青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「浮べ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

浅草~ ~浜 浜~ 浦~ ~浪 浪~ 浪人~ ~浮い 浮い~ ~浮べ
浮べ~
~浮ん 浮ん~ 浮世~ ~浴び 浴び~ 浴衣~ ~海 海~ 海上~ ~海岸

「浮べ~」 1667, 18ppm, 6352位

▼ 浮べ~ (1088, 65.3%)

91 いた 46 ゐた 29 いる 21 みた 14 居た, 見た 13 いるの 12 見ると 11 云った 9 言った 8 それを 7 いたの, ゐる, ゐるの, 居る 6 いたが, いました, みると, 私の, 私を 5 いるよう, 云つた, 話を

4 [12件] いった, おりました, みる, ゐたが, ゐたの, 来た, 流れて, 腰を, 見たが, 見て, 見ても, 言つた

3 [12件] みたが, みて, みよう, 云いました, 何か, 居ります, 居るの, 彼に, 彼は, 彼を, 笑った, 見ようと

2 [50件] ある, いたもの, いるだけ, いる事, おうように, おりますが, お辞儀を, じいッと, みたり, みても, みるが, みること, わたしに, ゐるだけ, ゐると, ゐるので, ゐるやう, ゐる大きな, ツバキを, 些と, 僕の, 出掛けませう, 叫んだ, 君の, 唯とろりと, 客の, 居りました, 居ると, 帰って, 彼等を, 慰め顔に, 杖形の, 源太郎は, 白紙の, 相手の, 眺めて, 眼を, 答へ, 聞いて, 胸に, 自分の, 自分を, 見せた, 見せる, 見る, 見るの, 貴孃, 頂きたい, 飽かずも, 黙って

