青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「殊に~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

死体~ 死刑~ 死後~ ~死骸 死骸~ ~殆 殆~ ~殆ど 殆ど~ 殊~
殊に~
残~ ~残し 残し~ ~残っ 残っ~ ~残った 残った~ ~残つて 残らず~ ~残り

「殊に~」 6901, 71ppm, 1578位

▼ 殊にその~ (234, 3.4%)

4 日は 3 中でも, 頃は

2 [17件] ために, なかには, スラリと, 一人の, 一瞬間の, 人が, 声の, 当時の, 当時は, 当時七十五銭で, 思ひが, 文体の, 時代の, 泥岩層は, 点は, 記憶が, 頃発行に

1 [190件] うちでも, お婆さんは, ぎら, ころモリーオ市では, そこなわれざる方, ため部下の, なかの, ふらふらの, まるっこい背中, まわりの, むし歯の, カテドラアルの, コツを, ラジオ嫌いの, 一つの, 一人であったらしい, 一面のみを, 万巻の, 上皮が, 下ぶくれ, 不埒の, 不幸な, 世紀の, 両端と, 中で, 中に, 中には, 中の, 中央部に, 中程の, 中間階級なる, 事実に, 事物が, 五連発の, 人物を, 作品が, 作家同士が, 信濃境までも, 傑作, 傑作たる, 兇器を, 光彩を, 六角塔が, 内でも, 内容は, 出し物と, 出世年代を, 初めの, 前々日は, 前の, 加害者が, 南側の, 取りかわす手紙, 告白書を, 四角い額, 図画の, 圜丘は, 地理的配置が, 坊主が, 場所を, 声が, 夜の, 夜張った, 夜生まれた, 大多数, 大得意, 女は, 女人像は, 女房が, 姉の, 姓が, 子を, 寺院の, 対象の, 小説に, 小説の, 建物は, 建築が, 弊が, 当時わたしは, 当時病気にか, 形の, 微笑は, 徳性に, 徳望に, 心で, 心なかりし, 心理的陰翳に対して, 心理遺伝の, 志類は, 念が, 息子とは, 惡戲者が, 意匠を, 感情生活の, 效果を, 文化的感覚とを, 方面に, 方面の, 日が, 時の, 時は, 時三人が, 時足を, 晩は, 晩年安政時代の, 晩彼の, 最近の, 朝かれ, 木像が, 未成年者には, 末期軍隊の, 本人の, 校舎の, 樽を, 機会が, 正統論を, 気持ちの, 洪水以来山を, 浪々の, 海賊の, 清淨無垢だ, 減少の, 演出目録によつ, 漢譯の, 為に, 煙の, 燃え方, 特徴の, 犯人が, 猫額世界に, 現代の, 生活が, 生際などは, 用法の, 男の, 画が, 画面も, 白い華奢, 盛んであり, 目と, 石門の, 磯之丞の, 空を, 突飛さが, 第一日, 粋を, 精力の, 精力的態度と, 紅色の, 紋までが, 細そり, 終始人間離れ, 綽名に, 翌日猫の, 耳の, 脆きまでの, 腐肉を, 自然描写も, 色は, 苦笑は, 英詩を, 衰滅の, 親どもの, 詩人という, 誘惑が, 謡方に, 豪傑志士を, 財力とは, 販売の, 貴族は, 買入, 赤い月, 赤と, 身内からは, 郷黨篇には, 野犬は, 金銀の, 釣道の, 鏡の, 陽光の, 雜誌の, 青年共は, 青年逆境の, 音響と, 頃から, 頃の, 頬に, 頬や, 顔の

▼ 殊にこの~ (152, 2.2%)

10 頃は 7 頃の 2 吹雪の, 場合には, 年の, 朝は, 頃では

1 [125件] お写真, とき正造は, わたりの杉, ミシガン州を, ルウス・ジュッドは, 一件は, 一番しまい, 丁子油は, 三四年来は, 不景気で, 両三日, 中には, 九大に, 事件は, 事実が, 二人は, 二人即ち, 二十年ばかり, 二年ほどの, 交り, 人が, 人の, 例では, 信徒には, 傾向が, 傾向は, 別荘地帯は, 前の, 前井出君に, 勇猛心を, 包紙に, 十年來新疆探檢が, 原野の, 古い繪, 呉一郎みた, 問題は, 四五日は, 国では, 国に, 地は, 垣根が, 場合かれ, 場合彼が, 外法頭の, 大和家には, 大祭に, 大阪行きについて, 姉を, 姫王の, 宝来の, 家は, 寺は, 山は, 川に, 川縁の, 市村君が, 年は, 年頃で, 度の, 座線の, 弔合戦の, 恐らくは筋肉, 感が, 感を, 戦乱の, 戦争の, 手帳に, 技術が, 技術を以て, 新しき芸術, 方面に, 日家に, 春は, 時の, 時は, 時代に, 暗い夜ふけ, 書によ, 朝灰鼠色の, 東京に, 案内者だけの, 棚下トンネルを, 次は, 歴史的運動の, 池は, 点で, 点に, 点を, 物語の, 特殊な, 特長の, 玩具の, 用意が, 画について, 病院には, 碑の, 種の, 筑前など, 紀行を, 絵巻物は, 老臣は, 能楽という, 脚本は, 若い女, 著書の, 蓋の, 虫を, 蜜柑に, 詩巻の, 語が, 説の, 辺の, 辺より, 辺りの, 込入った学びにくい, 近所には, 酒の, 銀行で, 際大詰めとして, 頃この, 頃にな, 頃出来る, 頃山上に, 香ばしい涼しい匂い, 馬の

▼ 殊に~ (118, 1.7%)

5 のよう 4 は習字 3 の心, の注意 2 のやう, の住む, の目, の眼, の肝臓, は彼, は藤原慶次郎, をし, を憤怒

1 [85件] がまごまご, が伯父, が可笑しい, が弱く, が意外, が此程, が神, が自分, が讀ん, が非常, とは調子, と司令長官, などの心, などはこう, などは同僚親友, などは自我的, にとって堪えられなかった, に向っ, に対しては一, に注ぐ, のいとしい, のそういう, の不快, の予想, の住ん, の住所, の作っ, の大好き, の夫, の好む, の官能, の家庭, の居, の居た, の忘れられない, の愉快, の感じた, の最も, の村, の滯在, の演劇本質論, の為, の生存中, の立つ, の藩, の行わん, の起臥, の頭, は, はあなた, はこの, はすえ子, はその, はそれ等, はまだ, はもう, は不安, は亀, は二十五年前, は仏教, は兄弟, は地方, は夏, は婦人, は左伝, は思わぬ, は性質, は感慨, は日本画, は本, は櫻木海軍大佐, は歌, は結婚, は緑平さん, は羊羹, は露骨, は龜, をあかるく, をつかまへ, をば娘, を喜ばせた, を始め同行中, を載せ, を附け狙う, を驚喜

▼ 殊にそれ~ (74, 1.1%)

4 が多い 2 が女, が見事

1 [66件] から毎日楽しみ, がいかにも, がお, がこころよく, がため, がひど, がひどく, がギリシャ, が三十人, が仮名, が先祖, が単に, が友達, が固定, が変死, が妾, が少し, が川, が師, が当時評判, が後, が御, が慈善会, が慌しく, が戯曲, が接吻, が晴れた, が樂, が正当, が水, が玉藻, が現実, が生命, が男性, が百足, が目立つ, が老人夫婦, が老木, が肺病, が船, が英雄, が親, が都市生活者, が野営, が震災, が顕著, だけで西洋劇, で合法, と同じ, によつて, に於ける, の實踐, はある, はすべて夜陰, は一五一三年, は外来権力者, は我儘, は珍書, は眼, までの飲み, を三木城その他, を制度, を思う, を感じた, を気, を遵奉

▼ 殊に~ (65, 0.9%)

2 の, の妻, の家, の悲喜劇, の煤煙, はルイザ, よりも背

1 [51件] がサルウヂン, がユダア人, が初めて, が奉公, が子供たち, が日本中, が最も, と同じ, と小林兄弟, と遠藤, にとって好ましかっ, には天井, のし, のよう, のドンドン, の作文, の友だち, の大震災後, の夫婦, の子, の学校, の密集突撃隊, の心, の明るい, の最も, の火傷, の理想主義, の目, の社会的存在, の自白, の見, の身, の遺作, の遺墨, の邸, の部屋, はこの, はそれ, は二言目, は今夜, は国太郎, は最愛, は深井, は薬学家, れが, をデカダン, を動かした, を喜ばせた, を尊敬, を驚かせた, 程に成る

▼ 殊に自分~ (52, 0.8%)

2 がそれ, が過去, の母校

1 [46件] がまだ, が何, が反感, が呱々, が彼, が心, が最初, が耳, が配達夫, が酒, と升屋, なぞはそれ, なぞは当時, には真似, に対して, のお, のため, のもの, の上官, の内部, の土地, の女房, の子供, の屋敷, の心外, の思想, の投宿, の書斎, の疲れ, の職業, の親, の青年時代, はこの, は今, は児童, は横濱, は燈火, は飽くまでも, までが一緒, も尊兄, も手, も注意, より二枚位, を怒らした, を白柄組, を驚かした

▼ 殊に~ (42, 0.6%)

2 いねは, 武士さんの, 蝶には

1 [36件] きみの買はれ, だての, つぎが, とみが, 世辞や, 久美さんの, 信さんが, 信は, 刀を, 咳が, 姉さんにまで, 尻の, 師匠さんの, 帽子や, 徳は, 志保の, 房の, 掛屋の, 杉は, 此は, 民は, 照の, 登和さんの, 目付も, 福の, 種の, 美味いでしょう, 船手の, 若い妻君, 袖親子が, 身の, 辰は, 開帳には, 隅を, 霜婆さんが, 露が

▼ 殊に~ (39, 0.6%)

4 の場合 3 のよう 2 は死んだ

1 [30件] ある有名, この室, でも眼, のところ, のわたし, の人間, の俳優, の女学生, の洋服, の舞台, の計算, はどう, は冬, は日, は歳, は疝気, は農繁期, は避暑, は隣家, までの喧嘩商売, までの経過, まで何ん, まで負けた, もしみじみ, 云つた建仁寺の, 双眼鏡の, 日本の, 猶忘れられない, 迄逃げ廻, 通るこの

▼ 殊に日本~ (39, 0.6%)

2 に於, に於い, のやう, の女, はごくごく

1 [29件] で出来た, との間, にはかう, に來, に旅行, に渡来, に関する博物書, の俳優, の俳優諸君, の僧, の劇壇, の古い, の外交, の子供, の學者, の巧緻, の文化方面, の文壇小説, の文学, の新劇, の流行, の海岸, の現代, の現代文学, の知識層, の芸者, の説話界, は, は資本主義

▼ 殊に~ (38, 0.6%)

2 の方, は, をすつかり

1 [32件] だから, などはみんな, などは皆んなさ, なんぞは二十年前, にかけては, にとっては必要, にはため, にはコンナ種類, には出来ない, には弱い, には当り, には簪, に可, のこっ, の事, の人達, の児, の名前, の場合, の声, の客, の局部, の手紙, の手綱, の教養, の犯罪者, の眼鏡, の足, の身, の髪結さん, は赤子, を旨く

▼ 殊にあの~ (36, 0.5%)

2 人の, 四阿の, 村はずれで, 青年と

1 [28件] 一方は, 上杉氏など, 不可思議な, 乳汁で, 人が, 傲岸な阿, 十六人の, 土俵入りの, 学者は, 寂しい美福門, 寢物語の, 心の, 恐怖と, 戸の, 手紙の, 日塔上に, 時の, 時代の, 晩は, 月夜に, 朗々たる, 毒蛇に, 河岸に, 編笠に, 老人の, 聴かん気, 食卓で, 養子は

▼ 殊に今日~ (32, 0.5%)

2 は他家

1 [30件] でも我々, で最も, のよう, の世界, の元, の如き, の御馳走, の日本, の欧洲, の聖書註解者, の詩人, の非常時, はいろいろ, はそういう, は上天気, は大雨, は東京, は梅, は清人, は空爆, は腕力, は苦しい, は豁然, は酷い人間らしく, は鉄道, は陰暦, まで褪色, 新劇団, 見えて, 迄の災害

▼ 殊に其の~ (26, 0.4%)

1 [26件] 一人で, 人未だ, 住宅の, 地主を, 大部分, 夫婦約束まで, 女は, 嫉妬が, 文弱が, 方を, 昔第, 時代の, 未成年者には, 欠磨の, 毒が, 洪水以来山を, 用心とても, 男が, 罪の, 見方は, 銀の, 間に, 陽光の, 頃に, 頬の, 餌つき

▼ 殊に若い~ (24, 0.3%)

2 画家達の

1 [22件] もの, ヂェネレエションを, 一人の, 人々わけても, 人たちが, 女の, 女学生の, 女性から, 女達の, 娘たちの, 娘は, 婦人などは, 婦人の, 小間使いなどの, 層の, 時には, 母親たちの, 母親の, 百姓などは, 細君が, 閨秀作家たちの, 鶏の

▼ 殊にこれ~ (23, 0.3%)

2 は飛騨山

1 [21件] がドイツ側, が激しい, くらいな, だけは保証, とよく, の上梓, はわが, は丹念, は夜更, は日本紀, は東京, は横, は直接, までは欧米人, までまた, まで三昧, まで私達, をピン, を句, を輔, 見よが

▼ 殊に今度~ (22, 0.3%)

2 の, のよう, の事件, の大

1 [14件] いよいよ采女, のもの, のやう, の三重渦巻, の世界大戦後, の女, の小説, の次, の牢, の第, はそれ, は同じ, は間, 初めて投宿

▼ 殊に最後~ (20, 0.3%)

2 の, の一節

1 [16件] に河, の一杯, の一篇, の一項, の二つ, の二十年, の別れ, の問い, の夜, の挨拶, の数年間, の村, の猥ら, の第, の自害, へ持つ

▼ 殊に~ (19, 0.3%)

1 [19件] お竹, それを, ぞろ母, 之を, 其の子, 具體的主義主張を以て, 合点の, 夜に, 大事な, 夫に, 帯刀を, 支那地方の, 本能の, 秀子の, 美人の, 若いの, 賊軍討伐の, 邪淫の, 鯉などに

▼ 殊に子供~ (19, 0.3%)

1 [19件] がする, が多く死, が幼稚園, が長い, など産, にとってはこの, に対する重荷, のころ, の教育, の敵愾心, の數, の相手, の腰揚げ, は山登り, は虫, を可愛, を嚇そう, を持つ, 迄がこの

▼ 殊に~ (18, 0.3%)

2 か姉妹, と青年, は何とか

1 [12件] が一層そう, が面會, のもの, の亡つた十二, の伯爵夫人, の場合, の心, の意, の笑声, の霊, は可, は病身

▼ 殊に~ (18, 0.3%)

4 につく 2 に立つ, の前 1 について来た, に立っ, に附く, のない, をかけ, をつけ, をひきます, を惹く, を掛け, を駭

▼ 殊による~ (16, 0.2%)

2 と今度, と大いに

1 [12件] とあいつ, とお, とこの, とその, とエミリイ, と今夜, と俺, と宝石商自身, と幸福, と彼等, と百両, と私

▼ 殊に~ (16, 0.2%)

2 の季節, は

1 [12件] になる, になれ, に入っ, のこと, の休暇中, の初め, の涼み時, の間, は年齡, は最も, は魚, 暑い時分

▼ 殊に~ (16, 0.2%)

1 [16件] のお, の三篇, の五年間, の信澄, の城, の孤独, の家, の感, の手帳, の時, の最後, の様, の演習, の種, の赫ッ, の頃

▼ 殊にそう~ (15, 0.2%)

3 であった, である 2 なの 1 だ, だった, でこの, でございます, でした, 云う感じ, 思って

▼ 殊に~ (15, 0.2%)

2 の噂

1 [13件] が少, が見張っ, に就い, に物, の少い, の居らぬ, の心, の物笑, の癖, の目, の眼, もあろう, を取

▼ 殊に~ (15, 0.2%)

3 しかった 21 しいの, しいもの, しいやう, しかったよう, しかつた, しくて, しくわたくし, しく中, しく近来稀, しこの

▼ 殊に~ (15, 0.2%)

1 [15件] 一の, 一園は, 一次欧州大戦の, 一首の, 三の, 三王朝の, 三金時丸の, 二は, 二報が, 二幕法廷の, 二軍司令部附であった, 二首は, 十六代仁徳天皇に, 四男の, 四節の

▼ 殊に~ (14, 0.2%)

2 の住ん

1 [12件] が想像, が草鞋, なんかあちら, に面白, の入, の在来, の如き, の親友, はそれ, は博士, は必ず, は親

▼ 殊に多く~ (14, 0.2%)

1 [14件] なった, のヌビア人, の暗示, の疾病, の経文, の馬鈴薯, は俗世間, 与えた, 分布し, 十頭二十頭という, 是亦, 濃い色彩, 灰青色の, 白鷺が

▼ 殊に青年~ (14, 0.2%)

2 が人目, の三宅, の手記 1 が一人ひそか, にとつて, に於, の印象, の娯楽, の思想, は文字, を本当に

▼ 殊にまた~ (13, 0.2%)

1 [13件] それが, それは, ワキ・アヒ・囃子方に, 何時の, 右手の, 彼の, 手近の, 沢山麝鹿, 着物が, 硫黄を, 自分の, 舞踊の, 若いの

▼ 殊に~ (13, 0.2%)

2 は美しく

1 [11件] であつ, なきっと, になっ, になる, に入っ, のもの等, の十二時近く, の同室就寝, はその, はひどかっ, 更かしの

▼ 殊に最近~ (13, 0.2%)

1 [13件] に於, に至り, のわが国内, の不景気, の世界大戦, の作, の新宿付近, の歴史, の腐敗, はある, は科学, 益々その, 迄新聞

▼ 殊に~ (13, 0.2%)

2 の前

1 [11件] から鼻, が水, が輝い, じりの, のさき, の下一, の肉, はまん円, は物, 新しい, 立つて

▼ 殊にそんな~ (12, 0.2%)

1 [12件] ように, 場合母の, 大きい声, 婦人の, 山の, 心構へを, 感じを, 楽しい時代, 気が, 湖水の, 無意味な, 高価な

▼ 殊に彼女~ (12, 0.2%)

1 [12件] がマネージャア, が両親, が団十郎, が結婚, が谷中, とも今日, のやう, の口, の幼馴染, の目, の脳裡, を避け

▼ 殊に~ (12, 0.2%)

1 [12件] 夫婦仲も, 婦人の, 子息が, 当家様から, 忙しい所, 舎弟紋之, 表の, 装束でも, 親子お揃いで, 許しも, 隠居遊ばし, 顔の

▼ 殊に~ (12, 0.2%)

2 市域に 1 らしい西洋, らしい運動, らしくそれ, 俳優の, 傾向かぶれの, 唐書を, 唐書藝文志では, 役では, 潜戸の, 藩主は

▼ 殊に~ (12, 0.2%)

2 と不和, は政府当局, は相手 1 が亡くなっ, が持病, に負ぶさっ, の食事, はいよ, は藩

▼ 殊に今夜~ (11, 0.2%)

1 [11件] のよう, の如き, の彼, はなん, はひどく, はもう, は一層, は和服, は女, は流暢, もその

▼ 殊に~ (11, 0.2%)

1 [11件] く且つ, なり, なる困難, の男一人, 大阪について, 晏寺堤は, 歌舞妓の, 混雑の, 茶人で, 雨中三日間に, 饗宴の

▼ 殊に彼等~ (11, 0.2%)

1 [11件] が豪族, が高い, の団体, の或, の生き, の豫言者たち, の馬, の齎す, は主, は何れ, は廓

▼ 殊に注意~ (11, 0.2%)

2 して, すべきは 1 したいの, しないと, すべき事, すべき点, は緻密, を惹き, を払った

▼ 殊に~ (11, 0.2%)

32 うで断定的, りと 1 うだ, りである, りである支那, りで君

▼ 殊に相手~ (11, 0.2%)

1 [11件] が反感, が可愛い, が女, が若く, が非, の云, の正体, の馬子, はもともと, は甥, は角力

▼ 殊に美しい~ (11, 0.2%)

2 山葡萄の 1 ものの, 人は, 場所です, 娘さん二人が, 少人, 彼女が, 恋妻を, 日であった, 秋草が

▼ 殊に近頃~ (11, 0.2%)

2 のよう 1 では, になっ, になつて, の未来派, は勿體振つて化粧, は怏々, は見越し, は酒, 印度が

▼ 殊に~ (10, 0.1%)

6 うした 1 ういふ, ういふ意見, うだつた, う云

▼ 殊によく~ (10, 0.1%)

1 あらはれて, ない, ない同一, なついて, 似て, 働いたから, 出来て, 夏の, 画きました, 知られて

▼ 殊に作者~ (10, 0.1%)

1 が少年, が意識的, が案, が若し, である必要さ, に対しては無礼, の名, の心, の立場用意, は主張

▼ 殊に~ (10, 0.1%)

2 の手, は新聞記者 1 が最も, には異性, のよう, の性格, の自分自身, を取囲む

▼ 殊に婦人~ (10, 0.1%)

1 が然, ではある, なんか問題, にとって唯一, に対しては慇懃, のこと, の前, の方面, の美し, や子供

▼ 殊に戯曲~ (10, 0.1%)

2 に現 1 がほん, である, と書簡文学, に於, に至つて, のたぐい, の文体, は日本

▼ 殊に支那~ (10, 0.1%)

3 の如き 2 へ突然 1 で正史, にあり, のやう, の道徳, は今

▼ 殊に日本人~ (10, 0.1%)

1 から見, が, などには逢わないだろう, に対して厳しく, のため, の登山, は兵法, は往生, は滑稽, は眞

▼ 殊に現在~ (10, 0.1%)

2 のよう 1 に於ける, のやう, のカブキ復興, のバラック街, の不良化, の保吉, の俳優, の深刻

▼ 殊に~ (10, 0.1%)

2 に洗われた 1 か雪, が降っ, でも降る, にでも降り, のしとしと, の前, の少い, 多かりし

▼ 殊にこういう~ (9, 0.1%)

1 名に, 土地柄では, 場合いわゆる, 場所で, 多勢で, 昔話を, 時勢に, 最も卑し, 訪問の

▼ 殊にそういう~ (9, 0.1%)

