青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「深~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

消費~ ~涙 涙~ 涼しい~ ~淋し 淋し~ ~淋しい 淋しい~ 淋しく~ ~深
深~
~深い 深い~ 深き~ ~深く 深く~ 深刻~ 深夜~ 淵~ 混~ ~混乱

「深~」 3592, 39ppm, 2993位

▼ 深~ (1502, 41.8%)

22 がある 16 うな 15 浅さ 12 というもの 11 を増し 10 のところ, を示す 8 を思わせる 7 である, をもつ, を持っ, を持つ 6 と広, における延長, になっ, にはいっ, に於, の所, を測る 5 がはじめて, だ, と鋭さ, にある, に比例, のある, はその, を示し, 高さ

4 [12件] がわかる, といふもの, と神秘, のもの, はこの, はない, よ, をもっ, を持つた, を物語る, を見, 大きさ

3 [27件] が身, だか, です, といい, ということ, と同じ, に就, に達し, のほどに, の見当, はある, はそこ, もまた, も底, を, をはかっ, をはかる, をもった, を加えた, を思う, を意味, を感じさせる, を感ずる, を測っ, を理解, を計る, 広さ

2 [92件] いくばくとも, うだ, うです, うですが, があった, が四, が感ぜられる, が有る, が浅く, が測られない, が非常, だとか, でなければ, ではどうして, で奔流しぶき, とそれ, とに充ちる, とをもっ, とを加, と大, と無限, と美, と美し, と重, に, において執着, にくらべれ, にし, になる, によって人, に平次, に心, に敬服, に水, に達する, のため, の中, の処, の分らない, の感覚, の方, の水, の沖, の知れない, は, はそれ, はとても, はまた, は一尺, は一間半, は三寸, は二, は何と, は初夏, は大体二尋, は彼, は殆ど嬰児, は無限, もその, もない, もわからぬ, もわかる, も思われる, も知れない, や, をその, をまざまざ, をます, を信じ, を加え, を増した, を感じ, を感じさせた, を感じた, を感じる, を有し, を物語っ, を獲得, を痛感, を知っ, を知つて, を知らぬ, を知りぬい, を確かめる, を私, を考え, を考へる, を語る, を説い, を説く, 切なさ, 強さ

1 [970件 抜粋] あの朗らかさ, あるか, ある明暗, うだから, うでそして, うで氣, およそ二フィート, かと思われる, かな, からいったら, からお寺, からつかみ上げ, からも不, から出, から思っ, から考えます, から起こった, が, があり, があろう, がいよいよ, がうれしく, がかげる, がこちら, がし, がしからしめる, がすこし, がそのまま, がとうてい, がなかなか, がなくなっ, がまるで, がわかっ, がわかり, が一般的, が三層, が五センチメートル以上, が以上, が何万尺, が具象的, が分らう, が判る, が加えられた, が十三尋, が千何百尺, が増し, が大変, が實, が広けれ, が後, が想像, が感じられる, が有, が段々, が漂う, が益々, が私, が立体的, が腰位, が膝, が興味, が見いだされた, が見える, が見直されるであろう, が認識, が迫っ, が連なり, が違う, が隠され, が馬耳, こそ唯一, さあ五百ひろ, しずけさ, すなわち器, そして前方, その影響, その鋭, だけそこ, だけはわかる, だという, だの晩年, だろうと, で, であったが, であつ, でありました, であり之, であるが, であろうが, でいびられ, でした, でそこ, でどこ, ではなくし, では曇り, では温度, で一帯, で前者, で大地, で感ぜられる, で日頃, で此事, で澄んだ, で終る, で行け, で話, で陸地, で頂上内院, という, というよう, とがあり, とがいかにも, とが見える, とでも云, とともに変化, となる, とにおいてドイツ最大, とにすっかり, とに入る, とのみ等しい, との測り知られぬ, とはならぬ, とは主として, とは反省, とは笑い, とは見出される, とは違つて, とまた, ともに一間, とをもつ, とをよい, とを心魂, とを持つた, とを現, とを示し得た, と不思議さ, と云っ, と個性, と光栄, と創造, と厚み, と太刀打ち, と始終, と広がり, と廣さ, と急, と悲し, と新し, と柔和さ, と横幅, と深沈, と狙い, と真剣味, と眼, と絶望, と肉, と表現, と趣味教養, と重量, と関係, などがなく, などに就い, などは又, なの, なら渉, なんぞを測つた, にあり, においてはおよそ, において何人, において及ばざる, において後, において達せられる, におよん, にこそげとっ, にその, にちつ, についていへ, について単に, にどんぐり, になつ, にはつねに, にはわし, には全く, には驚ろか, にほかならない, にますます, にまで到達, にまで詩, にもよる, にも依ります, にも押, によってこれ, によってその, によって再び, によって幾つ, によって神, による, にわずらわせる, に三人, に不感症, に交, に似た, に入る, に刺し, に及べ, に墜落, に完全, に対する感覚, に嵌め込んだ, に帰着, に彼, に従ってまた, に思ひ, に恐れ, に感じなけれ, に戻, に掘った, に掘り, に掘り下げた, に於い, に比べたら, に気がつい, に沈む, に沈ん, に浸水, に深まっ, に測り, に生えしげっ, に私, に等しき, に耐えられなくなっ, に至つて, に行きなずむ, に見えた, に解釈, に訊ね返し, に身, に迷, に達した, に陰鬱, に驚かされる, に驚く, に驚嘆, のこと, のなす, のひろい, のほどに就い, のみから生ずる, のわからない, の一様, の事, の判断, の半分目以上水, の問題, の地下, の基準, の奥, の密集部隊, の小麦, の差, の底, の思われる悲しむべき, の故に, の最, の次元, の法則, の海, の測り知られぬ, の知れぬ, の確実さ, の穴, の美, の蒼い, の距離, の間, の限度, の限界, の非凡, はあの, はいかばかり, はかなり, はこ, はさ, はしだいに, はちょっと, はどういう, ははじめ, はほんの, はまさるだろう, はむしろ, はもっと, はもはや, はよかっ, はわざと, はヨオロツパ, は一丈余り, は一定, は七ツ, は七尺, は三丈, は下, は並大抵, は二フィート半, は二百米, は五, は五十米以上, は五尺, は今, は何処, は何十丈, は何百尋, は僅か, は充分, は六キロメートル, は判らぬ, は十四五メートル, は周囲, は唯一尺五寸, は四十八尺, は地表, は大した, は婦人雑誌, は実に, は常に, は幾尋, は底なし, は張り切つた, は心, は感情, は持つ, は次第に, は死, は気持, は深い, は源三郎どころぢ, は略, は相手, は真理性, は緑色, は胸, は腰位, は著しく, は薄命, は見える, は計測, は譬えよう, は通例五六尺位, は酷く, は青みがかっ, ひろさ, ほほえみの, までかは自分, までしか採れなかった, までにある, まではかれる, まで出来る, まで山, まで掘つた, まで来た, まで沈む, まで落ち, まで行け, まで踏み, まで達し, もある, もいる, もこの, もしのばれ, もせいぜい, もどこ, もなけれ, もはかり, ももっ, もわかり, も亦, も他, も厚, も場所, も大体, も岸, も幅, も推察, も暗, も無限, も相応, も知らる, も結構, も背, も鋭さ, やあら, やるせなさ, や人格, や偉大さ, や方向, や特殊性, や空室, や美わしさ, や高, よたちまち, よりそれ, よりもインフォーメーション, よりも故意, わづか, をいつ, をきわめたく思った, をごらん, をしんしん, をすべて, をなし, をはかった, をはからせる, をばおん身, をほめた, をもその, をも思ひやられる, をも感じる, をよろこん, をゴッホ, を一層, を人, を以つて一度, を以て展開, を伸子, を偲び, を充たす, を兼ね備え, を初めて, を原因, を告げ得るでしょう, を嗅ぎつけた, を増す, を失わず, を学ぶべきで, を弁護, を思つた, を思はせる, を思ひ出し, を思へ, を思わね, を想わせる, を感じさせ, を感じしめた, を感じ捕り, を持った, を持てあまし, を捜ろう, を探っ, を暗示, を有する, を極め, を此處, を深, を減ずる, を測らん, を測り合っ, を測ろう, を湛, を潜め, を無気味, を生み, を目, を知った, を知らされます, を知る, を破っ, を突然, を考える, を考へず, を聞い, を表, を表す, を表示, を見つめ, を見失わせる, を覗いた, を証拠立てる, を認める, を語った, を貫き, を越え得たでしょう, を連ねた, を遥, を重い, を量り得た, を非難, 冷めたさ, 厚さ活, 心安さ, 或は四リイグ, 暗い林, 更に, 柔らかさ, 次第に減じ, 激しさ, 程もなく, 粘っこさ, 約三六米, 約六尺, 苦しさ, 迄達する

