青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「深く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

淋し~ ~淋しい 淋しい~ 淋しく~ ~深 深~ ~深い 深い~ 深き~ ~深く
深く~
深刻~ 深夜~ 淵~ 混~ ~混乱 混乱~ 混雑~ ~添 添~ ~添え

「深く~」 10137, 110ppm, 978位

▼ 深くなっ~ (217, 2.1%)

15 て来た 14 ていた 12 て行く 11 ている 9 て行った 8 てゆく 7 ていった, て来る 6 ていく 5 てきた, てくる, て来 4 てゆきました 3 てその 2 て, てこの, てそれ, てわたし, て来ました, て膝

1 [94件] たり浅く, ていき, ていきました, ていつしか, ていました, ていよう, ていわば, ておられる, ておりました, ております, てからは炉, てからは藪原長者, てからヴェルダン, てき, てしまっ, てしまった, てそこ, てそこら, てそして, てとたんに, てともすると, てどんな, ての夕方, てます, てまわり, てめちゃくちゃ, てもう, てもうどう, てもうほとんど, てもう大分, てもゆる, ても仕方, てゆき, てゆきまし, てコリー, てゾッと, て三味線, て人造細胞, て仕事場, て何, て倒, て全く, て公園, て冷気, て半, て右側, て名, て名聞利養, て土地, て土塀, て増築, て夜通し, て好学, て容易, て寒く, て尾根, て居, て居ます, て居る, て屋根, て岩, て岸, て帰る, て幽, て底, て店, て座敷, て忙しい, て恋しく, て日脚, て朝晩, て来ます, て来るらしい, て林, て白百合, て真個, て知識, て空, て窓, て竿先, て肩, て胸, て腰, て自分, て茶店, て行き, て路, て路傍, て通っ, て道, て金木犀, て附近, て静か, て黴

▼ 深く~ (181, 1.8%)

9 ている 5 て, ていた 2 てくる, てわれ, てゐる, て切, て博, て外界, て腹, て靴, て鳥, 乍らそれから

1 [142件] いくら寄手, げつてわけ, げつてゐ, つつある, づもる四五本の, てあと, てあんな, てい, ていいました, ていず, ていただこう, ていました, ておかなけれ, てかつ, てきた, てこれ, てさとる, てしかく, てしかも, てしまった, てその, てそれ, てぢ, てまだ, てむき, てもう, てもし, てや, てやる, てゆきます, てゐるだらう, て一度, て一散, て下, て不思議, て不精無精, て人俗淳, て人智, て今更, て仏教, て何, て來, て其疵病, て出, て切実, て十殿是, て夜, て大船海舶, て奇しき, て奇異, て安心, て寝, て寺, て屋形, て山, て川, て巨舶, て幼, て広い, て広く鋭く, て彼, て往来, て心静, て悲, て我等, て敵, て日光, て昨夕, て月, て木の実, て来た, て枝葉相交, て根強い, て樵夫, て欲しい, て歩行, て死守, て永遠, て浮い, て清く, て濁れる, て燦, て猛虎, て白鳥, て百本杭, て眤, て眺望, て祭祀, て穏, て穩, て突き進むべきで, て立ち去った, て笑い, て結局自滅, て而, て腰, て若し, て行き, て行く, て行った, て西, て解く, て豈, て身, て追窮, て逆, て通りすぎた, て道, て遠く, て錨, て長く, て防ぎ戦う, て風, て馬上, とうていまどか, ながら, ながらお, ながら寄せた, ながら火, ながら葉子, ながら鋭く, また株, まひ込みました, まひ込み小判だけは, まひ込ん, よってもっ, 一つせんべいでも, 人間生活への, 余も, 其矛盾を, 十年の, 味を, 城橋を, 壁を, 彫刻の, 明かに, 明治四十二年には, 独立自由の, 石を, 蔕を, 防柵を, 雨にも

▼ 深く~ (176, 1.7%)

4 水が 3 人を 2 伊勢物語の, 急でした, 悟れないの, 涙もろく, 膝まで, 道具が

1 [157件] あっと云う, いっかな放し, いつかな放し, いとしが, いらないもの, いろいろ面白う, うっかり女中, うつかり, おく病で, おそらくは君, おとなしくて, お氣, かえって地獄, かずかずの, かつ潤う, こころを, こっそりと, こんな短, ご親切, しかも謙遜, しかも軽い, そしてまた物珍, そして一番盛大, そのくせ, そのくせ口前, その慈愛, その雪田, それが, それだけなら, ちょっと見当, とうてい牛, とてもわかりません, とても和服, とても行かれる, とても駄目, どこまで, なんでも, のぼれないでしょう, ぼくたちの, ぽくぽくの, もし金, やる瀬, やわらかい雪, クリストフから, ジムカデだの, ブリリアントな, ホテルも, 一度も, 七宝の, 世界の, 中は, 二人を, 云々と, 五六里以内の, 人に, 人の, 人情に, 人間の, 伜を, 何んにも, 何物にも, 六尺位に, 到底牛, 力寿は, 助手で, 勝手で, 右の, 同情心にも, 因業で, 坂が, 夕陽が, 夜十二時近くなる, 大きいの, 奸譎で, 奸譎な, 嫉妬で, 嫌ひだと, 学問の, 実によう, 容易に, 小さい砂地, 居らつし, 巣の, 底の, 強いという, 強いん, 律義な, 後には, 従順で, 御愛情, 応急の, 念珠を, 思ひやりが, 急である, 恐しい河, 手では, 手の, 教養の, 方角も, 日当りが, 明徹な, 柔かい雪, 權三の, 武芸が, 歩き難く, 歩けば, 氣が, 汚れるよ, 決してひと, 渉れない, 渋峠に, 測れない, 澁峠にか, 無慾恬淡だったら, 犬でさえ, 狭量な, 登るに, 登攀に, 百二十尋以上も, 相手の, 私には, 美しい, 美しい美しい母蛇, 肌理が, 胸の, 能く, 腕が, 自然に, 色も, 蒼黒い, 蓋の, 街燈が, 裏切って, 見えないが, 見に, 見通しは, 見通せないが, 親しい友, 誠心誠意御, 誰にも, 誰も, 貧乏な, 質実で, 足が, 身を, 通俗性, 道は, 道樂の, 遠いもの, 長かつ, 防禦物の, 除きにくい, 青い, 静かな, 頂上からの, 飼い主の, 魚が

▼ 深くなる~ (163, 1.6%)

7 ばかりです 4 につれて衰 3 のだ, のを, ばかりで, ばかりであった, ような, ように

2 [17件] かも知れない, かも知れぬ, につれ自分, に連れ, のである, のです, のは, ばかりだ, ばかりだった, ばかりである, ばかりな, までいつも, ものだ, ものらしい, ようです, 口髯の, 或は鑑賞

1 [100件] かと思う, かに思はれる, から, がそれ, ことだ, ことで, ことである, ことも, ごとに, しバカ, し大, そうである, そうです, その藪, だけ私, と, とあの, ということ, といふだけで, とこい, とすい, とその, ともう, と下, と共にその, と前, と向い, と寒三十日, と小粒, と少年, と川崎船, と狭く, と町, と発育, と見ます, どころかかえってますます, にしたがい, につけ昨日, につれてかすれた, につれてその, につれて上人, につれて年少組, につれて時々, につれて父, につれて百姓達, につれて自分, につれて衰え, につれ国政日, につれ湖畔, に従って人類全体, に従って純化, のかも, のだった, のであった, のでした, のでその, のに, のに宮永町, のも, はずです, ばかり, ばかりでございました, ばかりでした, ほどタチ, ほど冴え, ほど悩ましい, ほど生命現象そのもの, まで依然として, まで悲しい, まで暮しつづけ, もので, ものです, やうにしか, ようだった, ようである, わ, わけだ, わけです, んです, 一方じゃ, 一方だった, 一方で, 一方でしょう, 中を, 事は, 人の, 其中を, 夜に, 夜を, 女は, 時の, 時私達は, 源であろう, 男だった, 痕跡を, 秋を, 程掘る, 筈です, 許りである, 雪に

▼ 深く~ (154, 1.5%)

9 ないが 4 ない, 気にも 3 なかった 2 あったが, ひつて, 信じなかった, 心を, 気に, 知らず世の中, 訊かなかった, 追って

1 [118件] あったけれども, ありながら, ありませんから, ありませんが, ありませんでしたけれど, あるが, いってるの, いはないが, いると, いる所, いわず, いわないが, お心, お感じ, お苦しみ, ぐまれて, そのこと, だれも, とがめないが, とがめまい, ないかと, ないけれど, ないそれ, ないだろうか, ないと, ないものの, ないらしかった, ない低い枝, なくしたがって, なくだれ, ぬくもらぬが, ひつた, ひらないでは, ひること, 一歩も, 交らず, 何も, 信は, 入りません, 出来ないといふ, 切り込めない, 切れない, 刺し得ない筈, 取上げない, 咎めずやがて, 咎めず大目, 咎めない筈, 咎めぬなれど, 咎めますまい兎, 問いませんでした, 問いも, 問ひもせぬ, 問わずに, 問わずまだ, 問わなかった, 問題に, 埋めて, 塩野に, 存じませぬけれども, 宵ごとに, 察しなかった, 察し兼ね, 己自ら見ん, 心に, 心配せぬ, 念頭に, 思つてゐる, 怪しまざりき, 情実を, 意に, 感じないの, 抉れて, 書いて, 望む方, 氣に, 沈まず玉太郎, 沈まない, 源氏の, 無いが, 相手に, 省みられて, 真夏とも, 眠れずに, 眠れないが, 知って, 知らず, 知らないが, 知らないの, 知りとうないし, 突かぬもの, 立ち入りません, 立ち入ろうと, 美しく作れぬ, 考えず墓, 考えて, 考えなかった, 考へて, 聞かずに, 聞かなかった, 胸に, 落さず前, 蝦夷地を, 観て, 言はずなだめる, 言わないで, 言わなかったけれど, 訊ねなかったが, 詮索せず, 詮議させないらしい, 赤い蜘蛛, 踏みこまず遙, 踏み込んで, 追求せず, 這入って, 金五郎の, 降らないが, 飲まないと, 駒井を

▼ 深く~ (154, 1.5%)

8 を打たれた 6 の底, を動かされた 4 にとめ, に期する 3 を留め

2 [14件] にとめた, に思う, に感謝, に期し, に止めなかった, に沁み込ん, に留めなけれ, を動かされる, を動かし, を動かした, を動かす, を寄せ, を打たれ, を打たれました

1 [95件] が正しけれ, にうけとっ, にかかり, にきざみつけられた, にきざみ置かれたく, にさぐり, にしめる, にと, にとめず, にとめませんでした, にのこされました, によって読む, に决, に刻まれた, に刻まれる, に刻みこまれた, に刻みつけ, に刻みつけられた, に刻んだ, に印された, に及ぼし, に向けつ, に噛みしめ, に復讐, に念ずる, に思いとめた, に思い当たる, に愛し, に感じる, に感ずる, に楽むところがあるように, に決した, に決する, に決め, に決める, に泌, に留め, に留めず, に祕め, に秘め, に置かざる, に藏め, に許す, に誓う, に通じ, に銘じ, に銘ずる, に長閑, のうち, のなか, の内, の惹かれる, の根元, の矜, の臓, はづみて, は静か, へ刻み込もう, をうたれる, をうつ, をこれ, をひかれ, をひそめよう, をひそめる, を人世, を傷まし, を傷めた, を傷める, を傾ける, を入れ, を刺戟, を動かされ, を動かされず, を動かされたらしく, を動かされました, を吸, を吸われる, を奥の院, を悩まされる, を悩ます, を惹かれ, を打, を打たれる, を決す, を潜め, を澄まし, を用, を留めよう, を痛ましむ, を痛め, を繋い, を許しあっ, を通わせ, 惹かれる一つ, 致さねば

▼ 深く~ (148, 1.5%)

6 気に 5 考えずに 3 心に 2 あった, ない, なかった, 浅くも, 澄める朝潮, 美しいもの, 考えなかった, 胸の, 遠きほとり

1 [116件] あいづち, あった世, あるべし, あるよう, あれば, お心, お悟り, この国, この町, これを, ございませんで一面, させるの, し多, それに, それを, たくまれた此, たくらんだ博士, たずねないで, たたずんだの, たれた, ないし, ないらしく, ない中, ない洞穴, なかつたか, なさ, なさそう, なしお, なって, ならざりけるを, ならず高く, なりに, なり広く, なろう, ひきつけられる, わるいがらん洞, 一死によって, 二間以上では, 企らんだ, 企んだトリック, 企んだ悪事, 何ともありません, 修めて, 刻み付けられたる願い, 印せしなるべし, 取り上げて, 吸へる, 吼える, 咎ず, 咎めなかった, 問ひ, 嬢に, 宝の, 居坐つて, 心を, 心痛むるを, 念じたり, 怖れ, 思い寄らなん, 思い悩みぬ, 思い決した体, 思ひに, 思ひ寄らなん, 恥らひつ, 惣太を, 意図した, 感じた, 我心に, 抉られた鏃, 探して, 探って, 方様を, 時の, 柔らかくも, 根ざした思想, 正さ, 此れ, 水は, 深くも, 淺くもなる, 淺くも速く, 潜りけむ, 物を, 生絹の, 疑う様子, 疑わず不機嫌, 眼覚め, 知らないこの, 積らせ, 究めず同行, 突立ちしかば, 粘り濃い, 美しい姿, 美しい小娘, 美しかつ, 美しくもなり, 考えさせられたもの, 考えずぱっぱっとやってしまったんだ, 考えず乃父, 考えず通りがかり, 考えて, 考えなかったこと, 聴かずひとり合点, 自分を, 色つ, 花子の, 見えない所, 見ないで, 訊ねず, 迷い入りましたるは, 追及しかねる, 追及せず, 遠き嘶声, 頭を, 飲まぬと, 黙し立てるや

▼ 深く深く~ (125, 1.2%)

4 沈んで 3 心に 2 刻んであります, 動かした, 息を, 掘り下げて, 杉の, 理解され, 私の, 考えて

1 [102件] あの人, うなずかせました, うなだれて, おわびを, お詫び申し上げなけれ, くだって, とあなた, とうとう見えなくなっ, とはいり込ん, と思っ, と流れ, と進ん, なだらかに, なりまさります, ひたって, ふところに, ふれて, ゆるやかに, わびられますと, 一礼を, 不遇の, 両方の, 人間が, 余の, 信じて, 入り込むにつれて, 冥界と, 刻まれた記憶, 動かされる, 印象付けられ, 反省させられました, 合せて, 吉左衛門を, 吸いこみさて, 呼吸する, 問うて, 噛み直して, 垂れて, 女王様の, 実践に, 尊敬し, 岩に, 岩の, 底の, 彼等の, 御両親様, 御礼を, 心の, 心を, 思いこまれた一人, 思い知りましたので, 思い込みました, 思い込んででも, 思ったとき, 悲しみます, 愛された事, 愛されて, 愛し合って, 愛し謙遜, 愛せば, 感じただけで, 感じます, 感じる事, 掘って, 教えこまれて, 染みこんで, 案じ入った結果, 案じ入って, 残った, 水の, 永久に, 沁み入ったよう, 沈吟せる, 流れて, 烙きつけられ, 現世に, 生きて, 眠ります, 研究し, 確信致し, 神さまに, 私を, 秋風の, 考えたそう, 考え入って, 考へて, 考へられて, 肯かれたという, 胸を, 胸底に, 自分に, 自分の, 自然を, 自覚致しました, 落ちて, 見込んで, 認めさせようという, 謹慎し, 遺憾に, 重った影, 頭脳の, 額が

▼ 深く考え~ (103, 1.0%)

8 てみる 7 ている 6 てみなけれ, て見よう 5 て見る 4 ていた, てみれ 3 てみよう 2 ていなかった, てみた, てみたい, に沈み, もせず

1 [50件] そこから, たりする, ついに世の中, つつ溜息, てい, ていたらしい, ていない, てお, ておった, ておられる, ております, てから答えた, てくれる, ては不可, てみね, てみるなら, てみるべき, てもいず, てもいませんでした, てもおらぬ, てもらいたい, てやった, て不意, て対手, て居った, て強く, て暮らし, て秘密, て見た, て見たかった, て見なけれ, て見ね, て見よ, て見れ, て食欲, ながら, ながら低い, に沈み込ん, に沈ん, に陥ち込んだ, の淵, もういっそう高く, もし, を進める, 味わねば, 大きく組織, 深く思った, 皇道に, 細さ, 食によって

▼ 深くその~ (95, 0.9%)

11 身に 3 事を 2 ことを, 中に, 原因を, 言を

1 [73件] ことに, せつの, ゆえを, 上に, 上敬称で, 不面目な, 世界に, 人を, 人間に, 人間を, 内壁に, 労役の, 危險を, 及ぼす所如何, 友情の, 嚢底に, 城壁は, 失望は, 好意を, 姿を, 定義を, 家庭に, 影響を, 御信仰, 徳を, 心の, 情艶は, 意味を, 感に, 感情に, 感謝を, 我胸に, 持論に, 方の, 方へ, 未完の, 根を, 根本を, 根柢を, 涯しなき, 狂人たるを, 生き様と, 用意を, 病源を, 皮肉な, 真理を, 矛盾について, 空を, 精神は, 経過を, 老人が, 色ますます, 蕭々は, 薀蓄は, 蘊奥に, 行動の, 裏面に, 訳を, 話に, 説を, 質を, 趣味また, 身元の, 輝を, 述べ方, 逞しい片腕, 錐の, 関係広く, 雪に, 頃の, 額を, 風, 首級を

▼ 深くする~ (66, 0.7%)

7 のである 4 のを 3 ような 2 ことが, ことは, ための

1 [46件] ことであろう, ことも, ことを, ために, ため印象づける, だけだ, だけで, だけである, だけの器量, つもりで, と, ときは, と云, と共に, と思った, なまめかしさ, に過ぎません, に違, のかと, のだ, のであります, のです, のでせう, のは, のみである, の傾きあり, ばかりだった, ばかりである, ほど不思議, ものだ, ものである, ものは, やうな, やうに, ように, わけであります, 乱杭歯が, 常陸の, 必要が, 必要は, 感が, 方法では, 材料には, 為, 術で, 計りだった

▼ 深くなり~ (66, 0.7%)

2 いつか冬と, まさりぬ, 着物の, 種々御

1 [58件] お互に, かしの, さんざん言いこまれた, したがって力, そうだ, その作品, ついには, つつ, つつ前, て勾配ゆるやか, にくいもの, まさって, まさります, まさるを, もう年季, もの凄じ, 三人称発想は, 人が, 仇敵の, 何気なく病人, 余が, 兄の, 初めは, 口の, 各国の, 名誉が, 命数が, 地上から, 売僧の, 寒気も, 小径は, 山道を, 岩の, 巨大な, 広くなる, 忿恨は, 悧口に, 旅人の, 易いからね, 是なら, 暗黒は, 柳吉の, 樅栂檜などの, 海は, 物も, 純に, 終には, 絶えず踊る, 自分も, 行かなければ, 行く夜, 路は, 都會に, 闇が, 離れが, 鞏く, 顎鬚なんか, 鼻が

▼ 深く沈ん~ (66, 0.7%)

6 でゆく 4 でいる, で行く 3 でいた, でしまった, で行 2 でしまっ, でゐた, で行きました, で行った, で見えた

1 [33件] でいきました, でいく, でいっ, でいった, でいなけれ, でかえった, でからボカッ, でから鱶, でこの, でしまいました, でしまう, でしまひました, でその, でもはや, でゆき, でゆきました, でゐ, でゐる, で了, で了うた, で哀しく, で居る, で往, で最う, で浮き, で渋い, で湖底, で畢, で眉毛, で続く, で行き, で見える, で言葉

▼ 深く感謝~ (59, 0.6%)

14 して 5 する, の意 4 する次第 3 いたします, した, したの, します, するところ 2 しなければ, する所

1 [12件] いたす次第, し希求, するよ, する今や, する外, する思い, せずんば, せらるべきである, せらるると, をいたしまし, を覚えた, 仕候その後森先生

▼ 深く~ (58, 0.6%)

4 思ひにな, 顔を 3 思いに, 愛しに 2 恨みに

1 [42件] ありに, せいを, ぬいの, はいりに, はつさんに, ほいなる, ほひつ, むねを, もひ込んだ, よろこびの, よろこびを, わかりに, 信じ下されて, 動かされに, 咎めない, 咎めなく, 問糺し, 増の, 姉様を, 察しいたします, 察し申しあげまする, 察し申します, 心の, 思われに, 怨み申し上げ, 慕い申して, 慕い遊ばされて, 探りに, 案じの, 歎き, 氣に, 疑いに, 眠りそして, 籠り遊ばして, 聴き遊ばすと, 胸に, 艶の, 藤の, 蝶に, 見せに, 迷いに, 進み成さい

▼ 深く~ (53, 0.5%)

8 を吸 4 しました, をした 3 をし, を吐い, を吸つて 2 して, をつい, をついた, を吸い, を吸っ

1 [18件] をすいこんだ, をすいたい, をすった, をするであろう, をつき, をのみ込ん, をのん, を吐きたい, を吐く, を吸いこみ, を吸いこんだ, を吸い入れた, を吸い込ん, を吸い込んだ, を吹き込みました, を呑ん, を殺し, を飲みこん

▼ 深く~ (51, 0.5%)

6 つてゐる, つて行つた 2 つて來た, つて來る, つて来た

1 [33件] さそうだった, つたので, つたのは, つたらしい, つた嫩葉が, つた昭和十年十月十八日夜私は, つた桐の, つた頃或, つてお, つてからは, つてし, つてその, つてた, つてはやされた, つてひ, つてまたたく, つてゆける, つてゐた, つて中, つて事ごとに, つて何彼と, つて初期浮世絵肉筆の, つて岩の, つて末年に, つて椽の, つて民子は, つて江戸の, つて行きました, つて行きます, つて行く, つて道傍に, ッて, 咎めそ

▼ 深く~ (50, 0.5%)

11 の心 4 の記憶 3 の胸 2 に泌, の眼, の頭, を感動

1 [24件] が正しい, と松どんと, にもまだ, にも思われまし, に印象, のあらゆる, のこころ, の個性, の兄弟, の光栄, の前, の気, の生れ, の興味, の質問, はあなた, はまた, より気の毒, を信じ, を其家, を導こう, を愛し, を愛する, を抱きしめた

▼ 深く愛し~ (47, 0.5%)

15 ていた 9 ている 2 ています, てゐた, てゐる

1 [17件] てい, ていない, ていました, ておいで, ておらね, てお世話, てくださる, てそして, ても春, て居, て居られた, て居る, て行く, ながら男, 尊重し, 特に教養, 謙遜に

▼ 深くなった~ (46, 0.5%)

5 のです 2 ことと, ように

1 [37件] が猪狩り, このごろの, じゃない, といった心持, ところと, と思い, な, のだろう, のである, のであろう, のでこの, ので人々, ので白峰, のも, ものだ, ものであろう, ものです, ようだ, ようである, ような, 上野を, 人たちは, 人の, 今の, 今日においては, 凹味の, 十三夜の, 喜びが, 女と, 所為であった, 時分伊太夫の, 森の, 水中の, 渓の, 為めか, 焚火が, 秋を

▼ 深く考える~ (45, 0.4%)

7 ように 5 ことが 2 ことは, ところが, までもなく

1 [27件] から駄目, が如き, ことあり, ことなし, ことの, ことを, こと無用, し真に, ということ, と人生, と何とも, と心, と馬鹿, にも及ばぬ, に貴書, のは, ほどの事柄, ものにとっては, もんじゃ, わけです, 事も, 力を, 奴が, 心は, 様に, 理由の, 考え方が

▼ 深く~ (44, 0.4%)

2 心の, 根を, 沈んで

1 [38件] さへ, しずまった, しっかり据えられ, すえつけた装置, ただ悲しみ, また城, もしやしたら, グサリと, マラーより, 一時身を, 住み柳営, 住むらん物, 住らん物の, 力強い騒ぎ, 力強い騷ぎ, 反つて, 叩き込んだの, 地面を, 待って, 忍ばせて, 感じる, 持って, 收め混みあふ, 涙を, 潜って, 潜んで, 確と, 祕めて, 秘められて, 籠って, 織田麾下の, 貯えられて, 起つたか, 転げ落ちて, 進み行こうと, 進攻し, 降されて, 風を

▼ 深く自分~ (42, 0.4%)

4 の心, を恥じた 2 に向っ, の一生, の胸, を愛し

1 [26件] で納得, にいいきかす, にきい, について掘り下げない, に信ずる, に呆れた, に浸み透っ, のこと, の半生, の境遇, の悪, の手, の抱負, の気もち, の無学, の職分, の身, の軽率, の頭, の魂, は幾度彼, は感じた, を包ん, を理解, を羞, を調べ

▼ 深くない~ (40, 0.4%)

1 [40件] からなかには, からね, から縦走, ことを, しほか, ということ, といつても, ところから, ところに, と云われ, と都, ながらに自分, のは, ものが, ものだ, ものは, ものを, ように, キャピタリスト或は, 三間とは, 主人夫婦を, 事を, 井戸の, 人と, 何の, 傷ばかり, 場合には, 墓穴の, 山で, 底に, 所で, 時なら, 水に, 水底に, 水面に, 海岸との, 砂地の, 谷の, 趣味このまない, 雪を

▼ 深く~ (40, 0.4%)

8 を張っ 7 をおろし 3 を下し, を下ろし 2 を張つて

1 [17件] が張れなかつた, にもっ, に持ち, に持っ, をおろした, をはっ, をはつて, をはる, を下してる, を下ろしたる, を卸した, を張った, を張つた嫌悪感, を張る, を浸し, を結ぶ, を結ん

▼ 深くした~ (39, 0.4%)

5 ような 2 ことは, のであった, ものと, ものは, 一人の

1 [24件] か分りません, が雨, ことが, ことであった, ことである, ことの, という, と書いた, と言う, のが, のである, のであろう, のは, やうな, ようだった, わけです, 上, 人である, 始末です, 帽子の, 帽子を, 次第である, 者は, 訳だ

▼ 深く感動~ (37, 0.4%)

9 した 6 して 2 したこと, したの, する

1 [16件] いたしました, させた, させます, させるもの, させる本, されます, される, したかは, したが, したさま, したところ, したらしく眼, してか, しました, せしもの, 致しまして

▼ 深くこの~ (36, 0.4%)

2 時節より

1 [34件] ことに, やうな, ように, アテネ市を, パリの, 上なく暖かく, 下の, 事を, 事実を, 二人の, 人を, 偉大な, 問題を, 国を, 山地に, 島に, 幽鬱, 恩義に, 感じを, 挿絵を, 教訓を, 書に, 消息の, 点について, 私を, 聖歌を, 蘆の, 計画で, 谷を, 迷信に, 道へ, 青年に, 高氏の, 黒いとげ

