青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「渡~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~添 添~ ~添え 添え~ 清~ 清水~ ~済む 済む~ ~済んだ 渠~
渡~
~渡し 渡し~ ~渡した ~渡っ 渡っ~ 渡り~ ~渡る 渡る~ 渡辺~ 渦~

「渡~」 2437, 26ppm, 4423位

▼ 渡つて~ (383, 15.7%)

25 ゐた 10 ゐる, ゐるの 8 行く 7 来た, 来て 6 ゐて 5 行くの 4 しまつ, 居る, 来ると 3 きた, ゐます, ゐるやう, 来る

2 [24件] くるいい風, たうとう, の幾人, も前方, ゐるうち, ゐるが, ゐるので, ゐる人, 向ふ, 向岸, 居りました, 居るにも, 来たの, 来たもの, 来た神様, 来るところ, 歩いて, 織場, 若き胸, 行かう, 行かなければ, 行きます, 行くと, 逃げて

1 [233件] あの手摺, あの狭い, あるせい, いつたの, いつたらどんな, いつた姿, いつてから, いつもの, いて, お出, お絹, お藏前, からだ, からの彼, からは枯木, から乞, から凡そ八年目, から病死, から築地, から行方不明, きたといふ, きたの, きた年代, くるアルボース, くる事, この家, この路地, こんな美人, さて駅, しまつたん, しまつて, しまひかけて, しまふところ, しまふの, すぐ椽側, ずツ, その先きが庫裡, その背, その響, それからこちら, それから左, たべつづけて, とうとうと, とぼとぼと, どんな寒村僻地, なされる, なん, の大, の暴風, はミシチエンコ中将, は機械工場, は消えた, ほつと, また右折, また坂, また東, まだ幽, みた, みよう, もい, もしそれ, も大丈夫, も幾日, も船, ゆきたかつた, ゆき足場ロツプ, ゆく, ゆく人, ゆく風景, よくやつ, る, るやう, ゐたが, ゐたの, ゐたら日本, ゐた初秋, ゐた杜鵑, ゐた横木, ゐない所, ゐましたが, ゐること, ゐるだけで, ゐるとか, ゐるとき, ゐるばかり, ゐるもの, ゐる上, ゐる処, ゐる奴, ゐる明るい, ゐる時, ゐる梁, ゐれば, をりました, をります, 一層長閑, 今此, 住むべくも, 何とも言, 余すところ, 偉い坊主, 入つた上, 再びツウル, 再び其の, 再び戰, 別れるいつも, 参りました天狗, 又此方, 又青森, 向うから, 吹いた, 吹く夕方, 吹く風, 夥しい財宝, 大喧嘩, 実際の, 寒さ, 小高い広い麦畑, 小高い廣, 少しでも, 少しゆく, 少し歩い, 居た, 居たで, 居て, 居ること, 居ると, 居るの, 居る中, 居る人間, 居る夜, 居る女, 居る所, 徐に廻る, 押寄せた観衆, 揺れるやう, 新しく整理, 新事業, 早々宿, 来たので, 来たのに, 来たらしい燕, 来たアツシリア, 来た人, 来た人影, 来た何枚, 来た冷たい, 来た当時, 来た時, 来た月, 来た民, 来た狗, 来た神, 来た迄, 来てから, 来られたね, 来られた事, 来るだけ, 来るなんて, 来るの, 来るもの, 来るやう, 来る小さな, 来る洋服, 来る生徒, 来る神, 来る連絡船, 来る風, 次第に面白く, 歩いた, 歩いた平次, 歩きましたので, 歩くやう, 歩く女, 殆ど原始人, 流れて, 流れ下る細谷川, 深い船, 清めようと, 漸く, 漸く街道, 澄みきつ, 白いの, 程なく左手, 約一里, 聞えた, 聞える, 行かうとは, 行かないの, 行かれないらしい, 行かれましたのに, 行かれるならば, 行きたかつた, 行きませう, 行くか, 行くこと, 行くたうとう, 行くといふ, 行くとき, 行くん, 行く人, 行く夜, 行く家族, 行く幾万, 行く橋, 行く私, 行く遠い, 行く鳥, 行けますよ, 見えたり, 見える, 見せるといふ, 見たら貴島, 見て, 見ませうか, 見ようとして, 見るか, 見ると, 親しく, 赤い鳥居, 走つて行, 走り去る, 走るだらう, 走ると, 通る橋, 進むと, 遠くまで, 長く歸ら, 随分に, 隣りの, 響いて, 響くので, 飛んで

▼ 渡~ (113, 4.6%)

3 方へ 2 しろと, たつきあら, とこの, 古い掛時計, 身體は, 辺に

1 [98件] あたりから, あたりに, ある方面, ある日, ある辺, お乳母さん, お舟, ところから, ような, 一座中世に, 下流を, 低い聲, 兵を, 加名を, 北岸に, 北方に, 印象として, 叔父が, 品が, 品に, 地へ, 地勢は, 場合苦しい苦しい, 大戦で, 大敗と, 大敗を, 天龍川で, 天龍川を, 如きは, 媼, 守りも, 屯家, 山かげおぼろに, 山げに, 山不二の, 山野四方九十里にわたって, 島の, 後から, 後ち, 後呉俗もっとも, 悲運に, 態度を, 戦いについて, 手前に, 敵陣を, 時に, 最大意義は, 朧蓑鰻掻の, 本陣を, 松崎大尉の, 氣持が, 水を, 油断も, 流れが, 流れは, 流れを, 浅瀬を, 渡し場付近を, 湯に, 激戰に, 犬の, 狐で, 留守を, 神, 神が, 神塞へて, 神浪を, 簇, 終るの, 船で, 船頭が, 茶を, 訴訟を, 談判を, 證と, 赤酒が, 辺の, 辺や, 近所から, 迫門で, 野原で, 長サ百十間, 間いじくりまわし, 間その, 間に, 間は, 間傍を, 間内気な, 間明るい, 間涙ぐましい, 間途方に, 陣を, 難所に, 頃に, 頓兵衛を, 頭には, 風景一刻千金とも, 香箱と

▼ 渡~ (103, 4.2%)

