青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「浄~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

流~ ~流し 流し~ ~流れ 流れ~ ~流れる 流れる~ 流石~ ~流行 流行~
浄~
浅い~ 浅草~ ~浜 浜~ 浦~ ~浪 浪~ 浪人~ ~浮い 浮い~

「浄~」 1127, 12ppm, 9019位

▼ 浄~ (270, 24.0%)

20 られて 9 るため 8 ること 74 ていた, のお, る 3 た後, て返せ, て過ぎた, られた, られるの, るの

2 [18件] た道, ている, てやる, て出直そう, て来, て私, ねば, の嵐, ました, よ, られるもの, られるよう, られる思, ると, る水, る為, 終わって, 美しくする

1 [160件] あらゆる目, かりそめ, ずに, そしてそれ, たいが, たと, たのち, たまえと, たもの, たらと, たり力づけ, たり高め, た岩層, た朝, た水, た血, た農具類, だした, つ, つつ神, てあすこ, ていく, ているであろう, てお, ておく, ておくべく, てお待ち, てからでなく, てから帰っ, てから腹部, てから跪い, てから間, てくれた, てくれる, てせめて, てそこ, てつかわす, ての, てもう一度, てやった, てゐるであらう, て七十日, て下さい, て下さる, て世, て中, て以来, て初日の出, て呉れ, て国家, て土台, て富める, て居られる, て廻る, て心, て悠々, て情熱, て来い, て来う, て来くさらう, て来くさろう, て来た, て次ぎ, て真面目, て穢れ, て紅, て練歯磨, て行く, て返さん, て黛夫人, と高め, ないでは, ないまま注射, ながら言った, なくては, などし, などする, になる, に出, に前夜雨戸, に従おう, に過ぎない, のうえ, の同じ, の奉仕, の朝, の火花, の為, の聖霊, はまあ, は引受けましょう, は手順, は適当, ましたが, まして加茂, ませう, もす, もどしたいと, や衣服, られさっぱり, られさらに, られたもの, られたよう, られたり, られたる久遠, られたる御子, られたマホガニー色, られた冷静, られた名, られた平静, られた快感, られた愛, られた感情, られた村, られた溝板, られた竈, られること, られるため, られると, られるゆえん, られる苦痛, られん, られ励まされる, られ尊め, られ小島, られ慰められその, られ無我, られ芸術, られ贖われたに, られ魂, るから, るころ, るって, るという, るひま, るもの, るや, るよう, る仕事, る役, る意味, る手段, る様, る者, る音, を, をし, をしなけれ, をすまし, 合おうと, 奉ろうとの, 居り, 平常乗用, 御燈, 払いして, 次に王事, 立つ鳥水, 終わるころ, 終わると, 落す丹念

▼ 浄~ (69, 6.1%)

4 かな花 2 かさそれ, かな美しい

1 [61件] かさとは神, かであ, かであり, かであり得ない, かでそして, かでまた, かでも蓮, かで当然, かな, かなこの世, かなす, かなところ, かなひろい, かなアグネス, かな一つ, かな二つ, かな十九, かな呼び声, かな命, かな天上的肉体, かな夫, かな山, かな山茶花, かな心, かな情熱, かな愛情, かな慰藉, かな手, かな朝, かな木綿, かな栄光, かな歓喜, かな気分, かな気持, かな涙, かな淋しい, かな焔, かな燈火, かな燦, かな環境, かな百合, かな祈り, かな空気, かな童女, かな美し, かな至高, かな衣服, かな観音様, かな顎, かな風情, かに, かにおさまっ, かにし, かになよやか, かに平和, かに澄み, かに澄んだ, かに無風, かに見えた, かに黒ずくめ, の命

▼ 浄~ (56, 5.0%)

