青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「海~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

浮い~ ~浮べ 浮べ~ ~浮ん 浮ん~ 浮世~ ~浴び 浴び~ 浴衣~ ~海
海~
海上~ ~海岸 海岸~ 海底~ 海軍~ ~消え 消え~ ~消えた ~消える ~消し

「海~」 18527, 200ppm, 506位

▼ 海~ (5682, 30.7%)

197 中に 153 上を 149 中へ 144 上に 120 方へ 82 ように 81 底の 79 底に 65 方を 51 底を 49 ような, 上で, 彼方の 45 方から 43 底へ 42 上の 39 やうに, 中で 38 色は 36 中の 33 水は 32 上へ 31 あなたの, 中を 29 上は, 中から 26 上には, 色が 25 色を 24 なかへ, 水を 23 ものとも 22 水が, 波の 21 やうな, 面に 19 底から, 底で, 方に 18 上から, 向うに 17 あなたに, なかに, 底が, 水の, 面を 16 神の 15 ほうへ, 神, 色も, 音が, 風が, 風に 14 あなたから, 向うの, 彼方に, 深さ 13 ほうを, 中には 12 かなたに, ほとりに, 上が, 水に, 神が, 音を 11 上, 上では, 外へ 10 ことを, そこの, 口の, 夫人, 彼方から, 色 9 外から, 底は, 方が, 方は, 様に, 神は, 色の, 青さ, 面が, 面は 8 うえに, おもて, かなたの, 向ふ, 外に, 底には, 方まで, 景色を, 波が, 潮の 7 そこに, やうだ, 中が, 底, 方へと, 潮が, 藻屑と

6 [14件] なかの, ほうから, ほとり, もくず, カーニバル, 景色が, 松林で, 男が, 神人の, 老人, 見えるところ, 音の, 魚が, 魚を

5 [36件] うえを, かなたへ, そこ, そこへ, はてに, むこうの, 上からは, 上でも, 上と, 中にも, 中は, 中道である, 光を, 向うには, 子, 幸, 広さ, 底では, 底にも, 日本の, 水, 水も, 沖に, 波に, 波は, 渚の, 渚まで, 生活を, 神に, 色や, 道は, 道を, 青を, 音, 風は, 鳴る音

4 [40件] あなたを, ことは, なかから, なかで, なかを, ほうに, ほとりで, もの山の, 上からも, 上です, 下に, 中では, 乙女の, 仕事を, 匂いを, 向うから, 向うへ, 国, 幸の, 幸を, 底深く, 彼方へ, 景色は, 波すら, 波を, 浪の, 渚に, 真中に, 真中へ, 神を, 神様が, 精, 聲, 色に, 詩, 近くに, 邊に, 間に, 音は, 香が

3 [69件] ある小, ある風景, かなたが, ごめ, そばで, ために, ない国, はうへ, ほとりにて, ほとりの, まん中に, やう, ようだ, ローマンス, 上まで, 上も, 世界は, 中でも, 中央に, 光景は, 入江に, 前に, 匂ひも行手に, 向こうの, 国の, 大渦巻, 女の, 女王, 女王と, 如き大, 宿の, 宿は, 底でも, 底まで, 彼岸から, 彼方なる, 彼方には, 彼方を, 方で, 方の, 方角に, 景色に, 景色も, 果に, 様な, 模様を, 沖合に, 泡から, 波と, 潮と, 潮を, 王さまと, 男の, 神様に, 空は, 空を, 表面に, 表面の, 話を, 霞の, 面には, 音と, 風景は, 香の, 香りを, 香を, 魔女の, 魚は, 鴎の

2 [233件] あちらの, あなたより, ある方, あわに, あわを, いろを, うねりに, おそろしいまで, おばあさんは, おばさんの, おもひで, かなた, かなたから, かなたは, かなたを, かもめどり, きは, ことさあ, ことにかけては, ごとくその, ごとく広く, さち, そこから, そばの, ただ中に, どこからとも, なかまで, ながめは, なぎさに, においが, はうだつ, はてから, はては, ひびきか, ふちを, ほうが, ほかひ, まんなかへ, まん中で, むこうから, むこうに, むこうを, ものも, ものより, ものを, やうなる, ようだった, ようである, ホテルの, 一とこが, 一番深い, 上さ, 上だ, 上だって, 上なる群れる, 上へと, 上より, 中, 中なる, 中にまで, 中へは, 中へも, 中層を, 中道に対して, 事を, 人の, 人魚の, 便りを, 修行場で, 修行場は, 修行場を, 側からと, 入日の, 入江を, 冒険, 勇士である, 匂ひ, 千尋の, 単調へ, 口で, 口へ, 口まで, 只中へ, 叫喚を, 境が, 夏らしい, 外まで, 外を, 女, 女は, 女王が, 女王の, 女神, 如く, 如くたた, 妖婆が, 姿は, 宿には, 岸に, 岸の上, 帰りに, 幸と, 幸ほど, 底だ, 底でしょう, 底と, 底にでも, 底ふかく, 底へも, 底も, 底や, 彼岸に, 彼方からは, 彼方水平線上に, 怪物に, 恐怖と, 恩恵を, 息を, 感情, 慈愛と, 接するあたり, 接吻を, 方には, 方面に, 旅に, 旅を, 景色の, 本当の, 東に, 松林に, 果から, 果てまでも, 様子が, 歌, 歌を, 正中に, 水から, 水で, 水には, 水平線の, 水平線も, 水平線を, 沖は, 沖を, 河原の, 波, 波濤を, 波瀾を, 活劇を, 浪も, 浪を, 海神は, 涼風を, 深いところ, 深みに, 深淵や, 渚だった, 渦中に, 潮に, 激浪を, 火事だ, 物とも, 物を, 狭い崖端, 狼, 王さま, 王さまの, 生活が, 生物の, 男は, 男鹿を, 真ン中で, 石中の, 碧さを, 神様を, 神海と, 禍, 空に, 空も, 空気は, 端で, 端に, 絵を, 船の, 色だ, 色である, 色と, 色透き, 草は, 荒磯の, 藻の, 表を, 表面には, 見えるの, 見える所, 見える方, 見える窓, 見へ, 言の, 詩は, 話は, 話や, 趣も, 趣味いづれ, 辺りに, 近くで無い, 近くの, 通行人は, 遠く, 遠くの, 遠くは, 遠くを, 遠さ, 部落は, 都に, 野獣と, 青が, 静な, 面の, 面へ, 音に, 音も, 音楽会, 響きが, 響を, 風には, 風景を, 魔女は, 魚だ, 魚では, 魚と, 魚の, 鯊が

1 [1866件 抜粋] ああ擾乱, あたりを, あちらへ, あなた, あなたといふ, あなたほど, あふるる如く涙, ありやう, ある南方, ある小樽, あわであった, いかなる果て, いろ, うえで, うえにばかり, うたかたと, うちの, うねりも, おそろしさ, おばあさんが, おもてか, お風呂, かたに, かなたまで, きらめくの, くらがりを, こえ, ことで, ことなんかを, こわさ, ごとくあるいはまた, ごとくひろびろ, ごとく広がりわが身, ごとく見ゆるを, さ, さまざまな, しけと, しらべを, ずっと向う, そこふかく, そばかと, た, ため息の, つかひ女, つもりで, ですか, ところへ, とどろも, どこかへ, どよめきを, ないで, ない地点, なかが, ながれが, はげしい乱調子, はたへ, はて太陽渡る, ひたりも, ひらけて, ひろきが, ふちで, ほかには, ほとりまたは, ほとり西洋人ばかりしか, ままに, まん中へ, みどりいよいよ, むすめ, もこと, ものすごいひびきが, ものどんな, もの海の, やうにも, ようすも, よさ, ゴミが, サッファイヤある, スケツチ板を, ビイクトリア島に, モザイク, リッツ・カアルトン, 一てんから, 一日, 一部にて, 一面が, 上じゃけに, 上だったら, 上なんぞで, 上にばかり, 上の空氣は, 上へでも, 上一帯不思議に, 上五米ばかりの, 上走っ, 上黒き, 不思議な, 世界が, 中さ, 中であります, 中なぞへ, 中の島が, 中ほどを, 中よりぞ, 中学は, 中程, 主, 事に, 二字を, 人, 人たちです, 人なり, 人伊佐奈は, 人魚を, 代表的な, 住民, 何処にだっても, 信仰は, 修行場へ, 傍にも, 光って, 光りを, 児, 入江が, 入蔵は, 八方を, 内を, 冒険を, 冬を, 凪ぎたよう, 凪霞の, 出来事であります, 初心者である, 労働女が, 勇士が, 勇士の, 動かない鬱した日, 動物では, 動物ばかり, 匂ひがして, 北に, 区別世界万国の, 単調な, 又おそろしけれ, 反射淡く, 口だ, 口もとに, 口村路も, 只中に, 名これ, 向うだ, 向うを, 向こうに, 向ふか, 呼ぶ声, 和邇を, 唄に, 四周の, 国と, 國で, 城壁の, 塩辛い味, 境界線に, 声, 声まで, 夏の, 夕暮でした, 夕風が, 外と, 外へでも, 外潜く, 夜光虫の, 夢を, 大勇猛心, 大波の, 大石に, 太陽, 奥つ, 女と, 女王に, 女王クイーン・メリー号に, 如きあれ, 如き碧, 如くならん, 如く却, 如く暮れ, 如く青い, 妖怪追, 姿で, 威嚇と, 子定長, 学問については, 守護神マイケルとは, 宮, 家だ, 富士赤らかに, 寝息の, 小波が, 小舟みたいで, 岩の, 岸にも, 岸まで, 島, 島国から, 巨大動物が, 帆にも, 干潟が, 平家の, 幸いわしも, 幸は, 幻想に, 広み, 床より, 底しか, 底な, 底ひっぱりこむ, 底までも, 底深う, 庭よく, 彗星と, 形勢日に, 影を, 彼方だ, 彼方との, 彼方より, 彼方海の, 微かな, 微風に, 心臓と, 急傾斜, 怪物だ, 怪物として, 怪物オアンネス, 息吹きと, 悲風が, 意味の, 感覺, 憬れを, 扇よ, 手紙三月に, 技術的転回は, 探偵事件について, 文化の, 断片であった, 方からは, 方にも, 方へでも, 方や, 方向に, 方角と, 旅の, 旗陸の, 日本に, 星と, 春先の, 景色なぞが, 暁色, 暗い沖, 暗緑, 暮色を, 月, 月前の, 朝は, 本色と, 来訪者の, 東朝ごとの, 果て, 果て天の, 果には, 案内書すなわち, 極は, 様にも, 模型の, 樣にも, 櫻桃です, 歌に, 歎き, 武力に対する, 殺人鬼, 民族であった, 気配に, 水かけ, 水だって, 水という, 水位が, 水平線です, 水或は, 水溢れ, 水路を, 氷とかいう, 汀へ, 沈黙の, 沖へ, 沿岸に, 泡の, 波です, 波ようやく, 波打際と, 波浪は, 波濤をも, 波間を, 洗いながす, 洪水が, 流氷状態と, 浅さ, 浜清みい往き還らひ見れ, 浩蕩として, 海人が, 海面が, 涯が, 涯山の, 深い気配, 深みの, 深處, 渚べに, 測量を, 滅入るよう, 漁場も, 漁業組合で, 漣ただ光り消え, 潮にも, 潮吹き穴, 潮風が, 潮鳴りの, 火の, 無人島で, 無限なる, 燐光である, 片ほとり, 物だ, 物や, 犢牡羊に, 狂風激浪の, 狼は, 猛獣の, 獲物も, 王なる, 王女よ, 生きて, 生きものを, 生命線, 生活に, 由来を, 男だ, 男に, 画の, 白く立つ, 皺や, 相違が, 真ん中らしく, 真中から, 真中まで, 真夏日の, 眺めと, 眺めを, 知識においては, 石で, 砂ばかり, 砂漠, 碧さは, 磯過ぎくれ, 神お, 神ぢゃ, 神や, 神人として, 神山の神と, 神様の, 神祕は, 祭で, 禊ぎを, 秋, 種々相を, 空へ, 竜王が, 算出どおり正蔵千四十四巻は, 精靈だ, 素麺など, 絵が, 絵はがきの, 緑に, 緑空の, 縁までも, 美くし, 美を, 者は, 肖像画や, 背景で, 自然が, 與へて, 色か, 色で, 色なる, 色までが, 色一色に, 色日の, 花, 苦しみの, 草から, 荒れた日, 荒れること, 荒波が, 荒神, 荒鷲隊が, 菌の, 蒼さ, 藍を, 藻が, 藻類にも, 螺貝を, 蠱惑は, 行潦に, 表面から, 袋小路の, 要素から, 見えない山あい, 見えるお家, 見えるやう, 見える二階, 見える十畳, 見える宿泊地, 見える廊, 見える港, 見える神奈川台, 見える街道, 見ゆべきはず, 見界, 言葉も, 記憶である, 詩を, 話でも, 誉, 談も, 谷底へ, 貝の, 賊, 路は, 躍るの, 辺で, 近いせい, 近くです, 近所は, 逃避, 連中が, 連想は, 道徳とが, 遠き彼方, 遠鳴, 遠鳴聞こ, 部分とは, 郵便汽船始め, 郷離れ, 都を, 野原の, 銀座, 開けて, 関係が, 階調の, 離れ島, 雨を, 雲には, 霊が, 霧, 霧は, 青い暗い波, 青きに, 青に, 青淵その, 静かな, 静養が, 面きり眺め, 面だけが, 面も, 面波は, 音がが, 音という, 音や, 音遠き, 響きに, 領分として, 顔を, 風の, 風光でした, 風物は, 香いが, 香は, 香顔を, 騎士達は, 高低や, 魔か, 魔宮の, 魔物も, 魚という, 魚に, 魚族は, 鮎浅瀬の, 鰹や, 鱚で, 鳥は, 鳴る夜, 黄金狂時代が, 黒きさざなみ

▼ 海~ (2134, 11.5%)

30 向って 21 出て 20 面して 17 なって 16 むかって 15 入って 14 入る 10 して, 沈んで, 落ちて 9 身を 8 向ひ, 飛び込んで 7 向つて, 沿うて, 続いて, 近いところ 6 入りて, 入るの, 浮んで, 溺れて, 臨んで 5 つ, むかつて, 向かって, 山に, 来て, 浮かんで, 突出し

4 [20件] そそぐところ, つかって, つづいて, とびこんで, ゐるの, 似て, 入るもの, 入る日, 入れて, 入れば, 出ると, 向けて, 投げこんで, 投じて, 捨つるべく, 接して, 眼を, 碇おろし, 行って, 近い処

3 [27件] うかんで, すんで, なつた, 一艘の, 入ること, 入るを, 出たの, 出で, 出るの, 呑まれて, 投げこむと, 投げ込んで, 投込む, 没して, 沿ふ, 注ぐ, 流される, 流れて, 漂へる, 背を, 船を, 跳び込んで, 近い方, 關係が, 飛びこんで, 飛び込みました, 馴れて

2 [121件] あるもの, いて, いると, いるという, いるもの, いる幽霊, ういて, うろつき行き, おはいり, おぼれて, おりて, きて, せまって, そ, そそぎ込んでも, つかつて, つきでた岩山, つけ雲, なったん, なつて, なる事, のぞむ窓, のまれて, もぐつて, ゐて, 來て, 入った, 入つて消息, 入るごとく瞬く間, 入るところ, 入る處, 出でざれば, 出ました, 出る, 千年山に, 向いたほう, 吠え, 呑まれた, 唾を, 囲まれた日本, 囲まれて, 墜され, 對し, 對へ, 崩れ落ちる, 帆を, 当面し, 慣れた船頭漁師, 投げこんだ, 投げて, 投ずるに, 投込ん, 抜手を, 抱いて, 捨てる機会, 接した川口附近, 放して, 映って, 最も近い, 来ると, 棲むもの, 棲んで, 残って, 毒づいたり, 沈みました, 沈む日, 沈めて, 沿うた村, 泛んだ, 泛んで, 注がざる水, 注ぐ川, 注ぐ河, 洗われて, 流された, 流されて, 流すという, 流れ入って, 流れ込んで, 浮びて, 浮ぶ, 浮んだ汽船, 海鳥, 消えて, 漁って, 漂ふ, 潜むべし, 瀕した, 突き出して, 突き出て, 突出た, 落ちた, 落ちたか, 落ちたの, 落ちたり, 落ちても, 落ちると, 落ちるの, 落つ, 落る, 葬られん, 行かう海, 行く水, 近いあたり, 近いから, 近いだけ, 近いので, 近い地方, 近い町, 通い, 通じる川, 連れて, 遠からず, 附言しまし, 陸に, 面した丘, 面した国, 面した硝子戸, 面する断崖, 飛び込んだ, 馴れない瑠璃子

1 [1450件 抜粋] あいさつし, あきたらしいあくび, あなたは, あらわる, ありて, ある, あるん, ある島, ある珍しい, あれど, いたるまでと, いても, いなかった証拠, いり, いるえび, いるでは, いるな, いる人達, いる魚, うかぶ絶海, うかんだアレ愛嬌, うつつて, うねりこそ, うらやむ幸助, おちこむと, おどり入る, おぼれんと, おろして, お墓, かえるところあたり, かくれて, かこまれた陸地, くらして, こぎだしました, ころげ落ちるばかり, ささげる如く杯, さまよ, ざ, しだいに遠ざかり行く, しと, しろ駿河, すて岸, すむ水母, すると, せまり正面, そういうよう, そそぎその, そそぐの, そった街道, そびえ立つ岩, たおれるとも, たたきこんで, ちかい小島群, ちがいない, ついて行く, つき出, つつまれて, つづく石段, できた, ところどころ百姓家, とびこみました, どしんと, ながされて, なげこんだよう, なったの, なつてる, なら死体, なりました, なるか, なるよう, なれました, のぞんだアラスカ, のみこもうと, はいった初め二三日, はいろうと, はさまれたのびやか, はりつめた無限, ひたひたの, ひと浸りし, ひらけた谷間, ひろびろと, ぺたりと漬け, ほうり出されそうして, ほろびたる平家, ます神, まったくたたかい, みとれるふう, むかいて, むかった角, むかふ, もぐった蜑, やけた佗, ゆかめと, よごれ切った水夫, よると, ゐたもの, ゐる海鼠, タタキ込ん, ブチ込め, 一つの, 一敗を, 下って, 不知火と, 乗り出す, 予期を, 五つ六つの, 人型を, 似た今, 似る末, 住むもの, 何か, 來往する, 倒れ微動, 傾き, 働く良人, 充ち満ちて, 入ったが, 入ったの, 入つた, 入つて風波, 入らなかった, 入らんと, 入りしより, 入りなむ, 入り奔波, 入り河童, 入り神, 入り鋤持神, 入るさ, 入ると, 入るに, 入る古川, 入る小川, 入る滑川, 入れに, 入れる爲め, 入ろうと, 其処だけ, 再会し, 出そろつて歓呼, 出た清澄, 出づる通路, 出てる時, 出はじめだんだん, 出られるよう, 出るといふ, 出るまで, 出るらしい洞穴, 出る白塗, 分布し, 別辞を, 加わって, 包まれて, 千年の, 印せられた一路, 卵殻の, 参り候, 及べり, 取って, 叩き込まれるか, 吐きだす, 向いたわけても, 向いた方, 向いて, 向かいて, 向かった座敷, 向ったまま, 向つた山上の, 向つた窓に, 向つて船舶, 向へる, 吠へ, 吹き飛ばされた結果, 呑まれたか, 因んだ作品, 囲まれた円板, 圧せられたり, 埀る, 墜ちて, 変えようと, 変るばかりの, 夕陽の, 夢か, 失つ, 妨げられて, 宗する, 室蘭丸が, 寫らず, 射込む雨足, 小さな森, 尚遠い, 就て, 居るとき, 居る内, 展けて, 島が, 巧者な, 帰すと, 帰れると, 底ふかき, 強力な, 影を, 往來する, 心は, 怯なる, 悲しくも, 愉快に, 慣れた船人, 慣れぬ奴ら, 我, 戯れて, 打ち開け海上一里, 投げすてうめきながら, 投げつけて, 投げました, 投げんと, 投げ入れた, 投げ入れられた, 投げ棄てたの, 投げ棄てられました, 投げ込めば, 投げ込んだが, 投じたこと, 投じられた, 投ずるところ, 投ぜり, 投りこんだ, 投込んだ, 押し流されつつ, 拡張され, 捨てて, 捨てれば, 掃き切る事, 接した他, 接す, 提督ネルソンあり, 放されます, 放たれたの, 敗れた時, 散らした, 散在し, 敷きつめた, 於いて, 於ける英仏独露, 旭が, 映りつ輝きつ, 映り物寂しい, 暮れかかる, 朝する處, 朝宗する, 来た甲斐, 来ぬ, 林に, 桜鯛が, 棄てられて, 棲むと, 棲む魚介, 棲息し得る, 櫓を, 死なむ, 残りて, 比ぶれ, 沈まんと, 沈みし御, 沈みも, 沈み船, 沈むからの, 沈むとき, 沈めしこと, 沈めましたが, 沈めら, 沈んだ, 沈んだの, 沈んだ或, 沈ミし, 沒する, 没し建物, 没入する, 沿うたる断崖, 沿うた小さな, 沿う新興共和国, 沿った遠く, 沿つて廻つて行ける, 沿へる, 泛びて福建に, 泛んでから, 波騷ぎて沖の, 注ぎおまけ, 注ぎ込むと, 注ぐと, 注ぐポー, 注げるに, 注目し, 流しそれ, 流したもの, 流し年中, 流し贋, 流す七日目, 流れでたの, 流れ入る, 流れ込む川, 浜し, 浪なく, 浮いた島々, 浮かべたの, 浮かべると, 浮かんだよう, 浮き出て, 浮びたいと, 浮び去り, 浮ぶこと, 浮ぶもの, 浮べたやう, 浮べんとして, 浮んだもの, 浮んだ黒船, 浸った下女, 浸る, 消えるの, 深林に, 添ひ, 溶けこもうと, 溺れた, 溺れた事, 溺れるとか, 溺れ果てぬ, 滑らかに, 漁らなかったの, 漂いつつ, 漂うと, 漂つたのである, 漂ひ帰る, 漂着する, 漾ふ, 潮が, 澄徹に, 灌いでゐる, 無い魚類, 燦めき, 犬の, 珊瑚礁の, 現われたる白雲紅火, 生きるからには, 生くる, 生れては, 産する, 由緒の, 白帆が, 白浪風に, 盲魚が, 相違あるまい, 真っ赤な, 眠る人魚, 着陸した, 石の, 神輿を, 秋の, 突きだした突堤, 突き出した高殿, 突き落して, 突出でた, 立つ彼方, 竜王住む, 等しい琵琶湖, 紅がら帆を, 紫の, 絡めて, 網おろし, 續い, 育って, 臆病だつた, 臨み以, 臨むホテル, 臨めば, 臨める城, 臨める處, 臨んだ一間, 臨んだ外縁, 臨んだ岡, 臨んだ崖道, 臨んだ結構, 自然の, 至り西, 至るまで, 至る線, 舟いそぐ, 舟を, 航路を, 船は, 艦隊が, 若くは, 英米クリッパーの, 落した, 落せと, 落ちこんで, 落ちたので, 落ちたブラウン, 落ちない, 落ちるさま, 落ちるよう, 落ち無数, 落ち込んだ悪魔, 落つる頃, 落込む, 蛸類多き, 行き来した, 行くつもり, 行く騎手, 行った, 行った留守, 見え, 見えるよう, 見るべき白鳥, 見入つてゐた, 親しい一, 觸れ, 話して, 負けては, 賄し, 赴くまで, 距る, 踊る人魚, 躍るの, 転入, 輝かす, 迎えられたという, 近いせい, 近いという, 近い入江, 近い場所, 近い山, 近い庭, 近い松林, 近い森, 近い田畑, 近い草原, 近い谷, 近かった, 近く, 近くてく, 近く少し, 近く昔の, 近づいた折, 近づくと, 迫った山の端, 迫つたところを, 迫つて急に, 追ひ入れ, 這入つた, 這入るの, 通ずる溝, 通は, 連る, 進入した, 遊ばんとか, 遊べど, 達した時, 遠いところ, 遠い山間, 還るの, 金無垢の, 釣する, 長くいた, 関係の, 附録され, 降る五月雨, 陥って, 陷り, 難破船の, 雲の, 靄は, 非常に, 面したらしいところ, 面したポーチ, 面した他, 面した埋立地, 面した岸壁, 面した手すり, 面した断崖沿い, 面した旅籠屋, 面した東京, 面した灯台, 面した紳士, 面した見はらしの, 面し威容, 響いた, 頭を, 飛びこみは, 飛びこもうと, 飛び入り, 飛び込み川原, 飛び込むこと, 飛び込んだの, 飛び込んだ頭株, 飛んだり, 飛込んで, 飽いて, 駆け抜けた低, 魔境は, 鯤といふ

