青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「海軍~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

浮世~ ~浴び 浴び~ 浴衣~ ~海 海~ 海上~ ~海岸 海岸~ 海底~
海軍~
~消え 消え~ ~消えた ~消える ~消し 消し~ ~消息 消息~ 消費~ ~涙

「海軍~」 1393, 15ppm, 7450位

▼ 海軍~ (300, 21.5%)

11 ロッパ 3 事を, 方へ, 歴史に, 軍人に, 飛行機が

2 [13件] ために, なかでも, 兵曹である, 列に, 反省, 士官に, 士官や, 家, 少尉候補生は, 方の, 為にも, 精鋭を, 航空隊が

1 [248件] あいだに, お得意, ことです, ことにかけては, こと造船の, せきに, ためには, ためまた, ほかに, もって, アジア艦隊の, キャラメルも, スカイ, テントに, ハワイ海戦と, ブルータルな, ヘッポコ少尉が, ロッパと, ロッパ一部分を, 一万噸巡洋艦でも, 下士官だった, 下士官に, 中佐よ, 中将を, 主力と, 主力聯合艦隊は, 亀甲戦術に, 事に, 事ニハ今, 人たちにも, 人たちを, 人の, 人も, 仏印侵略の, 仕事を, 仕業と, 伝統な, 佐世保航空隊と, 佐田は, 侵入を, 修行海軍のという, 偉容を, 偵察機が, 偵察第, 傷病兵の, 光栄の, 全備せる, 八丈島航空隊その, 兵は, 兵曹で, 兵曹の, 兵曹上りの, 兵曹長の, 兵曹長上りか, 兵隊が, 兵隊である, 兵隊は, 前進根拠地な, 勢威を, 包囲網が, 医官桑原荘吉さんである, 占拠地区であった, 厳然たる命令, 参考品陳列館のけ, 叔父さんが, 叔父さんは, 司令部の, 名誉である, 名誉に, 名誉の, 名高い人たち, 士官たり, 士官です, 士官二名と, 大きな力, 大じまん, 大佐中佐級の, 大将さん, 大拡張, 大本山戦艦大和も, 大演習, 大航空母艦飛行島, 天文学者である, 奇襲隊の, 姚氏が, 威信に関する, 字引には, 学校で, 学校に, 学校の, 学校へ, 守護神マリア・テレジヤ騎士団の, 官房から, 家と, 対立的な, 将卒が, 将官佐官の, 将校が, 将校たちの, 将校で, 将校に, 将校にな, 将校には, 将校数名と, 将校服に, 将校服を, 將士等處の, 將帥を, 將校の, 尉官が, 巨砲が, 差が, 巻, 建設を, 快走艇だ, 恥を, 憲兵という, 戦死者の, 戦法を, 手で, 手を, 技術将校に, 支配下に, 攻撃によって, 敗戦を, 方が, 方で, 方に, 方のは, 方は, 日本軍楽隊であった, 時代と, 最大主力艦である, 松島の, 松島を, 松島様で, 松島様と, 某廠の, 某研究所長, 査問会の, 根拠地たる, 根拠地だ, 根拠地として, 機密を, 機関兵に, 款待の, 武官が, 武田大佐飛行潜水艦, 水兵が, 水兵さんと, 水兵です, 水兵の, 水兵を, 水兵仲間には, 水兵君が, 水泳教官の, 水路部などでは, 水道から, 汚の, 決戦が, 沈着な, 治安隊も, 海戦記の, 演習が, 演習に, 演習を, 潜水艦だ, 潜水艦に, 潜水艦伊号一〇一は, 潜航艇と, 潜航艇を, 潮田といふ, 災難を, 無敵大捷を, 無能によって, 爆撃機や, 爲に, 爲めに, 特別大, 特技を, 特派員に, 猛将, 生んだ二大国宝, 発達に, 真珠湾急襲は, 研究所へ, 礼式じゃね, 秘密が, 秘密根拠地だ, 第一, 筋書程度までは, 策戦が, 精を, 精鋭と, 精鋭日比谷中将の, 精鋭軍船である, 糧秣係の, 終戰事務局かなんかで, 編修書記とも, 練習船が, 練習艦隊明石と, 義弟の, 者は, 職工を, 脅威を, 自動車に, 航海術の, 航空隊って, 艦上機を, 若い士官, 若い少尉, 行動が, 行動について, 製艦技術の, 見事なう, 記録的に, 講習所などで, 起歩を, 起源は, 軍人, 軍人さんか, 軍人さんたちと, 軍人と, 軍人として, 軍人の, 軍人教育家職業紹介所の, 軍医である, 軍医少将で, 軍律は, 軍機を, 軍醫總監で, 追浜飛行隊でも, 部隊は, 鉄の, 長上官である, 長官なり, 陸戦隊の, 雄将, 青少年将校達の, 飛行兵曹長であった, 飛行場の, 飛行将校たちは, 飛行技術と, 飛行機を, 食物を, 駆逐艦に, 黒い連絡バス, SS航空船が

