青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「浪人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~流行 流行~ 浄~ 浅い~ 浅草~ ~浜 浜~ 浦~ ~浪 浪~
浪人~
~浮い 浮い~ ~浮べ 浮べ~ ~浮ん 浮ん~ 浮世~ ~浴び 浴び~ 浴衣~

「浪人~」 2743, 30ppm, 3958位

▼ 浪人~ (624, 22.7%)

12 でした 7 です, の娘 5 だ, のよう 4 があった, の家, は 3 か, が, でご, の大井半, の方, の父子, の用心棒, は何ん, は手習師匠

2 [54件] がある, がお, がはいっ, が一人, が二人, が仲裁, が居る, が徘徊, が手習師匠, が殺され, が苦しみ出し, が路地, が離家, じゃ, だから, だが, だよ, だ一文, で, であった, ですかい, でそれ, ではあるまい, で丸屋, で同じ, で大した, で大井久我, で好い, というの, というやつ, と勇太郎, と言つて, にし, に斬られた, の一人, の上, の住居, の大井久我, の子, の宇佐美敬太郎, の岩根源左衞門, の左陣, の生活, の織部鐵之助, の芦名光司, の話, の踵, の長屋, はさすが, は手習子, は米友, は自分, を手習師匠, 阿星右太五郎

1 [441件] ありや, お見知り, かい, からお前, か主人持, か何ん, か小身, があつ, があと, があの, があばれ廻っ, があり, がい, がいいました, がいきなり, がいた, がいる, がうしろ小手, がうろたえ, がおとなしく, がかなり, がこけ, がここ, がさけんだ, がさっき長屋, がそう, がその, がたくさん, がやっ, がわざわざ, がピカピカ, が一名, が下手人, が中, が中庭, が二三人, が今, が伏せっ, が住ん, が何, が何ん, が來, が側, が八人, が南番所, が夜, が夜な夜な, が実演, が居ます, が居候, が山, が左手, が廊下, が引越し, が怪しい, が手, が抜, が抜刀, が押借り, が教, が数人, が昔, が時々, が暖簾, が木蔭, が横眼, が横行, が死ん, が死んでしまつた, が氣, が町方, が知, が築地小田原町, が脇差, が腕, が舞い込みました, が舞台, が親, が親子連れ, が言, が言ふん, が赤谷伝九郎, が軒下, が近頃, が逢ひたい, が金, が集まり, が馬, が黒旋風, きゃつはどうして, さ, じゃな, じゃない, じゃねえ, それから喜次郎さん, それから瀬左衛門, ただし義, だそう, だぞ, だってその, だと, だという, だといふ, だな, だらう, だア, だ何, だ決して, でありますから, である, であるか, であると, であるの, でございますなん, でござる, でごぜ, でしたから, ですが, ですがね, ですよ, でせう, でその, でたぶん, でなきや, ではあ, でも二本差, で二本差, で人品, で候, で四十前後, で固め, で多分, で大, で居留木角左衞門, で山脇玄内, で従来, で御, で極, で相当, で相手, で私, で稻葉屋, で背, で誠に, で辯口, で食方, で高木勇名, で鳴川留, と, とあの, という, といった方, とお, とお前, とかの話, ときょう泥鮫, とそんな, となり, との往来, とばかり往来, とみてとれる, とハタ, と一緒, と不義, と今, と六部, と南朝, と店中, と建具屋, と思いおる, と戀仲, と手, と決まりますれ, と縁側, と見くびっ, と見たら, と覚しい, と逢引, と門, ながらも武士, などが知恵, などは寄せつけ, などは自分, など辻斬退治, なの, ならたった今, なら宜, なん, なんか食い, なんぞはお前さん, にいった, にお, にちよ, につけられ, にののしるごとくいいました, には勿体ない, には大した, には違, にひっかかっ, にも骨, にゃあ, にマジマジ, に与えた, に五十両, に何用, に刀, に喰い下られ, に守宮, に対していわゆる, に対してもそう, に対して怖, に就い, に操, に斬られ, に斬り殺される, に殺される, に決つて, に突然, に紛れ, に絡みつかれる, に興味, に舊主, に血まつり, に逢, に逢っ, に逢つて, に難題, に騙され, のあと, のあと家内たち, のいたましき, のうち, のこと, のため, のところ, のびっくり, のみじめさ, のめぼしい, のやう, のやわら取りの, のヌケヌケ, の一人娘, の一刀, の一団, の不審, の不逞, の乗っ, の乱入, の争い, の事, の仕上げた, の仕業ぢ, の住ん, の佐次郎, の倅, の勘定振り, の原口作左衛門, の口, の名, の図々し, の多い, の大垣村右衛門, の大垣村右衞門, の大澤傳右衞門さん, の妹, の姉さん, の始末, の姿, の寢, の小倅, の小林習之進, の小豆澤, の小豆澤小六郎, の居合抜き唐箕嘉十郎, の平太郎, の平田源五郎, の庵平太郎, の影法師, の心境, の態度, の時間, の未亡人, の東条隼人, の森右門, の檜木官, の死骸, の殺された, の母親, の毒々しい, の氣樂さ, の江柄三七郎, の爭, の狩島右門, の独り住居, の発狂投身, の眞意, の石卷左陣, の石巻左陣, の神山守さん, の私, の窓, の篠崎小平, の素姓, の素性, の群, の腰, の自分, の色師, の芝居, の落し差し, の藩名, の言, の訪ね, の貧乏, の近藤宇太八, の金貸, の釣, の長廣舌, の隼人, の鞍掛藏人, の顔, の馴染み, の高利貸, の麻井幸之進, はあつし, はあまり, はありや, はいず, はいない, はこの, はこれ, はじつは, はすでに, はそれ, はとうとう, はどう, はどんな, はひと, はほんとう, はまず, はまた, はみすぼらしい, はむしろ, はよく, はよほど, はクヮッ, は一人, は一本, は丁字形, は下手人ぢ, は中二階, は丸山湯, は云った, は亡くな, は人, は呟き, は呻いた, は喜ん, は地面, は始終, は威猛高, は宿, は屋敷, は思ひ, は手習師匠ぢ, は望みどおり, は柄, は柳田典藏, は案外, は此処, は気, は水野家, は江戸, は済ました, は滅多, は煙管, は玄徳, は立ち, は至って, は誰, は途方, は酔っ, は長崎あたり, は面, は飛鳥山, は黒羽二重, ばかりに接し, への遠慮, みたよう, も, もお前, もで, も一枚づつ, も事態, も唯, も居る, も平次, も手, も穏, も騎虎, も齒磨, やそういう, や小, や替玉, や武者修行, や色, らしいの, らしい二人, らしい男, をあやしい, をいたわっ, をしよつ引い, をどんなに, をひとり, を二人, を住まわし, を使嗾, を其の, を初め, を加, を加え, を取ひしいだ, を呼ん, を威そう, を山内, を打った, を斬り殺し, を相手, を締めあげ, を縛つて, を縛らなき, を縛る, を見てる, を訪ね, を追い飛ばした, を逃がす, 上がり額, 少し自, 或いは自称志士, 殺しあの, 阿星源

