青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「混~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~深 深~ ~深い 深い~ 深き~ ~深く 深く~ 深刻~ 深夜~ 淵~
混~
~混乱 混乱~ 混雑~ ~添 添~ ~添え 添え~ 清~ 清水~ ~済む

「混~」 1129, 12ppm, 9006位

▼ 混って~ (463, 41.0%)

41 いた 24 いる 14 いるの 11 いて 7 いると 6 いること 5 いたの 3 います, いるので, いるん, 来る, 見て

2 [24件] いたが, いたこと, いたわけ, いました, いるため, いるだけで, いるとは, いるもの, いるよう, その辺, 一緒に, 二人の, 入って, 出て, 多勢の, 彼の, 来た, 歩いて, 流れて, 私も, 粉雪の, 聞えた, 行った, 遠くで

1 [292件] あのお, ある, ある麦焦し, あんな本, いたか, いたし人数, いたそう, いたという, いたに, いたもの, いたよう, いた代り, いた女, いた白い, いた訳, いない, いないこと, いないとも, いないなんて, いないん, いますから, いますが, いますと, いません, いよう, いられました, いるかも, いるから, いるが, いるし, いるだけ, いるだろう, いるでしょうよ, いるという, いるとか, いるとき, いるとしても, いるばかり, いるやつ, いるよ, いるらしい, いるオートミイル, いるコスモス, いる不得要領, いる中, いる事, いる擬いも, いる木綿屑, いる杉本, いる牛めし, いる若もの, いる過激派, いる長い, いる髪, いる麻酔薬, いろいろ手伝っ, うれしそう, おりは, おりまして, おります, おるの, お前臭い, お喋りする, お手伝いを, かけられた一枚, くる, くる道, ぐるりと, こういうの, この歴史的殺戮, これから養生園, さち子松枝涌子逸子それに, しきりに彼, しまうと, しまった, しまったならば, しまったの, そこら辺に, そこを, その席, その雰囲気, それとは, そんなこと, たまたま出る, だくを, とうとう小心者, どうかする, どっと声, どんな気持, ばかに, ぱらぱらと, ふと面白い, ぽつんと野, まるで北川氏自身, やったな, やや温まった, やや軟かい, やるもの, ゆるやかな, わざと鶏, ゐるやう, ゐる金歯, アンモニアの, ゾロゾロと, トテツも, バタバタ云う, ピシリピシリと, ブラブラ出かけた, ボルティーコフも, マンノーの, リーベ的な, 一つの, 一つ私には, 一人いつ来た, 一人の, 一体どういう, 一層美味う, 一時祭りの, 一種堪えがたい, 一通の, 上ずった庸, 両方から, 主人の, 久しぶりに, 乗るか, 乗るでも, 二つ小さく, 人の, 住み丁度, 佐賀という, 停車場や, 側へも, 働くの, 先生の, 公孫樹の, 其等の, 凝っとその, 出品しました, 列に, 到底見分け, 制え, 千鶴子らしい, 叫んだり, 同じ方向, 同心が, 名のらざる, 吹いた, 品の, 嘔吐を, 四角な, 困苦と, 堅く石垣, 堪らなく鼻, 外の, 夜も, 大きな仕出屋, 大きな黒人, 大勢が, 大変悲し, 大小の, 奥で, 奥の, 奮闘する, 如何にも愉快, 子供の, 孝之進の, 家が, 寝た, 小鴨が, 居って, 居て, 居りました, 居ります, 居りますので, 居る, 居るかも, 居るが, 居るです, 居ると, 居るの, 居る大小幾羽, 屍骸を, 屠場に, 嶽樺と, 市郎は, 度を, 庸之, 張首明の, 彦兵衛は, 彼は, 彼女の, 往来を, 心ならずも嘲笑, 快い湯, 愉快に, 意固地に, 感じられた, 感じられる, 手を, 散乱し, 数種の, 敷台へ, 断片的に, 時々樹上, 朗読や, 来たから, 来た各, 来ると, 楡の, 極度に, 毎日の, 毬と共に, 決して容易, 汽車の, 洲の, 消えそう, 涙を, 湯の, 湯船の, 漂う息, 瀝青や, 火の粉が, 火葬場まで, 焦げるいかにも, 狂喜の, 瑛子らしく, 生ぬるい広間, 甲高いお, 病人に, 白い光, 盲人の, 真紀子は, 真面目な, 眼の, 短い感想, 硫黄が, 稲妻の, 立って, 立派な, 笑顔を, 簷を, 細い三四本, 絹を, 網代の, 美しいの, 聞きとり難い, 聞こえて, 聴えた, 聴聞し, 聴聞者の, 職工が, 胃から, 自分も, 航海を, 芝居なんか, 芹が, 茂助の, 茄だった, 荷造りを, 落ちて, 蛍雪の, 蛾の, 見分けにくく, 試掘の, 詰襟を, 負を, 赭土の, 走った, 越前の, 踊った, 送って, 遊ぶの, 遊んで, 遠くの, 釣を, 釣船宿が, 鋭いヨシキリ, 雀焼屋が, 非常に, 音楽が, 音楽の, 響いて, 響くばかり, 顔に, 風下の, 食うに, 食事の, 餓鬼大将の, 鬱然と, 鳩の, 黄金色の, 黒塗三本檣の

