔の例年, 温泉治療学研究所癌研究所地球物理研究所火山研究所その他が次々, 温泉泊りということ, 温泉浅間一帯の傾斜, 温泉浴場を設備, 温泉浴室の柔艶, 温泉浴温泉はよい, 温泉海辺にてなり, 温泉温泉から湯の谷, 温泉へ娘, 温泉滞在を切り上げ, 温泉滞在中に詠んだ, 温泉焼けだよ, 温泉の中, 温泉特有の情趣, 温泉独特の湯豆腐, 温泉町そのものの気分, 温泉町附近の木立, 温泉異変とでもいふ, 温泉療法が試みられた, 温泉発大正池附近川原にて道明らか, 温泉な雰囲気, 温泉相模屋の一室, 温泉着殿下には清水屋, 温泉神社みたいにひっそり, 温泉だ, 温泉のよう, 温泉経営の意見, 温泉屋, 温泉聚落といっ, 温泉肥後の阿蘇, 温泉自殺を最, 温泉自殺告示欄というよう, 温泉蒲田峠の蒲田, 温泉蔵王山の遠刈田, 温泉に來, 温泉行以来音も沙汰, 温泉行火の設備, 温泉観光施設とすべく, 温泉はば, 温泉も聞きたい, 温泉と云, 温泉にあります, 温泉越後屋の主人山本氏, 温泉に當, 温泉を浮ぶる, 温泉辺りでもいか, 温泉迄も自動車が, 温泉近くに石手寺, 温泉逗留に出た, 温泉遊覧地になった, 温泉では, 温泉郡味生村御産所, 温泉郡和気郡風早郡野間郡等も加わっ, 温泉郡長の大道寺一善氏, 温泉都市法案とかなんとか, 温泉鈴ヶ岳の八座, 温泉鉱泉薬湯蒸風呂などの種類, 温泉附近そこから谷, 温泉雰囲気の色彩, 温泉青根の宿, 温泉を立つ, 温泉に浴室, 温泉風俗を通して世相, 温泉の寒風, 温泉の湯