▼ 海~ (1805, 9.7%)

91 渡って 83 越えて 68 見て 61 眺めて 21 見ながら 19 隔てて 18 見た 17 こえて, ながめて 14 泳いで 13 わたって, 眺めた 11 前に, 眺めながら, 見に 10 渡りて, 見たこと 9 越して 8 へだてて, 背景に, 見ること 7 みて, 見ると, 見るの 6 ながめながら, 背に 5 見れば, 離れて 4 右に, 渡る, 渡る船, 眺めたり, 航海し, 行く船, 見せて, 見ては, 見ても

3 [17件] お渡り, ながめること, わたる一尾, 圧して, 渡れば, 眺めると, 見おろしながら, 見つめて, 見る, 見るたび, 見るに, 見下して, 走って, 越え山, 距てて, 隔て, 領する神

2 [82件] かくし空, だきしめて, ながめました, のぞむ, みながら, もって, わたりて, 下に, 出て, 北へ, 十日も, 叩いて, 吹く風, 埋めて, 境に, 左に, 度る, 往来し, 征服し, 思い出して, 恋しがっ, 想ひ, 愛して, 感じながら, 抱いた七里, 抱いて, 拔く, 控えて, 支配し, 望みながら, 望む, 望めば, 母と, 沈み行かばや, 沖へ, 泳ぎきって, 渡つて来る, 渡り赤道, 渡るため, 渡るとき, 漂流する, 熱心に, 白帆あげ, 目の, 眺め, 眺めた時, 眺めても, 眺めました, 眺める, 眺め乍ら, 眼界の, 聞き眼, 見おろした, 見おろして, 見たい, 見たいと, 見たり, 見た時, 見てると, 見はって, 見はらしながら, 見ました, 見やれば, 見るよう, 見る機会, 見入って, 見晴す, 見海, 見渡して, 覗かせて, 覗けば, 超えて, 越えた, 越えた地球上, 越え佐渡, 越え空, 進んで, 過ぎて, 遙かに, 遥かに, 隔てた阿波, 雪が

1 [990件 抜粋] あかるくしました, あとに, あらは, いだいて, いっそう淋しい, うかが, うしろに, うち眺め, うづめろ, おおうて, おし縮めて, おも, おもつた, お船, かき抱いて, かち渡り, くぐって, ぐんぐんわたっ, こいで, こぎまわって, このまま, こわがりは, ささえる堤防, さまよ, しきりに見向い, したがへ, しばらく見, じっと眺め, じッ, すすんで, そぞろ歩きし, た, ただようの, つくづく眺め, つくるの, てらして, とかしたよう, とざして, とどろかして, どうして脱する, どこまでも, ながめ, ながめた, ながめたの, ながめてつつ, ながめるその, ながめるの, なしその, なすかも, なんといっ, にくむか, のぞいて, のぞき込んだ, のぞけば, のぞむと, のみこんだ大きな, のり越えて, はじめて見た, ば渡りかね, ひそやかに, ひどく小さい, びつくりし, ふちどって, ふまへた大, ふりむかずに, へだたって, へだてたアメリカ, へだてた別, へだてた大島, へだてては, ぼんやり見, まき上げるごとく波浪, まだ知らない, まともに, みせたり, みたり, みてから, みては, みると, みろ, めぐらし点々, めぐらす大, めぐりて, めぐる青い, もった大陸, やって, ゆき遂に, ゆく砕氷, よぎりこれ, よく知る, よこぎって, わがもの顔, わすれず, わたらせ南方, わたらん事, わたりどこ, わたりやがて, わたり歩いてるリンピイ, わたり行け, わたること, わたるときユリ, わたろうと, アマと, スカイと, ハヤブサ丸は, ホロワッカ洪水を, 一つへだてた, 一つ渡っ, 一またぎ, 一日半ほど, 一目に, 一緒に, 三方, 三河の, 不知火に, 主と, 乗り切って, 二ツに, 二頭立ての, 人も, 今や一散, 代表し, 何処を, 來る, 倒に, 偲ぶし, 傳ひ, 光し, 入て, 写し得なければ, 出たまま, 出るとき, 分けて, 前景として, 包まんと, 十方に, 南に, 南へ, 南東に, 去りて, 去る, 受けたその, 受けた高台, 受けてる土地, 右手に, 吹いて, 吹き亂, 呈しはいれば, 四望に, 囲んで, 圧しつぶすよう, 圧する歓呼, 地平線下へ, 基隆から, 外に, 大いそぎ, 大伯, 夫の, 好かぬかという, 好むやう, 嫌ったの, 守れる将軍, 安心し, 家として, 岩や, 岸づたいとは言い, 帯に, 常にたたえ, 平行線を, 庭と, 彼の, 征服せる, 御覧なさい, 御覧何と, 忘れ自ら稱, 怖がったという, 怖がつてヴェランダ, 思いなんとか, 思い出すの, 思う, 思ふと, 思わせら, 思わせる眼, 急いで, 恋しいわたし, 恨むか, 想い出した, 想えば, 想像し, 意識し, 愛し空想, 愛する心, 慕う, 憎まない, 懼れぬ, 戻って, 手摺に, 抜くこと六千尺, 抱いた出崎, 抱え込んで, 指ざし, 指す, 捜索しました, 掃いて, 探した後, 控え朝, 控へ, 掩うて, 掩ひし, 描いて, 描きその, 描きて, 描出する, 撫でて, 攪す, 放浪する, 故郷と, 敷き桂川, 昇る朝暉, 時々ながめ, 月を, 望て, 望みおるなり, 望みと, 望み右方, 望むと, 望むやう, 望んだ日, 未練にも, 杜ぎ猴軍が, 東上し, 板切に, 果てしも, 染め分けて, 椿の, 横に, 横浜の, 横行し, 歌いベーリング海峡, 歩いて, 気持よく, 氷の, 汲むに, 泳いだり, 泳がして, 泳ぎ, 泳ぎ抜こうと, 泳ぎ渡りて, 泳ぐやう, 泳ぐ自分, 流る, 流れるマナイタ, 流れ着いた人, 海を, 淡路の, 渉り歩い, 渡った, 渡ったところ, 渡った大蛇, 渡つてある, 渡つてローマ帝国へ, 渡つて人間の, 渡つて來た, 渡つて函館の, 渡つて対岸の, 渡つて押寄せた, 渡つて日本人を, 渡つて来た, 渡つて来られた, 渡つて汽車に, 渡つて祖国を, 渡つて行く, 渡らせたの, 渡らなくては, 渡られたが, 渡らんと, 渡らん我が, 渡りたければ, 渡りました, 渡り三韓, 渡り来て, 渡り稲田, 渡り退屈, 渡るかと, 渡ると, 渡るなどといふ, 渡るにも, 渡るの必要, 渡るべき巨船, 渡る事, 渡る其間一千餘里, 渡る旅行, 渡る時, 渡る覚悟, 渡る間大風俄, 渡れる最初, 渡航し, 測量し, 游いで, 游ぐ事駛, 湖の, 湛へる, 漂うこと, 漂ふ, 漕いで, 漕ぎゆくには, 潜っても, 焚く, 照し, 照せり, 照らして, 照らす, 照らす探海燈, 照らせり, 犬吠ヶ崎の, 理解する, 環らし, 生む, 畫いた, 畳の, 発見させた, 真ッ二つ, 眠らした, 眺めたいという, 眺めたが, 眺めたこと, 眺めた喜び, 眺めつづけた, 眺めては, 眺めどうせ, 眺めに, 眺めやったならそれ, 眺めようや, 眺めるに, 眺めるふり, 眺める二階家, 眺める気, 眺めオレンヂ, 眺め乍ら腰, 眺め出した, 眺め外船, 眺め居たり, 眺め春の山, 眺め渡して, 眺め煙草, 眺め空, 瞶めた, 知つてゐる, 知らないの, 神秘し, 称へ, 突き切ろうと, 筵と, 縁どる夥しい, 考えない場合, 考へに, 耕すも, 聴く, 背後に, 脱れ出る, 臨む懸崖, 臨んだらあまり, 航し, 航行し, 船そのものも, 船の, 船出し, 荒々しいもの, 荒し廻る海賊, 蔽ひ, 蕩し, 虚心に, 行くよう, 行く商賈, 行く空想, 行く者, 見おろした岬, 見おろしますと, 見おろす丘, 見この, 見ずその, 見せその, 見たくせ, 見たとて, 見たほどの, 見たらうち, 見たら又, 見たん, 見た果, 見つめるの, 見てから, 見ない, 見ないこと, 見なければ, 見ぬよう, 見はらす二階, 見はること, 見ましたが, 見ませんでした, 見まわしながら, 見ようとして, 見られるが, 見るため, 見るといふ, 見るので, 見るやうぢ, 見る天主台, 見る広き, 見る朝, 見る磯山の端, 見ろ, 見わたした, 見上総, 見下す斜面, 見下ろした高台, 見下ろす小高い, 見下ろす砂丘, 見乍ら港, 見入るの, 見居たる少女, 見捨て得なかったの, 見晴らしたところ, 見晴らした六畳, 見晴らして, 見晴らし偶然, 見晴らし左手, 見晴らす, 見晴らせる部屋, 見渡した, 見渡すと, 見渡せる, 見磯, 見詰めながら, 見送って, 見降したり, 見降すには, 見降ろすこと, 視め, 覗き, 観る者, 言は, 訪問する, 説かれて, 買うお金, 赫かせ, 走つたが, 走らしめんため水際, 走りながら, 越えたる百萬, 越えた土地, 越えた戦場, 越えた時代, 越える, 越え他国, 越え日本, 越え行く旅人, 越させて, 越しての, 越ゆる, 距てた, 跨に, 踏み分けて, 踰え, 輝した, 透かす叢杉, 通じる掘割, 通って, 通ふ, 通過す, 連れて, 進んだ, 遊び場所と, 運命と, 過ぎ, 遠くから, 遠く後, 配所の, 開墾し, 限り西, 除きては, 隔ている大分県, 隔てたれば, 隔てた向う岸, 隔てた対岸, 隔てた温泉岳, 隔てた英国, 隔てた遙, 隔てても, 離るる, 雲へ, 青いと, 青い海, 静かに, 飛び出したほどの, 飛び越そうと, 飛出し銀, 駛せ, 高一, 鳥に, 黄色に

▼ 海~ (1006, 5.4%)

26 出て 15 行って 13 向って 11 出た, 落ちて, 身を, 飛び込んで 9 とびこんで 7 帰って, 流れて, 行くの, 飛びこんで 6 入って, 投げ込んで, 沈んで, 行った 5 いって, はいって, 泳ぎに, 行く 4 いざ歸ら, 下って, 乗り出して, 出ようと, 戻って, 来て, 行かう海, 行くと, 遊びに, 飛込んで

3 [21件] おちて, かけて, でて, 乗出して, 入ると, 出かけて, 出ると, 出るよう, 向かって, 持って, 捨てて, 放して, 放つて, 注ぐ川, 流したの, 海へ, 落ちた, 行ってらあ, 行つた, 飛び込んだ, 飛んで

2 [54件] おっぽ, かえして, そそぎその, でた, とられて, なり山, はいりに, はいるの, まっしぐらに, 下りて, 入った, 入ろうと, 出たの, 出る, 出るの, 向つて, 帰さなければ, 帰して, 帰るの, 幸助, 急な, 投げこむと, 投げすてて, 投げた, 投げ込んだ時, 抜けて, 捨てるよう, 散歩に, 来たの, 歩み入ったの, 注いで, 流されて, 流して, 流すという, 流れ込む幅三尺, 漁に, 白日の, 落ちたの, 落ち込むの, 落ち込む場面, 行くこと, 行く事, 行く時, 行けば, 近づいて, 這入つた, 這入つたとたん, 通つてゐた, 通ふ, 陥ること, 飛び込むん, 飛び込もうと, 飛び込んだの, 飛込もうと

1 [616件 抜粋] あそばうよ, あそびに, いくの, いけっか, いったこと, いったらかに, いっちまったん, うき上りそのまま, うつぶして, うばわれたおんかた, おちた, おちる道, およいで, おりられるよう, おりるよう, お出, きた, きっ立って, くぐるの, くぐる名人, くびれを, こぎだして, ころがり込んだフットボール, ころげて, さしかかると, さして船出, さつとぞ, さらりだ, さらりとけふ, さらわれること, ざんぶと飛び込ん, しずめたと, しづむやうになつてはかはいさうだと思つて, すっ飛んで, すてあの, すてたロマンス, すてないの, そそいで, そそぎやがて, そそぐであろうと, そそぐの, そっと捨て, たたき落すよう, たれ下げるが, つかわされた話, つきおとしたん, つづいて, つりに, つれて, でかける時間, でるポプラ, とばされました, とびこみある, とびこみたくなったほど, とびこみ江戸, とびこむと, とびこむほか, とびこむ前, とびこめば, とびこんだの, とびこんだよう, とびこんだら海亀, とび込んで, ながれ出して, なげこまれたん, なげこんだ, なげこんだ煙, なげ込んだ, なぞ行った, なんか, にげだして, にげて, ぬけだした, のがれ出たはず, のぞんで, のり出ししたいほうだい, のり出して, はいった, はいったらお陀仏, はいらないお前, はいりだしたの, はいりました, はいります, はいり度, はいると, はこび出した泥, はこんで, はまった, はまって, はやく寂しいこんな, はらり, ひきとめたの, ひっぱり出し一方, びしゃびしゃと追, ぶく, ぶつかつ, ぶつかり合って, ほうり込まれて, ほんとにたたき込まれたら, まいりまする, まっさ, まっ先にやってくる, まわり長崎, むけた, めいり込んで, もぐっても, もぐるの, もぐる時, もどった, もどること, やってきても, やろうと, ゆかうか, ゆき, ゆく, ゆくの, ゆけるからね, ゆり入り犬, オシッコする, タタキ込まれ, ドブーン, パチャンと, ロケーションに, 一文字細長い, 一足降し, 乗っ切るまでに, 乗りだしたの, 乗りだしました, 乗り出した時分, 乗り出しました, 乗り出しヒスパニオーラ号, 乗り出すこと, 乗出したいと, 仮名を, 低く落ち, 何か, 傾けた近代人, 傾斜し, 入ったの, 入ったら波, 入つて, 入りびたつたので, 入るたんび, 入るところ, 入るの, 入る眺望, 入れて, 入れられるが, 入水し, 出かけた, 出かけました, 出かけるという, 出して, 出すよう, 出たこと, 出たら定めし, 出たん, 出た肉親, 出ては, 出で, 出ないこと, 出ました, 出られたという, 出られないと, 出られるよう, 出られん亀, 出るじゃ, 出るため, 出るところ, 出るので, 出るまでの, 出る事, 出る人, 出る川口, 出る準備, 出張った山, 出掛けて, 出發, 十三人の, 千体は, 卒塔婆を, 卸して, 去るの, 取って返した, 叩き込んで, 吐かれて, 吐け出しその, 向けて, 向ふ, 向へば, 吹かれて, 吹きます, 吹く風, 命を, 墜ちて, 墜つ, 大鱸, 女が, 妾は, 定められたと, 定約, 寄せる歌, 寄った谷由浜, 射し込んで, 小便を, 帰したがるわけ, 帰したくないが, 帰したくは, 帰しゃいい, 帰すという, 帰ったよう, 帰つ, 帰つた水界の, 帰つて行く, 帰らせるの, 帰らぬもの, 帰りゃあ, 帰るという, 帰るので, 帰るらしい, 帰れと, 帰れると, 引いた急, 引き付け両, 張って, 張り出した葭簾張り, 往復される, 急いで, 戦争を, 戻ったあと, 戻らない, 戻りますよ, 戻ること, 戻るね, 戻るの, 投げか, 投げかけて, 投げこまれたと, 投げこみました, 投げたからって, 投げること, 投げると, 投げ捨てた, 投げ捨てて, 投げ込ませると, 投げ込みましたが, 投げ込むつもり, 投げ込むと, 投げ込んだに, 投入れられた, 投込む, 投込ん, 抛りこまれた, 抛り込むわけ, 抛り込んで, 抜手を, 押し戻せ, 押出して, 押流され, 拡げて, 持出して, 捨て, 捨てさせて, 捨てちまいな, 捨てますと, 捨てると, 捨てるやう, 捨てる心算, 撒いて, 撒かれて, 放されました, 放り込まれたくは, 放り込まれること, 放り込もうという, 放流する, 方角を, 明るい点灯装飾, 映つた儘, 曳いて, 来たからには, 来るはず, 棄てても, 棄てられて, 歩み入ったこと, 母さんは, 母船と共に, 水を, 沈みかけられる時, 沈みたるなり鳴り, 沈み込まれて, 沈むの, 沈めたの, 沈めたり, 沈めて, 沈めようが, 沈められること, 沈んだもの, 没入し, 泛か, 波を, 注ぎ落ちる, 注ぎ込む, 注ぎ込んで, 注ぐの, 注ぐ戸口, 注ぐ河, 注ぐ阿賀, 泳ぎ出して, 流されそう, 流しても, 流し人, 流し去つた今日, 流す習慣, 流れこみその, 流れだしたら海面, 流れゆく, 流れ入らないで, 流れ込む, 流れ込む沢山, 流れ込む直前, 流れ込んで, 浮んで, 海なき, 海へと, 海へとはって, 消えた, 深く潜り込んだ, 溶込む, 溺れて, 溺れる時, 漂流し, 漕いで, 漕ぎだすと, 潜ったまま, 潜って, 潜ると, 潮干狩りに, 灌いでいる, 灌ぐがそこ行く, 灌ぐ川尻の, 煙ぼうぼう, 目を, 眸を, 石を, 突きだした古い, 突き出して, 突き出て, 突き流そう, 突き落されたの, 突き落として, 突ッこん, 突出した, 等々私には, 簀巻の, 続くユカイ, 繁殖した, 脱し他, 至る路, 船を, 船渠は, 落して, 落すと, 落すには, 落ちこんで, 落ちさ, 落ちたかという, 落ちたから, 落ちたぐるぐる, 落ちたところ, 落ちたら助けるだろう, 落ちたり, 落ちたん, 落ちた時, 落ちた覺, 落ちられたもの, 落ちると, 落ちるという, 落ちるに, 落ちる事, 落ちれば, 落ち行くよ, 落ち込んだという, 落っこちる, 落っこちるところ, 落っこった女の子, 落として, 落口が, 薄ぐろく影, 薄明が, 融かして, 行かうぢ, 行かないつもり, 行かなければ, 行きたいと, 行きたいな, 行きたがるの, 行きたくて, 行きましたよ, 行きましょうかと, 行き北洋, 行き四時ごろ, 行き無理矢理, 行くため, 行くで, 行くより, 行く場合, 行く海, 行く約束, 行く道, 行く頃, 行けと, 行けなければ, 行こうじゃ, 行こうと, 行ったからには, 行ったという, 行ったのよ, 行ったろう, 行った栄三郎, 行った若い, 行ってたねえ, 行つてとつて, 行つてらあ, 行つてゐ, 行つて何う, 行つて荒れ, 行つて遊ん, 行つて鼻孔から, 誘はれるんぢ, 走りだして, 走るの, 走るより, 跳び込んで, 踏ん込む前, 蹴込まれてしも, 躍び入り, 転がる左, 轉がる, 近づく, 近づくにつれて, 追い込み牝馬, 追い込んだり, 追ひ落され, 送り出されて, 送る飾り物, 逃がしちゃあ, 逃がして, 逃げこむの, 逃げて, 逃げ出したこと, 逃出した, 逐ひ込み, 這入っちゃったん, 這入って, 達して, 避難民は, 還って, 還つて了うた, 野山に, 釣の, 降りて, 降りること, 降る砂丘, 陥ち込む, 面を, 顔を, 颯と打込む, 飛ばす, 飛びこむとき, 飛びこむの, 飛びこんだ, 飛びこんだから, 飛びこんだの, 飛びこんだ男, 飛びこんだ程, 飛びこんでね, 飛び込まうと, 飛び込み抜き手, 飛び込むこと, 飛び込むだけの, 飛び込むところ, 飛び込む時間, 飛び込む有, 飛び込む毎日, 飛び込めと, 飛び込んじゃった海, 飛び込んだが, 飛び込んだこと, 飛び込んだり, 飛び込んだ男, 飛込むの, 飛込むの咽喉, 飛込んだ, 飛込んだが, 飛込んだまでは, 駆落ち, 駈けこんで, 駈けて, 魚を, 鯛釣りに

