青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「流れる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

活動~ 活字~ 派~ 派手~ 流~ ~流し 流し~ ~流れ 流れ~ ~流れる
流れる~
流石~ ~流行 流行~ 浄~ 浅い~ 浅草~ ~浜 浜~ 浦~ ~浪

「流れる~」 1835, 20ppm, 5793位

▼ 流れる~ (174, 9.5%)

11 を感じた 9 であった 8 である 76 を見た 5 です, を見 3 でした, では 2 であるが, につれもう全然, をみずから, を避け

1 [109件] か, がさながら, がもの静か, が仙臺堀川ぢやあ, が信吉, が分かった, が分かる, が千古, が千曲川, が厭, が取っ, が取つ, が女房たち, が常, が春夏, が気持ち, が葉子, が見え, じゃなかった, だが, だけれども, だその, だつた, だと, でありました, であろう岩, でしたが, ですか, と仮装舞踏会, と同じ, と稀, につれあの, につれいつかす, にまかせ, にも人間, に任せた, に似, はいつも, はことに一際, はその, はもはや, は不可思議, は取返し, は悪い, は浅い, は笛吹川, は血, は非常, もけしからぬ, もその, も其為, も私, も自ら, も見のがすまい, をきい, をご覧, をふき, をも聞いた, をわれ, をガンジス, をシタ, をストレージ, をセンゲー・カンバブ, をタムチョク・カンバブ, をハッキリ, をハンケチ, をブラマプトラ, をマブチャ・カンバブ, を仰ぎ視る, を右, を御覧, を恥ずかしく苦しく, を感じ, を感じない, を感じました, を感じる, を感ずる, を押し, を拭き, を拭き得なかった, を暗に, を月, を樂, を権次, を機会, を眺め, を瞬き, を知, を知っ, を知らず流れ, を知りました, を禁じ得なかった, を禁じ得なかつた, を紛らし, を自分, を見かけます, を見たく, を見のがさなかった, を見詰める, を見送っ, を視, を覚えた, を覚えなかった, を覺, を認めた, を防ぐ, を隠そう, ん拭こう, 熱うは

▼ 流れるよう~ (123, 6.7%)

3 な気, になった, に動い, に自然 2 なもん, な汗, な音, になる, に瞳, に見える, に長く長く, に飛ん

1 [95件] だったに, で, でしょうが, です, ですが, なこと, なの, な一時間余, な五月, な仕方, な刀, な多量, な大きな, な強力, な思い, な推移, な旅, な水音, な河, な濡羽色, な疾, な眩暈い, な石油, な穴, な美, な自然さ, な衣裳, な車馬, な轟々, な通行人, な雨脚, な音律, に, にからだ, にくっつい, にこの, にし, にした, にずんずん, にその, にぞろぞろ, についと, につづく, にもう, にわが, にゾクゾク, に二匹, に何, に作られ, に光っ, に入り込んだ, に動いた, に動き出した, に去る, に句心, に吹い, に射しこん, に屏風, に巧み, に床の間, に感じた, に感ずるで, に或, に手もと, に押し, に断, に映った, に東北, に歌い出し, に浮ん, に海, に漂っ, に無事平穏, に爽やか, に経っ, に続きました, に続きます, に線路, に肩, に能弁, に自分, に行った, に言った, に読む, に谷間, に逃げ出す, に通りすぎ, に通りすぎる, に通る, に野, に降っ, に順々, に飛び去り, に飛ぶ, に飲ん

▼ 流れる~ (104, 5.7%)

9 の音 8 のよう 3 は皆 2 がある, がいや, がそのまま, の上, の如く, の流れ勢, の輝き, の面

1 [68件] あの小川, から立ち, があっ, があっちこっち, が少し, が血, が麗明, だ, でさえ陽, です, と濁流, と自分, なら, におくられ, におわれ, にたとえました, にも囀, にガス, に凝, に半分, に暖, に浮い, に漣, に漬, に漬けた, に見入った, のあり, のす, のながれ, のまま, の一滴, の平野, の影, の性, の息, の様, の瀬, の辺, の陰, はいくら, はきのう, はとろ, はない, はふくらん, はみんな, は南沢, は夜目, は岷江, は岸, は常に, は床, は晴れ渡った, は澄ん, ひろい水面, ほど清潔, も, も湧く, よ, をすっ, を凝視, を市中, を思い, を思え, を愛し, を控, を照らす, を裂き, を隔て

▼ 流れるやう~ (64, 3.5%)