1 商売屋の, 幸福は, 時は, 曠れ, 殺生な, 点で, 熱は, 男から, 知己の

▼ 殊に大切~ (9, 0.1%)

1 です, なもの, な嫌疑者, な御, な日, な犬, に取り, に取扱つて, の用事

▼ 殊に深く~ (9, 0.1%)

1 て御, なって, ビェリンスキーに, 刻みつけられてるの, 心を, 感ずるの, 感ぜられる, 浄土の, 秋を

▼ 殊に~ (9, 0.1%)

1 が何, なんて勝手, に取っ, のこと, の児, の左肩, の手, は不二屋, は頭

▼ 殊に近代~ (9, 0.1%)

2 になつて 1 におけるある, に倚つて, に於い, に於ける, の画家, の科学, の空気

▼ 殊にあなた~ (8, 0.1%)

1 がお, が何回, と赤彦さん, なぞは, にどう, のよう, の宗長流, の御作

▼ 殊にこのごろ~ (8, 0.1%)

2 の弱りかけ, の椎の木 1 に至っ, の多く人, は自分たち, は著

▼ 殊にまだ~ (8, 0.1%)

1 この村, どこか, 三十五六歳ほどの, 二十歳前の, 吹上の, 女帝に, 宵の口と, 怪談小説に対する

▼ 殊にわたし~ (8, 0.1%)

2 などはかの 1 の俳句友達, の心, の足もと, はその, は今日, は日本一

▼ 殊に人間~ (8, 0.1%)

1 が畜生, と隔離, に見られぬ, の意識外, の肉, の運命, は良き, を誘惑

▼ 殊に~ (8, 0.1%)

2 に云った 1 からあ, にいった, に引用, の敷石, よりも一層, 校長の

▼ 殊に~ (8, 0.1%)

1 なんかひど, の, のよう, の前, の部屋, の金力, は今後廣, は独身者

▼ 殊に大きな~ (8, 0.1%)

1 やつは, 力を, 区域で, 商人や, 小供, 山を, 良いの, 雹が

▼ 殊に~ (8, 0.1%)

2 の二つ 1 の三作, の覺書, の部分, 三四日も, 宇多天皇は, 白河法皇の

▼ 殊に後者~ (8, 0.1%)

1 が一般的, には呉形勾玉二箇, の場合, の校訂, はすくない, は小説, は山, は機会

▼ 殊に晩年~ (8, 0.1%)

1 がさ, になっ, に於ける, に莅, の作品, の源之助, の絶句, の綺麗

▼ 殊にひどい~ (7, 0.1%)

1 お天気, が日本, のは, やうで, んでとても, 大波を, 雪どけ道を

▼ 殊に一人~ (7, 0.1%)

1 では, の俥夫, の十四等官, の女, の男, の老, や二人狼藉者

▼ 殊に~ (7, 0.1%)

1 か屈託, のかの, の手掛り, も仕事, よりもフランス, よりも先づ浪漫主義者, よりも辛

▼ 殊に~ (7, 0.1%)

1 が一身, のみで, の品, の困却, の好む, の專攻項目, の性情

▼ 殊に俳優~ (7, 0.1%)

2 の演技 1 としての文化的役割, としては天成, として熱心, にとつ, の業

▼ 殊に俳句~ (7, 0.1%)

1 というもの, において然, の方, はそこ, は性質上, は文字, を始めた

▼ 殊に多い~ (7, 0.1%)

2 のを 1 のにこの, のは, 処々で, 場所が, 男神

▼ 殊に女性~ (7, 0.1%)

1 から年輩, が自分, じゃ, だと, としての輝く, に関係, の特徴

▼ 殊に~ (7, 0.1%)

2 の方, はこんな 1 と弟, のアンナ・セザレヴィッチ, の顔

▼ 殊に寒い~ (7, 0.1%)

1 という, チベットの, 午後の, 所です, 日であった, 日などには, 日蔭庭だ

▼ 殊に~ (7, 0.1%)

2 日何かの 1 る仮名, る夜, る日, 少年が, 日わが

▼ 殊に~ (7, 0.1%)

1 がふるへる, きびしくこの, なぞは子供, の節, を下し, を掛けない, を洗う

▼ 殊に文学~ (7, 0.1%)

2 などの分り 1 が生活, において日本婦人, の作品, や絵画, や芸術

▼ 殊に~ (7, 0.1%)

2 が暮れ 1 が落ち, に焼け, の光, の出前, もかげりたれ

▼ 殊に~ (7, 0.1%)

2 のある 1 が綺麗, の感じ, の明るい, の無い, の研究

▼ 殊に老人~ (7, 0.1%)

2 のある 1 と子供, なんぞに持っ, の傷処, は可哀そう, は多年

▼ 殊に著しく~ (7, 0.1%)

2 聴取せられた 1 なつて, 作画方法として, 宮内卿に, 現れて, 目立つところ

▼ 殊にここ~ (6, 0.1%)

1 なんか子供相手, には文士, の鱸, は植民地, は隣家, 暫くの

▼ 殊にひどく~ (6, 0.1%)

1 てお, なつた, ヒステリツクに, 濃い霧, 濡れて, 跛行を

▼ 殊に~ (6, 0.1%)

2 かつた 1 つたらこれ, つたら何, つたら彼, つたら輕

▼ 殊にパリ~ (6, 0.1%)

1 という所, の国立図書館, の政治, の銀行家, は文化, へ流れ込ん

▼ 殊に~ (6, 0.1%)

1 には米国, に一本水木, の灰, 七音の, 胸背部の, 臣女が

▼ 殊に主人~ (6, 0.1%)

1 が死んだ, であるから, などはあなた, の放埒, の病根, の駒井能登守

▼ 殊に~ (6, 0.1%)

1 であるが, であろう, なの, なるは, な疑い, を覚える

▼ 殊に当時~ (6, 0.1%)

1 のさ, の女学生間, は上海, は盗賊, は週報, 猛訓練

▼ 殊に~ (6, 0.1%)

1 の往く, の急い, の澄み渡る, の礼, をひかれました, を籠め

▼ 殊に昨夜~ (6, 0.1%)

1 から実に, の, の泊り, の身元, はホロリ, は疲れ

▼ 殊に暑い~ (6, 0.1%)

1 お天気, ときには, 時分の, 時分は, 時季であった, 真夏でさえも

▼ 殊に最も~ (6, 0.1%)

1 ひどい感動, 不思議に, 乱暴な, 心苦しいこと, 極端な, 統制の

▼ 殊に~ (6, 0.1%)

1 になる, のあつ, の小さい, をつけ, をつけなけれ, を引かれた

▼ 殊に~ (6, 0.1%)

1 に不自由, の力, の来らざる, の縁, 湿に, 若くは

▼ 殊に深い~ (6, 0.1%)

1 ものが, 友人だった, 感じが, 秋の, 緑色に, 興味を

▼ 殊に舞台~ (6, 0.1%)

2 の方 1 の機械的装置, の気分, の生活, へ飛びあがっ

▼ 殊に~ (6, 0.1%)

1 からかつけねらわれてる, か僕, だって本, と誰, にでも自分, よりも早く

▼ 殊に面白い~ (6, 0.1%)

4 のは 1 では, のでございます

▼ 殊にお前~ (5, 0.1%)

3 のやう 1 の仕事, の為め

▼ 殊にかれ~ (5, 0.1%)

1 の悶情, の民事, は手, は自然, を守る

▼ 殊にきょう~ (5, 0.1%)

2 の柚湯 1 はお, は初春, は天気がい

▼ 殊にここら~ (5, 0.1%)

2 は品川 1 はみな農家, は山奥, は霜

▼ 殊にそこ~ (5, 0.1%)

1 から湯気, では人間, に今日祭典, の噴井, は山川

▼ 殊にもう~ (5, 0.1%)

1 ひと息といふ, 七八年も, 十七歳の, 夕飯の, 髪の

▼ 殊にフランス~ (5, 0.1%)

1 からばかり受け, では完全, では当時有力, のアカデミック, の探偵小説

▼ 殊に~ (5, 0.1%)

1 れに, を好む, を怪物退治説話, を結構, を賞翫

▼ 殊に~ (5, 0.1%)

1 の母, の注意, の研究, の菌学, は予

▼ 殊に他人~ (5, 0.1%)

1 との接触, に会, に対しては大変, の声色, の考

▼ 殊に~ (5, 0.1%)

2 の勝彦 1 が其処, の方, は書

▼ 殊に先生~ (5, 0.1%)

1 が, が好き, には教え, の祖母, は曾

▼ 殊に~ (5, 0.1%)

1 に入, の寒い, の間, は欠くべからざる, は死んだ

▼ 殊に去年~ (5, 0.1%)

1 から与力内山, の今頃, の暮れ, の秋, は全部駄目

▼ 殊に外国~ (5, 0.1%)

1 からやって来た, との関係, の優れた, の従軍武官, の風俗習慣

▼ 殊に大きい~ (5, 0.1%)

1 からさう云, ものが, ギャントリイ・クレエンの, 活字などは, 雑音は

▼ 殊に大事~ (5, 0.1%)

1 である, な大望, な櫛笄, に大事, を抱え

▼ 殊に学校~ (5, 0.1%)

2 を卒業 1 から駆逐, の改革, を出た

▼ 殊に宗教~ (5, 0.1%)

1 から全く, に於, の方, の本質, や倫理

▼ 殊に~ (5, 0.1%)

1 三津を, 人数です, 兒科婦人科に, 虫多く, 軍閥や

▼ 殊に小さい~ (5, 0.1%)

2 耳が 1 女の子に対して, 窓の, 裸女の

▼ 殊に小児~ (5, 0.1%)

2 と似 1 と親しみ, などでは他, には甚だしい

▼ 殊に~ (5, 0.1%)

1 とった金持, のゆかない, の暮, の若い, 若い女

▼ 殊に往来~ (5, 0.1%)

2 の人々 1 に遺失, の多い, の絶え

▼ 殊に昨日~ (5, 0.1%)

1 の如き, はワシントン市, は一番南, は正午過ぎ, より今日

▼ 殊に最初~ (5, 0.1%)

1 の三點, の計画, の頃, はおとなしい, 思ったよりは

▼ 殊に~ (5, 0.1%)

1 がいい, と晩, のうち, の眼, 早くからデタチ

▼ 殊に此頃~ (5, 0.1%)

1 では資本家, の夜, の寒い, は不景気, は前山

▼ 殊に現代~ (5, 0.1%)

1 で権威, に当っ, の演劇, の舞台, の軍人

▼ 殊に男女~ (5, 0.1%)

1 のもの, の再縁, の問題, の間, の關係

▼ 殊に異性~ (5, 0.1%)

1 との応対, に対して全く, に対する感覚, の私, の雄々しい

▼ 殊に目立っ~ (5, 0.1%)

1 ています, ている, てきこえ, てきました, てよく

▼ 殊に私たち~ (5, 0.1%)

1 と水兵, の事務, の文芸, の期待, の行った

▼ 殊に~ (5, 0.1%)

1 ともなれ, など熔けた, の末, の空, の頃

▼ 殊に米国~ (5, 0.1%)

1 が正面, には原子爆弾, の参戦理由, の方, の辻便所その他

▼ 殊に興味~ (5, 0.1%)

1 あるの, が深い, のある, のもち方, を持つ

▼ 殊に西洋~ (5, 0.1%)

1 では似た, では古く, の優れた, の法律, の芝居

▼ 殊に近年~ (5, 0.1%)

1 になつて激増, のもの, の夕立, の政変, は鈍帳芝居

▼ 殊に~ (5, 0.1%)

1 がよかっ, にはしたたか, に対して, に酔つた場合, は独酌好き

▼ 殊に~ (5, 0.1%)

1 の上, の富士紫, の日, はまだ, もやひ

▼ 殊に高い~ (5, 0.1%)

1 そして一本立, のが, 勘定台の, 塵塚には, 方の

▼ 殊に~ (5, 0.1%)

2 からはぷつぷつ油汗 1 がすっきり, が一尺, と耳

▼ 殊にああ~ (4, 0.1%)

1 いう形式, いう社会, したもの, 云ふ

▼ 殊にあはれ~ (4, 0.1%)

2 なりき 1 に思ふ, に死ん

▼ 殊にあれ~ (4, 0.1%)

1 だけの学問見識, だけの無茶, だけの身分, なり吉野太夫

▼ 殊にこれら~ (4, 0.1%)

1 の名優, の小さい, の小説, の著述

▼ 殊にこんな~ (4, 0.1%)

1 人通りの, 噂は, 都会の, 騒乱の

▼ 殊に~ (4, 0.1%)

1 が, といえ, なほに, 鬱憂家の

▼ 殊にわが~ (4, 0.1%)

2 日本の 1 懐石料理に, 日本は

▼ 殊に今朝~ (4, 0.1%)

2 も東雲 1 は余人, は茗荷

▼ 殊に~ (4, 0.1%)

1 の品, の班, を難ずる, 藩に

▼ 殊に~ (4, 0.1%)

1 の, のこだわり, の折助社会, の脅迫状

▼ 殊に~ (4, 0.1%)

2 を入れ 1 が十八人力, をこめ

▼ 殊に千鶴子~ (4, 0.1%)

1 との間, と会っ, のカソリック, への態勢

▼ 殊に印度~ (4, 0.1%)

1 と云, の哲學宗教史專攻, の學術, へ送った

▼ 殊に厳重~ (4, 0.1%)

1 であつ, な束縛, にし, を極め

▼ 殊に地方~ (4, 0.1%)

1 にゐ, に在る, の方術者, の農民

▼ 殊に~ (4, 0.1%)

1 の日琉相関, の病院, の者, へ飲み

▼ 殊に~ (4, 0.1%)

2 かつた 1 かりける, 夫一妻の

▼ 殊に多かっ~ (4, 0.1%)

4

▼ 殊に大学~ (4, 0.1%)

1 およびその他講壇, なんかで, の三百年祭, の僧侶

▼ 殊に大阪~ (4, 0.1%)

1 では, のこと, の兄, は醤油

▼ 殊に奥さん~ (4, 0.1%)

2 と一緒 1 のすべて, を悲しませた

▼ 殊に女子~ (4, 0.1%)

2 の兩親 1 の価格, はいまだ

▼ 殊に好き~ (4, 0.1%)

1 である, で両国, なの, らしく和漢

▼ 殊に姫君~ (4, 0.1%)

3 にと言つて 1 にと言っ

▼ 殊に~ (4, 0.1%)

2 が十六七 1 の兼, も煩う

▼ 殊に嬉しい~ (4, 0.1%)

1 ことは, のは, は同, ものだった

▼ 殊に小説~ (4, 0.1%)

1 だ, などと云, の梗概, を方法論的

▼ 殊に少女~ (4, 0.1%)

2 の顔 1 は二千年前, を描いた

▼ 殊に山の端~ (4, 0.1%)

4 に出た

▼ 殊に巴里~ (4, 0.1%)

2 の生活 1 が忘れられない, で名高い古い

▼ 殊に幼い~ (4, 0.1%)

2 子供を 1 須世理姫が, M子は

▼ 殊に~ (4, 0.1%)

1 が広く, の小松, の襁褓, へ下りた

▼ 殊に必要~ (4, 0.1%)

1 かと思ひます, であり有益, であるが, なり

▼ 殊に我々~ (4, 0.1%)

1 に暗示, のよう, の国, の手元

▼ 殊に戦国~ (4, 0.1%)

1 のこの, の世, の諸, や桃山時代

▼ 殊に~ (4, 0.1%)

1 だわれわれ, だ吾, の脚船, を追撃

▼ 殊に文学者~ (4, 0.1%)

1 などのなか, の誰, は一番痛切, 中でも作家殊

▼ 殊に新しい~ (4, 0.1%)

1 勢力を, 批評の, 文学書や, 演劇に

▼ 殊に新劇~ (4, 0.1%)

1 に於, の俳優, の如きで, の諸

▼ 殊に昨年~ (4, 0.1%)

1 の上半期, の秋以来, はコスモス, は人民

▼ 殊に~ (4, 0.1%)

1 が戯曲的, が軍, れに, を改善整頓

▼ 殊に~ (4, 0.1%)

1 かつた, さが, さと, さの

▼ 殊に~ (4, 0.1%)

2 かつた 1 かりしのみ, かるべき理

▼ 殊に演劇~ (4, 0.1%)

1 とは風馬牛, に関する片々, の, の白

▼ 殊に~ (4, 0.1%)

2 は吠え 1 のパトラッシュ, を好む

▼ 殊に當時~ (4, 0.1%)

1 の制度, の大, の軍界, 生憎福建

▼ 殊に~ (4, 0.1%)

1 い挙げ句, の牀, の疲れ, を冒し

▼ 殊に知識階級~ (4, 0.1%)

1 の中, の人物, の家庭, の思索

▼ 殊に祖母~ (4, 0.1%)

1 が私, と別れ, には思い当る, は兄

▼ 殊に秀子~ (4, 0.1%)

1 には目, の前, の為, は今

▼ 殊に立派~ (4, 0.1%)

1 であり仏, で何処, なもの, な籐椅子

▼ 殊に細君~ (4, 0.1%)

1 に至っ, のこと, のヒステリイ, の上京

▼ 殊に~ (4, 0.1%)

1 先生の, 博士は, 婦人の, 寄りの

▼ 殊に著しい~ (4, 0.1%)

2 のは 1 やうだ, 美的扮装

▼ 殊に長い~ (4, 0.1%)

2 年代に 1 手紙を, 間内輪の

▼ 殊に食物~ (4, 0.1%)

1 に氣, の性質, はなおさら, を取扱う

▼ 殊に~ (4, 0.1%)

1 に近い, の物量感, の能力, の鼻ヅラ

▼ 殊に~ (4, 0.1%)

1 は冬, は大, は晩秋, は水温

▼ 殊にある~ (3, 0.0%)

1 夜は, 皿は, 種の

▼ 殊にあゝ~ (3, 0.0%)

1 いふ大きな, いふ種類, 云ふ

▼ 殊にいつも~ (3, 0.0%)

1 この事, 同じ様, 養母の

▼ 殊にかの~ (3, 0.0%)

1 女に, 社会革命の, 神秘の

▼ 殊にこう~ (3, 0.0%)

1 やって, 云う場合, 云う奇怪

▼ 殊にこっち~ (3, 0.0%)

1 が大家, では, の伜

▼ 殊にこれから~ (3, 0.0%)

1 が彼処, は君, 戦地に

▼ 殊にさうな~ (3, 0.0%)

1 つた, つても, んだ

▼ 殊にどちら~ (3, 0.0%)

2 も鰻 1 かといえ

▼ 殊にどの~ (3, 0.0%)

2 程度まで 1 公園にも

▼ 殊にはっきり~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 殊によい~ (3, 0.0%)

1 と思ふ, のは, 梅干は

▼ 殊によったら~ (3, 0.0%)

1 乾老, 兄さまは, 焼原

▼ 殊によろしい~ (3, 0.0%)

2 ように 1 路傍の

▼ 殊にわが国~ (3, 0.0%)

1 のやう, の現状, は前述

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 かしいの, かしい傾向, どろくこと

▼ 殊に一つ~ (3, 0.0%)

2 目立つて 1 の屋根

▼ 殊に一度~ (3, 0.0%)

1 なぞはある, 波多君が, 驚いたよう

▼ 殊に三人~ (3, 0.0%)

1 とも陪臣, ながらみんな顔, にはくつろげる

▼ 殊に世紀末~ (3, 0.0%)

2 の欧羅巴 1 の歐羅巴

▼ 殊に世間~ (3, 0.0%)

2 に名 1 の攻撃

▼ 殊に中央~ (3, 0.0%)

2 の政界 1 の工作

▼ 殊に二人~ (3, 0.0%)

1 が自分, では, とも偶然

▼ 殊に亜米利加~ (3, 0.0%)

1 だの欧羅巴, のモッブ, の都会

▼ 殊に京都~ (3, 0.0%)

1 の物語, の酷寒, を横ぎる際

▼ 殊に亭主~ (3, 0.0%)

1 に死なれ, の頭, を置い

▼ 殊に仕事~ (3, 0.0%)

2 もし 1 を終った

▼ 殊に何だか~ (3, 0.0%)

2 斯う 1 大きな鳥

▼ 殊に作家~ (3, 0.0%)

1 の顔, は人間, を煽動

▼ 殊に依る~ (3, 0.0%)

1 とお願い, と当分帰宅, と此

▼ 殊に信仰生活~ (3, 0.0%)

2 を日本化 1 については我々

▼ 殊に傾倒~ (3, 0.0%)

2 して 1 が深かっ

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 の世祖忽必烈, 以後に, 來が

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 があるべきであらう, が漂遊, 古い姿

▼ 殊に其中~ (3, 0.0%)

1 の, の二人三人, の資格

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 に人, 供を, 氣で

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 てのお通夜, の二三卷, 巻快晴の

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 の夜, の島々, の盛り場

▼ 殊に同じ~ (3, 0.0%)

1 一等の, 学課でも, 東京でも

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 のある, もなき, 打ての

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 の自著, 合って, 隅に

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 あり, が深, との関係

▼ 殊に唐時代~ (3, 0.0%)

1 には尤も, に最も, の支那

▼ 殊に困難~ (3, 0.0%)

1 なる事情, な苗床, を感ずる

▼ 殊に夕方~ (3, 0.0%)

1 がよかっ, など私用, 其の井戸端

▼ 殊に外国人~ (3, 0.0%)

1 である私, の思惑, は一切発信

▼ 殊に大きく~ (3, 0.0%)

1 裂け上り鼻, 見開かれて, 象皮一枚を

▼ 殊に夫婦~ (3, 0.0%)

1 とも誠に, の愛, の関係

▼ 殊に女優~ (3, 0.0%)

2 の形 1

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 の園子, の眼, は

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 がこの, の児, の方

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

2 あさん 1 やの高い

▼ 殊に学問~ (3, 0.0%)

1 かそれ, などは職業, は常識以外

▼ 殊に家庭~ (3, 0.0%)

1 に於, をもっ, を守つて

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 さは, そうな, の鯛

▼ 殊に対手~ (3, 0.0%)

1 は今, は外国人, は年

▼ 殊に将軍~ (3, 0.0%)

1 に対しては摂関家以上, の手前, をさして

▼ 殊に少年~ (3, 0.0%)

1 が文士, の支配, や少女

▼ 殊に少年少女~ (3, 0.0%)

