青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「消息~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

海岸~ 海底~ 海軍~ ~消え 消え~ ~消えた ~消える ~消し 消し~ ~消息
消息~
消費~ ~涙 涙~ 涼しい~ ~淋し 淋し~ ~淋しい 淋しい~ 淋しく~ ~深

「消息~」 1880, 20ppm, 5663位

▼ 消息~ (780, 41.5%)

23 絶って 15 語るもの 12 知って, 語って 8 伝えて, 物語って, 知ること 6 断って, 聞いて, 解して 5 手に, 知らない, 耳に 4 尋ねた, 待って, 明らかに, 絶つて, 詳に, 遣して

3 [14件] 伝えた, 伝えたもの, 伝へて, 傳へて, 少しも, 持って, 探ること, 断つて, 案じて, 知るもの, 聞いたこと, 聞くこと, 解する者, 話して

2 [49件] くれたまえ, さぐりに, した, たずねると, たった, たって, もたらして, 一刻も, 傳へる, 受けた人, 受けて, 告げて, 問うて, 外ながら, 婦人雑誌や, 岸本に, 得て, 探って, 明に, 洩して, 知ってる者, 知つ, 知らせて, 知らないの, 知らねば, 知りたければ, 知るに, 知ろうと, 知ろうとして, 絶えず何処, 絶し, 絶ったという, 聞いた, 聞かして, 聞かずに, 聞かない, 聞かないが, 聞かないの, 聞かなかったが, 聞きたが, 聞きますと, 聞くと, 語つてゐる, 語るに, 諳んじて, 質問し, 送って, 雄弁に, 齎して