▼ 混つて~ (133, 11.8%)

22 ゐた 13 ゐる 6 ゐるの 5 居る 3 ゐたが, ゐるやう 2 はゐる, ゐたの, ゐたり, ゐるかも, 居た, 聞えて

1 [69件] あゝいふ, いそう, いました, しびれるよう, しまつ, しまつて, たとへば葦間, たの, どつ, にやにやと, のぞいて, は困る, ひゆう, ふとこんな, る籠, ゐさ, ゐたので, ゐたふと, ゐたらう, ゐた一個, ゐた椎, ゐて, ゐても, ゐない, ゐないとは, ゐないやう, ゐない漆黒, ゐました, ゐます, ゐますから, ゐるが, ゐること, ゐるため, ゐるだけ, ゐると, ゐるな, ゐるので, ゐるのに, ゐるもの, ゐるよう, ゐる女, ゐる山手, ゐる時, ゐる筈, ゐる錆, 何だか名, 出た, 出て, 居た数尾, 居て, 居ました, 居りは, 居るから, 居るが, 居るので, 待つて, 戻つて, 折々樫鳥, 来る, 歩いて, 烈しく胸中, 美しい中, 聞えた, 融けて, 見出されるの, 降つて, 青い実, 響くの, 頻りに山雀

▼ 混~ (130, 11.5%)

9 気の 4 けない 3 気ない 2 あひ, に男, の雨, ものが, 千鶴子も, 合つた, 合つてゐた, 合ひ

1 [98件] あつて, ある時, いつもテラス, けがない, けなかっ, けのない, そこの, それを, っけなし, っけのない, つけの, て, てわが, て妙, て甘き, て神, て酒, で作業, で呟いた, で書い, という籾, とりどりに, ながら耳元, なつかしきこそ, な唄, に, にご, にさう, にし, にせず, に体操, に翻訳, に際限, の俗, の商家, の土, の土砂, の文句, の文章, の泥, の熱い, の空地, の粘土, の経文, の草, の薄, の話声, の赤, の部分, の静か, の頭, の風, はしない, はじめた, また時間的, ものとても, ツ気の, ピーピー悲鳴の, 乍ら歩い, 乾草の, 今では, 今更何, 優しく響く, 八大山人の, 具合によって, 前後し, 合つた一種生々しい, 合つた世にも, 合つた向うに, 合つた河口の, 合つた魅力, 合つてたよた, 合つてゐます, 合つてゐる, 合つて原因し, 合つて居る, 合つて生れ出た, 合て, 合ひもすれ, 合ひ触れ, 合ふ, 唄帆を, 夏の, 天幕には, 彼らの, 文に, 普通の, 書きの, 殖民化の, 気が, 気な, 自ずと自分, 融合し, 赤い, 都会人の, 野天風呂も, 青臭い病臭, 音楽の

▼ 混った~ (79, 7.0%)

