青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「浜~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

流れ~ ~流れる 流れる~ 流石~ ~流行 流行~ 浄~ 浅い~ 浅草~ ~浜
浜~
浦~ ~浪 浪~ 浪人~ ~浮い 浮い~ ~浮べ 浮べ~ ~浮ん 浮ん~

「浜~」 2850, 31ppm, 3793位

▼ 浜~ (601, 21.1%)

25 方へ 11 真砂の 9 方から 8 鍛冶の 7 方に 6 方で 4 ほうへ, 家に, 方を, 真砂と, 砂を, 顔を

3 [11件] ことを, 方が, 方は, 方へでも, 沖合いに, 漁師の, 眼は, 砂の, 膝に, 茂太郎なる, 顔が

2 [27件] あたりは, うしろに, ところに, フチも, マサゴと, 上に, 上へ, 別荘へ, 子供が, 家では, 家の, 小石を, 思い出に, 方へと, 景色は, 松の, 浜防風を, 浪の, 真砂は, 石屋が, 砂地に, 耳に, 胸を, 茂太郎は, 衆, 調子の, 顔は

1 [424件] あたたかいそして, あたりに, あとについて, あどけない姿, あなたの, あの松原, あばら骨に, ある旅館, あれで, いかにも急, いそいそと, いちばん賑やかな, いちばん静かな, いづみや, うえに, うしろには, うちの, おふくろも, お伴を, お客さまが, お客さんの, お茶屋に, かなたは, からす貝, からす貝ひろ, からだを, ききたがって, こと, ことが, ことは, ことばかり, こと話し, ごろごろ石まるいまるい, さる茶店, しら砂へ, すぐ向こう側, そばよりも, それに, それは, ために, たるんだ乳房, つぎの, つく時間, とききれいな, ところから, ところの, ところへ, ところへは, ながめであった, なぎさ, なぎさに, なぎさの, なぐれに, はずれで, はずれ丁度, ふちに, ふちにも, ふち伊悦さんの, ほうに, ほうの, ほとんど盲目的, まさご, ものだ, ものは, やうである, ゆふ, ようでなく, ような, わらべなど, わらべ甲乙丙の, アブと, ガイドが, ハマナシ咲き匂い, フチが, フチにも, フチは, フチや, マサゴは, メバルは, 一つ松の, 一句は, 一向寺, 一家からは, 一旅宿へ, 三人が, 上には, 上は, 与うる盃, 中央部である, 乳房と, 事で, 事情も, 二人を, 二階家の, 五松山荘に, 亭主の, 人々は, 人が, 人たちに, 人たちは, 人には, 人夫にな, 人夫の, 人気無, 仕事は, 以前の, 任務である, 会社へ, 住み家, 例の, 便りは, 倉庫に, 倉庫を, 倒した行燈, 光景が, 入江には, 内の, 制度について, 前に, 前には, 労働者の, 取乱した姿, 口からは, 口を, 同情を, 名も, 向うの, 四方から, 堤の, 声, 声が, 声である, 声は, 夏にも, 夕方や, 夜の, 夜具が, 夜寒から, 大槌より, 大漁踊り, 大道へ, 奇巌弁天嶋行合岬など, 女の, 女娘どもソエ, 女房, 女房おし, 姿を, 娘が, 娘の, 婿さんじゃ, 媽, 嫉妬心は, 子は, 子供たちが, 宇賀, 家で, 家での, 家には, 家へ, 宿では, 宿という, 宿営を, 宿営地から, 宿屋は, 射的屋で, 小さい家, 小学校へ, 小島に, 小島の, 小庵, 小浜の, 小石という, 小砂利, 小雨は, 少し怒り, 居どころは, 屋敷から, 屋敷は, 岩に, 岩窟に, 嵐には, 市である, 常夜燈, 幾所かに, 弁吉の, 弟も, 心から, 怒は, 思い出話の, 恵風園療養所に, 悩ましい月, 悲しくあけぼの, 愛を, 手が, 手ずから書いた, 手つだいも, 手に, 手の, 手も, 手を, 手元を, 手勢山手隊の, 手少, 手方面の, 手隊の, 手隊や, 抱いて, 拡がって, 故郷が, 故郷も, 散歩から, 敵は, 方からは, 方さ, 方の, 方まで, 方も, 方より, 方よりは, 旅籠では, 旅籠の, 日の出の, 日向で, 昔噺は, 春の, 月の, 月夜, 月見し, 月見を, 木の, 本心を, 来て, 東の, 松が, 松を, 松並木で, 松並木に, 松原, 松原にも, 松原を, 松蔭に, 松風, 案内者, 梵音声の, 森が, 椰子林を, 極道な, 様子, 様子は, 機嫌を, 母も, 母を, 気象では, 水辺に, 汐干, 決心は, 沖の, 沖中を, 沙も, 沙漠の, 波うちぎわ, 波の, 波を, 波打ぎわの, 波打際に, 波打際を, 波音に, 泳鎌倉山の, 洲崎の, 海波に, 渚は, 渚まで, 渡口場に, 渡船場まで, 港屋に, 港屋まで, 漁師が, 漁師小屋で, 漁師総出の, 漁村にも, 漁民は, 漁船は, 火には, 狄を, 狄シャモと, 狷相な, 生まれで, 生れた家, 生糸屋さんだ, 番人にも, 病床を, 白い汀, 白き磯江蘇省, 白ぎく, 白砂に, 白砂へ, 目口に, 盲目的な, 直ぐ枕許, 真砂が, 真砂どころで, 真砂なす児等は, 真砂ほど, 真砂子, 真砂路も, 眼だけが, 眼には, 眼の, 眼はけだ, 着物に, 石ころと, 石垣が, 石屋に, 砂と, 砂に, 砂丘に, 砂丘には, 砂丘の, 砂山の, 砂庭に, 砂湯で, 砂漠の, 砂鉄を, 磯まわりが, 磯際まで, 社家関藤左京政信の, 秋祭にて, 空, 空気を, 突っ張る声, 突角に, 竃巌へ, 童の, 竹崎の, 絶景も, 群衆が, 者だ, 背後を, 胸の, 胸や, 腕が, 腹の, 膝の, 自分に対する, 船方の, 船着き, 船着きの方へ, 艀の, 芝原を, 苫屋を, 茂坊じゃ, 茂太郎が, 茂太郎さんという, 茶屋あたりで, 茶屋へ, 草原に, 蛤町から, 蝦夷と, 表情だけを, 襟髪は, 西洋人が, 見える部屋, 見幕は, 見幕を, 親方は, 言い分を, 言葉に, 言葉の, 記憶は, 許に, 話が, 誇りな, 貸小屋, 貿易には, 贈り物の, 身は, 輸出商, 近くに, 返事が, 通って, 連中も, 遊びの, 遊びをば, 道を, 遺骨を, 遺髪が, 遺髪を, 部落であった, 部落の, 部落全部が, 酷い殺され, 鋳製所, 鍛冶屋の, 鍛冶屋へ, 鎮守に, 長手に, 長汀へ, 開拓出張所に, 闇を, 防塁, 附け加えたる言葉, 隠居, 雁の, 青年に, 静けさ, 面ざし, 面影を, 革財布, 頓狂な, 頭の, 頭は, 頸に, 顔に, 風が, 養生館に, 養魚場の, 首を, 駈けて, 高潮線の, 髪の毛が, 鳥居から, 黄昏の, 黒, 黒髪を

