青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「深き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

涼しい~ ~淋し 淋し~ ~淋しい 淋しい~ 淋しく~ ~深 深~ ~深い 深い~
深き~
~深く 深く~ 深刻~ 深夜~ 淵~ 混~ ~混乱 混乱~ 混雑~ ~添

「深き~」 1138, 12ppm, 8928位

▼ 深き~ (47, 4.1%)

3 似て 2 つけて, よりて, 見入る

1 [38件] あきれて, あらざる水, あらずや, ある諸, いまさらながら, ほひもたそがれて, まだ寢, われは, 入って, 入り深き, 入れおける蛸, 因らずば, 徹した詩的, 愛で不便, 感じ主, 感ず, 應じ, 投げ棄てても, 木こる, 泥れ, 照応し, 空谷を, 臨みて, 至って, 至りて, 至る, 蟋蟀鳴けり聞き居れ, 誘う, 負むく, 辟易し, 逃げかくれ, 過ぎて, 過ぎ易き, 達して, 達し曾, 達すと, 達するといふ, 驚き悲しむ

▼ 深き~ (47, 4.1%)

3 勉めなければ 2 加へ, 見る

1 [40件] あらは, いへりケルビーノ, しほの, ゆけば, 加えあるいは, 加えた, 加ふべし, 吉相と, 多と, 得るに, 怨みて, 悟るに, 悲しんだ, 感ぜずんば, 探る開拓者, 有難く心得ました, 母上氣づかひ, 物とも, 知る, 知るべし, 示す樣, 稱ふる, 稲妻に, 肉さらに, 致さんこと, 致さんと, 致し得て, 致し易き, 見れば, 見人, 覚えました, 覚ゆる, 誇らしむ, 謂ふなり, 負ふも, 賞せられ寵愛, 踏む程, 辞せざりき, 除きては, 骨中心に

▼ 深きもの~ (20, 1.8%)

2 である

1 [18件] がある, がなく, でありますれば, でも, と信じる, と思はず, と考える, ならば, なりと, にて我, にや, の發現, は他, よりも鋭き, を低く, を捕えよう, を蔵する, を透明

▼ 深きところ~ (16, 1.4%)

1 [16件] である, でこの, とを窺わしめ, と云う, にあり, において神仏, には軟, に依る, に入り, に到り, に秘勅, に鎮座, に麗人, は唯, を心得たる, を見よ

▼ 深き~ (16, 1.4%)

2 もあるべし

1 [14件] に墮, に接し, に臨んだ, の, のた, の色とうた, は澄み, めがけ魚, より, よりの悲歌みたい, よりわれ, よりを歌い出した, を作り, を傳

▼ 深き~ (14, 1.2%)

2 薄志弱行の

1 [12件] あらじかし, かならずさきだち, つまり己, 人の, 他国にて, 師の, 我なりき, 無い今そ, 知るべからずといふ, 繰り返して, 自然なり, 言は

▼ 深き~ (13, 1.1%)

2 に到れ

1 [11件] ありて, で五十, には, にはまた, に坐し, に樵径, の後宮, は底, より湧く, より理性, を厭い

▼ 深き~ (12, 1.1%)

2 ゆゑに 1 ごとく奧, ためその, ゆえなるべきか, 上の, 中に, 厭わしく否, 如く彼等, 如し, 故に之, 爲に

▼ 深き~ (12, 1.1%)

2 の哀れ, の地震 1 の, のくだ, のさま常, のみ山隠れの, の月, の霜, を, を焦せ

▼ 深き~ (12, 1.1%)

1 [12件] ありての, とは雪, にいささか, にまつ, によるかも知れない, の底, の者ら, はあ, もて, よりも鋭き, より印象, をたどらず

▼ 深き意味~ (12, 1.1%)

1 [12件] あるに, ある如く聞ゆ, があ, がなく, での人間教育, なしと, における, にてソシアリチー, に於ける, を我等, を有するらしい, を過去

▼ 深き~ (9, 0.8%)