▼ 浪人~ (362, 13.2%)

5 阿星右 4 身と 3 ことで, 一人が, 娘, 阿星右太五郎樣, 顔を

2 [20件] ところへ, ように, 中へ, 前へ, 名を, 娘お, 家へ, 家を, 居留木角左衞門と, 後から, 後ろ姿を, 心持ちを, 方へ, 春日新九郎と, 生計致し方なく, 用心棒秋山彌, 眼の, 身で, 身に, 身の上で

1 [298件] あるいは潜行的, あること, いるよう, いる二階, うえに, うちの, うち一人は, おったこと, お内儀, お医者, かこつけて, かり住居, きり, ことです, しどろもどろの, する唐傘張り, ために, ところに, ところには, なかの, ひとりが, ほうも, まねを, ままで, もとの, ようす, ようすである, ようすを, ようにも, バクチ好きで, 一人で, 一人に, 一人や, 一人二人を, 一党に, 一団の, 一派で, 一組が, 中でも, 中の, 中坂本という, 乱とも, 乱暴, 事を, 二人まで, 伝法肌, 住居としては, 住居に, 住居は, 体から, 体にも, 何十名かが, 何某と, 偉丈夫に, 偽攘夷家, 傍へ, 傷と, 働きに, 八十島主計で, 内へ, 内儀が, 内職が, 処分に, 処分の, 処置に, 列が, 前から, 前で, 剣幕では, 助勢が, 勢いは, 勢力は, 勧誘に, 北山習之進は, 北田淺五郎樣やつとう, 区別は, 双方の, 取締を, 取落セ, 口から, 口ぶりでは, 口を, 同志にでも, 名が, 名は, 味は, 味も, 咽喉とが, 咽喉の, 唇から, 噂を, 困惑した, 地位に, 垢じみた, 境涯, 境涯が, 増加である, 声にも, 多い席, 多賀小三郎でなき, 大半が, 大寺といふ, 大寺源十郎が, 大寺源十郎と, 天下攘夷の, 太刀さばきに, 姿が, 姿を, 娘であった, 娘の, 娘は, 子かと, 存在が, 宣りであった, 家が, 家と, 家二度目と, 寝込んだところ, 寺本山平は, 寺西右京これは, 寺西右京の, 小林習之進樣母子で, 小森という, 就職戦争である, 尾高東寧や, 居留木角左衞門四十前後の, 岡さんだけ, 岡さんは, 岡さんも, 岡浪之進が, 岩下左内であった, 岩根源左衞門に, 岩根源左衞門にも, 岩根源左衞門も, 巣だ, 巣には, 左右を, 己だ, 常木鴻山俵一八郎などと, 平田源五郎です, 座元まで, 庵崎數馬が, 庵崎數馬といふ, 庵平太郎さんが, 廻し者ッ, 弾圧取り締まりに, 影, 影には, 後東国下向に, 徒から, 徘徊に, 心境を, 心持ちであった, 怪我人が, 恐怖した, 悲運を, 憎しみが, 成れの果てで, 所持致す, 手が, 手では, 手先と, 手習師匠由緒ある, 扶持の, 扶持問題が, 拙者に, 挙は, 掃溜めの, 数は, 数も, 斬り合, 斬り合いは, 新撰組に, 方を, 暴状と, 最後の, 服部太蔵が, 本当の, 林田が, 染井五郎樣伊豆屋の, 桃谷鬼一郎といふ, 楽な, 様に, 檜木さんあの, 檜木風之進に, 檜木風之進樣が, 武助この, 気味の, 気組が, 江柄三七郎は, 活計に, 淺川團七郎とか, 溜りなどへ, 潜入し, 濶歩の, 片足が, 狩立て, 生態や, 生業に, 生活を, 生活苦と, 用心棒が, 申し立てに, 男は, 痩浪人口惜しかっ, 白眼が, 目標と, 眞似, 眼は, 眼も, 石澤金之助ぢや, 石澤金之助元は, 神山守が, 窮餘の, 端くれとしての, 笛が, 策動甲賀世阿弥の, 策謀や, 素破, 経験が, 統領は, 綾部大機の, 編笠の, 織部鐵之助樣も, 群へ, 肌に, 肩から, 背丈は, 背後を, 背後姿を, 背筋は, 胡麻摺浪人の, 腕の, 腕を, 腰に, 腰へ, 腰帯に, 臼井金之輔と, 臼井金之輔御家人南久馬旗本の, 芦名光司が, 茨右近, 茨右近という, 草履女の, 萩原新三郎と, 萩原新三郎の, 蔀半四郎あれも, 血と, 血とによって, 血を, 行動は, 表情に, 袖たもとに, 装を, 裕福さは, 見本の, 覚悟, 言葉と, 計画は, 話より, 語るところ, 説法聞きたく, 謀反は, 貧乏は, 赤壁八十馬という, 足を, 身であり, 身の上だ, 身の上と, 身の上に, 身の上を, 身の上切取, 身分では, 身分に, 身分を, 身分改め, 転業であった, 輩平生其身に, 辛酸を, 近藤宇太八樣用心棒と, 通有性として, 連れの, 遊佐銀二郎, 長谷倉とは, 間で, 間には, 関係が, 集まりで, 面体は, 面目は, 頭に, 頭飛田林覚兵衛が, 顔, 顔へ, 風格である, 食詰め者, 首二つが, 駕籠の, 黒奉書の

