青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「梁~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

案じ~ ~案内 案内~ ~案外 案外~ 桐~ 桑~ ~桜 桜~ 桶~
梁~
~梅 梅~ 條~ ~梢 梢~ 梯子~ ~棄て 棄て~ ~棒 棒~

「梁~」 1112, 11ppm, 9812位

▼ 梁~ (263, 23.7%)

29 上に 12 下に 8 上から, 上を 7 武帝の 5 上へ, 上まで 3 うえに, 上で, 上の, 時に, 時の

2 [21件] おもて, ゆるぎを, 一つに, 一本が, 上か, 上には, 上までは, 下から, 下を, 中には, 任, 塵を, 孝元, 家で, 家へ, 武帝が, 武帝は, 武帝時代に, 目録に, 臼の, 饌の

1 [132件] あいだに, あたりに, あるの, うえから, うえには, うえを, うちに, きしみを, ところに, ところの, ところへ, はずれで, ふたりは, ほとりに, むこうへ, やうに, ように, キシむ音が, 一つが, 上さ, 上は, 上をは, 上細引の, 下じきに, 下で, 下にて, 下まで, 下敷に, 両端に, 中心へ, 位置から, 侍が, 侍に, 僧佑の, 元帝頃, 六角形に, 劉, 半を, 取付けに, 取扱い方, 向うに, 呼ぶ声, 器が, 土が, 塵も, 墓表に, 多くは, 大同十年といふ, 太祖と, 学者陶弘景が, 學術及び, 宝志和尚の, 家です, 家を, 將軍新垣衍に, 巣に, 幅は, 影は, 恵王を, 恵王常に, 惠王の, 揺れるよう, 数まで, 方に, 方角から, 昔は, 時といふ, 時との, 時にな, 時には, 時は, 時代の, 時青州の, 普通四年に, 朝まで, 末端に, 横わった, 武帝と, 武帝を, 武帝厳に, 武帝唐の, 武帝因みに, 武帝女人の, 武帝宣帝に, 武帝達磨に, 武帝達磨大師に, 沈約に, 沈約の, 法聡は, 波の, 焼け落ちる轟音, 煤にまで, 片端は, 状を, 王彦章は, 環に, 白木の, 目録は, 真黒く煤けた, 端に, 簾に, 美華棟の, 落ちかかる, 落ちる音, 虹に, 補修にて, 見える大きな, 諸所, 議論には, 豎子のみ, 賊臣侯景及び, 部厚, 重な, 重修, 間から, 間に, 阮孝緒が, 陶弘景これも, 陶弘景という, 陶弘景註の, 雄渾, 雌雉時かな, 霊を, 頃まで, 顔が, 類を, 顧野王といふ, 飯の, 首を, 鶏の, 黒き中, 鼠糞が

▼ 梁~ (165, 14.8%)

