青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「死に~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

歩み~ ~歯 歯~ 歳~ ~歴史 歴史~ ~歸 歸~ ~死 死~
死に~
~死ぬ 死ぬ~ ~死ん 死ん~ ~死んだ 死んだ~ 死亡~ 死人~ ~死体 死体~

「死に~」 1890, 20ppm, 5845位

▼ 死に~ (270, 14.3%)

40 をした 24 をし, をする 7 をしよう 3 だった, をしなけれ, をなさいました, を致しました

2 [13件] がしたい, が尋常, が気に入らねえ, だ, であった, です, なん, なんぞし, をいたしました, をさせ, をなされた, を見た, を選び

1 [137件] かである, かとにかく, がある, がいぶかし, がおかしい, がお気, がすこし, がそれぞれ, がちゃんとあらかじめ, ができよう, がなんだか, がはっきり, が却つて人々, が同じ, が多い, が孔子, が彼等, が憧憬, が普通, が決して, が真に, が立派, が遅い, さえしなけれ, さえ嫌い, しか有り得ない, したと, した話, しやがったね, しやがったん, じゃない, するん, せよや, だぞ, だったそう, だったでしょう, だつた, だと, だろう, であったの, であつ, であります, であろう, でこの世, でさえなかっ, でさえ生き, でした, ではなかっ, では死にきれなくなった, では死ん, でも犬死, で決して, で禁忌, といい, というもの, としては此, とは, とをもう, などせず, などは出来ない, などもあれ, なので, についての批評, について希望, について用意, には同感, には実際, には涙, にもいろいろ, に人間, に付い, に仮面, に感動, のうち, のどれ, の中, の早い, の死骸, の評定, は, はあまりに, はある, はいさぎよい, はかうした, はしたくないだろう, はしない, はしないだろう, はしないであろう, はしねえ, はしまい, はしやしない, はなかっ, はまあ, はめった, は偽られ, は僕, は出来なかつた, は問題, は少し, は最も, は本当に, は非常, まで, までがはッきり, までし, まで云々, まで氣, もする, も変, を, をいう, をいろいろ, をさせた, をされます, をしたい, をしちまった, をしない, をしなく, をすれ, をなさつた, をなさなくなる, をなすった, をも痛切, を一つ, を与えられた, を云, を人, を勉強, を取らね, を大団円, を教, を書い, を知らせ, を研究, を語る, を選ぶ, を選ん

▼ 死にそう~ (176, 9.3%)

1713 になっ 8 になった 7 です, なん, な気 5 だと, もない 4 になりました, になる 3 ですから, な声 2 だから, だわ, でした, でしたよ, ですわよ, なこと, なほど, な重態, な顔, に痛む

1 [73件] じゃ, だったのよ, だったよ, だった女, だという, だとか, だとも, だどうも, で, であった, でいて, でございました, でございます, でございますが, でしたそれ, でしたの, でしたわ, ですよ, でな, でなかった主人, でも, でもあった, で困って, なくらい, なくらいに, なくらいの, なこうした, なので, なのよ, なもの, なもん, なよう, なようす, ならいっそ, なナイチンゲール, な人間, な体, な大病, な子, な容態, な悲しい, な悲鳴, な晩, な様子, な気持ち, な渇き, な病気, な色, な苦し, な重い, にお腹, につかれました, にない, になつ, になります, にのど, には無い, には見えない, には見えなかった, にみえる, にもない, に思った, に思われる, に泣く, に疲れ, に痛い, に空い, に絶え絶え, に苦しい, に苦しん, もありません, もなかっ, もねえ

▼ 死にもの狂い~ (95, 5.0%)

6 になっ 4 の力 2 となった

1 [83件] だ, だずいぶん, だった, であなた様, であばれ廻っ, でいるでしょう, でかじりつい, でこれ, でその, でどなる, でのぼっ, でサイラス, で噛まれ, で夜, で奮闘, で室内, で打って出たら, で探し, で攻めかけ攻めかけしました, で暴れまわっ, で河, で満身, で狭い, で獣, で立ち, で逃げ出し, で高い, な城兵, な工事, な形相, な防禦振り, に, にあばれ, になった, になっち, になりました, になり始めた, になッ, にもがき始めた, にもつれ合う, にペン, に信長, に呼ん, に大木大石, に廊下, に成っ, に戦っ, に戦った, に手向かいするだろう, に抵抗, に振りほどかれ, に斬っ, に母, に海底, に狂い出す, に結束, に足業, に逃げ, に違い, に闘い申す, に飛ん, に駆けずりまわっ, のあり, の働き, の兵, の勢い, の反抗心, の形相, の抵抗, の曹操, の歯, の気, の気力, の猛烈, の相手, の突撃, の籠城, の苦計, の蹄, の顔, の馬春堂, をもっ, を見せるであろう