64 に手もと 2 だつた, な音

1 [50件] だ, だ溢れて, であつ, であれ, でがく, でなければ, でねえ, なかたち, なたつぷりした表情, なもの, な下, な不気味, な冷, な哀愁, な多量, な寂し, な心地, な心持, な朱, な生, な絵, な自然さ, な薄, な頬, な額, にいつた, にさらさら, にちら, にな, にひとりでに, にまた, にもう, にやつ, に二匹, に句心, に喋り出す, に変つて, に大野, に思はれる, に感じた, に歌つて, に清水, に生きたい, に私, に自然, に見える, に通る, に雲, に飛ん, に鳴く

▼ 流れるもの~ (44, 2.4%)

1 [44件] か今日, があっ, があった, があまり, が硝子, が私, が自分, が通つて, が風向き, だという, であつ, であるかの, であるから, であるのに, ですか, として考えられた, となり, となる, と信じ, と見受けられる, なのに, ならば, のなか, のよう, の姿, はファラデー, は世界, は二条, は人間, は何, は常に, は手紙, は水, は汗, は流れる, は無辺際的, は美, は耳, ほど生きる, を感じ, を感ずる, を拭ひも, を知りたがった, 或はその

▼ 流れる~ (41, 2.2%)

6 がし 2 がざあと, がする, が聞え, を聞いた

1 [27件] がきかれました, がきこえ, がきこえ出しました, がそ, が悽, が爽やか, が聞えた, が聞える, が聞こえ, が行手, が雨, だ, だけがこの, である, です, でも聞い, と女房ども, に交錯, のやう, の力強い, はし, は警察, ばかり俄, までも聞く, もした, も聞こえない, を聞かれました

▼ 流れる~ (40, 2.2%)

3 の水 2 である, で漁れた, に詩的恐怖, の岸, はぎごち

1 [27件] が城山, で西袋, で見出される, なので, について古風, には泰平, には石, に呂, に沿う, の一つ, の両, の両側, の中, の原型, の水さ, の水流, の水量, の浅い, の砂, の音, はいとど, はなし, は瀬戸内海, は米沢境, を山, を持ち, を神流川

▼ 流れる~ (37, 2.0%)

3 を手拭 2 が目, をふい, を拭い, を拭く

1 [26件] がしみこんだ, が激しく, が白い, が眼, が腕, と息苦し, にぐつしより, の玉, は塩辛かっ, は夥しく, は己, へ飛びつい, もふき忘れた, も褐色, をこらえ, をそれでも, をふいた, をふく, をまるで, を手, を手拭い, を押, を押拭, を拭うた, を拭き, を濡手拭

▼ 流れる~ (35, 1.9%)

2 いって

1 [33件] いうについて, いうより, いけないわ, いふの, すぐに, それが, ついでに, どこかの, ますます溝, 一般に我々, 一面に, 云うこと, 云ふ, 他方に, 古ギリシア人, 同時にそれ, 女装は, 富岡は, 弟の, 彼の, 彼女は, 往々弊害, 手足の, 皮膚が, 老爺は, 考えられるが, 考えられる方, 自覚し得ない, 蝋燭の, 見えた, 言ひ出し, 言ふところまで, 霧が

▼ 流れる~ (35, 1.9%)

2 のため, を拭い

1 [31件] があった, があるでしょう, であった, です, とに私, などというもの, に誘われた, のよう, の中, の色, はその, も意識, も拭わず見送っ, をこすった, をしばらく, をせぐりあげ, をそのまま, をどう, をふい, をふいた, をハンカチ, を何, を呑み, を感じた, を我慢, を手, を押拭つて, を拭いた, を指, を桃子, を流れる

▼ 流れること~ (23, 1.3%)

2 がなく, もある

1 [19件] があった, がある, ができない, さえあります, そのこと, である, でつれ潮, となる, はない, は出来ない, は遠慮, もあります, も引き結ぶ, よ風, をやめないなら, を抑制, を覺, を赦された, を防ぐ

▼ 流れる~ (22, 1.2%)

2 の影, を見上げ

1 [18件] が天壇, にも私, に乗, に似, に愛撫, に見入った, のたたずまい, のやう, の姿, の行衛, の間, は動い, もだんだん, もみんな, も飛ぶ, や飜, を眺めた, 或いは西

▼ 流れるまま~ (20, 1.1%)

2 に口, に委ねられる

1 [16件] にあなた, にこの, にじわじわ, にそれ, には少し, に任し, に任せ, に彼, に流れよう, に流れる, に流れろ, に漂う, に疲れた, に置かれ, の顔, 暫く眼

▼ 流れる小川~ (20, 1.1%)

2 のほとり, のよう

1 [16件] がありました, だけがその, だった, でも鰺, に目, のなか, の上, の両方, の中, の方, の朽葉, の水, の音, もね, らしく流れ, を隔て

▼ 流れる~ (19, 1.0%)

