青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「淵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

淋しく~ ~深 深~ ~深い 深い~ 深き~ ~深く 深く~ 深刻~ 深夜~
淵~
混~ ~混乱 混乱~ 混雑~ ~添 添~ ~添え 添え~ 清~ 清水~

「淵~」 1974, 21ppm, 5387位

▼ 淵~ (470, 23.8%)

14 中に 10 ような, 中へ, 底に 9 ように 8 方へ 6 やうに, 底には, 底の, 底を 5 上には, 上の 4 家集を, 岩の, 底へ

3 [14件] すぐ上流, なかに, ほめ方, 上, 上に, 上を, 岸では, 岸に, 方を, 歌にも, 歌の, 歌は, 水には, 面に

2 [32件] お話は, なかは, なかを, ほとりに, まわりを, やうな, 下流の, 中で, 中での, 中の, 中層に, 主で, 主の, 前にでも, 口を, 妹, 家に, 底から, 底までも, 方から, 死を, 水が, 水中に, 水底に, 水底へ, 水面を, 深さ, 烟突を, 言葉を, 顔を, 首を, 鯉は

1 [257件] あたりで, あたりに, あたりより, あたりを, いろを, うえに, うちに, お話で, お話でございます, からさわぎ, きはは, ことばに, ことを, この心, この解釈, ごとく人, ごとく暗く, ごとく溟, さ, さきを, しずかであった, ずっと上手, そこにも, そばに, そばの, そばへ, た, ために, ところへ, ところへと, なかと, なかにも, なかのも, なかより, なか水面から, のろのろした, はなし友が, ほうへ, まはり, まん中に, もとに, やうだ, やうで, やうでした, ようだ, れいの, アキラケクコソの, ヌシの, 一方の, 一方は, 一部隊に, 万葉考で, 万葉考に, 三代めの, 上からは, 上なる, 上にも, 上は, 上より, 上土手の, 上必ず, 上手の, 上池の, 下に, 下宿で, 下廣き, 不思議, 両名, 中から, 中につき, 中には, 中ばかり, 中へでも, 中へも, 中を, 中層で, 主, 主が, 主である, 主である蟠, 主と, 主とも, 主なる, 主は, 二人は, 二将の, 二軍は, 亜聖たる, 付近に, 伝記を, 侘住居を, 依羅娘子観, 倍も, 傍で, 傾斜した, 写真絵はがき, 凝滞みの水の, 出来て, 前だけで, 前に, 原を, 受動的な, 名を, 向う岸に, 問いに対して, 土手の, 外, 大難所が, 天狗岩の, 好処, 如きも, 如き深, 如く見えた, 妹が, 妹です, 娘の, 娘白女の, 子なる, 子ら四人が, 子朝綱千古千古の, 孔子讃美の, 学統を, 孫弟子に, 小魚, 尻の, 尼の, 層を, 山女魚の, 岩から, 岩魚は, 岩魚を, 岸から, 岸が, 岸へ, 崖の, 川蒸汽の, 差ある, 広い川幅, 底にでも, 底まで, 引揚げが, 弟子で, 弟子として, 弟子の, 律法, 律法を, 心に, 恐るべき響き, 想像説の, 戦いに, 所で, 手勢苦戦に, 数えきれない連続, 方へと, 方向へ, 方角へ, 明神と, 杜を, 森へ, 様に, 横幅物を, 歌に, 死に対して, 水かとも, 水に, 水の, 水は, 水を, 水底から, 水深まで, 水赤く, 水面という, 汽船発着所の, 河童が, 河童恐, 波の, 淋しい堀端, 深きに, 深浅は, 清五郎と, 清五郎の, 渡し守が, 渦巻くところ, 測り知るべからざる水底, 港で, 源と, 滅びしは, 澤, 濠端から, 濠端添い, 瀬脇で, 無心な, 生命は, 甥三瀬彦之進によ, 畔において, 病弱な, 目が, 真中に, 真淵, 秘密を, 竜窟鮫室の, 紡績会社や, 紺碧に, 練った様, 織場, 考で, 考では, 自尊心ある, 色とうたはれ, 色は, 荒波を, 荘重な, 萬葉を, 蒼い水面, 藍に, 蛙かな, 言葉に, 訓に従って, 訓以前は, 評伝と, 話じゃ, 話では, 話を, 語にも, 説と, 説明だ, 讐討ちもらす, 赤い崖, 辺に, 辺を, 近くで, 近くに, 近くまで, 返書に, 返辞は, 遠い石ころ, 鎮み, 鐘を, 長歌を以て, 間, 間を, 間道の, 隅の, 面と, 面へ, 面より, 面を, 頭の, 飛槍隊など, 首長と, 鬱蒼に, 魚は, 魚へ, 魚を, 鯉魚は, 鯉魚へ, 龍が

