青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「添~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~深く 深く~ 深刻~ 深夜~ 淵~ 混~ ~混乱 混乱~ 混雑~ ~添
添~
~添え 添え~ 清~ 清水~ ~済む 済む~ ~済んだ 渠~ 渡~ ~渡し

「添~」 2001, 22ppm, 5320位

▼ 添へて~ (354, 17.7%)

14 ある 7 ゐる, 持つて 6 ゐた 5 出した, 置きたい 4 やつた, 聞かした 3 あるの, おきたい, おくが, ゐるの

2 [19件] おく, おく必要, くれた, これは, もらつた名刺, やる, やる手紙, 一卷の, 一巻の, 勧めた, 居た, 居る, 握つて, 置かなければ, 置かねば, 置く, 舌端に, 賜はりし, 質入れに

1 [252件] あった, あったの, ありその, ありました, あります, ありますが, あり有島さん, あるそして, あるでは, あるので, あるばかり, ある曙井戸, ある檄文, ある絵画詩歌, ある舊著, ある表彰文, ある雑文, ある青紫蘇, ある飯盒, あわた, いつに, いはねど, いふ, いふにこそ, いふ庭前, おいた, おいた方, おいで, おかう, おかう彼女, おかなければ, おかねば, おきたいと, おきます, おきますが, おくこと, おくそれ, かき込め, かけた, くるなら頼み, くれたお蔭, くれました, これも, されど新教, すばらしくいき, すらすらと, せん子に, そつと, その借, その煖氣, その特色味, その醉, それで垣根, それを, だすやう, つらけれ, ひたとを, ほんの心持, まけるなとて, また汝, また飮, もらへれや, やがてそれ, やつたら, やりたかつた, やると, やれば, わが世, ゐたもの, ゐるが, ゐるこの, ゐるので, ゐるやう, ウヰスキーや, エンフワサイズし, ガラツ八に, チリリリチリリリと, トあらためて, トラックで, ニヤニヤする, ラゴプス鳥を, 一丈に, 一通の, 三人に, 三分心の, 三寶に, 三歳の, 上げる, 下さい, 下部に, 不思議な, 与ふるやう, 与へぬ福, 両三日以前, 乳の, 五郎兵衛が, 今度は, 今朝斯の, 何か, 何だか自分, 作りたるもの, 供せられき, 供へて, 価貴き, 偵察に, 僅かに, 出さねば, 出されけり, 出しました, 出す位, 出せば, 出版届を, 刀を, 刈萱の, 勅使に, 半紙に, 南門から, 受ける, 古い線, 可愛ゆ, 呈出され, 呉れた, 呉れて, 呉れるやう, 咲いたやう, 哀しいとも, 四五輪の, 大きく一字, 大根おろしに, 大母, 大袈裟に, 女の, 好い, 安置したる, 家内が, 小腰を, 居ります, 居るやう, 山寺の, 差し出さる, 差出したが, 差出すの, 巻上げた, 彼の, 御簾中樣御奉納, 恋しき瀬, 悉く童, 懷から, 成瀬横町の, 或友人, 手紙を, 打伏, 持たば, 捨てさせし由, 推しつけて, 掻乱し, 料理を, 新に, 旅行者に, 日頃無, 晩酌二合, 暮ればかへる, 書いたやう, 来る, 枕元へ, 栓抜きの, 梳櫛は, 棠軒に, 極彩色の, 槍と, 此の, 永久に, 江戸に, 渡した, 満足気に, 漢字の, 炉の, 炬燵の, 無いこと, 熊本迄, 物言へり, 用ゐられし, 用ゐられる, 申さうと, 白痴が, 皮衣らしい, 直接上官である, 確と, 祝意を, 私に, 私は, 突だした, 突着けた, 突立てる, 立去つて, 立派な, 純潔の, 紙片に, 結は, 結び目を, 置いたら売物, 置かう, 置かうこんなに, 置かずには, 置かなくつちや承知, 置かん, 置きたい事, 置きましょう, 置きます, 置くの, 置けば, 署名しました, 美しく手紙, 膝までの, 自分も, 艫の, 茶屋の, 茶山に, 行く父母, 表面の, 裴世清と, 見るの, 見送ること, 言ひ残した, 言ふ, 説明し, 読むべきである, 警視庁へ, 豐旗雲といふ, 貰つた, 貰つて來た, 貸して, 贈られた掛物, 贈るにや, 返す, 送つて, 進むと, 進献した, 遣つた, 都に, 酒一壺もて, 金を, 金子十兩其賞として, 阿彌陀の, 離さず中屋, 風呂敷づつみにすると真直に, 風情なる, 飛脚に, 食ふ, 食べるの, 飾りぬ, 駄賃を

