青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「清~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

深夜~ 淵~ 混~ ~混乱 混乱~ 混雑~ ~添 添~ ~添え 添え~
清~
清水~ ~済む 済む~ ~済んだ 渠~ 渡~ ~渡し 渡し~ ~渡した ~渡っ

「清~」 6037, 65ppm, 1747位

▼ 清~ (446, 7.4%)

7 ことを 5 玩具を 4 方へ, 石垣の, 顔が 3 お尻, 事を, 女房お, 氣は, 顔を

2 [31件] ことが, ことも, ように, 下手な, 事が, 倅は, 太宗の, 太祖が, 太祖の, 字を, 守を, 家は, 崔述の, 役に, 徐乾學, 御鏡, 手を, 文机, 段玉裁は, 母親では, 節の, 紀, 腕を, 趙翼, 趙翼の, 足つきを, 錢大, 関係と, 陳立, 順治帝の, 顔見

1 [345件] ある孤島, いう通り, おもちゃ買っ, お内儀, ことありし, ことだ, ことなどを, ことばかり, こと隆吉の, ごときは, その中, そばで, それと, ために, なら手, に好く, はかない恋, ほかにゃ, ほがら, ものに, ようだ, オモチャを, シコロ引きだ, シヨウヰンドを, スケッチを, チョコ, ヒック, 一子を, 一族とかが, 三仙と, 世にかけて, 世宗の, 両君見送りに, 中世以後と, 主人宗山清兵衛の, 乗つた俥の, 乳を, 乾隆に, 乾隆二十六年の, 乾隆二十年都で, 乾隆五十一年, 乾隆五十九年, 乾隆六十年, 乾隆帝は, 乾隆年間に, 乾隆年間の, 乾隆時代, 二つの, 二男常之助が, 云う意味, 云った言葉, 人となりは, 人民も, 仕事では, 仕業だ, 代に, 件, 伯父入道蟄居せり, 位に, 倭訓栞にも, 側に, 儀と, 入浴に, 再修, 処女子たちの, 出師ありし, 分厚な, 初節句で, 初節句にと, 利彦氏は, 前は, 前を, 劉光漢の, 劉寶楠の, 劉智の, 劉獻廷, 助などにも, 医家には, 叔母でございます, 口上を, 同治八年, 名を, 名乗は, 向側に, 呉榮光の, 周囲の, 問いに, 嘉慶中に, 嘉慶年間編纂の, 団扇などが, 地位が, 境界に関して, 墓は, 墓石は, 声だった, 壻養子で, 夜具や, 夢を, 大勝にも, 大宗の, 大広間, 大広間で, 大業中固, 天ぷら又, 天下は, 天子と, 太祖, 太祖太宗二代の, 太租の, 夫婦と, 女が, 女中大勢, 女中赤紙の, 奴さんざん, 奴め青い, 如く宰相, 妻の, 姿が, 姿と, 姿とが, 姿は, 姿を, 娘お, 娘初子が, 嫉妬さ納屋で, 子だ, 子の, 子供, 子清衡, 字, 孫志祖の, 宋翔鳳は, 宗教である, 官歴はさまでに, 室の, 家が, 家へ, 寝てるの, 實例に, 居る部屋, 屋敷に, 山嶺に, 崔述が, 帰ったの, 康, 康煕, 康煕帝が, 康煕帝の, 康煕帝や, 康煕年間の, 康熙五十六年に, 康熙十二年, 弟に, 弟子宗祇の, 弥陀六の, 張仲嘉, 張文貞の, 強い言葉, 影も, 影響で, 影響な, 役だ, 後を, 後妻は, 後姿は, 心を, 心配は, 恋物語に, 息子が, 惠棟なども, 意外に, 懸物, 戦争と, 戦争画大, 戦役が, 戦役に, 戦物語も, 戰役に, 戰爭畫大, 所へ, 所へは, 所謂才人の, 手から, 手と, 手に, 手紙で, 手紙を, 持參した, 挿画が, 提案たる, 文人画に, 文字通りの, 斡旋に, 方から, 方が, 方に, 方は, 方を, 方をも, 方法とは, 方維甸が, 方面に, 族を, 明りぞ, 明りを, 智的な, 曾國藩が, 末年に, 本格的な, 本物を, 李惇の, 李桓の, 李蓮英も, 来るの, 桟敷が, 梅文鼎の, 梅文鼎は, 植込の, 樹, 檀那だった, 歸り, 殖民地で, 気質を, 汽船と, 法律に, 注文通りの, 洪亮吉の, 洪水, 洪鈞の, 混血児顔が, 淹留を, 照る玉, 熊野に, 父が, 独り緋を, 王女の, 玩具, 玩具と, 生んだ常友, 甥という, 画人を, 番傘さして, 発熱は, 皇帝から, 皇帝様の, 真白い顔, 眸を, 眼から, 眼に, 眼には, 眼は, 着物の, 知性を, 石垣に, 祝の, 竜蔵も, 答は, 節を, 美しい二重眼瞼, 美しい心, 聖祖は, 聟に, 肩を, 背中を, 脅えたよう, 自慢を, 荷物や, 萬斯同や, 葬儀は, 蒼い顔, 行く先である, 行方不知にも, 表向, 袁枚で, 袁随園の, 西太后が, 見舞物に, 観音像とか, 解釈家たる, 言葉が, 言葉だった, 言葉と, 言葉に, 言葉を, 許へ, 詩画家許友は, 話が, 話を, 誕生日なり, 談判開始せられ, 諸氏が, 貿易船で, 趙翼といふ, 身の上に, 身の上を, 身代を, 身体に, 身体の, 軍に, 軍艦威遠, 逸田叟呂熊字は, 逸話は, 遊ぶ態, 道光二十六年版の, 道光五年, 部屋, 部屋で, 野郎が, 長男直之助は, 間が, 間よりも, 閻百詩は, 閻若, 阮元, 阮元の, 阮元も, 阮葵生の, 陶保廉の, 雍正十年六月の, 雍正帝は, 雍正年間, 雍正年間内城の, 離座敷, 面に, 順治五年, 頭に, 頭髪でしょう, 顏を, 顔も, 顔や, 顔よりも, 顔見たくなり, 顔見る, 顧炎武, 顧炎武の, 風呂場の, 食ひ, 食べる白米, 養子孫三郎は, 首根ッ子を, 高宗, 高笑いが, 魏光, 魏源の, 麦わら帽子を

▼ 清~ (361, 6.0%)

3 それを, 彼の

2 [14件] おれの, おれを, 云った, 云って, 向うの, 大きな声, 室の, 後から, 畳に, 私の, 笑いながら, 自分の, 落着いた, 黙って

1 [327件] あざわらうよう, あの声, あるきながら, あれは, あわて, あわれ, いきなり二人, いくらか安, いそ, いつまでも, いつも母親, いつ里春, いま聞いた, いやに鋭い, いよいよおれ, いよいよ危, いよいよ見付, うるんだ眼, おかしい秘密話, おそるおそるその, おらどう, おれが, お徳, お源, お照, がっかりした, きっとやる, きのうも, ぎよつとした, この頃, こめかみに, これだけ, これを, こんな時, こんな無礼, ごんずい, しなやかな, しばらく黙っ, しょうばい人, すぐ立っ, すやすや眠っ, ずっと通っ, そう云っ, そう促し, そっと源氏, そのあくる日, その室, その時, その書紀通証, その横, その電車, その風, それから, それからずっと, それから紀州, それこそ, それと, それへと, そろそろと, たすきを, たとい下女奉公, ついわが子, であるから, とにかく私, ともにその, どんなに驚い, どんな人, なかなかやって来なかった, なしに, なにか曖昧, なんとした, にこにこし, ひそかに, ひょっくり霧, ふと手, ふり返つてガラツ八, へえと, ほつと, ぼんやり云っ, まず不思議, また尋ね, みのえ, もう次, もと静岡で, やっぱり善人, やはり象, らの, ジイドの, チャンチャンとも, チョイと, ビールの, マラソンの, ワラに, 一体何処, 一体幾歳に, 一寸眠れなかった, 一寸肩, 一寸足, 上々の, 不思議そうに, 不縹緻, 乳母を, 二人の, 云い捨てて, 亘理権太夫と, 今から, 今が, 今がた, 今に, 仲間の, 低く云った, 何か, 何でも, 何と, 何とも答えない, 何を, 何処からか, 何處に, 余り長く, 俄かに, 俄に, 僕の, 僕よりも, 元気パーペーチャーイと, 先づ立つ, 先に, 先を, 再び暗い, 別な, 前に, 割り込んで, 加藤と, 勤労者の, 勿論父, 勿論真蔵, 化粧刷毛を, 十何年居た, 午過ぎから, 卒業する, 卓子の, 去った, 反省し, 口を, 可庵, 可愛がる, 君カフェーの, 呆れて, 呟いた, 呟いて, 周平の, 喫驚した, 四五歩退っ, 困った顔つき, 堪えかねて, 声高く, 大きか, 大きなコップ, 大急, 大抵の, 妙な, 姿を, 娘に, 安三が, 実に祖先以来源家相伝, 寄って, 寶暦二年十二月五日に, 寺岡写真君と, 対い合っ, 対手に, 小さい店, 小侍十数名, 小松谷から, 小首を, 少しくやしかっ, 少しは, 少し身, 少し離れ, 帯の, 平ったい, 平次の, 座敷を, 廊下から, 廊下に, 弥兵衛宗清だ, 彼から, 彼と, 後について, 徒歩であるき出した, 従来の, 微笑を, 心からさう信じ, 心もち肩を, 心配し, 快活な, 快活に, 念を, 怒った風, 思わず立, 急に, 恐る恐る後, 悪いほう, 惘れて, 愉快そうに, 慌てて, 扉を, 手勢数百を, 手荒に, 抽斎の, 振向いて, 揶揄する, 文亀二年実隆が, 斯んな, 既にお, 日の, 早速竹, 昔風の, 時々かすか, 時々やって来た, 時々側, 時々台所, 時には無謀大胆, 暫くつっ立っ, 暫く何やら考え込ん, 暫らくの, 暫らく躊躇し, 朝の, 杯を, 権, 次の間の, 次第に醜く, 欣し, 此の, 歩み寄って, 母と, 母親に, 気味が悪くて, 池の, 流し元に, 涙の, 湯の, 澄した, 火鉢で, 無理に, 無論和泉屋, 熱海の, 片づけもの, 牛丸の, 独語の, 猛然奮い起った, 玄関の, 玄関付きの, 現在の, 生真面目な, 用達商人を, 男を, 留守居番老母と, 病院の, 皆が, 皺苦茶だらけの, 益々笑い出した, 相變ら, 眼と, 睥むような眼付を, 私達が, 程近い, 突然立ち止っ, 窓に, 立ち止った, 立上っ, 童名真仁尭樽金, 笑いました, 笑って, 答えて, 答えると, 答を, 素早くそれ, 縁の, 縁側に, 義公の, 考え込んだが, 聞き覚, 肩掛の, 肯かなんだか, 背後の, 脅えるやう, 腑に, 船へ, 苦しそう, 苦慮し, 苦手らしかった, 葛西の, 薄暗い横町, 薫の, 裏へでも, 裸の, 角右衞門の, 言は, 言ふんです, 誰でも, 論文の, 象が, 豹変の, 負けず劣らず勝氣, 費ひ, 赤穂藩に, 足を, 路ばた, 近くの, 逃げ廻って, 遂に吐血, 重盛の, 金を, 鏡子を, 門衛の, 陪臣な, 階段の, 青年ながら, 静かに, 鞍の, 鞭を, 頬を, 頭を, 頼朝の, 饗応され, 鳥屋から, 默つてモヂモヂする, 齒に

▼ 清十郎~ (281, 4.7%)

4 はその 3 の体, の弟, の顔, は膝

2 [24件] が顔, との試合, と武蔵, と試合, なの, にお, のそば, のほう, の代, の名, の居間, の袂, の身, の面, は, はそれ, はただ, はもう, は武蔵, は眼, は自分, へ, もその, も来ない