▼ 海~ (951, 5.1%)

6 静かで 5 ひろびろと, 一面に 4 凪いで, 波が, 銀色に 3 あせなん世, 日の, 荒くて, 荒れて, 銀の, 静かだ, 静かな

2 [59件] いいです, おだやかで, おれ達を, こんなに波, ずんずんと, ちょうど死んだ, どうどうと, どんな色, ふくろ, まだ暗く, もの凄いほど, よくも来やがった, パシフィックという, 世間に, 低い砂山, 依然として銀色, 僅に, 全くさうで, 其処だけ, 前よりも, 動いて, 大変きれいだ, 天と, 実之, 寛大だ, 岩の, 常にだまつて, 怒って, 急に, 日毎に, 昼眠る, 晩成先生に, 暗くなり, 暮れて, 毎日の, 毎日同じ, 汐の, 流れて, 海だ, 海の, 灰色に, 生きて, 白い泡, 真暗に, 真白でした, 眠って, 穏かで, 空の, 笑ひぬ, 自分が, 自分の, 蒼く空, 蕭条たる, 退潮な, 遠いし, 障子を, 静かに, 靜かに, 頻りに手

1 [784件 抜粋] あかが, あくまで碧, あせなむ, あっちでも, あの埃, あの辺, あまりにも, あやしとも, ありません, ありませんでしたか, あんなに光ってる, いいなあ, いい凪ぎだった, いい海, いかにも冷たく, いずれの, いずれも, いつでも, いつのまにか靜かに, いつも同じ, いつも濁, いまだ見ね, いま深い, いやな, いろ, いろいろに, うその, おさかな, おもしろそう, かうかうと, かなり遠かろ, きわめて遠浅, ぎら, げに處女, こうしてお座敷, ここの, ここ一両日中の, ことによろしい, この辺, こりゃ無く, こんなに僕, こんなに穏やか, さしおきて, さして遠く, さながら鏡, ざんぶり, しだいに浅く, しつきりなし, しづかです, しんしんお, しんじゆ, じつにやさしく, すぐその, すぐ前, すぐ目, すぐ近く, すっかりない, すつかり, ずっと沖, そういう点, そういっ, そこから, そこに, その地平線, その小さな流れ, その断崖, その死者, その深い, その空, その表情, その青, それが, そんなに沢山, そんな海, ただ幾重, ただ轟轟, たっぷりふくらん, だるそう, だんだんと, ちょうど引き潮, ちょっと行きます, つい庭先, つねに呼吸, ところどころ白い, とても深い, とても計算, とろ, どかつと, どこかへ, どこへ, どこまで, どこを, どす黒くなっ, どろどろした, どんなにのどか, どんよりと, ないが, ないと, なつかしい, なめらかに, はじまるん, はるかに, ばらの, ひろ, びつくりする, ふくれ上がり大波, ふち瀬に, ほとんど私, ほの, ますます暗く, ますます穏やか, ますます青く, また遠, まだすごい, まだ台風, まだ大, まだ獰悪, まっくら, まっ黒に, まるで思春期, まるで気狂, むしろを, むづかしい, むんむんと, もうすつかりおだやか, もう沈んだ, もって, もっと雄大, もはや事実, もはや近づい, やっぱりしずか, やつぱり美しい, よく見えた, ろばろし, わが坐す, わけても, わずかな, アフロヂテの, カナリに, ゴウゴウと, パシフイツクといふ, ボクラの, ヨオロッパの, 一つの, 一晩中横はらね, 一枚として, 一番はるかな, 一種の, 一面すさまじい, 丁度渠, 三年間に, 下に, 下の, 不気味に, 世界に, 九州の, 五浬の, 些の, 人の, 人目の, 今どこに, 今までに, 今日も, 今自らの, 今青き, 代赭色である, 伜の, 何だかあくどい, 何だか生きもの, 何処か, 依然として怒号, 依然として荒野, 倦い, 優れて, 光栄です, 入口で, 公共の, 共に一, 其關係が, 写真の, 冬暗い, 冷たくつて, 凡て穏かに, 凪ぎ, 凪ぎ大変長閑, 初め全, 動けなくなった船, 勿論まっ白, 勿論砂山, 千万里剣は, 半島の, 南洋から, 危ないこと, 即ち當時, 又どの, 只恐ろしい, 右舷全体へ, 吠えた, 吾緒琴, 命ぜられぬ, 和らかな, 和泉の, 喜んで, 嘘の, 地の, 地中海, 地表百分の七十三を, 墻を, 変わらぬ趣, 夏めく, 夜霧が, 大きい, 大きいが, 大きなうねり, 大そう, 大ていしづか, 大変大きい, 大嵐に, 大體, 天然の, 好きだつた, 始めから, 嫌いです, 完全に, 実に凪げるなり, 実は代赭色, 実際いいです, 寒かった, 少しも, 少し荒れ, 山の, 山羊を, 岬に, 岬の, 川と, 巨艦サラトガミシシッピイ等の, 干乾びて, 平に凪い, 平らかにと, 平家の, 平風恬波の, 広いから, 広いよ, 広い砂浜, 広びろと, 建物と, 彼らに, 彼らには, 彼等を, 往路に, 必然に, 怒つて底, 怒濤, 思ふさま勝手, 急劇, 恋を, 恍惚として, 恐ろしく静寂, 感情を, 我等の, 戯るる, 房州あたりの, 折折雲と, 支那大陸へ, 斑に, 断崖では, 新しい船, 日光を, 日増に, 早や, 明く谷, 明るい雄弁, 明るく見えます, 春の, 昨日荒れた, 昭和十五年七十二歳の, 時々妬まし, 景行紀二十七年十二月の, 暗かった, 暗く向き, 暗く寒く海豹, 暗く狂風, 暗く空, 暮れかけ, 暮れ夕雲の, 暴れて, 曇つて何も, 最早巴里, 朝, 朝も, 未だ晴れ, 未知の, 東京湾である, 果てなく島, 果敢ない空, 柔かな, 極て, 極めて靜穩, 横たわりながら, 次々と, 次第に波, 次第に靜, 殊に南洋, 残らずかれ, 殺風景であった, 毎日不気味な荒れ, 毒を, 気むずかしく荒れ, 水ばかり, 氷雪に, 永久に, 汝が, 江の島附近の, 沖の, 河へ, 油の, 油を, 泡立ち逆巻き怒濤, 波の, 波は, 波頭に, 泥を, 流転きわまり, 浅くて, 浅く飛びこんだ, 浪おどろかず, 浪が, 海と, 海どうして, 海豹島に, 海賊の, 淡緑, 深くし, 深くふてぶてしくも, 深く新津, 深く暗かつ, 清冽で, 清碧である, 渺茫として, 湖水の, 湧き立ち泡立って, 湯の, 満ちて, 満潮で, 満潮時で, 漆の, 漸次暗く, 潜って, 潮が, 潮湯治場の, 澄んでも, 激し, 濁つた黄いろい, 濃い霧, 濤が, 無限の, 無限を, 然し却つて, 煮切らない緑青色, 物さび呼息づきぬ, 物すごいよう, 猶更, 瑠璃色に, 生産開展の, 申すまでも, 畳の, 白い波頭, 白く凪い, 白雲の, 益広がっ, 監禁室に, 目の, 目も, 相かわらず, 相変らずにごっ, 真っ暗で, 真っ暗に, 真夏でも, 真珠色に, 真青で, 眠った様, 眠つ, 知らなかったの, 磯から, 私の, 程近くある, 穏か, 穏やかに, 空は, 窓の, 立返って, 立返つて大器氏, 紫に, 紺碧で, 紺碧の, 紺色に, 紺青の, 終に溢れ, 絶えず揺れる, 絶えず膨れ, 緑色が, 美しいと, 美しく晴れた, 聾である, 肴が, 至って穏, 荒い, 荒いそう, 荒かった, 荒くなっ, 荒れがち, 荒れだしました, 荒れつつ, 荒れに, 荒れること, 菫色であった, 華族学校の, 蒼茫として, 蒼青色だつ, 蓼の, 薄赤く, 藍と, 處女の, 表面が, 裳に, 襦子の, 西国に, 見えずもちろん, 見えた, 見えなかった, 見えなかったよう, 見えなくなる, 見えぬが, 見えませんが, 見つめてると, 見ゆる限り漣一つ, 豊富な, 豐富で, 貧血し, 賑う, 赤いが, 赤い色, 越されまいと, 足の, 踊って, 身を, 軽々しい様子, 近く冷氣が, 逆巻くの, 遠かつ, 遠く光, 遠く山, 遠く青く光った, 遠浅で, 重く蜒, 金州で, 針を, 鈍重で, 鉛を, 銀泥を, 鎮まる, 鏡の, 鏡よりも, 閉ぢたる, 阿漕ヶ浦には, 陰の, 階級だの, 隣り部落, 雲を, 震える山々, 靄では, 青き魚, 青く, 青く地, 青じろく明け, 青インキを, 青鮫の, 静からしいです, 静らしく, 靜さの, 非常に, 鞋鞍, 頭に, 頻りに轟々と吼え, 風が, 風浪の, 飲み干しませうから, 餘計青く, 駄目よ, 高い真黒, 魔物の, 鰊が, 鳴りいで, 黄金を, 黒, 黒い藻, 黒く揺れ, 黒く滑らか, 黒ずんで, 黒みを

▼ 海~ (826, 4.5%)

31 見える 17 見えて 15 見えた 12 荒れて 10 ある 8 あって 7 めの 5 どこかへ 4 光って, 凪いだよう, 好きだ, 急に, 見えました

3 [16件] あった, あつて, ありました, ありますか, あるの, あるよう, 一目に, 一面に, 動いて, 好きな, 恋しくな, 揺れて, 胸に, 自分の, 青く光っ, 高まる

2 [50件] あると, ぎらぎらと, だんだんに, どこかに, ひろびろと, また持つ, めが, めを, よく澄ん, 上の, 光つてみえる, 凪ぎて, 前方に, 好きだつた, 少しも, 広々と, 恋しくなった, 恋しくなりました, 指頭で, 文字通りに, 暮れ方の, 来て, 比較的澄ん, 波打って, 白い歯, 白く光っ, 目の, 目の下に, 真暗な, 真蒼, 眺められた, 眼下に, 眼前に, 私を, 穩である, 荒れても, 荒れる, 荒れ出して, 見えたり, 見えるし, 見えるよ, 見える或は, 見え海, 見ゆる, 近いから, 近いので, 遥かに, 開けた, 開けて, 鳴る

1 [553件 抜粋] あっては, あらわれ霧, ありそう, ありて, ありはかり知れない運命, ありませんお, ありまた, あり其処, あり後ろ, あり月, あり白砂, あるから, あるだろう, あるでしょう, あるとき, あれば, あろうとは, あんまり緑, いいだろう, いいわ, いい藍色, いかに激しく, いくらでもある, いった, いつと, いつの間にか藍色, いつも静か, いまは, いよ, うす緑に, うつくしすぎる, うねりうねって, うまく配置, うらうらと, おいらの, おいらを, おだやかで, おだやかに, およぎきれるとでも, およげないで, およげるかね, おれを, お前に, かねてより, かれら, きらきら光ってる, ぎらぎらする, くらくなりかけた, こうして見え, これから私たち, ころげて, こわいから, さかんで, さー, しけたので, しずかな, しだいに紺碧, しづまつて, すぐ家, すぐ宿屋, すぐ眼, すっかりインキ, ずっと向う, ずっと深く, そうな, そう見えた, その一生, その前, その深み, その祕密, その老人, ぞっとする, たいへんに, たそがれ暮れよう, たちまちに, だいぶ私, だん, だんだんあれ, だんだんと, ちかく秋, ちっとも見えなく, つまらなくなつた, できた, とつぜん眼前, とどろいて, どういうもの, どうしてあんなになる, どうしました, どうだった, どさり, どんどん叩い, どんなに大きい, どんよりと, ないじゃ, ないとは, ないの, ないのに, ないのみ, なかったら, なくなったらしいん, ならした地面, なんだか凍った, にわかにふくれ上った, にわかに荒れ出し, ねえなあ, のんで, はじめて口, はるかに, ぱっと眼, ひとすじ樹の, ひとり祭壇を, ひどく荒れ, ひらけて, ひろがって, ひろがり欄, ひろがり片方, ひろがり高低, ぴた, ふいに, ふかく喰い入った, ふっくらと, ふと誘惑, ほのぼのと, ほんとに大きく, ぼうっと明るく, ぼんやり霞ん, ぽっかりと, まがりくねって, まっ二つ, まつくろで, まるで絵, まるで青い, みえました, みえ始めると, みたくなったから, むこうに, むすめ, めに, めは, めや, め海鳥を, め背の, め魚が, もう通り過ぎた, もっと近かっ, もりあがりまた, やって来たの, ゆらゆらうごい, よくその, よく見えます, インクで, ガラスの, ギラ, ギラギラ青い, ジッと, チラチラと, 一つの, 一つ荒れ, 一寸不便, 一寸肩, 一期の, 一杯に, 一樣に, 一歩づゝ狹く, 一町ばかりの, 一番の, 下に, 丘の, 二カ処ほど, 云うまま, 云つた, 亡師春山の, 今日は, 低い曇天, 何う, 何よりの, 何十里という, 倒に, 光った, 光りはじめたの, 光る, 全く他人, 其老人に対して, 冬子に, 凪いだら船, 凪いだ後, 凪いで, 出なくっても, 出来た, 出来た後, 刻刻に, 割合に, 力を, 千変万化する, 原に, 反射し, 右に, 合点する, 同じ灰色, 呼んでるの, 咆え, 和いで, 商業的に, 地中海だ, 地平線を, 変って, 夕を, 夕方暮れ, 夜の, 大いに世, 大きく畝, 大きく空, 大きなうねり, 大好きだ, 大渦巻, 大荒れ, 太平洋という, 太平洋な, 太陽の, 奇麗で, 奈落に, 好きだった, 好き水泳が, 始まるん, 嫌いだ, 嫌ひだと, 孔雀石いろ, 寄せてでも, 尽きたでは, 展けたので, 展ける, 展開し, 山と, 岬で, 岸に, 峡湾の, 島国の, 左手に, 巨大な, 市街を, 帯の, 干潮に, 平和であった, 平面から, 幾日も, 広いとは, 広くて, 広く見え, 底から, 張番を, 彼の, 彼らの, 彼を, 待つとでも, 御恩, 心の, 心平さんの, 怒って, 怒つた時, 怒号し, 怖うて, 恋しい, 恋しい海, 恐くなっ, 悪魔の, 惡い, 憂欝, 懐しくて, 我々に, 手を, 抑へられない, 拡がって, 拡がり砂浜, 拡がる, 持つて, 斯の, 新しい一日, 日本を, 早や, 明るく輝く, 映って, 映らなかったであろうか, 映ります, 晴れて, 暢気で, 暮れたら, 暮れました, 暴れる, 曇るこれから漸く, 曉け, 最も古い, 最も深い, 月の, 月末には, 朝陽を, 東洋人の, 森と, 樋田の, 横たわり防波堤, 横たわるから, 横は, 横丁の, 機関車の, 次第に近づい, 次第に重い, 歩道へ, 死んで, 気懶い, 水平線の, 沸き立つて, 泉水の, 波うつ, 活動し, 浜辺に, 浮き上がったの, 浮き上がって, 涯なく, 深いので, 深くて, 渓流を, 減る様子, 渠自身の, 湛えられて, 満々たる, 溢れて, 溢れない訳, 漸次に, 火を, 灰色に, 無い, 無かつ, 無くて, 無くなって, 無限無量なら, 燃えそう, 燃える, 燃える君, 燐光を, 物悲しく見え, 犠牲を, 珍しいので, 現れ野球, 現われないが, 由比ヶ濱といふ, 白いきば, 白い牙, 白く光つて, 白く輝き, 皺だって, 目も, 真っ赤に, 真つ, 真珠貝の, 真紅に, 眺められるよう, 眺められ南, 眼の, 眼下の, 瞬く内, 破壊的な, 示して, 穏な, 空と, 窓から, 笑いながら, 笑って, 純粋な, 紫色に, 経文を, 絶えて, 緑色に, 美くしく, 自分に, 荒れそう, 荒れたとき鼈, 荒れたり, 荒れたりなど, 荒れだしました, 荒れだし船員たち, 荒れてでも, 荒れでも, 荒れましたので, 荒れるから, 荒れると, 荒れるという, 荒れるの, 荒れるので, 荒れる日, 荒れる船, 荒れ出した, 荒れ初めた, 荒れ始めとうとうしまいに, 薄紫に, 藍, 行けば, 西蔵へ, 覆って, 見えその, 見えたかも, 見えたと, 見えたよ, 見えだしました, 見えだすと, 見えないとは, 見えないの, 見えない二週間, 見えなくなったり, 見えましょう, 見えます, 見えようと, 見えるあさましい, 見えるか, 見えるから, 見えるこれ, 見えるその, 見えるぞ, 見えるだけ, 見えるであらう, 見えるという, 見えるところ, 見えるに, 見えるの, 見えるのよ, 見えるまで, 見えるやう, 見えるン, 見える処, 見える大連, 見える媾曳, 見える岡, 見え出した, 見え出し海上, 見え松, 見え檣, 見え沖, 見え渡り, 見え漁船, 見え高い, 見たい, 見たくて, 見たくなったから, 見たくなっちゃった, 見たければ, 見とおせるからの, 見晴らせあちこち, 見渡されました, 見渡される, 見物だ, 見降せる庭先, 赤くなる, 踊り始めました, 車窓に, 轟々と汽車, 轟くよう, 近いし, 近いところ, 近いの, 近い波, 近く山, 近さ, 近づきやがて, 迫って, 逃げて, 逃げも, 逆立ちに, 透いて, 速力を, 連れて, 遠く水平線, 遠く見えた, 遠浅な, 銀色に, 鋼鉄の, 長年かかっ, 開け緑色, 降灰の, 限りない, 陸に, 陸地をを, 陽に, 随分好き, 随分綺麗, 霞の, 霞んで, 青々と, 青く光つて鰯, 青く輝い, 青白く光っ, 静かだった, 飛沫を, 駄目だ, 騒いで, 高まる高まる, 魚で, 鰯の, 鳴って, 黒, 黒いと, 黒く湛え, 黒藍色に

