青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「浦~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~流れる 流れる~ 流石~ ~流行 流行~ 浄~ 浅い~ 浅草~ ~浜 浜~
浦~
~浪 浪~ 浪人~ ~浮い 浮い~ ~浮べ 浮べ~ ~浮ん 浮ん~ 浮世~

「浦~」 1882, 20ppm, 5657位

▼ 浦~ (412, 21.9%)

5 着物を, 苫屋 4 波の 3 体を, 口から, 姿が, 方へ, 死骸に, 汀に, 紛失は, 苫屋の, 顔を

2 [27件] ように, 傷口を, 入江の, 八重霞, 前に, 向ふなり, 女神と, 室の木は, 指環を, 断崖の, 方から, 方を, 景色を, 朝霧に, 死骸だ, 死骸の, 波越さじ, 海岸を, 淡蕩, 無名丸, 珠ぞ, 紛失と, 紛失に, 肩へ, 苫屋を, 身体が, 部落は

1 [317件] あさぼら, あたりに, あたりまでは, あとを, あまを, いくりに, いたずらな, うには, お腹の, きて, ために, ため短刀で, つまり, つらだましい, でなく加害者, とまやの, なめ六が, はつ島は, ふちで, ふちを, ほうを, ほとりに, まだきの, まわりには, みるめ, むかしを, ものである, ゆうぐれ, ゆふだち, よい景色, ようだ, ような, よそめには, わかさぎはいまか肥, イタリー語の, エリリが, クロバエの, 一つに, 一味の, 一庵を, 一番に, 一隅である, 上を, 上武生水の, 下手人である, 下手人は, 不漁, 両手に, 中たるなり, 事で, 事を, 事件でも, 事件にも, 今までの, 仕業に, 仕様は, 代官屋敷を, 伝次という, 体は, 傍へ, 入口に, 入江に, 入江も, 八幡宮の, 八重霞一重は, 其より, 別荘を, 勝利に, 合戦にも, 合戦の, 合戦前後の, 告白に, 周囲なども, 哀史に, 土浦近傍にも, 在否, 地形を, 地理なども, 坊さんたちから, 声であった, 夕暮れは, 外れに, 夜に, 夜空を, 大和ホテルで, 太子堂へ, 太郎兵衛である, 失望は, 奇觀あり, 奥べに, 女子供, 如く如何なる, 姥子たちおのおの一つかみずつの, 姿に, 姿の, 姿は, 子僧, 子地曳網の, 宴会などへも, 宿に, 宿へ, 宿屋で, 寛け, 小城, 少女等は, 居処は, 屋敷へ, 山里に, 岸へ, 嵐の, 川尻に, 工事の, 帰りに, 帰る望み, 帰参を, 帰帆漁村の, 度か, 度重なりて, 廓の, 引揚作業の, 影かも, 御厚意, 御歌や, 御用邸附近の, 心境も, 性質として, 怪美人を, 恋情, 想い純情, 想われるの, 憎さ, 所在は, 所在も, 所業を, 所行を, 手の, 手を, 手紙に, 投げた縞, 拾い上げた銅製, 指環まで, 掌へ, 故岡倉天心居士, 方で, 方であった, 方には, 方は, 方向へ, 方面ばかりを, 日たむろは, 日和に, 明媚を, 春かな, 春の, 景勝と, 暴風の, 最後が, 最後までの, 最後を, 本姓は, 本拠な, 松かさみたいな, 某亭, 様な忌む, 横に, 次が, 次は, 死んだの, 死骸じゃ, 死骸でない, 死骸では, 死骸として, 死骸も, 死骸を, 死骸検査は, 殺意を, 民が, 民の, 民家から, 水楼星の, 汀の, 汐風浜茄子の, 沖に, 沖へ, 波が, 波は, 波を, 波我から, 洋装の, 浦曲も, 浪打際で, 浪打際に, 海は, 海へ, 海を, 海人から, 海女だ, 海女の, 海岸の, 海水浴場地の, 海近く, 海風で, 消えて, 消滅した, 消滅する, 消滅に関する, 消滅の, 消滅は, 消滅一条を, 淋しい岸壁, 渚に, 渚潔き, 湊其間十八里, 漁夫磯邊に, 漁師たちなどに, 漁師たちを, 漁師で, 漁師船頭市兵衛その他七名の, 漁師連の, 漁村に, 漁民たちが, 潜戸に, 濱に, 物に, 物語とかは, 狂言に, 珠は, 生死は, 疑いを, 疑う様, 疑う通り秀子, 疑った事, 癪は, 目的も, 真ッ暗闇, 真中から, 真中の, 真船の, 眼に, 知人中には, 磯から, 磯に, 社地小丘林中に, 神が, 空は, 立った後, 端山陰に, 笛滝, 紀念の, 紛失する, 紛失とか, 紛失などは, 紛失には, 紛失の, 紛失も, 紛失よりも, 結び相撲に, 絶景を, 美貌と, 翁と, 老船頭, 耳へ, 肉体の, 背後を, 自然よ, 舟人, 船の, 船頭だけは, 船頭よく, 若い者, 苫屋二重屋体にて, 苫屋賤が, 蝶々さんを, 行方も, 行方を, 行衛お, 衣嚢に, 衣裳が, 西なる, 見当に, 親類が, 言い方は, 言葉だ, 計画が, 詐略だろう, 趣は, 身体を, 身辺が, 辺には, 近処, 遊女である, 遠見の, 遭難後追, 邪慳な, 部落へ, 郷菱浦みな参りました, 里, 野郎が, 野郎の, 釣小舟さては, 鋭い目, 長所だ, 闇に, 雨夜の, 静かな, 面々が, 風光は, 風景と, 風景に, 首は, 首級であった, 首級とが, 首級は, 駒井氏の, 高津家にも, 魂を, 鯛淡路島の