▼ 死に~ (94, 5.0%)

8 死んで 4 行くと 3 けり, なったの, 行くの, 行く身 2 ゆこうと, 来たよう, 行くという, 行く必要, 行ったの

1 [60件] かかって, き, きたという, くる人, けりとぞ, けるかな, なったと, なった所, なった方, なって, なるおつもり, なれば, ゆくごと, ゆくよう, ゆく女, 上ってるの, 來る, 入るつもり, 出して, 出て, 出る血まつり, 帰って, 帰るの, 往かるる心, 往くよう, 来たやう, 来た前年, 来て, 死なねば, 死なれでも, 死には, 死に絶えて, 死ぬの, 死んじゃったじゃ, 死んだとて, 死んだん, 死んだ遺骸, 立って, 行かないの, 行かなければ, 行く, 行くため防寨, 行くつもり, 行くまだ, 行くよう, 行くより, 行くわ, 行くん, 行く前, 行く奴, 行く武士, 行く父, 行く美人, 行けと, 行っただ, 行ったよう, 行ったん, 行った人, 行った時, 連れて

▼ 死にかた~ (53, 2.8%)

13 をした 4 をする 3 だった, をし, をすれ 2 であつ, のやう, をしました

1 [21件] がどうも, が自殺, だと, で, である, でそんな, ではなく, で死にたくなった, についてさぞ, には余り批評, にも賛成, によつて, の中, もなかっ, も敵討以上, をさせられ, をしない, をしなけれ, をしよう, を選んだ, 或は死なせ

▼ 死に~ (50, 2.6%)

20 して 2 した, したり

1 [26件] したおぼえの, したの, したる一浪子, した人, した先生, した娘, した彼, した法月弦, した牝鶏, した現実, した男, した祖父一人, した窶れた顔, した老, した虎列拉患者, した虎刺拉患者, してから, しての, しては, しても, し人事不省, するという, する日, する時, せる人魚, せる老人

▼ 死に物狂い~ (45, 2.4%)

5 になっ 2 の体, の努力

1 [36件] だもの, でもがいた, で三, で何物, で容易, で抵抗, で来る, で締めて, で蹴飛ばし, なの, な叫び, になってる, になる, に働く, に叫ん, に喰い附いた, に彼, に戦った, に振りまわした, に暴れ廻る, に狂い立った, に藻, に虚空, に血路, に走っ, に蹴放し, に防戦, に食っ, に駆けまわっ, の全速力, の凄, の反撃, の決心, の無我夢中, の発火信号, の金切声

▼ 死に~ (36, 1.9%)

7 して 2 するの, とげて, 君に

1 [23件] このよう, した, したといふ, したの, したよう, したり, した彼, しても, しなければ, しに, しよう, しようと, しようなどと, するか, するやう, するよう, するより, ですって, どうやら心得, なさいました, 一緒に, 判断し, 説明し

▼ 死に~ (36, 1.9%)

6 くない 2 い, いといふ, いと思ふ, くなった

1 [22件] いあゝ, いけれども, いとは, いと思っ, いと思った, いと言つて, い人間, い奴, い心, い死に度, きや, くな, くなくなる, くなっ, くなつ, くなつたん, くならないところ, くなるよう, くは, く無い, と存候, はございません

▼ 死に~ (33, 1.7%)

9 うな 3 うです 2 へすり

1 [19件] うだ, うだったって, うだと, うだとよ, うだのに, うだよ, うだよう, うで, うなのに, うも, うもない, うもないから, うもない体格, うも無いノラリクラリ, うも無い人間, えも, したところ, へもする, らしゃええんじゃ

▼ 死によう~ (33, 1.7%)

