青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「浪~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

流石~ ~流行 流行~ 浄~ 浅い~ 浅草~ ~浜 浜~ 浦~ ~浪
浪~
浪人~ ~浮い 浮い~ ~浮べ 浮べ~ ~浮ん 浮ん~ 浮世~ ~浴び 浴び~

「浪~」 3596, 39ppm, 2988位

▼ 浪~ (801, 22.3%)

44 音が 18 上に 14 ように, 音 13 音を 10 中に 8 ために, 上を, 音と, 音は 7 やうな, 音に, 音の, 音も 6 まに, やうに, 中を, 音だ 5 ような, 音や 4 あいだに, うねりを, 穗に, 間に, 面を, 響に 3 あいだから, ながれ, 中で, 中へ, 体を, 手へ, 穂の, 花を, 音がな

2 [54件] あなたに, うちに, うねりが, さきに, しぶきが, しぶきを, ほか誰も, ままに, よる見ゆ, 上で, 中から, 中には, 中より, 側へ, 動いて, 向うへ, 呼びあげる響, 声を, 姿を, 家, 底に, 志我津の, 手を, 方へ, 末に, 来ること, 様に, 歎き, 江丸の, 洗ふ, 為に, 爲めに, 町を, 白, 神, 穂を, 穂頭を, 穗頭を, 胸の, 胸は, 色も, 荒い, 蕩揺に, 調べ, 身体を, 逆巻き, 音なる, 音には, 音にも, 音ばかり, 音ゆるき, 音聴き, 響も, 駈け落ち

1 [435件] あとに, あとを, あらみたか, あらむ限りは, いそに, いたましさ, いる淡路楼, いる筈, うえに, うたかた浪と, うちか, うちへ, うち砕ける, うつるなり, うねうねに, うねうねを, うねり, うねりと, うねりは, うねり大に, おとっさん, おとに, おとの, かくらん, かたち見る, かなたにて, くずれて, こころ, ことが, ことばも, ことばを, ことを, この声, こゑ水の, ごとき無, ごとく荒れ騒ぐという, ごとく起伏, さきが, さわぎはげしければくまなき月は, さわげば, ざさんさ, しぶきと, しぶきの, しぶきは, しゅうしゅうという, すが, すらすらとある, そばへ, そばを, たかまりに, たちゐ, たち騒ぎつる世, たぶたぶと, ためけずりとられ, たわれ, つよい時, ときに, なかから, なかで, なかに, なかへ, なかを, ながれに, なごりの, はいって, はためきで, はてしなく, はらはらと, は全く, ひかりか, ふくらみより, ほうへ, ほかに, ま, まにまに, まにまにうごい, まにまにゆきつ, まにまに委ねる, まにまに浮び行く, まにまに美しく軽く, まにまに自然, まよ, まん中を, やう, やうで, やさしい顔姿, やられた術, ゆらめきに, ようであった, よびあげる響, よるひるも, ゑわらひ, リズムに, 一生を, 三人が, 上, 上から, 上では, 上なる, 上には, 上の, 下から, 下にも, 不始末, 中での, 中にのみ, 乘り, 乱れ髪の, 事ば, 二人だ, 二人づれだった, 云うこと, 亭主だ, 仇大月玄蕃は, 仲間だ, 供を, 倒れて, 偃ふ, 光りを, 凄まじさ, 列は, 刺繍ある, 前に, 力で, 力を, 動きと, 動きにつれて, 動くの, 動静探索に, 勢に, 化けたの, 十六で, 千種の, 危急を, 反射は, 口から, 口に, 口を, 叫び人間の, 向うに, 向うも, 吼ゆる, 呼吸を, 咆哮が, 咆哮に, 咽喉首から, 咽喉首へ, 噛む切立ち岩, 地響ガラス越しの, 坐り方一つ, 墓陵を, 外, 夢に, 夢磯の, 天蓋へ, 夫の, 如く斯民, 妹, 姉と, 姿, 姿で, 姿に, 姿の, 姿は, 婿に, 子孫の, 孝心貞節も, 実家から, 実家に, 家な, 家は, 寄せるよう, 寄る見ゆ, 寄る音, 寝姿, 尖なる雪花, 山を, 岩に, 崩れるよう, 帯とが, 底から, 底なる, 底にも, 底へ, 引くよう, 形だ, 影に, 影を, 彼方に, 後ろから, 得物を, 心も, 心を, 心安立から, 心盡し, 志我津に, 志賀の, 思いちがいだった, 思わくとの, 怨みを, 悽まじき, 憤る色, 戸に, 手から, 手が, 手で, 手に, 手品駕籠の, 打ちあげて, 打ちかえす磯端, 打ちよせて, 打ち込みが, 打つ渚, 抵抗とは, 押しかへ, 揺ぎを, 揺る, 搖れ, 搖動體操及び, 故き, 敷浪寄する, 方か, 方が, 旧き都, 景色はさも, 月の, 来ぬ間, 来る海, 枕に, 果て妻の, 様子を, 模様が, 模様を, 死を, 死骸さえ, 母が, 母にも, 母は, 比では, 比良山を, 比良山風の, 水沫が, 水沫も, 水沫を, 江の島夢に, 江丸, 江丸が, 江丸で, 江丸といへる, 江丸とは, 江丸に, 沖の, 泡沫を, 泡立つ様, 洗う岩根, 浅葱の, 浮き世に, 涙は, 淋しい姿, 渦卷く, 渦巻きは, 湧くを, 源三を, 激しい由比ヶ浜, 瀉ぐが, 為には, 父作左衛門へ, 父正木作左衛門汝等神妙に, 狂へる, 生々ゆらぎ, 生活なりき, 畝る, 畝を, 畦に, 白きのみぞ, 白泡立つ, 眉の, 眼は, 砕けた白い, 砕けて, 砕けるあの, 碎けるところ, 秀を, 穂だ, 穂に, 穂尖, 穂頭であった, 穗ぬれ, 穗や, 立ちす, 立つなること, 立つらん, 立つ瀬, 節に, 細そりした, 緑, 線も, 線を, 繁吹に, 美しい姿, 美貌と, 美貌を, 羽が, 耳に, 背後す, 胴に, 胸に, 胸へ, 腰脚の, 膨れの, 舟腹打つ, 船を, 色, 色が, 色は, 花, 花こそ, 花さけり, 花さへ, 花しろく, 花と, 花の, 荒いところ, 荒い島, 荒い所, 荒い海, 荒れるに, 荒れ狂うよう, 華枝に, 蠱惑より, 行く手を, 行方は, 裸体を, 襖絵や, 言わんと, 言葉に, 言葉は, 話に, 誘い風, 調べを, 調子が, 調松の, 赴くまま, 起伏に, 起伏を, 越えざる如く, 足あと凄し, 趾を, 身の上など, 身体が, 身体に, 身体は, 返す時, 通り名を, 遺物が, 部屋へ, 重な, 重浪寄, 重浪帰, 鉄椎を, 長閑な, 間には, 間にも, 間を, 関係, 陰に, 隱れた, 雪を, 靄に, 青いの, 静かな, 非常に, 面かくし, 面に, 面影を, 面白さ, 音ある, 音いよいよ, 音か, 音かそ, 音がね, 音き, 音きこ, 音さえ, 音すごし, 音すべてよろし, 音それにも, 音たかく, 音とどろかぶら, 音とも, 音どよむ, 音など, 音などの, 音はやり唄にて, 音やら, 音よりも, 音ウか, 音ウさ, 音キ, 音ソリャどっこい, 音微かに, 音恋え, 音昼は, 音檣頭に, 音水鳥の, 音波など, 音海の, 音真暗でございます, 音磯めぐる, 音聞ゆ, 音荷を, 音雁の, 音難波江の, 音風の, 音高く, 響が, 響きで, 響きに, 響き肉に, 響は, 響ばかり, 響を, 顔に, 顔は, 顔へ, 風なき, 飛沫が, 飛沫を, 驚けば, 高い海, 高さ, 高まりが, 高まりし, 高翔と, 鳴る