▼ 深く入っ~ (36, 0.4%)

5 ていた 3 て行く 2 てしまった, てゆきました, て行った

1 [22件] てい, ていく, ていった, ている, てからは大河, てちょうど, てはもう今更, ては居りません, てみたい, てゆく, てズキズキ, て居り, て彼, て急, て来, て来た, て浅く, て肩, て行かなけれ, て行きました, て行っ, て雑器

▼ 深く感じた~ (35, 0.3%)

5 のである 4 ことは 3 ことが, のです, のは 2 ことでした, のでありました

1 [13件] ことでありました, ことです, ことを, そこで早々, だけであつ, といった言葉, のであった, のであつ, ので丁寧, ものと, ように, 人が, 様子で

▼ 深く~ (35, 0.3%)

5 を垂れ 3 を下げ, を垂れた 2 をさげ, を下げた, を垂れる, を突っ込ん

1 [16件] と顔, にくい込ん, に入, に入っ, に刻まれ, に刻み付けられ, に刻み込まれた, に印象, に染込ん, に植えこまれ, に残っ, に泌, の奥, をうなだれ, を振っ, を横

▼ 深く感じ~ (34, 0.3%)

4 ていた, ている 3 てゐた 2 これを, て来

1 [19件] そして人一倍, つつある, つつ死そのもの, つつ生活, て, ています, ておる, てゐたらしい, てゐる, て來, て居る, て忘れられぬ, て関羽, とつた, ながら私, 入つて, 凡人よりも, 此を, 父の

▼ 深く~ (34, 0.3%)

3 にしむ, を埋め 2 に沁み, に響い, を埋めた, を隠し

1 [20件] にし, につけ, に余りまし, に染み, に染みない, に沁ん, の非, をうずめ, をかくし, をもっ, を入れた, を包ん, を包んだ, を委ねる, を愛する, を托し, を沈める, を潜め, を焦, を隠せ

▼ 深く信じ~ (30, 0.3%)

6 ている 3 ていた, て居る

1 [18件] その作, ていそぐなりけり, ていない, ています, ていらっしゃる, てこの, て之, て冷静, て同情, て居た, て敬っ, て止まない, て疑, て疑わず, て疑わなかった, て疑わぬ, 基準に, 来年は

▼ 深く理解~ (29, 0.3%)

7 して 2 したの

1 [20件] されて, され身, しあった者同士, しその, した人, した作家, しなかったため, しなくては, しなければ, しようと, し受け入れて, し合, し本当に, するかによって, すること, するため, する機縁, する範囲, すれば, せられまた

▼ 深く~ (27, 0.3%)

1 [27件] かかった時, さっとはいりました, しまげられて, すべての, その顔, はいった信長, はいって, はいると, わけ入ったもの, 下っては, 仕舞ってから, 入ったの, 入って, 南下し, 基地を, 夏まで, 影を, 抛り込んで, 數年と, 沈ませた, 索きこんで, 行つてゐる, 退路を, 進み出ながら, 進んで, 隠した, 飛び込んだかと

▼ 深く~ (27, 0.3%)

3 にも留めず, にも留めなかった 2 にしない, に留めない

1 [17件] にかけてはいなかった, にかけません, にかける, にした, にとめ, にとめまい, にとめる, にならず, にも懸けなかった, にも止めませんでした, に止めない, に留めなかった, に病む, に病んだ, の合う, をつける, をとめた

▼ 深く~ (26, 0.3%)

3 柔軟深く 2 哀憐すぐれ, 許可下さい, 評議遊ばされず

1 [17件] 両親様に, 信頼し, 勘考遊ばされ, 同情いたします, 同情申します, 哀憐勝れ, 心を, 心配遊ばし, 恩を, 憂慮, 憐察下し置かれ, 推察被, 究明なされた, 自身の, 詫び申しまする, 贔屓を, 軫念あらせ

▼ 深く注意~ (26, 0.3%)

4 して

1 [22件] した, した処, した積り, しなかった社会史, し始めました, すべきだと, すべく自ら満州国, する, すること, するよう, する人, する者, す可, せざるは, せざるを, せぬが, もしなかった, をこめ, をし, をせな, を与え, を加

▼ 深く~ (26, 0.3%)

5 へ込ん 2 うべきこと, へ

1 [17件] うるまでも, に沈んだ, ふべきこと, ふべき多く, ふる要無し, へこん, へさせる, へそして, へゐる, へをまとめ, へをら, へ出す, へ深い, へ込み, へ込んだ, 慮るやう, 慮るよう

▼ 深くまた~ (25, 0.2%)

1 [25件] いつもより, いろいろの, ますます難, みんなから, 下りて, 之を, 喘ぐよう, 多方面にわたって, 大いに啓発, 慈恵の, 或る, 最も近代的, 正直であった, 気持よかっ, 滑稽であった, 烈しく恋して, 父性愛の, 真剣である, 窯数から, 複雑であっ, 複雑に, 那須野が, 静かである, 非常に, 魚味を

▼ 深く~ (25, 0.2%)

3 つて行く, つて行つた 2 つてゆく, つて居る

1 [15件] つた履物と, つた藁ぶき, つていつた, つてからは, つてその, つてゆき, つてゐる, つて來る, つて曲物, つて溪添路は, つて肩から, つて行かない, つて見よう, つて見る, つて鮎を

▼ 深く同情~ (25, 0.2%)

4 して 3 した, する 2 せずには, をした

1 [11件] いたしました, いたします, したの, したので, してるの, します, する歌, せられました, をし, を寄せくれ, を寄せた

▼ 深く~ (25, 0.2%)

2 のうち, の心, れを

1 [19件] が美, ぞ歌, に傾倒, に向っ, の, のほう, の使命, の本心, の死, の生まれた, の胸, の臣下, の頭, は落ち込む, は親友, を傷けた, を取り巻きました, を恐れよう, を愛し

▼ 深く研究~ (25, 0.2%)

5 して 2 する必要, せられて

1 [16件] しその, した結果, した譯, しできるなら專門家, しようと, しようなぞという, すべきは, するでも, するとき, するの, する積り, する者, せずして, を要する, を進めた, を重ねる

▼ 深く考へ~ (25, 0.2%)

3 てゐた, てゐる 2 ても居ない, て居る, て見たい, て見たら

1 [11件] ていかなけれ, てみなけれ, てみる, てみるべき, てもをら, てゐなかつた, て見, て見よう, て見る, て見れ, 頭の

▼ 深くこれ~ (24, 0.2%)

2 を歎

1 [22件] が人間, に入った, に動, までの事後, を七日, を徳, を思ふ, を惜しむ, を愛し, を愛したれ, を愛せる, を憎み怨ん, を憐, を探究, を提唱, を疑ふ, を眺めた, を知る, を考, を責める, を賞, を遺憾

▼ 深く且つ~ (24, 0.2%)

2 廣い, 廣いもので

1 [20件] うれしいもの, つらかつ, ひろい社会, ウェルギリウス自身その, 一種慕は, 大きいかは, 大きいこと, 大きなこと, 大な, 廣い程, 強いの, 暗い, 根強かった, 殉情的である, 牢き, 腕力逞ましから, 遠きを, 長い疲勞, 長く外国語, 雄大細心なる

▼ 深く反省~ (24, 0.2%)

5 して 2 しなければ, せねば

1 [15件] させた, させられました, させられるの, したから, しましょう諸君, し店員, すべき問題, する, すること, するとき, するところ, するの, する心, する必要, もさせる

▼ 深く~ (24, 0.2%)

2 の中

1 [22件] にお, にこたえた, にしみ渡るで, に刻みつけ, に刻み込まれ, に刻み込ん, に宿り, に腕, に近く佃, のなか, の上, の出る, の奥, の奧, の底, の疵口, を出し, を刺す, を射透され, を張, を打たれた, を撲たれました

▼ 深く刻まれ~ (22, 0.2%)

4 ている 3 ていた 2 て行った

1 [13件] その皺, てあつ, てある, てい, てからは以前, てゆく, てゐる, て塔, て居た, て来た, て行, 右手の, 昭和三年八月十日と

▼ 深く感ずる~ (21, 0.2%)

2 と共に各自

1 [19件] ことが, ことは, ところあり, ところから, に至った, のだ, のである, ばかりである, ものである, やうに, ように, を得ず, 事あり, 必然の, 所で, 時が, 時と, 者は, 面伏せな

▼ 深くなつ~ (20, 0.2%)

8 て行く 3 てゆく 2 て来 1 たらう, たり鑑賞, てい, ていく, てくる, て参りました, て来る

▼ 深く印象~ (20, 0.2%)

3 されて 2 した, に残っ

1 [13件] が強い, させる為, されたもの, された米人, されるからね, され且つ, され蓄積, して, する歌, せられた, に刻みつけられる, に残り, 付けられて

▼ 深く~ (19, 0.2%)

4 の心

1 [15件] から景色, にも頼まれ, に徹せしなり, に親しみ, のこと, の世, の魂, は眠り, よりも大きな, をたのみ, を傷つける, を溺らせる, を誘ふ, を誘惑, 懐しい思

▼ 深く~ (19, 0.2%)

2 の実体, を考へる

1 [15件] にした, の中, をお, を察する, を思う, を思える, を案ずるらしく, を究める, を考えさせられる, を考へ, を考へた, を考へるらしく, 思ふなりけり, 思わしいよう, 思わしげに

▼ 深くかつ~ (17, 0.2%)

2 遠いの

1 [15件] よい香い, コンスタントな, 先生が, 切なる, 同情的に, 善いに従って, 強く刀跟, 最も大切, 正確に, 無類の, 真面目に, 継母の, 葉の, 複雑な, 遠く及ぶ

▼ 深く大きく~ (17, 0.2%)

1 [17件] あらねば, うなずいた, えぐれた端正, かつ高く, かの女, して, てその, て海, なつて, なる, アメリカの, 堅固で, 展開され, 必然に, 渦巻き変って, 理解し愛せる, 落ち附いて

▼ 深く強く~ (17, 0.2%)

1 [17件] かの女, こういうときあなた, ごまかし難い, て三十分, また行きわたっ, ヒューマニティーを, 伸びさせるため, 印象したかった, 定めたの, 愛すればこそ, 望んで, 痛切でなけれ, 痛切なるべき, 眞摯に, 而し, 自分の, 言ひ

▼ 深く思い~ (17, 0.2%)

1 [17件] あきらめて, きめて, さらに天地, ながらもあらわ, に沈み, に沈む, に沈ん, また向う, をいたし, をここ, をせね, を寄られ, を致し, を致す, 恋し愛し, 沁みた, 諦めたり

▼ 深く思う~ (17, 0.2%)

2 ことは, ところが

1 [13件] ことの, ておる, てみれ, てゐる, て旃, でもない, ところあり, と政治, のであった, のです, ような, ように, 源氏は

▼ 深く感じる~ (17, 0.2%)

3 ことは, ところが

1 [11件] ことが, ことの, ところあった, ところあり, に至つた, のだ, のである, のです, のは, 事である, 信頼こそ

▼ 深くそして~ (16, 0.2%)

1 [16件] すべての, まぶしかった, 上汐下汐の, 勁い, 執筆に, 広い感興, 広く考え, 底しれぬ, 濡れて, 痛くともすると, 真面目に, 範囲が, 範圍が, 絶え間なく, 複雑な, 視野計の

▼ 深く~ (16, 0.2%)

9 して 1 いこんで, されて, した庇護, せる事, ってある, ひ込んで, んで居る

▼ 深く~ (16, 0.2%)

1 [16件] に傷, に引っかけ, のうえ, も姿, をうずめた, をうつむけ, をかくした, をしかめた, を伏せ, を包ん, を合せます, を埋め込んだ, を押しかくします, を蔽, を隠し, を隠した

▼ 深くうなずい~ (15, 0.1%)

82 てへとへと 1 ていいました, ていた, てみせた, てゆっくり, て見せた

▼ 深くそれ~ (15, 0.1%)

2 を感じた

1 [13件] がとかく, つ切り姿, に時間, に気付い, も瞬時, らしい一風, を作つた當時, を信仰, を咎める, を心配, を思った, を感じます, を聞い

▼ 深く~ (15, 0.1%)

1 [15件] い来って, うべきである, うべきところ, ったもの, はつ, はひ, はひたい, ひ來つて, ひ得られるので, ひ更に, ひ自分, ふべし, ふ事, も遠く, われて

▼ 深くなれ~ (14, 0.1%)

6 ばなる 2 ば是非骨董 1 ばかく, ばその, ばそら豆, ば同じ, ば深く, ば通れない

▼ 深く~ (14, 0.1%)

2 れを

1 [12件] に同情, を信じた, を其の, を心, を憎ん, を憤り, を研究, を考え見る, を蔽, を諒, を責むるのは無理, を遺憾

▼ 深く~ (14, 0.1%)

3 の底 2 を湛 1 がたたえられ, が漆, に入, に浸っ, もまた, も深く, を湛えた, を潜り, を藏

▼ 深く~ (14, 0.1%)

2 つ立つて, つ込んだもの, 込んで 1 つ込んで, 込まれるもの, 込まれ丹治, 込むよ, 込めないところ, 込んだ, 込んだ意味, 込んだ様

▼ 深く突き~ (14, 0.1%)

1 [14件] こみその, こんだと, さした, とめて, 入った, 入れたまま蹌, 入れて, 入れながら, 込みぬ, 込みましたところ, 込んで, 透したの, 透った, 透って

▼ 深く考えた~ (14, 0.1%)

4 事も 1 ことは, ことも, そうし, ってそれ, ときに, のである, ので実際, 上での, 結果ある, 訳で

▼ 深く考え込ん~ (14, 0.1%)

3 でいた

1 [11件] だり思い詰め, でいました, でいる, でおり, でしまいました, でしまっ, でしまった, ですぐ, でもう, で居た, で根

▼ 深く~ (14, 0.1%)

4 の中 1 がちらちら, が積, にもぐらない, に埋められ, に残しつ, に遺る, の底, へはいっ, へ踏ん込ん, もチラチラ

▼ 深く入る~ (13, 0.1%)

1 [13件] が電子線, ことは, だけで, というの, といふの, と信玄, と失望, と弥陀三尊, ほど, ほどそこ, ように, 事も, 前に

▼ 深く~ (13, 0.1%)

1 [13件] に入る, に行っ, の中, の峡, の斜面, はその, へ入っ, よりも高い, よりも高く, よりも高し, を封, 又山, 深く入

▼ 深く愛する~ (13, 0.1%)

2 人でも

1 [11件] かと説く, ことの, ことも, ときには, と云, のに, 友である, 心が, 死者の, 点で, 物をば

▼ 深く眠っ~ (13, 0.1%)

4 ている 2 ていた 1 てい, ていました, ていらっしゃる, てしまいました, てしまった, てしまったらしい, て食物

▼ 深く~ (13, 0.1%)

5 して 4 した 1 したが, したと, するところ, する所

▼ 深くまで~ (12, 0.1%)

1 [12件] 二人を, 凍土に, 占領され, 届くの, 打ち込みもはや決して, 来て, 消え残る高嶺, 落ちて, 行つてゐる, 辿りつくと, 進んで, 飛んで

▼ 深く人心~ (12, 0.1%)

2 の奥 1 に染み込ん, に残っ, に浸, に浸み込む, に浸潤, に銘記, の奥底, の幾, の裏, を洞察

▼ 深く人間~ (12, 0.1%)

1 [12件] が一生, と神, の心, の恃むべ, の本性, の生活, の精神, の霊性, をお, を学ぶ, を悟った, を見

▼ 深く刻まれた~ (12, 0.1%)

2 一本の, 畦道は 1 のが, 不幸が, 悲しみは, 感動を, 皺が, 紅い唇, 記憶の, 額と

▼ 深く呼吸~ (12, 0.1%)

2 して, をし 1 した, し得て, する彼女, をした, をする, を吐い, を吸った, を呑んだ

▼ 深く埋め~ (12, 0.1%)

1 [12件] いよいよという, て, てあ, てあつ, ていた, ておいた, てかすか, ても猛獣, てゐた, て其の, て置いた, ながら頭

▼ 深く尊敬~ (12, 0.1%)

2 するやう, の念 1 いたします, させるよう, されるよりは, して, しなかったもの, し信用, と興味, を受け

▼ 深く彼女~ (12, 0.1%)

2 を愛し 1 がこの, のいじらしい, の大きな, をとらえ, をながめ, をのみ思っ, を愛してた, を愛せる, を愛情, を苦しめた

▼ 深く掘り下げ~ (12, 0.1%)

2 て行く 1 てある, てい, てゆき, てゆく, て洗練, て線路, て舟, て行っ, 無用の, 船の

▼ 深く決心~ (12, 0.1%)

2 しました 1 した, したところ, したやう, したよう, した様子, して, をいたしました, をし, をした, を致しまし

▼ 深く沈んだ~ (12, 0.1%)

1 [12件] この伯父, とみえ, どこか, ものは, やうに, 光が, 光を, 夜は, 柄杓は, 母鯨の, 池沼であろう, 色合を

▼ 深く知っ~ (12, 0.1%)

5 ている 2 ていた 1 ていない, ておる, て来た, て深く, て置け

▼ 深く~ (12, 0.1%)

3 をおろし 2 をかがめ, を下し 1 がまがっ, をかける, を埋め, を屈めた, を落し

▼ 深く自ら~ (12, 0.1%)

2 を卑下, 任じ常に 1 を省み, を鞭打つ, 恥じかつ懼, 恥づるところ, 戒めて, 省みざるべからず, 省みる所, 省み進んで

▼ 深く観察~ (12, 0.1%)

2 して 1 しあまねく, しそれ, します, しようと, しりっぱ, するとき, すると共に, するならば, する時, すれば

▼ 深く進ん~ (12, 0.1%)

3 で行く 1 でいた, でおいで, でとある, でゆかなけれ, でゆく, で心霊世界, で行, で行きました, で行った

▼ 深く~ (12, 0.1%)

4 を垂れ 2 をたれた 1 をたれ, を下げた, を下げました, を押し込ん, を突, 垂れたま

▼ 深くかぶっ~ (11, 0.1%)

3 ていた 1 ていました, ている, て世界中, て幼稚園生, て手, て枕, て洋銀, て濡れた

▼ 深くはいっ~ (11, 0.1%)

2 ていく 1 ていた, ている, ておいで, てほとんど, てゆきました, て例, て行く, て行った, て鵯

▼ 深く思ひ~ (11, 0.1%)

1 [11件] きつた, つつ裳引き, ながらも自尊心, ながら女, を致し, 入つた, 入つたやう, 入つて慄, 初めけん, 合ふ, 深く知れ

▼ 深く掘っ~ (11, 0.1%)

2 てその 1 てある, てお, てゆく, て埋め, て探せ, て殆, て炭, て薦, て行く

▼ 深く澄んだ~ (11, 0.1%)

1 [11件] ひとみが, 大きい眼, 星空が, 目だ, 目で, 目付は, 眼が, 眼の, 眼差しで, 紺青の, 響きを

▼ 深く~ (11, 0.1%)

2 をつけた, を伏せます 1 につく, に映っ, の前, を伏せ, を瞑っ, を逸らし, を開き

▼ 深く考えなけれ~ (11, 0.1%)

6 ばならない 3 ばなりません 2 ばならぬ

▼ 深く考へる~ (11, 0.1%)

2 やうに 1 ことが, ことを, といふ, といふ風, と云, と別, と幸福, 心の, 程分りません

▼ 深くさせる~ (10, 0.1%)

1 そういう生活, のであった, のは, のみだつた, のみであった, ものな, ものの, ようであった, 結果を, 道筋は

▼ 深くもの~ (10, 0.1%)

2 を思う, を考える 1 が身, に徹し, を思ふ, を考え, を見, を詠嘆

▼ 深く入り込ん~ (10, 0.1%)

2 でゐる 1 であるいは, でい, でいた, できたら, でしまつて, で來, で行った, で馬蹄形

▼ 深く~ (10, 0.1%)

1 った帽子, っている, っておられました, ってカンガルー皮, って少し, って流感, って黒い, り煙草, り直した, るあの

▼ 深く大きい~ (10, 0.1%)

1 その自覚, のを, ものと, らしいよ, 動揺につれて, 壺も, 夜の, 愛が, 沼, 生命力と

▼ 深く流れ~ (10, 0.1%)

2 てゐる 1 がおそろしく, がゆるやか, が早く, ている, てその, て溪, の力, 濶くし

▼ 深く~ (10, 0.1%)

4 み込ん 2 み込んだ, む譬喩方便も 1 み入つて, み込むまでやることにしなければいけない

▼ 深く~ (10, 0.1%)

4 を刻ん 2 がよった, を寄せ 1 のよった, をよらせ

▼ 深く立ち入っ~ (10, 0.1%)

2 て考え 1 ている, て万事, て何, て彼, て想像, て手, て知る, て詮議

▼ 深く鋭く~ (10, 0.1%)

1 ぢいつ, 人生の, 全生存, 全身まさに, 感じて, 探り出して, 煙を, 生命を, 表現しよう, 裸に

▼ 深く信頼~ (9, 0.1%)

5 して 1 されて, し合つて, し得るもの, せる靈魂

▼ 深く~ (9, 0.1%)

2 ひ込んだの 1 ひこむ力, ひこんで, ひ入, ひ込むで, ひ込んだ入江, ひ込んで, 入るべきもの

▼ 深く感銘~ (9, 0.1%)

2 したこと 1 いたしました, させた為, されました, した状景, し敢, を受けた, を得た

▼ 深く溜息~ (9, 0.1%)

2 して 1 つくの, をし, をつい, をついた, をつきました, をつく, を吐いた

▼ 深く澄ん~ (9, 0.1%)

1 でい, でいた, でいる, でこころもち蒼ざめた顔, ですっかり, でゐた, で張り, で来, で澄んだ

▼ 深く秘め~ (9, 0.1%)

1 つつも結局, て, ていた, ておかね, てはおられる, て寂し, て彼, て置い, て遥々

▼ 深く~ (9, 0.1%)

2 った雪, ると 1 っていた, っている, って居, って居る, る

▼ 深く考えさせる~ (9, 0.1%)

2 ものが, 点だ 1 ところが, 作品である, 動機と, 点である, 調子を

▼ 深く自然~ (9, 0.1%)

2 を愛し 1 に動かされた, に食い入った, の美観, も粛, をつかん, を眺める, を知る

▼ 深く茂っ~ (9, 0.1%)

4 ている 3 ていた 1 て居る, て来た

▼ 深く被っ~ (9, 0.1%)

1 ていた, ている, てはいた, て両刀, て全身, て眼, て立つ, て袈裟文庫, て襟巻

▼ 深く認識~ (9, 0.1%)

3 して 2 しないで 1 されまして, されるより, し自覚, すべきであります

▼ 深く追求~ (9, 0.1%)

2 して, しないで 1 されて, した国民, しなかった, すること, すれば

▼ 深く追究~ (9, 0.1%)

2 して 1 されると, したり, しようとは, し立証, する事, すれば, もない

▼ 深く静か~ (9, 0.1%)

1 である, で双方, な愛情, に柔らかく, に物寂しい, に瞑想, に考え, に考へ, に足

▼ 深くあなた~ (8, 0.1%)

1 という方, に感謝, の子, の言葉, を怨ん, を恨ん, を愛さるれ, を愛し

▼ 深く~ (8, 0.1%)

1 あなたに, かかれて, はいり込んで, 思って, 流れそういう, 理解し, 眠りたき思ひなり, 進んで

▼ 深くとも~ (8, 0.1%)

2 それは 1 分け登り探し求めよう, 埋めかねたる君, 沖積土の, 表現の, 貫きさ, 迷うこと

▼ 深くより~ (8, 0.1%)

1 価値の, 善くする, 完全に, 密接な, 広いの, 悲しくいたましい純情一途, 美しく良人, 自己に

▼ 深くわが~ (8, 0.1%)

2 背を, 胸底に 1 内南洋を, 放蕩無頼を, 面を, 魂の

▼ 深くわけ~ (8, 0.1%)

1 いり野生, て入, 入って, 入つた, 入つて木, 入らねば, 入らむ, 出る蜂

▼ 深く人生~ (8, 0.1%)

1 と自然, に触れん, の事, の始め, の無常, の眞實, を經驗, を考え

▼ 深く~ (8, 0.1%)

1 かいほり, かに思いふけってる, か庵, か我々, にか庵, の道義論哲学説, をさせ, を悩める

▼ 深く~ (8, 0.1%)

2 の親切 1 の壮年, の心, の目, の言葉, の遺憾, を愛し

▼ 深く~ (8, 0.1%)

2 の光明磊落, の志, の苦衷, を徳

▼ 深く入り~ (8, 0.1%)

1 しに, そうに, たり暑, て地, ながらかえって, 交らせ, 政治的に, 暗黒彼の

▼ 深く其の~ (8, 0.1%)

2 語る所 1 国情を, 國情を, 広い額, 心栄の, 方が, 身を

▼ 深く刻みつけられ~ (8, 0.1%)

5 ている 1 ていた, ております, てしまった

▼ 深く刻んだ~ (8, 0.1%)

1 やうな, ような, 大きな皺, 皺を, 縦皺が, 谷に, 頬に, 頬の

▼ 深く~ (8, 0.1%)

1 におろし, に入っ, に喰い込む, に据えつけ, に突, に立つた, の中, を掛け

▼ 深く影響~ (8, 0.1%)

2 されたもの, されて 1 した, したに, して, し合うて

▼ 深く後悔~ (8, 0.1%)

4 して 1 した, する事, せずには, のさま

▼ 深く思っ~ (8, 0.1%)

2 ていた, ている 1 ていく, ておいで, て居ないらしい, て帝

▼ 深く~ (8, 0.1%)

2 に介する 1 とする, にとめよう, を決する, を用, を用い, を配る

▼ 深く愛し合っ~ (8, 0.1%)

3 ていた 2 ている 1 てい, ていました, て幸福

▼ 深く感心~ (8, 0.1%)

4 して 1 したもの, しながら, なされました, をし

▼ 深く暗く~ (8, 0.1%)

1 その奥, なって, むしろ恐るべき, 感じられゆるんだ店内, 戸外は, 見るま, 際限の, 鬱蒼として

▼ 深く沈み~ (8, 0.1%)

1 たり, てその, て粗, ながらそれら, ながら鈴江, 僅かに, 息を, 残りの

▼ 深く生活~ (8, 0.1%)

2 に根ざし 1 して, にはいっ, に潜入, のこと, の構成, も豐當

▼ 深く~ (8, 0.1%)

2 の怒, 寂びた社 1 が上陸, に愛さるる, に謝, の中

▼ 深く考えこん~ (8, 0.1%)

3 でいた 2 でいる, でしまった 1 でいるらしく見え

▼ 深く考察~ (8, 0.1%)

3 して 2 すること 1 したこと, する思慮, を運

▼ 深く自覚~ (8, 0.1%)

2 すること 1 させるの, したからにも, して, しわれわれ, せしめるため, 致しましたので

▼ 深く遠い~ (8, 0.1%)