▼ 海~ (438, 2.4%)

13 山との, 空との 11 なって 9 空と 8 空とを, 陸との 6 空の, 陸の 5 与太者, 化して 4 なる, 山と, 山に, 空とに 3 山とを, 河との, 空を

2 [35件] いっても, いふ, いふよりも, すれすれに, そしてクロクロ島, なぎさ, なった, なったという, なつた, なると, なるべきはず, ゆらゆる日, レーノの, 一つの, 云ふ, 人, 化した, 同化し, 大君宣らす, 山とに, 山の, 山を, 川との, 平行し, 河と, 河川を, 法名を, 海の, 相接し, 砂と, 空だ, 窓の, 船との, 通じて, 連なりて

1 [259件] ありて, いい船, いうよりは, いえば, いったら風, いつた, いつて, いふと, いへば, いわずその, いわず川, いわるるか, いわるる御, がけの, きいて, こちらの, こは, さうし, しいへば, して, しないかぎり, しならば, し立ち連なって, すると, すれば, そして砂, その上, その乳光色, その向う, そらとの, た, つけられしは, つなぐごと, なく一平方メートル毎, なし火, なし韓史, なぞへに, なったかと, なったの, なったので, なった時, ならんと, なり, なりあわてて, なりかく, なりそうして, なりその, なりたる川口, なりなおも, なりました, なり其骨, なり安房上總, なり官軍, なり強い, なり旅館, なり海, なり瑠璃色, なり諏訪町, なるという, なる空, なれかし空, なれり, にらみ合いを, ほきえみし, まるで違う, インド洋と, オーパルの, 一つに, 一変した, 一心同体の, 一所の, 一致し, 二つに, 云い人, 云うので, 云うもの, 云う世界, 云えば, 云った, 云ったって, 云った方, 云って, 云ふも, 交通し, 人と, 人の, 人麿は, 佐渡ヶ島の, 八つの, 共通の, 兵隊, 出合うあたり, 分れて, 別れて, 力強いあの, 勘定の, 化し, 化しこの, 化したが, 化したので, 化しつ, 化しつつ, 化し去った, 化し去る, 化し甲賀流火遁, 化し硝煙, 化し穀物畑, 化すごとき惧, 化するであろう, 南方の, 反対の, 反対側に, 同じよう, 同じ様, 同じ港, 同じ程, 名乗りますが, 呼ばれたる荒海, 呼ばれた地面, 呼ばれた弟子, 呼ばれた若者は種壺, 呼ばれて, 呼ぶ, 問ひ, 土地太陽の, 土壌の, 境をぞ, 外の, 大河との, 天との, 太古さながら, 女, 女との, 妙源とに, 実之, 家とを, 寒ざむしい, 対岸の, 射光, 山, 山とが, 山ばかり, 山岳と, 山野との, 屹立した, 岩との, 島々と, 島である, 島と, 島とで, 島との, 島に, 島の, 崖に, 嵐の, 川ばかり, 市場とを, 市街との, 平野空と, 幽冥界とを, 思うあたり, 思想の, 感ずるのみ, 成し鉄, 戦って, 持合いに, 掘割で, 断崖の, 星とに, 星月夜の, 書してあつ, 月とに, 月子あてに, 月見ヶ丘の, 桜の, 森とを, 死紙一重, 決まって, 決まつて, 河とで, 泡だった怒, 浜小屋の, 浜辺とは, 港の, 湖と, 湖水との, 湖水とを, 湖水に, 湛えた霧, 湛へ, 湛へる, 湿地との, 白砂の, 砂濱で, 私とは, 稗海とには, 稱し, 空が, 空とが, 空とは, 空空と, 立つるゆえに, 竹島を, 縁が, 美しい砂浜, 聞くたび, 自由と, 舟とを, 船とが, 船とによ, 花とを, 若緑の, 英国国民性の, 荒い磯, 蒙古人, 街とを, 見定めが, 言へば, 誰か, 身も, 農村とでは, 迫ったところ, 通じた, 遊ぶという, 違つてふくらんだ, 那須余一の, 野の, 長い浜辺, 閑雅なる, 闘ふ, 關係の, 陰湿の, 陸と, 陸とが, 陸とで, 陸とでの, 陸とに, 陸とにかけて, 陸とは, 陸とを, 陸とを通じて, 陸に, 陽に, 隔ても, 隔てられ小高い, 險しき, 雖も, 離れて, 雨後の, 雲と, 青い島, 青い空, 音楽堂と, 風との, 馬端臨の, 高い空, 鵜の, 黙してた, 黯湛くも澄みたる

▼ 海から~ (431, 2.3%)

11 吹いて 7 上がって, 陸へ 6 上って, 来て, 来る神 5 吹く風 4 あがって, 山から, 高く抽 3 入って, 出て, 山へ, 戻つて, 来る風, 襲って, 見た陸, 陸の

2 [31件] あが, とれた植物, やつて, 三十里も, 三十間と, 上ったばかりの, 出たよ, 取って, 吹きぬける葱坊主, 帰って, 帰つて来, 微風が, 急に, 戻って, 日が, 来たもの, 来た男, 来た鮎, 海に, 海へと, 海を, 潮の, 眼を, 神の, 這い上って, 運んで, 遠くは, 遠く離れ, 遡って, 騰る泡, 魚を

1 [285件] あがったという, あがった霧, あがると, いきなり立上つて, いきなり箱根山, うめき起こる波, おしよせて, お帰り, お金が, きた美女, きり立ち, くる季節, くる潮, くる神, くる風, くる鮎, こちらに, このアイスランド, この不幸, この材料, この熱田, さかのぼって, さほど遠く, し高天原, すぐの, すぐ入りこんだ, する一, すーっと, そよそよと, ぢかに, つり上げるの, でありました, です, でて, では, でも, とるの, とる者, とれたの, とれるの, どしどし運びこん, なぜ塩気, ななめに, はいあがって, ひろいあげたの, へだたった山側, まっすぐに, もち込んだ, やって来て, やっと姿, やや入り込んだ, やや遠い, やや遠ざかった, ゆり上げられるもの, アラフラ海木曜島を, ボートに, ポロ, ロシア入りを, 一つの, 一里余にわたって, 七八丁も, 上がったさまざま, 上がったばかり, 上がった幻, 上がりそうして, 上げた大漁, 上ったから, 上ったし, 上ったらしく濡れた海水着, 上った体, 上った石, 上つ, 上つて現, 上つて間が, 上り, 上り込む, 上る帆柱, 上陸し, 上陸した, 上陸って, 下総の, 二三丁引込んだ, 二三寸位の, 五月の, 体を, 何か, 來た, 來る, 働いてたがい, 儲けるであろう, 入り込む潮, 六百マイル以上も, 冷, 冷たい飲みもの, 出たの, 出た水, 出た満月, 出る夏, 出る満月, 出る物, 力強くぐっと, 十何里急流を, 南の, 取るの, 取れる, 向うの, 吹いたら, 吹きあげる冷気, 吹きあげ針葉樹, 吹きつけそして, 吹きつけて, 吹きつける強い, 吹きつける東南, 吹きつける海霧, 吹きよせる風, 吹き揚げる風, 吹き流れて, 吹き渡って, 吹き通し, 吹くの, 吹抜けの, 吹通しの, 四里も, 地下を, 塩を, 売りに, 外へ, 外夷が, 大きな鷲, 大風が, 天に, 天空に, 太陽の, 女, 寄り来るもの, 寒流が, 山越えで, 岬角の, 岸へ, 川づたいに上っ, 川の, 川へ, 己たちを, 希望なき, 帰った後, 帰るさ, 引きあげられて, 引きあげるの, 引き上げられて, 引上げて, 引上げられ, 引上げられました, 引揚げられた, 引返して, 彼の, 戻らなかった, 房総の, 手を, 打ちあげられた砂利, 打ちつける浪, 打ち上げられた砂, 押し上がって, 押し上げて, 招かれて, 拾い上げた仏様, 拾い上げた物, 拾われた貝殻, 持って, 採り上げた色々, 掻窘んで, 搗布を, 整, 日向の, 旦那の, 昇った真紅, 昇って, 昇つた朝陽を, 昇るところ, 昇る水蒸気, 暖かい黒潮, 最高の, 朝鮮海峡に, 来たの, 来たばかりの, 来た人, 来た彼, 来た神, 来た話, 来るならば, 来る一種, 来る善神, 来る声, 来る常世, 来る強い, 来る新鮮, 来る水, 森へ, 植民せられた, 歸る, 河北潟へ, 波が, 波に, 泳ぎ上がった, 泳ぎ着いたところ, 浮き上がること, 海の, 海岸へ, 渡って, 湧いて, 湧き起る恐し, 漂着し, 無事息災に, 父の, 獲れた珍しい, 登る坂道, 盛んに, 眺めたふたり, 眺める町, 眺望する, 秀を, 私の, 稀に, 突いて, 立ちあがって, 立ちあがりちょうど, 米船が, 紅海へ, 細く入江, 続いて, 織り出されて, 聞えた, 聞えて, 聞え出したから, 育った国, 舟で, 荒れ狂う風, 荷揚げした, 華かな, 薪炭の, 蜻蛉型に, 見た時, 見た海, 見た陸地, 見て, 見ても, 見りゃ木の葉, 見るそれ, 見ると, 見る山, 見付けたと, 貝を, 起って, 起つて, 足を, 身に, 軍艦で, 迎えるという, 近づいて, 近づき得る低地, 送る凉しき風, 逃げ去る後影, 這ひ, 遁げて, 遠ざかつて, 還って, 野へと, 鎖されること, 長門の, 陸に, 陸を, 陸上へ, 霧が, 顕われた, 風が, 風は, 颯と吹く, 飛びたつとき, 飛んで, 食物を, 高くはなした, 高地まで, 魚が, 鮎の, 黒い山脈, 黒海を

▼ 海~ (295, 1.6%)

23 山も 13 空も 5 川も 4 陸も 3 樹, 霞みながらに

2 [14件] てかこまれし, みんな濃い, 一目に, 凪だ, 和尚も, 暗くなった, 松原も, 爾も, 船も, 蘇の, 街も, 見わかずひさかた, 雲も, 顫ひし

1 [216件] あかくなつた, あかりが, あかるい, あなたが, ありません, あり貝細工, あるかい, あるん, いない難, いや川も, うつくしい水, うつらずに, お駒, きれいだ, くまなく晴れ, こう静か, ここの, ございませんのね, さすがに, さつぱり, さながら白昼, しんしん, そして人, そのうち, た, たえず明暗, たたえ山, てかこまれ, どこか, ない, ない美濃, ない麦畑, ながめて, なぎさ, なく, ひっくりかえるよう, ひっそりと, まして人生, まして人間, また作者, また内, また同じ, また底, また燃えん, まだ, まだ暗い, まったく暗く, まったく青黒く, まっ赤, まつくろ, まつたく明るく, まわりの, みた, みなくれ, みんなその, みんな神の, もうすっかりさびれ, もうすっかり暗く, もうそこ, もうまったくの, やがて太陽, やはりうとうとし, やはり波風, よし出来る, よろしく湯, わるくは, オカも, スコールが, テヴエレ河の, トトと, ドルエリと, 一冬怒りつづけ, 一度見たい, 一日中この, 一望, 一部しか, 丘も, 丘もさ, 久しぶりに, 久しぶりの, 亦た, 今日の, 光った, 入江の, 全く更衣, 円かり, 冷たき浪, 凪が, 初めてだ, 初夏らしく, 別段に, 動きそれゆえ, 単調だ, 同じよう, 同じ潮入り, 同様であります, 埋まったの, 墓地と, 変化する, 夏の, 夕やみに, 夕陽の, 大きいと, 大きくひろい, 好いが, 嫌ひでは, 射貫くらん, 少しも, 岩も, 島も, 平らだった, 強ち, 彼の, 御免, 快い, 思うぞんぶん調査, 悪くなあと, 愛したが, 持久戦争の, 捜索された, 故郷では, 時來れ, 時化て, 暗く層, 暮れはじめた, 朗らに, 望まれよう風, 望まれるかと, 林も, 森も, 死んだよう, 死んで, 民も, 永遠に, 江戸の, 河も, 波一つない, 浜も, 海, 海岸も, 消え代り, 深い闇, 深からず, 深くなる, 清盛の, 渠を, 湖も, 湧返り, 潮けむり, 無事通過だ, 燃えあがるよう, 燃え私, 燃ゆる, 牧場も, 狂へや, 珊瑚採取も, 珍しく凪い, 生命が, 畠も, 白く光っ, 皆な, 目に, 目の, 真っ赤に, 真蒼, 真黒に, 眺めず, 眺められます, 知れり, 研究室も, 空の, 空気も, 米友の, 緑の, 美しいながら, 美しかつ, 聞け, 背負うて, 自分の, 花も, 茫として色彩, 荒れて, 見えずよ, 見えず人声, 見えず家, 見えたもの, 見えない, 見えないこと, 見えない吹雪, 見えるの, 見えるは, 見える城, 見るだろうし, 見失って, 誇るに, 谷川も, 賑ふだらう, 赤く濁っ, 足下に, 近いし, 遠く連なり, 野も, 間近かに, 防いで, 雨, 青々として, 青く光っ, 青く海, 青の, 青一色に, 静かなり, 音を, 順風鳴門の, 飢えを, 飽くまで青い, 鼠色の

▼ 海~ (271, 1.5%)

7 あつた 5 泳いで 4 小さな船, 遊んで

2 [12件] すら時々, たたへ, やりそこ, 働いて, 取れる白魚, 岬の, 暮して, 死んだこと, 水浴に, 泳がずに, 漁猟する, 育った小

1 [227件] あつて, あらう, あらしに, いいが, いい加減遊んだら, いっしょに, うろうろ鯨, おぼえたの, おぼれて, おぼれ死んだはず, およいで, お君, お魚, からだを, きりはなされて, くらしたの, ぐるぐるまっ白, ことにこれ, この一ト時皆, この洲崎, この米国帆船, こまかい篠, これより, そこが, そこで陸地, そのあちこち, その海面, その測定, その白無垢, その血, その血溜り, その間を, それが, それも, だいぶ死ん, ついぞ見かけた, ところどころ乾いた, とった生き, とられて, とれとれの, とれる鱈, とれブリ, どれだけ, どんな風, なくして, なり陸, はない, ひどい暴風, ひどい渦, ひどい疾風, ふかや, まだ日, もまれたため, ソファは, タネガキ自体は, パジャマ姿の, ヨットだの, 一寸遊んだ, 一方は, 一旗あげる, 一旗上げる, 一日蛸壺を, 一晩に, 中でも偕行社, 二つの, 二人づれの一人が, 五六月の, 人目を, 今日は, 仮死の, 何か, 何千里という, 何方が, 働くの, 働く男, 働く者, 光る動物, 其の海, 冬は, 切り離されて, 切れとるですから, 前面は, 割れた硝子屑, 北氷洋と, 千年の, 又砂浜, 取れました何, 台所に, 呆れたこと, 四国航路の, 囲まれた国, 囲まれて, 国際的な, 地引網を, 多く乗った, 大漁が, 太平洋か, 失くし, 失って, 孝行者の, 宍道湖は, 山勢は, 山越しの, 年々テングサとりを, 府道の, 御入水, 心臓麻痺を, 悩んだ病気, 慰労会といふ, 手ずから撈, 手腕を, 投身した, 拾い上げたの, 採ったもの, 採集の, 描いたといふ, 数尺先は, 既に鼻曲り, 春浅い, 時間を, 晴れ間を, 暮した, 暮らす人達, 暴風に, 曳網を, 松林が, 栄える者, 極まって, 横町へ, 死なしたくは, 死にたいと, 死にとうご, 死に或いは, 死ぬこと, 死ぬの, 死ぬもの, 死んだ, 死んだの, 死んだ青年, 死んでから, 気持よし, 水祓を, 江の浦の, 汽笛の, 泳いだこと, 泳いだり, 泳いだ疲れ, 泳がせるよう, 泳ぎました, 泳ぐと, 泳ぐもの, 泳ぐわけ, 泳ぐ快, 泳げは, 浪の, 浮いて, 海賊船が, 海鰻の, 涼気を, 溺れかかつて, 溺れたという, 溺れたはず, 溺死人が, 漁れる, 漁師を, 漕ぎ廻ったから, 潮の, 猛訓練, 生命を, 男に, 番頭さんが, 番頭の, 相呼応, 知つた時の, 碇なんか, 秋が, 秋口に, 稼げって, 笛を, 筆をな, 絶壁の, 繋って, 育ち海, 育った彼, 育った惣平次, 自分の, 船が, 船に, 船の, 船渠の, 船頭が, 色あげ, 色揚げを, 花粉の, 苦労した, 苦労を, 行なわれ深く, 西は, 覇を, 見えなくなつ, 見つかりました, 見る月夜, 親父は, 遊びくらした, 遊びしれ, 運動を, 遠く佐渡, 避難者の, 醉ふ, 釣つた二月も, 釣れました, 鍛えた真黒, 闇の, 陸地つづきは, 陸地は, 陸続きは, 難儀を, 難破し, 難船した, 難船に, 青年が, 飛びはねたお前, 食べるもの, 魚が, 鱚を, 鶴代の, 黄金の

▼ 海~ (198, 1.1%)

3 の方 2 がお, が訊ねる, どのう, の名, の幅, はその, はますます, は平気

1 [179件] おぬ, が, があばれおる, がきっぱり, がこちら, がこれ, がどんな, がなだめ, がわざとらしく, がホッ, が上方米, が六十, が家人, が幇間, が数艘, が松浦屋, が焦ら立たし, が焼け, が男, が組ん, が長崎屋, こたえたか, さえ加わっ, さえ同じ, そのわけ, その人, だか, だとか, ではわし, で茶屋, というの, という人, という海産商人, といっ, とどこ, とは言わば, と心, と申せ, と聴い, と腹, と逢っ, と長崎屋, どうやら江戸指折り, どの, どの長崎屋どの, に, にきまっ, にすがりつき, にすぐ, につかみかかる, にどうしても, にハメ, に先ばしり, に噛みつい, に噛みつくであろう, に対してどんなに, に対する反抗心, に献, に苦しい, に言え, に逢い, の, のあるじ, のいのち, のさも, の一座, の主人, の主人与平, の仮, の仲間, の住居, の前, の声, の大, の屋形, の屋敷うち, の席, の店, の店前, の御, の悠々, の悪, の懸, の指先, の旦那さま, の本店, の栄達, の極上, の畜生, の皮肉, の目つき, の笑顔, の系統, の老い, の袖, の見世, の詐略, の赤んぼう, の赤ん坊, の赭ら顔, の間近, の顔, の馴染, の高弟, はあからめ, はあの, はいくら, はいっ, はうなずい, はさも, はするどい, はたま, はてかてか, はとりすがる, はどう, はカラカラ, はガクガク, はセカセカ, は今夜, は口, は大きく, は奥歯, は妻女, は寝巻, は屹, は幸い, は当時, は得意満面, は思い, は怨み, は恐怖, は恬然, は手鉤, は押し止め, は持ち合せた, は日ごろ, は旭, は昔, は歯牙, は相, は真赤, は答えず, は答える, は粋, は緊張, は考え込み, は腕, は苦, は軽く, は長崎屋, は闇, は飛びし, は首, ばかりを身贔屓, へ返そう, ほしゅうは, ほどのもの, ほどの狡猾, まではかなり, もいつも, も損得, も目前, も聴きつけ, よりもまず, よりも一あし先, わが一人むすこ, をどこ, をのぞい, をみつめ, を一目, を乗り越そう乗り越そう, を押しへだてる, を殺れなかった, を焼く, を目, を睨めつづけた, を謀師, 焼け残り, 見ろお

▼ 海には~ (177, 1.0%)