1 [19件] から糸, が最も, さえない, と剣, に恐怖, に気付い, のよう, の中, の温み, はこうして, は生き, をすすっ, を手, を抑えた, を押え, を浴びた, を防ぐ, を顔いちめん, 踏みのめらかし踏みすべらかして

▼ 流れるという~ (17, 0.9%)

1 [17件] ことが, ことは, ことも, ような, 動きが, 土の, 始末です, 工合で, 意味でありました, 有様です, 様な, 気遣いは, 泉が, 言葉に, 言葉を, 風であった, 風に

▼ 流れるところ~ (17, 0.9%)

2 をあるきなさい, をあるく

1 [13件] がい, がいい, でありますから, などはたまらなくよい, は遂に, へ這, まで堕ちきっ, まで流し, まで流れ, もあっ, を島田先生, を見, 描かれて

▼ 流れるので~ (13, 0.7%)

4 あつた 1 そこにこそ, たまらず溺れ死ぬ或は, なくって, 庄吉の, 水と, 水は, 着氷は, 顔を, 鼻を

▼ 流れるばかり~ (12, 0.7%)

2 であった 1 だった, ぢや, でほんとう, で一向, で何, で結局身体, 南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏と, 幸い桃花坊, 幸ひ, 雫が

▼ 流れる~ (10, 0.5%)

1 ごとき弁舌, ゆえに常に, 下から, 伸子は, 兎に, 向の, 如く愛する, 手拭で, 春さきに, 直ぐ又

▼ 流れる~ (10, 0.5%)

2 比べて 1 きまつ, したがって, しても, まかせこれ, 任せながら, 似た水の上, 従うて, 従つて白い

▼ 流れる~ (10, 0.5%)

1 が幾筋, が渓間, との間, とは東京市, に由, のやう, の厚, の岸, の渦まく, ばかり視

▼ 流れるその~ (9, 0.5%)

1 しおらしさ, 上へ, 各国人の, 大河の, 日が, 末の, 汗を, 雲は, 音に

▼ 流れる~ (9, 0.5%)

2 を想像, を鮮 1 がよく, な気, になっ, に思はれる, に美し

▼ 流れる清水~ (9, 0.5%)

3 のやう 2 を見 1 このおっちょこちょい, であつ, などが断えず, に掘りあてる

▼ 流れる~ (9, 0.5%)

3 の音 1 と風, の日, の細流, の行方, もすべてインキ色, を平手

▼ 流れるから~ (8, 0.4%)

1 しばらくこれ, しばらくその, その土地, 人間は, 十分余裕が, 平らに, 油も, 身体に

▼ 流れる~ (8, 0.4%)

2 は大丈夫, は苔, を歩く 1 と思っ, も通った

▼ 流れる~ (7, 0.4%)

21 だから, だこいつぢ, だぜ, だもの, ですよ

▼ 流れる水音~ (7, 0.4%)

1 がときどき, が幽か, が耳, が酒, を聞い, を見出した, 動く度

▼ 流れる~ (7, 0.4%)

2 を一分 1 に物, の末端, の清らかさ, はもし, を主張

▼ 流れるうち~ (6, 0.3%)

1 にたつた, にはづみをつけた左足, には凍る, には同じ, には隣り, に卓一はさ

▼ 流れるこの~ (6, 0.3%)

2 冷たい流れ, 鳥の 1 単純化の, 談笑

▼ 流れる千曲川~ (6, 0.3%)

1 が青畳, の音, は大河, は銀色, も冬, も見える

▼ 流れる~ (6, 0.3%)

5 は生き 1 を見ました

▼ 流れる~ (6, 0.3%)

2 の中 1 だけである, というの, に球皮, の感覚

▼ 流れる~ (6, 0.3%)

4 が泡立つ 1 が泡立っ, を切った

▼ 流れるほどの~ (5, 0.3%)

1 かなり長い, 暖かさ, 暴行を, 気忙しない, 汗に

▼ 流れる~ (5, 0.3%)

1 せき止めるよう, ランチェン・カンバブ, 感ずるの, 見て, 見ては

▼ 流れる下水~ (5, 0.3%)

2 を昔 1 の如く, の水, を見

▼ 流れる~ (5, 0.3%)

2 にまた 1 その街, にいま一度, の野原

▼ 流れる大川~ (5, 0.3%)

3 の水 1 のほとり, へ放し

▼ 流れる~ (5, 0.3%)

2 堰の 1 供の, 溝などの, 溪遠くは

▼ 流れる~ (5, 0.3%)

4 へ押し 1 へひき戻される

▼ 流れる木曾川~ (5, 0.3%)

2 の音 1 が下, の上流, の支流

▼ 流れる渓流~ (5, 0.3%)

1 がある, に脛, は彼ら, を引い, を里

▼ 流れる~ (4, 0.2%)