1 [497件] あかずに, あつめて, あなたが, あのおふくろ, あまり伝え, あまり知らない, いただくと, うかがうに, うかがうよう, うかがって, うたがいあって, えようと, おそしと, おひろげ, おぼろげに, およこし, お伝え申しましょう, お書き, お知りなさるまい, お種, お話申しあげ, お送りに, かえって向う, かたって, きいて, きかうとも, きかされた時, きかされるやう, きき動坂, きけたこと, くらまして, くれと, くわしく知る, こういう言葉, ことづけて, この鳩, さきに, さぐりふたつ, さし上げました, さへ, しかと伝, したいと, したが, しようと, しらない, しらば, しらべるのに, しりませんでした, するこの, する人, その中, それとなく聞き糺し, たしかめるひま, たずさえた高野, たずねたところ, たずねまた, たずねまわったが, たずねまわり秀麗, たずねる人, たずね合ったり, たずね江漢老人, たずね釜石, ただして, たちこの, たち生きて, たったまま, たったよう, たった現場, たつその, たづねたりした, たづねる, だれも, つかまえたいん, つかむこと, つきとめお, つきとめ阿波, つくやう, つたえたの, つたえられては, つたえるといった, つたえるもの, とくと胸, とりかわしとうとう, とりまいて, なんとかし, はなして, ほとんど御, ぼんやりと, まったく知らない, まづ, まとめて, まるで聞い, みな知っ, もたらした, もたらすを, もって, もつともよく知, もとめる役目, もの語つた伝記の, もれ聴いて, やりとりし, ようとして, よく伝え, よく解し, よく送る, よこして, よんで, ジョージ一世の, スタンレーから, リモオジュの, 一々探り取らせた, 一つ一つ現実に, 一の, 一人の, 一時途中で, 一言で, 三吉は, 上に, 下すった, 世に傳, 世間に, 並べた中, 乳屋が, 云々し, 互いに会しいたるならざる, 井上唖々は, 交わして, 人伝に, 他の, 他人の, 伝うべき電線, 伝えたの, 伝えたりも, 伝えた作品, 伝えた歌, 伝えた言葉, 伝えようと, 伝えることば, 伝えるころ, 伝えると, 伝えるの, 伝える意志, 伝えんと, 伝ふべし, 伝へた, 伝へたもの, 併せて, 傳ふも, 傳ふる, 僅かに, 僕に, 兄から, 兄に, 入れた文箱, 全く知つて, 全く知らなかった, 八五郎は, 出して, 出来るだけ, 初めて聞き知りました, 前者も, 剔抉し, 取って, 取り出して, 取り次いだ, 取り次がせると, 受け取らなかったと, 受取って, 受取るので, 呉れ見舞, 告げること, 告げ晩, 唖に, 唯二人の, 問い荊州, 問うべきぞ, 問ひ, 問ふ, 問わんと, 嗅ぎ出すこと, 報ずる一長文, 報告しました, 夢中に, 失うたの, 失って, 失ふたの, 奉ること, 娘の, 存じて, 存ぜぬこと, 宇治の, 宇治へ, 家主たる, 審に, 封じ込んで, 尋ねたいと, 尋ねて, 尋ねなければ, 尋ねに, 尋ねること, 尋ねると, 尋ねるよう, 尋ね歩いて, 小六は, 小品に, 少しお話し, 少しずつ, 差し上げないと, 常に聞き得た, 弟夫婦から, 形として, 形而下に, 彼から, 彼に, 待ちあぐみはては, 待ちこ, 待ちながら, 待ちに, 待った, 待ったが, 待つうち, 待つため, 待遠しが, 得たきり, 得た喜び, 得ようとして, 得ようとも, 御取り交せ, 御存じない, 微細に, 心の, 心待ちに, 心得て, 心配し, 忍ぶにつれて, 忘れて, 恭敬頂戴し, 悟り得よう, 悟了, 我々に, 手から, 手紙で, 打ち返し打ち返し読んで, 打ち返し打ち返し読んでを, 拾いあげようと, 持参いたし, 指すの, 指示する, 捉えて, 捉えること, 探った, 探つて, 探り歩い, 掴みました, 描きたるの側, 携えが, 携へ, 教えて, 文献学主義, 断つた, 断つに, 断絶し, 日記に, 明かに, 春日藤左衞門に, 時々聞き知っ, 晦まし再び, 書いた, 書いた末, 書いて, 書かなければ, 書かれた雰囲気, 書きつけたところ, 書き私, 最も痛切, 有吉は, 朝夕海ばら越しに, 期待する, 根掘り, 案じながら, 欠いて, 歌ったもの, 氏に, 気づかって, 泄らし, 泄らせり, 注すれば, 洩したるもの, 洩す, 洩すもの, 洩らしたと, 洩らしたの, 洩らしたもの, 洩らし示して, 洩らせるもの, 洩れ聞くを, 渡した, 漏らして, 漏らすの, 無視し, 熟知し, 物語るの, 現代文に, 疑うもの, 疑ふもの, 的に, 直に探査, 眺めると, 知った, 知ったかも, 知ったとき独り声, 知った者, 知ってからの, 知っては, 知つてるらし, 知つてゐるであらう, 知らうと, 知らされた, 知らずに, 知らず心配, 知らせても, 知らせなければ, 知らせぬあの, 知らないまた, 知らない者, 知らなかったか, 知らなかったが, 知らなかったの, 知らなかった次第, 知らぬか, 知らぬの, 知らんが, 知らんとして, 知りかつ, 知りそれ, 知りたいこと, 知りたいと, 知りたいの, 知りたかったが, 知りよう, 知り嬉しく, 知り得る事, 知り放逐, 知り給ふか, 知るには, 知る事, 知る工夫, 知る手懸り, 知る由, 知れと, 知ろうという, 確める, 示して, 私の, 窺い得るであろう, 窺ふ, 窺ふよりなかつた, 立派に, 簡単に, 簡略に, 精神的により, 素っ破抜くと, 絶し居り候こと, 絶ちしもの, 絶ち誰, 絶った, 絶ったあの, 絶ったこと, 絶ったの, 絶ってから, 絶っては, 絶つたといふ, 絶つたガラツ八, 缺かさない, 考え出して, 聞いたもの, 聞かされた, 聞かされた後, 聞かされてからは, 聞かされましたとき, 聞かざりしが, 聞かず, 聞かずおも, 聞かずにおったところ, 聞かないかね, 聞かないので, 聞かなかった, 聞かぬ日, 聞かねえ聞きてえとも, 聞かば, 聞かんと, 聞かんの, 聞きかじッ, 聞きこれ, 聞きその, 聞きませぬが, 聞きませんでしたが, 聞き出そうと, 聞くこと能, 聞くに, 聞くまでの, 聞く事, 聞く折々, 聞けば, 聞こうと, 聴かされたから, 聴くこと, 胸に, 自覚し, 良人に, 苦も, 蕗子へ, 薄々感, 袋持三五郎から, 見たとて, 見て, 見れば, 見抜いて, 見遁, 解しそれ, 解し得たるもの, 解すべからずと, 解すべきもの, 解すべき者, 解すること, 解するだろう, 解するもの, 解せしが, 解せん, 訊かれると, 訊きに, 訊けませんでした, 訊ねた, 訊ねたの, 訊ねたり, 訊ねなど, 訊ねること, 訪ねて, 証拠だ, 話題に, 詳しく取り調べ初めた, 詳しく知らない, 詳知し, 詳細に, 認めた, 認めたり, 認めましたと, 語つては, 語つてゐない, 語つて下の, 語つて居る, 語らしめ犬, 語りそれ, 語り運命, 語るの, 語るよう, 語る言葉, 語出されぬ, 説明し, 説明した, 説明する, 読み泣きました, 読むこと, 読むと, 読んだ, 読んで, 誰かが, 諒する, 諒と, 貰って, 載せて, 載せるだけでも, 近く何かの, 近来しなくなった, 送りたいと, 逆に, 通じて, 通じること, 通じ給え, 通ずること, 通ずるに, 通ぜざるを, 通わして, 通わせて, 道元は, 遠く離れ, 遣わされて, 都へ, 随分古い, 電話で, 非科学的, 飲み込んで, 齋さなかった, 齎し来るべき彼, 齎すこと, 齎す者, 齎らし