1 [217件] お染, からの返書, からも頼母しき御仁, から小次郎, から疾く, が, があ, がうさん臭い, がここ, がその, がたやすく, がつぶやく, がどう, が及ばなく, が可哀そう, が奥, が岸柳, が布子一枚, が弱い, が来, が殺され, が沓脱, が知らない, が自分, が苦悶, が連中, が遊興, が青じろい, さえ刃, その人, その弟, だ, だの同輩, で, であった, であるが, では, と, というの, という人, という人間, という男, といふ名前, とそこ許, とその, とねた, とは落語, とは違った, ともある, と何, と出会った, と立会う, と立合っ, と藤次, どの他, などの血, なればこそ, におれ, には眼, には義理, にふみにじられ, にも小次郎, に出会っ, に悟らせしめ, に書かせ, のことば, のため, のところ, のねばり, のぶらんと, の一子, の乗っ, の乾いた, の二人, の供, の勝ち, の叔父, の右, の呻き, の品格, の唇, の声, の妹, の子, の宅, の実力, の家, の弟伝七郎, の徳, の心, の恋, の情趣, の暴力, の来ない, の枕元, の様子, の正直さ, の気持, の沈ん, の清十郎, の燃え, の相談, の眸, の眼, の立場, の考え, の耳, の胸, の腰, の華やか, の行く先, の行状, の語気, の追, の門口, の顔つき, の高弟, はいきなり, はいった, はいつも, はいらざる, はお, はこれ, はさびしい, はじいっと, はすぐ, はつぶやく, はどう, はどこ, はにが笑い, はふい, はまず, はまた, はやや, はゆうべ, はよけい, は上眼, は京流, は今, は何, は反対, は名題, は喚きつづけ, は坐る, は夜具, は大きく, は安心, は宿舎, は小次郎, は少し, は居間, は左, は幾度, は弱い, は彼, は待っ, は得意, は悪人, は戸板, は折, は救われた, は文殻, は暗い, は死ななかった, は沈湎, は片, は生活, は考え込む, は背, は腰かけた, は自責, は興, は苦し, は草鞋, は親方, は読み出した, は起ち上がった, は躍起, は身伸び, は追って, は連中, は道場, は酔えなかった, は離さない, は革, は顔, は首, は高く, へ向っ, へ吸口, へ立ち, へ迫ろう, へ飛脚, までが敗れたら, もまた, もやや, も大げさ, も応じ, も思わない, も憎い, も話, やここ, やその, よりずっと, よりもさっき, よりも強い, を, を取り巻い, を強く, を待ちわび, を思いだした, を挟ん, を敗, を死体, を見くらべ, 敗れつづいて, 既に人

▼ 清さん~ (237, 3.9%)

4 のお袋, の部屋 3 の様子

2 [12件] が, がお前さん, が大変, とたけ子さん, と呼ん, のこと, のところ, のやう, の方, はじっと, は杉山さん, を呼ん

1 [202件] おぼえて, お休み下さい, お清さん, かお, からの, から右, から無, か今, があの, がお, がき, がこんなに, がし, がそれ, がひとり, がぶらぶら病い, がもう, がやって来, がやって来た, がやって来まし, がわたくし, が一番好き, が今そこ, が佇ん, が入っ, が出, が天幕, が好い, が好き, が嫁, が心配, が手籠め, が朝倉, が来月頃, が濟ん, が着物, が自分, が行儀見習, が言いました, が錢形, が静か, こそいま, こそ可哀そう, こんな事, しつかりやりなされ近頃, だけを席, だった, である, といっしょ, といふ人, とか言, とこの, との話, との間, と一緒, と云う, と仲, と務, と呼び, と寝かし, と母, と清さん, と申します, と近さん, と這入り, どうか生き, ならと, にあまり口, にお, にお世話, にでも来, になり, にはその, には一方, には指, にばかり任せ, にも覚られ, に七番, に与えた, に会った, に対する嫌, に小言, に年上, に思ひ, に抱きつい, に言葉, に訊い, に話, に逢, に限つて, に限つて小花さん, のその, のそれ, のため, のよう, の兄貴, の前, の号令, の名, の後見人, の心次第, の懐, の手柄, の斜陽, の死ぬ, の死体解剖, の烟管, の立場, の背中, の胸ぐら, の蒲団, の言葉, の身, の領, の顔, の駒下駄, はいいました, はおどろきました, はお前さん, はお母さん, はお袋, はさも, はじっさい, はその, はたいへん, はただ, はちら, はとっさ, はどう, はぼく, はまったく, はまるで, はもっと, はよそ, はわたくし, はチンチン, は一度, は二階, は何と, は何とも, は切り出しました, は吹雪, は和服, は囲炉裏, は固く, は夜, は大変しわわせ, は客, は家, は宿, は寝, は急, は時折, は本当に, は死になました, は水泳, は浮き輪, は男, は目, は笑い, は答えました, は膝, は自分, は赤く, は身, は逃げ出し, は電燈, は青い, は駕籠, は黙っ, ばかりには心から, へ向い, もわたし, も一緒, も同じ, も変った, も好い若い, も気, も海, も満, も藁, や清さん, や英さん, をからかってる, をからかつて, をここ, をつかまえ, をどう, を何とも, を呼ばせる, を呼びました, を呼ぶ, を大事, を慰め, を松永夫人, を睥, を突きとばした, を罪, を訪ねた, を長く, 恋しや, 詰まらない事

▼ 清~ (190, 3.1%)

7 の心, の眼 6 はその 4 はそれ, は自分

2 [13件] が学問, にはよく, の方, の注意, の耳, の背中, の頭, はどんどん, はふと, はまた, は不思議, は何ん, は首

1 [136件] から届いた, がいっ, がことに, がだんだん, が会社, が十二分の自信, が孵化場, が横, が物, が知っ, が象, だから, だけれども, としてはかりに, とは何ん, にとってはこれ, にとってはたんなる, にとっては屋外, にはその, にはそれ, にはちょっと, には仰向け, には奇怪, には思えた, に対しての態度, に挨拶一つ, に自分, に見やられる, に迫っ, のこと, のドア, の使い, の奴, の学資, の家, の家庭, の寝床近く, の平生, の床, の弟, の後ろ, の思った, の気, の気性, の知らない, の神経, の胸, の自分, の身体, の部屋, は, はいきなり, はいっ, はいつ, はいつも, はかすか, はきゅう, はきれ, はくだらない, はこれ, はしばらく, はしん, はすぐそう, はそう, はそこ, はたまりかね, はつまらぬ, はほとんど, はもう, はやがて, はやはりいつの間にか, はややともすると, はよく, はわざと, は一人, は一昨日ここ, は一種, は上京, は下駄, は今, は今夜, は低能, は体じゅう, は冷然, は加藤, は同情, は喀痰, は喀血, は園, は夜気, は大きな, は始め, は家, は寝た, は小学校, は少し, は川べり, は弟, は当面, は心, は思いきっ, は思いだした, は思った, は感じたかった, は感ずる, は慌て, は憤り, は我, は手, は早く, は時おり, は浅い, は深い淋し, は深く, は溜息, は煮えきらない, は熱感, は白石, は知っ, は純次, は綿, は考え, は聞こえる聞こえない, は胸, は膝, は茶の間, は西山, は見, は誰の, は面倒, は順々, は香り, への仕送り, をたじろがす, をますます, を見上げる

▼ 清~ (175, 2.9%)

4 出て, 店の 3 声を 2 左近の, 物を, 言葉を, 錦の, 顔を

1 [154件] あたかもお, ある會社, いないこと, お前に, お勝手口, かねて, きて, この問題, こんな事, さう云, さぞおどろい, しきりに笑っ, しゃがんで, すきだ, すぐ側, せっせと針仕事, そういいました, そこへ, そっとはいっ, それを, たった一人, ためにも, つけ廻されてる男, できるかと, とびこんで, なるなると, はいって, ひとりで, ひと走り, まず政所, またやって来, またやって来た, まだ入棺, みそめて, やってくると, やって来ては, やって来ても, よく云った, わざわざそれ, ウンスー言ってる, バタバタ中, レロ, 一人い, 一人で, 万事の, 上半身を, 下へ, 下りて, 下女部屋の, 主膳高清に, 二年がかりで, 云い残して, 云うの, 云つた, 京屋の, 仕損じても, 伯父なり, 何かに, 何だか晴れやか, 何の, 保子そっくり, 俳諧を, 傍に, 元気で, 切り出すまでも, 助けだした, 卒業証書を, 台所で, 問い返したお, 問うた, 器用な, 坂井からの, 変梃な, 外套を, 太い声, 始て, 始まった, 姿を, 室から, 少年探偵長として, 屋根一ぱいに, 待って, 従弟ど, 御給仕, 心配し, 心配そうに, 思ひの, 或は頓馬, 手探りに, 持って, 指した場所, 明に, 時々京阪, 時々泣く, 普請奉行と, 暫く話, 曖昧な, 最後まで, 會つて見, 来たり, 来ましたぞ, 来ると, 来るの, 来訪者の, 果して英子, 梅津利彦氏で, 歌ひながらに, 此店へ, 死ぬまでは, 死んだら坊っちゃん, 死んでから, 死んでからは, 殆ん, 殊にその, 汪紹生の, 泉殿へ, 泣き出して, 温泉へ, 火燵のや, 独り留守を, 猶更, 眠って, 眼を, 磯に, 突伏した, 突然台所, 立って, 立去って, 竹箒を, 第一回文化擁護国際作家大会, 笹飴を, 紅梅を, 義経公の, 腰に, 自分の, 自身の, 英子である, 落ちたの, 著作した, 行ってるので, 行方不知に, 見のがす筈, 見付け大, 詩を, 説明し, 象を, 贔屓に, 越後の, 里春の, 里春を, 面白がる, 頭に, 頭を, 馬上から

▼ 清ちゃん~ (159, 2.6%)

6 の姉さん 3 がいいました 2 だまって, にかし, のこと, のよう, の後姿, はえらい, はお, は吉坊

1 [134件] あのお, あの木, お押し, お燗, かあっち, から貰った, があちら, がいじめる, がいった, がお母さん, がかけ, がきつく, がこたえた, がする, がそう, がその道, がそんな, がたのみました, がつづきました, がなげました, がね風船球, がもっと, がりんご, が切り込みました, が叫びました, が奥, が嫌, が屹度君, が川, が年, が来た, が泣い, が泣きだしました, が答えました, が頭, このボタン, こんな遠い, しっかり, だ, だね, でしょう, という名前, とその, と光一さん, と私, と遊ん, と遊んだ, どうする, なぜお前さん, にあげ, にじかに, にはききわけ, にはそう, にも相談, にも買っ, にやりました, に向島, に行っ, に見せたい, に返そう, のいった, のお母さん, のお父さん, のすき, のところ, のほしい, の不幸, の夕刊配達, の姉さん一人, の子守さん, の後, の手, の汗みずく, の番人, の目, の節廻し, の肩, は, はいいました, はいっ, はいつ, はうらめし, はかりた, はきのう午, はきょう, はこちら, はこのごろ, はこんなに, はさびしかっ, はすぐ, はすこし, はふしぎ, はもう, はよろこびました, はわせ, はハンドル, は一人, は中学校, は二つちがい, は学校, は家, は思い出した, は急, は打ち込みました, は拾いました, は早く, は気強かっ, は独り, は病気, は私, は絣, は逃げ場, は門, までも口, も, もあわてました, もいらっしゃい, もうおじいさん, もお, もおばさん, もずいぶん, も光ちゃん, も前田, も徳ちゃん, や徳ちゃんたち, をびっくり, を呼ん, を怪我, を酔い潰し, を釣った, 早くおいで, 来るとき, 返して, 追っかけて

▼ 清戦争~ (159, 2.6%)

9 の時 8 の頃 5 の後 4 のとき, の当時 3 が起った, の最中, の終った

2 [11件] があった, が始まっ, が始まった, で日本, というもの, に出征, に従軍, のあった, のこと, の勝利, までとその後

1 [98件] から十年後, から日露戦争, から日露戦争前後, がどういう, がはじまっ, がはじまつた, がまさに, が勃発, が始まつ, が彼, が突発, が終った, が終つたの, が終り, が終局, が背景, が起こった, が開かれ, だ, であり東洋, でこの, で分捕りした, で台湾, で戦死, で戦死者, で遼東半島, といえ, となっ, とは少, など官民一致, において歌舞伎派, には二六新報, には公爵, には兵士達, にも参加, にも日露戦争, にゃ勝った, によって台湾, にわが国, に予備役, に依つ, に台湾, に従軍記者, に琵琶, に行き, に関連, に際していわゆる, に際してちょうど, に際して清国敗北, に際して背後, の, のあと, のある, のじき後, のはじまった, のまだ, のよう, のチョット, の三国干渉, の亡国的記憶, の余勢, の光景, の前, の名残り, の噂, の執行者, の場, の大, の好戦的, の始まる, の始まろう, の実際, の少し後, の幕, の後三菱, の心, の日本, の時分, の時従軍, の画, の直後, の終局, の結果, の翌年, の苦き, の連戦連勝, の錦絵, の風雲, はこの, はますます, は明治二十七, へと外題, までにどれ, までを連続, も其通り, を想うべきである, を相当, 開く

▼ 清~ (138, 2.3%)