2 謹しんで

1 [54件] いった, こうした知的, この乞食, この庵室, この議論, この道人, しだいに陶然, そのどちら, その場, ただ聞いた, どんなに叱られる, なおも旅, なつかしげ, はたして大, へんな, また三月, もはやあきらめ, 三星洞を, 予てその, 今, 今一遍拝を, 何の, 依然として独り言, 北へ, 古典素問を, 咄嗟に, 嘗て藩学, 失望せぬ, 師の, 強く水, 思いしかし, 思った, 思わず足, 急いで, 恐る恐る口, 悟空の, 悟空を, 懇ろに, 控えめに, 是等の, 熟睡の, 独り五行配当の, 独言を, 睡れる先生, 立処に, 結局自分が, 自から, 自分を, 辛抱強く待った, 醜い乞食, 頭を, 顫え, 驚きながら, 魂が

▼ 浄~ (47, 4.2%)

2 愛に, 愛の, 生活を, 美しさ, 親愛の

1 [37件] という意味, とする, 乙女が, 事業の, 創造が, 奥地と, 姿でした, 姿では, 室内に, 少年が, 少年らしい, 後光が, 心の, 心身を, 恥ずかしさ, 情熱が, 方です, 日に, 暁の, 楽を, 水の, 浄い, 温かい滑らか, 火は, 熱とは, 生き生きした, 米を, 純粋な, 若者の, 葡萄酒を, 貞潔な, 足が, 躯に, 鐘の, 関係を, 青年達でした, 面影を

▼ 浄~ (29, 2.6%)

4 の屍体 2 の咽喉, の死因

1 [21件] がその, が夢殿, が失神, だったと, とは屍体, に及ぶ, の姿勢, の廻転, の手足, の扼痕, の昏倒, の襟, の身体, の首, はその後, はその間人間最大, は何, は最初, は発見, は頗る, を庵主

▼ 浄~ (27, 2.4%)

2 公民, 蓮華を

1 [23件] いかりを, かな, かなや耿, を高き, アイーダ, 喜びでは, 官能の, 宝玉の, 山気へ, 心と, 旋律の, 母なる, 水の, 水は, 石龕にて, 粳米あり, 美しき生活, 美女よ, 蓮の, 衣せしたはれ, 貧しさ, 関係である, 限の

▼ 浄るり~ (22, 2.0%)

2 を創り

1 [20件] がございました, さえ語らし, というもの, として演じた, とは聞えない, と大阪落語, による結構, に唄われ, のチョボ, の三味線, の世界, の会, の性質, の標準語, やあるいは, をうなっ, を東京人, を聞かせた, を聞く, を語っ

▼ 浄~ (22, 2.0%)

2 の徒

1 [20件] がこれ, がエッタ, が家, が散楽俳優, すなわち, で穢人, とのみに限らず, とはすなわち, とは本来掃除夫, とは考えた, と弓削, の女, の女房, の小屋, の裔, の話, はこれ所謂儡, は奈良朝, や唱門師, や駆使部

▼ 浄~ (21, 1.9%)

1 [21件] うなだれた頸筋, ことゆえ, ほうを, 不安げな, 咽喉を, 地に, 如きもの, 末で, 構成です, 求めるよう, 池で, 流れである, 病を, 病因が, 耳に, 肉体は, 訪ねたの, 足もとまで, 醜さ, 頭は, 鼠が

▼ 浄閑寺~ (18, 1.6%)

2 に至る, の鉦

1 [14件] で夕, と同じく, にお, に埋められた, の土, の投込み, の方, の暗い, は廓, へ廻っ, へ投げ込む, へ送られ, をいう, を云

▼ 浄~ (17, 1.5%)

2 の天上, はその

1 [13件] という入道武者, にも黙っ, の体, の方, はしめた, はすぐ, はもう, はゾク, は主命, は何, は言っ, は閊えた, は黙っ

▼ 浄海入道~ (16, 1.4%)

2 はそれ

1 [14件] という牢固, となり, と似た, になる, にふりかかっ, のほう, のみであった, の天下, の暴状, の狂暴, も閉口, よりひがん, より数段下, より物わかり

▼ 浄~ (15, 1.3%)