5 をした 2 をし, をしない

1 [24件] があんまり, が唯事, が誰, じゃない, その人々, だが, ではない, ということ, に不審, に違い, の不思議, はさせぬ, はさまざま, はしないだろう, はしねえだろう, はせぬ, はできなかった, はなさらねえ, は致しません, は致すまい, もある, もない, をさせ, をなさいました

▼ 死に~ (31, 1.6%)

2 しないで, せずに

1 [27件] いたすまいと, さしたる執着, しなからう, しまい, しまいし, しませんでした, しよう, する, する広い, せずして, せず今日, せず元, せず旦那, せず痩せも, せず発狂, せず素直, せで, せぬのに, せぬ旅寝, せむ, せン, ならず生き存えて, やらざりしに, 天の, 往生も, 死ねないやう, 致します

▼ 死に~ (31, 1.6%)

2 だった, では, をした, をする

1 [23件] があります, がちっと, が怪しい, ぞ恥, だあ, である, でしょう, に一方ならず, に現, に関して唯一人, に驚い, の凄まじ, は, は死に持った, もあろう, もお, よくご覧, をなすっ, をなすった, をまね, を見せ, を遂げ, を遂げたい

▼ 死にやう~ (27, 1.4%)

5 をした 4 をし 2 があんまり

1 [16件] がどうも, が何ん, が唯事ぢ, が大, が變, が變つて, だと, です, では, で無いと, に不審, に事, の恐ろし, もあらう, もどう, も卒中

▼ 死に直面~ (24, 1.3%)

12 して 3 しつつ, し死 2 しながら 1 した夥しい, した平尾氏, するやう, するよう

▼ 死にその~ (21, 1.1%)

2 一人は

1 [19件] ために, ちっぽけな, 上記録を, 九月に, 亡骸を, 周辺に, 妹を, 娘の, 子は, 子壺衍, 打撃から, 次に牧師, 死ぬ処, 白いスウェタア姿, 継承の, 荘厳さに, 葬式は, 部分だけ, 養女の

▼ 死にでも~ (20, 1.1%)

4 すれば 3 すると

1 [13件] したの, したら, したらあたし, したらせめて, したらその, したらどう, したら私, して, しましたら彼め, しましたら彼奴, するの, するよう, 為なけれ

▼ 死に~ (20, 1.1%)

1 [20件] つてのみ, つて一番大きな, つて中絶された, つて乳が, つて信仰が, つて利益を, つて国造たる, つて始めて, つて定められた, つて強く, つて愛の, つて救ふ, つて生きる, つて目醒まされた, つて私は, つて終り, つて自分の, つて芽ぐんだ, つて裏打され, つて解放され

▼ 死に~ (20, 1.1%)

11 になっ 1 だ, です, で小, になった, になつて, に看護, のむしり合い, の力, を任せる

▼ 死に~ (19, 1.0%)

9 かつてゐる 6 かつた 1 いずれと, かつてゐるな, はり, 降参か

▼ 死に~ (17, 0.9%)

5 しない 2 せん 1 しないから, しないが, しないだらう, しないゆうべ, しないよ, しなかったとは, しますまいかと, しませんよ, すまいか, するとも

▼ 死に~ (17, 0.9%)

2 ったこと

1 [15件] いという, ったと, ったという, ったの, ったふらふら, った政枝, った長島, ってしまった, ってその, つたこと, で誰, という事, なッ, のうていた行き, ひの

▼ 死に~ (16, 0.8%)

2 むなしさ

1 [14件] ありせば, えと口ぐせ, えと思っ, えやつ, え奴, のちの, 三日の, 亡き後の, 出でざりし, 愛しき時計, 父へ, 生るとも, 置かれて, 行くらし

▼ 死に~ (16, 0.8%)

3 いいん 2 アがった

1 [11件] がれ, つた, はるし, はるの, ア, アい, アがって, アしなえ, 万事す, 奴の, 金を

▼ 死に~ (16, 0.8%)

1 [16件] かもしれぬ, ですね, とすらしよう, のみを心がけ, の一件, の探索, の現物, は咲かない, は萎れ, らしいと, をかざらん, を咲かす, を咲かせた, を咲かせる, を誇らす, 咲かすか

▼ 死に~ (13, 0.7%)

3 して 1 するハムレツト的, する不安, する不安恐怖, する何等, する希求, する態度, する最良, する準備, する輕蔑, する關心

▼ 死に~ (12, 0.6%)