1 さもなきゃ, 全く分りかねる, 武庫山卸し, 流れぬか

▼ 流れるかと~ (4, 0.2%)

1 いうと, 思うと, 思うばかりに, 思えば

▼ 流れるだけ~ (4, 0.2%)

1 あって, であった, でいい, なん

▼ 流れるほど~ (4, 0.2%)

1 全く時間, 勢の, 国は, 腹が

▼ 流れる~ (4, 0.2%)

1 に渋鮎, に立っ, の特に, を草履

▼ 流れる人波~ (4, 0.2%)

2 押されるとも 1 をやり過し, を見

▼ 流れる冷さ~ (4, 0.2%)

2 を覚えた, を覺

▼ 流れる~ (4, 0.2%)

4 のはて

▼ 流れる城寨~ (4, 0.2%)

4 が見える

▼ 流れる~ (4, 0.2%)

1 ホテルの, 利根に, 熔岩の, 秘密が

▼ 流れる大河~ (4, 0.2%)

1 の寂けさ, の態, の水, を前

▼ 流れる微妙~ (4, 0.2%)

2 な線 1 な肉, に柔らか

▼ 流れる感情~ (4, 0.2%)

1 は変幻自在, も根柢, を比較, を覚えた

▼ 流れる~ (4, 0.2%)

2 の水 1 で, のなげかひ

▼ 流れる白い~ (4, 0.2%)

1 川, 雲にも, 雲の, 雲も

▼ 流れる~ (4, 0.2%)

1 にはまるで, の宅, の涙, は先

▼ 流れる~ (4, 0.2%)

1 のつめたい, の宿, の泡, の雲

▼ 流れる血潮~ (4, 0.2%)

1 が眼, のどよめき, の泉, を啜ろう

▼ 流れる谷川~ (4, 0.2%)

1 の水, の縁, はこの, をわたっ

▼ 流れる~ (4, 0.2%)

2 のやう 1 の中, はどよめく

▼ 流れる~ (3, 0.2%)

1 ぐるぐるぐるぐる, ハンケチで, 母者人死なす

▼ 流れるとか~ (3, 0.2%)

1 しなきゃア, 強い者, 風が

▼ 流れるとも~ (3, 0.2%)

1 なく流れ, なく流れる, 広がるとも

▼ 流れる~ (3, 0.2%)

1 僕も, 声の, 艶消

▼ 流れるはず~ (3, 0.2%)

1 だし, である, はありません

▼ 流れる一つ~ (3, 0.2%)

1 の川, の強い, の谷

▼ 流れる三方子川~ (3, 0.2%)

1 の川, の水音, の真下

▼ 流れる~ (3, 0.2%)

1 が伸び, が塀, は窓掛

▼ 流れる場合~ (3, 0.2%)

2 は渦 1 にそれ

▼ 流れる~ (3, 0.2%)

1 の上, の前, の谷

▼ 流れる~ (3, 0.2%)

1 の涙, はぐつたりして, は唇

▼ 流れる時間~ (3, 0.2%)

1 がある, です, のうち

▼ 流れる暗い~ (3, 0.2%)

1 小川の, 血の, 静かな

▼ 流れる木曽川~ (3, 0.2%)

1 がよく, の水, の音

▼ 流れる~ (3, 0.2%)

2 は心細く 1 を渡る

▼ 流れる浮子~ (3, 0.2%)

1 が竿, の下, を見つめ

▼ 流れる溪流~ (3, 0.2%)

1 があっ, の水音, は赤谷川

▼ 流れる~ (3, 0.2%)

1 と波, にのっ, のにおい

▼ 流れる無数~ (3, 0.2%)

1 の人間, の老若男女勤め人たち, の鮎

▼ 流れる美しい~ (3, 0.2%)

1 線が, 谷間へ, 野川に

▼ 流れる群衆~ (3, 0.2%)

1 の先端, の足, は参木

▼ 流れる血液~ (3, 0.2%)

2 によって定められる 1 を拭き上げ

▼ 流れる~ (3, 0.2%)

1 には必ず, には船, の事

▼ 流れる魚野川~ (3, 0.2%)

1 のあゆ, の清冽, へは二

▼ 流れるあいだ~ (2, 0.1%)

1 に形成, に鳴り

▼ 流れるあたり~ (2, 0.1%)

1 にほんの, にも芝生

▼ 流れるあの~ (2, 0.1%)

1 くすぐったい幸福, 危険だ

▼ 流れるいのち~ (2, 0.1%)

1 に従って並べられ, のよう

▼ 流れるけれども~ (2, 0.1%)

1 そんなこと, 口元には

▼ 流れるそれ~ (2, 0.1%)

1 が降りた, に足

▼ 流れるたび~ (2, 0.1%)

1 に勝鬨, に息

▼ 流れるため~ (2, 0.1%)