▼ 添~ (304, 15.2%)

3222 てあつた 10 たの, ました 6 ます, られて 5 たもの, なければ, ぬ, ようと 4 給へ 3 たまふ, たやう, つ, てこの, よう, られたの, り, 置く 2 これが, たい, たるが, たるに, た一品, 下體, 乳を, 得て, 物を

1 [152件] かけるや, かしな, させたもの, させながら, さへ, ざるも, した, した低く, して, しのみ, しむる, しめたり, しめてゐた, しめ忠臣義士, しもの, し小, し箙背負, ず又, それこそ, たいことは, たいと, たうま, たかを, たか知れません, たが, たしかつめらしい, たと, たので, たまふこ, たまへ, たらい, たらんかと, たら一層, たる, たるある, たるなり, たるは, たるも, たる夕顔の, たる如く現に, たる挿絵の, たる立姿は, たる紙片に, たる給仕の, たればとて, たわけで, た一団, た前年丙戌, た厳し, た小皿, た広告, た心, た意味不明, た梅, た歌, た理由, た短刀, た祇園, た絵, た草刈鎌, た著者, た言葉, た鎧櫃, た麺麭, つる, つれば, てわたして, ですがね, ぬと, はさや, ぶみでも, ました今, ました惡, ますが, むと欲す, むの, むわがねがひ, もし削り, やうと, ようか, ようため, ようといふ, ようとして, られ, られかしこく, られける, られた, られた一点, られた手紙, られつ四たび, られても, られねば, られる謹, られ之, んと, パチパチと, 一見少女たち, 下体, 下流に, 乍ら調べた, 乳し, 乳でも, 井上唖々子と, 人を, 何かもの, 使の, 候は, 元日か, 先づ見た, 其足を, 別に魔除, 右手にて, 地の, 壁際廊下には, 外裝を, 居士の, 山の, 山東菜を, 底を, 得たり, 得たる事, 得るかを, 御通知申上候, 恨を, 或は改め, 敗残の, 時に或は, 書が, 書きして, 書きとして, 書まで, 毛し, 烈々たる, 物に, 物の, 物は, 玄關の, 玉ふと, 画に, 畫く, 破戒は, 神助を, 給は, 給ふ, 給へれ, 置きたい, 見上げ見下すな, 貞操蹂躙名誉毀損で, 跡へは, 金魚の, 長押の, 黽勉に

▼ 添~ (166, 8.3%)