▼ 深そう~ (151, 4.2%)

6 な顔 4 だ, な眼 3 な眼つき, な眼付, に, に云った

2 [14件] である, です, な様子, な目つき, な眼付き, な表情, にし, になっ, に人, に口, に私, に答えた, に見える, に言った

1 [97件] じゃな, だという, だわね, だ川幅, であった, ですが, でちょっと, でなかなか, な, なお, なしかも, なところ, なの, な人々, な人柄, な作法, な保塁, な傷痕, な僧尼, な凸額, な哲学者, な啓蒙活動, な大きな, な女, な姿勢, な娘, な容貌, な川, な年寄った女, な恰好, な所, な打見, な日, な暗い, な気高い, な滝三郎, な目, な碧, な篤実, な美しい, な肥り肉, な膏ぎったちょんぼり目, な落着, な見かけ, な見たところ, な足どり, な面持, な顔つき, にいった, にいま, にうつむき, にこう, にこんな, にそう, にその, にまわり, にもない, にわたし, にギロリ, にヘラヘラ, に下, に佇ん, に働く, に優し, に小声, に彼, に微笑, に思われた, に慎太郎, に日影, に構えこん, に欄干, に淀ん, に煙草, に玄関前, に目, に眼エ, に瞬い, に笑った, に答えました, に耳, に腕, に落, に蒼蒼, に表わす, に表現, に見え, に見詰め, に言い出した, に言う, に述懐, に透かし, に途切れ, に長火鉢, に青黒く, に頷い, に額

▼ 深かつ~ (140, 3.9%)

698 たの 7 たもの 6 たこと 4 た其, た寺 3 たので 2 たから, たその, たと, たところ, たとは, た折

1 [27件] たかを, たが, ただけ, たであらう, たといふ, たに, たらしい良経, た丈, た中根靱負, た代, た俳優諸君, た友達, た土地, た故人, た日, た明方, た昔, た時代, た此歌製作時代, た母, た田楽能, た菩提, た親類, た雜誌, た雲華寺, 大なる, 遠に

▼ 深~ (120, 3.3%)

10 を負っ 8 を負い 54 を負, を負った 3 だ, を負う, を負わせられ 2 だが, であったと, に堪え兼ね, を負うた

1 [72件] から出た, か運, じゃろう間, せめてこう致し, だという, だといふ, だ眸, であった, である, でございますから, でどう, ではありませぬ, では酒, でも数十ヶ所, でよほど, で井戸端, で有る, で逃げ, となった, ながらまだ, にうめく, にてお, にては彼, にとって何, にはなん, にも屈せず, にも拘わらず, にも顛倒, に傅次郎, に向っ, に呻い, に気, に生きたる, に聲, に臥し, のため, のため落伍, のよう, の子息, の底, の御, の男, の老, の門人, はうけなかった, はここ, はなかっ, は受けなかった, は大した, は忘れ, ばかりだ, や浅傷, や自分, や遊楽者達, をうけ, をうけた, をおさえ, を持ち, を数ヶ所, を生ま生ましく, を負いたる, を負い過ぎ, を負ってる, を負わした, を負わせ, を負わせたらしく, を負わせられた, を負わぬ, を負われ, を身, を長篠, 多分声