▼ 浦~ (164, 8.7%)

3 来て

2 [11件] して, われなくば, 上陸し, 出て, 取られて, 寄する, 潮みち來れ, 碇泊し, 舟を, 船を, 船乗りすら

1 [139件] あの封じ手, ありしを, あるささやか, いさりせし君, いたので, おでまし, お目にかかりたいという, かくれ家, ぎはふと, こうした伝説, しく, たくあまた, だんだん潮, とてもこんな, なければ, なります, ばさばさと, みるめ, もしほ垂れ, わが立ち, アドバイスを, スッテンドウジが, 一方ならず目, 住む人, 住んで, 何事かの, 來て, 入ること, 入水す, 入港する, 出た時, 出で, 出る, 別かれる, 十万の, 古陥れる, 名づけて, 名残が, 向い昨夜, 向い荒々しく, 向かっても, 向け汽車, 向って, 吹く風, 和歌の, 在りて, 執心で, 塩焼くけ, 声援を, 多し, 多分オロシャの, 大あみ, 始めて, 寄つて, 居た智定房, 帰った駒井甚三郎, 帰る漁船, 延宝七年, 引網とやら, 彷徨うて, 待つ軍兵ども, 忽然と出現, 成り代って, 持ち出して, 振り向き, 捕まったの, 撃破させた, 新築され, 明日にも, 昔人の, 時知らずに, 月照りに, 朝榜ぐ舟も, 朝霧の, 榜ぎはてむ沖へ, 気を, 水鳥みえず, 求食りする, 汐みち来れ, 汐満ちくれ, 沈んだ多く, 沖つ, 沿うた高い, 沿ふ, 泊って, 泊まり翌朝, 泊めて, 泊ること, 波たてり見, 波立てり見ゆ, 流されて, 流れついた異人, 流れ寄り夜な夜な, 浮べんと, 浴す, 海嘯, 渡し一礼, 漂いついて, 潮が, 潮満ち来れ, 片葉, 玉藻なびかん, 異国の, 疑いの, 着いたの, 着きしころ, 着きに, 着き給, 着くそれから, 着くまでは, 着せしめたり, 碇泊した, 移り住んで, 立ちいでて, 立ち品川, 臨んで, 至っては, 至る, 船ぞ, 若和布, 見た, 見られて, 見逃せないもの, 踏み止まろうと, 這入つた, 逢いましょう, 逢い度, 逢って, 逢わねばと, 選んだという, 錨を, 集め海岸, 靉靆く, 馳せ参じて, 馳せ来るの, 駈けつけて, 鰐淵寺の, 鱸釣る, 鶴さはに

▼ 浦~ (156, 8.3%)