6 ブラ下が, 首を 5 張り渡した 3 打たれて, 掛けて

2 [12件] シゴキを, 吊して, 吊って, 吊られた照手姫, 圧されて, 恐怖を, 手を, 繩を, 腰を, 落ちたといふ, 釣り下げられて, 銀の

1 [118件] あつた, ある鶏, かけた下, かけられた蜘蛛, かけ右, かこまれて, くくりつけて, ございます, さげて, しっかりと, しばりつけられた怪我人, しばりつけられると, そのものすごい, つかえそう, つかまって, つたわって, つりわたした, とまって, どかんと, なりますが, なるし, のせて, ぶつかりながら, ぶらさがったの, ぶらさがって, ぶら下って, もう一度ゴツン, ブラ下がる, 上りベゴ, 両腕, 今日は, 伝わって, 何か, 倒で, 兩腕を, 別れを, 取りついて, 取ッ, 吊し逃げるよう, 吊せる筈, 吊った人間, 吊つた, 吊つたか, 吊つた人間, 吊つた掛矢, 吊つて, 吊りあげられた, 吊り上げられたまま, 吊るして, 嘯いて, 圧されながら, 圧される, 堆く障子襖, 塵も, 変化が, 宙ぶらりんと, 小さな棚, 尾を, 属し後, 巣を, 巧く, 巻きついたり, 巻きついて, 帶などを, 引っかけて, 引上げられる, 引上げる, 懸けて, 打たれたの, 打たれながら, 打ちつけた, 打ちつけて, 打ちつけられた上棟式, 打ちひしがれて, 扱帶を, 押えられたよう, 挫が, 掌を, 掛けた, 掛け自分, 掛つて居た, 撃たれ直ちに, 断われば, 映つて, 架けまわされて, 棊品ある, 滑車が, 祟られた同然, 積んだ藁束, 突き立った, 系統木, 紐を, 細帯を, 細紐を, 結ばれたもの, 結んだ綱, 縄を, 縊れて, 縛つた鐵砲を, 縛られて, 腰掛けて, 衝突した, 触らなかったと, 話して, 諫められた, 贈った, 跋扈した, 這ひ, 釣される, 釣し, 釣した, 釣りその, 釣上げて, 釣下げられた, 雪の, 顎を, 馬のりに, 麻の葉の

▼ 梁~ (62, 5.6%)

4 落ちて 2 むきだして, むきだしに, 頭の

1 [52件] あった, あるだらうと, いけと, これに, そこから, その中, その職人, ないよう, みしみし鳴っとですたい, わたった煤けた天井, ムキ出した古びた, 一つと, 一つ壊れ, 一本あっ, 一本いっ, 一本通つて居る, 両側へ, 二本三尺くらい, 今にも崩れ落ち, 入って, 公使徐承, 六尺ぐらいの, 六尺ぐらゐの高, 地牢の, 垂直に, 変な, 幾らかあの, 廃墟全体を, 弛みかけた, 彼の, 折れて, 折れやしないかと, 揺れた, 支柱に, 時折ミリッと, 朧げに, 横には, 機械の, 江戸から, 沸き返るの, 渡つてゐた, 滅んで, 白く目立っ, 破けたり, 縦横に, 落つる厄, 見えるので, 許しゃあ, 走り片隅, 起重機から, 金吾の, 長さ三十三間

▼ 梁~ (57, 5.1%)

4 渡り庇 2 伝って, 渡って, 渡るやう, 紙にて

1 [45件] かざり立てる方法, けぶりは, こしらえるから, さぐって, ささえて, なし懸崖, はじめ新築祝いで, もった煉瓦造り, やる者, 伝うやまかがし, 伝わって, 伝わっても, 伝わりながら, 使用した, 傳は, 切ったという, 切つた, 力に, 動かして, 動かす下, 受けた, 垣根の, 廻ると, 握った, 擡げようと, 放れる, 横へ, 流れて, 渡して, 渡り或, 白い漆喰, 眺めしばらく, 積みて, 纏う唐草, 見て, 見ないの, 走る古, 走る鼠, 越えて, 踏みはずし畳, 輝かしつつ, 迎えて, 送って, 鋸で, 頭で

▼ 梁から~ (56, 5.0%)

2 下が, 下して, 垂れた握り太, 梁へと, 梁を, 落ちたらしい大, 釣り下げられて

1 [42件] だらりと, つるしその後, つるして, ぶら下, ダラリと, ドンと, ブラ下が, 一巻の, 一本の, 下がって, 下げた繩, 下りて, 不氣味, 兎つるし, 剥がれ落ちて, 十燭ほどの, 半腐り, 取りおろし主人, 吊された幕, 吊って, 吊つた罠, 天井へ, 帝の, 撃つたに, 斜に, 斜めに, 無数の, 罠を, 舳先を, 落ちて, 落ちる微塵ごみ, 落ちれば, 衣紋竹で, 話が, 軒先の, 軒高い, 逆さに, 釣し, 降りると, 降り小屋, 韓の, 頭上へ

