青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「済む~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~混乱 混乱~ 混雑~ ~添 添~ ~添え 添え~ 清~ 清水~ ~済む
済む~
~済んだ 渠~ 渡~ ~渡し 渡し~ ~渡した ~渡っ 渡っ~ 渡り~ ~渡る

「済む~」 1524, 16ppm, 6891位

▼ 済む~ (619, 40.6%)

18 思うか 16 今度は 10 彼は 9 私は 7 彼女は 5 すぐに, 思って 4 彼等は 3 クリストフは, 云ふ, 室の, 思うの, 思ったの, 直ぐに, 私達は, 聴衆の

2 [23件] いう, お国, お銀様, こんどは, すること, その人, またひっそり, また別, わたしは, 一緒に, 主人は, 二人は, 佐々木俊一の, 何か, 先生は, 奥の, 家を, 寺尾は, 後は, 支店勤務の, 狐が, 老人は, 豹一は

1 [475件] あたりに, あとから, いいの, いうが, いうものの, いそいで, いつそう, いつもあの, いつも皆, いつも部屋, いよいよ皆, いよいよ黒吉, うるさくお, おなじみの, おのれは, お君, お母様は, お源, お滝, お隣の, お雪, ぐったり, こう切り出した, このあいだ, この母, さあその, しかし悠長, すぐ俺, すぐ別々, すぐ大きな, すぐ寝, すぐ帰っ, すぐ眠く, すぐ車, すぐ連れられ, すぐ鏑木, すばらしい好景気, すれば, そのあたり, その一本毎, その二葉, その前, その家, その山鳥, その晩, その花, その雄性, それから主客, それぞれの, それぞれ海外へ, ただちに係り, たちまち灯, たった一つ, たまらない思い, だんだん益さん, ちょっとした芝居一くさり, つづいて, でも思つて, どっと店, どんな人, なお今一度, なに思った, ねちねちした, はじめて外出, またすぐ, またそれ, またほか, またもや婉然, また一しきり, また上の, また十余人, また少し, また暢気, また皆, また緊張, また良寛さん, また静か, まだ一時, まだ文句, まだ麻酔, まもなく太平洋戦争, まもなく数条, みな刷り物と, みんなし, みんなで, みんなは, みんなテラスへ, もうゆっくりし, もうチョコレート, もうノコノコと, もう一度いつもの, もう何, もう夕食, もう帰っ, もう誰, もう顔, やがて一人, やがて追いかけ, やがて鋸挽, やがて隣席, アルカージイが, イツヘイツヘイツヘイツヘといふ, エヘンと, オボヤーニに, ガラリと, ゲイシャ達が, サッサと, サラリサラリと, シンデレラは, セルギウスは, ゼラール中尉は, ソロリソロリと, ドンドンと, ニューグリルへ, ノコノコと, ノズドゥリョフは, ハアハアと, フラリと, ブライアンは, ベーカー夫人が, ベーカー夫人と, ポチも, マッチの, マネージャーが, ママの, メルキオルも, モウ矢も, ルパンへ, 一しょに, 一人は, 一人一人街の, 一時か, 一時間の, 一服の, 一柳斎が, 一段落である, 一週間も, 一風呂浴び, 七時レインボグリルの, 七福神が, 三つには, 三人とも, 三人の, 三好入道は, 三幕目だ, 三度意外な, 三拍子の, 上半身を, 上森健一郎来る, 上陸させられる, 下がって, 下女は, 与次郎は, 両手で, 両手を, 並みいる人たち, 中山晋平の, 中野実を, 主人なり, 主婦さんは, 主膳が, 云う事, 五六度幕を, 五分間演説が, 井上は, 交る, 京都へ, 人々は, 人間は, 今不足を, 他の, 仙人の, 伊原青々園の, 伊都子は, 住職は, 佐佐は, 何と, 何にも, 何もかも莫迦, 何処かへ, 何時もの, 余所行きに, 余興を, 例の, 僧は, 先に, 先を, 先生方が, 児玉は, 入浴, 八ツ半から, 六時で, 共にこの, 円太郎馬車は, 