3 かき煙らへ, 何うし 2 いま鰹時, ロンドンの, 夫と, 早や, 此の

1 [140件] あの後, いさ, いたずら者だ, いまの, おだやかに, お浦, かきけぶらへり, この期, さぞ大変, すでに天眼, すみうき, そこの, その夕凪, その海岸, その背後姿, その顔, それを, どうした, どうなった, にそ, はじめて栞, はや近, まだ見ず, やさしいおかあさん, やっと川縁, わずかに, アノ時も, ギャフンと, 一声, 世界に, 人心地に, 人生の, 今俗に, 今神浦と, 仲, 住吉四座の, 何が, 何した, 何と, 何の, 何事か, 何所に, 何気なさそう, 余が, 余と共に, 余に, 先頃より, 兎角他人, 全く敵, 全く秀子, 其の秘密, 其の辺, 前にも, 前よりも, 南国に, 厭お, 厳島神社から, 叔父よりも, 叫んだ, 和歌浦この, 夜具から, 大声に, 大変浪の, 大学を, 容易に, 少しも, 居ぬ全く, 岸から, 左門へ, 平常でも, 平気な, 年にも, 幾分か, 廊下を, 当家の, 彼地の, 徐々語り続けた, 忽ちに怒っ, 忽ち椅子, 思い出した様, 怪美人を, 恨めしげ, 悔しげに, 意外に, 打ち叫んだ, 既に丸部夫人, 日本の, 是だけで, 未だ出, 未だ鳥巣庵, 本物通りに, 杉野腰細青海苔山白洲屋御床網である, 構えて, 機さえ, 歌を, 正面からは, 歯切りし, 気にも, 溺れる人, 漸う機嫌, 片手を, 獣の, 甚く, 生の, 町の, 益々不機嫌, 益々勝ち誇っ, 益々恨めし, 相手が, 眼の, 秀子を, 私の, 突然手, 米国へ, 紙帳の, 羨ましがり, 耐え兼ね, 耳寄りの, 聊か恐れ, 花を, 茲ぞと, 虎の, 血に, 言葉を, 軽く引き合わせた, 近寄って, 返事を, 這い寄るの, 這ってでも, 這入りは, 運悪く, 遮り一つ, 関東平野の, 随分背, 雨晴れ, 音沙汰なし, 驚いて, 魔に, 魚の, 鼓の

▼ 浦~ (129, 6.9%)

4 はるけ 2 おも, 出帆した, 救ふ, 見物しました

1 [117件] あやめた下手人, あやめるたあ, いま浪打際と, うちも, おびき出し四ツ谷見付, お立ちに, この身, さかのぼりて, さらって, して, そのほう, なして, ひかえて, まだきに, めざして, よぎる頃, 一, 一目に, 一里左に, 不愍そうに, 乗切りまして, 其のま, 出たの, 出て, 出てから, 出でたの, 出でた通り, 出ようという, 出る時, 出帆し, 別れぬる秋, 前に, 包みつ, 去って, 取り鎭めよう, 取り鎮めよと, 呼んで, 咫尺の, 声援し, 嬲り殺しに, 嬲る, 宙で, 宥めて, 帳中から, 床の, 廻って, 引上げて, 彼の, 待ちながら, 御紹介, 思切ります, 扇ヶ浜と, 投げ倒したとき, 抱いて, 押しやった, 指さした, 挙げての, 捕えて, 捨てて, 捨て置いて, 捨て置く訳, 探して, 掴出した, 擲り倒す, 擲倒し, 攫つた, 攫はれた, 救つ, 救はんために, 斯くまでも, 旅に, 是へ, 榜ぎめぐり居る, 榜ぎ回む小舟粟島を, 此の, 殺さねば, 殺しただろう秀子, 殺し何時の間に, 殺すとまで, 殺す者, 永久悔むとも, 流れる駅館川, 渡つて鹿島へ, 渡りまた, 漕いで, 潮來へ, 狂女だ, 狂気とでも, 發船し, 睨めて, 立ち出でて, 立つ時, 経東国, 縋らせたまま, 考証し, 自分の, 船出し, 血浦と, 見おろしながら, 見下して, 見下ろしたが, 見失つた当時, 見物し, 覗き込んで, 親しむと, 誘惑し, 返すと, 通りか, 進んで, 過ぎて, 過ぎ雲津, 選んで, 避けこそ, 避けて, 隠して, 離れたら鎌倉表, 駈け廻って

▼ 浦~ (89, 4.7%)

3 何うし, 死骸と 2 余に, 失踪の, 此の, 消滅した, 紛失した

1 [73件] ああ叫ん, あり伊豆路, ある, あるそこ, いたの, いて, いる西方, うたって, お前達の, こんな部屋, するいたずら, だんだんうす, どう左門, なるほど珍しい, よろしゅうございます, 一度も, 一望の, 七浦七えびす, 三段目突き出しの, 之を, 今の, 今暴風雨, 何処かへ, 余の, 入江に, 刀箱の, 動き出した, 十六七の, 周芳に, 唇を, 夕衣を, 外から, 奥へ, 害意を以て, 寄越したの, 寝て, 居て, 居るか, 居る余, 左門の, 干菓子の, 幾度も, 床の, 思われるの, 怨みと, 持ち去ったので, 推也納の, 明るくなった, 是非とも, 最大の, 未だ死ん, 来るには, 根西夫人と, 根西夫人と共に, 死んだ様, 死んだ者, 死骸に, 江戸まで, 消滅する, 獣の, 瞰いた, 確かめて, 秘密を, 紛失し, 総出で, 胴巻の, 自分で, 茲へ, 蜿々と, 行き先不明, 行って, 貴女へ, 随意に