1 [12件] さか, 切端詰つた氣持で, 問題な, 問題に, 境な, 床では, 態などを, 正念場で, 浅ましい終り, 病気を, 苦しみを, 途は

▼ 死に~ (12, 0.6%)

2 ての已に, て考へる 1 た一種, ての考, て悟り, て直接, て考, て考へ, て考へざる, て聯想

▼ 死にさうな~ (11, 0.6%)

2 んだ, 気が 1 ものの, 声を, 所を, 病気を, 顔でも, 顔も, 風で

▼ 死につつ~ (11, 0.6%)

3 あるの 1 あると, あるに, ある孫六, ある時, ある老婦, またたき, 浪の, 生きて

▼ 死にまで~ (10, 0.5%)

2 そしりね 1 その恣, 令弟に, 到達し, 導いた相手, 昂じたヒステリー, 深く染着, 自分を, 至らせた残酷

▼ 死に一人~ (10, 0.5%)

1 のあ, の人間, の友達, はかからぬ, はこうした, は助かった, は助かる, は残る, は白痴, は石垣

▼ 死にさうに~ (9, 0.5%)

3 なつて 2 なるまで 1 なつた人, なつて歸つて來, なりますよ, 暑いので

▼ 死に~ (8, 0.4%)

2 三は 1 つうには, るいさんが, 就きに, 房は, 時計は, 菊は

▼ 死にぎわ~ (8, 0.4%)

2 に自分 1 に, にわたし, に何, に年造, の最後, の機械的

▼ 死に~ (8, 0.4%)

2 をえなかった, を得た 1 とする, もない, を得る, を求め

▼ 死に~ (8, 0.4%)

5 は疾 1 が死んだ, は彼, は男の子

▼ 死にさえ~ (7, 0.4%)

5 すれば 1 わからんよう, 近い退屈

▼ 死にそこ~ (7, 0.4%)

3 なつた 1 なつた山頭火, なつた私, なつて虫, なひめ

▼ 死に~ (7, 0.4%)

1 もかきたい, も生き恥, をかきたい, を包ん, を晒す, を曝させる, 掻かす気

▼ 死に~ (7, 0.4%)

1 すべきに, すること, するを, せられたすべて, せられた時, せられ官憲, せられ食べられて

▼ 死になん~ (6, 0.3%)

3 なんとし 1 ていうもん, なん, に

▼ 死にざま~ (5, 0.3%)

1 に多少, に魂, の見, をした, をも好み給わず

▼ 死にながら~ (5, 0.3%)

1 また生き返りました, 横たわる, 生きて, 生きなければ, 鳩に

▼ 死に~ (5, 0.3%)

3 つこと 1 って非常, つこと六箇月

▼ 死に~ (5, 0.3%)

4 に死ん 1 を重ねたる

▼ 死に物ぐるい~ (5, 0.3%)

2 になっ 1 である, の力, の眼

▼ 死に~ (5, 0.3%)

1 はこの, はその, は道徳上責任, もその, も亦

▼ 死に近い~ (5, 0.3%)

1 ほど恐怖, 孫六である, 状態で, 病人の, 紫上と

▼ 死に~ (5, 0.3%)

1 に取, はつかいたくない, をしまっ, を使わなかった, を貯める

▼ 死に~ (4, 0.2%)

1 あります, たみ, どうやら分る, ほの

▼ 死にがい~ (4, 0.2%)

2 がある 1 も生れがい, を持ちたかった

▼ 死にこれ~ (4, 0.2%)

2 につけこん 1 がヒダ, を土

▼ 死にもの~ (4, 0.2%)

2 狂ひ 1 ぐるひで縋りついた, 狂ひで乗りかけ

▼ 死に二人~ (4, 0.2%)

1 だけが生き残りたい, と斃, の弟, は半年

▼ 死に其の~ (4, 0.2%)

2 未亡人で 1 のち代々子も, また次

▼ 死に~ (4, 0.2%)

1 が日本, によって生き, は二十四歳, は空腹

▼ 死に~ (4, 0.2%)

2 が近づいた 1 かも知れない, がなか

▼ 死に面接~ (4, 0.2%)

1 した瞬間, してる, する恐怖, する絶えま

▼ 死にせり~ (3, 0.2%)

2 と母 1

▼ 死にそれから~ (3, 0.2%)

