青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「渡る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~済んだ 渠~ 渡~ ~渡し 渡し~ ~渡した ~渡っ 渡っ~ 渡り~ ~渡る
渡る~
渡辺~ 渦~ ~温泉 温泉~ ~港 港~ 湖~ 湖水~ ~湧い 湧い~

「渡る~」 1915, 21ppm, 5564位

▼ 渡る~ (301, 15.7%)

4 そこに, 急に, 道は

2 [14件] しよう, すぐに, そこにも, そこは, 今度は, 何か, 岸から, 平次は, 思い切って, 橋の, 橋袂の, 見えて, 遊歩の, 饒津公園裏の

1 [261件] あのしっとり, あらためて眼, いい張った, いう, いうだけの, いきなりつれ, いつて, いふので, きまった, ぐらぐらした, ここばかりは, さっそく衡山, さっと風, しばらく港づたいに, しょうぞ, じきに下, すぐかすか, すぐの, すぐ一〇メートル, すぐ前, すぐ安芸町, すぐ急, すぐ望まれる, すぐ橋, すぐ正覚寺, すぐ番小屋, するかな, すれば, ずた, ずるげな, そこから, そこからは, そこが, そこらの, その人, その人達, その取っつき, その對岸, その旅館, その船着場, それに, それ中の, たくさんな, たちまちそれ, たちまちに, だんだん平塚, ちょっとした広場, どろな足音, なんだか急, ぶらぶら歩い, またぞろ夜光, むこうでは, むこう岸, むこう河岸, もうアパート, もう日, もう荒野, もう陰森, もう青梅, やがて左, サン・ゼルマンの, チャンと, バナナを, ピエル・フオンの, フランス側の, ホテル客専用の, ホーマーも, 一台居合わした, 一大事だ, 一方登り, 一段ぐっと, 一軒の, 丁度其茂み, 三人の, 下瀧温泉, 両側の, 両側は, 両国である, 久しく麦酒製造会社, 云うこと, 云う例, 五人の, 五六台続い, 人通りは, 今戸で, 他人に, 件の, 伏して, 休茶屋が, 元町に, 光りの, 兩側は, 共にその, 其処に, 別室が, 劉, 化けると, 十二万円が, 千歳座の, 南に, 卵塔場が, 又た, 又景色, 又登り, 受取人の, 右が, 右の, 右へ, 右側の, 右手に, 右角が, 合唱は, 同時に二人, 同時に小男, 同時に正造, 同時に殉教者, 同時に眼界, 名物の, 向うに, 向うの, 向ふ, 向柳原で, 向町に, 周圍七里の, 四倍に, 回向院の, 執権御所の, 堅田の, 境町の, 夜目にも, 大友が, 大変な, 大通の, 天女の, 奧の, 奴等は, 孝助は, 家ぢう, 対岸は, 小さな岡, 小さな盥, 小倉山の, 小初は, 小名木川に, 小学校が, 小學校, 山で, 山中に, 川の, 左には, 左手から, 弘法山という, 影が, 彼と, 彼は, 彼女の, 後は, 忽に, 思う頃, 急カーブ, 息巻いたが, 懐古園と, 我が軍隊その他, 扉が, 散りかかって, 日の目が, 昔藤堂家の, 木の, 本材木町八丁目竹川岸から, 杉の, 林中の, 果して枳殻, 枝が, 機関手は, 此処は, 死に向, 水が, 水に, 水の, 水屋が, 江戸一番の, 河によって, 河の, 浄瑠璃姫の, 浅間の, 海中には, 深林の, 渡った裾, 湿け, 瓦斯会社の, 田野町浜口雄幸先生の, 町の, 白い泡, 白木の, 直ぐそこ, 直ぐだ, 直ぐ取っ着き, 直ぐ取つ着き, 直ぐ右角, 直ぐ山田村, 直に往かれます, 真っ直ぐ桜橋, 真白に, 眼の, 神奈川県の, 神戸それから, 税関や, 空の, 箕で, 紀伊様の, 細い田圃路, 考へられたの, 聴いて, 花崗岩の, 茶店が, 草は, 草原を, 落葉が, 葭簀張の, 薄尾花, 薪は, 螺旋の, 街道の, 表の, 見え嘯くよう, 見せて, 見ると, 見る見る南近江, 見れば, 見覚えた春婦, 覚えて, 親羊が, 言うので, 貧者も, 赤い看板, 越後の, 車は, 返事を, 追, 追分に, 造作を, 道から, 道が, 道の, 道はや, 道端に, 部落の, 門燈の, 間もなくかなり大きな, 間もなく中房温泉, 間もなく小倉, 間もなく鍵穴, 降るよう, 青い草原, 青い香, 馬車に, 魔術の, 鰍沢の, 鴉が, 麦畑と, 黒田先生に

▼ 渡る~ (143, 7.5%)