1 [563件 抜粋] あああああ, あかくなつた, あっただけ, あとは, あの連中, ある朝, あんな真夜中, いいました, いい気持, いう, いきなり病的, いたと, いたろう, いた模範, いた葉子, いなかったため, いましたが, いますが, いやな, いや死ぬまい, いられる, いるうち, いること, いるという, いるとき, いるところ, いるので, いるほう, いるわけ, いるカミナー, いるミスラ君, いる位, いる手塚, いる有様, いる者, いる自分自身, うなずくばかり, うなづいた, うなづくばかり, おいた筈, おかしが, およろこび, おりその, おります, お照, お蝶, かねて知己, がらがらと, きた, きました, ぎょっとした, ぎらぎら光る, こう云いきった, こう云った, こう口, こちらを, この奥さん, この男, この部屋, この陰欝, こんな事, さうし, さて帯, さも自信, さらにこの, さんさんと, しまいました, しまう, しまふ, しみじみと, じっと空, すっくと起ち上りました, すまして, せ, せかせかと, せわしく咳払, そうした感じ, そこそこに, そしてその, そして涙ぐまるる, そのまま口, そのモデル, その優秀, その方, その生命, その蠅, その顔, それから, それは, そんななん, そんなの, たじろいだが, ちらりと妻, ぢつと, ぢろ, とびこんで, どうかする, どうする, どう云う, どことなく心, どんなにか, どんなに大きく, なお生きよう, なぜ笹部, なつかしかつ, なつかしんで, なんども, なんぼでも, ひん曲った, ふんと, ぼんやりと, またはじまつた, またもやあの, また出なおし, まぶしそう, みせた, みたには, みたの, みたら容易, みるの, みるので, みんなは, むしむしした, ものも, やさしい眼付, やったり, やつぱり僕を, やること, ゆっくり流れ, ゆれ動く葭原, わかい役人, わざわざ振向い, わたしは, わたしを, ゐたこと, ゐたといふ, ゐたところ, ゐたとしても, ゐない, ゐなければ, ゐました, ゐます, ゐるうち, ゐるかの, ゐるせん枝, ゐるのみ, ゐるより, ゐる姿, ゐる私, キャバレー歌舞伎の, コルネリウス・アグリッパは, チラリと, ヂツと, ノソノソ下り, マレーフスキイが, 一も, 一人楽しん, 一人釣りし, 一向に動じた, 一寸躊躇, 一層斯人, 一杯と, 一礼する, 一膝のり出しました, 三人の, 三吉は, 三芳に, 三谷の, 上で, 下す水, 世にも奇しき, 中川が, 主膳の, 久保田さんは, 久太郎を, 乗り回つた, 九つばかりと, 二人の, 二人は, 云うの, 云うよう, 云ひました, 互に顏, 京に, 人生と, 今にも何事, 今は, 今も, 今日も, 今日向, 伏目がちに, 会釈し, 伸子の, 伸子を, 低い垣根越し, 何かしら東西両, 何だか急, 何ともいえない, 何とも云え, 何度と, 何気なく話し, 來た, 來ました, 倆きぬ, 健康そうに, 傲然と, 優しい寝息, 光って, 入つて來, 入り来り, 入江から, 八重子に, 其上へ, 其他を, 其報復を, 内心動乱の, 冷たく一列, 凝然と, 出て, 力を, 動こうと, 勝手の, 医師の, 十吉を, 十字を, 千種十次郎は, 半身を, 又今, 友吉を, 口を, 口籠り, 吹出し度, 呑ませると, 周さんの, 周三へ, 喚きだした, 喜んだ, 喜んだの, 喜三郎に, 嚢中の, 四顧し, 坐ったまま, 堪らなく陰鬱, 売り込みが, 大きな眼, 天井に, 天錫を, 夫の, 女の, 姉の, 嫌な, 嬉しそう, 子供を, 客に, 家に, 家の, 寝ころんで, 寧ろ得意さうに答, 小さな妻, 小机の, 小池助手の, 居たジョーン, 居た彼, 居た楽しい, 居ますか, 居り, 居りましたが, 居り漱石, 居るでは, 居る時, 居る殆ど, 居れば, 屹度お, 岸近く, 島村は, 帰った, 幕をと, 平次の, 平気を, 平田伍三郎に, 幸福な, 幽寂を, 底知らぬ水, 店先に, 廊下に, 引ったくる, 引つたくるやう, 引緊ってる, 弟と, 強く光, 影の, 影絵芝居を, 彼らの, 彼ボルゲエゼ家の, 彼女は, 彼女を, 彼等の, 待つて, 御前に, 御尤, 御挨拶, 微笑を, 心の, 応答した, 思うとき, 思うまま, 恐しい長篇, 恐しさ, 恭, 悲しさうに時, 悲しんだという, 悲喜交, 悲壮な, 想像の, 感謝した, 憧れを, 我が健全, 我項を, 戦くの, 戻つて, 手の, 打開いた, 挨拶を, 握手し, 攻皷の, 放置された, 斯う, 斯んな, 新子に, 新子を, 早く往かない, 明日から, 明智の, 春宵一刻を, 昼の, 暗い氣持, 暫くの, 暫く答, 更に又, 書かれたの, 最初に, 月を, 本を, 本間さんの, 杉本は, 来た時, 枕の, 果し眼, 次の, 欣喜した, 歎願する, 正二は, 正眼に, 此人には, 此方を, 此處の, 母親は, 毒々しい表情, 気味の, 気焔を, 水上生活という, 水茶屋の, 沖へ, 泣いた, 流る, 流れを, 流れ出した, 浅黄色に, 涙を, 淋しい母, 湖心の, 滝の, 点頭いた, 無心そうに, 然しそれ, 然し幾ら勉強, 爛れて, 狐疑的な, 独りで, 獅身女面獸の, 獨り, 現はれ, 甚可哀想に, 生々しく輝い, 生れながらの, 異邦人三十人斗是, 異郷の, 白い灰, 白い煙, 白木の, 皆んなの, 目を, 相対する, 眞つ, 眠り込むと, 眺めながら, 眺めると, 眼だけが, 眼に, 碇泊した, 神尾が, 私達の, 秋の, 稲田夫婦を, 空想は, 空虚な, 窓際に, 立ちあがつたところ, 立ちあがると, 立ったり, 立って, 立つこと, 立つて, 竹丸に, 笑いころげさせる滑稽味, 笑われたの, 笠井さんを, 答えたこと, 答えた実生活, 答えました, 答えます, 紅い唇, 素子の, 素子も, 終日釣りける, 網の, 網を, 縁側に, 美しく爲, 考えた, 考へつ, 胸を, 腹が, 自ら恍惚と, 自分だけは, 自棄に, 舟の, 船で, 花が, 苦痛を, 草吉を, 行かねば, 行き過, 行った, 裏の, 見せながら, 見たくなる, 見たという, 見たの, 見ました, 見るよう, 見る度, 見る眉山, 見れば, 覗き廻りさえ, 言いベッド, 言譯した, 訊ねる, 話して, 語りつづけた, 語り出した, 調戯う, 豊かな, 象の, 財産家に, 貰ひたい, 貴嬢, 貴様が, 起ちあ, 足もとから, 軽く頭, 輕く, 迎へ, 近よっ, 返事も, 返答した, 逆上した, 逆様に, 連想は, 遊びました, 道ばたの, 遠慮し, 鄭重な, 釣に, 釣るの, 銭石山に, 鍋蓋の, 阿波太夫, 階壇を, 頭を, 頷き合, 頼んで, 題名に, 骨牌を, 鯉口を, 鳥の, 麦こき, 黙つて, 鼻を, 鼻髯を