1 にある, にいつも

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

1 やありません, やねえか

▼ 流れるといった~ (2, 0.1%)

1 始末です, 気が

▼ 流れるといふ~ (2, 0.1%)

1 様子で, 粗造な

▼ 流れるとき~ (2, 0.1%)

2 には常に

▼ 流れるとは~ (2, 0.1%)

1 考へられぬ, 限らない

▼ 流れるなか~ (2, 0.1%)

1 に女房一人, へ金髪

▼ 流れるなんて~ (2, 0.1%)

1 なまやさしいもの, 私は

▼ 流れるにも~ (2, 0.1%)

1 似た物音, 拘わらず利根川

▼ 流れるほう~ (2, 0.1%)

1 ずきのふ, へむけた

▼ 流れるむしろ~ (2, 0.1%)

1 ただ漂, ただ漂う

▼ 流れる一筋~ (2, 0.1%)

2 の血

▼ 流れる二つ~ (2, 0.1%)

1 の河, の激しい

▼ 流れる傾き~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 流れる光星~ (2, 0.1%)

1 のきらめき, の閃

▼ 流れる光景~ (2, 0.1%)

2 を私

▼ 流れる冷たい~ (2, 0.1%)

1 心理の, 灰色の

▼ 流れる冷汗~ (2, 0.1%)

2 を拭いた

▼ 流れる利根~ (2, 0.1%)

1 などと違い, の渓谷

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

2 を掌

▼ 流れる嘔吐~ (2, 0.1%)

2

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

1 をおさへる, を聴く

▼ 流れる大沢~ (2, 0.1%)

1 であるから, の小舎

▼ 流れる宮川~ (2, 0.1%)

1 の支流, の流れ

▼ 流れる小さな~ (2, 0.1%)

1 谷地川が, 雲に

▼ 流れる山水~ (2, 0.1%)

1 だか, の音

▼ 流れる川水~ (2, 0.1%)

1 がほのか, にまかさね

▼ 流れる往来~ (2, 0.1%)

1 でニューヨーク市民, へ叩い

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

1 をした, をしつづけた

▼ 流れる急流~ (2, 0.1%)

2 の音

▼ 流れる恐れ~ (2, 0.1%)

1 もあらう, もあろう

▼ 流れる想念~ (2, 0.1%)

2 を的確

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

1 も走る, 走る腰

▼ 流れる方向~ (2, 0.1%)

1 をみさだめ, を知らない

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

1 に懐中鏡, の色

▼ 流れる早川~ (2, 0.1%)

2 で漁

▼ 流れる時代~ (2, 0.1%)

1 である, の美

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

2 かくす

▼ 流れる木の葉~ (2, 0.1%)

1 が渦巻, にからまり

▼ 流れる様子~ (2, 0.1%)

1 が思いやられた, だ

▼ 流れる気持~ (2, 0.1%)

1 がした, であるに

▼ 流れる気流~ (2, 0.1%)

1 とともにある, の形

▼ 流れる水流~ (2, 0.1%)

1 の両国橋辺り, を見つめ

▼ 流れる河岸~ (2, 0.1%)

1 にかならずや, に白い

▼ 流れる河水~ (2, 0.1%)

1 には水, に映え

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

1 があり, の音

▼ 流れる渓川~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

1 の匂, の音

▼ 流れる溝川~ (2, 0.1%)

1 の水, の河岸

▼ 流れる潮流~ (2, 0.1%)

1 に変り, や同じ

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

1 が閃, のよう

▼ 流れる熊野川~ (2, 0.1%)

2 へ鮎

▼ 流れる生命~ (2, 0.1%)

1 の波, の諸相

▼ 流れる生活~ (2, 0.1%)

1 と文学, について伸子

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

2 高い声

▼ 流れる白川~ (2, 0.1%)

1 が文字通り乳白色, の崖

▼ 流れる白雲~ (2, 0.1%)

1 と青空, の世界

▼ 流れる相互~ (2, 0.1%)

2 の言葉

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

1 をおさえ, 眩しさ

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

1 の海, を想像

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

1 じゃあない, 出たが

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

1 に沿っ, は頗るのんびり

▼ 流れる細流~ (2, 0.1%)

1 にかかった, の曲り

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

1 のよう, の如く

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

2 を追

▼ 流れる血汐~ (2, 0.1%)

1 を凝らせた, を楽しむ

▼ 流れる言葉~ (2, 0.1%)

1 がある, としての音楽

▼ 流れる身体~ (2, 0.1%)

1 で押し潰し, を寺島方

▼ 流れる酒匂川~ (2, 0.1%)

1 には一尺位, の川尻

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

1 とかがやく, の玉

▼ 流れる青い~ (2, 0.1%)

