青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「添え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

深刻~ 深夜~ 淵~ 混~ ~混乱 混乱~ 混雑~ ~添 添~ ~添え
添え~
清~ 清水~ ~済む 済む~ ~済んだ 渠~ 渡~ ~渡し 渡し~ ~渡した

「添え~」 1225, 13ppm, 8353位

▼ 添え~ (1012, 82.6%)

37 あった 26 いた 23 ある 22 いる 12 持って 11 あるの 10 いるの 8 出した 7 出します 6 それを 5 くれる, 贈った 4 くれた, やった, 来た, 置いて, 置きます

3 [12件] あったが, あって, あります, おきましょう, おきます, くれるの, やったこと, やりながら, やるの, 出す, 勧めた, 見せた

2 [50件] ありました, あるが, あるので, いたもの, いっしょに, いるもの, いるよう, いる程度, おかねば, おきたい, おきたいと, おきたいの, おきますが, おく必要, おこう, おこうと, くる, くれたの, くれたもの, ここの, これが, それへ, みたり, やったが, やると, やるよう, やろう, 云い触らす者, 人の, 何の, 出して, 出すこと, 出すと, 出せば, 奥の, 岸本に, 峠道, 書いて, 最後に, 机の, 秀吉の, 立てて, 置きたい, 置きたいと, 置きますが, 言った, 近所に, 静かに, 顔を, 食べると