▼ 浦~ (51, 2.7%)

3 へ帰っ 2 のノート, へいった

1 [44件] から逃げだした, きっての, じゅうのごったくやの女たちみんな, じゅうのにんきを一人占め, だけで, って土地, ではこんなに, ではさして, ではもっとも, ではよし, では娘, でも彼, でも誰, という土地, という土地そのもの, にいる, における悪童, における私, には絶対, の上流, の人たち, の名家, の四丁目, の宗五郎, の東, の死活問題, の浜, の海, の船宿, の風習, は小さな, へこんど, へなにょうしに, へやって来, へゆかれる, へゆく, へ帰る, へ来た, へ着く, へ移った, まで曳き戻っ, もすっかり, を去っ, 第一

▼ 浦~ (50, 2.7%)

3 典膳とを 2 云ふ, 典膳との

1 [43件] あり諸書みな, いえば, いって, いつたやう, ここの, する, ふたりを, やらいう西方相撲, よび牟邪志乃国造以来, よぶ一漁村, 一所に, 並び釣り, 争った事, 云, 云う人, 云う美人, 云に, 典膳とが, 典膳とは, 別人では, 名づけしが, 命名せられた, 喧嘩した, 安とは, 幼い頃, 思い二ヶ条, 手を, 攫み合いの, 明るくて, 書いて, 書くが, 根西夫人との, 港と, 申す女子, 秀子と, 秀子との, 秀子の, 称えつびょう, 言いましたが, 言ったの, 言ふところの, 認める, 関係など

▼ 浦~ (50, 2.7%)

3 出て 2 上陸した, 着いた, 着くと, 行って

1 [39件] おし寄せた, それを, ただよい着いた日, つきここ, つづく小松大松, まわして, 一舟を, 上陸し, 上陸しよう, 上陸角蔵三吉其他男女十六名を, 傾き尽くして, 先年ある, 出かけたまま, 切れ込むと, 加勢に, 向って, 声援した, 差し付け左手, 帰って, 帰参を, 廻さんと, 廻航した, 招いて, 掴みかかった, 来たって, 泊りましたが, 流れついたの, 渡ったが, 着いた時, 着くという, 着く前, 着けて, 着船の, 矢の, 立ちまする, 行き岩泉屋, 行った男, 行つて少し, 遊び漁師たち

▼ 浦~ (47, 2.5%)

2 から日本, から来, の町

1 [41件] かどこ, から一直線, から帰朝, から東京, から満, から着いた, か何処, であろうと, ではかなり, で亡くなった, で最も, における日本, に入, に出す, に持ち込ん, に来, に着いた, に着く, のドック, の一粒選り, の友, の名物男, の商人, の商人徳永, の女郎屋論, の市街, の方, の警察, の金融機関, の銀座通り, へ出る, へ参ります, へ向けろ, へ役人, へ抜ける, へ渡航, へ行っ, へ追い込める, へ這入れ, へ通ずる, を引き上げ

▼ 浦から~ (45, 2.4%)

2 乗込んだ平太郎大工さん

1 [43件] いくらの, この峠, この熊野, その舳, 一里余も, 乗っても, 今日に, 仲働きの, 兵船に, 前播磨守入道, 十六七里足羽御厨の, 呼びに, 夫婦約束を, 宮方残党の, 小鯛島, 少からぬ, 山陽方面へ, 岬を, 崎を, 御承知, 拾い上げた時, 救い出して, 東南の, 松の, 此の, 歩いて, 沖合の, 浦へ, 眼を, 祖谷へ, 神代丸に, 立ったばかり, 立つわけ, 興った当, 船に, 落ちて, 見える島々, 買われて, 送り出したの, 遁れ, 遙, 関取りたちも, 阪一つ越えた

▼ 浦~ (39, 2.1%)