2 もので, 感情で, 気もちで, 血を

1 [71件] うまそう, つよい音, なまあたたかい空気, なんともいえぬ, のも, のを, ものであった, ものです, ものを, ような, よだれ, オランダの, テーブルの, 一種凶悪な, 不規則の, 中に, 人道主義の, 人間なる, 僕への, 全く鴉, 出し物には, 割には, 勢いで, 変な, 女で, 女である, 妙な, 娘リディア・セイフリナは, 小鯛, 屑豆は, 岩場を, 幅二三寸の, 弱い日光, 彼女の, 心持で, 心持に, 急傾斜, 愛情を, 料理屋の, 暮しを, 木立の, 栗や, 汽笛が, 熊笹の, 物音も, 犬殺し, 独特な, 男女の, 痰が, 眼で, 笑声, 織物で, 美しい毛並, 胸壁を, 脳漿が, 自分で, 自分の, 花の, 若芽が, 茶それを, 菓子で, 薔薇色の, 表情が, 表情で, 視線とは, 鉄びんの, 雰囲気が, 青くさい, 青年慧鶴は, 髭を, 麻紐の

▼ 混~ (21, 1.9%)

2 のである, のは

1 [17件] から, が自分の, ことは, さま, さまの, という体裁, とその, と地層, ので甚, ように, 印象を, 気具合も, 物なく, 状に, 藤の, 金目黐垣が, 雲の

▼ 混り合っ~ (19, 1.7%)

4 ている

1 [15件] てい, ていた, てしまう, てでき, てどこ, てもうもうと, ても彼女, て三角波, て世界中, て何とも, て漂っ, て燃え, て窓, て部屋, て靄

▼ 混~ (18, 1.6%)

3 なかで, 中で, 中へ 1 なかに, なかを, 中から, 中だって, 中に, 中には, 中の, 中を, 間に

▼ 混~ (17, 1.5%)

1 [17件] たりし, てかの, てだんだん, て三人, て五十人余り, て十二人, て想い出, て昇り詰める, ないこと, ない純粋, ながら, ながら仕事, ながら食事, 乍ら御, 吐くぞ, 新吉は, 男ばかり

▼ 混~ (15, 1.3%)

2 せて

1 [13件] うとも, ないで, ないという, ないとこ, ないもの, ない夕餉, ない純白, ない限り害, ぬ啓示, ぬ墓地, ぬ清らか, ぬ街, ぬ西洋

▼ 混えた~ (14, 1.2%)

2 ような

1 [12件] か細い, を最上, オーケストラを, 其の雰囲気, 叫び声, 叫声, 大群集, 夫婦の, 支那青年の, 牡鹿の, 独特な, 風物でした

▼ 混り合った~ (10, 0.9%)

1 ような, 一種異様の, 彼独特の, 心から, 心な, 感情が, 感情に, 旅行であった, 笑声が, 黄な

▼ 混りあった~ (9, 0.8%)

1 ものである, ような, 人物は, 光景です, 女学生たちの, 感動を, 激しい感情, 瑛子の, 笑いが

▼ 混つた~ (7, 0.6%)

2 といふ話 1 ことは, そのわめき, なんだか熱い, やうな, 臭い啖汁

▼ 混~ (7, 0.6%)

1 その中, フライ鍋へ, レモン油でも, 一旦沸, 白身を, 蒸せば, 蒸焼に

▼ 混~ (7, 0.6%)

1 し珍し, す我, たうへに, たと, た上, た光, 紛れ入って

▼ 混り合い~ (7, 0.6%)

1 ながら絶えず, についての反省, をし, 彼女の, 深く火口, 空を, 胸と

▼ 混れる~ (7, 0.6%)

1 なかを, を汚, 力, 力の, 力物體の, 性ある, 斯民その

▼ 混がら~ (6, 0.5%)

2 かつた, がせ 1 かつて居, かるんで

▼ 混へて~ (6, 0.5%)

1 よく見物, ゐたの, ゐる, ゐるやう, 正確, 甚だ手軽

▼ 混えて~ (5, 0.4%)

1 この際, 叱った, 聞えて, 見たくなるの, 食膳に

▼ 混~ (5, 0.4%)