▼ 消息~ (276, 14.7%)

7 杳として 6 絶えて 4 不明である, 判らなかった 3 これで, わからなかった, 少しも

2 [12件] ない, ないか, ないの, ばったりと, まったく絶え, 代助, 依然として謎, 分らない, 判らない, 明らかでない, 明らかに, 私には

1 [222件] あなたも, あらかたわかった, ありませぬか, ありません, ありませんでした, いささかも, いっさい不明であった, いつの間にか全く不明, いつまでも, うかがって, おのずから明, おろかまだ, きっと知れる, きわめて不, この伝説, この地方, この広告, これだけの, これらの, さぐり得たが, さっぱり知れない, さっぱり聞い, さっぱり聞かない, さらになかつた, さらに窺うべく, さらに聞かなくなりました, すぐ御, すでにそこ, そのま, その後いっこう, その後全く, その後全然, その苦き, それきり中野さんの, それきり全く, それっきり知られ, それッきり歴史上から, たえた, たれ伝, つたわって, つまびらかで, とくの, とだえ忘れられて, とんと聞かない, どうか, どんな消息, なかった, なきやと, なし, なしける, なし総督軍, のちに, はたと絶えた, はつきりしない, ばつたり, ほとんど一句, ほのかにすらも, ほんの手懸り, またもやとだえ, また伝, また何十年, また杳, まだふかく, まだわかりません, まだ判らない, まったくわからず, まったく不明, まつたく予想, まるきり絶え, まるで不案内, まるで解らない, もう何, もとより, ようとして, よくわかる, よく分る, よく分るでしょう, よく判らない, よく判りません, よく弁, よく知りぬい, よく窺, よこして, りこう, わかって, わからない, わからないで, わからぬが, わかりましたか, わかりませんが, わかること, ウォルムスにおける, エハガキなどで, スウィート・ホーム, トンと, 一瓢が, 三吉も, 不明だ, 不明で, 不明であった, 不明な, 主として同人仲間, 京都に, 人の, 人伝てに, 人目の, 今いくらも, 今以, 会得できる, 伝えたと, 伝えられて, 伝つてを, 伝わったの, 伝わって, 佐々などより, 何も, 何を, 何処でも, 何処にも, 余り知らぬ, 依然として不明, 倉地の, 健三に, 健康の, 備後の, 兄さんの, 全く知らないらし, 内地から, 内藤君が, 再びぱつたりととだえてしまひました, 分って, 分つて, 分るかも, 判って, 判つては, 判らなかつた, 判りません, 判明せず, 判然しない, 合同教育連帯訓化の, 唯一片洞門を, 地上から, 夙に儀礼化, 大石内蔵助たちと共に, 夫, 小倉の, 小萩から, 小説ぐらいにしか, 山中氏の, 平次にも, 幾度か, 店へ, 彼には, 彼の, 得られなかった, 心得て, 愚妻の, 手紙には, 打って, 折々夫婦, 拙著, 文字は, 斯うであった, 新尼御前, 新男君, 日づけ, 明らかだ, 明白に, 易簀当時多くの, 昭和十五年の, 時々春どん, 時折ない, 更にない, 更にわからなかった, 更に達しなかった, 東京へ, 残念ながら, 比較的わが国, 洩れないわけ, 漏れ聞いて, 無かった, 無論解らなかった, 皆目わからず, 皆目わからずなっ, 皆目知れなかった, 直ちに警察, 直にわたくし, 知らないか, 知らなかった, 知るよし, 知れずひょっと, 知れなかった, 知れなくなつ, 知れませんの, 私が, 私は, 私を, 細々と, 絶えた, 絶えたので, 絶えた薄暗く, 絶えてない, 絶えました, 美しかった, 聞いて, 聞かないが, 聴かぬ, 自分は, 與力の, 解し得る人, 解って, 詳に, 読みたいが, 誰よりも, 論文に, 警視庁に, 豊麗な, 酒飲みの, 重に, 間接に, 風の, 駒井甚三郎に