1 の教育, の頭, を主題

▼ 殊に屋敷~ (3, 0.0%)

1 の周囲, の塀, は御

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

2 が妻 1 の金入

▼ 殊に幕府~ (3, 0.0%)

1 の一門, の権臣, を庇護

▼ 殊に年少~ (3, 0.0%)

1 の方, の私, 諸友

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 地方の, 城におきまして, 夜道子と

▼ 殊に悪い~ (3, 0.0%)

1 ことには, イタチなどが, 血が

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

2 の高ぶる 1 に発達

▼ 殊に感服~ (3, 0.0%)

2 するの 1 した

▼ 殊に我国~ (3, 0.0%)

1 では一時的, には仏国巴里府ルー, の冥府

▼ 殊に我輩~ (3, 0.0%)

2 が日本女子 1 の家

▼ 殊に戦地~ (3, 0.0%)

2 にある 1 ですから

▼ 殊に支那人~ (3, 0.0%)

1 が多く, にはややもすれば, は身體

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 ういふ, うして, う云う

▼ 殊に新参~ (3, 0.0%)

1 ながらお, ながらも入婿, を入れる

▼ 殊に日本画~ (3, 0.0%)

1 の将来, の展覧会, の横顔

▼ 殊に早く~ (3, 0.0%)

1 全快する, 台詞を, 思われた

▼ 殊に明日~ (3, 0.0%)

1 の日曜, の潮, の運命

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 の人たち, の旅行, より日本人

▼ 殊に映画~ (3, 0.0%)

1 といひ, の時代的役割, への注意

▼ 殊に普通~ (3, 0.0%)

1 に歌, の人間, の勤人

▼ 殊に暗い~ (3, 0.0%)

2 のでお 1 のです

▼ 殊に書物~ (3, 0.0%)

1 に収録, をも少し, を好む

▼ 殊に有名~ (3, 0.0%)

1 であつ, なもの, な茶碗

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 の方, の総代役, を出る

▼ 殊に東京~ (3, 0.0%)

1 では耳障り, でエライ, で本業

▼ 殊に東洋~ (3, 0.0%)

1 のこと, の水墨, の美術

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 と申す, の花, は咲き揃う

▼ 殊に植物~ (3, 0.0%)

1 と違つて, の領分, らしいと

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 しかりき, である, な路

▼ 殊に樹木~ (3, 0.0%)

2 の蔭 1 はよく

▼ 殊に次男~ (3, 0.0%)

2 でもあります 1 はその

▼ 殊に欧米~ (3, 0.0%)

2 諸国民 1 と東洋

▼ 殊に武蔵~ (3, 0.0%)

1 のよう, の印章, の画

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 と云, の必然性, の眼前

▼ 殊に江戸時代~ (3, 0.0%)

2 と違っ 1 の地方人

▼ 殊に滑稽~ (3, 0.0%)

1 なの, に感ずる, に見えた

▼ 殊に濃く~ (3, 0.0%)

1 それが, て美しい, 塗ったの

▼ 殊に烈しい~ (3, 0.0%)

1 攘夷党であった, 胸騒ぎを, 霜の

▼ 殊に甚だしい~ (3, 0.0%)

2 のは 1 のである

▼ 殊に異常~ (3, 0.0%)

1 な情熱, の恐怖, を偏重

▼ 殊に病人~ (3, 0.0%)

1 に食べさせる, の眠っ, を出し

▼ 殊に痛切~ (3, 0.0%)

2 に感ずる 1 に其

▼ 殊に目立つ~ (3, 0.0%)

1 て見えた, のだった, のは

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 の予期, の朝廷, の膨脹

▼ 殊に空気~ (3, 0.0%)

1 が澄ん, が稀薄, の稀薄

▼ 殊に精神的~ (3, 0.0%)

1 な存在, にはそう, には驚天動地

▼ 殊に結構~ (3, 0.0%)

1 すと, なお, な事

▼ 殊に美しく~ (3, 0.0%)

1 て気に入りました, また鮮, 巧みに

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 にたつ, は一層, を欹てざる

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 から胸, のあたり, の落ち

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

2 の低い 1 の鱗

▼ 殊に自己~ (3, 0.0%)

2 の修めた 1 に対して

▼ 殊に自由~ (3, 0.0%)

1 なる本能, なる言葉, に歩き

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 にも音, の白い, 美しく見られる

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 さを, 侍の, 狹に

▼ 殊に英国~ (3, 0.0%)

1 では矢の根石, のスペンサア, や露西亜

▼ 殊に英語~ (3, 0.0%)

1 において先達, の, の力

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

2 を好む 1 は紺

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 の手, の目, も兄弟

▼ 殊に詩人~ (3, 0.0%)

1 が嫌, たらんもの, であつ

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 かであった, かな三馬路, ひを

▼ 殊に農民~ (3, 0.0%)

1 によつて耕作, を國家, を苦しめた

▼ 殊に道徳~ (3, 0.0%)

1 などから云, などは國際, の一段

▼ 殊に震災後~ (3, 0.0%)

1 の強烈, は服装, 著しくふえ

▼ 殊に非道~ (3, 0.0%)

1 いの, くなるらしいの, く不器用

▼ 殊に音楽~ (3, 0.0%)

2 に対して敏鋭 1 の上

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 の優れた, へ疵, を丸

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

1 が吹い, に樹, の吹

▼ 殊に~ (3, 0.0%)

2 かで調子 1 かに笑める

▼ 殊に鳥類~ (3, 0.0%)

1 が軒端, が非常, の声姿

▼ 殊に黒い~ (3, 0.0%)

2 塗り箙へ 1 牝豕は

▼ 殊にあかんべえ~ (2, 0.0%)

1 の大きな, の眼

▼ 殊にあした~ (2, 0.0%)

1 は日曜, は早

▼ 殊にいろいろ~ (2, 0.0%)

1 な探検, 貪慾な

▼ 殊におん身~ (2, 0.0%)

1 には似あひ, の老母

▼ 殊にお前さん~ (2, 0.0%)

1 は三ツ脚, は親類縁者

▼ 殊にお母さん~ (2, 0.0%)

1 は声楽, は常磐津

▼ 殊にかう~ (2, 0.0%)

1 いふ土地では, いふ時世に

▼ 殊にきのう~ (2, 0.0%)

1 その場所, の煩らい

▼ 殊にくっきり~ (2, 0.0%)

1 と白く, と鮮やかさ

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

2 高く人

▼ 殊にけむった~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ 殊にこうした~ (2, 0.0%)

1 ヘンピの, 刑事問題に対しては

▼ 殊にしみじみ~ (2, 0.0%)

1 させる, と感じられる

▼ 殊にすれ~ (2, 0.0%)

1 ども戦国割拠, ば旧

▼ 殊にそれら~ (2, 0.0%)

1 の小説, の戯曲

▼ 殊にちょっと~ (2, 0.0%)

2 でもあの

▼ 殊につくし~ (2, 0.0%)

1 がふるっ, には奥さん

▼ 殊にとし子~ (2, 0.0%)

1 はこの小さな, は一時間

▼ 殊にどこ~ (2, 0.0%)

1 からも注進, か自分

▼ 殊になお~ (2, 0.0%)

1 中央の, 勝家から

▼ 殊にみんな~ (2, 0.0%)

1 が慌て, は先生

▼ 殊によう~ (2, 0.0%)

1 ございますね, ない

▼ 殊によかっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 殊によろしく~ (2, 0.0%)

1 ないの, なる茫々

▼ 殊にわし~ (2, 0.0%)

1 とは日頃, は家

▼ 殊にわたくし~ (2, 0.0%)

1 は湖水, は蝸牛

▼ 殊にわれら~ (2, 0.0%)

1 が呪う, の如き

▼ 殊にわれわれ~ (2, 0.0%)

1 のよう, は西洋

▼ 殊にアメリカ~ (2, 0.0%)

1 では女, では活字

▼ 殊にアメリカ映画~ (2, 0.0%)

1 なぞには幾ら, の俳優

▼ 殊にエンゲルス~ (2, 0.0%)

1 がその, のアントロポロギー

▼ 殊にオペラシンガー~ (2, 0.0%)

1 は栄養, は自分

▼ 殊にゲエテ~ (2, 0.0%)

1 の一生, の戀人

▼ 殊にダイヤモンド~ (2, 0.0%)

1 には深い, の鉱山

▼ 殊にドイツ~ (2, 0.0%)

1 が大, ではクリスマス

▼ 殊にハーグ~ (2, 0.0%)

1 からライデン, のマウリツハウス

▼ 殊にラジオ~ (2, 0.0%)

1 で一番縁, の今日

▼ 殊にヴァイオリン~ (2, 0.0%)

2 のほのか

▼ 殊に一方~ (2, 0.0%)

1 の白髪, は優越

▼ 殊に一昨年~ (2, 0.0%)

1 の末頃, は八カ月

▼ 殊に一月~ (2, 0.0%)

1 の末頃, は書入れ

▼ 殊に一番~ (2, 0.0%)

1 い, いいこと

▼ 殊に一般~ (2, 0.0%)

1 の学問, の文学熱

▼ 殊に一軒家~ (2, 0.0%)

2 あけ開いたなり門

▼ 殊に丁寧~ (2, 0.0%)

1 であつ, に小さな

▼ 殊に三島~ (2, 0.0%)

2 の屋敷

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 あごの, 顎と

▼ 殊に下町~ (2, 0.0%)

1 では, のよう

▼ 殊に下腹部~ (2, 0.0%)

1 には空腹, の力

▼ 殊に不品行~ (2, 0.0%)

1 で酒, な女

▼ 殊に不快~ (2, 0.0%)

1 ということ, の感

▼ 殊に不思議~ (2, 0.0%)

1 なの, な花

▼ 殊に丑松~ (2, 0.0%)

1 の同情, の父

▼ 殊に世界~ (2, 0.0%)

1 に名, 第一等

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 極地の, 耳の

▼ 殊に両親~ (2, 0.0%)

1 が若い, を亡くし

▼ 殊に中尉~ (2, 0.0%)

1 のごとく, の病患

▼ 殊に主人公~ (2, 0.0%)

1 の思い, の思ひ

▼ 殊に主題~ (2, 0.0%)

1 の古, の淺薄

▼ 殊に九州~ (2, 0.0%)

1 の諸, や隠岐

▼ 殊に九月~ (2, 0.0%)

1 の初め頃, の歌舞伎座

▼ 殊に九流~ (2, 0.0%)

1 では, については由來

▼ 殊に事件~ (2, 0.0%)

1 が事件, のため

▼ 殊に二十五年一月~ (2, 0.0%)

2 の神田

▼ 殊に二度~ (2, 0.0%)

1 の能登, も死にかけた

▼ 殊に二番め~ (2, 0.0%)

1 の句, の歌

▼ 殊に人々~ (2, 0.0%)

1 が今日, を驚かせた

▼ 殊に人工~ (2, 0.0%)

2 の文明

▼ 殊に人形~ (2, 0.0%)

2 や玩具

▼ 殊に人蔘~ (2, 0.0%)

1 と蕗, の種蒔

▼ 殊に今宵~ (2, 0.0%)

1 の玄蕃, は密雲

▼ 殊に今年~ (2, 0.0%)

1 は多い, は鷲

▼ 殊に今度箱根~ (2, 0.0%)

2 へ行く

▼ 殊に今後~ (2, 0.0%)

1 の大陸経営, は自分等

▼ 殊に仏教~ (2, 0.0%)

1 の側, はほとんど

▼ 殊に伯爵~ (2, 0.0%)

1 に会, の身辺

▼ 殊に何処~ (2, 0.0%)

1 の者, へ出

▼ 殊に何時~ (2, 0.0%)

1 また会, も冷汗

▼ 殊に何物~ (2, 0.0%)

2 かの甚だしい

▼ 殊に便利~ (2, 0.0%)

1 である, なの

▼ 殊に俳諧~ (2, 0.0%)

1 から発句, の切れ字

▼ 殊に倉田工業~ (2, 0.0%)

1 が毒瓦斯, の七〇%

▼ 殊に個性~ (2, 0.0%)

1 の明らか, を発揮

▼ 殊に偉大~ (2, 0.0%)

1 であると, なる人

▼ 殊に僧侶~ (2, 0.0%)

1 の作者, は長命

▼ 殊に先ごろ~ (2, 0.0%)

1 お酉, は自分

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 の波動説, は

▼ 殊に光一~ (2, 0.0%)

2 があゝ

▼ 殊に八幡系統~ (2, 0.0%)

1 の社, の神社

▼ 殊に兵法~ (2, 0.0%)

1 には勝れ, にも精しい

▼ 殊に其日~ (2, 0.0%)

1 の空気, は三十三回忌

▼ 殊に内地~ (2, 0.0%)

1 と違いまし, に帰っ

▼ 殊に冬期~ (2, 0.0%)

1 にあっ, の見物

▼ 殊に凄まじい~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 殊に凡兆~ (2, 0.0%)

1 に遡る, の客觀的

▼ 殊に出家~ (2, 0.0%)

2 と見る

▼ 殊に出来~ (2, 0.0%)

1 がよく, が面白い

▼ 殊に出立~ (2, 0.0%)

2 前三月

▼ 殊に初期~ (2, 0.0%)

2 の作品

▼ 殊に別山~ (2, 0.0%)

1 から雄山, の大

▼ 殊に利根川~ (2, 0.0%)

1 の水源地, の薄根口

▼ 殊に前半~ (2, 0.0%)

1 であくどい, の簡明

▼ 殊に前者~ (2, 0.0%)

1 の如き, の道楽気

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 しいので, とはどう

▼ 殊に動作~ (2, 0.0%)

1 や表情, を描い

▼ 殊に勘次~ (2, 0.0%)

1 の手, の申立

▼ 殊に勤め~ (2, 0.0%)

1 に出る, の中

▼ 殊に化政度~ (2, 0.0%)

2 に風行

▼ 殊に北上山地~ (2, 0.0%)

1 のへり, のヘ

▼ 殊に北宗画南宗画~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 殊に北支那~ (2, 0.0%)

1 には赤裸, の漢人

▼ 殊に十九世紀~ (2, 0.0%)

1 に入っ, の末葉

▼ 殊に午後~ (2, 0.0%)

1 になる, の日

▼ 殊に南方~ (2, 0.0%)

1 に於, の空

▼ 殊に危険~ (2, 0.0%)

1 です, を冒し

▼ 殊に友釣~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 でも開い, の方

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 經などは, 麻布を

▼ 殊に古い~ (2, 0.0%)

1 ものを, 大家には

▼ 殊に古代~ (2, 0.0%)

1 の印度, の書籍

▼ 殊に古代印度~ (2, 0.0%)

1 に於, の樣

▼ 殊に古典~ (2, 0.0%)

1 に泥ん, の大作

▼ 殊に只今~ (2, 0.0%)

1 お上屋敷, は深夜

▼ 殊に吉良家~ (2, 0.0%)

1 としては御, とは浅く

▼ 殊に名人~ (2, 0.0%)

1 と称される, の吹く

▼ 殊に向う~ (2, 0.0%)

1 は出家, は次男

▼ 殊に君女教員~ (2, 0.0%)

1 と來ちや, と来

▼ 殊に君注文~ (2, 0.0%)

2 が割合

▼ 殊に周囲~ (2, 0.0%)

1 に集まつ, の社会生活

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 より荷物, を助け

▼ 殊に和尚さん~ (2, 0.0%)

2 にその

▼ 殊に哀れ~ (2, 0.0%)

1 な所, な響

▼ 殊に四五人~ (2, 0.0%)

2 の女たち

▼ 殊に四句~ (2, 0.0%)

1 が何と, を受け

▼ 殊に団十郎~ (2, 0.0%)

1 が歌舞伎座, の如き

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 にいた, へかへつて

▼ 殊に土地~ (2, 0.0%)

1 はズット下町, を離れたら

▼ 殊に坊主~ (2, 0.0%)

1 があんた, と兵法

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

2 を低く

▼ 殊に多少~ (2, 0.0%)

1 縁故も, 鼻に

▼ 殊に多数~ (2, 0.0%)

1 の作品, の執筆者

▼ 殊に多量~ (2, 0.0%)

1 の蛋白質, の雪

▼ 殊に夜中~ (2, 0.0%)

1 なり何, のお出まし

▼ 殊に夜更け~ (2, 0.0%)

1 のその, を待っ

▼ 殊に夜風~ (2, 0.0%)

2 が一下し

▼ 殊に大きく長く~ (2, 0.0%)

1 続いて, 續い

▼ 殊に大尉~ (2, 0.0%)

2 は軍人

▼ 殊に大島~ (2, 0.0%)

1 という僕, と云

▼ 殊に大師~ (2, 0.0%)

1 の傳記, は此

▼ 殊に天子~ (2, 0.0%)

1 が宴樂, などは澤山

▼ 殊に天才~ (2, 0.0%)

1 と言われる, を有する

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 が忌わしい, が組合

▼ 殊に女大学~ (2, 0.0%)

2 の教訓

▼ 殊に女子供~ (2, 0.0%)

1 は怪我, は竹

▼ 殊に女形~ (2, 0.0%)

1 においてはそう, にとつて

▼ 殊に女房~ (2, 0.0%)

1 おえいまで, を使

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 かつた, 劇家を通じて

▼ 殊に好い~ (2, 0.0%)

1 がね, ものだ

▼ 殊に好く~ (2, 0.0%)

1 もので, 似合ひ

▼ 殊に妻子~ (2, 0.0%)

1 などあり, を曳いた

▼ 殊に婚礼~ (2, 0.0%)

1 の場合, の約束

▼ 殊に婦女~ (2, 0.0%)

1 に卑し, の罪案

▼ 殊に嬉しかっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 殊に嬉しく~ (2, 0.0%)

2 思ひました

▼ 殊に子供手~ (2, 0.0%)

1 を下す, を下ろす

▼ 殊に子爵~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ 殊に孝心~ (2, 0.0%)

1 な者, 深きに

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 の亡び, 元時代

▼ 殊に宮内~ (2, 0.0%)

1 には触れたくない, は非力者

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 に伝わる, の物

▼ 殊に家内~ (2, 0.0%)

2 は女

▼ 殊に家康~ (2, 0.0%)

1 の領内, は主

▼ 殊に家族~ (2, 0.0%)

1 の中, の者共

▼ 殊に家柄~ (2, 0.0%)

1 もい, を重んずる

▼ 殊に容易~ (2, 0.0%)

1 でなかったと, ならぬの

▼ 殊に将校~ (2, 0.0%)

1 であれば, の平民化

▼ 殊に小さく~ (2, 0.0%)

1 て青じろく, 数知れず咲く

▼ 殊に小さな~ (2, 0.0%)

2 子供らまでが

▼ 殊に小刀~ (2, 0.0%)

1 の扱い方, を大切

▼ 殊に小学校~ (2, 0.0%)

1 から来, の先生

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 數の, 青年の

▼ 殊に少し~ (2, 0.0%)

1 エライ禪僧に, 酒が

▼ 殊に少しく~ (2, 0.0%)

1 一風変った, 実の

▼ 殊に尾花~ (2, 0.0%)

2 がようやく

▼ 殊に局外者~ (2, 0.0%)

1 の作, の前

▼ 殊に展覧会前~ (2, 0.0%)

1 などにおいて持参, などに於

▼ 殊に屡々~ (2, 0.0%)

1 お詣りする, 頭を

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 の中, の沼

▼ 殊に岩石~ (2, 0.0%)

1 に脆く, の多い

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 に面した, の蔭

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

2 を上

▼ 殊に市街~ (2, 0.0%)

1 の中心, の整備

▼ 殊に師団~ (2, 0.0%)

2 の所在地

▼ 殊に平一郎~ (2, 0.0%)

1 があの, が自分

▼ 殊に年下~ (2, 0.0%)

2 の女性

▼ 殊に年寄~ (2, 0.0%)

2 に留守

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ 殊に度々~ (2, 0.0%)

1 行ったの, 見舞つ

▼ 殊に強く~ (2, 0.0%)

1 そのため, 認められると

▼ 殊に彼ら~ (2, 0.0%)

1 の家庭生活, の無

▼ 殊に徳川~ (2, 0.0%)

1 の中世以後, の末年

▼ 殊に心配~ (2, 0.0%)

1 があった, になる

▼ 殊に性的~ (2, 0.0%)

2 な犯行

▼ 殊に恋愛~ (2, 0.0%)

1 の場合, を歌

▼ 殊に悪く~ (2, 0.0%)

1 なって, 女には

▼ 殊に悲痛~ (2, 0.0%)

1 なる実験, に心

▼ 殊に惡歌~ (2, 0.0%)

1 多き事, 多しといふ

▼ 殊に愉快~ (2, 0.0%)

1 な想, に食べた

▼ 殊に意外~ (2, 0.0%)

1 だつたの, とも云

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 を強く, を得た

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

2 の悪い

▼ 殊に感慨~ (2, 0.0%)

1 が深, が深い

▼ 殊に態度~ (2, 0.0%)

1 が心意, が気に入らない

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 は媒妁, れ庭男

▼ 殊に我が~ (2, 0.0%)

1 日本に, 東洋芸術の

▼ 殊に戦争~ (2, 0.0%)

1 の始まる, の経過

▼ 殊に手紙~ (2, 0.0%)

1 に添え, の中

▼ 殊に手足~ (2, 0.0%)

1 まと, まといの

▼ 殊に拘束~ (2, 0.0%)

2 の多い

▼ 殊に拷問~ (2, 0.0%)

1 といふこと, については神楽坂署

▼ 殊に支配階級~ (2, 0.0%)

1 に對, は奴隷経済

▼ 殊に政府~ (2, 0.0%)

1 においては今にも, の新

▼ 殊に教養~ (2, 0.0%)

1 ある相当年配, と生活

▼ 殊に散文~ (2, 0.0%)

1 の目指し, は存外

▼ 殊に数学~ (2, 0.0%)

1 の才能, を専門

▼ 殊に文学芸術~ (2, 0.0%)

1 のあらゆる, の畑

▼ 殊に新た~ (2, 0.0%)

1 な性格, な文化

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 にでも来た, の新室

▼ 殊に日暮~ (2, 0.0%)

2 よりかけ

▼ 殊に日本風~ (2, 0.0%)

1 の人形, の私生活

▼ 殊に明らか~ (2, 0.0%)

1 であつ, にわかる

▼ 殊に昔風~ (2, 0.0%)