1 仰せかな, 同情については, 寛容を, 心に, 思召し, 恩徳の, 物語を, 理解に, 言葉を

▼ 深き~ (8, 0.7%)

2 より, をば今 1 なる民, まで凍りたる, よりし, 知れぬ谷

▼ 深き~ (7, 0.6%)

2 や花 1 なれば, にも歌うた, の奥, の黄葉, を燒

▼ 深き興味~ (7, 0.6%)

1 と愛, をもっ, をもつ, を以て此大發掘, を感じ, を感ずる, を有する

▼ 深きいと~ (6, 0.5%)

6 ほしみ

▼ 深き~ (6, 0.5%)

1 にはいまだかつて, に示さん, の世, の心臓, の所為, は少なくも

▼ 深き同情~ (6, 0.5%)

1 の流, も起れ, を寄せ, を感ぜざる, を表し, を表し得べき

▼ 深き~ (6, 0.5%)

2 の田 1 に重き, の靈, より躍り出, を出

▼ 深き眠り~ (6, 0.5%)

1 から醒め, に入り, に落ち, に落ちし, に落ちよう, ややさめ

▼ 深き~ (6, 0.5%)

1 のさま, の命令, はかく, はわが, よ全智全能, よ我々

▼ 深き~ (6, 0.5%)

1 で父, と雖, にご, にとっては口, はいよいよ, は大胆

▼ 深き認識~ (6, 0.5%)

2 に達した 1 に達すれ, への感覚, への追従感覚, へわれわれ

▼ 深きこと~ (5, 0.4%)

1 であった, ども承り, に覚え, は真実, ほとんど神

▼ 深き仔細~ (5, 0.4%)

1 あり, ありて, ありぬるに, があった, も御座候はん

▼ 深き印象~ (5, 0.4%)

1 をうけ, を与えた, を与へられ, を得る, を鏤刻

▼ 深き~ (5, 0.4%)

1 かと, に沈み, に沈む, のため, の繋り

▼ 深き深き~ (5, 0.4%)

1 問題である, 対象に対する, 情けこそ, 意味にて, 空想を

▼ 深き~ (5, 0.4%)

1 ひに, ひの, ひは, ひを, ひをか

▼ 深き~ (4, 0.4%)

1 なかに, のらは, 一同に, 所がらや

▼ 深き~ (4, 0.4%)

1 であろう礼儀, は我が, を敢, 疾くより

▼ 深き事情~ (4, 0.4%)

1 ありと, とに因, も知らで, を知り給わずし

▼ 深き~ (4, 0.4%)

1 この日, に何, に瓦, に葬られ

▼ 深き~ (4, 0.4%)

1 にはか, に姿, の杉, の桟道君

▼ 深き思い~ (4, 0.4%)

2 に沈み 1 に沈みぬ, に耽っ

▼ 深き悲哀~ (4, 0.4%)

1 なきを, に触れた, の念, を知り

▼ 深き感謝~ (4, 0.4%)

1 の意, を持たね, を表せね, を送りたい

▼ 深き~ (4, 0.4%)

1 として前, なればとて, の歎, は自ら

▼ 深き注意~ (4, 0.4%)

1 と感化, を加え, を払う, を要した

▼ 深き理解~ (4, 0.4%)

1 が与えられ, と公平, と愛, を求める

▼ 深き~ (4, 0.4%)

1 のよう, の底, の彼方, より四海天下

▼ 深き考え~ (4, 0.4%)

1 なきにも, はなく, もあらず, を表出

▼ 深き~ (4, 0.4%)

1 に, にいたり, にき, まで入りし

▼ 深き~ (4, 0.4%)

2 せちに 1 せちにつつ, に似た

▼ 深き願い~ (4, 0.4%)

2 のうち 1 につい, の一つ

▼ 深き~ (3, 0.3%)

1 もひ, 秋の, 言葉を

▼ 深きかを~ (3, 0.3%)

1 さらに悟るであろう, 熟知し, 考えても

▼ 深きこころ~ (3, 0.3%)