▼ 浮べながら~ (332, 19.9%)

6 云つた 5 私は 4 云った 3 いった, さう, 二人の, 玄関の, 言った, 黙って

2 [18件] あの時計, ごろりと横, その朝, その男, 家の, 帰って, 彼の, 応接室へ, 明日の, 父親へ, 相変らず, 私の, 答えた, 肯いた, 胸の, 自分の, 言い出した, 静に

1 [263件] あたりを, あの薄い, いきなり拳銃, いつかひき立たない, いつた, いつまでも, うなずきました, おずおずと, おとなしく私, お客様がたを, くりかえす言葉, こういうこと, こう答えた, こそりと, この村, こんな事, さつ, さも愉快そう, さりげなく, しかしこの, しかしやや, じっと彼女, じっと窓, じっと翼, じっと考えた, すぐそば, すり芋を, そういった, そう云った, そう言っ, そこから, そして胸, そのまま他界, そのまま歩き, その丸木造り, その事, その出, その命令, その手, その花, その靴, そろそろそれ, たか子と, ためらふ, ちょいと, ぢつと, とうとうお, ともすれば涙, どうする, どれを, のび上って, へんてつも, ぼんやり往来, また数世紀, また自分, まだう, まるで屋根, むつくりと, もう眼, もの思ひ, やっとこれ, ゆうゆうと, ゆるゆると, わざと大仰, わざと間, わたしは, オルガの, ケエドルセイまで, コツコツと, スックリと, フト横に, ペッと, 一同を, 一座を, 一生懸命に, 一足, 三千子の, 三吉は, 三度叫んだ, 下宿の, 二三歩進ん, 二円三十銭を, 云いました, 云い出すと, 云い放った, 云うべき冒葉, 京都の, 人々を, 今度は, 仲間の, 会釈する, 伯爵と, 伯爵の, 伸子が, 低い声, 何かを, 値を, 僕の, 先ず黙っ, 光子さんの, 入って, 入つて, 内心大人気ない, 出て, 出鱈目な見, 切りに, 初めて口, 前と, 力を, 力一杯片, 勤務し, 医師の, 卓子の, 単純な, 口へ, 口笛を, 叮嚀に, 右側の, 合点を, 同情した, 呟いた, 呼びかけた, 囁いた, 地面を, 坊ちやんを, 多分それ, 大丈夫です, 大殿様, 大殿樣の, 夫は, 妾を, 娘の, 婦人雑誌の, 宮子に, 家に, 寝転んだ, 寝間着の, 寺の, 少女は, 岸本は, 帰りかけたが, 平静な, 幾日も, 庸之, 引返した, 彼に, 彼は, 彼を, 彼女が, 彼女の, 微笑し, 急に, 急行列車の, 悟空は, 悪叮嚀, 愉し気, 戯談に, 戻って, 押しても, 改めて傍, 政職は, 数年前彼等夫妻が, 昏, 昔の, 暫くじっと立, 更に沈ん, 書くと, 木立へは, 本当の, 枝原を, 歩いた, 残り惜しさうに手紙, 殘り, 池部に, 淋しく笑った, 然も, 煙草を, 独りで, 玉乗りの, 現れた, 生れた作品, 田部井氏の, 番地を, 異様な, 痙攣した, 盃を, 目礼でも, 真紅な, 眩しそう, 眼を, 矢張り渚の, 石下へ, 石階を, 社交的に, 私たちは, 私と, 私どもの, 私を, 穴から, 突立っ, 窓に, 窓の, 立ち上り廊下, 立ち上ると, 立って, 笑顔に, 筆を, 答えたの, 答へ, 素子に, 署長を, 義雄に, 老人の, 老人は, 老人を, 考えた, 聞いて, 肝腎の, 腕の, 腰の, 膝の, 良助の, 色づいた美しい, 苦笑し, 茫然と, 菜穂子の, 落着き返, 落着き返っ, 衣川柳太郎は, 袂を, 西側の, 見て, 見るとも, 親切そうに, 角帽を, 言いつづけた, 言ふ, 言葉を, 語る, 説明した, 誰にとも, 誰もかも半ば鎧, 足下に, 軽く会釈, 軽卒に, 近づいた, 返事を, 逆に, 過ぎ去った日, 道行く人, 遠くの, 郷愁の, 郷愁を, 酒くさい, 野村は, 青羅紗の, 静かさうに呑気さうに話し, 須世理姫の, 頬は, 頷いた, 鷹揚に, 黙つて, 黙り込んで