2 お浦, 平家の

1 [35件] いちど休んだ, うれしい半夜, おっしゃった事, ごん, されること, それは, つの, ふたたび高氏, 不慮の, 二十年来漁師を, 二日, 五郎蔵から, 亡びた平家, 催されました, 兄宮, 平家が, 引く網, 心中が, 志賀磨川の, 朝を, 殿は, 漁る魚, 熊谷直実と, 目の, 福島市松片桐助作平野権平脇坂甚内等の, 米一升五合あまり金十銭ばかり, 興を, 船に, 見たという, 酒造を, 顛覆した, 食事, 鯨の, 鱸釣りを, 鳴く千鳥

▼ 浦~ (29, 1.5%)

2 の遺書

1 [27件] から分化, がこの, がもう世に, が何度, が実, が徴発, ごとき老骨, とも言, などが神仙, なり後れ, なんぞはそんな, のむす, の住居, の塩, の妻, の小者, の所得, の物, の男鹿, の眼, の魂魄, はその, はひたすら, は幕府, は歌い, も城下, をおどろかす

▼ 浦まで~ (22, 1.2%)

2 出て, 来たが

1 [18件] いっしょに, お送り申せ, ご案内, ちょっと使い, ならば, 五里, 伴れ, 充たして, 出られるか, 本陣を, 来て, 流されて, 海上五里夜の, 渦まいて, 行く訳, 行けば, 送りつけまする, 道を

▼ 浦には~ (18, 1.0%)

1 [18件] 五六十年後の, 人影も, 名所が, 地蔵さんが, 大きい船, 寄るといはず, 寄るもの, 日ごろの, 暗礁が, 榁の, 構って, 番所が, 白帆の, 看破される, 純白の, 遠く二見ヶ浦, 顔が, 鯛が

▼ 浦~ (18, 1.0%)

1 [18件] おだやかな, お浦, くずれるばかりの, その皮肉, ギョッとして, 今年は, 厭で, 同じく逢い, 川すじも, 御免, 故障を, 早や, 来て, 歩めば, 無理だ, 立留った, 綿ネル工場も, 過ぎ飯岡

▼ 浦という~ (17, 0.9%)

1 [17件] た, ところで, ところに, ところは, のは, 名が, 大字の, 女が, 女であった, 女は, 女を, 女子天国の, 女子貴殿の, 所で, 漁村が, 硬い熔岩, 者を

▼ 浦~ (16, 0.9%)

1 [16件] で茶, と磯松, に, に住む, に小さい, に漂着, の水, の波音, の片, の花, の虚舟, の諸, も夜, や鳴門, を指さし, を見る

▼ 浦~ (13, 0.7%)

3 の姉さん, へ出 1 からの旅, から帰っ, でポストニコフ, の方, の朝鮮銀行, へ積みこん, まで持っ

▼ 浦粕町~ (13, 0.7%)

2 へいっ

1 [11件] から東北東, がどんなに, としては決して, に着いた, のこと, の全貌, の開拓者, はもう, は根戸川, へスケッチ, へ連絡

▼ 浦~ (10, 0.5%)

1 この人, でオフィリヤ, と松井須磨子, の声, の山, の気質, は, は文芸協会, や浦路, を除名

▼ 浦~ (9, 0.5%)

1 か像, が歴史上, と知る, タマキナだ, ーッ, 何う, 其の忍び, 可哀想な, 女の

▼ 浦でない~ (9, 0.5%)

1 とすれ, と云う, と疑い, と認める, などは理, 事が, 余は, 証拠だ, 証拠を

▼ 浦では~ (9, 0.5%)

1 あまり見かけない, ちょうど江戸, ないよう, なくて, なく陳和卿, 一時足利も, 今にあの, 南無妙法蓮華経が, 数倍の

▼ 浦潮斯徳~ (9, 0.5%)

2 に駐在, を出た, 程で 1 でポストニコフ, の勧工場, の勸工場

▼ 浦との~ (8, 0.4%)

1 あの一番, 体の, 別れに, 純情に, 間に, 間の, 間は, 関係は

▼ 浦より~ (7, 0.4%)

2 遠に 1 あがる税, 名も, 息栖を, 遥に, 釣舟遊行

▼ 浦帰帆~ (7, 0.4%)

3 之図 1 など持っ, の紙中, もともに, を持っ

▼ 浦~ (7, 0.4%)

21 の白躑躅, の黄葉われ, やこの, を傍ぐ船, を榜ぐ船

▼ 浦にも~ (6, 0.3%)

1 せよ高輪田長三, 名所が, 求めんには, 沼津の, 田舎相撲の, 見当たらないので

▼ 浦~ (6, 0.3%)