▼ 深~ (105, 2.9%)

15 かぶって 7 冠った 5 して 4 冠って 3 冠り 2 しひびかふものあり, 被って, 黒い眼鏡

1 [65件] かつぎを, かぶったの, かぶったひとり, かぶりあわただしく, かぶり一人, かぶり上衣, かぶり古ぼけた将校マント, かぶり手錠, かぶり直して, かぶり直し万が一, かぶり顔, かぶり黒い, かぶッ, かむって, この男, さきて, した帽子, した顔, する, それを, なりますと, ふせて, 一人月を, 両手を, 似たの, 冠せた友吉, 冠つたま, 冠つた帽子の, 冠り直し, 初めてあの, 外へ, 就ては, 帰って, 引き下げて, 引き下げながら, 彼奴倒れ, 暗くては, 歸る, 疎開し, 私の, 結んだ十夜頭巾, 聲ぶりの, 肉に, 被った, 被ったの, 被った鳥打帽子, 被った黒天鵞絨, 被つたソフト, 被つて, 被り助手台, 被り空色, 覆つて, 質素で, 身には, 配備せられた, 配置された, 配置する, 隠れた頭巾, 須田伯耆は, 頬冠り, 頭巾に, 風呂敷包を, 風通の, 鳥打帽を, 鳴かせて

▼ 深~ (62, 1.7%)

3 な顔 2 な丸坊主, な口調, に, に呟いた, に審判, に眺め

1 [47件] ではあった, なるに, な中, な双眸, な早苗, な気味, な沈黙, な潤んだ, な眼, な稲, な言葉, な額, にいった, にうそ, にうちしおれ, にきき尋ねました, にし, にしんみり, にながめ, になります, にほほえんだ, にまだ, にも静か, にジックリ, に下, に何, に叫ぶ, に問う, に圓太郎, に圓朝, に姉娘, に差し止めた, に御覧, に旧暦四月, に歩む, に油単, に腕組み, に自分, に見, に見る, に見廻した, に話しつづけた, に近所, に鑑賞, に飾っ, に黙, の世

▼ 深~ (47, 1.3%)

2 ような, 一標に, 街の

1 [41件] この不都合, ところでは, ものだ, ものに, アパートに, アパートを, 一字を, 五人であった, 人も, 作曲した, 出演を, 参詣に, 四標的取り出し來つて奇無しと, 四箇の, 夜空は, 嫌われ者, 存在は, 居邸結構, 帰途の, 手は, 持って, 指の, 敵陣地帯を, 歐洲人を, 気が, 浪の, 演奏する, 眞矢で, 真矢, 祝賀演奏が, 窓の, 腹がたぶりと, 若い百姓, 要素である, 言い出したの, 頭は, 顔から, 顔は, 風には, 風は, 髯では

▼ 深~ (41, 1.1%)

5 して 2 するだけの, するの, する事, すれば, 経蔵

1 [26件] しかけると, した, した事, した程度に, した葛藤, しちや, しないで, しようと, しようとは, する, すること, すると, するほど, するもの, する途, せぬに, つて聞き, に及んだ, の危険, もしなかった, もしなかつた, をさせたくない, をし, をする, 七百餘里, 瑞西地蹈破千山万壑煙

▼ 深~ (39, 1.1%)

2 なもの, な力, な意義, な愛

1 [31件] さ, さが, さとが, さに, であった, であつ, でありそこ, であれば, ではない, なること稀有, なるもの, なる価値, なる恩情, なる感動, なる敬意, なる注意, なる素朴, なる證據, なる貢獻, な仏, な思想, な意味, な感動, な技法, な犠牲, な考, になり得ない, の不愉快, の厚意, の敬禮, 豊富に

▼ 深~ (36, 1.0%)

3 なの 2 であるが, なる觀察

1 [29件] でありそして, であり他, であるからと, でこれ, で心細い, で日向守, で痛切, なもの, なセンチメンタリズム, な恋敵, な悲痛, な意味, な感じ, な教訓, な更に, な苦鹹, な血, な音楽, な騒ぎ, な騷ぎがそこら一帶, に寫されてる, に手古摺っ, に直ちに, に罰せられる, らしく考へられる, を極め, を極めて, を看板, 過ぎますので

▼ 深~ (32, 0.9%)

1 [32件] であるから, と凄, なもの, なるあ, なる調子, な光, な妖色, な山, な意味, な活動, な異教, な碧色, な音楽, に静まり返っ, に響く, の中, の力, の古城, の意味, の故郷, の神, の約束, の群, の薬種, の間者牢, は幽, は言いたくない, は闇黒, らしい謎, らしく聞えますからね, をつかむ, を体得

▼ 深~ (30, 0.8%)

2 なもの, な暗示, の自覚

1 [24件] いさぎよく白状, とやらの故, ないたずら, な手紙, な様子, な策, な罪惡感, な肉霊, な註釈, にフーフー, に呼吸, に点頭いた, のまま, の人, の人間, の口伝, の呪詛, の味, の地, の悲誓, 以上の, 厳粛たる, 如在を, 罷りかうむるべきもの也

▼ 深~ (29, 0.8%)

3 りき 2 きものある, まり安き, まるにつれて, まるの, り, ッた

1 [14件] あねえか, したもの, すぎるから, すぎるの, そうな, まつて, まり私を, まること, まると, まるばかり, めさせも, ツた, 情の, 深かと

▼ 深~ (25, 0.7%)

2 新なり

1 [23件] いやな, さして驚いた, ずかずかと, その儘聴衆, つまみ食いを, まりし, まりは, ガクリと, 三室銀子と, 何んの, 冷静に, 名代の, 大とは, 如何にも口惜し, 客間の, 幾度か, 我々友人達の, 所有権の, 此の, 浅の, 自分一人の, 首を, 驚くべき天才

▼ 深~ (24, 0.7%)