再び私語, 出かけられるので, 初めて地主, 別室へ, 力彌, 医師は, 医者は, 十一時に, 半七, 博士は, 厠の, 又五郎が, 取り避けるもの, 右の, 各科目, 同時に卓二, 同時に夕暮れ近く, 同時に女房, 同時に立ち上っ, 同時に船, 同月三十一日宇品港から, 呉一郎は, 和尚は, 啓吉は, 嘗て父, 四人は, 国目付は, 埴生と, 基督はい, 堀井と, 外の, 外廊に, 夜間療養所という, 夜露で, 大体房枝の, 大直日, 天幕に, 夫では, 夫を, 奥州の, 奥方の, 女の子が, 女は, 女房を, 女賊は, 妹たちは, 娘の, 娘は, 子供の, 家に, 宿の, 富岡は, 富江は, 寺の, 将校連は, 小唄を, 小川町どおりから, 小間使は, 少し身体, 尾崎氏は, 屏風の, 岩の, 差引四週間分だけは, 帆村たちは, 席は, 帰って, 帰りかける者, 幕が, 店の, 座を, 座敷は, 座敷を, 庭へ, 式は, 待ち構えて, 後々の, 後から, 後で御膳, 御仙, 復た, 快談猥談数刻, 忽ち灯, 忽ち身, 思いながら, 思います, 思いますか, 思うかよ, 思うかネ, 思うて, 思うと, 思う人, 思う分, 思つて底辺の, 思ふ, 思ふか, 思ふが, 思ふの, 思ふ分, 急に, 怪しげな, 愈停止器, 手紙, 持って, 按摩を, 探訪員は, 政府は, 文芸部連七名で, 新しい卸し, 新吉は, 新聞の, 旋風の, 日本では, 早くも, 早速咽喉, 早速訪問, 早速調理, 昌作は, 明智は, 是から, 時を, 時計を, 更に風呂敷包, 書き捨ての, 最う行燈, 最後に, 朝日ビル地下の, 朝飯に, 本田さんも, 来賓は, 東喜代駒来り, 東発近くの, 柚木与市と, 柳小路の, 桜痴居士は, 植字工は, 植物だ, 検校は, 横笛を, 欠伸を, 次ので, 次の間で, 次の間の, 次は, 死体は, 死骸の, 殿下は, 母は, 毎日の, 氏は, 気に, 浪の, 浮いた浮いたと, 浮彫に, 涼しい落葉松林, 淡路は, 深閑と, 満蔵, 灯は, 灯台の, 灯心を, 煙草を, 父は, 片原で, 片頬, 狭い出入口, 狭く咽喉, 猿蟹合戦といつた類ひ, 玄知は, 現に族長, 甚三郎は, 田舎出の, 男の, 白井誠三郎ツカツカ葉之, 百姓どもが, 盛んな, 監督の, 目釘に, 直ぐから, 直ぐに倚, 直ぐに死体, 直ぐマルガリイダ, 直ぐ八人, 直ぐ切り出した, 直ぐ吐出し, 直ぐ嬢様, 直ぐ小石川駕籠町, 直ぐ帰つた, 直ぐ帰る, 直ぐ床, 直ぐ御, 直ぐ渋峠, 直ぐ矢, 直ちに水交社, 直ちに洋服, 直に根岸, 直に歩き出す, 直に諸, 相変らず, 眼の, 瞼を, 硯を, 神は, 神尾は, 秀吉は, 私の, 空の, 窓ぎわの, 窪田は, 立ち上って, 立見君と, 笹村は, 筆入や, 箸も, 紅茶の, 給仕は, 緩, 練吉は, 翌朝ポオル叔父さんは, 老グロリアナ姫, 能勢弁護人は, 能登守は, 脱兎何のそのという, 膝の, 自分の, 舞台で, 良人は, 花穂が, 荷物片付け洋服着, 菓子折を, 葛西氏は, 蓮の, 藤山一郎と, 虎は, 表沙汰に, 見物席に, 親方にも, 話が, 話は, 警官達は, 豚吉と, 豚汁と, 豹吉は, 赤い盃, 車で, 載せた顎, 逸早く押しかけ, 運動場へ, 道具は, 部屋に, 部屋を, 部屋全体を, 金田医師は, 鉄瓶の, 銀子は, 鏡の, 長屋の, 間もなく二階, 間もなく今度, 間もなく公爵夫人, 間もなく帰っ, 間もなく母, 間もなく詩人, 閭が, 阿父さん, 阿部金剛来訪森永で, 雑談に, 青木が, 青木さんは, 青竜王は, 静かな, 静かに, 静子は, 順番に, 頑丈な, 飛ぶよう, 食べ残り, 香ばしいお茶, 鬚男が, 鰻丼が, 黙々として, ,人は

▼ 済む~ (158, 10.4%)

16 だ, である 14 を待っ 9 だから 6 であるが, です, ですが 5 だと 4 だが 3 であったが, を待つ, 済まないの 2 だった, であった, であります, ですから, なら世の中

