青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「海岸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~浮ん 浮ん~ 浮世~ ~浴び 浴び~ 浴衣~ ~海 海~ 海上~ ~海岸
海岸~
海底~ 海軍~ ~消え 消え~ ~消えた ~消える ~消し 消し~ ~消息 消息~

「海岸~」 3478, 38ppm, 3081位

▼ 海岸~ (797, 22.9%)

50 方へ 12 岩の 10 方に 7 方へと, 砂の 6 家へ, 方を 5 ほうへ, 方から 4 家を, 旅館へ, 村に, 樹下に 3 すぐ近く, ように, 温泉地へ, 町に, 町を, 砂丘に, 空気を, 道を, 風物が

2 [66件] いちばん北の, いちばん南の, ぬくとき夜半, ひらたい岩, ふくふくした, ほうに, まん中で, バスの, 一方の, 一角に, 停車場から, 入口に, 冒険, 別荘に, 別荘へ, 南の, 土の, 地方に, 地点の, 夏の, 夜會, 家, 家で, 家に, 家の, 宿には, 宿屋に, 小高い山, 屈折が, 岩山の, 崖の, 斎用水に, 方が, 方で, 景色は, 最近の, 木の, 村, 村で, 村へ, 松原を, 松林の, 松林を, 某寒村, 此一角に, 洞穴から, 淋しいところ, 温泉も, 温泉旅館へ, 潟は, 町は, 砂に, 砂を, 砂丘の, 砂地に, 砂地の, 砂浜に, 西の, 近くに, 道路を, 防備に, 防備を, 風を, 風光を, 風景に, 風景を

1 [514件 抜粋] あかしや, あたりは, あのあたり, あの絶壁, ある地, ある小さな, ある時期, ある淋しい, ある部落, い, いずれの, うち一部分に, おおよその, お方は, かなたまで, かわいた上, がけの, くせに, けむつた柳の, けわしい崕, けわしい崖山, ことが, ことだつた, この町, ごく狭い, さびしい美しさ, すっかり見える, そこは, その小島, その部分, つるや, ところに, どこかで, どこかに, どんなすみっ, ぬくい処, はうに, はうへ, はればれした, へんな, へんぴな, ほうにも, ものと, ような, アイヌたちは, ア・バイの, カマボコ小屋で, カマボコ小屋に, ギネタ船渠の, クイーロン港口の, ザワザワした, タマナ並木の, タマナ竝木の, ダルハムに, ドイツ潜水艇の, ドライブ道で, ニースと, ネリゲは, バガモヨに, バガモヨまで, バルベックに, バルベツクに, ブライトンへ, プロムナアドを, ベンチや, ホテルでの, ホテルども夜は, ホテルに, ホテルの, ホテルまで, ボートの, ボーンマスという, 一孤島, 一小, 一帯に, 一戦に, 一村では, 一漁村で, 一点を, 一番北の, 一端に, 一筋路です, 一角は, 一部の, 一部をも, 三日市町附近に, 上で, 上に, 上の, 上を, 与那原に, 世界最初の, 丘が, 丘の, 丘陵樹林民家等が, 中へ, 中流処の, 乱宴, 事だ, 二箇所に, 人々に, 人たちは, 人は, 人口を, 人家の, 人気の, 仕事場へ, 位置から, 低地であった, 低地に, 住人には, 住民でありました, 住民の, 住民は, 住民らが, 佐々木さんの, 何れの, 侘びしい, 保養地ボーンマスに, 倉庫に, 倉庫へ, 借家へ, 僻村, 僻陬村落に, 入江に, 公郷村とは, 冒険を, 写真よ, 切岸に, 別荘で, 別荘の, 別荘は, 別荘まで, 別荘地で, 別荘地に, 別莊町, 勝地である, 北端に, 北端の, 半農半漁の, 単調に, 印南野も, 印象で, 反対の, 叢に, 台湾航路の, 右には, 名を, 名勝が, 国道を, 圍み, 土産物を, 地に, 地には, 地の, 地を, 地形や, 地方で, 地方色が, 地面の, 埋立事業を, 城下町で, 基地へ, 堅い白いなぎさ, 堤の, 場が, 場の, 場面駅前の, 夏らしい, 夏を, 夕風に, 夜の, 夜色は, 大きな傘, 大きな岩, 大きな波止場, 大槌の, 大野とかいう, 天城颪の, 天幕張りの, 女の, 好いこと, 好い景色, 如く北方, 守護を, 安全な, 家から, 家では, 家には, 家は, 家までは, 宿やへ, 宿屋で, 宿屋まで, 小さい町, 小さな小屋, 小さな岡, 小さな貸, 小ぢんまりと, 小學校生活, 小山で, 小山の, 小径を, 小村に, 小祠で, 小都会, 小高い丘, 展望とで, 山には, 山の手の, 山を, 山田にては, 岡の, 岩か, 岩に, 岩の上や, 岩へ, 岩壁で, 岩壁である, 岩壁の, 岩山に, 岩山を, 岩礁の, 岩穴に, 岩隙の, 岩鼻でなく, 島の, 崖などは, 崖に, 崖を, 巌に, 巌を, 巌角なぞを, 巖石が, 市街であろう, 干潟の, 平地という, 広い区域, 広場に, 庭にも, 建物は, 強い輻射, 形が, 微風, 或はアダン, 或る, 所々に, 所々には, 所は, 散歩に, 散歩場です, 散歩街では, 散歩道で, 散歩道には, 料理屋へ, 断崖に, 断崖を, 方々で, 方とは, 方なら, 方にまで, 方の, 方へでも, 方へも, 方まで, 方向に, 方角が, 旅も, 旅館, 旅館に, 旅館の, 春光を, 春風を, 景色, 景色で, 景色と, 景色の, 景色や, 景色を, 暖かい海水, 暗い道, 暗闇の, 月夜を, 木棚の, 村では, 村などに, 村の, 村人の, 松の, 松並木が, 松前という, 松原が, 松原としては, 松原とは, 松原なぞは, 松原は, 松原まで, 松原蔭に, 果実売子を, 柳の, 棒杭に, 森林が, 森永キャムプストアへ, 森蔭じゃ, 楽焼屋へ, 榎だ, 様子に, 櫻木大佐の, 欄干の, 此処は, 此處は, 民が, 民どもが, 水平線近く虚空を, 水面に, 沖で, 沖の島に, 沼地に, 波打ち際に, 波打際などに, 波打際の, 波打際へ, 波止場から, 洞穴, 洞窟か, 洞窟である, 洞窟にでも, 洞窟には, 流砂である, 浅い砂浜, 浅瀬を, 浪に, 海嘯の, 淋しい松原, 淋しい淋しい午後, 深い淵, 清涯亭という, 温かい土地, 温泉です, 温泉には, 港へ, 漁夫村に, 漁夫部落からは, 漁師町の, 漁師町を, 漁師達と, 漁村の, 漁村一帯は, 漁村山の, 漁民を, 漁猟人が, 潟とは, 潮水に, 潮流も, 潮風の, 濤声こ, 瀟洒と, 瀬踏みの, 無線局を, 熱海宝塚へ, 燈台が, 燈籠流しの, 特色で, 特色のみには, 獨歩の, 産屋で, 田, 田の, 町この, 町では, 町の, 町へ, 町らしい, 病院で, 病院とは, 病院は, 療養院へ, 発病以来絶対に, 白い崖, 白い砂, 白木の, 白砂の, 眺めは, 眺めも, 石に, 石原の, 石垣との, 石垣にでも, 石垣の, 石崖の, 砂はまに, 砂や, 砂ッ原の, 砂ッ原岩穴の, 砂上に, 砂丘まで, 砂丘を, 砂丘数里の, 砂原で, 砂原の, 砂地なら, 砂山に, 砂浜だらう, 砂浜には, 砂浜の, 砂濱に, 砂路あの, 砂路を, 私の, 種崎で, 穴に, 空地へと, 空気が, 空気は, 空気も, 空氣を, 突端に, 突起物は, 符号, 紅き火, 緑の, 美しい線, 美観である, 義, 背後の, 脱衣場で, 舟つきの, 航路は, 船着場まで, 芝生で, 茶屋で, 茶店の, 茶店へ, 草原の, 草原を, 草叢の, 草地へ, 荒浜を, 荒磯に, 荒野の, 街道筋の, 袖師で, 西瓜の, 要所要所, 覊旅歌を, 見るべきは, 見晴らしの, 話を, 諸港, 警衛を, 貧しい漁村, 路上に, 近くを, 通りを, 造船所に, 遊歩道に, 避暑地で, 避暑地なぞへ, 避暑地に, 邊で, 邊に, 部落から, 部落に, 部落の, 部落迄, 都会地に, 酒宴の, 鉄棚の, 間口という, 防備ある, 防波堤は, 防禦には, 防禦を, 防衛すら, 防衛に, 防風林に, 陣地を, 陣屋で, 陣屋の, 除地に, 陷沒地が, 陸に, 隱見し, 雑草も, 雨の, 雨後の, 風光つねに, 風光と, 風景, 風景が, 風景には, 風景の, 風景は, 風景や, 駅へ, 高いがけ, 高い崖, 高みには, 高地を, 高射砲は

