青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「浴衣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

浪人~ ~浮い 浮い~ ~浮べ 浮べ~ ~浮ん 浮ん~ 浮世~ ~浴び 浴び~
浴衣~
~海 海~ 海上~ ~海岸 海岸~ 海底~ 海軍~ ~消え 消え~ ~消えた

「浴衣~」 1533, 17ppm, 6851位

▼ 浴衣~ (460, 30.0%)

92 着て 10 きて 9 脱いで 8 着た女 7 持って 5 ぬいで, 着たまま 4 着せて, 着た, 着た若い 3 こしら, 借りて, 出して, 着たお, 着た二人, 着た人

2 [19件] だらしなく着た, ぬがせると, ひっかけて, もって, 引かけて, 引っかけたまま, 引っかけて, 着たま, 着た小さい, 着た散歩, 着た男, 着た藤野さん, 着た長身, 着た髪, 着深草形, 見せびらかしに, 買つてやる, 身に, 重ねて

1 [256件] あらう気軽, うまく着る, かかへて, かけその, かけて, かさねた丹前, かさねた寝間着, かさねた木綿広袖, かさねた褞袍, かさねて, かさねる, かして, かなぐりすてたの, かりて, きたあなた, きたあの, きたお, きたり, きた太, きた好い, きた町内, きた肩, きた飴屋, きる, きる頃入浴, くっきりと, くつろげ姪, くれて, したて, そこへ, た, たくし上げて, たたんで, だして, だすと, だらしなく, だらんと着た, ちゃんと着直し, つけて, つけ部屋, つんつるてんに, とって, とつて, どうぞ, なお膝, ぬいだ, ぬぎすて腰巻一つ, ぬぎ手拭, ぬぎ美事, はじめとして, はだけた胸, ひっ掛けて, ひろ子は, ふるい, ほぐして, ほし晩方, また着, まだ体中水だらけ, まだ身体中水だらけ, やめて, ソソクサと, ダラシなく, 一反買いたい, 一枚ズツ奢っ, 一枚上げた, 一枚手渡した, 上っ張りに, 下へ, 両方の, 並べて, 二三度振った, 二枚重ねた, 二組持つ, 体にかけて, 作るといふ, 作るには, 供養した, 借って, 借りると, 借り着した, 元柳橋, 冠り, 出さうと, 出した, 出したとき, 出しませうか, 出すとね, 前と, 勧めたり, 取りに, 取り出して, 取り寄せて, 取り立って, 取り除けた, 唯一重絲ばかりの, 執って, 外出する, 大事そうに, 干して, 引かけ, 引かけた十六七, 引っかけた, 引っかけてるばかり, 引つ掛けて, 引ッ張っ, 思付いた, 手に, 扱帯も, 投げ棄てて, 抛げ, 抛り出して, 抜き衣紋, 抱えおと, 抱えさせて, 抱えたまま自分, 抱へて, 拵えて, 振って, 捧げた小姓たち, 掛けて, 揃えて, 擴げながら, 放り掛けた, 替えて, 會員全, 染めて, 染める店, 楯に, 殺されたお, 水洗いし, 沢山くれました, 洗つて持つ, 洗濯した, 流したり, 浴衣らしく着こなさない, 片肌脱に, 甚だ好ましく, 甲は, 畳んで, 畳んでは, 盜み出し, 着, 着あゝ, 着かえようと, 着けたまま, 着けて, 着し, 着せかけるといふ, 着せかけ甲斐, 着せたり, 着せましたが, 着せられて, 着せ鏡, 着たしどけない, 着たつきり, 着たの, 着たまま散歩, 着たまま机, 着たり, 着たるありこれら, 着た一人, 着た三十五六, 着た与茂七, 着た九つ, 着た二十位, 着た二十歳あまり, 着た叔父, 着た女たち, 着た娘, 着た小, 着た小作り, 着た帯, 着た後姿, 着た早川医学士, 着た梅干爺さん, 着た母, 着た白い, 着た白粉, 着た私, 着た菊五郎, 着た跣足, 着た邦子, 着た里春, 着た高島田, 着た髮, 着た麻川氏, 着ちらかして, 着ちらして, 着ては, 着は, 着ようと, 着られるの, 着るには, 着るの, 着る人, 着同じ, 着手, 着換えた神尾主膳, 着換えるの, 着暑い, 着替えに, 着物に, 着頭巾, 着髪, 突つ込ん, 端折って, 絹らしい, 縫いあげるの, 纏いつ, 纒ひ, 置いて, 羽織つてゐる, 羽織らせ部屋, 羽織る, 羽織るよう, 肩から, 肩まで, 胸を, 脱ぎすてた, 脱ぎすてて, 脱ぎ棄てて, 脱ぐと, 脱ぐ薄い, 自分で, 自分に, 著た, 著て, 著一つは, 裁って, 裾短かく, 褄は, 襲ねた, 襲ねたは, 襲ねた寝, 見せて, 見て, 親父の, 貰い受けまして, 買いに, 買うて, 買って, 買わなければ, 貸して, 蹴返して, 身体に, 軽く着, 輕さうに引つかけ, 配達し, 重ねたほど, 重ねた旦那, 重ね博多, 間に合せに, 隱した, 雪子の, 顏へ, 高々と