5 に凪いだ 4 の空 3 の水 2 の色 1 で富士北麓, と對照, なる地球, にし, に拭われ, に映じ, の光, の大空, の波, の面

▼ 深~ (23, 0.6%)

1 [23件] か, からな, だから弁当, とこで, のう, ばかりで, エテ物が, 中で, 事情が, 人だ, 人は, 人間だった, 人間でねえ, 仔細が, 処へ, 女だった, 女は, 思召が, 母親が, 母親がな, 男に, 私が, 馴染の

▼ 深かりし~ (23, 0.6%)

1 [23件] がその, ことは, ためこ, ために, という, とも, なりと, にはあらね, のみ, は漸く, は色褪せたる, ものを, やを, より半白, を知るべし, 夫婦の, 姉上われは, 彼が, 慈愛の, 我が妻, 者なりき, 者ばかり, 霧霽れゆき

▼ 深~ (23, 0.6%)

2 が分らぬ

1 [21件] からフワフワ, から光り, から湧き上っ, から湧き出した, から湧き出す, における一定, における意向, にしかも, にはいつも, には何, に向かい, に坐し, に多い, に太陽, に澄ん, に隠れたる, の中, の巴ヶ淵, の温度, まで五十メートル, を囲ん

▼ 深まつ~ (22, 0.6%)

3 た, て来た, て行く

1 [13件] たある, たであらうか, たとは, たの, た一室, た午後, た秋, てくる, てゐる, てゐるだらう, て来, て来る, て行く見たい

▼ 深~ (21, 0.6%)

3 に徹した 2 がそんな, にふれ

1 [14件] にあ, にあっ, にふれぬ, に徹し, に徹し過ぎ, に徹する, に根ざした, に育った, に達した, へ入ったらしく, よりし, を究める, 過, 隠

▼ 深すぎる~ (17, 0.5%)

1 [17件] いくじなし, かも知れない, からと云っ, くらいだ, じゃない, せいかも, ぜ, ということ, ところから, ので, のでそれで, ほかならぬ, んだ, んです, 人に, 狂わしい悲しみ, 話に

▼ 深~ (15, 0.4%)

2 笠を

1 [13件] ユダヤ人だらう, 人の, 哲理を, 唄だ, 土蔵の, 地主には, 希望を, 気分が, 編笠に, 計画に, 醉拂ひでも, 鳥の, 黒の

▼ 深~ (15, 0.4%)

3 つて行つた 2 つてゐた 1 つた家の, つた御, つて, つては, つてゐ, つて行く, つて行つたのだ, つて行つたのである, つて行つたのは, む

▼ 深~ (15, 0.4%)

14 のある 1 がある

▼ 深~ (15, 0.4%)

1 [15件] とその, とは光, にはそれ自身, には一切, にゆく, に導く, に沈ましむ, に沈む, に注げ, に觸, に象限相, の底, よりあたかも, より生き, より目

▼ 深さうに~ (14, 0.4%)

2 見えるもの

1 [12件] うつむきながら, して, その大きな餌, つぶやいた, ながれて, ヘラヘラと, 見えても, 見えるの, 見える書物, 見せる文学, 見つめる, 讀み耽つて

▼ 深~ (14, 0.4%)

2 と憤怒, の久我, の眼, を抱い 1 に凝固, のある, の刃, の恐ろし, を含ん, を結ばせ

▼ 深~ (13, 0.4%)

2 の女, の涼傘 1 でなくっても, で上, になった, の傘, の橄欖色, の洋傘, の蝙蝠傘澄し, を帯, を買っ

▼ 深~ (12, 0.3%)

1 [12件] にのみ御座, に住み, に入れ, に徹す, に潜, に育ちたまい, に遷され, のお, の女性, の白, の破, の花

▼ 深~ (12, 0.3%)

1 [12件] かと思う, という言葉, といふ語句, とか濃, と同じ, と執拗, と智性, に到り, に感じ, や半兵衛, を湛えたる, 濃感

▼ 深~ (11, 0.3%)

2 かとした, かと黒く 1 かと, かとおろし, かと掛布団, かと胸, かと胸いっぱい息, かと襟, かと青い

▼ 深~ (9, 0.3%)

1 あるの, 一様でなく, 出て, 大なる, 寂しい声, 次第に淺, 河堤の, 誰かに, 透かさず指

▼ 深~ (9, 0.3%)

2 格闘した 1 いふ語については, 創造力はか, 北方の, 大との, 更けて, 浅とが, 鼓膜を

▼ 深~ (9, 0.3%)

1 助手台に, 勉めて, 十一二の, 増して, 標的と, 求むれば, 知るあたわず, 約す夜, 試みて

▼ 深~ (9, 0.3%)

2 の傷, の傷口 1 の槍傷, の辺, へ矢, を抑え, を突かれた

▼ 深過ぎる~ (9, 0.3%)

2 のでどうも 1 かと遠慮, じゃあねえか, という, と何, のサ, を笑った, 性質で

▼ 深かに~ (8, 0.2%)

2 かぶった黄いろい 1 おろしトンビ, かぶった手拭い, かぶり三階, かむつて, 冠った, 冠って

▼ 深山理学士~ (8, 0.2%)

1 が戸棚, だ, だった, と生徒, の方, の研究室, は当夜例, を呼び出した

▼ 深かるべき~ (7, 0.2%)

1 ぞ, ところを, を, をいよいよ, 民俗には, 理あり, 道理ならずや

▼ 深~ (7, 0.2%)

1 なる見解, な心持, に沈潛, に祕密, へあれ, へ行つて, 測る可

▼ 深殿~ (7, 0.2%)

1 に吉宗, に土足, に導かれた, に引き籠り, の灯, の裡, へそうして

▼ 深~ (7, 0.2%)

1 から源, には四季雪原, に冷水, に横たへ, の渓, の釣興, を探る

▼ 深~ (7, 0.2%)

2 の紅 1 で所々黯青, の天鵞絨, の色, の闇, の雲

▼ 深~ (7, 0.2%)