▼ 梁中書~ (42, 3.8%)

1 [42件] から絶対, から都, がおります, がかく, が下, が十万貫, であった, である, について過去, には岳父, に気に入られ, の公邸, の女房, の好意, の官邸, の御, の横顔, の筆, の腹, の詫び状, の通過, の邸内, はあくる日, はいつか夢中, はその, はそれ, はわざと, は兵馬, は副官その他, は白銀, は蔡夫人, は護送者, は輝く, は驚き, へ拝謁, まるで赤面もの, もまた, も今年, も獄中, も考えた, も蔡夫人, も都

▼ 梁~ (39, 3.5%)

2 丸太で, 言った

1 [35件] いささか昂奮, お鳥, かすかに, がっしりと, この妻, そこで自分, ふたりの, ますます不思議, またぐわらっと, またそれ, りっぱな, 今にもずるずると, 今日は, 傲然として, 再び訊こう, 初重, 古木で, 孔子が, 帆桁である, 心の, 打たずて, 支えきれなくなって, 故郷へ, 楚の, 画舫の, 眸を, 答えた, 美しい女, 荊州記に, 落ちる, 虫の, 覚えず体, 訊いた, 門外へ, 驚いて

▼ 梁~ (30, 2.7%)

2 はめ込んだん

1 [28件] かけ直して, しばりつけるん, つり上げられた, ブラさげ, ブラ下がる, ブラ下げたり, 二つ三つ巻きつけ, 吊しや, 吊つたが, 吊るし保平, 向けたまま, 射つけて, 引っかけて, 掛けたそう, 掛けた強い, 掛け矢, 掛るにぞ, 炎が, 箱の, 紐を, 細帯を, 綱を, 縄を, 繩を, 落ちて, 通した綱, 釣上げ薪, 飛びうつった

▼ 梁~ (27, 2.4%)

1 [27件] その他の, 丸太からは, 則天や, 化粧, 壁を, 壁茅, 屋根裏が, 手摺などの, 明りとりの, 春来て, 朱色の, 板を, 板戸に, 板柱の, 柱から, 柱に, 柱は, 柱へ, 柱や, 桁と, 止り木に, 虫喰った, 鉄柱を, 鉄筋が, 鉄筋の, 門だけ, 黒光りな

▼ 梁~ (24, 2.2%)

2 壁も, 巌で, 巖で

1 [18件] あきれて, そうであろう, ために, たわむほどに, 巌であった, 幸焼け折れた, 敷板も, 板じきも, 柱も, 桁も, 標高七百米に, 焔の, 無かった, 無かつ, 聴け明け, 越え終って, 隅棚の, 震動する

▼ 梁~ (17, 1.5%)

1 [17件] がちょうど, が突然, でもなく, という若い, の身, はここ, はその, はどうも, はまたぞろ, はまだ, はまったく, は小, は悪い, もあるいは, もいよいよ, もかね, もやはり

▼ 梁~ (14, 1.3%)

1 [14件] あるの, その次, なし空, なりあるいは, 云ひ, 云ふも, 屋根との, 思われる地平線, 書した, 桁と, 椽木が, 漆喰の, 申しやす, 鉤と

▼ 梁~ (14, 1.3%)

2 の画風

1 [12件] か, からその, があの, と睨めっこです, に合点, の幅, の描いた, の栗鼠, の豪健, を学んだ, を慕う, を模

▼ 梁には~ (10, 0.9%)

2 一面に, 臼を 1 そう答え, まだ定まった, 一杯に, 煤柱には, 舊い, 難なく引綱

▼ 梁~ (9, 0.8%)

2 ノ君子 1 からは英国士官, から蜘蛛, が二珠, に留める, の二珠, の曲者, より墜ち

▼ 梁啓超~ (9, 0.8%)

2 が曾, は曾 1 がヨコハマ, の主筆, の如き, の所謂中國魂, は日本

▼ 梁~ (6, 0.5%)

