青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「残念~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

残っ~ ~残った 残った~ ~残つて 残らず~ ~残り 残り~ ~残る 残る~ ~残念
残念~
~殘 殘~ ~段 段~ ~段々 段々~ 段階~ ~殺され 殺され~ ~殺された

「残念~」 2848, 29ppm, 3975位

▼ 残念ながら~ (534, 18.8%)

8 私は 6 それを 5 これは, それが 4 それは, 今の, 我々は 3 はっきりした, 私の, 自分の, 覚束ない

2 [20件] あなたは, この島, さう, それも, もうだめ, われわれの, 人間の, 今では, 今日の, 出席する, 割愛し, 君は, 彼には, 彼の, 現在の, 私に, 私も, 紙数に, 致し方が, 認めないわけ

1 [446件] あきらめなければ, あたしの, あなたの, あの大敵, あの時, あの男, あまり仲, ありますと, あるの, あんたが, いくらも, いたしかた, いまだ神道, いまの, うまい, おとなしく寝, おれの, おれは, おれも, お前の, お前は, お役に立ちかねる, お鷹, かけちがって, かねて日本, かれの, けれんでは, こういう, ここから, ここは, こどもの, この, このとき折角, このま, このよう, この下妻じゅう, この事件, この人たち, この儀, この光川左門太, この公開状, この天才, この子, この実験, この意図, この方法, この曰く, この物語り, この犬, この研究, この種, この蔵多家, この計画, この記憶, この話, この辺, この通り, この項お答え, この飛空機, これから先, これにて, これまでに, これらの, これ位ゐ, ございません, しかと申しあげる, しばらく棄てね, すっかり忘れる, そういうもの, そうで, そうなさる, そう云う, そう考える, そう行っ, そのいずれ, そのとおり, そのままに, その人たち, その写真, その出所, その手, その昔, その時いつ, その時間, その程度, その空洞, その部類, それには, そればかりは, それらしい, それ以上知らない, そんな場合, たいへん粗末, ただ四冊, ちやうど, ちょっと真似, つい先日人, つかまりっこないね, つと机, できない相談, とうとう最後, とりにがしました, とり逃がして, どうもお, どうも一生懸命, どんなに金子, ひとまずここ, ひとまずこの, ひとりも, ほとんど確信, ほとんど進展, ほんとうに, ほんとだ, まことにいい終わりでありました, またきめ直した, まだいちど, まだこの, まだそのままに, まだであります, まだ低い, まだ何, まだ全く脱し, まだ十分, まだ彼, まだ手懸り, まだ明白, まだ書く, まだ此, まだ法医学, まだ知りつくす, まだ確か, まだ見当らない, まったく半死半生, もうこの世, もうございません, もうほんの, もう一度びっくり, もう存在, もう警視庁, もたぬ, もはやこの, やっつけられましたが, やっぱり違います, やはり彼, やめに, わからないよ, わかりません, わが国の, わが祖先, わしは, わたしにも, わたしは, わたしも, われら一同一向に, アタクシは, カフカという, ガラスの, シュナーベルに, ジーキルの, タジタジだ, チェーホフ一流の, ドンツキは, ニッポン製の, ネネを, ブルジョア的要素を, ホースの, ロケ行き, 一々そう云う, 一つも, 一と, 一まず, 一同は, 一向見かけぬ, 一場の, 一旦お, 一時郷里へ, 一杯うまく, 一杯には, 一点の, 一着を, 一緒に, 一般的事実として, 三派の, 三等国や, 上記の, 不可能な, 不成功, 不調に, 世界一流の, 中が, 中止し, 主犯を, 之を, 