▼ 浪~ (269, 7.5%)

3 た, 両方から, 女の, 嬉しさ 2 かなり高く, それを, ひとつの, 兩方から, 呆れもし, 歎じ, 父の, 自分の

1 [241件] あたま, あふれ日, あまりに深く, ありとも, あんなに辛く, いつしか地, いつも穩, いよいよ春日重蔵, いよいよ顫, うちよせて, うねりながら, おだやかで, おだやかなり, おどろいて, おらんでしょういく, お弓, かなり高かっ, こちらの, この夜更け, この自己, こゆるぎの, こんな事, さすがに, さッ, すぐに, すぐ愛宕, すすめられた楽屋, すつかり, そのまま哀れ, その刃, その娘, その山, その恐ろしい, その時そッ, その波, それが, ただ足もと, たちまちに, とうとう涙, ところどころ歯, とられた腕, どうした, ない, なみだの, にっこりし, にっこり微笑ん, にわかに口, はいって, はや寝し, ひとたびすぎし, ひとり秘そ, びっくりし, ほっと溜息, またただ何と, また新, まだ打ち解せぬ, ま足もと, もう別, もとより弓削法外, やさしくさしきたり, やはり激しく, やはり頭, よも逆ら, よろよろと, よんどころなしに, バルバラ・ガーネー千代は, ピストルの, 一人天下です, 一生懸命に, 一面に, 上ろうとも, 両手に, 乱菊模様の, 二三段下から, 二度三度ホロリと, 云い切って, 云った, 亭午に, 仇なる, 今にも猿, 今彼の, 今日引き取る, 今日限り亡くなっ, 今明らかに, 仔細ない, 伏す深海, 低いが, 何が, 何ごとも, 何で動かす, 何事も, 何気なくむっちり, 偶然にも, 優しく砂浜, 党人を, 入口の, 全く無い, 其の惡見者, 再び巷, 前に, 千々に, 単に荒い, 呆れかつ, 呆れ且つ, 咲きこぼれるやう, 喜んで, 囁くだけ, 声一つ立てない, 夢の, 大きく頷首, 大空へ, 太って, 奇くも忽ち, 嫌いだ, 嫣然とも, 安心し, 定めの, 家中の, 寂しく南, 寂に, 寄せて, 導けない地勢, 小の, 小信, 小走りに, 屈んだまま面, 岸に, 左程に, 巻き上がり, 帝劇から, 座敷へ, 彼等の, 心もち窓に, 心もち蒼ざめて細く, 必死に, 忽ち二人, 怒濤, 思い出して, 思ったけれど, 思わず摺り, 恟ッと, 恥かしげ, 慌てて, 懐剣の, 懸命に, 我が達成, 押し寄せて, 捗々しい返事, 探偵小説家の, 既寝し, 日傘を, 早く, 早くも, 昔から, 月の, 果てしなく家郷, 正面の, 死にます, 死んで, 死んでも, 気忙しなく, 水晶の, 法外と, 泣き死んだよう, 洗いざらしの, 浅葱のさ, 浪の, 浪を, 浪浪きみが, 激して, 燕を, 獣の, 現在の, 疑わざるを, 痛ましげ, 白く騷げども, 白光の, 白歯を, 白菊の, 白鞘の, 白齒を, 皆いづれ, 目立って, 相不変, 相不變, 眼に, 眼を, 着のみ着のままで, 矢張根気よく, 矢張根氣よく, 知って, 砂丘まで, 碎けて, 碧に, 確かに, 立ち騒いで, 立帰る, 竹枝と, 素直に, 絶えずうねり寄せた, 縋りつくよう, 美しい人形, 胸の, 腕ずくで, 舷側に, 船を, 荒いもの, 荒れて, 荒れる大雨, 螺状を, 血の, 西洋風に, 見るみる顔, 見れど, 話した, 賑やかな, 足の, 足取りも, 身体が, 軽蔑の, 這入らないでしょう, 逸早く踉, 遊び女で, 道場へ, 遠くから, 重蔵の, 闇夜の, 雌の, 雪の, 青い顏, 静かだった, 靜かなり, 靜なり, 馬の, 高い, 高く岸, 高低を, 鬣を, 黒く時々, 黙って, 黨人を

▼ 浪~ (261, 7.3%)

7 揺られて 5 乗って 4 もまれて, 漂ふ 3 さらわれて, よごれた腐肉, 千鳥の 2 なめられつつ, まかれて, 代って, 押されながら, 擽られて, 洗われて, 浴する村, 濡れて