1 先の, 彼は, 程なく母

▼ 死にたりと~ (3, 0.2%)

1 いった, 告げしに, 言へば

▼ 死に~ (3, 0.2%)

1 ぇんだ, ごぜます, 夢中で

▼ 死にとも~ (3, 0.2%)

1 ない代, ない老婆, ながれば

▼ 死にどころ~ (3, 0.2%)

1 というの, と見極め, をえた

▼ 死にもう~ (3, 0.2%)

1 それからは, な叫び声, 大丈夫と

▼ 死によい~ (3, 0.2%)

1 ためにか, ように, 所でも

▼ 死に一日~ (3, 0.2%)

2 にかならず 1 に必ず

▼ 死に~ (3, 0.2%)

1 からざっと, の世, は雇人

▼ 死に~ (3, 0.2%)

2 します 1 ひするもの

▼ 死に値い~ (3, 0.2%)

1 したという, する, するほどの

▼ 死に~ (3, 0.2%)

1 つて進む, ふ心細, ふ道程

▼ 死に垂ん~ (3, 0.2%)

1 としてなお, としてゐる, として我名

▼ 死に~ (3, 0.2%)

1 のお, は男, もその後産後

▼ 死に~ (3, 0.2%)

1 の, の骨, も孫

▼ 死に彼女~ (3, 0.2%)

1 のすこし, の方, への感情

▼ 死に急ぎ~ (3, 0.2%)

1 するとは, をし, をした

▼ 死に~ (3, 0.2%)

2 るまで 1 るまでも

▼ 死に損い~ (3, 0.2%)

1 だな, の女の子みたい, の掃溜め婆

▼ 死に易く~ (3, 0.2%)

2 なるの 1 した一つ

▼ 死に~ (3, 0.2%)

1 が油, の名, は奪われ

▼ 死に物ぐる~ (3, 0.2%)

2 いで奈良 1 いに追

▼ 死に物狂~ (3, 0.2%)

1 ひです, ひに, ひの

▼ 死に~ (3, 0.2%)

1 な退屈, にうめき入り, もない

▼ 死に近き~ (3, 0.2%)

2 ころの 1 刹那の

▼ 死に~ (3, 0.2%)

1 れて, れるほど, れ死なう死なうと

▼ 死にいま~ (2, 0.1%)

1 の源次郎, は親

▼ 死にがたい~ (2, 0.1%)

1 人生で, 人生では

▼ 死にきつ~ (2, 0.1%)

1 た深夜, てゐる

▼ 死にこの~ (2, 0.1%)

1 少年は, 葬いに

▼ 死にしかして~ (2, 0.1%)

2 われらの

▼ 死にその後~ (2, 0.1%)

1 にフォーシュルヴァン, を継いだ

▼ 死にそれ~ (2, 0.1%)

1 からまもなく, を止めよう

▼ 死にただ~ (2, 0.1%)

1 ひとり古い, 見るもの

▼ 死にたり~ (2, 0.1%)

1 ける者, ない身

▼ 死にっ放し~ (2, 0.1%)

1 ということ, というよう

▼ 死になど~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 死になんか~ (2, 0.1%)

1 したくないこと, 仕様ものなら

▼ 死になんぞ~ (2, 0.1%)

1 しないですん, する人

▼ 死にになんか~ (2, 0.1%)

2 行ったん

▼ 死にまた~ (2, 0.1%)

1 他の, 産まれた

▼ 死にやうぢ~ (2, 0.1%)

1 やない, やなかつた

▼ 死にやがて~ (2, 0.1%)

1 一人の, 葬むられた

▼ 死に三人~ (2, 0.1%)

1 の兄, の子供

▼ 死に二度目~ (2, 0.1%)

1 のいま, のお

▼ 死に~ (2, 0.1%)

1 は若く, も村

▼ 死に~ (2, 0.1%)

1 が死に, の死んだ

▼ 死に対面~ (2, 0.1%)

1 すると, する現象

▼ 死に度い死~ (2, 0.1%)

2 に度

▼ 死に~ (2, 0.1%)

1 つていひ足りぬ, つて龍然

▼ 死に心地~ (2, 0.1%)

1 になつ, の好

▼ 死に~ (2, 0.1%)

1 るもの, 感動を

▼ 死に或は~ (2, 0.1%)