73 たり, て虫, のお, の女子, 御璽や 2 つつ, てハリエニシダ, て月, て澄, て行く, て蹲, の看護婦, 紺碧なる, 風韻幽かに

1 [126件] お豐, がある, が行つて, その椅子, つつ笑, つつ舌, てあと, てあゆみぬ, てあらせ, てあれ, ていか, てうらがなし, ておぼろ, てかがよ, てかたりぬ, てふたり, てまし, ても行, ても行かれぬ, てゆく, てベアトリチエ, て人, て助くべく, て古びたる, て姫, て居る, て從, て手, て旧り来ましけり, て木の下, て横, て歩める, て殆ど, て気, て流れつ, て消えやし, て清き, て火移り, て父, て物, て眠る, て繍眼児, て腰, て舊, て見渡す, て走らせ来り, て遡る, どこ迄も, ながらふるへる, ながら乘つて行, ながら二人, ながら伯父, ながら佇ん, ながら立つ, ながら親し, にご, にし, にしか, にと望んだ, には死なれた, には貧弱, に人, に叔母さん, に寺西家, に望んだ, に行つて, の, のひと, のレール, の上品, の今, の友, の女, の女房, の姿, の婆アさん, の婦人, の寺, の巡査二名, の径, の村, の母親, の男, の看護人, の道, はなかつた, をといふ二三, を無視, を置き残し, を虐待, を要する, を貰ふだん, 上りきぬ隆恩殿の, 乍ら先に, 五十銭で, 人知れず几帳, 作家に, 來る, 出づ, 勇拂を, 十一月朔日江戸表へ, 半丁, 品川大黒屋まで, 大御光, 家の, 寢の, 屹つと, 弘は, 彦三郎は, 徊徘つた広, 手を, 映り徹りぬ, 月明には, 末野は, 松に, 樹てる, 竹に, 籬に, 紅血の, 給へ, 給へる, 花も, 花香別, 青瞳うるむ見れ, 髪の, 麦畑の

▼ 添~ (115, 5.7%)

4 お國 3 ものも, 一人が 2 お皆, さむらい衆, ものが, 女中とが, 女中に, 看護婦と, 看護婦は, 者が, 連れ子で

1 [87件] うえで, うえ城下の, おかめさん, お倉, お千世, お常, お役人, お源, お爺さんに, が野暮, ことで, ことを, まだ前髪立ち, 一人は, 上ドンドン, 下に, 主人源左衞門は, 二人は, 人の, 人も, 人達が, 人達や, 内儀, 名前な, 大男を, 女が, 女は, 女中たちを, 女中の, 女中も, 女子に, 女房の, 女房を, 娘お, 婆さんが, 婆さんなぞの, 婆さんは, 婆さんを, 婆は, 婆やまで, 婦人の, 婦人は, 小間使いが, 川では, 役人も, 御内儀, 息子が, 手によ, 手代より, 数多の, 有無によって, 本田さんが, 村の, 森三左衛門可, 武術の, 片柳と, 男で, 男は, 男ばかりは, 番頭は, 看守に, 看守の, 看護婦が, 看護婦さんの, 看護婦に, 看護婦を, 程を, 米友を, 義は, 老女にも, 者と, 者に, 者の, 者は, 者みな質朴に, 者も, 者罷り出でた, 若い男, 衆にも, 話が, 話でも, 話などは, 誰袖華魁より, 連れつ娘, 錦葉で, 雑仕婦であった, 騒ぎ方

▼ 添~ (115, 5.7%)

18 やうに 3 女の

2 [12件] であらう, に添れん, のみ, やうな, 位なら, 匂なつかしき, 夕ながめ, 母の, 舗道を, 袖の, 身の, 風に

1 [70件] あツたかみ, が, が否, ことであり, ごとか, ぞはかなき, と思ふ, ので, のは, みち, やうやりませう, わけには, トマトやら, 一帯の, 一生の, 一面の, 事が, 亭主の, 人が, 低い小家, 侍女を, 勇士即ち, 唇, 夕暮の, 大通りまで, 女房で, 女房と, 女房にまでも, 妾で, 姿を, 家々は, 小さな溝, 島島の, 幻を, 影の, 微風に, 心地し, 心得で, 恋の, 戀女房の, 我が身, 時銀いろ, 暖かく晴れた, 植込の, 植込みの, 様に, 氣なんか, 水の泡, 河靈は, 涙いとどせきあ, 淫らにも, 片側町の, 狭い石, 甘き悲哀, 男を, 畑道を, 真木柱そも, 秋も, 程の, 色で, 若い一人, 見込は, 貧乏は, 道の, 道を, 霞かな, 風流なる, 駅へ, 髪の, 黒き牡丹

▼ 添つて~ (102, 5.1%)