▼ 浮べたり~ (18, 1.1%)

4 した, して 1 あるいは八丁堀, しましたが, する, すると, するの, する代り, その野, ウンといふ, 仲間を, 自分の

▼ 浮べては~ (17, 1.0%)

2 ならない

1 [15件] いないと, いなかった, いるが, すまないよう, その一人一人, ゴソゴソと, 三味ひく, 宮川行の, 居ぬ唯, 感慨に, 歩いて, 漫に, 独り微苦笑を, 絶えず憂鬱, 見たいが

▼ 浮べても~ (9, 0.5%)

1 いなかった, 今では, 彼らほど, 彼等程, 物淋しい, 異樣, 羞恥に, 苦しい程, 身震いが

▼ 浮べつつ~ (5, 0.3%)

1 あるその, 栄燿栄華の, 歓喜の, 直に健やか, 話して

▼ 浮べ~ (5, 0.3%)

2 せず明日 1 した, しなかったろう, し歌

▼ 浮べそして~ (4, 0.2%)

1 そこに, その後で, 実現を, 弱々しくお辞儀

▼ 浮べその~ (4, 0.2%)

1 上に, 中に, 人柄の, 眺望の

▼ 浮べての~ (4, 0.2%)

1 ことだ, 返事であった, 述懐に, 述懷に

▼ 浮べ~ (4, 0.2%)

1 は少し, も口, をちら, を伏せた

▼ 浮べながらも~ (3, 0.2%)

1 その餌, シャツを, 心の

▼ 浮べ~ (3, 0.2%)

1 あの折, いいの, ばんざい

▼ 浮べあの~ (2, 0.1%)

2 四五人が

▼ 浮べこれ~ (2, 0.1%)

2 は摩訶不思議

▼ 浮べ~ (2, 0.1%)

1 あらば, うする

▼ 浮べひとり~ (2, 0.1%)

1 それに, でくすくす

▼ 浮べまたは~ (2, 0.1%)

1 皮肉な, 逆に

▼ 浮べ~ (2, 0.1%)

1 る, るるほど

▼ 浮べ乍ら幻~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 浮べ~ (2, 0.1%)

1 しても, 一心を

▼ 浮べ~ (2, 0.1%)

1 には女らしく, の性情

▼ 浮べ密やか~ (2, 0.1%)

2 に忍ん

▼ 浮べ~ (2, 0.1%)

2 る時

▼ 浮べ~ (2, 0.1%)

1 に花, や三谷

▼ 浮べ自分~ (2, 0.1%)

1 の心, も涙

▼ 浮べ~ (2, 0.1%)

1 の所々, の皮膚

▼ 浮べ飛行機~ (2, 0.1%)

1 の着陸場, 全台数二千機中六百台

▼1* [141件]