▼ 浴衣~ (364, 23.7%)

13 上に 11 襟を 10 袖を, 裾を 8 胸を 7 尻を, 袖で 5 片袖 4 ひとは, 男が, 袂を

3 [11件] うえに, ままで, 上から, 人は, 前を, 着流しで, 胸少し, 袂から, 袖の, 裾が, 諸肌を

2 [22件] まんま自分の, 上だ, 下に, 世話を, 中で, 兵児帯には, 姿が, 影が, 後ろから, 染の, 模様も, 白さ, 糊の, 肌が, 肌を, 肩を, 胸から, 胸の, 腕を, 袂で, 袂は, 裾は

1 [204件] いろが, おしめの, お尻, お鶴, かげが, がらに, ことに, ことわかりました, さして, しおたれた細い, しほた, すそを, すらりと, つぎは, なりで, ひとが, ひとに, ひとの, ふところへ, ほぐしたの, まま差向いで, まま汗と, まま面倒臭, まま風呂場へ, まんまふらふら, もの多くは, やうな, ような, ように, ビロビロした, 一反も, 一反を, 一夜兵馬が, 一枚ずつも, 丈は, 三下り, 上には, 上へ, 上前を, 下から, 下で, 両袂, 両袖, 人かげが, 人に, 人影が, 似合ふとりなりである, 兩裾を, 八ツ口から, 写真を, 処々裂け破れ, 前も, 合せ目から, 向うから, 圖案と, 地かな, 地の, 夏など, 大きな模様, 大端折, 女が, 女に, 女の, 女学生らしい, 姿を, 宣伝写真は, 宣伝写真を, 家族が, 寝巻が, 寝巻き, 寝巻き一枚, 寝巻に, 寝巻の, 寝衣, 寢卷姿で, 尻端折で, 左の, 帯を, 影は, 後姿から, 後姿に, 後影が, 悪婆, 感触と, 所々から, 扮装も, 揃いを, 撫肩ほつそり, 散歩姿が, 方が, 日盛に, 柄を, 染その, 染などに, 染を, 染色も, 模様が, 模様などに, 模様を, 水色模様は, 汗に, 汗の, 汗は, 江戸も, 洗ひ, 洗曝を, 洗濯そして, 洗濯も, 洗濯を, 浴衣的美感を, 溢出す, 滑り落ちるの, 片褄, 男の, 男は, 発祥の, 發展を, 發表會が, 發表會を, 白いの, 着心地は, 着流しでも, 立膝し, 筋も, 筒袖を, 粋を, 糊が, 紐を, 紐帯であった, 紛れも, 紺と, 縫い直しを, 縫ひ直し, 縫込みへ, 群れなど, 羽織と, 肌さわりも, 肌ざわりにも旅の, 肩が, 肩に, 肩にに, 肩の, 肩や, 背中に, 背中の, 背後には, 背筋の, 背筋を, 胴中に, 胸が, 胸は, 胸へ, 胸まで, 胸元前と, 胸越に, 腕まくりで, 腕まくりを, 腕も, 腕捲くりを, 腰に, 膝切な, 膝頭に, 船を, 色が, 色に, 色を, 色腰の, 花模様など, 蔦は, 薄い模様, 藍の, 衿元から, 袂に, 袖が, 袖に, 袖口から, 袖口で, 袖裾消, 装で立つ, 裳さえも, 裳を, 褄を, 襖に, 襟あるいは, 襟が, 襟ひきはだけ, 襟元を, 襦袢を, 襲着で, 見本帳は, 見苦しければとて, 触覚にこそ, 誂でも, 誤覚, 諸膚, 諸膚脱, 赤褌に, 重ね着を, 金を, 長いの, 青いの, 類を, 髪の, 黒い模様