10 波が 5 いって 4 いつて 2 いると, ひる, もう二元, 海の, 白帆の, 船舶が, 薔薇のり, 違いない, 難破船の

1 [140件] ありません, いつのまにかこんなにも多数, いつも多く, いねえ魚, いらうと, いる, いるとき, いるねえ, いるよう, うす白く光る, うねりも, かもめが, このよう, この数日来, これ以上の, すでに部落, ずいぶん大きな, その部落, それ以前の, そんな邪魔物, つがいの, どす黒い生きた, ひつた, ひつたり, ひとつの, ひるやう, ほとんど毎日, また油, まだ俺, まだ大きな, よく馴れ, イワシ船が, カガシとは, ノルーウェーの, フランス船の, 一つの, 一万四千メートルから, 一艘の, 一里ばかり, 一面に, 九十九島が, 予想せられる, 二三メートルからの, 五ツすぎ, 今時珍らしく, 何にも, 何處にでも, 信天翁の, 信夫翁の, 僕等の, 充分慣れ, 先だつて, 入つたやう, 入りは, 八十吉に, 出でず, 劣らざるべし, 十二艘の, 名の, 唐船が, 執心の, 夏が, 外には, 大きな波, 大きな滑, 女が, 始終出, 屍の, 山陰山陽五畿東山の, 島を, 帆が, 彼らの, 悪擦れする, 情けも, 揺りうごく水, 文典が, 昔から, 昔村山臥龍先生といふ, 星一つ, 曙色が, 格別の, 樣, 水が, 水柱が, 汐の, 汽船陸には, 海だけに, 海兵団の, 海嘯が, 海草が, 海賊の, 涼風泳ぐ, 渤海の, 港口を, 溢れるという, 漁船の, 漣一つ起たぬ, 潮干狩の, 濃き藍, 燐光が, 犬吠が, 玉が, 甘水が, 當時に, 白い波, 白帆が, 砕ける白浪, 穏かな, 突然颶風, 立派な導き, 竜という, 紅い花, 縁の, 自信が, 自由で, 色々の, 苦労を, 落ちなかった, 見えたれど, 見えません, 見張, 見飽きた眼, 親しんだ, 赤い光, 遊船は, 遠いです, 鋼鉄が, 雲が, 靄が, 青い波, 青く装える, 馴れて, 高麗丸, 魔境と, 魚が, 魚介が, 鮫の, 鴎だの, 黒く夕闇, 龍涎香と

▼ 海~ (111, 0.6%)

13 の發光物質 6 の發光 5 の體 4 の研究, を採集 3 が發光, の採集, の發光力 2 が澤山, にでも中, の介殼, は全く, は發光, を實驗, を研究

1 [56件] が二三時間, が再び, が冬, が最, が死んでしまつたら, が波, が集ま, とはいふ, と一所, と言つて, には日光, に取りつかれたら, の, の一番, の乾燥, の二つ, の嗅覺, の實驗材料, の形態, の最, の發光作用, の習性, の話, の餌, の體丈けが殘, はこの, はその, は一二時間位, は九州, は乾かない, は二對, は介類, は動物學者, は四五時間, は大きい, は思ひ, は採集, は日光, は日本, は明治二十四年, は決して, は海水, は濕氣, は發光物質, は肉食動物, は臭, は酸素, は餘, よりも小さい, を乳鉢, を乾燥, を保存, を大, を海水, を潰し, を集める

▼ 海~ (105, 0.6%)

3 おきの, 佐渡に, 山に, 山へ, 森や, 空を 2 その上, まの, 別れた人達, 小さな流れ, 山や, 川が, 沖の, 湖水や

1 [71件] この驚異的, たえて, なぎさが, はるかな, ほたて, 人家などの, 凪ぐし, 利根川とか, 北海の, 印度洋の, 去年の, 夏の, 多摩川の, 天の橋立ゆほ, 山が, 山によ, 山の, 山は, 山よりは, 山を, 岡を, 島々の, 島の, 島や, 川に, 川にて, 数え切れない程, 旅愁が, 未踏の, 本來, 松原が, 松林の, 森は, 森林に, 池や, 河の, 河は, 河を, 波その, 涯し知られ, 淡路の, 淡路のみ, 渋谷青山の, 港や, 港を, 湖や, 潮音の, 灰色の, 町が, 町の, 白帆に, 砂山や, 空が, 空や, 空三瘰癧の, 船着場の, 見ゆる新島三宅島大島嶺, 谷底を, 赤い鎌, 赭土の, 走水の, 連山に, 遠い処, 野天の, 関の, 陸の, 陸や, 陸地を, 雲や, 雲を, 青野の

▼ 海蔵さん~ (77, 0.4%)

4 がいいました 2 の顔, はいいました, はじ, は水, は眼

1 [63件] が, がとまった, がまんじゅう笠, がもちかけました, が人力, が人力車, が村, が言いました, が話しました, が門, でありました, にもうれしい, のあと, のし, のしのこした, の心, の胸, はいつも, はお, はからの人力車, はこの, はこんな, はしばらく, はしんた, はせんだって利助さん, はそう, はその, はそれ, はつぶやきました, はとむね, ははっきり, はふうッ, はまた, はもう, は人々, は今, は利助さん, は半田, は右手, は喜びました, は帰っ, は年, は思いがけない, は思いました, は昨日, は村, は枕もと, は椿, は汲ん, は海, は牛車, は腰, は腹, は苦し, は藪, は誰, は起きあがっ, は顔, もがまん, もまたそうでした, もまんじゅう笠, も椿, よりさき

▼ 海~ (73, 0.4%)

4 の町 3 に立ち 2 に出

1 [64件] から山越し, その水, で, であるが, ではどこ, でふじ子, で化粧, で暮し, とを丘陵, にある黄ばんだ, にいまし, にきたれ, にてよま, にて荷, にでも出かけよう, にとど, にのこつ, にひとり, に似, に出で, に出る, に切迫, に打ちあげ, に散歩, に暮し, に添うた, に漂つて, に立ちならべり, に進み, のお, のおく, のこの, の乙女, の住民, の別, の唯, の墓, の小さい, の崖上, の方, の旅舍, の村落, の沼地, の波, の波打際, の波限, の波際, の漁夫, の生活, の石, の砂, の空氣, の親類, の述懷, の風, の黒猫, は急激, へ下りる, へ飛び, や高, よりも大和, をわたらせた, ヲ歩イテヰルト, 漸く多事

▼ 海では~ (67, 0.4%)

5 ない 2 なくて, 一つの, 二尋ばかりの, 別に珍しい, 大抵の, 潮の, 風の

1 [48件] あの星, ありませんが, ありませんけれど, あるが, うっかり泳げません, おりおり取れる大きな, さは, さんま鰹鯖といった, すべての, そと, それぞれの, それに, それも, とても助かりっ, どういう障碍, ないか, ないが, ないの, ないよ, なかつたか, なく天然林, なく太平洋, よくある程度の, 一番大きな, 五つ六つの, 兵船も, 十尋から, 地球の, 大謀網という, 大鯛釣, 天気の, 太陽が, 尋常茶飯事である, 干潟で, 引潮の, 敵いません, 有りますけれども, 水戸と, 水雷艇の, 波も, 海軍の, 漁を, 無い, 私又, 絶対と, 船を, 魚よりも, 鮎と

▼ 海まで~ (60, 0.3%)

6 連れて 4 運んで 2 持って, 来て, 続いて, 自動車が, 行って, 走る事

1 [38件] えならぬ香氣, それが, はこぶん, 一丁と, 五六百キロの, 何やら霧, 出て, 出る路, 来ますと, 水路を, 注いで, 泳ぎに, 流されは, 流されるだばか, 流れいって, 生きて, 百メートルの, 私と, 突きぬけた, 続いてる水, 續く, 舁き下, 荒し廻って, 落ち込もうと, 行けさ, 行つ, 見える, 送って, 送りとどけて, 送りとどけなければと, 送りとどける役目, 進出し, 運ばないという, 運ぶやう, 運べさ, 降りて, 響いて, 飲み干さうと

▼ 海にも~ (58, 0.3%)

2 好きで, 山にも, 川にも, 棲んで

1 [50件] あらゆる人間, いるさ, いるの, およがれるよろこびという, ぐつたりしてばらばらに, ひびき剣山, ひびけとばかりひろがっていった, また沿海州, また海岸, まだ血腥い, よく往, ミゾレが, 三つか, 二三度落ちる, 似たり, 似て, 似る, 住めなかった, 出て, 千数百艘の, 厄する, 団々, 国語大, 変わったこと, 夕日が, 広く棲ん, 影を, 思ひ知る, 持って, 日本開化小史にも, 春らしい, 決して少い, 浜にも, 海図という, 潮の, 濃き藍, 産する, 目を, 空にも, 立派な, 親しい, 譬へよ, 路傍の, 近く湧く, 陸にも, 隅が, 雪が, 青い色, 餓ゑてゐた, 鰐が

▼ 海~ (58, 0.3%)

2 のこの, の甲羅, の群れ, の背

1 [50件] か獺, があ, がおそろしい, がぞろぞろ, がはっ, がまた続々, が一匹浮き, が泳い, が浪, が船中, さながらの, だろう, だろうと, であること, ではあるまい, とインド鰐, などは別, などを飼えよう, なんぞもともと, にやる, に似, に似た, に助けられた, に噛まれ, に変じた, に姿, に襲われる, のおかげ, の出, の脂, の重量, の頭, はその後, はどう, はもっぱら, は何貫目, は僅か, は現に沢山, は蝦, も豚, やあお海亀, やロック鳥, や沙魚, よりも上手, をもらう, をも飼いたく, をモリ, を使うた, を助け, を見あやまっ

▼ 海より~ (55, 0.3%)

2 出づ, 出で, 吹き起り

1 [49件] いでて, ここに, さびしくする, ただちに高く, のぼりくる日向, みゆるよそ, トド上る, 上り來て, 出し初鰹, 出た珍物, 南米に, 吹く軟風, 吹く風, 天の, 小は, 小舟泛かべて, 少し高い, 山の, 山よりも, 広き大野, 引きて, 強く, 得たちゅう物を, 打ち上げら, 望めば, 来しと, 来り寄, 来るか, 歸らずして, 毛髪は, 氣味が, 海に, 海へと, 深き, 深し, 深し山, 溯り榎, 煙る, 牡馬出, 獲し事, 玄海ニ出ルアリ, 現じた, 聞ゆる, 襲い来らしむべし, 詣するもの六万八千六百八十九人, 近くに, 退きけり, 遠からぬ, 陸に

▼ 海との~ (48, 0.3%)

8 間に 2 縁が, 間には

1 [36件] あなたに, あひだ, かぎりない, この焦点, たゆたいに, なかだ, 両方より, 中間に, 二十七関とても, 作業は, 和親は, 境は, 境界さえ, 大円盤, 大爭鬪, 大観を, 幾部分が, 彼方から, 月を, 水あさ, 深みから, 為に, 無限の, 燻し銀, 狭い間, 相剋が, 眺ある, 見ゆるに, 親不知, 通路を, 間を, 霾然たる, 類似が, 風が, 風光は, 鮮明な

▼ 海~ (47, 0.3%)

2 の水, の神, を通過

1 [41件] から内ら, から渤海灣, が見える, この海峽二, で一人, で命, で少し, で投身自殺, で遇いました, にまで及んだ, にクラカトア, に入り, に叫喚, に押し出し, に開い, に面した, に面する, の, の左右兩岸, の幅僅, の波, の濱邊, の藻屑, の附近, の霧, は全く, をずつと東, をもいつしか, を出, を出ん, を向いた, を埋め, を後, を掘つ, を渡つて, を渡つて來, を渡つて洲本, を背景, を越え, を通り過ぎた, を隔て

▼ 海~ (46, 0.2%)

4 という 3 と, よ 2 が甚八, ね

1 [32件] からです, からね, から台湾, から海辺, から米友, か判らない, か天竺, か空, が一方, が何處, が俺ぢ, けれどもわたし, つていい, つてこの, で, といえ, といふ, とは受け取り, と云っ, と直覚, な, なあ, べがど, ほら, ものどんな, ものな, よああ, よいつもいつも, よだけれども, 大規模, 早速大野田家, 河では

▼ 海~ (45, 0.2%)

3 の町 2 に於ける, の療養院

1 [38件] でお, で屡, といふ, などに惠まれ, にあり, にありし, にいたる, にも人家, にゆきこ, に住み, に寄りました, に居, に棲む, に流れ寄る, に立ち, に置きたる, に臨んだ, に見出し, に赤い, の一高地, の全局, の其處此處, の別, の埠頭, の宿, の旅館, の早春, の村, の漁夫, の赤き, の風, へでも行つて, より淨火, より登り, らしい, を去り, を指し, を豫想

▼ 海~ (44, 0.2%)

3 の中 2 に包まれた, の深い, はふたたび

1 [35件] あり船徐行, があった, がキラキラ, が一面, が丸う, が乳色, が匍, が寒, が扉, が根室, が流れ, が磯, が立ちこめ, が遁, でもだいたい, と波, につつまれ, にとざされた, に苦しみ, に蔵, に閉ざされ, の夜, の彼方, の研究, の霽, の騎行, はまた, は暗, ばかり, も晴れ間, や其他, を何とか, を析出, を破っ, を突破っ

▼ 海さん~ (43, 0.2%)

3 の方 2 のお家

1 [38件] お見, が是非食事, この家, こんな狭くるしい, では, という先生, といふ大徳, と云っ, と按吉, なぞは華族, にも先日, によろしくそう, に訊いた, のいらしった時, の先輩, の所, の気持, はまだ, は坊主, は巴里密航, は必ず, は怒り, は意気悄沈, は痩せ衰え, は突然, は素性, は菓物, は落ちつい, は貧乏, は貯金, へい, へ往, まで往, もおいで, も按吉, を引きつれ, を納得, を見くびっ

▼ 海よりも~ (42, 0.2%)

3 深く山 2 山の, 深い

1 [35件] あたたかい, おほく, かすかな, ずっと綺麗, なお広い, ひろくあたかも, もつと, より深く, 三陸の, 大きい, 山だ, 山に, 山を, 山樹よりも, 平野が, 広い安心, 広く千里, 時には七月はじめ, 深いから, 深い恩愛, 深い憐憫, 深きは, 深き万分の一ツ, 深き御, 深けれども, 深しと, 深しなんて, 貴かった, 遙に, 遥かに, 鉛色の, 青い空, 高きを, 高く山, 黒き島見え松

▼ 海~ (42, 0.2%)

3 の上 2 を漕ぎ, を隔て

1 [35件] かきみだす颶風, が悲愁, が渺茫, が磯, であり一船これ, に, にこだま, にほのぼの, に映じ, に浴, に金蛇, のあ, のうねり, のかなた, の中, の哮り, の奇觀, の威す, の果て, の沖, の縞, の起伏, の間, の鳴, は最後, を, をせきとめる, を切つて, を漕ぎき, を漕ぎきっ, を照, を飛び越え, 暗くし, 熨するが, 高かれとばかりに

▼ 海という~ (41, 0.2%)

6 ものを 5 ものは 4 ものが 2 のだ, のは, 海が

1 [20件] ことは, ところは, もの, ものの, ような, 二十六歳の, 六尺豊かの, 共通点を, 名の, 名前第, 意に, 感じである, 海を, 深い色, 男は, 者の, 肉体だった, 自由な, 部落が, 部落は

▼ 海でも~ (37, 0.2%)

3 見て 2

1 [32件] ありさうな, おだやかに, その美し, とれる, ない, なく陸, アネサン島の, カムサツカだ, 使ひ, 僕が, 凌げる事, 判然と, 塩っ, 女房が, 小物でも, 山でも, 川でも, 或いは同じ, 泳いで, 溶けないの, 滅茶苦茶に, 無風無, 燃えて, 育つそう, 若し日, 苦しめるの, 辞林でも, 近かつ, 都會でも, 陸でも, 隣村の, 魚は

▼ 海~ (36, 0.2%)

7 は言った 3 はその 2 が言った, はそこ, はそれ

1 [20件] がそれ, がどうして, が来た, と別れた, の両親, の笑声, の袖, の言う, はしっかと, は中, は仙人, は仰向い, は怒っ, は文鎮, は笑っ, は蒲台, は針, は駭, は驚い, もすすり泣き

▼ 海~ (31, 0.2%)

3 なること

1 [28件] がまだ, が広く, が松前, だという, だろうと, であった, であったとしても, である, とただ二人, と名乗っ, と類似, などが何れ, なの, に伝授, に逢い, の仙人, の信仰, の場合, の常陸, の長命, はただ, は主従, は後, は死せず, を悪党, を煩わし, を祀る, 同様であった

▼ 海子爵~ (30, 0.2%)

2 の処

1 [28件] から手紙, が他人, が物珍, なんぞは最初実家, に御, の家, の御, の意見, の許, の邸内, は丁寧, は世事, は主人, は今日, は当日, は意外, は招待, は新しき, は深く, は結句, は蠅, は近日何, は食物研究, も中川, も大原君, も手, も発起人, も閉口

▼ 海とは~ (28, 0.2%)

2 反対の, 違うと, 食事を

1 [22件] いうけれども, いえかなり, いへど, おのも, この事, なんと違っ, まるで違つて, 云うものの, 今で, 余りにも, 全然違った, 同じだ, 思えない, 昔より, 最前より, 登れば, 縁が, 色彩感覚特性等から, 見えなかった, 言うの, 違つて泥水で, 関係が

▼ 海~ (28, 0.2%)

6 たに 5 たへ, たまで 4 たの 2 たを 1 しょうの, たで十数人, たで風, たへお, たへお出かけに, たへ大小さまざまの

▼ 海~ (27, 0.1%)

1 [27件] がさす, が満ち, けむるかなた, その爲め, ただちに潜り行く, とその, に濡れるであろう, に脚, に舷, の去来, の如く迫り来る, の寄せた, の干満整然, の張る, の彼方, の氣, の浸入, の湧きつ流れつ鳴るごとく, の漲, の激音, はよい, はグリーンランド, は殆ど平常, へ漕ぎ入れた, を乗り越え, を甲板上, 早キコト矢

▼ 海とを~ (25, 0.1%)

1 [25件] うながして, ながめながら, ながめ右, ながめ渡して, なでて, 交る, 余す所, 劃して, 包む香ばしい, 地獄の, 左右に, 征服し, 心の, 手で, 掩うていた, 掩うてゐた, 掩ふた, 照らして, 眺める, 縞目に, 縱横に, 聴衆に, 見比べる積り, 見降しながら, 領した

▼ 海近い~ (25, 0.1%)

2 ような, 村の, 松林の, 田舎から

1 [17件] ことを, 井戸で, 備中の, 南の, 土地に, 姑蘇から, 山あいの, 山でも, 故郷を, 村に, 河の, 河口に, 焼津から, 砂地に, 空気の, 街の, 農民の

▼ 海へは~ (24, 0.1%)

3 ひつて 2 いつて, 散歩に

1 [17件] いるたび, いるつていふ, いるには, ごく近い, ひつた, ひらうか, ひらないお前, ひること, ひると, ふり込むと, 何町ばかり, 入らじ, 入れなかつたよ, 出ないと, 度々行った, 毎日来よう, 遠かった

▼ 海べの~ (24, 0.1%)

2 岩蔭に, 村が

1 [20件] ほうで, ほうへ, ほうを, 変わり者の, 大きな寺, 子じゃな, 屋戸に, 心覚えの, 方へ, 旅館に, 旅館や, 村でも, 村は, 棕櫚はさ, 波の, 砂州と, 砂州に, 草っ, 軍船を, 頼りない

▼ 海ほおずき~ (22, 0.1%)

2 のこと, をおくんなさい, を買っ

1 [16件] がたくさん, がぬれ, ですよ, とお父さんたち, と松, のはいっ, の一, はもうこ, は蛙, や松の木, よきれい, を売る, を珍し, を目, を買い, を買う

▼ 海ばかり~ (21, 0.1%)

5 見て 3 だ, 眺めて 1 だった, だつた, だという, つづくと, であった, では, 動きます耳, 帯びて, 見つけた眼, 見ないで

▼ 海~ (21, 0.1%)

4 をば喜び 2 と山幸, の物語, をお

1 [11件] の兄弟, もおの, も自分, をば喜ん, をば歓び, をば謝, をよろこび, をよろこん, をブツブツ, を守る, を打ち上げた

▼ 海音如来~ (21, 0.1%)

7 のお守 4 の御 2 のお 1 そっと懐中, という大切, と思いの外, などを盗まれた, の像, の尊像, の立像, の金無垢

▼ 海~ (20, 0.1%)

2 の方角

1 [18件] だから, にあった, にココ椰子, に住み, に出, に横たわっ, に行っ, のあき茶屋, の住吉神社, の平, の広, の朝, の駅, へ出, へ行っ, へ行つて, まで弘, も思った

▼ 海近く~ (20, 0.1%)

2 まで田

1 [18件] そこでも, て波, などにもある, なるが, にでも住ん, には緑, に生まれ, の村, の村里, の濃い, の里, また八郎湖, まで行, みゆ, 棲んで, 育ちて, 育って, 青い空

▼ 海北友松~ (19, 0.1%)

2 の画

1 [17件] という画人, に学び, に師事, に素懐, に習つた, の, の牡丹絵, の特別展覧会, の遺族, はぽつねんと, は根, は江州堅田, もそれぞれ, も長谷川等伯, や狩野, らしい, を交え

▼ 海~ (19, 0.1%)

1 [19件] から少し, があばれ, という, とか船, にくれ, について自分, にもう一度, に持たし, のうつくしい, のこと, のよう, の仕業, の姿, の形, の正体, の謎, は, を信ずる, 即ち君等

▼ 海~ (19, 0.1%)

10 の音 3 のよう 1 が一, が風雨, そぞろ別れ, とともに今, の鐘, は下

▼ 海~ (18, 0.1%)

2 山へ

1 [16件] けじめも, それともまた, ちょちょっと, はたダイアモンド, わかりませぬ清らか, 密雲に対する, 山に, 川かへ, 沙漠なら, 河か, 沼に, 湖か, 知らんと, 野へでも, 陸か, 雨かの