1 木曾川の, 燐の

▼ 流れる響き~ (2, 0.1%)

2 が聞えた

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

1 に当てた, の汗

▼ 流れる~ (2, 0.1%)

1 が老松, にはねかえった

▼ 流れる黒い~ (2, 0.1%)

1 川を, 水が

▼1* [475件]

流れるあとへ遠い, 流れるうち泳ぎを知らない, 流れる駒は, 流れるおれたちのすん, 流れるかのようだ, 流れるかぼそいせせらぎの, 流れるからと思われる, 流れるかわりにミミ族, 流れるきれい水を手, 流れるぐらいの暑さ, 流れるけれどそれも, 流れるこれらの世界精神, 流れるこんなにきれいな, 流れるこんもり繁った闊葉樹, 流れるごとに顔, 流れるごみもきれい, 流れるさえあるに, 流れるさまざまの渓流, 流れるじゃありませんか, 流れるすぐ戻つて, 流れるせせらぎの音, 流れるそして見るところ花, 流れるぞと問えば, 流れるたちの男, 流れるため電気看板の方, 流れるだいたいそういうふう, 流れるって知らして, 流れるつて法がある, 流れるせう石, 流れるとおりいつかついて行って, 流れるとき底の石粒, 流れるところ等を下る, 流れるところ花うつぎ, 流れるとのことであった, 流れるとばかり世間では, 流れるどす黒いものを, 流れるなあ当り前だ, 流れるなつかしいひびきを, 流れるなどともいって, 流れるに従って白い煙, 流れるのに倦きる, 流れるはるかな時間, 流れるほか船の中, 流れるほとりからは川, 流れるほとんど目に, 流れるほどになって, 流れるほどは揺れも, 流れるほどもなく忽ち, 流れるほのかなるリズム, 流れるほろ苦がい, 流れるまでに十ケ所で, 流れるまま船を漂泊, 流れるもののたっぷりさ, 流れるもの人生へおろされ, 流れるもの私にはこんな, 流れるやら杯の, 流れるやわらかい線は, 流れるゆるやかな雲, 流れるよどみのな, 流れるよりも悲哀を, 流れるわけです, 流れるわる赤い血, 流れるアイシス河は木々, 流れるアルノの河岸, 流れるイイン河の, 流れるエスコオ河に幾つ, 流れるカナンの地, 流れるキャベツ色の襟筋, 流れるコーヒーをながめ, 流れるサモス派の船, 流れるシャスタ熔岩の厚, 流れるシリベシ河の河岸, 流れるセンゲー・カンバブの源泉, 流れるタムチョク・カンバブの出, 流れるダニューブの蛇行, 流れるテイ河の北, 流れるトゥウェルスカヤ通の下り坂, 流れるトウベツ川の瀬音, 流れるバルカンにはセルボ・クロアト・スロ, 流れるパンではない, 流れるビールは泡, 流れるプレーゲル河に沿う, 流れるマグネシューム光の下, 流れるマナイタの生活, 流れるマブチャ・カンバブ北に流れる, 流れるミズリイ河は全長二千五百マイル, 流れるムーズ河の畔, 流れるメーデーの歌, 流れるユーコンの支流テナナ河, 流れるライン河の長い, 流れるランチェン・カンバブ南に流れる, 流れるリズムを排, 流れるリズム文字を流れる, 流れるレールを見詰めた, 流れるロオン河の急流, 流れるワルツの曲, 流れるヴィエンヌでなくて, 流れるヴィスワ川の上空, 流れるヴェスドル川の渓谷, 流れるすぢ, 流れる一定のところが, 流れる一抹の朝霞, 流れる一本都合二本に分かれ, 流れる一様ならぬ投機癖, 流れる一線である, 流れる一隻の空ボート, 流れる七月は, 流れる七滝沢なども行場, 流れる三島宿に相応, 流れる三条の谿流, 流れる上層の世界, 流れる上流の支流, 流れるを隧道, 流れる下駄の音, 流れる世間への憤懣, 流れる丸太を見つけた, 流れる久慈川の中流, 流れるがあります, 流れる二人で歩く, 流れる二階を見上げた, 流れるの影, 流れる人たちばかりで, 流れる人どおりにまじり, 流れる人出にまぎれ込んだ, 流れる人民民主主義への源泉, 流れる人渦とを見る, 流れる人生の火, 流れる人群れに交っ, 流れる人類の運命, 流れる白い河明り, 流れるの諸川, 流れる代表的な峡流, 流れるであつ, 