1 [684件 抜粋] あげます, あったかも, あったと, あったとの, あったの, あった筈, あってね, あまり目だたせぬ, ありその, ありましたし, ありますはて, あるから, あること, あるです, あると, あるもの, あるらしかった, あるナイフ, ある三衣袋, ある与謝野晶子氏, ある事, ある剛胆, ある古い, ある大切, ある木, ある槌, あわただしく擦上ろう, いくばくの, いずれも, いたその, いたの, いたので, いた菊五郎格子, いた逸作, いなかった, いました, います, いよいよ次, いるかの, いるだけ, いるという, いるに, いるので, いる唯一, いる年, いろいろの, うつぶして, おいた, おいて, おきたいこと, おきました, おくが, おくこと, おくべきでしょうか, おけば, おやりなされませ, おり済めば, お上へ, お位牌, お国元, お婆さんの, お届け, お歎, お滝, お送りいたします, お送り申させます, お部屋, かいて, かかげて, かかる話, かみしめて, きたので, きます, きわ, くださいましな, くれ, くれたです, くれた事, くれました, くれます, くれますよう, くれるには, くれる一種, くれ孔生, こう云う, ここかしこに, ことさらに, このよう, この人, この昔話, この男, この老骨, これを, こんな噂, ございません, さて本旨, すこし前, そこへ, そちに, そのうえ鹿, その下, その子, その小児, その息, その木, その駕籠前, たしかにお家流, ただ今進上, ちょこちょこと, つかわそう, つかわそうとは, つまといった, とどけて, どうにかまあ納得, どこから, なお彼ら, のこしあと, のっしのっしと, ひたとおさな, まずい思い, またからから, もっと深く, もらって, やがて吉川元春, やっても, やって来ました, やや長い, やりたかった, やる, やること, やる必要, やる風, やれという, やれよ, やろうか, わかる時代, わざとこの, わざわざ修善寺, アスパラガスの, イリヤの, チチウエオクスリヲヨクメシアガレと, ツラシア王ポリムネストスに, トチメンボーだ, プログラムと, ミヤゲに, 一円五十銭ぐらいの, 一双に, 一場の, 一巻の, 一時扇ヶ谷へ, 一歩一歩と, 一盃の, 一緒に, 一脚の, 丁度白骨, 三十の, 三坪に, 三月二十四日から, 上げます, 上の, 下げて, 下さって, 下さりゃ可, 下さるもう, 下されますか, 下調べの, 与えて, 与えようと, 世阿弥と, 両手に, 中味の, 中川瀬兵衛の, 中心に, 乗物に, 乳の, 事務所まで, 二人いっしょに, 二人の, 二百円やる, 云います, 云い触らされるの, 五字の, 交響曲や, 亥の, 他と, 会計から, 伝吉に, 住吉の, 佐渡守に, 何です, 何分これ, 作者島崎藤村氏の, 供した, 働いて, 僕も, 先方へ, 入れさせて, 八大竜王に, 六人まで, 再び探査, 出された, 出しても, 出しますが, 出すところ, 出すの, 出すよう, 出た, 出立させる, 切りとられて, 刑死の, 刻一刻に, 力任せに, 勢力の, 匣に, 十四と, 千草へ, 卓の, 危険な, 却て, 参れ, 取りなしたが, 取りなし役, 古い言い伝え, 右手を, 同君の, 向き直って, 吹く風冷, 呂布を, 呉れ, 呉れると, 味聖の, 呼んで, 喰うもの, 団子を, 在るお, 在れば, 売ってのみ, 夕食を, 大工を, 大昌院経由で, 大枚の, 夫人は, 奉納された, 女を, 女主人, 妹と, 姫君は, 姫君を, 娘の, 孤燈一穂の, 守って, 守田勘弥に, 定江から, 客に, 宮家の, 家の, 寄進し, 寺に, 小さな葛籠, 小つぼ, 小島拙, 小札, 小皿の, 小親われ, 尾州家の, 居ります, 居ります者, 居る, 居るものの, 届きました, 山ふかき, 岡に, 左から, 左に, 左手を, 差し出した, 差上げた, 帚と, 席に, 平癒の, 庄屋としての, 床板の, 引きあげて, 引入れし肩掛, 弘く, 強力な, 当方で, 彼の, 彼女は, 後から, 御用立てします, 忽ちに広がった, 思うこと, 惚, 感じて, 懐へ, 戯れるよう, 戸を, 折角ああ, 抜きだして, 押しつけがましく差し出した, 拝呈した, 持たせて, 持ち上げて, 持ち出した, 持った片手, 指輪やら, 挨拶に, 振舞われたもの, 据えられて, 授けた, 掌を, 描かれて, 描きたい感興, 搦め倒そうと, 撮影する, 放そうと, 数匹の, 敵の, 斥候に, 族王が, 旗太郎が, 早速小笹氏, 春まだ, 曲解し, 書類を, 曹操の, 曹操を, 有ること, 有るの, 村, 来たり, 来た手紙, 来るの, 来るもの, 枕元へ, 林中に, 林檎を, 枝を, 検事局へ, 極力先生, 構えたの, 次に会う, 欲しい, 正当な, 歩いて, 気軽に, 水を, 永島与八という, 泣きながら, 涙ながらに, 渡したこと, 渡します, 渡すを, 湯を, 源氏自身が, 濃い紫, 火を, 無心に, 無理の, 熊本まで, 燈心を, 父に, 片手を, 片頬, 物思いが, 獄中に, 玉鬘を, 珍しい物, 申し出ないか, 画きし不, 異様の, 白鷺が, 百万陀羅并べ, 盆を, 県庁に, 真に山, 真理の, 眺め入ると, 矢代を, 石階数百段を, 示したうえ, 社の, 私は, 私を, 科学者たる, 突き落す, 立たせ何, 立去って, 立派な, 竹筒に, 笠井の, 紫苑氏が, 結んで, 絞首台の, 絶句に, 綴りたり, 緑の, 縁側に, 纏頭に, 置いた, 置かねば, 置きたいの, 置きなされや, 置きましたと, 置きますから, 置き給いし, 置くなどは, 置く事, 置こうと, 美しく述べられ, 美を, 聞かせても, 職業紹介所の, 肌身に, 膳に, 自分から, 自分とも, 自慢する, 船の, 艶な, 若々しい目つき, 蔭と, 行く, 行くという, 行く先も, 表現する, 袖口から, 袴を, 裁判所関係の, 裏口から, 見られた, 見るからに, 見る人, 親戚に, 親雲上, 観美なりと, 言いふらした怪談, 詫びた, 話を, 詳しく知らせ, 詳しく話し, 説明しよう, 誰も, 請求せられ, 貯えた沢山, 貰うと, 買って, 賛成した, 賜るとも, 贈られたの, 贈り物に, 贈るの, 載せて, 輸入する, 返したの, 返しに, 退屈さと, 送られた, 送り来った, 送ること, 途方に, 速記を, 運んで, 遣るの, 遣わしました, 遥かなる, 遺族に, 郷里の, 酒が, 醤油も, 金之助は, 長塚に, 長年へ, 長浜まで, 関翁以下当年五歳の, 隅田川の, 難関を, 雨の, 面桶に, 頼政に, 顔も, 風間三千子が, 食うの, 食うわけ, 食ったらと, 食べさせ野菜, 食べます, 食べるの, 食べる時, 飯を, 養父に, 餌を, 首を, 魂までも, 鶏の, 黒豆なぞ, 黙って, 鼠どもグズグズいわば, 龍ノ口へ

▼ 添え~ (18, 1.5%)

2 なりました

1 [16件] かたづかせそうろうもの, ける, しようと, せよ持つ要, その二階座敷, なったうえ, なったの, なった古い, なった筆, ならないよう, なるの, 娶って, 来た, 白川郷まで, 立った女, 飽いた一ト朝

▼ 添えながら~ (17, 1.4%)

1 [17件] すっと穿め, そこに, その行く, 上下から, 元来友情, 兼ねて, 北原兄弟は, 友達の, 息も, 挨拶を, 水に, 皆の, 茶呑茶椀へ, 訊いた, 露路の, 顔を, 食った