1 又僅か, 負傷した

▼ 死に方負け方~ (2, 0.1%)

1 が見苦しく, などに執着

▼ 死に~ (2, 0.1%)

1 ても自己, て善く

▼ 死に日本~ (2, 0.1%)

2 の男

▼ 死に~ (2, 0.1%)

1 の姉, の田

▼ 死に泥臭い~ (2, 0.1%)

2 鮒の

▼ 死に物狂ひで官吏~ (2, 0.1%)

1 をする, をやつ

▼ 死に甲斐~ (2, 0.1%)

1 を意味, を感じた

▼ 死に~ (2, 0.1%)

1 だめし, を斬った

▼ 死に自分~ (2, 0.1%)

1 は日本, も死ん

▼ 死に遺産~ (2, 0.1%)

2 がころがりこん

▼ 死に~ (2, 0.1%)

1 に苦惱, は全く

▼ 死に香三郎~ (2, 0.1%)

1 というの, といふの

▼ 死に~ (2, 0.1%)

1 が人, を提げる

▼1* [283件]

死にあこがれもせず, 死にあしめえかと, 死にあたいします, 死にあたしもこんな, 死にあたらしい将軍が, 死にあたりの水, 死にあつてひどく, 死にあとへこの, 死にあのにくいにわとり, 死にあるものは, 死にあるいは持ち出した荷物, 死にいつまでもかかずらっ, 死におのれの片足, 死におみきの産後, 死にお前より他, 死にかはりても, 死にかわりにそこ, 死にがけに叔父, 死にぎわにあの娘は私, 死にぎわにおもよに向って, 死にぎわにどうして話したか, 死にぎわにはお前さんの手, 死にぎわのあえぎが口をきく, 死にこんにち, 死にさいして自分, 死にさうだつた, 死にさまざまなもの, 死にしたがってその皇子, 死にしだい塩漬けにし, 死にすぐ自分の, 死にすべてプライドの故, 死にだてからに, 死にそくなつた狂蝶, 死にそくなつちやアまた問題, 死にそして傷ついて, 死にたった一人の, 死にたまへ, 死にたりとも自ら分かぬ, 死にだの自害だ, 死にっきりに死んじ, 死についで起ったの, 死につつもぱっと色, 死にての後も, 死にても身の, 死になすはいと, 死になどもかえりみては, 死になにかゴタゴタがあっ, 死ににでも行く人, 死にはてむとす, 死にえが, 死にばかり急いで, 死にひと七日をすます, 死にまたはいまこの, 死にまだ二十五の, 死にまもなく下枝という, 死ににも会われねえ, 死にもし努力が, 死にもの狂い死中に入っ, 死にゃあしねえがもうむずかしい, 死にやあがった, 死にかむ, 死にゆうべに死し, 死にようゆえに家人, 死によく似て, 死にわしも何だか, 死にアトトリもなかっ, 死にイエーツも今度, 死にタカ子は失明, 死にこねえだよ, 死にッきりの引導, 死にブレークは去っ, 死にブーラトリュエルは免訴, 死にマツェットがバルセロナ, 死に一人息子の松次郎, 死に一切合財結末がつい, 死に一抹の陰影, 死に一方は過去, 死に一都府挙げて, 死に万斛の涙, 死に三人目のひと, 死に三分の一失うと, 死に三年の後, 死に下手というもの, 死に主家の主人, 死にくの, 死に之くまでの間, 死にうること生, 死に事件は一夜, 死に二十年の春早々, 死に二才になった, 死に二男と三男, 死に二番目の規矩男, 死に人々の家, 死に今年己丑に入, 死に仕事敵の本, 死ににも多く, 死につて政務を, 死にふ弟子, 死に会つたのである, 死に会つて新たな分解, 死にが戦死, 死にの意味, 死に何より同感した, 死にとも墓, 死に候事と相, 死に優した大, 死に先つて非常に苦痛, 死に先生が助かる, 死に軍ことごとく, 死に公卿衆は遠島, 死に六左衛門はその, 死に六松はお, 死に六畳の間, 死に其声は聞, 死に内儀と娘, 死に分家の榊原勝直, 