1 の商家, の家庭

▼ 殊に星空~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 のはだれ, 待つ心

▼ 殊に昨今~ (2, 0.0%)

1 は同志社, は秋蚕

▼ 殊に昼間~ (2, 0.0%)

1 はどうしても, よりは夜

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 ならぬ雷, の観念

▼ 殊に時たま~ (2, 0.0%)

1 珍肴として, 部落の

▼ 殊に晩秋~ (2, 0.0%)

1 から冬, の晨

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 ではある, などは抱子

▼ 殊に有力~ (2, 0.0%)

1 な働き, に見える

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

2 かなもの

▼ 殊に未来~ (2, 0.0%)

2 の海軍将校

▼ 殊に本人~ (2, 0.0%)

1 の口, の娘たち

▼ 殊に本堂~ (2, 0.0%)

1 で勤行, と庫裡

▼ 殊に本書~ (2, 0.0%)

1 に収むる二篇, の中

▼ 殊に本邦~ (2, 0.0%)

2 の竹類

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 の方七, は懸崖數十丈

▼ 殊に東京近傍~ (2, 0.0%)

2 の温泉場

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 をはずす, をはづすことにはその都度折檻

▼ 殊に校正~ (2, 0.0%)

2 は多忙

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 の如き, の花

▼ 殊に椿岳~ (2, 0.0%)

1 に傾倒, は画

▼ 殊に横浜~ (2, 0.0%)

1 が盛ん, には靴屋

▼ 殊に機嫌~ (2, 0.0%)

1 がいい, のわるい

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 の事実, の貴重

▼ 殊に歌舞伎~ (2, 0.0%)

1 のよう, の若い

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 五九の, 倉院其の

▼ 殊に正月~ (2, 0.0%)

1 と祭礼, などは十人

▼ 殊に正面~ (2, 0.0%)

1 の松平忠房, の階

▼ 殊に此地~ (2, 0.0%)

1 に一名園, は水

▼ 殊に此家~ (2, 0.0%)

1 は何時差押, は何時差押え

▼ 殊に此度~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 殊に武士~ (2, 0.0%)

1 と武士, の腰の物

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 の暮, の暮れ

▼ 殊に歳暮~ (2, 0.0%)

2 の夜景

▼ 殊に死人~ (2, 0.0%)

2 の墓

▼ 殊に死刑~ (2, 0.0%)

1 と極, に就

▼ 殊に殖産~ (2, 0.0%)

2 を盛ん

▼ 殊に母堂~ (2, 0.0%)

1 に篤き, 思ひなので

▼ 殊に母親~ (2, 0.0%)

1 と子, は一日

▼ 殊に民俗学~ (2, 0.0%)

1 に関する材料, の世界的権威

▼ 殊に気分~ (2, 0.0%)

1 の勝れなかった, の移り

▼ 殊に気持~ (2, 0.0%)

1 がよかつ, が大人

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 をつけた, を付けた

▼ 殊に水田~ (2, 0.0%)

2 の多い

▼ 殊に水軍~ (2, 0.0%)

1 は圧倒的, は大坂

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 は剣術, は現実そのもの

▼ 殊に江戸~ (2, 0.0%)

1 には可, に奉公

▼ 殊に油絵~ (2, 0.0%)

1 と云う, に至つて

▼ 殊に法律~ (2, 0.0%)

1 で決められた, を学んだ

▼ 殊に泰平~ (2, 0.0%)

2 の今日

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 に近く, は肴

▼ 殊に深山幽谷~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 殊に混雑~ (2, 0.0%)

2 するので

▼ 殊に清作~ (2, 0.0%)

2 が通り過ぎる

▼ 殊に清国留学生~ (2, 0.0%)

1 はひとり, は難物

▼ 殊に温か~ (2, 0.0%)

1 なるに, な海浜

▼ 殊に湯上り~ (2, 0.0%)

1 の時, の顔色

▼ 殊に源氏~ (2, 0.0%)

1 が勢力, が惟

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

2 くなっ

▼ 殊に漁師~ (2, 0.0%)

1 の常, はさんざん

▼ 殊に火薬庫~ (2, 0.0%)

2 の歩哨

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 存掛, 教養な

▼ 殊に無意識~ (2, 0.0%)

1 にだらう, に右手

▼ 殊に牛乳~ (2, 0.0%)

1 はよほど, ばかりを飲む

▼ 殊に犯人~ (2, 0.0%)

1 にし, の廻し者

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 はなめく, はなめくじ

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 のうま, のよう

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 を太, を愛好

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 のダイヤモンド, の妻

▼ 殊に珍重~ (2, 0.0%)

1 される, されるの

▼ 殊に現今~ (2, 0.0%)

1 に於い, の史家

▼ 殊に理由~ (2, 0.0%)

2 なしに

▼ 殊に甚だし~ (2, 0.0%)

1 かつた, とす

▼ 殊に生徒~ (2, 0.0%)

2 を処罰

▼ 殊に男子~ (2, 0.0%)

1 と女子, に於

▼ 殊に男性~ (2, 0.0%)

1 の前, はただ

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 から離れた, の風呂屋

▼ 殊に異人~ (2, 0.0%)

1 が此滑稽, の首

▼ 殊に病中~ (2, 0.0%)

1 には彼, の身

▼ 殊に病気~ (2, 0.0%)

1 のお, の時

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

2 に障る

▼ 殊に白い~ (2, 0.0%)

1 のや, 単衣襲

▼ 殊に白く~ (2, 0.0%)

1 塗り立てた短艇, 蔽はれた

▼ 殊に白昼~ (2, 0.0%)

1 のこと, は勿論

▼ 殊に盛ん~ (2, 0.0%)

1 であります, である

▼ 殊に盛岡人~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 殊に目ざましく~ (2, 0.0%)

1 ぞ覺, 鮮やかなりし

▼ 殊に盲目的~ (2, 0.0%)

2 に彼女

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 國の, 許して

▼ 殊に眉山~ (2, 0.0%)

1 と大, の艶容媚態

▼ 殊に瞽女~ (2, 0.0%)

1 のお, を知っ

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 とか鉄片, を置いた

▼ 殊に砂利~ (2, 0.0%)

2 を運ぶ

▼ 殊に硬骨~ (2, 0.0%)

2 な父

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 と云, に関した

▼ 殊に神楽坂~ (2, 0.0%)

1 などという粋, は昼

▼ 殊に私自身~ (2, 0.0%)

1 が東北人, の経験

▼ 殊に科学~ (2, 0.0%)

1 によってその, を敵視

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 のなか, の周辺

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 はそれ, を自在

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 につかまった, へ雨

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 を執つた, を持っ

▼ 殊に箱根~ (2, 0.0%)

2

▼ 殊に精巧~ (2, 0.0%)

1 なの, な美しい

▼ 殊に紐育~ (2, 0.0%)

1 の独逸文, は黄金

▼ 殊に純潔~ (2, 0.0%)

1 な処女, を尊ぶ

▼ 殊に純粋~ (2, 0.0%)

1 に名, の国語

▼ 殊に細川家~ (2, 0.0%)

1 などは台所役人, に召抱えられ

▼ 殊に結末~ (2, 0.0%)

1 で, の數十行

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 の勉強, は出色

▼ 殊に絵画~ (2, 0.0%)

1 の方, の極

▼ 殊に經書~ (2, 0.0%)

1 に至り, の中

▼ 殊に維新以後~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ 殊に綺麗~ (2, 0.0%)

1 であった, に見える

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 の深い, の遠い

▼ 殊に美しかっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 殊に美しき~ (2, 0.0%)

1 は金紙, 衣裳を

▼ 殊に翻訳~ (2, 0.0%)

1 といふ仕事, を為始めた

▼ 殊に老年~ (2, 0.0%)

1 にでもなる, になる

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 うべきこと, ふべきは

▼ 殊に聖書~ (2, 0.0%)

1 のヘルメノイティク, の歴史

▼ 殊に肉体~ (2, 0.0%)

1 に対しての解釈, を売り物

▼ 殊に肝腎~ (2, 0.0%)

1 な手続, の出征家族

▼ 殊に胎児~ (2, 0.0%)

2 にまで世

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 は立派, を反らせた

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 には海老かづら, は

▼ 殊に色白~ (2, 0.0%)

1 なその, の質

▼ 殊に花時~ (2, 0.0%)

1 にはいつも, の癖

▼ 殊に芸術~ (2, 0.0%)

1 となった, の方面

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 の名, や鳥

▼ 殊に荒山~ (2, 0.0%)

2 から少し

▼ 殊に荷物~ (2, 0.0%)

1 を持ってる, を皆

▼ 殊に著名~ (2, 0.0%)

1 であったと, に表示

▼ 殊に著者~ (2, 0.0%)

1 が旅行, の愉し

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

2 古時代

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 などが居る, に変ずる

▼ 殊に蝮蛇~ (2, 0.0%)

1 の頭肉, は猪

▼ 殊に血気~ (2, 0.0%)

1 の漲り立っ, の雀躍

▼ 殊に表現~ (2, 0.0%)

1 し難, を事

▼ 殊に表通り~ (2, 0.0%)

2 の向側

▼ 殊に西側~ (2, 0.0%)

1 の方, は栂

▼ 殊に見事~ (2, 0.0%)

1 な枝, な現代浮世絵

▼ 殊に親しく~ (2, 0.0%)

1 して, 話し合って

▼ 殊に言語~ (2, 0.0%)

1 の上, をあら

▼ 殊に証拠~ (2, 0.0%)

1 となるべき, の艶書

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 に於, を巧み

▼ 殊に調書~ (2, 0.0%)

1 の作成, の文字

▼ 殊に責任感~ (2, 0.0%)

1 が至つて, の強い

▼ 殊に貴方~ (2, 0.0%)

1 だ誰, は人相見

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 と白, のスペクトル

▼ 殊に赤い~ (2, 0.0%)

1 旗は, 窓の

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 の辷り, の運び

▼ 殊に足駄~ (2, 0.0%)

1 をひき, 穿きには

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 を貧苦, を質素

▼ 殊に身体~ (2, 0.0%)

1 が悪, の疲れ

▼ 殊に軍陣~ (2, 0.0%)

1 の刑罰, の機密

▼ 殊に軽部~ (2, 0.0%)

1 は一生, は馬鹿

▼ 殊に農耕牧畜~ (2, 0.0%)

2 に従事

▼ 殊に近世~ (2, 0.0%)

1 における複雑, は松前藩以来

▼ 殊に近代劇~ (2, 0.0%)

1 といふもの, に於

▼ 殊に近代文明~ (2, 0.0%)

1 の中心, の発達

▼ 殊に近来~ (2, 0.0%)

1 の僧侶, は

▼ 殊に退屈~ (2, 0.0%)

1 だった, 話しながら

▼ 殊に道具~ (2, 0.0%)

2 を作る

▼ 殊に道徳上~ (2, 0.0%)

2 の特色

▼ 殊に遠い~ (2, 0.0%)

1 峰は, 温室の

▼ 殊に遠方~ (2, 0.0%)

1 の人, の文書

▼ 殊に選ばれたる~ (2, 0.0%)

2 人間の

▼ 殊に都合~ (2, 0.0%)

1 がいい, よく御

▼ 殊に重要~ (2, 0.0%)

1 な手がかり, な点

▼ 殊に鋭く~ (2, 0.0%)

1 感ぜられた, 男の

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

2 のかかり得る

▼ 殊に長篇作品~ (2, 0.0%)

2 が要望

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 に沿うた, 大入校後

▼ 殊に隣り~ (2, 0.0%)

1 の家, 合つて國を

▼ 殊に隣家~ (2, 0.0%)

1 に面した, の主人

▼ 殊に雑司ヶ谷~ (2, 0.0%)

1 などという遠い, の奴ら

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 を持つ, を連れた

▼ 殊に電話~ (2, 0.0%)

1 などで最後, はあらゆる

▼ 殊に露西亜~ (2, 0.0%)

1 の女子, へ出発

▼ 殊に非常~ (2, 0.0%)

1 な人格者, な熱弁家

▼ 殊に面倒~ (2, 0.0%)

1 なの, な理窟

▼ 殊に面部~ (2, 0.0%)

1 の此, を打破られ

▼ 殊に頭脳~ (2, 0.0%)

1 と意志, の啓発

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 から肩, が細かっ

▼ 殊に顕著~ (2, 0.0%)

1 であったよう, なるを

▼ 殊に願った~ (2, 0.0%)

2 からである

▼ 殊に食事~ (2, 0.0%)

1 のたび, の時

▼ 殊に飾り~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ 殊に馬力~ (2, 0.0%)

2 は速力

▼ 殊に髪の毛~ (2, 0.0%)

1 が伸びる, が美事

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

1 の嗅覺, の最も

▼ 殊に~ (2, 0.0%)

2 の一貴人

▼ 殊に鴎外~ (2, 0.0%)

1 の如き, は早熟

▼ 殊に鶏冠山~ (2, 0.0%)

2 の側

▼ 殊に黒ずんだ~ (2, 0.0%)

2 水面に

▼1* [3284件]