▼ 浪人~ (199, 7.3%)

3 して, 刀を, 腕組を 2 一同を, 編笠を, 言った

1 [184件] いいつづけた, いずこ, いった, いつのまにか消え, いつの間にか外国, いづれ劣らず裕福, いよ, うなだれて, うめくよう, お身等, かえって和やか, かっと見開いた, ぐでぐでに酔っ, この差出口, この庵寺, この門, これも, これをや, したが, しても, しながらも, しばらくじっと考えた, すわと, そういう姿勢, そう云っ, そのよう, その兄さん, その時, その精神, その背後, その近所, それでも一年, それを, そろそろと, たいがい彼の, たいへんな, ちょいと, ちょっと解しかねた, つけあがり, つぶやいたが, てんてこ舞いし, どうした, はじめていった, またたちまち, まだ四十臺, まったく別物, まるで電気, もう佐原屋, よりによってたくましい, チカッと, ツト外へ, ピシリと, ムッツリと, モウ左右に, 一々うなずい, 一つ欠伸を, 一人ぽっちの, 一切を, 一刻も, 一尾の, 一度渡しかけた, 一應穩和らしく見えます, 丁字形を, 三人石山大八といふ, 不覚にも, 世の中を, 主税へ, 二歩ばかり, 云い放した, 井崎八郎北國者で, 人など, 仔細あっ, 何だい, 何ん, 何処へ, 何者かと, 來た, 償却しおわる, 元来武士なれ, 先へ, 兵庫の, 出る, 卒然と, 又一つ, 喰うこと, 嘲笑った, 四五年前から, 困ったなと, 固くつかん, 土地の, 土間の, 堅いから, 堅い男, 声を, 大喝した, 大声を, 如才も, 姿に, 威嚇す, 宣ろうとは, 寺内へ, 小太郎の, 少ない, 居ないのに, 屹度身を, 岩角から, 左右から, 左手に, 左手を, 平次を, 平気で, 後へ, 後ろを, 微笑した, 微笑を, 思わざるを, 怯か, 悲鳴と共に, 意外に, 憎々しくやがて, 懐中へ, 手を, 振り返ったが, 捧げて, 旅籠屋に, 日本映画の, 昨夜何處に, 晩酌で, 智慧者だ, 暫らく其邊中を, 最初から, 桃, 槍投げ伏せ, 武鑑を, 歩いて, 殺されて, 炯々たる, 無造作に, 無雑作, 片手撲り, 牢舎中も, 獲物を, 玄蕃が, 玄蕃の, 環であった, 眼を, 社会の, 種々の, 立ちすくんで, 笠に, 箭に, 紙入れの, 縄で, 肩を, 腕が, 腰刀を, 膝の, 自分に, 自身ひょいと, 舌打ちを, 良い男, 蒼白に, 血刀を, 血煙立っ, 褌一つに, 見て, 言い張って, 諸方に, 變な, 足を, 跛者の, 踵を, 身顫いを, 辛いもの, 這い込んで, 鎧通しで, 集まるかの, 頭の, 顔に, 首を, 鷹揚に, 麻の, 鼻で, 鼻を

▼ 浪人~ (165, 6.0%)

2 見付けて

1 [163件] あった, あったが, あった程, あつた, あばれるという, ある, あるが, あると, いい, いずれにか, いずれも, いた, いたので, いちはやくご, いった, いつか旅から, いつのまにやら, うろうろする, おとなしくなった, お互に, お前さんに, お孃さん, がらりと, きりり, この地, この店, この益満, ございました, ずかずかはいっ, そこに, その大きく, その花屋, それだ, たくさんに, たしかにやった, どういう人, どのくらい, のさばるん, ふいと, まさに両国橋, まるで雷, よろめいて, わしの, バラバラと, ヒョロヒョロと, 一人あった, 一人の, 七八百騎は, 三七郎親方を, 三人主人の, 不審を, 両手で, 中へ, 主家の, 五郎蔵を, 仇大月玄蕃である, 仕官を, 何かに, 何かの, 何十人という, 何百人来た, 來て, 入って, 入り込んで, 入れ代って, 八州の, 八郎太の, 凄い眼, 出て, 刀を, 加つてゐた, 加わって, 化けこんで, 千代古屋の, 台所から, 吾等の, 増加する, 声を, 多くこれ, 多く居た, 大層殺された, 天草四郎を, 女の, 好い加減の, 好きで, 姉さんの, 家主方へ, 宿の, 寝て, 少し体, 尻きれ, 居たと, 居りまして, 帳場を, 幾人か, 引つ越し, 引廻す, 強盗に, 待てと, 所持する, 抛り出した印籠, 抜いたと, 抜き身を, 押借りに, 持って, 持つて, 指さす庭先, 掃部様の, 揃つた, 政治的手腕によって, 数珠つなぎに, 斬つたとか, 斬り合, 新九郎の, 日本の, 早速そこ, 暴れこんで, 期せずし, 木枯しの, 果し合いの, 橋の, 殖えるばかり, 殺された主人, 江戸に, 泊まって, 深雪に, 滔々として, 潜伏し, 炉の, 無雑作, 現われたナ, 町内を, 碁を, 私の, 立ち上り襖, 笑った, 腰の物を, 草原の, 蒲団の, 血相変え, 言ひました, 試合を, 話しあって, 誰か, 誰にとも, 諸方に, 走って, 路銀に, 踏込みます, 近づいて, 逃げ込んだ筈, 途に, 遊びに, 道場の, 重左, 釣って, 長い釣竿, 集つて東軍徳川へ, 風を, 飛び下がって, 飛び出して, 騒乱の, 鳴り物こそ

▼ 浪人~ (96, 3.5%)