死に切れはしますまい, 死に切れめえ, 死にの意味, 死に勝ち給へるを, 死に勝気で美しい, 死に勿論子は, 死に化粧の白粉, 死に十六で郷, 死に十四になった, 死に又は殺すべく, 死にで御願, 死に同じはた半ば君, 死に同日富人も稗, 死に同時にあいつの, 死に同様な最期, 死にの姉, 死に和一郎が結婚, 死に営業の整理縮小, 死に嗣子のハムレット, 死に四二七九これは死, 死に国主は府内, 死に土産にきい, 死にとしたる, 死に垂たる病中驚いて, 死に堕つる夏の光, 死にをあげました, 死に夕べに死に, 死に与里は, 死に多くの学生, 死に大臣の数人, 死に奇蹟的にも大, 死に奥さんと女中, 死にが關係, 死に如安たちはヤソ会, 死に姉さんは大阪, 死に始終命がけの, 死にも返り討ち, 死にも死に, 死に嫌忌し哀弔, 死に嫌悪し哀弔, 死に子供は始め, 死に子供たちは見知らぬ, 死に子孫も亡び, 死にが焼かれ, 死に左大臣の一家一門, 死に左太夫楫取の, 死に平福百穗氏も故人, 死にをとっ, 死に幼いゴーリキイは, 死に当社にまつる, 死にには長男, 死に後妻にもらった, 死に従つて生ぜし楽人, 死に微動もしない, 死に思いをいたした, 死にぐことはあるめえ, 死にれたな, 死に恐怖を感ずる, 死に息子が死にし, 死に悉く打ち萎れて, 死に感応して, 死に我自らを裁く, 死に或いは海で, 死にの先, 死に抵抗する力, 死に指物屋の娘, 死にかつてゐ, 死に損いもしたし, 死に損つた長島と最初, 死に損つてしまつ, 死に支度はよい, 死に支配せられたる者, 死に放題しけだろうが, 死に方つてあるもん, 死に方みたいに思われた, 死に方一つで大きな, 死に方向を見出す, 死に方武人もさまざま, 死にが昏れ, 死に最早現世声咳には, 死にの人々, 死に東京で大学院学生兼助手, 死に果報なこと, 死にが死んだ, 死に栄えを感じまする, 死に栖方も死んだ, 死に森枳園が阿部家, 死に植松は京都, 死に標本だけのもの, 死に権力は秀吉, 死に次に駿太郎と, 死に次女路が残っ, 死に欣之介のところ, 死に残つた男の二割, 死に河合がこの世, 死に法本は自分, 死に渇きで死に, 死に源護も逝き, 死に無力になり, 死に父親の濱田屋利助, 死になり甲伏, 死に物狂い死人の山, 死に物狂ひで逃げたが, 死に狂いに戦うある, 死にのトラ, 死に玄孫暁湖の代, 死に生命をたすかった, 死に疲れで死んだ, 死に病気で死に, 死にがいっ, 死にの独天下, 死にはにわかに, 死にに遇, 死に矢代の父, 死に矢崎舎人が罠, 死に硬くなって, 死に私たち二人きりの身うち, 死にになる, 死に稲次郎も死んだ, 死に立ち向った勇敢, 死に竜太郎は幼い, 死にふ母, 死にて間もなく, 死に縁遠いものこそ, 死に翌日霊柩車で遺骸, 死に習い死に習いし, 死に耻ぢを曝さすべし, 死に肉身も少ない, 死にやかされるの, 死に脅迫されないもの, 死に臨ンで猶, 死に自分たちはどう, 死につた, 死に至って悔いぬ, 死にるまで, 死に致らしむ, 死に良人の兄たち, 死に苦悶または恐怖, 死に草雲はそれ, 死に莫大な遺産, 死にを両手, 死に藤川は不治の病, 死にかむ, 死に裏打されて, 死に見舞はれた, 死に親子諸共に死ぬ, 死に誘惑される眠り, 死に近い相が, 死に近くなると, 死に透徹したもの, 死に運命を見る如く, 死に道具で満ち, 死に達らしめたもの, 死にも他, 死に長女は齒醫者, 死に関係の深い, 死に關心が向けられる, 死に阿倍野の葬儀場, 死に陰謀が何, 死にのさす, 死に鞍掛宇八郎は長, 死にえ苦しみ流離, 死にも生き, 死にの眼, 死に騒ぎにならなけれ, 死には隠れ, 死に鼻唄はない