4 して, すが 3 聞いて 2 おたま, かえり形, この朝, まばゆさ, 出して, 夢中に, 嫁し

1 [113件] いいつけて, いざなわれ肥後, いったの, うちひびく, おみやげ, お負け, かいて, かまけて, かまける, かまった, きかせ踊らせる, こごしき妙義嶺, ささやかれても, それを, ちがいない, ちょっと上, つづいて, どんなもの, なお二三度言葉, なつて, なると, のぼりし足音, ぶっつけるよう, ぶつかって, ましろき, めあわしました, やった, ゆき逢い, ゆっくり逢いたい, 一声吹い, 一寸参っ, 一本ひかせた, 乞うと, 云いつけて, 亙る間, 任せて, 会った, 似ては, 何か, 何を, 何返, 作らせたもの, 全部ひっかかる, 出逢うと, 出逢った, 出逢わなかった, 又真似, 及び好事, 叫びました, 命じた通り, 嚇されたこと, 土産の, 在りては, 孕ませたの, 宛てて, 家督を, 家賃を, 寄りあいが, 布施し, 往った, 後妻が, 心惹かされてる, 我が軍, 手紙で, 扶けられ, 揚れるは, 敗れた明末の世, 教えて, 明かに, 来て, 来るなら来いと, 栄えたでは, 歌を, 氷嚢へ, 洋灯を, 渡して, 滑なり, 濡手拭を, 煽てられたこと, 父の, 物を, 犬の, 相違ない, 答えた, 答えて, 維持し, 聞いてるねん, 聞く事, 膳を, 至って, 至つて始め, 至り益, 至るまでの, 至る各, 落ちたぎつ, 親しんで, 話しかけた, 話したところが, 近づいて, 送り迎えさせました, 通じるに, 逢いたくなった, 逢うこと, 逢うの, 逢ったに, 逢って, 遣わしたと, 関係が, 降つた不忠不義, 降參, 非ず, 面して, 鰐や

▼ 清~ (122, 2.0%)

5 呼んで 4 連れて 3 相手に 2 乳母車に, 女に, 抱いて, 見て, 見に, 迎へに

1 [98件] うながすよう, おぶって, おれの, ぐんぐんそこ, しおちぶれて, しょッぴくつもりなんだろうが俺の, じろじろ見る, つうじて, つかまへて, つらねる人間学, つれて, つれケーブル, なだめて, みかえる, やって, スケッチする, 中心に, 伴さし, 冷笑し, 前に, 加えた三名, 助手に, 十時前に, 呼び寄せて, 呼べば, 失ひたり, 嫁に, 学ばば, 寝かして, 対手に, 尋ねたら北向き, 尽し人, 市ヶ谷の, 引寄せ, 待ち受けた, 思い出した, 思い出したかと, 我国に, 手に, 抱いてるとこ, 抱いてるところ数枚, 抱き川口, 抱くイタ, 押えくれたる礼, 押しのけ心, 押し上げ窓, 押へ, 指図し, 挑む, 挟んで, 振り返った, 振り返つて言, 探した, 擧げた, 斬るに, 案内に, 橋がかりへ, 此家へ, 殺すつもり, 物蔭に, 狙撃した, 目し, 真実の, 睨み据えたまま, 知らん仁, 神号, 突き殺して, 突き退けて, 經て, 罵り叱って, 罵り叱つて以後我家, 聴きに, 見つめ初めた, 見舞って, 見舞ふ, 誘ひ込んだ平次, 識って, 負うの, 責めて, 起した, 起しちまった, 起して, 踏みつけるの, 迎へ, 送って, 逐うて, 連れ退院, 遊ばせる, 阿父さん, 除いて, 階下へ, 隱した, 預けて, 頼んだと, 顧みた, 風呂へ, 馬丁の, 駒込の

▼ 清~ (121, 2.0%)

4 遊ぶ 3 一緒に 2 いって, お徳, ローマ風呂へ, 一処に, 云ふ, 別れを, 遊ぶこと, 遊ぶこと数刻, 顔を

1 [96件] いうが, いっしょでなくっちあ駄目, いっしょに, いひ続け, いわれるほどの, うちを, お才, お新, お照, こうして戯れてる, しばし遊ん, すぐ呼ぶ, その男, たった一人, なりますが, ジイドが, 一しよ, 下女の, 並んで, 二人一緒の, 云い話しっぷり, 云う下女, 云う下総生れ, 云えば, 云ふところの, 伊藤奚疑の, 保子と, 入浴泳がせる, 入浴荷物を, 刎頸の, 千枝子を, 合同し, 名のって, 名のりかけ, 向ひ, 呼ばれし頃, 呼ばれて, 和泉屋との, 大に, 女房共に, 定雄とが, 定雄の, 小六とで, 山嵐とは, 心配致し, 或る, 揃って, 撞着する, 敏子とは, 新造の, 書いて, 朝霧の, 朝霧与八の, 東も, 武田麟太郎と, 汪紹生それから, 汪紹生だった, 汪紹生とが, 汪紹生とに, 汪紹生とを, 汪紹生は, 洋太郎と, 濃との, 父との, 牛丸平太郎は, 申しますもの, 申します者, 申す割烹店, 男との, 畑尾とは, 約束した, 結婚した, 綺麗な, 美智子とは, 舟遊びでも, 英也が, 英也と, 英子とが, 英子とは, 荒井同道, 落合ひ, 號し, 袖萩を, 謂ふ, 遊ばう玩具, 遊び二時, 遊び十一時半, 遊び平野, 遊ぶ何と, 遊ぶ子供, 道子を, 非常に, 風呂へ, 高井英子と, 高橋の, 高賓如

▼ 清~ (119, 2.0%)

743 と一郎君, の耳もと 2 の声, は胸, も, もその

1 [94件] がからかう, が上海, が残っ, が胸, が自分, が見る, じゃない, では, という豪, といふ, と心配顔, と私, にあげましょう, にはなんだか, によばれ, によびかけた, によろしく, に肩, に話し, のこと, のよう, の乗っ, の介抱, の容態, の射つ, の幻, の指さす, の新訳, の方, の泣き声, の腕前, の血, の行方, の身の上, の身体, はあ, はがっしり, はこの, はこれからすぐ, はしきりに, はじっと, はその, はたすかった, はたまりかね, はだまっ, はつかれた, はなかなか, はなんだか, はひとり, はまるで, はよく, は一晩, は丁坊, は今年十六歳, は内火艇, は動物園, は又, は右, は困っ, は夜, は少年参謀, は強い, は心, は救命袋, は新聞記者, は木下大佐, は槍岳, は歯, は残念そう, は波, は泣きたくなる, は泣き出したい, は無我夢中, は石, は遅く, は遠慮, は雨, は頭, は首, は黒い, もすこし, も勇気凜, も大きな, も少し, も青い青い, も頬, やラノン海賊, よ, をうながし, をつかむ, をはじめ骸骨館準備委員, をよん, を見上げた, を見向き

▼ 清左衞門~ (117, 1.9%)

3 と申す 2 の胸倉, の長屋, の顏, は丹, は其の, は如何にも, は平次, は靜, を訪ねました

1 [96件] がむゝと眼, が入牢, が助かる, が娘, が封印, が御, が歸つて來, が目, が礼, が顔, で, でございますから, という人, という浪人者, という者, と云う, と申します, と若い, なら覺悟, に向い, に小, に手嚴, に指一本, に訊ねました, に預けました, の使, の兄, の取出した, の口, の娘, の弟, の手, の折, の文面, の方, の浪宅, の番頭, の短刀, の自由, の説明, の間, の顔, の驚き, はう, はお, はこの, はこれ, はさ, はゴクリ, は一寸, は三年あと亡, は人違い, は仮, は会所, は全く, は到頭, は勃然, は古金買, は唯, は大きく, は如何, は実に, は寛げた, は寺, は後ろ, は御, は提灯, は木偶, は此上, は武士, は腕, は腹, は膝, は血眼, は親, は豫, は長屋, は長谷川町, は開き直りました, は非常, は頑固, は頭, は顏, へ話, も之, も彌次馬, をお, を取押え, を呼べ, を見る, を邪魔, を顧みました, を驚かさなかつた, 其の方, 悉く悦ん, 控えろ此

▼ 清~ (109, 1.8%)

2 であった, とお, に逢った, のその, の家, はその, はなぜ

1 [95件] が, がお, がこの, がこんな, がちっと, が下, が下階, が何, が優しい, が出窓際, が前, が取立て, が声, が姿, が寄進, が座敷, が心付い, が戻, が扇子, が手, が朧, が来る, が片手, が盃, が膝, が自分の, が落した, が言う, が訊く, が貴女, が頬摺り, さえ夢, だった, だ清葉, とな別嬪, とは誰, と面, にそう, にゆくりなく, に云った, に手, の, の前, の口紅, の声, の容子, の手水鉢, の目, の眉, の看板, の継しい, の途中, の門, の雪, はいまし, はお, はきりりと, はきれ, はしみじみ, はすっと, はまた, はもう, はもの寂し, は一度, は何, は例, は前, は半ば独言, は向う, は声, は実際, は座, は思いがけず, は格子, は桜草, は欄干, は温容, は町, は真面目, は睫毛, は聞伝え, は若い, は軽く, は途端, は風説, ばかりを当の, も改めて, より聞く, を凝視め, を口説い, を見ました, を詈, を遮っ, を頤, を驚かす

▼ 清~ (94, 1.6%)

2 なる固, の甲, の立場

1 [88件] からさい, からも内々, が, がその, が代っ, が帝, が蓑笠, が馬, だ, だった, であったと, でござる, ともよばなかった, と道誉, などはそれ, なの, なもの, な犯し, な行い, な詩, にすすめ, にどんな, には, にはこう, にも不審, に会う, に描き尽され, のあいだ, のいる, のお, の口, の失脚, の室, の家, の家来, の小心, の島後, の帰島, の感じ, の抱い, の職, の部下, は, はいま, はかたらなかった, はこう, はこわい, はさっそく, はそこで, はその, はやっと, は一そう疑い, は一歩, は佐々木党, は何かと, は何とも, は初めて, は半信半疑, は叔父, は問注所, は四十前後, は妻, は宗家, は島, は幕府, は晴れいでたち, は残兵, は絶対, は自, は自分, は赤, は近江, は錯覚, は隠岐, は隠岐一島, ばかりを談合相手, も, もそれ, もみな佐々木一族, も知らぬで, も連れ, も鎌倉, も青, よりずっと, をさし招いた, をつかまえ, を伴っ, を帝座

▼ 清麿~ (92, 1.5%)

2 の弟子, は

1 [88件] からも, から例, がそこ, が家, が帰っ, が欣ん, が江戸, が称徳天皇, が自身, が長州, でございます, で蘭軒, といえ, とはお, ともある, に, について本, には彼女, には忘れ得ない, にも疑い, のなじみ, のふところ, のやつ, の事績, の俯ッ, の偽物, の喉, の家, の寝顔, の小柄, の弟子斎藤清人, の意識, の手もと, の気もち, の気持, の烈しい, の痩せた, の胸ぐら, の遺作, の銘, の鍛, の鍛冶小屋, の青白い, の面, の顔, はあらゆる, はう, はぎく, はすぐ, はそこ, はどう, はぺたっと, はもう, はよろぼい, はハッ, は両手, は二人, は今日, は六, は刀鍛冶, は初めて, は力まかせ, は名人の, は大勢, は天井, は彼, は恩師, は眼, は知らないで, は知り合った, は自作, は身, は酒, は重, は鞘, は驚く, は黙っ, もいずれ, もその, も仕事, も何気なく, も又, も来, をだました, を愕然, を懐し, を袋叩き, を賤

▼ 清~ (72, 1.2%)

3 と二人, はお

1 [66件] がおとなしい, がぶつぶつ, がカン, が不足, が十三, が半紙, が合意, が小屋, が袖, が鍵, ですよ, という男, という頓馬, という養子, とが港内, とその, との仲, とは道後温泉, と三人づれで忠蔵, と高話, に, にはどうしても, に初会, に金五郎, のこと, の一件, の二の舞, の作っ, の信用, の奴, の幽霊, の後釜, の手のひら, の方, の異議, の相方, の腕, の迷い, の遠島, は, はいよいよ, はくやし, はさらに, は七輪, は二十五両, は友蔵, は取引, は大きく, は姿, は気味わる, は調布, は遠島, は金五郎, は養子, は馬鹿叮嚀, も乗っとった, も六十, も金五郎, より二十円, をだまし, を堕落, を府中, を手傳, を逐い出し, を遠ざける, を養子

▼ 清~ (60, 1.0%)

3 な水 2 の, の地, を保ツ

1 [51件] し, であ, ですね, でそして, で八幡樣, とし, となり, なそして, なもの, なりわれ, なり無垢, なるべき所, なるもの, なる口, なる影, なる心, なる快, なる思想, なる情, なる歡喜, なれば, な器物, な寄附金, な少女, な心, な木, な機, な滿足, な火, な瓶, な空氣, な蒲團, な衣裝, な金雀花, な雰圍氣, にし, にせよ, に横, に活命, の光, の夜, の月, の杙, の業, の氣自ら, の焔, の空氣中, を尚, を曲説, を求め, を體得