1 の最初, や社交界, を履い, を穿い, を穿き, を穿ち, を隠す

▼ 深すぎ~ (6, 0.2%)

1 てあと, ていけない, ても浅, て伝内, て昼, 豪奢で

▼ 深川辺~ (6, 0.2%)

2 まで尋ね 1 の友達, の堀割, の旦那, の者

▼ 深張り~ (6, 0.2%)

1 の一脚, の橄欖色, の洋傘, の涼傘, の長い, の革椅子

▼ 深~ (6, 0.2%)

2 にかぶつ 1 お互に, にし, に刺す, の向付

▼ 深~ (6, 0.2%)

1 された, して, し如何, する日, と自, を聞かせ

▼ 深~ (6, 0.2%)

2 な感情 1 あるをば, がなくなっ, に逆戻り, はだんだん

▼ 深般若波羅蜜多~ (6, 0.2%)

5 を行ずる 1 を行

▼ 深~ (5, 0.1%)

1 は有る, 将来の, 海岸には, 無限に, 白いデリケート

▼ 深みどり~ (5, 0.1%)

2 我が水上 1 の樹蔭, の水面, はましろ

▼ 深~ (5, 0.1%)

1 だ弦, のいただき, の一角, の狼, の霧

▼ 深川西町~ (5, 0.1%)

1 から良い, に金貸し, の小橋屋, への道, まで行つて

▼ 深栖三郎~ (5, 0.1%)

1 が捕えた, という者, と同, はそれ, は突如

▼ 深~ (5, 0.1%)

1 な眼, にそして, に云, に空, に訊ねた

▼ 深~ (5, 0.1%)

1 であって, なる合理的, な哲理, な汎神論, を極

▼ 深~ (5, 0.1%)

1 が運ばれ, なぞを順に, のふた, へスープ, を二枚画室

▼ 深~ (5, 0.1%)

2 あり, あるもの 1 を取った

▼ 深~ (5, 0.1%)

1 に徹した, のこれ善, を語り, を説い, を述べ

▼ 深~ (5, 0.1%)

3 諸屋 1 したま, したまま

▼ 深藍色~ (5, 0.1%)

2 の大空 1 にすつ, の反射, を交え

▼ 深~ (5, 0.1%)

1 あり二党, とみなす, と見, の母娘, の目

▼ 深谿~ (5, 0.1%)

1 の水, の温泉宿, へ落ち, を見おろす, を跋渉

▼ 深~ (5, 0.1%)

2 なる瞳 1 なる奔潮天, に化しおる, 青黒浅黒などと

▼ 深かり~ (4, 0.1%)

1 さうな語, しも後, そうな, 相な

▼ 深さ三尺~ (4, 0.1%)

1 に余る, の床, ばかりの小池, ほどの墓穴

▼ 深なる~ (4, 0.1%)

1 を勉めなけれ, 形而上学の, 者は, 鬼神を

▼ 深にか~ (4, 0.1%)

3 ぶつた 1 ぶつて

▼ 深むらさき~ (4, 0.1%)

1 に濡れ, のびろう, の壁, の首長

▼ 深~ (4, 0.1%)

1 その日当り, また意欲, 助けたいと, 斯くや

▼ 深~ (4, 0.1%)

1 として赭黒, なる人世, の気合, を悟らす

▼ 深~ (4, 0.1%)

2 に潜む, の方

▼ 深~ (4, 0.1%)

1 に沈みつ, の感慨, の水, の遑

▼ 深~ (4, 0.1%)

2 なり 1 に陥り, に陷

▼ 深~ (4, 0.1%)

1 が, が羨ん, のよう, の顔つき

▼ 深~ (4, 0.1%)

1 に一千万本竹, に人家, に来かかる, の中

▼ 深~ (4, 0.1%)

1 に, には夫人たち, のひと, の後閣

▼ 深かる~ (3, 0.1%)

2 草花の 1 べしただ

▼ 深さ三四尺~ (3, 0.1%)

1 たった五六坪, の空地, ほどで

▼ 深さ二丈~ (3, 0.1%)

2 も其上 1 ばかりの大穴

▼ 深さ大さ~ (3, 0.1%)

1 から発展, にふれる, の欠乏

▼ 深さ底~ (3, 0.1%)

1 が知れず, なき心, 知れぬ神秘感

▼ 深~ (3, 0.1%)

1 ぎるにちげえねえっていうんだよ, と今度, 事が

▼ 深すぎた~ (3, 0.1%)

1 こと, ことが, 努力を

▼ 深たる~ (3, 0.1%)

1 何かの, 悪人の, 木立の

▼ 深~ (3, 0.1%)

1 と見へ, なんてそんな, よ

▼ 深である~ (3, 0.1%)

1 ために, としても宗教的, 父親の

▼ 深という~ (3, 0.1%)

1 人と, 字については, 役割

▼ 深には~ (3, 0.1%)

1 世間も, 家を, 眼も

▼ 深~ (3, 0.1%)

1 ほど何やら, を見れ, 聴く

▼ 深~ (3, 0.1%)

1 大恩アル祖母, 深イ, 睡リニ落チテイルヨウニ

▼ 深~ (3, 0.1%)

1 で圖畫, に請托, のながれ

▼ 深~ (3, 0.1%)

1 の太守, の録事参軍, へも廻っ

▼ 深~ (3, 0.1%)

1 のある, のした, リニ彫

▼ 深思し~ (3, 0.1%)

1 ていた, ております, て実は

▼ 深根輔仁~ (3, 0.1%)

21 の本草

▼ 深~ (3, 0.1%)

1 あるに, とは固, の差

▼ 深~ (3, 0.1%)

1 になやむ, に悩ん, を負

▼ 深~ (3, 0.1%)

1 といふこと, の候美花, の季節

▼ 深~ (3, 0.1%)

1 したたるばかりの, に萌黄, り

▼ 深~ (3, 0.1%)

1 にはまった, へザクッ, をやられた

▼ 深~ (3, 0.1%)