3 の上, の中, を待つ 2 がある, のうち, のへり, の前, は同時に, は東, へ出る, を下りた, を求め

1 [76件] かな, から二町, から腰越街道, から茅場町, があった, が上手, が上流, が土手, が尚も, が岸, が眼, が着く, さえも見えなくなり, さえ動かず, だった, った, であった, でおなじ, でわたっ, で会った, で川, で新店渓, で渡る, にしか乗った, につや, にて多摩川, には乗らない, によって連絡, によつて連絡, に乗, に乗っ, に乗った, に乗りこんだ, に乗合たる, に乘, に姿, に腰, のお, のなか, の出る, の客, の桟橋, の棹, の櫓音, の河岸, の混雑, の者, の舟賃さ, の舳, はいけない, はいま, はしかも, はすぐ, はそれでも, はぽん, は一, は俄然, は只一人, は岸, は自分, は西, へ, へ乗った, へ来た, までおら, までご, も打ち越え, も見あたらなかった, も見あたらなかつた, をやり過ごす, を上がった, を出し, を招き, を探し求め, を探せ, を降りる

▼ 渡~ (76, 3.1%)

5 渡って, 越えて 4 越して 3 して, わたる 2 お置きなさら, した, する女, わたりて, 始めとして, 殺そうでは, 約して

1 [42件] いたしてを, おしじゃあ, ききも, したこと, した老婆, しても, しようとして, すてて, する迄が, つけんこと, とおり, はなれて, もとへ, 一つ越さね, 仁王立で, 受け, 受けたが, 受けた者, 受けて, 向島へ, 嘲る微笑, 引ツこ拔かう, 東へ, 殺さないと, 殺して, 殺すところが, 殺す約束, 殺そうと, 渉り, 渡ったには, 渡つて行つた島分教場で, 渡らねば, 渡る, 渡るので, 画題と, 綱に, 討ちとって, 起頭と, 越えなければ, 越えると, 附せられたいと, 除くと

▼ 渡~ (60, 2.5%)

6 して 4 したの 3 したもの 2 した最初, しようと, に先だつ

1 [41件] いたし候, がどんな, しこの, した, したあの, したが, したこと, したとき, したラテン語, した印刷術, した年代, した白居易, した記憶, した鉛活字, してから, しても, し我國高僧, し紹介, するとか, するまでに, するまでの, する佛僧工人等, する和蘭船, する始め, せしが, せぬとも, せば, てふ, て呉れられまい, ではない, といふ一大潮流, のとき, の唐紙, の方式, の船, の醫師, の際, はし, はペルリ, は遲, をめぐつ

▼ 渡つた~ (49, 2.0%)

2 かどう, と云

1 [45件] かと思はれる, からといつ, からな, からツ, から人肉食用, がある, がこ, がそこで, がほど経, が實, が思つた, が海, けれど海蛇丸, この人々, そして下関, であらう, でせう, という, といふ, といふ鐵砲, とか渡らぬ, ところでやつ, ところで互, としたら, とすれ, との傳説等, と見れ, と言, に山男, に過ぎない, もので二十里三十里, ものまたは, らしいが, 仮そめ, 但し南山, 向ふ, 好い天気, 流され人, 煙りの, 甘い朝, 美しい心, 美しい自然, 青い空, 青苔, 高い空

▼ 渡~ (45, 1.8%)

1 [45件] ありますまい, かういふ事, この南北, この小, さう書かれて, その名, その度, その態度, だが今度の, なれた森, もう一度, 一言も, 三度, 丹念に, 人の, 何時でも, 別にどういふ, 口笛を, 多摩川の, 宿から, 寺島村なる, 己にとって, 急に, 息を, 想像が, 支那の, 洲の, 浪や, 渡らずに, 煩かしい, 監房の, 知らなかつた, 自分が, 自分では, 自分の, 自分は, 荒川の, 荒川小台村と, 袈裟を, 讀み返へ, 豫期された, 足を, 長い間, 随分心細い, 齒を

▼ 渡つて來~ (43, 1.8%)

4 たの 3 た, る風 2 て難波, る, ると

1 [27件] たが, たに, たもの, たタバコ, た乘物, た事, た大洋, た寶物, た故, た橋, た長, た雁, てゐた, て一, て今, て以來, て呉れた, て秋, ましたので, ました頃, る一人, る凉, る分, る南風, る時間, る海路, る連絡船

▼ 渡~ (42, 1.7%)

3 の船頭小屋 2 に立っ, のこと, の上, へ来

1 [31件] から南, から法螺, であります, でいい, では無い, で居合抜き, で見た, とそうして, に下り立ち, に呆然, に於, に立ちつくし, に立った, に立つ, に近い高, に集まっ, の妖, の方, の舟, の船, の茶店, の規則, の軍船, の辺, の高, へ出, へ集まっ, まで行っ, を徘徊, を撫でる, を渡り

▼ 渡つたの~ (27, 1.1%)

4 である 2 だと

1 [21件] かい, かそれとも, がそれ, が明治十年, でこの, でせう, で見る, で都会, に対し全市, に興味, は, はこの, はその, はリストツク新聞, は家光, は慶應三年, は橘, は確か十歳頃, は間, をお, を見る

▼ 渡~ (25, 1.0%)

2 似たよう, 對し

1 [21件] あのま, して, なったん, なる, 下る, 來たる, 出て, 押し寄せたる者二千五百, 會つた, 来たの, 移つた, 立って, 紹介した, 縁づかない以前, 至る, 至るに, 至れば, 舟な, 舟の, 良兼の, 陣を

▼ 渡~ (25, 1.0%)

2 の船中, の途中

1 [21件] させて, されたの, した, したの, した折, した経歴, して, するそう, するとき一日ここ, するの, するので, に旅立っ, に際して見聞, に際し猿股, の楽しみ, の送別会, の途, は大正元年五月, まで主知的, を東京駅停車塲, 出来る機会

▼ 渡~ (23, 0.9%)

2 あって

1 [21件] あった, あつた, ありました, この時肩巾, ついてるだけに, 公開せらるべき, 出て, 出来なくな, 周章て, 呼び出されて, 木村に, 本家に, 棒杭の, 歌つてゐる, 残って, 残つてゐる, 渡らしくない, 無いの, 眼を, 袈裟を, 起る

▼ 渡~ (20, 0.8%)

2 の準備, の計画, の途

1 [14件] した, したり, するに, するよう, する事, する戦果, せば, の事, の日, の期, の費用, の際政府, は有耶無耶, を諫め

▼ 渡~ (17, 0.7%)

3 の御

1 [14件] して, すること, せずには, せんこと, でその他, なさるの, なんてでたらめ, に烈しく, のお供, の案内役, もここ, もさしたる, より御, を思ひ立つた

▼ 渡良瀬~ (17, 0.7%)

2 の水

1 [15件] という利根, に用水, の大, の川床, の本流, の毒水, の水勢, の水源, の水面, の河原, の河身, は平時, へ膝, を越え来り越え去っ, 両岸

▼ 渡つた空~ (15, 0.6%)