8 歩いて 5 ゐる 4 ゐた, ゐて, ゐるの 3 歩きながら 2 ゐるだけでも, 並んで, 動かして, 来た, 歩いた, 走つて, 進んだ

1 [60件] あるぢ, お坐り, お組, さも仲, その影, たが, たどたどと, ついて, と血狂, なまめかしい格子, ひやかしの, または小路, まつすぐ, も子, ゐたあなた, ゐたので, ゐた二人, ゐた人, ゐた女, ゐた時計のち, ゐないの, ゐなかつた, ゐました, ゐると, ゐるより, ゐる人, ゐる十八九, ゐる女房, ゐる札幌, ゐる自分, 低首れつ, 何と, 古い水車小屋, 宥めて, 寝るの, 居た兄者人, 居る, 居るやう, 居並び主人, 戻つて, 既に店, 暑い道, 曲り迂つた白, 来たから, 来たの, 来た宿屋, 来た男, 来て, 案外富岡, 止むを, 流れる小川, 涼しい水, 然も, 積み重ねられなかつたといふ, 立つと, 細い銀色, 行くと, 行く代り, 錆びついた鉄柱, 離れない樣

▼ 添へる~ (77, 3.8%)

4 のであつ 3 ことは 2 ことを, のでした, のです, 事に, 必要を

1 [60件] が, が我が, が新, が貴殿, ことが, ことと, ことに, ことにでも, ことも, ためやがて, だけのもの, つもりで, と, とある, といふ, といふ點, と云つて, と山, と決然, と釣り道具, に至らない, に至る, のか, のが, のである, のでせう, のみで, までもあるまい, までもなく, ものである, ものでなく, ものは, やうで, やうな, やうに, やうにか, よりも捨, 一つの, 一分身ありけるなり, 一番小型の, 一種の, 事が, 事の, 事も, 事を, 場合が, 天然に, 尾辞である, 山家或は, 必要が, 未練が, 歌は, 消炭の, 為の, 笹を, 者は, 要素が, 論讃である, 身の, 間も

▼ 添~ (63, 3.1%)

4 して, つてゐる 3 つた抱へ

1 [52件] うと, おそひで, こっち持ちで, されぬ容子, してやらねば, しながら, する習, せた, せたくないもの, せむその, せる工夫, せんため, つたもの, つた要素として, つてゐた, つて居る, つて来たりも, で予, ないといふ, ないの, ないもの, ないやう, ない気, なければ, ぬ, ぬが, ぬつれない, ぬ彼, ぬ業, ぬ爲體さ, ぬ物, ねば不可い, ばや, まし, ましを, まほしき, むわがねがひ, るのみ, れずと, れる中, れる由, イロハ順に, 丁度その, 二人ともに, 別府新, 十五日を, 嬉しそう, 息子を, 決りません, 立派な, 粕漬や, 頼んだもの

▼ 添ふる~ (35, 1.7%)

32 に過ぎず

1 [30件] が中, と共に和歌界, にしばし, に一汁一菜, に似, に由, に至りし, に過ぎざる, のみ, の不風流, の種子と, はなべて, もの也, もの其創意實に, や疑, を覚ゆ, 今日この, 夕霧に, 宵の, 急湍溢れ, 技と, 春待つ, 時雨ぞ, 汝諸, 深き夜, 種なるべし, 者として, 蝉しぐれ, 雲の, 鴛鴦の

▼ 添~ (33, 1.6%)

3 して 2 なって

1 [28件] いたからこそ, いった事, された後妻, した, しべ, なってから, なっても, なるの, なれとでも, 今日までもを, 依て, 入りました俵屋, 出なければ, 導きつつ, 居た母, 望みを, 望んで, 来て, 死別れ, 片手を, 直したら宜, 直しました, 直すもの, 直ってからという, 納まるだらう, 行つてゐる, 遊ばしたら, 頼んだ看護婦

▼ 添~ (26, 1.3%)

2 して, やつた, 貰ふ

1 [20件] しなくても, そへ, つけて, やつて, 世話する, 前半に, 受けるところ, 待ちわれ, 抜いた伊賀, 抜きまして, 探す気, 置くつもり, 貰って, 貰つて後に, 貰は, 連れて, 頼まれた時, 頼む必要, 願い上げまする, 願わねば