▼ 海軍大佐~ (94, 6.7%)

3 の盛裝, の行衞 2 の待命, の指揮, をはじめ

1 [82件] から斯く, があつ, がゐる, が兼, が幾星霜, が新しき, が此秘密, ぐらいじゃ, じゃア, だった良人, であった, であつ, であるが, ですつて, で後に, との奇遇, とは兄弟, とは無二, とは誰, とは面識, と其帆走船, と武村兵曹, と私, なる姓名, に向, に命じ, に次, に此急難, に至った, のところ, の令妹, の健康, の名, の嚴肅, の大, の妹, の妹君, の愛育, の朗々, の松島様, の海底戰鬪艇, の病床, の破天荒, の端然たる, の聲, の號令, の誠忠, の譯, の面, は一令, は一向, は不審, は今, は元, は其性質, は兼, は再び, は徐, は徐ろ, は微笑, は打, は春枝夫人, は暫時, は本, は此時, は武村兵曹, は流る, は海底戰鬪艇, は無事, は相, は私, は籠手, は軍刀, は金モール, は靜, も微笑, より委任, よ世に, よ濱島武文君, をし, を始め軍艦, を村長

▼ 海軍士官~ (73, 5.2%)

5 の軍服 3 と一しょ 2 が私, となる, のやう, の外套, の顏

1 [55件] がどこ, が外, が居た, が日本, が殺され, が犯人, が軍籍, だったこと, であった, であった若き, である良人, で病気, とか云, として軍艦, となつ, となれる, とのり合わせ, とも親交, と一緒, と二人連れ, と仏蘭西語, と往来, と行き, ならば, に参加, に間違, のこと, のとなり, の一隊, の令嬢, の兄, の写真, の夫婦, の居室, の服裝, の未亡人, の着る, の絵, の肩章, の腕, の面前, の面影, の顔, はたくさん, は墓標, は悠然, は情, は有名, は朗, は道, は靜, もそれ, らしい輕快, をマリー, を調べる

▼ 海軍~ (43, 3.1%)

3 仇を, 入って 2 一任し, 於て

1 [33件] あったが, いたころ, いるころ, ちがいない, とると, なると, なるン, 入ったの, 入つて, 入り千九百六年大佐, 入り軍艦, 力を, 及ぼすで, 太刀打出来ない, 対抗する, 居た将官, 属する空軍, 属する警備駆逐戦隊, 引っぱられ南方行き, 引渡すまでは, 手も, 採られべって, 救いを, 献納しよう, 知らせるまでは, 至っては, 行きたがるやう, 行きたがるよう, 行くん, 行って, 負けて, 身を, 配置され

▼ 海軍~ (42, 3.0%)

1 [42件] あらかた沈んじゃった, いよいよこれ, お気の毒, すばらしく強い, その建艦方式, たびたび眼, とても弱虫, どうなる, また背後, まだ航空船, イギリス式として, 一大根拠地を, 世界に, 乱暴で, 作戦上の, 來ない, 依然として退嬰そのもの, 全滅した, 全滅を, 全滅琉球も, 勝った, 又八億以上, 吹上浜に, 大苦戦, 常に長距離, 幼稚だ, 強い, 彼の, 政治に, 敵ながら, 新鋭無比なる, 昔から, 更に對米戰爭, 朝鮮海軍の, 東洋に, 無いのに, 特に当時, 蘭, 蘭人より, 負けたの, 降伏を, 階級制度が

▼ 海軍~ (40, 2.9%)