1 には, に寂, 聞きぬ

▼ 深きためいき~ (3, 0.3%)

21 と官能

▼ 深きより~ (3, 0.3%)

1 大なる, 来る地震, 浅きに

▼ 深き今更~ (3, 0.3%)

3 申すも

▼ 深き吐息~ (3, 0.3%)

1 きくとき, きくとき子, に雷雲

▼ 深き~ (3, 0.3%)

2 が額 1 の我喜

▼ 深き問題~ (3, 0.3%)

1 である, であると, を吾人

▼ 深き執着~ (3, 0.3%)

1 と諦め, と諦らめ, に價

▼ 深き影響~ (3, 0.3%)

3 を及ぼした

▼ 深き恐怖~ (3, 0.3%)

1 かわが, に, よりせり

▼ 深き悲しみ~ (3, 0.3%)

1 ありて, は貴, へと沈み入り

▼ 深き感激~ (3, 0.3%)

1 と感動, に打たれる思ひする, の下

▼ 深き感銘~ (3, 0.3%)

1 とよき, と謝念, を覚え

▼ 深き~ (3, 0.3%)

1 に中れる, に沈み居, の痕

▼ 深き敬意~ (3, 0.3%)

2 を表し 1 を抱く

▼ 深き~ (3, 0.3%)

1 から救われました, より反映, をとりわき

▼ 深き根柢~ (3, 0.3%)

1 にはイデヤ, にまではいっ, を見出す

▼ 深き~ (3, 0.3%)

2 きに 1 きを

▼ 深き紳士殿~ (3, 0.3%)

1 というテナルディエ, とし, 最も残酷

▼ 深き自然~ (3, 0.3%)

1 でなければ, に対して正しく, の下

▼ 深き苦痛~ (3, 0.3%)

2 と悲哀 1 を忍べり

▼ 深き~ (3, 0.3%)

2 にて白樺 1 の奥

▼ 深き谷間~ (3, 0.3%)

1 に暴れ狂, をも照, 鳴きつ

▼ 深き~ (3, 0.3%)

1 である, なりき今, の一群

▼ 深きあたり~ (2, 0.2%)

1 に, に住む

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 でゆ, はゆる

▼ 深きかがやき~ (2, 0.2%)

1 ぞ, のはてはつ

▼ 深きその~ (2, 0.2%)

1 空言を, 罪の

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 人心の, 言うに

▼ 深きもみぢ~ (2, 0.2%)

2 せるかも

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 を知る, 豈に

▼ 深きゆえ~ (2, 0.2%)

1 ありげに, にその

▼ 深き主観~ (2, 0.2%)

1 に到達, の奥底

▼ 深き二人~ (2, 0.2%)

2 の眼差

▼ 深き人々~ (2, 0.2%)

1 が幾度, である

▼ 深き人格~ (2, 0.2%)

1 を涵養, を秘したる

▼ 深き今日~ (2, 0.2%)

1 その反動, の日

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 の芸, 國の

▼ 深き体験~ (2, 0.2%)

1 から出, の発表

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 を暗き, を示す

▼ 深き入日~ (2, 0.2%)

2 の影

▼ 深き冥王~ (2, 0.2%)

2 の府

▼ 深き出來事~ (2, 0.2%)

2 である

▼ 深き友情~ (2, 0.2%)

1 によってで, によつて

▼ 深き吾目~ (2, 0.2%)

2 には

▼ 深き哀れ~ (2, 0.2%)

1 をも物, を催し

▼ 深き嘆息~ (2, 0.2%)

1 をもらしぬ, を洩し

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 へお, を抽

▼ 深き地獄~ (2, 0.2%)

1 の中, の彼等

▼ 深き城砦~ (2, 0.2%)

1 の, のいと

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 に落ちた, のなからむ

▼ 深き大臣~ (2, 0.2%)

1 ありけり, の如何

▼ 深き尊敬~ (2, 0.2%)

1 を受け入れ, を魂

▼ 深き山路~ (2, 0.2%)

1 に春, を辿る

▼ 深き幽邃~ (2, 0.2%)