1 みて, 勝浦, 秋の, 衣通姫の, 辺波洗へ, 雪五尺

▼ 浦~ (6, 0.3%)

1 おもしろく梅, に似た, の中, の烈しく, の落葉衣, やいか

▼ 浦といふ~ (5, 0.3%)

1 ところへ, のが, もつと, 所に, 部落を

▼ 浦三崎~ (5, 0.3%)

1 から來, などへ出, のあたり, の宿屋, の灯台

▼ 浦殿~ (5, 0.3%)

1 が抱きしめ, その天国, とその, の顔, やりましたな

▼ 浦さん~ (4, 0.2%)

1 が何時, の死骸, を恐れ, を許し

▼ 浦にて~ (4, 0.2%)

1 兼好, 小川伝いに, 追い付きたりという, 追ひ

▼ 浦へは~ (4, 0.2%)

1 どうしても, 一艘も, 潮入らず, 着けさうに

▼ 浦塩斯徳~ (4, 0.2%)

2 から汽車 1 に向, に向け

▼ 浦~ (4, 0.2%)

1 に泊つたの, の前, の池, 迄御

▼ 浦~ (4, 0.2%)

2 の敵 1 は研究会, は研究會

▼ 浦~ (4, 0.2%)

1 に照り, のよう, の名残, は思ふ

▼ 浦路さん~ (4, 0.2%)

1 が二年前, と潮子さん, に英文, も獨

▼ 浦あたり~ (3, 0.2%)

1 には時々, の浜辺, も大昔

▼ 浦とい~ (3, 0.2%)

3 へるに

▼ 浦とも~ (3, 0.2%)

1 いう所, 国府の, 大田津とも

▼ 浦と共に~ (3, 0.2%)

1 外国に, 消えて, 紛失した

▼ 浦~ (3, 0.2%)

1 がどう, をそそのかし, を引き入れ

▼ 浦上人~ (3, 0.2%)

1 が誇る, は世, は灰

▼ 浦~ (3, 0.2%)

2 といふ汽船 1 を轟沈

▼ 浦兵部丞~ (3, 0.2%)

1 が敢行, の戦意, も初めて

▼ 浦奉行~ (3, 0.2%)

1 なるもの, に岡野源兵衛, に納め

▼ 浦~ (3, 0.2%)

1 が此, の姿, の所

▼ 浦時代~ (3, 0.2%)

1 のおも, の追憶, を追憶

▼ 浦~ (3, 0.2%)

1 からまた, で銛, へ流れき

▼ 浦~ (3, 0.2%)

1 と云う, に立っ, を横切っ

▼ 浦~ (3, 0.2%)

1 が唐津近在, であつ, はさびしい

▼ 浦粕座~ (3, 0.2%)

1 が焼けた, でもっと, はこの

▼ 浦自身~ (3, 0.2%)

1 が遠く, の仕業, の説明

▼ 浦~ (3, 0.2%)

1 の主人, の方, へ行

▼ 浦さん貴女~ (2, 0.1%)

2 は実に

▼ 浦それ~ (2, 0.1%)

1 もなかなか, も頼母様

▼ 浦である~ (2, 0.1%)

1 お浦, 事を

▼ 浦でなかった~ (2, 0.1%)

1 と聞い, のか

▼ 浦とか~ (2, 0.1%)

1 何, 須磨の浦とかいふ

▼ 浦とが~ (2, 0.1%)

1 幼なじみの, 背後手に

▼ 浦とは~ (2, 0.1%)

1 身悶えし, 附き随

▼ 浦とやら~ (2, 0.1%)

1 姫の, 申したよう

▼ 浦~ (2, 0.1%)

1 んで, んです

▼ 浦など~ (2, 0.1%)

1 いう処, 折伏する

▼ 浦なめ~ (2, 0.1%)

1 六が, 六は

▼ 浦につき~ (2, 0.1%)

1 小林の, 川尻の

▼ 浦への~ (2, 0.1%)

1 戻り道松島へ, 汽車の

▼ 浦ゆうち~ (2, 0.1%)

2 出でて

▼ 浦~ (2, 0.1%)

1 を, 尾道の

▼ 浦スミ吉~ (2, 0.1%)

1 が今ここ, のこと

▼ 浦中将~ (2, 0.1%)

1 が立っ, やテレヴィジョン

▼ 浦久保~ (2, 0.1%)

1 の仕事, の絵あたり

▼ 浦久保義信~ (2, 0.1%)

1 にせよ, には特殊

▼ 浦人たち~ (2, 0.1%)

1 は, はかならず

▼ 浦人ら~ (2, 0.1%)