2 大勝利

1 [38件] この正面, それを, そんな不, つかったよう, どのよう, どんなに野蛮, なお好き, なかつた, はたしてどれ, はっきりさせ, ばらばらであり, ひと目見れ, また何故, もって, やって来る, アケメニード, フェロオルに, 世界に, 全滅し, 占拠し, 失敗した, 威海衛を, 嫌に, 強くとも, 快速と, 持つ最優秀, 沖縄の, 海賊艇と, 演じた英雄的役割, 編成され, 自慢する, 舌を, 蒼くなります, 許さないの, 誇る最新型, 赤道以北の, 進歩した, 道を

▼ 海軍~ (39, 2.8%)

2 と赤門

1 [37件] から, からのでございます, から英国, から行, が伏せてる, が初めて, が沈黙, だかの, ではあの, とかの技手, と共同, などは何, には何とか, に到達, に対しドーヴァ, に投書, の前, の將校, の山口肇少佐, の幕僚, の応接室, の材木, の松島中佐, の発表, の第, の編輯書記, の製図, の西側, の記者, の記者クラブ, の軍人, の連中, もしくは軍令部, や内務省等, より発表, をたづ, 来り駄目

▼ 海軍将校~ (37, 2.7%)

2 はかう, は明子, を陶

1 [31件] から贈られた, が何処, が同伴, であった為め, と, としてのあの, とはやはり, とは云, と腕, などは, なる主人, になった, になる, のよう, の名, の夫人, の夫妻, の女房達, の家庭, の服, の服装, の眼, の言葉, の集会所, はこの, はちらりと, はまだ, は優しく, は巧, は相, を招聘

▼ 海軍~ (33, 2.4%)

4 もって, 志願する

1 [25件] うち負かす, お守り下さいませ, ことごとく失っ, して, つくった, やっつけて, 侮辱し, 信頼する, 備えんと, 向うに, 封じた熊野海賊, 左右する, 引退し, 拡張し, 有って, 止めて, 破ったの, 維持しなけれ, 見かぎった, 見捨, 見限って, 起して, 軽蔑し, 退いて, 開キ候得バ此人数を

▼ 海軍大尉~ (24, 1.7%)

4 と共に彼女 2 であると, の息子, の腕時計, も否

1 [12件] あり舵柄, があった, があつ, が乗つ, が急, という名前, といふ名前, と云, と云う, の馴染, は閣下, を以て終り

▼ 海軍大臣~ (20, 1.4%)

1 [20件] かないし, が, がちゃんと, で今度, として受け, とまで望, と新聞, と軍令部長, などと新聞, になる, のチャーチル, の声, の御, はとつく, は同じ, は極秘, は真面目くさ, は艦隊, もほとんど, をし

▼ 海軍~ (19, 1.4%)

1 [19件] がデモ, が戻, が支那奥地, が飛ん, だ, だった, です, と戦っ, にし, にむかっ, に対する発砲事件, の大, の編隊, はすでに, はウラル丸, はドイツ, は僕等, もえらかっ, を動員

▼ 海軍軍人~ (19, 1.4%)

1 [19件] からげきれい, がこれ, が二人, だか, だったそう, で小金, としてながい, としてもまた, ともあ, と異, に縁づい, に見立てた, のやう, の前, の剛健, の有力者加藤寛治, はその, はどんな, は青い

▼ 海軍~ (14, 1.0%)

2 大きな国内運輸

1 [12件] いえども, なにかの, 今の, 僅少な, 協力し, 唐の, 太平洋戦とを, 決戦を, 理科との, 空軍との, 言うも, 陸軍とは

▼ 海軍~ (11, 0.8%)

1 [11件] ここに, すら鉄造戦艦, つかう兼帆艀, ねらって, 世界に, 作りよる, 前へ, 南ボルネオの, 早速査問会, 海軍を, 飛ぶ鳥

▼ 海軍~ (11, 0.8%)

1 [11件] には全力, に大きな, のある, の劣勢, の増加, はどこ, は戦艦九対十四, を保てた, を盛ん, ノ躍進的準備, ヲ喪失セル露國ニ

▼ 海軍~ (11, 0.8%)

1 [11件] でありエセックス, としてエセックス, とロバアト・セシル, と元帥伯, に率いられ, の上, の子ども, の首, はエリザベス, はナイフ, は綺麗

▼ 海軍~ (10, 0.7%)

1 これで, ちょっと感心, なくなりクラゲ, またリッサ島, 加わって, 同じ事, 商権保護の, 空軍も, 遠州, 青年訓練所を通じて

▼ 海軍工廠~ (10, 0.7%)