殊にあした死方を, 殊にあいつが頸, 殊にあすこは夜, 殊にあそこには良人, 殊にあとの, 殊にあなた方はもう既に, 殊にあなた様のお, 殊にあはれさが身, 殊にあやしいことは, 殊にあらしの次, 殊にあらわの波, 殊にあれくらゐの, 殊にあんたのやう, 殊にいい気味だ, 殊にいくら姙娠だつ, 殊にいけないことには, 殊にいずれも馴染, 殊にいそがしい思いを, 殊にいたましく感じられます, 殊にいちずの気性, 殊にいつぱし一人歩きを, 殊にいつの間にか雨が, 殊にいま日本は重大, 殊にいやな一面, 殊にいやしさが, 殊にいろんな関係から, 殊にうしろへ駆け廻った, 殊にうす雲つた穂高山が, 殊にうすら寒き夜を, 殊にうす暗い時刻なら, 殊にうといとし子には, 殊にうなぎ屋の店, 殊にうまかった, 殊にうまくすぐ二三日, 殊にうましなぞと口, 殊にうれしかつた, 殊にうれしいことは, 殊にうれしく読まれた, 殊にうわばみ, 殊におかしいのは, 殊におかしかったの, 殊におかしきはその, 殊におかしくも又, 殊におせんが好き, 殊におっかさんはしっかり, 殊におとなしい性質の, 殊におどりは快適, 殊におのおの内密で, 殊におもしろいのは, 殊におん鼻はちと, 殊にお前さまはわれわれ, 殊にお前さん銭金に不自由, 殊にお嬢さん許の灰, 殊にお子さんがない, 殊にお宝お宝の絵紙, 殊にお客の居る, 殊にお家の芸, 殊にお家流を達者, 殊にお座なりな曖昧, 殊にお手前の音, 殊にお父さんがほんとに, 殊にお茶や歌, 殊にお袋の心配, 殊にお金は他, 殊にかういふものは, 殊にかたばみの葉, 殊にかつては争っ, 殊にかなしい情ない子供に対して, 殊にかような古代, 殊にからたちは茨, 殊にからりと晴れた, 殊にはだち, 殊にきのふよりしめやか, 殊にきびしかった, 殊にきりぎりすの眼, 殊にはしく, 殊にくどいものである, 殊にぐいと胸を, 殊にけむつたやうにな, 殊にけんけんで踊る, 殊にここ三ヶ月ばかりというもの, 殊にここ数日来は羽柴軍, 殊にこちらの旦那様, 殊にこっそり梅田新道へ, 殊にこの間の大, 殊にこの間職を罷め, 殊にこまかい細工もの, 殊にこれなんざあ御銘々, 殊にこれ等の人, 殊にこんにちと, 殊にこんどの唐突, 殊に不快でございましょう, 殊にごみごみした現代, 殊にさっきの青年, 殊にさつきから続け, 殊にさていよいよという, 殊にさびしく通行の, 殊にさやけく見ゆる月哉, 殊にと, 殊にしかりとす, 殊にしん吉とは違っ, 殊にじゃ善悪は, 殊にすくなくなった, 殊にすぐれてゐる, 殊にすぐれた信者で, 殊にすさまじい熱狂の, 殊にすでに世間に, 殊にすべての革命的行動, 殊にせいが低, 殊にせわしくそのせい, 殊にせんのみ, 殊にそうした階級の, 殊にそこで列を, 殊にそつがない, 殊にそのおかしな嘴と, 殊にその大きな下唇, 殊にその見知らぬ人は, 殊にその道の粋人たち, 殊にその間の冬休, 殊にそれだけの人員, 殊にそれ等の劇団, 殊にそれ自らの中心, 殊にただ氣忙し, 殊にただ今は人的資材, 殊にたった一人で, 殊にたとへ罪, 殊にたまらないのは, 殊にだんだん畸形にか, 殊にちかごろ花江の, 殊にちびの中村さん, 殊にちやぶだい, 殊にちよつと老人, 殊につい十日ほど, 殊につつじは最も, 殊につらき物ぞよ, 殊にですな解剖, 殊にところどころ修繕の, 殊にとんぼには興味, 殊にどういう偶然か, 殊にどうしてか宝蔵破り, 殊にどじょうとなまず, 殊にどの人もみんな, 殊にどろどろに感得, 殊にどんな細かいこと, 殊になつかしく我々には, 殊になんといふ新鮮さ, 殊になんにも手に, 殊にはげしい風の音にも, 殊にはげしく降りつる, 殊にひがみ根性の強い, 殊にひそかに此歌, 殊にひどうござんした, 殊にひどかった, 殊にひろ子には顔, 殊にふさ子は発育, 殊にふだんから勝気, 殊にふびんに思われる, 殊にへこたれてあゆみなやんだ, 殊にほかの土地, 殊にほこりだらけだから, 殊にぼくの成人, 殊にぎらはしいのは七人, 殊にまさきにメラニポス, 殊にまむしの頭みたい, 殊にみなりやものご, 殊にみのるの樣, 殊にむずかしかったの, 殊にむつかしいところが他, 殊にめでたかつたお方でございまし, 殊にめでたきなり, 殊にもうすぐ競子の, 殊にもう少し何か, 殊にもしそれが, 殊にもそなたの沈着勇武, 殊にもつとも構想の, 殊にもてはやされてゐる, 殊にものものしかったと, 殊にもろ手の山落暉, 殊にやかましかった, 殊にやっと柵の, 殊にやつと柵, 殊にやめられないわ, 殊にやや濁を, 殊にゆうべの雨風, 殊によからうと, 殊により忌憚なく, 殊にわが国現代の所謂芸術的, 殊にわけもなく, 殊にわざわざ高い月給, 殊にわびしかった, 殊にわれながらといふ, 殊にアイヌは作り話, 殊にアイルランド劇の面影, 殊にアウグスティヌスが明かなる, 殊にアチラの道楽, 殊にアノ咒語を解釈, 殊にアノ方を迷わせる, 殊にアノ香気と風味, 殊にアムモニアの議論, 殊にアメリイの方, 殊にアリストテレスにおいて最も, 殊にアルコール分の強い, 殊にアルゼンチンのフランス化, 殊にアルチュのラマ, 殊にアレキサンドリアの文庫, 殊にアンダンテからアレグロ, 殊にイギリスの王權, 殊にイタリーを舞台, 殊にイタリー人は日本人並, 殊にイデアの説, 殊にイプセンの翻訳者ブロゾオル伯, 殊にインドのごとく, 殊にインド哲学その中, 殊にインド辺りの熱い, 殊にエチオピア帝国は皇統連綿, 殊にエビルは肥っ, 殊にオギワルからガラルド, 殊にオツトセイのエロ話, 殊にオペラなどにおいてそうした, 殊にオランダ東印度會社イギリス東印度會社及び露米會社, 殊にオリンピツクのやう, 殊にオリーブ油で日本式, 殊にオルガ姫の端麗さ, 殊にオルフィク教においては魂, 殊にオーゲの聞き込み, 殊にカソリックの千鶴子, 殊にカトリツク教を愛し, 殊にカパディア氏の国, 殊にカリフォルニアで彼等, 殊にカントとショーペンハウエル, 殊にガス中毒の場合, 殊にガッチリした新子, 殊にガンベッタ廣場からグラン・テアトル, 殊にキバナノシャクナゲが甚だ, 殊にクラリモンドは大, 殊にクラン・マッキンタイア号よりずっと, 殊にクリストを描いた, 殊にクレイグからメイエルホリド, 殊にケムブリツヂ大學, 殊にケルソン市の岸, 殊にケーラーの如き, 殊にコナラの葉, 殊にコレ武士の腰, 殊にコロボックルなる名, 殊にコンクリートの壁, 殊にコンブなどは水, 殊にゴンクウル兄弟に就, 殊にサイコロジカルな処, 殊にサラダ菜の歯当たり, 殊にサンテヴルモンはウェストミンスクア, 殊にシェイクスピアの時代, 殊にシェイクスピヤ調を混入, 殊にシェクスピイヤの人物, 殊にシカゴあたりは非常, 殊にシゲシゲと遊び, 殊にシナの中立地帯, 殊にシナロンは土人, 殊にショッペンハウエル氏の影響, 殊にショーウインドウには当時大家, 殊にシリアキリキアカパドキア小アジア, 殊にシーボルト先生は我国, 殊にジュコーフスキーの如き, 殊にスティヴンソンの童謡, 殊にステイル氏はワラタ号, 殊にステファンドムのゴシック, 殊にストリンドベルヒの戯曲, 殊にストーン氏のよう, 殊にズツと入海, 殊にセラ大寺では肉粥, 殊にセリイヌの方, 殊にセルギウスの方, 殊にソレイランの子供, 殊にゾイリア国民が早速, 殊にタスカン酒の一, 殊にダンスの競技会, 殊にダーウィンスペンサー等の英国進化論, 殊にダートムアの北部, 殊にチェエホフの文章, 殊にチチコフはひどい, 殊にチブスが, 殊にチベットの寒い, 殊にチベット人は一己, 殊にチロルの山の上, 殊にヂパングの黄金無量, 殊にテオドラ嬢の父, 殊にテーモ・リンボチェという方, 殊にデコボコの多い, 殊にデパートの書籍部主任, 殊にトッパーは巧妙, 殊にトツクの幽霊, 殊にトレドはドゥイノ, 殊にトロヤの髯, 殊にトンネルの多い, 殊にドイッセンのごとき, 殊にドガの踊子軽業師, 殊にドストエフスキーなぞ場面々々, 殊にナオミとの結婚前後, 殊にナブルスの谷, 殊にナンブセーカンは出来上り, 殊にニイチエがその, 殊にニュートンの物理学, 殊にネパールは道理, 殊にネパール人は子供, 殊にネパール政府は日本, 殊にネルロは夢中, 殊にノオルウエイの首府クリスチヤニア, 殊にハガードの如き, 殊にハナウマイの涯, 殊にハリオットが臨終, 殊にハーレムの王中, 殊にバイブルの如き, 殊にバクテリアなどは先頃, 殊にパウルーシカというの, 殊にパラティウム区域は帝政以前, 殊にパリ女の誰, 殊にパルテノンの如き, 殊にヒドかつたらうと, 殊にヒマラヤ山中のダージリン, 殊にビルダデにはヨブ, 殊にフィッシュ・インディアン・スープてふ, 殊にフィヒテが説く, 殊にフェミニストの坂本さん, 殊にフォニックスは私, 殊にフランス女といふ, 殊にフランス文学の所産, 殊にブラツクウツドなどは, 殊にプラトンに対する関係, 殊にプロシャのブルジョアジー, 殊にヘロインを売っ, 殊にベルグソンやフロイド, 殊にベルモンテびいきのファン, 殊にベルリンは, 殊にペスト流行の兆候, 殊にペルリ側通譯官ポートマンとの間, 殊にペンでかくので, 殊にポケットにかくす, 殊にポタアジュよろし, 殊にポタアジュそれもトマト, 殊にポリニヤックが絲, 殊にマキャベリー式政治家に鼻, 殊にマクスエルやレベデフ, 殊にマッチを箱, 殊にマルセーユの埠頭, 殊にマントア要塞は頗る, 殊にミュッセは柔軟繊細, 殊にミリタリズムの暴圧, 殊にムラサキ科のチサノキ, 殊にメリー女王殿下の閲兵, 殊にメルバを自慢, 殊にモスコー敗戦後は遺憾, 殊にモダーン好みの女性たち, 殊にモリエールの晩年, 殊にモルトケ時代の普国, 殊にモーパッサンはフローベール, 殊にモール博士から託された, 殊にユダア人は彼, 殊にユダヤの古い, 殊にヨットは人, 殊にヨブがその, 殊にヨルダンの流域, 殊にヨーロッパでは強力, 殊にライスカレーなんてもの, 殊にラサの下等社会, 殊にラシイヌよりマリヴォオ, 殊にラシイヌ探偵には生命, 殊にラマ・シャブズン師は非常, 殊にランの一, 殊にルイズを大, 殊にルイ十六世の王妃マリ・アントワネット, 殊にルイ王朝時代の繁栄, 殊にルイ王様のお蔭, 殊にルサージュの傑作, 殊にレントゲン写真までああ, 殊にレンブラントの作品, 殊にロシヤあたりでなければ, 殊にロースを焼く, 殊にローマへヴエニス, 殊にローマ人これを車, 殊にローマ字綴の, 殊にローヤル館のオペラ, 殊にワッツ・ダントンの小説, 殊にヴァッヘルの事件, 殊にヴェニスはその, 殊にヴエノスアイレスのお客様, 殊に一九〇四年には第, 殊に一九一三年には参謀本部, 殊に一亡命者としてのフロラ, 殊に一人きりの時, 殊に一人稱の敍述, 殊に一代の名, 殊に一個の文章, 殊に一八二九年別の一座, 殊に一八五一年シャスタ山から三十五哩, 殊に一六九三年の震災, 殊に一千二三百メートルから一千七百メートル位, 殊に一友の如き, 殊に一夜造りのバラック建, 殊に一室一人一燈一人はうれし, 殊に一家の窮境, 殊に一己の創見, 殊に一度彼の同僚, 殊に一揆は代官所, 殊に一族間の相, 殊に一日も缺, 殊に一昨年女学校を出, 殊に一昨日の村社, 殊に一時間程のち, 殊に一時間余も御, 殊に一晩のうち, 殊に一歩後へ引け, 殊に一町内ごとに一つづ, 殊に一番人気のある, 殊に一番神に近い, 殊に一益は女, 殊に一目でそれ, 殊に一種の戦争熱, 殊に一種任侠の気, 殊に一般的には川村曼舟氏, 殊に一般観客も新しい, 殊に一般辞書の上, 殊に一角に対する考え, 殊に一言も言葉, 殊に一部の稲実, 殊に一際目立って, 殊に一青年學生の思ひ, 殊に一頃半熟の文學者, 殊に一高の生徒, 殊に七たび目に曲った, 殊に七海の村人, 殊に七蔵の主人, 殊に万事が完, 殊に万吉は, 殊に万太郎のたずね, 殊に万葉集は自分, 殊に丈夫に成った, 殊に三十一章に表れたる, 殊に三十五銭の上等弁当, 殊に三十代で亭主, 殊に三十年戦争頃に比し, 殊に三十年来余が目撃, 殊に三十歳を出た, 殊に三千子さんの様, 殊に三千米以上の山, 殊に三史講筵の行, 殊に三吉が旅, 殊に三名引山のあたり, 殊に三味線を弾い, 殊に三宅軍兵衛というの, 殊に三宅雪嶺があの, 殊に三年になる, 殊に三月の末, 殊に三条四条辺にはかなり, 殊に三段鼻の形, 殊に三江に關, 殊に三河南設樂郡地方では正月, 殊に三艘の舟, 殊に三藏の心, 殊に三角の波, 殊に三部志望が多い, 殊に三都の如き, 殊に三重県なんて上方, 殊に三面の壁, 殊にに対して御, 殊に上層は幾百羽, 殊に上州の赤城, 殊に上役の事, 殊に上手なりければ, 殊に上方風の二枚目芸, 殊に上書文と来た, 殊に上月城も陥ち, 殊に上月記や赤松記, 殊に上杉などは完全, 殊に上村松園氏のやう, 殊に上機嫌にてのう君, 殊に上流の婦人, 殊に上海の婦人, 殊に上潮と底潮, 殊に上等の濁酒, 殊に上等室もあり, 殊に上野の山下, 殊に上野介は先, 殊に上願書の次, 殊に上高地渓谷は日本アルプス中, 殊に下句は明治, 殊に下士以下は人, 殊に下宮川谷に臨んだ, 殊に下層階級の風俗習慣等, 殊に下廻りの活動, 殊に下手だった, 殊に下田談判のとき, 殊に下着や腰, 殊に下腹に穴, 殊に下賀茂の糺, 殊に下面に著しい, 殊に不便なの, 殊に不可能の事, 殊に不可解なの, 殊に不孝をした, 殊に不幸の最大, 殊に不当に絞殺, 殊に不恰好に大きく, 殊に不手際と思はれる, 殊に不良少年は郊外, 殊に不遇な男の子, 殊に不道徳なる先生, 殊に不都合なの, 殊に世の中の変り目, 殊に世人から売笑婦, 殊に世子は右, 殊に世話物などになる, 殊に両人ともまだ, 殊に両国は西, 殊に両家の財産, 殊に中世の代表者, 殊に中国大陸を植民地, 殊に中国平定の業, 殊に中国文化の日本, 殊に中央アジア以東は極端, 殊に中央停車場から汽車, 殊に中央日本の山, 殊に中央線の汽車, 殊に中学生徒の如き, 殊に中居天声を主, 殊に中島力造のごとく, 殊に中年以上の人, 殊に中形のがら, 殊に中村のこと, 殊に中村孤月君などという, 殊に中臣宅守に係つた巻, 殊に中華民國は漢滿, 殊に中谷には既に, 殊に中谷君は信州松本, 殊に中間などの悪い, 殊に丹前を二枚, 殊に丹治も倶, 殊に丹波博士は狂言, 殊に丹波島から下流, 殊に主として江南の, 殊に主屋と離れた, 殊に主要なる頭部, 殊に久慈のその, 殊に久次の乱行, 殊に久活形容詞専門と思はれる, 殊に久米は岸本, 殊に久良伎翁剣花坊翁の作品, 殊に久馬ちやんにはあと, 殊に久高島ではのろ, 殊に之等のデパート, 殊に乗換場になっ, 殊に合せた英米等, 殊に乙姫や浦島太郎, 殊に九尺の大, 殊に九里峡と瀞八丁, 殊に乞食の話, 殊に乱心というの, 殊に乳幼児のそれ, 殊に乳房は授乳, 殊に之介, 殊に事変下でね, 殊に事変以後その危惧, 殊に事変以来は鶴どころ, 殊に事実談になる, 殊に事物の外形, 殊に二つの乳房, 殊に二三匹一しよに, 殊に二上りの出, 殊に二人一緒は有難い, 殊に二個あり, 殊に二匹の洞窟蟋蟀, 殊に二十九番館は人, 殊に二十六年六月浅草座開場に当, 殊に二十圓といふ僅, 殊に二年に余る, 殊に二度目には口, 殊に二日三日となる, 殊に二番目の繁, 殊に二百十日前後は稲穂, 殊に二等室は緩, 殊に二階への階段, 殊にふこと, 殊に云つておかなければ, 殊にもくずし, 殊に五ヶ年も奉公, 殊に五十嵐家の遺産といつて, 殊に五月には世界一, 殊に五月六月頃は丁度, 殊に五月時分はしりの, 殊に井戸の内側, 殊には便り, 殊に亜剌比亜並びに東方諸国, 殊に亜米利加人に盛ん, 殊になった養父角右衞門, 殊に亡母の年回, 殊に交通不便の時代, 殊に交通機関は発達, 殊にの人, 殊に京津電車の揺れ, 殊に京阪などには今, 殊に人がらも優れ, 殊に人倫の道, 殊に人前などである, 殊に人口の減少, 殊に人命に關, 殊に人情本の挿絵中, 殊に人気があった, 殊に人物を観る, 殊に人目を嫌っ, 殊に人立の中, 殊に人足らは重い, 殊に人里離れたところ, 殊に人間生活の常態, 殊に人類の家畜化, 殊に人麻呂が某, 殊に仁愛を命, 殊に仁王門を這入っ, 殊に仄白かつた, 殊に今になつて, 殊に今夕のよう, 殊に今夜あたり色艶勝れず円髷, 殊に今度貴女に会った, 殊に今日のはちゃんと, 殊に今日我々が考へる, 殊に今日新劇の演出者, 殊に今日日本の置かれ, 殊に今日田舎へ帰っ, 殊に今日釣に出, 殊に今晩の御, 殊に今更どう言つても, 殊に今頃から真夏, 殊に仏家の書, 殊に仏教国であるから, 殊に仏法をよく, 殊に仏蘭西の戯曲, 殊に仏蘭西公園では若葉, 殊に仏蘭西型の生意気, 殊に仕事中彼女が危く生命, 殊に仕度という字, 殊に付添の人達, 殊に代数がいや, 殊に代表的なもの, 殊に令兄は腹蔵, 殊に以前と変った, 殊に以前勤めを致した, 殊に宅を, 殊に仮死の埋葬, 殊に仮面の舞台効果, 殊にの好え, 殊に仲よしで兄, 殊にの邸, 殊に伊勢奈良を廻っ, 殊に伊藤や須山, 殊に伏猪に萩, 殊に休みの日, 殊に会話受持のチャペル, 殊に伝染病の行われ, 殊に伯林はあらゆる, 殊に伯母を愛し, 殊に佐多は慘め, 殊にが丈夫, 殊に体格劣等の方, 殊に何くれとなく, 殊に何びとも異論, 殊に何ものよりも一番大切, 殊に何ゆゑに国情, 殊に何より矢代の, 殊に何事も感情, 殊に何十年とそんな, 殊に何故に俳優, 殊に何等か仕事, 殊に佗びしく悲しい, 殊に余りにも安易, 殊に余分な人間, 殊に作品の持ち味, 殊に作家生活にはひつ, 殊に作文は私, 殊に作者自身の體驗, 殊に佳し大島まで, 殊にる, 殊に例えば金冬心や, 殊に例へば思考法とか, 殊にの姿, 殊に侘しかつた, 殊に依子の膝, 殊に依頼畫なども描け, 殊に侯爵は県民, 殊に便所は座敷, 殊に俊乗によく, 殊に俊助は話, 殊に俊吉を知らない, 殊に俊和尚の贈物, 殊に俗語の良い, 殊に俚諺にはよく, 殊に保子に就, 殊に保子さんの私, 殊に信仰の類似, 殊に信州の産, 殊に信州あたりの高原, 殊に信次とはまるで, 殊に信濃の産名, 殊に修身の時間, 殊に俳人などは旧株, 殊に俳優相互の関係, 殊に俳優諸君はこの, 殊に俺達の執拗, 殊に個人の禮儀, 殊に借家難の声, 殊に借財方から責められ, 殊に倭人傳に載せたる, 殊に偃松が目, 殊に觀也, 殊に偏屈という御, 殊に滯し, 殊に停年で大学, 殊に健康といふ観念, 殊に健次さんは何, 殊にには角井, 殊に傍書の, 殊に傑作である, 殊に傭人等は日々馬鈴薯, 殊に傳説を取り, 殊にしいの, 殊に傾向的なもの, 殊に働きのない, 殊に僕個人として二千六百年, 殊に僕等日本人の船室, 殊に僕等都会人はその, 殊に僕自身を夢, 殊に僚機の第, 殊に僧堂の如き, 殊に僧堂教育の精神, 殊に僧形を装う, 殊に價貴しされど, 殊に兄キ達は仲間, 殊に兇暴で子, 殊に先々代の女, 殊に先刻から懸念, 殊に先年月形城の謀叛以来牡鹿山, 殊に先方からの強, 殊に先日乙姫さまから委細, 殊に先生のはひどい, 殊に光つた岬影の一部, 殊に光代が甲高い, 殊に光子は溌刺, 殊に光子さんのこと, 殊に光度を増す, 殊に飼いからの, 殊に児供等の前, 殊に児童閲覧室の風景, 殊に入日を浴びた, 殊に篇を, 殊に全体としては百年, 殊に全体主義の最, 殊に全然素人が, 殊に兩親は少, 殊に八合目の室, 殊に八幡大菩薩, 殊に八幡屋は蜂屋, 殊に八幡神関係について詳しく, 殊に八年前文部省の留學生, 殊に八日日の天道花, 殊に公平を第一義, 殊に公開された勝負, 殊に六年を卒業, 殊に六時の神戸急行, 殊に六歌仙の絵, 殊に共感せられるもの, 殊に共産黨の攻勢, 殊に兵助は自分, 