2 のなつかし

▼ 深き思想~ (2, 0.2%)

1 とこの世, と此の世

▼ 深き思案~ (2, 0.2%)

1 にくれつ, に沈みい

▼ 深き性格~ (2, 0.2%)

2

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 みには, みは

▼ 深き悲痛~ (2, 0.2%)

1 の脂色, を包んだ

▼ 深き情け~ (2, 0.2%)

1 こそわが, の宇宙

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 である, の夢

▼ 深き慈愛~ (2, 0.2%)

1 の光, をもっ

▼ 深き慰藉~ (2, 0.2%)

1 と強き激励, の

▼ 深き憂い~ (2, 0.2%)

1 に沈み, を伴う

▼ 深き憂愁~ (2, 0.2%)

1 であろうか, みたしめて

▼ 深き憐愍~ (2, 0.2%)

2 垂れさせ給

▼ 深き我等~ (2, 0.2%)

1 の心, の胸

▼ 深き戸外~ (2, 0.2%)

2 の闇

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 に親しく, を泳がせ

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 あるに, 有っての

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 へであらう, を垂れ

▼ 深き~ (2, 0.2%)

2 のあたり

▼ 深き最も~ (2, 0.2%)

1 大なる, 本質的なる

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 その歌, をうたひつ

▼ 深き歎息~ (2, 0.2%)

1 に, をつきて

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 の下, の底

▼ 深き洞察~ (2, 0.2%)

1 と認識, を宿し

▼ 深き洞穴~ (2, 0.2%)

1 あり石, に隣れる

▼ 深き深山~ (2, 0.2%)

1 のみち, の人気

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 あり, の面

▼ 深き溜息~ (2, 0.2%)

1 をする, をつけ

▼ 深き溜息今~ (2, 0.2%)

2 もなほ耳

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 により, によりてか

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 寐の, 寝の

▼ 深き白石~ (2, 0.2%)

2

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 である, をひたすら

▼ 深き祈り~ (2, 0.2%)

1 に発した, のいか

▼ 深き秘密~ (2, 0.2%)

1 を守り, を語りつくし得ん

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 其花の, 解き難き

▼ 深き経験~ (2, 0.2%)

1 とは彼, を欲

▼ 深き美術~ (2, 0.2%)

2 は師

▼ 深き聖旨~ (2, 0.2%)

1 の奧, より出し事

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 の花, を分け

▼ 深き~ (2, 0.2%)

1 のそよぎ, 刈る鎌

▼ 深き要求~ (2, 0.2%)

1 がある, であると

▼ 深き認識者~ (2, 0.2%)

1 の重要物, はコンミニスト

▼ 深き谿~ (2, 0.2%)

1 に臨めり, を隔て

▼ 深き関係~ (2, 0.2%)

2 を有する

▼ 深き關係~ (2, 0.2%)

1 のある, をもつた

▼1* [514件]