4 ところほど 1 かと思う, ことを, ものと, 原因と

▼ 深くから~ (7, 0.1%)

1 われわれの, ヒーといふ, 今日も, 取られ特別, 小さく結んだ, 引き出して, 泣きだして

▼ 深くなけれ~ (7, 0.1%)

2 ばいけない, ばなりません 1 ばならない, ばならぬ, ば彼

▼ 深くならぬ~ (7, 0.1%)

4 先に 1 うちに, 間と, 間に

▼ 深く信ずる~ (7, 0.1%)

1 ことなかりけれ, ことによって, ところに, ところをば, にも足らない, ものある, 所が

▼ 深く包ん~ (7, 0.1%)

2 でいた 1 でいる, でおく, で兼家, で尻ッ端折, で黙々

▼ 深く咎める~ (7, 0.1%)

1 つもりは, には及ぶまい, には当たらない, には当らない, にも及ばない, 気には, 訳には

▼ 深く喰い入っ~ (7, 0.1%)

2 ていた 1 てい, ていました, ています, ていよう, ている

▼ 深く~ (7, 0.1%)

2 の底 1 なる悪魔, にあった, に埋めたる, を掘り, を這う

▼ 深く心配~ (7, 0.1%)

1 しはじめたの, しましたが, し出したの, するが, するには, せんでも, になる

▼ 深く思え~ (7, 0.1%)

2 ばこの 1 てならない, ばいろいろ, ば夢, ば市役所, ば満

▼ 深く悲しん~ (7, 0.1%)

4 でいる 1 でいた, ではいない, で別れ

▼ 深く感激~ (7, 0.1%)

1 いたしました, しけん, した, したこと, したもの, しとる, し帆村

▼ 深く~ (7, 0.1%)

2 もたゆく 1 もさまざま, をさし入れ, をつかえ, を差込み, を背中

▼ 深く最も~ (7, 0.1%)

1 ひそかなる, ものに, 合理的なる, 尊敬すべき, 弘く, 気の, 高く山

▼ 深く椅子~ (7, 0.1%)

2 の中, の背 1 にかけ, に沈みこん, の奥

▼ 深く法然~ (7, 0.1%)

5 に帰依 1 の念仏, の法器

▼ 深く潜ん~ (7, 0.1%)

2 でい, でゐ 1 でいない, でいる, でゐる

▼ 深く眺め~ (7, 0.1%)

1 ていた, ている, てやがて, てゐた, 入つた, 入つて, 渡して

▼ 深く知つて~ (7, 0.1%)

1 ゐたら私たち, ゐて, ゐる, ゐるとは, ゐるわけ, 居さ, 居た

▼ 深く知る~ (7, 0.1%)

1 ことか, ことが, ためには, ところあり, ところでは, ように, 意では

▼ 深く穿鑿~ (7, 0.1%)

2 して 1 した人, しても, しなかった, する必要, する暇

▼ 深く考えさせられる~ (7, 0.1%)

1 ところです, のだった, のでございます, 処が, 実例が, 点である, 点彼が

▼ 深く鋭い~ (7, 0.1%)

1 ものである, スリルを, 愛着心を, 方が, 目玉と, 示唆を, 鋤かえし

▼ 深く~ (7, 0.1%)

5 を育てる 1 の中, を動かす

▼ 深くかぶった~ (6, 0.1%)

1 お綱, ままで, 少年が, 日蔭の, 編笠の, 草鞋穿き

▼ 深くかれ~ (6, 0.1%)

1 が心, の体, の心理, を恨ん, 等の, 等一行を

▼ 深くさし~ (6, 0.1%)

1 て白足袋, 俯向いた, 入れすぐ, 入れた頤, 覗くと, 込んだ左

▼ 深くなり行く~ (6, 0.1%)

1 に従ってより, ばかりであります, ような, 時は, 湖上を, 親しみに

▼ 深くふかく~ (6, 0.1%)

1 よろこびと, 分け入った, 喰ひこんだ, 戸を, 考え沈みながら, 考へること

▼ 深く交際~ (6, 0.1%)

2 した, のない 1 して, する人

▼ 深く勉強~ (6, 0.1%)

2 して 1 されるべきですね, しその, しませんでした, できて

▼ 深く~ (6, 0.1%)

2 的確であり 1 其と, 出来るだけ, 古いツナガリ, 如何に

▼ 深く~ (6, 0.1%)

1 をきいた, をつぐん, を緘, を被う, を開く, 籠ったり

▼ 深く~ (6, 0.1%)

1 ひこまれて, ひこめそして, ひ乍ら, ひ込むの, ひ込むやう, ひ込んだ息

▼ 深く問う~ (6, 0.1%)

1 て来る, ところでは, に及ばなかった, に及ばぬであろう, に当らぬであろう, 処でない

▼ 深く喰い込ん~ (6, 0.1%)

1 でいた, でいった, でいます, でならん, で居, で来た

▼ 深く埋もれ~ (6, 0.1%)

2 ている 1 てしまつ, て了つた, 多彩な思ひ, 帰去来

▼ 深く~ (6, 0.1%)

1 なる基礎, なる心, なれば, ムラサキの, 將の, 自然の

▼ 深く広く~ (6, 0.1%)

1 された, 且つ決定的, 其末の, 客観する, 性格的な, 観感じ味わうべき世界

▼ 深く~ (6, 0.1%)

1 つた, つたこと, つて, をかけた, 込まれて, 込んだ気色

▼ 深く悲しむ~ (6, 0.1%)

1 ついては生計, ということ, と雖, ものである, 事の, 様子も

▼ 深く我心~ (6, 0.1%)

2 に彫りつけられたれ 1 に銘せり, を動かした, を悦ばしめ, を感ぜしめき

▼ 深く掘つ~ (6, 0.1%)

3 て行く 2 て聞かう 1 て行け

▼ 深く掘る~ (6, 0.1%)

1 ことを, とか出入口, とここ, と腐った, と貧乏神, 必要は

▼ 深く暗い~ (6, 0.1%)

1 がゆえに, 感じです, 書庫に, 緘默に, 衝撃を, 顰みと幅の

▼ 深く正しく~ (6, 0.1%)

1 居ても, 従って, 沁, 理解を, 科学精神を, 通俗化され

▼ 深く決意~ (6, 0.1%)

2 をかため 1 するところ, をひそめ, をひそめる, を見せ

▼ 深く沈む~ (6, 0.1%)

1 ことも, なんざア愉快だ, のです, ように, 一粒の, 時彼は

▼ 深く~ (6, 0.1%)

2 の上 1 の底, の香, は近く, をながめる

▼ 深く知らない~ (6, 0.1%)

1 からだ, があの, が随分, し又, 人達は, 様子であった

▼ 深く積もっ~ (6, 0.1%)

3 ていた 1 ていました, てしまいました, て道

▼ 深く突入~ (6, 0.1%)

1 した, して, しなければ, する盛政, って, れました

▼ 深く立っ~ (6, 0.1%)

2 ている 1 てとんと, てはッきり, て特色, て頓

▼ 深く考えない~ (6, 0.1%)

2 ように 1 でよろしい, で静か, 人の, 様子だった

▼ 深く考慮~ (6, 0.1%)

1 されたこと, しなければ, すべき含蓄, すること, にいれ, を廻らす

▼ 深く~ (6, 0.1%)

1 にとまる, に残り, を傾け, を澄し, を澄まし, 開き居り

▼ 深く自己~ (6, 0.1%)

2 を反省 1 に執着, に悩ん, のうち, を活かす

▼ 深く興味~ (6, 0.1%)

1 をおぼえたらしい, をもたれ, を持ちまし, を持ち得ない, を有っ, を覚えた

▼ 深く落ち~ (6, 0.1%)

1 てゆく, てゐる, て来, て行きました, て行く, 凹けて

▼ 深く見える~ (6, 0.1%)

1 けれども実際, この黒眼, のであった, のである, 山地特有の, 正造を

▼ 深く~ (6, 0.1%)

1 ひ交した好い, ひ交した男, ふの, へば美術, を容れざる, 交した女

▼ 深く記憶~ (6, 0.1%)

1 しなければ, せられて, にも残らない, に残された, の底, を繰り返し

▼ 深く通じ~ (6, 0.1%)

1 ていずれ, ていた, ていたらしい, ている, て居られます, て居る

▼ 深く遺憾~ (6, 0.1%)

2 とする 1 とされる, としなけれ, に存じ, の意

▼ 深く隠れ~ (6, 0.1%)

1 ていた, ている, てしまう, てしまった, て了つた, 銛も

▼ 深く~ (6, 0.1%)

1 に入る, をうつむけ, をかくして, を伏せ, を包んだ, を埋め

▼ 深く頷い~ (6, 0.1%)

21 てしまいました, てみた, てノッソリ, て又

▼ 深くあの~ (5, 0.0%)

1 やうに, 人の, 何所の, 女を, 時彼女と

▼ 深くおわび~ (5, 0.0%)

1 いたします, をしなけれ, を申し上げなけれ, 仕りまする, 申し上げます

▼ 深くお礼~ (5, 0.0%)

1 をいひたい, を申, を申さなけれ, を申されました, を申し述べる

▼ 深くお辞儀~ (5, 0.0%)

1 した, して, をし, をした, をしてやり始め

▼ 深くかくれ~ (5, 0.0%)

1 こよい, ている, て不安, て僧, て勅命

▼ 深くこめ~ (5, 0.0%)

1 ている, てゐる, て数町先, て来, て街

▼ 深く~ (5, 0.0%)

1 推察いたしまする, 洞察ねがわしゅう, 警戒なされ, 賢察あれや, 賢慮遊ばし

▼ 深くたれ~ (5, 0.0%)

1 ていかにも, てうつむいた, て唇, て考え込む, 名も

▼ 深くても~ (5, 0.0%)

1 だめかなー, わけなく菅原村, 井戸そのものが, 外から, 孤児の

▼ 深くもぐりこん~ (5, 0.0%)

1 でしばらく, でゐます, で地熱, で恐ろし, で抜けない

▼ 深く~ (5, 0.0%)

1 に落ち, の方, へ掘り下げる, を向いた, 頤から

▼ 深く信仰~ (5, 0.0%)

2 して 1 という形, に根ざした, の道

▼ 深く~ (5, 0.0%)

1 むく豆畑, 向いたが, 向いた姿, 向けた頬, 向け形

▼ 深く~ (5, 0.0%)

1 き透谷, けられた素子, けられる事, をつけ, をつけ過ぎ

▼ 深く傾倒~ (5, 0.0%)

3 して 1 いたしましたその, したベートーヴェン

▼ 深く入った~ (5, 0.0%)

1 ことを, つもりである, 人の, 刃では, 鯉とともに

▼ 深く入れ~ (5, 0.0%)

1 てあ, てしまった, てべつだん, て姿ことば, ばかなり

▼ 深く~ (5, 0.0%)

2 に包ん 1 には数頭, に吸いこみ, に潜ん

▼ 深く刻み込まれた~ (5, 0.0%)

2 のも, 額の 1 時ぴたり

▼ 深く包まれ~ (5, 0.0%)

1 て, ていた, ておいで, てほととぎす, て唯一箇所赤茶化

▼ 深く吸っ~ (5, 0.0%)

1 て, てからニコニコ, てまた, てもう, て吐き出した煙り

▼ 深く喰い込んだ~ (5, 0.0%)

1 のです, 入江などは, 昔, 艇は, 苔蓬

▼ 深く姿~ (5, 0.0%)

2 を隠す 1 をかくし, を消し, を消せ

▼ 深く思召~ (5, 0.0%)

1 され勅諚, しければ, したの, し立つ事, たまうたとき

▼ 深く恥じ~ (5, 0.0%)

2 深く悲しむ 1 ている, どこぞへ, ながら

▼ 深く~ (5, 0.0%)

1 とし, に感じ, に感じる, に着, を謝

▼ 深く悟る~ (5, 0.0%)

2 ところが 1 ところあっ, にいたらしめたる, 所が

▼ 深く愛され~ (5, 0.0%)

3 ている 1 ていた, 厚く遇せられた

▼ 深く~ (5, 0.0%)

2 れた 1 るるに, れず物, れを

▼ 深く根ざし~ (5, 0.0%)

2 てゐる 1 ていた, ている, 最も確実

▼ 深く根ざした~ (5, 0.0%)

1 ものと, 古い憎が, 必然が, 思想である, 所の

▼ 深く残っ~ (5, 0.0%)

1 ていました, ています, ている, てもいないらしかった, て朽ちぬ

▼ 深く~ (5, 0.0%)

1 のこころ, のため, の黙し, はまれ, を愛し

▼ 深く沈潜~ (5, 0.0%)

2 して 1 し考え創造, すること, する性質

▼ 深く溜め息~ (5, 0.0%)

5 ついたり

▼ 深く~ (5, 0.0%)

1 の墓所二尊院, の寛大, の眼付, はそれ, を知っ

▼ 深く~ (5, 0.0%)

2 を顰めた 1 の間, を垂れる, を顰め

▼ 深く~ (5, 0.0%)

1 が光っ, に残った, をかすめ, を潰, を覆

▼ 深く~ (5, 0.0%)

1 した, して, をした, をのべ, を云う

▼ 深く積もった~ (5, 0.0%)

1 ときは, ものは, 中から, 日であった, 雪が

▼ 深く立ち~ (5, 0.0%)

2 罩めて 1 いって, 籠めて, 罩め私の

▼ 深く結ばれ~ (5, 0.0%)

1 てい, ていた, ている, ております, 豊かに

▼ 深く~ (5, 0.0%)

1 に震える, はしき感受性, を交える, を捕え, を見究めた

▼ 深く考えれ~ (5, 0.0%)

3 ば考える 1 ば自分, ば興味

▼ 深く考へなけれ~ (5, 0.0%)

3 ばならぬ 1 ばこの, ばならない

▼ 深く~ (5, 0.0%)

4 に銘じ 1 に銘じました

▼ 深く落ち込ん~ (5, 0.0%)

1 でいた, でいる, でゐる, で漣, で行っ

▼ 深く~ (5, 0.0%)

1 つた私は, つてゐた, つて居る, つて後向きに, つて見

▼ 深く見え~ (5, 0.0%)

1 ていた, てくる, て來, て来, 星の

▼ 深く~ (5, 0.0%)

2 も此国, も此國 1 を好ませた

▼ 深く詫び~ (5, 0.0%)

1 つつさて, て, てそこで, てどうぞ, 国家の

▼ 深く詮索~ (5, 0.0%)

1 するほどの, する者, の必要, もせず, をすれ

▼ 深く詮議~ (5, 0.0%)

1 して, しなかった, するほどの, する必要, もしなかった

▼ 深く身体~ (5, 0.0%)

1 の溶け, をかがめ, をかがめなけれ, を埋め, を沈め

▼ 深く郎女~ (5, 0.0%)

5 は沈ん

▼ 深く鎖し~ (5, 0.0%)

2 ている 1 て一刻千金, て畢つて, 役人町内の

▼ 深く関係~ (5, 0.0%)

1 して, するよう, する事, せず一切, を結ばせ

▼ 深く隠し~ (5, 0.0%)

1 ていた, ている, てサア, てソット高座, て置く

▼ 深く~ (5, 0.0%)

4 れて 1 しだて

▼ 深く静まり返っ~ (5, 0.0%)

2 ていた 1 ている, てゆく, て氷

▼ 深く~ (5, 0.0%)

1 までつけ, をひいた, を埋め, を引いた, を沒

▼ 深くある~ (4, 0.0%)

1 ことを, とともに業務, 地区の, 所以だ

▼ 深くいと~ (4, 0.0%)

2 静に 1 冷に, 善く父

▼ 深くうなだれ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ていました, て暗い, て物

▼ 深くえぐられ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 その底, てい

▼ 深くおろした~ (4, 0.0%)

1 ま, 台ランプが, 商店は, 鳥打を

▼ 深くお詫び~ (4, 0.0%)

1 して, を述べた, 申し上げなければ, 致すもの

▼ 深く~ (4, 0.0%)

2 ぶつて 1 かつて來, ぶつた

▼ 深くかが~ (4, 0.0%)

3 みこんで 1 みこみ茶

▼ 深くかぶり~ (4, 0.0%)

1 てえい, 一時は, 手袋も, 鼻を

▼ 深くさせ~ (4, 0.0%)

1 そのお, たり木, ていた, 衰弱させる

▼ 深くしかも~ (4, 0.0%)

1 厳粛な, 密かに, 謙遜で, 鋭く明瞭

▼ 深くしみ込ん~ (4, 0.0%)

1 でいたであろう, でいる, でよかれあしかれ, でゐました

▼ 深くそこ~ (4, 0.0%)

1 だけが突き出し, に三田, に何, の山上

▼ 深くたれこめ~ (4, 0.0%)

1 ていた, てのみ暮した, てよ, て十六億

▼ 深くつけ添~ (4, 0.0%)

4 へて聞かした

▼ 深くとがめる~ (4, 0.0%)

1 には当らないであろう, わけには, 樣子も, 気には

▼ 深くひそん~ (4, 0.0%)

2 でいる 1 でその, でゐる

▼ 深くもっと~ (4, 0.0%)

1 強いこの, 強く求め, 微妙に, 現実的に

▼ 深く~ (4, 0.0%)

1 さめてから, じりじりと, めきぬ, 尾根から

▼ 深く一つ~ (4, 0.0%)

1 の事, の問題, の夢想, は淺

▼ 深く~ (4, 0.0%)

1 するとき, っていた, へる家, 静めた見事

▼ 深く体験~ (4, 0.0%)

1 したかを, しようと, する, すること

▼ 深く入り込む~ (4, 0.0%)

1 ことは, と自分, につれて私, 岸が

▼ 深く入り込んだ~ (4, 0.0%)

1 奇襲の, 汽船は, 路次の, 鏡の

▼ 深く分け入っ~ (4, 0.0%)

1 て, てゆく, て影, て美しい

▼ 深く刻み込まれ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ておる, てしまった, て長い

▼ 深く動かされた~ (4, 0.0%)

1 ことそして, ためであった, のであろう, ような

▼ 深く包み~ (4, 0.0%)

1 はした, 三尺余の, 端折を, 身軽に

▼ 深く~ (4, 0.0%)

1 に理解, の恩, をおもい, を愛し

▼ 深く味わっ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, てけさ, てゆきたい

▼ 深く~ (4, 0.0%)

3 むべき 1 むべきでない

▼ 深く喜び~ (4, 0.0%)

1 たり, は高らか, 廉潔を, 此の

▼ 深く国民~ (4, 0.0%)

1 の文学そのもの, の特性, の記憶, の間

▼ 深く土中~ (4, 0.0%)

1 に入りこんだ, に埋める, に隠れ, を縫っ

▼ 深く地中~ (4, 0.0%)

2 に埋め 1 におろし, へうずもれ

▼ 深く埋まっ~ (4, 0.0%)

3 ている 1 てゆく

▼ 深く執着~ (4, 0.0%)

3 するもの 1 すると

▼ 深く大きな~ (4, 0.0%)

1 ものだ, スケールの, 学問を, 洞窟にでも

▼ 深く~ (4, 0.0%)

1 のその, を愛し, を憫めど, を相手

▼ 深く学ぶ~ (4, 0.0%)

2 ところが 1 ところも, と人

▼ 深く学ん~ (4, 0.0%)

2 でいた 1 で上古奈良朝時代, で巧み

▼ 深く寄せ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 ながら云いました, 声を

▼ 深く~ (4, 0.0%)

1 たたなわって, に砕け, の迫間, を刳っ

▼ 深く~ (4, 0.0%)

1 が失礼, の無力, の運命, を戒め

▼ 深く希望~ (4, 0.0%)

1 する, すること, する處, を民衆

▼ 深く強い~ (4, 0.0%)

1 かほとんど, 印象を, 本然から, 確信の

▼ 深く彼等~ (4, 0.0%)

1 の心, の脳裡, の魂, を尊重

▼ 深く思いつめ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, ていれ, て居ります

▼ 深く思った~ (4, 0.0%)

1 とき私たちの, に違い, のである, ものが

▼ 深く思われ~ (4, 0.0%)

3 ていた 1 て所々

▼ 深く思われる~ (4, 0.0%)

1 ことの, のであった, ので自然これ, 時に

▼ 深く思案~ (4, 0.0%)

2 して 1 にくれ, に暮れ

▼ 深く思索~ (4, 0.0%)

2 して 1 されたこと, にふける

▼ 深く怪しみ~ (4, 0.0%)

1 かつ切に, もしない, もせず, 一途に

▼ 深く恐れ~ (4, 0.0%)

1 ているらしく, てゐる, て居る, もせず

▼ 深く愛された~ (4, 0.0%)

1 とともに四つ年上, 事は, 人に, 娘としての

▼ 深く愛した~ (4, 0.0%)

2 恋人を 1 のである, ものが

▼ 深く感ぜられ~ (4, 0.0%)

1 お雪ちゃんは, てゐる, て来る, はすまい

▼ 深く感歎~ (4, 0.0%)

2 した 1 させられたの, して

▼ 深く懐中~ (4, 0.0%)

1 し用意, に納め, へ入れた, へ押し込んだ

▼ 深く我が~ (4, 0.0%)

1 劇の, 國民の, 胸一ツに, 骨を

▼ 深く~ (4, 0.0%)

1 が茂った, も繁つて, や花, をのばし

▼ 深く染み込ん~ (4, 0.0%)

4 でいる

▼ 深く横たわっ~ (4, 0.0%)

4 ている

▼ 深く民衆~ (4, 0.0%)

1 に結, の中, の生活, の精神

▼ 深く沈め~ (4, 0.0%)

1 ている, ておいたら, てしまった, らる

▼ 深く浸みこん~ (4, 0.0%)

1 でい, でいく, でいた, で居た

▼ 深く~ (4, 0.0%)

2 へてゐる 1 へて居た, へて挨拶

▼ 深く湛えた~ (4, 0.0%)

1 広い河, 湖水の, 美の, 蒼黒い

▼ 深く潜っ~ (4, 0.0%)

2 てしまった 1 て二里, て行く

▼ 深く潜在~ (4, 0.0%)

3 して 1 する尊い

▼ 深く澄み~ (4, 0.0%)

1 つつすべて, 入つた空, 太陽は, 渡つた南の

▼ 深く点頭い~ (4, 0.0%)

1 て, てから重々しい, てゐた, て旅

▼ 深く現実~ (4, 0.0%)

1 に根ざし, に眼, の中, の知識経験

▼ 深く~ (4, 0.0%)

1 に徹し, ふる藻, を執着, を愛してる

▼ 深く~ (4, 0.0%)

1 りみられたの, るの, るべきよき, る人

▼ 深く省察~ (4, 0.0%)

1 された太子, されて, して, する人

▼ 深く眉根~ (4, 0.0%)

1 をしかめ, を寄せ, を寄せた, を寄せる

▼ 深く眠つて~ (4, 0.0%)

1 しまつ, ゐた, ゐたもの, 居るの

▼ 深く眠る~ (4, 0.0%)

1 までもない, ものである, 女は, 幸福な

▼ 深く私たち~ (4, 0.0%)

1 は参詣, は常に, を考えさせず, を考えさせる

▼ 深く究め~ (4, 0.0%)

2 てゐない 1 もしなかった, 父の

▼ 深く立ちこめ~ (4, 0.0%)

2 四囲の 1 ている, て一寸先

▼ 深く立て~ (4, 0.0%)

1 て女, て左脇, て東京, 物が

▼ 深く立入る~ (4, 0.0%)

1 ことなく, と云う, ような, 必要は

▼ 深く結びつい~ (4, 0.0%)

1 ている, ているであろう, ては居, てゐる

▼ 深く結婚式~ (4, 0.0%)

2 を失念, を期待

▼ 深く絶望~ (4, 0.0%)

2 したもの 1 した, して

▼ 深く~ (4, 0.0%)

1 せらるべき問題, を宿し, を悔い, を犯さ

▼ 深く美しく~ (4, 0.0%)

1 むかしの, 測り難く弱々しく, 滲みだしては, 生きるため

▼ 深く考えこみ~ (4, 0.0%)

1 ながら南, ながら彼女, ながら無意識, 二重の

▼ 深く考えさせられた~ (4, 0.0%)

1 のである, のは, ものが, よ

▼ 深く考えず~ (4, 0.0%)

1 ともやはり, にただ, に済む, 表現した

▼ 深く考えなかった~ (4, 0.0%)

1 のだ, のでしょう, のみならず, 事は

▼ 深く考えね~ (4, 0.0%)

2 ばならない 1 ばならぬ, ばなりません

▼ 深く考え込んだ~ (4, 0.0%)

1 一個巨大の, 後, 挙句人の, 表情を

▼ 深く聞い~ (4, 0.0%)

1 て, ていない, て暇, て見る

▼ 深く~ (4, 0.0%)

1 に喰いこん, に食い込ん, の上, へ入っ

▼ 深く~ (4, 0.0%)

2 の間 1 で息, まで切りさげられ

▼ 深く~ (4, 0.0%)

3 を組み 1 を組ん

▼ 深く自省~ (4, 0.0%)

1 する機會, に喰い入る, を与え, 致して

▼ 深く~ (4, 0.0%)

1 凹んだ鋭い, 凹んで, 込んだまま, 込んで

▼ 深く複雑~ (4, 0.0%)

1 なもの, な苦痛, に充分, に入りこみ

▼ 深く~ (4, 0.0%)

1 そこに, ていた, てかい, ゆ

▼ 深く見せる~ (4, 0.0%)

1 のです, ものの, 文学なら, 爲に

▼ 深く説明~ (4, 0.0%)

1 して, するにも, せず知れないこと, を要せぬ

▼ 深く調べ~ (4, 0.0%)

1 てみたくなった, てみなけれ, ても見なかった, て元

▼ 深く~ (4, 0.0%)

1 に見える, の中, も深い, を蔽つて水声脚下

▼ 深く責任~ (4, 0.0%)

2 を感じ, を感じた

▼ 深く追及~ (4, 0.0%)

2 すること 1 しないで, するの

▼ 深く這入~ (4, 0.0%)

3 つた罪は 1 つて居た

▼ 深く這入っ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ていった, て行く, て行った

▼ 深く~ (4, 0.0%)

1 はいよいよ, はひどくけわしかっ, は草, また遙かなり

▼ 深く遠く~ (4, 0.0%)

1 かつ懐しく, は見えない, シンシンとして, 遠く流れゆく

▼ 深く重たく~ (4, 0.0%)

3 折り重 1 折り重った層

▼ 深く長く~ (4, 0.0%)

2 痕いたる 1 宛も, 残って

▼ 深く降り~ (4, 0.0%)

2 て行く 1 て行け, て行った

▼ 深く~ (4, 0.0%)

1 が愈, に曇った, 多く目, 白く庭

▼ 深く頭脳~ (4, 0.0%)

1 にあった, に印象, に考えられた, の底

▼ 深く~ (4, 0.0%)