乱れたって, 予定の, 事は, 事実であり, 事実の, 事実は, 二十四時間を, 二百両しか, 交替の, 亦唯, 人情として, 人間も, 今から, 今と, 今は, 今以, 今夜は, 今年は, 今日に, 今日遺っ, 今朝までの, 仕様が, 他人には, 休席, 佐殿の, 何ら筆, 何事も, 何度か, 俄かに, 僕にじゃ, 僕の, 僕は, 僕らは, 兄上はも, 先を, 全く断念, 内地の, 再演は, 出来かねます, 出来ない, 出来なかったよ, 分らない, 分らなかったと, 分らなかつたと, 創立できなかった, 動かし難い, 動揺めいた, 勝算は, 半七, 半輪亭の, 博士についての, 参加中止帰庵し, 又真紅, 友愛塾の, 収まっちまう, 叔母上の, 右門の, 合流点から, 同君と, 同時に又, 向うから, 向うは, 君と, 否と, 周囲の, 味方が, 咄, 商品化の, 喧嘩と, 地名も, 報道の, 外海の, 多くは, 多数決の, 夜明けを, 大刀の, 大部分, 天命と, 失敗に, 嬉しいの, 安価な, 定量分析は, 客は, 宿の, 宿直だ, 密室殺人事件には, 少なすぎる, 山水画家は, 川へ, 市之丞殿は, 広河原以上に, 引きあげるほか, 引きかえすこと, 引き返した, 当人は, 当地においては, 当日は, 当時の, 当時世界を, 彼に, 彼は, 彼らの, 彼を, 御ふるい, 御意の, 御祝事, 御行先の, 思想的評尺の, 悪文の, 我々には, 我がアシビキ号, 所属不明もう, 手の, 手落ちは, 持ち合せて, 支持できませんでした, 数年前の, 斬り死にだ, 断然閉鎖, 斯界から, 新らしき, 新富支店に, 日本には, 日本の, 日本人で, 早いところ山, 明晩の, 昼間の, 最後に, 月と, 未だ未, 東洋的理解にも, 果すこと, 栄養を, 棄てて, 極めて単純, 止しに, 正の, 正直に, 此世には, 此時限り行方不明に, 歯が, 殆ど誤っ, 沈黙する, 泣寝入りに, 淡谷さんが, 満座の, 漢法は, 無政府同様である, 無益に, 父が, 物に, 物を, 特殊飛行は, 猶だ, 珠子との, 現今の, 現代には, 申し出を, 申上げる, 男の, 略すこと, 病死しました, 発音に, 百貨店のみ, 目に, 省いた, 矢傷を, 知って, 祐二郎は, 神楽見物は, 秀子の, 私には, 私共では, 私共には, 私自身その, 秘密書類を, 秩父には, 突き止めて, 立ちもどりました, 竜子が, 端折って, 筆蹟から, 粋とか, 紛れ物が, 結果は, 結納品を, 絵の, 総理大臣じゃ, 縄手の, 羨ましくさ, 考えなおすわけ, 耳の, 腫瘍が, 自分などには, 自分は, 至難な, 致方が, 花開くの時期, 苦情を, 英国人に, 落第し, 行けない, 西へ, 西洋列強諸国に, 見えませんが, 見ないの, 見失, 記述出来ん, 訳が, 証拠固めが, 詳しいこと, 詳しく漁家, 認めざるを, 誤解では, 読んで, 誰かに, 諸君では, 諸君の, 貴意に, 資本主義社会で, 赤石岳を, 車からは, 軌道に, 辞退いたそう, 辞退し, 近代人とは, 追いつけなくて, 追うもの, 退店, 逃げられて, 逃亡し, 途中で, 這奴を, 速記では, 遠うございます, 遠慮し, 遠目に, 野菜が, 金は, 録音の, 関東は, 随筆風情に, 頭を, 頸から, 風味に, 骨軟症という, 高央と, 髪切りの, 魚体は, 鯨は, 黒猫と, 黙つて

▼ 残念~ (462, 16.2%)

95 ことに 54 ことには 45 ことを 23 事を 22 のは 18 ことだ 16 事には 12 ことである, 気が 9 ことです 8 事に 6 ことが, ことであります, ことは, のだ 5 ことで 4 事で 3 ことであった, んだ, 事だ, 事は, 気持が

2 [16件] ことじゃ, ことでありました, ことでございます, ことでした, のです, ような, わけだ, わけです, 事である, 事と, 思いを, 気に, 気の, 気も, 気持ちが, 苦悩も