3 の下

1 [12件] からは水, から大きな, が第, では一羽, に濃淡色とりどり, に繁つた木立, に黒ぐろ, の色, はした, を仰いだ, を見, を見あげた

▼ 渡つて行~ (15, 0.6%)

7 つた 2 つたが 1 つたかと, つたこと, つたらどう, つたり, つて, はれる

▼ 渡月橋~ (15, 0.6%)

2 の袂, を渡る

1 [11件] が架っ, である, で見えます, に出た, のほとり, の上手, の北詰, の幅, を渡っ, を渡った, を渡り

▼ 渡~ (11, 0.5%)

2 して 1 した, したり, した私, してから, してからも, すると, ではない, に就い, の予定

▼ 渡つたもの~ (10, 0.4%)

1 がない, が事変勃発, が戻る, でした, ですから, では, とは考へられぬ, と見る, は去, もある

▼ 渡~ (10, 0.4%)

1 た, たよう, てい, ていよいよ, ている, てはいる, て九段坂, て二十四日, て来た, て能登

▼ 渡~ (10, 0.4%)

2 の苦しみ 1 した唐, した法顕, すとて, の上, の律僧, の志, の途中, の願

▼ 渡~ (10, 0.4%)

2 して, は藝術 1 してから, し帰国後銅像その他鋳造, し釜山, するうち, する必要, する毎

▼ 渡つた時~ (9, 0.4%)

1 ある日勃士敦, その岩, であつ, と同様, には已に, にも, は最も, は雲, 自惚

▼ 渡でも~ (9, 0.4%)

1 あって, 別れて, 厭な, 姿を, 怪しいやつ, 悟られたら一大事, 旦那どのの, 誰でも, 頸を

▼ 渡~ (9, 0.4%)

1 いふ, 云う名ばかり, 云は, 信じて, 南方の, 同時に確定, 小佐渡, 良之助が, 言いにく

▼ 渡~ (9, 0.4%)

2 の手代 1 であった, のよう, の店, の手, は店, は梟雄, は高利

▼ 渡舟場~ (9, 0.4%)

1 から啓之助, がありました, が寂びれる, でしたが, に近い, のそば, の休憩所, までしか見送らない, を上がっ

▼ 渡~ (9, 0.4%)

2 して 1 いたしました際, したが, し王宮辺, せらるるが, の計画, の途, はスペイン政府

▼ 渡~ (8, 0.3%)

2 て星 1 た, て了ツ, て幾度道, て廿四日, て日光, て見る

▼ 渡つた事~ (7, 0.3%)

2 があつ, がある 1 かもしれぬ, でした, で歴史上人物

▼ 渡~ (7, 0.3%)

2 小佐渡 1 するほど, 來よ, 役者は, 手を, 見えず困つて

▼ 渡~ (7, 0.3%)

3 工藤や 1 ここに, その部下, 工藤が, 鈴本が

▼ 渡~ (7, 0.3%)

1 が紛失, では品川宿旅籠屋安右衛門抱, には単に, の内容, を作成, を調べさせる, を野呂

▼ 渡~ (7, 0.3%)

2 したきり 1 した私, して, し関家, の方, はお

▼ 渡~ (6, 0.2%)

1 つなもの, 二人様に, 目にか, 耳を, 訊ね致します, 訊ね致しますがね

▼ 渡お待ち~ (6, 0.2%)

4 下さい 1 なさい, を

▼ 渡から~ (6, 0.2%)

1 上流釜トンネル付近までの, 下流の, 先は, 来る径路, 潰乱し, 鹿島までは

▼ 渡つた青空~ (6, 0.2%)

1 には一点, に伝書鳩, に浮く, に鵙, は気持, へ眼

▼ 渡~ (6, 0.2%)

1 いやあがら, 別れた時, 対岸に, 新田義興の, 漸く話, 黄河を

▼ 渡~ (6, 0.2%)

1 しようと, のコース, の前, の途, の閲歴, を実現

▼ 渡弁護士~ (6, 0.2%)

1 が自然, の斡旋, は倉持, への義理, も担任弁護士, を食堂

▼ 渡待っ~ (6, 0.2%)

2 てい, て下さい 1 ておくれやす, てくれ

▼ 渡~ (6, 0.2%)

1 し人道, する頃, って見, つて, という言葉, の事

▼ 渡言葉~ (6, 0.2%)

4 を切っ 1 を切った, を改めて

▼ 渡つたこと~ (5, 0.2%)

1 があつ, がある, だけはわれわれ, もあり, も知らず

▼ 渡つた物~ (5, 0.2%)

4 より手 1 干台

▼ 渡つてそれ~ (5, 0.2%)

1 から永代, が空しから, が藍, を聞く, を隔てよう

▼ 渡つて參~ (5, 0.2%)

3 りました 1 りました天狗, り程なく

▼ 渡~ (5, 0.2%)

1 したあげく, せしめ給, せらる, の禅僧了庵, の言い

▼ 渡~ (5, 0.2%)

1 した父, し奉天戦, する開拓団, の夢, を思いとまらせよう

▼ 渡考え~ (5, 0.2%)

1 がある, て, ていた, てから云った, て見た

▼ 渡さん~ (4, 0.2%)

1 っ, とする, と頑張る, ならん

▼ 渡つたところ~ (4, 0.2%)

1 に湯宿一軒, の市街地, の物品販賣所, を僕

▼ 渡つた大空~ (4, 0.2%)

1 には星, に如何にも, の深い, を見

▼ 渡つた時姫~ (4, 0.2%)

4 は端近く膝行

▼ 渡つて行つて~ (4, 0.2%)

1 その船, まだ水, も一寸, 漸くの

▼ 渡~ (4, 0.2%)

1 攻めかかって, 来たの, 来ると, 降りた

▼ 渡まで~ (4, 0.2%)

2 九里の 1 した位, 来たが

▼ 渡より~ (4, 0.2%)

1 下二十町, 五日の, 川はかへ, 自動車を

▼ 渡ガラドウ~ (4, 0.2%)

1 が今更, はさ, は即座, をはじめ

▼ 渡待つ~ (4, 0.2%)

1 てゐ, て下さい, て呉れ, て頂戴

▼ 渡~ (4, 0.2%)

1 が, のおかあさん, のおっかさん, ばかりでなく

▼ 渡~ (4, 0.2%)

2 になった 1 にかかる, 懸りな事件

▼ 渡証書~ (4, 0.2%)

1 はどうやら, もあります, も申請書, を持っ

▼ 渡~ (4, 0.2%)