3 すること, 伏せたまみが 1 なったので, 且つ正当, 掃除の, 明るくきらめい, 活, 爽やかに, 睦じ, 群れ寄る, 聖なる宗教

▼ 浄~ (14, 1.2%)

1 [14件] が一心に, が大, が左大臣, が法力, が病室, が行っ, と云う, などの奇蹟, に命じ, の父, は深く, を懇請, を護る, 大法師

▼ 浄~ (13, 1.2%)

1 [13件] あわてて, かつて天上界, この先生, この庵室, ふたたび頭, 仕えてから, 意味あり, 日ごろ憂鬱, 来てから, 来ても, 苦悩を, 行ったの, 訪ねたの

▼ 浄~ (11, 1.0%)

1 [11件] こう教え, さすらせ深刻, して, そんな事, 向かい真面目くさって, 教えを, 注いだが, 生理的な, 礼を, 解りかけて, 説き聞かせた

▼ 浄~ (10, 0.9%)

1 と云っ, の息, はその, はちょい, はほとんど, は反対, は大きい, は見る見る, を睨んだ, を袈裟がけ

▼ 浄妙院~ (9, 0.8%)

2 がどう 1 のこと, の住持, の裏門, はいったい, へいっ, へはもう, を世話

▼ 浄~ (9, 0.8%)

1 が云う, が現われない, と法名, に賄, の足下, は, は平家, もいない, も渠

▼ 浄らかさ~ (8, 0.7%)

1 があった, が異様, が身, は誇張, を感じさせます, を持っ, を救う, を濁す

▼ 浄慈寺~ (8, 0.7%)

2 には監寺, にわし, に来, の方

▼ 浄~ (8, 0.7%)

2 寺へ 1 埼は, 埼を, 寺に, 寺の, 寺は, 寺まで

▼ 浄~ (7, 0.6%)

2 ノコト 1 が云った, ノ四人ガ乗ッタ, ノ奴, ノ奴ハ亭主, ノ結婚

▼ 浄~ (7, 0.6%)

1 とも堅く, に仕ふる, の報い, の法悦, の高僧, も問題, 大菩薩

▼ 浄~ (6, 0.5%)

1 ことにおいては, 富士を, 心から, 柔らかな, 水に, 花崗質の

▼ 浄~ (6, 0.5%)

1 はる潮のに, らして, らせ, らなく, らなけれ, ッとか

▼ 浄ルリ~ (6, 0.5%)

2 のサワリ, の中 1 の合邦, をきく

▼ 浄光明寺~ (6, 0.5%)

2 のうち 1 に入った, の内, の門, はほんの

▼ 浄~ (6, 0.5%)

1 たり霊域, でそこ, とおぼえ, には軍神, に女, へお

▼ 浄くし~ (5, 0.4%)

2 改めてやりたい 1 てあはれ, ている, て稲

▼ 浄まり~ (5, 0.4%)

1 たいと, なぜか, ぬ, ます事, を祈る

▼ 浄めよう~ (5, 0.4%)

1 ではありません, として得た, とする, と存じ, と為

▼ 浄和尚~ (5, 0.4%)

1 のいう, の人格, は僧堂, は車, へ

▼ 浄~ (5, 0.4%)

2 原宮 1 原きよき, 原の, 原宮に

▼ 浄~ (4, 0.4%)

2 と無邪気 1 と法慾, の保たれなかつた

▼ 浄~ (4, 0.4%)

1 お前は, 爾も, 現在の, 諦かに

▼ 浄~ (4, 0.4%)

2 見て 1 作り廃物, 責めた

▼ 浄善さん~ (4, 0.4%)

1 が推摩居士, の姿勢, の死因, はあられ

▼ 浄善尼~ (4, 0.4%)

1 がした, が奇術的, は重量, を扼殺

▼ 浄行僧~ (4, 0.4%)

1 という語, ともいうべき, と声聞師, をし

▼ 浄から~ (3, 0.3%)

1 しめ鍛, ぬコタツ, ぬ罪

▼ 浄むる~ (3, 0.3%)