11 である 4 であった, でした, です 3 を見た 2 が一番, が危, が見える, だ, だが, だった, だと, は容易, ももどかしく, を御覧

1 [97件] かえ, かそして, かそれとも, かとも言わない, かと言う, がありました, がいや, がお, が何となく, が分別, が利口, が困難, が朦朧, が聞えた, が船筋, が落ち, が見えた, が非常, さ橋, じゃ, じゃがさっき, だから, だろう, だ仕方, だ水, ぢや, であります, であるから, であろう孔子, ですか, ですから, ですが, では, と谷川, なら何, には橋銭, には難しい, に一月費, ね, はこれ, はちょうど, はとかく, はほぼ, は別館, は厭, は大, は大きく, は大変, は大抵, は妙, は始め, は嫌, は彼, は御法度ぢ, は悪魔, は普通, は本所達磨横丁, は止し, は江戸開府以来, は私一人, は難儀, もある, もおかしい, もこのごろ, もたやすい, も乙, も何ん, も侘しい, も心持, も怖, も惜しい, も楽, も風情, やはしご, をきい, をきき, をきっかけ, をさし, をながめます, を大いに, を感じつ, を拒ぐためだ, を畔, を知つた青年代表, を私たち, を聞いたであろう, を聞き, を聴き惚れ, を見る, を覚えました, を覚ゆる, を覺, を譲り受け, を身動き, を避ける, 手段を, 有様に

▼ 渡るよう~ (77, 4.0%)

4 な声, になった 2 なこと, になりました, になる

1 [63件] だ, であった, である, でその, では, でもあった, で大, なくさめ, なけたたましい, なただ, なの, なもの, なれども, な一益, な交通法, な境界, な大きな, な大喝, な大声, な寂し, な心, な心もち, な思い, な恰好, な感じ, な料理番, な智慧, な欧羅巴, な気合, な激しい, な濁声, な練り, な足, な足取り, な速, な遠い, な金属的, な鈴音, な静寂さ, にいつ, にし, にしなけれ, にします, になさる, になっ, になり, になろう, にはなる, にも思われた, にハラハラ, に三人, に云った, に匂った, に危, に怒鳴っ, に思った, に思われた, に悲叫, に歩いた, に滑, に無意識的, に細心, に見えます

▼ 渡ること~ (74, 3.9%)

3 になっ 2 ができました, がよく, が出来ない, になった, のできない, のできる, はとても, は出来ない

1 [55件] ができず, ができない, ができる, が出, が出来, が出来た, が出来なくなっ, が出来ました, が困難, である, です, でも, となつ, などの特權, など何, なの, なれば, にきめられ, にした, にしました, にしよう, にする, に失敗, の出, の出来ない困った, はこの, はできない, はできぬ, はない, は最も, は無い, は禁ぜられ, は驚く, また易から, むずかしく式部, もありました, もできまい, も出来る, も少なく, も平地, や岩, を企てました, を得ず, を快, を怖, を思ひた, を想像, を止め, を相談, を約束, を許されない, を許されなかった, を願っ, 堅き土, 少なくなり

▼ 渡る~ (42, 2.2%)

3 咎める人 2 斉しい

1 [37件] あらねども, しても, その蹠濡, ひとしい冒険, もさうである, よい, 人から, 似て, 何も, 先ず小, 先立ちすでに, 利己一辺だ, 及んで, 嗜好は, 困難でありました, 安き安城, 左までの, 巧みな, 差支えな, 常に心得べき, 心づきて, 必要なる, 我身も, 拙い人, 橋の, 気の, 深さ, 由なかるべし, 異ならず, 白鴎羣を, 肝要中の, 躊躇しない, 造作は, 違えねえ, 難い文壇大路小路, 難くは, 飯の

▼ 渡る~ (40, 2.1%)

3 のよう 2 がそれ, に吹かれ, の冴えた, の声, の響, はもう

1 [25件] がごくごく, がつらく, が一きわ, が吹きつけ, が林, で梢, と光, にさえさらさら, にはすでに, にもいます, にも鳴ります, に感じ, に自ら, に送られ, に静寂, に髪, のささやき, のせい, の中, の如くどよめく, の涼しい, はあれ, は颯々, も涼しく, 小桟橋

▼ 渡るやう~ (28, 1.5%)

4 な聲 2 な大きな

1 [22件] であつ, なお, なこと, な危, な口笛, な声, な大, な心持, な疳高, な百舌鳥, な野, な音, にし, にします, になつ, になり, になりました, に張り上げた, に怒鳴, に蒼く蒼く, に覺, に飛躍

▼ 渡る~ (28, 1.5%)

1 [28件] かの女, さえ磯臭い, その音, でも結局彼等, にこわがらせ申す, にな, にはいかなる, にはいつも, にはそこ, には今にも, には池, には相当, には籠, にもひどく, にも乗っ, に彼自身, に漱石氏, に着る, に腹の中, に頭光, のその, の音, の響, はやはり, は大河, ふとどこ, も夜, 擦れて