▼ 浜~ (333, 11.7%)

12 出て 5 立って 4 出た, 手紙を 3 上って, 出ると

2 [16件] あが, ちがいなかった, ねた, 一泊し, 似た女, 似て, 出で, 到着した, 寄りそ, 据えて, 於いて, 漂着した, 甘えて, 着いた時, 逢って, 陣を

1 [270件] あいづちばかりうっていてさ, あがって, あがり天城山麓, あげようと, あってからの, あつた, ありて, あるぞ, いた, いたりて, いつからか, いて, いますよって, いるだけ, いるの, うち上げ, おいでたん, おいでにな, おちたとき, おりおり手紙, おりて, おります漁師, おりる, おりると, お前の, お手, かえしながら, くだける浪, くだりつきました, ぐいと舫, ことに多し, この冬新, ころがって, ございましたが, さしか, さすごと, して, しようか, しろあなた, すてられて, そうて, そう言われ, たくさんの, たつた一つ, ついて, つけてね, つけば, つれられて, でて, とどまって, とびおりた, なげすぐ, なつて, ならべて, ひきあげるなど, ひなたぼっこ, ひびいて, ぶつかって, まわりました, やどりして, ゆく長いながい, よう似た, よく似た, りっぱな, わかれたあと, スルルの, ハマナスの, 一匹の, 一筋つながっ, 七夜寝, 七度まで, 上げられた漁舟, 上ったまでは, 上陸し, 下りて, 下り立ったの, 下ろしたから, 中川藩の, 主なき, 乗り上げたろう, 乗り上げて, 乗り上げるつもり, 乗り上げる訳, 二三日泊っ, 二人の, 人が, 人影が, 人影も, 今年は, 会ってからの, 住む者, 倒れて, 入って, 入港するだろう, 円陣を, 出す手紙, 出たが, 出でたり, 出でて, 出でぬ, 出ました, 出る砂丘, 別れた時, 北海へ, 十六ヶ村その, 南兵衛の, 取り遺されて, 台や, 向かって, 向って, 呼ばれて, 咲く花, 在りし頃, 在るが, 坐って, 坐りこみオートミール, 塩を, 宝を, 宿営した, 寄せては, 寄せ返す波, 寄ったという, 寄り上ったこと, 寄ると, 寄るもの, 寝そべりながら, 小屋も, 小舟から, 少なからず, 居りつつ, 居る妹, 師直が, 帰った上, 帰ってから, 帰りぬ, 平家の, 平館といふ, 座って, 引きあげた, 引きよせられるからばかり, 引上げた, 引上げられ, 引揚げられた, 強く言っ, 彳んで, 待たせて, 待ち構えて, 急いだ, 惚れて, 戦ひ官兵, 戻って, 打ちあげられて, 打ち寄せ静か, 打ち揚げられること, 打ち明けて, 打俯, 抱かれるよう, 抱きついて, 拾ふと, 持出して, 散って, 新造の, 於ける, 於ける彼, 曳きあげて, 期待した, 来て, 来るの, 来寄る波燈籠, 歩きに, 死人が, 残つて話し, 民子を, 沖見, 沿って, 沿つた一と, 沿つて泳い, 波の, 泣倒れし, 泳ぎついたと, 泳ぎ着いて, 流されて, 流れ寄るくさ, 流れ漂, 流れ着いたと, 浦島太郎という, 浴衣がけで, 消えて, 渡って, 漂い着いて, 漂着する, 漕ぎ戻りやがて, 潜かに, 潮干狩が, 無駄口を, 煙が, 玉を, 生えて, 生じて, 甲羅の, 留まった, 白い小, 着いた, 着いて, 着くや, 着すると, 知らせないよう, 砕けるあの, 砕けるの, 磯, 移って, 積みあげ一帆, 突如と, 立ちて, 立ち並んで, 立ったとき, 立ったの, 立つ人, 立つ人影, 立てば, 立派な, 精兵を, 網曳く, 置き去りを, 美しく波, 群がる鬼ども, 群れゐる大, 臨み岬, 船の, 苫船は, 落ち散つて, 葬ッ, 行きたいは, 行きたる人, 行き夏, 街の, 被せた, 見え丁度, 見られては, 見送る島民, 親しみ過ぎる傾向, 話したかったが, 誰かおった, 起り千本浜, 転がった岩, 迎えて, 近い灌木, 近い頃, 近寄つて, 這う植物, 連なる松樹, 連れて, 遊ぶぞと, 遊ぶや, 遠い親類, 還ること, 間借りを, 降りて, 降りてもの, 降りるが, 陽炎が, 集つてゐる, 集合, 零れた人影, 音をも, 響きわたりぬ, 飛び行くと, 鯨が, 鳥が, 鼓が

▼ 浜~ (321, 11.3%)