▼ 淵~ (333, 16.9%)

21 沈んで 9 臨んで 8 なって 7 身を 6 投げ込んで 4 臨みて 3 つづいて, 墮ち, 沈んだ, 潜んで

2 [16件] あり, なったり, なりぬと, むかって, 人の, 入ったの, 向って, 導いて, 導くもの, 映れり, 沈んだが, 沈んだの, 立って, 落して, 行った, 陥って

1 [234件] あかあかと, あつまりました, ある人, ある息子, いたもの, いたる, いるに, おちたよう, かかったり, かがやく星, かけた山, ざわざわと, しずむだろう, しづめて, しづんでるので, して, すがりついた蔓草, すさべば, すむ鱒, するすると, そって, たたえて, つき落されその, つれて, とどまりしこと, なった個所, なった所, なった谷川, なりました, なる, なるまでの, ぬしが, のぞむとき, のぞんでも, ひそみて, ひそむは, ふみ込むこと, ぶくぶく沈み, むかへられて, めり込むやも, ゆられて, よどんで, よほど古い, イカリを, カムルチが, 一つの, 一生を, 一蹴された, 下り化し, 両蛟, 亡霊が, 伴われて, 佇って, 住うむう, 住む歌, 住めりと, 住んで, 何が, 何荷とも, 例の, 入って, 入つた鏡, 入りて, 入る, 入る段, 内応した, 出くわした, 出た, 叩き込んで, 合流し, 向つて, 向つて掌, 埋没させる, 報告した, 声ひとつたてる, 学び元禄十七年三月十二日, 就て, 岩魚は, 崩れ落ちるやう, 崩れ落ちるよう, 巨鐘の, 巻き込んだその, 引きずり込まれた五, 引入れられそう, 急いだもの, 惠みの手に, 扶けられた, 投げこまれたの, 投げなまし, 投げ込まれたかの, 投げ込む下界, 投げ込んだ, 投じ幾世紀, 投ずるかも, 投ぜむとするときに本能的, 投身自殺を, 挟撃され, 接し一面, 月影が, 東邦の, 染まつて, 棲んで, 横は, 横わっ, 歌は, 毒流しを, 水あり, 沈ませて, 沈ませ恥辱, 沈まん, 沈みいわゆる, 沈みおるありさま, 沈みかの, 沈みきしかして, 沈みこみただ, 沈みしにて, 沈みし後, 沈みたり, 沈みたれば, 沈みつつ, 沈みては, 沈みました, 沈みましたが, 沈み安, 沈み果てしならん, 沈み果てなん, 沈み習慣, 沈む, 沈むであろう, 沈むに, 沈むのみ, 沈むを, 沈む事, 沈む僕, 沈む前, 沈む外, 沈めさせた, 沈めた, 沈めたの, 沈めたる導火線, 沈めた自意識, 沈めて, 沈めまし, 沈もうと, 沈んだやう, 沈んだよう, 沈淪させ, 沈淪させる, 沈淪せし, 沒し, 河童が, 泳いで, 浮いて, 浮かべて, 浮びて, 浮べました, 溺れねば, 滑りこんで, 漂い岩, 潜まんか, 潜まんと, 潜むでな, 潜むとも, 潜む時, 潜りの, 瀕し, 発見された, 相及び, 着きました, 石木などを, 突きおとす人生, 突当った水, 立たしめん, 立ち初めて, 立つ, 立つて, 童が, 続いて, 臨むこと, 臨むべければ, 臨めば, 臨める嬰児, 臨んだやう, 臨んだ思, 臨んででも, 船橋を, 落し入れられるの, 落し水, 落すぞ, 落ちけるなり, 落ちて, 落ち込まなかったん, 落ち込むこと, 落ち込むの, 落ち込むべく余儀なく, 藻の, 蟠って, 見え, 討たれその, 誘いつつ, 誘ひ込むこと, 誘われたこと, 謂って, 足を, 躍らす束の間, 躍り入った, 躍るさりとは, 躍る前後, 躍る鳶, 身投げん, 追いこんで, 追いやったの, 追はれた, 釣し, 釣せ, 附いと, 陥ったならば, 陥ったら再び, 陥った彼, 陥まり, 陥りずぶ濡れ, 陥れた, 陥れよかし, 陷いれよう, 陷れた, 障ると, 霧を, 飛びこんだ泳ぎ, 飛び込むよう, 飛び込んで, 飛込んだ曲者, 高氏は, 魚あそぶ, 鮫龍とり来む