▼ 渡るとき~ (24, 1.3%)

1 [24件] だけはざわざわ, などは激流, に, にけっして, にはいつ, にはしばらく, にはどう, にもそよぐ, にゃ艀, に信心, に往き来, に湖水, に誤まっ, に難, のさわやか, はかならず, はたちまち, はチャイナ号, は人, は垂柳月桂, は恐らく, は笛, まつたら屋根, まではあそこ

▼ 渡る~ (23, 1.2%)

2 見て

1 [21件] いそぐに, いそぐは, うるに, えせしめしこ, ゆるすまい, よしと, 危ぶみて, 好機会として, 待って, 得た, 忌み雨, 惜しみ貴方, 望む者, 水夫櫂取る, 眺むらん, 聞けど, 聞けり, 見るや, 見る人, 覚えて, 許さ

▼ 渡るもの~ (22, 1.1%)

2 は風

1 [20件] があった, があり, がある, です, とすれ, とは別種, とみえ, とみえる, には門司, はただ, は喧嘩両成敗, は当然, は枯草, は水, は皆, は薩摩, は見たい, は誰, もある, をきくべし

▼ 渡る~ (20, 1.0%)

5 と見え 3 の中

1 [12件] があった, が此処, と男, について工夫, に乘, に連絡, のやう, の上, の航路, は一週間, は高, を待っ

▼ 渡る~ (19, 1.0%)

4 だ, だと 2 だよ, です 1 じゃ, だ臆病奴, ですか, ですから, ですってね, ですつて, ではね

▼ 渡るという~ (18, 0.9%)

2 ことは

1 [16件] ことで, ざっとした, そんな不, ところまでは, のか, ように, わけ万一, グアイで, 事は, 噂で, 噂も, 段取りだろう, 活動写真が, 男唯, 約束に, 訳には

▼ 渡る~ (17, 0.9%)

3 かと思つた

1 [14件] が下手, が出来た, が出来ない, が出来なく, が出来る, だけは決して, つまり人生, になつ, に成つた, に決心, の出来る, は出来なかった, は鞭, を忘れ

▼ 渡る~ (16, 0.8%)

53 の影 1 だそう, とあ, と聞い, なり, のあり, のかげ, の光, の波音

▼ 渡る世間~ (15, 0.8%)

13 に鬼 1 によく, にヒガミ

▼ 渡るには~ (14, 0.7%)

1 [14件] あゝでなければ, おだやかに, まったく輿論, やはり荷持, 千噸の, 博多から, 報酬以上の, 念仏申さるる, 未明を, 止むを, 渡る場所, 湖水全体で, 籠の, 頂上より

▼ 渡る~ (13, 0.7%)

2 ごとし, よいと 1 ごとき清水, ごとくたがいに, ごとく車, 好いと, 如く秋草模樣, 如し, 早いか, 昼間は, 雜用が

▼ 渡るのに~ (13, 0.7%)

1 [13件] かならず三厩, この屋敷, 五時間もか, 何度も, 六つの, 損を, 渾身の, 私は, 紀伊へ, 耳を, 見世物場では, 見物人が, 連日の

▼ 渡る~ (13, 0.7%)

3 がし 2 も趣味 1 がかすか, がした, が聞える, が騒がしく, と一しょ, に怯え, もした, も隔

▼ 渡る風の音~ (13, 0.7%)

2 に吃驚

1 [11件] かちょっと, が公園, しかしなかった, す門, と何ん, と聞こえ, は物凄い, までバイオリン, もその, を聞き, を聴き

▼ 渡るといふ~ (12, 0.6%)

2 やうな, 方法も 1 ことだけを, なる信者づれも苟且, のは, 樂しみが, 裾野を, 覚悟を, 覺悟を, 調べの

▼ 渡るので~ (12, 0.6%)

4 あつた 1 あつて, あらうか, ここに, ござります, 交通は, 広い川原, 智通も, 鼠が

▼ 渡る~ (12, 0.6%)

2 にすぎない, はみじかし 1 があつ, がない, の上, はさながら, は宛然, は掛け, を元, を見出す

▼ 渡る~ (10, 0.5%)

1 が無い, と云, と認め, のこと, の俤, の影, の足, は大隈重信, は誰, もない

▼ 渡る~ (10, 0.5%)

2 の影 1 がねを聞い, が幾つ, が翼, のおとずれ, のやう, の影遙かなり, の数, はまた

▼ 渡る~ (10, 0.5%)

1 から漸く, たった一人, になっ, になる, には又蔵, はまた, は又, は秋晴, は落ち散る, を待つ

▼ 渡る~ (9, 0.5%)

2 波を 1 こ, なお舟, ローマ共和國に, 何者じゃ, 大なる, 必定なり, 雁か

▼ 渡る~ (9, 0.5%)