7 次郎の 4 そう言っ, 急に, 竜之 2 みんなの, 云った, 急いで, 相変らず, 着物を, 返事を, 驚いて, 默って

1 [286件] あばら屋の, あまりにも, あります, あわてて, いいが, いきなり次, いくらか, いずれに, いそいで, いっぱいに, いつも垢, いま人の, いま夫の, いよいよ口惜しく, いよいよ落ちついた, いわばもう絵, うろたえたよう, うろたえた顔, おらぬか, お庄, お民, お祖母さんには, お祭みんな騒い, お鶴, かなり永い, がらんと, けげんそうに, けむる, こうして次の間, こう言っ, ここに, ここへ, この奇怪, この懐剣, この時, この真夜中, これまで, さげすむよう, さびれて, しかしそんな, しかと郁太郎, しみじみと, しめられた障子, じっさい竜, じっと考え来っ, そうしたこと, そう叫び, そう叫ぶ, そっとその, そっぽを, そのあと, そのこと, その時, その長火鉢, そりゃ良い, それからお, それその, それですっかり, それには, それを, そんな事, ぞくぞくと, たてつづけに, だまって, ちょっと不吉, ちょっと思案, ちょっと恭一, ついと立っ, つい十日, つんと横, どうする, どうせやけ糞, どうせ何処, どこにも, どこへ, どんなに腑甲斐, なお悪い, なぜ学校, なべて楠木勢, にやにや笑いだし, にやにや笑っ, はげしい喰っ, はじめて答える, はだけた白い, ひつくり返るよ, ひどく嬉しそう, びっくりする, ぴったりと, ぷんぷん怒っ, まじめだった, またきつく, また抱き直す, また暫らく, また贔屓, まだいるか, まだ人通り, まだ信じられない, まるでそういう, まるで気, むっくりと, もうあと, もうしばらく二人きり, もうその, もう一度喜作, もう一度軽い, もう寝床, もう放せ, もう泣き声, もう茶の間, やつぱり涼しい, やにわに次郎, やや不足顔, よかったら, よくそんな, わくわくする, わざと身, サツと, ザルを, ジロリと, ハッと, ハラハラと, ホッと, 一途に, 丁寧に, 不審顔に, 不思議そうに, 不景気かね, 両股, 二三歩うしろに, 人の, 人を, 今まで, 他の, 伊豆舞子と, 何か, 何もかも夢中, 何度も, 兵馬が, 兵馬に対して, 冷く, 凄い目, 出迎えの, 利巧だ, 前から, 力も, 医者を, 危い, 口唇を, 口惜しくて, 台所に, 同じ蒲団, 向うの, 喜作が, 嚇と, 四つ家町を, 土埃に, 土間に, 坂下の, 垢の, 大抵日に, 大漁だ, 天井をまでも, 女の子を, 女役者あがり, 妙に, 妬ましそう, 姿を, 嬉しそう, 嬰児だ, 実は妹, 寝入った郁太郎, 寝床から, 小さいけれど, 少しけ, 尽きて, 已に仁恕, 平たく静か, 幻想を, 幾分物足りな, 幾度も, 弁じ立てますこっち, 彎入する, 彼に, 彼の, 彼を, 後れ毛を, 心の, 心得たよう, 思い出したよう, 思わぬ珍事, 情の, 意外な, 憎むべき女, 我を, 戦慄しました, 手早く懐剣, 才気の, 抱きすかして, 持って, 数日打続く, 旦那の, 明るさ, 昔は, 昼間の, 時折り, 暑いのに, 暗い顔, 最う一里程, 最中の, 最初は, 本当の, 柳の, 桜が, 次郎が, 死んで, 殆ん, 母と共に, 水が, 泣いて, 泣きながら, 淋しいほど, 深い吐息, 火箸を, 焦れて, 煮え切らぬ事, 片手には, 物差を, 狂乱の, 狂気の, 狐に, 狭い庭, 狼狽し, 王臣なり, 畳みかけて, 畳んで, 直吉と, 眉根を, 真正面から, 眼が, 眼を, 知って, 穏やかならぬ, 答えた, 箪笥の, 箸を, 繰返し繰返し竜之, 翌朝は, 胸が, 膝を, 自分が, 自分で, 自分の, 芝浦街道を, 血で, 袖口を, 詮方なく, 読み去って, 負けない気, 贔屓強え, 赤土の, 身を以て, 軽く笑います, 近ごろ竜之, 近来に, 近頃の, 逃げること, 通信簿が, 遠い箱根, 遠浅らしい, 郁太郎の, 郁太郎を, 野根の, 長浜, 長火鉢に, 電報を, 静かで, 顔を, 風が, 風景が, 颯と桃色, 飛びつくよう, 飛んだ良い, 高知近郊の, 鳴鶴ヶ岬, 鼠を, 齢の

▼ 浜~ (250, 8.8%)