▼ 添ふて~ (22, 1.1%)

2 村の

1 [20件] はしやぎながら, アイア, マメイドに, 一里ばかり, 一閑張の, 不規則に, 之を, 五里の, 來る, 可懐しい, 右に, 垂下し, 寄席の, 支那智識を, 散布する, 生涯気心も, 竪川の, 肉を, 胴衣を, 赤の

▼ 添~ (21, 1.0%)

2 慌てて

1 [19件] いらつし, お倉, お源, きりやう好みや, ここに, まいりました江戸, ようやく出来た, りよと, 一つ捜し, 二十四五若く, 仕合せな, 出て, 図書室に, 奉公先が, 実隆邸に, 恭け, 此處に, 滋養本位の, 雇った本当に

▼ 添~ (17, 0.8%)

2 あつた

1 [15件] あったの, あつたさうで, あり私, きいたの, してあつ, ついて, つと見つけ, やって来たら幽香子, 三人, 入るよう, 出来た孫共, 坐ったり, 慌しく医局, 目的な, 賺しても

▼ 添へを~ (14, 0.7%)

2 したもの, して, 喰つてゐる 1 したの, したので, しても, り候, 勤仕いたしました, 喰つ, 喰つた, 迎へる

▼ 添看護婦~ (13, 0.6%)

3 の腕 1 があの, が立っ, であること, といふもの, とが黙っ, とだけが残った, の, はいまし, も来た, をつけ

▼ 添~ (12, 0.6%)

1 [12件] おく, よこした, ゐないが, ゐなくつて, ゐるし, 一緒に, 家の, 度々進呈, 突当りました処, 立し, 脱稿しも, 行ばや

▼ 添ゆる~ (11, 0.5%)

2 の事功, 菓子と 1 が爲, もので, や, 予定であった, 事が, 口のき, 花見れ

▼ 添への~ (10, 0.5%)

4 お酉 1 お縫, 世界に, 伊太利亞ベルモットの, 口は, 役である, 私は

▼ 添つた~ (9, 0.4%)

2 ところには 1 この由緒, と思ふ, なり静, ものだ, やうな, 暗い小路, 長い路

▼ 添ひし~ (9, 0.4%)

3 雨戸を 21 まま眠れ, 人の, 侍は, 果報か

▼ 添はせ~ (8, 0.4%)

2 てやる 1 てくれない, てやれ, て三文字屋, て上げよう, て下さいました, て置くべきで

▼ 添ひたる~ (8, 0.4%)

1 は介抱, ものの, もろ, 三抱余り見上げる, 人か, 既に彷彿, 海の, 腰元は

▼ 添へで~ (8, 0.4%)

1 お詫びに, タヌキ屋の, 先刻お, 台湾総督府に, 年も, 瞬時に, 解官の, 金次と

▼ 添~ (7, 0.3%)

1 て, てゐる, て丁度, て仮令, て母, て言, て言った

▼ 添~ (7, 0.3%)

2 たりし 1 たり谷, ている, てきた, てゆき, て来る

▼ 添~ (7, 0.3%)

1 いうては, いたしまして, なった女子, なり仮に, 主人の, 愛吉は, 見えて

▼ 添ふた~ (7, 0.3%)

1 が一日半時, のであらう, 墓地が, 妻と, 庭の, 白い路, 賑かな

▼ 添~ (7, 0.3%)

1 あったと, いるし, この院内, ございまする, ない, 置かずその, 間もなく気

▼ 添さん~ (6, 0.3%)

2 が要る 1 にまかせ, の世話, もなかなか, を附ける

▼ 添はれ~ (6, 0.3%)

1 てでは, て山, て湯治, て自動車, て自身番, て辻堂

▼ 添へば~ (6, 0.3%)

2 鴨跖草や 1 朱なる, 申分なし, 男は, 鈴さんの

▼ 添ふと~ (5, 0.2%)