▼ 海岸~ (727, 20.9%)

20 沿うて 16 立って 15 出て 9 出た 7 沿って 5 そって, 住んで, 来て, 漂着した 4 打ち寄せる波, 漂着する, 近づくと 3 そいて, 向けて, 沿うた道, 漂着し, 着いた, 立つて, 行きました, 近いところ

2 [33件] あった, あって, ある荘田別荘, いて, うち寄せる, たたきつけられ必死, たどりついた, ねころんで, ひと夏, やって, 二人の, 保養に, 別荘を, 十五日も, 咲いて, 坐つて, 小さな町, 居り物忌み, 幕を, 待って, 打ちあげられて, 打ち揚げられる漂流物, 投げ出された儘, 於て, 来るの, 沿うた小石, 砕けて, 行って, 近い所, 近づくにつれて, 送ること, 連なり續, 達す

1 [538件 抜粋] あが, あがって, あった私, あつた, あらずなつ, あらはれた小男, あらわれた鉄, あり正面, あり狭, ある, あるあの, あるこれ等, あると, あるの, あるもの, あるやう, あるアフンパロ, あるアフンルパ, あるトンネル, あるホテル, ある一小港, ある両親, ある別荘, ある古い, ある国際学友会, ある大戸村, ある小, ある帯, ある彼, ある彼女, ある洞窟, ある海士, ある溶岩流下, ある無数, ある燈臺守, ある父, ある男, ある番所番所, ある砂浜, ある第, ある花, ある衛兵所, ある親, ある計りさ, ある辺鄙, ある速水, あれば, いたが, いたこと, いたころ, いたの, いた巡礼六部姿, いた頃, います, いらつし, いるおば, いるよう, いる時, いる流二君, いる睦五郎, いる親切, うちあげられたの, うちあげられ大破, うちよせる怒濤, うち上げられ, うつされたその, うろつき行き, おなじく一つ, かつぎ出させそれから, きて, この神, ささやかな, さしかかったの, しては, しても, しようと, しろどの, そいおよそ, そいたる地, そい五, そういう名, そういう実例, そうて, そのまま横臥, そばだって, それを, たくさんある, たたずんで, たって, たどりついたの, ちかい大岡川, ちかい或, ちらばって, ついた, ついたの, つきましたが, つけなければ, つけると, つたえた, つないで, でて, とどきそう, とり北, なぜこんな, なぜ黒松, なって, のこって, のりあげそう, はいまわっ, はじめて灯台, ひきまた, ひとかたまりに, ふさわしい快適, ぼんやりし, ぽっちりと, またせて, まだ明けやらぬ, まって, むかえる空, むかって, もとめただらう, やってきて, ゆきます, ゆくと, よく似, わずかの, ゐるハネムシ, アイヌ達は, アフンルパ, オイテキボリを, カフェーが, ギルブリード, コンナ荷物が, シラキュースという, ズラリと, テムズの, ブッ倒れ, ボートが, メールストレームの, 一人の, 一匹の, 一小屋を, 一日中立つ, 一軒の, 一週間ばかり, 一隻同, 丈夫な, 三井楽という, 上陸した, 上陸す, 上陸蕃人と, 下り立った, 不時着した, 並べたが, 並んで, 並行し, 並行する, 中條家の, 乱点せる, 五智如来と, 人が, 人通りも, 仙蔵と, 仮廬, 休むところ, 位する人口, 住むもの, 住むエスキモー, 住む人, 住む者, 住んだ古代, 作れば, 來た, 來る, 保養し, 倚る, 偶然漂つて来た, 備えつけられた水中聴音機, 出かけたなな, 出たとき, 出たところ, 出ては, 出で, 出でて, 出ました, 出る, 出ると, 出る気, 出来た竹葉, 出現した, 別荘とを, 到着した, 到着する, 加茂町が, 卸して, 及ばんとして, 及ぶところ, 叔母を, 名だたるキャンヌ, 名高い砂丘, 向いた方, 向かって, 向つた半, 吹きつけて, 吹き付けられて, 咆哮し, 咲き並ぶ月見草, 四方八方から, 在る貸, 地響きを, 坐ると, 売店一つなく, 変更され, 多い, 多いトンネル, 多い岩, 多かった, 大きな波, 奪われて, 女の, 定住し, 定着した, 実在し, 家が, 家を, 宿る時, 宿を, 寄せる波, 寄った時, 寄つた方に, 寄り着いた寄り鯨, 小溝, 小高い一筋, 居たもの, 居つて, 居るやう, 屯ろし, 