深きあしたの原, 深きあたり閑靜頗る愛すべく, 深きあはれを失ひし, 深きいたみに, 深きいづれかの幻境, 深きいのちをかけた, 深きいはれを, 深きいまだ膚やわらかき, 深きうちに隠れる, 深きおもひもわ, 深きおん方にていたく, 深き宮は, 深きかな我を, 深きかの靈の, 深きかも入江ゆく, 深きひぢ, 深きここの定, 深きここらにのみ今, 深きこと一丈源竜我の如く, 深きこと八尺の臥床, 深きこと東百丈西七十五丈南北もまた, 深きこと此の如し, 深きこの三徳の, 深きこよひかな, 深きざんげのあ, 深きすきものにて, 深きために宗教, 深きつつしみと, 深きという場合は, 深きとき憂いよいよ, 深きところがらをとみに, 深きところ十字街頭の見聞, 深きがめを, 深きなおかつ深刻に, 深きなぞを思い出さない, 深きなるらん, 深きにつれて文学は, 深きにはあらずと, 深きねむりに堕つる時, 深きまことに愛すべく尊敬, 深きづうみの, 深きもの今陣營の中, 深きもの淺きもの或は奇, 深きもの盖し其故, 深きもの誠実なるもの, 深きやどりを訪, 深きやを若し我等, 深きゆえん上帝の大悲, 深きゆえ彼らのことば, 深きわが祖先, 深きわけ重なりて, 深きわざなるが, 深きをも喜びて, 深きクロニオーン玄冬の日, 深きクロノスの子, 深きテルラの祈り, 深きミーダのこと, 深きリファインされたキリスト教的愛, 深きルナの神, 深きヴェストファーレンの風俗畫, 深きの坎, 深き一つの国, 深き一大偉人たる此, 深き一日また新しく, 深き一隅に放擲, 深き万分の一ツをもいい, 深き三浦半島の一角, 深き上代にあり, 深き不平もあはれ, 深き世人は恣, 深きの上, 深きに周瑜, 深き中心に克服, 深き九重の, 深き事件をた, 深き事物も全く, 深き二条の皺, 深きの底, 深き井水ひとしくいづる, 深き人物として石川貞白及上原, 深き人生の幕, 深き人類の止み, 深きて四海兄弟, 深き企みに当りし, 深き伊勢地方西は播磨あたり, 深き伯楽は, 深き低地となす, 深き作品だったろうと, 深き作家に取つ, 深き信仰を抱かせ, 深き信念や世界觀, 深き信愛と敬虔, 深き修養によりこれら, 深き個人的恋愛より成立, 深きあり, 深き傷みより翌年出家, 深き僚友を, 深き元結ひに, 深きの奥, 深き共鳴を感ずる, 深き内容こそここ, 深き内面的省察をなす, 深き処年古る池, 深き処月明らかなること, 深き処水深一千二百尺の青龍, 深き処浅瀬の船底石, 深き処粛として物, 深き凹みへ辷る見し盛りあがる, 深き凹み有り一方には, 深き出来事であ, 深き別離は実際, 深き前山が押冠, 深きか, 深き劇的感動を惹き起す, 深きは出ないであろう, 深き功利主義を皷吹, 深き勇士即ち答, 深き勇士答へて彼, 深き勝利の感, 深き北スコットランドの海, 深き北地に入らん, 深き反省を要求, 深き叡智に抗する, 深き叡知的の計量性, 深きに彳め, 深き古色をゆかしみ, 深き司令部にはラック大将, 深き吾眼には, 深き吾等をし, 深き吾輩には頓, 深きを造る, 深き哀しみより深き, 深き喜びが一切, 深きはネープル, 深き嘆きに沈む, 深き四ツ手かな, 深き因縁の今, 深き因襲的根柢の他, 深き困惑に陥る, 深き困難な根本問題, 深きの多く, 深き国民でございますから, 深き團匪事件の賠償金, 深き土中より炭一片, 深き土壤に驅, 深き地底の, 深き地方的な関係, 深き境地である, 深きの野, 深きを思ふ, 深き夕妹を連れ, 深き多くの魂, 深き夜曲の数々, 深き夢想のうち, 深き大佐すら小首, 深き大河銀浪を渦, 深き失恋の悲哀, 深きぞかわしける, 