殊に其エネチアナポリシシリヤ等の諸, 殊に其ルビは数人, 殊に其中心勢力になつ, 殊に其傾向が甚, 殊に其処は小さな, 殊に其力を極めて, 殊に其名利を超脱, 殊に其城敵に近し, 殊に其夜中の暗闇, 殊に其形はコロップ, 殊に其悲惨な最後, 殊に其情夫が坊主, 殊に其意義の解釋, 殊に其意見が何, 殊に其感化を受けた, 殊に其数が多, 殊に其數が多, 殊に其方が短剣, 殊に其末に殊舞, 殊に其様に間違つた, 殊に其生活から庶民, 殊に其病気の時, 殊に其癖を著しく, 殊に其眼は一種, 殊に其粋を抜きたる, 殊に其粹を拔, 殊に其精神に於, 殊に其義を長く, 殊に其自身の中, 殊に其蝦夷に關, 殊に其起點を堺港, 殊に其身に纏える, 殊に其遊び場所の最も, 殊に其頃の新聞, 殊に其頭部に裝填, 殊に内儀さんの迎, 殊に内務省直轄で築造, 殊に内外に亘る, 殊に内庭は我々, 殊に内攻した生活, 殊に内陸の海岸線, 殊に円屋根の内部, 殊に円錐型のベルリン競技場, 殊に冒頭の一節, 殊に写実主義文学の洗礼, 殊に写生の語義, 殊に写真を撮る, 殊に冬季は農作, 殊ににし, 殊に冷たい粗剛, 殊にじきさまに, 殊に凄い程だ, 殊に凄まじく慣れた道, 殊に准那と云, 殊に凝灰岩をもまじえ, 殊に凡てを物悲しく, 殊に凱旋門のある, 殊に凶作とか悪疫, 殊にて来た, 殊に出席しないはず, 殊に出征の将兵, 殊に出棺のとき, 殊に出版と云, 殊に出版界は甚, 殊に出雲国造神賀詞と中, 殊に函入の, 殊に刀剣は身, 殊に分別ある人ゆえ, 殊に分配論上の対象, 殊に切れの長い, 殊に刈屋頼母は極力, 殊に刑事や巡査, 殊に刑事達は彼, 殊に刑法に於, 殊に列車が博克図, 殊に初めから内密, 殊に初夏から秋末, 殊に初対面の人, 殊に初段近きまたは, 殊に初版にある, 殊に判事が力, 殊に別所についてそう, 殊にに走り, 殊に利根川右岸の雪, 殊に刻み深く隈, 殊に剃刀は稀代, 殊に前半期の多く, 殊に前年即ち明治廿一年七月十五日, 殊に前後へ間延び, 殊に前方の隅, 殊に前景の土, 殊に前橋地方の中流, 殊に前田殿には年来, 殊に前田金森などの使者, 殊に前述の心理過程, 殊に前進と射撃, 殊にで刺され, 殊に割りこみ騒ぎで, 殊に創作上の利益, 殊に創作家となり得る, 殊に創作方面に於ける, 殊に劇場の書き, 殊に劇文学の交流作用, 殊に加寿子たちにはうつ, 殊に加藤さんが気, 殊に加藤博士のごとき, 殊に加藤宅馬は鑑刀, 殊に多くし, 殊に勇武絶倫猛獣を物, 殊に勇気があ, 殊に動物及び植物, 殊に動脈管は下, 殊に勝元など宗全, 殊にが激しい, 殊に勿体ない気の, 殊に化政以後の燒物, 殊に化粧でありますが, 殊にの三山, 殊に北上川流域及び其以北, 殊に北京から帰朝, 殊に北京人の芝居好き, 殊に北俣川の合流点, 殊に北南葛城郡が中心, 殊に北支など, 殊に北支那留學中には殆ど, 殊に北斎の, 殊に北條彦五郎は大力無双, 殊に北派の書, 殊に北海道あたりでは未だ, 殊に北蝦夷圖説には, 殊に北陸地方の事, 殊に北齊の頃南方, 殊に区別すること, 殊にを以て主, 殊に医学の実験用, 殊に医師の検案, 殊に十一二の年, 殊に十七士が細川家, 殊に十七音に従, 殊に十三の仮名, 殊に十両以上の金, 殊に十二時キッチリ, 殊に十二月一月二月の候, 殊に十五万両の献金, 殊に十五夜の晩, 殊に十八の歳, 殊に十八章においてはビルダデ, 殊に十六章の十八節, 殊に十四五の少年少女, 殊に十字架を見守, 殊に十年間鯨飲の悪習, 殊に十日以上の暇, 殊に十月下旬になる, 殊に十歳くらいの色, 殊に破矢様, 殊に千代子の声, 殊に千浪の死骸, 殊に千鳥という名, 殊に千鶴は情, 殊に煮の, 殊に半兵衛に対しては自分, 殊に卑めて小, 殊に卑賤しい手合, 殊に協会と劇場, 殊に南仏カアニュにいた, 殊に南北囘帰線間は甚だしい, 殊に南北朝ではあらゆる, 殊に南向の障子, 殊に南国の春, 殊に南宋時代の大, 殊に南支那の民間, 殊に南洋の海, 殊に南画というもの, 殊に南画形式のもの, 殊に南画系のもの, 殊に南画風ツケタテの作品, 殊に南畆の墓碑, 殊に衣の, 殊に単独では何, 殊に単純で素朴, 殊に博士が所長, 殊に博奕が道楽, 殊に印刷術の発明以後, 殊に印度中央亜細亜或は阿, 殊に印度大衆の必須品, 殊に印度学の研究, 殊に印度支那我国においてその, 殊に印形となります, 殊に印象が深, 殊に印象深く残つてゐる, 殊にっかしく, 殊に即今諸藩, 殊に卵割のとこ, 殊に厚き御談, 殊に厚生という面, 殊に原始時代にあっ, 殊に原本は十五, 殊に原田よりきたる, 殊に厳格な兄, 殊に参考として添附, 殊に叉銃して, 殊に友人としての自分, 殊に友人たちから, 殊に友田喜造という人, 殊に之介さん, 殊に双方が同国, 殊に英的空気が, 殊に叔母に対する思ひ, 殊に取った頬冠り, 殊に叡子さんが何物, 殊に口惜しきはかかる, 殊に古き時代に, 殊に古今以後の歌, 殊に古代史の研究, 殊に古代文学にはこれ, 殊に古代文法を研究, 殊に古墳の時代, 殊に古川は留学前, 殊に古木で目ざましかっ, 殊に古本屋へはよく, 殊に古河氏に於, 殊に古風を多く, 殊にの姿, 殊に句読点が整然, 殊にの体, 殊に可動植物は地球人類, 殊に可憐である, 殊に可笑しいのは, 殊に台場が出来, 殊に台所などは見違える, 殊に史學を標榜, 殊に史記には八書, 殊に司馬遷の史記, 殊に座の, 殊に各種の發明者, 殊に各自の家庭, 殊に合点のいかない, 殊に合薬として硫黄, 殊に吉原の女郎, 殊に吉原遊女の一枚絵, 殊に吉右衛門との行き, 殊に吉岡堅二氏の, 殊に吉川元春などは同じ, 殊に吉川公と政治的, 殊に吉野様は細心, 殊に同僚から金, 殊に同宿の煩, 殊に同志の家族, 殊に同性に対しては意識無意識, 殊に同情が篤い, 殊に同文同調の国風, 殊に同時にこの両者, 殊に同種同文の隣邦民, 殊に同船で来た, 殊に同郷人は多く東京, 殊に同類も有ろう, 殊に名主の女房, 殊に名物の葛餅, 殊に名誉の戦死者, 殊に名馬ともなれ, 殊に名高いものにな, 殊に向かないが, 殊に向って右手, 殊に吹奏楽の如き, 殊に吾妻山彙には多く, 殊に吾家の土蔵, 殊に呂氏の家, 殊に呉劉二夫人の白い, 殊に呉氏に嫁, 殊にの方, 殊に周さんなどはヤソ, 殊に周公に關, 殊に周子が眼, 殊に呵責なくその, 殊に呼吸器病を直す, 殊に和歌に就い, 殊に和泉屋市兵衛は訴え, 殊に和蘭の奴, 殊に哀惜の感, 殊に哀愁の感, 殊にもあろう, 殊に品位を要する, 殊に品種の地方的統一, 殊に哲學や主義, 殊にの至徳二, 殊に唐宋時代に多い, 殊に唐松の一丈位, 殊に唯今の政府, 殊に商品はどこ, 殊に商売であるから, 殊に商法の名人, 殊に商頌などの作られた, 殊に善く騎り, 殊に善ければうまき, 殊に善書の人, 殊に喜ばねばならぬ, 殊に喜劇に於, 殊に喜悦の思, 殊に喬朝は老中たる, 殊に喬木あるいは灌木, 殊に單純な性格, 殊に嘉永六年以來は非常, 殊に嘗ての日本, 殊に器械体操に反感, 殊に器量の好く, 殊に器量抜群の人物, 殊に囚人の生活, 殊に四五日前から宿, 殊に四位以下には正, 殊に四十七歳までの壮年期, 殊に四十戸ばかりの一族, 殊に四囲の自然, 殊に四年級でしたか, 殊に団体内の制裁, 殊に困るのは, 殊に囲い者や後家さん達, 殊に図中頼朝の坐像, 殊に国五郎は人気, 殊に国定忠治の中気, 殊に国民として必要, 殊に国際観光といふ点, 殊に國民經濟生活の最大要素, 殊に國財の如き, 殊に土牛の場合, 殊に土蔵は彼女, 殊にえた方, 殊に在来の道徳, 殊に圭子は文学好き, 殊に地上の物, 殊に地名についてその, 殊に地図のところどころ, 殊に地域ごとの変化, 殊に地学博士はあちこち, 殊に地方官などは普通三年位, 殊に地方文化に對, 殊に地獄は私, 殊に地獄変の屏風, 殊に地獄變の屏風, 殊に地理學者の間, 殊に地蜂と言つて, 殊に坂下鶴吉の如き, 殊に坊主枕はよかつ, 殊に埃及やシリヤ, 殊に城主は智略凡, 殊に城塞の工, 殊に堀ノ内の先, 殊に堀河の伊藤東涯先生, 殊に堂々たるイタリーの, 殊に堕落気分を持ち, 殊に堤防の切れ先, 殊に堪え難かった, 殊に堪へ難い刺戟, 殊に場合が場合, 殊に場所が場所, 殊に場末の町, 殊に堺幸徳の兩先輩, 殊に堺町の遊び, 殊に塙団右衛門直之は金, 殊に塩原の墓, 殊に塩見岳の頂上, 殊に墓碑に刻まるる, 殊に墨夷仮条約, 殊に墺軍との感情不良, 殊に壮大である, 殊に売子の急がしい, 殊になるは, 殊に変つてゐる夫, 殊に夏場はまず, 殊に夏季の, 殊に夏期には露西亜人, 殊に夏私を非常, 殊に夏衣裳の単, 殊に夕暮前は泊り, 殊に外人は遅い, 殊に外出を封じられ, 殊に外囲からの干渉, 殊に外国トオキイによつて, 殊に外国伝来以後の物, 殊に外国文を読まぬ, 殊に外国法のごとき, 殊に外国語の書物, 殊に外國車の如き, 殊に外圍からの干渉, 殊に外山の如き, 殊に外来悪思想, 殊に外来語などもかなり, 殊に外生活だけを臚列, 殊に外記が今夜, 殊に外部の音響, 殊に多うございました, 殊に多かつた様である, 殊に多くギリシア人について好ん, 殊に多く川の岸, 殊に多く愛について自ら, 殊に多く集つた, 殊に多し越後にて, 殊に多助は江戸, 殊に多吉は商売柄, 殊に多寡が小, 殊に夜なかに這い出し, 殊に夜ふけのこと, 殊に夜分などは寒気, 殊に夜後橋の下, 殊に夜汽車の汽笛, 殊に夜遊びなんか穏, 殊に夜間などは燈光, 殊に夢殿の秘仏救世観世音像, 殊に夥しいのであります, 殊に大きらひでした, 殊に大体蟄居中の身分梅田源二郎, 殊に大原君の誠心実意, 殊に大名屋敷に出入り, 殊に大和民族特有の規律, 殊に大和絵らしい美し, 殊に大塚の忰孫次郎, 殊に大声に笑い出した, 殊に大変で風呂場, 殊に大家であった, 殊に大将伊那四郎勝頼の面上, 殊に大山岳は富士, 殊に大岡山からこんな, 殊に大島村の関口芝蔵, 殊に大幅に至つて, 殊に大政翼賛會の機構, 殊に大新嘗には国中, 殊に大智氏の線, 殊に大槻博士の御, 殊に大橋には画期的, 殊に大気都姫は人間, 殊に大池の端, 殊に大津の半, 殊に大漁であったので, 殊に大瀑を十丈, 殊に大石内蔵助が江戸表, 殊に大臣大将が役者, 殊に大衆にとつ, 殊に大野川の下流, 殊に大阪人を非常, 殊に大陸に於ける, 殊に大隅説の弱点, 殊に大隈重信侯の官僚軍閥, 殊に大雨に雷鳴ゆえ, 殊に大食の魚, 殊に天上天下唯我独尊の釈迦牟尼如来, 殊に天下もようやく, 殊に天井の下, 殊に天保以降に及ん, 殊に天候の思わしくない, 殊に天児などは祓除以外, 殊に天寶十二年の初頭, 殊に天才的で英獨語, 殊に天文十八年には弾正政高, 殊に天末が明るく, 殊に天父より主, 殊に天華クラブの前庭, 殊に天麩羅は良人, 殊に太祇蕪村などは京, 殊に夫人の慫慂, 殊に失恋自殺者の心理, 殊に失明後の労作, 殊に奇妙なは, 殊に奇峭を誇る, 殊に奈美女は孝心, 殊に奈良に柿, 殊に奈良朝の万葉, 殊に奈良朝以前の文学, 殊に奈良朝末期においては相当, 殊に奉天のホテル, 殊に奥さまは気まぐれ, 殊に奥様が癇癪, 殊に奧州が南日本, 殊に女たちを泣かせた, 殊に女の子を育てる, 殊に女の子達は私, 殊に女ユタが流行っ, 殊に女中頭のお, 殊に女主人公を中心, 殊に女医は一層, 殊に女子教育はしかあるべき, 殊に女学校を出, 殊に女学生で自転車, 殊に女学生等寄って, 殊に女房等の間, 殊に女流作家の中, 殊に女湯の中, 殊に女連という, 殊に好かった, 殊に好しとしてある, 殊に好みそこに, 殊に好都合の成績, 殊に如何なる悲しみをも, 殊に妊娠をし, 殊に妻沼橋付近は羽生, 殊に姉姫の茶々, 殊に姉娘の自分, 殊に始皇の南方經略, 殊ににと言つて, 殊に姿といい, 殊に威勢のい, 殊に娑婆の風, 殊に娘さんたちが学校, 殊に娘さん自身が待っ, 殊に娘たちの打ち振る, 殊に婆さん等は騷ぎながら跟, 殊に婚禮も性欲, 殊に婦人子供などが団体, 殊に婦人達の談話, 殊に婦女子に戯れたる, 殊に婦長の堀さん, 殊にを貰っ, 殊に嫁入り前の若い, 殊に熊を, 殊に子供達から絶大, 殊に孔明の立場, 殊に孔門の弟子中, 殊にという重き荷, 殊に季節のにほひ, 殊に学校卒業間際の学生たち, 殊に学校教育を受けた, 殊に学生及び青年, 殊に学生生徒の近頃, 殊に学者の娘, 殊に孫四郎如き者, 殊に生時代, 殊に學問的考察においてはそれ, 殊に學術の中, 殊に宇部の乞食爺さん, 殊に價に, 殊に安宿はかう, 殊に安心仕り候, 殊に安政以來の洋學, 殊に安藤は政教, 殊に安里といふ青年, 殊に安静を保っ, 殊に宋一代を通じて外國貿易, 殊に宋代以後に貴ばれた, 殊に宋末の如く, 殊に宗教的色彩が濃い, 殊に宗矩は真面目, 殊に官兵衛は伊丹城中, 殊に官営の宜しく, 殊に官設展覧会の存在, 殊に定吉は吃である, 殊に定家假名遣などは, 殊に宜しき由の, 殊に宝石の事, 殊に雅の, 殊に実写映画の影響, 殊に実力と人品, 殊に実地に見, 殊に実際の事件, 殊には私一人, 殊に客なぞのある, 殊に客一同は虎, 殊に客観写生という, 殊に宦官の不足, 殊に宮崎には清子, 殊に宮廷の冬祭り, 殊に宮本二天などはほとんど, 殊に宮枢の秘, 殊に家々に具わった, 殊に家の後取りが学問, 殊に家付の娘, 殊に家元の人々, 殊に家光以來の鎖國傳統, 殊に家具のない, 殊に家学の痘科, 殊に家康自身が彼, 殊に家族制度と云, 殊に家来右内と密通, 殊に容貌好しに, 殊に寂しい生活を, 殊に寂然として靜, 殊に寄ったら其様な, 殊に密教に精通, 殊に密談を要する, 殊に密貿易のさかん, 殊に富んでいる, 殊に寒かった, 殊に寒中が至味, 殊に寒気には閉口, 殊に元五年六月三浦氏滅亡, 殊に寛文頃より古い, 殊に寛永年度のきびしい, 殊に惚目なり, 殊に實力と人品, 殊に實驗中の寫眞電送機, 殊に審判の日, 殊に審査の本質, 殊に寺内氏の演説, 殊に寺院墓地の如き, 殊に対山館食堂では注文, 殊に対話の部分, 殊に封建性そのものの中, 殊に専門の政治家, 殊に将来日本が国際的, 殊に将来映画俳優たらんと, 殊に将棋の上, 殊に尊んだは諸, 殊に小さい円いその実, 殊に小中の西, 殊に小代村から春米村, 殊に小作人達の生活, 殊に小便がだ, 殊に小児科婦人科に妙, 殊に小前といえ, 殊に小品ものでは, 殊に小増に遣わした, 殊に小太郎の健啖ぶり, 殊に小姓組の獅子児たち, 殊に小学校時代には我が家, 殊に小寺政職の一たん, 殊に小寺氏のトーテム説, 殊に小山から睨まれ, 殊に小指の爪, 殊に小火を出した, 殊に小生の靴下, 殊に小田原の北条, 殊に小石川植物園に在る, 殊に小西行長の領地肥後, 殊に小豆などは味, 殊に小間物屋に關係, 殊に小麦粉が石臼, 殊に少い婦人なり, 殊に少ないようである, 殊に少壮の士, 殊に少年時代のあの, 殊に就中蕪村の如く, 殊に尺牘の如き, 殊に尾崎紅葉先生は二人, 殊に尾根に出, 殊に尾瀬沼の北岸, 殊に尾籠な哄笑, 殊に屋上から結び垂, 殊に屋外演説は竹矢来, 殊に屋敷者だから, 殊に屋賃をはじめ, 殊に行はれた, 殊に屡々全く異つた効果, 殊に山の手の住宅街, 殊に山ノ手の知識階級, 殊に山上の垂訓最後, 殊に山下なるは, 殊に山中の温泉, 殊に山国の習い, 殊に山地の方言, 殊に山坂を歩き慣れ, 殊に山女魚や岩魚, 殊に山姥は見た, 殊に山岳崇拝が盛, 殊に山岸がこれから, 殊に山形新潟長野山梨の各, 殊に山手へ散歩, 殊に山木判官が不快, 殊に山東地方の古, 殊に山河を対立, 殊に山田のハシャギ方, 殊に山腹の自ら闢, 殊に山路と称する, 殊に山陰方面の方策, 殊に岐阜愛知県下は木曽, 殊にっ引, 殊に岡麓氏の伝えられた, 殊に岩形氏には多分, 殊に岩越という男, 殊に岩黄耆が多かっ, 殊に岸本は節子, 殊にを下りつ, 殊に島田のごとき, 殊に崇拝し熊野, 殊に巌山といい, 殊に川上音二郎は浅草座, 殊に川島は, 殊に川棚水瓜だ誰, 殊に川止めになり, 殊に川端ではある, 殊に川越の老母, 殊に川開きと称し, 殊に川鱸には東京, 殊に巡り合ったような, 殊に巡回文庫は未だ, 殊にを出た, 殊に工業にまでこれ, 殊に工業主義器械主義商売主義のみ横行, 殊に工芸美術にはとうに多少, 殊に工藤はこの, 殊にの方, 殊に左樣であるか, 殊に左近は出合い, 殊にだ, 殊に巧妙という以上, 殊に巨大であれば, 殊に巨岩の上, 殊に差出人が有名, 殊にの立つ, 殊に市丸の先駆, 殊に市川才牛十三年忌追善のもの, 殊に市舶同樣の取扱, 殊に希臘羅馬神話学の発達, 殊に帝大の図書館, 殊に帝系の家, 殊に師匠のお, 殊にからあまり, 殊に常にはあんまりよく, 殊に幕府二百年来諸藩, 殊に幕末で徳川幕府, 殊に幕末多事の際, 殊に干からびて眉, 殊に平凡なこと, 殊に平和的な民族性, 殊に平地でもある, 殊に平安朝中期以後の歌, 殊に平家建てのそれ, 殊に平民實力の興起, 殊に平気な風, 殊に平生室内にばかり引込み勝ち, 殊に平田先生のやう, 殊に平田篤胤でも流石, 殊に平福百穂は, 殊に平素探偵小説など見向き, 殊に年上の従姉, 殊に年來の疑問, 殊に年来の疑問, 殊に年神の棚, 殊に幸四郎の上, 殊に幸徳堺二氏の協力, 殊に幸徳氏は眞向, 殊に幸次郎の口添え, 殊に幸福らしい他人, 殊に幸若舞系統から出た, 殊に幹枝の姉, 殊にな馴染, 殊に幼少年時代の人間, 殊に幼年期の子女, 殊に幼稚な俳優志望者, 殊に幾つとない, 殊に幾分測器, 殊に広い一本道の, 殊に広子は正面, 殊に庄五郎ばかりでなく, 殊に庄司署長石子刑事あたりへその, 殊に庄太の商売, 殊にで散々, 殊に店主の初, 殊に度々行つたのは相生町, 殊に座席の最上列, 殊に座敷牢の格子, 殊には海, 殊に康熙帝の如き, 殊に廉一を怒らせた, 殊に廉恥心をゆすぶる, 殊に延び放題延びて, 殊に延暦遷都前の假名, 殊に建てこんでいる, 殊に建仁元年四五月の交, 殊に建具が悪く, 殊に建文帝のこと, 殊に建築の内部, 殊に建設的な文学, 殊に建長寺の場, 殊に弁次郎幸村が秀吉, 殊に引立つて見えた, 殊にく全国, 殊にの留守中, 殊に弱年の其方, 殊に張家の荷役, 殊に強固に發達, 殊に強国相隣接し国土, 殊に強大なる勢力, 殊に強慾な水夫長, 殊に強盗の沢山, 殊に強調したかったの, 殊に当人は火葬, 殊に当夜刃傷のみぎり, 殊に当家の娘, 殊に当年が五十回忌, 殊に当日はあすこ, 殊に当日駒ヶ嶽の為め, 殊に当時水戸が仲, 殊に当時流行のミル, 殊に当時私は落語家, 殊に当番でもない, 殊に当節は葭簀, 殊に彫刻は前, 殊に彫刻的に面白かっ, 殊に彰義隊の屯所, 殊にの一番, 殊に役人として相当, 殊に役人連は茫然, 殊に役所の文章, 殊に役者の扮, 殊に彼ヤイコクが五束, 殊に彼女らを永く, 殊に彼女達の出世, 殊に彼自身二十余歳まで眼, 殊に往診用の自, 殊に往返を繁げ, 殊に征韓論で破れた, 殊に後れがちであつ, 殊に後ろの方, 殊に後世の僕等, 殊に後半期の, 殊に後宮生活の女性群, 殊に後者二点には手法, 殊に後醍醐天皇の御, 殊に後頭部を粉砕, 殊に従順でした, 殊に從來研究の資料, 殊に從前よりはより, 殊に御名奉行と承り, 殊に御恩顧を蒙り, 殊に御感有り又, 殊に御新造樣はやかましい, 殊に御方は公卿出, 殊に御機嫌斜めだつた, 殊に御殿山のお, 殊に御用の道中, 殊に復讐行為の直前, 殊に復路の大きな, 殊に微妙な作用, 殊に微酔をおび, 殊に徳川初期に於, 殊に徳川時代に入っ, 殊に徳川末季の江戸生活, 殊に徳育とそれ, 殊に心境の清らかさ, 殊に心太を嫌っ, 殊に心底も正しく, 殊に心持がよく, 殊に心持ちわざとらしい笑顔, 殊に心掛の慥, 殊に心理的境遇の危機性, 