岩が, 師範アリ, 幾何も, 廣く亙つた, 延びて, 建てられた小舎, 引いて, 彼の, 忘れたる竿, 忘れて, 急いだ, 愚かさうに突立つてゐる, 愚かそうに, 或は太平洋沿岸, 戯れる裸体, 戻って, 手錠を, 打ちあげられましたが, 打ち上げられた人たち, 打ち上げられた他, 打ち上げられて, 打ち寄せるらしい深夜, 打寄せる頃, 投げ出されて, 抜身の, 押しだされたの, 押しよせる狂瀾怒濤, 押寄せたならば, 捨てて, 接して, 接見す, 接近する, 撒き散らされたいろいろ, 散歩に, 散點, 整列させ, 於けるか, 於ける布教, 於ける魚類, 於ては, 日光と, 日崎という, 最も多く, 最正しき, 月小屋を, 望んだあの, 来ました, 来ると, 棒杭を, 棚を, 森戸崎という, 棲んだ人間, 棲んで, 橋立よりは, 殊に多い, 残された暴風雨, 残して, 殘れる, 比ぶれ, 比べたらもつと, 比べると, 沈みも, 沢山ある, 河童の, 沿うた一本街, 沿うた地方, 沿うた場所, 沿うた数個所, 沿うた藪, 沿ったごく, 沿った広い, 沿った狭い, 沿ふて行く, 泳ぎついたといふ, 泳ぎつく, 泳ぎに, 流れついた, 流れついたと, 流れついたもの, 流れついて, 流れつくと, 流れつく事件, 流れ着くか, 浮いて, 浴うて, 海水浴に, 添った断崖, 添って, 添ふて走る, 溺死体と, 滞在し, 漁獵を, 漂流し来, 漂着死体が, 漂著しました, 火が, 点々と, 牛くらいの, 狭苦しい東京湾, 現はれた, 現れた大, 生える植物, 生える灌木, 生まれた女, 生れたの, 生ズ, 産小屋という, 異常の, 疎開の, 発見された, 發達せり, 白浜つていふ, 皈らんと, 目指すもの, 相当の, 眩惑された, 着いたの, 着いた軍艦, 着くと, 石切り場が, 石垣の, 石垣高く, 神を, 祭壇を, 移されて, 移転し, 稀に, 穴を, 空とぶ, 立ち尽して, 立った者, 立つと, 立つ二階屋, 立てて, 篷屋を, 網が, 置いたある, 置いた大きな, 美人の, 翼を, 育った僕, 臨んだホテル, 臨んだ速水, 臨んで, 自分で, 自分と, 至り終日釣り, 至り遺失, 至るまで, 至るまでの, 舟がかりした, 舟を, 船がかりを, 船を, 茂作といふ, 落されて, 落ちた年老いた道士, 蜃気楼の, 蝦夷が, 蝦夷と, 行かうと, 行かなかつたならば, 行く, 行くこと, 行こうと, 行つてよ, 行つてゐた, 行つて宿の, 見える小さな, 見つけること, 見つけるほどの, 見とれて, 觀ずる, 設くる, 設けられた, 詰め寄せるかの, 誘った, 警戒網が, 走らせた, 走らせ而, 走り出で, 赴いたの, 起ったこの, 起りがち, 足を, 軍備を, 転が, 転地し, 轉地しなけれ, 辿り着いたと, 近いから, 近いだけに, 近いので, 近いほど, 近いゆえ, 近い以前, 近い加賀, 近い南国, 近い場所, 近い密林, 近い島, 近い従兄, 近い故, 近い村, 近い玉楠, 近い神社, 近い通り, 近い都市, 近い青木阪, 近い静か, 近き來, 近き山, 近くあつ, 近く土人部落が, 近く家を, 近く寝, 近く悪い, 近づいた時, 近づいて, 近づきあと, 近づきつつ, 近づきて, 迫って, 迫つてゐる, 連つた家々の, 連なって, 連り, 連れて, 遊びに, 遊んで, 過ごしたこと, 達したるの, 達しないうち, 達すると, 遠い場所, 遠い平原, 適わしい言葉, 適当な, 邸を, 野生し, 野生した, 金を, 開けて, 降りて, 陣地を, 陷沒地を, 陸から, 隔絶し, 集つてゐる, 集まって, 面した氷, 面した海, 面した田原, 面した西役所内, 面した見晴, 飄然上陸した, 飛び上った, 飛沙魚は, 飜し, 食糧薪水を, 駆けつけて, 高くつき出, 鮫到り

▼ 海岸~ (290, 8.3%)

28 出て 14 散歩に 11 行って 8 出た, 遊びに 4 出ました, 向けて, 来て 3 でて, やつて, 出ると, 着いた, 転地し

2 [20件] いって, 下りて, 出かけたの, 出かけて, 出たり, 出ようと, 出る街路, 出れば, 向つて, 打ち寄せる波, 来てから, 漂着した, 行きました, 行く道順, 行けば, 行った, 行っても, 行つた, 転地する, 逃げて