▼ 淵~ (117, 5.9%)

8 なして 3 あっちへ, 成して 2 けなす訳, して, つくって, のぞいて, 囲んだ, 湛へ, 目がけて, 覗いて

1 [87件] あける, あちこちと, うがち深淵, うらまない, きれいな, けなす譯, こさえて, この上, なししばらく, なし流, なし道, なつかしく思いました, のぞいたよう, のぞきこんだが, のぞきながら, のぞき込んで, のぞくと, ばなき, めぐれる第, やっつけて, よく理解, 上って, 乗り切るの, 作って, 作つたり, 作つて流れ, 作りつつも, 傳ひ, 出て, 出ようと, 去らざるさき, 右手に, 囲みました, 山吹が, 差覗く, 形成し, 彼岸に, 思わせた, 恐れず暗礁, 成し薄, 成す, 成すところ, 抜けて, 持って, 挟んで, 挾んだ上下, 捨てて, 掘りその, 探し始めました, 探つて鰌, 望むと, 気使っ, 泳ぎ入るの, 添へ, 渡らうとは, 測つて, 測らず, 湛えて, 湛え余, 湛ふる, 滑るよう, 瀬とも, 為し松, 知つと, 知らぬか, 経ながらも, 經て, 置きて, 見つめて, 見ると, 覗いたよう, 覗き込むよう, 覗く姿勢, 評して, 謂って, 賞し, 超えて, 越えて, 越える爲め, 蹴って, 逍遥し, 通って, 逮捕した, 避けるよう, 釣ろうが, 開いて, 飛び越え壁

▼ 淵~ (115, 5.8%)

3 力を, 存外に, 歌に, 瀬と, 雄々しく強き歌 2 ありけり, これを, 今日の, 実朝

1 [92件] あとかたも, いつか必ず, いつもの, いつも黝, いやだった, お隣の, これで, しかしいつも, その治安, それだけ, そんなこと, ただしずか, たった一つ, だんだん深く, どうした, どす黒いまでの, ないけれども, ふいに, ふところに, まだ峯間, みずから馬に, やがていった, わずか二千, 万葉を, 両岸, 主を, 人麿を, 今, 今日は, 俺に, 僅に, 兄を, 先師の, 先師鉄眼の, 半数の, 単なる勇将, 即ちさいころ, 口にこそ, 名さえ, 和銅三年ごろだろう, 四人説で, 固く守っ, 大いに怒り, 実に一, 實朝の, 対山に, 年四十に, 彼を, 彼女が, 微笑し, 必ず山, 性急で, 性急の, 怪しんで, 恐ろしい淵, 愈々暗い, 昨年なくなりました, 時にまた, 曲尺が, 染んでも, 此一首を, 武蔵野ながらの, 水楢の, 浅瀬と, 浙江財閥の, 浪さへ, 深く暗い感じ, 澄みて, 片眼, 田安家の, 矢を, 突きだされて, 紡績会社の, 考で, 耳を, 自分の, 萬葉に, 萬葉の, 表面からは, 見えないで, 解釈し, 語気も, 誰に対しても, 越前侯から, 趣向の, 遠江浜松の, 青く瀬, 青黝ぐろと澄みわたり, 音を, 顔を, 顔色を, 驚きあわてて