1 [68件] お心持ち, お気持ち, がらち, がら後の, くやしいあり, くらいだ, くらいだった, こと, ことか, ことじゃった, ことだけ, ことだった, ことであろう, ことと, ことや, この狂言, この身, というこころもち, と思い, なまじこの, なまじ此様, の, のか, ので, のであります, ので表, ので遂に, は去年, ものだ, ものです, やうな, ようで, ように, んです, 且は, 事でありましたろう, 事でございます, 事口惜しい, 事実では, 仰せです, 匹夫下郎の, 口惜しいこと, 噂と, 噂を, 報告を, 場合に, 屋根屋根の, 張合いの, 心などは, 心持たぶらかされた, 思いも, 思い出話に, 様子で, 次第である, 次第では, 次第でも, 武士の, 気持ちで, 気持は, 気持を, 猿太夫は, 結果に, 結果を, 職業である, 腑甲斐ない, 話だ, 顔は, 顔付し

▼ 残念~ (353, 12.4%)

44 思って 36 思った 20 思います 17 思う 9 思うの 8 思いました 7 思いながら 6 候, 存じます 5 心得て, 思ふ 4 存じて, 思ったが, 思つた, 思われます, 思召し, 思召した 3 なって, 思うこと, 思われて

2 [15件] おもって, ござります, 候と, 堪えぬけれど, 思い, 思いますが, 思いますと, 思うた, 思ったの, 思つてゐる, 思われた, 思われたの, 思われること, 思召され, 思召す

1 [127件] おぼしめすでございましょう, おもいました, おもいましたが, おもい先ず, おもうよ, おもう一人, おもう点, おもわれて, お思い, お思いなさる, お思いなさるでしょう, くちおしく思われる, ちがいない, 堪えない, 堪えぬ様子, 堪えません今, 堪えられません, 存じました, 存じましたの, 存じまして, 存じ今, 存ずる廉, 存上ま, 宮は, 張詰めた精, 御坐, 心得ます, 心得まする何故, 心得ます御, 心得る, 心得再度, 心得彼様, 心得思案, 心得朋友, 思いかつ, 思いこの, 思いしかし, 思いしが, 思いたり, 思いつつ, 思いながらも, 思いましたが, 思いました処, 思いまして, 思いますから, 思いますそして, 思いまた, 思い不, 思い右大将, 思い心, 思い自分, 思うくらい, 思うし, 思うたの, 思うた発電所, 思うて, 思うで, 思うところ, 思うとの, 思うふう, 思うべきこと, 思うもの, 思うものの, 思うよりも, 思う本, 思う次第, 思う訳, 思えて, 思し召されよう軍, 思し召して, 思ったか, 思ったけれど, 思ったこと, 思ったでしょうが, 思ったでしょうと, 思ったと, 思ったよう, 思ったり, 思っては, 思ってる, 思つ, 思つた位よ, 思つてる, 思つてを, 思はれて, 思はれました, 思はれましたが, 思はれまた, 思はれる程洋服, 思ひました, 思ひましたからなあ, 思ひます, 思ひ二十三日, 思ふが, 思ふこと, 思ふの, 思わずには, 思わずにも, 思わせた, 思わないわけ, 思わない訳, 思わぬでは, 思われたもの, 思われやはり, 思われる, 思われるだけ, 思われるであろう御, 思われるの, 思われる必要, 思われる浮舟, 思われる自分, 思召された, 思召したでしょう, 思召します, 思召すばかり, 想い兵, 感じたこと, 感じたの, 感じながら, 感じる, 感じ危く悲憤, 感ずること, 有之, 残念に, 考える, 腹だたしくあの, 覚え候

▼ 残念~ (319, 11.2%)