1 の上, の下部, の盟, の盟主, の目的, ノ宣言ニシテ

▼ 梁~ (6, 0.5%)

1 の弟梁虔, は断然, へ宛てた, も姜維, を天水, を訪い

▼ 梁~ (5, 0.4%)

2 から小男 1 ぐんと外れたら, とか小さな, 階段だ

▼ 梁~ (5, 0.4%)

1 ささえられて, 取れるだけ, 堅気で, 支へ, 頭打たぬ

▼ 梁を通して~ (5, 0.4%)

3 繩の 1 縄の, 降りて

▼ 梁~ (5, 0.4%)

2 がなくし 1 なくし, の名, は今

▼ 梁~ (4, 0.4%)

1 などにも精通, に精し, のみである, も同

▼ 梁~ (4, 0.4%)

2 の執事 1 から祝賀品, の裏切り者

▼ 梁~ (4, 0.4%)

2 の頃 1 の増補, の著

▼ 梁~ (4, 0.4%)

1 という部落, の寄手, の空, の部落

▼ 梁~ (4, 0.4%)

1 に示談, の復讐, は夫, は決して

▼ 梁~ (4, 0.4%)

2 の詩 1 に禪, の歌

▼ 梁~ (3, 0.3%)

1 何かで, 木の, 棟の

▼ 梁ヶ瀬~ (3, 0.3%)

1 から田神, から田神山, から逃げ

▼ 梁~ (3, 0.3%)

1 には既に, に出, 與中

▼ 梁~ (3, 0.3%)

1 の一郭, の附近, へもどっ

▼ 梁~ (3, 0.3%)

1 が晉, のいただき, ヲ踏破シテ宋江

▼ 梁~ (3, 0.3%)

1 にも三年, は漢靈帝光和中, を按ずる

▼ 梁~ (3, 0.3%)

2 の所謂南朝 1 あり

▼ 梁~ (3, 0.3%)

1 がその, が一軍, なので

▼ 梁~ (3, 0.3%)

1 だと, に紐, を一望

▼ 梁その~ (2, 0.2%)

2 下で

▼ 梁にかけて~ (2, 0.2%)

1 十八の, 結んだ綱

▼ 梁にでも~ (2, 0.2%)

1 ブラ下がらなかつた, 巣を

▼ 梁にも~ (2, 0.2%)

1 使い途が, 留まらずに

▼ 梁へと~ (2, 0.2%)

1 渡って, 渡つて歩いた

▼ 梁よりも~ (2, 0.2%)

1 早かるべく, 高く猶

▼ 梁~ (2, 0.2%)

2 の軸

▼ 梁又は~ (2, 0.2%)

1 小屋組全部を, 桁の

▼ 梁~ (2, 0.2%)

1 超ら, 超之

▼ 梁山伯~ (2, 0.2%)

1 だよ, の女性

▼ 梁庵先生~ (2, 0.2%)

1 に訊く, のところ

▼ 梁張宝~ (2, 0.2%)

1 のふたり, の賊軍

▼ 梁恵王~ (2, 0.2%)

1 との問答, に人

▼ 梁~ (2, 0.2%)

1 華氏その, 華氏に

▼ 梁楷馬~ (2, 0.2%)

2 遠牧渓

▼ 梁武帝~ (2, 0.2%)

1 の照殿玉獅子等, 元洲苑

▼ 梁玉繩~ (2, 0.2%)

1 の挾んだ, の考

▼ 梁~ (2, 0.2%)

1 から, という者

▼ 梁~ (2, 0.2%)

1 に飽く, を貪り

▼ 梁誇り~ (2, 0.2%)

2 する鮎

▼ 梁~ (2, 0.2%)

1 と云, の時

▼1* [149件]