2 とのある 1 が建設, が秘密, が試験的, ですっかり, にあっ, に勤め, へも上田, をやめた

▼ 海軍~ (10, 0.7%)

2 は小石 1 でたくさんだし, でひよ, に半, の広い青い, の男, の男の子, を着, を着た

▼ 海軍さん~ (9, 0.6%)

1 かえ, が安来節, だけはさすが, とはとても, と一緒, までも居なすった, もこの, も手, を見送る

▼ 海軍では~ (9, 0.6%)

1 この器械, これを, サックと, 人的に, 噸数が, 怪塔王を, 新たに, 聯合艦隊以下多くの, 軍艦の

▼ 海軍機関学校~ (9, 0.6%)

2 で英語, の教官 1 に居る, に教師, の一生徒, の校長船橋中将, の理髪師

▼ 海軍ナイフ~ (8, 0.6%)

1 が突き, が突きささつ, でそれ, もきのう伊勢佐木署, を取っ, を振り廻し, を振り廻す, を握りしめ

▼ 海軍中将~ (8, 0.6%)

1 がその, だかにまで, だとかいう, であった, であった人, であるこの, の家, の明るい

▼ 海軍大将~ (8, 0.6%)

1 が内閣, になった, に叱られた, の娘, の家, の称号, はこの, を含む

▼ 海軍当局~ (8, 0.6%)

2 が予, の海 1 の調査, はわざわざ, は之, は最後

▼ 海軍病院~ (8, 0.6%)

1 で診察, に送られつ, に送還, の兵, の窓, へ見舞, も泰山院長, より武男

▼ 海軍部内~ (8, 0.6%)

1 では特別, では第, で有名, に其人, に於, の所信, の某, の風

▼ 海軍でも~ (7, 0.5%)

1 あつた, あのどっしり, また諸, 一番でしょう, 二分され, 早く陥落, 類が

▼ 海軍~ (7, 0.5%)

1 急務トス, 措キ他, 撃破シ得ベキ日本及日本ノ, 曰ヒ第, 有スル國アランカ海上ニ横行シテ, 設クルノ計ヲ, 設クル第

▼ 海軍~ (7, 0.5%)

1 だ日比谷, でも無い, で殺し, と呼ん, に於, の傍ら, へは矢鱈

▼ 海軍少将~ (7, 0.5%)

2 に至った 1 か大佐, とかに奉公, の一人, を以て終った, 大勲位

▼ 海軍~ (6, 0.4%)

1 からね, から好く, か知らない, ぞ, つて言は, ッ

▼ 海軍~ (6, 0.4%)

1 なんか入らなかったろう, はいった一人, 売って, 志願する, 研究生として, 行きいま甲府

▼ 海軍少佐~ (6, 0.4%)

1 なの, の懇切, の未亡人, の本書, を横浜, ノ懇切嚴密ナル校閲アルニ於テヲヤ世

▼ 海軍少尉~ (6, 0.4%)

1 がいる, のとき, の夢, の夫人, の服, を身

▼ 海軍武官~ (6, 0.4%)

1 が神経, であったこと, であること, でパリ, はやがて, や外交官

▼ 海軍を以て~ (5, 0.4%)

1 ちからを, 兵庫方面より, 組織し, 英の, 駿河湾より

▼ 海軍中尉~ (5, 0.4%)

1 が乗った, が山岸宏, と五分間写真, の服, の服装

▼ 海軍~ (5, 0.4%)

1 から苦情, では原因, にはこの, の意向, の頭痛

▼ 海軍~ (5, 0.4%)

1 學の, 將, 將で, 將の, 拡張は

▼ 海軍~ (5, 0.4%)

1 の絵, をかぶっ, を仰向け, を被った, を買った

▼ 海軍~ (5, 0.4%)

1 と改められ, に稽古学問, の勝安房ニ頼ミ, も幕府, も軍艦

▼ 海軍航空隊~ (5, 0.4%)

1 がある, それから東京愛国防空隊, に属する, は既に, を出動

▼ 海軍には~ (4, 0.3%)

1 いって, 一隻として, 旗も, 陸軍に

▼ 海軍大佐閣下~ (4, 0.3%)

2 の部下 1 と共に朝日島, は英國テームス河口

▼ 海軍委員会~ (4, 0.3%)