深き契りたが, 深きへ次第に, 深きなれば, 深き女人ということ, 深き女性として夫婦間, 深き好意を有, 深き如くに素顔, 深きなり, 深き娘気の一図, 深き婦人等の此処, 深き子細ありて, 深き学理に基い, 深き宗教的気分が宿されてる, 深き宗教的罪悪というごとき, 深き家康は秀吉, 深き家柄であるに, 深き寂しさの, 深き寓意と伝統, 深き対象に対する愛, 深き小松殿が左衞門, 深き小道あゆめば, 深き小鳥の声, 深き山々の頭, 深き山峽にあった, 深き山嶽よりの情, 深き山谷の風, 深き岐岨にはあれ, 深きなれば, 深き岡部の森, 深き岩井の水, 深き岩穴は蔭, 深きは, 深き峡南ひらきて, 深きのあたり, 深き峰頭を仰ぐ, 深きのなか, 深き差異あるに, 深きに呼び交わしたる, 深き大医科, 深き帝國の大いなる, 深きを載き, 深きの波, 深き平和のうち, 深き幸福我等の生活, 深き僻地の, 深き庄太郎の金銀財宝, 深きにたっぷり, 深きに向, 深きを終, 深き式部が學藝, 深き弥陀尊はそのまま, 深き彩雲の, 深きの心, 深き彼女を遠ざけられし, 深き彼處の三者汝, 深きに幽, 深き後朝も袖, 深き心入よりと嬉しく, 深き心地ぞすなる, 深き必要を有す, 深きはこの, 深き念願にも拘らず, 深きれを, 深き思し召しのある, 深き思ひの中, 深き思召のおわしまし, 深き思惑の有る, 深き思慮のない, 深き思量をもて, 深き怨みともせず, 深き怨恨をトロイア軍, 深き恋愛に誤, 深きとなす, 深き恨みを抱く, 深き恨み無しと雖, 深き恩寵を感ずる, 深き恩惠わが上, 深きなくば, 深き息吹きによって時々, 深き息徐ろに洩れ, 深き恵みに感じつ, 深き悔恨と共に忘, 深き情熱を示したる, 深き情緒中に含まれたる, 深き想いに沈ん, 深きを起し, 深き愉快を湛え, 深きはたやすく, 深き意旨を含ん, 深き意義においてポイエシス的, 深き愛情が今後, 深きに撃たれ, 深き感動を抑え, 深き感慨に沈んだ, 深き感歎のほか, 深き慈悲とを, 深きがある, 深き憂ひはわが, 深き憾みを抱き, 深き懐かしさを, 深き懷疑がある, 深き我が妻に, 深き所感も有, 深き所芙蓉の帳, 深き技法の修練, 深きとは爲すべ, 深き支那少年金椎であったこと, 深き教えであろう, 深き教育者であった, 深き教養とか高き, 深き敬愛と大いなる, 深き敬虔なる交渉, 深き敷石の上, 深きの空想, 深きの, 深き日影に臥しけめ, 深き日頃のたしなみ, 深き昔語りとなるであろう, 深きの夜, 深きなりし由, 深きの冷やか, 深き暗示により彼, 深き有様だという, 深きなるが, 深き木の間より立ちのぼりたる, 深き木わたしの悲しい, 深き木立ちあり, 深き木葉の如く, 深き本質を成し, 深きの木立, 深き東洋諸民族間, 深きの枝, 深き枕邊に夕, 深きに宿り, 深き柔和かを持てる, 深きなの, 深き根底が横たわる, 深き根強き愛を, 深き根據をもつ, 深き根源に考察, 深きに, 深きと頼め, 深き森林の中, 深き森蔭を眺め, 深き椅子にもたれ, 深きとぞ怖, 深き榊葉をさし, 深き映の, 深き様々の印象, 深きを聞いた, 深き横面に貼, 深き欄干に, 深き歴史的背景と人間生活, 深き母性へ至る, 深き民主派となり, 深き水湛へし, 深き水路をなすある, 深きの下, 深きの小, 深きの溪四方, 深きの水, 深き池沼に圍まれ, 深き決して渠に, 深き河岸路を辿る, 深きより流れ出る, 深きの中, 深き泥濘となつ, 深き洞窟を穿ちたる, 深き活ける泉な, 深きは咆, 深き浅きをも汲み, 深き海原の岩角, 深き海岸を北, 深き海藻のなほ, 深き淑女さきに流れ, 