1 がする, がグーングーン, が春, が聞える, が起った, で当選, で彼, ばかり, をし

▼ 渡るつもり~ (8, 0.4%)

1 だが, だろうと, で, である, で来ました, で舟, で船, はない

▼ 渡るにも~ (8, 0.4%)

1 そのまま自動車, よしない星影川, 困難でない, 水を, 紛うて, 舟便に, 船に, 船を

▼ 渡るほどの~ (8, 0.4%)

2 大事な 1 どら聲で, 凄まじさだつたの, 善事を, 声で, 大尽でありました, 痛みを

▼ 渡る~ (8, 0.4%)

1 と渡つたあと, にまず, にイギリス, に必ず, に新潟, に賢明, に鳥渡立ち寄つて, 中支

▼ 渡る~ (8, 0.4%)

2 が度重な, の寒 1 の帆船, の祭, の風, の鳥

▼ 渡る~ (8, 0.4%)

1 かとつくづく, さえ少く, にゃ雪, の咄, の胸, は坊主, は必ず, もなけれ

▼ 渡る~ (7, 0.4%)

1 した暁, して, それとも大勢, どうか, ほととぎすの, トオカル, 宙を

▼ 渡るころ~ (7, 0.4%)

3 にはもう 1 になっ, には後方, には最早なんとなく, には木枯し

▼ 渡る~ (7, 0.4%)

1 にも空, の姿, の影, の群れ, の羽音, は樫鳥, より先

▼ 渡るその~ (6, 0.3%)

1 日まで, 時に, 機会を, 歌は, 音が, 風の

▼ 渡るたび~ (6, 0.3%)

2 に私 1 にその, に人々, に膽, に若者

▼ 渡るところ~ (6, 0.3%)

1 があつ, がよく, に描き替へた, の今日市川, へ行く, もある

▼ 渡る~ (6, 0.3%)

5 否や 1 それが

▼ 渡る微風~ (6, 0.3%)

1 に袂, に連れ, のまにまに, の音, も息, を感じ

▼ 渡るため~ (5, 0.3%)

1 にこれから, にしだいに, に作られた, に岸, に魚

▼ 渡る新しい~ (5, 0.3%)

4 文物は 1 東京人の

▼ 渡る~ (5, 0.3%)

1 なこと, なもの, な危, な瀬田, に感じ

▼ 渡る~ (5, 0.3%)

2 の音 1 かと聞, の轍, の響

▼ 渡るほど~ (4, 0.2%)

1 な絶叫, 先には, 凄じかった, 高く高く響きました

▼ 渡る~ (4, 0.2%)

2 困難を 1 厭うこと, 眩うべし

▼ 渡る主義~ (4, 0.2%)

1 で憂い, の元康, の家康, の異論

▼ 渡る~ (4, 0.2%)

2 ではない 1 に過ぎない, も見えた

▼ 渡る~ (4, 0.2%)

1 かも, のはじめ頃, の夕陽, の白雲

▼ 渡る~ (4, 0.2%)

1 なく舟子, はない, は今, を探し求め

▼ 渡る途中~ (4, 0.2%)

1 かりゅうどに, についに, には怪しい, に又

▼ 渡る~ (4, 0.2%)

1 にも幾度, に僕, に猿橋, は西風

▼ 渡るかと~ (3, 0.2%)

1 いうに, 考えると, 言ったらたのむと

▼ 渡るとか~ (3, 0.2%)

1 何か, 渡らぬとか, 糞尿の

▼ 渡るとは~ (3, 0.2%)

1 コレいかに, 何も, 何事だ

▼ 渡るにや~ (3, 0.2%)

3 怕し渡らね

▼ 渡るはず~ (3, 0.2%)

1 がない, である, はない

▼ 渡る人間~ (3, 0.2%)

1 ではない, でもなけれ, の居る

▼ 渡る冷たい~ (3, 0.2%)

2 風が 1 夜風の音が

▼ 渡る~ (3, 0.2%)

1 が多い, の科学的世界観, を詠もう

▼ 渡る~ (3, 0.2%)

2 からず 1 きものは

▼ 渡る~ (3, 0.2%)

2 の夜 1 の朝

▼ 渡る多く~ (3, 0.2%)

2 の矢 1 の人

▼ 渡る夜風~ (3, 0.2%)

1 がふわり, に背中, のそよぎ

▼ 渡る度毎~ (3, 0.2%)

2 におや 1 に麦

▼ 渡る往来~ (3, 0.2%)

2 は多少 1 の人

▼ 渡る心地~ (3, 0.2%)

1 して, す, ならめ

▼ 渡る~ (3, 0.2%)

1 で先, なんで, はた

▼ 渡る時欄干~ (3, 0.2%)

2 の左右 1 に腰かけ

▼ 渡る~ (3, 0.2%)

1 の光, の隠らく, を幾夜経

▼ 渡る朝風~ (3, 0.2%)