1 が辛, である, を自分, を金

▼ 渡~ (4, 0.2%)

1 だといふ, にする, の外, は文久一つ

▼ 渡~ (4, 0.2%)

1 を出し, を貸し, を赤く, を赤らめた

▼ 渡お話~ (3, 0.1%)

1 した通り隣, して, をいたした

▼ 渡その~ (3, 0.1%)

2 川下に 1 日の

▼ 渡つた人~ (3, 0.1%)

1 の言つて, はね, は大抵

▼ 渡つた日~ (3, 0.1%)

1 から毎日一度, だと, に

▼ 渡つた書物~ (3, 0.1%)

3 などで太宰府ぎり

▼ 渡つてこちら~ (3, 0.1%)

1 がはの山々, の胸, へ帰る

▼ 渡つてしま~ (3, 0.1%)

1 へ, へるその, へる処

▼ 渡つて岸~ (3, 0.1%)

1 が違つて, に沿, の雜木

▼ 渡つて後~ (3, 0.1%)

1 から後, さうし, 更に何處

▼ 渡~ (3, 0.1%)

1 有難い事, 船場屋を, 行こと

▼ 渡と共に~ (3, 0.1%)

1 中國, 北支那の, 廃せられて

▼ 渡~ (3, 0.1%)

1 にでも聞かう, に遇ったら, 困るなあ

▼ 渡困る~ (3, 0.1%)

1 がね逆, が洪将軍, 問題である

▼ 渡~ (3, 0.1%)

1 から廊, に, をへだてた

▼ 渡当惑~ (3, 0.1%)

1 して, するの, の色

▼ 渡想像~ (3, 0.1%)

1 が付きません, が出来ない, して

▼ 渡支倉~ (3, 0.1%)

1 の事, の家, の説

▼ 渡~ (3, 0.1%)

1 をしかめた, をひそめた, を顰めた

▼ 渡考えた~ (3, 0.1%)

2 だけで 1 のち

▼ 渡聞きたい~ (3, 0.1%)

3 事が

▼ 渡面白い~ (3, 0.1%)

1 がいろいろ, 事件が, 解釈も

▼ 渡あたり~ (2, 0.1%)

1 でもあったろう, よりなり

▼ 渡~ (2, 0.1%)

1 カチカチ山です, 俺だ

▼ 渡する~ (2, 0.1%)

1 ことに, を見

▼ 渡たしたる~ (2, 0.1%)

2 彼れ

▼ 渡って~ (2, 0.1%)

1 むなしく見世物小屋, 水の

▼ 渡つたやう~ (2, 0.1%)

1 に思ふ, に感ずる

▼ 渡つた冬~ (2, 0.1%)

1 の夜ふけ, の空

▼ 渡つた春~ (2, 0.1%)

1 の夕空, の空

▼ 渡つた樣子~ (2, 0.1%)

1 で稍, はない

▼ 渡つた水~ (2, 0.1%)

1 が流れ, のやう

▼ 渡つた秋空~ (2, 0.1%)

1 にはしらせ, の下

▼ 渡つた處~ (2, 0.1%)

1 でよしと扉, にうつ

▼ 渡つた蜘蛛~ (2, 0.1%)

2 の巣

▼ 渡つた頃~ (2, 0.1%)

1 である, は二百餘騎

▼ 渡つてそこ~ (2, 0.1%)

1 から汽車, に行く

▼ 渡つて六七町~ (2, 0.1%)

2 も行く

▼ 渡つて北~ (2, 0.1%)

2 へ北

▼ 渡つて北岸~ (2, 0.1%)

2 で見物

▼ 渡つて十町許~ (2, 0.1%)

2 りで大字川崎

▼ 渡つて右~ (2, 0.1%)

1 へ先斗町, へ曲る

▼ 渡つて地下六七寸~ (2, 0.1%)

2 乃至一尺

▼ 渡つて家々~ (2, 0.1%)

1 の屋根, の角

▼ 渡つて対岸~ (2, 0.1%)

1 の姫神, の朝鮮

▼ 渡つて彼女~ (2, 0.1%)

1 の生, の耳

▼ 渡つて東~ (2, 0.1%)

1 すると, へ入る

▼ 渡つて此方~ (2, 0.1%)

1 の岸, へ逃げ

▼ 渡つて深川~ (2, 0.1%)

1 へ廻つて, まで行つて

▼ 渡つて瓦町~ (2, 0.1%)

1 まで進入, を西

▼ 渡つて窓~ (2, 0.1%)

1 からバア, へ近づいた

▼ 渡つて自分~ (2, 0.1%)

1 の家, の絵具料

▼ 渡つて行つた~ (2, 0.1%)

1 といふお話, に違

▼ 渡つて行つたの~ (2, 0.1%)

1 である, を私

▼ 渡といふ~ (2, 0.1%)

1 一筋町を, 渡あり

▼ 渡なら~ (2, 0.1%)

2 方向は

▼ 渡にて~ (2, 0.1%)

1 崩れさせ玉, 渡り善光寺

▼ 渡ばかり~ (2, 0.1%)

1 ぢや, 青い眼ぶた

▼ 渡~ (2, 0.1%)

2 にや

▼ 渡をや~ (2, 0.1%)

2 ッて

▼ 渡~ (2, 0.1%)

1 受ケタル事件ハ第, 相受ケ候処昭和十三年八月四日東京刑事地方裁判所検事局ヨリ被告人妻ユリニ対シ右罰金

▼ 渡一海千餘里~ (2, 0.1%)

2 名曰瀚海

▼ 渡一海千餘里至末盧國有四千餘戸濱山海~ (2, 0.1%)

2 居草木茂盛

▼ 渡上手~ (2, 0.1%)

1 なもの, の掛引

▼ 渡~ (2, 0.1%)

1 して, の福田屋龍藏親分さん

▼ 渡不審~ (2, 0.1%)

1 の眉, を起した

▼ 渡~ (2, 0.1%)

2 節は

▼ 渡~ (2, 0.1%)

1 が錦絵, に頼ん

▼ 渡亭国貞~ (2, 0.1%)

1 の絵, は

▼ 渡~ (2, 0.1%)

1 がなけれ, なる土人

▼ 渡來之儀差免~ (2, 0.1%)

1 し, し候云々

▼ 渡來文化~ (2, 0.1%)

2 が渡來當時

▼ 渡來當時~ (2, 0.1%)

2 の姿

▼ 渡出し~ (2, 0.1%)

1 てくれません, て見せた

▼ 渡千駄木~ (2, 0.1%)

1 へ寄つて, へ寄らう

▼ 渡~ (2, 0.1%)