1 がお, によせた, に暗き, 広く唇

▼ 深く高く~ (4, 0.0%)

1 という事, なって, モラルを, 突き極めて

▼ 深くあろう~ (3, 0.0%)

2 と志す 1 とする

▼ 深くいよいよ~ (3, 0.0%)

1 動かすべからずなった時, 強くお雪ちゃん, 新鮮な

▼ 深く~ (3, 0.0%)

2 なぶし見る 1 な垂れ

▼ 深くうしろ~ (3, 0.0%)

1 にひい, の方, はボンノクボ

▼ 深くうつむい~ (3, 0.0%)

1 てしばし, てしまった, て互いに

▼ 深くうなずき~ (3, 0.0%)

1 ていねいに, ながら私達, 決意のほどを

▼ 深くうなずく~ (3, 0.0%)

1 とたちまち, のだ, のであった

▼ 深くおり~ (3, 0.0%)

1 ていた, ていってる, てきます

▼ 深くかけ~ (3, 0.0%)

1 ておいで, て両脚, 片手で

▼ 深くきざまれ~ (3, 0.0%)

1 ており, てゆく, てゐ

▼ 深くくいいっ~ (3, 0.0%)

1 ている, てくる, て来た

▼ 深くこう~ (3, 0.0%)

1 信じて, 兄を, 考えさせられて

▼ 深くことに~ (3, 0.0%)

1 岸から, 遠野分より, 青磁色を

▼ 深くしたがって~ (3, 0.0%)

1 これを, 柿の, 湧出る

▼ 深くしない~ (3, 0.0%)

1 はずは, わけには, 方が

▼ 深くせざる~ (3, 0.0%)

2 を得なかった 1 を得ない

▼ 深くせし~ (3, 0.0%)

2 むる陰影を 1 者は

▼ 深くそう~ (3, 0.0%)

1 いえば, 任じて, 信じこんで

▼ 深くそんな~ (3, 0.0%)

1 ことを, 相槌を, 聞き耳を

▼ 深くため息~ (3, 0.0%)

1 をつい, をついた, をもらした

▼ 深くつい~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, てまんじりと

▼ 深くつつん~ (3, 0.0%)

1 でいた, でいる, でおられる

▼ 深くつよく~ (3, 0.0%)

1 感じて, 物の, 生きる美し

▼ 深くては~ (3, 0.0%)

1 剛者には, 姫君の, 物の

▼ 深くながめた~ (3, 0.0%)

1 という有様, のであった, のも

▼ 深くなく~ (3, 0.0%)

1 てはいけません, てはならない, 僅かに

▼ 深くならざる~ (3, 0.0%)

2 を得ない 1 を得なかった

▼ 深くには~ (3, 0.0%)

1 大土竜, 恐るべきその魂胆, 無限な

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 方にまでは, 繁みの, 闇と

▼ 深くはいり込ん~ (3, 0.0%)

1 でいた, できた, でしまった

▼ 深くはまっ~ (3, 0.0%)

1 ておりまし, てゆく, て行く

▼ 深くひろく~ (3, 0.0%)

1 考え眺め皮相的, 肉体的に, 響くもの

▼ 深くまつ~ (3, 0.0%)

1 すぐに, 暗で, 白に

▼ 深くもぐり~ (3, 0.0%)

21 貝を

▼ 深くわたし~ (3, 0.0%)

3 の心

▼ 深く一口~ (3, 0.0%)

2 の短剣 1 にいへ

▼ 深く一層~ (3, 0.0%)

2 運命的に 1 深く恋愛

▼ 深く他人~ (3, 0.0%)

1 の秘密, の魂, を愛し

▼ 深く会得~ (3, 0.0%)

1 して, しなければ, するよう

▼ 深く伸子~ (3, 0.0%)

1 の心, をうごかした, を動かした

▼ 深く体得~ (3, 0.0%)

1 した秋田, して, すること

▼ 深く作者~ (3, 0.0%)

1 の同情, の意見, の脳裡

▼ 深く侵入~ (3, 0.0%)

2 して 1 すること

▼ 深く信じた~ (3, 0.0%)

1 のだ, のだろう, のであった

▼ 深く信用~ (3, 0.0%)

1 されて, したらしく真面目, して

▼ 深く~ (3, 0.0%)

2 の苦心 1 より譴責

▼ 深く具体的~ (3, 0.0%)

1 になっ, に理解, に観察

▼ 深く分け入った~ (3, 0.0%)

1 が見ゆる, 師直勢を, 時

▼ 深く分け入る~ (3, 0.0%)

1 うちに, ものかと, 思が

▼ 深く切り込んだ~ (3, 0.0%)

1 のです, ような, 大脇差

▼ 深く切れ~ (3, 0.0%)

1 てそれ, てまいる, て人

▼ 深く切れ込ん~ (3, 0.0%)

2 でゐる 1 でいる

▼ 深く切実~ (3, 0.0%)

1 なせつな, な一心, に感ぜられます

▼ 深く刳れ~ (3, 0.0%)

1 てい, ている, て十余人

▼ 深く刺され~ (3, 0.0%)

1 ていた, て殺され, 同時に敵の

▼ 深く刻まれてる~ (3, 0.0%)

2 のは 1 支那インテリ青年は

▼ 深く刻ん~ (3, 0.0%)

1 である, でとぼとぼと, でよけい

▼ 深く同意~ (3, 0.0%)

1 あそばして, さるるところ, したにも

▼ 深く吸いこみ~ (3, 0.0%)

1 さてと, それから胸, ながら何

▼ 深く吸いこん~ (3, 0.0%)

1 でしまった, で僕, で沈ん

▼ 深く吸い込ん~ (3, 0.0%)

1 だりし, だりした, でそれから

▼ 深く咎むる~ (3, 0.0%)

1 にも及ばざるべし, に及ばざる, に足らず

▼ 深く喰い入った~ (3, 0.0%)

1 のです, のを, 名前に

▼ 深く固く~ (3, 0.0%)

2 信じて 1 結んだ唇

▼ 深く地下~ (3, 0.0%)

1 に根, に潜り込んだ, の闇

▼ 深く垂れ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, て身

▼ 深く垂れた~ (3, 0.0%)

1 ままで, 医者駕籠に, 大きく結んだ

▼ 深く埋められ~ (3, 0.0%)

1 てゐた, てゐる, て生き

▼ 深く外套~ (3, 0.0%)

2 に身 1 の襟

▼ 深く夢想~ (3, 0.0%)

2 に沈め 1 のうち

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 にはあっ, のこと, へ続い

▼ 深く子供~ (3, 0.0%)

1 の純美, の頭, を眺めた

▼ 深く孔明~ (3, 0.0%)

1 に心服, の徳, を恨ん

▼ 深く守っ~ (3, 0.0%)

1 ている, てふたたび, て敢

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 て, 入つてしまつた, 屋に

▼ 深く尋ね~ (3, 0.0%)

1 てもみなかった, て見た, て見る

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 に淺, に淺い, の肱

▼ 深く帰依~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 深く~ (3, 0.0%)

2 の底 1 へ引き落される

▼ 深く微笑~ (3, 0.0%)

1 したが, して, を含ん

▼ 深く心服~ (3, 0.0%)

1 させて, した, 仕る論

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 るべきもの, れて, れました

▼ 深く思慮~ (3, 0.0%)

1 を廻らせ, を錬, を錬ったなら

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 かし, とした, 多き嘆

▼ 深く恨み~ (3, 0.0%)

1 ながら許し, を結ん, を結んだ

▼ 深く恨ん~ (3, 0.0%)

2 でいた 1 でいません

▼ 深く悩ん~ (3, 0.0%)

2 でいる 1 でい

▼ 深く惜しむ~ (3, 0.0%)

1 ことあり, それが, に足らざる

▼ 深く想っ~ (3, 0.0%)

2 ちゃいけない 1 てはいけない

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 の力, を感じ, を求めました

▼ 深く感ぜられる~ (3, 0.0%)

1 のである, のは, 源氏であった

▼ 深く感情~ (3, 0.0%)

1 の底, を動かし, を害し

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 いるにも, うるの, るに

▼ 深く憤り~ (3, 0.0%)

2 を発し 1 はした

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 を動, を愛しき, を迷

▼ 深く持つ~ (3, 0.0%)

1 て来た, やうに, 男です

▼ 深く掘り~ (3, 0.0%)

1 て基礎, 一家一族の, 死体は

▼ 深く探っ~ (3, 0.0%)

1 てきた, てみました, てみる

▼ 深く敬意~ (3, 0.0%)

1 を感じます, を表し, を表する

▼ 深く敬慕~ (3, 0.0%)

1 して, の念, を寄せ

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 ういふ, う前, の小

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 らしい物, 吉を, 疆の

▼ 深く日本~ (3, 0.0%)

1 の女性全般, の苦悩, を領解

▼ 深く期す~ (3, 0.0%)

1 ところが, ものが, ものの

▼ 深く期待~ (3, 0.0%)

1 しこの, して, するの

▼ 深く木立~ (3, 0.0%)

1 は繁っ, もある, も草叢

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 たはつ, はる時, へ構えられ

▼ 深く歎息~ (3, 0.0%)

1 した, して, をした

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 の事, の時計, の美人

▼ 深く永い~ (3, 0.0%)

1 と思ふ, ものであった, ものであろう

▼ 深く決する~ (3, 0.0%)

3 ところが

▼ 深く沈み込ん~ (3, 0.0%)

1 でいた, でいった, でしまう

▼ 深く沈黙~ (3, 0.0%)

1 した, した時分, を守っ

▼ 深く没し~ (3, 0.0%)

2 てしまった 1 ていった

▼ 深く~ (3, 0.0%)

2 の中 1 に踏み入り

▼ 深く浅く~ (3, 0.0%)

1 さまざまな, 奥に, 鮮やかに

▼ 深く浸潤~ (3, 0.0%)

1 しそれ, して, せんと

▼ 深く湛え~ (3, 0.0%)

1 ていた, て方向, て細そり

▼ 深く潜ませ~ (3, 0.0%)

1 て持っ, て持つ, て自然

▼ 深く潜み~ (3, 0.0%)

1 さらにその, たりしまこと, て出でず

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 かき謎なり, かな灰色, まや

▼ 深く熟睡~ (3, 0.0%)

1 した, して, に落ち込む

▼ 深く玩味~ (3, 0.0%)

1 される読者, して, すべきもの

▼ 深く畏れ~ (3, 0.0%)

1 て囁いた, 厚く崇敬, 心を

▼ 深く留意~ (3, 0.0%)

1 して, すべきこと, する必要

▼ 深く目覚め~ (3, 0.0%)

1 つつある, てゆく, て国語

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 交叉する, 考うべき, 見え候に

▼ 深く相愛~ (3, 0.0%)

2 して 1 の実

▼ 深く眞理~ (3, 0.0%)

2 を攫ん 1 の中

▼ 深く真面目~ (3, 0.0%)

1 な探求, な芸術家, に考えなく

▼ 深く瞑想~ (3, 0.0%)

1 に沈み込ん, に耽っ, に耽つ

▼ 深く知らぬ~ (3, 0.0%)

1 この美女, ものです, 他国では

▼ 深く知り~ (3, 0.0%)

1 ながらも思はず, 互いの, 合つた間柄の

▼ 深く秀子~ (3, 0.0%)

1 の日頃, の素性, を恨ん

▼ 深く秘し~ (3, 0.0%)

1 ている, て交杯談笑, 蔵し

▼ 深く秘められた~ (3, 0.0%)

1 まま寝, 心臓は, 淋しさ

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 のあいた, を掘っ, を掘り下げ

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 の星, は高, は高かっ

▼ 深く穿っ~ (3, 0.0%)

1 ている, て勢, て行く

▼ 深く突き込ん~ (3, 0.0%)

1 で云え, で俯向, で捕えた

▼ 深く窪んだ~ (3, 0.0%)

1 古い石, 目が, 緑色の

▼ 深く立ち入~ (3, 0.0%)

1 つていふ, つて支那を, つて知らなけれ

▼ 深く立ち入り~ (3, 0.0%)

1 てその, もせず, 管

▼ 深く美しい~ (3, 0.0%)

1 ものが, ものである, 歌だ

▼ 深く考えよう~ (3, 0.0%)

1 としない, としなかった, とはせぬ

▼ 深く考えられ~ (3, 0.0%)

1 ていた, 自分たちの, 評価された

▼ 深く考え沈ん~ (3, 0.0%)

2 でいる 1 で居た

▼ 深く考へれ~ (3, 0.0%)

3 ば考へる

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 あね, つちや, へ深く

▼ 深く聞く~ (3, 0.0%)

1 ことは, のも, 事は

▼ 深く背中~ (3, 0.0%)

1 に突, に突き刺し, をもたせ

▼ 深く背後~ (3, 0.0%)

1 に持つ, の山, より吹く

▼ 深く芭蕉~ (3, 0.0%)

1 がきわめて, が極めて, に教

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 にかくれた, の上, の中

▼ 深く落ちこんだ~ (3, 0.0%)

1 ような, 小さな老人, 眼が

▼ 深く蒸した~ (3, 0.0%)

1 と太平, 墓それは, 庭の

▼ 深く~ (3, 0.0%)

3 はれて

▼ 深く行く~ (3, 0.0%)

1 につれていよいよ, に従って霧, ほど大昔

▼ 深く見えた~ (3, 0.0%)

1 だからまた何時, のである, ものが

▼ 深く見つめ~ (3, 0.0%)

1 ている, てゐた, て立った

▼ 深く見る~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことには, ことを

▼ 深く覚悟~ (3, 0.0%)

1 して, するところ, を決して

▼ 深く親切~ (3, 0.0%)

1 だが, で女先生, で態

▼ 深く触れる~ (3, 0.0%)

2 ことを 1 力が

▼ 深く読ん~ (3, 0.0%)

1 でいないらしい, でくれない, で来た

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 っていた, っている, り理想

▼ 深く貫い~ (3, 0.0%)

1 て, ていた, てしまった

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 使臣は, 大臣各, 嬢の

▼ 深く貴方~ (3, 0.0%)

1 の御, へ属し, を胸

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 が入っ, が嵌り込ん, を踏み入れ

▼ 深く迷い入っ~ (3, 0.0%)

1 てしまいました, て困っ, て行きました

▼ 深く這入つた~ (3, 0.0%)

1 もので, 処は, 時は

▼ 深く通っ~ (3, 0.0%)

1 て, てしまった, てゆく

▼ 深く部屋~ (3, 0.0%)

2 の中 1 を見廻し

▼ 深く重い~ (3, 0.0%)

2 ものと 1 鐘聲は

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 が広く, の空気, の胴腹

▼ 深く鎖され~ (3, 0.0%)

2 ている 1 て居る

▼ 深く閉じ~ (3, 0.0%)

2 籠めて 1 て訪客

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 ちくぼんだ, つた周囲の, つてゐ

▼ 深く陥り~ (3, 0.0%)

1 こっちへ, て幾, 足を

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 かに歩み, に省み, まつて

▼ 深く非常~ (3, 0.0%)

1 に気持, に深く, に長く

▼ 深く項垂れ~ (3, 0.0%)

2 歴々と 1 て膝

▼ 深く頷く~ (3, 0.0%)

1 ところが, と何, 矢代の

▼ 深く~ (3, 0.0%)

2 ひこんで 1 ひ入

▼ 深く~ (3, 0.0%)

1 の穴, まで覆ふ, 高く

▼ 深くあい~ (2, 0.0%)

1 ていた, ているらしい

▼ 深くあらせられる~ (2, 0.0%)

1 ように, 老夫人

▼ 深くあり~ (2, 0.0%)

1 同時に残忍, 豊富に

▼ 深くいう~ (2, 0.0%)

1 のだった, ように

▼ 深くいかばかり~ (2, 0.0%)

2 強烈な

▼ 深くいつも~ (2, 0.0%)

1 清水の, 礼拝の

▼ 深くいや~ (2, 0.0%)

1 沈みゆく著者, 重く泣きし

▼ 深くいろいろ~ (2, 0.0%)

1 な話, 変った形

▼ 深くうなづい~ (2, 0.0%)

1 てへとへと, てみせた

▼ 深くうめいた~ (2, 0.0%)

1 まましばらく, ままの

▼ 深くえぐられた~ (2, 0.0%)

1 谷間が, 陰影は

▼ 深くおちゆく~ (2, 0.0%)

2 音しき

▼ 深くおとなしく~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 深くおも~ (2, 0.0%)

2 ふ時

▼ 深くおれ~ (2, 0.0%)

1 の心, の足もと

▼ 深くおわしまし~ (2, 0.0%)

2 かたがた歌道茶事までも

▼ 深くお前~ (2, 0.0%)

1 を愛してる, を愛する

▼ 深くお気~ (2, 0.0%)

1 にかけなさいます, にとめぬ

▼ 深くかえりみ~ (2, 0.0%)

1 てみる, もせず

▼ 深くかがやく~ (2, 0.0%)

1 なほ堪へられず, 何といふ

▼ 深くかく~ (2, 0.0%)

1 も強く, も眞面目

▼ 深くかぶさった~ (2, 0.0%)

2 低い屋根

▼ 深くかぶり直す~ (2, 0.0%)

1 とふたたび, ように

▼ 深くかむ~ (2, 0.0%)

1 つた乞食みたいな, つて

▼ 深くかり~ (2, 0.0%)

2 そめにも

▼ 深くきざみつけられた~ (2, 0.0%)

1 のであった, 轍の

▼ 深くくぼん~ (2, 0.0%)

1 でいる, で鋭い

▼ 深くくぼんだ~ (2, 0.0%)

1 目驚いてる, 眼は

▼ 深くここ~ (2, 0.0%)

1 に感ずる, の主

▼ 深くこころ~ (2, 0.0%)

1 に銘じ, 動かされて

▼ 深くこだわる~ (2, 0.0%)

1 タチであった, 気は

▼ 深くこの世~ (2, 0.0%)

1 の悪, を見まもっ

▼ 深くこもり~ (2, 0.0%)

1 て針仕事, にけらし

▼ 深くさして~ (2, 0.0%)

1 ゐた, 歩いて

▼ 深くさせた~ (2, 0.0%)

1 のである, のであろう

▼ 深くされ~ (2, 0.0%)

1 ばとて秋風落莫, 人間平家史文化平家史の

▼ 深くしげっ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 深くしっかり~ (2, 0.0%)

1 工事が, 根を

▼ 深くしてる~ (2, 0.0%)

1 のだ, んだ

▼ 深くしまい込ん~ (2, 0.0%)

1 でしまっ, で忘れ

▼ 深くしみこん~ (2, 0.0%)

1 でいた, で生理的

▼ 深くしみつい~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 深くすずしく~ (2, 0.0%)

1 物を, 聞えて

▼ 深くそつくり~ (2, 0.0%)

2 かへる

▼ 深くその他~ (2, 0.0%)

1 なかなかよい, の家々

▼ 深くその後~ (2, 0.0%)

2 再び机

▼ 深くたずね~ (2, 0.0%)

1 てみる, 入り来った

▼ 深くつき込んだ~ (2, 0.0%)

1 ものだった, 批評である

▼ 深くつつしみ~ (2, 0.0%)

2 一代一両句には

▼ 深くつつまれた~ (2, 0.0%)

2 小高い丘

▼ 深くでも~ (2, 0.0%)

1 ありよしんば, なれば

▼ 深くとうとう~ (2, 0.0%)

1 見えなくなって, 頭を

▼ 深くとが~ (2, 0.0%)

2 むべき

▼ 深くどす黒く~ (2, 0.0%)

1 ただもう, ガラス窓に

▼ 深くなってる~ (2, 0.0%)

1 が口髯, 寂然たる

▼ 深くなつた~ (2, 0.0%)

1 が否, やうに

▼ 深くなら~ (2, 0.0%)

1 なくては, んと

▼ 深くなりぬ~ (2, 0.0%)

2 とも人材

▼ 深くなりました~ (2, 0.0%)

1 が, 事で

▼ 深くなります~ (2, 0.0%)

1 から一際しんと, な

▼ 深くなるべき~ (2, 0.0%)

1 のが, 理由も

▼ 深くにじん~ (2, 0.0%)

2 で出た

▼ 深くにも~ (2, 0.0%)

1 あの悲痛, 達して

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 める, めるなし

▼ 深くのぞき込む~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 深くのみ~ (2, 0.0%)

1 なりゆきぬ, ひき籠つて居た

▼ 深くはいれ~ (2, 0.0%)

1 ばはいる, ば道

▼ 深くひそむ~ (2, 0.0%)

1 もので, ものと

▼ 深くひそめる~ (2, 0.0%)

1 聖像, 鳥は

▼ 深くひっそり~ (2, 0.0%)

2 とし

▼ 深くひめ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 深くひろい~ (2, 0.0%)

1 原因と, 社会的な

▼ 深くひろがっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てついに

▼ 深くふれ~ (2, 0.0%)

1 てゆく, て自省

▼ 深くふれる~ (2, 0.0%)

2 のが

▼ 深くへと~ (2, 0.0%)

1 掘り進んで, 散込ませた

▼ 深くほとんど~ (2, 0.0%)

1 胸に, 親類づき合い

▼ 深くまします~ (2, 0.0%)

1 ことは, とも当山

▼ 深くめり込ん~ (2, 0.0%)

1 で居ます, で居る

▼ 深くもぐ~ (2, 0.0%)

2 つて行く

▼ 深くもつ~ (2, 0.0%)

1 と朗らか, ように

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 あるべき, そう遠く

▼ 深くやはり~ (2, 0.0%)

1 グヒンサンの, 短歌に

▼ 深くやられ~ (2, 0.0%)

1 てえぐられた, てゐる

▼ 深くやるせない~ (2, 0.0%)

2 姿を

▼ 深くゆく~ (2, 0.0%)

1 につれて権威, 水あらし風かとも

▼ 深くゆるやか~ (2, 0.0%)

1 な呼吸, に張り

▼ 深くよせ~ (2, 0.0%)

1 て一座, て火

▼ 深くよどん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でいる

▼ 深くわかっ~ (2, 0.0%)

1 ていれ, て下さったら

▼ 深くアケスケ~ (2, 0.0%)

2 に抉り付け

▼ 深くカーテン~ (2, 0.0%)

1 を下し, を垂れ

▼ 深くゴーリキイ~ (2, 0.0%)

1 を感動, を驚ろか

▼ 深くハニカミ屋~ (2, 0.0%)

2 でおよそ

▼ 深くポケット~ (2, 0.0%)

1 に入れた, へつっこみ

▼ 深く一本~ (2, 0.0%)

1 の短剣, 立てる大楠

▼ 深く一条~ (2, 0.0%)

2 の活路

▼ 深く下げ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てなるべく

▼ 深く両手~ (2, 0.0%)

1 を拱いた, を捲付け

▼ 深く両方~ (2, 0.0%)

1 に同情, の頬ぺたをへこますほど

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 にもフランス, の君

▼ 深く中川~ (2, 0.0%)

1 の言, の説

▼ 深く主観~ (2, 0.0%)

1 の光, もまた

▼ 深く事実~ (2, 0.0%)

1 を考, を見究めれ

▼ 深く二つ三つ~ (2, 0.0%)

2 の涌き

▼ 深く云い交し~ (2, 0.0%)

1 てある, て置き

▼ 深く井戸~ (2, 0.0%)

1 の底, を掘つ

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 り合って, ること

▼ 深く交わっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 深く交差~ (2, 0.0%)

1 した枝, して

▼ 深く人々~ (2, 0.0%)

1 に反省, の心

▼ 深く人情~ (2, 0.0%)

1 の奥, の髄

▼ 深く人類~ (2, 0.0%)

1 に根ざし, の惱みとあこがれ

▼ 深く今日~ (2, 0.0%)

1 の時流, の社界

▼ 深く仏教~ (2, 0.0%)

1 に帰依, に心酔

▼ 深く仏者~ (2, 0.0%)

2 の懐

▼ 深く何事~ (2, 0.0%)

1 かを考へ, をか考え込ん

▼ 深く佛者~ (2, 0.0%)

2 の懷

▼ 深く作用~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 深く信じる~ (2, 0.0%)

1 こころを, ところが

▼ 深く信長~ (2, 0.0%)

1 に信じ, の胸

▼ 深く俯向~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 の心, の心臓

▼ 深く個人~ (2, 0.0%)

1 が活きる, の上

▼ 深く傷つき~ (2, 0.0%)

1 ほとんど自己, 給ふ

▼ 深く傷つけられ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て居た

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 の心, の胸底

▼ 深く先生~ (2, 0.0%)

1 の心, を恨ん

▼ 深く先輩~ (2, 0.0%)

1 の心, の脇の下

▼ 深く入らない~ (2, 0.0%)

1 ことに, ように

▼ 深く入りこん~ (2, 0.0%)

1 で空襲, で行つて

▼ 深く入りこんだ~ (2, 0.0%)

1 含蓄性幽玄性な, 野という

▼ 深く入りすぎ~ (2, 0.0%)

1 ている, てまた

▼ 深く入れる~ (2, 0.0%)

1 だけ入っ, と後家さん

▼ 深く入込め~ (2, 0.0%)

1 ばこの, ば最早

▼ 深く共通~ (2, 0.0%)

2 するもの

▼ 深く共鳴~ (2, 0.0%)

1 されるもの, して

▼ 深く其理由~ (2, 0.0%)

2 を考へ

▼ 深く其非行~ (2, 0.0%)

2 を咎め

▼ 深く内奥~ (2, 0.0%)

1 で拡がり, の秘密

▼ 深く内省~ (2, 0.0%)

1 させた, する必要

▼ 深く内部~ (2, 0.0%)

1 に入らざる, の事情

▼ 深く内面的~ (2, 0.0%)

1 に喰いこん, に把握

▼ 深く~ (2, 0.0%)

2 つて了つて歩く

▼ 深く凹ん~ (2, 0.0%)

1 でその, でゐ

▼ 深く凹んだ~ (2, 0.0%)

1 眼を, 眼呼吸を

▼ 深く分け~ (2, 0.0%)

1 入つた, 入つて蜜

▼ 深く分け入り~ (2, 0.0%)

1 て獣, 吉野川の

▼ 深く切った~ (2, 0.0%)

1 のが, 疵も

▼ 深く切なく~ (2, 0.0%)

1 しようという, 熱烈に

▼ 深く切り~ (2, 0.0%)

1 小さい動脈, 肉と

▼ 深く切り込ん~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 深く切れ込んだ~ (2, 0.0%)

1 もの, 峡間の

▼ 深く初恋~ (2, 0.0%)

2 の男性

▼ 深く刳っ~ (2, 0.0%)

1 てある, ている

▼ 深く刳った~ (2, 0.0%)

1 ものであろう, 挽物で

▼ 深く刳られた~ (2, 0.0%)

2 岩洞の

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 れ, れて

▼ 深く刻みつけられた~ (2, 0.0%)

1 のは, 思い出です

▼ 深く刻みつけられてる~ (2, 0.0%)