1 が誘った, のなか, をピッタリ

▼ 渡る機会~ (3, 0.2%)

1 がなかっ, を作る, を失っ

▼ 渡る~ (3, 0.2%)

1 に侘し, に吊下げられた, に微か

▼ 渡る~ (3, 0.2%)

1 で真直, になれませぬ, にもなれぬ

▼ 渡る汽船~ (3, 0.2%)

1 の上, の甲板, の白い

▼ 渡る積り~ (3, 0.2%)

1 だ, で舟, なの

▼ 渡る~ (3, 0.2%)

1 がない, だ, もなく

▼ 渡る航海中~ (3, 0.2%)

1 でふと, に船, ひどい暴風雨

▼ 渡る跫音~ (3, 0.2%)

1 がぴったり, が左右, が約束通り

▼ 渡る~ (3, 0.2%)

1 というもの, に志賀, を取らなけれ

▼ 渡るかも~ (2, 0.1%)

1 しれない, 知れないという

▼ 渡ること是~ (2, 0.1%)

2 なり

▼ 渡るごと~ (2, 0.1%)

1 に何とも, に立ち会う

▼ 渡るさま~ (2, 0.1%)

1 が人々, をおも

▼ 渡るすべ~ (2, 0.1%)

1 がございませんでした, はよう

▼ 渡るたつき~ (2, 0.1%)

1 としては一面, ともなれり

▼ 渡るだけの~ (2, 0.1%)

1 ことなら, 元気が

▼ 渡るなど~ (2, 0.1%)

1 到底凡人, 昔と

▼ 渡るにつれて~ (2, 0.1%)

1 往来の, 言ひ

▼ 渡るのみ~ (2, 0.1%)

1 でありました, である

▼ 渡るばかり~ (2, 0.1%)

1 である, でした

▼ 渡るまで~ (2, 0.1%)

1 けっして外した, 暫らくの

▼ 渡るまでの~ (2, 0.1%)

1 形は, 長尻に

▼ 渡るよりも~ (2, 0.1%)

1 危険である, 鳥坂峠から

▼ 渡るゴーストップ~ (2, 0.1%)

1 で交通巡査, で駐在さん

▼ 渡る一陣~ (2, 0.1%)

1 の渓風, の風

▼ 渡る下駄~ (2, 0.1%)

1 の冴え, の音

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

1 に円い, に在

▼ 渡る二人~ (2, 0.1%)

2 がわたる

▼ 渡る二本~ (2, 0.1%)

2 の丸太

▼ 渡る人達~ (2, 0.1%)

1 が偶文壇, といえ

▼ 渡る以上~ (2, 0.1%)

1 はさ, また他

▼ 渡る八五郎~ (2, 0.1%)

2 の張り上げた

▼ 渡る其間一千餘里~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 渡る冷風~ (2, 0.1%)

2 は既に

▼ 渡る午後~ (2, 0.1%)

1 であった, であつ

▼ 渡る友人~ (2, 0.1%)

2 の家

▼ 渡る吹雪~ (2, 0.1%)

1 の下, の風

▼ 渡る土橋~ (2, 0.1%)

1 から下, のへり

▼ 渡る場所~ (2, 0.1%)

1 があっ, はかね

▼ 渡る夜風の音~ (2, 0.1%)

1 と一, と一しょ

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

1 捕物が, 音声と

▼ 渡る大きな~ (2, 0.1%)

1 お宮の, 音の

▼ 渡る太陽~ (2, 0.1%)

2 の光

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

1 のよい, はみな衣裳

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

2 もあり

▼ 渡る寂し~ (2, 0.1%)

2 さを

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

2 の犬

▼ 渡る山風~ (2, 0.1%)

1 が大浪, や月

▼ 渡る幾百羽~ (2, 0.1%)

1 とも知れぬ, と云う

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

1 にきらきら, に思ふ

▼ 渡る廊下~ (2, 0.1%)

1 が付い, へ出

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

1 ぞいさまし, 高く灯

▼ 渡る快よい~ (2, 0.1%)

1 夜気を, 夜氣を

▼ 渡る想い~ (2, 0.1%)

1 にひやっ, に冷や

▼ 渡る手前~ (2, 0.1%)

1 で馬, にさしかかる

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

1 が安全, が徳

▼ 渡る日本人~ (2, 0.1%)

1 の頭脳, は西洋人

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

1 の星, はまどか

▼ 渡る時彼~ (2, 0.1%)

1 は暗い, は苦心

▼ 渡る時活動~ (2, 0.1%)

1 するこの, する此

▼ 渡る杜鵑~ (2, 0.1%)

1 の声, の聲

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

1 の梢, の間

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

2 の葉

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

1 になり, を見

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

2 の心

▼ 渡る気持~ (2, 0.1%)

1 で生活, はなかっ

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

1 がし, にもなれぬ

▼ 渡る決心~ (2, 0.1%)

