青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「清水~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

淵~ 混~ ~混乱 混乱~ 混雑~ ~添 添~ ~添え 添え~ 清~
清水~
~済む 済む~ ~済んだ 渠~ 渡~ ~渡し 渡し~ ~渡した ~渡っ 渡っ~

「清水~」 1647, 18ppm, 6418位

▼ 清水~ (360, 21.9%)

14 舞台から 11 ように 8 方へ 6 やうに 4 花壇の, 観音様に 3 ほとりに, 中に, 傍に, 方から, 流れて, 流れに, 湧くよう, 湧く井戸, 湧く所, 音に

2 [18件] あるところ, そばで, ところへ, やうな, わいて, ゐるところ, 上に, 名は, 底に, 成就院では, 手に, 方に, 方を, 旦那は, 業突張りが, 次郎長や, 湧く音, 音信

1 [247件] あたりの, あとの, ある所, おばし, かたわらにおいて, かわりに, ことが, ことで, ことでも, ごとき学生, さらに豊か, したたり, した事, せせらぎを, ちよろちよろと, ところに, ところを, なかに, ながれ岩, にじみ出して, もとから, ものが, ような, わき出, わき出るところ, わき出る大きな, わき出る所, 一戦水木の, 一滴も, 一重桜が, 三少年でした, 三年坂では, 三年坂程の, 三本柳の, 上から, 上へと, 上手で, 下から, 世に, 中へ, 主人に, 事で, 井, 井に, 井戸が, 井戸であった, 井戸と, 井戸として, 仁清だ, 付近へ, 仮名がきの, 修驗者でございました, 側大岩の, 偽手紙, 傍で, 元から, 八幡其他に, 冷たさ, 処あたりで, 処で, 処に, 出て, 出口の, 別れ道を, 別荘へ, 加勢を, 参詣人の, 参詣道へ, 叔父は, 叔父様が, 句としては, 名聞が, 向畠, 味を, 回し者かしらと, 土地を, 坂に, 城まで, 城其奥に, 堂に, 堂を, 塔が, 塔だ, 境界だ, 声なり, 声音は, 多い事, 大政小政にも, 大谷風呂あたりへ, 奥に, 奴文鎮で, 如く一点人間, 如く特殊, 宅で, 家に, 家を, 小屋まで, 小流の, 居どころは, 山かげを, 山奥で, 山小屋に, 山深く, 岩角に, 常井なれ, 幻想を, 御堂の, 御寺, 息子が, 意気を, 懐を, 手先だった, 手紙を, 抵抗論に, 指紋が, 指紋の, 故郷武州埼玉郡羽生村まで, 敵城を, 方が, 方へと, 方角にだけ, 旦那が, 旦那の, 春も, 暴力的圧迫を, 本堂を, 本物の, 村に, 桜が, 様に, 槽落雷の, 横道へ, 樫棒に, 次郎長が, 次郎長親分の, 気配の, 水に, 水溜りが, 水音が, 池に, 泉が, 流が, 流れが, 流れの, 流れる音, 流れを, 流れ風, 港へ, 港まで, 湧いて, 湧き出す処, 湧き出て, 湧き出る池, 湧く処, 湧く山, 湧く庭前, 湧く葡萄棚, 湧く藤棚, 湧出る, 満ちたる小さき, 溜って, 溜りに, 溜り水が, 滴々膚を, 滴たる, 滴りが, 滴る處, 滴る隧道, 滴る音, 滾, 無尽蔵に, 煎茶茶碗を, 爺さんの, 爺さんは, 爺は, 玉が, 玉を, 町で, 町に, 界隈でも, 畫の, 真空の, 眼に, 眼には, 石段は, 石磴は, 碑を, 穴で, 竹谷という, 美味な, 考えるほど, 舞台に, 舞臺から, 舞臺へ, 舞臺めき, 色に, 花あかりから, 花壇に, 花壇より, 花見に, 茶屋を, 茶店を, 落ち口で, 落ち口に, 蝉丸神社の, 行幸に, 表面に, 裏口と, 親類で, 観世音寺へ, 観音を, 観音堂, 観音堂に, 観音堂へ, 観音様だけは, 観音様へ, 観音様や, 観音詣でに, 言葉を, 話の, 話は, 谷川の, 起訴事実否認で, 身上は, 辰巳の, 辺で, 辺へ, 通りで, 配給を, 野郎奴, 長汀夢の, 門を, 開帳日, 阪の, 陶工蔵六を, 集ったの, 雫かつ, 青年たちと, 面が, 音が, 音なぞは, 音より, 顔を, 類を, 養子に, 鳥居の, 麓に