1 [216件] あの困苦, あはれ果敢い, あわれ果敢, いと, うつって, うなずき返すや, およぎて, かつて, きっと頼ん, くつが, くるくる舞い狂っ, くるまれて, こうユタリーユタリ, ことわって, この首, さらわれた, さらわれた人, さらわれるか, さらわれる者, さわぎたつの, しぶき散るかも, た, ただよ, たべさせたいと, つづいて, ぬれ, ぬれながら, のまれたが, のまれて, ひびいて, ぶつかって, まかする, まじり, もまれあちこち, もまれたお方, もまれながら, もまれもてあそばれて, ゆさぶり, ゆすられて, ゆすられ忽ち, ゆられて, ゆられながら, ゆられゆられて, 乗りて, 乗り損つた志士, 乗り浪, 乗る者, 交つて若い, 人の, 任せて, 会うという, 会って, 会わねば, 伴つてわたしの, 似たる物, 侍かれ, 兎の, 再び根, 別れて, 助太刀し, 動き, 包まれた岩, 千鳥か, 千鳥が, 反射し, 叩かれてか, 叩かれても, 叱られて, 吐く, 向い, 向けて, 向って, 向つてそれ, 吹放され, 呑まれた, 呑まれたの, 呑まれて, 呑まれ残余, 嘆きを, 埋もれて, 堰かれて, 夕日の, 夢中だ, 妨げられて, 嬲らせては, 対って, 尾け, 巻き込まれて, 弄ばれつつ, 弄ばれて, 引かれて, 引かれると, 弱い生駒, 影見え, 得し珠, 心は, 情けを, 意地を, 打たれ雨, 打ち寄せられて, 打ち揚げられ或は, 打上げられた人, 抱きつき叩かれ倒され遠く, 押され揉まれて, 押し流されて, 押し流され浴客六十名, 押し返されて, 持って, 捲かれて, 捲き込まれて, 揉まる, 揉まるれば, 揉まれたらしく皮, 揉まれて, 揉まれても, 揉まれながらの, 揉まれるし, 揉み立てられるかと, 揺すられて, 揺らるる小舟, 揺らるる度ごと, 揺れながら, 搖られつ, 攫わるると, 攫われて, 散り込む青, 文を, 明け浪に, 映る宮島, 暮れる日々, 朝日とか, 棄てずば, 横取られる, 歎き, 氣球が, 沈みながら, 沈み去るアカイア軍勢みな, 沈むか, 沈むとき, 沈むな, 沈んだかと, 沈んで, 没すること, 泛ぶらん, 洗われた, 洗われるん, 洗われる時期, 流されて, 流されるもの, 流るるひもすがら, 浚われて, 浮かされた如くフワリ, 浮かる, 浮沈みあり, 消ゆる, 深沈なる, 漂うて, 漂う木片, 漂う浮艸, 漂う身, 漂ひし, 漂わねば, 漂蕩しつ, 漕ぎくれば, 漬り, 漾った, 漾って, 激し風, 濡れいらご, 濡れし窓邊, 濡れた太郎岬, 濡れつつ, 煽られて, 熱くな, 燃え浮び, 瓜二つと, 生れし男の子, 生写し, 畜群と, 異ならず, 白い浪, 白鳥映り, 皆流れた, 砂に, 砕くる清き, 砕けて, 磨き上げられ真白, 突出されたる, 立てる白雲, 篤と頼ん, 綾織りし, 繋ぐ快走船, 翻弄され, 聲ある, 臥せるや, 船出すべしや, 見事に, 訊いた, 誘いこまれて, 誘はれし, 誘われたの, 語って, 跡目も, 追いつ追われつしながら, 逆は, 随うて下る, 隔てられて, 頼んで, 顔を, 飛び魚か, 飜弄され, 馴れたる離れ鵜, 高くたち, 鯉で, 鳴く鳥, 黒く飛ん

▼ 浪~ (258, 7.2%)

8 分けて 7 打って 5 打った 4 見て 3 あげて, かぶって, 立てて, 蹴って, 連れて

2 [16件] うって, なして, みるところ, 凌ぎ今, 切る, 政界に, 残すもの, 渡り, 焔を, 立てるもの, 見た, 見ながら, 蹴つて, 蹴立てて, 蹴開く一切, 頼む

1 [187件] いじらしく思っ, いろどる選人, うかべて, うった, お伴れしなかったなら, かいて, かきわけ大きく, かき分けて, かき立てた, かこんで, かぶりし程, かぶる, きる, くぐって, くぐッ, けたてて, けちらして, けっ飛ばしながら, こぐり抜けて, この家, しずめる, すごいばかりに, そこへ, そのよう, たてだした, たて暗く, ちょっと見, つき破って, なし, のぞむとき, のりこえて, のんべんだらりと, ひっ攫い急遽, ほめて, ま白く, みつめて, もう一つ, もつと, やっといきなり横抱き, よこすが, よす, 一面に, 上げて, 下へ, 中に, 伴いこの, 伴ったの, 促してから, 再びここ, 凌いで, 凌ぎて, 分けおどろおどろ, 切った力, 切って, 前に, 劃り, 劬って, 卷くの勢, 去り越ゆ, 取り巻いて, 取り戻したら母さん, 叩くよと, 右腕の, 同時に描かなけれ, 呑み捲き煽り, 呼び起して, 呼び起すところ, 嚇か, 堰きとめようとして, 売り飛ばそうと, 大次郎は, 奪い返して, 始め家中, 嫁に, 嫁にと, 寄せつけて, 巖穴へ, 川に, 帰した, 弄し, 引きずったが, 引き取り佐吉, 当てに, 忘れなかった, 忘れること, 忘れ得なかった, 思いつめて, 愛すればこそ, 慕って, 截つて, 截りぬ, 手許へ, 打たせた, 打たせて, 打ち女たち, 打ち揚げます, 打ったまま氷結, 打つて, 打つわ, 打つ音, 払い払い, 押して, 押しわけて, 捨てて, 掻いて, 掻き分けて, 掻き分け掻き分け馬, 描いた提灯, 揚げて, 揺きわけて, 攫われようとして, 斜めに, 枕に, 柔に, 横ぎりて遠き, 横に, 殺しまた, 殺せ, 求めて, 泣かせ自ら, 泳ぎ寄りそう, 浴びせかけた, 清みかも, 渡って, 渦卷く, 漕ぐよう, 潮流を, 焼くかとぞ, 白くひい, 目がけて, 相手に, 看病に, 眺めて, 眺めながら, 破つて, 穏かに, 立たせて, 立てながら, 絵取りたり, 縅した鎧, 縫ふなり, 聞きつ, 背後に, 自分から, 興てて, 船と, 苦しめ苛むの, 葺き並べた甍, 蔭へ, 蔽うたが, 血汐に, 行く魚, 被って, 見おろす人, 見たで, 見つめるよう, 見ると, 見るの, 見上げた, 見出すよう, 見守って, 見張つて, 見遣った, 走るか, 起し真, 起す, 趁ふ, 越えて, 越えるの, 越さばや, 踏んで, 蹴つて漁船, 追う颯と, 逐ひまくし, 連れた伝吉, 連れ去ったの, 遮って, 避けて, 重ねて, 開いた大, 間近く招い, 離る, 離れて, 離縁する, 離縁せ, 額に, 食って

▼ 浪~ (256, 7.1%)