1 であるといふ, をした

▼ 渡る渡し~ (2, 0.1%)

1 との二つ, と御蔵橋

▼ 渡る渡場~ (2, 0.1%)

1 にし, へ出た

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

2 の声

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

2 の痛

▼ 渡る秋鳥~ (2, 0.1%)

2 の道

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

1 か枕, になります

▼ 渡る船中~ (2, 0.1%)

1 で拓殖会社, は英人

▼ 渡る藤原郷~ (2, 0.1%)

1 の奥山, の奧山

▼ 渡る西風~ (2, 0.1%)

1 は乾燥, は依然として

▼ 渡る覚悟~ (2, 0.1%)

1 があった, ですでにもう

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

2 か能

▼ 渡る谷間~ (2, 0.1%)

2 の若葉かな

▼ 渡る足軽~ (2, 0.1%)

2 の姿

▼ 渡る関門~ (2, 0.1%)

1 の海峡, は雨

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

1 でありました, を見る

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

1 につつまれ, の中

▼ 渡る~ (2, 0.1%)

2 き鳥

▼1* [471件]

渡るあかつき近い時, 渡るあたりの静けさ, 渡るあの音楽的な, 渡るあゆち潟, 渡るあれだあの, 渡るいしゃでさえもあいそをつかして見に, 渡るいつもの岩国屋, 渡るいとまも, 渡るうちにお, 渡るおつもりか, 渡るお客さんの中, 渡るかくも大いなる, 渡るかということにおいて, 渡るかな夜の, 渡るかなたの山, 渡るから知らぬ土地, 渡るかを彼は, 渡るくらゐ拭, 渡るくらいである, 渡るな, 渡ること五六回だんだん山, 渡ること半途にし, 渡るこの遍路芸人も, 渡るへなかなか, 渡るさえ二の足が, 渡るさなかのさしゑ界, 渡るしかし暁の, 渡るしぐさをする, 渡るすぐ名護城趾へ, 渡るそこが, 渡るそしてその諧謔, 渡るそよ風に伝わっ, 渡るそれだけは意識, 渡るたびたび眉を, 渡るたび月の光, 渡るだけだった, 渡るだけでも洛中は, 渡るだてが, 渡るでもねえ三百両が, 渡るときポケットに手, 渡るとき会下山をかけおり, 渡るとき先年のおも, 渡るとき川の上, 渡るとき彰子のその, 渡るとき政治や人間的理性, 渡るとき波にころがされ, 渡るとき私は車, 渡るとき足をすべらし, 渡るとき野口の舟, 渡るとき顔にぶつかった, 渡るとき風波の難, 渡るところ木柱一株をたつ, 渡るところ栖鳳池の西側, 渡るとて誤って, 渡るとともに僧衆こぞって, 渡るとも見ゆべき一艘, 渡るちに, 渡るどころの騒ぎ, 渡るどっちかという, 渡るなかれと示し, 渡るなきを憂う, 渡るなごやかなほっこりと, 渡るなどといふことは, 渡るなまくらの教え, 渡るにゃ恐し渡らね, 渡るによりてその内, 渡るの必要はなく, 渡るばかりと成つたが, 渡るほか何も聞えない, 渡るほどのでつかいもの, 渡るまたいかに他人, 渡るまでに既に, 渡るまでには怖ろ, 渡るまでもない浅田屋, 渡るまにまに竹の, 渡るむっと鼻を, 渡るよう猿が梢, 渡るより他は, 渡るよりはこの方, 渡るらんと思ふ, 渡るわけだ, 渡るわれらの兵船, 渡るんぢや中, 渡るアルコールの誘惑, 渡るイデオロギーの問題, 渡るイデーと云っ, 渡るエスプリと見る, 渡るケチな用心深, 渡るコースだつたし, 渡るドーバーの瀬戸, 渡るバッハの音楽, 渡るビラをまい, 渡るプロパーティはありゃしない, 渡るモダーン植民地風の風景, 渡るラツパの音, 渡るですか, 