▼ 清水~ (161, 9.8%)

11 湧いて 5 あって, 流れて, 湧き出て 4 湧き出して 3 こんこんと, 滾 2 あるの, さらさら流れ, わいて, 流れるやう, 湧いたり, 湧く, 湧くよう, 瀬を, 素早く流れ

1 [107件] あった, あったし, あふれだしたこと, ありました, ありましょう, あり水, ある, あるけれど, あわてて, いうばかり, いっぱいに, いっぱい満たされ, いつも湧い, こういうん, こう尋ねた, この庭, この酒場, こんこんわき出し, しとしとと湧く, しみ込んで, すぐに, そのまま血, その傍, それで, たぎり流れる掘立小屋同様, ちよろちよろと, どんどん流れ, ない, ないかと, なかった, ほとばしり出て, まだ出なかった, やったという, ゆたかに, わきでるから, ズルイためや, チョロチョロ流れ出, ハラハラとこ, 上衣を, 京都から, 今でも, 伏見から, 会ひたがってる, 何処からか, 元だ, 先ず横浜, 先へ, 先生の, 即ちブラームス, 嗅ぎつけて, 垂れる些, 女の子を, 居たので, 山から, 引かれて, 待ってるので, 握って, 新京, 村の, 来訪京都で, 樋を, 欲しい, 沁み込むの, 流るる, 流れた, 流れ出るよう, 流れ走るよう, 流れ通つて, 流場, 涌かねば, 涌く, 湧きました, 湧き出しそれ, 湧き出した, 湧き出し水, 湧き出す小, 湧き出たの, 湧くくらい, 湧くの, 湧くやう, 溜って, 溢れ流れて, 滑かな石の, 滲み出して, 滴り落ちた, 潺, 潺湲と, 瀑布の, 無いと, 無言で, 煙草に, 私に, 立って, 聞た, 自ら細流を, 自分の, 自殺で, 英の, 薩摩の, 通つた水が, 道から, 道に, 長い樋, 長く流れ, 青い顔, 音を, 顔に

▼ 清水~ (153, 9.3%)

9 汲んで 5 くんで 4 掬んで, 見て 3 かけて 2 すくって, たたえて, ひいて, 大きい据桶, 尋ねて, 持って, 湛えて, 眺める, 連れて

1 [110件] うくる, おしまひ, かえかえること七度, くみこんで, くみ得て, さがせど, すぎて, すぐ下, たたえ火床, ためて, とりいれて, ねらって, はばかって, ふき出すので, ほとばしらせて, むすびに, むすぶ, むすんで, ゆききの, 一つ出し, 一區畫一區畫的に, 一息に, 与えて, 並べ薬剤師, 今かけた, 入れその, 入れて, 入れ弓之進, 八分目くらゐ, 出るとき, 利用し, 刻し, 勧請なされた, 原田さんの, 口に, 吐いて, 含んだ思い, 噴く, 増して, 導くため, 居寤, 屠って, 布に, 引いた, 引いて, 得ること, 得るのに, 急いで, 怨んでるん, 惜気も, 懐うのみげに, 手で, 手に, 打越え, 持つて, 指定し, 捕らえさすつもり, 掏い取っ, 掬いながら, 掬い光安入道, 掬し, 掬つて飲んだ, 掬み分け, 撒く国, 求めなければ, 汲ませるが, 汲みに, 汲み来り母, 汲むたび, 汲もうとて, 汲んだ, 流し込もうと, 浴びる, 清水, 湛えた大理石, 湿して, 満した, 満たした, 濁らすばかり, 瓢箪に, 用意深く, 盈たした, 眺めた, 積んだ小船, 立ち出でて, 立って, 竹筒に, 筧で, 茶椀に, 見つけたもの, 見に, 見る, 見るだけで, 見据えた, 訪ねて, 誘き寄せて, 越え渋峠, 踏潰し候わん, 車夫は, 部落まで, 都市に, 降らすので, 集めて, 頂かせると, 飮み, 飮め, 飲みさえ, 飲みました, 飲み狩猟, 飲もうと

▼ 清水~ (84, 5.1%)