▼ 浴衣~ (233, 15.2%)

12 着換えて 7 着更 6 着換 5 兵児帯を 3 きかえて, きかえると, 帯を, 着かへて, 着替えて, 着替へて, 繻子の, 赤い帶

2 [21件] なって, なつた, メリンスの, 丹前を, 伊達巻を, 博多の, 引き抜いて, 改めて座敷, 故郷の, 月影を, 染めた源氏車, 水色縮緬を, 着かえた, 着替へ, 紫の, 絞りの, 縮緬の, 羽織も, 花笠を, 袴の, 襷がけの

1 [137件] ある様, おさまって, かい巻, きかえ, きちんとした, くつろいで, くつろいでも, くつろぎ訳知り, くるまって, この頃, すつかり魅せられました, ずっこけに, なった, なってから, なられたが, なり本, なると, におわし膝, のりの, ふれ, べっとり吐きかけた, ネジリ鉢巻という, ヘルメツト帽, 一杯に, 三尺帯の, 下駄を, 仕立てて, 仕立直しの, 八端の, 兵児帯という, 兵児帯姿の, 兵児帯着のみ着のままで, 兵子帯の, 包んで, 千切れた, 半纏を, 古ぼけた袴, 唐繻子と, 団扇と, 団扇を, 変って, 夜露が, 寛ぐと, 小倉の, 小柳の, 小紋の, 少ばかり, 左の, 差違ない, 幅の, 広袖を, 引かけ, 引掛け帯の, 手を, 手拭を, 手拭一本ぶら下げる, 手早く袖, 扱帯伊達巻一つの, 換へ, 映る紫, 昼夜帯の, 昼夜帯を, 更えて, 替えた, 染めて, 毛繻子の, 浅葱と, 淡紅色の, 煮染めたやう, 片足を, 独鈷繋ぎの, 白い縮, 白の, 白地棒縞の, 眼を, 着かえ, 着かえさせられて, 着かえた上, 着かえまして, 着かえまず, 着かえよう, 着かえると, 着換え, 着換えながら, 着換える間, 着替えさせられたり, 短い袴, 砂が, 紅い帯揚げ, 紅い帶, 紅い鹿の子, 紫紺緞子へ, 紫色の, 細い兵古帯, 細帯した, 細帯を, 細帯又は, 細帶姿の, 経木帽という, 縞の, 肉色の, 股引といふ, 肩膝腰の, 色の, 薄き日, 薄藍, 薄鼠, 袴を, 袴奥さんは, 袷じゃ, 褞袍を, 襟つき一枚何かで, 襦子の, 襦袢の, 襲ねた寝, 貸広袖, 赤い帯, 赤い絞り染め, 赤無垢綸子の, 赤褌の, 赤襷で, 輕く, 近寄つて行, 鉄ぶち, 關するいろ, 陣羽織という, 陣羽織の, 雨傘を, 靴下穿という, 頬かぶりの, 鬱金木綿の, 麦稈帽を, 黄色い三尺, 黄色い三尺帯, 黄色く染めた, 黒い兵児帯, 黒い唐縮緬