4 の報告

▼ 海軍学校~ (4, 0.3%)

1 あり, に属する, に講師, の近く

▼ 海軍根拠地~ (4, 0.3%)

2 のある 1 の大, を同時に

▼ 海軍から~ (3, 0.2%)

1 ありましたが, である, 間接射撃を

▼ 海軍にとって~ (3, 0.2%)

1 これは, じつに油断, 実に由々しき

▼ 海軍~ (3, 0.2%)

2 陸軍の 1 商船学校からも

▼ 海軍中佐~ (3, 0.2%)

1 の語る, の軍服, は

▼ 海軍傳習所~ (3, 0.2%)

1 が長崎, の傳習係通譯, の通譯係

▼ 海軍~ (3, 0.2%)

1 だ, の局部的, は少なから

▼ 海軍兵學校~ (3, 0.2%)

1 に入, の入, の生活中

▼ 海軍及び~ (3, 0.2%)

2 商業に 1 すべての

▼ 海軍基地~ (3, 0.2%)

1 が解散, を作つて, を作り

▼ 海軍士官ピンカートン~ (3, 0.2%)

3 になる

▼ 海軍奉行~ (3, 0.2%)

1 が黒船七隻, だ, として神戸

▼ 海軍技術研究所~ (3, 0.2%)

1 の武田敏夫博士, の第, へ通っ

▼ 海軍拡張~ (3, 0.2%)

1 に対抗, の予算案, 及び養老年金法実施

▼ 海軍提督~ (3, 0.2%)

1 でしたがって, で皇帝, のボルゴラム

▼ 海軍毛布~ (3, 0.2%)

2 だつた 1 を被っ

▼ 海軍~ (3, 0.2%)

2 なり 1 に居る

▼ 海軍省用地~ (3, 0.2%)

1 との間, に沿, の北

▼ 海軍社會~ (3, 0.2%)

1 に於, に與, の記臆

▼ 海軍~ (3, 0.2%)

2 二次補充計画は 1 二補充計画についてだけ

▼ 海軍記念日~ (3, 0.2%)

1 だから, はことし, 大旗小旗

▼ 海軍軍楽隊~ (3, 0.2%)

1 の男, は西洋音楽, は西洋風

▼ 海軍部隊~ (3, 0.2%)

1 が駐屯, なるもの, の報告

▼ 海軍飛行機~ (3, 0.2%)

1 で乗り出し, に乗っ, のあまり

▼ 海軍ある~ (2, 0.1%)

1 がため, がゆえ

▼ 海軍だけ~ (2, 0.1%)

1 だったが, では

▼ 海軍だって~ (2, 0.1%)

1 一万トン以上の, 仲

▼ 海軍とを~ (2, 0.1%)

1 いい加減に, 支へ

▼ 海軍なんか~ (2, 0.1%)

1 いきゃあしねえだ, 恐れること

▼ 海軍にも~ (2, 0.1%)

1 これに, 飛行機が

▼ 海軍~ (2, 0.1%)

2 の豪傑

▼ 海軍下士官~ (2, 0.1%)

1 だつた, で潜水艦のり八年

▼ 海軍~ (2, 0.1%)

1 でも一番, 第一

▼ 海軍中佐スパンベルグ~ (2, 0.1%)

1 の日本, はベーリング海軍大佐

▼ 海軍出身~ (2, 0.1%)

1 かい, で退職後

▼ 海軍卿シイモア~ (2, 0.1%)

1 と結婚, はその最たる

▼ 海軍参謀~ (2, 0.1%)

1 に涙, もひそか

▼ 海軍大佐等~ (2, 0.1%)

1 と再, の住

▼ 海軍将校上り~ (2, 0.1%)

1 が, が感

▼ 海軍将棋~ (2, 0.1%)

1 だって, を拵えよう

▼ 海軍~ (2, 0.1%)

1 將, 將松平

▼ 海軍工場~ (2, 0.1%)

1 から時たま, がひけた

▼ 海軍志願者~ (2, 0.1%)

2 の多い

▼ 海軍教授~ (2, 0.1%)

2 の看板

▼ 海軍~ (2, 0.1%)

1 の配合, を此端艇

▼ 海軍水路部~ (2, 0.1%)

1 というところ, の前

▼ 海軍洋刀~ (2, 0.1%)