ありて始め, 梁ええとこいつ, 梁祝に, 梁および後魏の, 梁からは煤が, 梁がはづれさうにみしり, 梁こそはヴィユウ・コロンビエ座の, 梁このお豊なん, 梁じゃゾッとすら, 梁するかと覚しき, 梁ぜんたいが揺れ, 梁それからこいつが, 梁だけで澤山でございます, 梁だけは確に, 梁であったという, 梁でございましょうが, 梁でございますよ, 梁という者天公将軍の, 梁とか柱とか, 梁とで組まれた狹, 梁とにあいて, 梁との空間には, 梁とはこう云う, 梁知識そのものを, 梁なおありと, 梁などいう漢字, 梁などに敷かれて, 梁などは恰で, 梁にかくる大宮, 梁にまで走ろうと, 梁のくづれ鮎さみだれ落ち, 梁ひとりが廟内, 梁また壁板の, 梁まで海水が, 梁までは四部と, 梁みたのであろう, 梁みたいに大きな, 梁もて圧えし, 梁やら桁やら, 梁をもガラスの, 梁一ぱいいこう, 梁一夢をよむ, 梁一本でも壊され, 梁上二珠のもの, 梁上床下の天才, 梁丘氏易の梁丘賀, 梁中山道には岩倉倶定, 梁中書北京ニアリテ民ヲ毒シ, 梁中書夫妻から蔡大臣, 梁中書様のご, 梁中書閣下にお告げ, 梁丸太にからみつい, 梁の條, 梁二傳國語晉語などに出, 梁二派古文に左氏, 梁代以前已にかかる, 梁代理なので, 梁以來の亡書, 梁以後の書, 梁伊兵衛なる者, 梁あ嬉しい, 梁先生が記した, 梁六間天井までは一丈三尺, 梁が妻, 梁冀兎苑を河南, 梁の四大将, 梁厳丈な本陣擬, 梁を建て, 梁は公礼, 梁唐晋漢周と国朝, 梁喜助がお, 梁喜助頭梁お祝, 梁即謹等, 梁へ行った, 梁亦曰, 梁子俊という者, 梁には永く, 梁宕陰詩人では五山, 梁寛趙衢のふたり, 梁山崩の傳, 梁山晉望也の句, 梁山舟などのやう, 梁州といへるは, 梁州雍州となつ, 梁左氏皆荀卿を經, 梁に天地, 梁の序文, 梁に入れられた, 梁を訪ね, 梁庵主宮坂さんが管理, 梁庵老はさ, 梁であると, 梁恵王篇に斉宣王羊, 梁といふところ, 梁打つ人の, 梁文鈔を貸, 梁明等世子を奉じ, 梁と呼ばる, 梁時代の王僧辯, 梁の組入, 梁木の間にかたまれる, 梁に一たび, 梁末亡逸今疑非, 梁にお, 梁東京の満都, 梁なくまた, 梁柱はいふもさら, 梁とも総, 梁あるいは壁上, 梁楷因陀羅牧谿などの画品, 梁楷牧谿それから邦人, 梁楷風もある, 梁とか隋様, 梁の近く, 梁欄間の彫り, 梁の川原, 梁漱溟の諸星, 梁に見え, 梁王劉立と云, 梁王曰く先生一妻一妾ありて, 梁看護婦室に薄, 梁は若い, 梁の背, 梁紀十七太清二年の條, 梁紀楽就の二騎, 梁自身の現在, 梁良玉の七家, 梁の如し, 梁は十五間三尺, 梁行十一間高さ二丈四尺, 梁行十五間床から天井, 梁行十四間半の大, 梁に支え, 梁諧夏珪馬遠馬麟, 梁の一家, 梁跋扈に逢った, 梁跳躍するが, 梁のうち, 梁軍七千の人, 梁という人, 梁邱皆田何之弟子也, 梁は錬鉄製粧飾金具, 梁鉄棒ぼろガラスの破片, 梁阮孝緒の七録, 梁までの間, 梁首席の巨躯, 梁または千金草, 梁鴛瓦の砌, 梁鼎芬が聖人