1 [154件] あが, あがったという, いくと, いっしょに, うちあげられても, おいでに, おりる石段, かかるなら, くるまでの, しばらく療養, そこで今年最初, たった, たどりついたわれわれ十名, つ, つきあたります, つれて, でかけた, でた, どんとつきあたっ, なり姉, ひきずって, まいりました, もどりましょう, やって来たと, やつてあつ, ゆくこと, 一日が, 上がるや, 下りた, 不時着し, 乗捨てられた小舟, 亡魂見物に, 住むん, 児童自由詩講演に, 出かけた, 出かけようと, 出たから, 出た喜び, 出でて, 出まいと, 出ること, 出るの, 出る人, 出る夜汽車, 出る道, 出る開いた場所, 出る頃, 出張し, 出掛けて, 出水際, 出端れ, 初めて出ました, 到着する, 参りましたが, 参りましたらそれ, 名残を, 向かって, 城塁を, 多勢で, 夫婦の, 姿を, 家族づれで, 寄せる話, 寄った方, 座員と, 引っぱって, 引っ張って, 引っ返すと, 引返して, 強いて, 往くところ, 往けるから, 往っ, 往った, 往って, 往復した, 御転地, 戻って, 打ち上げられて, 打込んで, 抜けること, 旅行に, 日本茶館の, 日返り, 来たとき, 来たね, 来る時, 来る船, 案内された, 案内しよう, 波が, 波の, 泳ぎついた, 泳ぎに, 海岸の, 海水浴の, 漂って, 病躯を, 着いたと, 移って, 移り住みまつたく土地, 移ること, 移転静養せしめ, 立って, 築き出した二か所, 続くの, 義経の, 舁いで, 舞台は, 船を, 行いた鴛泊, 行きかけた足, 行きそこで, 行きたいと, 行く, 行くこと, 行くと, 行くなら同じ, 行くに, 行くの, 行く途中, 行こうとも, 行ったが, 行ったら大きな, 行ったんで, 行つ, 行つてその, 行つてみたいと, 行つて濱邊に, 走らせた日, 走り出た, 赴いて, 足を, 転地が, 転地され, 転地療養に, 轉地し, 近よせ, 通ずる道路幅, 連れだしたの, 連れて, 連れ出して, 運ぶ為, 遠征しよう, 避暑する, 降りた自動車, 降りて, 降りる路, 集って, 飛出して, 養生に, 駆けつけると, 駆け出して, 魚の

▼ 海岸~ (268, 7.7%)

13 歩いて 12 散歩し 5 走って, 離れて 4 散歩する 3 散歩した, 東へ, 歩けば, 歩む

2 [12件] 上流に, 伝って, 何人にも, 大股に, 昨日の, 最初は, 歩くと, 歩んで, 経て, 行きそれから, 距る, 過ぎると

1 [193件] あても, いつかかなり, うろつくよう, えらんだの, おびやかした, お遣し, これから三百マイル, さして, さまよ, さまようた時分, さまよって, さる数十マイル, さ迷って, ずんずん南, そぞろ歩きした, つきぬけて, つたひ, どの方向, のろい電車, はなれたの, はなれて, ひろく云っ, ふらふらと, ぶら, ぶらついたり, ぶらついて, ぶらつき水, ぶらつき熱海, ほっつきま, めぐりて, もう一度見直し度, もう少しきれい, よく見る, わき目, スケッチブック片手に, ステッキ振り振り散歩すれ, トボ, バスに, 一, 一列に, 一周し, 一度ずつ, 一散に, 一時間も, 一直線に, 一隊の, 乘つ, 九十九里伝いに, 人が, 仕事の, 伝い歩いて, 伝馬の, 使用する, 出るに, 包み始めると, 北の方へ, 北へ, 北へと, 北上し, 十キロメートルと, 十歩ばかり, 半月あまり旅を, 占領したなら, 去って, 去る一哩半, 去る七百キロ, 去る四浬, 去る地点, 回って, 外より, 夜歩い, 大里まで, 存し, 守り貧窮, 安部屋へ, 小犬を, 屏風で, 工場用地として, 帰途に, 廻って, 廻るとかいう, 引上げて, 征服し尽す, 徒歩い, 思わせる白砂, 愛する, 戻りながら, 手の, 承知しつくし, 指して, 捜して, 掠めた時, 探しまわって, 探す事, 描き出す, 攻めよせる五百, 旅行しまする, 暫らく見, 東金剛西金剛といふ, 案内し, 極めついで, 歩いたが, 歩いたと, 歩きながら, 歩き乍ら涙, 歩き廻つた, 歩く白服, 歩み出したの, 歸つて來る, 洗い主流, 流して, 海女が, 測量し, 漕ぎ廻る時, 漫歩した, 照し, 照らし海人, 生活の, 町から, 百五十哩彼は, 目指して, 真っすぐに, 真一文字に, 眺めた, 眺めた時, 眺めて, 眼の, 瞥見した, 瞥見する, 知らないため, 破壊し, 突き崩した, 立去る時, 端から, 經ては, 縫って, 聖別して, 脅や, 航海し, 船で, 荒す其の, 荒せしもの, 蔽ひ, 行きましょうよ, 行き行きて, 行くと, 行つた, 襲った, 襲った大, 襲わしめると, 西へ, 見た, 見たとは, 見た所, 見ないでは, 見ること, 見るであろう, 見下す窓, 警備し, 走り戻りました, 走る冷たい, 距った, 辿って, 辿つて皈つた, 迂回し, 逃げて, 逍遙し, 逍遥し, 逍遥中海浜より, 逐うて, 這ひまはる, 通った時, 通つてゐる, 通りかかった沙魚釣り帰り, 通りかかると, 通り東支那海, 通る船, 通過せられた, 過ぎて, 遠く放れない, 遠ざかるの, 選んだ修一, 選んで, 防禦する, 除いては, 除くのほか, 離れたと, 離れると, 離れ小雨, 靄立たし, 飛んで, 馳せめぐって, 駆け回ると

▼ 海岸~ (175, 5.0%)

4 ねこの 3 私は 2 あつた, つりを, なにか, 有名な, 私たちは, 船を, 見た人魂, 身体は, 遊んで, 難破し

1 [148件] あらうとも, ある日東海はるか, このようす, この頃, これを, さんざんに, さんばしも, しかもある, じっと気まま, そこへ, その中, そんな事柄, たくさんに, とつた, とれるの, なぜ彼, ねころんで, はね僕たち, ひとつスクーネルを, まるくなった, ゆっくり話す, シロと, バケツの, ビンビバナという, ヨシオ様という, ンナという, 一休みし, 一方に, 上陸用舟艇の, 不思議に, 不慮の, 丘には, 之を, 九日の, 二人とも, 人声を, 人殺しが, 人里離れた, 今の, 今まで, 何かが, 何十人という, 作者が, 偶然にも, 偶然拾つた筐の, 再び落ちあう, 冬を, 冬籠り, 冷えた体, 凡そ二月, 出逢ったので, 別れたぎり年, 匕首を, 名物と, 唐もろこしを, 商売を, 変死した, 大勢の, 太平洋に, 家は, 寄宿を, 密輸入者を, 寝て, 島に, 崖崩れの, 幅三間計の, 年々に, 廿名許の, 待つて, 御津と, 怒濤, 急に, 恰度青年が, 投網を, 投身自殺を, 拾った石ころ, 拾得し, 捕らえて, 採集した, 撮つたあの, 日を, 時間を, 暮したいさ, 暮らすよう, 暴風雨を, 朝鰹船の, 果し合いを, 死のうかと, 死んだ吉田豊, 死んだ日本洋画壇, 殆ど即興的, 毎日一生懸命に, 河童が, 波の, 泳げば, 海は, 深谷氏の, 測量し, 満潮点の, 溺死した, 漁師と, 焼却する, 犬と, 犬の, 珍しく父, 用いた手, 発見され, 眺めたこと, 眺めた時, 知り合いに, 知り合っただけの, 知合ってから, 研究した, 磨滅された, 私と, 突然に, 立てる雷, 紹介された, 網を, 自炊を, 舞坂の, 舟の, 船が, 芝居してる, 裸で, 見かけるの, 見た女, 見付けて, 見出された, 見受けるもう, 言葉を, 計ったの, 詠んだ歌, 貝を, 貝塚を, 蹴倒す場面, 身を, 車を, 遊びました, 遊ぶこと, 過す習慣, 道を, 遠い波, 里の, 降りるわけ, 陸地が, 難船した, 露宿した