▼ 消息~ (224, 11.9%)

9 絶えて 5 ない 4 気に 3 ないの, 窺はれる, 解らなかった

2 [14件] あった, あったか, あったの, あって, あつて, たえて, ないという, わたくしに, 分らない, 潜んで, 知れない, 知れないの, 知れるかも, 見出されたから

1 [169件] あったが, あつた, あの簡淨, あまりにも, ありましテ, ある, あるかも, あるから, あるでせう, あるなどと, うか, うかがい得られる, おぼろ気ながら, お秀, お耳, かなりハッキリする, かばかり今日, きかれる, きけるだろうという, ここへ, このよう, この可憐, この地方, この家, この方面, この頃, これで, ございましたそう, ございません, さそく, さっぱり分らない, しばしば洩らされ, しれなかったという, その時, それから後, たやすくうかがわれる, つけて, つたえられて, でき花鳥, どうも腑, ないと, ないので, なかったら, なかつた, なくてさえ, なくなったこと, なく半年目, なく私, のせられるの, のみこめませんから, はつきりわかる, はつきり伝へ, ふっつりと, ふつつり絶えた, ぼやけて, まざまざと, よくわかる, よく分らなかった, よく解っ, よく解つて, わかったと, わかったの, わかつたの, わかつたらしい, わかつた昔, わからないから, わからないん, わからない読者, わからなかったが, わかりました, わかると, わかるはず, わかれば, リヴォルノに, 一向わからん, 一層判明, 一瞥の, 交わされるに, 今日の, 伝えて, 伝わって, 入らなかった, 全く不明, 出るより, 分かった, 分からないが, 分からないの, 分ったの, 分らなくなった, 分りません, 分り次第, 判つた, 判らず現在, 判らないの, 判らないよう, 判らぬ, 判る位, 判明する, 包蔵せられ, 原則的な, 参ったこと, 可なり, 同じこと, 呑込める, 報道され, 多少窺われる, 大体これによって, 察しられるの, 尼君へ, 広められた, 度々きた, 彼の, 得られなかったので, 思想という, 感じられるよう, 戦争中の, 手に, 暈けて, 書き加えられて, 有るやう, 来たという, 来たので, 来るの, 添えられて, 無い, 無いん, 無くても, 無くなって, 皆目わからない, 皆目分っ, 知りうる筈, 知りたい, 知りたくて, 知りたくな, 知れないから, 知れなかった, 知れぬので, 知れません, 知れるであろう, 知人から, 窺われるよう, 竹藪の, 絶えずそれ, 絶えた, 絶えてからも, 絶えると, 絶れ, 耳に, 聞かれようかと, 聞き出されぬとも, 自然に, 自然科学に, 解けないでも, 解らうその, 解らないので, 言い込められて, 記して, 詳しく母親, 詳しく素, 誌し, 途絶えて, 途絶えてから, 通じて, 通ぜぬので, 通って, 達しなかったが, 都の, 重に, 頻りに耳