26 出て 8 おりて 5 出た, 出ると, 来て, 行って 4 下りて 3 かけて, 出かけて, 出る, 降りて

2 [15件] きた, つれて, 上って, 下って, 出たの, 往って, 着いた, 着いたの, 着いて, 行くと, 見に, 越ゆる, 連れて, 遊びに, 運動に

1 [150件] あがってから, あてた手紙, いそいで, いった, いつて, うちあげられました, おつれ, おりた, おりてたらいつのまにか, おり水, おろし伝馬船, お上り, かけつけた時, かけては, くると, こぼれた, ころがして, じかに通える, そぞろ歩きに, ついたとき, つづいて, でた, のぼると, はいった, ゆきました, ゆくこと, ゆけば, わたって, ウニを, ギッギッと, チヨツト行つ, テングサを, 一と, 一勢を, 一緒に, 一頭の, 上がって, 上つ, 上つてそれから, 上る, 下りる篠笹, 下る辻, 仕事に, 供養の, 出かけましてよ, 出かける, 出かけるやう, 出さらに, 出たって, 出とったんで, 出ました, 出ようと, 出ようという, 出るその, 出るの, 勉強も, 参りました途中, 向いた方, 向いた用心門, 向ったの, 婿に, 嫁に, 寄ること, 寄るはず, 小さい家, 帰ったそう, 帰って, 帰りついた, 帰ろうか, 帰ろうと, 廻る用事, 弓矢を, 引っ返すほか, 引寄せ, 往けば, 往つて松さんと, 往つて直ぐに, 悍馬を, 戻って, 戻るの, 打ち上げてから, 打ち上げられる時, 打ち寄せる浪, 打上げられたの, 押し上げて, 揚げに, 旅し, 昨年の, 材木を, 来たついで, 来たと, 来たの, 来た事, 来た時, 樽を, 死骸に, 水を, 汽船が, 流されて, 流れきて, 海竜が, 涼みに, 漂着し, 漕ぎ寄せて, 潮垢離を, 着きました, 着くと, 着くよう, 着けりや, 稼ぎに, 積みおろしそこ, 立って, 聞えて, 腰を, 船を, 船久しく, 落して, 行かない義兄さん, 行かれる, 行きて, 行きゃ松, 行くついで, 行くん, 行く町, 行った, 行ったが, 行ったひと, 行ったら消息, 行ったら金, 行ったり, 行った頃, 行っても, 行つて居る, 赴かる, 転地し, 転地療養を, 辷り出して, 追い来るを, 追い落すが, 逃げれば, 通ずる砂道, 通って, 連れ出す途, 運んで, 顔を, 飛び出して, 馳け, 駆けつけた, 駈け出して, 魚の

▼ 浜~ (108, 3.8%)

5 見て 4 歩いて 2 ひだりに, 一直線に, 歩いた, 殺したの, 過ぐる

1 [89件] あたため西風, うろついて, お離れなされました, ぎ, こうして見, こけつまろびつ, つれて, とび智恵子尾長, のぞいては, わが物顔に, 下って, 下りて, 二階から, 五智の, 伝うて, 出たと, 出て, 出端れた, 前に, 匍う, 北上した, 南に, 去った, 去ったころ, 四つ家町の, 子供たちと, 安心させ, 家に, 少し離れ, 左に, 己が, 市場と, 庇って, 引きは, 往来する, 徒歩って, 思いださずには, 思い出しお, 思うと, 慕って, 慕わしく哀れ, 手にかけて, 打ち出, 打上がっ, 持つ室蘭湾, 控え五社, 控へて, 揺がす嵐, 散歩しました, 来るころ, 横切って, 次第に人, 歩き砂丘, 歩くぐらい, 歩く今日, 歩み行きぬ, 歩行い, 殺して, 眺めながら, 眼の, 睨み返す, 突かないうち, 突破し, 突進し, 素っ飛ん, 経て, 縄にまで, 船出する, 蒔絵に, 襲ふ, 見お, 見た, 見たあと, 見た時, 見まわした, 見ると, 見下す松林, 見返り, 覗き加減に, 覗くと, 誘いに, 誰か, 走りま, 走り廻っ, 近くに, 通らぬ, 通り岩崩, 通り越す時分, 駈けて

▼ 浜~ (101, 3.5%)

2 歌うたう, 死んだ, 聞く唄, 運漕業を

1 [93件] あなたは, あの雷, あらう, おしまわした, おぬ, おりから, お会いした, お暮し, お生れ, お目にかかるの, こうしてなんら, この人, この蘆管, ご返辞, さんざんな, じっとし, すげな, そこから, たたく浪, ついて, つかまって, できる食塩, とれる小貝, みつけて, ゆくりなく受取った, カジメや, 一ぱいであった, 一日のんびりしました, 亡くなったの, 人が, 仕事を, 会ふ, 作つた, 偶然に, 偶然言葉を, 再々お, 出会った叔父貴, 出会った時, 切られるそう, 動いて, 十歳ぐらいに, 地曳を, 坐礁する, 塩田を, 夜の, 大変な, 大学生や, 娘つ, 子供という, 弟を, 待って, 御自分, 御遊び, 戦って, 手鍋の, 捉まりました, 捕れるだろうか, 握飯を, 搗布を, 新造した, 格之, 梵音海潮音を, 歌でも, 正月を, 泳いで, 海に, 海嘯に, 溺死者が, 漁師が, 漁船が, 激戦した, 火吸器という, 焼いて, 発狂した, 腐ったの, 船支度し, 荒つ, 評判の, 貝拾ひ, 買つて来た, 起った奇怪, 踊って, 身体を, 逗子から, 遊ぶ姿, 重い材木, 野営するなら, 銛を, 鎮火致し, 首を, 髑髏の, 鯨を, 鰯が

▼ 浜から~ (74, 2.6%)

2 出て, 帰つて来た, 船に

1 [68件] あが, あがりたて, あのあたり, お迎, かすかな, ここまで, なお進ん, また一里二十五町, まっしぐらに, クルディ僧の, トラックで, マスイチの, 上陸し, 乗ったの, 乗船した, 二艘の, 五町も, 俊亮に, 倉庫へ, 八十石の, 兵船で, 冷たい北風, 出る女, 出る船, 千人こちらから, 千八百俵ばかり, 取立てを, 品川の, 回航された, 城下へ, 城下までは, 大阪行の, 家へ, 小さな石, 小舟で, 小舟に, 岡へ, 帰ると, 帰城した, 広い麦藁帽, 御影へ, 招きます, 拾うて, 整然と進ん, 来たもの, 来た連中, 来る汐, 松原口まで, 梅, 次々に, 洞穴の, 漁夫の, 潮が, 町の, 町へ, 異国へ, 義兄の, 舟出を, 船で, 船へ, 船を, 裁断橋に, 裏木戸を, 見えたわよ, 見えて, 輸出品の, 難波へ, 麓へ

▼ 浜~ (70, 2.5%)