9 して 2 するの, 募集し, 抱えて, 採用する

1 [79件] いたします, お前さんは, さがして, した, したという, したの, した原因, する, する浪人, たずねて, つかまえる浪人, つかまえる浪人衆, どう思う, なさった子細, はじめとして, みつめて, みぶらふ, よろこんで, よんで, ゲヂ, ソックリそのまま, ドウニンと, 三人が, 二人迄, 先頭に, 八面に, 出したこと, 募集させた, 十人余り集め, 厚遇いたす, 取り巻いた, 召抱へる, 呼んだから, 容れるに, 尾け, 待ち設けて, 怨むなら彼奴ら, 愛し常に, 愛するよりは, 愛する人, 懐柔する, 手下と, 扶持する, 押へ, 採用し, 斬ったの, 止めて, 気味悪いもの, 沢山集めた, 混ぜた雑多, 清水一角と, 滞在させ, 片っぱしから, 率い関東一帯, 男妾に, 目あてに, 相手に, 睨み付けて, 肩に, 致すと, 荒蓙へ, 蔽いつつみましたが, 見て, 見ること, 見ると, 見舞ったが, 誘き寄せちゃ, 踊らすもの, 追いつめた, 追い払ったこと, 追ったこと, 追って来た, 進んで, 隠す為め秘密室秘密梯子等, 集めて, 雇って, 雇つて居た, 雑役に, 顧みて

▼ 浪人~ (83, 3.0%)

7 ている 6 ていた 2 ていらっしゃる, ても武士, て居る

1 [64件] ていました, ていましたろう, ています, ておった, ておらん, てからは米一粒, てちりぢ, てつつましゅう, てで, てね, ては居ります, ては食う, てひ, てもおれ, てもこれ, てもよい, ても差しあたり, ても己, ても忰, ても武家, ても汚名, ても町人, ても聊か, ても萩原束大小, ても蛇, てゐ, てゐた, てゐる, て上州小川村, て久しい, て二年目, て京, て今, て出, て別に, て困ろう, て図らず, て居った, て居るだ, て後, て後戸田様, て手元, て斯く, て梓, て歌舞伎, て此, て歩きゃ, て水街道, て江戸, て熊本, て猟師, て算学, て行方, て西, て詮方, て諸国, て賊, て頑として, 今では, 又兵衞, 宗方善五郎の, 気の, 私も, 遊侠の

▼ 浪人~ (75, 2.7%)

3 なって 2 いっても, いふと, なった者, なり非国民, 思って, 称して, 言つても

1 [58件] あなどって, あるからには, あるからは, いうよりも, いう言葉, いえども, かけて, くると, ぐるに, ことが, それからもう, どうして手, なった, なったはず, なり元治年代, なり家族ともども江戸, なり暴士, なり江戸, なると, 一緒です, 一緒に, 主税の, 云つた想像を, 云ふ, 何方が, 侮り失礼至極, 六部の, 名くる, 名づくる, 名乗って, 名乗る壮士, 寒山拾得の, 小粋, 幇間, 彼は, 懇意に, 果し合いを, 正しく御, 為るに, 無宿者の, 申したが, 申せば, 目を, 真正面に, 称するもの, 称する三卿, 見えて, 見え衣裳も, 見れば, 言つて居る, 言ふ, 試合した, 遊び人で, 遊び人は, 関係し, 雑談と, 雖も, 青白い美男

▼ 浪人~ (67, 2.4%)

3 なったの, 違いない 2 なって, なる

1 [57件] いいがかり, かえって, ございます, ございまする, さしたの, させたと, させたの, されて, して, しては, すぎません, そんな大事, なったこと, なった者, なつた, なり求馬, なるし, なるん, ひっさらわれて, びくびくし, ぶつかった, 一撃を, 住み心地, 何か, 俸禄を, 別れて, 到っては, 向って, 因縁つけられた, 土下座まで, 対抗し, 對し, 怒った, 思いを, 成ったから, 打ち明ける筋合, 指揮され, 敗れるほど, 斬つて, 斬られたという, 斬られるどころか, 斬りかかった, 殺された時, 決つた, 率いられて, 田地を, 疑が, 疵を, 破られた例, 等しい姿, 繰られたと, 脅かされて, 至るまでも, 見せて, 討たれるの, 質すと, 追い詰められて

▼ 浪人~ (47, 1.7%)

6 の頭 3 のその, の一人 2 の中, の猛者

1 [31件] が構え込ん, が近頃, その数, とも云っ, にははいれぬ, に加えよう, に属する, に旗本, の二人頭, の仲間, の勇士達, の増良雄, の恐ろしい, の猛者達, の玄斎坊主, の者ども, の遥か末座, の隊長株, の頭深見十左衛門, の頭目, は果たして, へお, へ加えよう, も徒党, を作ろう, を引率, を殿, を解散, 互いに顔, 今世上, 栄えました頃

▼ 浪人~ (38, 1.4%)

1 [38件] かぶき者, こいつは, ござります, すら仕官, せうか, そうして腕, その父, でも, どうにもなる, どちらも, ね, へえなん, ほほうお, ゐて, 三沢権佐と, 今は, 仕官の, 仙台の, 何かの, 先生御, 六十幾つ髮が, 吉見太郎左衛門と, 売卜に, 大寺源十郎といふ, 妻の, 山崎譲と, 己の, 彦兵衛よりは, 忠利に, 新田数負という, 武芸の, 武芸十八般何一つ, 立派な, 箸にも, 莊司甚右衞門という, 身共の, 飯の, 高島十太夫という

▼ 浪人~ (34, 1.2%)

2

1 [32件] があべこべ, がその後, が別席, が天下, が東奔西走, それにほんの, であるが, でしたから, と違い, にいい, に目, ののさばり, の不逞, の手先, の正論, の申分, の苦しまぎれ, の陰謀, の首斬り, はこの, はさぞかし, はわし, は今, は段々, もかれ, をも宥免, を召抱え, を召抱えた, を無, を狩り集め, を盛ん, を連れ

▼ 浪人した~ (29, 1.1%)

3 のは 2 のだ, わけは

1 [22件] かそれ, が妹, が間もなく, くらいの芯, という, という事, という話, にし, の, のでござる, のを, もとの, 上に, 五右衛門は, 以上は, 小太郎が, 後の, 後縁が, 時から, 気持も, 清水一角, 者は

▼ 浪人ども~ (29, 1.1%)

1 [29件] おいおい江戸, が, があばれる, がその, が乗り込ん, が企ん, が小, が居った, が江戸, が注意, ででもあった, には今にも, のうち, の召抱え, の手先, の捜索, の斬合いだ, の野望, はそれ, はもはや, ばかりの天ヶ丘, へ分配, やら西国大名, をたきつけ, を制御, を狩り集め, を絶えず, を謀主, 待て

