青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「歸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~歩き出した ~歩く 歩く~ 歩み~ ~歯 歯~ 歳~ ~歴史 歴史~ ~歸
歸~
~死 死~ 死に~ ~死ぬ 死ぬ~ ~死ん 死ん~ ~死んだ 死んだ~ 死亡~

「歸~」 7381, 76ppm, 1472位

▼ 歸つて來~ (1224, 16.6%)

17495 ると 81 たの 75 ました 3029 るの 26 た時 13 ること 12 たが, なかつた 11 ない 10 たので, て 9 たところ, ましたが, るまで 8 て見る, ないと, ません 7 たこと 6 たと, たばかりの, たやう, た八五郎, れば 5 たといふ, たん, た樣子, るん, る頃 4 たばかり, てそれ, ないの, ないので, ないん, なければ, ましたよ, るといふ, るやう

3 [19件] たか, たとき, たガラツ八, た人, た平次, てお, てその, ての報告, てゐる, ないこと, なかつたの, ます, ませんよ, るから, るが, るよ, る事, る外, る迄は

2 [45件] さうなもの, たし, たならば, たもの, たよ, たらきツ, たらしい, たら私, たりする, た弟, た所, た處, てこれ, てし, てすぐ, てどう, て下さい, て下さらぬ, て二人, て人, て呉れ, て寢, て居た, て店, て暫く, て自分, て醫者, ないうち, ねえ, ましたから, ましたので, ますと, ますよ, られて, られます, るお, るか, るかも, るので, るまでの, るまでは, る夫, る時, る筈, る途中

1 [350件] い, いつて, いとせがむ, いと云つて, いと書い, いツ, い樺太, い白犬, ず中, ず主人, ず差當, ず平次, ず庄司, たお, たお袋, たかの, たから, たけれど, たこの, たため, ただけの, たぢ, たつ切り, たといつて, たとしても, たとは, たに, たば, たばかし, たばかしよ, たもん, たらあの, たらしい氣配, たらしく勝手, たらどう, たらよく, たら之, たら何と, たら何もかも, たら女はちよツ, たら早速, たら歸つて來, たら爺樣, たら用意, たら聞いて, たりある, たり始終, たり新しい, たんで, たガリ, たツ, たナ, た三番, た下, た主人, た事, た亭主, た人々, た人間, た伜杉丸, た僞首, た儘靜子, た兄, た兩君, た内弟子, た勇吉, た勇太郎, た北海メール, た十二三, た友人, た圭一郎, た奧野さん, た妻, た子供ら, た定吉, た寺西家, た小, た少年, た年, た庭男, た彈三郎, た彼ら, た彼等, た教師, た新吉, た日, た杉村, た歸つて來, た氣配, た田村義雄, た留學生, た百姓, た私, た者, た自分, た舟, た菊松, た親, た親戚, た軍隊, た道會議員, た部屋, た頃, た順吉, た駒平が, た駿介, てあの, ていつ, ていない, ていふ, てうまく, ておら, てお前, てからあわて, てからいろ, てからかう, てからでもい, てからでも獨歩, てからはまあ, てからは全く, てからは劍淵村, てからもう, てからも二三日, てからも少年, てから一寸逢, てから何れ, てから別れる, てから禮状, てから立派, てから腰, てかんた, てくれた, てくれない, てけふ, てこう, てこんな, てさて, てしまふ, てそこ, てそして, てそそくさ, てその後, てそれから又, てたち, てなほそこ, てなほ四五ヶ月胃腸病院, ての唯一, ての弟, てはなりません, ては彼女, ては目敏く, ては駄目, てひ, てひしと, てほ, てまた, てまんじりと, てみる, てみんな, ても, てもまだ, てもろくに, ても入れる, ても格別見識學問, ても目, ても聲, ても自分, ても身内, ても過ぎた, ても驅, てゆ, てよ, てゐた, てガラツ八, てホツ, てメチャメチャ, てモラエス文集, て一寸目, て一部自作, て不, て主人, て二三日, て二人そつ, て井戸端, て井筒屋, て伊八さん, て僕, て兄夫婦, て八五郎, て其時, て出版, て十日, て厩, て又, て叔母, て君, て呉れろ, て喜の字屋, て圖, て坐, て夕方, て大, て天井, て姉, て家, て富之助, て居ます, て居りました, て屋根傳, て常, て幾松, て床, て庭木戸, て往來, て後, て後ろ, て御, て復店, て心得た, て或, て戸, て戸口, て房州, て早々, て書く, て木戸, て梅吉, て此村, て死したる, て毎日來, て永井君, て淺川團七郎, て渠, て火, て物置, て男, て畢, て百姓, て私, て私たち, て私達, て窓, て納まらなかつた, て義雄, て臼, て表, て要り, て見附, て親しく, て貰ひたい, て赤羽橋, て赫々, て路地, て間もなく, て頂戴, て飯, て黒田組, ないかも, ないため, ないだらう, ないで, ないといふ, ないとの, ないやう, ない事, ない人, ない今一人, ない小池, ない晩, ない祖父, ない福, なかつたから, なかつたらひどい, なかつたら瞑すべしわたくし, なかつた老婦, なくつて, なくても, なさつたん, なさる, ぬ事, まいか, ましたぜ, ましたところ, ましたね, ましたら, ましたわ, まして, まして今, まして自分, ますから, ますが, まする程, ませう, ませんね, られなかつた, られぬ事, られました, られるだらうよ, られるの, られ久留島武彦君, るし, るだらう, るだらうかと, るだらうと, るだろ, るつもり, るで, るであろう, るとき, るなどは, るなり即刻佐世保, るに, るまでには, るや, るらしい, るらしい氣配, るわけ, るんで, る久六, る人達, る何所, る僅か, る勞働者, る喜び, る子供, る宗助, る山, る川岸, る市村, る度, る彼, る彼ら, る彼女等, る我兒, る支配人, る方, る日, る木靈, る氣, る氣持, る眼, る私, る與吉, る路, る迄, る途中毎, る音, る順吉, ればい, んけりやい