3 が大奥, ではない, はぐっと, は美しい 2 が, どの, に目, の病間, の白い, の胸, の身の上, の顔, は今, は夢

1 [224件] からの密書, から差された, から瞳, がいじらしい, がいった, がうつむい, がこ, がこの間, がす, がみだりがわしく, がみつめる, がむかえた, が一生懸命, が一目, が公方, が別間, が勿論, が失踪, が拒もう, が杯, が松, が気, が笑顔, が答える, が鋭く, こそ公方, だそう, だった, だな, ちょいと, であればこそ, という娘, とさかずき, との逢瀬, とも知らず, とやらであったなら, とやらを巧言, と云, と目, どのあでやか, どのお, どのそ, どのどんな暮し, どの子供, どの悪しゅう, どの拙者, にぐッ, にし, にすれ, にただ, にとってわたり, にどう, には一ぱい, には兄, に冬, に向け, に呉れ, に対してどの, に突き殺された, に聴, に近づく, に近づけよう, のいい, のいのち, のうしろ, のうへ祈れ, のかくれ, のからだ, のこうした, のこと, のこの, のしおれた, のしっとり, のそこ, のその, のため, のたわけた, のなき, の上, の亡き, の供, の全身, の北枕, の口元, の土気, の声, の夕暮, の失踪, の失踪以来, の存在, の居間, の帯, の息, の情緒, の挙動, の散り, の方, の最期, の末, の片手, の狂熱, の病が, の盡頭, の目かお, の目つき, の瞳, の細い細い, の胸中, の行方, の襟, の許, の魂, は, はあせり, はあちこち枝, はいくら, はいくらか, はいった, はいぶかしく, はうらめし, はうれし, はかご, はかぶり, はかまわず, はこの, はしっとり, はそうした, はたしかに, はとかく, はときめく, はと見る, はどこ, はなおも, はふたたび, はべったり, はまだ, はまるで, はみんな, はもう, はもだえ狂った, はやがて, はゆめ, はわが家, はわめこう, はパッ, は一そう, は上, は事実, は何, は別, は唆, は声, は天, は媚びられ, は嬉し, は小, は尾花, は屋敷, は床, は微笑, は心から, は思い入った, は恋人, は恨み, は意味, は抱き締められ, は振り放そう, は放し, は日本六十余州, は明らか, は横山, は檜, は歓喜, は激しく, は無, は片手, は物蔭, は狼, は甚太郎, は目元, は相手, は答える, は紅い, は若い若い, は荒々しく, は血, は見つめ, は訴えた, は詫び入る, は雪, は青春妙齢, は顔色, は黄金, ばかりで, ほどの女, もいくらか, もホーッ, も小走り, も重, よりわが, をうごかし, をかつい, をかつぎ入れよう, をその, をどうにか, をながめる, をわき, を今日, を凌がず, を囲う, を大奥, を奥, を帰る, を投げ出す, を為, を畳, を眺め, を見上げ, を誘拐, を辿った, を遠く, を雪, を音, 逃れるにも

▼ 浪~ (242, 6.7%)

4 泡立つてと 3 しらに, 来て, 立って, 騒ぎ

2 [17件] しら, しらが, しらが後から, しらの, しらを, 今しも, 寄せて, 寄せては, 彼の, 手中より, 打って, 押し寄せて, 来ても, 洗って, 返ると, 退いた, 高くなっ

1 [192件] あって, あらくなっ, あるの, あれたと, あれば, あろうと, いつもの, うち寄せてる, おこって, お駒, かかったかしら, かかること, かさなり, きらきら光っ, きらりきらり光った, くれて, この邊, さかまいて, さささと, しきりに言う, しらが彼の, しらまで, そうなっ, そっと上眼, そっと戸外, そのそば, その犯人, それを, たつ時, だんだんと, つづけざま, づしんとゆれました, どうして助かった, どぶん, どぼん, ながくつづい, なくて, なんで人殺し, にっこり笑い, ひいて, ひたひたと, ふだんから, ぺちゃぺちゃと叩い, また磯, また駈け出した, まるで石鹸, まわりに, やや耳, やや荒かっ, よせて, ガラスの, チンコロの, ドー, ペトロを, 一せいに, 一つも, 一散に, 上り支度を, 世に, 二ツ処立ったら, 云った語, 今死な, 低い, 何か, 何の, 來た, 來て, 來れ, 傘を, 光る丈, 出せるかな, 前の, 可哀想に, 咄嗟の, 噛んで, 地響き打たせ, 大きく動い, 大西洋の, 天に, 寺入と, 小刻みに, 届きませぬばかり, 山の, 崩れ立ったと, 店で, 強く立っ, 彼方の, 後事などが, 怒り狂って, 急に, 怪しい光, 恋しかかい, 悪かと, 愕き, 愛そうとして, 懸りますよう, 或いは天上, 打ちこんだり, 打ちつけしぶき吹きまるで, 打ち出した, 打ち出して, 打ち寄せそれ, 打ち寄せては, 打ち寄せる, 打ってるじゃ, 打寄せて, 拾って, 揺れた, 数十尺の, 新しい文学, 映って, 月光に, 来た, 来たり, 来ました, 来る様, 東の, 気も, 法外先生の, 泡立って, 泣き濡れて, 浜辺へ, 浪が, 浪また, 消しゆきぬこの, 淺い, 溌剌と, 潜んで, 為体の, 物凄いやう, 犯行に, 狂い廻って, 狂気の, 生きて, 畠の, 病気が, 白, 目の, 相当頼母, 真心も, 真白に, 真黒に, 知って, 碎けるそら, 立ち上るを, 立ち騒いで, 立つたり, 立つて, 立つの, 立つ時, 立てば, 立て来た, 立とうと, 絶えず湧き立つ, 舷側を, 船を, 船腹を, 荒いから, 荒い上総, 荒くつ, 荒くつて, 荒くなる, 荒く立つだろう, 荒れて, 裾を, 襲うと, 襲ふと, 見えろるだろう, 親友伴大次郎の, 起って, 起つて, 足を, 辻堂の, 送りに, 逃げるよう, 逆まい, 間断なく, 青みつ白みつ立ち, 青空の, 静かに, 静に, 音を, 騒ぎ潮, 高うなった, 高かった, 高かつ, 高くて, 高くなる, 高く右, 高く海岸, 高く結い上げた, 高まり間もなく

▼ 浪~ (168, 4.7%)

76 助は 16 助の 13 助も 7 助が 6 助と, 助を, 助殿 5 助には 4 助へ 2 助, 助で, 助に, 助様が

1 [21件] 助から, 助これも, 助さんとで, 助さんは, 助であった, 助という, 助としては, 助とは, 助とへ, 助ともども, 助とを, 助などに, 助ばかりが, 助様, 助殿某, 助豚児, 進さんは, 進も武力, 進三人殺しの, 進得意の, 進額からは

▼ 浪~ (97, 2.7%)

5 重蔵は 3 重蔵とは, 重蔵の 2 お瀧, なって, 御方を, 申します, 重蔵に

1 [76件] いうか, いふよりも, うねりとに, お北, この風向き, しぶきぬいか, その母, その父親, それを, つらなり丘, であった, なり浪頭, ふたりで, ほれば, みだれぬ眼, やらいう女子, ゆらぐを, ゆる, われと, 一緒だ, 並んで, 云って, 互に錯節, 入れ違いに, 切ッ尖, 千代との, 大次郎と, 大次郎に, 夫婦に, 姉妹の, 定めて, 寄する, 岩ばかりの, 島と, 左手の, 差向いに, 御方の, 御方は, 恋に, 抱き合ったまま音無瀬川, 抱き合って, 揺ぎて, 新九郎にとって, 新九郎にとっては, 新九郎の, 春日重蔵の, 村と, 水平線を, 流れて, 流れ去り, 浪の, 海水との, 混ずること, 満野, 燕の, 白覆面の, 練塀小路の, 衝突し, 見し間, 言うの, 言ふ, 逢った, 連なって, 運命を, 重蔵, 重蔵が, 重蔵であった, 重蔵である, 重蔵めに, 闘いながら, 闘う老, 雪の, 雲岩と, 風との, 駕籠と, ABCの

▼ 浪~ (66, 1.8%)