1 はかえって, は源叔父

▼ 浦付近~ (2, 0.1%)

1 で上陸, の小さな

▼ 浦~ (2, 0.1%)

1 ひを, ひ島伝

▼ 浦~ (2, 0.1%)

1 のこと, の云う

▼ 浦千鳥~ (2, 0.1%)

1 の巻, むなしき名

▼ 浦原浦女~ (2, 0.1%)

1 の失踪, は貴方

▼ 浦合戦~ (2, 0.1%)

1 などに無心, など最も

▼ 浦吹く~ (2, 0.1%)

1 風に, 風も

▼ 浦~ (2, 0.1%)

2 之助

▼ 浦~ (2, 0.1%)

1 にさける, に浪立ち

▼ 浦塩あたり~ (2, 0.1%)

1 から日光箱根, で盛ん

▼ 浦孤舟~ (2, 0.1%)

2 といふ浪花節

▼ 浦安かれ~ (2, 0.1%)

1 とのその, との其の

▼ 浦~ (2, 0.1%)

1 の地かた, の地かた二十五六里

▼ 浦廻貝島~ (2, 0.1%)

2 のこの

▼ 浦教授~ (2, 0.1%)

1 に乞う, の指導

▼ 浦~ (2, 0.1%)

2 と目

▼ 浦海岸~ (2, 0.1%)

1 とはもつ, のい

▼ 浦~ (2, 0.1%)

2 の鳥

▼ 浦無窮~ (2, 0.1%)

1 が松陰東都檻, に描かしめたる

▼ 浦~ (2, 0.1%)

1 に工場, の海岸

▼ 浦粕じゅう~ (2, 0.1%)

1 でも指折り, で知らない

▼ 浦粕一~ (2, 0.1%)

1 のぶっ, の罐詰工場

▼ 浦粕亭~ (2, 0.1%)

1 でビール, で私

▼ 浦粕泊り~ (2, 0.1%)

1 のとき, を好んだ

▼ 浦若い~ (2, 0.1%)

1 娘だ, 娘の

▼ 浦製鐵所御用係~ (2, 0.1%)

1 となる, に登用

▼ 浦見物~ (2, 0.1%)

1 が兄, に出かける

▼ 浦~ (2, 0.1%)

2 群嶼

▼ 浦邊吉十郎~ (2, 0.1%)

1 に囁きました, は一擧

▼ 浦~ (2, 0.1%)

1 へ暫く, へ行つて

▼ 浦静か~ (2, 0.1%)

2 なる今宵

▼ 浦~ (2, 0.1%)

2 かなる

▼1* [207件]