渡る一つのエスプリ, 渡る一撞万声の鯨鐘, 渡る一撞萬聲の鯨鐘, 渡る一時間ほど行乞, 渡る一杯ひつかける, 渡る一歩ごとにふわりふわり, 渡る一段を思い出した, 渡る上手なすべ, 渡る下々の心, 渡る不乱不動の精進波羅密, 渡る中央通りの兩, 渡る中津といふ田舎町, 渡る主義処世術常識プチブルの自己保存, 渡る二三羽の鴻, 渡る五月上旬とはなった, 渡る交渉のもと, 渡る人六人ありと, 渡る人数へ呶鳴, 渡る人此方の岸, 渡る人稀に蘆荻いたずら, 渡る人馬の響き, 渡る今宵の月, 渡る仕事の楽, 渡る仕掛になつ, 渡る代物ぢやありません, 渡る以前にすでに, 渡る以外に法, 渡る伊豆の海, 渡る休息の靜けさ, 渡る会見に於, 渡るのもの, 渡る佐保姫の練, 渡るかの御用, 渡る何物かの目ざめ, 渡る便利を切に, 渡る便宜も得なく, 渡る偽りの職業, 渡る傾きがあります, 渡るの方, 渡るならで, 渡る其時に転び, 渡る具合など君, 渡るの水, 渡る凄きは鰻, 渡る凉風だったが, 渡るが俄, 渡るには昼, 渡る切符が買える, 渡る列車より, 渡る初冬の霧, 渡る剣風を覚え, 渡る勇者がある, 渡る半ばで母, 渡る半月を浴び, 渡るつかしい芸当, 渡る反橋を視れ, 渡る吊橋それから一寸, 渡る同情の念, 渡るは聞き, 渡る呼子の笛, 渡る品物かも知れない, 渡る哲学なるもの, 渡る唐土の帝渡天, 渡る唯一の道, 渡る商い船といいふらし, 渡る地点を監視, 渡る地蔵の釜, 渡る地頸に近く海, 渡る堅実主義が, 渡る場合に自分独り, 渡るの地, 渡る夕靄のあ, 渡る夕風は一日, 渡る外面如菩薩内心如夜叉とは女, 渡る衆的熱情の, 渡る夜烏の声, 渡る夜風何処から散った, 渡る夥しい人の, 渡る大地の阿呆, 渡る大声であった, 渡る大山岳の姿, 渡る大船があったなら, 渡るがある, 渡る機会を, 渡る姿を見た, 渡る婆さんもある, 渡るの幻, 渡るの子, 渡る宗教体験そのものにある, 渡る宝蔵寺の鐘, 渡る宵風には涼味, 渡る家業をし, 渡る寂しい風の音ばかり, 渡る寂滅の気分, 渡る寒気と一緒, 渡る夜嵐が, 渡る小禽の群, 渡る小舟を一艘, 渡る小鳥の声, 渡る小鼓とあっ, 渡る少年と大人, 渡る山上の風, 渡る山山の雪, 渡るかな, 渡るの音, 渡るに沿う, 渡る川風がなま, 渡る工場の彼方, 渡る工夫が出, 渡る巨人かな, 渡る帝国主義の号令, 渡る帰朝途上のアメリカ近く, 渡る広い武蔵野を, 渡るの面, 渡る彌生半の春, 渡る当日判事たちが乗った, 渡る彼らの馬鹿気, 渡る後生のいい, 渡る侍磧に, 渡る御簾の奥, 渡る心持だったの, 渡る快感空想美の又, 渡る思わず三人は, 渡る急斜面の小高い, 渡る恐怖と悲哀, 渡る感動の言葉, 渡る感慨ひとしほ, 渡る我が上を, 渡るは渡す, 渡る戦友の影, 渡るの硝子, 渡るなん, 渡る扮装をし, 渡る拍子に足, 渡る掛け橋が絶え, 渡る政府の国体明徴声明, 渡る故郷の山, 渡る故飲食物に混ぜ, 渡る數萬の靈, 渡る旅人も歩く, 渡る旅行は体一つ, 渡る日和かな, 渡る日本の国, 渡る昭和通りのコンクリート, 渡るが極楽, 渡る時さへ磯臭い, 渡る時ふちの堅い, 渡る時ア三十分交代でそれで, 渡る時一つ下の橋, 渡る時一同石に跪い, 渡る時以外に取次, 渡る時倉地は横浜埠頭, 渡る時分はいい, 渡る時地面は一度, 渡る時夫人は洋傘, 渡る時女の姿, 渡る時季だつたの, 渡る時河伯その璧, 渡る時発車を知らせる, 渡る時私はその, 渡る時私達の間, 渡る時窓からその, 渡る時蛟竜船を追う, 渡る時蛟龍船を追, 渡る時身全く水, 渡る時雨に濡れ, 渡る景気の好い, 渡るもない, 渡る曲物とも分れ, 渡る最短距離であった, 渡る月光の外野, 渡る月輪の一同, 渡る有様を見る, 渡る朝烏見て, 渡る朝霧の中, 渡るは夜, 渡る木枯しのよう, 渡る木造の橋, 渡るの橋, 渡る机竜之助, 渡る材木の受渡方計算法, 渡る村上橋は堂々たる, 渡る松風とともに眺める, 渡るがこい, 渡る枳園がどう, 渡る根本の方法, 