1 するもの, の御

▼ 渡唐天神~ (2, 0.1%)

1 の像, を論ずる

▼ 渡~ (2, 0.1%)

1 な事, な話しを

▼ 渡好い~ (2, 0.1%)

2 顏を

▼ 渡~ (2, 0.1%)

1 な議論, に考えた

▼ 渡左衛門尉~ (2, 0.1%)

1 と云う, を

▼ 渡~ (2, 0.1%)

1 にかかる, を引きました

▼ 渡手間どる~ (2, 0.1%)

2 ことが

▼ 渡拝借~ (2, 0.1%)

1 したい, して

▼ 渡~ (2, 0.1%)

1 に関しては他日, を車上

▼ 渡温泉~ (2, 0.1%)

1 に着き, まで行かう

▼ 渡~ (2, 0.1%)

1 して, というよう

▼ 渡~ (2, 0.1%)

2 述べて

▼ 渡~ (2, 0.1%)

1 はこの, 仕候所

▼ 渡~ (2, 0.1%)

1 まで御, まで御苦労

▼ 渡職人~ (2, 0.1%)

1 と附合, の風

▼ 渡~ (2, 0.1%)

1 の神瀬, の蜑

▼ 渡良瀬改修案~ (2, 0.1%)

1 の餌, をも加

▼ 渡良瀬沿岸~ (2, 0.1%)

1 の人民, の鉱毒地

▼ 渡草商人~ (2, 0.1%)

2 の仮

▼ 渡言っ~ (2, 0.1%)

1 ておく, て置いた

▼ 渡~ (2, 0.1%)

1 を云われ, を払つて

▼ 渡越した~ (2, 0.1%)

1 処で, 宿の

▼ 渡躊躇~ (2, 0.1%)

1 したけれども, したらしく立ち止まりながら

▼ 渡~ (2, 0.1%)

1 じまひ, を動かし

▼1* [798件]

