青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「渡り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~済む 済む~ ~済んだ 渠~ 渡~ ~渡し 渡し~ ~渡した ~渡っ 渡っ~
渡り~
~渡る 渡る~ 渡辺~ 渦~ ~温泉 温泉~ ~港 港~ 湖~ 湖水~

「渡り~」 1723, 19ppm, 6171位

▼ 渡り~ (132, 7.7%)

3 廊の 2 大變, 御經, 板へ, 珊瑚の, 赤い酒, 鳥の

1 [117件] あやふきところところ道, ありふれた遊芸人, お茶壺です, こんたす, つぐみの, は, ものか, ものを, ように, らんたつ, オーデコロンを, ギヤマンでも, ギヤマンの, シャツだって, ハンドプレスそのものが, バワリイKIDSの, バヴァリイKIDSが, 一人もの, 一党の, 事は, 二三枚の, 二人の, 人足に, 仕立屋の, 便は, 俳諧といふ, 俳諧の, 前まで, 古金襴, 古風な, 名器焼きの, 唐更紗に, 問題の, 器物を, 図であった, 土工家出し, 地点は, 坑夫の, 大変ッ, 大毛氈, 大虎, 大變くら, 大變ツ, 大鏡, 奇術なども, 宿, 宿屋が, 岡つ, 廊を, 廊下の, 建築模型類と, 役所と, 彼方へ, 手が, 手順を, 折暴風の, 新知識, 方ぢや, 旅を, 旅商人が, 旦那株とは, 曲まわし, 曲独楽首尾よく, 更紗玉とか, 板を, 毒藥に, 毛氈を, 水にも, 江戸開府以來は, 泥棒なんぞは, 流寓民の, 浄土僧からも, 煙管を, 熊とが, 物と, 独楽, 猿田彦命の, 珍菓として, 瓜作り瓜を, 白ゆも, 短銃も, 禁制品を, 秘像の, 秘薬の, 空中芸を, 筋を, 素焼壺で, 縞衣を, 置土圭が, 翡翠で, 者が, 舶来品といふばかり, 茶, 茶入, 茶入楽茶, 葡萄の, 薄い絹, 薄手の, 記, 議員だって, 赤塗の, 赤酒に, 辺まで, 退屈を, 逸品だけに, 遠眼鏡という, 釈迦仏を, 金唐革という, 銅版画を, 鑑識にも, 雑器を, 音響の, 高廊下, 鳥類の, 鵯で, 黒繻子甚三紅の, 鼠と

▼ 渡り~ (110, 6.4%)

2 出づ, 稲妻ひらめきし

1 [106件] あらかじめ期したる, いくぶん, かつてその, かつて怪しむ, ここへ, こすなり, これを, そこそこ宴, その地, その愛人, その難, ぽつ, また林, また見れ, より間もなく広, イタリアに, インドへ, エヂプトより, クレタに, トロイアの, 一しきり急坂, 一つに, 一路の, 亜米利加へ, 以来毎日労働し, 件の, 來ず, 僅に, 全都, 再挙の, 凡ての, 利根の, 動物園の, 午後二点を, 夜着の, 妾を, 孤燈沈, 客は, 家の, 家居を, 山の, 左に, 左岸に, 帰る, 年経る, 幽かなる, 広き野, 廓内に, 往々此種, 往往此種, 得も, 急峻を, 我も, 我等の, 打拡げたる, 来たる人, 東す, 東へ, 東阿, 板塀の, 歸りきける, 歸國する, 河中に, 流るるを, 浜に, 海北を, 深けし夜, 清爽たり, 源氏興復の, 滿庭の, 演芸し, 無限の, 燕尾服桃紅色服水色服扇影簪光参差として, 片時も, 物に, 犀川を, 相遇いし, 眞の, 碧眼奴どもを, 秩父に, 立止り欄干に, 群馬郡の, 聖武帝の, 航路を, 船板の, 茜の, 荒寥たる, 落つるなど, 落着せず, 虹汀の, 行く事僅少, 見え候, 見ゆる秩父郡, 親しく目撃, 讀まれたり, 軍の, 辭し去ら, 進むに, 還ると, 針間の, 錦の, 鎌倉に, 間もなく塩谷温泉, 隧道に, 難波になも, 馬関に

▼ 渡り~ (104, 6.0%)

13 舟と 6 舟の, 船の 5 舟で, 舟という 4 舟, 船で 3 舟だ, 船と 2 なつた, なりました, なりまして, なる, 手間が, 舟とばかり, 船であった

1 [41件] あれを, かかった事, この世を, しかるべき家屋, なったこと, なったとやら, なったばかりに, なったらしい, なったり, なったん, なりただ, なりとうとう, なりました時, なりイナヒ, なると, なるとき, なるの, なる時, なろうと, 下る湾頭, 何で舅, 再吟味, 喩えたアジソン, 掛ると, 渡り瀬に, 舟さ迷惑だろう, 舟だった, 舟であった, 舟であります, 舟である, 舟として, 舟とは, 舟な, 船, 船です, 船とばかり, 船とばかりに, 船とも, 船を, 難むと, 難儀致す