3 重蔵も

1 [63件] あわれとぞ, おだやかで, おだやかならず, かえす言葉, かねて, くれぐれも頼ん, この夙く父母, しづけし夕月, しづまりぬ, その耀き, それに, ない, ないで, なくただ, なけれど, びっくりした, びッくりし, またなまぐさく, まるで嘘, やっと喀血, ゆるやかなる, 下に, 不審十兵衛も, 不審十兵衞も, 二人の, 傍から, 同じよう, 名分が, 大声に, 平になっただ, 忍び差しの, 春日重蔵も, 此暫の, 毎日荒れつづい, 法外も, 泣き腫れた顔, 浪実家も, 無論に, 無論彼, 煮え立つやう, 物凄くなりかけた, 眉を, 砂も, 私語く, 穏やかで, 立たずどこ, 立たず御, 立てかししら蓮, 綾鶴も, 腑に, 葬りて, 虚無僧当時の, 言った, 起る, 追はなくに, 逆手の, 静かで, 静まり海賊ども, 静まり高輪一帯, 高かった, 高く風, 鳴る枯木青木, 鴎も

▼ 浪~ (66, 1.8%)

4 の地 3 の海 2 の春雨, の津, の町, の蘆, の風

1 [49件] かで町人, からやって来, から中国, から四国, そのほか, であるかも, でございます, では住吉神社, でも近頃, と京都, なぞを都, なる, に, には及びませぬ, に下り, に住ん, に客, に近い, に遊びし, の, の一丘, の世相, の倉屋敷, の入江, の友, の名, の堀, の壮観, の夏, の夢, の子, の小, の市街, の御, の水, の河口, の浦, の花, の街, は繁昌, へ出る, へ着く, へ通う, や京, や泉州, や都, をもじっ, を稼ぎ, を経

▼ 浪さん~ (53, 1.5%)

2 も我

1 [51件] がいなくなりましたら, がかあい, がこう, がまた, が上れたら, が亡くなれ, が僕, が控えられ, が敗北, が死ん, が殺した, くたびれは, こそくたびれたろう, そうじゃ, だっけ, と伊香保, と昼飯, どうかした, なぜ今日, なぜ死ん, なんざ東京, になっ, に活け, に見せたい, に話し申すべく, のあと, のこと, の世話, の写真, の姿, の実家, の澄まし, の顔色, は, はいい, はいつ, はまだ, は待ってれ, ばかりで, もいろいろ, も何かと, も定め, も帰る, も注意, も白髪, より便, を, を退い, 何だか門前, 早くよく, 行って

▼ 浪打ち~ (26, 0.7%)

4 際から 3 際に, 際を 2 ぎわまで

1 [14件] あぐる小池かな, ぎわ, ぎわでつむじを, ぎわへ, ぎわや松の, ぎわより乗入っ, つつ噴き出し, て早, 息も, 空は, 際の, 際へ, 際まで, 際までが

▼ 浪曼主義~ (23, 0.6%)

3 の立場, や能動主義

1 [17件] がシェストフ, だとか, というの, と云い, にし, に根ざした, に根ざす, に賛成, に転ぜず, のアンニュイ, の代表者, の問題, の運動, はここ, もここ, も意味, も能動主義

▼ 浪太郎~ (22, 0.6%)

1 [22件] が大, だよ, でないこと, という浪人崩れ, といふの, とやらを嫌つて, と巾着切, に合圖, の姿, の家, の父親, の親父, の變裝, はその, はひどく, は一緒, は子供, は帰されました, は父親, は薄々, は辰三, をやつ

▼ 浪之進~ (20, 0.6%)

1 [20件] が亡くなつた, が相談, といい, といふ卜傳流, と一緒, と睨ん, の一刀, の家, の左, の智惠, の浪宅, の額, の顏, はさすが, はフト口, は卜傳流, は總髮, は身分, は長崎屋, を送つた

▼ 浪殿~ (20, 0.6%)

3

1 [17件] お顔, がそち, が気, が江戸表, こりゃ玄蕃, でござったか, では, とも兄上, どうぞ拙者, にはよく, にもこう, の胸, の身の上, もどうか, も拙者, を他家, 刺し違えて

▼ 浪三四郎~ (19, 0.5%)

1 [19件] が, がこれ, が乗り合わせ, が元, が目星, が第, だった, である, とを疑う, のうわずった, の向い, の憔悴, の方, の質問, の隣り, は, は呪い, は彼女, は目立たぬ

▼ 浪~ (17, 0.5%)

2 やお

1 [15件] がお, が吹矢, で二階, で無いと, というやくざ, とか言う, とか言った, と言っ, などはイヤ, の悪戯, の方, は例, は内儀, は続け, は躍起

▼ 浪路さま~ (17, 0.5%)

2 の御

1 [15件] お一つ, から何度呼び出し, がお, がもし, しっかりあそばし, とかのお, はあっし, は今夜, またお, も堪忍, より身, をお, を大奥, を現在, 御気分

▼ 浪ちゃん~ (16, 0.4%)

6 のお父さん 1 が先生, が針仕事, だってあの, だねえ, は太郎さん, は教師さん, は湯, は顔, を困らせた, 忘れないで

▼ 浪曼派~ (16, 0.4%)

1 [16件] と名づけ, なる呼声, のソクラテス, の一週年記念号, の主張, の作品, の劇的運動, の同人諸兄, の提唱, の機関雑誌, の評論家保田与重郎, の詩人ハルビエ, の詩人達, は苦労知らず, へはいろう, またその

▼ 浪~ (16, 0.4%)

3 のお

1 [13件] が, そろそろ参る, でございましたか, というの, というもの, とやらにお, のまえ, の父, をお, を己, を引ッ, を探し, を掴まえ

▼ 浪五郎~ (14, 0.4%)

1 [14件] がお, が赤羽橋, といふ人, といふ船頭, と言, に迷惑の, に逢つて, の船, の首, はこの, は仲間, は大波, は正直者, は若い

▼ 浪曼的~ (14, 0.4%)

1 [14件] で自分, なこと, な対話, な幾つ, な恋愛, な情景, な時代, な暗, な考, な色彩, に夢, に若返へる, の作品, を解放

▼ 浪という~ (13, 0.4%)

2 のが, 芸者が 1 お女, その美しき, のは, 人が, 今年十八の, 女には, 女を, 字を, 浪が

▼ 浪さま~ (12, 0.3%)

1 [12件] だ, にあんなに, にきまっ, にはお, のお供, の泣き声, の身, はお前, はなみ, を妻, を責める, 行って

▼ 浪~ (12, 0.3%)

2 兄の, 潮に 1 かくせる, また今度, 春の, 母さんは, 海の, 船に, 風が, 風だ

▼ 浪人体~ (12, 0.3%)

3 の者 1 にて恠敷, のが, のもの, の強盗, の怪し, の怪しげ, の武士, の男, の荒くれ武士たち

▼ 浪~ (12, 0.3%)

8 の浦 2 浦を 1 の浪, 浦へ

▼ 浪~ (12, 0.3%)