▼ 海ぞい~ (18, 0.1%)

2 の黍畑

1 [16件] に土佐街道, に室戸岬, に生えそろった, に立て連ねた, のクルディ僧ら, の大きな, の家, の宿屋, の小さな, の崖, の村, の牧, の窓ぎわ, の部落バルテレイル, を小さく, を貝魚

▼ 海べに~ (18, 0.1%)

1 [18件] あった, いて, いる鶴, うずくまった, おりて, 下り立つて, 出て, 利家の, 幾夜か, 映つて, 来て, 淋しきキリスト, 立って, 聖母受胎の, 行きたり, 近く生い立った, 追い立てた, 野営地を

▼ 海~ (18, 0.1%)

3 の方

1 [15件] から溯っ, で封鎖, ともいふ, などへ防柵, にも近く, に到着, に迎えました, の戦, の税関, へ向, へ捨て, へ着くやい, まで来, を出, を赤岸港

▼ 海彼岸~ (18, 0.1%)

15 の文学 1 に在る, の伝説, の詩人

▼ 海からの~ (17, 0.1%)

2 風の, 風六年間居馴染んだ

1 [13件] ぼつて, 反射が, 反射光線が, 吹雪が, 夜風に, 客も, 微風が, 潮風も, 誘惑は, 通信を, 風が, 風に, 風も

▼ 海といふ~ (17, 0.1%)

3 ものは 2 低き世界, 大きい恋人, 大きい戀人 1 ほのかふくれ, ものである, ものに, ものを, 晴れが, 海, 角力と, 風の

▼ 海入道~ (17, 0.1%)

2 はそれ

1 [15件] という牢固, となり, と似た, と号する, になる, にふりかかっ, のほう, のみであった, の天下, の暴状, の狂暴, も閉口, よりひがん, より数段下, より物わかり

▼ 海行か~ (16, 0.1%)

6 ば水 5 ば, ば水漬く

▼ 海屋さん~ (15, 0.1%)

4 おぬ

1 [11件] から, が今宵, この長崎屋, ともいつ, と不思議, と同業, の見世, はどこ, も更けたなら, よりわし, 折角そ

▼ 海晏寺~ (15, 0.1%)

9 の前 1 なるは, に岩倉具視, のもみじ, や滝の川, より程遠から, 今や楓

▼ 海~ (15, 0.1%)

1 [15件] がある, であって, である, と申しまし, なるが, にある, に出, に大, に着かぬ, の荒野原, の間, より, より方向, より金海, を迂

▼ 海~ (15, 0.1%)

1 [15件] が住み, が混じっ, であろうが, で細長い, などはなおさら, ならば, には較べ, に乏しく, のやう, の刺身, の味, の形, の新, の王者, は潮汐

▼ 海だった~ (14, 0.1%)

2 のだ

1 [12件] からである, がすでに, が埋立, そうです, ということ, ので, のでこの, のです, ので見, 処が, 所を, 証左の

▼ 海~ (14, 0.1%)

5 んだ 2 のです 1 のだ, ので, のでいつ, のでしょう, のでまるで, のに, のよ

▼ 海へでも~ (14, 0.1%)

2 飛込んで

1 [12件] ほうったの, ほかして, ゆこうかしら, 入って, 入りたいな, 投げ込むつもり, 行って, 身を, 追い出して, 遊びに, 飛びこむと, 飛び込んだかも

▼ 海へと~ (14, 0.1%)

1 [14件] その覇力, でかけたら, とびこんで, はてしも, ひかれて, 下りけるかも, 列なって, 宵の, 思うもの, 渡つて行く, 落ち込んで, 逆巻きて, 靜寂の, 飛び込みます

▼ 海への~ (14, 0.1%)

2 あこがれは

1 [12件] おくりもの, ノスタルジイよりも, 出端も, 執着が, 展望が, 憧れは, 憧憬に, 旅行者が, 沈潜を, 郷愁から, 長旅に, 降り口を

▼ 海援隊~ (14, 0.1%)

2 の者

1 [12件] が建てた, でした, で開拓, の人, の人数, の名, の名義, の積立金, の船, の隊長, へ入れ, へ這入

▼ 海釣り~ (14, 0.1%)

1 [14件] からの帰り路, から帰る, にも誘った, に深い, の地点, の外道, の帰り, の帰り路, の見物, はまだ, はよく, や磯, よりも淡水, をし

▼ 海からは~ (13, 0.1%)

1 [13件] すこしは, どうしても日本, なれた温泉地, なれて, ひつて, よほど遠い, インドシナに, パスポートなし, 少からず, 涼しい風, 絶えず沢山, 荒浪が, 黄色い波

▼ 海~ (13, 0.1%)

2 こに, このマクロフィスティス群, ひの 1 かかるて, かし, こふかく, そこの, わが墓, わが戀, 荒れたれ目

▼ 海です~ (13, 0.1%)

2

1 [11件] あんな大きな泉水, から, からなかなか, からね, からね魚類, から絶えず, って, ね, ねそう, よ, 実に涼しい

▼ 海へも~ (12, 0.1%)

1 [12件] 乗り廻して, 出られないで, 山へも, 来ないぞ, 泳いで, 落さずよく, 行かない伯母, 行かれない曇り日, 行かれなくな, 遠くは, 附かず河, 雨が

▼ 海~ (12, 0.1%)

1 [12件] から出た, にはその, には稍おん, に彼, に現存, に生れ, に遊んだ, のこと, の住民, の漁家, の神人, を二三日遊び

▼ 海~ (12, 0.1%)

1 [12件] などの氏, なので, に教, のは少し, の顔, は何処, は少し, は帽子, は掛り, は日本, は言, も世間並

▼ 海~ (12, 0.1%)

2 第二 1 に浜, に達し, の上, の景色, は天然, よりさかのぼる, を抱き, を挟み, を越え, 遠く内地

▼ 海をも~ (11, 0.1%)

1 [11件] おそれては, せまくとじこめ, てらして, ひとりさびしく, 山をも, 染めて, 滅ぼすだろう, 見なむ, 見捨てた, 近く望ん, 通らなければ

▼ 海ン中~ (11, 0.1%)

2 だの山奥, へ放り込まれる, へ放り込ん 1 に, へ叩き込まれたい, へ叩き込まれる, へ叩き込ん, へ放り込む

▼ 海~ (11, 0.1%)

1 [11件] から東煙台, が官選, で病気, というところ, のやつ, の北門外, の城外, の宿舎, の来る, ほど凸凹, を占領

▼ 海~ (11, 0.1%)

1 [11件] に伴い, に到り, に去りし, に留まる, に赴き, に赴く, の壮麗, の段, の神女之, より出, より携え来りたる

▼ 海~ (11, 0.1%)

1 [11件] が展けた, が残り, が泣い, が泣きわび, である, に, にたつ, の気分, は消え, を盛り, を眺め暮し

▼ 海語部~ (11, 0.1%)

2 の外 1 が諸国, である, としての部分, と言, の後, の手, の物語, の行うた, は後

▼ 海からも~ (10, 0.1%)

2 洋々と 1 またやって来た, また山, 発砲し, 空からも, 西の, 誘なわれず, 遠くから, 陸からも

▼ 海である~ (10, 0.1%)

1 からことに, がその, それより, ため随分, だけで, だけにトム公, とするなら, のが, より平野, 悲しさ

▼ 海とか~ (10, 0.1%)

2 空とか 1 云うもの, 山と, 山とか, 山とかいう, 川とかいう, 東京とか, 空は, 釣りなど

▼ 海なら~ (10, 0.1%)

1 どんな荒浪, ね正しく, ばたた, ばたとえ, ば岬, ば知らぬ, よかろいとし殿御, よかろ朝鮮船, 佃からでも, 海河なら

▼ 海一面~ (10, 0.1%)

1 があわだち, が貝, に拡がった, に擴げた, に真白, に角立っ, に高く, に鮮血, の反射, を大

▼ 海後磋磯~ (10, 0.1%)

8 之介 1 之介様, 之助

▼ 海念坊~ (10, 0.1%)

2 が額, の甥, は不動堂, は講中 1 に三十両, に三十兩

▼ 海~ (10, 0.1%)

1 では弱, でもされ, にマルクス・アントニウス, に勝ち殺戮, に專ら行はる, に敗れ, に用, はこ, は午前二時三十分, ノ進退陣形

▼ 海~ (10, 0.1%)

2 の光鋩 1 がそれら, が層雲, で海底, のよう, の光, の光輝, の如く, は其邊

▼ 海~ (10, 0.1%)

2 の代り 1 から山祇, としての行事, に代る, に奉仕, の名代, の呪法, の呪詞, の娘たま

▼ 海~ (10, 0.1%)

1 でお, という此, の手紙, の書面, は又, は小さい, は硯箱, は縛られ, を穴, 驚きまして

▼ 海~ (9, 0.0%)

1 ばかりに波立つべし, へ凪げ, へ為, へ見, へ音, 投げられるなんて, 捨てるだ, 捨てる云, 見や

▼ 海~ (9, 0.0%)

1 ぱたの, もの平目の, 路にて, 路の, 辺で, 辺でも, 道, 道を, 道を通して

▼ 海とが~ (9, 0.0%)

2 口を 1 一重に, 依然と, 光線と, 沈默そのものに, 空に, 輝かされる, 離れたよう

▼ 海とも~ (9, 0.0%)

3 山とも 1 いひその, いわれるところ, ならねど, 海と, 知らず, 空とも

▼ 海ひょう~ (9, 0.0%)

1 がうらら, のさる, の皮, の群れ, の逃げ路, をとっ, をとらえた, を九人, を煮

▼ 海~ (9, 0.0%)

1 だった, だったの, だね, づたいに彼は, でした, ですが, で星ヶ浦, のすなの, 七浦の

▼ 海~ (9, 0.0%)

2 爾が 1 人は, 僕らの, 早くしずまれ, 早く静まれ, 海, 空よと, 開け

▼ 海~ (9, 0.0%)

1 に向, に記入, の作成, の面, をそこ, を使用, を押擴げ, を高橋ら, ヲ披キ太平洋ニ於ル我カ帝國

▼ 海土蔵~ (9, 0.0%)

1 が一人儲け, が江戸ッ児, だ海土, であろうと, としてあるで, と書い, に随喜渇仰, の人気, の弁慶

▼ 海寄り~ (9, 0.0%)

1 であるが, の地方, の小さな, の小料理屋, の岸, の平地, の平野, の斜面, の方

▼ 海~ (9, 0.0%)

5 の大 1 でも言い囃された, に大, のそら, の山路

▼ 海~ (9, 0.0%)

2 の神たち, も泣き涸らす 1 で禊ぎをしてゐる処, なら河, に祓, に落ち, の生贄

▼ 海泡石~ (9, 0.0%)

7 のパイプ 1 のこっち, の煙管

▼ 海潮音~ (9, 0.0%)

1 というか, と松風, に酔う, のやう, の欄, の響, は当時私達, をと, を聞く

▼ 海禪さん~ (9, 0.0%)

2 が此 1 お宅, が留守居, にまで瞞, に此方, の仰し, も証拠人, 其の坊主

▼ 海~ (9, 0.0%)

2 の彼方, の昂騰 1 の末, や, を塞き, を越え, 黒しは

▼ 海~ (9, 0.0%)

1 がかかった, に吃い去らるる, の夜釣り, の如く, の甘い, の蒲焼, は淺, や章魚, を焼い

▼ 海~ (9, 0.0%)

1 とは信天翁, なり, のひとり飛揚, の波頭, の船, の船尾, の風濤, の飛揚, を見

▼ 海龍倶楽部~ (9, 0.0%)

1 のメンバー, の一員, の会議, の副, の団員, の花形闘士, は表面, へ入りこむ, 副首領

▼ 海こそ~ (8, 0.0%)

2 人の, 彼の 1 かなしかりけれ, なけれ物, なけれ物さ, 遙か

▼ 海であった~ (8, 0.0%)

1 かまた, そうで, ところだ, とは云え, と観, のは, 土地を, 時代に

▼ 海凪ぎぬ~ (8, 0.0%)

4 朝ぼらけ潮もかな 2 陽炎の 1 満潮の, 滿潮の

▼ 海~ (8, 0.0%)

1 がコンブ, こそ吾ら, であって, である, ともまた, とも称えられ, はアラメ, をアラメ

▼ 海幸山幸~ (8, 0.0%)

3 の段 1 と浦島, にはめぐまれ, の一段, の物語, の神話

▼ 海盤車~ (8, 0.0%)

3 のよう 1 と思った, に襲いかかる, の化け物, の化物, の精虫

▼ 海盤車娘~ (8, 0.0%)

1 かネ, ってあんた, というやつ, の曲芸, の物語, の踊り, もたくさん, を御存知

▼ 海~ (8, 0.0%)

1 とはそこで, などは亀井貫一郎代議士, に申込んだ, の方, の顔, は又, は数, や陸相

▼ 海遠く~ (8, 0.0%)

4 入る日 1 わけへ, 淡路の, 潮鳴りの, 鳴る

▼ 海~ (8, 0.0%)

2 に據, に見え 1 にも山崎美成, に讓つて此, に載せ, の記

▼ 海~ (8, 0.0%)

1 で戦うた, にある, の公園, の林, の湯, の社頭, まで突抜け, 知れぬ遠く

▼ 海その~ (7, 0.0%)

1 ひとつひとつが, 一筋道を, 上で, 二方に, 名は, 水の, 眞ん中に

▼ 海そのもの~ (7, 0.0%)

1 でもあった, と離し, のなか, のよう, の界, までも別, よりも僕等

▼ 海なる~ (7, 0.0%)

1 が如く, その岩, をといえる, 哉, 底ひには, 海鳴, 義が

▼ 海までは~ (7, 0.0%)

1 あるだろう, かなりの, だいぶ道のり, まだなかなかある, まだよほど遠い, 一里ばかり, 七八間の

▼ 海~ (7, 0.0%)

4 中へ 2 なかへ 1 中で

▼ 海宮行~ (7, 0.0%)

1 のかの, の一段, の一節, の前後, の条, の神話, の説話

▼ 海~ (7, 0.0%)

2 より帰り 1 であり且つ, へ赴かん, へ赴きし, より帰り来れり, より戻り来りぬ

▼ 海~ (7, 0.0%)

1 だけはかえって, に声, のこと, のよく, は前夜, は始め, は静か

▼ 海~ (7, 0.0%)

2 である 1 か忽然と, でこしらえた, に, によりホカケズシ, に似

▼ 海後さん~ (7, 0.0%)

1 たらそんなに, だったなんて, に会えよう, の手, はここ, はこれ, まだよ

▼ 海~ (7, 0.0%)

1 からまとも, と二, の両, の二階屋, の方, はいか, より日

▼ 海~ (7, 0.0%)

1 との両, にある, における万国平和会議, に設置, に開かれ, の街, を夜半

▼ 海~ (7, 0.0%)

2 寺の, 寺へ 1 寺を, 寺本堂を, 暗闇の

▼ 海蜈蚣~ (7, 0.0%)

1 が住む, が棲む, すなわちゴカイ, と号, の事, の何物たる, また蜈蚣鯨

▼ 海越え~ (7, 0.0%)

21 てエチオピア, て故郷, て来よ, て渡来, て遠く紀州あたり

▼ 海~ (7, 0.0%)

1 つらつらあ, の二三羽, の群れ, よ, 光りめぐると, 光り列, 耀きの

▼ 海~ (7, 0.0%)

421

▼ 海ちかき~ (6, 0.0%)

2 岡の 1 下層の, 山あ, 真闇, 籬のけ

▼ 海づら~ (6, 0.0%)

1 はめずらしい, は乳, は水銀, は静か, ものどか, を星明り

▼ 海とに~ (6, 0.0%)

2 反響し 1 向って, 寄せた頃, 眼を, 面した高

▼ 海にばかり~ (6, 0.0%)

2 棲んで 1 いる若い, 来て, 浸つて, 生ずるが

▼ 海に対して~ (6, 0.0%)

1 きょうの, 報恩の, 変テコな, 我は, 無気味な, 碁を

▼ 海べり~ (6, 0.0%)

1 でありました, にテント, に集つて, の家, の閑静, へ出

▼ 海~ (6, 0.0%)

2 の道中 1 の山, の画驚目候, は河肥, を平

▼ 海~ (6, 0.0%)

1 のお, はこの, は塗炭, をなんと, を存分, を討たさせ申そう

▼ 海~ (6, 0.0%)

1 が人, の一種, は四肢, や海藻, や蝦蟆同様, を誤認

▼ 海砂利水魚~ (6, 0.0%)

3 の水行末 21 の水魚末

▼ 海緑色~ (6, 0.0%)

2 の瞳 1 のもの, のモロッコ皮, の畜群, の石盤瓦茸小塔

▼ 海~ (6, 0.0%)

1 がまた, の冷たい, の応接室, の流行色, は裏二階, をした

▼ 海~ (6, 0.0%)

1 には独創的, に志そう, に行, はあまり, は私, を知らなかつた

▼ 海~ (6, 0.0%)

3 の章 1 の長閑, は沖, やアビ鳥

▼ 海~ (6, 0.0%)

2 を志願 1 であつ, として雄雄しく, として飛び立つ, の若い

▼ 海~ (6, 0.0%)

1 とは近い, の卵子, は喜ん, を海, を知つて, を釣

▼ 海さえ~ (5, 0.0%)

1 予想し, 平穏なら, 知らぬ一郎, 見えぬほど, 見れば

▼ 海それ~ (5, 0.0%)

1 からまだ, は刑罰, は際涯, を平, を除いた

▼ 海だけは~ (5, 0.0%)

1 それでも變ら, ぼんやり白ん, 仏壇の, 信じなかった, 見渡す限り

▼ 海だろう~ (5, 0.0%)

21 か河, が山, と畑

▼ 海べへ~ (5, 0.0%)

3 出て 1 出よ, 行つたのである

▼ 海ほど~ (5, 0.0%)

1 不思議な, 山ほどの, 広大な, 手ごたえの, 高い波

▼ 海ぼたる~ (5, 0.0%)

1 だけがかご, というの, についてこんな, についてつぎ, はよく

▼ 海また~ (5, 0.0%)

1 ここに, 傾いて, 平らぎて, 湖へ, 赤し八景原なか

▼ 海ゆか~ (5, 0.0%)

3 ば水 1 ばみづく, ば水漬く

▼ 海一つ~ (5, 0.0%)

1 が隔て, はセーヌ河, へだてたフランス, 越えて, 隔てた此島

▼ 海先生~ (5, 0.0%)

2 実に頼もしい 1 が國民, に習っ, の所説

▼ 海及び~ (5, 0.0%)

2 その他の 1 山の, 海の, 船舶も

▼ 海~ (5, 0.0%)

1 で無い證據, といふこと, なり國威, には珍しい, に生れ

▼ 海~ (5, 0.0%)

1 に接し, に沿う, のある, のとっぱなに, の重い

▼ 海宮説話~ (5, 0.0%)

1 という, として, にし, は人間, を比較

▼ 海尊仙人~ (5, 0.0%)

1 が住ん, のごとき, の口碑, の奇蹟, を固く

▼ 海少年~ (5, 0.0%)

1 が工事用, だったの, とを一, はどう, は東京

▼ 海尼公~ (5, 0.0%)

1 が子, と法弟, の心配, もそういう, も後見

▼ 海~ (5, 0.0%)

1 に足, のすっかり, の上, の北, を越え

▼ 海~ (5, 0.0%)

1 では最近, なども汽車, にはまだ, の果, の磯

▼ 海東郡~ (5, 0.0%)

1 だの神守村, に住む, のあらまし, の蜂須賀村, の野

▼ 海沿~ (5, 0.0%)

3 ひの 1 ひに, ひは

▼ 海深く~ (5, 0.0%)

4 沈んで 1 潮あぶら

▼ 海~ (5, 0.0%)

1 に振舞った, に振舞われる, の世界, の大きな, の自由

▼ 海~ (5, 0.0%)

1 があつ, が羅列, に面し, の上, を望む

▼ 海狐小学校~ (5, 0.0%)

2 へ来 1 です, では一体, をその

▼ 海石榴市~ (5, 0.0%)

1 があつ, である, という, と称せられた, の説明

▼ 海禪坊主~ (5, 0.0%)

1 が疾, が見, の書いた, は好い, をぐる

▼ 海近き~ (5, 0.0%)

21 我が友, 河口に, 空氣の

▼ 海~ (5, 0.0%)

1 が喚ばれた, の刀自, の心づくし, は岡山紙屋町, は言

▼ 海~ (5, 0.0%)

1 が断崖, という奴, と言, の卵, の鳴

▼ 海あたり~ (4, 0.0%)

1 から来た, のよう, の雨, をながめ

▼ 海あり~ (4, 0.0%)

2 雲あり 1 冬景色あり, 温泉あり

▼ 海ぎわ~ (4, 0.0%)

1 に出, に夕日, まで低い, まで持っ

▼ 海こえ~ (4, 0.0%)

1 て, て夏, て燕雀, て行き

▼ 海じゃ~ (4, 0.0%)