▼ 消息~ (131, 7.0%)

9 なかった 6 絶えて 3 ない, 知りたい 2 ありません, ないが, ないこと, 皆目知れない, 私には, 絶えたが, 調べて

1 [96件] ありませんが, あれきり, きかぬ小, きけるし, きっと知れよう, くるわけ, ここには, ございませんでした, しないで, しないの, すでに絶え, それから又お, それきり知れなかった, たえそのまま, たえて, たえ六月二十日, ちっともわからない, ないところ, ないの, ない家族, なかつた, なくて, なくどこ, なくなった, なくなりに, なく同窓, ほとんど不明, またおの, またここ, また不明, まったく不明, まったく絶え, みな糸に, ようとして, ようやく判っ, よくは, よくわからない, よくわかり, わかるでしょう, わかる事, ハッキリ聞く, 一向に知らせ, 不明だ, 不明の, 久しく絶え, 今では, 伝えない, 何かで, 全く不明, 分らない, 判らなかつたが, 判らなくな, 噂だけには, 尋ねたい, 尋ねなければ, 差し上げませんでした, 待ち遠しい, 得られませんでした, 怠らず探らせて, 打絶え, 折々健三, 捜りました, 明記され, 時々庸三, 書かれて, 木曾の, 来て, 気がかりだった, 気に, 泡沫の, 満更冗談, 滋幹は, 漸く判つて來, 無かった, 知らずに, 知れずに, 知れない, 知れない今, 知れない彼女, 知れぬが, 絶え果てて, 聞えて, 聞えなかった, 聞えなかったの, 聞かずに, 聞かない, 聞かなかったが, 聞きたい, 聞けたであろうに, 聞けないまま, 見あたらない, 見当らず聞き当らなかった, 認めなければ, 途切れた, 途絶えて, 鎌倉では

▼ 消息~ (91, 4.8%)

5 絶えて 3 一端を, 端に 2 うちに, 中に, 無い細君, 記事が

1 [72件] あったの, あるはず, おできに, こも, ございましたことでまたお心, ごとく, たえて, たびごとに, ないところ, ないの, ない人達, ない子, ない弟, なかに, なからん, はしに, はし猫初産, ほぼ伝え, ように, よくわかる, わからなくなった者, ドン底を, 一片も, 上包みを, 中で, 中には, 中にも, 中より, 代りと, 伝わったの, 伝わって, 傳へ, 入ったこと, 入るごと, 全く分らない, 判らない聯合艦隊, 前半は, 幽かに, 必要は, 手がかりを, 教えを, 文句は, 文章にも, 文面が, 断えた, 断片を, 方が, 方には, 来るの, 歌文を, 気が, 片鱗さえも, 知れないこと, 知れないところ, 知れなかった前, 知れるの, 端も, 絶えたこと, 絶えた万吉, 絶えた夫, 絶えた年月, 絶えた節子, 絶え果てた十八日, 絶え果てた故国, 興味以外に, 解るはず, 返書さへ, 遅いの, 遅さ, 銀の, 頻りに伝わった, 類が

▼ 消息~ (78, 4.1%)