2 殺されるに, 遠き恨, 魚も

1 [78件] あふれて, いやがるで忠太, お参りを, かげ見えて, きぬ洗える, こまかき砂, さらして, すすいで, その椀, そんなひどい, つくと, とまりしばらく, ぬれて, ひたして, ひたらまし燃, まいた油, まじったので, もっと疑い, 似て, 倭建命の, 入れて, 到つて, 取られて, 口を, 古く放生会, 名を, 向った大根畑, 呼ばれた時, 喉を, 土産を, 埋めて, 夢中ぢや, 居た時分, 居つた相, 居るとき, 影見え, 手も, 手を, 投げ込みました, 挨拶した, 掘りあてる迄は, 映って, 柄杓そへて, 歌ずする, 注連を, 洗濯した, 流した素麺, 浴候鹽梅にて, 浸したの, 浸つて, 涵した, 渇きたる喉, 湧き沸, 濁りを, 濡おし物凄き, 濡れて, 瓜浸し, 疎開し来れ, 着くの, 籠城し, 米を, 糖を, 翳す, 聞いたの, 行き三保付近, 行つて歸る, 誰が, 越え六日町, 越すもの, 身を, 長い年月苛, 集つた, 頼んで, 顏を, 顔を, 飲む, 髮の, 龍女の

▼ 清水~ (73, 4.4%)

1 [73件] あすこに, あの日殺人, あふれたり, あるには, あんなに先生, いくらでも父さん, いまも, きっぱりと, ぐっとのり出した, けげんな, ここで, こちらに, その挨拶, ひっつった死面, ひとり松の, ひどく愉快相, ふと暗い, ふと気, へんな, またもと, やって, ゆたかに, よく庭裏, ドウも, 一流の, 上体を, 下町の, 之を, 京都の, 人の, 今にもそれ, 今展覽會へ, 何も, 何時の間にか再び最初, 其後江戸で, 再び腰, 出まい, 半面攣れた, 古い記憶, 大久保の, 嬉しいん, 少なかろう, 岩の, 島の, 常に発見, 平生勇気も, 放って, 新京, 日本プロレタリア美術家同盟, 昨夜から, 来なかったの, 松影に, 椅子を, 歩いて, 汲まず立所平す, 決して彼自身, 流石に, 涸れて, 減つて上田橋の, 炭屋の, 無骨な, 真冬でも, 私の, 突き出されたその, 笑った, 綴じあわせたケイ紙, 自分は, 茶碗に, 見え透いた御, 見る見る深く深く, 雨に, 静かに, 顔色を

▼ 清水さん~ (49, 3.0%)

2 の奥さん, の宿料

1 [45件] お稽古, から手, から杖, がお, がしん, がゐた, が乞われ, が歸ら, が術, が見, が長い, ですか, という人, とおっしゃる, とはちやん, とは十二時, と云う, なら無論, にお客さま, にかかる, にはわたし, にばか, に会い, に對, に面会, のやう, のロマンチシズム, の指紋, の掛り人, の行李, の親方, の詩, の話, は久しく, は初め, は御, は昭和五年, は警察, もねえ, もまだ, も亦, を, を最後, を知っ, 早く明け

▼ 清水~ (48, 2.9%)

8 の非人 4 の非人法師 3 の坂, の長 2 の非人ら, の非人法師等

1 [26件] からそれ, から東大寺, から追われた, で良人, と奈良坂, など東山, にお, にさしかかり, にのみ住ん, に最も, に歌, に還, の俗法師, の南, の如き, の小, の旧, の法師原, の非人訴訟, の非人長吏, は奈良坂, は東海道, へかなり, を上り, を襲撃, 及び奈良坂

▼ 清水~ (37, 2.2%)

2 かよった, 引越して, 祇園を, 顔を

1 [29件] いって, お参りを, お頭, かよう路, やつて, ゆきました, 一緒に, 上ったの, 初詣り, 参る時, 夜詣り, 帰るつもり, 抜ける道筋, 放されて, 暫く漬け, 来てから, 着いたこと, 着いたとき, 行かっしゃるなら, 行きそこ, 行く通り, 行つてから, 行つてわかつた, 詣った時, 詣って, 誰が, 踰える, 逃げて, 通う往来

▼ 清水~ (28, 1.7%)