▼ 清少年~ (57, 0.9%)

63 は腕

1 [48件] が, があの, がなに, がひろい, がわれ, が代々木, が大声, であること, と別れた, と紺色, にささやいた, にちがい, にも, に聞かせ, の, の武勳, の肩, の腕, の行方, の運命, はいそい, はうれしく, はたすからない, はどもり, はサッと, は両手, は元気, は兄大佐, は北浦少佐, は心から, は思わず, は思わずぶるぶる, は恨めし, は沈ん, は漂流, は熱, は甲板, は発射ボタン, は白い, は胸, は谷兵曹長, は驚い, は黒い, もなんだか, もフーラー博士, も頭, をにらんだ, を発見

▼ 清ちやん~ (54, 0.9%)

4 の枕元 2 のひも, の心臟, の死, の足, はまた

1 [40件] がお, が云, が握, が死ん, だけはただ, と敏ちやん, と私, のからだ, のこの, のため, の好き, の耳, の行動, の變事, の顏, の黒い, は, はさ, はその, はそんな, はぢ, はふるへる, はもう, はハラ, はブルブル, はホツ, は全く, は内, は呼び込んだ, は大, は大急ぎ, は尋常二年, は或, は日に日に, は昂奮, へ同情, も学校, も来, をほん, を見舞

▼ 清~ (53, 0.9%)

3 の気 2 でおだやか, で軽妙, ならず, なる希臘田野, な気分, な魂, にし

1 [36件] であったなどという, でありそこ, で温和, で生命, とした, とでもいうべき, との味, とを取り返す, と喜悦, ならず風, なること, なる友, なる心境, なる高峰, なれ, な事, な光, な協奏, な心, な感覚, な日, な日々, な温厚さ, な熱, な空間, な笛, な精神, な素質, な美, な美しき, な自由, な調べ, の北天, の空, を感じる, 極めて爽快

▼ 清~ (49, 0.8%)

3 僕も

1 [46件] いつか真面目な, いつの間にか上手, おかけと, おれの, この文化擁護, つづいて, みんな再開した, もともと深く, よろこんで, 一緒の, 両手の, 保子も, 健在だ, 元気, 兄の, 八百松も, 共々橘, 共に入る, 出て, 別に話題, 十七で, 可なり酩酊, 同じ靫負佐, 同車橘の, 和泉屋へ, 女房共, 孝も, 屠腹した, 平和に, 弱るし, 後から, 急にに, 愚痴な, 手が, 掛り人の, 断るわけ, 此時ばかりは, 気違いに, 知らないん, 笑い合った, 老母と, 行ってたさて, 見物した, 調査には, 連れて, 駈けて

▼ 清~ (47, 0.8%)

2 や春章

1 [45件] が三枚続児女江之島詣, が画風, といっ, と春信, などもこの, にはしっかり, に代り, に倣, に及び, に移り, に至り, の, のほう, の名, の天明三年, の好ん, の孫, の展覧会, の嶄然, の感化, の描ける, の昔, の曾孫, の歿後鳥居清峰二代清満, の版画, の珍, の画, の画風, の絵, の線, の美人, の美人画, の肉付, の見方, の退く, は流浪, は浮世絵発達, は美人画, は美濃大垣, は鳥居派四世, より少し, より歌麿春潮栄, を本妻, を連想, 及びそ

▼ 清~ (45, 0.7%)

1 [45件] がちらりと, が女狂, が店二階, が毒菓子, が熊, が独言, が突然, が近頃, が首, だけは氣, という下男, という関取, といふ, とだけで, とだけはまだ, と二人, と娶合せ, の利口, の掛り, の顔, は, はお, はここ, はこの, はそんな, はそんなに, はたうとう, は三十前後, は何処, は八五郎, は取り, は得, は必死, は救い, は最早, は爾来やむを得ず, は異様, は釜, もお, も唯呆然と, をし, をしよつ引い, を促し, を召され, を射殺

▼ 清しい~ (43, 0.7%)

8 目で 5 目を 2 声, 声で, 色の, 草花の, 音を, 風が

1 [18件] とはい, ながら目容, 力の, 可愛らしい重縁眼, 命の, 声が, 声を, 恍惚と, 星の, 活溌な, 目が, 目その, 目に, 目許に, 眼さえも, 瞳を, 艶の, 錆の

▼ 清~ (43, 0.7%)

4 の, はこの

1 [35件] が, がいる, が宮城県知事, が当時栃木県知事, が編集代表, が解放, であったが, というフランス, との名, と三木哲学, と会っ, などもヒューマニズム, によって第, によつて, に一人, に招かれ, に謀っ, のよう, の三木哲学, の令閨, の労作, の啓蒙文学論, の婦人年鑑, の家, の対談, の新訳, の書かれた, の翻訳, の訳語, は, はわが, はアンドレ・ジイド, は自宅, は色々, も指摘

▼ 清~ (43, 0.7%)

3 にし 2 な光沢, な水, な面

1 [34件] があった, けき, たとえよう, である, でない, で顧みれば, とは似る, とも謂, なる光, なグラチア, なサファイア風, な一列, な佳人, な大空, な女性, な姿, な容姿, な景品, な琴, な眺め, な眼, な瞳, な美姫, な老嬢, な親子, な面影, な顏, な顔, に見, の情, の新, の趣き, も艶美, を保証

▼ 清という~ (41, 0.7%)

2 下女が, 二人の, 人の

1 [35件] のです, のは, ものの, プロレタリア作家の, 主人公の, 二十五の, 人物の, 人物は, 侍が, 僧ありけり, 公家は, 名高い鶏商屋, 哲学者は, 女で, 女に, 女は, 女中が, 女中は, 女中を, 妻は, 娘で, 婦人が, 家臣を, 川西家, 常磐津の, 思想家は, 或る, 甲種自動車運転手の, 者からは, 者が, 船宿から, 若いひと, 親切な, 豪傑腰に, 酌婦色白の

▼ 清~ (38, 0.6%)

2 の子供

1 [36件] から必ずしも, があっ, が全, が厭, というべきです, とめぐみ, とを持っ, と云ったら, と深, と真理, に打つ, に澄み返り, に自分, の印象, の感ぜられる, はまさしく, は見られなかった, も一切, も夫婦, や何, をいいます, をそそぐ, を伝え, を失いました, を感得, を有つて, を桶, を殘, を湛え, を現実, を細か, を証明, 今に忘れず, 冷たさ, 勇ましさ, 正しさ

▼ 清~ (37, 0.6%)

2 なる人, な尼さん

1 [33件] であつ, なおか, なけ, なさ, なその, なる声音, なる婦人一人, なる室, なる小女茶, なる肌, なる藤色, な光, な大男, な床, な扮装, な池, な男, な白木, な白足袋, な館造, にめぐらし, に住, に住みなし, に圓滿, に愛らしかっ, に瘠せた, に笑いかける, に美し, に美しい, に見えた, に見ゆる, の姫, の尼

▼ 清兵衛~ (35, 0.6%)

3 の子 2 と瓢箪

1 [30件] からいわれる, がいつ, がやられました, が嫡子, が子孫遺恨, が芝翫, が蔵書, で清兵衛, という先輩, という御, と両人, などかれ, など大, なる者, の事, の二階, の千四百兩, の女房, の死体, の芝居, の霊, は, は大樹, は歓喜, は田植ゑ, を破った, を立つる, を討ち果たし, を関東, 小仏小兵衛

▼ 清日露~ (34, 0.6%)

9 の両 3 の役 2 の戦争, の戦役, 両役, 両戦役

1 [14件] そして第, とも従軍, と二つ, と二度戦争, の二大戦役, の兩大戰, の兩役, の国難, の大, の大戦, の戦, の戦役当時, も両方, 第一次世界大戦

▼ 清~ (33, 0.5%)

6 であった 2 はその, は白い

1 [23件] がいた, が光る, が正坐, が白, に云った, のあざやか, の周囲, の赭ら顔, はじろりと, はそう, はそれ, はちょっと, は先導, は厚ぼったい, は声, は書状, は独り, は草履, は読み終った, は赭ら顔, は鼻, を勘定, を急ぎ

▼ 清右衞門~ (28, 0.5%)

2 は娘

1 [26件] が梯子, と云, と娘, どうする, に取, の居候, の履物, の答, の耳, の驚き, はさ, はわめく, はハツ, はフト妙, は仙石家, は名, は土藏, は大振り, は少し, は弱り果て, は後ろ, は聲, は苦々し, は足, は辛くも, を土藏

▼ 清時代~ (27, 0.4%)

2 に支那

1 [25件] でも毎年三四百萬石, になり, になる, には二十字以上, には動かすべからざる, には南支那, には宗祠, にもすべて, に於, に於ける, に至る, に親, のこと, の凌遲, の學者, の宦官, の後半期, の支那學者, の法律, の記録, は獨裁政治, を通じてこの, を通じて略公認, を通じて自己, を通じて變

▼ 清麻呂~ (27, 0.4%)

2 の語気

1 [25件] が, が不忠, が再び, なかりせば, によってのみ救われた, によって面責, に因果, に対する或, の伏奏, の姉法均, の宅, の復奏, の態度, の正義, の神教自体, の行為, はかえって, はすでに, は官, は芝居, は道鏡, は面, もぐる, をはつ, を扶持

▼ 清~ (24, 0.4%)

1 [24件] が, がいう, が信貴山, が玉座, だった, っ, など急進的, のため, のほう, の嘲笑, の姿, の復命, の言, の説, はき, はそうそう, はなお, は一言, は勅, は肩, も言った, やあまた, や大納言宣房, を召され

▼ 清~ (24, 0.4%)

2 の妻, の子, の父経清

1 [18件] がいかに, と同じく, に帰し, に從つた者, に連れ, の二子相鬪, の孫, の母, の築いた, の許, の金銀泥一行, の頃, はみずから東夷, は事実秀郷, は幼時, は康保年中, は志, をた

▼ 清~ (23, 0.4%)

4 な水 2 なる鈴

1 [17件] きわまる清水, たり長楽, たる鈴, で岩面, なので, なる物, な京, な早朝, な朝焼け, な流, な流れ, な雪解, に代らう, に其石, に御, の淵, を感じはじめた

▼ 清~ (23, 0.4%)

2 のもの

1 [21件] には天元術, に一生涯, に出た, に懸け, に支那, の人, の功臣洪, の支那数学者, の方以智, の林, の画家八, の藏書家書目, の詩界, の誰, の辮髮, の錢謙益, の間, の顧山貞, ノ諸家ニ於ケル, 以來有名な, 詩家の

▼ 清兵衞~ (21, 0.3%)

1 [21件] がいかさま, がやられました, が吐いた, が手籠, だけで, といふの, と内儀, と瓢箪, に, のため, の伜, の死骸, の死體, の評判, の部屋, は何ん, は帳場, は露骨, も惡, を殺した, を除け

▼ 清~ (21, 0.3%)

2 の物語

1 [19件] かとの世評, がとくに, である, であろうとも, という盲人, とはこの, とは海尊さま, と改めて, ないしは小野太左衛門氏, にし, のごとく, の名, の奇怪談, の小野太左衛門, の話, はみずから, は小野某, は常陸坊, 御目見え

▼ 清~ (21, 0.3%)

3 が紅絵 2 歿

1 [16件] が住ん, が板画, が鯉, とは二十五年, と拮抗, と改め僅, の三色摺中, の事, の制作板画, の板物, は最初灰色, は浮世絵史上, もまた, を以て二色摺, 歿する, 鈴木春信磯田湖龍斎の

▼ 清~ (20, 0.3%)

2 に對, より歸朝

1 [16件] と爭, に向, に赴く, に通ぜん, の保全, の勢力, の商人, の大官重臣, の青年, の領土保全門戸開放, は可, へ出張, を, をし, をといふ氣, 全權

▼ 清二郎~ (19, 0.3%)

1 [19件] がお, が出かけ, が庭先, が拵, が藤吉, という越後, に手伝わせ, に義憤, に聞いた, に頼んだ, の出よう, の後, は失望, は本所辺, は湯, は羽織, へ朝倉, も古傷, も水

▼ 清~ (18, 0.3%)

2 の邸

1 [16件] がうなずき, がこれ, がじつは, がはなし, が三尺, が五人, が綱, に伴われ, に対して不, はこう, はこの, は恐懼, は息, は頼朝, また幼少年, もいた

▼ 清葉さん~ (18, 0.3%)