2 妊娠し, 次郎, 自分の

1 [64件] あって, あり私, いくら詮議, いつも用意, いまさら天罰, うしろに, お民, きょう大巻に, ぐるぐる廻る, そばに, たずねた, ついて, なつかしくなっ, にやにや笑い, はらんどりますが, ほんとうに, まん中に, むずかって, よくよく考え直したら, 一人を, 与えたもの, 二階に, 人の, 何んの, 八人芸の, 再び正木, 別れを, 去ったあと, 口惜しがる, 可哀そうだ, 台所の, 喜びそう, 土間の, 夜どおし枕元, 字が, 官兵を, 客を, 小さく見える, 弓なりに, 引続き郁太郎, 心配し, 心配そうに, 掃除を, 暮れたら, 武者窓から, 生れた故郷, 留まりだったから, 考えて, 脱走した, 腰を, 自分を, 著しく縮まっ, 見える, 覗かれた, 言った, 言ったよう, 身を, 遠慮し, 邸を, 飛んだ働き者, 飯米欲し, 騒がしくなった, 鳥目を, 龍之

▼ 浜には~ (62, 2.2%)

2 何の

1 [60件] うねうねと, お民, しかしまだ, それが, たいまいは, ちっともわかっ, ないが, まえに, また叡山, まだ旅籠屋, もうまるで人影, もう散歩, ピルグリムの, 一そうの, 一人の, 三重圏の, 乾いた枯蘆, 二三日前に, 五六そうの, 人が, 人の, 今年流行の, 仰山海水浴, 何もかも推察, 処どころ筆草が, 娘らし, 子供等が, 小さい船着場, 居たたまれず自分, 差当っ, 幾艘かの, 戻れない, 打寄せて, 斉彬公の, 旅館という, 早くより, 栄螺を, 次郎は, 沢山人が, 津軽や, 盛んな, 矢張り誰も, 知合いの, 紋作という, 納屋衆という, 細い木, 網が, 船も, 船一艘繋い, 芦の, 芳年の, 行きはし, 見わたすかぎり, 誰も, 貝を, 郷里では, 銀びかりの鰹が, 鍛冶屋が, 陽炎が, 雑草の

▼ 浜~ (42, 1.5%)

2 いうに, いって, ちがって, なって

1 [34件] いうほど, いえば, いっても, いひ小, いわず山野, お直, お芳, なり住宅地, 一緒で, 一緒であっ, 二人で, 二階に, 云う名所, 云う納涼, 云う芸者, 何か, 呼ばれた大きな, 呼ばれて, 寝たっけ, 従兄弟たちの, 春子との, 書いた大きい, 無駄口を, 甚五郎は, 甚五郎を, 申しまするでそれで, 申すと, 直吉だけが, 紋作とは, 総ての, 自分との, 自分の, 言って, 郁太郎とを

▼ 浜さん~ (39, 1.4%)

2 の方

1 [37件] がやる, が一番, が勧めきる, が意気, が文字春さん, が来, が袴, が足, が間違ってる, このマスク, じゃない, じゃ浜さん, そんなに足, だって天才, だって女, だって構, ちっとも遠慮, でもまア, といっ, とお, と大柳さん, に, にしよう, に限る, のところ, のよう, の手, はなかなか, は真っ赤, は親切, へ取りつきました, まアちゃん, もいい, も大, も来, も来てる, 黙って

▼ 浜まで~ (39, 1.4%)

5 行って 2 来て, 歩いて

1 [30件] おつれ, およそ二百六十英里, お見送り, お迎えに, ついて, 一里にも, 出向し, 十五町辿つ, 号令の, 引かれて, 引揚げた, 押して, 持って, 明日往く, 曳いて, 来たので, 来合わせて, 汲みに, 着くところ, 聞えると, 行くと, 見送りに, 見送ると, 見通しの, 走って, 送って, 送られたもの, 遠泳した, 陸路で, 飛んで

▼ 浜という~ (24, 0.8%)

2 のは, 女の

1 [20件] ところだ, ところで, ところに, ところへ, ところまで, のが, のである, 不貞な, 名が, 女, 女が, 女は, 女よ, 娘と, 小さな漁村, 所まで, 渚に, 茶屋の, 言葉を, 駅の

▼ 浜~ (21, 0.7%)

1 [21件] このしばらく, そう言っ, そこを, それや, ついつりこまれ, つい吹き出し, にわかに起っ, ほかには, もう居ない, やっと笑顔, ゆっくり泊っ, よんどころなく立ち上がっ, 全く予期, 含まれて, 手内職に, 日本も, 暮れぬ, 次郎も, 炬燵に, 砂丘も, 美しかった

▼ 浜べに~ (20, 0.7%)

2 つきました

1 [18件] あつまった人たち, かけつけたそう, かけつけました, しかも恙, じだんだを, ならんでる, なるであろうと, みちて, 二年余り暮らした, 佇みあった, 倒れたが, 出そろった, 波を, 立った人たち, 立って, 走った, 近い花崗石, 近づいて

▼ 浜では~ (19, 0.7%)

1 [19件] この機雷, さかんな, たいがいうんざりする, ないか, ないぞ, もう一つ, やりきれない, 晩にかけて, 歴劫不思議が, 海水浴を, 現在陰暦の, 盆踊りも, 相当鳴らした, 砂粒と, 荒波が, 藩の, 見られません, 軍船を, 隠岐の

▼ 浜屋敷~ (18, 0.6%)

2 の内

1 [16件] ですって, で婚礼, で火事, などへゆく, にゐた, に仕へる, に遣つ, のこと, の中, の女中, の渡辺, の渡辺さん, は普請祝い, へあがり, へゆけ, へ江戸家

▼ 浜~ (16, 0.6%)

2 弥作爺さんや, 荒浪高し

1 [12件] わたしお前に, 亡くなった母, 住吉や, 俊亮や, 室積やを見, 尾野路山の, 川の, 東京に, 父や, 町を, 直吉の, 隣の

▼ 浜~ (13, 0.5%)

1 [13件] づたいに蒲原の, である, でりょう, でジャブ, で呶, で大波, で潮, で無数, で貝殻, もうすぐもり, 口に, 岸べに, 隊の

▼ 浜にも~ (12, 0.4%)

2 海にも 1 あつた, この時, 出られず, 厳しく言い渡された, 微風と, 春子にも, 村, 来ないところ, 話して, 遊びの

▼ 浜~ (12, 0.4%)

1 [12件] ちゅうてその頃, ちゅう妓, との話, と照奴, にし, に相談, のいう, の口, の所, は, はどうも, は執拗

▼ 浜御殿~ (11, 0.4%)