1 で折, の一堂, の女性

▼ 深過ぎ~ (3, 0.1%)

1 たり浅, て困る, はしない

▼ 深~ (3, 0.1%)

1 だ, に青ざめた, をし

▼ 深重煩悩熾盛~ (3, 0.1%)

2 の衆生 1 の私たち

▼ 深いたましい~ (2, 0.1%)

1 の動き, の要求

▼ 深え御~ (2, 0.1%)

2 縁かと

▼ 深かい~ (2, 0.1%)

1 のと巌壁, 涙である

▼ 深かく~ (2, 0.1%)

1 分け入ると, 行く先々

▼ 深かめ~ (2, 0.1%)

1 てゐる, て自暴自棄

▼ 深かりけれ~ (2, 0.1%)

1 ばこの, ば飲

▼ 深かるべく~ (2, 0.1%)

1 これらの, もあらぬ

▼ 深げに~ (2, 0.1%)

1 その入口, その大勢

▼ 深さうな~ (2, 0.1%)

1 のも, 打見よりは

▼ 深さそれ~ (2, 0.1%)

1 があの, は文学

▼ 深さん~ (2, 0.1%)

1 だね, と云いました

▼ 深さ一キロメートル~ (2, 0.1%)

1 に対する温度増加率, を加える

▼ 深さ一メートル~ (2, 0.1%)

1 に及ぶ, の四角

▼ 深さ一丈~ (2, 0.1%)

1 に近い, 長さ六尺

▼ 深さ一寸~ (2, 0.1%)

1 くらいのくぼみ, 程咽突創一箇所

▼ 深さ一尺~ (2, 0.1%)

1 ぐらいで長方形, ばかりの溜り水

▼ 深さ丈余~ (2, 0.1%)

1 の小, もある

▼ 深さ二フィート~ (2, 0.1%)

1 である, の大きな

▼ 深さ二三間幅一二間~ (2, 0.1%)

2 その底

▼ 深さ二十尺~ (2, 0.1%)

1 といはれる, もある陥し

▼ 深さ二寸~ (2, 0.1%)

1 ぐらいの穴, 程同所下之方

▼ 深さ五尺~ (2, 0.1%)

2 に近く

▼ 深さ八九寸~ (2, 0.1%)

2 より三尺

▼ 深さ六七尺~ (2, 0.1%)

1 の溝, もありました

▼ 深さ六分~ (2, 0.1%)

1 程右, 程左耳

▼ 深さ四寸~ (2, 0.1%)

1 というの, 程同所脇肩

▼ 深さ幾丈~ (2, 0.1%)

1 だか, 遠い地

▼ 深さ水~ (2, 0.1%)

2 の碧

▼ 深さ膝~ (2, 0.1%)

1 を没し, を過ぎ

▼ 深さ複雑さ~ (2, 0.1%)

1 の一つ, は西洋

▼ 深さ骨膜~ (2, 0.1%)

2 に達する

▼ 深として~ (2, 0.1%)

1 暗い, 燭台の

▼ 深なさけ~ (2, 0.1%)

1 で女, で男

▼ 深なりから~ (2, 0.1%)

2 かさもみの

▼ 深まさっ~ (2, 0.1%)

1 て美しい, て行く

▼ 深まさり行く~ (2, 0.1%)

1 ところの, 夕まぐれ

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 てし, て一

▼ 深むなり~ (2, 0.1%)

2 ふりつもるなり

▼ 深んで~ (2, 0.1%)

1 いるらしかった, 來る

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 入ッテ撃ツヲイウ, 蒙シ聖高野山ニ候間暫御忍ビアレ

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 は皆それ, 漸定

▼ 深~ (2, 0.1%)

2 深慈

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 ある仏国, の冥土

▼ 深光寺~ (2, 0.1%)

1 といふ寺, へ押込み

▼ 深処春~ (2, 0.1%)

2 猶浅

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 で今度, の存する

▼ 深~ (2, 0.1%)

2 恐入

▼ 深妙境~ (2, 0.1%)

1 をここ, をし

▼ 深左衞門様~ (2, 0.1%)

2

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 と清楚, は自

▼ 深底部~ (2, 0.1%)

1 にある, の岩礁

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 になっ, のぬるい

▼ 深~ (2, 0.1%)

2 な智識

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 とは申し, に信用

▼ 深情謝~ (2, 0.1%)

1 すべし, するに

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 でないまでも, の性質

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 の手, や松井

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 の中, の緑

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 でない場合, な幸福

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 で大変細工, の破れた

▼ 深淺皆沈沒取~ (2, 0.1%)

1 之, 之東南陸行五百里

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 と同病, に

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 が出来, も雪

▼ 深~ (2, 0.1%)

2 の態

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 と, へ落す

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 いろの, に渦巻い

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 し各, の葉

▼ 深透レントゲン~ (2, 0.1%)

1 が大, をやっ

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 が六歳, が死した

▼ 深過ぎた~ (2, 0.1%)

1 し庇, ぞ

▼ 深酌高唱~ (2, 0.1%)

2 時には

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 でたく, をひっくりかえし

▼ 深~ (2, 0.1%)

1 に映った, の敷物

▼1* [442件]