1 で十文字, の先

▼ 海軍生活~ (2, 0.1%)

1 に専心, をし

▼ 海軍~ (2, 0.1%)

1 としては最小, は幾たび

▼ 海軍軍医~ (2, 0.1%)

1 と中学生, は左右

▼ 海軍青年士官~ (2, 0.1%)

1 か, の会話

▼ 海軍飛行隊~ (2, 0.1%)

1 に出動, は敵機十数機

▼1* [220件]

海軍あたりではわが, 海軍取り立ての, 海軍からの報告です, 海軍からは中身を, 海軍こぞって反対であった, 海軍これはまた, 海軍さまの工場, 海軍だったんです, 海軍や一時間位, 海軍ってもっときつい, 海軍つてものはどう, 海軍であり制限ある, 海軍であるが怪力線砲, 海軍でございと思わせよう, 海軍というところです, 海軍というも日本人というも, 海軍としては太平洋の, 海軍との関係の, 海軍とはまた幾分別, 海軍とも大勝を, 海軍とやら本願寺とやら, 海軍と共に世界一の, 海軍などは軍艦別に, 海軍ならわかるけど, 海軍にとっての一大脅威だ, 海軍にとっては帆と, 海軍にとっても喜ばしいこと, 海軍によって行われたもの, 海軍により海を以て, 海軍のというハお, 海軍め海と空, 海軍より陸軍の, 海軍よりももっと左, 海軍らしい海軍は, 海軍ををしへ, 海軍ガ英國海軍ヲ, 海軍ニ從事セシメ且ツ巡洋艦ヲ新造シ, 海軍ニ志あるを, 海軍マントを著, 海軍上がりの老人, 海軍中佐ジェームス・グリンの建議案, 海軍中将大学助教授細木同教授大里, 海軍中将陸軍部隊指揮官斎藤中将海軍部隊指揮官辻村少将の写真, 海軍中將プーチヤチンはじめ半ば素人が總がかり, 海軍中尉藤堂正男と申します, 海軍主脳部の見解, 海軍主計大監, 海軍予科練習生の志願, 海軍東西ニ相分レテ英國艦隊ヲ, 海軍人民委員長という海軍大臣, 海軍代將ビツドルが來航, 海軍体操を二つ三つや, 海軍作戦部長と三人きり, 海軍修行生徒七人の中, 海軍側弁護士団と呼応, 海軍側被告の特別弁護人, 海軍傳習係通譯のこと, 海軍傳習所傳習係通譯よりものち, 海軍傳習所設置當時だから, 海軍兵員およそ二千百余人, 海軍兵士の革命的組織, 海軍兵学寮の出品, 海軍兵曹長で年金, 海軍兵舎の廃木, 海軍内閣成立大本営を作りいよ, 海軍再興費を否決, 海軍のおもしろい, 海軍出動説はついに, 海軍力如何ニ在リ, 海軍卿ホワードさえもバアリイ, 海軍参考館の赤煉瓦, 海軍参謀ちょんがらちょっぴりの, 海軍司令部のコミサール, 海軍司令部等がある, 海軍司政官までが当選, 海軍問題以来山本伯の相場, 海軍として古き, 海軍国商業国としての彼ら, 海軍地区でしたかね, 海軍士官それだけが全部, 海軍士官たちが真に, 海軍士官ブルック大尉ら十人がのりました, 海軍士官云々の説, 海軍士官学校にパス, 海軍士官測量方ワルトン・ギリンネル同鉱山技師リウルモウル, 海軍士官私は辛, 海軍士官青山南町の方, 海軍外務の各省, 海軍大佐ジエームズ・クツクに訓令, 海軍大佐フオン・クルーゼンステルンが沿岸, 海軍大佐ヴアンクヴアが二隻, 海軍大佐之を發見, 海軍大佐例によつて例, 海軍大佐日出雄少年武村兵曹等は既に, 海軍大佐日露戰爭前に伯林, 海軍大佐某氏の息, 海軍大佐櫻木重雄君と縁故, 海軍大佐櫻木重雄本島を發見, 海軍大佐櫻木重雄氏は一昨年英國, 海軍大佐武村兵曹日出雄少年他三十餘名, 海軍大佐濱島武文其他同席の二三士官等, 