▼ 海岸から~ (126, 3.6%)

3 持って 2 だん, アトリエに, 入水する, 折れて, 遠い傾いた, 離れて

1 [111件] あまり遠く, この箱, これに, さして遠く, すぐ高い, たつたいま君達, つき出たもの, で無く, ところどころに, にがして, やって来たの, サルジニアに, ニューヨークへ, 一キロばかりの, 一側裏の, 一寸入った, 一里ほど, 一里も, 三四丁離れた, 三浬まで, 三浬沖合の, 三百キロほど, 三里足らずの, 上る積り, 丘までが, 二十マイルも, 二町と, 五マイル離れた, 五六町も, 五六里しか, 五百メートルほど, 仕事を, 他の, 余り遠く, 僕は, 入り込んだので, 入江にな, 出たもの, 出帆した, 出立した, 助けの, 十台の, 即ち裏, 吹く風, 呼び迎えて, 堀割を, 外へ, 大分遠い, 大利根の, 小山へ, 小舟に, 少し隔, 帰って, 帰られたの, 幾浬か, 広つた民族, 急に, 恐しい木枯, 恐ろしい木枯, 扇ヶ谷へ, 手に, 投げたぼう, 投身自殺を, 散じて, 新婚旅行の, 日本の, 望まれた, 望見した, 村の, 来ました, 東京の, 東海岸に, 歩き去って, 水中を, 沖を, 海岸を, 漕ぎだされた, 病院へ, 發達した, 真直丸の内の, 砂が, 移って, 稍入りこんだ, 突き出てる岩, 自動端艇に, 行くより, 街の, 西の, 西へ, 見ると, 見れば, 見わたされる海上, 見下ろした足もと, 誤って, 身を, 返事が, 遁げ出した, 運河まで, 遠からぬ, 遠くなる, 遠くに, 遠く時には, 遠ざかった, 遠ざかる事, 離れた地, 離れた洋上, 飛込んだこと, 馳せ集まった混成軍, 駒ヶ林生田川そして, 高い山, 黒人や

▼ 海岸~ (101, 2.9%)

6 に沿う 4 に沿っ 2 に沿った, の方, の汽車

1 [85件] から倦, から江の島, から稍, から跋渉, があんなに, がそう, がひろげられ, が今, が欠けた, が直線, が見える, が鋸歯状, が長く, が魔物, だから, であらう, など取れ, にある, にそう, にはただ, には添い, には特に, にまつ, にまでくだっ, に向っ, に従って克明, に沿うた, に沿つて, に近づく, のこの, のその, の一端, の上, の全部, の匂い, の北の方, の各, の屈曲, の数千里, の組合せ, の部分, はかなり, ははっきり, はほとんど, は南, は斷崖絶壁, は段々, は車, は遙, は防柵, へ乗り替え, へ接近, へ沿っ, まで人垣, まはり, もこうして, も全く, も半ば, も山々, をもっ, を一つ, を一直線, を下関, を右, を守った, を小, を小波, を岩屋, を引い, を彷徨, を待っ, を得, を悠長, を持ち, を持つ, を探さなけれ, を斜, を洗う, を物珍, を疾風, を私, を行き得られる, を走ろう, を通過しま, を領し

▼ 海岸通り~ (96, 2.8%)

7 を歩い 5 の方 3 の何 2 にある, に出る, に新しい, に焼鳥屋, のある, のホテル, の本館, の横町, へ出た

1 [63件] からちょっと, から少し, で母, で落ち合っ, で酒場, などをま, にそう, にたち並ん, には人影ひとつ, には涼しい, には荷役, に出た, に大きな, に木造, の, のアカシヤ, のオリエンタル, のトムソン, のレストラン・エイシャ, のヴェルネ・クラブ, のヴエルネ・クラブ, の万国堂, の万国骨董堂, の四角, の夜, の女, の宜, の家, の店, の扇港ビル, の旅館, の暗い, の横丁, の波止場, の淋しい, の白ホテル, の石道, の砂塵, の船具屋, の裏辺り, の赤ボイラ, の道路工事, の避暑先, は全然, へいっ, へかけ, へ使い, へ出, へ出向い, へ往, へ歩, も広く, をそろそろ, をつたっ, を包む, を北, を桟橋, を歩かせ, を海, を漠然と, を若い, を見廻っ, 大通詞丸山作右衛門

▼ 海岸~ (89, 2.6%)

2 年々に

1 [87件] あなたの, あべこべだ, いいのね, いわゆる白砂, おほ, かれ等, これから先, さう近く, さびしき椰子, しだいに隆起, ずっと南, その印象, その昔, それ等すべての, てんで風景, どうも騒雑, どう往, どこかね, どこだ, どこへ, どこ迄, どのあたり, ない, まだでしょう, まだ風, もちろんの, ドーヴィル賭博人の, ヨーロッパの, 一帯に, 今は, 位する, 何様も, 処女地だ, 危險だ, 大体に, 大変な, 大抵平坦, 山脈が, 岩だらけな, 島が, 常に浪, 彌彦, 御承知, 心騒がしく, 心騷が, 急斜面の, 手の, 数里に, 数里にわたって, 日本的風景, 曲折に, 来なかった, 東方七百マイルの, 松原つ, 汐干, 波が, 波がよ, 波の, 海藻で, 湾曲すこぶる, 濁浪, 爽快で, 町の, 百戸に, 皆一帯の, 目の, 眼路も, 矢張りその, 砂で, 福岡博多を, 紫の, 艶歌師や, 薄暗くそして, 西に, 西風の, 見えずに, 見る見る浅瀬, 諸喰から, 邦土の, 雄大で, 雑木の, 須磨明石垂水と, 風に, 高い崖, 高くなります, 黒い陰気, 黒潮の