1 [12件] から浮き上がっ, と浪, なくこのごろ大和, にかづき, に呑まれ, に躍, の巌, の月, へ投げ捨てた, へ投げ込ん, へ没した, より流れいでける

▼ 浪~ (12, 0.3%)

1 [12件] あらく雲, がある, ぞ無き, た, でもすぐ, で斯, なく朝佐賀, にもまれ, の荒い, を立てず, 立てじの, 荒き萬里

▼ 浪~ (10, 0.3%)

3 する白良 2 浪よ 1 するあやを, ひとたびおま, 渦く, 立てよ舟もろとも, 舟を

▼ 浪打つ~ (10, 0.3%)

2 ように 1 かなたに, てゐる, ほどによく, ような, ようなむせび, 中を, 激しいこころ, 秋の

▼ 浪路どの~ (10, 0.3%)

1 でも, とやらはあまりに, に何, に頼まれ, の口入, の失踪, の父, の行方, ばかりで, もとうとう

▼ 浪~ (9, 0.3%)

1 おおう時, はござりませぬ, 一つ目の, 姿を, 此家は, 水泳禁止され, 洗えますか, 白く洗われ, 遠くまで

▼ 浪華亭~ (9, 0.3%)

1 といひ, と書いた, と白く, の店, の旦那, の裏口, の養女, へも出入り, を宿

▼ 浪~ (9, 0.3%)

1 が床, が聞こえ, だけだった, ではなかっ, には熊谷, の宇宙, の高い, を友, 高し汐

▼ 浪~ (9, 0.3%)

1 が巻い, が眼前, のよう, の上, の中, はうねり, は空, を, を一

▼ 浪~ (8, 0.2%)

1 と号, と舞姫, にはその, の, の出世小説, の小説, の小説本, もしくは弦斎一流

▼ 浪~ (7, 0.2%)

1 ちらちらと, 合図を, 向けて, 囁いて, 樺色に, 眼を, 鋭く

▼ 浪より~ (7, 0.2%)

21 あの風, あらはれし角, ほかに, 歸れ, 飛びて

▼ 浪では~ (6, 0.2%)

2 ないか 1 あったけれども, ないかしらと, なかったろうが, なくても

▼ 浪どの~ (6, 0.2%)

1 あれあの, と伴, どうやら午, に怪我, 兄上おお, 弟に

▼ 浪にも~ (6, 0.2%)

1 お浪, もまれて, 大してもまれる, 誘われず風, 遇は, 音が

▼ 浪~ (6, 0.2%)

1 に境界, に多産, に大望野心, に棄てたおぼえ, に滅却, に着用

▼ 浪~ (6, 0.2%)

2 の表座敷 1 の二階, の奥二階, の女房さん, の表二階

▼ 浪籍者~ (6, 0.2%)

2 が, の 1 に, は

▼ 浪といふ~ (5, 0.1%)

1 のが, 凄いの, 浪は, 湯女の, 美しい内儀

▼ 浪とが~ (5, 0.1%)

1 この江戸表, 一つ蚊帳の, 上と下から, 住職その他に, 血眼で

▼ 浪とは~ (5, 0.1%)

1 いつまで, 今やどこ, 思ふど, 竜之, 踊の

▼ 浪~ (5, 0.1%)

1 と小さい, と言つて, はうな, は怪しい, を伏し

▼ 浪曼主義者~ (5, 0.1%)

1 でお, に豹変, は三汀久米正雄, は云う, も能動主義者

▼ 浪曼性~ (5, 0.1%)

1 がある, くらいで, とさかん, とともにある, を発揮

▼ 浪~ (5, 0.1%)

5 の野

▼ 浪立たせ~ (5, 0.1%)

1 つつ的, ていました, てゐました, 何等か, 風下で

▼ 浪高く~ (5, 0.1%)

1 とも風, 四十八分時計を, 小砂, 狂へる, 航路に

▼ 浪あらく~ (4, 0.1%)

1 して, 立つ海原, 舟うごく, 航海は

▼ 浪うち際~ (4, 0.1%)

1 の凹凸, の岩, へ投げだした, を犬

▼ 浪~ (4, 0.1%)

1 へなけれ, へ処女, やぐ佐渡, 打ちよせられて

▼ 浪~ (4, 0.1%)

1 とつけ, の親爺, へ通つて來, をうんと

▼ 浪切る~ (4, 0.1%)

1 は浪, 比禮, 比禮風振る, 領巾

▼ 浪~ (4, 0.1%)

1 の, の作, の句, の方

▼ 浪居し~ (4, 0.1%)

1 ていた, ている, てしまッ, て天心独名流

▼ 浪~ (4, 0.1%)

1 がある, の間, の陰, をかつて

▼ 浪~ (4, 0.1%)

1 という名, と墓場, の名, の高橋農場

▼ 浪振る~ (4, 0.1%)

1 は浪, 比禮, 比禮浪切る, 領巾

▼ 浪曼精神~ (4, 0.1%)

1 といふもの, の所産以外, の赴く, の魔術

▼ 浪立ち~ (4, 0.1%)

1 さわぎ鳴門船, さわぐ, ながら叫ぶだらう, 騒ぐ

▼ 浪立っ~ (4, 0.1%)

2 て見える 1 ております, てきた

▼ 浪立った~ (4, 0.1%)

1 のは, 娘の, 広い入江, 港内を

▼ 浪立て~ (4, 0.1%)

21 や妻, 騒がしき鳥羽伏見

▼ 浪華漬~ (4, 0.1%)

1 とおした紙, もまだ, をあける, をだす

▼ 浪から~ (3, 0.1%)

1 出る, 最も遠ざかっ, 立ち騰って

▼ 浪~ (3, 0.1%)

1 ゆく空, 立つ, 荒かりける

▼ 浪たち~ (3, 0.1%)

2 わたる 1 かへる

▼ 浪との~ (3, 0.1%)

2 間を 1 会話を

▼ 浪と共に~ (3, 0.1%)

1 上下し, 人を, 篤とあと

▼ 浪には~ (3, 0.1%)

1 なる, わたしも, 春日新九郎という

▼ 浪はかず~ (3, 0.1%)

3 かぎりなき

▼ 浪ばかり~ (3, 0.1%)

2 路に 1 騒がしい海

▼ 浪また~ (3, 0.1%)

1 次の, 浪の, 浪を

▼ 浪もか~ (3, 0.1%)

2 あいそう 1 へす言葉

▼ 浪太郎殿~ (3, 0.1%)

1 が怪しい, と下女, は碁

▼ 浪~ (3, 0.1%)

1 という郷士, とはそち, ともうす

▼ 浪~ (3, 0.1%)

1 濤かりたて, 濤の, 濤は

▼ 浪打っ~ (3, 0.1%)

1 ていた, ている, て散った

▼ 浪曼的完成~ (3, 0.1%)

1 と称する, もしくは浪曼的秩序, も自分

▼ 浪~ (3, 0.1%)

1 にも優る, の方, はお

▼ 浪~ (3, 0.1%)

1 であったと, と云う, の太刀

▼ 浪立つらし~ (3, 0.1%)