▼ 浴衣~ (74, 4.8%)

2 バックと, 五枚と, 出來, 薄暗い軒燈, 釘に

1 [64件] あったから, あったでしょう, ある, あれば, いっそ背丈, うつる, お母さんへの, お蝶, かかって, かけて, すきだ, すっかり旅, すべり落ちれば, ずたずたに, そこにも, そのスッキリ, そのスツキリ, ぞろぞろと, ぴたりと, ぶらさ, ほしい, チラ, 一枚出, 一枚干し忘れられた, 二三枚だらり, 二枚とも, 二枚ばかり, 人の, 人間の, 似合ふから蕎麥屋の, 何か, 優美堅牢染の, 出た時, 切子灯籠の, 埃に, 大好きでした, 好きで, 御役に立つなら, 恋しかった, 憤怒を, 新形と, 有りまして, 松に, 気に入りそれ, 汗に, 泥だらけに, 泥水でも, 流行って, 湿っぽくなっ, 湿ついたから, 物干, 生れ歌舞伎, 白い, 皺に, 真白に, 着せて, 短か, 置いて, 肩から, 薄暗いなか, 裾の, 見えて, 遠くの, 青白い立姿

▼ 浴衣~ (42, 2.7%)

2 二十が

1 [40件] いいでしょう, うれし蚤, お揃ひだ, この夏, さう, しかし帯, すらりと, そこで, そのほの暗い, その空気, ただ反物, なかった, なかなかいい, べっとりと, ほどいて, めらめらと, 之とは, 來年の, 偶, 円くむっつり, 別れた母親讓, 大層好い, 所々引き裂け, 揺めいた, 染違ひ, 校友會に, 汚れたまま, 洗ひがみ, 派手な, 浴衣だ, 浴衣な, 湯雑巾の, 潮色の, 皆前年の, 秋草を, 経帷子使った, 美しいもの, 静に, 高々千, 高知に

▼ 浴衣一枚~ (34, 2.2%)

6 では 2 になっ

1 [26件] すらも身体, だ, であらわれ, でこれから, でございました, でねてた, でもよかつ, で九州落, で仕事, で何, で朝鮮, で生命, で部屋, で障子, とは, にされ, になった, に着かへ, に紅, に赤い細, の事, の帽子無し, の胸, を荒縄, を質, 涼しい涼しい

▼ 浴衣~ (29, 1.9%)

1 [29件] いふ, おいで, がちやん, さあお前さん, その時, なつて, はいへるかい, トントン拍子の, 一緒に, 下駄と, 丹前の, 丹前を, 二枚より, 小遣とを, 帯とは, 思ったが, 手拭の, 扱きが, 柳橋の, 汗の, 洋傘が, 着かへ, 着替えても, 紅い扱帯, 紺縮緬の, 脱ぎ換えさして, 葛籠の, 行水が, 黒い兵児帯

▼ 浴衣~ (27, 1.8%)

1 [27件] ぶらぶらする, もうしろ, やって来た, ドアを, フーフー云い, 一番長い, 下駄も, 傘を, 写した写真, 出ようという, 団扇を, 夜会巻で, 威勢よく, 居たお, 庭下駄で, 引っ立っ, 桟橋に, 樽神輿を, 甲斐の, 砂浜の, 羽織と, 肌っ, 腕まくりを, 自分が, 覆って, 見物する, 蹌踉と

▼ 浴衣~ (26, 1.7%)