▼ 渡り~ (101, 5.9%)

24 つけて 4 して 3 つけずに 2 つけたか, つけてから, つけなければ, つけに, つけました, つければ

1 [58件] いたしますよう, お好み遊ばされ, こなたへ, したお, しなければ, する前, する者, つけ, つけうまく, つけさせると, つけずにゃ, つけその, つけた, つけたところが, つけたよう, つけての, つけてを, つけないで, つけなきゃという, つけなくて, つけねえ, つけねば, つけやがって, つけようと, つける, つけること, つけると, つけるには, つけるまでも, つける必要, つけろ, つけろと, つけ度い, つけ自害, はじめるまで, やらせるのに, わたるに, 一見させ, 付けずして, 付けるか, 吾も, 尋ねる旅人, 小姓の, 思うに, 急ぐ容子, 架けた処, 求めに, 決行し, 渡って, 祈って, 行きつくすと, 見つけて, 試みて, 試みら, 越え警察, 遠目に, 離れの, 鼻緒の

▼ 渡り~ (57, 3.3%)

5 の老 3 の折助 2 が多い, で勿論, に河豚

1 [43件] か, かも知れない, か一生懸命背伸び, が多く, が陣取, だが, てえ奴, であるだけに, です是, でまことに, で三道樂, で隨分, という輩, といえ, といっ, といへ, なぞもある, なん, の, のくせ, のよう, のわたし, のケチ, のマドロス上り, の七蔵, の下職人, の中間, の兵法者, の多い, の大, の奉公人, の寄集め, の山伏, の年寄, の指物師, の無頼漢, の男, の長脇差, は一切使, らしい強か, らしく装って, を意味, を見る

▼ 渡りながら~ (45, 2.6%)

2 いろんな事, やがて九十九折, 大川の

1 [39件] いつも蒲原有明, うすいあばた, およそこれ, ひろがって, ふとその, ふと東京, また中絶, 一人言の, 七曲りの, 両国橋を, 今の, 出て, 半七, 右手の, 塒を, 大はしゃぎに, 嫂が, 彼は, 忽ち十余尾, 斜面に, 暖かい光, 独りで, 狭間狭間に, 田川夫妻の, 痛えよう, 眼は, 私は, 細君か, 腕を, 自分の, 蝋燭の, 行って, 言った, 言つた, 路地の, 身の上話, 遡って, 重吉は, 静に

▼ 渡りその~ (18, 1.0%)

1 [18件] ナポレオン三世が, 一分派は, 上の, 島大いに, 川の, 左岸に, 年の, 役所へ, 御見聞, 日の, 楯に, 歴史的意義は, 水を, 辺の, 銀行家も, 音に, 頃は, 風土と

▼ 渡り~ (16, 0.9%)

2 ついて

1 [14件] あると, かかッ, ござります, ついたもの, つけて, 付いて, 惡いと, 最も安全, 済みました, 済むと, 済んで, 行はれた, 見たさの, 附いて

▼ 渡り~ (15, 0.9%)

3

1 [12件] つたわけ, はね, ひを, ひ下津, ひ各, ひ酒, ふた靴, ふて見ようでは, ふの, ふ意, ふ相棒, へ

▼ 渡りある~ (14, 0.8%)

9 いて 2 ときは 1 いたことも, がよろしから, 時は

▼ 渡り中間~ (14, 0.8%)

1 [14件] が拳固一つ, だから, で道楽, などは良い, なんぞは格別, には珍, のす, の勝負事好き, の半次, の惡戯, の権平, の源次, らしい樣子, らしい男

▼ 渡り~ (13, 0.8%)

42 て難波, る 1 つる故, てこの, てトレーケー, る汐風, る鳥

▼ 渡りつつ~ (12, 0.7%)

2 あつた, あり 1 あった, あるとき, あるの, ある往来, 揺れるかと, 水は, 消え失せた, 赤平川を

▼ 渡り~ (12, 0.7%)

1 [12件] いい, しかす, せぬかと, その見本, つけて, 御免蒙る, 無事だった, 猿猴栄次の, 相当円滑, 石工の, 船中傘を, 長崎だって

▼ 渡り~ (10, 0.6%)

1 あと二月九月の, した, しないといふ, せぬに, つけずに, つけて, わからないでは, 今晩は, 得ずただ, 牢御所と

▼ 渡りそれ~ (9, 0.5%)

1 からさらに, からものものしい, から山間, が又, だけで全通, によって一切万物, より歐羅巴, を採取, を金

▼ 渡りそれから~ (9, 0.5%)

2 乗合自動車に, 汽車で 1 大西洋の, 日本橋の, 本土の, 瀬戸内海の, 私の

▼ 渡り職人~ (9, 0.5%)

1 がいた, じゃありません, ですが, とでもいった, と小僧, のよう, の仲間, の金公, らしくない一分の隙

▼ 渡り~ (8, 0.5%)

3 ござります 1 ござりまする, しかもウブ, 女の, 新渡の, 遠くの

▼ 渡り仲間~ (8, 0.5%)