1 まじり間もなく, 彼も, 混って, 紛れて, 隱れ

▼ 混りこん~ (5, 0.4%)

2 で来た 1 でいた, でいる, で来

▼ 混返す~ (5, 0.4%)

1 ので折角, ものも, やうな, やうに, ように

▼ 混っては~ (4, 0.4%)

1 いなかった, いるが, ならず淡, 埋れて

▼ 混~ (4, 0.4%)

1 たり時には, ているらしい, てきた, てく

▼ 混りあっ~ (4, 0.4%)

1 てこの, てのこっ, てむらむら, て独特

▼ 混~ (4, 0.4%)

1 わけて, 縫いながら, 縫って, 電光の

▼ 混える~ (3, 0.3%)

1 ことに, のであった, 人で

▼ 混~ (3, 0.3%)

2 して 1 するよう

▼ 混~ (2, 0.2%)

1 て散在, て流る

▼ 混っての~ (2, 0.2%)

1 合戦だ, 年の

▼ 混りこ~ (2, 0.2%)

1 みたかった, んでいる

▼ 混りし~ (2, 0.2%)

1 後に, 後の

▼ 混りで~ (2, 0.2%)

1 なしに, はある

▼ 混り合う~ (2, 0.2%)

1 ように, 比重によ

▼ 混り込ん~ (2, 0.2%)

1 でいれ, で不思議

▼ 混~ (2, 0.2%)

1 どもその, ば殺される

▼1* [96件]

うるや否, 混うるならば祖国, 混えずに一本, 混えず会うということ, 混から押されて, 混その父兄, 混ぜになっ, 混さず真理を, 混溜息を, 混電車に, 混ちゃなら, 混ったらモー決して, 混ってやあがる, 混ってるフランス人です, 混っとる筈, 混っ返している, 混つたエクスタシイに彼, 混つたコップの水, 混つた人たちは日本, 混つた反省がこれ, 混つた土の, 混つた栗や胡桃, 混つた気でゐる, 混つた町の建築, 混つた空気が漲つ, 混つた自我がのぞく, 混つた飯を噛み, 混つてあちこちから出る, 混つてお節の眼, 混つてるかも知れやしない, 混つて何といふ鳥, 混つて何んとも言, 混つて來るから, 混つて僅かに慰められた, 混つて共同門の横手, 混つて博士の懇切, 混つて口々に汽車, 混つて奥から喧嘩, 混つて女の長い, 混つて女たちの笑声, 混つて娘のある, 混つて客の背中, 混つて帰つた, 混つて弟の笑, 混つて櫻の花, 混つて毛谷平吉氏がバイオリン, 混つて毬と共に笑み, 混つて氷湖上に出, 混つて燻臭いに, 混つて砂の流れる, 混つて私も同じく, 混つて窓のカーテン, 混つて自然にこの, 混つて茂右衞門の旦那, 混つて薄だとか, 混つて講義を聴き, 混つて踊つたり, 混つて踊つてゐる姿, 混つて辰つアん, 混つて釣つて居る, 混つて雑談をした, 混つて鼻に泌, 混なさいますか, 混運命の, 混はるのであつ, 混へるのであつ, 混らうに似て, 混りあいながらここ, 混りあい絡まりあって社会性, 混りけなしに冗談, 混りこみ生きている, 混りこむ場合が, 混りたいと思う, 混りなくなったように, 混りまして今, 混りますがこの, 混り働いても見ずし, 混り光っていた, 混り入って人, 混り合いとけ込んで居る, 混り合いとりとめのない, 混り合い融け合い組み合わされて出来, 混り合い融け合っている, 混り居らば其教会, 混り溶け合い大空を, 混り瘠せた顔で, 混り込み何ら区別, 混り込んだ我々二人の, 混れ込んで, 混ろうとしない, 混ろうと思った, 混ジテ熱スレバ已ニ二百六十度乃至二百七十度ニ, 混ジテ造ラルヽモノ决シテ天然ニ産スルニ非ズ, 混ズベカラズシテ而シテ之ヲ同, 混た雜木林, 混ミ合イ場ハ長刀モヨシワルシダト思ッタ多羅尾ハ禿頭故ニ創ガツイタ