1 ことその, のは

▼ 深く刻みつけられる~ (2, 0.0%)

1 のであった, ものであった

▼ 深く刻める~ (2, 0.0%)

1 やおの, 皺あれ

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 の軽薄, へ進んだ

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 に参じ, を突き刺し

▼ 深く割れ込ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でゐ

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 うるに, ふるに

▼ 深く動かされる~ (2, 0.0%)

1 と共にその, のである

▼ 深く動揺~ (2, 0.0%)

1 させた, する海

▼ 深く卓子~ (2, 0.0%)

1 の上, の端

▼ 深く印象づけられ~ (2, 0.0%)

1 て幸い, て懷

▼ 深く卸し~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 深く取った~ (2, 0.0%)

1 六畳の, 古風で

▼ 深く受け入れず~ (2, 0.0%)

1 にはおられなかった, にはをられなかつた

▼ 深く合点~ (2, 0.0%)

1 し合って, をした

▼ 深く吸い込み~ (2, 0.0%)

1 ながら家, ながら聞いた

▼ 深く吸つて~ (2, 0.0%)

2 は常に

▼ 深く呑み込んだ~ (2, 0.0%)

1 という形, といふ形

▼ 深く呑んだ~ (2, 0.0%)

1 ほどであった, 十手が

▼ 深く味わった~ (2, 0.0%)

1 ことの, 親鸞に

▼ 深く味方~ (2, 0.0%)

1 たること, の領

▼ 深く咎めよう~ (2, 0.0%)

1 とはしなかった, ともしない

▼ 深く咽喉~ (2, 0.0%)

1 に差, を斬られ

▼ 深く問い~ (2, 0.0%)

1 窮めも, 糺すべきでしたね

▼ 深く嘆息~ (2, 0.0%)

1 したが, したの

▼ 深く嘲ける~ (2, 0.0%)

2 語に

▼ 深く四方竹~ (2, 0.0%)

2 の色

▼ 深く地面~ (2, 0.0%)

1 に食い入っ, の下

▼ 深く埋まった~ (2, 0.0%)

2 紅宝玉どもの

▼ 深く埋めた~ (2, 0.0%)

1 中から, 四十男の

▼ 深く埋没~ (2, 0.0%)

1 せられて, れて

▼ 深く基督教~ (2, 0.0%)

1 の匂い, を信ずる

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 に殘つた, り込んで

▼ 深く堅く~ (2, 0.0%)

1 目を, 結び合されてるの

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 の, の底

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 にほりこん, に潜ん

▼ 深く大切~ (2, 0.0%)

2 に愛撫

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 の恩惠, より霊華

▼ 深く天幕~ (2, 0.0%)

2 の奥斜め

▼ 深く太陽~ (2, 0.0%)

1 の光, を見つめすぎた

▼ 深く~ (2, 0.0%)

2 の肉体

▼ 深く好き~ (2, 0.0%)

1 じゃないでしょう, になった

▼ 深く嫉妬~ (2, 0.0%)

1 という, といふより

▼ 深く学ぶべき~ (2, 0.0%)

1 ものが, 点が

▼ 深く学問~ (2, 0.0%)

1 にもはいれない, もあっ

▼ 深く宇宙~ (2, 0.0%)

1 の中心, の威力

▼ 深く~ (2, 0.0%)

2 南王の

▼ 深く安心~ (2, 0.0%)

2 したの

▼ 深く密生~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 深く尊い~ (2, 0.0%)

1 ことであろう, 御調べ

▼ 深く尊重~ (2, 0.0%)

1 されなければ, してるから

▼ 深く尋ねよう~ (2, 0.0%)

1 ともしなかった, ともしませんでした

▼ 深く尋ねる~ (2, 0.0%)

1 に値する, のだ

▼ 深く屈辱~ (2, 0.0%)

1 を感じ, を感ずるであらう

▼ 深く展望~ (2, 0.0%)

1 がきかない, がきかなかった

▼ 深く差し込ん~ (2, 0.0%)

1 で下, で魚

▼ 深く差俯向~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ 深く帯び~ (2, 0.0%)

2 て居た

▼ 深く帽子~ (2, 0.0%)

1 の鍔, をかぶり

▼ 深く平次~ (2, 0.0%)

1 の枕許, もたつた

▼ 深く平生日本人~ (2, 0.0%)

2 に対しては自由

▼ 深く広い~ (2, 0.0%)

1 こと実に実に, ものである

▼ 深く庭園~ (2, 0.0%)

1 に埋めた, の地

▼ 深く引きおろし~ (2, 0.0%)

1 ソロソロと, 手探りに

▼ 深く引き下げ~ (2, 0.0%)

1 てその, 機械的に

▼ 深く彫り~ (2, 0.0%)

1 て思い出ぬ, 下げ一方

▼ 深く御礼申~ (2, 0.0%)

2 上げます

▼ 深く微か~ (2, 0.0%)

1 なる聲, に潜ん

▼ 深く心得~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 深く心痛~ (2, 0.0%)

1 の余り西洋, 仕候

▼ 深く心魄~ (2, 0.0%)

1 を打たるるであらう, を打たるるであろう

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 とした, ひ遠く

▼ 深く念じ~ (2, 0.0%)

1 て放ちたる, 長く瞑目

▼ 深く思いこまれた~ (2, 0.0%)

1 一人の, 帝は

▼ 深く思いめぐらさず~ (2, 0.0%)

2 にはいられなかった

▼ 深く思い込む~ (2, 0.0%)

1 のだろう, 人です

▼ 深く思つて~ (2, 0.0%)

1 ゐたつて, 見たところ

▼ 深く思はせる~ (2, 0.0%)

1 のである, 処は

▼ 深く思はれ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て出来た

▼ 深く思ひこん~ (2, 0.0%)

2 でゐる

▼ 深く思へ~ (2, 0.0%)

1 ばこそだから, ば市役所

▼ 深く思われた~ (2, 0.0%)

1 ことなどを, のである

▼ 深く悔い~ (2, 0.0%)

1 ている, 泣いた

▼ 深く悔悛~ (2, 0.0%)

2 したいの

▼ 深く悟っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て帰った

▼ 深く悩み~ (2, 0.0%)

1 がひどかっ, を蔵する

▼ 深く悪縁~ (2, 0.0%)

2 が絡ん

▼ 深く悲しみ~ (2, 0.0%)

1 に沈ん, 弟子日向を

▼ 深く悲む所~ (2, 0.0%)

2 なり但

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 厚きさま, 濃きもの

▼ 深く~ (2, 0.0%)

2 ひを

▼ 深く意識~ (2, 0.0%)

1 しそれに, し多く期待

▼ 深く愛してる~ (2, 0.0%)

1 かしら, 人々は

▼ 深く愛し合ってる~ (2, 0.0%)

1 ときでさえ, 男女が

▼ 深く愛すべき~ (2, 0.0%)

1 人であろう, 物愈

▼ 深く愛せん~ (2, 0.0%)

2 ために

▼ 深く愛着~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 深く~ (2, 0.0%)

2 を引いた

▼ 深く感じ入っ~ (2, 0.0%)

1 て, て説く

▼ 深く感ぜず~ (2, 0.0%)

1 にはゐられない, には居られない

▼ 深く感得~ (2, 0.0%)

1 されるよう, した

▼ 深く感慨~ (2, 0.0%)

1 にうたれた, に打たれる

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 じ身, る心

▼ 深く愧ぢ~ (2, 0.0%)

1 る所, 入る次第

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 しむべし, しむ可

▼ 深く憂い~ (2, 0.0%)

1 て恟々, て木曾伊予守家村

▼ 深く憂え~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 深く憂ふる~ (2, 0.0%)

1 に及ばない, 處なり

▼ 深く憂慮~ (2, 0.0%)

1 されると, に堪へず

▼ 深く憎悪~ (2, 0.0%)

1 されるところ, をもっ

▼ 深く憐れ~ (2, 0.0%)

1 を催し, を催した

▼ 深く憤っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 深く懺悔~ (2, 0.0%)

1 したいと, すると

▼ 深く成る~ (2, 0.0%)

1 うち一年が, と

▼ 深く戒め~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 深く戒規~ (2, 0.0%)

2 したる所

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 が鳴っ, を閉し

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 れるところ, 頷いた

▼ 深く打ち込む~ (2, 0.0%)

1 ほど堅固, ほど確実性

▼ 深く打ち込んだ~ (2, 0.0%)

1 のです, 根氣は

▼ 深く批判~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 深く抉っ~ (2, 0.0%)

1 てうっかり, て一町

▼ 深く抉られ~ (2, 0.0%)

1 て幅, て既に

▼ 深く抉られた~ (2, 0.0%)

1 三日月形で, 壁面に

▼ 深く折り曲げ~ (2, 0.0%)

2

▼ 深く持っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている秘めた

▼ 深く振舞う~ (2, 0.0%)

1 だけでなく, ていた

▼ 深く捲つ~ (2, 0.0%)

1 て眞白, て真白き

▼ 深く~ (2, 0.0%)

2 ぢ込んだ

▼ 深く掘らせ~ (2, 0.0%)

1 これに, て彼

▼ 深く掘られ~ (2, 0.0%)

1 て沢山, て行

▼ 深く掘りさげ~ (2, 0.0%)

1 てかき, て行く

▼ 深く掘り込まれ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 深く掘れ~ (2, 0.0%)

1 さうにも, てゐる

▼ 深く掘下げる~ (2, 0.0%)

1 ところの, んだ

▼ 深く掛けた~ (2, 0.0%)

1 上羽織の, 二台の

▼ 深く探る~ (2, 0.0%)

1 ことは, 蛟鰐の

▼ 深く探究~ (2, 0.0%)

1 しないで, する余裕

▼ 深く推量~ (2, 0.0%)

1 して, すべき必要

▼ 深く掴ん~ (2, 0.0%)

1 でいない, でいる

▼ 深く支那人~ (2, 0.0%)

1 の道徳感情, を諒解

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 へるところ, を信じ

▼ 深く教えられる~ (2, 0.0%)

1 ところが, ところの

▼ 深く教育訓練~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ 深く敬服~ (2, 0.0%)

1 して, しました現

▼ 深く敵中~ (2, 0.0%)

1 へはいっ, へ馳

▼ 深く敵地~ (2, 0.0%)

2 に入り

▼ 深く文字~ (2, 0.0%)

1 に拘泥, を刻ん

▼ 深く文学~ (2, 0.0%)

1 に入り, をそこで

▼ 深く斬られ~ (2, 0.0%)

1 ている, て血

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 もなほ仄, も暗い

▼ 深く時々~ (2, 0.0%)

1 はこういう, 思出し

▼ 深く時代~ (2, 0.0%)

1 の要求, を虚心

▼ 深く時勢~ (2, 0.0%)

1 に感ずる, を察せられ

▼ 深く暗示~ (2, 0.0%)

1 するところ, を与える

▼ 深く曇らせ~ (2, 0.0%)

1 てゲジゲジ, てゲヂゲヂ

▼ 深く更け~ (2, 0.0%)

1 ている, てしまっ

▼ 深く月影~ (2, 0.0%)

2 に透かし

▼ 深く朝廷~ (2, 0.0%)

1 から憎まれた, のため

▼ 深く期し~ (2, 0.0%)

1 て彼, て黄祖

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 の繁る, を樵る

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 づくところ, 事件について

▼ 深く本願~ (2, 0.0%)

1 を信ずる, を頼ん

▼ 深く~ (2, 0.0%)

2 に青

▼ 深く~ (2, 0.0%)

2 の樹脂

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 の方, 浅かりし

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 に埋める, に沈み

▼ 深く染着~ (2, 0.0%)

1 した心, しつつも

▼ 深く根差し~ (2, 0.0%)

1 ている, てをり

▼ 深く植えつけられた~ (2, 0.0%)

1 信念の, 習癖が

▼ 深く植ゑつ~ (2, 0.0%)

2 けられて

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 が茂り合っ, 茂り人

▼ 深く樹心~ (2, 0.0%)

2 に感じた

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 いて, かず

▼ 深く正しい~ (2, 0.0%)

1 ものである, 地史と

▼ 深く正義~ (2, 0.0%)

2 を云々

▼ 深く此時節~ (2, 0.0%)

2 より通

▼ 深く殊に~ (2, 0.0%)

1 戦国の, 白く蔽

▼ 深く残ってる~ (2, 0.0%)

1 ことが, のは

▼ 深く残る~ (2, 0.0%)

1 ということ, ものである

▼ 深く残忍~ (2, 0.0%)

2 の想

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 し平和運動全体, を含んだ

▼ 深く気の毒~ (2, 0.0%)

1 な次第, に思った

▼ 深く永遠~ (2, 0.0%)

1 に埋もれ, に実在

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 のため, の下

▼ 深く沁み込ん~ (2, 0.0%)

1 でくる, で忘れられない

▼ 深く沁む~ (2, 0.0%)

1 ように, 細みの

▼ 深く沈みこん~ (2, 0.0%)

1 でいました, でしまい

▼ 深く沈みし~ (2, 0.0%)

1 是非な, 種俵

▼ 深く沈みゆく~ (2, 0.0%)

1 のであった, 魚の

▼ 深く沈み過ぎる~ (2, 0.0%)

2 しおまけ

▼ 深く沈めた~ (2, 0.0%)

1 ことが, のである

▼ 深く沈める~ (2, 0.0%)

1 は飾, 必死の

▼ 深く沈もう~ (2, 0.0%)

1 とする, となさる

▼ 深く沈下~ (2, 0.0%)

1 した裂け目, して

▼ 深く沈思~ (2, 0.0%)

1 したか, の態

▼ 深く泥濘~ (2, 0.0%)

1 にくいこんだ, に喰

▼ 深く洞察~ (2, 0.0%)

1 すべきである, する眼

▼ 深く活き得ないであろう~ (2, 0.0%)

2

▼ 深く流れこん~ (2, 0.0%)

2 でゐる

▼ 深く浄土~ (2, 0.0%)

1 の法門, は隣家

▼ 深く浸み入っ~ (2, 0.0%)

1 て消えなかった, て魂

▼ 深く浸透~ (2, 0.0%)

1 されて, して

▼ 深く淋しく~ (2, 0.0%)

1 押し静, 柔しく

▼ 深く渋き~ (2, 0.0%)

2 茶器が

▼ 深く温め~ (2, 0.0%)

2 てあげる

▼ 深く満足~ (2, 0.0%)

1 したし, するに

▼ 深く滲みこん~ (2, 0.0%)

1 でいく, でいる

▼ 深く漂う~ (2, 0.0%)

1 歴史の, 水の

▼ 深く潜つて龍王~ (2, 0.0%)

1 の明珠, の顎

▼ 深く潜める~ (2, 0.0%)

1 ところの, 無限の

▼ 深く潜り込ん~ (2, 0.0%)

1 で行く, で見ね

▼ 深く潜入~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 深く潜航~ (2, 0.0%)

1 して, を続ける

▼ 深く激しい~ (2, 0.0%)

1 ことそれらの, ものである

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 きついて, きつけられて

▼ 深く無限~ (2, 0.0%)

1 に深く, に深遠

▼ 深く煙草~ (2, 0.0%)

1 の煙, を吸い込み

▼ 深く物思い~ (2, 0.0%)

1 に沈ん, のある

▼ 深く狭い~ (2, 0.0%)

1 割れ目であり, 墓の

▼ 深く狭く~ (2, 0.0%)

1 彼を, 研究する

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 わし得ぬ, 實の

▼ 深く現われ~ (2, 0.0%)

1 ている, 眼だけが

▼ 深く現在~ (2, 0.0%)

1 の現実, の自身

▼ 深く生かす~ (2, 0.0%)

1 ような, 所の

▼ 深く生命~ (2, 0.0%)

1 の自然, は浪費

▼ 深く疑え~ (2, 0.0%)

1 ばいくら, ば兜

▼ 深く疑っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て尋常

▼ 深く疾翔大力さま~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 深く皆さん~ (2, 0.0%)

1 の心, もその

▼ 深く相成~ (2, 0.0%)

1 候, 候故

▼ 深く相手~ (2, 0.0%)

1 にのぞみました, の心

▼ 深く省みる~ (2, 0.0%)

1 ことによって, 人々でなけれ

▼ 深く省みれ~ (2, 0.0%)

1 ば二つ, ば省みる

▼ 深く真実~ (2, 0.0%)

1 にふれ, に徹する

▼ 深く真理~ (2, 0.0%)

1 の解説, をとらえよう

▼ 深く眠った~ (2, 0.0%)

1 って大丈夫, ので私

▼ 深く眠りこん~ (2, 0.0%)

1 でしまい, で玉蜀黍

▼ 深く着た~ (2, 0.0%)

2 蓑だ

▼ 深く睡っ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 深く知らなく~ (2, 0.0%)

1 てもと, てもとにかく実際

▼ 深く知りたい~ (2, 0.0%)

1 のです, のは

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 の中, を掘り起した

▼ 深く確信~ (2, 0.0%)

1 して, 致して

▼ 深く社会~ (2, 0.0%)

1 に陳謝, の罪

▼ 深く祕め~ (2, 0.0%)

1 かくす樣, た百兩

▼ 深く禿げあ~ (2, 0.0%)

2 がつて赤味

▼ 深く私利私福~ (2, 0.0%)

2 を貪り

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 を感ずる, を感ぜさせられる

▼ 深く科学~ (2, 0.0%)

2 の本質

▼ 深く秘蔵~ (2, 0.0%)

1 されて, して

▼ 深く積つて~ (2, 0.0%)

2 ゐた頃

▼ 深く究める~ (2, 0.0%)

1 ことは, に及ばない

▼ 深く空気~ (2, 0.0%)

1 を吸い込み, を呼吸

▼ 深く空虚~ (2, 0.0%)

1 になり, のなか

▼ 深く突き刺さった~ (2, 0.0%)

1 にもかかわらず, 矢は

▼ 深く突き刺し~ (2, 0.0%)

1 てあった, 二度そこを

▼ 深く突込~ (2, 0.0%)

1 んで思案, んで質問

▼ 深く立ち入る~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことは

▼ 深く籠っ~ (2, 0.0%)

1 てい, ていた

▼ 深く精神的~ (2, 0.0%)

1 でも, に止まらず

▼ 深く紅き~ (2, 0.0%)

2 椿や

▼ 深く納め~ (2, 0.0%)

1 て置く, 大急ぎで

▼ 深く組み~ (2, 0.0%)

1 その上, ながら考え込んだ

▼ 深く組ん~ (2, 0.0%)

1 でしゃくり上げ, で何事

▼ 深く結びつく~ (2, 0.0%)

1 だけに見, のは

▼ 深く結合~ (2, 0.0%)

1 したため, しました

▼ 深く結托~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 深く絡みつい~ (2, 0.0%)

1 てくる, てはこなかつた

▼ 深く繁れる~ (2, 0.0%)

2 中なる

▼ 深く罩め~ (2, 0.0%)

1 たる郷里松山近く, る雨

▼ 深く美しき~ (2, 0.0%)

1 性格の, 木蔭を

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 の性格, を徳

▼ 深く老母~ (2, 0.0%)

1 のこれ, を押し込んだ

▼ 深く考えたら~ (2, 0.0%)

1 何か, 道に

▼ 深く考えなく~ (2, 0.0%)

1 ちゃならない, てはならない

▼ 深く考え込む~ (2, 0.0%)

1 ように, 様子で

▼ 深く考へさせられた~ (2, 0.0%)

1 一点は, 事が

▼ 深く考へず~ (2, 0.0%)

1 にはゐられない, にはゐられなかつた

▼ 深く考へた~ (2, 0.0%)

1 とも見える, ものが

▼ 深く考へよう~ (2, 0.0%)

1 としなかつた, とする

▼ 深く考へられ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, て來

▼ 深く考へ耽つ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 かも公然, も色々

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 の方, をもたせ

▼ 深く脳裏~ (2, 0.0%)

1 にあった, に彫りつけた

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 から腰, のところ

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 から信じ, 守自重せん

▼ 深く自戒~ (2, 0.0%)

1 して, する気持

▼ 深く自由~ (2, 0.0%)

1 な精神, の身

▼ 深く自責~ (2, 0.0%)

1 の念, を感ずる

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 どるこの, 附けられたもの

▼ 深く若い~ (2, 0.0%)

1 生命を, 風情の

▼ 深く~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 深く茂った~ (2, 0.0%)

1 中から, 大きな常磐木

▼ 深く茂つて~ (2, 0.0%)

1 ゐて, ゐる

▼ 深く茂り~ (2, 0.0%)

1 白人は, 薬草が

▼ 深く落ちくぼん~ (2, 0.0%)

1 でいる, で錐

▼ 深く落ち着いた~ (2, 0.0%)

1 声で, 静かな

▼ 深く落ち着き払っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て低く

▼ 深く蒲団~ (2, 0.0%)

1 の中, の襟

▼ 深く蒼く~ (2, 0.0%)

2 朦朧と

▼ 深く蔵め~ (2, 0.0%)

1 て枕近く置, て釣

▼ 深く蔵めよう~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 深く薫染~ (2, 0.0%)

2 し過ぎて

▼ 深く藩閥者流~ (2, 0.0%)

2 の信頼

▼ 深く行き~ (2, 0.0%)

1 さへ, 遠く行く

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 たれた重蔵, と見伏せる

▼ 深く被った~ (2, 0.0%)

1 なりで, 背の

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 に埋め, を切り開いた

▼ 深く襟巻~ (2, 0.0%)

1 で顔, に顎

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 せて, ひ迫つて

▼ 深く西~ (2, 0.0%)

1 からの日, 浅きに

▼ 深く要求~ (2, 0.0%)

2 せられた自然

▼ 深く見せ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 深く見つめた~ (2, 0.0%)

1 者にとって, 茶器類が

▼ 深く見得た~ (2, 0.0%)

1 人々を, 人は

▼ 深く見詰め~ (2, 0.0%)

1 ていた, 仏教の

▼ 深く覚える~ (2, 0.0%)

1 ことに, 日には

▼ 深く親方~ (2, 0.0%)

1 をありがたい忝ない, を有難い忝ない

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 てその, ての上

▼ 深く観る~ (2, 0.0%)

1 ことで, 者の

▼ 深く~ (2, 0.0%)

2 えた

▼ 深く解剖~ (2, 0.0%)

1 して, し検覈

▼ 深く解釈~ (2, 0.0%)

1 しようと, せずとも

▼ 深く触れない~ (2, 0.0%)

1 ことに, でやや

▼ 深く触れよう~ (2, 0.0%)

2 とはしなかった

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 れるもの, れ其時代

▼ 深く言いかわした~ (2, 0.0%)

1 女が, 男は

▼ 深く言い交した~ (2, 0.0%)

1 仲であった, 夢之

▼ 深く言う~ (2, 0.0%)

1 のです, を避けた

▼ 深く話し合った~ (2, 0.0%)

1 ことなんか, ことも

▼ 深く語っ~ (2, 0.0%)

1 ているでしょう, て聞かせる

▼ 深く語る~ (2, 0.0%)

1 というところ, の機会

▼ 深く読む~ (2, 0.0%)

1 ということ, 方を

▼ 深く調和~ (2, 0.0%)

1 が取れ, が感じられない

▼ 深く論ずる~ (2, 0.0%)

1 にも足りないであろう, に値せぬ

▼ 深く~ (2, 0.0%)

2 を屋

▼ 深く諸君~ (2, 0.0%)

1 に向っ, の戒め

▼ 深く諸氏~ (2, 0.0%)

2 の心胆

▼ 深く~ (2, 0.0%)

2 つたこと

▼ 深く謙遜~ (2, 0.0%)

1 するに, だった三島

▼ 深く貫く~ (2, 0.0%)

2 のでありまし

▼ 深く貴女~ (2, 0.0%)

1 に問う, の心像

▼ 深く貴族院~ (2, 0.0%)

2 の状態

▼ 深く赤ん坊~ (2, 0.0%)

1 を礼拝, を禮拜

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 ますます危うく, 幽に

▼ 深く迫った~ (2, 0.0%)

1 呼吸の, 形象化に

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 はし, 込む恐れ

▼ 深く迷い込ん~ (2, 0.0%)

1 でしまった, で行く

▼ 深く這入る~ (2, 0.0%)

1 と雪, 気色だ

▼ 深く這裏~ (2, 0.0%)

1 に蔵, に藏

▼ 深く進め~ (2, 0.0%)

1 ば感激, ば進む

▼ 深く進んだ~ (2, 0.0%)

1 と思う, ものも

▼ 深く道路~ (2, 0.0%)

1 は悪く, 狭

▼ 深く達し~ (2, 0.0%)

1 ているでしょう, てさえいれ

▼ 深く邪推~ (2, 0.0%)

1 して, 深い変質的

▼ 深く部下~ (2, 0.0%)

1 の不心得, を信じ

▼ 深く酔った~ (2, 0.0%)

1 家従たちは, 私の

▼ 深く~ (2, 0.0%)

2 幽に

▼ 深く銘記~ (2, 0.0%)

1 させられる, してを

▼ 深く~ (2, 0.0%)

2 を入れ

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 って聞かなかった, をあて

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 かつた, 續きのし

▼ 深く長い~ (2, 0.0%)

1 シワを, 息を

▼ 深く閉ざされ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 深く閉した~ (2, 0.0%)

1 憂愁の, 雲の

▼ 深く閉籠~ (2, 0.0%)

2 つたこと

▼ 深く関心~ (2, 0.0%)

1 して, しなかったろうし

▼ 深く関羽~ (2, 0.0%)

1 の為人, を愛し

▼ 深く閣下~ (2, 0.0%)

1 の聡明, の聰明

▼ 深く降り積もった~ (2, 0.0%)

1 日には, 雪の

▼ 深く限り~ (2, 0.0%)

1 ないもの, なき父母

▼ 深く陥つ~ (2, 0.0%)

2 て居る

▼ 深く陰性~ (2, 0.0%)

1 だとか, の狐

▼ 深く~ (2, 0.0%)

2 迫りて

▼ 深く険しく~ (2, 0.0%)

1 なつて, はなく

▼ 深く隠す~ (2, 0.0%)

1 ことに, だけの時間

▼ 深く隠蔽~ (2, 0.0%)

1 して, せられて

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 がまわり切った, も雪

▼ 深く青く~ (2, 0.0%)

1 まさに秋, 見えだしたよう

▼ 深く面白く~ (2, 0.0%)

1 思った, 眺められるやう

▼ 深く韜略~ (2, 0.0%)

1 に通じ, を研究

▼ 深く響い~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て遠心的

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 を埋め, を引い

▼ 深く~ (2, 0.0%)

2 を凹ませ

▼ 深く頭巾~ (2, 0.0%)

1 で顔, をたらし

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 が掩, を合せます

▼ 深く顧みる~ (2, 0.0%)

1 がいい, 余裕も

▼ 深く食い入った~ (2, 0.0%)

1 一種の, 労働力である

▼ 深く食い入る~ (2, 0.0%)