2 の石垣下 1 に近い, の広場, の沖, の沖あたり, の深い, の雁御成, へ休憩, を占領, を筆頭

▼ 浜街道~ (11, 0.4%)

1 [11件] に到り, の宿, の茶店, はその, は此山, をまいりました, をバス, を一時間, を一本道, を十三里ひと日, を少し

▼ 浜べの~ (10, 0.4%)

1 いたる所, さわぎは, ほうへ, 人たちから, 夕やみに, 敵影も, 方へ, 景色と, 村で, 高低起伏は

▼ 浜~ (10, 0.4%)

2 の名 1 が宮中, が恋, といふ百十三歳, の, はみずから, はよぼよぼ, はわが, は笛

▼ 浜~ (10, 0.4%)

3 へ行く 21 に招き, の妹カツ, へ行き, や鶴, ヘ行コウ

▼ 浜御所~ (10, 0.4%)

1 せっかく海上, での休息中, によばれ, に入るやい, に生れた, に鎌倉中, の広間, の廻廊すべて, へもどる, までやっ

▼ 浜座敷~ (9, 0.3%)

1 での御, という所, に寛いだ, のひと間, の下, の丸窓, の天井, の縁, へふたり

▼ 浜縮緬~ (9, 0.3%)

1 とくる, に大きく, のゆ, の単, の帯, の座敷着, の柄, の黒色好み, は湖北

▼ 浜~ (8, 0.3%)

1 いきなり張上げた, が, が動く, と言っ, のお湯, の利巧, は根, を何ん

▼ 浜小屋~ (8, 0.3%)

1 がから, だった, というもの, に隠れ, のひとつ, の列, の前, の漁夫

▼ 浜~ (8, 0.3%)

1 がなれ, が身受, であった, という名, の客, の許, を落籍させ, を連れ

▼ 浜べには~ (7, 0.2%)

1 いつのまにか土人, 町じゅうから, 蔵の, 貝が, 迎えの, 通例大きい, 陸戦隊が

▼ 浜より~ (7, 0.2%)

1 一つに, 上りましたり, 対岸の, 帰る, 来りて, 竹崎の, 還御と

▼ 浜ッ子~ (7, 0.2%)

1 が出来, が浜, だ, だが, といったの, にはいかにも, の婿さん

▼ 浜~ (7, 0.2%)

1 があすこ, が生え, などをさがす, の生え, はご, は見附, をとうとう

▼ 浜~ (7, 0.2%)

1 がちょうど, という看板, にはこの, にはどうせ, のペトロン, は材木屋, は東金

▼ 浜たち~ (6, 0.2%)

2 の部屋 1 がみんな, に関するいろいろ, の顔, は豆腐屋

▼ 浜でも~ (6, 0.2%)

1 乾して, 何人抜かれた, 富貴楼の, 散歩した, 燈火花の, 盆の

▼ 浜との~ (6, 0.2%)

1 あいだに, 中間にあたる, 境に, 柵を, 気持の, 間に

▼ 浜とは~ (6, 0.2%)

1 あひ, いひ乍ら, 仲の, 同じ蚊帳, 向きあった, 襷を

▼ 浜下り~ (6, 0.2%)

1 といい, と名づけ, のため, の例, をし, を行う

▼ 浜育ち~ (6, 0.2%)

1 でしたろうと, という諧謔, とはいい, のおのがじし, のくせ, 自分も

▼ 浜じゅう~ (5, 0.2%)

1 のお嬢さんたち, の大, の騒ぎ, へいっぱい, をさがし

▼ 浜どの~ (5, 0.2%)

1 か, ここは, とやらそ, とやら御用, 人情知らずとは

▼ 浜へは~ (5, 0.2%)

1 ちっとで, 出ないやう, 去年の, 帰れないや, 無論寄らない

▼ 浜べは~ (5, 0.2%)

1 まだ風, もういつのまにか大人, もう暮れ, 急に, 波打際の

▼ 浜べへ~ (5, 0.2%)

1 つれて, 出かけて, 出て, 向って, 急ぐこと

▼ 浜ッ児~ (5, 0.2%)

1 が雨露, にも内証, に何, の婿さん, はこう

▼ 浜~ (5, 0.2%)

1 かありゃ, といっ, の幽霊, は, はよく

▼ 浜において~ (4, 0.1%)

1 するゆえ, その同じ桂, 一尾の, 失敗った

▼ 浜へも~ (4, 0.1%)

1 出て, 出られぬ夜, 近かった, 返さず浪打際

▼ 浜までは~ (4, 0.1%)

2 海女も 1 時雨を, 未だ三町

▼ 浜伝い~ (4, 0.1%)

1 に, にエリモ, に歩行, のほう

▼ 浜~ (4, 0.1%)

1 の顔, はしきりに, はそこ, はにやりと

▼ 浜自身~ (4, 0.1%)

1 と次郎, に対する彼, に関してはいつも, も半ば

▼ 浜茄子~ (4, 0.1%)

2 の花 1 の丘, の香

▼ 浜通り~ (4, 0.1%)

1 だった, の村, を東, を歩い

▼ 浜~ (3, 0.1%)

1 めえ, 兼勘作と, 秋お

▼ 浜~ (3, 0.1%)

1 たった一人, 山か, 海の

▼ 浜この~ (3, 0.1%)

2 浜や 1 文之

▼ 浜~ (3, 0.1%)

1 て商賈富有諸州, 内外の, 水碧に

▼ 浜~ (3, 0.1%)

1 から一寸, な, 燐の

▼ 浜ちゃん~ (3, 0.1%)

1 が綺羅子, に嫌われた, もまア

▼ 浜づたいに~ (3, 0.1%)

1 少し歩け, 流れて, 駈け慕って

▼ 浜にて~ (3, 0.1%)

1 人死ぬ, 再生の, 磔刑に

▼ 浜にとって~ (3, 0.1%)

1 どうして可愛がられず, 何よりも, 無茶苦茶に

▼ 浜に対する~ (3, 0.1%)

1 のと, 思慕は, 深い愛情

▼ 浜へでも~ (3, 0.1%)