流れるを冷, 流れるのこと, 流れる侘しい氷山の, 流れる信濃川の水系, 流れる光物があった, 流れる光線の反射具合, 流れる六十九筋の溝渠, 流れる其の川を, 流れる内的リズムは童心, 流れる冷いものを覚えた, 流れる冷気が身内, 流れる刀根川の水, 流れる刄二三度追つかけ, 流れる分水界の水量, 流れる切ない快感を, 流れる切り口からの血, 流れる別荘の屋根, 流れる利根川へ釣り, 流れる利根本流の曲ツ滝付近, 流れるをスー, 流れる創造力にふたたび, 流れる劒沢の雪渓, 流れるは私, 流れる加茂川の水音, 流れる印象派の絵画, 流れる只見川の岩魚, 流れる台所で茶碗, 流れる同質のもの, 流れるのない, 流れる向うの小さな, 流れる四角な光, 流れる地上を引, 流れる地蔵川へ流れ込む, 流れる垂涎を見た, 流れるがあり, 流れる堤川の事, 流れる堪え難さ, 流れる墨画のよう, 流れる壮快な生活, 流れるに恍惚, 流れる大利根川の上流, 流れる大同江の水上, 流れる大堰川には雅びた渡月橋, 流れる大小十三の河川, 流れる大木も流れる, 流れる大阪の生態, 流れる太刀取り直す隙, 流れる嫩江には三本髭, 流れる子供の後, 流れる室牧川で釣った, 流れる寂しさも, 流れる寺町も新聞社, 流れる封建的感情にある, 流れる小さい水の, 流れる小河を垣, 流れる小流に架けた, 流れる小石底に脚, 流れる尾根を後ろ, 流れる山川はしゃがれた, 流れる山気さうし, 流れる山脈がある, 流れる山谷堀の川口, 流れる岩石の放射, 流れるの上, 流れる川沿いにさかのぼっ, 流れる川面から立つ, 流れる川音が聴, 流れる巨大な断崖, 流れる巨木がおもい, 流れるのよう, 流れる常時静かな渓流, 流れる幅一尺ばかりの小さな, 流れる平安城の築地, 流れる幾筋もの渓流, 流れる底力を崩壊, 流れるにこう, 流れる廿五里は全然, 流れる様子である, 流れる思いをした, 流れる恋流を表し, 流れる恐ろしい姿で, 流れるをマント, 流れるやかな河, 流れる情感のあらゆる, 流れる情緒の加速運動, 流れる情調と場面場面, 流れる愉快のなんの, 流れる意識との連絡, 流れる感傷の快, 流れる成上り者だつた, 流れる戦時気分のみなぎった, 流れる戸外の夜気, 流れる所以である, 流れる手拭を頭, 流れる手風琴の音, 流れる打楽器とマラカス, 流れる拍子を把握, 流れるを握っ, 流れる振り袖を長く, 流れる掘割だ, 流れる提灯の影, 流れる揖保川は鮎, 流れる撫物でしかない, 流れる支流がやまべ, 流れる支那人の靴音, 流れるは急激, 流れる数々の物, 流れる数字に従って舵, 流れる敵兵五百余人の姿, 流れる斜面には松, 流れる断雲に眼, 流れる新堀川の濁水, 流れる新川の河岸, 流れる新町川沿岸の, 流れる方角を追う, 流れる旅人の多く, 流れる日光の斑点, 流れる日本人独得の力強い, 流れる早瀬の上, 流れるの田舎, 流れる星明りのかげ, 流れるの水, 流れる時代人才も亦, 流れる時刻に別, 流れる時地にそれ, 流れる時錘が水底, 流れる智頭川は一層, 流れる暖いものが, 流れる最上川の底, 流れる最初の谷川, 流れる月かげに照らしだされた, 流れる月光の底, 流れる有様は美的, 流れるの模様, 流れるに巣くう, 流れる本流がやまべ釣, 流れる材木や家財道具, 流れる東南の方, 流れる松本へ, 流れるの高低, 流れる桂川の河原, 流れる桟川で以前, 流れる梅雨中にあり, 流れる梓川の音, 流れる椰子の実, 流れる椹野川の川畔, 流れるを笑う, 流れるに平, 流れる横丁は避け, 流れる横雲をながめ, 流れる歳月のなか, 流れるのする, 流れる気分として戦争, 流れる気味の悪, 流れる気嚢にぶつかった, 流れる気遣いはあるまい, 流れる水勢は矢, 流れる水声を聞く, 流れる水底に生き, 流れる水浅黄誰も知った, 流れる水瀬の音, 流れる水脚のまま, 流れる水蒸気の群, 流れる水面の他, 流れる氷山のよう, 流れる氷帯ではなく, 流れる江戸川となる, 流れる河原に棲息, 流れる河底に白骨, 流れるに燃えうつった, 