3 すれば 1 その美しい, 今度は

▼ 添ふも~ (5, 0.2%)

1 のとしては, のに心, ののみを, の一兩名, 風情なり

▼ 添へに~ (5, 0.2%)

1 けり, して, するやう, たりけり, なるの

▼ 添へれ~ (5, 0.2%)

1 ばいい, ばこの, ばよい, ば明石君, ば此論文

▼ 添れん~ (5, 0.2%)

2 と云, のです 1 から死ぬ

▼ 添つた道~ (4, 0.2%)

1 には乾き勝ち, の傍, を歩く, を通り過ぎた

▼ 添として~ (4, 0.2%)

2 一所に 1 まる二か月, 手厚く看護

▼ 添はず~ (4, 0.2%)

1 とも, にやをかねえだ, にゐない, に寄つて來

▼ 添ひたい~ (4, 0.2%)

1 いふん, といふ赤心, のです, 気かへと

▼ 添ふべき~ (4, 0.2%)

1 ことに, 新刊書が, 程の, 纏つた考へは

▼ 添へたり~ (4, 0.2%)

1 し, して, 或は所謂佛, 爾來英

▼ 添~ (4, 0.2%)

1 なおるチョイナ, 御配慮, 父兄が, 看護婦も

▼ 添つた路~ (3, 0.1%)

1 を徐かに, を歩い, を通る

▼ 添つて來~ (3, 0.1%)

1 た, て, る日

▼ 添つて手~ (3, 0.1%)

2 でも握 1 を映し

▼ 添どの~ (3, 0.1%)

1 に聞かっしゃれ, はどう, もある

▼ 添にな~ (3, 0.1%)

1 つたのが, つて來た, つて來て

▼ 添ひと~ (3, 0.1%)

1 した, なつて, 見せる爲め

▼ 添ひゆく~ (3, 0.1%)

2 子らの 1 いのち正眼には

▼ 添へた~ (3, 0.1%)

2 に過ぎない 1 なら面白から

▼ 添へつつ~ (3, 0.1%)

1 宮は, 映る, 釵の

▼ 添へても~ (3, 0.1%)

21 いいがね

▼ 添つた堤~ (2, 0.1%)

1 に出, を歩い

▼ 添つた夫婦~ (2, 0.1%)

1 だあ, のやう

▼ 添つた石垣~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 添つて冬青やゆづり葉~ (2, 0.1%)

2 が繁り

▼ 添つて海~ (2, 0.1%)

1 の方, まで出る

▼ 添では~ (2, 0.1%)

1 なくやつぱし精神病者, 心もとない

▼ 添など~ (2, 0.1%)

1 失業といふ, 称するの

▼ 添にて~ (2, 0.1%)

1 表向き下宿屋といふまでこそ, 途中心もとなし

▼ 添はせる~ (2, 0.1%)

1 つもりで, のが

▼ 添はで~ (2, 0.1%)

1 わかれたる, 別れたる

▼ 添はん~ (2, 0.1%)

1 か或は, とせし

▼ 添ひとげ~ (2, 0.1%)

1 させるに, まするやう

▼ 添ひゆき~ (2, 0.1%)

1 てまたも, て人

▼ 添ひ来る~ (2, 0.1%)

1 夜の, 荷か

▼ 添ひ臥し~ (2, 0.1%)

1 て黄金, に進めた

▼ 添ひ遂げた~ (2, 0.1%)

1 のが, 上なら

▼ 添ふこ~ (2, 0.1%)

1 との出來, ともでき

▼ 添ふてお~ (2, 0.1%)

2 もひお

▼ 添ふてゐる~ (2, 0.1%)

1 やうな, 露台に

▼ 添ふべけれ~ (2, 0.1%)

1 どこの, ど此芳野山

▼ 添ふれ~ (2, 0.1%)

1 ど手寡, ば彼

▼ 添へてを~ (2, 0.1%)

2 ります

▼ 添~ (2, 0.1%)