さな寄るなる, 浦いうことを, 浦浦, 浦お前の腕, 浦こそその女子, 浦このそよぐすずしき, 浦さして急ぎ行きしと, 浦さん玉石堂も昨今悪戦苦闘, 浦しっかりしろよ, 浦すらも暗い未来, 浦そちのその, 浦その者に, 浦すみうき, 浦だけが残って, 浦だけにも一週間以上いました, 浦だけは少し苦情, 浦やない, 浦つたふらむ, 浦づたいにそういう地形を求め, 浦づたいに島をまわっ, 浦づたいに江戸のほう, 浦づたいの探訪のたび, 浦づたいの道はそこ, 浦づたいをしないと幅が利かなかったらしい, 浦づたひ行く蜑, 浦づたひ淡路の迫門, 浦づたひ讚へむすべ, 浦であったのだ, 浦でしたのでささい, 浦ですが黒人, 浦でなければ正確, 浦でも捕れるが, 浦で無かったのは, 浦とかいう禿げて, 浦としていいだろう, 浦としての純粋さも, 浦とて貝を, 浦とでもいうの, 浦とに対する怒りと, 浦とやらにはいらっしゃらねえん, 浦とやらを殺害の, 浦とを連れて, 浦どうしたもの, 浦どんなもんだ, 浦などに邸宅を, 浦などの例の, 浦なら何度も, 浦なるきしの, 浦なんてこんな辺鄙, 浦におけるアメリカ商船の, 浦にかけての富士など, 浦にだけはあるん, 浦にまで来て, 浦によって武蔵屋の, 浦ばかりぢや, 浦ひどく寂しい方へ, 浦ふうねに帆, 浦へと急いで, 浦へも上陸ッて, 浦べに出たとき, 浦べを襲って, 浦ほどなごやかなやさしい, 浦ほどの變化は, 浦みな参りました, 浦め此の美人, 浦め紙帳の中, 浦てる月, 浦ゆ背向に見ゆる, 浦ゆ船出して, 浦よりも寂しかりけり, 浦をも一目見ばやと, 浦アーッさては汝, 浦笛モ遠, 浦マデ舟漕グデスワタクシノ命アチラデ助ケテ下サイ, 浦一円は鰯, 浦一帯の提灯, 浦一萬一千石の領主植村土佐守, 浦七崎にぎおうの譬え, 浦三人ながら叩, 浦三右衛門と江戸錦四郎太夫, 浦上の山は博奕尾, 浦上の空に白い, 浦上人等のその, 浦上野という部落, 浦並びに若宮大路, 浦輩其箭註姓名古郡左衞門尉保忠郎從兩三輩中此箭保忠大瞋兮取, 浦九龍浦浦項元山方面へ行っ, 浦事情を聞け, 浦五郎などはみな能登, 浦人島人乗せて, 浦人磯山の頂, 浦住まいはもっと, 浦住吉難波高砂尾上の月, 浦うした, 浦その天国, 浦儀夢の中, 浦先生は浮気, 浦の家, 浦八方に全員集合, 浦其の者が, 浦典膳の姿, 浦はやむなく, 浦原さん貴女でしたネ, 浦友忠先代重行松太郎小金井太郎の諸家, 浦吹上の浦, 浦呼子とあ, 浦和歌の浦, 浦回榜ぐ熊野舟つきめづらしく懸け, 浦塩モスクワ直通列車の万国寝台車, 浦塩哈爾賓間を数度往復, 浦塩攻撃旅順口外の激戦, 浦塩方面の消息, 浦塩更紗のドック, 浦塩渡航の希望, 浦塩艦隊が津軽海峡, 浦塩間のロシヤ側, 浦塩附近に初めて, 浦立つ雨, 浦大王のみこ, 浦太夫原信濃野尻右馬介河越喜翁千村民部奈良井主水, 浦奉行中堂金内とて勇, 浦と喧嘩, 浦孤舟師匠を忽ち, 浦宇治橋の下, 浦へ嫁ぎました, 浦少女日中より影, 浦少女草いきれ暑き小径, 浦屋敷だっ別府, 浦屋清兵衛の二階, 浦山吹とからかわれ, 浦山吹きの一場, 浦山陰では舞鶴あたり, 浦という二千米, 浦岳一九三五米が聳える, 浦の秋田, 浦嶼子之家人, 浦平家一族の没落, 浦役人といっしょ, 浦儒宗, 浦曲形に白かっ, 浦毎在日, 浦にそれぞれ, 浦歸帆山中晴嵐江天暮雪洞庭秋月瀟湘夜雨煙寺晩鐘漁村夕照之を八景, 浦から起る, 浦江の浦獅子浜馬込崎と駿河湾, 浦を過, 浦没落の顔色, 浦沼津から原, 浦波おだやかなてんぐ, 浦の鳥, 浦浜一体にその, 浦浦項元山方面へ行っ, 浦を聞きつ, 浦浪六と号, 浦浪六涙香小史が小説飜譯, 浦浪華の津, 浦海岸星の家, 浦渚汀を順天, 浦の汀, 浦漕げばうらさびしく, 浦潮仕込の旅, 浦を挾ん, 浦炭車頻々だ, 浦牛臥沼津の千本濱, 浦い河, 浦はまだ, 浦之丞, 浦碇泊前後胸に秘めた, 浦祝儀ははずむ, 浦にとどまる, 浦第一歩の草鞋, 浦粕一帯は海苔, 浦粕一番だったじゃ, 浦粕小町といわれる, 浦粕時代の私, 浦粕校の責任, 浦粕的アフォリズムでしめ, 浦粕随一といわれた, 浦胴巻でも貸し, 浦は確, 浦自らが自分, 浦自ら長三に劣らぬ, 浦自身ここまで持っ, 浦芳野山の様, 浦若き黒の, 浦に母, 浦製鐵所の技術者時代, 浦訪問以来大月の言う, 浦賑わうという, 浦越えに出る, 浦路さん次女の名, 浦路氏の談話, 浦には寄せる, 浦近き国々数十ヶ国皆栖人も, 浦近くあれあれ, 浦疑無, 浦にさ, 浦長洲のあたり, 浦と云う, 浦門喜十郎の許, 浦門家の紋, 浦に潜渓, 浦靭負家来赤根忠右衛門宛の雲浜書翰, 浦響くほどに長, 浦頭蘆荻答エン博浪激波シバシ追ウモ漂イ晦ムナカレ, 浦風情に我が, 浦の西北