▼ 浪人~ (28, 1.0%)

1 [28件] あつた, あり手代, あるもの, あれば, いならんで, おみや, おんなじ体, なかなかに, また急, また所, 争ひ往けり, 二人を, 今は, 凝視を, 加わって, 即座に, 多く天下, 居ず第, 扶持に, 来る, 無商, 爭ひ往けり, 町に, 相打, 草に, 転がったり, 退いた浪人, 金持も

▼ 浪人~ (23, 0.8%)

1 [23件] がおし, がこの, がどの, が小間物, が集まっ, で, でございます, でごぜ, でさえ三田, というの, にかかっ, にそれぞれ鉄扇, には怖, によくよく, のお, の御, の方, の耳, は一人, は元, は多分, をお, をかたらっ

▼ 浪人~ (20, 0.7%)

2 が武家, ということ, ね

1 [14件] がい, がその, が良い, が龍造寺主計, ぞっ, と, という感じ, といふ, と云うで, と云っ, と言っ, なかには容易, なんていう, ね築地小田原町

▼ 浪人~ (20, 0.7%)

1 [20件] それに, とにかく一風, 其意気を, 奉公人じゃ, 奉公人ぢや, 好漢安永氏の, 密貿易仲間と, 密貿易者たちの, 手先の, 政争者流は, 新撰組あたりへ, 烏合の, 無宿者の, 無職者で, 無頼漢が, 薩長人らが, 衆議院, 豊臣の, 貧乏者を, 鳶の者が

▼ 浪人~ (20, 0.7%)

7 の男

1 [13件] でありひとり, に返っ, に返った, のちょい, の二人組, の人物, の品, の壮漢, の山県蔦, の態度, の武士, の総髪, の者

▼ 浪人姿~ (19, 0.7%)

5 のさむ

1 [14件] がつぎつぎ, がどきどき, が一心に, が立っ, が黒い, で編笠, で青黒い, となっ, と由緒, のチョビ安, の侍, の武士, をした, を群集

▼ 浪人~ (18, 0.7%)

1 [18件] がじりじり, が好い加減, というもの, と益, に喜ばれた, に顎, の何, の叫び声, の肩, の首, はそんな, は三重, は初めて, は市井, は気圧された, は濁った, は飲ん, までが少し

▼ 浪人とは~ (17, 0.6%)

2 誰にも

1 [15件] いえ武士, いえ相手, 何ごとじゃ, 何者の, 失業知識階級の, 数日前ここの, 生れ変ったよう, 申せつい, 益満を, 聽きました, 見えぬ美々しい, 言い乍ら裕福, 誰に, 身に, 違う

▼ 浪人たち~ (16, 0.6%)

2 の方

1 [14件] がお家断絶, がひそか, がレンラク談合, が今に, が引き揚げる, にやられた, に怨まれ, のため, の思想, の表裏, はああ, はちょっと, は何と, もよく

▼ 浪人生活~ (16, 0.6%)

2 をし

1 [14件] から転向, がながかっ, が三十年, だ, に山浦丈太郎, の不自由さ, の悩み, は自分, よりも時代, をリアリスティック, を思い出さず, を続け, を続けた, を送る

▼ 浪人もの~ (14, 0.5%)

1 [14件] がお, がこっち, が多, が多く, が狼狽ぎみ, そのものが, で方々, というよう, はいや, はこの, はその, は縁, も弥四郎頭巾, を連れ

▼ 浪人らしい~ (13, 0.5%)

2 武士が

1 [11件] その豁達さ, の, 一人の, 古紋付, 姿を, 挙動も, 武士であった, 男で, 者の, 者は, 豪傑が

▼ 浪人から~ (11, 0.4%)

2 取立てられた者 1 一足飛びに, 一躍大名, 下は, 二は, 問いかけられて, 無心合力の, 町方の, 百両で, 聴いたんで

▼ 浪人であった~ (10, 0.4%)

1 が, がこの, が今宵, が小判小粒とり雑, が当時細川家, が腕, が裾, が頤, とはいえない, 頃から

▼ 浪人という~ (9, 0.3%)

2 のは 1 ものの, 声は, 字は, 浪人の, 者が, 肌合では, 言葉と

▼ 浪人~ (9, 0.3%)

1 ぶつかって, 叫び二人, 呼びかけて, 問い糺すが, 眼を, 突いて, 訊くと, 預け切りで自分, 飯を

▼ 浪人仲間~ (9, 0.3%)

1 でそういった, に身過ぎ, のうち, の一部, の友達, の客, の湯島, の眼, らしいが

▼ 浪人~ (9, 0.3%)

1 がぶと, が因, という言葉, のぶとい奴, のぶとい所, のぶとさ, は少し, は親, は親譲り

▼ 浪人では~ (8, 0.3%)

2 あるが 1 ないから, なくて, なく旗本, なく牢人, 家族全部が, 無い

▼ 浪人~ (8, 0.3%)

4 星右太五郎の 3 星右太 1 星右太五郎でも

▼ 浪人する~ (7, 0.3%)

1 ことと, と共に暇, にも至った, の已む, はずが, よりほか, 気にも

▼ 浪人として~ (7, 0.3%)

1 今川氏の, 勤王攘夷を, 吹く風の音, 大手を, 義盟に, 行き得るの, 集まったもの

▼ 浪人とも~ (7, 0.3%)

1 いえば, つかない侍, にこれ, 修験者とも, 楽に, 見える一人, 見ゆる一団

▼ 浪人~ (6, 0.2%)

1 家中らしく, 服装を, 浪人の, 町人か, 知りませんが, 藩士か

▼ 浪人です~ (6, 0.2%)

1 からよく, から身分違, がこれ, が元, よ梶原源左衞門, ッ

▼ 浪人には~ (6, 0.2%)

1 何んの, 十津川産の, 思われた, 恐怖だ, 話さなかつたか, 驚きましたよ

▼ 浪人ふう~ (6, 0.2%)

2 の男, の若い 1 でもなし, の者

▼ 浪人暮し~ (6, 0.2%)

1 で下女, で窮屈, で貯, などの人, の主人, も長く

▼ 浪人~ (6, 0.2%)