2 でなくっては, の長襦袢

1 [14件] がお, が嫌った, でなくっちゃ, とお, とは違います, と違う, なら恐れ, に出, の葛木さん, は, はどう, は楽勤め, ばかり縹緻, も豪い

▼ 清~ (17, 0.3%)

1 [17件] か妻帯, が住職, ですら, ではない, で知客, というもの, にご, に仕上げたなら, のお, の特操, は一疋, は寄寓, も余り, らしく簡単, を住持, を求める, を請

▼ 清~ (16, 0.3%)

2 渡ること

1 [14件] そのこと, 大杯を, 御教書を, 手紙を, 書いてるの, 注意を, 渡つて偉い, 渡つて学問を, 渡らうの, 渡るつもり, 渡るの, 無理矢理にも, 犬も, 玩具の

▼ 清~ (16, 0.3%)

2 の近親, 居士文政十三年庚寅十二月十二日

1 [12件] であつ, でないこと, とする, と此定五郎, には母, のため, の初, の歿, の父, は壽, より後, 居士文政三年庚寅十二月十二日松壽院妙眞日實信女文化十二年乙亥正月十七日と

▼ 清戦争後~ (16, 0.3%)

2 の日本

1 [14件] でホトトギス一派その他, には日本, には高山樗牛, に起った, に露, の企業熱勃興, の国費, の軍人, は小倉, は戦勝, まも, めくらじま, 当然大使, 特に日露戦争後

▼ 清~ (16, 0.3%)

2 も清貧, を平生

1 [12件] が報, が報われない, と死所, にかかわる, のため, の長老, は, を保つ, を全う, を完, を徹そう, を看板

▼ 清~ (15, 0.2%)

2 汝喧嘩は

1 [13件] お新, かに鋭い, が殺され, はじめが, 両国あたりでは, 唐糸が, 女房の, 帰ったよと, 惟光に, 旦那さまは, 清や, 清やと, 私気が

▼ 清友亭~ (14, 0.2%)

2 のお

1 [12件] だつた, なんぞへ行く, に差し向けた, に来た, は彼, へでも出掛ける, へ来, へ駆けつけた, より他, を伴, を出た, を訪れた

▼ 清戰役~ (14, 0.2%)

3 の頃 2 によつて, を界 1 があ, と日露戰役, の大, の敗亡, の時, の終期, の結果

▼ 清~ (13, 0.2%)

2 はない

1 [11件] この人, その後いくばく, みな祖父が, 三人で, 四人で, 川口, 左脚が, 思い出した, 来宮駅から, 植民会社を, 良清の

▼ 清~ (13, 0.2%)

2 をさして

1 [11件] で, と刻, に入った, に拾得, の三門, の夕桜, の縁, の行在所, の豐干, へ往く, までは爪先上り

▼ 清~ (13, 0.2%)

1 [13件] たるもの, ですね, とした, なるが, なる小家, なる当世風, なる彼, な庭, な木の間, な神護寺, な細軸, な顔付き, を誇っ

▼ 清~ (13, 0.2%)

1 [13件] あのお, が先, が帰った, が此, ではあるまい, という者ゆえ, に聞きまし, の帰り, はまだ, は店, は曲者, は驚い, も根

▼ 清ちや~ (12, 0.2%)

51 んい, んお, んお前, んそれ, んそんな, んほんとに, ん清ちや

▼ 清島町~ (12, 0.2%)

1 [12件] からこの, からは何程, から蔵前元町, という所, という町, に生まれ, に生まれました, の家, の裏町, の裏通り, の裏長屋, を引上げ

▼ 清戦争当時~ (12, 0.2%)

2 のこと 1 と同じく, と同様, と違っ, のブルジョアジー, の例, の如くならず, の独歩, の追憶, は初めて, ほどの好

▼ 清朗さ~ (12, 0.2%)

1 [12件] があった, が突然, には到達, に云う, に心, に誘われ, の上, は消え失せ, も単に, をまったく, を失わず, 慰められた心

▼ 清~ (12, 0.2%)

3 な水 1 なる噴泉, な対照, な小川, な岩間, な清水, な秋, な純粋, な試薬, な陶酔

▼ 清~ (12, 0.2%)

21 がある, が卒, のよう, の万葉学, の亡き後, の死, の筆, またその, も父, を認め

▼ 清~ (11, 0.2%)

2 て哀しき 1 しわが, ても言, にけり, ゐる雪柳ただ, 梅の, 水そこに, 酒の, 雪祭る, 魂魄も

▼ 清~ (11, 0.2%)

2 だ声, だ音 1 だの, だので, だフランス風, だ朗, でおった, で読ん, で読んだ

▼ 清~ (11, 0.2%)

4 喜び 2 元気, 居士と 1 ハシャギ, 居士, 法師

▼ 清~ (11, 0.2%)

2 とも謂うべき, 且仁慈 1 でこまかい, なるもの, なる海道随一, に比し, の味, の調である, 雅致の

▼ 清淨無垢~ (11, 0.2%)

2 なもの 1 だと, といふ觀念, な女, な娘, にし, の, の女, の腕, の觀念

▼ 清から~ (10, 0.2%)

2 遠ざかろうと 1 しめた, それとなく最期, もらった財布, 思いついたこと, 来る魅惑, 板前が, 苦情の, 駕籠で

▼ 清との~ (10, 0.2%)

2 ことだけ 1 ことは, ことも, ことや, その朝, 単なるいきさつ, 噂が, 間に, 間について

▼ 清~ (10, 0.2%)

1 では荒唐, とかいふやう, とかいふ風, になる, の作, の再, の所謂赤繪, の碩學兪曲園, の記録, 第一

▼ 清入道~ (10, 0.2%)

1 がいった, が来, こそは弟, と末, に, は死ぬ, も朝霧, やら軍師, や朝霧官女, を介抱

▼ 清~ (10, 0.2%)

1 お祭り, が八五郎, そじや, ときめ, と松倉さん, に頼み, は小柄, を借りたい, を逃がし, 聞き分けて

▼ 清~ (10, 0.2%)

2 の罪 1 から大, が特に, が目覚め, に貢, の宗室大官, の態度, も漢人, より朝鮮

▼ 清~ (10, 0.2%)

2 な姿 1 である, なわびし, な容姿, な小, な感じ, な有様, な陰影, を極めた

▼ 清とは~ (9, 0.1%)

1 その地方, どちらも, もう高い, ローマ帝国と, 前にも, 四五年振, 大喜び, 屋続きの, 長旅の

▼ 清事変~ (9, 0.1%)

2 の時 1 が起き, で各国, の兵士, の小さな, の発端, の話, はいよいよ

▼ 清~ (9, 0.1%)

1 がため, の子, の子婦, の家, の時, は元, は其場, は未だ, をし

▼ 清右衛門~ (9, 0.1%)

1 が振向いた, じゃ, だの他, という御家人, に多摩川, のほう, の世話, の家, は必ず

▼ 清~ (9, 0.1%)

1 でも一々, でも一樣, でも又, と云, などを参酌, などを基礎, にまで行, に至る, 迄續

▼ 清戰爭~ (9, 0.1%)

1 があり, となつ, になりました, にはまだ, の初め, の執行者, の後, の直ぐ後, の起つた

▼ 清~ (9, 0.1%)

5 堂の 1 堂に, 堂御神楽, 堂焼亡の, 水など

▼ 清木先生~ (9, 0.1%)

1 の背, は, ははっと, は史郎, は怒った, は薬学専門部, は足もと, もこの, を中心

▼ 清綱さま~ (9, 0.1%)

2 から相伝 1 から京, が京, の古今和歌集, はありあり, はもともと, もそれ, をお

▼ 清養寺~ (9, 0.1%)

3 の飯炊き 1 に飛ん, の床の間, の庫裏, の本堂, へ寄進, へ行つたの

▼ 清~ (8, 0.1%)

1 が飛び出しやがっ, じゃねえ, のため, の人家, の先発, めすぐくたばっちまやがったが, も宜しく, をもっ

▼ 清~ (8, 0.1%)

1 と利休, な一とき, な文芸復興期, のこころ, の境, の思, を愛す, を考へる

▼ 清~ (8, 0.1%)

2 といひ 1 あり新た, とこの, の心ばえ, はその, よむらさき, 参事兼大隊長加藤武彦の

▼ 清~ (8, 0.1%)

3 を願 1 を汚し, を汚した, を涜, を煩わし, を辱

▼ 清なる~ (7, 0.1%)

1 こと等々を, にあらず, 学者は, 朝を, 眼を, 者に対して, 識別を

▼ 清一色~ (7, 0.1%)

1 で和ら, で而, とか國士, の満, を企て, を打ち上げた, 自摸入

▼ 清九郎~ (7, 0.1%)

2 と与吉 1 が赤岩清九郎, が追っかけ, にちがい, になろう, は大物

▼ 清~ (7, 0.1%)

1 なこと, なるにも, なるを, な空氣, な風, の気, の氣

▼ 清十郎殿~ (7, 0.1%)

1 との好誼, とはご, には九分九厘, に会わせ, の如く, や伝七郎殿, 起っては

▼ 清~ (7, 0.1%)

1 であった, ではない, でもない, でも心, の寮, の笑い, の筆

▼ 清~ (7, 0.1%)

1 といふ人, なること, の世, の天地, の目, は今度, は若

▼ 清戦役~ (7, 0.1%)

2 のため 1 が済ん, というその, の古戦場, の最中, もしくは日露戦争

▼ 清~ (7, 0.1%)

41 はほのか, やがても, 焦がれ

▼ 清~ (7, 0.1%)

1 で催した, のある, の二階, の宴会, の楼上楼下, の石垣, を出

▼ 清琴楼~ (7, 0.1%)

2 と呼べる 1 に一泊, の二階座敷, の家格, の浴室, の間毎

▼ 清~ (7, 0.1%)

1 と堅実, な幾品, な建築, な精神, な耶蘇教会堂, な耶蘇教會堂, にし

▼ 清~ (7, 0.1%)

2 料を 1 料が, 料として, 料は, 料も, 日と

▼ 清~ (7, 0.1%)

1 が北京, が關, に降服, の南方經略, の地雷火, の精鋭, も大

▼ 清事件~ (6, 0.1%)

1 に至つて, のあ, の取沙汰, の影響, の時, を加

▼ 清修館~ (6, 0.1%)

4 と云う 1 へ越し, を出ました

▼ 清十郎様~ (6, 0.1%)

1 が来, っ, でも来, のお, の御, はまだ

▼ 清女たち~ (6, 0.1%)

1 が住む, が神楽, と幾日, の群れ, はひとしく寂しい, へ笛

▼ 清導寺~ (6, 0.1%)

2 の嬰児 1 と云う, の上, の坊さん, の谷

▼ 清~ (6, 0.1%)

1 が蒙塵, とちがっ, との縁組, に献ぜん, の夢, ノ御

▼ 清戦争以後~ (6, 0.1%)

2 のこと 1 では, には提灯, には桃湯, の頃

▼ 清~ (5, 0.1%)

2 清と 1 清の, 膳を, 身は

▼ 清かりし~ (5, 0.1%)

1 をもて, 朝ぼらけ, 湯川の, 眼は, 者は

▼ 清しき~ (5, 0.1%)

2 は雪 1 ひ, を其儘, 鳴りひびく

▼ 清~ (5, 0.1%)

1 から私, がそれ, そうです, と聞いた, ね

▼ 清とが~ (5, 0.1%)

1 一つの, 一番よろしく, 三方から, 両方から, 立って

▼ 清には~ (5, 0.1%)

1 別に國書, 叔母に, 滿洲から, 菓子を, 順治帝の

▼ 清むる~ (5, 0.1%)

1 には好, の例, の風習, は普通, を果實

▼ 清元気~ (5, 0.1%)

3 よし 1 だが, よくレロ

▼ 清六さん~ (5, 0.1%)

2 とあつし 1 と植木屋, のため, の一人きり

▼ 清十郎どの~ (5, 0.1%)

1 がここ, ならびに伝七郎どの, は気の毒, へ対し, も

▼ 清~ (5, 0.1%)

1 に嘯傲, のお, 即ち大, 即ち清, 即ち禹餘天

▼ 清~ (5, 0.1%)

1 なる味, な情趣, な感じ, な風趣, を欠い

▼ 清戦争前後~ (5, 0.1%)

2 に店 1 に生活, に至り, のロマンティック

▼ 清氏等~ (5, 0.1%)

1 がしばらく, と謀り, によってヒューマニズム, によって明治以来, の

▼ 清眞寺碑記~ (5, 0.1%)

1 があつ, が果して, に據, は明, を論評

▼ 清談判~ (5, 0.1%)

21 なら貴様, の如く, の時

▼ 清~ (5, 0.1%)

1 は遥, を帯び, を楽, を聴き, 愛すべきもの

▼ 清しく~ (4, 0.1%)