1 が言う, が説明, こそしなかった, と見える, に真っ, ののら, の質, を使

▼ 渡りそこ~ (7, 0.4%)

2 なって 1 から古い, から汽船, で島原, に腹, へ集まった

▼ 渡りもの~ (7, 0.4%)

1 だから, ですから, で十年, と侮っ, なん, の書生坊, の飜案

▼ 渡り~ (7, 0.4%)

2 を越え 1 があれ, に登り, へ飛び, をこえ, を飛ん

▼ 渡り~ (7, 0.4%)

1 から縁, から通う, で繋がれ, に腰, の辺り, をこえた, をつたわっ

▼ 渡りやがて~ (6, 0.3%)

1 両国橋の, 二つに, 佐女牛の, 小倉の, 本所へ, 町付という

▼ 渡り来った~ (6, 0.3%)

2 もので 1 といわれる, ものであっ, 七兵衛そこで, 落葉灌木性の

▼ 渡り見まわし~ (6, 0.3%)

1 ていた, てから如何にも, てから総, て四人, て気, ながら何

▼ 渡り~ (5, 0.3%)

1 品が, 城の, 浦の, 竹蔵辺まで, 行方不明に

▼ 渡り~ (5, 0.3%)

1 という重い, とぞんじます, と知つた, と言っ, 坊知ってる

▼ 渡りまた~ (5, 0.3%)

1 その水, 丞相は, 河岸を, 砂丘に, 高く上っ

▼ 渡り人足~ (5, 0.3%)

1 なんぞ打つ, になる, の我利, はまつ, 絶えて

▼ 渡り再び~ (5, 0.3%)

1 数マイルごとに, 此方の, 汽車で, 洋々たる, 浜野の

▼ 渡り~ (5, 0.3%)

1 があった, まで行つて, を御覧, を扼し, を求め

▼ 渡り奉公~ (5, 0.3%)

1 というで, なんぞし, のやつ, の中小姓, の人間

▼ 渡り~ (4, 0.2%)

1 にし, 利根川の, 徑を, 汽艇に

▼ 渡り~ (4, 0.2%)

1 からこれ, の方, をつたっ, を静か

▼ 渡り更に~ (4, 0.2%)

1 エス・ビーの, フランスに, 浪逆の, 海峡を

▼ 渡り終っ~ (4, 0.2%)

1 てその, て一息, て先, て左

▼ 渡り~ (4, 0.2%)

2 ひぬ 1 ひし所, ひて

▼ 渡り芸人~ (4, 0.2%)

1 たちゃ仲間, となり, は別, や祈祷卜筮

▼ 渡り見まわした~ (4, 0.2%)

1 がやがて, 彼は, 後でなけれ, 私は

▼ 渡り~ (4, 0.2%)

1 でいい, を取る, を払わず, を置い

▼ 渡りいま~ (3, 0.2%)

1 その生, ではやはり, なおこの

▼ 渡り~ (3, 0.2%)

2 へすれ 1 へぎるもののない平地

▼ 渡りさえ~ (3, 0.2%)

2 すれば 1 した

▼ 渡りそう~ (3, 0.2%)

1 な噂, な天井, な景色

▼ 渡りでも~ (3, 0.2%)

1 しない限り, するよう, する時

▼ 渡り~ (3, 0.2%)

1 なったの, 云ふ, 見える香炉

▼ 渡りにな~ (3, 0.2%)

1 つてから, つてそれが, つて此方に

▼ 渡り~ (3, 0.2%)

1 それが, ピストル強盗の, 繁殖の

▼ 渡り~ (3, 0.2%)

1 さらに径, 反覆常無き, 支那から

▼ 渡り合つて~ (3, 0.2%)

1 も仕様, ゐるつもり, ゐる間

▼ 渡り向う~ (3, 0.2%)

1 から又, の河原地, の藤棚

▼ 渡り~ (3, 0.2%)

1 と考へられ, には二人, へ駈け寄せた

▼ 渡り~ (3, 0.2%)

1 の周囲, は焼け, へ帰っ

▼ 渡り対岸~ (3, 0.2%)

2 の温泉ホテル 1 の谷間

▼ 渡り~ (3, 0.2%)

1 に沿う, の土手, の真中

▼ 渡り心斎橋筋~ (3, 0.2%)

2 を歩いた 1 の方

▼ 渡り~ (3, 0.2%)

1 からずっと, もかくし, を越え

▼ 渡り来っ~ (3, 0.2%)

2 て今 1 ていま

▼ 渡り来り~ (3, 0.2%)

1 て世に, 候に, 前に

▼ 渡り用人~ (3, 0.2%)

1 で, である, になる

▼ 渡り~ (3, 0.2%)

2 へると 1 つたところ

▼ 渡り終り~ (3, 0.2%)

1 すこし右, て最, また一つ

▼ 渡り遂に~ (3, 0.2%)

1 すご, 単独日本, 比律賓群島を

▼ 渡り~ (3, 0.2%)

1 に沿う, は稲葉山, を左

▼ 渡り~ (3, 0.2%)