1 けれど軒端, たるに

▼ 添~ (2, 0.1%)

1 もの多, 也女は

▼ 添る言~ (2, 0.1%)

2 にて元来

▼ 添並ん~ (2, 0.1%)

1 でと見送, でと見送った

▼ 添言葉~ (2, 0.1%)

1 さえ賜った, を付加える

▼ 添遂げ~ (2, 0.1%)

1 てこの, て女子

▼ 添遂げる~ (2, 0.1%)

1 ぞ, という程

▼1* [255件]

駒の, 添けて下僕に, 添へある, 添させてゐる, 添されないのは, 添じゃあるし, 添せられるものかも, 添そのうわなりその後妻に, 添小歌の, 添たいの蛇, 添たちが慰め, 添たる様に, 添だけは願ひたい, 添つたつれあひ, 添つたらよかん, 添つた主人に死なれ, 添つた亭主の性惡, 添つた價のもの, 添つた大日堂の少し, 添つた妻の瑚, 添つた宏大な邸宅, 添つた対象をのみ選ん, 添つた曲り角まで來, 添つた林の中, 添つた桟道であるから, 添つた棚の上, 添つた温泉宿の一室, 添つた溝には米, 添つた玉野玉江と云, 添つた町なので, 添つた畑のすみ, 添つた者と推察, 添つた薄墨の眉毛, 添つた街道を裸身, 添つた谷あひ, 添つた遊歩道にはカンナ, 添つた雲の白く, 添つてあらしのやう, 添つてたいの想出話, 添つてぢくざく, 添つてなめらかに左, 添つてわたしは昔わたし, 添つてケエラに歸, 添つてコンスタンティーヌの町, 添つてスワと言, 添つてテニスやダンス, 添つて一本の凧糸, 添つて一里近くの道程, 添つて丈くらべを, 添つて三つも迂回, 添つて三十年宗右衛門の頑強, 添つて三年目の夏, 添つて上のかた, 添つて下つて行くと, 添つて二人はすたすた, 添つて人中へ割込む, 添つて以前の美し, 添つて何時もおだやか, 添つて利章がすわる, 添つて南北三百二十間東北百三十間面積三萬六千六百餘歩と記され, 添つて却つてあでやかな妹娘, 添つて反対の側, 添つて取り附けて, 添つて口を耳, 添つて右に曲る, 添つて城のやう, 添つて大浪の走る, 添つて奧へ奧, 添つて子供の拳, 添つて山奧へと進ん, 添つて崖を渉, 添つて差支へない, 添つて平次の裾, 添つて彼は立つ, 添つて彼女を家, 添つて忽諸して, 添つて手さぐりで横, 添つて教室の後, 添つて旅行して, 添つて昇つて行くの, 添つて昼顔が咲い, 添つて曲つて行つてゐた道, 添つて朝夕の話対手, 添つて木を刻ん, 添つて東へ入り, 添つて東北方面へ旅行, 添つて東南に行く, 添つて松葉牡丹の赤く白い, 添つて枕元の小さい, 添つて柳の木, 添つて桐ヶ谷へ行かせる, 添つて森の中, 添つて業平岩小町岩千鶴ヶ崎蝋燭岩鼓ヶ浦と詠, 添つて横になつ, 添つて橋を架けた, 添つて此は普通汽車中, 添つて此処ぞ, 添つて母に甘, 添つて汽車が走る, 添つて渡つて來た, 添つて直吉は何時も, 添つて紀伊水道の方, 添つて胸元をふくらませ, 添つて腰をかけ, 添つて舞ひ散つて, 添つて草叢や畑, 添つて行つた, 添つて行つた三千兩の小判, 添つて行つた時その子, 添つて行列に加, 添つて表道へ駈け出します, 添つて轟が昇つて, 添つて酸素吸入の具合, 添つて金田峠を越し, 添つて鋸の径, 添つて鎌倉町の源太郎, 添つて雲に吸はる, 