1 ほんとうの, 左の, 法衣の, 美津は

▼ 清といふ~ (4, 0.1%)

1 のは, 男が, 美しいの, 風に

▼ 清とを~ (4, 0.1%)

1 取巻きました, 呼んだ, 相手に, 近づける理由

▼ 清にも~ (4, 0.1%)

1 一切の, 別段の, 命じて, 恋して

▼ 清むべ~ (4, 0.1%)

21 き所, く湖

▼ 清より~ (4, 0.1%)

1 きこえて, 一年上の, 年下の, 輸入する

▼ 清七殿~ (4, 0.1%)

1 だって決して, など眼, は越後獅子, ひどくしょげかえっ

▼ 清~ (4, 0.1%)

1 に聞かれ, の第, は入唐, をおどかしつけ

▼ 清兵衞さん~ (4, 0.1%)

1 がお, がお出で, と云う, に相談

▼ 清十郎先生~ (4, 0.1%)

2 のお 1 に, に試合

▼ 清博士~ (4, 0.1%)

1 が壱越調呂旋, の蓬屋, の講演, は幸田節三

▼ 清~ (4, 0.1%)

1 さらに心腸, に月光, の列柱, を楽しむ

▼ 清夫婦~ (4, 0.1%)

1 からの土産物, が偶, とみの, の所行

▼ 清~ (4, 0.1%)

1 か, があった, には第, に及び

▼ 清~ (4, 0.1%)

1 がどなった, がふりむいた, にいった, のその

▼ 清~ (4, 0.1%)

2 の守 1 に事, の前

▼ 清~ (4, 0.1%)

1 に此処, のこと, のとき, の事

▼ 清戰役後~ (4, 0.1%)

2 に日本 1 の十七八年, はこの

▼ 清~ (4, 0.1%)

1 と花やか, なんぞやる, の哀歌, の流行

▼ 清殿~ (4, 0.1%)

1 の命, もあの世, をさらつて, を小脇

▼ 清~ (4, 0.1%)

1 に影, も来つ, を渉, を潜っ

▼ 清浦氏~ (4, 0.1%)

2 の敵 1 は研究会, は研究會

▼ 清~ (4, 0.1%)

1 と四辺, に戻り, に生れ, に釣

▼ 清特約~ (4, 0.1%)

2 更に露都 1 を廃棄, を廢棄

▼ 清眞寺碑~ (4, 0.1%)

1 が現存, であるが, の所在, は支那

▼ 清~ (4, 0.1%)

1 がしばらく, の一行, の同宿, の諸氏

▼ 清葉姉さん~ (4, 0.1%)

1 に岡惚れ, のでしょう, の家, 酷いこと

▼ 清~ (4, 0.1%)

1 ての, という人, に就い, の名

▼ 清~ (4, 0.1%)

1 の山門, の道主, へお, へおもむいた

▼ 清~ (4, 0.1%)

2 なる分子 1 と作詩, なる本性

▼ 清麿さん~ (4, 0.1%)

1 のお, の仕事場, の昔名前, も喰

▼ 清~ (3, 0.0%)

1 心を, 空と, 肌の

▼ 清なら~ (3, 0.0%)

1 こんな時, ば十時間, 手直しとか

▼ 清ばかり~ (3, 0.0%)

1 だつてさ, でなくその, では

▼ 清への~ (3, 0.0%)

1 責任も, 贈りもの, 返事を

▼ 清みか~ (3, 0.0%)

1 がやかに, も九十九, も旅

▼ 清んで~ (3, 0.0%)

2 訓んで 1 言ふ

▼ 清一人~ (3, 0.0%)

1 が例外, じゃこの, ならいい

▼ 清~ (3, 0.0%)

2 党の 1 地を

▼ 清両国~ (3, 0.0%)

1 のいずれ, の境界, の間

▼ 清事変当時~ (3, 0.0%)

1 だけの道義, の日本軍, の皇軍

▼ 清~ (3, 0.0%)

1 なる一管, な河鹿, の質

▼ 清八どん~ (3, 0.0%)

1 ですか, でなくたつて, はひどく

▼ 清兵衛氏~ (3, 0.0%)

1 に飛びかかり, は日本毛織, も当時

▼ 清凉山~ (3, 0.0%)

1 と稱, の清, は近頃

▼ 清処塾~ (3, 0.0%)

1 にありし, の分室, の書生

▼ 清國保全~ (3, 0.0%)

2 の旨義 1 の大

▼ 清國留學生~ (3, 0.0%)

1 として下宿住居, として横濱, のひとり

▼ 清地方~ (3, 0.0%)

1 と申しました, に限りません, へ出掛けよう

▼ 清~ (3, 0.0%)

1 に百年, の荘厳, は百年バルザック

▼ 清~ (3, 0.0%)

2 を得る 1 にもどれほど

▼ 清~ (3, 0.0%)

1 の情肉, の趣, 限り無き

▼ 清律例~ (3, 0.0%)

1 が英國人, に十惡, の英譯

▼ 清戦争中~ (3, 0.0%)

1 で海城辺, の人気者, は威海衛

▼ 清戦争劇~ (3, 0.0%)

1 が各, の流行, を上演

▼ 清戦争頃~ (3, 0.0%)

1 から明治三十年前後, から次第に, に秋田あたり

▼ 清戰争~ (3, 0.0%)

1 が終り, で以, で擴げた肩身

▼ 清~ (3, 0.0%)

1 に服し, を疑ふ, を糜爛

▼ 清明け~ (3, 0.0%)

2 きひとし 1 くこそ

▼ 清朝臣~ (3, 0.0%)

1 などが家職, の娘, は明石

▼ 清~ (3, 0.0%)

1 に勢力, に鎮海営, の律學者

▼ 清無垢~ (3, 0.0%)

1 にし, の位, の極

▼ 清盛観~ (3, 0.0%)

1 の訂正, は前号, は頑固

▼ 清眞寺~ (3, 0.0%)

1 に別に, の記事, を訪ふた

▼ 清~ (3, 0.0%)

1 であろう, の光, の処

▼ 清美川~ (3, 0.0%)

1 がたしか, に取つ, の一戦

▼ 清藏どん~ (3, 0.0%)

1 今に夜, 取押えたなか, 打って

▼ 清~ (3, 0.0%)

1 といふもの, に任じ, の府

▼ 清~ (3, 0.0%)

1 して, にあらためた, に着かえ

▼ 清~ (3, 0.0%)

1 あたかも鶴, を岩瀬, を見る

▼ 清~ (3, 0.0%)

1 となった, に澄み渡る, の度

▼ 清~ (3, 0.0%)

1 の空, 先生は, 皎潔なる

▼ 清鉄道~ (3, 0.0%)

1 の客車, を敷設, 副総裁ウェンツェリ

▼ 清~ (3, 0.0%)

2 に供 1 に供しまする

▼ 清~ (3, 0.0%)

1 の下, の門, を好ん

▼ 清~ (3, 0.0%)

2 を想 1 を帯

▼ 清~ (3, 0.0%)

1 なる蔬菜, な光輝, な大

▼ 清麻呂姉弟~ (3, 0.0%)

1 とであったであろう, のその, の貶謫

▼ 清うし~ (2, 0.0%)

2 て月人

▼ 清お前~ (2, 0.0%)

1 が落ちた, はお

▼ 清さたま~ (2, 0.0%)

2 やかさ

▼ 清さま~ (2, 0.0%)

1 どうしてこの, へお

▼ 清しき宿~ (2, 0.0%)

2 求めえなば

▼ 清しき風~ (2, 0.0%)

1 に驚き, よ彼女

▼ 清ずし金ずし吉野ずし~ (2, 0.0%)

1 がある, の三軒

▼ 清だけ~ (2, 0.0%)

1 だつたの, 負って

▼ 清だの~ (2, 0.0%)

1 何のと, 柳光亭だの

▼ 清ちゃん僕~ (2, 0.0%)

1 この木, をうしろ

▼ 清でも~ (2, 0.0%)

1 あれだけの, 保子で

▼ 清とか~ (2, 0.0%)

1 一の, 言ふ

▼ 清とともに~ (2, 0.0%)

1 当分平作の, 日本橋の

▼ 清なんて~ (2, 0.0%)

1 のが, のは

▼ 清によって~ (2, 0.0%)

1 その前年, シェストフの

▼ 清に対して~ (2, 0.0%)

1 それほどで, 全然性的

▼ 清に対する~ (2, 0.0%)

1 そういう親しみ, 父の

▼ 清へは~ (2, 0.0%)

1 何だかそれ, 勿論横田

▼ 清へも~ (2, 0.0%)

1 たび, 冗談口一つ利かなかった

▼ 清まず~ (2, 0.0%)

2 障り

▼ 清まで~ (2, 0.0%)

1 傳統的に, 笑い出したが

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 この故, ということ

▼ 清む水~ (2, 0.0%)

2 の底

▼ 清む野辺~ (2, 0.0%)

1 にわれ, に吾

▼ 清やが~ (2, 0.0%)

1 おりましたので, 帰つ

▼ 清やの~ (2, 0.0%)

1 叔父つ, 叔父という

▼ 清やを~ (2, 0.0%)

1 つれて, 帰したの

▼ 清やん~ (2, 0.0%)

1 ここや, と井場

▼ 清をば~ (2, 0.0%)

1 いたわること, 劬る

▼ 清クン~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の絵

▼ 清七郎~ (2, 0.0%)

1 は忌々しく, を呼びたてた

▼ 清三夫妻~ (2, 0.0%)

1 が瀕死, に対する殺人事件

▼ 清両朝~ (2, 0.0%)

1 の書, 重修

▼ 清九郎さま~ (2, 0.0%)

1 とおっし, に見せました

▼ 清事變~ (2, 0.0%)

1 が多少, の際

▼ 清五郎さん~ (2, 0.0%)

1 といふ人, と菊次郎さん

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 の戦争, の開戦

▼ 清以外~ (2, 0.0%)

1 のもの, の者

▼ 清以後~ (2, 0.0%)

1 からだ, は南支那

▼ 清倉庫~ (2, 0.0%)

1 に避難, は八幡様

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 と同, に至り

▼ 清兄さん~ (2, 0.0%)

1 はネお母さん, も話せる

▼ 清党工作~ (2, 0.0%)

1 が行なわれね, は世界

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 寺で, 寺ッて

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 と云う, を呼び

▼ 清六君~ (2, 0.0%)

1 の, の報告

▼ 清兵衛さん~ (2, 0.0%)

1 に引かされる, の逸事

▼ 清凉劑~ (2, 0.0%)

1 ごときもの, の名

▼ 清十郎ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 清十郎伝七郎~ (2, 0.0%)

1 などと武蔵, の二人

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 とも謂うべき, の気

▼ 清及び~ (2, 0.0%)

1 フイリツピン群島から, 日露の

▼ 清吟雑夢寐得句旋已忘~ (2, 0.0%)

1 と, といふ句

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 の手, を発し

▼ 清國分割~ (2, 0.0%)

1 の端, を主張

▼ 清國漫遊~ (2, 0.0%)

1 の留守中, の途

▼ 清大いに~ (2, 0.0%)

1 喜び踊る, 歩く

▼ 清~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 清密約~ (2, 0.0%)

2 の成立

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 と冷徹, 御道中種々珍事可有

▼ 清寧天皇~ (2, 0.0%)

1 がお立ち, などは殆待ちく

▼ 清寿~ (2, 0.0%)

1 と言, の如き

▼ 清少年ら~ (2, 0.0%)

1 の潜水隊, を乗せた

▼ 清居士~ (2, 0.0%)

1 である, と口

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 には昔阿部頼時, は明治元年八十二歳

▼ 清左衞門樣~ (2, 0.0%)

1 の一番目娘, は煙たく

▼ 清左衞門親子~ (2, 0.0%)

1 はお召返し, は立帰り

▼ 清平に~ (2, 0.0%)

1 世を, 事あり

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 という神田明神, もたびたび

▼ 清廷之~ (2, 0.0%)

2 れを

▼ 清~ (2, 0.0%)

2 原の

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 な神気, をそのまま

▼ 清~ (2, 0.0%)

2 と十六夜

▼ 清心様~ (2, 0.0%)

1 がねあの, とおっしゃる

▼ 清忠洞院~ (2, 0.0%)

1 の公賢, ノ実

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 を写せし, を寫せし

▼ 清戦争以前~ (2, 0.0%)

1 の事, の本来

▼ 清戦後~ (2, 0.0%)

1 の日本, 我が国民

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 をも覚え, を俗了

▼ 清戰爭日露戰爭~ (2, 0.0%)

1 とやつ, などがあつ

▼ 清教主義~ (2, 0.0%)

1 から几帳面, はかつて

▼ 清日露二~ (2, 0.0%)