1 に便り, に足らず, を知る

▼ 浄めさせ~ (3, 0.3%)

2 て下さい 1 て小六

▼ 浄~ (3, 0.3%)

1 はすでに, やその, を立てよう

▼ 浄三蔵~ (3, 0.3%)

1 とかいう人, の書いた, もそういう

▼ 浄~ (3, 0.3%)

1 の国土, の土, を発し

▼ 浄光院~ (3, 0.3%)

1 のすぐ, の是信さん, の書院

▼ 浄~ (3, 0.3%)

1 との諧和, と云う, を養

▼ 浄~ (3, 0.3%)

1 の二山, 寺門前へ, 寺門前田圃の

▼ 浄~ (3, 0.3%)

1 とても前論士, となづけ, は修業未熟

▼ 浄音寺~ (3, 0.3%)

1 から水門尻, で作られます, の境内

▼ 浄いし~ (2, 0.2%)

2 かも愛

▼ 浄い志~ (2, 0.2%)

1 が遂げられない, をあつめ

▼ 浄く美しい~ (2, 0.2%)

1 微笑だった, 微笑だつた

▼ 浄~ (2, 0.2%)

1 な柩, に尊く

▼ 浄なる~ (2, 0.2%)

1 を得, 君子世に

▼ 浄まっ~ (2, 0.2%)

1 ています, てしごく

▼ 浄まった~ (2, 0.2%)

1 とか深まった, のでまた

▼ 浄まる~ (2, 0.2%)

1 は, 時に

▼ 浄めら~ (2, 0.2%)

1 る, るべし

▼ 浄め口~ (2, 0.2%)

1 をすすいだ, を漱ぎ

▼ 浄め砂~ (2, 0.2%)

1 を掃き, 置いた広

▼ 浄め興~ (2, 0.2%)

2 を深めた

▼ 浄め髪~ (2, 0.2%)

1 まで直し, も梳いた

▼ 浄~ (2, 0.2%)

1 しかたなし, 眼の

▼ 浄らかな力~ (2, 0.2%)

1 にみち, も欠けた

▼ 浄るり新内~ (2, 0.2%)

2 といった風

▼ 浄一如~ (2, 0.2%)

2 の至極境

▼ 浄不浄~ (2, 0.2%)

1 の苦闘, を選ぶ

▼ 浄信寺~ (2, 0.2%)

1 というの, の雄山

▼ 浄~ (2, 0.2%)

1 を喜ばざる, を喜ばぬ

▼ 浄勝房唯願房等~ (2, 0.2%)

1 の坊さん達, の念仏者

▼ 浄吉ハ~ (2, 0.2%)

1 今デハ颯子ヲソンナニ愛シテハイナイヨウニ, 大シタ打チ込ミ方デアッタガ

▼ 浄吉氏~ (2, 0.2%)

1 が教授, を呼び出し

▼ 浄名院~ (2, 0.2%)

1 なる馬楽地蔵, に詣でたりけり

▼ 浄善寺~ (2, 0.2%)

1 へ私, へ粥河様

▼ 浄~ (2, 0.2%)

1 で墓前, と云う

▼ 浄居天~ (2, 0.2%)

1 がさせる, が定基

▼ 浄巌寺~ (2, 0.2%)

1 から, に庄太郎

▼ 浄~ (2, 0.2%)

1 に思, の浄味

▼ 浄~ (2, 0.2%)

1 の世界, は得ず

▼ 浄楽寺~ (2, 0.2%)

1 の和尚, は陰鬱

▼ 浄~ (2, 0.2%)

1 なる聖念, に洗

▼ 浄~ (2, 0.2%)

1 な外的自然, にし

▼ 浄無垢~ (2, 0.2%)

1 の本土, の花

▼ 浄瑠理~ (2, 0.2%)

1 が聴きたい, に出さう

▼ 浄菩提寺仏心寺窪~ (2, 0.2%)

2 の寺

▼ 浄華院~ (2, 0.2%)