1 性質の, 気色であった

▼ 深く首肯~ (2, 0.0%)

1 して, せられ反省

▼ 深く首肯い~ (2, 0.0%)

1 て, てその

▼ 深く首肯き~ (2, 0.0%)

1 おおおかなしかろ, 火打袋にちゃ

▼ 深く馴染む~ (2, 0.0%)

1 に連れ, 前に

▼ 深く馴染ん~ (2, 0.0%)

1 でゐる, で居た

▼ 深く驚いた~ (2, 0.0%)

1 のです, わけで

▼ 深く高い~ (2, 0.0%)

1 ならば, 境地は

▼ 深く~ (2, 0.0%)

1 が楽し, のトンネル

▼ 深く黒い~ (2, 0.0%)

1 影を, 色の

▼ 深く黒く~ (2, 0.0%)

1 なって, 見えること

▼ 深く黙した~ (2, 0.0%)

1 山々の, 油壺の

▼ 深く黝ん~ (2, 0.0%)

2 だ岩手山

▼1* [2976件]

深くたまを, 深くあいたよって互いに, 深くあがりつ正覚坊ここは, 深くあこがれてそして, 深くあずかっている, 深くあそばす時が, 深くあたかも囚人の, 深くあった私は, 深くあったら棄てるべきでないものは, 深くあつたか, 深くあなた様をお, 深くあまねく行き渡って, 深くあやしく魅し, 深くあやまたず納得させずん, 深くありがたく思ったか, 深くあり得られようか, 深くあり得ることは, 深くあるいは浅く多く土中, 深くあわれみの色, 深くあんな向ふ見ず, 深くいい交わした男, 深くいかに尊いもの, 深くいかによく愛して, 深くいくつも切れこんだ, 深くいけてある, 深くいたして丁子乱れ, 深くいただいて枝折戸, 深くいたむと同時に, 深くいたんでいた, 深くいちど怒ると, 深くいっそう長い息, 深くいつまでも彼, 深くいつもはきはきと答える, 深くいとしく故国を, 深くいとわしい所と, 深くいにしえの大原御幸道, 深くいひ表すのが, 深くいぶかっている, 深くいらっしゃいますから, 深くいらっしゃるので八田若郎女, 深くいり込んで窒息, 深くいる底河豚だ, 深くいろいろ研究したいと, 深くいわれる値段を, 深くうかがうと曹操, 深くうかがえば, 深くうけいれて必然, 深くうけとっただろうと思う, 深くうすら寒くすらあっ, 深くうずまっておりました, 深くうずめたにちがい, 深くうずめよあまの, 深くうたずにはおかない, 深くうたれる思いを, 深くうち歴史というもの, 深くうつゆえんは, 深くうつむけて囁く, 深くうつろにひろがりました, 深くうなじへかぶさっ, 深くうなずかずにはいられませんでした, 深くうなだれた一人の, 深くうなだれるほかなかっ, 深くうなづいた道平は, 深くうなづきながら聞い, 深くうなづくやうに, 深くうらむ氣持にも, 深くうるんでその, 深くうれしく感ぜられるもの, 深くぐつた捜索法は, 深くえぐっていった, 深くえぐった私は, 深くえぐりこまれた生活の, 深くえぐりとられている, 深くえぐり取った奇怪きわまる, 深くえぐれぐっと凹ん, 深くおい茂ったたけやぶの, 深くおくれ咲きの, 深くおさめてしまう, 深くおしよせて来, 深くおじぎをし, 深くおそろしく思ったその, 深くおちかかっていた, 深くおちこんだような, 深くおできになっ, 深くおのずから保養的な, 深くおぼしめしてその, 深くおぼれながら, 深くおまけに君, 深くおもい給い蒼生の, 深くおもってひとつ彼, 深くおろそかなもの, 深くおわびごとも申し上げね, 深くお太鼓の帯, 深くお腹を撫で, 深くお話しできただろうと, 深くかえりみる必要が, 深くかおをかくして, 深くかかわりあっている, 深くかがめてフョードル・パーヴロヴィッチ, 深くかがめさせるのだった, 深くかくされてある, 深くかくされたるところの, 深くかくれこんでしまった, 深くかくれたのを, 深くかくれる場所も, 深くかけさせながら静か, 深くかげを絡ませ, 深くかさなって小豆, 深くかすかに彼女, 深くかたく信じつつ, 深くかてて雨, 深くかの女を, 深くかぶさつて淡い, 深くかぶせましたからちょっと, 深くかぶると彼, 深くかみしめることが, 深くかむっていた, 深くかむつた藤吉は, 深くからだを沈め, 深くからみ合ってるものである, 深くかわるところであろう, 深くかんがえこんでいた, 深くかんがえないことに, 深くかんがみなければならない, 深くきかなくていい, 深くきかぬ方が, 深くききしめる様子も, 深くきざしてゐた, 深くきざまれた死闘数々の, 深くきざみつけられてゐる, 深くきざみ込まれている, 深くきってさげ, 深くきみをにくん, 深くきゆうと引きしめる, 深くきり込まれた, 深くきれて不幸, 深くきれいな頭, 深くきわだたせていた, 深くきわまるところに, 深くきわめてい, 深くづれてしとしとと庫裡の, 深くくいられてならなかった, 深くくい込んで居た, 深くくぐりてまた, 深くくぐり入って再び, 深くくだって行く, 深くくだるものある, 深くくって細い, 深くくびれてい, 深くくびれた手足絶えず, 深くくびれた絞痕が, 深くくり返えされ, 深くくろずみ渡り西方の, 深くぐいと抉り彫られて, 深くけずり込まれていた, 深くけわしくよろめいた, 深くこだわらず出社した, 深くこなれたそして進歩, 深くこね返されてそれ, 深くこびりついて居る, 深くこまかく而し, 深くこもり暮らして来た, 深くこれらの橋梁, 深くこんがらかつて何處, 深くこんども叛軍, 深くこんなことを, 深くこんなに厚く, 深くごうごうと鳴り響いて, 深くござっていかなる, 深くうした憂ひ, 深くさえあること, 深くさかのぼって考え, 深くさぐって行く, 深くさぐられた先生だけ, 深くさぐる一宇は, 深くささやく熟れにける, 深くさしこんでたくみ, 深くさとるところあり, 深くさながら地軸までもという, 深くさらにやるせなく燃え立ちかねない, 深くさらわれて行方不明, 深くされたのだ, 深くされない者放射線障害で, 深くしげったその廃園, 深くしごいて左, 深くしずむまえだ, 深くしずめて円塔形, 深くしずんでい, 深くしたい望みを, 深くしたしみ忌みきらうものは, 深くしたつて何, 深くしたるやうなりき, 深くしつとりと, 深くしなければならない, 深くしまいこまれ塚と, 深くしまい入れて右, 深くしまって置い, 深くしまるばかりだ, 深くしみていった, 深くしみこんだものだ, 深くしみじみと味わっ, 深くしみたのは, 深くしみるものが, 深くしみ入って時々, 深くしみ入り二世を, 深くしようとする, 深くすいこんだたばこの, 深くすぎ去つた幾世紀の, 深くすぐにむぐむぐと, 深くすすんで来た, 深くすぼめて, 深くすみきった眼を, 深くするだらうと思ひ, 深くするであろうと彼, 深くすわり込み長い両足, 深くすんでいる, 深くすんだ湖水が, 深くすゝんで行きました, 深くずっと混りなくなった, 深くずぶりと手答えが, 深くにゃならない, 深くせしかど, 深くせしめるために, 深くせずにはいられない, 深くせずんばあらざるなり, 深くせぬでもい, 深くせまくした丁度, 深くせまって来る, 深くせよといわば, 深くそう決意して, 深くその道に入る, 深くその間に落, 深くそれぞれ別に名, 深くそれだけに不用意に, 深くそれでこの山, 深くそれとなく考えて, 深くそれ等の人, 深くて, 深くたくましい暗黒に対しては, 深くたくらみて人, 深くたくらんだ胸の, 深くたくんだ上の, 深くたずねないがよい, 深くたそがれの模糊, 深くたたえられている, 深くたたまれてはいる, 深くたち籠めて, 深くたちこめていた, 深くたちこめたねっとりした, 深くたちこめたる谷を, 深くたつて千兩箱, 深くたよっているらしい, 深くたわんだ二本の, 深くぢこめられ, 深くて生憎, 深くついたのみか袖口, 深くつかまれている, 深くつかみ得るものでなけれ, 深くつき合ふ, 深くつきあって見給え, 深くつきさしたりする, 深くつきとめねばならない, 深くつき入って女性, 深くつき合ってみたい, 深くつき込むことが, 深くつき込んで見た, 深くつくった日除の, 深くつけ添えて, 深くつけ入って鍔, 深くつけ入った横薙ぎ, 深くつっこみ一段と多く, 深くつっこんで顎, 深くつっぷしてしまわれる, 深くつつみなおして, 深くつつまれている, 深くつづいている, 深くつづく低い石段, 深くつて本當, 深くつて絵のこと, 深くつもって靴, 深くつやつやとして降りそそい, 深くつよいモティーヴで, 深くてたうとう足, 深くはかえって, 深くできている, 深くできた額の, 深くできるように, 深くでしてゐる, 深くでだつた, 深くといった方が, 深くとか生命にかけてとか, 深くとがめてはならない, 深くとがめなかった理由も, 深くとがめようとはしなかった, 深くとざさしてゐる, 深くとざし峰頂を, 深くとし子の心, 深くとらえて描き出し, 深くとらえたものは, 深くとりいっている, 深くとり入ってこんど, 深くとり合わないでいるらしい, 深くどうして自分の, 深くどこまでも複雑, 深くどのように, 深くどんな婦人の, 深くないだろうと云う, 深くないらしいこの山, 深くなかったらぼくたちは, 深くなかったらしいが抽斎, 深くなかつたためで, 深くなかなかに捨て, 深くながめ理解する, 深くながめるとその, 深くなくつちや收穫んねえ, 深くなされることを, 深くなしたり浅薄, 深くなじみを感じ, 深くなじんでた, 深くなだめるやうな, 深くなだらかにゆらい, 深くなったおりあなたの, 深くなついてゐた, 深くなつかしいスイートな, 深くなつかしんでゐた, 深くなつたらもう一度行く, 深くなにものかを凝視, 深くなやみ沈んでいる, 深くなよやかな肩, 深くならないうちにと, 深くならなければならない, 深くならねばならなかった, 深くなりかけた時です, 深くなりて後君は, 深くなりゆき正しくなりゆき, 深くなりゆく凩の, 深くなり通さないでは, 深くなるだらうつて云ふ, 深くなるだろうと思っ, 深くなるでありましょうがその, 深くなるであろうがその, 深くなるほど次第に棚, 深くなれないのだろう, 深くなれるかな, 深くなろうとも私, 深くにさえだだだっ, 深くにばかりゐるあの, 深くぬかっていた, 深くまきの, 深くねえがやっぱり, 深くねじおさめ, 深くねじ込みどうやら少し落ち附いた, 深くねんごろに, 深くのこるもんな, 深くのせられてある, 深くのぞき込んで, 深くのぞこうとした, 深くのぼって来た, 深くのみ込んでいた, 深くのり出してもたれ, 深くはいったスリバチ型の, 深くはいりこむのだ, 深くはいり込むと日々, 深くはげ上ったかたい前頭, 深くはさまっていた, 深くはしらないがそれ, 深くはたらきかけて居た, 深くはなしここへ, 深くはまりこむ信じやすく受け入れ, 深くはまりこんでいった, 深くはまり込むことも, 深くはめようとして破っ, 深くばかりになった, 深くひかったが何処, 深くひかれている, 深くひきかつぎ今日も, 深くひきこまれてゐた, 深くひき入れまいとする, 深くひき込まれて来る, 深くひそませたおせんの, 深くひたって行く, 深くひっ込んで仕舞う, 深くひといきすっ, 深くひときわ自分の, 深くひとつとして悪事, 深くひびいてくる, 深くふくむところと, 深くふくんでゐる, 深くふけりてゆきぬ, 深くふさいでいる, 深くふてぶてしくも狂暴, 深くふと寂寞たる, 深くふところにそはか, 深くふらふら坐眠り, 深くふり下ろした二尺八寸, 深くぶつかってみる, 深くぶつりぶつり, 深くへか四方へか, 深くへその姿, 深くへだてられるでせう, 深くほくほくと頷いた, 深くほって木箱, 深くほほゑみぬ, 深くほらねばならなかった, 深くほりこまれた呪いが, 深くほり下げること, 深くぼんのくぼを, 深くまことに品の, 深くまさに読書の, 深くましまして父君, 深くましました天皇は, 深くまたたく黒い瞳, 深くまだまだ入らなくては, 深くまだ露下りぬ野面, 深くまつりあげられた超俗の, 深くまつわる山を, 深くまでと両腕全体, 深くまわって居る, 深くまわりが大きく, 深くまわるにつれ教授, 深くていきます, 深くみずからの剣技, 深くみぞをきざん, 深くみたされていた, 深くみつめ直すように, 深くみなおとなしくなっ, 深くめざまされながら, 深くめりこんで目, 深くめり込んだ足跡や, 深くもう冬な, 深くもう一度私の, 深くもかをれ, 深くもぐって両手, 深くもぐり込んでしまった, 深くもし大きくも, 深くもたれかかって行った, 深くもっている, 深くもっとよく己れ, 深くもとづいている, 深くものおそろしげで, 深くもの静かなまた, 深くやがて梅雨も, 深くやがてまた重く空気, 深くやさしくされれば, 深くやらせまいそして, 深くやられたので多分, 深くゆうべわしは考え, 深くゆたかにされ, 深くゆるゆると流れ, 深くよくこねなくてはね, 深くよどんでる暗夜に, 深くよみましたその混雑ぶり, 深くよろこびながらちょっと, 深くりっぱに振る舞っ, 深くかつて來, 深くわかりもしない, 深くわかるでありましょうか, 深くわきまえている, 深くわき出す音は, 深くわけいるのだ, 深くわけても母親の, 深くわけ入りその方面, 深くわしの指, 深くわずかに一人, 深くわたしたちの生活, 深くわびて, 深くわびた遺書一通を, 深くわびられますとその, 深くわれわれを省みさせる, 深くわれわれ民族の本能, 深くアリョーシャの心, 深くアンドレ少佐の木, 深くエキスされた文学, 深くエゴイストの心, 深くオランダの医学, 深くガローシを埋める, 深くクラマールの生活, 深くクリストフの心, 深くグザと突刺さった, 深くケンソンして, 深くコンクリートにぬりこめ, 深くサンマルコの寺, 深くザックリやられた今夜, 深くジグザグに刻み込まれ, 深くジメジメとして改新断行突貫撲滅, 深くスッポリと小, 深くステンダールの性格, 深くスバーを愛しました, 深くスラブ民族の品性, 深くズバと突きました, 深くセレーンな空気, 深くソーダ水を吸, 深くダンテに注意, 深くヂッと考へ, 深くて何, 深くナイフを, 深くニイチェに傾倒, 深くニュートンに動かされた, 深くハマリ込んで, 深くパースペクティーヴに依つ, 深くヒューマニズムの問題, 深くビェリンスキーに傾倒, 深くフランスに愛着, 深くプッツリと切込む, 深くマダムの興味, 深くマドレーヌさんを憎んだ, 深くマルクス夫妻とその, 深くマルゲリトと署名, 深くマントにくるまる, 深くミンナは自分, 深くメスを刺し込ん, 深くヤングに私淑, 深くユーモアな彼, 深くロクロの働き, 深くロシア語に堪能, 深くロマンティシズムに陥れた, 深くロマーノフの罪悪史, 深く憂一喜, 深く一册の本, 深く一処一物に執着, 深く一切を怨ん, 深く一塵一屑をも破壊, 深く一日彼を緑, 深く一朝に破, 深く一本割れ目がつい, 深く一杯に含ん, 深く一滴一滴と瓶, 深く一礼を残す, 深く一種のなつかしみ, 深く一筋ずつ印, 深く一級の売, 深く一般に行き渡り始めた, 深く一讀した, 深く一身の犠牲, 深く一軒家の奥座敷, 深く一郎の心, 深く丁寧に一度, 深く万樹霜を閲し, 深く三年がほどに多く, 深く三条西家と関係, 深く三筋の皺, 深く上つて仏壇のかげ, 深く上り行きぬ, 深く上人に帰依, 深く上宮の王等, 深く上手にとつ, 深く上杉勢の方向, 深く上調子でなし, 深く下して部屋, 深く下した人力車が, 深く下りていなかったなら, 深く下る時に, 深く下れば下る, 深く下ろうと絶対安全, 深く下ろさせたままその, 深く下ろしてある, 深く下ろしたままウェルスの, 深く下層民にまで浸潤, 深く下部ほど広く, 深く下降しては, 深く不可思議で万有, 深く不安な眼, 深く不安そうにしばらく, 深く不思議がるにも, 深く不毛に入れり, 深く不気味に静まり返っ, 深く不興を感ずる, 深く不遇の淵底, 深く与えるべき最後に, 深く与へて実質的内容, 深く与力にこの, 深く丑松の心, 深く堅く其根, 深く且おとなじみてるのに, 深く且大にし, 深く且奔湍激流をなし, 深く且廣いので, 深く且瀑が多い, 深く世の中に臨ん, 深くは霜, 深く両性の内部生命, 深く並べた店は, 深く並んでいる, 深く中国文学の影響, 深く中将は歎息, 深く中川宮と松平容保, 深く中華の文物, 深く丸々と小肥り, 深く丸いゆるやかな, 深く丹治を思いまする, 深く水を, 深く主人の恩, 深く主人公の魂, 深く主張するわけ, 深く九太と云う, 深く乱されながらうち, 深く了解するよう, 深くに印象, 深く争わずしてこの, 深く事件の真相, 深く事情を知っ, 深く二つの音, 深く二人を結びつけ, 深く二分五厘有ったと, 深く二大家に信ずる, 深く二葉亭に服し, 深く二裂して, 深く二郎が氷, 深く云っていました, 深く云ったのは, 深くの情, 深く互に結びつくという, 深く五十周年の末席, 深く五十歳がらみに見える, 深く五浦の釣小舟, 深く交っている, 深く交った人が, 深く交つた景樹も菅氏, 深く交つてゐたこと, 深く交らなかった, 深く交わる心友が, 深く人事の細微, 深く人体のこと, 深く人影の薄く, 深く人智によるその, 深く人柄としては世に, 深く人煙また極めて, 深く人生そのものを味わい, 深く人目の遠い, 深く人通りも少かっ, 深く人間もろともに縫い附け, 深く人間心理の機微, 深く人間性のうち, 深く人間頭脳のうち, 深くは無尽, 深く今度のこと, 深く今後もこの, 深く仏事法事の飯, 深く仏法に根ざし, 深く仕事はいっそう, 深く仕舞い込むの, 深く他人以上によそよそしい, 深く他日を期し, 深く付近の住民, 深く仮にこの明り, 深く向に, 深く仰げども及ばぬ, 深くの黒髪, 深く企つる所あり驚く可, 深く企まずに行い得た, 深く企らむ所があった, 深く企んでおられる, 深く伊勢と縁, 深く伊太夫は観念, 深く伏しています, 深く会話を進み入らせる, 深く伝わってきた, 深く伸びていった, 深く伸長され得るの, 深く佇んでいた, 深く低く立ち迷って, 深く住み井戸を, 深く住む或一人, 深く住民はあくまで, 深く体内に侵入, 深く体現した者, 深く何ごとかを考へる, 深く何ぞこのたび, 深く何ものかを植えつけられ, 深く何やら果てなき, 深く何様な不調法, 深く何物かを引きずる, 深く何者をも失わない, 深く余りにも不意, 深く余りに悟り早く, 深く余韻を含め, 深く作品の精神, 深く使用して, 深くたこと, 深く価値が高い, 深く侵されてしまった, 深く侵された両の, 深く侵蝕して, 深く俄然として我が, 深く保たれてをりました, 深く保ちつづける情感そのものが, 深く保子を恋し, 深く保育の恩, 深くをおこし, 深く信じかりそめにも, 深く信じきっていた, 深く信じこんでおり, 深く信じられてゐた, 深く信ぜよいかにそれ, 深く信ぜられるように, 深く信仰頼入りて関東, 深く信服すること, 深くを入れさせ, 深く個性に沁み入っ, 深くひし為, 深く候えばあれ, 深く偏って浅い, 深く停滞しては, 深く偽っていた, 深く催眠術に掛かったごとく, 深くひゆけ, 深く傷ついていた, 深く傷ついた人間は, 深く傷つくということ, 深く傷つけたのは, 深く傷つけられた感じだった, 深く傷ましめている, 深く傷みやがてその, 深く傷口に触る, 深く傾斜も急, 深く働いてゐた, 深く僕等の遠く, 深く僧正遍昭が歌, 深く儒家の道徳, 深く優しらしい眉, 深く優しい娘でした, 深く優しくまことある, 深く優美に咲いた, 深く兄弟姉妹相助けて, 深く兄弟達と離れた, 深く充分なる愛惜, 深く先方の様子, 深くを射し入れる, 深く光っていた, 深く光子さんを恋し, 深く光沢ある声, 深く児童らに徹底, 深く児童各個の将来, 深く党員の信望, 深く入らしめ我既に, 深く入らせられた事に, 深く入らぬ中に, 深く入られるやうに, 深く入りくんで風浪, 深く入りこまねばならぬ, 深く入りこむことな, 深く入りしときは, 深く入りたればなり, 深く入りてきりしまの, 深く入りませど, 深く入り得るものだ, 深く入り立つた彼だ, 深く入り込めたものと, 深く入り込もうとする, 深く入れた塩積船が, 深く入れようとされる, 深く入れ得るのであろう, 深く入ろうとして路, 深く入込んでおります, 深く全く泥土に, 深く全渓を横断, 深く全身を巡り始めた, 深く全面的な完成性, 深く兩人の厚意, 深く兩親なき妹, 深く公平に考えなけれ, 深く六波羅へ謝意, 深くを感じ, 深く其の去るを惜, 深く其上に黄いろく, 深く其上昨夜来の大風, 深く其地を掘らしめる, 深く其後再び机, 深く其懐にもぐり込みたい, 深く其時衆に宣んし, 深く其發刊を喜び, 深く其精神に貫かず, 深く其至粋を窮めたる, 深く其葉に浸, 深く其葡萄の木, 深く其間に潜み, 深く其高情を感謝, 深く典故によるもの, 深く典雅でおっとり, 深く内事に干渉, 深く内側に曲らない, 深く内地へ這入, 深く内心に感謝, 深く内部生活に沈潜, 深く内面化されて, 深く円錐の縁, 深く冠つた若い女, 深く冠つて寢てゐた, 深く冥界と相, 深く冴えきった外は, 深く冴え渡った緊張味だけが, 深くく光った, 深く冷たい襞を, 深く冷たくさえ見える, 深く凍つて雪, 深く凍り雪が, 深く凍れる心は, 深く凝結して, 深く凝視し魂, 深くは土耳古, 深くせて, 深く凭れ込んで長い, 深く凸形に彫刻, 深く凹み獣の, 深く凹める峽谷に, 深くでにけれ, 深く出た部屋で, 深く出来ている, 深く出版されること, 深く入るの, 深く分け入りつ藤の, 深く分って来た, 深く分るというもの, 深く分入り川の流れ, 深く分裂しその, 深くつたと, 深く切々と折り畳まれた, 深く切って見せた, 深く切つた爐がある, 深く切られて創, 深く切りこんで下る, 深く切り下げさせ慎重, 深く切り込まれていた, 深く切り込みたる創あり, 深く切れこんでい, 深く切れ込み古い本, 深く切付けたから堪りません, 深く切付ける庄吉はきゃ, 深く切込みましたから新五郎, 深く切開して, 深く列国人民の耳目, 深く列國人民の耳目, 深く判ったような, 深く利かないためであろう, 深く利益もすぐれ, 深く到り得て更に, 深く到底死に切れぬよう, 深く到底おちおちとは読む, 深く刳り付いて忘れよう, 深く刳るので刳られた, 深く刺さって行きます, 深く刺さった鈎型の, 深く刺さり鹿は, 深く刺されたものらしい, 深く刺してある, 深く刺しこんでむなしく, 深く刺し貫いてあつ, 深く刺し込んでおいた, 深く刺し込んだままズルズル, 深く刺し通すのです, 深く刺そうとする, 深く刺戟したもの, 深く刺激された心, 深くつた大きな, 深く刻まれたる如きを覺, 深く刻みこまれている, 深く刻みこまれた顏だけに, 深く刻みこまれてるのが, 深く刻みこまれ教えこまれている, 深く刻みつけたる葡萄と, 深く刻みつけるような, 深く刻みつづけていた, 深く刻み付けないでは止まなかった, 深く刻み付けられてかれ, 深く刻み込まれる描写の, 深く刻み込もうと思う, 深く刻み陰気な顔, 深く刻印された, 深く剃り込んでそれ, 深く剃り込んだ其形が, 深く削られている, 深く削り立てたような, 深く削り込んで彫っ, 深く前掛けをかけた, 深く前非を悔, 深く剔抉して, 深くり過, 深く割りつけたので生木, 深く割れ丸い大きな, 深く割目に沈み込んだ, 深く力強い思いの, 深く力強く呼吸した, 深く助ける訳にも, 深く勅勘の身, 深く勇気もあり, 深く動かさずにはいない, 深く動かさるるが如き, 深く動かされ自分の, 深く動かされずにいられません, 深く動かしがたく家, 深く動かすところが, 深く動かずに待っ, 深く動くものが, 深く動坂三郎氏を恨み, 深く動顛させた, 深く勘考する時, 深く勤労生活の日常そのもの, 深く包み隠そうとする, 深く包蔵して, 深くに入, 深く北の方のすすり泣く, 深く北條氏に結托, 深く北條氏討伐の御, 深く医者に感謝, 深くしたの, 深く十分に描かれるなら, 深く十米ほどのチムニー, 深く半蔵にとってのよい, 深く南東の風, 深く単純になり, 深くく有し, 深く博士が腕, 深く印されたもので, 深く印して居る, 深く印したままに, 深く印し去ったのみであった, 深く印し来るばかりを能事, 深く印象づけられる景色は, 深く危惧された上, 深く卸させて神田, 