17 なあ 138 が, よ 6 が仕方, と思う 54 がこれ, ッ 3 がしかし, つたと, とは思わなかった, と云い, と云っ, と思った, 残念だ

2 [12件] がまあ, がまだ, が今, が今日, が何, けれど, せめて子供, と云う, と云つて, わ, 実にどうもひどい, 無念だ

1 [203件] あな, あのまま, あの日, からこの, からせめて, からって一生懸命, からついては, からと思つて, からどうにか, からどこ, からまた, から久々, から借金, から幾ら, から引き受けた, から待っ, から手紙, から深更, から猶, から相手, から穴, から長編小説, があの, があんな小さな, がいずれ, がお前さん, がお前たち, がこう, がここ, がこの, がぜひ, がで, がとうとう, がとにかく, がどうせ, がどうも, がぼく, がまあもう少し, がもう, がもうどう, がわれわれ, がエロア, がラヂオ, がルピック氏, が一, が一万円, が下, が何分, が兎, が六万平, が又八, が味方, が天祐, が始めましょう, が実は, が引きかえそう, が引っ返そう, が彼, が心服, が悪党, が所詮, が手, が敵, が早く, が止む, が為, が疲れ, が私ども, が終, が背, が自分, が自身, が致し方, が興奮, が見当, が観念, が観戦武官, が解らねえ, が諦め, が財産, が貴様, が跡, が通俗小説, が逢, が附近, が食えない, が香取鹿島, きょうまで, けど今, けど僕, けど私, けれどこの, けれどこんなに, けれどさよなら, けれどしかし, けれどその, けれども, けれども仕方, けれども創作, けれども筆, けれど一時中止, けれど今更, けれど仕方, けれど併, けれど僕ら二人, けれど博士, けれど新規, こと, この足, し栗飯, し百円, し金, それに, ぞもう, つた, つたとか, つたので, つたまた, つたらしい, つた入浴は, つた折角, つた雑木山枯草山その間を, という, というお, ということ, というの, というふう, というよう, というん, という向う見ず, という意, という意味, という気, という遺言, という面, という顔つき, といっ, といった, といふ, といふふう, といわん, とおっしゃっ, とおもった, とすぐ, とて火, とはっきり, とは思い, とも何とも, と云いたい, と仰っし, と其の, と口惜し, と呟い, と呼吸, と四面楚歌, と墓場, と寺田, と思, と思います, と思っ, と思つて, と思はれた, と思ふ, と思われる, と日頃身, と明言, と泣かぬ, と涙, と申したさうでございます, と繰り返し言っ, と言った, と話, と金蔵, と非常, なあこれ, などとも言っ, などと始終, などと弁解, などと申した, などと馬鹿馬鹿しい, なんてお, なア, ねえ, ねこっち, ひとつ我々の, ふと此ん, また逃がした, もう少し書かせ, ものです, わねえ, ツま, 一人呼ん, 一服やりたい, 一目逢いたい, 俺は, 君の, 君子は, 呉を, 唯情け, 眼が, 背景や, 自分が, 自分の

▼ 残念そう~ (144, 5.1%)

16 な顔 10 に云った 6 である 4 に, にいいました, にその, に唇, に言った 3 だった, にし 2 な表情, にいう, にいった, にこう, につぶやいた

1 [76件] であった, でありましたね, でした, でも, といっ, なお, なそして, な口吻, な気持, な野沢, な面持, にじゃ, にそう, にそういう, にその後, にため息, につけ加えた, につぶやい, にではまた, になぜ, にぱたり, にみな義貞, にもう, にオペラ, に両人, に云われました, に内海, に前置き, に受けとっ, に口, に叫び, に合田氏, に呟いた, に咽喉, に四散, に声, に大きな, に大声, に屹, に崖, に帰っ, に幻灯機械, に息, に悲しい, に折れたる, に放した, に横眼, に歯, に水の上, に深い, に溜息, に独り, に申します, に眺めました, に眼, に答えた, に答えました, に箱, に繰返した, に自分, に舌, に舌うち, に舌打, に見えた, に見えました, に見送っ, に見送った, に覗い, に言葉, に訊いた, に話した, に赫, に軍帽, に額, に駕, に黄金メダル

▼ 残念~ (127, 4.5%)

17 たまらない 9 はある 7 ござります 6 残念で 5 あつた, たまらなかった 4 はあった 3 しかたが, たまらないの, なりません, はない, 無念で 2 ござりまする, ごぜえます, 口惜しくて, 耐らない