2 七本に

1 [26件] あつた, そっと額, 下車し, 傷口を, 冷まして, 医し交歓, 口を, 咽喉を, 息を, 手を, 手拭ひろ, 手拭を, 手拭拾た, 晒して, 桔梗屋の, 水洗いしてざる, 汗を, 洗い取りあえず, 洗っては, 洗つて丁寧に, 洗はれる, 生れました, 皮膚病の, 茶を, 見た人々, 降りて

▼ 清水~ (25, 1.5%)

3 言うの 2 云う男

1 [20件] いえば, いって, よく似た, ヴエンリートと, 一緒に, 云うん, 云う清水, 人は, 会ひ, 似て, 古田は, 名づけば, 呼んで, 富士を, 岩脈の, 思ひ出, 手を, 柴田の, 申すが, 雪の

▼ 清水宗治~ (23, 1.4%)

2 の助命

1 [21件] から毛利家, が見廻っ, が領土下, が高松落城, と吉川元春, に会うた, に死, に降伏, の云い, の自刃, の離反, の頑強, の首, の麾下, はそう, はとき, は備中高松城, は籠城, は舟, を助命, を招降

▼ 清水~ (23, 1.4%)

1 [23件] と四人, と待合せ, にも一枚, に嫁, のモラリスト, の主張, の事業, の作曲, の夫人, の本書, の空想, の第, は, はかつて, はこの, はなぜ, は基督教, は得意, は悪, は林首相, やビュウロー, を古田, 再び來

▼ 清水~ (20, 1.2%)

2 で庭, にいた, にゐた

1 [14件] で, と呼ばれる, にあった, には清水稲荷, にわびしく, に住まっ, に泊っ, に泊つて, の家, の町家, の高橋某氏, へ安藤さん, へ行きます, まで行く

▼ 清水~ (16, 1.0%)

1 [16件] くめよう, なければ, ふき出す, やったという, ゐない, 人馬の, 共に陽気, 同じ意味, 同席, 当惑し, 思わず立ちあがっ, 有り萠, 海軍将校に, 用心し, 落ちて, 近づいて

▼ 清水~ (16, 1.0%)

1 [16件] からでも下りた, ちかくの, と春, にある, に参籠, に擬し, のあたり, のお, のほとり, の下, の秋色桜, の観世音, の近く, へ初詣, へ捜し, へ日参

▼ 清水一角~ (15, 0.9%)

1 [15件] から金, がぬっと, が打切った, という浪人, とはこれ, とはっきり, ともある, と名前, と申した, に扮する, のいる, の名, の武骨, は涎, もその

▼ 清水から~ (14, 0.9%)

1 [14件] お金を, くみとりそして, やつて, 一坂上り口に, 五条坂にかけて, 分霊奉祀した, 小夜中山の, 得來る, 河合卯之助氏の, 登られ第, 見渡す風景, 譲って, 高台寺へ, 高台寺円山の

▼ 清水~ (14, 0.9%)

1 [14件] から始める, が通行, なども私, に移転, に連, のトンネル, の方, の東南東, はほぼ, より牛ヶ岳, を主要, を踰, を開鑿, 又は其附近

▼ 清水という~ (11, 0.7%)

2 のが 1 ことであります, ところまで, のは, ものも, 人の, 人は, 水産技手を, 池では, 部落なども

▼ 清水八幡~ (10, 0.6%)

2 の宮司 1 で尊勝陀羅尼法, に御, のお宮, の仲秋, の伝説, の宝前, の宮司田中陶清, の本宮

▼ 清水恒吉~ (9, 0.5%)

1 でした, に深い, のところ, の家, の所有, は全く, は憤り, は池, も次第に

▼ 清水~ (8, 0.5%)

1 が魔所, だけを残し, には怪獣, に夜通し, に年, に張り込ませる, に怪異, を出逢い

▼ 清水~ (8, 0.5%)

2 の名, の山, の根 1 といふは山中, の道

▼ 清水長左衛門宗治~ (8, 0.5%)

1 がわずか, だけはひとり, の自決, は毛利無二, は決して, は真, へあて, も敵

▼ 清水には~ (7, 0.4%)

1 居なくな, 柵が, 毒が, 水番が, 篠原右京, 長く居た, 陶器の

▼ 清水~ (7, 0.4%)

1 か, から聞きました, が折, が黒板, でしたか, と運転手, や僕たち

▼ 清水和助~ (7, 0.4%)

1 から貰つた金, といふの, といふ町一番, に引, の一人息子, の資本, は何ん

▼ 清水~ (7, 0.4%)