深く厚く濃かになる, 深くを穿鑿, 深く原因をたださず, 深く原因事情をせんさく, 深くでも, 深く厳粛なこの, 深く参つたのが近廻り, 深く参与し前者, 深く及ぶものであります, 深く及ぼしていた, 深く及んで來, 深く友人の家庭, 深く反抗しようとも, 深く叔父を導い, 深く取りあいもしなかった, 深く取り逃がすといけない, 深く取入ってしまった, 深く取合わないが何, 深く取扱うことも, 深く取糺しもせず, 深く受けなければならない, 深く受入れられないような, 深く美術の, 深く叩き隱されて, 深く可愛がられていた, 深く階級及び, 深く合せてやる, 深く吉左衛門を埋めた, 深く吉野川の源流地方, 深く吊してある, 深く船長に, 深く同感して, 深く同時に教養ある, 深く同氏の文体, 深く教の, 深く名利を悪, 深く名誉と思う, 深く吐いて, 深く向かい合ったほうの, 深く向けられてゐた, 深く吟味して, 深く吸いながら云った, 深く吸いこんだために, 深く吸いたれば思わず, 深く吸い上られて来る, 深く吸い込まれてしまい, 深く吸い込むと眼, 深く吸い込んだ煙を, 深く吸つて石炭臭いの, 深く吹き上げて來, 深く吹き込むと説ける, 深く吹き込めばいる, 深くと吐い, 深く吾国下層社会の生活, 深く吾意を得た, 深く吾輩を感激, 深く呆れかへつた模様, 深く呉軍の中, 深く呑まれ去ったもの, 深く呟いたが, 深く周平の心, 深く呪力を持つ, 深く呪術に亘る, 深く味ひたいと思つて, 深く味わいたいために, 深く味わうことが, 深く味わわなければならない, 深く味わわねばならぬ, 深く味到したの, 深く咎むるに足らずといえ, 深く咎むる所なれども, 深く咎めはされませんでした, 深く咎めざるのみならず, 深く咎めずに読ん, 深く咎めたことが, 深く咎めないわ, 深く咎められずにすんだ, 深く咎め給わざらむことを, 深く咲き出でにけり, 深く咲き花散りて, 深く哀悼の意, 深くを沈めた, 深くをかんだ, 深く唐草を散らした, 深く唸り出していきなり, 深く商人の不徳義, 深くひけるに, 深く問い詰めると結局, 深く問わないとする, 深く問わぬような, 深く問わねえが面, 深く問われたくないので唯, 深く善い愛の, 深く善くなるに従って, 深く憂する, 深く喜悦を感ずべし, 深くに籠った, 深く喰い込で, 深く喰いこみその奥, 深く喰いこんでいる, 深く喰いついていた, 深く喰い入りそこから, 深く喰い込むのである, 深く喰い込んでる子供らしい, 深く嗅いで悶絶, 深く嗟歎すべきこと, 深くじて, 深く嘆き悲しみました, 深く嘗ての頃, 深く嘯き殷々たる, 深く噛みこなしその理解, 深く噛みしめる者のみが, 深く噛み直して二倍, 深く噛み締めて拳銃, 深く噛んで白い, 深くえられて, 深く四十八坂のあたり, 深く四方に蔓, 深く四辺を罩め, 深く回想させゴンクウル兄弟, 深く因果の理法, 深く囲まれた寂しく古い院, 深く囲んだシベリアの, 深く固執するよう, 深く国体の本義, 深く国内をナチス, 深くを思う, 深く國體の本義, 深く土間にさまざま, 深くへつけなけれ, 深く圧迫された感情, 深く地上的な聖ら, 深く地層の下, 深く地底にも降りず, 深く地磐に食い入る, 深く坂道を上る, 深く坐っていかにも, 深く坐った平馬, 深く坐りこんで引つ越す, 深く坑道を穿つ, 深く垂らし眼を, 深く垂れこめた息詰るような, 深く垂れるのみである, 深く垂れ下っていた, 深く垂れ下りその家屋, 深く垂れ籠めて臆, 深くの附いた, 深く埋けてあった, 深く埋ずもれし祖先の, 深く埋って犬儒派, 深く埋ったんです, 深く埋められるのだ, 深く埋める程の, 深く埋め直してやがて, 深く埋もれし精霊なりき, 深く埋れている, 深く著する, 深く執つて責める, 深く執拗に考えない, 深く基礎が堅い, 深くに入っ, 深く塩梅して, 深く塵俗を遠く, 深く境外へ潜行, 深くしつ, 深く墜ち今はか, 深く変化するの, 深く夏場は分け入る, 深く夏日の畏, 深く夕映えたるを望める, 深くから見つめる, 深く寒さ, 深く夜具の襟, 深く夜着の中, 深く夜靜にし, 深く大げさにおとり, 深く大さじを持ちあつかい, 深く大づかみにぶっつける, 深く大石が幾つ, 深く大阪を味, 深く天下の為, 深く天井が低く, 深く天皇を愛し, 深く太く腹の, 深く太文字に書かれた, 深くの身の上, 深く夫人にしみつい, 深く奇石あり園池, 深く奈良や京都, 深く恐入, 深く契つた宇古木兵馬樣の子, 深く契りたるにあらざる, 深く女性を厭う, 深く女王様の耳, 深く如何なる方面より, 深く如是閑君の才氣, 深く妖怪を信じ, 深くを愛し, 深くの胸, 深く嫌忌した, 深く子爵に謝する, 深く子細を問わずし, 深くを掘り通し, 深くが喰, 深くり存, 深く存じております, 深く存じませんものです, 深く存在して, 深く孤独の生活, 深く学ばねばならぬ, 深く学びディドロー, 深く学理的に研究, 深く学生生活の内部, 深く守られねばならぬ, 深く守人の手もと, 深く安らかになれ, 深く安宅町地先に至つて, 深く宋儒の指す, 深く宗左を怨んだ, 深く宗教の面, 深く実地的に考え, 深く実相を語る, 深く実践に於, 深く実際の人間, 深く客観的となつて行, 深くを出, 深く宮方に契りおる, 深くの中, 深く宸怒被為, 深く宸襟を悩ませられ, 深く宿っていないらしい, 深くながら, 深く密かに愧, 深く密儀と連関, 深くさも, 深く寛厚にし, 深く寛大であらせられる, 深く寝ころんでも愉快, 深く寝るという, 深く寝入っている, 深く寝入りてなん, 深く察して牛女, 深く察する能力を, 深く寧ろ愚かしい謙遜, 深く寫眞熱をあふられた, 深くは人目, 深く寵愛して, 深くのめりに, 深く対処なすつた事々, 深く対手の注意, 深く対者の弱点, 深く対象の実相, 深くして, 深く封建性の沁み通っ, 深く封建的な眠り, 深く抜れた, 深く射られてすべる, 深く射抜いた矢は, 深く射込んだ矢なら, 深く将来のこと, 深く尋ねたくもなかっ, 深く尋ねないでくれ, 深く尋ね入り峰より, 深く尋ね入りたもう, 深く導くところの, 深く小さなことを, 深く小言も言わない, 深く小雨でも降ろう, 深く少しも高ぶる, 深く尚侍をお, 深く尚武的要素の必要, 深く尤む可き者, 深くけて行っ, 深く居るような, 深く居士を信頼, 深く届かせたことは, 深く届き進むことが, 深く屋敷に入り, 深く屋根や木, 深くを委し, 深く展開されて, 深く屡々反省する, 深く山の手の屋敷町, 深く山懐に這入っ, 深く山椒の魚, 深く山状の雄偉, 深く岩壁に喰い入っ, 深く岩魚のほか, 深くも嶮, 深く峰遥ならん, 深く崇められていた, 深く崇められる日の, 深く崇拝して, 深く崇神の念, 深く高く前, 深く崩れ込みたる窪地にて, 深くまる, 深く嵌めたあまつさえ風, 深く嵌め込むことが, 深く嶮岨にし, 深く嶮峰は天, 深く巌峻しく雲霧雷迷, 深くに截, 深くのなか, 深くをうがち, 深く工場の労働者大衆, 深く工藝の美, 深く工藝的要素を奪っ, 深く左大臣の背, 深く左手は浅く, 深くに書け, 深く巧んだ悪気の, 深く巨大な諦観, 深く込んで, 深く差しうつむきながら安亀, 深く差しこんでお, 深く差し入れた手の, 深く差し向けられるように, 深く差し込んだ手頸, 深く差俯向き面影やややつれたれ, 深く差入れた俤を, 深く巻き上っている, 深く布団の中, 深く布置整然と植, 深くの信任, 深く帝王の心, 深く常に湧き立って, 深くも広い, 深く平和を祈り, 深く年来の不孝, 深く幸福に思ふ, 深くに喰, 深く幻想に耽つた, 深く寥で, 深く幽かに濃やか, 深く幾つにも折れ, 深くがつて, 深く広がっていく, 深く広く広くなって, 深く広く根強いものが, 深く広介と明子, 深く庇護しなければ, 深くの上, 深く底なしに澄ん, 深く底意地の悪い, 深くに落ち, 深くを結び, 深くに射込ん, 深く廃寺の奥, 深くくなるに, 深く廣田君の厚意, 深く延び始めたのである, 深く建てられそして大きな, 深く建築も特別保護建造物, 深く廻ってくる, 深く弁えている, 深く弁明はしよう, 深くあげて, 深く引いて静か, 深く引き下げられたり, 深く引き出そうともしない, 深く引下げ外套の襟, 深く引出に入れ, 深く引出された形である, 深く引込んで横, 深く深く閑寂無二, 深く張っている, 深く張った根から, 深く張飛の蛇矛, 深く当局の洗う, 深く当時の経済, 深くッた, 深く彫ってある, 深く彫つてある, 深く彫りこまれていた, 深く彫り込められて見える, 深くを印し, 深く彼奴の様, 深く彼方の遠い, 深く往来交互したの, 深く征士の人々, 深く待っている, 深く律師に帰依, 深く引いて, 深く後人を感ぜしめる, 深くで渡る, 深く従って湯川さんは, 深く得意気に嗤, 深く御上の御, 深く御礼を申しました, 深く微笑んで, 深く微笑んだ時彼女は, 深くとする, 深くえたそこ, 深く徹して行く, 深く徹した一句一節は, 深く徹するを見る, 深く徹底的にデカルト, 深く心から感謝させ, 深く心様も幽く, 深く心臓の上, 深く必要としなかった, 深く忌み嫌ふ, 深く忍ばせた財布の, 深く忍び入つて, 深く忍んで進みました, 深く忍苦に強く, 深くを遂げ, 深く志士と交わり, 深く志気を鼓舞, 深く忘れがたいあの, 深く応用されて, 深く忠利の知遇, 深く快活な黄色, 深く念頭に掛けざりし, 深く怒るのであった, 深く怖じ恐れておりました, 深く思いかえさせるものを, 深く思いかえしてもなお, 深く思いかえす風だった, 深く思いきったことでございました, 深く思いこがれる身と, 深く思いつめてることは, 深く思いふけっていた, 深く思いめぐらしたい心持が, 深く思いやしても駄目, 深く思いやったのであった, 深く思いやられるような, 深く思いやるというふう, 深く思い入っている, 深く思い入ったものが, 深く思い入れをした, 深く思い刻んでみた, 深く思い悩むらしい風情を, 深く思い沈みたる風情にて, 深く思い沈んだような, 深く思い知りましたのでそうした, 深く思い給わぬのか, 深く思い続けていた, 深く思い至らなかった憾みが, 深く思い詰めて居た, 深く思い込んででもいる, 深く思い込んだあの刹那, 深く思い過して隠し立て, 深く思い遣り厚く同情, 深く思うべく彼は, 深く思はうともそれ, 深く思はせられるだけである, 深く思はれるものが, 深く思ひけるが, 深く思ひこむところが, 深く思ひし心我れ忘れ, 深く思ひ悩んでゐるらしい, 深く思ひ決めし瀧口が, 深く思ひ沈むやうに, 深く思ひ知らなかつた頃は, 深く思ひ続けてゐた, 深く思ひ詰めてゐた, 深く思ひ込まずに容易, 深く思ひ込むやうに, 深く思ふのだった, 深く思わずには居られない, 深く思わせまいとする, 深く思出の種, 深く思情を沈めた, 深く思想の本体, 深く思慮綿密で宋, 深く思考に沈ん, 深くに季節, 深く怨みまつりてその, 深く怨むと鰻籠, 深くみぬ, 深く怪しむに足らず, 深く怪しんだとみえ, 深く恃める力, 深くをし, 深く恋したやさしい, 深く恋しく思う方, 深く恋愛の淵, 深く恍惚たらしむる歓喜, 深く恐らくは斜に, 深く恐れずには居られなかつた, 深く恐れ入り候次第に, 深く恐懼と思慮, 深く恥ぢて居た, 深くを結ぶ, 深く恨むのです, 深く恨んだその結果, 深く恩愛の情, 深く息づいている, 深く息づく枝豆に, 深く恰も狭霧とざす, 深く悔い惜しみ嘆くから, 深く悔い所天に謝罪, 深く悔んだ, 深く悔悟して, 深く悟り澄ました人は, 深く悦ぶことあれ, 深く悦懌す, 深く悦服して, 深く悩ますのは, 深く悩んだことの, 深く悪影響を及ぼし, 深く悲しいことが, 深く悲しき声きけ, 深く悲しませたか私, 深く悲しむべきところの, 深く悲しんだものでありました, 深く悲哀に浸つた, 深く悲痛なること, 深く悶えている, 深く悼む心持です, 深く悼んでいた, 深く悼んだかは日本書紀, 深く情熱も強く, 深く惑わす事に, 深く惑溺しすぎて, 深く惑障至って少なき, 深く惜しまずにはいられません, 深く惜しまれたためでしょう, 深く惜しみ嘆く庶民の, 深く惜しんだものらしく, 深く惜むものである, 深くませて, 深くましたか, 深く想いを潜め, 深く想おうと浅く, 深く想つてみたり, 深く付けた点, 深く愉しませるのみ, 深く愉快を感じた, 深く意地の悪い, 深く意地悪らしく眼, 深く意志に強よき, 深く意恨に思ひけん, 深く意趣に思っ, 深くいたそういう, 深く愚禿の愚禿, 深く愛されるというの, 深く愛してたからだ, 深く愛しますから直ぐに, 深く愛し合ったことは, 深く愛し得るものでなく, 深く愛すことその, 深く愛せば愛す, 深く愛せし者は, 深く愛せしかどその, 深く愛せねばならぬ, 深く愛せられる識者は, 深く愛著を生じた, 深く愛誦反覆したの, 深く感じうる心を, 深く感じさせたのでわれわれ, 深く感じさせるものである, 深く感じさせるべき義務を, 深く感じたるは宗教, 深く感じてるものの, 深く感じなかったが彼等, 深く感じなかったらこの星, 深く感じなければならない, 深く感じられた日本家屋の, 深く感じられれば感じられる, 深く感じ考え理解しよう, 深く感ぜざるを得ない, 深く感ぜしむるといふのが眼目である, 深く感ぜねばならぬ, 深く感佩し居る, 深く感嘆した, 深く感性的なもの, 深く感服する所, 深く感知して, 深く感興を催せ, 深くえがち, 深く慎みて主人ら, 深く慎むべき理由として, 深く慎んでいい, 深く慕い合っている, 深く慕っておる, 深く慕われるのである, 深くずるの, 深く慚愧に堪えぬ, 深く慮りすべて婦人の, 深く慮る所が, 深く慰めてやりたい, 深く憂えずに暮らす, 深くしめり, 深く憎み誰よりも, 深く憎んでいる, 深く憐むといふ丑松の真実, 深く憐むふうのあるのを知って, 深く憐れみ一切の, 深く憐れむのである, 深く憐れんでいる, 深く憐んだの, 深く憐ッぽくしかも, 深く憧れた詩人の, 深く憧憬し祈念, 深くれむといったような眼つき, 深くとすべし, 深く懇意にし, 深くわれて, 深く懲りたとみえる, 深くにつ, 深く物花瓶その他の, 深く成じたことである, 深く成って三吉, 深く成った畜生同様の, 深く成つた証拠さ, 深く成り現を, 深く成人の後, 深く成就して, 深く成長して, 深く我と語るを, 深く我眼底を照せり, 深く戒めたもうたの, 深く戒めなければなりますまい, 深く戒めねばならぬ, 深く或は高いもの, 深く戰爭の意義, 深く房主長谷川巳之吉君は演劇そのもの, 深く手すりを押しこめる, 深く手頸までも突込ん, 深く打たれずにはゐられなかつた, 深く打たれたので夢中, 深く打ち込んでしまう, 深く打ってテント, 深く打込んで入, 深く批評家の冷たい, 深く批難するにも, 深く承認せねば, 深く抉つたやうに, 深く抉れ込んだ岩壁の, 深く抑え止められて, 深く抒情を湛えた, 深く抒情派の文学青年, 深くり込んだ切口, 深く投げた時僕は, 深く投げ落して秘密, 深く折る夏花かな, 深く折れていた, 深く折れ込んだ小路は, 深く折込んだが, 深く抱いた感情である, 深く抱え込んで頭, 深く抱かせるように, 深く抱きしめてチョキチョキ髪, 深く抱きしめられてるかを見出した, 深く抱き交しつつ, 深く抱き込まれてい, 深く抱き込んだクモの, 深くやった, 深く押え付けている, 深く押しこんでしまった, 深く押し包んでいた, 深く押し込みすぎてそれ, 深く押し込んであ, 深く押し進めることは, 深く押し隠しいきなりそこ, 深く押し黙り棕梠の, 深く押寄せて来る, 深く押込んでしまわれました, 深く拘泥して, 深く拝んで俯, 深く拝察致します, 深く拝聴した, 深く拝見しました, 深く拠陣を突出, 深く拡めると共に, 深く拭き爪の, 深く持たせるという武蔵野, 深く持たなかつたと思はれる, 深く持ちこんで行かれる, 深く持ち添えそれで, 深く持つた人なる, 深くをつっ込み, 深く指揮棒をふっ, 深く振り返つたが忽ち, 深くへ多面的, 深く捉えられて現に, 深く据えておい, 深く捲き込まれたものである, 深く排水口を侵蝕, 深くけれども水不出, 深く掘らずにごく, 深く掘らせしに見, 深く掘りえぐられたそれから後, 深く掘りすすめば至難, 深く掘りなして, 深く掘り上げることこれが, 深く掘り下げられ追求され, 深く掘り下げられたような, 深く掘り下げられねばならぬ, 深く掘り下げると共に, 深く掘り下げ噛みこなして十二分, 深く掘り返されて往来, 深く掘り返した黒土が, 深く掘り進められていった, 深く掘れた細い横谷, 深く掘れ窪んでいます, 深く掛けていた, 深く掛った姿は, 深く探し求めた上にも, 深く探ったとも云われ, 深く探つて皺, 深く探らうとすれ, 深く探られてゐず, 深く探り入つて, 深く探り進むことを, 深く探偵小説ないし犯罪文学, 深く探索したり, 深く接近して, 深く推服して, 深く推究しようと, 深く推賞したベルグソン, 深く掩われたり, 深く掻き抱くやうに, 深く掻切りぬ, 深く描かれている, 深く描かれる影像を, 深く描くということ, 深く揺り動かされたのだった, 深く揺り動かす事柄が, 深く揺るがないものだ, 深くうもの, 深く摘出して, 深く摩り込むのです, 深く攫むといふこと, 深く支倉から恨まれた, 深く支那文學の趣味, 深く攻め入りながらもいずれ, 深く攻め入り有無なく呉王孫権, 深く政府を尊重, 深く故郷の青空, 深くせられて, 深く敏感な魂, 深く教えこまれています, 深くするに, 深く敬って君, 深く敬愛して, 深く敬神崇仏をその, 深く敬虔の念, 深く整っている, 深くをし, 深く敵意をいだい, 深く敵陣に入り, 深く數十里四方は全く, 深く數多の論文, 深く文壇臭みを脱した, 深く文学そのものの人間性, 深く斜めに立っ, 深く斜面に来, 深く斬って捨てられ, 深く斬りかけアッと, 深く斬りさげてしまった, 深く斬りつけておりました, 深く斬りつけた手応えを, 深く斬りつけましたから奥方, 深く斬り下げられていた, 深く斬り入って帰ろう, 深く斬り割った疵であった, 深く斬り込まれたらしいが, 深く斬り込みましたから二人, 深く斬れこんだ太刀傷が, 深く斬下げられて居る, 深く斬込まれた刃の, 深く斬込みました, 深く新しく動かしたと, 深く新九郎の相貌, 深く新島君に同情, 深く新撰組を憎み, 深く新津まで湾入, 深く旅館の侘しい, 深く既に不思議な, 深く日々新たな人生, 深く日常の習慣, 深く日常生活の現象, 深く日常的に私, 深く日影金糸を垂, 深く日本國に同化, 深く日本民族の生活, 深く日本青年の脳裏, 深く日蓮様に帰依, 深く日頃は何となく, 深く萌えようと, 深く早く見抜いて, 深く明け暮れに政子, 深く明らかに全, 深く明礬色で崖, 深く昏睡したまま, 深くなつかしい形勝, 深くの光, 深く映して一面, 深く映っている, 深く映つた灰色の, 深く映りまして, 深くは遅い, 深く時にはあまりに, 深く時にはみぞれ, 深く時間をかけ, 深くもなほ仄, 深く普通人より重量, 深く晴れやかな瞳, 深く智恵子を思, 深く智惠子を思, 深く智謀に富める, 深くを避けたる, 深くかつた, 深く暗かった, 深く暗澹たる雪国, 深く暗色に茂る, 深く暗闇へ引き退い, 深く暮らす女房たちにも, 深く曇っていました, 深く曇った空の, 深く曙黄昏が光り, 深く曲げて立ち止っ, 深く曲中人物の主, 深く更にやるせない一種, 深く書いてある, 深く書きて見る, 深く書家でもあった, 深く書生羽織で花月巻, 深く曹丕の心, 深く有するものである, 深く有意義に終るべきだ, 深く朔北に軍馬, 深く朗らかなやみ, 深くの月, 深く期した心構えで, 深く期するところが, 深く朧ろに三尺, 深く木の実の熟, 深く木の葉が散つ, 深く木戸口で, 深く木材の心部, 深く本当の勉強, 深く本日の聴衆, 深く本質にふれ, 深く本質的にまた, 深く札所九番の南圓堂, 深くの上, 深く杉本某が柱, 深く来たってその, 深く来るかさえ見当, 深くを打ち込み, 深く東岸の方, 深くの木蔭, 深く松葉が散らばり, 深くは妾, 深くる, 深く染ませたのを, 深く染まつてゐる, 深く染みこんでいる, 深く染みついていた, 深く染み付かせ強く引立, 深く染み入るやうに, 深く染み込みて終に, 深く染み込めて容易, 深く染み通らせた白痴少年の, 深く染めにけれ, 深く染め籠りたまふと, 深く柔和の憂色, 深く柔軟き, 深く柳松など生茂り, 深く根ざされている, 深く根ざされたのであった, 深く根ざす心理の, 深く根づよくなるばかり, 深く根底から確乎, 深く根強くなって, 深く根據を据ゑてゐるからである, 深く根本的に学ぶ, 深く格之進に与えたで, 深く格子はがっしり, 深く桂子の肉付き, 深く案じていた, 深く案じたるも両, 深く案じられてそれで, 深く案じるといふ風, 深く案じ入っていで, 深く案じ入った結果秋風と, 深く案じ顔に見えた, 深く案ずることは, 深く桟危くしては, 深く梵学の奥旨, 深くと暗い, 深く棲むものである, 深く棲んでいた, 深く植物を理解, 深く検分した結果, 深くに対して学良, 深くと椚, 深くみの大いなる, 深く楽しんでいた, 深く概念的に把握, 深く様子が違う, 深くしいので, 深く標高千メートルの地点, 深く模様は強く, 深く模糊の中, 深く横広がりにあい, 深く樹木の陰, 深くといふ橋, 深くを設け, 深くも高く, 深くの如く, 深く次第に高く導い, 深く欣七郎が杖, 深く欣求して, 深くしかるべし, 深く正成も宋学, 深く正確な合理, 深く此島之事, 深く此方からも心, 深く此旨を心, 深く此点に注意, 深く此理を感ぜずん, 深く此等世系の問題, 深く此軍国主義の影響, 深く武家と結托, 深く武蔵に心服, 深く歩いて帰った, 深く歩く足にも, 深く歩みよって真直私, 深く歩み入る云うに云えぬ, 深く歴史の動向, 深く歸つて行きましたが, 深く死んだ花聟の, 深く死体が隠れ, 深く死骸の側, 深くんど, 深く殆ど胸に, 深く残していない, 深く残ったのは, 深く残つてゐますし, 深く残念に思い, 深く母親の胸, 深く毎日見慣れて, 深くの好意, 深く民族の土, 深く民族的矜持にふれる, 深く気分にはたらきかける, 深く気息をつい, 深く気遣うもののごとく, 深く気遣えば若し, 深く気高きを好まし, 深く氣味が惡, 深く水中に沒, 深く水底を穿っ, 深く水深計を立て, 深く水漬りの, 深く氷峰に話し, 深く永久にどこ, 深く求めてるところの, 深く求め訪ねた家郷であり, 深く汎人間的な感激, 深く汚水の中, 深く江戸時代三百年の間, 深くのむこう, 深く汲み分けられるのだ, 深く汲めども尽きない, 深く汲んで堂々たる, 深く沁み入つて, 深く沁みこんでしまった, 深く沁み入って行く, 深く沁み入ったように, 深く沁んでいた, 深く沈ましむべければなり, 深く沈まんとした, 深く沈みたる憂愁の, 深く沈みましたが再び, 深く沈み侍しかば言葉, 深く沈み込ませてはいた, 深く沈み込むことによ, 深く沈み込んだ私の, 深く沈めしものは, 深く沈められてある, 深く沈んだろうか, 深く沈んでしまつたがそれから, 深く沈吟せるところ, 深く沈吟思考して, 深く没入する所, 深くの瀬, 深く河ひとつ距てた城, 深くも見えなけれ, 深くみ込んで, 深く法然勧進の旨, 深く荒し, 深く波穏やか吾妻浜の奇巌, 深く泥土を穿っ, 深く注目しなければ, 深く洗い立てして客, 深く観すること, 深く洞ろな相違, 深く洞觀すること, 深く活けたるは温かき, 深く流れかかり澱んだ杜の, 深く浅草附近まで入りこん, 深く平に誠に良港, 深く浪子の上, 深く浮き上がって凄, 深くせますと, 深く浴びて胸, 深く海中に没し, 深く海底に沈んだ, 深く海水中に沒, 深く海湾遠く内地, 深く海鼠の趣, 深く浸みいる人生の, 深く浸みついて動き, 深く浸み透って来ます, 深く浸り入ろうとは, 深く浸りきっていた, 深く消えたというの, 深く消え去ってしまった, 深く消え去らない修道院での, 深く涌いていない, 深く涙垂るれども, 深くした剃刀, 深く淀んでいる, 深く淀んでる悲しみ牧師や, 深く淑徳の誉れ, 深く淡く冷, 深く淨められた夕暮, 深く深く広く広くなって, 