▼ 海岸には~ (75, 2.2%)

2 光線が, 浦島神社が, 自分一人の, 青白い凝, 高い砂丘

1 [65件] いくらでも, いくらも, いましも, ことにたくさん, これが, すでに波止場, そのくじら, それは, ちょっと出張った, どこからとも, どこでも, まだ幾つ, エスキモーが, バナナや, ユウカリ樹が, レイモンド嬢の, 丸木舟が, 人の, 人家が, 人家絶え, 今乘捨, 何といふ, 写真屋が, 出るに, 到る所, 土地名物の, 大佐の, 大抵何處, 奇岩削, 婦人用の, 尖った岩, 岩山が, 市街なく, 平舟, 広い地域, 往々岩骨峩, 思い立ったよう, 戎克の, 掛茶屋が, 昨夜の, 枝ぶりの, 椰子の, 水色や, 沼津の, 漁夫らしい, 漁船の, 潟が, 澤山で, 當代の, 白波寄せ, 目立たなくて, 石の, 砂ほこりが, 神功皇后の, 福良或は, 至るところ, 草も, 西瓜の, 見渡せる限り, 見物の, 鉄道院が, 難破船の, 非常に, 須磨寺も, 鰤の

▼ 海岸まで~ (46, 1.3%)

2 出すの, 手が, 行って

1 [40件] くると, さっぱりした, たずねに, たどりつくより, つめて, はこぶ二マイル, はだしで, まだ二十分, やってきました, 一足づゝ追, 伴れ, 保養を, 出て, 参りますと, 寄せて, 帰ったが, 彼等は, 往復せし, 戻って, 押し流した熔岩, 搬んで, 旅した, 来た時, 来ますと, 焼け抜けて, 直ぐな, 突き抜ける天竜川, 突出し, 続いて, 緩やかな, 行くの, 行けるか, 行った, 走らせた, 車を, 迎いに, 追いつめても, 送つて, 遊びに, 運んだの

▼ 海岸では~ (30, 0.9%)

3 なくて 2 川の

1 [25件] あったけれど, あんまりたくさん魚, これを, さういふ事, その衝動, それが, たしかにまた, なく山, ほんの少し, ハドック, 不可能な, 五メートルくらい, 保養館と, 唯わ, 実在する, 引き網を, 方角によって, 旅客や, 晴れた夏, 海水浴を, 海鼠を, 皇帝も, 私が, 裸體の, 風景の

▼ 海岸~ (27, 0.8%)

2 あだ名を, 並行し, 名を, 呼びたかったの, 呼ぶこと

1 [17件] いえば, いふ所にずつと, なる, 三方湖, 別れた私たち, 南米東岸との, 太平洋岸とでは, 定め早朝, 平行し, 海水浴場の, 玉との, 町の, 考えて, 考へて, 草地の, 言ふた, 陸続きに

▼ 海岸地方~ (27, 0.8%)

1 [27件] から壱岐その他, が世, ではネイル族, では人民, では倍加, では労働賃金, とを除け, にいる, においては塩三斗, におけるインディアン, にはなお, には合の子, にもネン, に出張, に眼, に移住, のネイル族, の人民, の地蔵遊び, の奴隷取引, は塩, は大, ばかりでなく, へ旅行, もクソ, や谿谷, を旅行

▼ 海岸~ (26, 0.7%)

1 [26件] あって, その接近, みるみる富裕, もう一つ, 地震とともに, 如何にも爽快, 暫く静まった, 桁はずれに, 次第に波, 気に入ったから, 氣に, 河童共の, 浮きあがって, 白く泡立っ, 目の下に, 眼近に, 絵の, 見えだしたとき, 見えて, 見えない, 見えるくらいに, 身動きの, 遙か, 金色夜叉という, 隆起し, 鳴らして

▼ 海岸~ (23, 0.7%)

2 上高岸, 公園に

1 [19件] それから, 九州の, 他船, 埠頭や, 孤島の, 山の, 島嶼の, 島方などから, 揚子江を, 河岸の, 浪の, 海に, 海中の, 温泉地に, 瀬戸内海の, 私の, 船の, 西の宮に, 飯坂の

▼ 海岸~ (21, 0.6%)

2 がある, の古, を歩む

1 [15件] と交叉, に並ぶ, に大きな, のヘクタ貿易商会, の並木路, の古い, の建物, の方, の棕梠, の酒場, は明るく, へ走りこん, を朝, を通っ, を黒く

▼ 海岸一帯~ (19, 0.5%)

1 [19件] から越後, が即ち, であった, などには七小屋, にかけて女, にその, にはたくさん不思議, に一大センセーション, に亙っ, に立ち退き, に連, の埋立工事, の持ち場持ち場, の砂丘, は美しい, を埋め立て, を場面, を蔽, を警備

▼ 海岸近く~ (19, 0.5%)

1 [19件] でドイツ, にどこ, に住ん, に住居, に喰い止められました, に大きな, に葦, に錨, の処, の小池, の波, まで行っ, まで迫っ, をスルスル, を走っ, を走る, 舞い下がって, 走せて, 迫って

▼ 海岸~ (12, 0.3%)

1 [12件] その一部, つぎつぎに, ひとしきり賑わっ, 一様である, 同じやう, 夏場は, 大分片よった, 旅館も, 松林も, 煤煙の, 盛るころ, 美しいし

▼ 海岸より~ (12, 0.3%)

2 ほかに 1 むし暑くは, 伝へられけるなり, 八甲田山の, 北スカンジナーヴに, 十二哩後方に, 吹き送らるる砂塵, 大西洋の, 寧ろ幾重にも重なっ, 東方大約三十里の, 連れられ来し女子

▼ 海岸開き~ (11, 0.3%)

6 の日 1 だな, に溌剌, の真, の花火, の賑い

▼ 海岸へでも~ (10, 0.3%)

1 いらした方, 行かれる人, 行って, 行つて少し, 行つて静養しよう, 行つて靜養しよう, 転地さし, 転地し, 轉地し, 遊びに

▼ 海岸伝い~ (10, 0.3%)

2 に帰っ 1 にずんずん, にやって来る, に北, に大きな, に歩い, に水戸, に町, の道

▼ 海岸沿い~ (10, 0.3%)