2 の池 1 でする, に投宿, に掛り, の家臣金山半三郎, の用人村尾正靖

▼ 清水~ (6, 0.4%)

2 いつも澄みたる 1 井戸から, 古田の, 湯のみなぞをも, 賀茂の

▼ 清水定吉~ (6, 0.4%)

2 の住ん 1 がのち, とか稲妻小僧坂本慶次郎, は明治廿年代, もさう

▼ 清水~ (6, 0.4%)

1 に投錨, へわたり, へ立寄り, へ行く, へ行こう, へ行つた八五郎

▼ 清水行幸~ (6, 0.4%)

2 の節 1 にも元成, のおり, の日, は帝

▼ 清水~ (5, 0.3%)

1 からこんなに, からな, か絶えず, ことね, ということ

▼ 清水まで~ (5, 0.3%)

1 ひと息に, バスが, 客を, 来る途中, 行って

▼ 清水一学~ (5, 0.3%)

1 にあつまっ, に相違, の働きぶり, の噂, を子供

▼ 清水~ (5, 0.3%)

1 の又兵衛, の山川, の村長, へ出かけ, へ出る

▼ 清水~ (4, 0.2%)

1 まんが井や, 鳥が, 鳥として, 鳥とは

▼ 清水にも~ (4, 0.2%)

1 かかりそして, 我善坊でも, 方々に, 瓜にも

▼ 清水トンネル~ (4, 0.2%)

1 が出来, の下, の向こう側, をこえた

▼ 清水卯三郎~ (4, 0.2%)

1 が一切, が知, が船, が阮甫

▼ 清水屋敷~ (4, 0.2%)

1 のお, の前, の舟, の表

▼ 清水山塊~ (4, 0.2%)

1 に位置, の名, の大, の群峰

▼ 清水~ (4, 0.2%)

3 に出る 1 からは山稜

▼ 清水昌一~ (4, 0.2%)

1 とか云う, と一しょ, と云う, のシュウマン

▼ 清水禅叢~ (4, 0.2%)

1 で失った, にあっ, にいた, にいる

▼ 清水観音~ (4, 0.2%)

1 の出開帳, の泉, の詠, の音羽谷

▼ 清水といふ~ (3, 0.2%)

1 あり, 茶屋の, 邸の

▼ 清水にて~ (3, 0.2%)

1 一泊, 炊く飯, 行き逢

▼ 清水八郎~ (3, 0.2%)

1 が出, が旗本, です

▼ 清水~ (3, 0.2%)

1 左衛門及高柳楠之, 左衛門御, 左衛門高柳楠之

▼ 清水博士~ (3, 0.2%)

1 にはこの, に託した, も列席

▼ 清水坂長吏~ (3, 0.2%)

1 に対して仲裁, のため, は理不尽

▼ 清水幾太郎~ (3, 0.2%)

1 による, の四氏, を私

▼ 清水狂太郎~ (3, 0.2%)

1 なの, のこと, はぐっすり

▼ 清水粂之助~ (3, 0.2%)

1 にし, の指さす, をはじめ

▼ 清水系統~ (3, 0.2%)

1 に神座, のもの, の物

▼ 清水臨時祭~ (3, 0.2%)

1 に接し, の如き, へ勅使

▼ 清水詣で~ (3, 0.2%)

1 に来た, の往来, 止めても

▼ 清水金太郎~ (3, 0.2%)

1 この人, そして私ども, はこう

▼ 清水金太郎氏~ (3, 0.2%)

2 の口吻 1 に従

▼ 清水~ (2, 0.1%)

1 どこかの, 何かの

▼ 清水からは~ (2, 0.1%)

1 八百五十米の, 霞が

▼ 清水その~ (2, 0.1%)

1 方を, 涙を

▼ 清水って~ (2, 0.1%)

1 お爺さんで, 名前位は

▼ 清水でも~ (2, 0.1%)

1 湧いて, 滲み出る樣

▼ 清水など~ (2, 0.1%)

1 ア本統の, 来て

▼ 清水などが~ (2, 0.1%)

1 断えず眼, 貯えられて

▼ 清水ほど~ (2, 0.1%)

1 うまいもの, 弱いこれら一

▼ 清水より~ (2, 0.1%)

1 大谷へ, 私たちは

▼ 清水タンク~ (2, 0.1%)