▼ 淵~ (111, 5.6%)

3 身を 2 ザンブと, 往った, 沈んで, 突落され, 落ちる, 落ち込んで, 行って, 飛びこんだ, 飛び込む仕度

1 [90件] あつまる渓流, おたま, おちたと, ころがり込む時, さらひとられ, ずぶずぶの, ずるずる落, それこんだ, たたきこまれた, とび込みました, なげこまれた形, ぶち込んだ, ほうり込んで, もぐって, ドブーンと, 一歩一歩ズリ落ち, 使いを, 入って, 八時に, 出かけた, 出かけること, 出た, 出る, 出る近, 向かって, 吸いこまれそう, 呑まれ去る, 墜ちこみ寒, 尋ねて, 巌の, 延縄式に, 引きずり込まれたな, 引きずり込もうと, 引き取って, 引っ返して, 往って, 投げたが, 投げ込みピタリ, 抛りこんだ, 抱き込んで, 押し落す旺, 押ぱまったでござりますよ, 捨てられたりなど, 来て, 来ると, 棄てさせて, 沈むでしょう, 沈めこむほど, 沈めて, 沈められて, 沈めるよう, 沈め落して, 流れ込むところ, 淵へと, 滑り込む, 潜ったこと, 潜り込む, 生飯, 真逆様に, 石炭を, 礫の, 突きおとす, 突き落した, 篏まっ, 莚を, 落しこまれて, 落ちこんで, 落としました, 落とし入れる, 落雷した, 行った, 行った子細, 行つては, 誤ッ, 蹴込んだ, 躍り込んだ, 追いやらるるとも, 追い沈めたらしい, 追い落して, 追ひやります, 降つて怒田, 降りる路, 陥って, 集って, 飛び込むしたくを, 飛び込んだ, 飛び込んで, 飛んだ有様, 飛込んでは, 馬を

▼ 淵~ (87, 4.4%)

3 ある 2 あるもの, のぞいて, 悪き調

1 [78件] あった, あったが, あったり, あって, あっても, ありいかにも, あり洞窟, あり見せかけ, あるから, あるけれど, あると, あるん, ある地雷火, ございますで, さっきまで, ずっと下流, その間に, それだ, それである, だんだん目, つづいて, でっかいけに, もし参ら, もとは, アキラケクコソと, 万葉にも, 万葉以外に, 万葉考で, 三千の, 住みまして, 再び閉ざされる, 出来たり, 出来て, 出来るよう, 口を, 右馬介の, 司馬懿に, 四十二歳を以て, 四十四歳で, 囲いの, 埋るうえ, 大軍を, 女弟苅羽田刀辨に, 女苅羽田刀辨に, 孔子の, 居た, 平陽, 惡き, 手もとに, 放任主義だったらしく, 日本に, 東京へ, 横つてゐる, 水を, 清くよどん, 瀬に, 無くなりそれから, 無数の, 猛烈に, 現われ其上, 生ずる, 相手では, 秘蔵した, 答えて, 続いて, 自分を, 芋生に, 菎蒻の, 萬葉にも, 見えて, 言います, 討たれたと, 討たれた今, 近いうち日本, 近くたつ, 逃亡した, 通れないので, 開けると

▼ 淵~ (62, 3.1%)

6 なって 2 なりぬる, なりやがて, 云って, 子路の, 張

1 [46件] いいこれ, いうが, いうに, いえば, いっても, さっき文吉が, それに, なつて, なり奔, なり目のあたり, なるらむ, 一手に, 云う淵, 云へば, 兄の, 出会って, 出掛けやう, 号すと, 名づく, 名づくる, 名の, 呼ばれて, 呼ぶという, 呼んで, 唱える処, 変らば, 外題を, 夫婦に, 庄田は, 戦わすであろう, 早瀬との, 河原と, 淵とを, 湛えた水, 滝と, 瀑布との, 瀬とを, 申します, 申し下総国羽生村, 申す難所, 結婚する, 見るべき処, 親しくなった, 詩仙堂に, 雪白の, 飛沫を