深き淑女是時我より先, 深ききの, 深き清滝川は水, 深き渋面が見ゆる, 深きを穿ち, 深き港灣含みたるアシネー, 深き満足を味わう, 深き流れ錫, 深きを出, 深き溪間に投, 深きに入れり, 深き濡ゆゑに菩提心, 深きき海, 深きの音, 深きとともに歌, 深き災いと悩み, 深きにおいてもしくは, 深きの生, 深き熟睡に陥りたる, 深きが誰, 深きなりけれ, 深き物思いのため, 深き狭間に見る, 深き狭霧の彼方, 深きなれば, 深きらしきもの, 深き理想を実現, 深き理由あるに, 深き生命感情の心裡, 深き生活だった, 深き田舎の夏, 深き疑ひについては眞, 深き疑団とならず, 深き疑惑に沈み入る, 深きあり, 深き痕跡が顧みられずし, 深き皇后よ, 深き太き鼻, 深きに盛り来る, 深き目つきに消, 深き省察のなかっ, 深き省略を隠し, 深きを動かし, 深き眞晝を弗拉曼, 深き真実を見いだす, 深き真理であり知って, 深きに入り, 深き瞋恚の心, 深き瞑想の散歩, 深きを鋭く, 深き知恵に達した, 深き知慧を受けたる, 深きにてその, 深き研究を退け, 深き碧水とは乍, 深き祖先の縁, 深き神クロニーオーン水陣の, 深き神界のお, 深き福建の蒲姓, 深きの病熱, 深き穢れに心, 深き空想を呼, 深きの外, 深き三段第, 深き築山夫人の怨, 深き舂く時, 深き精神のそこひ, 深き精神的趣味を理解, 深きに金髪, 深き紅梅の枝, 深きの製法, 深きのたなびく, 深き細君の洗髪, 深きの樹, 深きを結ばせた, 深き縁故を持つ, 深き縣主日置殿の館, 深き縦坑に, 深きとなり, 深きを示す, 深き美人の眼, 深きにむかひ, 深き羽衣は, 深き尼僧は, 深きありしに, 深き考察より成れる, 深き考思となすべし, 深き考慮に沈ん, 深き者らは徐々に, 深き者共はや, 深き聖母はわが, 深き聯關に立つであらう, 深き自己省察をもつ, 深き自由なる, 深き至情の宮居, 深き舟歌を吾等, 深きと問, 深きを求め, 深き若衆形の楽屋入り, 深き苦しみを現, 深き苦み笑み耐へて, 深き苦勞の色, 深き苦悩を抑え, 深き苦悶のおと, 深き英国人士は皆, 深き英知とを働かし, 深き茂陰を成す, 深き荒木村重では, 深き荒磯の上, 深きを一面, 深き葉広がし, 深き著者が各, 深き葡萄の蔓, 深き葡萄園に往き, 深きのもと, 深きより猛然と, 深き處四個の房閣, 深き處山幽に, 深きの色, 深き観察煩悩具足の凡夫, 深き観念あるを, 深き言外の真情, 深きあれば, 深き計略がある, 深き記念骨にも徹する, 深き記憶を離れ, 深きある内証者, 深き訴えを認めた, 深き評言を正面, 深きひの, 深き誓い最も神聖, 深き諦視の底, 深き友は, 深き谷底の上, 深きであった, 深き貴き意味が, 深き貴下は必ずや, 深き貴婦人の我, 深き賊寨にて歌はん, 深き質ゆえ親も及ばぬ, 深きの国, 深き越路を出, 深きあり, 深きのささ, 深き身の上の, 深きの痕傳, 深きにも信任, 深きひに, 深き連歌は足利氏, 深きをば尋ねず, 深き道徳的意識である, 深き道理を得ん, 深き遠きを問, 深き遺恨ある者, 深きの若, 深き都会山水画の特徴, 深きの里, 深きべの若菜, 深きを火鉢, 深きにひそみ庭, 深きの部屋, 深き關繋あるべきをば, 深き胡根の, 深き陶酔境に彷徨, 深き雲井の雁, 深きにとざされぬ, 深きの中, 深きに染まり, 深き青みの重り, 深き青山の, 深き韓蘇紫兼の筆恐く, 深きに鳴かまし, 深き響きを不用意, 深きを瞬き, 深き風情である, 深き飛躍でなくては, 深きりた, 深きの内心, 深き高き清き情けこそ, 深き鳴滝山のひぐらし, 深き齟齬を与えられた