1 はこわれ, を造っ

▼ 清水千代太~ (2, 0.1%)

1 と二荘, と待ち合せ

▼ 清水~ (2, 0.1%)

2 て魚

▼ 清水坂両所~ (2, 0.1%)

1 の非, の非人争議

▼ 清水坂両所非人~ (2, 0.1%)

1 の悶著, の訴訟

▼ 清水坂非人~ (2, 0.1%)

1 から奈良坂非人, の名残り

▼ 清水太郎左衞門~ (2, 0.1%)

1 といふ剛勇, の子

▼ 清水~ (2, 0.1%)

1 が来り, の

▼ 清水宗治以下~ (2, 0.1%)

1 の一心一致, の城兵五千

▼ 清水山の下~ (2, 0.1%)

1 をひとまわり, を通っ

▼ 清水~ (2, 0.1%)

1 の河童漫畫, の装幀

▼ 清水~ (2, 0.1%)

1 だが, の一部

▼ 清水市入江町~ (2, 0.1%)

2 元追分

▼ 清水幾太郎氏~ (2, 0.1%)

1 が呼ぶ, とを一緒

▼ 清水昌彦君~ (2, 0.1%)

1 の作品, の作文

▼ 清水晴風さん~ (2, 0.1%)

1 などのよう, の

▼ 清水橘村氏~ (2, 0.1%)

1 が老後, の書いた

▼ 清水氏來~ (2, 0.1%)

1 り新生社, り青森

▼ 清水~ (2, 0.1%)

1 の末, るる柳かげ

▼ 清水浜臣~ (2, 0.1%)

1 で此二人, に歌

▼ 清水町筋~ (2, 0.1%)

1 に出た, をすぐ

▼ 清水~ (2, 0.1%)

1 之助, 之助さん

▼ 清水良雄君~ (2, 0.1%)

1 がぼく, と同期

▼ 清水~ (2, 0.1%)

1 です, は異常

▼ 清水街道~ (2, 0.1%)

1 から登れ, の湯檜曾

▼ 清水被告~ (2, 0.1%)

1 は, は彼

▼ 清水越え~ (2, 0.1%)

1 か或いは, をとっ

▼ 清水~ (2, 0.1%)

1 といふ大, のゆるい

▼ 清水~ (2, 0.1%)

1 と云, のやう

▼1* [204件]