2 の見本帳

1 [24件] がま, が堆い, というの, のこれ, の反物, の寝, の寝間着, の袖, の襤褸, は此処, へ赤い, も拵, や海苔, をかい, をせびられた, をまとうた, をやる, をカーテンみたい, を二反, を仕立て, を卸し, を叔父, を取りあげ, を着

▼ 浴衣姿~ (20, 1.3%)

1 [20件] が凝然, が涼しげ, でしゃがん, でその, で縁側, で鏡臺, というだらし, となり, にて現, に皮, の今, の佳人, の女, の小さい, の年, の李, の白い, の芸者, の青年, や開襟シャツ

▼ 浴衣~ (15, 1.0%)

3 少し色

1 [12件] あれば, かわくという, すでに季節はずれ, なくて, 其のま, 出して, 寒空に, 洗濯しました, 涼しげなり, 涼し気に, 皆汚れ, 着換える訳

▼ 浴衣~ (13, 0.8%)

1 [13件] ボイルの, 三尺帯を, 夏羽織では, 女帽や, 寝衣, 手拭を, 紺のに, 肌着を, 蒲団を, 袢天を, 襦袢の, 見るもの, 釣竿を

▼ 浴衣~ (9, 0.6%)

1 か単, がうしろ, が白地, けど私, つた袖を, つて貰つたにや, な, のが, 赤い蹴出し

▼ 浴衣でも~ (9, 0.6%)

1 あの格子, うしろから, その點, 上品な, 借りて, 持って, 汚れて, 着たよう, 着て

▼ 浴衣~ (7, 0.5%)

2 たる人 1 たる若者, てすまし, に人魚, の上半身, 可愛い銀杏返し

▼ 浴衣にも~ (5, 0.3%)

2 染め中 1 着かえて, 趣味を, 馴染んだ六月

▼ 浴衣やら~ (5, 0.3%)

2 何やらの 1 シャツやらを, 伊兵衛の, 手ぬぐいやら

▼ 浴衣である~ (4, 0.3%)

1 が屹, にしろ, のか, 傷口から

▼ 浴衣などを~ (4, 0.3%)

1 着せられて, 着て, 着るの, 見ると

▼ 浴衣では~ (3, 0.2%)

1 わるいと, 肌寒い, 肌寒いほど

▼ 浴衣~ (3, 0.2%)

1 のだ, のであらう, んで

▼ 浴衣なら~ (3, 0.2%)

1 いいと, ば家内, 宛で

▼ 浴衣には~ (3, 0.2%)

1 しなかつたらうと, のりといふ, 直条模様

▼ 浴衣見本帳~ (3, 0.2%)

1 が日本, と愛生園, を寄贈

▼ 浴衣越し~ (3, 0.2%)

1 に, にぽつり, に突いた

▼ 浴衣~ (2, 0.1%)

1 それも, 何かを

▼ 浴衣から~ (2, 0.1%)

1 生れるの, 襦袢一枚雑巾二枚を

▼ 浴衣~ (2, 0.1%)

1 あし唐人まげ, がたという

▼ 浴衣その~ (2, 0.1%)

1 帯その, 頃の

▼ 浴衣だけ~ (2, 0.1%)

1 である, 取って

▼ 浴衣だけは~ (2, 0.1%)

1 お着なさい, 脱ぎに

▼ 浴衣~ (2, 0.1%)

2 やありません

▼ 浴衣として~ (2, 0.1%)

1 好評の, 着用し

▼ 浴衣とは~ (2, 0.1%)

1 あんまり冬むき, 仮りの

▼ 浴衣などが~ (2, 0.1%)

1 入つて, 干かして

▼ 浴衣によって~ (2, 0.1%)

1 上へ, 暗の

▼ 浴衣のね~ (2, 0.1%)

1 まきと, まきに

▼ 浴衣らしい~ (2, 0.1%)