あかい顔を, 渡てくれた, 渡いい気持に, 渡いたれば造作, 渡いやな顔, 渡うけたまわりますとなんだか, 渡うまい儲け仕事に, 渡おいそれと出來, 渡お伝えする, 渡お前さんに見, 渡お尋ねいたしますが, 渡お待ち写真がある, 渡お断り申して, 渡お礼に上る, 渡お辞儀をした, 渡かぎましたがやがて, 渡ぐさに俤, 渡ここで書いた, 渡この頃破門でという, 渡こりずまの, 渡これなく白, 渡ころんでいました, 渡さがすのに, 渡さる附最後の, 渡さんぢやない, 渡しか違わなかった, 渡しずかに, 渡しぶねというもの, 渡しまゐらせん, 渡そういう用には, 渡ぢろぎましたが直ぐに, 渡たち歸りに, 渡たづねて, 渡ためらったがやはり, 渡たれたものの雪がなかったら, 渡そうです, 渡だけに眼を, 渡へ, 渡つたあかつきにはヤグラ岳, 渡つたあとの二つ, 渡つたあはれさ兩親の目, 渡つたさうだ, 渡つたつて雷鳴樣だつて面食らつて, 渡つたときである, 渡つたらお前の馴染, 渡つたら幹がぐつと落, 渡つたサントメ乃ち奧縞に擬し, 渡つたドナウ河は濁, 渡つたノルウェイ人がそこ, 渡つた一面の光, 渡つた上その敏腕, 渡つた上幸ひ風, 渡つた上省線電車の来る, 渡つた不老長壽の靈藥, 渡つた二階建て長屋だ, 渡つた五十兩に未練, 渡つた京子は疲びれ, 渡つた人々のこと, 渡つた兵隊と海, 渡つた切りで幸, 渡つた刹那に出, 渡つた北国の木, 渡つた十月の空, 渡つた半鐘ゆゑであるとして, 渡つた南の空, 渡つた号令をかけ, 渡つた吊橋の方, 渡つた向うもやはり, 渡つた四季咲の石竹, 渡つた夏の大空, 渡つた夕暮れの, 渡つた夜の町, 渡つた夜男は姫君, 渡つた夜空が仄か, 渡つた大海の静か, 渡つた天氣である, 渡つた天狗黨の始末, 渡つた天空の藍, 渡つた太陽の一條, 渡つた小川が流れ, 渡つた小流からお前さん, 渡つた平八郎父子の手, 渡つた後に漸く, 渡つた御用聞に調べられ, 渡つた念仏のある, 渡つた悪魔が直ぐ, 渡つた支那のい, 渡つた方が近道, 渡つた日光のもと, 渡つた日曜日には貴族, 渡つた早春の富士山, 渡つた明月であつ, 渡つた星空の下, 渡つた昼下りであつ, 渡つた時代だつた, 渡つた時俄に黒い, 渡つた時彼は悚然, 渡つた時彼等が悲憤, 渡つた時海豚の群, 渡つた時馬に蹴られました, 渡つた晩ゼライイドは彼女, 渡つた朗らかな晩春, 渡つた朝であつ, 渡つた東岸にある, 渡つた正午だ, 渡つた武術でありますけれども, 渡つた母は舟, 渡つた水差しだと, 渡つた沈默が試驗場内, 渡つた沼の面, 渡つた湖を包ん, 渡つた瀬田の手, 渡つた炎天の下, 渡つた珍品などは太宰府ぎりで, 渡つた畫僧雪舟が大陸, 渡つた病的な神経, 渡つた痩地である, 渡つた發光動物であ, 渡つた皿ヶ峰は特殊, 渡つた真昼の空, 渡つた眸とが争, 渡つた知音の山伏, 渡つた石材を取り寄せ, 渡つた碧空へ散つ, 渡つた神だと, 渡つた米国青年士官の二人, 渡つた草原を一散, 渡つた落葉の森, 渡つた葫蘆科植物の一種, 渡つた街角にある, 渡つた詩人である, 渡つた詩的精神はスタンダアル, 渡つた話は聞きません, 渡つた辨天橋の上, 渡つた途中樟の老樹, 渡つた重みがその, 渡つた野口は同, 渡つた金高までを探り出し, 渡つた銅器がらす器, 渡つた際大きな蟻, 渡つた霞を透し, 渡つた静かな朝, 渡つた静寂に僅か, 渡つた面の上, 渡つた高麗橋を殆世, 渡つた麗かな瑠璃子, 渡つてあしやげ, 渡つてあちらの風習, 渡つていろいろ仕事をする, 渡つておいでになつたの, 渡つてお蔦を擧げ, 渡つてさへ行け, 渡つてしまつただらうか, 渡つてしまつたのである, 渡つてしまつて居り升, 渡つてその道は杉林, 渡つてのちその流れ, 渡つてみんな身持がよく, 渡つてやつの向側, 渡つてゆきむかふに, 渡つてイギリスへ再度, 渡つてエナ大学で名高い, 渡つてキリストの道, 渡つてサン・ヂャンの停車場, 渡つてドーミグラスといふ町, 渡つてフランスの芝居, 渡つてムウドンの繋船場, 渡つてローマ帝国へ黒海, 渡つて一人息子の宗次郎, 渡つて一寸行つて右に廻る, 渡つて一新する事, 渡つて一月の後, 渡つて一番奧にある, 渡つて一直線に単線電車, 渡つて七年僕は正直, 渡つて三十間堀のふち, 渡つて三千代の所, 渡つて三百の會衆, 渡つて上方の直線, 渡つて上野の暮れ六つ, 渡つて下へ飛降りました, 渡つて下手な鳴きやう, 渡つて不自由の中, 渡つて並木路づたひに上流へ歩み乍ら市街, 渡つて中目黒の方, 渡つて久しぶりに青い, 渡つて九州に奔, 渡つて了へば橋, 渡つて二つをつなぐ, 渡つて二人の娘, 渡つて二十有餘年の間, 渡つて二階へ這, 渡つて交番のそば, 渡つて人殺しに行つた, 渡つて人間の村, 渡つて仁王門を出る, 渡つて仄暗い谷底, 渡つて今でも其處, 渡つて今度は多分, 渡つて今朝は殆ど, 渡つて伊庭は駅, 渡つて伯父夫婦を見舞, 渡つて何処かへ見えなく, 渡つて何處かへ行, 渡つて停車場近くへ出た, 渡つて八つ小路へ差, 渡つて八丁堀の笹野新三郎役宅, 渡つて六七年以前の事, 渡つて其から又, 渡つて其塊の上, 渡つて其川口の内野, 渡つて其片端は口, 渡つて内地へ来, 渡つて内平野町の米店, 渡つて函館の貧しい, 渡つて初夏の空気, 渡つて勢力を得る, 渡つて北方支那に向, 渡つて十三になる, 渡つて千之助さん, 渡つて千曲川に沿う, 渡つて南新堀へ入る, 渡つて去年も今日, 渡つて参つた, 渡つて向うで世帯, 渡つて向う側の路地, 渡つて向島へ來, 渡つて向方の稲むら, 渡つて哈爾賓に著い, 渡つて国道らしい舗装, 渡つて國道らしい舖裝, 渡つて地上に置き, 渡つて地図の示す, 渡つて地獄極樂, 渡つて堺の町, 渡つて夕方になつて歸, 渡つて外国の名優, 渡つて多くの木挽き等, 渡つて夜に入, 渡つて大な材木堀, 渡つて大川の上手, 渡つて大橋を渡つて祇園, 渡つて天の御殿, 渡つて天主のため, 渡つて天窓から入り, 渡つて失礼しました, 渡つて奥の院にま, 渡つて女買ひに, 渡つて子供でも入れます, 渡つて子供たちも起き, 渡つて学問をし, 渡つて安蘇山都賀山の裾, 渡つて家に歸, 渡つて家並ばかりが黒く, 渡つて家路に急ぐ, 渡つて宿房へ飛込む, 