殊に心細い事は, 殊に心肝に染み, 殊にを論ずる, 殊に志村と自分, 殊に志村氏の日本アルプス, 殊に志郎は少年, 殊に忘れてはならない, 殊に忙しく対山館の, 殊に応桑田の一匡邑, 殊に応酬に巧み, 殊に忠通は魔性, 殊に生などは, 殊にが入る, 殊に念仏修行の光景, 殊に念入りにいじり廻し, 殊に怒りつぽくなつ, 殊に怖い方が, 殊に思いもかけない, 殊に思い出さずにはいられない, 殊に思ひつめて飛び, 殊に思ひ設けず発見した, 殊に思兼尊などはむしろ, 殊に思想の發達, 殊に劇に, 殊に急激な堀部, 殊に急用を持っ, 殊に性格のおとなしい, 殊に怪しきは我が, 殊に怪奇な伝説, 殊に怪我はなかつた, 殊に恋しく思ひ出されて, 殊に恋愛関係の有無, 殊に恋歌の中, 殊に恐ろしさに, 殊に恐ろしいものに, 殊にを施す, 殊に恩顧を給はり, 殊に悧巧さうな引き締, 殊に悪事を重ねましたる, 殊に悲しかつた, 殊に悲しく心に, 殊に悲惨な一家, 殊に悼む所である, 殊に情意の変動時, 殊にひて, 殊に惣次郎には去年, 殊に惣領娘のお, 殊に本時刻, 殊に意匠と使用上, 殊に意味深く覚えられる, 殊に意識的にも無意識的, 殊に愚かなの, 殊に愛してくれた, 殊に愛国心といふ言葉, 殊に愛宕塔は其所, 殊に愛惜の情, 殊に愛日を背負, 殊に愛着を感じ, 殊に愛誦して, 殊に愛読して, 殊に愛鷹の両, 殊に感じがすぐれ, 殊に感冒患者はほとんど, 殊に感情の激発, 殊に感想の類, 殊に慇懃の志, 殊に慎作の故郷附近, 殊に慎太郎さんと北沢, 殊にれな姿, 殊に懇意になっ, 殊に懐妊して, 殊に懐旧の情, 殊に懺悔物語をする, 殊に成人の學習實驗, 殊に成善が江戸, 殊に我々両人だけで, 殊に我が国の現今, 殊に我らは天幕, 殊に我儘な自分, 殊に我執のない, 殊に我家に於, 殊に我日本国に於, 殊に我日本國人の性質, 殊に我眼をひきし, 殊に我邦の人, 殊に戦えばいつも, 殊に戦乱の中心, 殊に戦争中血を見, 殊に戦後の成金時代, 殊に戦闘艦においては近代, 殊に戦陣からのそれ, 殊に戯曲全集は幾通り, 殊に戸狩花火は松代藩主, 殊にの床, 殊に房主が多, 殊に所謂古典劇より明瞭, 殊に所謂演劇青年と称する, 殊にをつかう, 殊に手助けとなつ, 殊に手古奈は宵, 殊に手水所のよう, 殊に手燭を置い, 殊に手間のかかる, 殊に才能の点, 殊に打算に長ずる, 殊に批判的従つてまさに科学的, 殊に批評家たちがいろいろ, 殊に技術の点, 殊に抃悦すと, 殊に折角勉強し, 殊に択びて今日, 殊に抽んでて貧乏, 殊に拙き筆に, 殊に拳々服膺すべき事, 殊にの股, 殊に指導階級はその, 殊に指摘して, 殊に指輪は全部, 殊に振った物だったらしく, 殊に掃除日と定め, 殊に採用しやすかっ, 殊に探偵小説と来, 殊に推して来, 殊に描写を必要, 殊に揚子江の口, 殊に播州船坂山の鐘巻, 殊に支倉は今, 殊に支店の金円, 殊に支那人居住地区では汚水, 殊に支那国民の間, 殊に支那式の麻雀, 殊に支部図書館の二十七図書館, 殊に放射状の深い, 殊に放射線をかけた, 殊に政党の振, 殊に政治家たちが, 殊に政義が最後, 殊にら改らずして, 殊に故郷の布哇, 殊に敏感であると, 殊に救いのない, 殊に敗戦日本の道, 殊に敗戰の場合, 殊に教授は意地, 殊に教育を受ける, 殊に教訓に富む, 殊に教養経験の数々, 殊に散髪に持て来いだ, 殊に敬愛して, 殊に数学力学等の認識, 殊に数日来風邪を召され, 殊に数日逗留その節莫大, 殊に敵軍の本拠, 殊に數學力學等の認識, 殊に文中卒然としてで, 殊に文亀三年四月には一日, 殊に文六は水, 殊に文化という事, 殊に文化文政以後の頽廃, 殊に文化時代の初期, 殊に文化的教養と進取, 殊に文化職能人の偏狭さ, 殊に文化部面に於, 殊に文句はない, 殊に文壇の人々, 殊に文壇ヂヤアナリズムの上, 殊に文夫さんの自殺, 殊に文字春が幽霊, 殊に文学作品の上, 殊に文学史や芸術史, 殊に文学界では誠実, 殊に文學はてきめん, 殊に文明人となる, 殊に文明十九年ごろは, 殊に文明国の紳士, 殊に文昭院の廟, 殊に文書以下を歴史, 殊に文章を解説, 殊に文筆の上, 殊に文芸の必要, 殊に文芸上の作品, 殊に文雅の人, 殊にから迎えられた, 殊に斎藤先生の御, 殊に斬られも破られ, 殊に斯んな寒い, 殊に新京極の細い, 殊に新任早々で在来, 殊に新兵を殴る, 殊に新刊書の場合, 殊に新奇を好ん, 殊に新宅の小父さま, 殊に新年大会には皆, 殊に新派の女子, 殊に新派劇に関しこれ, 殊に新生の主義, 殊に新聞社の催しもの, 殊に新聞紙の論説, 殊に新聞記者が割込ん, 殊に新興のアメリカ船, 殊に新進作家の一群中, 殊に新道に至っ, 殊にち割つた西瓜, 殊に方今川柳詩人を自称, 殊に方寸尺の小点, 殊に方言的な言, 殊に旅人の山, 殊に旅行は好き, 殊に旅行券を持っ, 殊に旅館の台所, 殊に旗人の細君, 殊に既往一ヶ月余り地べたの上, 殊に既成宗教団からの迫害, 殊に既成政治家の張り, 殊に日光の反射, 殊に日和よしとて, 殊に日外中度々お, 殊に日崎沢には二, 殊に日当りのいい, 殊に日本仏教は今日常識的, 殊に日本北アルプスの飛騨山脈南部, 殊に日本國内は勿論, 殊に日本婦人がツウル, 殊に日本文学を愛し, 殊に日本海に面した, 殊に日本現代劇の大きな, 殊に日本画家中で少なくも, 殊に日本的の文章, 殊に日本紀並びに万葉, 殊に日清戦争から日露戦争前後, 殊に日清戦争後は戦勝, 殊に日清戰役後の十七八年, 殊に日蓮聖人の, 殊に日足もたけぬ, 殊に日間は昨夜, 殊に旦那と一緒, 殊に政府時代の, 殊に旧劇や新派劇, 殊に旧臘一日から八日, 殊に旨いそうで, 殊に旭川の美術界, 殊に旱魃期の初期, 殊に昂ぶる心理状態といふ, 殊に昂奮して, 殊にがあんなに, 殊に明かなる印象を, 殊に明けて今日, 殊に明るく光つて居た, 殊に明時代を甚, 殊に明晰を缺, 殊に明治に於ける, 殊に明治二十九年という年, 殊に明治以後は外国, 殊に明治以来の青年, 殊に明治十一二年以来かの新富座, 殊に明治十年前後には民権党, 殊に明治時代に盛, 殊に明瞭であると, 殊にの説卦傳, 殊に易緯といふもの, 殊に昔支那や朝鮮, 殊に春一のたね, 殊に春秋の朝, 殊に大正十三年の, 殊に昨夜來の疲勞, 殊に昨夜犬と戯れ, 殊に昨年九月十月頃には前例, 殊に昨年群馬の縣會, 殊に昨日今日は医者, 殊に昨日町の時計屋, 殊に昨日秋川家を辞する, 殊に昭和八年の, 殊に昭和十一年にできた, 殊に是処のは荒神様, 殊にのうち, 殊に時事新報の読者諸君あたり, 殊に時介は一種奇妙, 殊に時代と個性, 殊に時刻を告ぐる, 殊に時計其他の持物, 殊に時雄が最も, 殊に時鳥には絵, 殊にの南渡, 殊に晩出の疑, 殊に晩年千葉城址から熊本郊外, 殊に晩年隠居するに, 殊に晩春から初夏, 殊に晩食の後, 殊に普軍がナポレオン, 殊に晴々しく見えた, 殊に智恵子は一ヶ月余り, 殊に暑くるしいものの, 殊に暑中の旅行, 殊に暖炉のある, 殊に暗殺事件についてはその後, 殊に暗示が深かっ, 殊にの上, 殊に暮ゆえ百金にも向う, 殊に暴れ者で代々, 殊に曇天や雨天, 殊に曲馬団では殆, 殊に載云以下, 殊に書き出しの甘, 殊に書名によって内容, 殊に書状を添え, 殊に曹達の気, 殊に前衛として, 殊に最もよく保存されてる, 殊に最下族の者, 殊に最近三カ月以来は米価, 殊に最近二三年は公判廷, 殊に最近北川と三好, 殊に最近北朗自身その例, 殊に最近十七八年間の歴史, 殊に最近印象派とか表現派, 殊に最近叛乱を起した, 殊に最近彼女が口癖, 殊に最近所謂文化危機や文明, 殊に最近注意を惹きだした, 殊に最近私は時々, 殊に最近荒蕪地を開発, 殊に會話のうけ, 殊に月経過多を療, 殊に有力者は挙つて, 殊に有史以前の大昔, 殊に有数なるの, 殊に有難かつた, 殊に服装の上, 殊に朝子その人, 殊に朝寝する時雨亭さん, 殊に朝日座は中, 殊に朝湯は趣味, 殊に朝臣のくずれらしい, 殊に朝野の名士数氏, 殊に朝顏の花, 殊に朝鮮に出掛けた, 殊に朝鮮人は親方, 殊に朝鮮出兵の時, 殊にも無い, 殊に木の間から見た, 殊に木星の白い, 殊に木立深く鬱蒼, 殊に未だ充分に, 殊に未亡人たちの或, 殊に未亡人同士のこと, 殊に未婚の老, 殊に未熟自信のな, 殊に未開人民は復讐, 殊に未開人種共通の, 殊にに行く, 殊に末座の神, 殊に末期に至つて, 殊に末路が悪い, 殊にを読まない, 殊に本品は特殊, 殊に本来密を喜ぶ, 殊に本町大伝馬町, 殊に本能的生活の要求, 殊に本草に精し, 殊に本質を本質, 殊に本邦古代の人種論, 殊に札幌となる, 殊に朱子の一派, 殊に李平の如き, 殊に李朝が興つた頃, 殊に李朝三代目の太, 殊に村君の大家, 殊に村外から入っ, 殊に村童達と野, 殊に来世に於ける, 殊に東京人の指導下, 殊に東京付近では折り, 殊に東京好みの粋, 殊に東京市内から中央沿線, 殊に東京駅にぶっつかった, 殊に東北語に多い, 殊に東南越後沢と東北利根, 殊に東大寺落慶の齊會, 殊に東岸には奧, 殊に東方アジアに關, 殊に東明君には, 殊に東洋銀行から大金, 殊に東経百五度以東においてこの, 殊に東西の演出法, 殊に東面に懸る, 殊にを尊び愛した, 殊に松の木の根, 殊に松月館主人の松木恵一, 殊に松谷さんは, 殊に林田がはたして, 殊に果樹の花, 殊に果物は旨かっ, 殊にを固着, 殊に柔かく見える, 殊に柔術は最も, 殊に柳ヶ瀬を越え, 殊に柳田氏が言われた, 殊に栃木縣知事は栃木縣農會, 殊に栄蔵をあんなに, 殊に栄養学というよう, 殊にの木, 殊に校舍の設, 殊に校讐略の最初, 殊に校讐通義といふもの, 殊にの形, 殊に根津遊廓のこと, 殊に桂木の一家族, 殊に桂華の場合, 殊にの花, 殊に桐野利秋は中村半次郎, 殊に桑畠の支度その他, 殊に桓帝は老, 殊に梅島のになる, 殊に梅干の肉, 殊に梅雨の暗い, 殊に梨子の花, 殊に梯子の頂上, 殊にの上, 殊に棚田判事は親友井沢判事, 殊には留学時代, 殊に森閑とした, 殊に棺桶の中, 殊に植民地あたりの家庭, 殊に植物園が一番静か, 殊に植物学者仲間に於, 殊に椿の木, 殊にが多い, 殊に極度な圧制, 殊に極端であつ, 殊に楽しかつた, 殊に楽しかったと, 殊に楽屋じゅうの者, 殊には不愉快, 殊に榛の木の門口, 殊にれて, 殊に槌屋の家号, 殊にには突く, 殊に槍ヶ岳山脈の北翼, 殊にはよく, 殊にの葉, 殊に模合や何, 殊に模範的文化映画の生産, 殊に権田原の広い, 殊に横須賀における日本少年, 殊に樹木の間から見下す, 殊に機械文明の世の中, 殊に機関兵などは前, 殊に機関銃の防禦威力, 殊に欧州大戦を契機, 殊に欧洲の戦役以来, 殊に欧羅巴戦争が起りまし, 殊に欧風の晩食, 殊に歌舞伎劇に見られる, 殊に歌舞妓芝居のやう, 殊に歌詞がまるで, 殊に歌謡の演出, 殊に歌麿板画のいひ現し, 殊に歐洲と東洋, 殊に歐陽修が十翼, 殊に歓迎された, 殊に正しい結婚式でございます, 殊に正吉の病気, 殊に正直でむかっ腹立ち, 殊に此の節は働きもの, 殊に此処のは四方, 殊に此前進座は最近劇団員, 殊に此字を用, 殊に此巻などは殆, 殊に此席に於, 殊に此意味を深く, 殊に此方は婚礼, 殊に此書は欧羅巴刊行, 殊に此村には一種, 殊に此犯罪は医者, 殊に此男が馴, 殊に此等の部曲人, 殊に此節は幼い, 殊に此老人を殺し, 殊に此考へが盛ん, 殊に此趣向と此調子, 殊に此青年詩人の唇, 殊に武士階級には激しい, 殊に武田方には馬場信房, 殊に武者修業の多, 殊に武者修行の多かっ, 殊に武蔵野の雑木林, 殊に武道の上, 殊に歩行は遅く, 殊にが上下, 殊に歴史を著述, 殊に歴史地理の考証, 殊に死ぬまでの痛, 殊に死後には幽霊, 殊に死罪の處刑, 殊に死骸の隠し, 殊に歿前一二年は日課, 殊に殊に親友, 殊に殊に何故に俳優, 殊にのある, 殊に殿の御, 殊に殿下は一切智者, 殊に殿様お気に入りでお, 殊に母のは閉口, 殊に母上の我, 殊に母早世ゆゑ成身に隨, 殊に母親それから少し, 殊に毎夜の月明, 殊に毎年の節供, 殊に毎日の食物, 殊に毎日愉快であつ, 殊に毒竜バシリスクは蛇, 殊に比良野助太郎と書, 殊に比較を絶する, 殊に比較上興味を感ずる, 殊に比類のない, 殊に毛氈苔と白山, 殊に毛織類の取引, 殊にが懇意, 殊に民俗文学の発生, 殊に民俗芸能が大きく, 殊に民度の低い, 殊に民族と民族, 殊に民族的にも最も, 殊に民衆のため, 殊に民間の芸能, 殊に気どりと計画, 殊に気に入りましたこれを, 殊に気むずかしかった, 殊に気味の悪かっ, 殊に気節交替に就, 殊に気違いの証拠, 殊に気骨の折れる, 殊に気高く望まれる, 殊に氣味のわるい, 殊に氣持に無理, 殊に水中の月, 殊に水兵服の満, 殊に水恋鳥のヒョロロンヒョロロン, 殊に水晶のごとく, 殊に水田地方の農業, 殊に水神の八百松, 殊に水郷の感じ, 殊に水量の多い, 殊に氷河の造った, 殊に永い間野田へ, 殊に永島等数名は正造, 殊に永年の飮酒, 殊に永年東京に住ん, 殊に永年都会に居, 殊に永見は同時に, 殊にを減ずる, 殊になくなりやすく, 殊に江戸文化の爛熟, 殊に江村専斎が老人雑話, 殊に汽鑵の一部, 殊に沖縄に於, 殊に沙浜に少なから, 殊に沙翁の戯曲等, 殊に沢子をよく, 殊に沢山持って, 殊に河原に火山岩, 殊に河野さんの家, 殊に況や二県利害を, 殊に況んや朝鮮征伐, 殊に泊ってでもゆく, 殊に法令解釈の具体的体験, 殊に法学部の場合, 殊に法華経を読ん, 殊にの上, 殊に注目して, 殊に泰文などときたら, 殊に泰西人の称美, 殊に洋々と稍, 殊に洋書を苦勞, 殊に洋画家にはそれ, 殊に洋装の私, 殊に洋酒について井上さん, 殊に洞窟はそう, 殊に津屋崎海岸の松原, 殊に津輕一統志の該記事中, 殊に活動写真などというもの, 殊に活躍するの, 殊に流行を煽, 殊に流行歌なんてもの, 殊に流行語は馴れない, 殊に浜田寅之助は小野治郎右衛門, 殊に浮世の罪穢, 殊に浮世絵は歌麿, 殊に浮沈室と機關室, 殊に浴場はきたない, 殊に海外に出, 殊に海岸線に沿うた, 殊に海老よし, 殊に海路の交通, 殊に海陸共に交通, 殊に海馬は上記, 殊に消えやすく改まり, 殊に消極的な勇気, 殊ににむせん, 殊に淋しかつた, 殊に淋しく夫に, 殊に淡紅の色鮮やか, 殊に淫戒を最も, 殊に深きを覚ゆる, 殊に深夜ではわき, 殊に深山峻嶺の存ずる, 殊に初詩家, 殊に清々しく胸の, 殊に清三は此, 殊に清之介君のところ, 殊に清冽な梅花, 殊に清子と内緒話, 殊に清川八郎こそ奇怪, 殊に清朝では民間, 殊に清澄な早瀬, 殊に清盛と太宰府, 殊にを引く, 殊に渡邊織江を殺害, 殊に卷き形, 殊に温い晩は, 殊に温厚そうに見える, 殊に温暖で収穫, 殊に温泉だしかし, 殊に器の, 殊にの船着場, 殊に湖水の辺, 殊に湯川君の攻究, 殊に湾入せるところ, 殊に鉄の, 殊に満州事変当時は大半, 殊に満蒙国境のノモンハン, 殊に源家の者, 殊に滝夜叉は傾城, 殊に演出に関する興味, 殊に演劇そのものに対する一種, 殊に演劇改良の呼び声, 殊に演劇集団の名, 殊に漢以後は儒教, 殊に漢医書生は之, 殊に漢文学徒の書いた, 殊に漢方薬のこと, 殊に漱石氏は子規居士, 殊に潤んで見えた, 殊に激しいやうであり, 殊に激甚地である海老瀬村, 殊にを消した, 殊に火山については最も, 殊に火星の事情, 殊にのあかるい, 殊に灰色の雲, 殊にに近い, 殊に炊事の為, 殊に炭坑に大, 殊に為事の係り, 殊に為吉は血気ざかり, 殊に為吉らは生まれ, 殊に烈しかつた, 殊に烈しかったの, 殊に烈しく彼の, 殊にが如何, 殊に烏合の衆, 殊に焼け跡や例, 殊に煙草は十本入, 殊に煤煙が多い, 殊に照りつけて暑かっ, 殊に照之助は虎狩, 殊に照子は活き活き, 殊に熊川渓谷の銀山女魚, 殊に熊本の一日亭, 殊に熱中的に熟読, 殊に熱帯を経, 殊に熱心に指し, 殊に燕枝は非常, 殊に燻製料理にかけては世界一, 殊に父子とはいい, 殊に父子兄弟の産, 殊に父母より受けたる, 殊に父藤左衞門を討った, 殊に父親に何, 殊に爽涼が訪れ, 殊に輪の, 殊に片腹痛く思ふの, 殊に牛蒡の持つ, 殊に牛馬は好む, 殊に牝馬を重んじ, 殊に牡丹花紅白數株ありて, 殊に牡鹿山落城の間際, 殊に牢番の卯平, 殊に牧師の身, 殊に牧田は人並, 殊に牧野周一の漫談不可, 殊にいうこと, 殊に物可恐き夕暮, 殊に物理的の心霊現象, 殊に物質的乃至肉体的努力, 殊に特異な意義, 殊に犬商ベナビデス自身はすでに, 殊に犯罪には常軌, 殊に狂人の解放治療場, 殊に狂言に多く, 殊には悪感, 殊に独人に有利, 殊に独学者を仮想, 殊に独房に入れられてる, 殊に独身であったあの, 殊に独逸などでは最も, 殊に独逸流義の主旨, 殊に狭い只見川の, 殊に狭苦しい埠頭の, 殊に狼瘡などを治す, 殊に猛烈に諸, 殊に猛獣対人間の最初, 殊に猜疑心の深き, 殊に猿沢池からかんかん, 殊にの尻尾, 殊に獣炭あるいは骨炭, 殊に獨房にど, 殊に獨逸などでは最もさ, 殊に獨逸文法の無, 殊に獨逸語のやう, 殊に獰猛なの, 殊に玄人になる, 殊に玉川上水の清流, 殊に玉茗君はその, 殊に王宮議事堂大学オペラ新古の両, 殊に王柏金履祥の如き, 殊に王荊公の文, 殊に王莽鏡と云はる, 殊に玲瓏透徹した縦断, 殊にらしく受取れた, 殊に珍しい賓客に対しては, 殊に珍産が並列, 殊に固が, 殊に今わが, 殊に現世の文芸, 殊に現代日本人の生活, 殊に現在日本ではいろいろ, 殊に現実に対する関心, 殊に現時の事変下, 殊に球磨川に沿う, 殊に理性に具, 殊に理智と感受性, 殊に理智的な美し, 殊に理知的な想像力, 殊に理論は理論, 殊に琉球の諸島, 殊に琵琶では桂, 殊に琵琶湖のほとり, 殊に瑶珞つつじが真紅, 殊に瓜二つとも言, 殊に甚しきを見る, 殊に甚だしく十七八歳までの, 殊に甚七と市五郎, 殊に甚太夫はそれ, 殊にの執着心, 殊に生れて初めて, 殊に生気あるアンデパンダン, 殊に生活の上, 殊に生活必需品の騰貴, 殊に用意をした, 殊に用脚に関する場合, 殊に甫刑の如き, 殊には直後, 殊に田之助のした, 殊に田原は調子, 殊に田原贔負だつた, 殊に田園生活者の僕, 殊に田字の意義, 殊に田端のポプラア倶楽部, 殊に田能村竹田は, 殊に田舍に移つて, 殊に田舎のもの, 殊に甲斐博士という人, 殊に甲田は竹村, 殊に申したいのは, 殊に男三郎君は大学, 殊に男客に比べる, 殊に男色の罪, 殊に町人の女房, 殊に町人芸術の勃興, 殊に町内には組合, 殊に町家の者, 殊に画家はどう, 殊に画面に沢山, 殊に畏れ多いが至尊, 殊に留守宅の老婆, 殊に退けから, 殊に番衆町のあたり, 殊に邦人の, 殊に異国的情調とも云, 殊に異常状態に置かれ, 殊に異種の民族異邦, 殊に異風なの, 殊にな方面, 殊に疥癬はひどく, 殊に疱瘡神をおそれ敬う, 殊に疲れを感じた, 殊に疲労して, 殊に病児の看護, 殊に病後であ, 殊に病苦と戰, 殊に病院で御座いますから, 殊に病難も見える, 殊に痕跡が著しく, 殊に痛いと云われる, 殊に痛ましく感じられました, 殊に痛惜の念, 殊に痛感される, 殊に痴情の果, 殊に癩病に良く, 殊に発句から二, 殊に発行者北隆館は赤字, 殊に発音と姿勢, 殊に登場人物が悉く, 殊に發明者とか改良者, 殊に發音上シスの區別, 殊にの不味, 殊に白き処あり, 殊に白く美しいのが, 殊に白壁白い壁, 殊に白柄組の申合せ, 殊に白根三山の雄, 殊に白河あたりを思出, 殊に白眉の, 殊に白石さんの場合, 殊に白米を喰, 殊に白粉の顔, 殊に白花石楠花は日本, 殊に白足袋を穿いた, 殊に白雪におおわれ, 殊に白髪の老人, 殊に白鳥洋子の, 殊に白鷹先生から電話, 