1 あれば, も南風, をよび

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 がつた向う, がつた所

▼ 渡りあつ~ (2, 0.1%)

1 た有様, て文史朗氏

▼ 渡りあの~ (2, 0.1%)

1 楽屋から, 樂屋から

▼ 渡りきつ~ (2, 0.1%)

1 た向, て御船手屋敷

▼ 渡りここ~ (2, 0.1%)

1 には明師, に祈り

▼ 渡りこれ~ (2, 0.1%)

1 が最大, へ集まっ

▼ 渡りさらに~ (2, 0.1%)

1 一マイル半の, 木更津から

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 ている, にや

▼ 渡りじゃ~ (2, 0.1%)

1 ござんせんか, ないか

▼ 渡りする~ (2, 0.1%)

1 か泳い, は御法度

▼ 渡りそこで~ (2, 0.1%)

1 一通り昆虫学を, 故国の

▼ 渡りそこら~ (2, 0.1%)

1 の家屋, を眺めまわした

▼ 渡りそして~ (2, 0.1%)

1 それから, 両毛

▼ 渡りては~ (2, 0.1%)

1 人生五十年歳月人を, 全くの

▼ 渡りという~ (2, 0.1%)

1 ことを, のも

▼ 渡りとの~ (2, 0.1%)

1 ことに, 曇り合

▼ 渡りどこ~ (2, 0.1%)

1 へ行く, までも左岸

▼ 渡りなお~ (2, 0.1%)

1 それより, 行くこと二里余

▼ 渡りなさいます~ (2, 0.1%)

2 時下を

▼ 渡りなど~ (2, 0.1%)

1 人も, 遊ばして

▼ 渡りなんど~ (2, 0.1%)

2 まだ顔

▼ 渡りにくい~ (2, 0.1%)

1 なぞとは, ほど雑踏

▼ 渡りまで~ (2, 0.1%)

1 われわれども, 見送ってから

▼ 渡りもん~ (2, 0.1%)

1 です, のボロツ屑

▼ 渡りらしい~ (2, 0.1%)

1 油時計が, 精巧な

▼ 渡りゼリフ~ (2, 0.1%)

1 と成り, も双方とも

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 かせぎ大きく, の城

▼ 渡り一群~ (2, 0.1%)

1 の商店街, 色濃き森

▼ 渡り一般~ (2, 0.1%)

1 に流され, に用

▼ 渡り一軒~ (2, 0.1%)

2 の湯宿

▼ 渡り中間風~ (2, 0.1%)

1 の男, の若い

▼ 渡り二里~ (2, 0.1%)

1 ばかり離れた, 半舟木駅

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 はその, は京城

▼ 渡り仲間軽輩~ (2, 0.1%)

2 な士分

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 て共, とも知れず

▼ 渡り候田圃~ (2, 0.1%)

1 にはさらに, には更に

▼ 渡り其の~ (2, 0.1%)

1 地の, 端が

▼ 渡り取手町~ (2, 0.1%)

2 に入っ

▼ 渡り唐桟~ (2, 0.1%)

1 に幅, の半天

▼ 渡り商店~ (2, 0.1%)

2 の雨

▼ 渡り城北三里板柳村~ (2, 0.1%)

2 の方

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 にそっ, に添つて

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 日本国領の, 變だ

▼ 渡り大工~ (2, 0.1%)

1 といったよう, 段々と

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 の全身, を姦

▼ 渡り小沢~ (2, 0.1%)

1 に沿う, は何

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 を伝っ, を越し

▼ 渡り巨大~ (2, 0.1%)

1 な山毛欅林, な岩

▼ 渡り幟町~ (2, 0.1%)

2 の方

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 を傳, を飛ぶ

▼ 渡り度々~ (2, 0.1%)

2 友綱の

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 が住む, は残った

▼ 渡り彼ら~ (2, 0.1%)

1 の去る, の心

▼ 渡り彼地~ (2, 0.1%)

1 でなんとか, にて切支丹

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

2 を見廻す

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

2 庭の

▼ 渡り心地~ (2, 0.1%)

2 がまさに

▼ 渡り悠々~ (2, 0.1%)

1 左岸の, 晨は

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 るところ, る魔窟

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 の囲み, をし

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 をした, をしよう

▼ 渡り旅館~ (2, 0.1%)

2 のあいだ

▼ 渡り日赤病院~ (2, 0.1%)

2 に到着

▼ 渡り明るい~ (2, 0.1%)

1 人形町通りへ, 峠に

▼ 渡り星はいちめん~ (2, 0.1%)

1 ふるえたり, ふるへたり

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 の光, は澄み

▼ 渡り東南~ (2, 0.1%)

1 に行く, の湖水

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 の下, を架け

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 るく, 行くうち

▼ 渡り歩るい~ (2, 0.1%)

1 た, てる方

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 に沿う, を渡り

▼ 渡り浅草~ (2, 0.1%)

1 へはいり, へ抜け

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

2 の荒い

▼ 渡り済ん~ (2, 0.1%)

1 でしまう, でちょっと

▼ 渡り煉瓦通り~ (2, 0.1%)