2 大戦争

▼ 清明け神~ (2, 0.0%)

2 にします

▼ 清明け神倭磐余彦~ (2, 0.0%)

2 その命

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 ですってね, という家具屋

▼ 清木教授~ (2, 0.0%)

1 がひとりごと, の裸体

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 は今日屋外, は出戻り

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 であった, を通してやつ

▼ 清水連嶺~ (2, 0.0%)

1 と呼ぶ, と呼ん

▼ 清波門~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 に行った, へ抜け

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 の流れ静か, 砂籠岸を

▼ 清浦子~ (2, 0.0%)

1 が県下, は太白

▼ 清涯亭~ (2, 0.0%)

2 という宿

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 の水, 暗香浮動月黄昏

▼ 清~ (2, 0.0%)

2 の流れ水

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 という人, の陳褒別業

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 の我が, 流れて

▼ 清~ (2, 0.0%)

2 の生活

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 な幻想, な武門

▼ 清焼の~ (2, 0.0%)

1 はち, はちの中

▼ 清琴樓~ (2, 0.0%)

1 と云, もある

▼ 清~ (2, 0.0%)

2

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 な, な娘

▼ 清眞寺内~ (2, 0.0%)

1 に在る, に玄宗

▼ 清祓式~ (2, 0.0%)

1 を挙げた, を行つて

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 であるかの, である彼

▼ 清經解~ (2, 0.0%)

1 とか經書, とか續皇清經解

▼ 清美感~ (2, 0.0%)

1 がのこつ, が私

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 と介添え役, ひとひざ

▼ 清自身~ (2, 0.0%)

1 が胸, は平気

▼ 清談判破裂~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 でもあるまい, を書く

▼ 清豆粕会社~ (2, 0.0%)

1 でさあ, の奥二階

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 の聞え, 死す五十八歳

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 や智識, を養っ

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 の景, への案内

▼ 清躯鶴~ (2, 0.0%)

2 のごとき

▼ 清逸自身~ (2, 0.0%)

1 が加わる, の存在

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 の何人, は過去帳原本

▼ 清~ (2, 0.0%)

2 の礼

▼ 清長ら~ (2, 0.0%)

1 の似顔絵, の描きし

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 口阿, 妙浄善大姉三回忌仏事献立控の

▼ 清革命~ (2, 0.0%)

2 の際

▼ 清~ (2, 0.0%)

1 生じ不, 生じ申候

▼ 清~ (2, 0.0%)

2 から下

▼ 清~ (2, 0.0%)

2 ノ有

▼ 清麗さ~ (2, 0.0%)

1 にかけては万人, には期待

▼ 清麗そのもの~ (2, 0.0%)

1 といっ, の

▼ 清麗真珠~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ 清麗高雅真珠~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼1* [772件]