▼ 淵から~ (43, 2.2%)

2 救い出して

1 [41件] からみ合った二つ, くる一種, すくいだした, とびあがって, むくむくと, もう起き上り得ない, ゆるやかに, 上流へ, 何者とも, 冠者と, 吸い寄せられてる星辰, 吾人の, 大急ぎで, 奮然と醒めた, 女人を, 小左衞門さま, 少し上手, 手を, 救いその, 救うこと, 救うて, 救われた, 東京の, 桜木町へ, 浮び上るかの, 溢れて, 現はれた, 突き落されて, 突落しました, 立ち上って, 紫色の, 細流や, 絶壁の, 綾瀬を, 綾瀬川口一帯の, 脱け, 脱ける, 貰ったまま, 貴方を, 逆トンボウ, 飛びあがるよう

▼ 淵~ (35, 1.8%)

32 の句, の詩

1 [28件] が如疑はず, が讀書, が食, だって年, に傾倒, に日日酒, の境界, の如き, の愛した, の態度, の所謂, の文, の本意, の語, の遊斜川詩, の頭, は名家, は家, は更に一層, は菊, は貧乏性, やたそがれ, や孔明, を学べる, を師, を慕, を推し, 幽居

▼ 淵~ (34, 1.7%)

2 あつた, 泳いで, 鱒か

1 [28件] おたま, おひ, そこから, ゆゆしき変事, 一方は, 人を, 何を, 出會, 匂ふ, 大きな, 大きななまず, 女たちが, 子どもらが, 岩が, 手に, 斬り殺した, 有ろうとも, 死んだと, 死んだ潜水夫, 殺したお, 澱んで, 自殺し, 花村甚五衛門の, 蛙が, 逢つた八五郎を, 釣や, 釣れる, 馬の

▼ 淵~ (26, 1.3%)

1 [26件] が身, だけはあと, とかをやっ, なども根, には宮, には科, に直義, に立っ, の愚直, の血走, の足, の郎党, はこれ, はそのままつい, はひどく, はもとより, はボロ, は一ト腰, は一書, は恥, は混濁, は躍りかけた身じろぎ, は首, もふと, をやッ, 新八

▼ 淵右近~ (21, 1.1%)

1 [21件] がお, がそち, が下役, が奉行, ではない, どの奉行, に云いふくめられた, に代っ, のほう, の日常, の気もち, の逆, はお, はその, はその間, は左官棟梁, は雑兵, へそれ, もきっと, をいっそう, をだ

▼ 淵という~ (19, 1.0%)

2 のは, 所へ, 所まで

1 [13件] あたりを, ところでは, ところまで, のが, 一丈くらいの, 上級生と, 兄弟の, 処に, 名も, 所では, 池が, 淵が, 淵淀みという

▼ 淵には~ (19, 1.0%)

3 一首も 2 九つの

1 [14件] それが, どんな魚, 今しも, 及ぶまい, 大きな渦, 幾つかの, 村の, 毎年必ず, 沈むなる, 法師と, 竜宮の, 雲や, 青い猿, 馬も

▼ 淵~ (16, 0.8%)

3 助は, 助重定 2 助っ, 助に 1 助の, 助め, 助わしを, 助宮脇又兵衛など, 助無用な, 源潰天破

▼ 淵~ (16, 0.8%)

9 へ身 3 へでも身 2 に身 1 にでも身, へなり

▼ 淵~ (13, 0.7%)

2 あるべしと

1 [11件] あるが, そこに, まこと, もの凄いほど, 作れないほどの, 岩も, 幾たび替りけむ, 庄田も, 瀬に, 瀬も, 笑って

▼ 淵老人~ (12, 0.6%)

1 [12件] が与一, が催促, が平伏した, が扇, が背後, と尾藤内記, に問うた, の頑固面, はアッサリ頭, はハッ, は眼, も流石

▼ 淵~ (11, 0.6%)