2 寒の

▼ 浴衣~ (2, 0.1%)

1 まい引っかけたきり, まい長い

▼ 浴衣一枚裸体~ (2, 0.1%)

1 と裸体, も見えた

▼ 浴衣~ (2, 0.1%)

1 は占めず, をお太鼓

▼ 浴衣淡紅色メリンス~ (2, 0.1%)

2 の襷

▼ 浴衣着た~ (2, 0.1%)

1 女が, 父と

▼1* [99件]

浴衣あなた着て, 浴衣あれを着, 浴衣いちまい腕まくりの, 浴衣かかりてその, 浴衣からは水が, 浴衣きたりけることの, 浴衣ぐらいでまるで, 浴衣ぐらいは着せて, 浴衣ぐらゐでまるで自分, 浴衣こそ菊枝を, 浴衣こそはブルジョワも, 浴衣さえ売りつくして, 浴衣さえも売りつくして, 浴衣すら持たなかった, 浴衣それ自身を衣紋竹, 浴衣だけがぼんやり代, 浴衣だけで通したと, 浴衣だに涼しきお, 浴衣ってものは, 浴衣でございますと, 浴衣でしよたれ, 浴衣ですね, 浴衣でなきや暑く, 浴衣といふその本来, 浴衣ともすれちが, 浴衣とを重ねた奴, 浴衣どこへやつ, 浴衣ながら帯には, 浴衣なしでド, 浴衣なぞあちらに, 浴衣なぞの掛けて, 浴衣など干して, 浴衣などの古い物, 浴衣なんかですね, 浴衣にさえ襟垢を, 浴衣については一つの, 浴衣にて出で, 浴衣にでも換えると, 浴衣のうへに貸し褞袍, 浴衣ばかしの土用干か, 浴衣ばかり白く見える, 浴衣ひっかけて, 浴衣羽織を, 浴衣まで着せた上, 浴衣までがよく似, 浴衣もちやんと, 浴衣らしく着こなさないからのこと, 浴衣をかなぐり棄てると, 浴衣をば燈火の, 浴衣借リルクライハイヽガ, 浴衣一つになつて, 浴衣一日舟の上, 浴衣一枚夏羽織も着ず, 浴衣一枚巡業の荷物, 浴衣一枚肌着一枚だけしかない, 浴衣一枚草履ばき, 浴衣一枚買つたこと, 浴衣一貫の福太郎, 浴衣一重で肌寒い, 浴衣がぼんやり, 浴衣へ繻子, 浴衣主任の田部政男氏, 浴衣五六枚紺がすり二枚ちぢみ中形五六枚位, 浴衣何枚持って, 浴衣衣で, 浴衣又は浴衣がけといふ, 浴衣吉原田圃で転んだ, 浴衣地一反をくれる, 浴衣地等々を町, 浴衣宿の下駄, 浴衣は占めず, 浴衣帷子西瓜などいろいろ, 浴衣引絡ひつつ, 浴衣掛けて干す, 浴衣改めてお約束, 浴衣染帷子片袖, 浴衣水玉の藍模様, 浴衣洋杖蝙蝠傘麦藁帽などがかなり, 浴衣洗い髪を無造作, 浴衣涼しく引絡い, 浴衣渋団扇のす, 浴衣無精鬚に焼, 浴衣発祥の頃, 浴衣的美感を見る, 浴衣着タ叔父サンガフトコロニ石ヲ一杯イレテ, 浴衣着団扇を手, 浴衣神器所の灯火, 浴衣と云う, 浴衣素足の女, 浴衣の羽織, 浴衣綿八反の帯, 浴衣繻子の帯, 浴衣脱ぎ与へられてよりは洗濯, 浴衣脱捨てて引つ掛くる, 浴衣腕まくりして, 浴衣を長く, 浴衣て少女, 浴衣襯衣上衣などちらちら, 浴衣見物でございますから