1 散歩に, 行って, 行つて見よう

▼ 浜への~ (3, 0.1%)

1 供養が, 思慕を, 焼けた村道

▼ 浜べを~ (3, 0.1%)

1 お通り, 歩む病客, 運動する

▼ 浜~ (3, 0.1%)

1 から聞く, をあつめ, を真似た怒鳴る

▼ 浜~ (3, 0.1%)

2 ひに 1 ひ磯伝

▼ 浜~ (3, 0.1%)

1 から少し, だの塀, の白壁

▼ 浜奉行~ (3, 0.1%)

1 がその, の引揚ゲ貝, まで使い

▼ 浜寄り~ (3, 0.1%)

1 のなぎ, の方面, の腰越方面

▼ 浜田屋弥兵衛~ (3, 0.1%)

1 が浜田家, とあ, の死亡

▼ 浜~ (3, 0.1%)

1 つむ海部処女等, もるちの花叢, や藜

▼ 浜近く~ (3, 0.1%)

1 に夕日, に多く, 来ると

▼ 浜~ (3, 0.1%)

1 にさる, にまた, はもの好

▼ 浜あたり~ (2, 0.1%)

1 に陣, の空気

▼ 浜おもと~ (2, 0.1%)

1 がよく, と云

▼ 浜お前~ (2, 0.1%)

1 の仕業, はどこ

▼ 浜からの~ (2, 0.1%)

1 帰りに, 返事は

▼ 浜からは~ (2, 0.1%)

1 よく強い, 順でございましょう

▼ 浜~ (2, 0.1%)

1 うが, うの上に

▼ 浜~ (2, 0.1%)

1 いくだね, 出る途中さ

▼ 浜さんあんた~ (2, 0.1%)

1 どう思う, も此方

▼ 浜さんあんた何~ (2, 0.1%)

2 がいい

▼ 浜する~ (2, 0.1%)

1 もの必ず, 国に

▼ 浜そのもの~ (2, 0.1%)

1 は虹ヶ浜, を表示

▼ 浜ぞい~ (2, 0.1%)

1 にはみどりみどり, にバス

▼ 浜たそがれ~ (2, 0.1%)

2 の浜

▼ 浜だけ~ (2, 0.1%)

1 であった, であるという

▼ 浜だけが~ (2, 0.1%)

1 下腹の, 何度も

▼ 浜である~ (2, 0.1%)

1 から町場, ことが

▼ 浜でなく~ (2, 0.1%)

1 て北田, て幸せさ

▼ 浜とが~ (2, 0.1%)

1 代る代る呼び立てた, 同時に次郎

▼ 浜~ (2, 0.1%)

1 のである, んだ

▼ 浜なでしこ~ (2, 0.1%)

2 をありがたう

▼ 浜などに~ (2, 0.1%)

1 毀れて, 降りる人

▼ 浜はん~ (2, 0.1%)

1 へ行かん, へ行っ

▼ 浜べで~ (2, 0.1%)

1 泣いた, 見られるおもしろい

▼ 浜べまで~ (2, 0.1%)

1 まいりましたらちょうど, 見送りに

▼ 浜~ (2, 0.1%)

1 ふ, ふとは

▼ 浜ユフ~ (2, 0.1%)

1 というの, といったもの

▼ 浜ユフハ芭蕉ニ~ (2, 0.1%)

1 似タル草浜ニ生ル也茎, 似テチイサキ草也茎

▼ 浜一家~ (2, 0.1%)

1 が学校, は村

▼ 浜一帯~ (2, 0.1%)

1 のどの, は津軽地方

▼ 浜出帆~ (2, 0.1%)

1 さすれ, の予定

▼ 浜~ (2, 0.1%)

1 と小柳君, を偲び

▼ 浜~ (2, 0.1%)

1 などにわたって砦, をつつんだ

▼ 浜大蒜~ (2, 0.1%)

1 と白い, の中

▼ 浜~ (2, 0.1%)

2 の手紙

▼ 浜尽き~ (2, 0.1%)

1 て山, 岩起これるなり

▼ 浜~ (2, 0.1%)

1 に劉滄客, に逃げ

▼ 浜役人~ (2, 0.1%)

1 の手, は白並

▼ 浜御成~ (2, 0.1%)

1 のお, の出先

▼ 浜~ (2, 0.1%)

1 に主力, を避け

▼ 浜~ (2, 0.1%)

1 の仮寓, の景色

▼ 浜節子~ (2, 0.1%)

1 というこれ, の邸

▼ 浜~ (2, 0.1%)

1 の壁, の廂

▼ 浜~ (2, 0.1%)

1 の上, の匂い

▼ 浜見物~ (2, 0.1%)

1 でもし, をする

▼ 浜親子~ (2, 0.1%)

1 に挨拶, に見送られ

▼ 浜言葉~ (2, 0.1%)

1 であったから, で云っ

▼ 浜近い~ (2, 0.1%)

1 写真館に, 村にも

▼ 浜降りだし~ (2, 0.1%)

1 さうな低い空, そうな

▼1* [251件]