1 にどんな, にブラジル沿岸, に北上, に舟, に電信柱, のハイ, の国有防風林, の坂道, の畑地, の道端

▼ 海岸~ (8, 0.2%)

1 からどう, から気持, があそこ, が自然, しそれから, という事, とかある, な

▼ 海岸にも~ (8, 0.2%)

1 あり是, あるあの, いつしか秋風, いつとは, いろいろある, 下屋敷が, 山あり, 散見する

▼ 海岸へは~ (8, 0.2%)

1 ことしの, 三里くらい, 三里くらゐある, 二百里最も, 俥で, 出て, 達したらうが, 飛騨の

▼ 海岸寄り~ (8, 0.2%)

2 の方 1 の, のレヂナ旅館, の上等地帯, の中濱, の湖水, の湿地帯

▼ 海岸~ (7, 0.2%)

2 に着いた 1 から戸波, に来た, に私, の人, へ行

▼ 海岸でも~ (6, 0.2%)

1 あるよう, いい, まだあの, サシボコそれからなお, 散歩しよう, 歩いて

▼ 海岸などに~ (6, 0.2%)

2 出て 1 いると, よくある, ゐると, 折々熱帶

▼ 海岸~ (6, 0.2%)

5 ひに 1 ひの

▼ 海岸沿~ (6, 0.2%)

2 に幾つ, ひに, ひの

▼ 海岸あたり~ (5, 0.1%)

1 にまで延長, に殺到, に行く, の古, の漁村

▼ 海岸からは~ (5, 0.1%)

2 新に 1 だいぶ道程, ものの, ややはいった

▼ 海岸ぞい~ (5, 0.1%)

1 に南, に走つた, に走る, に避難, のドライヴ・ウエイ

▼ 海岸づたいに~ (5, 0.1%)

1 この盛ん, 歩いた, 歩く, 走って, 走り出しました

▼ 海岸との~ (5, 0.1%)

1 あいだだけは, あいだであった, あいだの, 間に, 間には

▼ 海岸とは~ (5, 0.1%)

1 いえ白昼, こ, もつと, 水と, 非常に

▼ 海岸なる~ (5, 0.1%)

1 かなそもそも, カルタゴの, シリアの, 櫻木大佐の, 街道筋に

▼ 海岸~ (5, 0.1%)

1 といへ, のその, をすぎ, を渡った, を渡り切っ

▼ 海岸防禦~ (5, 0.1%)

1 にのみ財力, のため, の任務, を名目, 之儀

▼ 海岸での~ (4, 0.1%)

1 やうに, ように, 少女を, 春の

▼ 海岸という~ (4, 0.1%)

1 ふうに, ものを, 条件が, 海岸野原という

▼ 海岸~ (4, 0.1%)

1 のが, ので峠, んだ, んです

▼ 海岸などへ~ (4, 0.1%)

2 来て 1 おツ, 出かける気

▼ 海岸へと~ (4, 0.1%)

1 やつて, 下って, 向つたが, 姉が

▼ 海岸山脈~ (4, 0.1%)

1 がずっと, の向う, の岩山, はたいてい

▼ 海岸~ (4, 0.1%)

2 を馬車 1 から折れ, をそれ

▼ 海岸防備~ (4, 0.1%)

2 の必要 1 の脆弱, を試みよう

▼ 海岸からも~ (3, 0.1%)

1 あるひ, 引込んで, 遙かに

▼ 海岸です~ (3, 0.1%)

1 か, から, からこまかい

▼ 海岸とか~ (3, 0.1%)

1 又は自然的, 山の, 川の

▼ 海岸にて~ (3, 0.1%)

1 拾上げし, 漁猟等これあり, 静養せん

▼ 海岸にでも~ (3, 0.1%)

2 行って 1 行ってたらどう

▼ 海岸へも~ (3, 0.1%)

1 来なければ, 行って, 遠くなかった

▼ 海岸まわり~ (3, 0.1%)

1 の幾条, の本線, は出来ない

▼ 海岸めがけ~ (3, 0.1%)

1 てザブザブ, て押し寄せ, て漕ぎだした

▼ 海岸~ (3, 0.1%)

2 に在る 1 へ木曾川ぞい

▼ 海岸~ (3, 0.1%)

2 ひに 1 ひの

▼ 海岸地帯~ (3, 0.1%)

2 がそれ 1 では現に

▼ 海岸~ (3, 0.1%)

1 の話, を両親, を兩親

▼ 海岸道路~ (3, 0.1%)

1 から松, には蝦夷松, の宿屋

▼ 海岸~ (3, 0.1%)

1 といわず, には蛇籠, の方

▼ 海岸附近~ (3, 0.1%)

1 に遺, の人家, の或

▼ 海岸さして~ (2, 0.1%)

1 出動した, 進み行き

▼ 海岸~ (2, 0.1%)

2 なは

▼ 海岸~ (2, 0.1%)

1 ひに, ひの

▼ 海岸だけしか~ (2, 0.1%)

1 走れない, 這ひ

▼ 海岸だけに~ (2, 0.1%)

1 はつきりし, 人が

▼ 海岸だった~ (2, 0.1%)

1 という, 頃の

▼ 海岸づたひにひとり家路~ (2, 0.1%)

2 を急いだ

▼ 海岸であり~ (2, 0.1%)

1 一方は, 海岸から

▼ 海岸である~ (2, 0.1%)

1 ために, 天賦の

▼ 海岸でなく~ (2, 0.1%)

1 ひろびろと, 山の

▼ 海岸とかへ~ (2, 0.1%)

1 おでかけ, 行って

▼ 海岸とを~ (2, 0.1%)

1 歩き, 見渡して

▼ 海岸にな~ (2, 0.1%)

1 びんづうと稱へる, びんづうと言ふ

▼ 海岸ばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく湖水, でなし

▼ 海岸への~ (2, 0.1%)

1 散歩であろう, 道を

▼ 海岸までは~ (2, 0.1%)

1 かなりの, 四浬以上も

▼ 海岸~ (2, 0.1%)

1 測量シテ悪, 西

▼ 海岸一帶~ (2, 0.1%)

2 の地

▼ 海岸付近~ (2, 0.1%)

1 かでなければ, を厚く

▼ 海岸~ (2, 0.1%)

1 たいから, 體が

▼ 海岸~ (2, 0.1%)

1 の繁茂, へ一緒

▼ 海岸~ (2, 0.1%)

1 といふ名, といふ札所

▼ 海岸平野~ (2, 0.1%)

1 の上, は古層

▼ 海岸或は~ (2, 0.1%)