11 通じて 4 よると, よれば, 就いては 2 あった, なると, 就いて, 接した, 接すること, 於ては

1 [43件] あまり興味, かかわっては, どこか, 一応通じた, 不明の, 代えて, 代へん, 向って, 多大の, 帰国の, 彼の, 心痛められし, 悉しく, 感動した, 憧れて, 接して, 接しなかった, 接しませず心外, 接せず, 有之, 注意し, 深い注目, 疎く万事不案内, 病める男, 耳を, 至っては, 至つては, 色々の, 見える秀吉, 詳しかった, 通じた多く, 通じた母, 通じない男, 通じるには, 通じ何かしら主張, 通じ巧み, 通じ過ぎて, 通ずと, 通ずべく心, 通ぜるによりて, 通暁した, 過ぎない, 饑る

▼ 消息不明~ (18, 1.0%)

5 になっ

1 [13件] だが, だったこと, だった岩田, であった, であった遠征将軍, でその, なこと, なること, なん, な弟, になった, になってる, は大きな

▼ 消息~ (11, 0.6%)

1 [11件] なしたもう, 云ふ, 同様に, 因果応報の, 床しい思いやり, 榛軒が, 此談話とは, 秀頼八歳の, 自刃の, 註し, 遽に

▼ 消息には~ (11, 0.6%)

2 何かと具体, 何かと具體, 通じて 1 これからも, 何かと具体的, 妙に, 校長の, 武州行田には

▼ 消息~ (11, 0.6%)

1 [11件] あの屋敷, また公儀, また彼, りっぱな, 宇宙に, 感想や, 或る, 歌などの, 河野の, 牧野等と, 陰影に

▼ 消息~ (9, 0.5%)

2 ていた, ている, て下され 1 てこの, て君, て来た

▼ 消息については~ (8, 0.4%)

1 どこまで, 何物も, 余り多く, 余り精しく, 僕は, 漠然として, 確かめること, 都へ

▼ 消息さえ~ (7, 0.4%)

1 およこし, しない, しなかった, 一向に聴かない, 掴むこと, 絶えなんと, 聞えては

▼ 消息では~ (7, 0.4%)

2 あるが, ない, なかった 1 また残片

▼ 消息について~ (7, 0.4%)

1 いろいろ語つた, 何事も, 千恵が, 待ち切って, 或る, 次郎は, 知るところ

▼ 消息でも~ (6, 0.3%)

1 なんらかの深い, 手に, 歌でも, 知れそう, 認めて, 赤岩村に

▼ 消息にも~ (6, 0.3%)

2 通じて 1 孫の, 接しないが, 身延隱棲の, 通じるものの

▼ 消息~ (6, 0.3%)

2 の中 1 とか日記, などを見, は, を送っ

▼ 消息~ (6, 0.3%)

1 につぎ, に出, に書いた, に賀古鶴所氏, の受け賣りだ, を見る

▼ 消息~ (5, 0.3%)

1 あつて, でも, 新らしい, 知つて急に, 鴉の

▼ 消息などを~ (5, 0.3%)

1 いただけませんこと, さし上げては, なさる時, 拜見しまし, 語りあうこと

▼ 消息をも~ (5, 0.3%)

1 まことし, 合せて, 得るらん想, 残らず心得て, 聞かなかった

▼ 消息~ (4, 0.2%)

1 からである, が, そうだった, つた待つ

▼ 消息なども~ (4, 0.2%)

1 いろいろ知れましょう, そうしたもの, 新聞紙上に, 聞く所

▼ 消息さえも~ (3, 0.2%)

2 なかった 1 わからないのに

▼ 消息すら~ (3, 0.2%)

1 ある, わからない, わからなかったの

▼ 消息だった~ (3, 0.2%)

1 のだ, のです, ので山名時氏

▼ 消息だに~ (3, 0.2%)

1 ないが, なくあるいは, 無く一輪

▼ 消息とか~ (3, 0.2%)

1 そう云った, 敵機の, 男女の

▼ 消息として~ (3, 0.2%)

1 その七月, 安之助の, 書いて

▼ 消息なき~ (3, 0.2%)

1 に及ん, は夏, 故不思議

▼ 消息など~ (3, 0.2%)

1 うかがっても, 暫く話し, 話す

▼ 消息なら~ (3, 0.2%)

1 何でも知つて, 固より, 誰よりも

▼ 消息ばかり~ (3, 0.2%)