2

▼ 渡り牛蒡~ (2, 0.1%)

2 や甘藍

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 だと, の来た

▼ 渡り琉球~ (2, 0.1%)

1 からさらに, から薩摩

▼ 渡り祐筆~ (2, 0.1%)

1 がいた, の給金

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 一相互館の, 二の

▼ 渡り終った~ (2, 0.1%)

1 ころ夜は, 所で

▼ 渡り終る~ (2, 0.1%)

1 とまた, と広

▼ 渡り者次第~ (2, 0.1%)

1 を云, を云え

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 てみる, まは

▼ 渡り見世物師~ (2, 0.1%)

1 の古びた, の秋

▼ 渡り観音坂~ (2, 0.1%)

1 と建札, を経

▼ 渡り赤道~ (2, 0.1%)

1 の陽, を越え

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 子坂から, 子坂を

▼ 渡り輪島屋~ (2, 0.1%)

1 と云, と云う

▼ 渡り近文~ (2, 0.1%)

2 のアイヌ部落

▼ 渡り部屋~ (2, 0.1%)

1 の中, の中間奉公

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 の大空, を縫つて

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 渡り階段~ (2, 0.1%)

1 を下り, を幾つ

▼ 渡り~ (2, 0.1%)

1 の平野, は益々

▼1* [629件]