1 があばれる, がわし, は軍用金, もついに, を募集, を引き立てた

▼ 浪人でも~ (5, 0.2%)

1 あつた, 二本差しだ, 土民なぞに, 歴と, 訪ねて

▼ 浪人なすっ~ (5, 0.2%)

1 ていらし, ても以前, て上州, て入っし, て実は

▼ 浪人崩れ~ (5, 0.2%)

3 の草間六弥 1 がある, のならず者

▼ 浪人庵崎數馬~ (5, 0.2%)

1 がたつ, の家, はまだ, は口, は馬鹿

▼ 浪人~ (5, 0.2%)

2 によれ, は終戦後 1 決して浮世

▼ 浪人くずれ~ (4, 0.1%)

1 で雷土々呂進, で雷土々呂進こと, の大垣村右衛門, の無頼者

▼ 浪人ぐらし~ (4, 0.1%)

1 で出世, のころ, も久しく, を初めて

▼ 浪人なすった~ (4, 0.1%)

1 との事, との事ゆえ, と云う, ばかりでなく

▼ 浪人大澤傳右衞門~ (4, 0.1%)

1 のあの, の娘, の家, は拔

▼ 浪人宇佐美敬太郎~ (4, 0.1%)

1 が好奇, でした, と猿曳, の口辺

▼ 浪人波多野虎記~ (4, 0.1%)

1 とやくざ, と小, にやくざ, の家

▼ 浪人竹中十兵衞~ (4, 0.1%)

1 から改めて, と一緒, は人柄, は脅かします

▼ 浪人いたし~ (3, 0.1%)

1 ておる, てこれから, 上方より

▼ 浪人いたしまし~ (3, 0.1%)

1 て, てお, て今

▼ 浪人かと~ (3, 0.1%)

1 いうに, 思うと, 思って

▼ 浪人じゃ~ (3, 0.1%)

1 ないか, な俺, 浪人という

▼ 浪人てい~ (3, 0.1%)

3 の男

▼ 浪人でござる~ (3, 0.1%)

1 お見知り, かな, とか結構結構

▼ 浪人とか~ (3, 0.1%)

1 何とかじゃ, 新徴組, 言ふ

▼ 浪人などは~ (3, 0.1%)

1 して, 以ての外と, 鳥沢の

▼ 浪人なら~ (3, 0.1%)

1 たいてい当り, ちょっとここ, ば

▼ 浪人にな~ (3, 0.1%)

1 つてし, つて大阪に, つて江戸に

▼ 浪人~ (3, 0.1%)

1 と通じ, のお, へも散

▼ 浪人武士~ (3, 0.1%)

1 であった, の南条竹之助, の方

▼ 浪人者宇佐美敬太郎~ (3, 0.1%)

1 と知り合い, に間違い, の虚無的

▼ 浪人金井一角~ (3, 0.1%)

1 に授け, を住み込ませ, を対手

▼ 浪人すれ~ (2, 0.1%)

1 ばもう, ば永い

▼ 浪人であっ~ (2, 0.1%)

1 て二本松藩, て諸

▼ 浪人であり~ (2, 0.1%)

1 ながら非常, 以前から

▼ 浪人である~ (2, 0.1%)

1 が浪人, といい

▼ 浪人でございます~ (2, 0.1%)

1 いえ恐入ります, もの

▼ 浪人でした~ (2, 0.1%)

2 がそんな

▼ 浪人といふ~ (2, 0.1%)

1 ことにな, 觸れ

▼ 浪人~ (2, 0.1%)

1 のだ, のです

▼ 浪人ながらも~ (2, 0.1%)

1 武士の, 道場の

▼ 浪人など~ (2, 0.1%)

1 束に, 自分の

▼ 浪人などが~ (2, 0.1%)

1 放火した, 訪ねて

▼ 浪人などを~ (2, 0.1%)

1 寄せつけも, 数学の

▼ 浪人にも~ (2, 0.1%)

1 誰あっ, 課役を

▼ 浪人に対して~ (2, 0.1%)

1 勝ち目は, 幕府は

▼ 浪人のみ~ (2, 0.1%)

1 ならず小笠原長時, 時運の

▼ 浪人ばかり~ (2, 0.1%)

1 なの, 三名だった

▼ 浪人ばら~ (2, 0.1%)

1 の動静, を片

▼ 浪人まで~ (2, 0.1%)

1 入れて, 道づれだ

▼ 浪人~ (2, 0.1%)

1 に俺ッ, の入れ知恵

▼ 浪人~ (2, 0.1%)

1 がたずね, しさ

▼ 浪人らしき~ (2, 0.1%)

2 者士とも

▼ 浪人上がり~ (2, 0.1%)

1 だとか, の金貨

▼ 浪人~ (2, 0.1%)

1 ででもござった, も特別

▼ 浪人丹下左膳~ (2, 0.1%)

1 の所在, の罪科

▼ 浪人伝法~ (2, 0.1%)

1 となり, にはちと

▼ 浪人~ (2, 0.1%)

1 にギョッ, ノモノ参

▼ 浪人~ (2, 0.1%)

1 か事, だろうあの

▼ 浪人前島左近~ (2, 0.1%)

1 といふ人, の配偶ぢ

▼ 浪人北山習之進~ (2, 0.1%)

1 は丹波屋, は腹

▼ 浪人原口作左衛門~ (2, 0.1%)

1 は禁断, を禁断

▼ 浪人和田宗右衛門~ (2, 0.1%)

2 とおっしゃる

▼ 浪人大井久我~ (2, 0.1%)

2 之助

▼ 浪人大井半~ (2, 0.1%)

2 之助

▼ 浪人大澤彦四郎~ (2, 0.1%)

1 の女房, はまことに

▼ 浪人小林習之進~ (2, 0.1%)

1 でなければ, の家

▼ 浪人~ (2, 0.1%)

1 処置, 憐愍を

▼ 浪人戦争~ (2, 0.1%)

2 の遺物

▼ 浪人時代~ (2, 0.1%)

1 から連れ, に得た

▼ 浪人~ (2, 0.1%)

2 はある

▼ 浪人暮らし~ (2, 0.1%)

1 でもあるまい, の苦労

▼ 浪人森右門~ (2, 0.1%)