あい呼吸を, 深あく察するの, 深いあわれさを, 深いおけでオートバイ選手が, 深いきず痕に, 深いちぎりとまではゆかないけれども一人の男, 深いま行音のま, 深えおっ母を, 深えたッてなんて, 深えつ位だなんて, 深かかったのである, 深かき想ひに, 深かき知識である, 深かけりゃ腰まで, 深かければそれ, 深かげにながめる, 深かと腰を, 深かまってしまった, 深かめたのみだつた, 深かめ苛立つために, 深かりけり内々秀吉に, 深かりしなるべきも岡, 深かりし思ひ出で, 深きみし人, 深きみ心を難, 深くくくれた蝋細工, 深くさう答へ, 深くる程に, 深ぐれば畝, 深けれども能く, 深こうして睨み合ってるよう, 深これ有べからず候, 深さいかんによりある, 深さうだつた, 深さうに一考した後, 深さうに今までのいきさつ, 深さうに地平線の方, 深さうに彼は自分, 深さうに相手の腕, 深さうに私を見つめた, 深さうに腕を拱きました, 深さうに花と花, 深さうに首をかしげ, 深さうに鬚をしごき, 深さざつと三間くらゐ石, 深さそこにある, 深さそのものに於, 深さその他朝子の愛する, 深さ一インチ半のガラス函, 深さ一フィート以上の場所, 深さ一フィート強で大人四人, 深さ一メートル以上になる, 深さ一・五センチばかりの傷口, 深さ一丈余の湖底, 深さ一二尺位の玉石底, 深さ一分の水盤の水, 深さ一寸三分の箱に順序, 深さ一尺五寸ばかりの巻き返し, 深さ一糎ばかりの水, 深さ一間ぐらいの, 深さ七十尺底には一滴, 深さ七尺ずつを三尺おき, 深さ三十五ノツトより四十ノツト, 深さ三十五尺のグロテスク, 深さ三尺ぐらゐで両方の舷側, 深さ三尺五寸もあらう, 深さ三尺余りの細長い, 深さ三尺前後であろう, 深さ三百五十メートルほどもあり, 深さ二フィート以上の堆積, 深さ二メートルあまりの井戸, 深さ二三十間の大, 深さ二三寸の堅木, 深さ二十ひろから百, 深さ二十間ぐらいの摺鉢形, 深さ二十間水深約一丈, 深さ二厘乃至三厘, 深さ二寸位なブリキ製, 深さ二寸余の穴, 深さ二尺ばかりの天然, 深さ五メートルまでについてたくさん, 深さ五分ばかり入れ, 深さ五分くらゐの, 深さ五十キロのをおろし, 深さ五十米突に足らぬ, 深さ五寸に及ぶ, 深さ五米のところ, 深さ五米突に及ん, 深さ人心の無常, 深さ人柄の流露, 深さ他の夢ども, 深さ以上潜ると, 深さ以外に競争, 深さ作者としての参考, 深さ健康と完全, 深さ八フィートの木, 深さ八十尺の淵, 深さ六フィートまですっかり, 深さ六七寸それが怪物, 深さ六尺位広さ五六畳, 深さ十センチまでの泥, 深さ十メートルの塹壕, 深さ十五メートルの綱, 深さ十八尺もあろう, 深さ十数メートルの泥, 深さ千仭の渓河, 深さ名声への卑俗, 深さ向上して, 深さ周囲を申します, 深さ哀れさがここ, 深さ四〇メートルばかりの谷, 深さ四メートルちかくの, 深さ四丈ばかりで, 深さ四五フィート運河の両側, 深さ四尺くらいの小さい, 深さ四間半もあっ, 深さ地軸に達せん, 深さ大抵二尋以上上総澪はその, 深さ天井の高, 深さ実現されたらば, 深さ山の高, 深さ山住の我ら, 深さ嶮しさ, 深さ幾何とかいう事, 深さ幾百尺なるを, 深さ床框の高, 深さ底石の大小, 深さ彼を憤らす, 深さ御霊感に満ちた, 深さ思想の深, 深さ意図の逞, 深さ戯作性の振幅, 深さ数丈のところ, 深さ数寸さし渡し一尺位の穴, 深さ数尺の雪, 深さ數尺の雪, 深さ時ありて, 深さ期待や信頼, 深さ正確さ規模に於, 深さ淺さを見る, 深さ痛切さは肉, 深さ百キロの棚, 深さ百六十八尋以上だと, 深さ直接性に著しい, 深さ相知不申, 深さ私は毎度, 深さ空間的に拡がっ, 深さ等によってキッ, 深さ精神的なこと, 深さ純一さのみが貞潔, 深さ絲竹の道, 深さ絹糸の如き, 深さ美的幻影の濃, 深さ股に達する, 深さ胸にしみる, 深さ腰に達し, 深さ自然さがそれなり, 深さ草の深, 深さ虚ろさ冷たさ, 深さ蛭巻の半ば, 深さ複雑さ奇怪さに当年, 深さ豊かさであります, 深さ郷愁の悲し, 深さ重みというもの, 深さ鋭さはげしさ, 深さ間口の広, 深さ陰翳の濃, 深さ静かさそれに於, 深さ静けさこまやかさわびしさ, 深さ骨に達する, 深しだして, 深じゃが本宅まで, 深まりへ, 深だったのです, 深入りした, 深ですのね, 深で有る程の, 深との雪中の, 深なお十夜頭巾, 深などもまた動詞, 深なりしかば郷人呼ん, 深なりましてん, 深にまで絶交状を, 深入った飛騨, 深ませる肅かな, 深まったつき当りの, 深までイノコモチを, 深までも唄わせること, 深みたいに往来, 深みどり海はろばろ, 深みるのよせ, 深むか荻の, 深むにつれて次第にその, 深むにつれて彼らの騒ぎ, 深むにつれ熱気が街, 深むべく一新紀元, 深むらん, 深む七面鳥のしづけ, 深む移りのほか, 深の鉢, 深と潜り戸, 深だ今, 深ん坊の冷えつ, 深ん坊ぢや斯うだつ, 深イ人ニ向ッテコウイウ, 深イ仲ダツタラシクテワタシタチノ忠告ナド耳ニモ入レヨウトシマセンデシタ, 