あたしあれほど事, 浜あての手紙, 浜あはれなり旅人, 浜あれをうしろ, 浜おのれは兵馬, 浜およそわが社会, 浜および虹の, 浜くらい単純な, 浜さくやローマイヤ, 浜さては平潟に, 浜さらに北の, 浜さん俺にも少し, 浜さん女では綺羅子さん, 浜さん綺羅子さんを此処, 浜したる地は, 浜ずまいは真に, 浜せる地に, 浜そういうことが, 浜そして室積, 浜そだちの日本人, 浜そっくりに見えた, 浜ひに, 浜だけでお墓, 浜だけとも限らず津軽, 浜だけは悲しそう, 浜だのあれは, 浜だろうという説, 浜ちかく上がって, 浜ちりめんの湯巻き, 浜ちりめん透綾または浴衣, 浜やまるで, 浜ってとこへ, 浜っていうんです, 浜つづきに板三枚, 浜つづら汝をたのみ, 浜づたいに人の来る, 浜づたいに何時間も歩いた, 浜づたいに向こうへいっ, 浜づたいに小坪街道へと志し, 浜づたいに往通う行商, 浜づたいに馬をとばし, 浜づたいの三道から, 浜づたいの路をやって来た, 浜づたいをすると急にこの, 浜づたひに始めは細かい, 浜づとなどが元の用語例, 浜づらを騒ぐ, 浜なんかな, 浜でありここで, 浜でございますな, 浜でなければ不思議, 浜での会見が, 浜でばかり暮らしました, 浜といへる郷里, 浜といふところは, 浜とかへお嫁, 浜とて除きあり渡唐, 浜とても今まで, 浜とに引越を, 浜とも書いた, 浜とやらで一度, 浜とをつなぐ工事, 浜どころでは, 浜どんにはよう, 浜なすのよう, 浜など昔の, 浜などと名の, 浜などとは言わないん, 浜などは一里でも, 浜などまで手に, 浜なるは棒立ち, 浜なんぞとはいわない, 浜にかけても羽柴方の, 浜にでもある砂地, 浜にとっては竜之, 浜にとってもまるで思いがけない, 浜にまで引き下りさて, 浜に関する思い出の, 浜はまことしろき, 浜ばかりあるいて, 浜ひろがりに石山, 浜の板びさし春, 浜びさし雨あぢきなし紙旗, 浜びや足つけて, 浜へともどって, 浜へなんか行きたく無い, 浜べから船へ, 浜べから引き上げようとする, 浜べから飛んで来る, 浜べとまるい丘, 浜べとから交易に, 浜べについて中から, 浜べもすっかりかくれた, 浜べをも脅かしたか, 浜まことしろきかも, 浜みせてやれ, 浜もうお父さんが, 浜ゆふさりつかた出ありく, 浜よりの帰り途に, 浜らしい景色である, 浜らしくなつて, 浜わしも近々, 浜イマハ鉄橋ワタルゾト思ウ間モナクトンネルノ闇ヲトオッテ広野ハラどんどん過ぎ, 浜ッ子そいつは知らなかった, 浜ニ生ル也茎ノ百重アルナリ, 浜打上ツタ所ヲ, 浜向堂, 浜一ぱいに黒く, 浜一体にその, 浜一円を安堵せり, 浜一里余の磯, 浜一面に鰯, 浜七八丁走って, 浜上り西南へ二百二十六間, 浜下り川下りの水, 浜下浦剣ヶ崎の鼻, 浜不知火の海, 浜並木へ一同, 浜二人とも江戸, 浜五郎山本金次郎公用方には吉岡勇平, 浜人夫がタオ, 浜人足たちのこと, 浜人足仲仕が圧倒的, 浜ハ鉄橋渡ルゾトかね, 浜以外の人, 浜仲仕の組合, 浜作あたりよりづっとうまし, 浜作ヘイラッシャレバ八時迄ニハ帰レマスカラ大丈夫デス, 浜信行君から教えられた, 浜俳句大会に寄す, 浜には此時分二三, 浜全体にびまん, 浜全線を通じていちばん, 浜出船の時, 浜に不平, 浜勇時代の和武, 浜北端の海浜, 浜千さとの目路, 浜に直江津, 浜右衛門の長女, 浜吉利吉里などへ越, 浜四所のお, 浜四番町の一劃, 浜地方をカゲ, 浜坊やをこれ, 浜坊元気だね, 浜境浪間の巌, 浜外れの蒲鉾小舎, 浜多比の浦, 浜大いなる輪が, 浜大原白浜と南下, 浜大柳井上山下吉田の諸君, 浜大柳吉田五人の看護婦, 浜大磯の海岸, 浜の乙女, 浜太郎来り, 浜夫婦それにお, 浜に化け, 浜の御宮, 浜少し待て, 浜山田をすぎ, 浜は叡山延暦寺, 浜の上, 浜庇今度は右, 浜と云う, 浜御殿今の延遼館, 浜御遊のとき, 浜が作った, 浜成たちの観世音, 浜成武成の兄弟, 浜成竹成という両人, 浜或いはかとり, 浜敵前渡河の決死隊, 浜之丞, 浜日本近海での難場, 浜昼顔のちらちら, 浜書院で上様, 浜朝顔の強い, 浜木万籟を伴, 浜木棉の花, 浜木綿とか浜防風, 浜木綿ビンロー樹などの南国的, 浜本人が以前三味線, 浜が根, 浜までゆく, 浜次郎氏から女房, 浜殿とおぼしき, 浜水族館附近の海岸, 浜江の浦までは大分前, 浜も東, 浜はまだ, 浜海水浴場の絵はがき, 浜清みい往き還らひ見れど, 浜温泉にゐるらしい, 浜附きて, 浜にばかり親切, 浜をぼ, 浜玉椿浪の音, 浜王土に非, 浜田圃の畦, 浜田屋一家よもそのままに, 浜田屋亀吉の娘, 浜田屋喜平というの, 浜甲州は山国, 浜である, 浜界隈を朗, 浜畔ニ着キタルトキ童僕戯レニ抛ツテ天王寺堂前, 浜番所の勢子, 浜百合の薫, 浜どほり, 浜相場が立っ, 浜真砂助といふ作者, 浜程度の俗化, 浜さびれたる花火, 浜までかれこれ, 浜節子さんは年少, 浜納屋の側, 浜納屋づくりのいろは茶屋, 浜の巻き羽織, 浜縮緬こぼれ梅の裾模様, 浜を相手, 浜芝居の座頭, 浜茱萸を植え, 浜や粉茶, 浜茶屋へ孫兵衛, 浜が漆喰, 浜の咲いてる, 浜折りふせて, 浜萱草の意, 浜落合小湊も過ぎた, 浜や燈心草, 浜薔薇よ, 浜行きの一種, 浜行乞それから下松, 浜もおらぬ, 浜豌豆の花, 浜行つて来な, 浜迎えに出た, 浜近辺に就い, 浜を過ぎる, 浜通り九十里余皆多くは漁猟, 浜通り来なん, 浜遠くは丹波あたり, 浜の蓋物, 浜金谷に十時半頃, 浜の味噌, 浜は積, 浜また深林鬱立, 浜の経営, 浜馬込崎と駿河湾, 浜へ特急券