1 [57件] か, かえ, かと咏嘆, かな, かなあ, が待ち遠しかっ, が殊更, じゃあない, じゃ連れ添う, だけれども, だという, だよ, だろうか, だ義務, でありそうした, でありましょう, であるから, であるし, であろう, でございましょう, でございます, でございますか, でござる, でした, でしたが, でしょう, ですか, ですけれども, ですな, でもあった, と同時に, ならそれに, にかかわらず, にここ, にわざと, に二つ, に作つた, に反し, はよほど, は他, は分り切った, は単に, は妙, は明年, ばかり待っ, もつまり, や, をあそこ, をいつも, を三ツ四ツ一度, を待ちかね, を待ちました, を待ち兼ね, を待兼, を機会, を見とどけ, を見届け

▼ 済むこと~ (78, 5.1%)

8 では 53 だから, だと, である, なん, になった 2 じゃない, だし, なの, なら, なら聞いて

1 [40件] あきらめて, かも知れない, か分り, か前, が, ができない, が三倍, が大いに, さ, したがって貨物, じゃありません, じゃア, だが, だけを任され, だった, だろう, だろうか, であろうと, でございます, でしたら是非, ですが, です私, でわざわざ, で後, ならお, ならこつちから三百ルウブル, ならって, なら何と, なら何とか, なら僕, になる, になるであろう, にはなる, は稀, もあった, もあるだろう, をその, をむしろ, をわざわざ, を言っ

▼ 済むよう~ (68, 4.5%)

7 にし 5 なもの 4 になった 3 になる 2 にする

1 [47件] でしたら若旦那, とばかり心掛け, と気に入らぬ, なこと, なこの, なものの, なもん, な下宿, な世の中, な口実, な或いは, な手合, な済まない, な訳, な軽い, な部屋, にお話, にさえし, にさせ, にした, にしたい, にしてやろう, にすこし, にちゃんと, にとの親切, にと足音, になり, になりし, になるでしょう, になるでせう, には行く, にわし, に一, に出来, に取計らい給え, に垣根, に始末, に小野さん, に広告, に思った, に杖, に東京, に此処, に自分, に自分自身, に覚え, に順序よく

▼ 済むもの~ (51, 3.3%)

4 では 3 だと 2 か, ならば

1 [40件] か斯ん, か済まない, が其時, が許多, じゃア, だからなあ, だなんて, だよ, である, であるならば, であろうか, です, ですか, と彼, と心得, と思っ, と思われ, と高, ならたぶん, ならなるべく, ならまだ, なら浪風, なれば, はその, までも焼ける, もある, もあるらしい, やら二, やら見当, を, をと当時, をと思っ, をまつたく, をアイヌ, を五つ, を宿屋, を恨み, を旅先, を虎, を醤油

▼ 済むまで~ (42, 2.8%)

2 私が

1 [40件] お前も, お聞かせ下さい, お貸し, させるの, そいつを, そこから, その問題, ちょっとお待ち, です, むっつり黙り込んだ, めったに首, 仙台に, 例の, 入牢を, 内金を, 反撥し, 妹の, 娘が, 娘は, 居て, 待った, 待ってなど, 待つより, 忙しくッ, 怒鳴り続ける必要, 泣き明かして, 無邪気に, 私達は, 続くもの, 自分も, 舞台の, 苦しめられた, 見て, 見張りを, 見詰める気, 解剖した, 誰も, 謝罪って, 貴公の, 貴方に

▼ 済む~ (37, 2.4%)

75 だから 4 だが 2 だよ

1 [19件] じゃない, だあ, だからな, だからね, だけれども, だったろう, だね, だらう, でございますお, でしょうから, でしょうが, でしょう貸すという, ですか, ですかい, ですから, ですからさ, ですもの, ですよ, ならね

▼ 済む~ (32, 2.1%)

3 なの 2

1 [27件] あきらめて, が腑, じゃがそれでは, だ, だから, だし, だなどと, だらうから, である, と存候, ならば, ならイヤ, なら大した, なら済ませたいやう, なら自分, になった, になる, のため, もあり, も出来る, やっては, を, をいろ, をさも, をイヤ, を三十一文字, を毎年

▼ 済むまでは~ (26, 1.7%)