1 の五十がらみ, の家

▼ 浪人歩かっしゃ~ (2, 0.1%)

1 い, いご

▼ 浪人狩島右門~ (2, 0.1%)

1 に縋, の家

▼ 浪人~ (2, 0.1%)

2 の巨頭

▼ 浪人白井某~ (2, 0.1%)

1 と隣, を斬り殺し

▼ 浪人秋山佐仲~ (2, 0.1%)

2 の娘

▼ 浪人~ (2, 0.1%)

1 だけでなく, だった

▼ 浪人者ぢ~ (2, 0.1%)

1 や, やねえ

▼ 浪人者二三年前~ (2, 0.1%)

2 まではさる

▼ 浪人者小金~ (2, 0.1%)

2 などを廻し

▼ 浪人者年~ (2, 0.1%)

2 は五十五

▼ 浪人者御厩左門次~ (2, 0.1%)

1 が同じく, でした

▼ 浪人者秋山~ (2, 0.1%)

2 彌十

▼ 浪人者赤崎才市~ (2, 0.1%)

1 です, には頭

▼ 浪人致し~ (2, 0.1%)

1 て居りました, 其の後浪宅

▼ 浪人致した~ (2, 0.1%)

1 のでござる, 主人の

▼ 浪人若く~ (2, 0.1%)

2 は非

▼ 浪人藤掛道十郎~ (2, 0.1%)

1 が下手人, である

▼ 浪人~ (2, 0.1%)

1 にろくな, は公家

▼ 浪人~ (2, 0.1%)

1 は, を招い

▼ 浪人黒川孝蔵~ (2, 0.1%)

1 の忰, を無礼討

▼1* [324件]