渡る根際に何者, 渡るさえ一頃有力, 渡るもなけれ, 渡る森林の中, 渡る棺桶の数, 渡る聞し食す国, 渡る極みかへら, 渡る極み潮沫の留る, 渡る様子とんと山奥, 渡る橋手前へあたかも, 渡る橋桁は人間, 渡るは既に, 渡る武芸修行も大円房, 渡る段取りになる, 渡る殷賑を極めた, 渡るは黒ずんだ, 渡る気配がした, 渡る氣配なく土色, 渡る水夫共も未曾有, 渡る水蛇が少なくとも, 渡るの面, 渡る汽車の音, 渡る沢辺にはつながぬ, 渡る法大水の面, 渡る早しや, 渡る流儀でありまた, 渡る浜風がさらさら, 渡る海士もかく, 渡る涼風に瓜, 渡る深夜の風, 渡る清砂通と称する, 渡るなり, 渡る渡し場さ, 渡る渡口より北, 渡る渡船の中, 渡る渡良瀬川のわたし場, 渡る湯煙りの, 渡る潮風がまとも, 渡るやか, 渡る火焔はそのまま, 渡るにわざわざ, 渡る為めには艀, 渡る無限の中, 渡る燈火の光, 渡る爲めの釣り橋, 渡るのうら寂しく, 渡る生温くい風, 渡るを歩い, 渡る痛みによって二人, 渡るに店, 渡る白帆にあらわれつ, 渡る白鳥についてとかとね貴方, 渡る眞夏の風, 渡る知識の蓄積, 渡る碁石の音, 渡る神以外にも色々, 渡る神秘な誘惑, 渡る祥蓮という僧, 渡るがそれ, 渡る禽さへなかなか, 渡る秋沙の行き, 渡る秋風の外, 渡る秘密の旅先, 渡る秘密船を仕立てさせ, 渡る程度の川渡り, 渡る穂すすきの間から彼方, 渡る穏やかな黄昏時, 渡るやかな黄昏時, 渡る竹刀の音, 渡る算段をする, 渡るの渡し, 渡る紳士とやらんいふ, 渡る絹枝嬢の, 渡るの形容, 渡る美しさを, 渡るなくも, 渡る聖フランシスのよう, 渡る肺活量の大き, 渡る胡蝶かな, 渡る胡麻濃やかな紫檀, 渡る臆病な人, 渡る興味が盡, 渡る舞衣かな, 渡る舟筏を造る, 渡る航海では暴風, 渡る船乗りであるとして, 渡る船人かぢ, 渡る艱難もただ, 渡る芝居などが作られ, 渡る英雄ではない, 渡る葦間のあたり, 渡る蒸気船が学校, 渡るの棧橋, 渡る虎の尾を小児, 渡るあり, 渡る處日盛りも蛙, 渡る處迄參るの, 渡るの兒等, 渡る蜥蜴も食う, 渡る散る蜘蛛, 渡るの中, 渡るもない, 渡る街路樹の下, 渡るがひたひた, 渡るへ橋げた, 渡る褄さき亂れたり, 渡る襟首に吹きつける, 渡る西橋の上手, 渡るがない, 渡る見物は大河, 渡る見込みはありません, 渡る観念の再, 渡る計画らしかったの, 渡る記事が書い, 渡るには行くまい, 渡るだに, 渡る責任によるもの, 渡る賃金は水嵩, 渡る資格をそなえ, 渡る賞与の大, 渡る赤蛙を一, 渡る距離の問題, 渡る身の上とはいえ, 渡る辛労が山吹, 渡る辰弥の目, 渡る迄には日本人に, 渡るはなかっ, 渡る途中台湾沖で乗船, 渡る途中筑後丸の船長, 渡る通行人らは遠ざかる, 渡る遍路切手をうけとっ, 渡る道すがら殆ん, 渡る道三橋も一つ先, 渡る道具の名, 渡る那智の瀧山, 渡る重い入口の, 渡る野天声を出した, 渡る野良猫と町, 渡る金風の, 渡る釣人の, 渡る釣橋の手前, 渡る鉄道馬車の音, 渡る錠口のカギ, 渡るの音, 渡る長い丸木橋の, 渡る長い長い冬を, 渡る長閑な風, 渡るづけの, 渡る間じゅう身動きもせず, 渡る間中落ちつかない様子, 渡る間大風俄に船, 渡る間道の一つ, 渡る限りは雑多, 渡る陰謀の全貌, 渡る隊商ですね, 渡るに見た, 渡る雁竹林を過, 渡る雁金の, 渡るの世界, 渡る雪燈の火, 渡るに消され, 渡る電車自動車の響, 渡るを見, 渡る青鷺連のをかしき, 渡るに澄んだ, 渡る頃みんなが期待, 渡る頃兼次は歸つて來, 渡る頃夫人の脚, 渡る頃新吉の心, 渡る頃村のうち, 渡るの痛み, 渡る風の音入口の幕, 渡る風の音岩から滴る, 渡る風声やなん, 渡る風定かに聞えぬ, 渡る風長閑に樹, 渡る風雨の中, 渡る駄馬の蹄, 渡るの痛み, 渡る骨髄として理解, 渡る高い調子で, 渡る高楼だから, 渡る高笑いをした, 渡る多からね, 渡るのやう, 渡るの, 渡るの群れ, 渡る鹿のよう, 渡るの音