殊に百合の花, 殊に百姓弥之助の植民地, 殊に百姓輕侮の風, 殊に皆んなが力, 殊に皮膚の艶, 殊にのお, 殊にであつ, 殊に監獄状態に就い, 殊に監視中の人間, 殊に盧山の, 殊に目まぐるしく崩れ行きて, 殊に目立ち畳の, 殊に目録學のそれ, 殊に盲点の作用, 殊に盲目の哀し, 殊に直接には敵, 殊に直接私に何かと, 殊に相手役がイタリー, 殊に相良と云う, 殊に眉毛の形, 殊に看守の言葉, 殊に看護婦の甲野, 殊に看過すべからざるもの, 殊に眞言宗に就い, 殊にの音楽, 殊に真夜中ふと眼, 殊に真実性をもつ, 殊に真弓に考え, 殊に真暗な一家, 殊に真珠母と呼ばれる, 殊に真紀子の身の上, 殊に真鍮を腐蝕, 殊に真面目な俳優志願者, 殊に眠れないやうで, 殊にゆいやう, 殊に眼つきがヒラメ, 殊に眼付なぞは節子, 殊に眼白が此頃興奮, 殊に眼胞は腫れ, 殊に欲しきこの, 殊に着物の裾, 殊に睡眠剤の臭, 殊に矢代の帰る, 殊に知らず昔し, 殊に知りたがってるのは, 殊に知人の罹災者一家, 殊に知名なフランス人その他, 殊に知識を只, 殊に知識層の大部, 殊に短冊へ書く, 殊に短篇などと来, 殊に短篇小説に於, 殊に石原の家, 殊に石山に該当, 殊に石川数正が大坂方, 殊に石橋山以来彼の温容, 殊に石橋氏の鉱山失敗, 殊に石油この石油, 殊に石舟斎様と仰せられ, 殊に研究室へ菓子折, 殊に破風の北側, 殊に硝子窓の前, 殊に硬い詞を, 殊に碧梧桐の短所, 殊に社交界の驚愕, 殊に社会生活の実力, 殊に社会的変動期に於, 殊に社会的訓練の経験, 殊に社會主義運動に古い, 殊に祇園祭には京都中, 殊に祈祷にことよせ, 殊に神功皇后の御世, 殊に神原五郎治四郎治の両人, 殊に神名の系統, 殊に神奈川警衛については絶えず, 殊に神崎氏の馬子, 殊に神戸は西洋人, 殊に神戸停車場にてこの, 殊に神楽では我々, 殊に神泉の場合, 殊に神社の大, 殊に神経質のお, 殊に神話学に関してのみかく, 殊に神谷は露骨, 殊に神路山の, 殊に神道の方, 殊にの賑い, 殊に祭りは春, 殊に祭礼などは町, 殊に禁物だ, 殊にの飛躍, 殊に福井の蘭医笠原良策, 殊に福井藩では藩主初め在京, 殊に福永書店を択ん, 殊に福沢諭吉と加藤弘之, 殊に秀でて勤勉, 殊に秀吉の前, 殊に私どものよう, 殊に私らの仲間, 殊に私位の年配, 殊に私学の権威, 殊に私自身手相が当っ, 殊に私達の学校, 殊に秋口になっ, 殊に秋声氏の態度, 殊に秋田青森地方で牛, 殊にと表情, 殊に科学捜査の発達, 殊に科学的に分類, 殊に科学者は扠, 殊に科學の場合, 殊に秘書役が如何, 殊に租税の性質, 殊に秦氏の家, 殊に秩父側は針葉樹, 殊に秩父奥山の名物, 殊に称讃されて, 殊にに見る, 殊に稀薄なる氣體, 殊に種族革命の成功, 殊に稲葉が家, 殊に稽古の日数, 殊に穢い方面を, 殊に空恐ろしく思われたの, 殊に空襲により二ヶ年半, 殊に空軍や戦車, 殊に空間的像を借りず, 殊に突然飛び込んで, 殊に突発的に盛り上る, 殊に窮屈に思はれる, 殊に立体派においては特に, 殊に立秋後の澄んだ, 殊にが得意, 殊に竜土会の時, 殊に童謡に, 殊に競走などはうま, 殊に竹山城から少し, 殊に竹林は見事, 殊に笑いとは対立, 殊に笑うべきは天主教, 殊に笠神博士には一層, 殊にが密生, 殊にを好む, 殊に筒井直介のよう, 殊に管理部と密接, 殊に築城に拠る, 殊に篤きに至った, 殊に簡単なる者, 殊にの下, 殊にの神, 殊に米国東部の都市, 殊に米国語に興味, 殊に米國へ輸出貿易品中, 殊に精神を統一, 殊に精神方面の事, 殊に精製した強力, 殊に糠雨の雫, 殊に糺されてゐる, 殊に紀州調べに遣わしたる, 殊に紀州頼宣公が愛し, 殊に三年前に, 殊に約束の秋, 殊に紅唐紙の聯, 殊に紅庵は潜在的, 殊に紅鶴の恰好, 殊に粹客體として, 殊に紙巻や葉巻, 殊に素人相撲のところ, 殊に素晴しいの, 殊に紫竹とか申した, 殊に紫陽花の壺, 殊に細工を施し得る, 殊に細雨が降っ, 殊にまで面倒, 殊に終日寝かされて, 殊に組合で寢, 殊に組踊りは男優, 殊に組長の言葉, 殊に経済界に居る, 殊に経済的には如何なる, 殊に経費少ない文部省, 殊に結婚においては近世, 殊に結核菌を有する, 殊に給仕女の, 殊に給仕頭の方, 殊に統計力學に堪能, 殊に絶滅の仕方, 殊に經濟組織に到, 殊に維新の藩主左衛門尉忠篤, 殊に維新史料編纂局においては從來, 殊にをリンズ, 殊に綾衣が駿河屋, 殊に選挙の, 殊に総合雑誌の類, 殊に緑平老の配慮, 殊に編輯の方, 殊に編輯長とか社長, 殊に縁合になっ, 殊に縁日の, 殊に縁日商人位泡沫銭の儲かる, 殊に縫ぐるみ人形の系統的蒐集, 殊に繁昌した所以, 殊に繁殖の栄養, 殊に繁華な市街, 殊に織元その外, 殊に繪畫を第, 殊に繼子の自分, 殊に缶詰の缶, 殊に罪深いときい, 殊に罰金の刑, 殊にくしかつ, 殊に美しかつた, 殊に美しく愛らしかった私, 殊に美事な落葉松, 殊に美人というもの, 殊に美味であるが, 殊に美女の観察, 殊に美妙なる快感, 殊に美妙斎の生, 殊に美男な六番, 殊に美術の上, 殊に美貌で金, 殊に群れの数, 殊に羨ましきはエネエアス, 殊に義侠の気, 殊に義利の別, 殊に義士処刑論の頭目, 殊に義太夫物の演技, 殊に義經の女性, 殊に義者が何故, 殊にの色, 殊に羽柴筑前守秀吉が中国攻め, 殊に翻訳劇と称する, 殊にといふ男, 殊に老いさらばひ, 殊に老境に於, 殊に老婆を相手, 殊に老子が天竺, 殊に老幼婦女の奇禍, 殊に老後の思い出, 殊に老母の部屋, 殊に老骨の悲し, 殊に考へねばならぬ, 殊に考案されて, 殊に耕さずに生ずる, 殊に耕二の部屋, 殊に耶蘇教の女, 殊に聡明な女, 殊に聳然として小さな, 殊に職工が異常, 殊に肇國當時においては非常, 殊に肉体上の関係, 殊に肉体的条件に対する批判的興味, 殊に肉桂たぶと, 殊に肉親の脈, 殊に肖像畫について多く用, 殊にを潰すべき, 殊に肝要なる言葉, 殊に肥後は卑彌呼女王, 殊に肩上げをおろした, 殊に肩口の匂い, 殊にを寒う, 殊に胆力の据わった, 殊に背中をこすっ, 殊に背景衣裳音曲等の感覚的要素, 殊に胴体から胸, 殊にく人, 殊に能勢弁護人の追究, 殊に能楽を定型, 殊に脂粉の世界, 殊に脂肪が薄い, 殊に脂肪分の多き, 殊に脇役或はもつ, 殊に脳味噌の味, 殊に脹脛の露出, 殊に腕前が宜しい, 殊にを振る, 殊にはでっぷり, 殊に腹部の内臓, 殊に膃肭獣のタケリ, 殊に臨城附近の山東省西南部一帶, 殊に臨時工の, 殊に臨済宗の方, 殊に自ら緊張した結果, 殊に自分自身が臭く, 殊に自動車方面に經驗, 殊に自堕落な気分, 殊に自慢高慢に到っ, 殊に自然派でない限り, 殊に自然科学は卑俗, 殊に自然静観の歌, 殊に自由主義国フランスの怠慢, 殊に自由主義時代には歴史, 殊に自画像と近親者, 殊に自白の場面, 殊に自身の屬, 殊に至らないつまらないもの, 殊に致斎と呼ぶ, 殊に與八郎があの, 殊にが深い, 殊に興趣ありまた, 殊にい文化, 殊にも唇, 殊に舌ざわりが大切, 殊に舞台面の装置, 殊に船着場であつ, 殊に船舶や軍資, 殊に艇尾兩瑞に裝置, 殊に艦隊が凱旋, 殊に良人から離別, 殊に良好なる心地, 殊に良正のうけた, 殊に色々の新しい, 殊に色彩を濃く, 殊に色街の掃溜, 殊にかに見えた, 殊に芋蟲が非常, 殊に芝居が済ん, 殊に芝浦あたりからのバラック建, 殊に芭蕉の舊跡簔蟲庵, 殊に芭蕉翁の今, 殊にを出す, 殊に花樹花草の美, 殊に芳枝さんには忠実, 殊に芸術作品の価値, 殊に芸術家の如何なる, 殊に芸術政策なるもの, 殊に芸術的品格の高, 殊に若き清盛若き, 殊に若く美しい花が, 殊に若宮祭りが五月, 殊に若年であった私, 殊に若林は自分自身, 殊に若江も妊娠, 殊に若若しく見せて, 殊に苦しいですから, 殊に苦難に満ちた, 殊に英吉利の事情, 殊に英国公使あたりのにらみ, 殊に英國ではこの, 殊に英数は問題, 殊に英米の文明思想, 殊に英米人の人, 殊に英艦によって舵機, 殊に英軍司令官ウェリントンと普軍司令官プルーヘル, 殊に英雄の伝記, 殊に茄子とトマト, 殊に茶の湯を挙, 殊に茶器には余程, 殊に茶席の横, 殊に茶道に傾倒, 殊に荀子はその, 殊に草井は三浦, 殊に草花の場合, 殊に荘太なんかかなり, 殊に菅野の申し込み, 殊にの花, 殊に菊池氏の場合, 殊に華族豪商いずれも上流, 殊に華麗な新婚, 殊に菰田家の様, 殊に落着いて, 殊に落胆した, 殊に落葉樹が春, 殊に落語家などを極, 殊にるしく三代, 殊に著作者死亡の際, 殊に著者独特の筆, 殊に著述の眞實, 殊に葛飾以来私の詩境, 殊に葛飾北斎のもの, 殊に葵原君とお揃いで, 殊に蒸し暑い日で, 殊に蒸し焼きにせられる, 殊に蒼く見える細君, 殊に蒼白い顔を, 殊にの実, 殊に蓮太郎の注意, 殊に蓼科山あたり迄を引括め, 殊に蔡倫と許愼, 殊に蔭凉軒日録の如き, 殊に蕃族は軍事的, 殊にの葉, 殊に蕪湖へ着いた, 殊に霜の, 殊に薄かった, 殊に薄暗い電燈の, 殊に薄肉がうまく, 殊にの少ない, 殊に藁履のやう, 殊に藝術家は藝術, 殊に藤原朝の頃, 殊に藤枝がおそらく, 殊に藤沢は女形, 殊に藩公の御, 殊に蘇苔類への異常, 殊に蘭学が出来た, 殊に蘭學が出, 殊に虎七の住み, 殊に虎猫であんなに, 殊に虚無の遺伝, 殊にのある, 殊に蚊鉤釣りの名人, 殊になどを持ち込ん, 殊に蛭子と書い, 殊に蜑村の語, 殊に蜜柑と樽柿, 殊に蜜蜂の描寫, 殊にを噛む, 殊に蝦夷通ひの, 殊に螢袋の一種, 殊に蠶絲の發達, 殊にから立ち昇っ, 殊に血液型とその, 殊に血筋を離れ, 殊に血縁の恩愛義理, 殊に行動の前, 殊に衛生法が行届かなく, 殊に衣服の方, 殊に衣裳に於, 殊に衣食住のこと, 殊にに何, 殊に表出するに, 殊に表口に於, 殊にへ寝込ん, 殊に袋餌の用意, 殊に被告の態度, 殊に裁判所の判例, 殊に裏日本の物, 殊に裏飛騨の釣り旅, 殊に補遺作成のため, 殊に複雜な當時, 殊に西側山よりの方, 殊に西北原には道, 殊に西南の産, 殊に西方から流れ込ん, 殊に西暦八世紀の後半, 殊に西沢の五つ淵, 殊に西洋人の女, 殊に西洋人相手の商売人, 殊に西洋家と称する, 殊に西洋戸前ある押入, 殊に西洋風の料理, 殊に西班牙的色彩に傾かう, 殊に窄らしく見える, 殊に見物は自分達, 殊に見知らぬ他人同士の, 殊に見逃してはならない, 殊に規律の正しい, 殊に視力を失っ, 殊に覗き眼鏡の仕掛, 殊に親しさを, 殊に親しいその俳人, 殊に親しみ深い, 殊に親切に教え, 殊に親良人誰に拘らず, 殊に親身なんで, 殊に親近なるを, 殊に親類中一番年長のお, 殊に観衆を尊重, 殊に煮は, 殊に角井の至って, 殊に角兵衛以外の者, 殊に角力になる, 殊に解放問題を喧しく, 殊に言語伝承の上, 殊に言語史学と文芸史学, 殊に訃報は直ちに, 殊に計略を廻らす, 殊に記事文を重んじた, 殊に許して貰ひたい, 殊に許嫁の嬢さん, 殊に詔勅の中, 殊に試験でも始まっ, 殊に詩人たちは余人, 殊に詩律と韻脚, 殊に誇示して, 殊に語學においては職業柄多く, 殊に説明に困, 殊に読み返してみ, 殊に読書は私, 殊に読者を限定, 殊に課税や交易, 殊に課長がやられた, 殊に調子を付け, 殊に諏訪地方は信濃, 殊に論理学などは最も, 殊に諸国から輸入, 殊に諾册二神が天, 殊に謀叛気を見せ, 殊に講壇よりは事務机, 殊に講釈師の飯, 殊に識らず抒情詩人, 殊に警視庁の一課長, 殊に譲吉の妻, 殊に讀書に懶く, 殊に讀經に重, 殊になるは, 殊に谷中の堤防, 殊に谷中方面より権現堂, 殊に谷川へ投, 殊に谷渡りがすばらしい, 殊にの本当, 殊に豊吉の出来なかつた, 殊に豊国橋から見る, 殊に豌豆をお, 殊には自分, 殊に象徴的に響く, 殊に象徴的傾向が鮮やか, 殊に象牙のパイプ, 殊に豪奢の競争, 殊に豪族は多く, 殊に豪雨の後, 殊に貝類の漁場, 殊にの字, 殊に貞操観がやかましく, 殊に貞操道徳の制定者, 殊に負傷はした, 殊に負傷者の臨時収容場, 殊に財布が空, 殊に貢さんは生れ, 殊に貧しげな, 殊に貧しい農夫の, 殊に貧民に対しては異常, 殊に貧血性だから, 殊に貨幣をもっ, 殊に貨物をいちいち, 殊に嬢の, 殊に貴女のため, 殊に貴婦人語にすこぶる, 殊に貴族間に不倫, 殊に貴様の血相, 殊に買物の際, 殊に賀し申さると云々, 殊に賑やかであった, 殊に賞翫したの, 殊にしい言葉づかい, 殊に賤ヶ嶽このかた, 殊に賦頌を別, 殊に贋阿弥は近頃大, 殊に贔屓俳優の橘, 殊に赤ん坊が出来たらしい, 殊に赤児が二本, 殊に赤坂芸者と言つて, 殊に赤石山脈の南半, 殊に赤裸々に自己解剖, 殊に起居周旋に如才, 殊に現実主義の, 殊に越前勢は所, 殊に越前守とは同じ, 殊に越後には最も, 殊に趙太太は直, 殊に足利中期以後は地方, 殊にが悪かっ, 殊に路通のよう, 殊に蹴鞠が上流, 殊に身ぎれいに慎み, 殊に身だしなみとは何, 殊に身一つにとつ, 殊に身分があっ, 殊に身贔屓が強く, 殊にを厳しく, 殊にが両国橋, 殊に車中の注目, 殊に車馬の往來頻繁, 殊に車鰕の刺身, 殊に軍事界に於, 殊に軍人らしく振舞, 殊に軍器を作っ, 殊に軍憲から発表, 殊に軍用飛行機に対して事変以来, 殊に転室した当初, 殊に機関銃を, 殊に軽焼という名, 殊に輓近の心霊学, 殊に輸入小説には人生, 殊に轡川がぼく, 殊に辛い日でした, 殊に辰子の眼, 殊に辰雄の嫂, 殊に農家は不毛, 殊に農村がその, 殊に農民文化と云, 殊に來の, 殊に近ごろ流行の硝子囲い, 殊に近世史の初期, 殊に近代小説とか近代劇, 殊に近代思想にカブレ, 殊に近代文学の理解, 殊に近代活字創成のため, 殊に近代的なスマートさ, 殊に近年公羊學を唱, 殊に近時は人, 殊に近時ハルトマンが十種, 殊に近時所謂新思想, 殊に近来夫婦関係というよう, 殊に近畿地方は昔, 殊に近藤の光栄, 殊に返信用の葉書, 殊に迷惑というべき, 殊に退屈男の目, 殊に通俗的には一般, 殊に通信の後期五年間, 殊に連歌はさうである, 殊に進歩的大衆によって異常, 殊に逸子の苦しい, 殊に遊ぶこと以外には, 殊に遊戲なんぞに夢中, 殊にのいい, 殊に過去の日本, 殊に道中馬は危ない, 殊に道庵先生の如き, 殊に道教とは尤も, 殊に道行になる, 殊に道阿弥に女, 殊に達作で郭公一題二百句, 殊に遠からず天然色, 殊に遠くの山, 殊に遠山權六が如き, 殊に遠慮ぶかい, 殊に適当と思われる, 殊に選挙権ある男子, 殊に遺伝学の重要, 殊に避けなければならない, 殊に避暑外人の借り, 殊に避難バラックの住民, 殊に那珂先生のは尤も, 殊に那須野を横斷, 殊に郁太郎さんには此乱雑, 殊に郊外の昔, 殊に郡下屈指の蚕業発達, 殊に部屋の障子, 殊に部屋借りをする, 殊に郭公や時鳥, 殊にの初夏, 殊に都会人のやう, 殊に配偶に別れ, 殊に配当保留の運用法, 殊に酒井氏は邸宅, 殊に酒壺洞君緑平老井師, 殊に酒好きな父, 殊に酷いのは, 殊に酷く吼えたけって, 殊に重い病気や, 殊に重大さを増す, 殊に重宝がられて, 殊に重立候もの當表, 殊に重複の多い, 殊に野伏はわかい, 殊に野村さんが帝都, 殊に野蛮な種族, 殊にになる, 殊に金持の頭, 殊に金蔵がここら, 殊に金起は兄施寧, 殊に金魚や水蓮, 殊にの火, 殊に針ノ木谷を下りる, 殊に針金の類, 殊に鈴木春信の板画, 殊にの管, 殊にを貰っ, 殊に銀座を散歩, 殊に銀鼠の靴下, 殊に銃剣術は今, 殊に銅鐸などに於, 殊に鋭かった, 殊に鎌腹など思ふ, 殊にの北市, 殊に鑵子なんぞは今にも, 殊にかつた, 殊に長唄に於い, 殊に長大だ, 殊に長崎以来自分を隠まっ, 殊に長旅のこと, 殊に長男の言葉, 殊に長篇探偵小説に於, 殊に長閑に聞こえる, 殊にの上の空, 殊に門下生に対しては七尺, 殊に門司の街, 殊に門弟らに対しては厳格, 殊に門徒眞宗歸依者多ければ, 殊に閉口して, 殊に開放されるまでの, 殊に開鑿者の名, 殊にの七月, 殊に閑暇で心, 殊に閑静な地帯, 殊に関口屋へも出入り, 殊に関東の厠, 殊に関東大震災以来その後各地に頻発, 殊に関西では僕自身, 殊にじゃ狼, 殊に關ヶ原以後の彼, 殊に關係の深い, 殊に阪神間くらいいい, 殊に阮元の考, 殊に降りに際しては之, 殊に降雪お引き返し, 殊に限られた畠しか, 殊に院内の看護婦達, 殊に陰気くさく昼間, 殊に陶器は絵付け, 殊にりやすい, 殊に陸稻の餅, 殊に陸軍の将校生徒ら, 殊に隅田川に投げ込まれた, 殊に隊内に私的制裁, 殊に隊長アムンセンと離れ, 殊に隋書の諸, 殊に階下の室, 殊に階子段登りなどには不便, 殊に障子に鏡立, 殊に蟻と, 殊に隠花植物方面では植物, 殊にのよう, 殊には雲, 殊に雀色時の靄, 殊にや鴉, 殊に雄図を蔵, 殊に集団生活社会生活の経験, 殊になんぞは古く, 殊に雑誌が雑誌, 殊に離宮下を貫く, 殊に雨ふりたれば, 殊に雨夜の空襲, 殊に雨後の景, 殊に雪四時ありて, 殊に雪子さんが来, 殊に雪崩は随分, 殊に雰圍氣的にいへ, 殊に零点の置き, 殊に電燈装置があつ, 殊に電車終点附近近来の発展, 殊に震災の蹂躙, 殊に震災後急増したところ, 殊に霊験ある事, 殊に霊魂動物であった鹿, 殊にがふかく, 殊に露国の真率, 殊に露柴は年かさ, 殊に露西亜人のボーイ, 殊に露西亜婦人の華やか, 殊に青い空の, 殊に青ざめて見えました, 殊に青山の大通, 殊に青年たちの前, 殊に青年代表者たちとが時々, 殊に青年男女の性的魅力, 殊に青年男女間に於, 殊に青木原一帯の丸尾, 殊に青木子は済まなかつた, 殊に青森地方はひどい, 殊に青白い顔を, 殊に面体に疵, 殊に面白かつた, 殊に面白かった, 殊に革命亂以來は風雨, 殊にはぼろぼろ, 殊にまでお, 殊に愈の, 殊にに対して鋭敏, 殊に音声上の素質, 殊に音楽的には成功, 殊に音樂の如く心, 殊に音羽の道路, 殊になり律, 殊に韻律を主, 殊に韻致を添, 殊により底, 殊に頂上の西南, 殊に頑固に主張, 殊に頗る遊蕩を, 殊にが紅, 殊に頬白などは囀り, 殊に頻繁に加つた後, 殊にを見る, 殊に顔ぢゆうでは, 殊に顔色が目立っ, 殊に顔面の表情, 殊にはしく, 殊に類型論的に取扱, 殊に風俗の点, 殊に風儀の悪い, 殊に風土記といふやう, 殊に風流に関するほど一層, 殊に風紀上の些末, 殊に風邪を引く, 殊に風采の人目, 殊に風雨氷雪の荒れ狂う, 殊に飛行機が軍事上, 殊に飛騨は難, 殊に飛騨山脈を選び, 殊に食べないと譲歩, 殊に食べ物に就い, 殊に食時これを放る, 殊に飢えが室内, 殊に飢餓や窮乏, 殊に飲食店は東京市中, 殊に餅金を受け, 殊に養蚕の発達, 殊に首府にある, 殊に香港ではうつ, 殊に香魚の漁猟, 殊に馬琴随喜者中に知る, 殊に馬籠は人少な, 殊に馬鈴薯や里芋, 殊に駅長さんの御, 殊にの緋絹縮下, 殊に駿介は志村, 殊に驚きの眼, 殊に驚き思食す所なり先づ蜂起, 殊に驚嘆すべきは, 殊に驛長さんの御立會, 殊にが丈夫, 殊に野山の, 殊に高価の貨物, 殊に高根薔薇の艶麗, 殊に高等学校大学に至れ, 殊に高輪田長三などは秀子, 殊にでも剃っ, 殊に魂祭の当日, 殊に魚野川の畔, 殊には産地, 殊に鮫洲の沖, 殊に鮮やかに煮え返える, 殊にと同じ, 殊に鳥籠の中, 殊に鳥部山は出来, 殊に鳩巣に偉, 殊に鳶頭は虎, 殊に鶴江はめきめき, 殊にでチラ, 殊にかな晴天, 殊に麗しく諸卒を, 殊に麦作は良, 殊に麻裏草履をまず, 殊に黄昏を降静める, 殊に黄色が冴え, 殊に黄色い紙を, 殊に黄金山のアカシア, 殊に黒きは森, 殊に黒く見えた, 殊に黒くきたなく立って, 殊に黒木の森林, 殊に黒部の谷, 殊に黨派の如き, 殊に鼠害が甚だしかっ, 殊に龍平という悪い, 殊に龍王がその