2 ないん 1 あるまいし, アほかに

▼ 海つばめ~ (4, 0.0%)

1 の再び, の声, の鳴き声, はおりおり

▼ 海などは~ (4, 0.0%)

1 かつて小舟, ないも, 生きて, 色彩なく

▼ 海なんか~ (4, 0.0%)

1 おもしろくない, では, どうでも, 遠くて

▼ 海なんて~ (4, 0.0%)

1 この世に, ものは, 古物を, 見えやしないよ

▼ 海にな~ (4, 0.0%)

1 つてゐました, つてを, つて燃え落ちた, つて行つた

▼ 海にまで~ (4, 0.0%)

1 せり出して, そまって, 入らでは, 達した

▼ 海ばら~ (4, 0.0%)

1 での, の八方, へ返っ, もいつか

▼ 海べを~ (4, 0.0%)

1 くれば, したつて, 町の, 通ったり

▼ 海~ (4, 0.0%)

4 たるを

▼ 海ぼう~ (4, 0.0%)

2 ずの 1 ずなどと, ずみたい

▼ 海ゆく~ (4, 0.0%)

1 わかき夢, 孔雀船, 船に, 雨に

▼ 海らしい~ (4, 0.0%)

2 ものも 1 果てに, 静けさで

▼ 海をば~ (4, 0.0%)

2 藍碧色ならしめ 1 うらめしがっ, 我も

▼ 海一杯~ (4, 0.0%)

1 にきらめい, に日射し, に日本, を映した

▼ 海~ (4, 0.0%)

1 上蓬莱之, 中依, 浮雲下, 神木之

▼ 海仙氏~ (4, 0.0%)

1 であつ, とヱレベーター, もあ, も叱る

▼ 海~ (4, 0.0%)

1 には此, に拠れ, の一節, の賛

▼ 海伝い~ (4, 0.0%)

1 におびただしく, に入っ, に常陸, に浜の宮

▼ 海全体~ (4, 0.0%)

1 がチラ, が石鹸, に権利, を覆い尽し

▼ 海印三昧~ (4, 0.0%)

1 がこの, だがな, ということ, を開いた

▼ 海印寺~ (4, 0.0%)

1 から一里半, の蔵中, の辺, の鐘

▼ 海~ (4, 0.0%)

1 で天, は行け, を海豚, を過ぎ

▼ 海夫人~ (4, 0.0%)

1 がやっと, の許, は母, は高時

▼ 海寇撃退~ (4, 0.0%)

2 の功 1 の事件以前, の事實

▼ 海居士~ (4, 0.0%)

1 が儒家, と法諡, の批評, の評文

▼ 海屋長崎屋~ (4, 0.0%)

1 お互に, のお, の不思議, の毒々しい

▼ 海~ (4, 0.0%)

1 など余吾, のあたり, の辺, を越え

▼ 海~ (4, 0.0%)

1 なし下され, を乞, 下されたく候, 被下度

▼ 海~ (4, 0.0%)

4 の間

▼ 海~ (4, 0.0%)

1 を保有, を握, ヲ把握セント欲セハ優勢, ヲ確占スレハ十分我カ目的ヲ達スルコトヲ得ルヤ明ナリトス

▼ 海沿岸~ (4, 0.0%)

1 にいたる, に住む, に至る, の都市

▼ 海~ (4, 0.0%)

1 が次第に, で無限, 碧の, 等を

▼ 海~ (4, 0.0%)

1 の, の勇士, の蒼々浪々たる, を踏ん

▼ 海百合~ (4, 0.0%)

2 の椀 1 です, の類

▼ 海~ (4, 0.0%)

1 一千三十マイルなり, 三千十五マイルあり, 四千四百九十二マイルあり, 測驗器集説

▼ 海~ (4, 0.0%)

1 の来り, を操り, ヲ入, 乗らハ聞

▼ 海観光~ (4, 0.0%)

2 の一行 1 のとき, の途

▼ 海電燈~ (4, 0.0%)

1 の光パツ, の光閃, の閃光, をもつ

▼ 海鬼灯~ (4, 0.0%)

1 が出, はうれし, は木の葉, を木の葉

▼ 海あの~ (3, 0.0%)

2 家あの 1 自由な

▼ 海ある~ (3, 0.0%)

1 方に, 気勢, 空へ

▼ 海かと~ (3, 0.0%)

1 あやまたる, 怪しまれる中, 疑われる

▼ 海くらい~ (3, 0.0%)

1 だろうが, のが, 怒りを

▼ 海こそは~ (3, 0.0%)

1 一番の, 山ながら, 心平さんが

▼ 海しか~ (3, 0.0%)

2 見て 1 見ること

▼ 海だって~ (3, 0.0%)

1 まっ青, 奥さんその, 限りが

▼ 海って~ (3, 0.0%)

1 いいもん, こんなに大きな, どんなもの

▼ 海であろう~ (3, 0.0%)

1 か, と川, と思われる

▼ 海でなく~ (3, 0.0%)

1 て奥山, 海は, 湾であり

▼ 海として~ (3, 0.0%)

1 その美, 十八世紀以来世界の, 近づかない

▼ 海どの~ (3, 0.0%)

1 に御意, に騙かされ, は染衣薙髪

▼ 海なき~ (3, 0.0%)

1 ときは, 美濃の, 邑里では

▼ 海において~ (3, 0.0%)

1 殊にしみじみと, 発生した, 黄海の

▼ 海についての~ (3, 0.0%)

1 知識だけ, 経験は, 長い会話

▼ 海にて~ (3, 0.0%)

1 子の日の, 風に, 飯は

▼ 海によって~ (3, 0.0%)

1 行なわざるべからざる, 諸州の, 遮断せられ

▼ 海に対する~ (3, 0.0%)

1 あのやす, ような, 岸

▼ 海のうへを~ (3, 0.0%)

1 ゆくやう, 舟が, 走つて

▼ 海のみ~ (3, 0.0%)

2 なれ棹 1 では

▼ 海ばかりを~ (3, 0.0%)

1 廻って, 忘れ去ったかの, 見た

▼ 海ひょう狩り~ (3, 0.0%)

1 の壮快, の目的, の遠征

▼ 海までの~ (3, 0.0%)

1 草原の, 距離が, 長い旅行

▼ 海みたい~ (3, 0.0%)

1 なもの, な武蔵野, に平らか

▼ 海をわ~ (3, 0.0%)

3 たつて

▼ 海ん中~ (3, 0.0%)

1 にいる, に浮袋, の竜神さん

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 て私, 入リ, 在ル水母ヨリモ

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 出ルデス, 出ルト黒船ガ待ッテイルデス, 行クコトガ出来ナカッタヤッパリ日ニ焦

▼ 海一ぱい~ (3, 0.0%)

1 か, に当, に拡

▼ 海~ (3, 0.0%)

2 なんかご馳走 1 がゐました

▼ 海亡魂~ (3, 0.0%)

1 であろう, といい, の評判

▼ 海八十~ (3, 0.0%)

2 の湊 1 の島々

▼ 海千河千~ (3, 0.0%)

1 といった気, の気, の私

▼ 海千餘里至~ (3, 0.0%)

3 拘奴國

▼ 海吹け~ (3, 0.0%)

2 ば釣 1 は釣

▼ 海和尚~ (3, 0.0%)

2 の墓 1 と呼ぶ

▼ 海圖室~ (3, 0.0%)

1 の側, もある, を見

▼ 海~ (3, 0.0%)

2 の土 1 などを扱う

▼ 海土ちゃん~ (3, 0.0%)

1 とは違います, にも疵, に限った

▼ 海土蔵様~ (3, 0.0%)

2 もエラい 1 をエラ

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 のぼり, より低い, を塞き

▼ 海~ (3, 0.0%)

2 を浴 1 に溺れた

▼ 海屋主人~ (3, 0.0%)

1 からの招き, も大きく, をのぞく

▼ 海岱門~ (3, 0.0%)

1 と云, に詣で見, に詣で見る

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 には樹木鬱然, に生れた, の片田舎

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 にあこがれた, にいる, にゐる

▼ 海恕可~ (3, 0.0%)

3 被下候

▼ 海~ (3, 0.0%)

2 の旧 1 にけに川

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 が利かぬ, に別れ, へ送りこむ

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 が鯀, の生活, よ

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 じゃない, の成長, を割り

▼ 海~ (3, 0.0%)

2 に潮 1 へ潮

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 に沈み去る, に濡れ, の音

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 だという, の海上, もサッと

▼ 海游泳~ (3, 0.0%)

1 といふもの, の技巧, をする

▼ 海潮音氏~ (3, 0.0%)

1 が紙面, なども集まっ, は降りる

▼ 海知らぬ~ (3, 0.0%)

1 人々ぞ, 國荒山の, 止利が

▼ 海砂利水魚水魚末雲来末風来末食来~ (3, 0.0%)

3 寝るところ

▼ 海空軍~ (3, 0.0%)

1 がこの, の大西洋出動, やれい

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 一と, 一の, 三函等に

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 すなわち海棠, の号, の夕

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 の来り, を統, を自由

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 の中, や汐木, を踏ん

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 が咲き乱れ, の上, の花

▼ 海~ (3, 0.0%)

2 神之 1 の有

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 がのぞきで, のチモシイ, の天

▼ 海~ (3, 0.0%)

21 もぱつたりと息

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 という貝, と山蛤, や朱実

▼ 海西~ (3, 0.0%)

1 にボローニア市南, はレーノ河, は根戸川

▼ 海~ (3, 0.0%)

21 て来る

▼ 海見え~ (3, 0.0%)

2 て漁火 1 わたる

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 で言う, の様, を私

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 に來, の傳説, の祭典

▼ 海関税~ (3, 0.0%)

1 のため, の重き, を今後一か年間一割

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 と長閑, のよう, もない

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 にもこの, の住む, の吼

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 が喪章, とロッペン, と卵

▼ 海~ (3, 0.0%)

1 が揺られ揺られ, さえ飛ん, もいる

▼ 海あけぼの~ (2, 0.0%)

2

▼ 海あゝ~ (2, 0.0%)

1 カルデイアの, カルデヤの

▼ 海いつ~ (2, 0.0%)

1 ぱい, ぱいにひろがつてゐる軍艦に

▼ 海いま~ (2, 0.0%)

1 は観, 遠かた

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 の探求, 乗り出そうとは

▼ 海おとめ~ (2, 0.0%)

1 には涙, の身

▼ 海かも~ (2, 0.0%)

1 分らなかつたの, 知れませんけれど

▼ 海からでも~ (2, 0.0%)

1 來た, 湧出す

▼ 海がたり~ (2, 0.0%)

2 また磯

▼ 海ぎは~ (2, 0.0%)

1 の崖, へ下

▼ 海こなた~ (2, 0.0%)

2 にはわたる

▼ 海さんこれ~ (2, 0.0%)

1 は犢十頭, は私

▼ 海じゅう~ (2, 0.0%)

1 のあらゆる, の大きな

▼ 海そこ~ (2, 0.0%)

1 に, にくつきり人鍬

▼ 海そして~ (2, 0.0%)

1 四日目の, 富士山が

▼ 海ぞい道~ (2, 0.0%)

1 にバス, を駈けつけ

▼ 海だけ~ (2, 0.0%)

1 ですよ, 残った

▼ 海だけが~ (2, 0.0%)

1 特別だ, 生涯の

▼ 海だつた~ (2, 0.0%)

1 よ, ンだ

▼ 海だの~ (2, 0.0%)

1 星だの, 私の

▼ 海ちかい~ (2, 0.0%)

1 堀江だろう, 豌豆畑

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 ぱたにやっていきました, ぱたの

▼ 海つづき~ (2, 0.0%)

1 にすぎない, の青い

▼ 海つてもの~ (2, 0.0%)

1 は広い, は廣

▼ 海であり~ (2, 0.0%)

1 そこから, 北には

▼ 海でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ば経津主, ば聞けない

▼ 海での~ (2, 0.0%)

1 活動の, 鱈の

▼ 海とで~ (2, 0.0%)

1 それぞれに, 永い間競争

▼ 海とな~ (2, 0.0%)

1 しける, つてを

▼ 海なか~ (2, 0.0%)

1 に夕餐, に音

▼ 海などを~ (2, 0.0%)

1 さまよって, 含めた広義

▼ 海なりを~ (2, 0.0%)

1 みなぎらす, 行かれる途中

▼ 海にか~ (2, 0.0%)

1 くる, づく鳥

▼ 海にこそ~ (2, 0.0%)

1 入り給, 注ぎいでしか

▼ 海にしか~ (2, 0.0%)

1 ない貝, 棲まない鯊

▼ 海にぞ~ (2, 0.0%)

1 入る, 王は

▼ 海にでも~ (2, 0.0%)

1 居るよう, 近い河原

▼ 海にと~ (2, 0.0%)

1 つては, 闊達自由な

▼ 海に関する~ (2, 0.0%)

1 物語でありました, 物語に

▼ 海のうへ~ (2, 0.0%)

2 昨日の

▼ 海のうへに~ (2, 0.0%)

1 夏の, 朝日が

▼ 海のむ~ (2, 0.0%)

1 かふから, こうに

▼ 海はは~ (2, 0.0%)

1 ろけしここは, ろばろと

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 ょうしのしかばねが横たわった, ょうはびっくりぎょうてんして上を

▼ 海ひねもすのたりのたり~ (2, 0.0%)

2

▼ 海へばかり~ (2, 0.0%)

1 這入つて, 通つて游泳に

▼ 海ほどの~ (2, 0.0%)

2 激しい相違

▼ 海ほほ~ (2, 0.0%)

1 づきを, づき人魂

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 が罪亡, さすがに

▼ 海よし~ (2, 0.0%)

2 山よし

▼ 海よりか~ (2, 0.0%)

1 大空へ, 町の

▼ 海を以て~ (2, 0.0%)

1 しようか, 完全な

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 三方ヲ, 浸膏澤

▼ 海一帯~ (2, 0.0%)

1 であろう, はトロール船

▼ 海一帶~ (2, 0.0%)

1 に渉つて海上, は英佛艦隊

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 になり, は星月夜

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 のいない, のゐない

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 となっ, となり

▼ 海円い~ (2, 0.0%)

1 海円い, 空水平の

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 を暁, を識

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 のした, の女

▼ 海千餘里~ (2, 0.0%)

2 名曰瀚海

▼ 海千餘里至對馬國其大官曰卑狗~ (2, 0.0%)

2 副曰卑奴母離

▼ 海千餘里至末盧國有四千餘戸濱山海~ (2, 0.0%)

2 居草木茂盛

▼ 海即ち~ (2, 0.0%)

1 加羅國と, 雰囲気と

▼ 海又は~ (2, 0.0%)

1 川の, 遠干潟

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 は彊, も無き

▼ 海向う~ (2, 0.0%)

1 にドック, のお

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 は長男, を煩わし

▼ 海國兵談~ (2, 0.0%)

1 の自讚歌, を千部仕立候値

▼ 海國日本~ (2, 0.0%)

1 の海防, を護る

▼ 海地方~ (2, 0.0%)

1 における赤軍, のあらゆる

▼ 海地獄~ (2, 0.0%)

1 と同じ, などへも私

▼ 海城さん~ (2, 0.0%)

1 が見える, は毎日八時半

▼ 海城丸~ (2, 0.0%)

1 に乗り込み, に帰り

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 の方, を繋ぐ

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 が築かれ, とに添う

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 の海, は涼しい

▼ 海天一色~ (2, 0.0%)

1 の荘厳, の間

▼ 海尊さま~ (2, 0.0%)

1 の事, はもう

▼ 海小さい~ (2, 0.0%)

1 島, 陸地の

▼ 海屋さんわし~ (2, 0.0%)

1 がすこし, の願い

▼ 海屋一家~ (2, 0.0%)

1 に対してどの, の手

▼ 海屋長崎屋二人~ (2, 0.0%)

1 とも雪, を目

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 の衰退, を噬む

▼ 海嶽楼~ (2, 0.0%)

1 はこの, は類焼

▼ 海幸彦~ (2, 0.0%)

1 として海, の神話

▼ 海底ひ~ (2, 0.0%)

2 も知らぬ

▼ 海府地方~ (2, 0.0%)

1 ではまだ全然, と羽後

▼ 海~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ 海恋し~ (2, 0.0%)

2 潮の

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 し山, ひし母

▼ 海扇貝~ (2, 0.0%)

1 とで作った, にみえる

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 に昔, は此

▼ 海拉爾満州里方面~ (2, 0.0%)

1 に参謀演習旅行, に進撃

▼ 海拔三千尺~ (2, 0.0%)

1 の, の高

▼ 海援隊長~ (2, 0.0%)

1 と申付, 之名札相渡ス

▼ 海旋風氏~ (2, 0.0%)

1 の作, は探偵小説家

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 の名ごり, の子

▼ 海昨日~ (2, 0.0%)

1 の風景, も今日

▼ 海東郷~ (2, 0.0%)

1 の衆, の野武士

▼ 海東郷蜂須賀村~ (2, 0.0%)

1 の土豪, の蜂須賀小六正勝

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 に留意, を収め

▼ 海氣館~ (2, 0.0%)

1 では八疊, と云

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 に深く, のよう

▼ 海浪人~ (2, 0.0%)

1 とは, の身

▼ 海添い~ (2, 0.0%)

1 に立っ, に高層建築

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 との相違, に持ち

▼ 海渡る~ (2, 0.0%)

1 人六人あり, 時ア三十分交代で

▼ 海温泉~ (2, 0.0%)

2 だの古い

▼ 海游泳術~ (2, 0.0%)

1 といふ言葉, の祕訣

▼ 海漸く~ (2, 0.0%)

1 多事幕府将に, 見る

▼ 海燃えぬ思ひ~ (2, 0.0%)

1 乱る, 乱るる

▼ 海燈夜空~ (2, 0.0%)

2 薙ぎゆく墓地

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 なれど, の漁獲

▼ 海獸大魚~ (2, 0.0%)

1 を打ち, を捕獲

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 であったが, とは云え

▼ 海皇孫領ら~ (2, 0.0%)

2

▼ 海~ (2, 0.0%)

2 の一本

▼ 海石榴~ (2, 0.0%)

1 と書い, をツバキ

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 きサン・ラファイエル, を囲繞

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 が横つて, の横つて

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 未だ除かれず, 甚だ厳しく

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 の連合軍, 各方面綺羅星

▼ 海翻車~ (2, 0.0%)

2 の歩行

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 のやう, の表面

▼ 海自身~ (2, 0.0%)

1 もかならず, もまた

▼ 海至一大國官~ (2, 0.0%)

2 亦曰卑狗

▼ 海~ (2, 0.0%)

2

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 は海草, を採

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 の鋏動かす様, は決して

▼ 海行く~ (2, 0.0%)

1 者の, 若者の

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 の世界, を渡り来る

▼ 海見ず~ (2, 0.0%)

2 ただ歎

▼ 海見る~ (2, 0.0%)

1 かつらぎや, さまなし

▼ 海見れ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば淋し

▼ 海越し~ (2, 0.0%)

1 に時々, に直径

▼ 海迄の~ (2, 0.0%)

2 無數

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 の手紙, を見

▼ 海邊橋~ (2, 0.0%)

1 と段々に, を小山

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 から移つた山野, の人々

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 に至る, の尖塔

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 くという, の間

▼ 海防禦指揮~ (2, 0.0%)

2 の重職

▼ 海附近~ (2, 0.0%)

1 にかなり, に颱風

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 に接し, 不聞禮義

▼ 海青々~ (2, 0.0%)

2 と北

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 が同じ, 高く時

▼ 海~ (2, 0.0%)

2 に満つ

▼ 海首座~ (2, 0.0%)

1 に頼み, をたずね

▼ 海魔灘~ (2, 0.0%)

1 の渦巻, までわずか

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 のごとき, を最も

▼ 海~ (2, 0.0%)

2 を浴

▼ 海~ (2, 0.0%)

1 の, の國

▼1* [829件]