1 [11件] が参加, が篤君, というトウ, などが遊び, のいう, のところ, の英雄, の説, は漫然と, は英雄, ももちろん

▼ 淵孫兵衛~ (11, 0.6%)

1 [11件] が出, が叫んだ, が思わず, が次に, でござる, のことば, のふたり, は木村助九郎, も, もここ, も村田与三

▼ 淵まで~ (8, 0.4%)

1 さしかかって, つれて, 凡そ一里の, 戻って, 押して, 来た時, 行って, 降りて

▼ 淵~ (7, 0.4%)

1 急流などへ, 急湍が, 滝壺の, 瀞に, 瀬でない, 瀬頭を, 綾瀬の

▼ 淵父子~ (7, 0.4%)

1 が叛旗, の奉公ぶり, の謀叛, は何, も遂に, を悩ませた, を繞

▼ 淵禅師~ (7, 0.4%)

1 すらあれ, だった, と称, にし, にも折々, も, を加え

▼ 淵にも~ (6, 0.3%)

1 あらぬ我が, かかわらず対岸, なりませず一様, 沈まず飜, 瀧にも, 落ちて

▼ 淵より~ (6, 0.3%)

1 かられ岸上, われは, 救ひ出す, 是非に, 水を, 突如と

▼ 淵僧正~ (6, 0.3%)

6 の弟子

▼ 淵辺伊賀守~ (6, 0.3%)

1 という者, などはよく, のごつい, の斬り死に, は西, ほどな

▼ 淵~ (6, 0.3%)

1 が慣例, とか沈酔, に君, の余気, の様, は宴会

▼ 淵へと~ (5, 0.3%)

1 いうほど, さそって, 導く, 誘い入れる積り, 身投げしよう

▼ 淵~ (5, 0.3%)

1 との位置関係, に冠ら, の巌, は高市郡高市村字冬野, を見る

▼ 淵~ (5, 0.3%)

2 を尽し 1 に導きつ, に沈み, を究めた

▼ 淵洞斎~ (5, 0.3%)

1 がまた, が打, が頬杖, に出会っ, の言

▼ 淵~ (5, 0.3%)

2 に従った 1 には及び, に仮り, の

▼ 淵とは~ (4, 0.2%)

1 ちと桁, 似ても, 余りにも, 兄弟の

▼ 淵にな~ (4, 0.2%)

2 つてゐ 1 つた所が, つてゐました

▼ 淵~ (4, 0.2%)

1 があっ, はここ, 各, 来歴を

▼ 淵左馬介~ (4, 0.2%)

1 が訊く, は暗然, は狼狽, を疑惑

▼ 淵深く~ (4, 0.2%)

1 に叩き込んだ, に転げ落ち, 落ちて, 見よ

▼ 淵~ (4, 0.2%)

1 たりし, でもあれ, となつ, なるが

▼ 淵車之助~ (4, 0.2%)

1 が向う, が最初, だ, も追う

▼ 淵です~ (3, 0.2%)

1 からご, がむかし, よ

▼ 淵といふ~ (3, 0.2%)

1 のを, ものが, 名は

▼ 淵とも~ (3, 0.2%)

1 いうべきもの, いって, 云いました

▼ 淵~ (3, 0.2%)

1 のである, ので私等, んです

▼ 淵などに~ (3, 0.2%)

1 あった, あつた, 住む動物

▼ 淵などの~ (3, 0.2%)

1 四高弟は, 地下水の, 定まった場所

▼ 淵なら~ (3, 0.2%)

1 で懸けじ, ほんた, ほんとうに

▼ 淵に対して~ (3, 0.2%)

1 これまでに, ふだんから, 命は

▼ 淵以下~ (3, 0.2%)

3 の歌よみ

▼ 淵大和守~ (3, 0.2%)

1 は, はそう, は子

▼ 淵~ (3, 0.2%)

2 居宣長と 1 居宣長小沢蘆庵の

▼ 淵自身~ (3, 0.2%)

3 もそれら

▼ 淵辺伊賀守義博~ (3, 0.2%)

1 という四十男, と申しまする, は

▼ 淵~ (3, 0.2%)

1 の所行, の野郎, は貳刀

▼ 淵集中~ (3, 0.2%)