渡りあがった向うの, 渡りあがりの林, 渡りあげくにあそこ, 渡りあそばしますにや, 渡りあちこちに移動, 渡りあちらからの通行人, 渡りあっちの岸, 渡りあとからくびじろが, 渡りあらゆる職業に従って, 渡りありしは高松城, 渡りあるいたという二つ年上, 渡りあるいは死しあるいは, 渡りあるきの労働者, 渡りあろうという御, 渡りいい知れぬ勇気, 渡りいとおもしろく其形, 渡りうたた脾肉の, 渡りおもしろかりけれども, 渡りおわってあちら, 渡りかかる人に, 渡りかの地に, 渡りかもしれませぬな, 渡りから山吹の, 渡りがたい間隔が, 渡りくしめ坂を越え, 渡りぐるしきこと, 渡りぐるしき事など思ひ廻せ, 渡りぐるしき戀路を辿る, 渡りこっそりと切ない, 渡り愛敬にも, 渡りさあ堪らぬ影法師殿, 渡りさうになつて, 渡りさきに僅か, 渡りさすが聡明, 渡りさて用を, 渡りした時は, 渡りしも今より, 渡りすこし宛落ち, 渡りすごしたのを, 渡りそのうえ戒律を, 渡りその後なお西漸, 渡りその後供など霞む, 渡りそれぞれの陰影, 渡りただならぬ様子との, 渡りだらうと思ふ, 渡りちりぢりばらばら, 渡りついた時には, 渡りついでスペインに, 渡りていねいに調べました, 渡りとある場所だの, 渡りとは直区別, 渡りどうして京都へ, 渡りどの街道を, 渡りのです, 渡りなくお待ち申し, 渡りなされたというの, 渡りなども祓へ, 渡りなむ逢ふと, 渡りにくくなって, 渡りには手越, 渡りのっそりと, 渡りはしごがひき上げられ, 渡りしゃばしゃッ, 渡りひろい平庭, 渡りふたりの秘密, 渡り着いた, 渡りさむ時, 渡りまず二人を, 渡りまたは赦免に, 渡りまでも演ぜしめたのに, 渡りまるで巨大な, 渡りめでたく宗論は, 渡りものすごく思いおりしが, 渡りものすさまじく思いし折, 渡りもののやす女だ, 渡りやうやく岩屋, 渡りようは念仏, 渡りよき川也, 渡りより浅草に, 渡りらしくこれ一つだけで, 渡りれいの光る, 渡りずろうて, 渡りわが家の方, 渡りわしがこれ, 渡りわれわれを呑噬, 渡りアイヌの名, 渡りアウグスチノ会の司祭, 渡りアラスカ地方に転住, 渡りアワヤ谷底へ真逆様, 渡りイシカリ川を一気に, 渡りインドの鼠金商主, 渡りエリカウツカというところ, 渡りオランダ領事館の国旗, 渡りオーステルリッツ橋の前, 渡りゴム栽培だの珊瑚採集, 渡りゴム風船をすりあふ, 渡りサト子と叔母, 渡りシユウクリイムを呉れ, 渡りスタンフォードを訪ねた, 渡りトロイアに來, 渡りドイツへ影響, 渡りドテをぶらぶら, 渡りパッシーから歩い, 渡りパーチェという駅, 渡りベルファスト市に転寓, 渡りマオカで越年, 渡りルノアルという巨匠, 渡り一パイ二ハイ三バイ四ハイ五ハイと数え, 渡り一基は随身門, 渡り一散に敵, 渡り一生懸命にとっ, 渡り一貧乏人として暮らす, 渡り七歳の時大王, 渡り三々五々にうち伴, 渡り三峰川に沿う, 渡り三日目にテキサス, 渡り三韓を伐たせられし, 渡りに昇る, 渡り上り列車に乗っ, 渡り上ると共に, 渡り上津浦の人数, 渡り上田城へつめ, 渡り不毛の広野, 渡り世界が寂, 渡り両側にぎつしり, 渡り両面羊歯の繁り, 渡り中国をさまよい, 渡り中学校のまえ, 渡り丹波口から水尾, 渡りに應, 渡り九十九折の相馬街道, 渡りって能登守, 渡り二三年十一月二十六日管区長フライ・アロンゾ・メンチエダ神父によつて修道服, 渡り二里余り進んで, 渡り二里宇根駅紙屋林蔵の家, 渡り五寸ほど込, 渡りを制し, 渡り人夫の留吉, 渡り人影絶えたるここ上野, 渡り人心の安定, 渡り人気を集めん, 渡り人目をさけ, 渡り人類は愛, 渡り今度再び売り物, 渡り今日に至る, 渡り仏国で修業, 渡り仕方なしに, 渡り仙台坂を上つて, 渡りてギリシア, 渡り仲木場の方, 渡り休憩し煙草, 渡りへ聞く, 渡り佐夜の中山, 渡り何千の兵, 渡り何百里の道, 渡り來つる物は玉, 渡り侍りにけれ, 渡り保存されたので, 渡り候事もこれ, 渡り候四人の伴天連同宿共, 渡り停年までその, 渡り僅か八百ばかりの, 渡り光秀の背後, 渡りと申し, 渡り入野山中を経小野篁, 渡りきを, 渡り八幡へ飛ぶ, 渡り八幡原へうごき出た, 渡り六七寸の凄い, 渡り六寸程の直, 渡り其處から汽船, 渡り造の, 渡り冷えきつた, 渡り冷たい肉饅頭と, 渡り凡そ十町にし, 渡りる者, 渡り利根川の右岸, 渡り岸の, 渡り前後左右を見まわす, 渡りの下, 渡り労働者として歩い, 渡りへ二十日, 渡り北斉の僧稠, 渡り北牧へ出まし, 渡り北進した, 渡り医学を学ばしめん, 渡り午後一時半頃仏蘭西のカレー駅, 渡り里ばかり, 渡りに折れ, 渡り南佛蘭西を遊歴, 渡り南方へ指し, 渡り南蛮渡来の伽羅, 渡り博徒がそこ, 渡り即ち希臘から, 渡り去ったその後ろ影, 