▼ 歸~ (1151, 15.6%)

29 ことに 24 のを 19 ことを 17 のが, んです 14 のは, んだ 12 ことが, のだ 11 の, 途 10 としよう 9 といふ, と云, よ 8 やうに, 時 7 ことも, と, と言, のであつ, のも, 前に 6 が宜, と間もなく, のである, のです, 時に 5 か, がい, とお, とすぐ, 事に, 方が

4 [12件] ことの, さ, ために, ところを, と直ぐ, のか, 事が, 人の, 外は, 筈だ, 途中で, 道

3 [23件] から, ことは, ぜ, つもりで, といへ, ときに, とその, と云つて, と直に, と私, と言つて, にし, より外, よ八, をえん, を見, を願, 家も, 時には, 時は, 氣に, 氣にな, 途も

2 [68件] からとてずつと廊下, がよから, ことにな, さう, さうだ, さうです, さには, さを, ぜ八, だけで, つもりな, でせう, といつ, といふ前, といふ故郷, とおも, とき, ともう, と云う, と例, と信吾, と八五郎, と其の, と又, と弟, と父, と細君, と聞いた, と見せ, ななえ, にあたりて缺, にきまつ, には餘, に歸, に當, のだつた, ので, のであらう, のでした, べえ, まで, までは何だか, まで待つ, まで待て, ものは, よお, よと言, わけには, をうる, を待つ, を得, んでせう, 事は, 事も, 人達は, 可き, 命ならず, 姿を, 所だ, 時そつと, 時まで, 時分です, 氣が, 筈の, 見込が, 途は, 間際に, 雁が