2 貴女が

1 [24件] これでも, ただワイワイ, どうする, どうぞ其処, どうぞ私, わざと遠慮, 一指も, 二人で, 今しばらく, 何時までも, 倒れないぞと, 動けませんし, 厳冬も, 叔父さんの, 外へ, 往来の, 御輿が, 東京へ, 気も, 沖がかりに, 現場に, 男を, 禁酒し, 縦令永年

▼ 済む~ (24, 1.6%)

4 済まないうち 3 済まぬか

1 [17件] え, えヤイ, お役人, この野郎, べらぼうめ実に, またはもっと, 今の, 山にもナ, 殊に面部, 汝も, 済まないかに, 済まないかを, 済まないのに, 済まぬかと, 済まぬに, 無礼至極な, 貴方では

▼ 済むわけ~ (24, 1.6%)

10 のもの 2 がない, だ, は無い 1 じゃありません, だから, だつた, である, でしょう, でへッ, で私, にはいかなかった

▼ 済む~ (23, 1.5%)

2 早いか

1 [21件] いやしくもこの, お前のは, ごとく考えて, だ, わしら百姓に, 切り抜かれちゃ, 否や, 問題が, 夏向き客商売の, 女が, 少しでも, 少しの, 年を, 当事者は, 栄介は, 武者修行は, 武蔵の, 永い期間, 済まないの, 第二幕目, 英語の

▼ 済むという~ (23, 1.5%)

4 ものだ 2 ことは, のは

1 [15件] ところから, のさ, ふうの, ものじゃ, ものです, ものでなく, ような, わけだ, 可能性が, 安心に, 年頃で, 手続を, 消極的の, 理由も, 風に

▼ 済むかも~ (18, 1.2%)

4 知れない 3 知れないが 2 しれない, 知れぬ 1 しれないが, わからない, 知れないから, 知れないともかく, 知れないの, 知れぬが, 知れねえが

▼ 済む~ (18, 1.2%)

5 がない 2 である

1 [11件] がありません, だ, だけれども, だった, だなど, だよ, では, なん, はありません, はない, はなく

▼ 済むから~ (15, 1.0%)

2 である

1 [13件] いい, いっしょに, かえって御し, この石, これは, その時分, だ, 今の, 便利だ, 便利である, 持ったもん, 此処は, 然うし

▼ 済む~ (13, 0.9%)

1 [13件] おれも, だんだん掛金, わたしたちも, わたしどもも, グージャールみたいな, 家の, 待遇から, 恋愛結婚の, 気に入った絵, 気楽だろう, 祖先に対しても, 自分の, 財界や

▼ 済む~ (12, 0.8%)

3 になる 1 かと油断, から始まる, から花, にはすっかり, にはどうやら, にはもう, には夜, に婆さん, はやがて

▼ 済む~ (10, 0.7%)

5 済まないも 3 済まぬも 2 済まねえも

▼ 済むはず~ (9, 0.6%)

3 はない 1 がありません, がない, であった, であるのに, の言葉, はありません

▼ 済む~ (9, 0.6%)

32 のもの 1 がない, で桜, なん, の者

▼ 済むところ~ (6, 0.4%)

1 を, をなんで, をわざと, を三倍, を心, を社会奉仕

▼ 済むやう~ (6, 0.4%)

1 と島の内, な一つ, に, になつ, に局外, に強い

▼ 済むかと~ (5, 0.3%)

1 思えば, 思ったが, 思って, 思われますね, 箒を

▼ 済むからと~ (5, 0.3%)

1 あれほど, いうんで, いって, 彼は, 頼みに

▼ 済む~ (5, 0.3%)

2 否や 1 さて博士, 済まずに, 酒を

▼ 済む~ (5, 0.3%)

1 だ, でもなかっ, のよう, は用いぬ, もあれ

▼ 済むけれども~ (4, 0.3%)

1 それでは此一語, 価値の, 厠に, 平常が

▼ 済むころ~ (4, 0.3%)

1 から風, であるが, にはかしら, にはよく

▼ 済む場合~ (4, 0.3%)

1 か, である, もある, もあるであろう

▼ 済むけれど~ (3, 0.2%)

1 江戸育ちの, 済まないの, 若しも今日以前

▼ 済むじゃ~ (3, 0.2%)

2 ないか 1 アない

▼ 済むそう~ (3, 0.2%)

1 だ, です, は思われない

▼ 済む~ (3, 0.2%)

1 せう, 暫くは, 舞台裏へ

▼ 済むなり~ (3, 0.2%)

1 すぐ製作室, その特別, まことによき

▼ 済むほど~ (3, 0.2%)

1 こまごまと, 小さい問題, 謝りさ

▼ 済むくらい~ (2, 0.1%)