清水あたりまで行く, 清水あふれて朝焼け, 清水あふれてつひに, 清水ある家の, 清水いづるところあり, 清水かげ小百合ゆすれて, 清水かと思うと, 清水かなの一句, 清水からの誘ひで, 清水からも手切れ金や, 清水かれ石ところところ, 清水このおっちょこちょいを, 清水これが即ち, 清水へ, 清水さす石油の, 清水その他沢山な供養物, 清水それから山鳥の, 清水宿の, 清水だけでなくその他, 清水だけはそれは, 清水だったが待った, 清水だろうが洪水, 清水であったが洞窟, 清水であるので病人, 清水でさえも五マイルも, 清水では女の, 清水といふは山や, 清水とか言うので, 清水とかいふ女は, 清水とがどこへ, 清水との名が, 清水とは太田の, 清水とも云う可, 清水とをおしいただいて, 清水ので, 清水ながらに海に, 清水なぞ流れて, 清水なども人が, 清水ならば手, 清水になどかなき人, 清水に対して丸木橋を, 清水に対する嫌疑の, 清水のめば汗軽らかに, 清水への坂に, 清水へは田舎道六十里ある, 清水へも行幸の, 清水わくほとり, 清水をかばつて, 清水をのんだら, 清水をもって百姓の, 清水を通して本庄俊一氏に, 清水ガクンとうなずく, 清水ニ数返洗フベシ其脆ク淡味香, 清水一人そこで清水, 清水一学岡山出生の鳥居理右衛門, 清水一家の大政, 清水三重三氏に言わせる, 清水三重三野口昂明神保朋世鴨下晁湖などの人々, 清水の道, 清水住魚と, 清水久三郎等家康の馬前, 清水以上に玲瓏, 清水八幡三千餘座の神, 清水八幡出のもの, 清水八幡領の, 清水北外山宇田津のあたり, 清水千代太等と一荘, 清水半次郎長知公一噌要三郎と記録, 清水卯三郎君おのれに語られぬ, 清水参詣致別而難有感信致, 清水の番守安部弥左衛門, 清水右衛門七の諸家, 清水君依田君七条君下村君その他今は僕, 清水君君は何, 清水君達が, 清水喜重氏が舎監, 清水団右衛門が真っ, 清水坂以上の仁清, 清水坂前長吏還住懇願のため, 清水坂奈良にあっ, 清水坂非人法師との間, 清水堂左に鐘楼堂, 清水堤臺中野臺吉春谷津五木岩名築比地是れ也, 清水夏雲さんの許, 清水夏雲さん方に寓, 清水大き桶の, 清水大兄とともに貴方, 清水天藤の天ぷら, 清水太郎氏のカツト木版, 清水安三氏が私, 清水宏作品で東宝映画, 清水宗治どのでございますか, 清水定吉伝を得意, 清水定吉大川端捕物の場, 清水定吉御用だ, 清水宛てに手紙, 清水宮原伊藤田代の名, 清水寺の下三年坂での騒ぎ, 清水小路の茶寮五橋亭, 清水ではそれ, 清水の陰道, 清水岳等を経, 清水峠以西では上越, 清水峠渋峠などから手分け, 清水崑君の協力, 清水崑氏だなと, 清水という村, 清水市史の編纂, 清水式霧函を完成, 清水徳兵衛は鰻七貫目分, 清水技手の気象日誌, 清水技手以下五名が焼死, 清水掛りすなわち筑波嶺, 清水撫掌泉といったの, 清水がやって来た, 清水を敢, 清水政吉の負傷, 清水文弥翁の, 清水方面から眺め, 清水昌一さんの独唱, 清水昌彦もその, 清水昌彦氏なる旨附記せり, 清水春の山まろき, 清水智恩院大仏東福寺等を見物, 清水暮れに近づいた, 清水東山一帯の花, 清水の井, 清水どすよって, 清水橋筋には小泉, 清水武雄博士であるが, 清水氏号は雷首, 清水氏寓伊沢又分家では信治二十一, 清水氏来訪心を入れ, 清水氷り為て, 清水汲みに行か, 清水流れの石橋, 清水流れ果樹実を結ぶ, 清水浜臣門の堀内雪堂, 清水清次に関する記録, 清水清次間宮一の一件, 清水清玄と云う, 清水湧くところ, 清水源太郎氏であつ, 清水溢れて流る, 清水滴り三體の, 清水知清水半次郎長知公一噌要三郎と, 清水の陶繪, 清水物語と呼ばれ, 清水猫又の連嶺, 清水甘露の響, 清水田口氏来メイエルホリドの切符四枚, 清水町十七番地の桜井つけ物店, 清水町辺を西, 清水に吹く, 清水知恩院大仏などへ行っ, 清水知恩院金閣寺拝見がいや, 清水神父様は聖体, 清水税関長の菅沼宗四郎君, 清水稲荷があっ, 清水粂之介ほか一団二十三名一藩の大事, 清水粂之介ほか二十三名の一団, 清水粂之介ら二十三名の柳門選り抜き, 清水粂之助風間兵太郎ほか五六人の連中, 清水粂之助風間兵太郎らの率いる, 清水粂之助風間兵太郎らチョイと左膳, 清水にゐる, 清水結び染めて, 清水義正殿と立会い致しとう, 清水芳太郎両氏の意見, 清水芳太郎氏は, 清水茶屋と言う, 清水荘介と云つて, 清水荘平が来訪すぐ下, 清水荘平が迎への車, 清水藤太郎君が老練, 清水藤棚などを景色, 清水行幸後に三条, 清水西行庵の方, 清水観音西北大津道横須賀道となん, 清水越通候由申候者在之者, 清水から陸地, 清水辺りから阿弥陀ヶ峰, 清水重次郎という名, 清水野がら大曲野がら後藤野, 清水金一など, 清水金太郎らが出, 清水金銀閣見たりとて何, 清水金閣寺祇園の都踊り, 清水徳氏, 清水長左衛門宗治殿という武士, 清水長楽寺の鐘, 清水隆次という先生, 清水隧道を越え, 清水青年団の肝いり, 清水青蘿白雲猿の声, 清水静岡浜松名古屋大阪といったグアイ, 清水と申山, 清水まする駒, 清水飲み分けの名人, 清水という, 清水から汽車, 清水高台寺祇園円山知恩院太極殿それからずつと疏水, 清水高山さん来今日レーニングラードへかえる, 清水高山レーニングラードから来