3 の佳什

▼ 淵あり~ (2, 0.1%)

1 滝あり, 瀧あり

▼ 淵かと~ (2, 0.1%)

1 思はる, 思はれた圓山川

▼ 淵からは~ (2, 0.1%)

1 救つ, 救われつつ

▼ 淵さん~ (2, 0.1%)

2 のお

▼ 淵その~ (2, 0.1%)

1 中に, 淵の

▼ 淵であっ~ (2, 0.1%)

1 て, てそこ

▼ 淵では~ (2, 0.1%)

1 おりおり魚, ないんで

▼ 淵でも~ (2, 0.1%)

1 のぞきこむやう, 身投を

▼ 淵とが~ (2, 0.1%)

1 相繼い, 連続し

▼ 淵などは~ (2, 0.1%)

1 その周囲, 崇神朝に

▼ 淵につき~ (2, 0.1%)

1 おとすに, 墜す

▼ 淵に対する~ (2, 0.1%)

1 孔子の, 愛とは

▼ 淵への~ (2, 0.1%)

1 嫉妬だ, 愛情を

▼ 淵公園附近~ (2, 0.1%)

2 に逃げあつまっ

▼ 淵~ (2, 0.1%)

1 でわずか, で僅

▼ 淵川権六~ (2, 0.1%)

1 なの, まだまだ汝

▼ 淵左馬介義~ (2, 0.1%)

1 遠の, 遠は

▼ 淵~ (2, 0.1%)

2 房に

▼ 淵景樹~ (2, 0.1%)

1 の, を驚かすべく

▼ 淵曹仁曹洪~ (2, 0.1%)

1 などの幕下, など直

▼ 淵~ (2, 0.1%)

1 の寺院, の間

▼ 淵村田~ (2, 0.1%)

1 の三名, の二人

▼ 淵~ (2, 0.1%)

1 がいう, の口

▼ 淵次郎~ (2, 0.1%)

1 の二人, は十八歳

▼ 淵歿~ (2, 0.1%)

2 せしは

▼ 淵~ (2, 0.1%)

2 小十郎

▼ 淵沢川~ (2, 0.1%)

1 がいきなり, はなめ

▼ 淵~ (2, 0.1%)

1 へ共々, を閉じ

▼ 淵~ (2, 0.1%)

2 十二

▼ 淵等古来人~ (2, 0.1%)

2 の称美

▼ 淵~ (2, 0.1%)

1 では, におけるもの

▼ 淵紡績~ (2, 0.1%)

1 の女工, の煙突草後

▼ 淵~ (2, 0.1%)

1 より数年, を

▼ 淵邊某~ (2, 0.1%)

1 が弑し奉つた, が白刃

▼ 淵附近~ (2, 0.1%)

1 の地一帯, の楓

▼1* [176件]