1 [51件] あの方, あらうが, あらうと, かえって失心状態, がすから, そっとここ, たまらないお前, たまらないが, たまらないし, たまらないと, たまらないという, たまらないところ, たまらないので, たまらないもし, たまらないよ, たまらない事, たまらない今, たまらない所, たまらなく言いつづけ, どうも, なかなかそんな, なさ, なんとも申しわけ, ね, ねたましく今, はあります, はございました, もない, 一昨々日なども, 不安で, 不幸な, 二度目の, 二晩や, 今日でも, 仕方が, 仕様が, 何か, 囈語にも, 手紙だけは, 早く改心さ, 残念でし, 残念で堪らない, 残念で堪らなかった, 気の毒な, 玉鬘が, 痛惜やる, 督は, 私は, 私達横で, 耐りません, 誰でも

▼ 残念です~ (109, 3.8%)

10763 なあ, よ 2 から, から私, がしかし, がその, が兄さんたち, が私, ねえ, ッ

1 [64件] か, からね, からねえ, からほか, からわざと, からわたくし, から分かった, があなた, がいつお帰り, がいらっしゃられない, がしばらく, がそれ, がそんな, がちょッ, がでも, がともかく, がどうして, がどうも, がね, がまず, がまだ, がやっぱり, がやむを得ない, がわたしども, が一つ, が一寸一口, が世間, が今日, が仕方, が何, が僕, が勤め, が司令官, が土地, が夫, が少く, が当て, が成る, が日曜日, が日本, が蕗屋, が調査, が頼春どの, けれど, けれどすくなくとも, けれどそれ, けれどどうしても, けれど今回, けれど到底, しかしその, でもつづけ, とお伝え, などうも, ななれ, なァ, なア, な日帰り, ねもう一度, のは, ひじょうに残念, わといつかジーナ, わネ, わ残念, 警官や

▼ 残念がっ~ (81, 2.8%)

20 ている 14 ていた 4 ていました, ておいで 3 ていられました 2 て, て歎

1 [32件] たりし, てあの, ています, ていらっしゃいました, ていられる, ているらしかった, ておった, てかッ, てくれた, てそう, てその, てなんと, てはいない, てはいる, てほとんど, てもいない, ても致し方, てネ, て二十日過ぎ, て内々, て君, て土曜日, て奮い立った, て居ります, て左大弁, て改めて, て此処, て穴, て立っ, て読売, て請わるる, て長く

▼ 残念である~ (60, 2.1%)

4 がその 3 という 2 がこの, がこれ, がしかし, がザッ

1 [45件] から, からたとい, から切明け, が, がおよそ, がそれ, がもし, がやっぱり, がわかる, が二度, が実際, が当時, が御, が恐らく, が未熟, が止む, が私, が考えよう, けれどナニ熱心, というなん, といわなけれ, とお, とする, とそう, との一点, とは思わなかった, とふと, とも院, と云, と云わなけれ, と口々, と大原, と彼, と思った, と書状, と臆, と言っ, と誰, などという思い, むしろ潔く, よりは僕, 学校としてのみ, 寺田の, 暫時二階を, 業腹である

▼ 残念~ (45, 1.6%)

2 云って

1 [43件] あって, いうから, いえば, いわれましょう, おもって, するところ, する所, つまらぬ所, 一同は, 云うので, 云うよう, 八木君は, 刃物三昧でも, 十一日の, 唸るそういう, 存じて, 存じましたゆえ, 存じ実は, 幾度か, 心得て, 心得御, 思いながら, 思いますので, 思いやしたからね, 思い海上数里, 思い送りませんでした, 思うか, 思うだけ, 思うに, 思うほどの, 思ったか, 思って, 思つたほどの, 思ふた様子, 思わぬ, 思わぬでは, 新聞記者を, 申したの, 行くか, 言うと, 言うべきでした, 言った, 言は

▼ 残念にも~ (43, 1.5%)

3 思って, 私は 2 思はなかつた

1 [35件] あべこべ砲は, お目, この老婆, すでに遅かっ, そんな気もち, われわれの, 一つも, 一月には, 今の, 今は, 今日本, 余り雋鋭, 医者を, 取り逃がしまして, 口を, 四つの, 妙高と, 宮方だ, 容易に, 心に, 思い朱雀院, 思ったが, 思はれた, 思わなかった, 思われ気の毒, 怨みにも, 怪人団の, 悪者は, 業腹にも, 源氏は, 空気管は, 袁更生だけは, 雄の, 頭目に, 風を