1 島の, 河岸の

▼ 海岸散歩~ (2, 0.1%)

1 の歸, へ行く

▼ 海岸方面~ (2, 0.1%)

1 に生え, へ出る

▼ 海岸日傘~ (2, 0.1%)

1 が蕈, の列

▼ 海岸植物~ (2, 0.1%)

1 として潮, のガクアジサイ

▼ 海岸行き~ (2, 0.1%)

2 の金

▼ 海岸警衛~ (2, 0.1%)

1 のため公儀, の諸

▼ 海岸近い~ (2, 0.1%)

1 居留地の, 砂地は

▼ 海岸風景~ (2, 0.1%)

1 の特色, もわるく

▼1* [182件]

海岸い出てお, 海岸および網走川岸の, 海岸そのへん, 海岸からの距離が, 海岸さては鎌倉から, 海岸そこは河原撫子, 海岸その少し交通不便, 海岸それから伊豆の, 海岸だけが紅に, 海岸だらうと來, 海岸つたひに, 海岸づたいにしばらくまわって山へ入った, 海岸づたいにぞろぞろ集って, 海岸づたいにやって来た阿賀妻, 海岸づたいにベーリング海峡に出, 海岸づたいに一団の人影, 海岸づたいに右の方, 海岸づたいに宿へ帰る, 海岸づたいに小田原さして今, 海岸づたいに島を一周, 海岸づたいの路はときには, 海岸づたひに歩いた, 海岸づたひに田島神社へ参拝, 海岸であって白い, 海岸であったかは問い, 海岸であろうと考えた, 海岸でございますが, 海岸でしたやうに, 海岸でしたら穢い泡, 海岸といったところで, 海岸としては野菜も, 海岸とでそれぞれ温度が, 海岸とでは満潮の, 海岸ほりまれまれに, 海岸どおりに軍医, 海岸なぞを歩く氣, 海岸などでは防風用の, 海岸などには今も, 海岸などの昼中漁の, 海岸なども念頭に, 海岸ならばそこ, 海岸なり野辺地の, 海岸においても状態は, 海岸について歩いた, 海岸にてはこれなく, 海岸にまで逼って, 海岸にわたりて次第に傾斜, 海岸にをつた女です, 海岸はとほく弧, 海岸はるか遠くに位置, 海岸べりを長時間, 海岸まえの, 海岸または河岸の, 海岸までが傾斜地と, 海岸までに及んで, 海岸までの人力車も, 海岸みたいなところ, 海岸よりのベンチの, 海岸をずつと右に, 海岸をとほつて, 海岸アルタミラといふ田舍, 海岸ゴルウェーの由緒, 海岸サイゴン港にやってき, 海岸ナイル河口を距, 海岸ニイスの旅館, 海岸ニ厳島ヲ見, 海岸ニ寇シ我都府ヲ焼, 海岸パラソルの點在, 海岸マーグラの河口, 海岸ミュリッツに妹, 海岸一帯年中一滴の雨, 海岸一方は野原, 海岸三里四里の間, 海岸上空に達した, 海岸世界で最も, 海岸京浜間相模の海岸, 海岸佳景である一里, 海岸信濃路その他にて, 海岸が一時, 海岸傘型電気スタンド木枠正方型巻上大時計未来派裸体巨人像の額縁, 海岸先生に習, 海岸全体が水平線, 海岸公園へ生徒, 海岸南伊豆のよう, 海岸又は海岸から, 海岸同様の人口, 海岸向きの側, 海岸品川川崎横浜とあつ, 海岸品川方面を荒した, 海岸土佐九州南部などに自生, 海岸地帶に傳, 海岸埋立のこと以外, 海岸埋立地に放棄, 海岸埋立遊園地建設事業を同じ, 海岸夜明前の体, 海岸守備隊の勇士, 海岸安良礼松原で詠まれた, 海岸山々の要, 海岸岩石に蚫, 海岸の岩, 海岸島嶼に離れ, 海岸の海口, 海岸帽子をかぶっ, 海岸平地に於, 海岸でコケラ葺, 海岸彼地此地で空壜, 海岸恋している, 海岸散歩七時まで許可, 海岸数里の間遊歩場, 海岸の家, 海岸林間学校が相模湾, 海岸検分の職, 海岸樣似を進ん, 海岸橋下の葦, 海岸橋陥落のため山, 海岸水族館裏手の石垣, 海岸水行歴韓國乍南乍東到其北岸狗邪韓國, 海岸水辺の物語, 海岸江の島まで見えた, 海岸波止場一帯の賑わい, 海岸派出所の巡査, 海岸ひには, 海岸添いの道, 海岸温泉場山の避暑地, 海岸とは反対, 海岸無電局が受信, 海岸片貝町の海上, 海岸特有の匂, 海岸生れの子供, 海岸町アストン・クリントンだった, 海岸病院は長く, 海岸目指して帆, 海岸砲車も皆, 海岸の鉱脈, 海岸箱島あたりはすぐれた, 海岸絶危し人家, 海岸絶壁を縫う, 海岸線ゆき郊外電車発着所の近く, 海岸線トノ距離遺物ヲ覆, 海岸線一帯の防柵, 海岸線三十里とその, 海岸線五哩の往復, 海岸線等が狭い, 海岸がすばらしい, 海岸竹斯國以東皆附庸於倭, 海岸興津の清見寺, 海岸船舶をよする, 海岸芹沢の郷, 海岸要塞を攻略, 海岸見物にゆく, 海岸諸家の陣屋, 海岸警備隊や陸軍機, 海岸に消える, 海岸路山間路高低曲折の八里, 海岸迄の距離が, 海岸近く南下する, 海岸近く航海し暴風雨, 海岸通りサン・ジュアン街の酒場, 海岸通り北仲通り本町通り弁天通りが開かれる, 海岸通り後に訪ね, 海岸通り横丁の老, 海岸通り聖ジュアンの酒場, 海岸通り近くの丁抹農産公社, 海岸通二丁目四十一番地四角天主教会にては日曜日, 海岸通天主教会内の帽子花簪事件以来, 海岸通横町街路上で, 海岸遊歩場の地下, 海岸道不良のため同地, 海岸の日の丸, 海岸那覇の港, 海岸部分は軒先, 海岸部落には海岸, 海岸野原という野原, 海岸間近く停泊し, 海岸防備船会社の捜索船, 海岸防禦事務取扱後の所謂海防掛, 海岸陣地と三段構え, 海岸隆起を記述, 海岸と南, 海岸飯岡における砲兵学校高射砲隊, 海岸高免の東, 海岸鳥類の卵採集