添つて靜かに動い, 添つて面倒をみる, 添つて頬と頬, 添つて鵠沼にいつ, 添つて默つて平次の言葉, 添つて默りこくつて控, 添てから足掛三年にも, 添であること彼女の, 添でも這入って, 添というのはの, 添といふ名義で, 添とともに深谷駅から, 添とは誰れ, 添とはの二度目の, 添なければ動, 添なしに独り, 添などがある, 添ならび監督を, 添なんか搜す, 添なんものは蓋し, 添には遊廓が, 添のね福崎, 添はうと努めて, 添はず何かそ, 添はず毛も生, 添はず雨露を凌がぬ, 添はばさすがに, 添はりまして, 添はりゆく星く, 添はることを, 添はる心地して, 添はれぬ身の, 添ひあくがれては長生不老, 添ひあるいて啼聲, 添ひき來し身内, 添ひたつ木槿の, 添ひたてまつることまことに, 添ひつ別れつ, 添ひであるかのやう, 添ひでもとは山下, 添ひながらのこの, 添ひぬ燈火, 添ひぬる心地し, 添ひぬれどなほ遊義門院, 添ひのぼりつつ, 添ひまする, 添ひまして, 添ひもなくひとり, 添ひゆけどその, 添ひゐたり, 添ひ先んじ驅けて, 添ひ寝のもの, 添ひ居り候は, 添ひ居るを見, 添ひ得ること万に, 添ひ来し身内も, 添ひ立てば我, 添ひ行くのみ, 添ひ遂げられなかつたら二人は, 添ひ遂げることの, 添ふうちの婆さんぢやが, 添ふお紺は, 添ふかげとたれ, 添ふけはひ, 添ふごとく響き応ふる, 添ふごとく開き盡した, 添ふてゐないからである, 添ふて並んでいづれ, 添ふて思ひ出の, 添ふて掘れてゐる, 添ふて歩きながら何所かし, 添ふて立ちならぶ長屋の, 添ふて立つてぢ, 添ふて見た上の, 添ふといかにも野性が, 添ふと一層面白くなる, 添ふべく念切に, 添ふみどり児の, 添ふるは悪き事, 添ふるひぐらしの, 添ふるわざなるを痩せ, 添ふんだよ, 添ふ如く悄々と, 添ふ如く手放したことが, 添へそ野辺の松虫, 添へたキログラムになる, 添へた二度目の投書, 添へてぞまゐ, 添へてだに見む, 添へてはゐないの, 添へといふよりは, 添へともつかぬお, 添へど勤めは, 添へなどした消息, 添へにはあまり好感, 添へまほしくなり, 添へも出来る余地, 添へよとの依頼に, 添へり金州の, 添へるだらうと思ふ, 添へるならば高御座, 添へるべきであるのを, 添へを以て公方様をも, 添へんものと, 添ゆるが為に, 添ゆれば晴天十日江戸ッ児, 添らしい御実体, 添らしく仲人を, 添られて或, 添られたるとは知らで, 添ば心持, 添れぬ女の, 添イノ婆サンヤ佐々木ハ顔色ヲ変エタガ, 添ウテ二十何年ニモナリ嫁入リ前, 添ウテ浦賀園ヲ左ニ, 添エテ慈悲ノ御, 添ッテ貰イ酸素吸入ノ用意, 添ヶ津留大津留左津留尾津留志津留桑津留桑鶴小野津留小鶴などがそれ, 添且又打撲為養生温泉行御聞済, 添今や僕, 添勘定上下八人徒目附上下三人大工頭八人小頭二人道橋元締二人賄方手代二人同じく目付三人, 添同士話して, 添奉行から吹上奉行, 添奉行添奉行から吹上奉行, 添届出候ニ付直ニ官員差遣シ, 添差遣仕候処途中, 添後妻二度目の嫁, 添抱きに胸, 添新巻第, 添来るはこの, 添此段御達申上候, 添遂げるぞ, 添添添遂げるぞ, 添芸妓遊女のかえ, 添通詞として參觀, 添遂げた夫婦の, 添遂げたいばかりなん, 添遂げようといえ