2 の戦さ

▼ 浄華院日野殿東~ (2, 0.2%)

2 は花山院殿

▼ 浄蔵法師~ (2, 0.2%)

1 を制せられよ, を措い

▼ 浄見原~ (2, 0.2%)

1 の京都, の天皇

▼ 浄~ (2, 0.2%)

1 が岡山, が所持

▼ 浄願寺~ (2, 0.2%)

1 に駆け込んだ, は美濃一円真言宗

▼ 浄飯王~ (2, 0.2%)

1 が狩, のお子様

▼1* [196件]

いまたは, 浄うして体閑かなり, 浄かさを感じる, 浄かった人深かっ, 浄かな童女の, 浄からずとするなかれ, 浄かろうとする, 浄きものへの憧れ, 浄くさしてえと, 浄くする一例, 浄くなるように, 浄く保たねばならぬ, 浄く保つことが, 浄く信じればこそ他, 浄く厳しく聳えて, 浄く生れた露たっぷりな, 浄く相成益堅く, 浄く睦まじく交際って, 浄というよう, 浄今夜の, 浄呼んだ, 浄といった人で, 浄まれば許し, 浄むべくもあらず深い, 浄むるに等しき愚説, 浄むるはすなわち天下のため, 浄むる処なれば, 浄めこれへ神酒, 浄めして自室, 浄めすとて護法, 浄めそれを土竈, 浄めふたりの車, 浄め二階の画室, 浄め以前はその, 浄め叨りに, 浄め室を掃, 浄め幡を懸け, 浄め心を直, 浄め我々の魂, 浄め時間と空間, 浄め暖衣を与へ, 浄め朝食のお菜, 浄め柵の入口, 浄め汝これ貴き神, 浄め洗浴し乳香, 浄め潔めるよう, 浄め燭を配らせる, 浄め画室の障子, 浄め笠草鞋などを宿, 浄め豊かにする, 浄め身には白, 浄め酒面を洗っ, 浄らかな紙は神, 浄らげな顔, 浄るり大会で忠臣蔵, 浄るり女相撲手品師ろくろ首の種, 浄るり座や麻布森元, 浄るり節の手紙, 浄ルリヲ聞イテ浅草辺カラ下谷辺ヲ歩イテ, 浄ルリ寺の吉祥天女, 浄七日の忌日, 浄三葉印ほどでなく, 浄人以来下総の相馬, 浄休院と呼ばれ, 浄信億劫にもえがたし, 浄円阿闍梨といや, 浄円題とね, 浄をのぞむ, 浄とでもいうべき, 浄勝房以下の僧達, 浄厳寺の裏, 浄吉ガ怒ルモンデスカ, 浄吉ガコヽヘ君ヲ連レテ, 浄吉ガ二三日中ニ札幌ヘ出張スルカモ知レナイト云ウ, 浄吉ガ会社ニ出テ行ッタ後庭ヲ散歩シテ四阿ニ休ム, 浄吉ガ嫁ヲ迎エテカラデアル, 浄吉ガ彼女ニ魅セラレタノハ彼女ノ姿態ニアルコトハ確カダガ, 浄吉ガ捜シニ戻ッタ, 浄吉ガ病室ヲ覗イタ, 浄吉ガ颯子ヲ妻ニシタ, 浄吉ツァンデ颯チャン以外ニ誰カアルノダト思イマス無論ソレハ颯チャンモ春久サンモ暗黙ノウチニ, 浄吉ツァンノ気持ガ少シ変ダト思ウ, 浄吉ツァンハ見テ, 浄吉ツァンハ浄吉ツァンデ颯チャン以外ニ誰カアルノダト思イマス無論ソレハ颯チャンモ春久サンモ暗黙ノウチニ, 浄吉トノ相乗リナラ当然ノコトダシ, 浄吉トノ結婚ヲ予, 