流れる流体のみならず, 流れる浅い瀬に, 流れる浅瀬に鱒, 流れる浮燈籠の様, 流れる浮雲の中, 流れる海上に片, 流れる海底の水道, 流れる涙だらけにし, 流れるにはヘルン, 流れる淀みオォルがねばる, 流れる深い谷川の, 流れる清冽の水, 流れる渓水と共に里, 流れる渡良瀬川という川, 流れる渦紋などはその, 流れる温い美しさ真実の, 流れる温泉朦朧とした, 流れる湯俣の水, 流れる湯桧曾川谷川岳から出る, 流れる湯檜曾川の森林帯, 流れる湯檜曾渓谷にはもう, 流れるだ, 流れる漢江は内地, 流れる潺流の美, 流れる激流の中, 流れる濁り川と呼ぶ, 流れる濁水に眼, 流れる火の番小屋と相, 流れるのなか, 流れる炭火の火, 流れるにある, 流れる氣味な, 流れる熊川の山女魚, 流れる熔岩のため闇, 流れる犀川でも至る, 流れる玉川であつ, 流れる現代を時間, 流れる琵琶のおと, 流れる生活感情の擦れあい, 流れる生血を鼻紙, 流れる用水の下流, 流れる田川の如き, 流れるを東, 流れる異常なもの, 流れる異形の色, 流れるが痛む, 流れる白石の感情, 流れる目糞と択ぶ, 流れる直線的な衣文, 流れる真赤な血, 流れる瞬間の美し, 流れるを射る, 流れる神田川は水道橋, 流れる神通川の上流, 流れる秋波が微妙, 流れる秘密について考えた, 流れる称名川の為め, 流れる程多量の出血, 流れる空気が妙, 流れる空私はなつかしい, 流れる窓外の新緑, 流れる窓硝子に手, 流れるを択ん, 流れる立派な思想, 流れる笛吹釜無の二支流, 流れるがあります, 流れる箒川の場合, 流れる米町川の末, 流れるの様, 流れる紅葉の場合, 流れる細々とした, 流れる細い下坂川について, 流れる絃歌の声, 流れるを絶, 流れる綺羅な群集, 流れる綾瀬川が増水, 流れるの堤, 流れるを通つて, 流れるもとちかく, 流れる膏汗を拭いた, 流れる自分の足, 流れる自動車も橋, 流れる自身の水脈, 流れる船場川だと, 流れる船橋に集まっ, 流れる花弁の一つ, 流れる茅町あたりの借, 流れる荒っぽいだが声量, 流れる荒川の向, 流れる華麗な模様, 流れる著しい特徴である, 流れる薄い霧を, 流れるですっかり, 流れる蝋燭より前, 流れるは這, 流れるも悠々, 流れる血下は腐, 流れる街道の真中, 流れるのひだ, 流れる裸形になつ, 流れる西の方, 流れる西洋新内らしい, 流れる見當へと行く, 流れる設備が出, 流れるは憂鬱, 流れる話術をもっ, 流れるに沿う, 流れる谷水の純, 流れる谿川のほとり, 流れる豊川へは上流長篠, 流れる豊平川という川, 流れる豐岡川は圓山川, 流れる負傷のあと, 流れる赤い千切れ雲を, 流れるは浮世, 流れるを引摺, 流れる足守川が見える, 流れる路面の水, 流れるを切る, 流れる車輪の急湍, 流れるを幾重にも, 流れる輪廓の線, 流れる透視図と見比べ, 流れる途中そのまま固まった, 流れる途端に思うさま, 流れる週末自動車の爆音, 流れる運河なの, 流れる過去数百年の文学的伝統, 流れるを作つて, 流れる遠い水蒸気の, 流れる那珂川へ上流, 流れる部屋に坐り, 流れる野天の温泉, 流れる金力を使おう, 流れる釣場から上流, 流れる鉱毒で双方, 流れる銀山川は丹生川, 流れる長屋であつ, 流れる閼伽水を短い, 流れるににじん, 流れる闘牛士の槍先, 流れる隅田川は, 流れる雄物川の岸, 流れる雨音に負けない, 流れる雪どけの水, 流れるが数千疋, 流れる雰圍氣をば大ら, 流れる雲足早く寒さ, 流れる雲間にうかび, 流れる零点の上, 流れる電流に外, 流れるの被衣, 流れる青春のノスタルジイ, 流れる面々がそれぞれ, 流れるを聞く, 流れる駅館川の上流安心院村, 流れる高原川の流域, 流れる高梁川のほとり, 流れる高瀬川の上, 流れる髪の毛とは魔性, 流れるの上, 流れる鮭川へも行っ, 流れるかな血潮, 流れる鶏冠谷の合流点, 流れるや紫, 流れる黄浦河は水, 流れる黄色い日の, 流れるの縞, 流れる黒檀の上, 流れる黒血を抑え, 流れる黒部川は雪, 流れる,世は限り