渡り去れり大鞆, 渡り又は百獣を, 渡りつたり, 渡りの帝王, 渡り台詞に, 渡りに折れ, 渡り合つたらしい, 渡り合つた時の有様, 渡り合つて来たり或, 渡り合つて鬱憤を晴, 渡り合法的に小生, 渡り三年の, 渡り同所の杉原盛重どの, 渡りから又, 渡り向う側についた, 渡り向こうで小学校, 渡り和らかな光線, 渡り唐物とか古代蒔絵, 渡り善光寺へと退却, 渡りし立てられたジンタ, 渡り四五丁行きまして, 渡り四五間行くと, 渡り四国に散在, 渡り四辺を見廻した, 渡り国々の風教軍備等, 渡り国外へ持ち去った, 渡り土手通りを過ぎ, 渡り土方のよう, 渡り土着人の社会生活, 渡りを択, 渡り地上約三尺, 渡り地球の四分の一, 渡りを登り切る, 渡り坂道を上がっ, 渡り坊主之助, 渡り坦道を一里, 渡りに入る, 渡りに沿った, 渡りある空, 渡りの苦し, 渡りにアルプス, 渡り夜後橋にて利根, 渡り夜明け頃には敵, 渡り夥しい草の, 渡り大坂に達し, 渡り大垣堤を過る, 渡り大川筋を寺島村, 渡り大津へ出, 渡り大豆などの作られた, 渡り大阪をさして, 渡り天満の天神, 渡り天竜寺の北, 渡り天草から又, 渡り太刀の柄, 渡り太郎山の裾, 渡り奉公人とはちがっ, 渡り奉天を振り出し, 渡りの方, 渡り奥さんの切符, 渡りの方, 渡り女坂と言う, 渡り好い処を, 渡り妙高山黒姫山の麓, 渡りなんてえ, 渡り妾町と言われ, 渡り子息は勘当, 渡り孝高は跡, 渡り宇都宮大明神をふし拝む, 渡り守備隊勤務に服し, 渡り宗右衛門町を横切る, 渡りに浮い, 渡りく家, 渡り寂然とし, 渡り富吉町を経, 渡り富山へ入城, 渡り小さな梯子を, 渡り小夜の中山越え, 渡り小高い岡の, 渡り少し行ってから, 渡り何処迄も, 渡り尼崎城下をすぐ, 渡り尾根に登っ, 渡り屋根に反射, 渡り山嶺をめぐり, 渡り山手村かや村赤坂村神村をすぐ, 渡り山県は神明附近, 渡り山肌を切り開い, 渡り山路にさしかかる, 渡りはな, 渡り岩淵停車場まで徒歩, 渡りに着き, 渡り峻坂を登り, 渡りの上, 渡り川人のせ, 渡り川原に下り, 渡り川沿いに向島, 渡りを進み, 渡りの徒, 渡り市川の町, 渡り布袋の川渡り, 渡り希臘の緑, 渡りのよう, 渡り帰りに八銭均一, 渡り帰路は山鳥, 渡り飛び棒, 渡り平坦の原野, 渡り平野神社を拝む, 渡り年上の姉, 渡り幽霊出現の定刻, 渡り広原へ出, 渡りの隙間, 渡り府中立川をこえ, 渡り廊のかどに磯五, 渡り建仁寺の笹藪, 渡り廻った頃この, 渡り廻つて歩いた, 渡りや妹, 渡り弥陀ヶ原へまっすぐ, 渡り彼岸に達し, 渡り彼我の交通, 渡り彼方の山地, 渡り彼雑木山の一本檜, 渡り待合室を見廻した, 渡り微風に方向, 渡り徳本の小舎, 渡り急ぎに急い, 渡り恰も船人の, 渡り患者を訪ね, 渡り我々は本村, 渡り戦列を荒す, 渡り手桶に隅田川, 渡り承り候へば, 渡り投げかけた後に, 渡りへ持ちたる, 渡り損なった鴨であった, 渡り支那風の金看板, 渡り放浪中その頃日本領事, 渡り放逸ならぬ者能, 渡り故郷に歸, 渡り敬礼して, 渡り数多くの工藝家, 渡り文楽座の表, 渡り満殖民地入口, 渡りに桜, 渡り新しきものは, 渡り新橋の駅, 渡り旗幟を張り, 渡りがまじまじ, 渡り明治三年の一月三百部, 渡り明道橋を渡り, 渡りの光, 渡り映画見物はやめ, 渡り昨今はあちら, 渡り景清公御廟所といふの, 渡り暗い公園を, 渡り暗澹とした, 渡り書物を眺め, 渡り曹操と呼応, 渡り后の, 渡り最も特徴の, 渡り最後の一人, 渡り月並みな通信文, 渡り有徳の家, 渡り朝倉勢の側面, 渡り朝鮮で賊, 渡り木々の若芽, 渡り木の間がくれ, 渡り木立を越え, 渡り木陰岩間には咲き残れる, 渡り未来の禍福, 渡り本州を縱斷, 渡り本所に出まし, 渡り札幌に住ん, 渡り来し松前の, 渡りに折れ, 渡り東北地方を占拠, 渡り東家の土手, 渡り東洋に押し出され, 渡り東部の街, 渡り松原通りから泉山, 渡り松尾の間道, 渡り板塀は崩れ, 渡り板鼻町へ入った, 渡り枕橋を過る, 渡りに音, 渡り柴田殿の陣所, 渡りをしてない, 渡り根戸川の河岸, 渡りのわくら葉, 渡り桜木の宮, 渡りを伝う, 渡り森林は粛然, 渡り棲家の地蔵堂, 渡りや柳, 渡り楫屋村なる美保津姫, 渡り極りをつけね, 渡り樋上町河岸を難波橋, 渡り権現多くまた, 渡りの多い, 渡り樹林の中, 渡り橋場というところ, 渡り正しい扱いを, 渡りのド・ランシイ君, 渡り武者輩に尻, 渡り歩きの是非, 渡り比布川に沿う, 渡り水害のため全壊, 渡りに穴, 渡り汎神の彼岸, 渡りが族, 渡り汽車に乗っ, 渡りの右岸, 渡り河畔の景色, 渡りを打っ, 渡り泥田を渉, 渡りに沿い, 渡り流れに添っ, 渡り浩渺として津涯, 渡り海岸にやってき, 渡り海帆の跡難風, 渡りは降っ, 