渡つて對岸へ路はつ, 渡つて小川町に突進, 渡つて小石川の坂, 渡つて岔水君徃訪さらに黎君徃訪, 渡つて岸近くの島, 渡つて島の畝, 渡つて巖路を一轉囘, 渡つて川向うの土手, 渡つて川岸つぷち, 渡つて川沿ひの, 渡つて左右から濁水, 渡つて左手へ消える, 渡つて左折近衞公, 渡つて己斐の国道, 渡つて帰つて来て, 渡つて常陸の信太郡, 渡つて平壌の行長, 渡つて平安朝頃迄盛, 渡つて座敷の果, 渡つて庭の奥, 渡つて往つた, 渡つて後ろを振り向く, 渡つて慈恩寺の塔, 渡つて戸を明ける, 渡つて拾ひ読み, 渡つて播磨の國, 渡つて支那の真ん中, 渡つて放送局では三河國蓬莱寺山, 渡つて旅をした, 渡つて日下驛につき加茂驛, 渡つて日本人を誘惑, 渡つて日比谷公園の方, 渡つて日頃目について居た, 渡つて昨夜會面した諸君, 渡つて最後にそれ, 渡つて木村さんを訪ねる, 渡つて木立の中, 渡つて未知の山水, 渡つて杉垣にはさまれた, 渡つて来朝した記載, 渡つて東兩國の軒, 渡つて東漸しはじめた一五三〇年, 渡つて松江に着く, 渡つて林を越え, 渡つて柱や棟木, 渡つて桟橋へ降り, 渡つて森を通り拔, 渡つて森下へ行つて, 渡つて橋となり, 渡つて歌ヶ濱に行く, 渡つて此處へ來, 渡つて歸つて行く鳥, 渡つて歸參の日, 渡つて母を連れ戻し, 渡つて毎夜お詣り, 渡つて氣早の若者, 渡つて水に沿, 渡つて水門から入る, 渡つて汽車に乗り込んだ, 渡つて沖の大蛇灘, 渡つて河中に到りました, 渡つて河岸に沿うた, 渡つて泌み入り悪業, 渡つて注文をとる, 渡つて洲本へ上つた, 渡つて活動街へ, 渡つて海賊銀太の艀舟, 渡つて清里駅に着く, 渡つて演奏会を開いた, 渡つて灯影まだら, 渡つて烏森の方, 渡つて父の室, 渡つて牛の草喰, 渡つて牧童の仲間入り, 渡つて物干場から潜り, 渡つて猛烈な追撃, 渡つて現場を散々, 渡つて生々の気, 渡つて田口の停車場, 渡つて町の中, 渡つて病院の官宅, 渡つて百濟の池, 渡つて目白台の坂, 渡つて相生町にか, 渡つて真亀の部落, 渡つて真直な道, 渡つて石段をのぼりだしました, 渡つて研究者の発表, 渡つて祇園の社, 渡つて祖国を離れ, 渡つて祖父の死んだ, 渡つて私どもの側, 渡つて稽古をし, 渡つて築地へ拔, 渡つて築山の亭, 渡つて米吉の部屋, 渡つて紫深く黝ん, 渡つて翌朝までにまた, 渡つて聖書の出版, 渡つて肥前國温泉岳までか, 渡つて胸に留つた別, 渡つて腹ん這, 渡つて自家へ歸つて湯, 渡つて船で教つた, 渡つて芝區へ這入る, 渡つて芹澤といふ所, 渡つて苫の中, 渡つて茶室へやつ, 渡つて菊屋に行き, 渡つて虚空は鳴動, 渡つて行ききんが小学校, 渡つて行き舟の上, 渡つて行つた少年の日, 渡つて行つた島分教場であつ, 渡つて行乞しはじめたら前, 渡つて見聞したこと, 渡つて見舞に行つた當時, 渡つて見覚えの発電所, 渡つて買ひに, 渡つて買つて來なければ, 渡つて貿易業を始めた, 渡つて足腰の立たない, 渡つて身辺に大した, 渡つて車は病院, 渡つて辰巳の風, 渡つて農家の庭さき, 渡つて近年白糠に來, 渡つて逢引して, 渡つて避難した, 渡つて郊外のサンタ, 渡つて野が緑, 渡つて金剛寺坂を上つた, 渡つて針葉樹の木立, 渡つて鉄扇の門下, 渡つて銀座の通り, 渡つて長崎商人となつ, 渡つて附箋をつけ, 渡つて陰謀の首領大塩平八郎, 渡つて随いて, 渡つて隣の路地, 渡つて難波の停車場, 渡つて雨がはら, 渡つて雨上りの秋空, 渡つて雪にも紛, 渡つて霞日に蒸す, 渡つて霧降の, 渡つて青物町へ入らう, 渡つて靜かに然, 渡つて頭の中, 渡つて香春へ向い, 渡つて駒形まで飛ん, 渡つて鳥居の前, 渡つて鴨川傳ひを, 渡つて鴫打ちの場所, 渡つて鶴吉の裏口, 渡つて鹿島へ参詣, 渡つて黄な波, 渡つて黒煙が一寸先, 渡つて龜澤町へ一氣, 渡てこの手紙, 渡でございますが田舎, 渡ですか, 渡ではないか, 渡といへるが, 渡という芝居に, 渡とか鈴本とか, 渡とかの要地には, 渡とでもしましょうか, 渡とは便所で, 渡どきりとした様子, 渡どこかへ置いた, 渡などしたが, 渡などが多くの, 渡などと殆ん, 渡などという名が, 渡などは逆に, 渡なりともかへり, 渡なるを何とて, 渡なんのこと, 渡において惨敗を, 渡にかけて千住辺りまでの, 渡にはそれ等の, 渡によつて急に, 渡に対して持って, 渡びっくりせざるを, 渡ふむきですね, 渡ぶつかったので損害, 渡ゐりました, 渡まごツき, 渡づはしの渡, 渡むづかしからん大通り近くまで, 渡もう鳥渡, 渡もち直したかたち, 渡ものをお尋ね, 渡やすめに来, 渡よい飛石に, 渡らしい底の, 渡らむとするに拠を失ふ, 渡りこしかな, 渡わたりて隅田村, 渡多分オレバカリシタガ, 渡シタ故右, 渡シタガ今晩参ッテキット連レテ来ルト云ウカラ, 渡シタラ姉ガ此上ハ改心シロトイウカラオレガ此上改心ハ出来マセヌ気ガ違イハセヌトイッタラ精一ガ御尤モダガ御身, 渡シマスト云ッテ渡シタラ姉ガ此上ハ改心シロトイウカラオレガ此上改心ハ出来マセヌ気ガ違イハセヌトイッタラ精一ガ御尤モダガ御身, 渡シ其後九郎兵衛請取コノ人耕作勝手ニ付宮本ヨリ十町バカリ下ヘ罷, 渡シ場ノ船頭サンカラ, 渡故行列ハ進マズ, 渡ッテワザト彼女ニ見エルヨウニ彼女, 渡テレたらしく, 渡又水, 渡リ来テ其家近ク成タルガ如シトヨメル歟, 渡ルトキハ即チ討ツ, 渡一息つきまして, 渡一派を弾劾, 渡一海千餘里至對馬國其大官曰卑狗副曰卑奴母離, 渡一種の憤激, 渡一走り御免を蒙りまし, 渡三条通より室町通, 渡機嫌に, 渡不安そうに女, 渡不思議なよう, 渡不服そうに見えた, 渡の湯方面, 渡中座されたので, 渡乃ちポンテ・ヴェッキオと名, 渡争論になった, 渡事件を解釈, 渡事務所の方, 渡二の句がつげなかった, 渡云い出し悪くかった, 渡亜米利加まで行っ, 渡亭国貞あたりの錦絵, 渡亭国貞風景画の一立斎広重, 渡人好きはよく, 渡めいた女, 渡仏中のこと, 渡仏前に観た, 渡以來の新, 渡休んで行かう, 渡会津征伐等猫の眼, 渡会郡安部川原に川原神社, 渡伺いますが先週, 渡低いが三千メートル上, 渡使ひに, 渡來せんとする, 渡來之異船而已, 渡來之アメリカ船又は長崎, 渡來以後の肖像畫, 