あたりから半蔵, 淵うしの縣居, 淵池である, 淵かけて流, 淵ことに曲淵, 淵この歌を, 淵すでにしかりと, 淵その他を歩き, 淵今日は, 淵ただならざるを, 淵たる所以なり, 淵という, 淵であったのである, 淵であるかもしれない, 淵でさえ底まで, 淵とか九段坂とか, 淵としても放って, 淵とでもいたした方, 淵とともに孔子に, 淵となしける, 淵とまでは察しられなかった, 淵とをつなぐ小さな, 淵どのにお, 淵なす溪の, 淵などで出来るもの, 淵などではひでり, 淵などと感じるくらいに, 淵などもこの二首, 淵などを堰きとめ手桶, 淵なりへ投げこんで, 淵なんかを調べるより, 淵についての伝説は, 淵にて川の, 淵にまで連れて, 淵にまでも追従せん, 淵に対してすらもその浅薄, 淵に対してだけはさほどに, 淵に対してはほとんど真理そのもの, 淵に従ってアキラケクと, 淵のしもての浅瀬に, 淵のみならむや, 淵へは曾て, 淵へも躊躇なく, 淵まかせに, 淵または仙台の, 淵までがおし默って, 淵めがけ魚の, 淵よりの悲歌みたいです, 淵よりを歌い出した, 淵の霊極, 淵ら一派古学を闢, 淵をも見ました, 淵を以て萬葉を, 淵トチ淵と云っ, 淵ベンチ家の角, 淵一派は, 淵世々韮山の代官, 淵今日の瀬, 淵以後もさ, 淵以後萬葉を貴ぶ, 淵保利荒木だの左右, 淵全体がだんだん, 淵前回よりは十九年, 淵勘十郎という人, 淵勝聚等皆死す, 淵北千住草加越ヶ谷粕壁久喜鷲の宮, 淵千里春潭千古皆詩歌を善く, 淵博深奥なる哲学的識力, 淵即ち不品行家の, 淵は短い激しい, 淵同様の伝説, 淵君大声で山節, 淵ならざるを, 淵四木から新宿, 淵国語をまもる, 淵地先で大分, 淵堂主人が所蔵, 淵堯曰の三篇, 淵夏侯惇曹仁李典などもあと, 淵多く恐ろしき伝説少なから, 淵大いに驚きこの, 淵太一郎ひらきに, 淵姜叙楊阜の軍, 淵は伯寿, 淵孫兵衛その他多くの直門, 淵官左衛門伝兵衛の情婦丹波屋, 淵官左衛門持前の役柄, 淵宣長と共に国学, 淵宣長篤胤または日本外史, 淵に移ろう, 淵山ノマヂカク指向ヒテ見ユル, 淵に泡, 淵崇拝であるところ, 淵川名を権六, 淵左翼の曹仁, 淵左靱の険, 淵が淵, 淵平八庄田孫兵衛などもみな, 淵庄田村田などもそれぞれ越前家, 淵徐晃曹洪などの曹軍中, 淵忠彦氏の未亡人, 淵リテハ沸, 淵怒田ヤグラ沢狐塚吹雪川そして漸く, 淵惣次はくちびる, 淵或は激湍沫を, 淵既にしかりと, 淵既に然りと, 淵明三十七歳の時, 淵明先生の撰, 淵明柳子厚の二集, 淵明王維の詩境, 淵景樹諸平文雄輩に比すれ, 淵景露の随員, 淵や神道家, 淵書入の, 淵曹洪など面, 淵服部南郭の墓, 淵李典楽進と押しすすめ, 淵林駿河守の案技, 淵校本千蔭校本その他の諸, 淵様村田様みなお待ちかねでございましたが, 淵を渡った, 淵郎を, 淵此所の瀬, 淵の淵, 淵殿の御, 淵の人, 淵氏そやつをおれ, 淵氏所望じゃのう, 淵池ごとに孤居, 淵没後を辱, 淵の主, 淵の棒使い海蘊, 淵淀みという淀み, 淵深きところに, 淵の尻, 淵湖沼の主, 淵ふ, 淵玉簾の瀧, 淵甲斐守列代町奉行のその, 淵盗人谷その天上, 淵を射る, 淵知らぬと言, 淵知るべきならねば陷, 淵神社は大晦日, 淵禅師目付役有馬源之丞, 淵の力, 淵紡績会社かの汽笛, 淵紡績会社工場の汽笛人, 淵紡績慰安会愛国婦人会慈善会京都青年会大バザー, 淵綾瀬川なぞの蘆, 淵聖広徳王てふ, 淵自筆本には, 淵荘盛福寺鐘文永十一年甲戌四月九日, 淵董中峰等南将荘得と戦っ, 淵又関五郎, 淵蔵中ごろ和介又は関五郎, 淵蔵中称和介後称文兵衛, 淵角度のひらき, 淵と成り, 淵の頭, 淵車之助殿, 淵車之助日向一学遊佐剛七郎それに屋敷, 淵車之助箭作彦十郎荒木陽一郎それに屋敷, 淵辺りへピシーリ, 淵辺新八をたずねた, 淵辺甲斐守義博とみえ, 淵辺義博にお, 淵の良夜, 淵金右衛門という老人, 淵長瀞などの深潭, 淵陰へんに闇, 淵青い淵, 淵に赤銅七子, 淵馬雲等の為, 淵駐米大使からの報告