渡り淮河の胴, 渡り深く不毛に, 渡り深川の万年町, 渡り深草から小栗栖, 渡り清井田原に本陣, 渡り渡ってこの, 渡り渡りした時, 渡りは森, 渡り湯槽へ落ちる, 渡り湿原で鳴く, 渡り満州及び上海, 渡り漢水をうしろ, 渡り漸次洲本, 渡り濛気の壁, 渡りに立てる, 渡り瀬田の一手, 渡り火焔の燃え上がる, 渡り立つヱズヰオ, 渡り無事にリリパット, 渡りというの, 渡り熊笹の刈株, 渡り燒のりをたて, 渡り爾来二年に, 渡り物特有の心, 渡り独得の剣技, 渡り狭き崖を, 渡りが吠え, 渡り猪苗代湖を右手, 渡りその上, 渡り玉木屋の角, 渡りの近衛兵, 渡り珊瑚の根締, 渡り現在は長者町, 渡り寧と, 渡りをなし, 渡り用人並に少し, 渡り用人棒で歩き, 渡りの畔, 渡り田村の下, 渡り田舍町には家並, 渡り田舎町には家並, 渡りにさ, 渡りや圃, 渡り百余日を累, 渡り皇子村を経, 渡りすと, 渡り目黒富士の傍, 渡り直ちに大明に, 渡り真実自我を見つめる, 渡り眺めてから外, 渡りを通した, 渡り知るべもない, 渡り短期間滞在した後, 渡り石原番場の河岸, 渡り石段をのぼり, 渡り砂礫を踏みつけた, 渡りを場合, 渡り神代を経, 渡り神居古潭の停車場, 渡り神戸大阪を經, 渡り神田日本橋京橋に供水, 渡り祥碌流という皿まわし, 渡り秀吉に謁, 渡りの身体, 渡り私共がビルディング, 渡り秋草の花, 渡り秘伝皿まわしというの, 渡り移っていた, 渡り稲田の上, 渡り行くこと, 渡り空しくコルサコフを, 渡りにはなつかしい, 渡り窮乏したおり, 渡り竹川町で品川行き, 渡り笹原に取付き嶽, 渡り等して上っ, 渡り精進能く苦, 渡りするを, 渡り系統に東国, 渡り三千メートルの, 渡り紅地広東縞の羽織, 渡り素早く見廻したが, 渡り索漠たる光景, 渡り細かな榎, 渡り終つたらしいよ, 渡り終つて猶其前, 渡り終つて一息ついて, 渡り終つて橋畔の電燈, 渡り終れば大, 渡り終戦後復員されて, 渡りを美保子さん, 渡り綱渡り空中飛行象の曲芸, 渡り綿のよう, 渡り線路の向う側, 渡り緞子の野袴, 渡り美しい田舎道を, 渡り群集の幾層, 渡り翌年はバーミンガム音楽祭, 渡り者みたいに落ちぶれ, 渡り者浮浪人無頼漢等がいない, 渡りして, 渡り職人どもにはこいつ, 渡り職人仕事にはなれた, 渡り職人旅商人とか乞食法師, 渡り職工の職長, 渡り自分たちの山城, 渡りに送り込まれます, 渡り船長室の前, 渡り芝口の通り, 渡り英吉利から和蘭, 渡り草の根にすがらね, 渡り荒乳山を越え, 渡り荒川の激湍, 渡り落ち付いて, 渡り葉末に露, 渡り葛西領の四ツ木村, 渡り蒲原の宿, 渡り蒼空に響い, 渡り蔡兄弟や, 渡り薄暗い大深林, 渡り藤津君の宅, 渡り藻岩村に向わん, 渡りを衝い, 渡りれければ, 渡り行くのである, 渡り西や北, 渡り西方の水平線, 渡り西門の中, 渡り見しらべてしまう, 渡り見まわすと直ぐに, 渡り見廻してから彼, 渡り見晴亭と看板, 渡り見渡してから彼, 渡り見聞を弘くし, 渡りもなく, 渡り計画に従って僕, 渡りせれば, 渡り識百世を貫, 渡り豊前の国, 渡り貿易が許されない, 渡り賛同の返事, 渡り質屋を開業, 渡り賭場モンテカルロですっからかん, 渡り赤松の林, 渡り起し茎の折れた, 渡り越してその, 渡り越野浦に移り住ん, 渡りを間違え, 渡り路次の狭い, 渡り身延に登り, 渡り軍功少からざりける, 渡り軍隊は雷, 渡りを伝い, 渡りの艶歌師, 渡り迅雷轟々と耳, 渡り近き池に, 渡り返し左岸の崖, 渡り追分を通っ, 渡り退屈な山陽線, 渡りなもの, 渡り遊ばし折ふし日も, 渡り遊ばすかと訊ねた, 渡りぐるに, 渡りへた, 渡り遠いながめ, 渡り遠江国掛川に宿した, 渡り郭外に出, 渡りを越, 渡り野菜畑の辺, 渡りは夫人, 渡り金宝で満ちた, 渡り釜山漁業組合本部に親友林駒生氏, 渡り鎧橋を渡った, 渡り鎮江府の丹陽, 渡り鐘ヶ淵を經, 渡り長蛇のよう, 渡り門司から裏九州, 渡り間もなくトンネルを, 渡り阿弥陀宿村をすぎ, 渡り阿波の土佐泊, 渡り附近を物色, 渡り陰陽師や渡り巫, 渡りを廻っ, 渡り隧道を越し, 渡り集落を過ぎ, 渡り雑誌記者などをし, 渡り難きを見, 渡り電車路を横ぎった, 渡り霊屋の中, 渡りが厚く, 渡り露地を抜け, 渡りばかりでなく, 渡り音楽師が山, 渡り顔一面に光, 渡り飛沫四散する急流, 渡り養育をし, 渡り香港から印度支那, 渡り駒ヶ岳神社に向, 渡り高い塀を, 渡り高山を越える, 渡り高島新屋敷などの鉱山, 渡りの水軍, 渡りと唱え, 渡り鯰峠の東谷, 渡り鳰鳥奴は逃げ, 渡り鳴物がざわめい, 渡りが舞い, 渡り鳶山二六一四メートルから一九五一・五メートル, 渡り麻布を望む, 渡り黄河の対岸, 渡り黒繻子の丸帯, 渡り黒門市場を抜け, 渡り龜山といふところ