3

▼ 浪~ (3, 0.1%)

1 と, と信三郎, は指

▼ 浪親子~ (3, 0.1%)

1 がいかに, の家, の親切

▼ 浪貝久八~ (3, 0.1%)

1 がこの, の台所, を呼ぶ

▼ 浪~ (3, 0.1%)

2 に寄 1 に寄る

▼ 浪静か~ (3, 0.1%)

1 にてエー, にと謡い, に祭文

▼ 浪うち~ (2, 0.1%)

1 も寄せ, 覆ふ嘗て

▼ 浪~ (2, 0.1%)

1 お浪, 立たむと伺候

▼ 浪ぎは~ (2, 0.1%)

1 へは出られ, へ蔦

▼ 浪さえ~ (2, 0.1%)

1 あれば, 奪って

▼ 浪しずか~ (2, 0.1%)

1 で空, なり岸

▼ 浪しぶき~ (2, 0.1%)

1 が横, が頭

▼ 浪それほど~ (2, 0.1%)

2 我が鄙

▼ 浪~ (2, 0.1%)

1 か滝, て

▼ 浪だつ~ (2, 0.1%)

1 それを, 胸に

▼ 浪である~ (2, 0.1%)

1 ぞそち, 私たちの

▼ 浪でも~ (2, 0.1%)

1 海嘯でも, 達者です

▼ 浪とで~ (2, 0.1%)

1 戦を, 速力が

▼ 浪とに~ (2, 0.1%)

1 掻き濁して, 送られて

▼ 浪に対しても~ (2, 0.1%)

1 すっかり大次郎, 以前とは

▼ 浪に対する~ (2, 0.1%)

1 恋心を, 煩悩を

▼ 浪はん~ (2, 0.1%)

1 もかあい, を離縁

▼ 浪~ (2, 0.1%)

1 かいじゃ, ッかいいう

▼ 浪一つ~ (2, 0.1%)

1 立たない静か, 立たぬ附近唯一

▼ 浪三四郎さん~ (2, 0.1%)

1 から何, でしたな

▼ 浪~ (2, 0.1%)

1 にのぼれ, に吟ずる

▼ 浪千鳥汝~ (2, 0.1%)

2 が鳴け

▼ 浪~ (2, 0.1%)

1 の神棚, は御

▼ 浪早く~ (2, 0.1%)

2 もそれ

▼ 浪暁天~ (2, 0.1%)

2 の鐘

▼ 浪曼的情熱~ (2, 0.1%)

1 のみなぎる, の正当

▼ 浪曼的精神~ (2, 0.1%)

1 の健康児, の基調

▼ 浪~ (2, 0.1%)

1 うつらうつらの, よりは陸

▼ 浪~ (2, 0.1%)

1 だろう, などといえる

▼ 浪~ (2, 0.1%)

2

▼ 浪~ (2, 0.1%)

1 の泰斗, 第一

▼ 浪立つ~ (2, 0.1%)

1 なゆめ, を見

▼ 浪自身~ (2, 0.1%)

1 が犯人, よりは後

▼ 浪花屋~ (2, 0.1%)

1 がやった, の奥

▼ 浪華あたり~ (2, 0.1%)

1 にその, よりも參詣

▼ 浪華亭はん~ (2, 0.1%)

1 はな遅, もあい風

▼ 浪華堂~ (2, 0.1%)

1 と呼ん, の店先

▼ 浪華市井~ (2, 0.1%)

2 之囂塵

▼ 浪華文化~ (2, 0.1%)

1 が婦女子, では極めて

▼ 浪華朝報社~ (2, 0.1%)

1 ではキューバ糖, の主筆

▼ 浪華津~ (2, 0.1%)

1 にこの, の女

▼ 浪華節~ (2, 0.1%)

1 があり, に聴

▼ 浪藉者~ (2, 0.1%)

1 は打ち, を手玉

▼ 浪~ (2, 0.1%)

2 の張順

▼ 浪裡白跳張順~ (2, 0.1%)

1 か黒旋風李逵, など痛く

▼ 浪越す~ (2, 0.1%)

1 と云, ばかりなり

▼ 浪越太夫~ (2, 0.1%)

1 という, の弟子

▼ 浪~ (2, 0.1%)

1 して, に耽り

▼ 浪~ (2, 0.1%)

2 の浪

▼ 浪除杭~ (2, 0.1%)

1 に打付, へ打ち附ける

▼ 浪~ (2, 0.1%)

1 を放れ, 無き津輕灘

▼ 浪~ (2, 0.1%)

2 かなる

▼ 浪驚い~ (2, 0.1%)

2 て急

▼ 浪高み己妻~ (2, 0.1%)

2 喚ばふ

▼1* [326件]