ああこの大陸的, 海あきないに出た, 海あやまりあるべからむこと言, 海あらはれぬ, 海あらければ船, 海あらげにて磯, 海ありき廣重の, 海あんな物凄いの, 海泳ぎに, 海いいっちまうだぞ, 海いちめんのクラゲ, 海いったいをわれら, 海いっぱいになっ, 海いづれを空, 海いと広けれど, 海いま遠方の波かげ, 海いわゆる安房上総を, 海い這入ることぐらい, 海うかぶ百船八十船の, 海うまれの子, 海うらなつかしき天の橋立, 海おとめたちのほか, 海おのづから淨きが, 海おまえはどの, 海お化けやこの, 海かぎろひて月さし, 海かすみ立つ日は, 海かぜも日, 海かぜふきかはりみな, 海かたぶきて陸, 海かね海は, 海かの自然な, 海かよ渦卷く, 海からくさぐさ, 海からと大空からと, 海からとの風に, 海かれ山くずるる, 海がにでありました, 海がはば一里長, 海がわりに近く, 海きよる鰯, 海ぎしのムリアス, 海ぎはのたいていの所はいきなり, 海ぎわで崖縁の小路, 海ぎわまで手にとる, 海ぐらいは往った, 海こぎ出し船はあさり, 海ことごとく湧くところ, 海この三角が, 海さしわたる朝日影石仏, 海さるにてもせん, 海さんさんたるに, 海さん失礼ですが, 海さん私が常に, 海さ日の下, 海しかもあとは, 海しじまだった, 海しばし靜まり浪より, 海じじいと言っ, 海すこしある木の間, 海すずめが何重, 海すなわち海蛇夥しく, 海すべてが此世, 海すらも鳴りと, 海せまる蘭竹のみ, 海せめてうら, 海ぜんたいに反映, 海そうめん若布などの乾し, 海そちは思っ, 海そっくりに見えた, 海たゆたふ浪, 海だけに棲む独立, 海だったら天の橋立という, 海だったろうと云われ, 海だつたら得意の, 海だろな, 海ちらとみき, 海やない, 海つてどんなに大きい, 海つみの浪, 海づたいから二里ばかりも山, 海づたいに落ちのびようと, 海づたいに波に流れた, 海づたいに潜行して, 海づたいに秋田に入り, 海づたいに船坂附近へ上陸, 海づたいに阿波へ漂泊, 海づら鈍み, 海エものは, 海であってもそれ, 海でございます海という, 海でござったがの轟, 海でしたように, 海でしょうか, 海でないならと呟く, 海でりょうをなさるのがたいへんおじょうずでいつも, 海といへり, 海といった方が, 海といふもの曾て, 海とからして, 海とこなたの, 海としてもこれは, 海とて鹹水で, 海とではまるでちがう, 海とどつちが, 海とには宋鄭景望として, 海とへ霧時雨の, 海ともに大器と, 海とやらいかに僧形, 海と共に際涯も, 海どうして伊予灘の, 海どこの海, 海どころか小川も, 海どりが舞い上がっ, 海なぎさの芒, 海なじかは, 海なじみの漁夫, 海など見ようでは, 海などについてひどく混乱, 海などもこれを, 海ならず山ならぬ, 海ならとびこむとたんに, 海なりなどいう法師ら, 海なりは空を, 海なりや曇るかと, 海なるぬし, 海なれば, 海なんかにはありません, 海なんぞあるもの, 海なんぞは少しも, 海なんとのびのびとした, 海においてのみでわずか, 海におけるごとし, 海にかけて獲れは, 海にかよひしはい, 海にたいする用心として, 海にだけうすい白光, 海にだってしてやるから, 海については四天王寺の, 海にでもはいつて, 海になぞ投げ出されまいもの, 海にのみ生じたもの, 海にはな昔から, 海にや海霧, 海によつていろ, 海により竜之, 海にわたる海面にかけて, 海に対し渚には, 海のうやつらやの, 海のうへの夜に, 海のさざなみの表情輝く, 海のぞき館が, 海のねえ国, 海のねえホラお, 海のねエお魚みたい, 海のべの唐津の, 海のみなそこで, 海のみを見て, 海のやうだつたらう, 海はいぜんとし, 海はいちめんに銀ぱく, 海はいちめん燦々と揺れた, 海はけけれあれ, 海はなが身, 海はなみだにしめり, 海ばかりがそんなに荒れつ, 海ばら越しに案じ, 海ひかりおぼろ月夜と見ゆる, 海ひたくらし向, 海ひと目見したちまち, 海ひょうどもはかかるべし, 海ひらけたり見, 海ひらたき太陽, 海ひろがるところ丘陵峙つ, 海ふちの宿, 海ぶちを廻つた方, 海へか路次ゆみだれ, 海へではないか, 海へとはって行くの, 海へとまで言わなくても, 海へなだれる起伏, 海へなど行くよりも, 海へなんぞ出したの, 海へなんて入りたくは, 海へまでも往って, 海べから寂しい漁村, 海べで別れた病める友, 海べと薄倖な, 海べには五六人の, 海べにもある, 海べまで来て, 海ほうずきの紅色, 海ほどに荒いこと, 海ほども山ほども, 海ぼうずみたいな, 海まつ海筍海綿ウミシダウミエラなど極彩色, 海までなど運べるもの, 海までも薄墨いろ, 海まんまんとして波煩悩, 海てえ, 海め流石に仏, 海もう私の, 海もぐらの親方さん, 海やける砂その, 海やや弓なりに, 海やを左手に, 海ゆかばを歌いだした, 海ゆきと同じ, 海ゆふきおくる風, 海よい人十分, 海ようやくひろく終日, 海よりぞ出で, 海よりは山の, 海よろふ群島つ, 海らしく黒鯛なんかが, 海りんごのにほひ, 海わたり来て, 海わたる汽笛かたみに, 海わりわりとうち顫, 海をはなるる切れ目, 海アネモネの褪紅, 海アリュウシャン群島に到る, 海ウジが一面, 海ウマ等の和名, 海カイビャク以来たった二人, 海タチの二割, 海タナゴなどもよく, 海ダヤク人はタウ・テパン, 海ツツンツンだ, 海ツヽンツンだ, 海アル, 海トナン申スト答へ侍リシヲ聞キテ, 海ニテ難船シ浜ヘ打上ツタ所, 海ニホトンド何モ見エナイ, 海ニ連ツテ平カナリ, 海遮ラレテ一枚, 海フィンランド辺の海, 海ラテンの海, 海リーダアの画, 海隔ツト雖モ前線常, 海一〇〇〇山一〇〇〇の物凄い, 海一つ向へ渡る, 海一つ向うだな, 海一寸に青み, 海一方は川, 海一面三角波の頂き, 海七分の小国とわれわれ, 海万畳雲濤露一峰と詩, 海丈部の, 海三千里の外, 海三面は山, 海にとどろく, 海下総の海岸, 海揚波の, 海不祥の, 海世界中の海, 海中央は雑草, 海丹田に力, 海亀息吹きにたり, 海亀肉を用いたら, 海二三郎といへ, 海五大藩を任じ, 海五太夫とお座なり, 海亡魂川亡魂と唱え, 海に荷物, 海は春, 海今日もまた, 海仕度は好い, 海の生ける, 海仙人のよう, 海仙楽の合奏, 海令一人不櫛沐, 海以下の句, 海以来米友は海, 海伝上人自筆の消息文等, 海低き沙丘の, 海住吉の入江, 海侠徒雲井竜雄の方, 海で裏二階, 海ひに, 海光りかがやくこなたは暗く, 海光りしている, 海光る見ゆ, 海児二桶をもらった, 海も交じっ, 海入道ただ一人であったの, 海寺に, 海全面の景色, 海六十餘州の半, 海兵庫の山, 海其物は日々夜, 海濠は, 海内側のなだらか, 海の山, 海に群れ寄る, 海出鼻の上, 海のつよい, 海を奉じ, 海匕首に縫われ, 海北九十五国を平らげ給うた, 海北友松どのがちょうど, 海北樺太千島の附近, 海千仭の底, 海千物を可愛がっ, 海協約でおよそ, 海印寺あたりで暁, 海印蔵版近古罹兵燹而散亡, 海口ぢかい砂丘一帯, 海口五処を開い, 海口城を襲った, 海口尼ヶ崎の空, 海口由良の湊, 海古い小さな海, 海われの, 海台湾の山, 海同じ色の, 海同胞ですみんな, 海名物の魚スープ, 海向いの村, 海君以下王妃宮嬪数十人李山海柳成竜等百余人に護られ, 海吹雪のすさぶ, 海呉山の珍味, 海和武尊悪神を殺戮, 海哮り山も, 海より得, 海商どもを救うた, 海商シンドバッド一友と樹, 海商売は半, 海商法を研究, 海國人士ニ紹介スルノ利アルヲ知リ淺劣, 海國兵談ひとつである, 海國兵談等を著し, 海國兵談總紙數三百五十枚にて御座候, 海國兵談豫約出版の檄文, 海國日本漁業發展を祝福, 海國民として教育上今日懷抱, 海國民たる者は抑, 海國民たる者此二譚を讀, 海國男子であつ, 海園鐘捲流, 海土公園の中, 海土蔵一座を見物, 海と蒼穹, 海地獄八幡地獄無間地獄等々と地獄, 海地獄血の池地獄のよう, 海と二つ, 海城北方の李家屯, 海城村落の農家, 海城辺の戦, 海城遼陽その他の城内, 海城邊の戰爭, 海塩忠左衛門殿御談被成候間, 海夕波千鳥汝が鳴け, 海夕浪千鳥汝が鳴け, 海のよう, 海大きな町に, 海大きな大きなあまりにも, 海大師とは奈良招提寺, 海大師東征傳を愛藏, 海大津の都, 海大神ポセイドン農の女神デメテル, 海大膳太夫持宗が天海, 海天断雲日面をおおい, 海天狗など竜馬折衷, 海だ平穏, 海奇異な女, 海好きの店員, 海の単調, 海のお, 海も同じ, 海と命名, 海子爵スープを歃, 海子爵主人の奇言, 海子爵会衆を聚め, 海子爵東海道の鮨, 海子爵珍らしそう, 海子爵自ら長柄の蠅, 海守禦之事を説, 海安寺の唄, 海定住のない, 海宴遊圖を想到, 海寛師もそこ, 海寛氏がチベット, 海寧縣の住宅, 海尊からこの名, 海尊今の名, 海尊富士に入っ, 海尊曾我兄弟に対して虎御前, 海尊曾我物語では虎御前, 海尊衣川にて老人, 海尊遁げ去りて, 海尊長寿譚の真偽, 海尊高館の落城, 海いさ, 海小学校は中学五年程度, 海小鳥と魚, 海少し見ゆる邸道, 海少女が, 海屋いろは庫のどん尻, 海屋さんお前とても一時, 海屋そちは幸い, 海屋一派の商人たち, 海屋万代だなぞと, 海屋内儀は主人, 海屋夫婦の狂態, 海屋心を合せ, 海屋方に集まっ, 海屋本店の巌丈堅固, 海屋火事の晩非業, 海屋狂奮の中, 海屋猪飼は敬所, 海屋茶山の書, 海屋見世うちへはいろう, 海屋買いなじみの太夫, 海屋軒下に近づい, 海屋長崎屋商いの道, 海となさん, 海山そのものを神, 海山の上にも山, 海山の手も青山, 海山河あの大, 海岩洞窟から通, 海の岸, 海を照らす, 海峨々たる巌, 海峰右衛門は喉笛, 海峰右衞門は喉笛, 海島民は人, 海峽あたりで相, 海峽一つを隔てた, 海峽二の山, 海峽地震に傷められた, 海峽島岬そして其處此處, 海峽植民地シンガポールが建設, 海およそ三十間, 海の海, 海または宝貝, 海巴五百五十万個という大きな, 海市河小湊の海, 海市河村の小港浦, 海市火事で, 海の跡難風, 海平らかに, 海平面に復帰, 海幸いかに多く, 海幸山幸物語との類似點, 海幸彦たけみかづちの命, 海靈め, 海広い焼跡は, 海へ落ちこむ, 海彦君とで伊藤氏, 海律全書を受け, 海律師と細工, 海後さんあなたの御, 海後さんおらお針は下手, 海後さん下で呶, 海後ろへ廻つて, 海後様の御, 海後稲田広岡の六名, 海徳寺へ芳村伊四郎, 海に突出, 海念和尚の弟子, 海怒り狂ひなば, 海ともいうべきでありましょう, 海怪物が住まっ, 海或は海に, 海戰ニ大勝ヲ獲, 海戰既に始まら, 海扇等に対する嗜好, 海手木挽町の芝居, 海手深川洲崎湯島天神の境内, 海打ち渡り故郷に, 海折り重つて, 海拉爾あたりよき気流, 海の尺數, 海拔はさほどに高い, 海拔一萬二千餘尺の絶頂, 海拔三八〇九呎と書いた, 海拔三千五百尺あたりのところ, 海拔三百五十米位で湖, 海拔九千尺のところ, 海拔二千五百尺の蘆, 海拔二千尺の峰, 海拔五千七百尺のあたり, 海拔五千尺ほどの處, 海拔僅かに二千三百尺, 海拔八千尺の四合目, 海拔八千尺以上に及ぶ, 海拔六〇〇幾メートルとかに, 海拔六百六十尺の小山, 海拔四千四五百尺の普通, 海拔四千尺の地, 海拔幾メートルかの高, 海拔約二百米突の所, 海拔約五百米突許りの, 海捜したり近所尋ン, 海援長と致し, 海援隊一手を以て大樹参内, 海援隊外の者ニ, 海文字花は自分, 海鳥島から, 海へ続い, 海方面までも観測網, 海旅館に少憩, 海族ト与ニ波ニ漂ヒ, 海旭上人の偈文, 海旭先生と深い, 海旭師にお願い, 海明り障子のうち, 海るる黄金, 海晏寺門前に鳥酔白雄, 海景画が生気, 海景色は繪はがき, 海暑い海世界中の, 海暖かい碧一色の, 海狂風捲, 海暗い沖にも, 海暗し掩ひかぶさる, 海ぬ, 海暮れ浜も暮れぬ, 海曇寺も疎ら, 海望悠悠月色潮声入客楼, 海なぎしたり, 海朝霧ふかし磯崎, 海木曜島を経, 海未亡人であったよう, 海村戸を鎖し, 海村漫遊の逃れた, 海村特有の語尾, 海村羽津の光明寺, 海東二千里定而又, 海東六十州の人情, 海東左近将監なりと彼, 海東左近将監長井丹後守越後ノ前, 海東郡津島の服部小平太, 海東郡甚目寺観音院境内にオサルサマ, 海某島に, 海という貝, 海棲動物と言った, 海検校深重, 海様一生の大, 海権現坂方面まで, 海樹簫索天霜を降らす, 海樹蕭索天霜を降らす, 海權即チ海上權ヲ占領シテ西軍海陸, 海欲瀾のほか, 海は河, 海に和寇, 海毛虫やそれら, 海氏同行の寺本氏, 海水底照らす小玉石, 海水深庭三百三十六万里世界中の民, 海氷以外にはない, 海汀倉に大勝, 海沖繩の海, 海沢藪をかけた, 海に沾, 海沿ひであつた, 海沿岸地方も不作, 海沿道を歩い, 海に通じた, 海法師海地獄などへも私, 海法眼が漏れ, 海波これを知る, 海波びょうびょうとして天, 海波以外天地なく各国, 海波圖のやう, 海波岸の草原, 海波平穩で十數年來浪, 海波橘樹を窺, 海波濤の轟き, 海波紫にうち, 海波鏡のごとき, 海波頭月連檣影動揺夜深人, 海浅くして, 海浪おだやかに夢, 海浪ニ激揚セラレテ自ラ天王寺, 海浪高舟路迷法洲風颯颯麻峡雨凄凄三舎巷雲宿, 海浬岩島は海豹島, 海浮ぶ日の, 海浴する小児が, 海の傾斜, 海浸す日より, 海涸れ底現, 海涸れしむべし, 海初湧, 海黄の, 海済斎の諸, 海りゆきぬ, 海の底, 海渚中の神馬王八万四千, 海渡りけん, 海渡る騰母, 海と金華山沖, 海温泉ヶ岳をながめた, 海游泳芭蕉杉淋しい墓地, 海游泳術その他手近にお, 海などがもし, 海湖沼平原断崖絶壁白沙青松飛瀑湧泉と種々, 海湧くの大事を, 海湾外に開き, 海湾湖水の様, 海湾舟山島乍浦寧波等を占領, 海満月の光, 海滔々の情波, 海をなす, 海漁山猟の様子, 海漿のよう, 海潮それの逆潮, 海潮刺激等が有, 海潮瀧の如く迸, 海潮音一巻となつ, 海を環らす, 海澄みきった日の, 海濤万里をもの, 海濤咆哮し戸, 海濤脚下巖を噛む, 海濤衝激するところ, 海濱づたひに遁走して, 海濱ホテルに人氣, 海濱ホーム隨所隨時どこで接吻, 海濱ラヴェンナに近き, 海濱リミニとファー, 海濱隨處に, 海と噴火, 海の空, 海火事だ, 海の声, 海燃えぬ思ひみだるる人の, 海父子も大原, 海牙城市中身起賤民成碩学応知翁亦一英雄, 海牙市街の中, 海牙色の死人, 海牙郊外は霞, 海牟婁の渚, 海物自活乘船南北市糴又南渡一海千餘里, 海特殊よ, 海の群, 海犬養岡麻呂の, 海犬養岡麿が詔, 海に出, 海と, 海に三人乗り, 海をなす, 海獸アシカの皮, 海のマッフ, 海玉楼之顰, 海珊瑚海のすべて, 海珍しく波高し, 海の類, 海珠塵に収, 海生物に関する仕事, 海生虫の幼虫, 海の母, 海界乎過而榜行爾, 海瘴霧の沼, 海白令海アリュウシャン群島に到る, 海白木綿花に浪たち, 海同胞と, 海盤車娘踊の舞台, 海盤車類に四五種, 海相八代氏の実兄尾藩磅, 海の典史魏公沢, 海県総持院で顕仁助順淵聖広徳王, 海眞青な空, 海眺め慨然として叫び曰, 海石流に書かれた, 海砂五月の空, 海碧色を背景, 海磯辺に生, 海祇自身のする, 海禅寺へ寄っ, 海禅寺の前を通りまし, 海禅林の扁額, 海禪さん折角の思召, 海禪和尚が橋渡し, 海禪坊主め太い奴, 海禪坊主横になりました, 海かに真砂, 海穏やかにし, 海空夏なんて物, 海空軍国との協同, 海の童, 海端あたりは暗し, 海である中, 海筍海綿ウミシダウミエラなど極彩色, 海篝火を焚いた, 海の魅惑, 海か生節ぐらゐ, 海系統のもの, 海に夜明け, 海終日のたりのたり哉, 海終日のたりのたりかな, 海てきぬる, 海を水, 海続きにはある, 海総督府があり, 海までのあらゆる, 海背川腹と申す, 海膽海盤車類に四五種, 海膽苔までも, 海臭いところが, 海舶一隻ずつに乗りかえ, 海茂山のあたり, 海茫然又漠然, 海茶色の, 海る, 海荒く砂丘の, 海荒沢大鳥岳の連嶺, 海荘風のその, 海荷物打ちつ, 海蒼くして, 海蔵さどうしたじゃ, 海蔵楼詩集の著者, 海蔵門と申しまし, 海蘇山雲忽鎖鉄車衝雨入英京, 海の河瀬, 海の耳付, 海をアイルランド, 海蛭支那の土笋, 海蝙蝠の巣, 海螢丈けを採集, 海螢以外にもつ, 海螢蝦螢烏賊裸鰯位なもの, 海螺弄すなわち海, 海の鋏, 海は英國, 海衣色の石垣, 海袈裟丸武尊を始め小野子, 海西ニ伝送シ最モ美ト称ス, 海西有大隋禮義, 海西郡まで送っ, 海西風吹きあげて, 海見える草で, 海見え海に岬, 海見ざる久に, 海見たようだ, 海見ゆる涼台の, 海されて, 海親父小松内大臣左大將重盛公法名淨蓮, 海観光船を辞し, 海討たるべき覚え十分ござる, 海誉法印の霊夢, 海語辞典を片手, 海語部芸術の風化, 海諸島に移住, 海警備の費用, 海警備視察という触れ, 海豪小豆島紋太夫と同盟, 海の説話, 海赤軍の兵卒, 海越えぬ者は, 海越えんいざや, 海を果, 海乗船, 海近く富士の高根, 海近所にアブラハム池, 海逢崎の磯浪立ち, 海逢崎山に梅, 海遊泳術というもの, 海はその, 海道すじや峰々山々, 海遠い海よ, 海遠望するあたわず, 海なる離れ嶋根, 海邊大工町なるサイカチ, 海邊武備の程, 海の家, 海郎どもあまた養い, 海都市斎しく蒼然, 海都農の浦わ, 海金剛が奇観, 海金壺又は借, 海金砂おほし, 海金魚とか言つて, 海鉛色なり文三, 海の砥平らか, 海へに清く, 海長陸遠, 海門戸に出る, 海間十郎左衛門が召喚, 海関税法を拵, 海関貿易の方面, 海まで通帳, 海關税を以て之, 海陬山村にも文明, 海陵王即ち例, 海に到る, 海雀人は目, 海雑多の場所, 海電燈其邊は, 海電燈室もある, 海の奥, 海霧たち罩める海面, 海霧中にとざされ, 海なぎ, 海青いろの, 海青く汽船の, 海青し菫の, 海韃靼の寒空, 海音如来様という有難い, 海頭上に近く, 海ひ清掻, 海和らぎ波滑らか, 海香いのない, 海馴れた男どもは, 海駆逐艦からは爆雷, 海髑子の条, 海薙外山の, 海高い方へ, 海じゃの七人御崎, 海魔わたしの足, 海魔地獄か, 海魚等の間, 海のごとし, 海は其の, 海鰻その他なほ數種幾ら聞いても, 海鰻先生がどの, 海鰻章魚などがひかえ, 海は白鱚, 海鳴か山の, 海鳴ると覚, 海鵝揚然去, 海鵝無数船を追い, 海はことに, 海からい水, 海鹽欽衛といふ人也, 海黒み來ぬ巖, 海龍王と浦島