海軍大佐虎髯大尉轟鐵夫君濱島武文春枝夫人及び二百餘人, 海軍大佐金沢午後七時〇五分着同三十分信越線のりかえの, 海軍大学その他高等海員向きの女, 海軍大尉フオストフ同少尉ダヴイドフ, 海軍大尉上りの日本人重役, 海軍大尉小笠原長生子の眷顧, 海軍大尉朝田某は多数少壮士官, 海軍大臣戦争の恐怖, 海軍奉行勝麟太郎を京都, 海軍奉行榎本どのと比較, 海軍委員会報告書の予定, 海軍學術ノ研究ト勇猛不屈, 海軍専用の水道, 海軍専門家の推論, 海軍将兵もこの, 海軍将官が英国, 海軍将校ジユリアン・ヴイオオの長逝, 海軍将校鷹揚として一等室, 海軍將官の娘, 海軍將校となれる, 海軍少佐ガロウニンは本, 海軍少佐テオバルト・フォン・エッセンは死に, 海軍少佐夫人がまだ, 海軍少佐岡田雄三氏来訪せらる, 海軍少佐島野鸛一君と故, 海軍少佐鸛一さん事シゴイさんを追いかけまわし, 海軍少将クロパアの率いる, 海軍少将坪井航三の率いる, 海軍少尉候補生だの, 海軍少尉男爵川島武男と呼ばれ, 海軍少年飛行兵の訓練, 海軍帽子の小児, 海軍帽湯浅さんにブラウズ, 海軍幾万の警察力, 海軍建設以来最初の英雄, 海軍御用商人の小僧, 海軍志望を棒, 海軍志願の松野君, 海軍思想の普及, 海軍惣大将なり, 海軍我敵は古今無双, 海軍戦史のあたらしき, 海軍技術本部長の蓑浦中将, 海軍拡張位何でもあるまい, 海軍拡張案を提出, 海軍提督ペルリの始め, 海軍操練所で算数, 海軍操練所内に移る, 海軍政策を攻撃, 海軍教授豊島定氏である, 海軍教育参考館に収め, 海軍方面との意見, 海軍暗号なので, 海軍書記生をやつ, 海軍最初の紅玉島砲撃, 海軍根拠地ウィルヘルムスハーフェンを去る, 海軍根據地トセヨ, 海軍機関大佐である, 海軍武官府の高級参謀, 海軍治安隊にしぶしぶ, 海軍海事の發達, 海軍港附属の官舎, 海軍潰滅前後の物語, 海軍生成時代のこと, 海軍のタンク, 海軍療養所は崖ごと, 海軍的思想を振ひ起し, 海軍監獄へ送られました, 海軍省宛に送られた, 海軍省恤兵金係りへ国防資金, 海軍省所属の原, 海軍省文書課慶応義塾図書館書肆一誠堂編輯部其他に勤務, 海軍省方面の翻訳, 海軍省証券割引率が極めて, 海軍知識ないしは海邊武備, 海軍のセル地, 海軍総督聞いて, 海軍編修書記に推薦, 海軍練習生が大, 海軍罫紙をひっぱり出した, 海軍航空本部の一流, 海軍航空用一号アルコールのドラム缶, 海軍船艦を築造, 海軍艦隊本部へ報告, 海軍萬歳を連呼, 海軍葬広告と相, 海軍製鐵所陸軍兵器廠ノ移管經營等, 海軍要塞を占拠, 海軍記念日上々吉の天気, 海軍記念日町では記念会, 海軍詰めですがね, 海軍論者なりという上官, 海軍貯炭場へ石炭, 海軍軍人たちもこの, 海軍軍人川上機関大尉であります, 海軍軍人生活をつづけ, 海軍軍人警察官ならば, 海軍軍令部長に補せられ, 海軍軍備に没頭, 海軍軍医少佐以下の沈着, 海軍軍属らしい男, 海軍軍役に服し, 海軍軍服を着た, 海軍軍樂隊の奏する, 海軍軍縮予備会談が開かれよう, 海軍軍縮会議大詰本日の首席全権会議, 海軍軍部の怠慢, 海軍には感心, 海軍造兵廠の跡, 海軍造船所へ伴, 海軍部隊指揮官辻村少将の写真, 海軍長官の命令, 海軍長官宛に上申書, 海軍関係の工場, 海軍陸戦隊をしたがえ, 海軍飛行予科練習生を出す, 海軍と三越, 海軍駆逐機隊の無電交信, 海軍高等審判に附され