浪人あそばされましてこの, 浪人あそばしてもお, 浪人あたりのやり, 浪人あぶれ者野士百姓町人ならず者都合その勢四千人, 浪人いくら待って, 浪人うしろに御殿女中, 浪人かが金を, 浪人かぐらいはすぐに, 浪人がと軽蔑し, 浪人づれの, 浪人くさい男じゃと, 浪人くまの檻, 浪人ぐらし仕官の拙者, 浪人ぐるみ引取っても構, 浪人ここは通り道, 浪人こそはして, 浪人この四天王格, 浪人ころりに鼠取り, 浪人こんな浪々の, 浪人ごろつきとなっ, 浪人ごろ好きな笛, 浪人させられた武士の, 浪人させる必要が, 浪人さまにしろ, 浪人さんのお, 浪人さん後生ですから, 浪人しかも自分を, 浪人した抱き茗荷の, 浪人しつけるに又, 浪人しなければ算術家, 浪人すぐ抜いて, 浪人すりゃ友子の, 浪人そこでわる共が, 浪人ただしいくらかは, 浪人たぶさに, 浪人だったてえ, 浪人だの隠密だの, 浪人だらう手前は, 浪人やらうが, 浪人っていいもの, 浪人でなければここ, 浪人でへエ, 浪人とでも見下げて, 浪人とにかく理由あっ, 浪人とやら申す至って, 浪人とを呼び寄せて, 浪人どうして今夜また, 浪人どもあちらの空部屋, 浪人ないしは不平家, 浪人なかなか人間が, 浪人ながら裕福で聞えた, 浪人なさいましたのは, 浪人なさった頃に, 浪人なされていた, 浪人なされましたかな, 浪人なすつたわけは, 浪人なぞの混合, 浪人なぞと往来し, 浪人などではなさそう, 浪人などという概念から, 浪人などとは思われない, 浪人などばかりに囲繞かれ, 浪人なども戦国時代生き残りだけに, 浪人なみの粗野, 浪人なりを縛るが, 浪人なることを, 浪人なればご, 浪人なんか以ての外だ, 浪人にて人丸左陣と, 浪人にとって苦痛な, 浪人にまで及んだ大, 浪人ばかりに眼を, 浪人ばら生野の銀山, 浪人ね, 浪人までも支配しよう, 浪人めいて来, 浪人めらが近く, 浪人め三人ながら手, 浪人もとより町人百姓職人, 浪人ゆえ貧に迫っ, 浪人らしくて尾羽, 浪人を以て員に, 浪人同意味ナリ, 浪人ニ命セバ唯一日ニして, 浪人ハ関以西強国と聞, 浪人一匹持てあまして, 浪人一色右馬介ともうす, 浪人一角にも劣らず, 浪人七八名は後ろ向き, 浪人三名が, 浪人上がりじゃな, 浪人上りの喧嘩屋, 浪人上部八風斎こと, 浪人下河原清左衞門は長谷川町, 浪人丹波彌八郎, 浪人助も, 浪人乍ら歴とした, 浪人二人は腕拱, 浪人二人上陸一人無刀, 浪人井戸なにがしでここ, 浪人交際いらしい打解けた挨拶, 浪人仕官の頃百石取り以上, 浪人以前は武士, 浪人伊坂某は斬られ, 浪人伝法小普請のしくじり, 浪人住まいをいたし, 浪人住居の体, 浪人佐々村佐次郎のニヤリニヤリ, 浪人佐久間佐太郎中年者ですがね, 浪人佐藤与茂七, 浪人に称し, 浪人俵同心と申した, 浪人共槍鉄砲等ヲ大勢シテ持歩, 浪人共水戸殿浪人或は新, 浪人共物の解らぬ, 浪人でおそらく, 浪人出身の人, 浪人をさした, 浪人分際の女, 浪人刺青のある, 浪人剣客長江長左衛門という触れ込み, 浪人加藤近栄, 浪人加賀美暁之助, 浪人北田淺五郎なども交つて, 浪人半弓にかけての名人, 浪人取り締まりの隠し目付け屯所, 浪人取り締まり政策を利用, 浪人取り締まり網を利用, 浪人取締りが新, 浪人口惜しかったら出て, 浪人高俊太郎と, 浪人召集の手, 浪人同伴ニて帰りし, 浪人同士で馬, 浪人同様で昔, 浪人和田宗右衛門さまの後家, 浪人四千余人を陸奥国胆沢城, 浪人団体でありまして, 浪人土岐亥太郎として山, 浪人土岐亥太郎殿なら喜んで, 浪人土門源八郎も附き添っ, 浪人境界で出席, 浪人夏目主水, 浪人多く徘徊いたし, 浪人多賀小三郎の懷ろ具合, 浪人大いに怒り真剣勝負, 浪人大寺源十郎は留守, 浪人大挙して, 浪人大月玄蕃もさすが, 浪人大津の町, 浪人大澤傳右衞門如才もありません, 浪人大澤傳右衞門父娘も唐辛子屋, 浪人大瀧清左衞門の娘, 浪人大瀧清左衞門樣の一番目娘, 浪人大谷道軒の外, 浪人大須賀玄内自身であった, 浪人夫婦が参る, 浪人宇佐美敬太郎講釈口調でまくし立てる, 浪人宇古木兵馬樣とお, 浪人宗方善五郎は武家, 浪人定まる家も, 浪人宝生栄之丞宅, 浪人家内國事笹屋方にて働女, 浪人宿から呼出しあり, 浪人寺本山平が寢泊り, 浪人寺西右京の暮しやう, 浪人小柴六三郎という名, 浪人小笠原金三郎同じく駒越左内, 浪人小豆澤小六郎の忿怒, 浪人尻尾を捲い, 浪人尾島忠助女定, 浪人居宅化霊ありし事, 浪人平田源五郎を引つ立てさせます, 浪人平賀源内御坊主, 浪人年十九計支度, 浪人庵平太郎を始め, 浪人の圧迫力, 浪人強盗が流行っ, 浪人は習, 浪人後画人生活に入っ, 浪人御召抱えの嘆願, 浪人御曹子の名, 浪人徳永隣之介, 浪人徴募ってんでごろ浪人, 浪人悪く言えば, 浪人慣れていず, 浪人或は新徴組抔, 浪人もあれ, 浪人改めの隠し目付け屯所, 浪人数十人召し連れ, 浪人数十回となれ, 浪人りの, 浪人春日新九郎と申しまする, 浪人春日新九郎殿鐘巻自斎殿, 浪人暮し粗衣粗食に馴れ, 浪人服部平四郎と云, 浪人木村六彌が, 浪人木村六弥が主家帰参, 浪人本田劍之助とは格別, 浪人松井小八郎, 浪人松平源左衞門といふの, 浪人梅田だと, 浪人梶原源左衞門の家, 浪人梶四郎兵衛娘のお, 浪人榊田六左衛門重能と云, 浪人榊田六郎左衛門の女, 浪人権藤四郎五郎左衛門はなるほど, 浪人檜木官之助, 浪人武士数十人異船へ乗り込み, 浪人江戸払のこと, 浪人清左衞門は其の, 浪人清水一角のいる, 浪人瀧山誠之進に逢, 浪人の工面, 浪人特有の虎髯, 浪人を撲殺, 浪人生活者の中, 浪人由井正雪と申す, 浪人発生の原因, 浪人白井右京に土藏裏, 浪人百姓町人などの捕縛, 浪人な目つき, 浪人的立場に立脚, 浪人変らず活躍, 浪人相手が変った, 浪人はどう, 浪人石卷左陣と, 浪人石巻左陣と, 浪人石澤金之助は金杉, 浪人磯貝浪江は思い, 浪人神山の敷き, 浪人神山守とお, 浪人神山守さんはあんな, 浪人を用い, 浪人策師連が一揆, 浪人篠崎小平が帰った, 浪人細野先生だ, 浪人組どもはその, 浪人組一同の者, 浪人組七人が黒柄九尺, 浪人組同志だ, 浪人組太刀を構え, 浪人組衣裳も美々しく, 浪人組達が控え, 浪人は熟知, 浪人罵りかかる若侍ども, 浪人者これが林彦三郎, 浪人者といつてもす, 浪人者ひとりなにほどのこと, 浪人者ふところ手をし, 浪人者万田龍之助, 浪人者之は武骨一片, 浪人者二人がげらげら, 浪人者井上半十郎, 浪人者井田平十郎のところ, 浪人者佐々村佐次郎これは二十六七, 浪人者何をし, 浪人者兄妹に會, 浪人者出石五郎左衞門は下手, 浪人者土岐亥太郎と申す, 浪人者土岐亥太郎殿であ, 浪人者富山七之助の暴挙, 浪人者寺本金之丞をやつ, 浪人者寺西右京の伜, 浪人者庵崎數馬とその, 浪人者庵平太郎といふ人, 浪人者提灯に釣鐘, 浪人者斯様な場所, 浪人者有峰杉之助, 浪人者木村常陸介と申します, 浪人者本田劍之助に奪, 浪人者檜木風之進の長, 浪人者江柄三七郎と物蔭, 浪人者皆川半之丞美男で人柄, 浪人者神山守と姪, 浪人者腰抜け彌八, 浪人者藤枝蔵人という六十, 浪人者親娘の外, 浪人者親子ともう, 浪人者親子三人にし, 浪人者跡部滿十郎といふ四十男, 浪人者長谷倉甚六郎の門口, 浪人腕ずくでもそち, 浪人自ら称して, 浪人も無, 浪人致しおるとは不愍, 浪人船出の別宴, 浪人萩江鞍馬それ以上は申上げよう, 浪人蔀半四郎朝つぱら, 浪人藤枝蔵人殿これなるは, 浪人表向き君のご, 浪人西塔小六と申す, 浪人言わば失業者の, 浪人赤井市兵衛が隠し, 浪人赦免二秀頼転封の二条件, 浪人越前某の伝, 浪人より来り, 浪人へも動員, 浪人軍師の手腕, 浪人輩三五警固の体, 浪人輩白昼良民の娘, 浪人轟雷雄の隠れ家, 浪人遊び人小旗本, 浪人遊人そんじょそこらの長屋, 浪人遠く離れて, 浪人部隊と南方, 浪人を立てん, 浪人野郎の鬢, 浪人野郎共が黙っ, 浪人金貸しでは江戸中, 浪人懸紋弥, 浪人長谷倉甚六郎まことに水際立つた, 浪人門札を見る, 浪人が一屯, 浪人之丞, 浪人がチラホラ, 浪人風情であったという, 浪人の男, 浪人高利の金, 浪人を町人髷, 浪人髷上半それから徐々に, 浪人鳥越なにがしという者, 浪人鹽原は角右衞門, 浪人鹽原角右衞門が馬