▼ 残念だった~ (34, 1.2%)

4 のは 2 な, ものです

1 [26件] から, からである, からもう, から何とか, から種吉, があまり, がとにかく, が兜, が却って, が来年度, が綺麗, が顱頂, けれども牧師自身, でも宵, ということ, とか情ない, と思います, と見え, なア, の, のです, のでなお, よ, よアリョーシカ, わね, 重大な

▼ 残念~ (32, 1.1%)

3 ような 2 至に

1 [27件] あまりそういう, いたりでありますが, ことながら, ことを, ようで, ようです, 一つね, 下に, 事である, 事と, 事どもに, 事は, 事を, 余り張り詰めた, 余り石柱を, 余り耐えかね, 儀と, 儀に, 極みで, 極み果なし, 様にも, 次第である, 気色にも, 種に, 至りならずや, 至りには, 限りである

▼ 残念至極~ (31, 1.1%)

4 である 3 なこと 2 だと, です, に存じます, のこと

1 [16件] うぬ, だ, だが, で, でなりませぬ, でツバキ, ながらいかん, な事, にご, に候まま明日, に奉, に存じ申す, に感ぜ, に考へる, の次第, 無念々

▼ 残念がる~ (26, 0.9%)

2 のだ

1 [24件] お嬢さんも, ことか, ことでございましょう, ことも, こと例の, と伊太夫, のだった, のである, のでも, のは, のを, まいことか, やうに, よりも私, 助教授, 大江山隊長を, 意味が, 打明け話, 様子, 様子が, 様子も, 程の, 者いい, 者も

▼ 残念~ (26, 0.9%)

2 うな

1 [24件] うで, おいたわし, から負けん気, があった, がこう, が実感, が消え失せない, が身, といったら, など書い, につい, に私, の故に, は併, も漏し, をいらだった, をくり返し, をシミジミ味, を思う, を感じ, を感じた, を考える, 悲しさ, 憤ろしさ

▼ 残念千万~ (26, 0.9%)

3 であると 2 だ, だと, な話

1 [17件] して, だけれども, ぢだ, であった, であったろう, であつ, である, でござるのう, というよう, ながら是非, なこと, なの, なん, な顔, に候, に心得, 弘行寺の

▼ 残念~ (18, 0.6%)

5 つた 3 つてゐた, つてゐる 1 つてそれでは, つて居りました, つて居る, つて牛祭だけは, つて語られる, つて首が, ッて

▼ 残念でも~ (18, 0.6%)

2 あったろう, ありまた

1 [14件] あつた, ありお, ありほっと, あり人気, あり僕, あり奇怪, あり弟夫婦, あり心細く, そういう事, ない, 場所が, 年を, 此の, 羨ましくも

▼ 残念であった~ (16, 0.6%)

1 [16件] かも知れません, かをも惻々胸, が, がお客様, がくよくよ, が予期, が播磨, ことなどの, しカビ博士, とお, とおもう, と宙, などと考え, にちがい, のである, やら何れ

▼ 残念がり~ (15, 0.5%)

1 [15件] そういう娘, その宣伝, つつも鍋, つつ今度, ながらとうとう, ながら二通, ながら山の下, ながら庭, ながら手あたり, はしなかつた, もせず, 一そう宋江を, 八方に, 口を, 実は本意

▼ 残念でございます~ (15, 0.5%)

2 私の

1 [13件] お父さま, から無理, が高知県, けどもう, こと, ことでは, しそれ, と云っ, なあ, ね, よ, 小三郎薄命に, 私は

▼ 残念でした~ (14, 0.5%)

51 がそれ, がな, けれども芝園橋, こと, と言っ, な, ねえもう, よ, わ

▼ 残念でならない~ (11, 0.4%)

2 のである 1 しあまりに, のだ, のであった, のでございます, のです, のでどうか, ので短刀, のは, 行きがけの

▼ 残念とも~ (9, 0.3%)