深イ注意ヲモッテカカル人間ニ対シ適当ナ電波的保護, 深イ関係ヲ持ツコトハイウマデモナイ, 深ウシテ精微ニ至ラバ則チ後生ニ至テ新理, 深ウスルトハ遽カニ見レバ兩ツノ者相反スルガ如クナレドモ, 深ウスルニテ固ヨリ時勢, 深エ仔細がある, 深カヽラヌ人ハ必ズ骨董商ノ為メニ, 深キ賢母ヲ勞働, 深クオハシケル上ニ類ヒナキ絵書キニテゾオ在シケル, 深クモ宿ル夢路ヲ破, 深ク國民ノ腦裡ニ刻マレ明治維新以後三十餘星霜, 深ク嶮岨ナル故通路ナシ, 深ク森林ニ入リ, 深ク注意ス可, 深ク溺レテ景ヲ好, 深ク礼謝致シ候段ヲ申述ベ, 深ゴムを履きゃしねえ, 深ゴム靴は圓, 深サヲ計レ, 深ミドロ光ノ網目, 深一尺横径三寸三分余の円筒型, 深似春, 深と名, 深井丸へ出, 深井戸の水, 深仇宿怨あるに, 深仇宿敵であり北条, 深仏海涼初湧, 深仙幽谷を跋渉, 深傷浅傷の槍創, 深光寺良念寺徳雲寺と四軒, 深入無際成就一切荘厳端麗あり, 深六十キロ正面約八十キロ, 深処暁冥冥雲影侵窓夢忽醒残雪懸天, 深処東より移り, 深処電灯明満城人動春如湧, 深切身にしみじみ, 深骨, 深がある, 深千岩雪と書い, 深卑劣漢などが出現, 深な学問, 深厚薄によること, 深託, 深史進李逵浪裡白跳張順など痛く, 深の偉大, 深君恩の辱, 深和尚が筍, 深無不知, 深問いして, 深にいる, 深園雨過緑陰重, 深がある, 深に落ちる, 深増さるばかりで, 深から何百尺, 深夜業なしに, 深奧複雜でより, 深如今滿の五字, 深とかいう意味, 深にひとり慷慨, 深御書閣, 深をし, 深寝入りを忌んだ, 深尾家が治め, 深屋敷の塀, 深山木竅中これあり大, 深山田の如き, 深山路の霜, 深崇寺に栗崎道喜, 深嵌りで家も, 深とした, 深川上の橋附近, 深川町行乞巡査がき, 深に関はり, 深巷寂として行人, 深帰りしに, 深帳花毛氈や銀, 深幽遠大天地融合の相, 深廂昼もをぐらき家, 深廂晝もをぐらき家, 深であるとして, 深廣十歳の榮壽軒利貞, 深建昌軍に謫, 深張傘をさし, 深彫で小日向服部坂深見新, 深彫りを浮き立たせ, 深徹してゐる, 深怒してこれ, 深思させる人生と, 深思されたと伝えられる, 深思される時である, 深思する心は, 深思反省のうち, 深思熟慮能くその, 深思熟考したもの, 深怨無残の悪相, 深恨断腸三代の呉, 深患大敵とする, 深な苦笑, 深情つてのを通, 深情綿々とした, 深情緒不如今如今強倚闌, 深情親子を棄て, 深惚れしている, 深惚れしとる事だけは, 深愛貞節の如き, 深慈臣が狂愚, 深慈臣ガ狂愚ヲ憐レミテ, 深亦多年, 深へ馳, 深遠計, 深掘りだが, 深敬病院あるのみ, 深数十里幽暗不, 深の家, 深斜塔鞦韆索樓閣朦朧煙雨中と云, 深智達識はまことに, 深なの, 深更けに喜久井町, 深の事, 深林養へる, 深栖三郎光重とかその, 深固蔕, 深梅花香底伝佳話只少, 深の四標的, 深殿中に起居, 深江彦一氏の編輯, 深沙竜王と札, 深沙竜王竜宮の使い, 深沼氏の推讃, 深洞中より時に, 深流万山のふところ, 深海松採み, 深海松夕なぎに来依る, 深などという徒渉, 深淺厚薄は有る, 深淺空實を區別, 深に白い, 深湛遠慮の存する, 深溪博林幽澗無人, 深大いに気に入った, 深になり, 深のごとき, 深爺さんが後で, 深聴電車走, 深の庄, 深のある, 深だったけれども, 深益甚し, 深古極長, 深目隆準明, 深を罷め, 深着世楽無有慧心, 深ただ眼晴烱, 深矣楊子之談也, 深石置場のかげ, 深祕さで雪, 深祕世界を幻出し, 深禅身ヲ厳リ, 深秋君未回, 深秘人参畑の血塚, 深今寥可, 深穴国に至る, 深にある, 深にゐよう, 深窶れにだれ, 深笑靨でそれ, 深をとっ, 深を調, 深なり尤も, 深八十キロである, 深なるもの, 深がさ, 深です, 深義戒行清潔特閑禁呪とあり, 深翠肩の上, 深せなければ, 深股滅茶滅茶に突い, 深至高の願, 深致指麾置儀御座候に付, 深良家と申します, 深艸元政を引いた, 深艸少将の如く, 深苑吹上の奥, 深にはっきり, 深の様, 深草山稲荷山などの土, 深草野とやなりなん, 深處迎春歸鞦韆影裏紅杏肥濛濛花氣濕人面東風吹冷輕羅衣などといふ句, 深覗きというの, 深覗きいたして来い, 深親父も今更どう, 深の人, 深読書窓下当年燭照到天人造化心, 深の従七位, 深讐仇敵のご, 深谿幽谷の間, 深第三百五, 深の感, 深へさしかかった, 深造岩であるが, 深ぎるぢやないか, 深過ぎますが, 深過るヨお, 深達度をもっ, 深酷無残な苦悩, 深酷痛烈な批判, 深の加賀, 深重なり謁に, 深重なることも, 深にこんもり, 深とも見えない, 深に何とか, 深防禦の新, 深院晝猶暗, 深陥して浮, 深梅, 深邁と, 深漸散, 深にとざさる, 深に朝, 深な生命, 深靴衿巻耳掩を細君, 深を以て響き, 深風凪に息, 深飲みしたものです, 深飲みする酒友の, 深養父の後, 深馬上に長刀, 深馴染だ, 深馴染どこか銀座あたり, 深馴染みの妓, 深高ニシテ栂椴山毛欅楢ノ属喬鬱森立シ, 深黄色甚多し, 深黛色の装い