▼ 添え~ (9, 0.7%)

1 して, つれて, 世話する, 喰うに, 喰って, 忝ういたしました, 頂けますでございましょうか, 頂けますで御座いませうか, 食わせたゲルフ党

▼ 添え~ (8, 0.7%)

2 を書い 1 がある, でこの, で龍, にそんな, にもことわり, を持っ

▼ 添え手紙~ (7, 0.6%)

2 をし 1 あって, があった, がし, などを書い, をもらっ

▼ 添えても~ (5, 0.4%)

1 いいだろう, くれましたれど, やはり彼, よし皮山椒, 一つ祈祷を

▼ 添え~ (4, 0.3%)

1 あったそう, あったればこそ, 与って, 最初から

▼ 添えその~ (4, 0.3%)

1 あいだ信忠も, 晩の, 者を, 足を

▼ 添えそれ~ (4, 0.3%)

1 でいった, と並べて, に沼田, はそれ

▼ 添えつつ~ (4, 0.3%)

1 ある, 別るる, 最も子供たち, 釵の

▼ 添え~ (4, 0.3%)

1 ほどをあなた様, 代りだ, 女房を, 腹に

▼ 添え~ (4, 0.3%)

1 あった, あるから, したろう, 貰はずに

▼ 添えそして~ (2, 0.2%)

1 その白髪, ちょっと屠蘇

▼ 添えてと~ (2, 0.2%)

1 まるでお, 見れば

▼ 添え~ (2, 0.2%)

1 甲賀町の, 蒼い顔

▼ 添えまた~ (2, 0.2%)

1 人生を, 紫檀の

▼ 添え~ (2, 0.2%)

1 るること, るる美

▼ 添え~ (2, 0.2%)

1 手ずから董, 遣し

▼ 添え~ (2, 0.2%)

1 は豊後梅, やもてなし振り

▼ 添え~ (2, 0.2%)

1 があった, を持っ

▼ 添え続々~ (2, 0.2%)

2 とこれ

▼1* [107件]

添えあの童に, 添えあるいは興を, 添えいきなり醤油を, 添えがきされて, 添えさらに前田又, 添えそれでは私御, 添えそれにまたへんに, 添えたり故意に, 添えたりとてゲルマン人民は, 添えたりなんぞして, 添えてから電車では, 添えての相談に, 添えてはいること, 添えてやらふもの, 添えでもこのわたし, 添えとしての迷惑を, 添えとまでなおったが, 添えともかくもと橋際の, 添えなど持つ気, 添えにと望んで, 添えになどやれましょうぞ, 添えそうほど, 添えみどりは与八与八, 添えみなに代っ, 添えむために当時流行の幇間松廼家花山, 添えもうこの上, 添えわざと師直の, 添えカツルと呼んだ, 添えスパスパ火を, 添えボタンをつかっ, 添え一九五一年に初めて, 添え体を, 添え両側から掬い上げる, 添えならぬ魅力, 添え主人や客, 添え二疋にし, 添え今夜の祝儀, 添えになっ, 添え兼目付に後, 添えを著, 添え労りながら智子, 添えした者, 添えの上, 添え右側に墓地, 添え同じく一面の, 添え同氏の談話筆記怪談牡丹灯籠, 添え四面蒼翠に囲まれ, 添え土豪秀郷の田舎奢り, 添えを払い, 添え夏侯淵夏侯惇曹仁李典などもあと, 添え寄物は鰻, 添え小刀を取っ, 添え少し後ろへ, 添え川浪近くタタと鳴っ, 添え希くは道中師の, 添え帰宅のうえ, 添え店員の誕生日, 添え度いものだ, 添えなき者, 添えは皆, 添え心身を清浄, 添え急行切符や領事, 添え感情の力, 添える折, 添え揉烏帽子を頂いた, 添え敗残の快感, 添えして, 添え料理の皿, 添え日本へ遣わした, 添えに加, 添えは香の物, 添え染め物も人, 添えの皮, 添えはしめじ茸, 添えに其眼, 添えに連れられ, 添えでもすれ, 添え涼意自ら襟懐を滌ぐばかり, 添え温かみを加え, 添えは腰, 添え病弱の兄, 添え益々繁華ならしめ, 添え眩しくないよう眼庇, 添え神殿のまえ, 添えの露, 添え筒井は頭, 添えをも用意, 添え紫雲英を畔, 添え終に世界第, 添えのいかった, 添え自身の着料, 添えをかさね, 添えや土筆, 添え衣服などを納, 添えの締り, 添え表紙を開く, 添え見事にメズサ, 添え見物をおったまげさせ, 添え言葉たいして意味, 添えに香, 添え近侍の公卿, 添えと一緒, 添え酒盃の献酬, 添え開港のやみ, 添え限りなき力, 添えに乗る, 添え頭部は誰