浄吉ト二人キリノ時ニモ嘗テ愛情コマヤカナリシ時代ニハソンナ風ダッタデアロウガ今デハソウデモナサソウデアル, 浄吉ニ取ッテモ, 浄吉ニモ婆サンニモ誰ヲモデルニシテイルカヲ悟ラセヌヨウニスルコトハ出来ル, 浄吉ニ訴エルコト再三ニ及ンダラシイガ, 浄吉ハソウカト云ッタキリ強イテ来イトモ云ワナイ, 浄吉ハ二日ニ関西方面ヘ出, 浄吉ハ云ッタガアノ時ハ恐ラク, 浄吉モ来ラレタラ来ルヨウニ云ワセル, 浄吉モオ前サンノコトヲワタシノ, 浄吉モ会社カラ直接駆ケツケル, 浄吉モ元来犬好キノ方ナノ, 浄吉モ承知デアル, 浄吉モ来月ニナッタラ十日間グライ休暇ヲ取, 浄吉モ経助モ婆サンヤ颯子ト一緒ニ集ッテ見物シテイル, 浄吉叔父サンニ怒ラレヤシナイカナ, 浄吉夫婦の住ん, 浄吉夫婦ハビール予等ハ番茶ヲタンブラーニ入レテ貰ウ, 浄吉梅肉ハ予ト颯子デアル, 浄吉氏夫婦は老人, 浄居士と, 浄に育み, 浄善大姉三回忌仏事献立控の廿四日十二人前, 浄善左手の火焔太鼓, 浄と云う, 浄真宗の, 浄地教の霊場, 浄壇使者と為すべし, 浄大姉行年三十二歳とはそれ, 浄如貞松大姉は直, 浄寺奴というの, 浄である, 浄の諸, 浄山寺の片目地蔵, 浄庵さんに供養, 浄建寺の洸山, 浄徳寺門前だ, 浄の, 浄念寺も立派, 浄すべてを, 浄までもこの, 浄慈寺それに前, 浄の人, 浄へ遣わした, 浄教村の住人, 浄明腰の大, 浄明院石占寺の万体地蔵様, 浄智禅童子が是, 浄の先, 浄桂大姉は直, 浄業たちどころに成るべき, 浄楽院飯田氏の名, 浄治しあるいは空閑, 浄のため, 浄法師の, 浄法院その他へ運搬, 浄泰寺の安田作兵衛, 浄海入道ただ一人であったの, 浄満月のごとし, 浄源寺の弥勒仏, 浄溜池破壊せし故, 浄潔から益, 浄照寺で切腹, 浄独り珂雪のごとし, 浄りほん, 浄璃瑠の文句, 浄瓶峰に在る, 浄瓶星座がで, 浄生活への指針, 浄田所輝明など第, 浄を仰ぎ見よう, 浄祓式がおこなわれ, 浄禅寺ヶ淵へ落雷, 浄禅寺ヶ淵辺りへピシーリ, 浄もなかりけり, 浄穢凡て同じ対辞, 浄な心霊, 浄純一を愛重, 浄な雪, 浄自身もついに, 浄ヲ採, 浄花院に殺到, 浄のわか, 浄蓮院富翁大徳清居士と口, 浄血アングロサクソンの威, 浄行三年法華経諳誦というごとき, 浄行智行の分業, 浄行童女善比丘尼を犯し, 浄行者の如し, 浄行者一十人を度, 浄行菴に至っ, 浄見原天皇の流離譚, 浄覚寺といへる一, 浄観さんが節附, 浄観翁の手, 浄を敢, 浄道場となせる, 浄道窟の兎天下, 浄達信士という卒塔婆, 浄閑土屋右衛門尉秋山伯耆守原隼人佐小山田備中守跡部大炊介小宮山丹後すなわち御, 浄閑寺あすこの投込み, 浄閑斎どの浅利式部, 浄を会場, 浄の門, 浄雪師匠に済まぬ, 浄が三味線, 浄音寺境内からいけ, 浄願寺右が石川日向, 浄願寺境内などでは雨後, 浄願寺角までやって来る, 浄魔秘経法華経の御