1 なんともかとも, 何ともいい, 何とも思わなかったであろう, 何とも言いよう, 心外とも, 思いどうも, 思って, 思わず憤慨, 思召されない

▼ 残念無念~ (9, 0.3%)

2 の一時間 1 だの酔っぱらっ, で私, と云いたげな, にも完全, の情, の表情, 取逃がしたという

▼ 残念じゃ~ (8, 0.3%)

1 な, なあお, ないか, ないし, ッ, 内匠頭乱心は, 無念じゃと, 腹が

▼ 残念~ (8, 0.3%)

2 いたしました 1 したと, したドウカ, わかち合わずに, 感じるの, 晴らすため, 致したであろうに

▼ 残念がった~ (7, 0.2%)

1 がしかし, が同, が後の祭り, が自分, けれどもやがて, とき照彦様は, のは

▼ 残念だろう~ (7, 0.2%)

1 から何, がまあ, が考えよう, しといっ, と父親, 己も, 無念だろう

▼ 残念~ (7, 0.2%)

1 この太一, なア, わ, 口おしや, 妄想の, 無念やと, 髪川へ

▼ 残念で堪らない~ (6, 0.2%)

1 あいつに対する, から改めて, けれども仕方, と思ふ, のです, んです

▼ 残念という~ (6, 0.2%)

1 呟きは, 感じでは, 所から, 気持を, 風な, 風に

▼ 残念なる~ (6, 0.2%)

1 ことかな, ことには, 事に, 失態に, 次第に, 次第に立

▼ 残念がりました~ (4, 0.1%)

1 がどうにも, が目黒, けれど仕方, そしてこれから

▼ 残念この~ (4, 0.1%)

3 上も 1 儀ばかりは

▼ 残念じゃが~ (4, 0.1%)

1 くれぐれもと, なにしろ実行的, わしは, 心が

▼ 残念でございました~ (4, 0.1%)

21 ではあなた様, よ

▼ 残念でならなかった~ (4, 0.1%)

1 がようやく, ことも, のです, ので最初

▼ 残念でならぬ~ (4, 0.1%)

1 から今度, というの, ように, 上流社会腐敗の

▼ 残念なり~ (4, 0.1%)

1 いざや, とて一人, と向, 珠運命の

▼ 残念乍ら~ (4, 0.1%)

1 ありませんつまらない, その以前, 少しも, 解っては

▼ 残念さうに~ (3, 0.1%)

1 いはれる詮方, うな, 第三局

▼ 残念さうに言~ (3, 0.1%)

1 つて, ひ放つて, ふ

▼ 残念~ (3, 0.1%)

1 や, やない, やわい

▼ 残念であり~ (3, 0.1%)

1 そして私, 心細くある, 殊に今日

▼ 残念でたまらず~ (3, 0.1%)

1 よつて, 夜床の, 直接編輯部へ

▼ 残念でたまらぬ~ (3, 0.1%)

1 のだ, ように, 日本だった

▼ 残念でなりません~ (3, 0.1%)

1 がその, のに同じ, わ

▼ 残念で堪~ (3, 0.1%)

3 まら

▼ 残念とは~ (3, 0.1%)

1 しなかった, 思って, 思わなかった

▼ 残念なれ~ (3, 0.1%)

2 ば日本固有 1 ども争

▼ 残念には~ (3, 0.1%)

1 御座候得共右様の, 思うだろうが, 思ったが

▼ 残念残念~ (3, 0.1%)

1 と幾度, と思う, 何とも譬え様

▼ 残念がらない~ (2, 0.1%)

1 にした, やうにと

▼ 残念しごく~ (2, 0.1%)

1 といわなけれ, なこと

▼ 残念だったろう~ (2, 0.1%)

1 が室内調度, ねえ

▼ 残念だつた~ (2, 0.1%)

1 が, ね

▼ 残念だらう~ (2, 0.1%)

1 が泣く, けれどああ

▼ 残念であったろう~ (2, 0.1%)

1 がやむを得ず, と思う

▼ 残念であります~ (2, 0.1%)