、揃ひも揃つて後光が射す, 浪つて月の, 浪あたりと交通, 浪あらければ船, 浪あらし吹くとも, 浪あり墳墓あり, 浪いまだ騒げり, 浪うちぎわに大きな, 浪うちよせ枝ごとに, 浪うつて驟雨, 浪うつ濱べに足, 浪うつ鬣の向日葵, 浪瀧の, 浪おだやかに夢, 浪おどろかず風も, 浪おのづから伏ぎて, 浪かと誤まる, 浪かをる御神体, 浪がかあいそう, 浪がたひらにひく, 浪きらく気ままに遊ぶ, 浪くたびれるといかん, 浪くらげの骨, 浪ぐらいで覆伏, 浪ぐらいではとても全部, 浪けぶり立つをちか, 浪ゆる頃, 浪この瞬間やはり, 浪これにて汝, 浪ごとに怒, 浪さんあなたもそう, 浪さんあれは, 浪さんあんたの心尽くし, 浪さんあんばいはどう, 浪さんたちから徳島, 浪さんのだ, 浪さん二人で長生き, 浪さん何もわたし, 浪さん僕の手ぎわ, 浪さん夜気にうたれる, 浪さん後からおいで, 浪さん貴方は弾丸, 浪しろくうち寄す, 浪じゃないか, 浪するに至る, 浪なたは, 浪そちには身共, 浪たかし五月雨の, 浪ただきこゆ, 浪たちさへて入れず, 浪たった一人だけ, 浪たゆたへり海苔, 浪たる人にも, 浪だけ白じ, 浪だたせて自分, 浪だち飛沫が, 浪だったか, 浪だってどの顔, 浪だろうし第, 浪ちゃんと一緒に, 浪つて來たんだ, 浪であったとしてもそれ, 浪といづれまされりおきつ島もり, 浪とか童子格子とか, 浪とかいふのを, 浪とぞ見ゆる海士, 浪とても最前から, 浪とともにや秋は, 浪とのみひとへに, 浪どうしても愛すること, 浪どものうごき, 浪どんの母御, 浪なき昔風吹かぬ, 浪なくして, 浪なぞいうもの, 浪なたちそと, 浪などの外部の, 浪なり風なりは, 浪にかへらんや, 浪にくづれつ, 浪にとつては, 浪にとって涙に, 浪にや袖のな, 浪によつて隱れた, 浪によって或る, 浪のみ青白く騒, 浪はのたりと打つ, 浪ばかりが砂の, 浪ばらの策動, 浪ひびく夢の, 浪まるで文珠屋の, 浪もとに立つ, 浪もとより知るよし, 浪やや高く殊に, 浪ゆえに荒んだ, 浪ゆたかにし, 浪よる妹が, 浪らしい浪にも, 浪をなさむ時, 浪をもあはれとぞ, 浪ニ激揚セラレテ自ラ天王寺, 浪ノヨル見ユ, 浪ノヨルヲ見テヨメル, 浪逐ツテ無, 浪一撃の下, 浪三めが鳥, 浪三四郎赤星龍子笹木光吉と疑いたい, 浪上一生ノ観, 浪の一等船室, 浪乃屋敷に歸つて良人久野將監, 浪乃樣をいろいろ, 浪乃殿はお, 浪乗りなどを試み, 浪乗る船の, 浪亡国調を帯びた, 浪も言いのこす, 浪に汀, 浪に仰向け, 浪六ものだが, 浪六もの涙香もの等を借り, 浪六先生の, 浪六涙香小史が小説飜譯, 浪六等の達人, 浪六茶屋の主人, 浪凄まじき此処は, 浪切不動の丘, 浪切丸に乗り込む, 浪切右源太を乱軍, 浪切右源太鬼面突骨斎荒木田五兵衛そのほか穴山, 浪初恋の優しかっ, 浪千重に隠りぬ, 浪千鳥の縫, 浪千鳥群れかへる, 浪即ち港に, 浪はおぼえ, 浪高, 浪は車内, 浪喘ぐ灣なかば, 浪団十郎の源蔵, 浪土取締りの隊士達, 浪土取締りなぞと血腥, 浪土豪傑連は裸, 浪坊暫らくは手放し, 浪のもの, 浪に接す, 浪実家も実家, 浪などで甚だ, 浪宿の慣らわし, 浪する渚, 浪を噛む, 浪を打ち, 浪島五兵衛ともうす, 浪する国, 浪かな海, 浪平に誠に良港でございます, 浪な水音, 浪に下り, 浪に, 浪彼刀を持っ, 浪慢的な美し, 浪手っとり早く言うならば, 浪打たしむる詩であった, 浪打たせてゐる, 浪打ち来るその一切, 浪比礼と, 浪文化を朝鮮, 浪明し我がひとり君, 浪暫時遠慮致せ, 浪の血, 浪曼主義日本的気魄いずれも私, 浪曼主義研究の上, 浪曼作家たちは現代小説, 浪曼家であったろう, 浪曼派劇の革命的事件, 浪曼派哲學が少し, 浪曼派団結せよには, 浪曼派文学の提唱, 浪曼派的な小曲, 浪曼派運動の風潮, 浪曼的イロニーがあり, 浪曼的古典的の三種類, 浪曼的心緒が永続, 浪曼的月評の記念, 浪曼的秩序という概念, 浪曼的風潮にも合致, 浪最もあらしその, 浪来寄す浜辺, 浪枕莚の上, 浪根性に劣り, 浪様々下へも置かない持て, 浪様二にも千浪さま, 浪模様がついた, 浪次さんの仰し, 浪次今でも目黒, 浪次郎右岸の久野村, 浪は必然, 浪殿いつかはこうして, 浪殿そこ離して, 浪殿不自由な足, 浪殿千浪どの弟, 浪殿支度はよい, 浪殿本懐を遂げる, 浪殿玄蕃の駕, 浪気がついたか, 浪で始皇帝, 浪の駅, 浪と希望, 浪流逃亡戸籍をごまかし, 浪浮きて流るる, 浪海中に倭人, 浪湧き囘る, 浪激波シバシ追ウモ漂イ晦ムナカレ, 浪無く浪の, 浪煙る海原越え, 浪であった, 浪爺風で一人, 浪爾所湿, 浪の徒, 浪狂雷を踏み, 浪生らを命じ, 浪由良の伝吉, 浪の上, 浪白し天城嶺ゆ見れ, 浪白ろく万古, 浪白砂花亦香, 浪百千の鴎, 浪百花園の萩, 浪に箒, 浪打てる冬, 浪にし, 浪穹鶴慶山に至り, 浪立ずして熨したる如く, 浪立たずに呉れ, 浪立たぬ平穏無事な, 浪立ちいでよ箱崎の, 浪立ちぬ巻目の, 浪童子格子日の出に鶴, 浪を当て, 浪じゃ, 浪自らさえ驚く, 浪芝野のあたり, 浪荒き大海を, 浪荒く白馬の, 浪荒れるよし, 浪菅秀才村の子供たち, 浪華三十日の旅寢, 浪華三里の内, 浪華出帆同廿六夕上, 浪華堺などの商賈, 浪華天保山沖へ著, 浪華家と云う, 浪華平安の二, 浪華江の大, 浪華浜荻という新, 浪華港へ相, 浪華節以上に出, 浪華綱右衛門の家, 浪華臨別詩以為贈, 浪華表の倉屋敷, 浪華趣味を解する, 浪華踊向島上野九段神田本郷の寄席, 浪華附近の激戦, 浪華雀の噂, 浪華風俗畫卷の題目, 浪萬重の北洋, 浪にあり, 浪蒼くして, 浪を働く, 浪衝峡路終宵風雨暗船窓, 浪を着, 浪ゆ, 浪観念して, 浪させたと, 浪賊十人位山林へ逃込候, 浪ふと, 浪といふ人, 浪越えむとす, 浪越さじとの誓文, 浪越しに見, 浪越し峠など言, 浪越憲作を認め, 浪越連廓連睦連昨今税金の値上げ, 浪がいかに, 浪路さすらふ, 浪路さまおからだ本復, 浪路さま雪之丞, 浪路さんの部屋, 浪路さん窮屈だろうが, 浪路そちにもいい, 浪路めの不幸, 浪路三郎兵衛が来た, 浪路失踪についてその, 浪路失踪以来何度か母親, 浪路急にフッ, 浪路気も上擦っ, 浪路甚太郎だ, 浪路穩かに頓, 浪路逢かた見渡たして, 浪路雪之丞, 浪路髷も鬢, 浪立て帰りし, 浪を引, 浪轟く淡路島, 浪迹又何之, 浪逆潮浪の悽, 浪郎今夜にも危, 浪郎危篤の報, 浪または帯方郡, 浪郡以下の四郡, 浪と呼ぶ, 浪青き後部甲板に, 浪静船窓寂只聴清人賭博声, 浪音そこへ噺, 浪音今も高し, 浪頭がさつと立ち, 浪頭蠱の羽, 浪飛沫の底, 浪食もとのご, 浪からし, 浪高い夜には, 浪高きこと数丈常に, 浪高ク激シキ風雨ニ遭セラレルヤ妃弟橘媛命ハ竜神ニ祷リ, 浪高舟路迷法洲風颯颯麻峡雨凄凄三舎巷雲宿, 浪黒く船は, 浪黙っていよ, 浪黙つて居よ