深く深めることが, 深くにいた, 深く混同し合って, 深く混和してる新しい, 深くく茂つて, 深く清き若き人々の, 深く清められ天使的願望に, 深く清らなる, 深く清らか耳許すっきりと, 深く清貧に志し, 深く渇仰された西教寺, 深く渋いと思える, 深く卷きて, 深く温くない者, 深く湖上に泛ん, 深く湖畔の風, 深く湖面に立ちこめる, 深く湛えたる潮であり, 深く湛えられている, 深く湛へたあたりを漕い, 深く湛へた静かな湖, 深く湧き返るオーケアノスの, 深くに浸かっ, 深く湾入した海, 深く湿っている, 深く源氏を愛し, 深く息づいて, 深くのよう, 深く溢れて湖, 深くつた村で, 深く溯つて行く, 深く溶かしこんで刻一刻, 深く溺れたやうな, 深く滲みてくる, 深く滲み入り日に日に私, 深く滲み込ませるのは, 深く滲み込んでゐる, 深く滲潤すること, 深く滲透した芸術, 深く漂つてゐる一味, 深くる方, 深く漠然とした疑い, 深く漸くにし, 深くみ入るとき, 深く潛んでゐ, 深く思して, 深く潜ったものと, 深く潜つた上漸く這, 深く潜み入るとき詩人が, 深く潜む谷の, 深く潜めかし, 深く潜りながら大, 深く潜り入るような, 深く潜り込ませてみたい, 深く潜り込んだかと思う, 深く潜るところであった, 深く潜伏する考え, 深く潜在意識の裡, 深く潤いのある, 深くあぶらの, 深くわたった大気, 深く澄みきって渚, 深く澄みとおって鳴り, 深く澄みわたった青空に, 深く澄みわたり時には大空, 深く澄み切っていた, 深く澱んでいる, 深く澱んだしづも, 深く激しく錯綜葛藤してる, 深く濁りよどんで臭気, 深く濃い眞緑の, 深く濃く湖の, 深く濃やかに置いた, 深くとして日月, 深くに流るる, 深く灣入し大和, 深く火口に達し, 深くの中, 深く炎々の焔, 深く点々と涙, 深く点頭きながら胸板, 深く点頭きねんごろに, 深く烈公様にもいろいろ, 深く烟るやうに, 深く烟霧の裏, 深くと帰し, 深く無残に彼, 深く無邪気であるほど, 深く焦きつけられて忘れる, 深く焦れた仲だ, 深く焼きついている, 深くく紅玉色, 深くを吸い込ん, 深く煤烟の奧, 深くが靈界, 深く照りまさつて拭, 深く照察を乞い, 深く熊谷笠につつみ, 深くと圧, 深く熱い歎息を, 深く熱帶の植物, 深く熱心になり過ぎる, 深く熱情的に考へた, 深く熱烈であるため, 深く燃えてるところの, 深く燃えるのが, 深く燃え立つ悲哀は, 深く燃料も豊富, 深く父上母上の我が, 深く牡丹の蕾, 深く物理学を勉強, 深く物音のする, 深くの走る, 深く犬猫をあわれむ, 深く犯されてい, 深く犯罪者の人間, 深く狂っている, 深く狭間に居り, 深く狼狽して, 深く玩賞し且つ, 深く珍重する所, 深く現して居る, 深く現にお祭り, 深く現世に命, 深く現実的にかかれ, 深く現状にはまり込む, 深く理解し合うと同時に, 深く理論上からこれ, 深く瓦解の淵, 深く生々しい憐憫で, 深く生い立った松の, 深く生い茂っている, 深く生い茂った熊笹を, 深く生えて居る, 深く生えたのを, 深く生かされてゐた, 深く生きてもはや, 深く生きようとする, 深く生きることよりも, 深く生き物の石, 深く生まれながらにし, 深く生前の交誼, 深く生涯の不幸, 深く生茂つた處から岩, 深くうる者, 深く用意はし, 深く田畠に食べ物, 深く甲板の上, 深くを追窮, 深く町中に流込ん, 深く町全体が青樹, 深く画工さんの呼ぶ, 深く畏敬せられ自ずと, 深く留めないで近所, 深くつてゐた, 深く疑い強く建設, 深く疑がったけれど其の, 深く疑わなければならない, 深く疑問とする, 深く疲れる時いつも, 深く痛みも甚, 深く痛み傷つけている, 深く痛切に而, 深くして, 深く癩患者は心, 深く発達したもの, 深く白い腕が, 深く白波のお, 深く白骨のやう, 深く百合子の姿, 深く百面相役者の妙技, 深くに信用, 深く皇國をおも, 深く皇帝の信任, 深く目下一万トンの船, 深く直下して, 深く直観に根差すべきな, 深く相島の言葉, 深く相応するという, 深く相思の吟, 深く省みさせる点だろう, 深く省みようとした, 深く省みられねばならぬ, 深く省作を思う, 深く看経中にて思わぬ, 深くの真心, 深く真剣に自分, 深く真心を以て感じ, 深く真正面に努め, 深く真紀子が映る, 深くつて, 深く眠られたという, 深く眠り落ちていた, 深く眺めないではいられなかった, 深く眺めやると何と, 深く眺めようとする, 深く睡りこんでいる, 深く睡りついた街道に, 深く睡り切れない奴が, 深く睡り込んでそれ, 深く睡眠の煙, 深くの悲しむ, 深く瞑り腕組を, 深くを閉ぢ, 深く矢代には思われ, 深く知った達人が, 深く知ってる人では, 深く知らむと欲せ, 深く知らず催促など, 深く知らせ給ふべき, 深く知らなんだら, 深く知り合い愛敬し合い, 深く知り合っている, 深く知り合わない人に対しての, 深く知れらむ人の, 深く知ろうとする, 深く知恵と思慮, 深く知識を渇望, 深く知識慾の盛, 深く短刀を突き刺した, 深くの段, 深く石垣の下, 深く石段を上る, 深くを下ろし, 深くく日, 深く確かな信念, 深く確実に人間, 深く示さうとしなかつた, 深く示して居る, 深く示唆された, 深く礼節正しくなる, 深く社会問題を動かし, 深く社會問題や宗教問題, 深くつたのは, 深く祕め編笠に面體, 深く祕藏して, 深く祖先の業, 深く神さまに感謝, 深く神仏をよく, 深く神壇に對, 深く神明に祈り, 深く禅意を内, 深く私ども四人が踏む, 深く私淑し帝都, 深く秋風の趣, 深く秘されて来た, 深く秘されたのだろう, 深く秘するところなり, 深く秘せられている, 深く秘めおいたる虎の子を, 深く秘めさせるばかりだった, 深く秘めたる作品が, 深く秘め居れども子, 深く秘め置いたが菊枝, 深く秘め隠していた愛する, 深く移つて後も尚, 深くには顔, 深く稍アミダに被る, 深く種々の変動, 深く稽古をした, 深く稽緩の罪, 深く積つた時に家, 深く積つた雪がかんかん, 深く積みて風, 深く積む私たちの, 深く積んでい, 深く積雪のため, 深くかでかつ, 深く穴倉へ這入る, 深く穴居生活をし, 深くむれば, 深く究めずして奴隷, 深く究めたかという, 深く究めたいと志望, 深く究めなくては本当, 深く究め尽くした作者でなけれ, 深く究明するの, 深く空襲して, 深く穿たれたではない, 深く穿たれる片えく, 深く穿たれれば穿たれる, 深く穿ち透すもの, 深く穿索すべき問題, 深く穿貫して, 深く突かれた上に, 深く突きつめて考へた, 深く突き立っていた, 深く突き立てるのは, 深く突き通し鍔元の, 深く突き進んで行け, 深く突っ立った, 深く突っこんでみずから部屋, 深く突っ込むとき私は, 深く突っ込んでいる, 深く突っ込んだものと, 深く突入つてゐる堀割, 深く突刺されたまま左脇を, 深く突詰めるってごと, 深くんでいる, 深く窪みたれば石橋, 深く窪める眼, 深く立ちこめた公園, 深く立ちこめ始めたからである, 深く立ちまして一尺先, 深く立ち入ったらどれ位ある, 深く立ち入つて愛, 深く立ち入らないように, 深く立ち入りすぎていた, 深く立ったからである, 深く立つた家の, 深く立てこめてい, 深く立てついていた, 深く立体的な句, 深く立入って詮議, 深く立入つたことは, 深く立入つてその話, 深く立入つて論究思索する價, 深く立入つて身の上を頼り合, 深く立入らぬ事に, 深く立派に成長, 深く立罩めてあたり, 深く立腹して, 深く章条鮮やかなるに, 深く端西の地に入り, 深くの芽, 深くふの, 深く笑うのを, 深く笑ったものである, 深く筐底に秘し, 深く答えていた, 深く答えたものだ, 深く築いて行く, 深く築くにある, 深く篠笹が繁つて, 深く簡単に来意, 深くもって, 深く籠つてゐるので, 深く籠めて山洞, 深く米友をあしらいません, 深く精忠を尽し, 深く精確であること, 深く精進を積んだ, 深く糸杉はもっと, 深く糺さぬまでのこと, 深く糺してみたい, 深く約せしこと有れ, 深くを流した, 深くってあった, 深く納得するところ, 深くの跡, 深くに強く, 深く純粋な友愛, 深く素材に浸透, 深く素白な稚拙, 深く素直だった, 深く素顔君の頭, 深く細かく心の, 深く細く泣き出した, 深く細やかに開拓, 深く細君の顔色, 深く終つて居ります, 深く終にその姿, 深く組み合わせその上, 深く経済問題に立ち入らない, 深く経蔵に入り, 深く経験して, 深く結びついた御夫婦, 深く結び付けられている, 深く結び合った二人が, 深く絞める仕方では, 深く絡んだ御霊会の, 深くに讀み耽れ, 深く經驗するため, 深く続いている, 深く続きその底, 深く綴った文句は, 深く綴つてあるの, 深く綿密に考え, 深く緊密なもの, 深く緑色に塗っ, 深く線路も草原, 深く編みなされている, 深く編笠をかむっ, 深く練れた趣味を, 深く練吉の子供心, 深く縦横に根, 深く縫い込まれてしまった, 深く縫って行っ, 深く縺れ爛れている, 深く繁って家, 深く繁った夏山に, 深く繁つた泉水のま, 深く繁つてゐた, 深く繁りて小川, 深く繋がれてるようでした, 深く繰り返していった, 深く置きなおすように, 深く置く霜は, 深く美津子は容疑, 深くじて, 深く羞恥の情, 深く義太夫に凝り過ぎた, 深く羽裂せる根生葉, 深く翫味して, 深く翳っていた, 深く翳つてゐた, 深くの下, 深く耀きやがて消えつ, 深く老いたる母上, 深く老練にし, 深く考えおよばない不当干渉である, 深く考えこませるのである, 深く考えこむことも, 深く考えこんだのは, 深く考えこんだらしくトニイが, 深く考えさせ自分に, 深く考えさせずにはおかない, 深く考えさせたことも, 深く考えざるを得ない, 深く考えしめるのである, 深く考えすぎたのだ, 深く考えすぎるんで, 深く考えたがる連中は, 深く考えたならば誰, 深く考えねえでなんでも, 深く考えましたがね結局, 深く考えますバックの, 深く考えられたに違い, 深く考えられるわけである, 深く考え事がある, 深く考え入って執着, 深く考え居りてか差, 深く考え耽っていた, 深く考え込みながらだんだん, 深く考え込めばどんな, 深く考え込んでるようだった, 深く考へさせられるこの一つ, 深く考へたら道に, 深く考へないではいけない, 深く考へ続けてゐる, 深く考反省しなければ, 深く考究して, 深く考索すれば, 深く考量して, 深く耐える深いあきらめ, 深く耐らないほど, 深く耕さなければならぬ, 深くじて, 深く耻ぢて居る, 深くき愛, 深く聞え申候, 深く聞かれその点, 深く聞かれません此処で, 深く聞きもし調べ, 深く聞きとめていた, 深く聞知ろうとすれ, 深く聲ぶりの, 深く聴いている, 深くへかけた, 深く肌身に秘し, 深く肥沃で排水良好, 深く肩先へ切込まれ, 深く肯かれたというの, 深くをつい, 深く育てられて來, 深く肺腑に迫る, 深くに銘じなけれ, 深く背戸の樹, 深く胸奥に印し, 深く胸底に残り, 深く脇腹へ突っ, 深く脱いだ襟脚を, 深く脳底に彫り込まれ, 深く脳裡にあつ, 深く腐りし蜜柑好みけり, 深く腐り込んで行き, 深くの底, 深くにこたえる, 深く自ら心に決する, 深く自ら感奮して, 深く自ら慚ずる所なり, 深く自ら憾みとす, 深く自ら戒懼して, 深く自ら敬はざる, 深く自ら求むるところあって自ら選択して, 深く自ら考察したら宜, 深く自ら考慮しまた, 深く自ら警むる所あり臥薪甞胆, 深く自信する精神的義侠, 深く自動車は迂, 深く自己自身の根柢, 深く自愛しそろそろ, 深く自然児の胸, 深く自然界の事物, 深く自由民権の信条, 深く自覚自責するもの, 深く自認しながらも, 深く致し候, 深く致しますが彼地, 深く致命的にその, 深く與吉の假説, 深くに入りまし, 深く舞台を覗く, 深く船影をひそめ, 深く艦隊を碇泊, 深く良心の一隅, 深く色彩を鮮明, 深く花桐の体内, 深く若々しい感じを, 深く苦しい心境に, 深く苦しみながら私, 深く苦しむが年頃, 深く苦しんでいた, 深く苦学力行して, 深く苦悩が深, 深く苦痛が描かれた, 深く英語を窮めん, 深く茂つた丘の上, 深く茂り込んでいた, 深く草の根に籠っ, 深く草書を能くし, 深く荒れにけり, 深く荒れ果てた一面の, 深くを吸いこん, 深く萌芽して, 深くして, 深く萬樹霜を閲し, 深く落ちいりしが不思議, 深く落ちこみ碧の, 深く落ち凹んでい, 深く落ち窪み暗い深い穴, 深く落ち窪んでこの, 深く落ち窪んだ両眼, 深く落ち窪んでる底に, 深く落ち込むばかりだ, 深く落ち込んだのは, 深く落胆して, 深く落葉も笹, 深く落葉枯葉等を覆ひかぶせ, 深く落込み別にまた, 深く葉桜や若葉, 深く著者の名誉, 深く著述もある, 深く葬つてしまつ, 深く葬られるのだ, 深く蒙っている, 深く蒙つてゐる, 深く蒼味がかった真佐子, 深く蓮上房尊覚という者, 深く蔵すといふ, 深く蔵せられた珠玉では, 深く蔵つてあるので, 深くへる岸樹, 深く蔽い被さっているらしい, 深く薀蓄するある, 深く薄暗い窓の, 深くが凄, 深くした一二年前, 深く藝術家を指導, 深く藤村のなか, 深くや菱, 深くを不思議, 深く虚榮心も強い, 深く沈め冬, 深く蜀陣へ近づいた, 深く蝋燭を点じ, 深くい入って, 深く蝙蝠の翼, 深く蝦蟇はちょうど, 深く螺旋形に掘り, 深く居し, 深くの音, 深くめくの, 深く血さへ附い, 深く衆生の人間, 深く行きますと温泉, 深く行き交う友達が, 深く行けばさ, 深く行われていた, 深く行渡らねばならぬ, 深く行為の底, 深く表現も行き, 深くを被い, 深くを並べ, 深く被いてしまう, 深く被けたのである, 深く被さつてゐる, 深く被りやア, 深く被りたる人の, 深く被ると下, 深く被害民に同情, 深く装剣の美術, 深く装飾せられた工房, 深く裏づけるものは, 深く裏書するもの, 深く裏書きされるの, 深く褒むるに足らざれ, 深くのはいった, 深く襟元にさし入れた, 深く西北に入り, 深く西欧の風景文物, 深く要心して, 深く見あげながら質問, 深く見おろす直下には, 深く見きわめた人の, 深く見し者なりき, 深く見せ掛る心には, 深く見ただけのこと, 深く見たいものだ, 深く見とれてるような, 深く見ぬいたのだろう, 深く見ゆる程だ, 深く見ようとする, 深く見られてゐる, 深く見事に完成, 深く見入っている, 深く見守ってくれた, 深く見張っていた, 深く見慣れた机や, 深く見極めねばならぬ, 深く見物しようなどという, 深く見直さずにいられなかった, 深く見破った言葉は, 深く見究めたいと思いました, 深く見詰めるのは, 深く見込んでいる, 深く見過ぎる説は, 深く覓め行くの, 深く視る便宜を, 深く視覚を鑚ぐとき, 深く覗かれた谷には, 深く覗き込んで, 深く覗き込みつつ厳格, 深くゆるもの, 深く覚えている, 深く覚えられるので有った, 深く覚ゆると言, 深くむようになった, 深く親しまれた小説も, 深く親しまれ愛されたといふ女傑, 深く親しむことが, 深く親んだこと, 深く親密になっ, 深く観れば一分一分キチキチ, 深く観照して, 深くじ給, 深く觀察するならば, 深く觀念して, 深く微なる, 深く解し鋭意それ, 深く解しましたが彼女, 深く解し兼ねている, 深く触れたものは, 深く触れ合いまた何, 深く言いかわしている, 深く言いかわしましたが両親, 深く言い交していたらしい, 深く言つて首を垂れます, 深く言わず触れられることを, 深く言葉にも艶, 深く較し, 深く計っていた, 深く計画された無, 深く計算された策略, 深くしもしなかった, 深く訊かないことに, 深く訊きたい様子は, 深く訊ねるのさへ, 深く討ち入ったかと思う, 深く託し得られるのだ, 深く記された如浄の, 深くひを, 深く訪ねてきた, 深く訴えとなっ, 深く評価されなければ, 深く詩味に溢れた, 深く詫びた上で, 深く詮じきたらば, 深くも永瀬, 深く話して貰った, 深く話したそうにも, 深く話し合うことを, 深く話し込んでゐる, 深く話すとくり返し, 深く話題をたくさん, 深く該博深遠な知識, 深く認めているらしく思われた, 深く認めさせようという議論, 深く認めた茶道が, 深く認容したと, 深く誓いあった同腹の, 深く誘いこむのが, 深く語つてある, 深く語らないであろうことは, 深く語らひ終ひ, 深く語られてゐる, 深く語られるところに, 深く誠実に思い知り, 深く説いてある, 深く説きなした玉造小町業平東下りの, 深く説き及ぶ迄もない, 深く読まれるという, 深く読みこもうと努力, 深く読み入るといつ, 深く読むべきものが, 深く読んだ文学の, 深く読者大衆の中, 深く調べたことは, 深くとすべきである, 深く論じもせず, 深く論ぜずただこの, 深く論及するところ, 深く論究されずに, 深く諸事わけてもご, 深く諸所に植ゑ, 深く謀っている, 深く謀られたことであった, 深く謀り遠く慮り, 深く謀んだものに, 深く講究されては, 深く謝すのみで, 深く謝する次第です, 深く謝意を表した, 深く謝罪しよう, 深く謹んだ花の, 深く謹愼すべきである, 深く謹慎して, 深く識つてゐるとは, 深く識別しこれら, 深く警戒するもの, 深く議論をする, 深く譴責を蒙る, 深く讀み味へ, 深く讀み込んでゐなかつた, 深く讀む習慣を, 深く讀んでゐないらしい, 深く讃歎し合うその, 深く讚歎し合, 深く谷川を前, 深く豊富な自主的生存, 深くかに持つ, 深く貫いたのであった, 深く貫かずさりげなき, 深く貫かれて腰, 深く貫一を思はざりし, 深くむべからず, 深く責むるに足らぬ, 深く責めて他意, 深く責めないではいられなかった, 深く責めようともしませんでした, 深く責める事や, 深く責め玉はざら, 深く貴族主義には反対せり, 深く買い馴染んで持物, 深く賀するものである, 深く賛成すること, 深く賛美して, 深く賢く立ち交じって, 深く赤城風雨先生の高徳, 深く起りおろそかなる, 深くが浅い, 深く趣味を感ずる, 深く跪拝して, 深く路面につきささる, 深く踏みこみながら絶えず, 深く踏みこんで皮, 深く踏み込んで詮議, 深く踏込んで探っ, 深くを沒, 深くみ込んだ, 深く躍り込んだ三色版の, 深く身の丈を上, 深く身内に立ち, 深く身分を隠した, 深く身権を持張, 深く身銭を切っ, 深く車上の人, 深く車外に注意, 深く車轍を印したれ, 深くを張る, 深く軒端に咲く, 深く転ばす行事が, 深く軽い慰めの, 深く輝いて居る, 深く輝き出ている, 深く輾らせて, 深く辛抱強く堪えること, 深く辞儀して, 深く辨財天毘沙門天布袋福祿壽の腰, 深くじ彼, 深く辿って行く, 深く近くは文相二枚舌事件, 深く近代日本というもの, 深く近侍の者, 深く迫って来た, 深く迫る何物かが, 深く迷いの裡, 深く迷いこんだ思いが, 深く迷い入った猟夫が, 深く迷い込んだと書いた, 深く迷わし自分の, 深く迷信に根ざし, 深く迷惑さうに低いの, 深く追いやられたが初め, 深く追ったものは, 深く追憶に溺れこん, 深く追窮すること, 深く退いたので欣々, 深く逃げこみやがて柵門, 深く逃げこんだ張英は, 深く逃げ入ったのであろう, 深く逃げ籠ったが食物, 深く逃げ込めば大概, 深く逃げ込んでドウ, 深く逆らう気も, 深く逍遙って行った, 深く入しよう, 深く透かすと, 深く透ったので内, 深く透明にされた, 深く途切れるのを, 深く這入った罪は, 深く這入つてある, 深く這入りて金, 深く這入り込むと日々, 深く這入り這入りして来, 深く通じたらうものを, 深く通ったので, 深く通りすぎて止った, 深く逞しき内省自粛精神と, 深く造られてある, 深く造りたる凭掛の, 深く造詣しなければ, 深く逡巡して, 深く連関して, 深く進み追思, 深く進み入っている, 深く進み入り神官の, 深く進み入るなり, 深く進むにつれて根底, 深く進めたところに, 深く進められなければならぬ, 深く進もうとし, 深く進退極まって, 深く遂に其底を, 深く運命的だ, 深く道徳心強く家庭的, 深く達することによって, 深く達せられたに違, 深く違ったところを, 深くかに大きい, 深く遜るべきであつた, 深く遠く光つた, 深く遠く慮り給ひて, 深く遠のいている, 深く遠方の山, 深く遡って考える, 深くに星, 深く傳し, 深く遺恨に思ひ, 深く邪気勝った獣, 深く部屋中を見廻し, 深く郷藪に隠れた, 深く酌めないことも, 深く配置するの, 深くの匂, 深く酔いながら畏まっ, 深く酔えませんでしたが思慕, 深く酔おうとする, 深く酔って行っ, 深く酔ひ痴れて, 深く重かった, 深く重く感じて, 深く重った影は, 深く重なり合ったのが, 深く重りあった黄色い秋, 深く重要視さるべき条件, 深く金殿玉楼の中, 深く金毘羅を信じた, 深く金毘羅さんにお, 深く釣りこんでゆく, 深く釣瓶の内側, 深く鉄道構内の煤煙風, 深く鉢植えの花, 深く銀之助の身の上, 深くみつけられました, 深くへ込ん, 深く耕して, 深く鋭き観察との, 深く鋭くのっぴきならなくあるに, 深く鋭く貴く美しく純化され, 深く鍛ぎたるが南無妙, 深くの手, 深くせるアスカニウス, 深く鎖した大海原, 深く鑑識にも長, 深く鑑賞したの, 深く鑿つて清冽なる純, 深く長くひろい規模に, 深くを閉じ, 深く閃くものが, 深く閉ざして攀づるに道, 深く閉ざした真暗な, 深く閉してゐた, 深く閉じこめて人, 深く閉じこめられたまま春を, 深く閉じた眼や, 深く閉ぢ込められて, 深く閉塞つた雪雲の色, 深く開いてる中から, 深く開けている, 深く開けたのは, 深く閑寂無二のもの, 深く閑雅に憂鬱, 深く関聯を持つ, 深くが張りつめられ, 深く闌けてゐる, 深く阪中君は信じ, 深く讃山脈へでも, 深く阿弥陀に被り直し, 深く合うよう, 深く陋劣と心得た, 深く降してゐる, 深く降したマッキンレイ候補が, 深く降ってい, 深く降つて来る, 深く降らないけれど僕, 深く降りることに, 深く降り積んで出入り, 深く陥いりてあがき自由, 深く陥ち込んだ上を, 深く陥らず大皿の, 深く陥るべき憂鬱であります, 深く陥窪んだ処が, 深く陰欝であ, 深く陰気なしん, 深く陳列して, 深く陳謝し係り, 深く険阻の地, 深くがさしこん, 深くどられて, 深く隠された感情が, 深く隠せしを神たち, 深く隠れたのが, 深く隠匿する等, 深く隠遁を好み, 深くは何, 深く隣りの植物園, 深く雑器の中, 深く雑草に埋められた, 深くり合つて, 深くかしいところ, 深くが多い, 深く雨滋くして巍然, 深く雪どけの頃, 深く雪洞の影, 深く雪道が踏み固められ, 深く雲裏に潜み, 深く電光石火の暗算, 深く霊魂科学の研究, 深くに冴えた, 深く霞んだ美濃の, 深くは涙, 深く露西亜文に親, 深く青々としてゐた, 深く青い海の, 深く青み湛へた淵は, 深く青藍色の沈んだ, 深くに各人, 深く静まっていた, 深く静まりかへる, 深く静まりかえっていた, 深く静寂を愛し, 深く非凡過ぎて, 深く面体包んだ鶴枝, 深く面白いものだ, 深くの底, 深く音楽を味わわせなくなる, 深く頓着はしないらしい, 深く頷いたが叔母さん, 深く頷きましたが静, 深く頷くうなづきつつどこ, 深く頸動脈を切断, 深く頼みとしておわせられた, 深く額ずいて, 深く願うというの, 深くられること, 深く顧みざるの傾き, 深く顧みたときの, 深く顧みなければならない, 深くえるよう, 深く荒んで, 深く飛び入って敵, 深く食いこんでいる, 深く食いついて面, 深く食い入っていた, 深く食い込む下に, 深く食い込んだまま牙歯の, 深く飲んでいられた, 深く飲んだときでも, 深くはなけれ, 深く養えば世間, 深く首卷に埋め, 深く首巻に埋め, 深く首肯き合ったり目, 深くの鈴, 深く馬車を引き起す, 深く馴染んだ芸妓では, 深く駈け去つてし, 深く驚いては逃げ, 深く驚歎する美しい, 深く高く鋭く問い得る人間, 深く高める意味に, 深く髣髴著く浮べ得る, 深く鬱屈を暗示, 深く鬱蒼とした, 深く魂胆もあり, 深く魅せられたそのよう, 深く魅入られし身は, 深く魔者に見込まれた, 深く鶴ヶ崎の, 深く鳴りひびいた三つ, 深く鹿島槍巍然たり, 深くを狭く, 深く麗しかつた, 深く黄昏のうち, 深く黄蘖染の半, 深くに紫, 深く黙りこくっている, 深く黨員の信望, 深く鼻息を鳴らし