あたりの先入主, 清あっぱれの者, 清あの女は, 清お宮と同じ, 清かも知れねえが, 清からは彼等が, 清がるすだ, 清きみ山の蝉, 清み石廊崎, 清けつだ, 清こうは慥か二十五, 清ここに来る, 清これを毀ち, 清さいならだ, 清さそのものを物語る, 清さまことの明, 清さりてことし幾百年, 清さんあなたはとうとう, 清さんいつか見舞に来た, 清さんうしろに柴山, 清さんお前さんは権八, 清さんこれを大森さん, 清さんどこへ, 清さん七番の坂本さん, 清さん主婦さんはどこ, 清さん京宝の小田等送り, 清さん今夜は別に, 清さん君知らないこと, 清さん姑と折合, 清さん此頃何もお, 清さん浮気らしいが, 清さん私はこんな, 清さん自身で申しました, 清さん鈴木久五郎等来訪多し, 清さ鳥の啼く, 清と雖, 清しかりし日, 清しき光を望み, 清しき声で, 清しき宮霧に, 清しき星も身, 清しき目を, 清しき聲をうちあげ, 清しき音をたて, 清しくなって胸, 清しげの髪, 清したから今に, 清しゅう鼻筋がすっと, 清ずしは以前広小路, 清その他によって日本, 清それが両面, 清そんなとこで, 清だけに手紙で, 清だけはまだ, 清ちゃんあたしをどう, 清ちゃんいつか頼んだ合鍵, 清ちゃんお前じゃけに打ちあける, 清ちゃんお前今度の鎮守祭, 清ちゃんこんどの午, 清ちゃんどこへ行く, 清ちゃんどちらへと云っ, 清ちゃんなにをし, 清ちゃんなんだって家, 清ちゃんみたいになり, 清ちゃん僕いまきたばかり, 清ちゃん別嬪さんを連れ, 清ちゃん学校へ行かない, 清ちゃん撃剣ごっこをしよう, 清ちゃん自転車の走りっ, 清ちやんたちの二年生, 清ちょっとこれを, 清とかいう女の, 清とても元気で, 清とでハイヤで, 清とでも看板を, 清とも則清とも書き法名は, 清と共に日本橋の, 清などで賭食いでは, 清などに囲まれて, 清などの想違ひなので, 清などはよほどお気, 清などへも呼びかけました, 清ならしむる希望は, 清ならずとも武士, 清ならぬ護謨の, 清なりやという, 清なれども大, 清なんかに用は, 清における人間の, 清にからかはれると, 清にだけ此男の, 清について演芸の, 清につき纒ってる, 清にでもその辺, 清にとって容易で, 清にとっては父の, 清に対してはほとんど同情, 清に対しても自分自身の, 清のみならずその, 清はとかとかと一人にな, 清はみのえ, 清ぶきになる, 清へなど渡りたいの, 清へまで及んで, 清ぼん龍ぼんの二人, 清または李朝の, 清まわりと呼ん, 清まわり神の大きな, 清まんずるぞ, 清みい往き還らひ見れど, 清み切った眼を, 清むと正しきに, 清むるときは手に湿気, 清むる其一なり, 清むる根本のもの, 清むる神聖な静寂境, 清むる箒無ければ, 清むる重大なる儀式, 清むる風習あるを以て, 清む可く藻屑, 清む音に使い, 清の産飯説, 清もう寝てた, 清もうとっくに寝てた, 清やと下女を, 清これゃどこの本どい, 清よくなったとの, 清よりも三十分も, 清らしい足音が, 清らしく秋の, 清をも討伐した, 清オンブで山, 清コンポンニ至ツテハナンニモナイトイフ処ガ面白ヨ, 清といった, 清チヤント一シヨニ来テヰテケイ馬ヲ見, 清チヤント坂道ノトコロデケイ馬ゴツコヲヤツタガ雪駄ヲハイテヰタノデマケテシマツタ清チヤンハカケナガラ勇マシイカケ声ヲシテヰタ, 清チヤンハカケナガラ勇マシイカケ声ヲシテヰタ, 清申送候, 清ハイチャイと言, 清ハリキリあんよは, 清ヘルメットのやう, 清ベエは誤記, 清ムルヲ旨義トスルヨリコノ宗徒ハ自ラ称シテ, 清一代の思想, 清一統圖に據, 清一統志を編纂, 清一緒に番屋, 清一色二回やった, 清七さんというの, 清七勝五郎ら十一人と連れ立っ, 清七地獄等々があっ, 清七放逐の計略, 清七新谷勝太郎城三次などの若い, 清七歳になる, 清七豆腐屋の山本甚七, 清七鍛冶屋の店先, 清三代を通じて概して, 清三夫婦が日曜日, 清三式になる, 清三自身を其の, 清三輪の萬七, 清上これを作る, 清上品なる良家, 清上州桐生に遊候時, 清食葷頗見古風不, 清不思議なところ, 清且つ高なる, 清両国間にあらた, 清中島健彦等が熊本隊, 清中条澄清山本信実などという人達, 清主人の八郎兵衞, 清久々の畳, 清九郎たちにいちはやく, 清九郎一人に御用, 清九郎落合貞次郎は附加随行, 清争端を開か, 清事件当時にも各, 清事変青島征伐等を見た, 清二代は天下, 清二年の條, 清二郎さんという反物屋, 清二郎ニ御頼, 清二郎ハた, 清二郎氏などの小説, 清五彩の全, 清井田有海ヶ原などを指さす, 清交社へ大阪, 清亮氏の序, 清のねらえるなりき, 清こそ打ち明け, 清仏戦争の後, 清仙鉄政誰でも彼, 清仙鐵政誰でも彼, 清休君一人公の御, 清休君得知於公深身庶人而俸賜三百石, 清休居士である, 清休廓清の父子, 清余妖尚梗而中洲之地, 清見, 清俗紀聞遠山侯之全, 清信士は過去帳一本, 清信女だとか, 清修好條約文, 清修館何か聞いた, 清のこと, 清僧たち失礼があっ, 清僧社会に, 清儒ヨリ先鞭ヲ着, 清儒王鳴盛, 清される日, 清党運動についての文化的関心, 清入浴中なので, 清全く元気, 清八どんくらゐの, 清八ひとりだけを伴い, 清八氏鹽鮭其他の名産, 清八證據は皆んな擧, 清八鷹をと御意, 清公お前も生意気, 清公使館通訳官浙江の人羅庚齢, 清公御廟所といふの, 清六さん家は人, 清六長九郎左衛門高畠孫三郎前田利久同安勝, 清兵衛下女お久, 清兵衛側用人兼松伴大夫目附兼松三郎である, 清兵衛北山常吉折原逸太郎の名, 清兵衛大和の豪家村島長兵衛父子, 清兵衛景延の代, 清兵衛機会だぞ, 清兵衛殿の思われ, 清兵衛清兵衛の子, 清兵衛用人兼松伴大夫は帰国, 清兵衛老爺また落ち, 清兵衞さん去年お泊, 清兵衞女房お杉, 清兵衞成瀬日吉の三氏, 清冷凜烈なる高層, 清冷氷の様, 清冷肌に徹する, 清といつた, 清凉世界を得る, 清凉剤となる, 清凉感を起させる, 清凉殿の屋根, 清凉紫宸の玉台, 清凉里へかけ, 清織だの, 清覆宋本, 清なひびきを, 清初更俗強制の殺戮, 清し得, 清勁暢達直にその, 清医家の為す, 清十郎どのむりにおすすめして悪かった, 清十郎どの尾藤源内どのその他まだ, 清十郎一門と試合, 清十郎以上呪わしい怖ろ, 清十郎伝七郎ふたりのため, 清十郎女共が獅子舞, 清十郎宅まで参らるべし, 清十郎宛に, 清十郎弟の伝七郎, 清十郎森三左衛門可成, 清十郎様伝七郎様の二つ, 清十郎物に精, 清十郎門下のわれわれ, 清の息女, 清を持つ, 清友亭位ひで少々費, 清古代の交通, 清掬, 清右衛門外池孫左衛門河井公左衛門五番には七手, 清右衛門鈴田重八の両人, 清右衞門どんの家, 清右衞門樣先はどうやら, 清司令官の命令, 清同車中泉眼科へ寄り, 清同車駒込の木下医院, 清名様としてその, 清君たちの話, 清君らが別に, 清君一郎君ブウちゃん良ちゃん鉄ちゃんの五人, 清君一郎君良ちゃん鉄ちゃんブウちゃんなどが集まっ, 清君僕おもしろいこと, 清君夫人同道にて来訪, 清君心配は御, 清小班, 清呆れて見, 清呉錫麒が澄懐園消夏襍詩, 清という人, 清周ニ重刑ヲ課スルモ幾寓人, 清周氏などの持つ, 清を湛, 清和戦の機関, 清唐糸等が古跡, 清なくし, 清商中善詩善画を以て聞え, 清商館の作, 清商館蘭商舘各一絶, 清この三人, 清嘉慶中黄丕烈依宋木重刊, 清四代の奧方, 清四十余歳今は仏門, 清の隊, 清国交破裂となった, 清国領土中の荒, 清國ガ此レヲ屬國トセンガ爲ニ起リタル日清戰爭, 清國ニ從ヒ日露戰爭ニ於テハ露西亞ヲ迎, 清國何者そ韓國何者そ土國何者そ西國葡國何者そ徒に廣大, 清國問題に公平穩健, 清國禍機未だ發, 清國行政法臺灣私法舊慣調査報告書の他, 清國韓國などが何等, 清という場処, 清在留の英人, 清坊孝行といふもの, 清など東国, 清を浄め, 清堺枯川等の顔ぶれ, 清塚本周三西隆窪川イネ等の由, 清境九仙上清境九眞玉清境いづれも, 清の逸興遽, 清夕飯に来, 清外道の大将, 清夜月明かにし, 清を想い起した, 清大園の近所, 清大阪三菱等の汽船会社, 清天勇天芳大黒屋天忠がある, 清太いもというの, 清太夫の二人, 清太氏も驚き, 清太玄瑞杉蔵なども吾, 清太祖でも先年退位, 清で輝い, 清奮躍して, 清女どのの御, 清女学校のほう, 清女房と病院, 清妙童女とされた, 清妙芳麗な工芸, 清妙香を聞く, 清が追, 清婦湯他は一度, 清嬉しかろ逢はれぬ, 清字惟寅号詠帰頼春水の門人, 清宕和尚は年来, 清宗仲等を率い, 清宗碩等である, 清官窯五彩の如き, 清といふ工人, 清亭の, 清客張秋琴があつ, 清宣戦布告の議案, 清宮内の世祖, 清宵何ノ所為ゾ, 清と地下, 清宿へ着いてた, 清寥居士といふ名前, 清寧平温は世稀, 清寧顯宗の各, 清寺境内雪舟築くところ, 清寺本堂建立の資金寄附者, 清寿会さらひありと, 清寿氏来訪原稿をお, 清寿氏著の, 清将激濁, 清導寺谷の下, 清小中村清矩榊原芳野佐藤誠實等諸君, 清小姓弥生高砂尉兵衛河内山宗俊の四役, 清襲箕裘, 清山本信実などという人達, 清岡野その他の何所, 清岩寺へ拝登, 清峰らは不幸, 清峰二代清満と改め僅, 清島町報恩寺内専念寺にある, 清島町時代に一度, 清島町稲荷町車坂を抜け, 清に鳥, 清といひ, 清川長青柳等の料理屋, 清工藤虎豊内藤虎資四人ながら手, 清左衞門これでも武士, 清左衞門さんか此方, 清左衞門さん私の家, 清左衞門二品は何處, 清左衞門以後御見識, 清左衞門俺が惡, 清左衞門其方は知らぬ, 清左衞門去歳より何處, 清左衞門敷居際にピタリ, 清左衞門殿であらう, 清左衞門縄に掛っ, 清左衞門身に代, 清帝国の遺臣, 清常に至つては, 清常清郷は過去帳原本, 清常系の人物, 清平が池に入る, 清平が辱しめて, 清に置き, 清庵主と改め, 清を懸け, 清役以後段々出なく, 清役平壌戦のパノラマ, 清律例要義がある, 清律例集要新編, 清に半, 清御前急いで, 清御用だ, 清復活の声, 清天に, 清徹さに満ち, 清徹例の石がち, 清忠たち列座の公卿, 清忠ひとりはほか, 清忠まろの顔, 清忠ら一部の意見, 清忠三名の胸, 清忠様のおや, 清忠権中納言実世, 清忠氏の二人仁木, 清忠説を支持, 清怨等の感, 清悦出現のこと, 清悦翁伝がある, 清悦自身もまた, 清と近代, 清ならん, 清戦い負けて, 清戦争中山地中将が分捕, 清戦争中戦場にて負いたる, 清戦争以後シナ人の勢力, 清戦争以来余程少なく, 清戦争以来シナの勢力, 清戦争以来中国人に近づい, 清戦争以来新聞の功, 清戦争以来日本は世界, 清戦争以来清国人にとって日本人, 清戦争以来軍事は政治機関, 清戦争何でもない, 清戦争凱旋の時, 清戦争前であったと, 清戦争劇以来毎回の興行, 清戦争当時何を見, 清戦争後一年に制定, 清戦争後三国干渉があった, 清戦争後大横町の角, 清戦争後間もない, 清戦争日露戦争は国民全体, 清戦争時代にもしばしば, 清戦争時分に名古屋, 清戦争時期は貸し本, 清戦争直後のこと, 清戦争記念碑が生殖器崇拝論者, 清戦争連戦連勝軍隊万歳軍人でなければ, 清戦役三国干渉などいふ, 清戦役前の半農半漁, 清戦役後の前後, 清戦役後台湾の巡査, 清戦役後浮塵子が発生, 清戦後当時一時気が荒く, 清戰役以後流石に因循姑息, 清戰役前後から始まり出し, 清戰役後一時朝鮮に勢力, 清戰役後二十年の間, 清戰役後支那で段々, 清戰役後支那人の間, 清戰役日露戰役ありて, 清戰役時代に書いた, 清戰役最後の三國干渉, 清戰爭ニ於テハ清國ニ從ヒ日露戰爭ニ於テハ露西亞ヲ迎, 清戰爭中海城邊の戰爭, 清戰爭以來軍事は政治機關, 清戰爭以後如此き態度, 清戰爭前の村, 清戰爭及ビ滿洲ニ來タレル露西亞ガ其ヲ侵略セントセシガタメニ, 清戰爭平和の後二十九年, 清戰爭後の事, 清戸坂潤など, 清はま, 清房尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 清の, 清抱かれて途中, 清派の, 清拭日やいろいろ, 清改めていふて, 清政府をあの, 清教主義者と伊達者, 清教派の坊さん, 清教派的なもの, 清散髪しクリ, 清敬君の賛成, 清数点の船灯, 清など文学, 清でそのうえ, 清日子當摩の, 清日露役の從軍記章, 清日露日独或いは近く昭和六七年, 清明けき雪や, 清昨日理髪し田舎, 清景橋本氏光などの持明院統, 清暫く待て, 清會典要義といふ課目, 清月白とか何, 清に着かえ, 清朗さ森や家畜, 清朗一輪の明月北天, 清朗和順の気, 清朗軽風和日野外の風光, 清朗風波穏静海水油のごとく, 清朝水山城に宇野政頼, 清木博士のもと, 清木大人は, 清未亡人中敏はこれから, 清本田親男三君と附近, 清条約は成立, 清東飯田宏作山田吉郎兵衛松村介石の二十名, 清果一籃を贈り来り, 清柳光亭といった一流二流, 清柳屋柏屋青柏大中村と庇, 清約は, 清棲伯は少し, 清楼柳光亭も近く, 清楽亭という寄席, 清楽合奏などした, 清楽屋をハネ, 清榊原芳野那珂通高の君たち, 清樹陰深処電灯明, 清正之を妨げる, 清正妻の屍, 清正木不如丘山本忠興田丸卓郎牧野富太郎兼常清佐鷹司信輔辻村太郎氏等の諸, 清正記等各部将, 清の包, 清段々表情に, 清母上に抱かれ, 清母娘を誘い出した, 清氏叛逆の事, 清氏私など, 清氏等々の意外, 清氏藤野漸氏相田義和氏なども連類, 清氏訳のジード, 清氏達による不安, 清の霊, 清気機は常に, 清気盈てり, 清江戸春一夜千両吉原楊枝夜半の茶漬, 清河らの一行, 清治郎氏は小さな, 清の肉, 清波月落ちて, 清泣くな, 清洌さを湛え, 清洌北には雲母張り, 清洌玉のやう, 清洌肌を刺す, 清洒以外のもの, 清洒是真に似, 清洒風雅なるまた大, 清ふが, 清洗いをもすませ, 清洗ぎて火遠理, 清洗者思想の高上者, 清津湯にかくまった, 清津豆満江から露領沿海州, 清とここ, 清ノ中, 清涙池と称する, 清淋しかったと, 清淨さを保たう, 清淨光寺から出す, 清淨冷徹なに, 清淨圓滿なる晩節, 清淨塵埃を留めず, 清淨律儀生活法を節制, 清淨無垢ナルハ猶ホ絲, 清淨界の心地, 清淨精緻明確その物, 清淨蓮華之中, 清淨行を修むる事十二年, 清淨身夜來八萬四千偈他日如何擧示人, 清淨醇白なるべきもの, 清淺晶玉の美, 清清さんは死になました, 清清水天藤の天ぷら, 清渓ヲ発シテ三峡ニ向フ, 清渓寮は日本青年館, 清湘老人の画, 清湯燕窩だとか, 清湯鴒蛋だとかとは, 清満と相伍, 清満らの制作, 清満ら皆人物画の制作以外, 清満辻花雪福島隣春四方梅彦がある, 清の柿の木, 清滅洋の思想, 清潔き家ぞと, 清澄明徹いはんかた, 清澤先生の感化, 清濱町の清川, 清にし, 清灑田野開闢溝渠相達して, 清灯台聳処是葡京星移物換人何去失却往年航海名, 清灰色の蔵, 清おまえは, 清熏大禅定尼秀吉此の後室, 清や, 清献遺言にて固めたる, 清と云う, 清玉晨大道君靈寳天尊の言也, 清には供, 清生命の, 清申候には隨分承知致候, 清画しおわった処へ, 清発熱の手紙女房, 清白濁黒正と邪, 清皇帝用小住宅, 清盛ってそんな, 清なる風格, 清の鉄砲洲十間町, 清直島木健作青野稲ちゃんそれぞれがと云われ, 清眞教等の微, 清に逢, 清を渡つて, 清砂アパートは二十年三月十日, 清砂羽二重の類, 清砂通と称する, 清砂通りに沿う, 清である, 清を繰り返し行なう, 清神社に移された, 清福助の常磐御前, 清秀で四十一二頬にも, 清の手, 清の風景, 清窓浄机を装っ, 清窓浄机われこそ秀才, 清童ぶりを説く, 清童女たること, 清答曰皇帝徳並二儀澤流四海以王慕化故遣, 清節孤痩の憂世家たち, 清の人, 清にし, 清の亜流世, 清紫二女に比べ, 清絃遊絃のわずか, 清絵本を眺めつ, 清絶感をだいぶん, 清絶爽絶の趣, 清の着, 清緋衣して, 清緑一抹の間, 清をめぐらし, 清義烈の光, 清に種, 清に種, 清というこれ, 清聖祖は男三十五人, 清聚庵の門, 清臣先生の愛女琴女, 清臨句集黎明これは亡児記念, 清至りて久しき, 清舟橋聖一などの人々, 清舵手は両手, 清舶載せ来る, 清大按司志良礼, 清あって, 清艶龍眼は龍眼, 清芳光桂大姉である, 清を淹, 清荒神だろうと, 清葉たちを見る, 清葉姉さん今晩は, 清葉曰く令夫人で可, 清に湧い, 清藏どんとやら暫く, 清藏どん泥坊が入りました, 清藏丹誠をし, 清虚以て自ら, 清衡存生の時, 清衡左に基衡, 清衡志を得, 清衡朝臣の奉, 清西は生前, 清て我, 清見参疲れたり酒, 清見聞録長江十年観光紀游征塵録満洲, 清をよくす, 清りて, 清話した歴史的な, 清語學校のこと, 清に服し, 清調会衆は皆, 清講和談判というめでたい, 清譚君だの植木君, 清譽凉風居士文久元酉年七月二十四日, 清をゆるさざる, 清豊田三郎の諸氏, 清貞純真なもの, 清の会, 清起き出で, 清起りて乾隆元年, 清の思, 清越多年干戈剣戟の裡, 清軍隊慰問使として真言宗, 清輔のは, 清輔卒後九条家との関係, 清輔朝臣抄などにも実に, 清輔顕昭法橋はことに, 清の輩, 清ひ廻るうち, 清逸一人が都会, 清運動を展開, 清道人李瑞清が贔屓, 清人謂其王曰朝命既達請即戒塗, 清をつけ, 清鉄道あたりの従業員, 清鉄道民政部長アファナアシェフ少将同営業部長ギンツェ, 清鉄道沿線の南, 清鉄道長春ハルビン間の特別列車, 清銀行の名, 清鐵道ヲ取得シテ, 清長それから北川派, 清長北斎らの或, 清長北斎等の或, 清長型国貞型ガルボ型ディートリヒ型入江型夏川型等いろいろさまざま, 清長政演ら天明の諸家, 清長時代の浮世絵師, 清長栄之歌麿三家, 清長歌麿に及び, 清長歌麿二家において浮世絵, 清長歿し続いて, 清長豐國にもない, 清長鈴木春信らを軽, 清の交渉, 清陰地ニ満チテ殊ニ愛悦スベシ, 清之池之, 清と云, 清集等ヲ画ケルモノ, 清雍正時代にかけて利瑪竇, 清雲縹緲としてまことに, 清雲香は私, 清な静か, 清の顕官, 清露三国の勢力下, 清露兩國に打勝つた, 清にし, 清の地図一葉, 清韓両国に遊び, 清韓兩國に遊び, 清韓印度等の留學生, 清韓語科は商業学校, 清の下, 清養子の喜三郎, 清のこと, 清馬君の所持品, 清鮮さを与, 清鮮爽快なる日本, 清鶴両君から木村重浦, 清鶴今の玉川勝太郎, 清麗けし群山の高山, 清麗サフィアのさま, 清麗巧緻にし, 清麗朝見たよりも益々, 清麗楚々とした, 清麗玉の如き, 清麻呂自身の腹, 清麿研究家藤代義雄氏岩崎航介氏などの作者, 清麿自身はもう, 清鼎革の際, 清龍寺の末寺