浮べあいつはまた, 浮べいろいろに考え散し, 浮べ尻を, 浮べがちだった, 浮べこくりこくり居眠りしてる, 浮べこのみどり色の, 浮べこんなふうに, 浮べさえしない, 浮べさかんに活躍, 浮べしきりに眠気を, 浮べが上, 浮べそっと手出しを, 浮べたりなどした, 浮べちょっとあたりを, 浮べてからかつた, 浮べてこそ天晴名門の, 浮べてさツと, 浮べてさえすでに一種, 浮べてでもいるかの, 浮べてにゆうつと, 浮べども帆の, 浮べながらでも笑わずに, 浮べながらはひつて, 浮べなつかしげな, 浮べなどして, 浮べなにはともあれ, 浮べなりながら, 浮べふるさとの, 浮べふんと鼻, 浮べほとんど食わないと, 浮べぼくが力漕, 浮べまあこれで, 浮べまるでソドムの, 浮べもっぱら敬遠の, 浮べやうとする, 浮べやがて今度は, 浮べやすいにかかわらず, 浮べやすらふとき, 浮べゆっくりしゃべりつつ, 浮べダンディらしい星宮理学士, 浮べ一座退りて, 浮べ不死の薬, 浮べにこの, 浮べ乍ら続けました, 浮べ乍らヂロヂロ一座を見, 浮べ乍ら云つた, 浮べ乍ら彼は考える, 浮べ乍ら次の小屋, 浮べ乍ら歸つて行きました, 浮べ乍ら鷹匠町の下宿, 浮べ二つに引き裂いた, 浮べがそれ, 浮べ今夜もまた, 浮べ今更の如く過ぎ去った, 浮べ佐吉さんはその, 浮べを考え, 浮べ兩岸より鐵鎖, 浮べ公園でさえあれ, 浮べ前方を凝視, 浮べ前者の息づまる, 浮べ勲功などとはもつ, 浮べ千万残念に, 浮べに慌て, 浮べ友人の持っ, 浮べ反感を持つた, 浮べ口さきだけで, 浮べ同時に眼の, 浮べ名殘りの, 浮べ唐突な言葉, 浮べになっ, 浮べなもの, 浮べに, 浮べには星, 浮べへ出る, 浮べ如何にもあはれな, 浮べ妖怪であれ幽霊, 浮べを見た, 浮べに好意, 浮べ子息忠朝に櫂, 浮べの中, 浮べ寒風に吹きさらされ, 浮べ寫眞の現像, 浮べ小さく弟に, 浮べ小岩桜の紅花, 浮べ少年少女の昔, 浮べ帳面をひろげ, 浮べったい指先, 浮べ後ろさがりに, 浮べ微笑も禁じ得ず, 浮べ心持ち体を乗り出した, 浮べ悠然と歩いて, 浮べ我々はいずれ, 浮べに持つ, 浮べが近付く, 浮べ数艘の画舫, 浮べ文字にそれ, 浮べ草を, 浮べを溶, 浮べ暫く答を, 浮べ更にこの小さな火葬場, 浮べ最短通路を通っ, 浮べ梶棒の上る, 浮べで晴れやか, 浮べ次には窓, 浮べ水際から一町許, 浮べ水鳥を遊ばせ, 浮べの巌, 浮べの霞, 浮べ深く思い諦め, 浮べ湖上の樅ヶ崎, 浮べ激しい息を, 浮べ無量の感慨, 浮べ片手でポケット, 浮べ独りで笑っ, 浮べの小, 浮べ白き霧は, 浮べ真作と二人, 浮べ社会問題に強い, 浮べありて, 浮べ笑い乍ら云ったの, 浮べひ何, 浮べを潜め, 浮べに聴き入り, 浮べがいかり, 浮べ船乘りから, 浮べ良ちやんも生き, 浮べ花火などを揚げ, 浮べ薄い唇の, 浮べ蛮地に斃, 浮べ親しげな, 浮べをすくめ, 浮べを行く, 浮べを震わせ, 浮べ近頃では何, 浮べ郷愁にかられ, 浮べを浮べ, 浮べ長く海中に, 浮べ隣家の方, 浮べ青年時代の野心, 浮べを振っ, 浮べふって