渡來以後邦人の身體, 渡來可致候筒井肥前守川路左衞門尉も速, 渡來後遙に後, 渡來民族だらう, 渡來海外文明の伸展, 渡來物だが, 渡來直後に於ける, 渡來者の對立, 渡來致すべきやも難, 渡來迄は下田表御用相勵, 渡便所を拝借, 渡に付, 渡候事少シモ支無御座候, 渡候事出来兼候よし其外, 渡候尤此程及御答置候通魯西亞人渡來迄は下田表御用相勵, 渡候旨督事官吉左衛門殿造酒之丞殿, 渡候樣前以御申上置可, 渡候間御談申候, 渡停まったように, 渡傾き出している, 渡から目, 渡僕達には面白い, 渡の周旋, 渡六ヶ敷いんだけれど, 渡其の手拭を, 渡其処まで行きます, 渡其方へ注意, 渡具合がわるい, 渡内密に聞きたい, 渡冒険的な面白い, 渡凄味のある, 渡て来た, 渡出ないからだ, 渡分らんところも, 渡判らない場所な, 渡判らぬのであった, 渡利分は高利, 渡動かなくなったが間もなく, 渡医科大学教授医学博士坪井次郎農科大学助教授長岡宗好医科大学助教授入沢達吉等, 渡可愛らしい眼鼻立で, 渡台笠へ障っ, 渡吃驚して, 渡合うほどのこと, 渡合ったけれども五左衛門, 渡名主どんの所, 渡向うを見, 渡れわれ, 渡周囲から切り離された, 渡唐僧や歸化僧, 渡唐船を見送つた, 渡商用で函館, 渡問題になっ, 渡喫驚したよう, 渡嗅いで見, 渡を吐い, 渡嘲笑うように, 渡因果噺めくけれども, 渡困りましたが又, 渡図一幀巣兆樗良蜀山素檗乙二等の自, 渡図面を描い, 渡の娼家, 渡変えねばならぬ, 渡へ出, 渡失敬して, 渡失礼します, 渡失策った事, 渡奇異の思い, 渡怒, 渡好奇心を起しまし, 渡姿を見せ, 渡姿勢を整, 渡守りの姿, 渡守りみてえな, 渡寄せて下さい, 渡寄って見た, 渡へ走る, 渡寺とい古刹もある, 渡小屋の前, 渡の山の端あたり, 渡を締め直し, 渡帰って来, 渡帳面を持っ, 渡常識以上の人体解剖, 渡平海北九十五國王道融泰廓土遐畿累葉朝宗不愆于歳, 渡河, 渡の売物, 渡廊釣殿梅の壺, 渡延子の方, 渡って見, 渡待たしたといっ, 渡待ち給え, 渡後隋の統一, 渡忘れて課長, 渡思い浮ばなかったので, 渡急所に觸, 渡を着, 渡をついで, 渡悪魔のよう, 渡悲しく感じた, 渡愉快だった, 渡意外に思った, 渡感心だね, 渡慄然としない, 渡憐れむように, 渡懸けたが忽ち, 渡我々の頭, 渡る事, 渡手軽にはゆくまい, 渡承諾の契約書, 渡拝見したいの, 渡持つて行き, 渡捨てかねる風でも, 渡据えるところに, 渡掘じくってみよう, 渡掛けた橋の, 渡揚子江の詩, 渡支八月田端に歸, 渡支帰朝土産の絵画, 渡支致しました, 渡へて貰つた通り, 渡教えて下さい, 渡敵弾にかすられた, 渡断って置きたい, 渡之儀, 渡旁此度罷越度候間, 渡して, 渡日本へ皈, 渡日父と共に, 渡と共に近代先覚者, 渡普通の人, 渡を貰っ, 渡書きましたなあ, 渡月橋上下六町の間, 渡月橋辺の昔, 渡に遭遇, 渡本気にしませんでした, 渡果てようとした, 渡果てると富貴竈, 渡のとこ, 渡検めても, 渡は己, 渡をもつ, 渡権現においても昔蛇体, 渡向いて, 渡櫓築地西本願寺本堂浅草蔵前閻魔堂本所霊山寺本堂が壊れ, 渡欧せんと決心, 渡欧費は全部, 渡歐前に自由學園, 渡歐迄には間, 渡歐送別會の席上, 渡止場まででも, 渡毀れたと言っ, 渡毛色の異, 渡氏留守居は佃杢氏, 渡気色ばんだが直ぐ, 渡看花, 渡水復渡水看花, 渡注意して, 渡とその, 渡派弾劾の連判書, 渡したから, 渡満前から内々苦心, 渡無電室を出, 渡燈火を貸し給え, 渡物騒だからな, 渡狼狽の色, 渡猫ヶ瀬等から川, 渡甘えるやうに, 渡用達しに行く, 渡甲板の燈, 渡番小屋にペンキ塗, 渡異常な動揺, 渡の夕立, 渡疑いをもった, 渡に障った, 渡白波は動めど, 渡皮肉な質問, 渡直助には解らなかった, 渡相成に付, 渡真剣な色, 渡着物を着替えます, 渡知っている, 渡知ってる奴な, 渡研究の仕, 渡神社の御, 渡の去年, 渡窓外の景色, 渡立ち寄って私, 渡立ち寄つてその住まひ, 渡立腹した, 渡竹木は一本, 渡笑つたといふ, 渡経蔵を見, 渡置事候処速, 渡置候処此程本島南岸に別, 渡置候処自身の計, 渡義憤を感じた, 渡振の, 渡考へて, 渡聞いた計りで, 渡聞候事故今日四ツ時に彼是, 渡聴くが光弾, 渡を聳やかしたくなる, 渡を浮かしかけた, 渡臺所の方, 渡舟一艘さえあれ, 渡舟口はこんな, 渡舟小屋の側, 渡舟待ちの前, 渡舟鈴鹿山の難路, 渡舟頼みに来る, 渡良瀬村の雲龍寺, 渡良瀬村字早川田, 渡良瀬河の水源, 渡良瀬河ニ奔下シテ沿岸其害ヲ被, 渡良瀬河原にて主従, 渡良瀬河畔に父老, 渡良瀬沿岸三郡の中, 渡良瀬沿岸何十里が放っ, 渡良瀬沿岸地方と同じ, 渡良瀬沿岸被害の原因, 渡英中の皇太子さま, 渡英雄的に手, 渡に申, 渡をあけ, 渡を入れた, 渡行かなければなりません, 渡行かんすべも, 渡行免状をもらった, 渡行出来ようで是非一度, 渡成候事に, 渡解せないのだ, 渡解決しませんぜ, 渡解説をし, 渡触れたいと思う, 渡ひ当てられたやう, 渡言つて置いたやう, 渡訊きましたらやはり一酸化炭素, 渡訊ねて見ませう, 渡詩人なん, 渡したい事, 渡誑されたような, 渡を始めた, 渡説明の出来ぬ, 渡買物に寄りました, 渡踏めるような, 渡かつた, 渡行つた, 渡返して館, 渡述べて置こう, 渡述べた通り半紙五枚に, 渡途絶えた世離れた静かな, 渡めかして, 渡逢って帰国, 渡遊びにいらっしった, 渡道前秋田の半農半漁, 渡道後は大, 渡道後四代初代は石川県人, 渡は人里, 渡を挾ん, 渡郡田子の浦在駿河不二郎, 渡重荷なので, 渡鈴本齋藤阪西達だと, 渡銭三回で三十銭, 渡錢丈け殘, 渡鏡島など長良川, 渡鐐之助を自ら最近, 渡鐐通達の村会議員, 渡長吉の顔, 渡開いて見た, 渡降りて来, 渡降りた所に, 渡に會, 渡電話口まで出, 渡電車が杜, 渡青笹の字中沢, 渡面倒なもの, 渡面白うがすから, 渡韓三軍の指揮, 渡韓費を調え, 渡を繰っ, 渡頂上へ行っ, 渡とでもっ, 渡頭守の味方, 渡頭船を呼ぶ, 渡顔色を変えた, 渡風変りな奇妙, 渡風流だな, 渡食い込んだように, 渡を傾けた, 渡驚いたようだった, 渡高価なもの, 渡の目鷹