1 ならはじめ, なら何

▼ 済む~ (2, 0.1%)

1 え, え前橋

▼ 済むだけ~ (2, 0.1%)

1 ならまだ, 殴つて

▼ 済むだけの~ (2, 0.1%)

1 ことな, 距離でした

▼ 済むとしても~ (2, 0.1%)

1 その関係, 妻は

▼ 済むとも~ (2, 0.1%)

1 思ったけれども, 見当が

▼ 済むのに~ (2, 0.1%)

1 この演説, 気長に

▼ 済むまでには~ (2, 0.1%)

1 ずいぶん永い, 私は

▼ 済む~ (2, 0.1%)

1 だ, を我邦

▼ 済む問題~ (2, 0.1%)

1 でない第, ではなく

▼ 済む場所~ (2, 0.1%)

1 たあ, をという

▼ 済む工夫~ (2, 0.1%)

1 をしたら, をと云う

▼ 済む~ (2, 0.1%)

2 てけつかん

▼ 済む~ (2, 0.1%)

1 で受けたい, へ必ず

▼ 済む~ (2, 0.1%)

1 ならば, に詩

▼ 済む時代~ (2, 0.1%)

1 にも父宮, に生き

▼ 済む時分~ (2, 0.1%)

1 に細川校長, までにはこんな

▼ 済む用事~ (2, 0.1%)

1 にまで長距離電話, は一時間半

▼ 済む直に~ (2, 0.1%)

2 丑松は

▼ 済む~ (2, 0.1%)

1 お可愛い, 待って

▼ 済む迄は~ (2, 0.1%)

1 どんな事, 御遠慮

▼ 済む頃順一~ (2, 0.1%)

2 にはもう

▼1* [109件]

済むあいだに兵助, 済むうちは好い, 済むうまくゆけば, 済むかが問題である, 済むかというような, 済むかとかどの工場, 済むかよ只た, 済むくらいになった, 済むくろうとのよう, 済むことぢやない, 済むこれは一つ, 済むうも思, 済むしかし箒と, 済むじゃからそういうやから, 済むすぐ済む, 済むそうして一人の, 済むそんなことも, 済むぞと思った, 済むただ一つの思いつき, 済むための唯一, 済むつもりかね, 済むといふのだ, 済むとか済まんとかいう, 済むとかの酒癖の, 済むとは私も, 済むとはの類だ, 済むと共に床屋を, 済むどころでは, 済むには済みましたが, 済むにゃ済んだ, 済むのあんたも男, 済むのぢや連添, 済むのでさあ, 済むのにと澄子が, 済むの誰の目, 済むほうがむしろ, 済むほどに捲きついて, 済むまではと云ふ, 済むまでも詳しく書こう, 済むえ色事, 済むもんならええ, 済むやう母様にもいふ, 済むよう自分でそっと, 済むわよほら剥げた, 済む静かに, 済むシャバッ気の多い, 済む世の中では無い, 済む事ぢや無い, 済む人々がまた, 済む以前と違う, 済む処女を保った, 済む別に用が, 済むには僕, 済む卒業間際に伝染, 済む天下の逸民, 済む媒介物をもって流通, 済む少なくもも自由, 済む山寺は夜, 済むの上, 済む度毎に無茶先生, 済む役人達が帰つて, 済む話でしたら, 済む御用なの, 済む心地にて寝る, 済むろしい, 済む思いなさいましてん, 済む方法があります, 済むを待つ, 済む時灯がつい, 済む時節が来る, 済む最も乗ずべき機会, 済む来賓を代表, 済むな気, 済む権利が出来た, 済む気がねも多, 済む気安さ, 済む気楽さがあつ, 済む沙汰ではない, 済む演技を二十分以上, 済むとして幾らか, 済む犠牲を二つ, 済む理由ではない, 済む番人でしたから, 済む社会はたしかに, 済むであったの, 済む程度のところ, 済む職長の月給, 済む自ら電燈もガス, 済む自由の身, 済む自転車税の付加, 済む芸当は三十分, 済む苦しみを一週間, 済む苦痛を五日, 済むなんて大した, 済むではない, 済む謝罪を聞け, 済むを通っ, 済む身ぶり足どりでなければ, 済む身軽さの気持, 済む迄はといふので, 済む通行である, 済む道理がありません, 済む重荷にうんうんと, 済むはまだ, 済む間渋茶をすすっ, 済む階級の恋人, 済む雛さま事罪のない, 済む電話を二度, 済む頃袴を着けたる