1 でなく京都, でなく何, でなく長州

▼ 消息~ (3, 0.2%)

1 知ラント欲セバ之, 知ル, 絶ツノ今カエッテ子ノ

▼ 消息~ (3, 0.2%)

1 の旧い, の目的, の知人

▼ 消息から~ (2, 0.1%)

1 云えば, 竜之

▼ 消息ぐらいは~ (2, 0.1%)

1 御存じに, 知らせて

▼ 消息~ (2, 0.1%)

1 へせず, へ容易

▼ 消息だの~ (2, 0.1%)

1 またその後, 口で

▼ 消息であった~ (2, 0.1%)

1 が根津, ことを

▼ 消息でしか~ (2, 0.1%)

1 ない, なかった

▼ 消息なし~ (2, 0.1%)

1 しかも其消息, と云

▼ 消息などは~ (2, 0.1%)

1 女人の, 書けません

▼ 消息によって~ (2, 0.1%)

1 完全に, 美しく結ばれ

▼ 消息ひそか~ (2, 0.1%)

1 に頼み, に頼みまつり

▼ 消息~ (2, 0.1%)

2 み七八通

▼ 消息までも~ (2, 0.1%)

1 そこで, 不便な

▼ 消息やら~ (2, 0.1%)

1 こんどこそは, 久保の

▼ 消息~ (2, 0.1%)

1 で最も, に月夜

▼ 消息絶え~ (2, 0.1%)

1 て久しき, て月

▼1* [98件]

消息ありて理, 消息ありければ櫃, 消息いかにと氣遣, 消息いたして今日, 消息いろいろ探り聞い, 消息かいた手紙もう, 消息かと半蔵には, 消息からも遠のいて, 消息かれらの, 消息がくはしく, 消息がちつとも, 消息がとつくに, 消息くらゐよこして, 消息ぐらいを聞きふたたび, 消息こそせね夫婦, 消息こまごま認めて, 消息しか伝わって, 消息しなかったのである, 消息じゃ読むも, 消息する方が, 消息せずに暮した, 消息そのほかそちから, 消息たえたること久し, 消息だけなの, 消息だけでも何とかし, 消息だけにとどめて, 消息だけは何と, 消息だけを待って, 消息だらうとおも, 消息でありしかも国民, 消息でありましてあたかも, 消息であるといっ, 消息でなければならぬ, 消息というものの, 消息といふものは, 消息とから成って, 消息とは違つて人伝に, 消息んです, 消息なかりければ, 消息なぞをよくわたし, 消息などにもただ頷い, 消息などのことは, 消息ならびに和歌の, 消息なり述懐なり, 消息なるものが, 消息にくはしい, 消息にさえちゃんと通じ, 消息にでもほっとした, 消息に関して督学官に, 消息に関しては絶えず心, 消息ははひつて, 消息ばかりは分りそう, 消息ばかりを知るのみに, 消息ほどのものも, 消息まだなしです, 消息までもが絶えて, 消息やらは常に使, 消息よりこのこと, 消息よりも悪い消息, 消息らしいものを, 消息らしく声を, 消息をすら絶たれて, 消息をば一々府政, 消息を以て満たされて, 消息を通してやっと生死, 消息一目して, 消息不明アントニヨは一六二七年殉教, 消息並びに和歌の, 消息見せぬ多少, 消息以上詳しい事, 消息何ぞ至善あらむ何ぞ, 消息に尋ね, 消息は親子再会, 消息吾人は人, 消息如何である, 消息往来庭訓までは習った, 消息数通細字の文稿二三巻, 消息文等を伝え, 消息最近の知, 消息之かげながら, 消息来客の用談世間咄, 消息無くいまだに生死不明, 消息並びに豊臣秀頼八歳, 消息発見されず, 消息知る人も, 消息社員横川氏が通信, 消息は各, 消息ゆること, 消息聞く由も, 消息自ら書写した法華経, 消息芝居展覧会なぞの報道, 消息に在る, 消息か之, 消息遊ばされ特に山階宮殿下, 消息遥かにし, 消息り行く秋, 消息郷里の家, 消息黄泉の通信