1 けれどもすくなくとも, な

▼ 残念であろう~ (2, 0.1%)

1 が仕方, と思えた

▼ 残念でございまし~ (2, 0.1%)

1 て, て何だか

▼ 残念でござる~ (2, 0.1%)

1 が, よ

▼ 残念でない~ (2, 0.1%)

1 ことも, のか

▼ 残念で堪らなかつた~ (2, 0.1%)

1 がさ, のだ

▼ 残念で堪りません~ (2, 0.1%)

1 から碌, ゆえどうか

▼ 残念とか~ (2, 0.1%)

1 くやしいとかいう, 遺憾とかいう

▼ 残念とを~ (2, 0.1%)

1 感じます, 認めやがて

▼ 残念口惜しい~ (2, 0.1%)

1 と而已一途, 只一人の

▼ 残念~ (2, 0.1%)

1 と言, にも誤られ

▼ 残念源太男~ (2, 0.1%)

2 が廃る

▼ 残念致し~ (2, 0.1%)

2

▼1* [110件]

残念いうばかりもない, 残念かへし候, 残念がらして, 残念がらずにはおられない, 残念がらせてやろう, 残念がられその作風, 残念がられたが私, 残念がられる宮で, 残念がるだろうとそれ, 残念がるでしょうよ, 残念に眺めた, 残念ご免くだされ, 残念さうに斯う叫ん, 残念さうに横眼で清作, 残念さうに自分の頬, 残念さうに舌打をした, 残念さうに顔をしかめる, 残念さ嫉視妬ましさ, 残念さ彼以上にもち, 残念さ私しの, 残念したよ, 残念や逢, 残念じゃあありませんでしたか, 残念じゃったよ, 残念じゃと云うて, 残念それよりも残念, 残念だけならいい, 残念だけが鶴の, 残念だちぇっくそじゃあ, 残念だったり極り, 残念だったらしくしばらくは, 残念だって女の, 残念だ思はず晩酌を, 残念であったらしくその以上, 残念でありましてどうも, 残念であれば差し, 残念でいても立っ, 残念でいらっしゃいましょうねえ, 残念でしやうが, 残念でたまらん人を, 残念でたまりまっせん, 残念でならねえ, 残念でならねえのです, 残念でならんがだ, 残念でもねふすきいさん, 残念でゐらつ, 残念で堪らなかった為め忘れず, 残念で堪らぬような, 残念とでもう生き, 残念とにかくこれから富山に, 残念どうでもこちら, 残念どこへなり, 残念なこっちゃ, 残念な云い知れぬ口惜しさ, 残念にさえ思います, 残念にばかり思うて, 残念骨の, 残念ねと云ったら合点, 残念ばかりでも, 残念ひとつ其奴を探っ, 残念びんしけん何ん, 残念まして捕えて, 残念みたいだったじゃ, 残念むねんの情, 残念後の祭り, 残念やる方ない, 残念らしい口吻を, 残念らしく猪口の, 残念らしく引き揚げて行った, 残念わしの一ばん信頼, 残念デタマラナイノダガ君ノ手紙, 残念ナと再び麓, 残念て先, 残念ニ存何レ近, 残念プルウストはもう, 残念乍ら丑松は自分, 残念乍ら僕も伯父, 残念乍ら全部が真当, 残念乍ら彼の優越, 残念乍ら我々の仲間, 残念乍ら温かなもの, 残念乍ら相手が無い, 残念既に遅し, 残念にしよう, 残念か云ッ, 残念何とも譬え様の, 残念共泣きの涙, 残念其の方も, 残念出帆仕候小弟, 残念へ退け, 残念地の利が悪かっ, 残念場合によっては木曽家, 残念は宿, 残念とはネタ, 残念悲しみの極み, 残念意外であった, 残念拙者盲目でのう, 残念それに, 残念四日は, 残念残念事既に遅し, 残念に山吹, 残念直ちに手配を, 残念が立ちます, 残念至極是非どこへなと, 残念致しましたよヤス子さん, 残念舟手の先陣, 残念軽率であったぞ, 残念返り討ちだと, 残念逸した敵を, 残念鼓賊めにまた