1 [563件 抜粋] うちに, おみやげに, お前が, お定, かかの, かさ, かとも言わない, かと云つた風, かと待つ, かどう, かも知れない, からさうい, からとて一緒, からと云, から勘定, から少し, から待つ, から待て居, から車財布, か來年, か或は, か明日歸, か曖昧, か蜑, か解らない, がそれでも, が上々, が其中, が如かり, が嫌, が朝, が私, けれど必ず, ことありし, ことあり得べし, ことある, ことと, ことな, ことなかるべし, ことなかれ, ことなし, ことについて, こと一二六六年ベネヴェントの, こと斷じ, こと遙かに, このまま, ころ, さに, さの車, さへ, し七日, ぜ飛んだ, それは, ぞそんぢ, ぞよう, だけだ, だけでありました, だけのこと, だけの料理店, だけの用意, っていった, つてことは, つて云つた, つて言葉は, つもりかしら, つもりだ, つもりだつた, つもりです, とあがり, とあり, といきなり, といふそんな, といふの, といふ人, といふ古説, といふ契機, といふ意見, といふ日, といふ時に, といふ晩, といへり, とお婆さん, とか, とか歸ら, とき先方で, とき夜櫻を, とき宗助は, とき小, とき棄てられ, とき豫防線を, とこの, ところだつた, ところな, ところの, ところも, とさき, としても兎, としませう, とそれ, とそれから, とでも東京, とはその, とは何, とまた, とまるで, とみゆる, とも, ともいはれ, ともなく, とも僞, とも書い, とやがて, とガラツ八, とメール社, と一册, と一室, と丁度, と不思議, と云うてた, と云つた, と今度, と今朝, と何, と何一つ室, と余, と側臣, と僕, と入れ替つ, と全く, と兩方, と共に唐鍬, と出し, と原稿料, と厭, と叔母さん, と向, と否, と圍爐裏, と夜, と天道樣, と奉公人, と女達, と姐さん, と室外, と宿, と小六, と少し, と岩松, と平次, と床の間, と店, と後藤君, と必ず, と思ひました, と思ひます, と思ひ込ん, と思ふ, と手遊品, と打越金, と新, と日頃, と暇さ, と書齋, と此, と此騷ぎ, と母, と毎朝, と源助, と炭火, と父さん, と申し, と留守中, と番頭, と疲れ, と病院, と直, と直ぐ書齋, と私達, と秋, と絶えず, と聽, と膳, と色々, と草臥れちまつ, と蒲團, と解つた, と解つた時, と言い出した, と言つた恰好, と路地口, と路易, と辨當, と辰男, と鈴木, と長火鉢, と雨戸, と風呂場, と飯, と鹽, な, などと思はれたくなかつた, ならば最う, なり, なんか言, なんざ智慧が, なんてそれ, な可愛い, にあり, におよび, にはその, には二十九日, にも渡し, にも當ら, に五叟, に似, に供, に及ばじ, に及び, に女子, に旅費, に會, に絃歌騷然, に至る, に違, に非, のかい, のさ, のぢ, のでござる, のでせう, ので之, ので笹, のなら引返し, のには, のに君, のに添, のに見送り, のに途中, のねえ, のみならず, の勢, の日, の望み, の決心, は無, は諾はず, ばかりだ, ばかりになつ, ひとを, ひまは, ほかない, ほかには, また己, まであなた, までそつ, までそば, までとにかく, までにや俺, までの間, までは三年, までは下, までは外, までは汝等我, までは滅多, までやはり, までザツ, まで一緒, まで在, まで學校, まで座敷, まで得られない, もなつかし, もの, ものか, ものが, もので, ものも, ものゆく, ものを, もの自ら一掬を, も水の上, も留る, やうとの, やうな, やうにと, やなつかしき, や久, や出立つ, や否, や否や, や御, や或は, や直に, よあと, よかそれで, よと帽子, より仕, より早く, よ宜いか, よ武家, わけにも, わだつみの, を, をいふ, をうべき, をえ, をえし, をえずし, をえて, をねが, をねがふ, を候, を勸むべ, を善く, を妨げ, を待ち受け, を許さる, を軍馬喜べり, を送る, を送るべし, んじゃ, んださうだ, んですつ, んなら, んやけに, アツパツパの, ンです, 一寸前, 三好さん, 中田屋杉之, 事かと, 事と, 事を, 事或は, 二三日前の, 二羽の, 人々の, 人に, 人間が, 今の, 仕度だ, 何事ぞ, 俗界の, 僧, 元氣, 入相の鐘, 其職務の, 分は, 前から, 力の, 力を, 勿論化粧着附, 名聞を, 喜兵衞と, 坂の, 報告を, 大寺源十郎と, 女は, 妹の, 娘の, 嬉しさ, 宗助幸助, 少し前, 山路, 工夫は, 平次に, 平次は, 彼の, 必要は, 意なら, 所を, 手は, 手も, 手を, 手蔓が, 挨拶を, 振りを, 支度を, 故郷の, 料簡此處は, 方向にな, 旅費に, 日が, 日である, 日の, 日も, 日を, 是が, 時が, 時そこの, 時その, 時それと, 時だ, 時に山田, 時に鹿田, 時また, 時わたくしは, 時一所に, 時仕事場に, 時分だ, 時分に, 時刻遲る, 時屍體を, 時恥づべき, 時支配人の, 時期を, 時氣に, 時決して, 時玄關まで, 時買つた方で, 時間と, 時間も, 時間を, 時集合命令を, 時風呂敷に, 智惠子は, 樣だ, 樣子は, 樣子も, 樵夫, 毎に, 氣には, 氣は, 氣遣は, 汝より, 波の, 準備と, 瀧口入道庵の, 烏に, 爲に, 爲ばかりとは, 父は, 男が, 男を, 病氣の, 百太夫に, 私の, 私は, 稚兒, 積で, 積りか, 筈が, 筈だつた, 筈でした, 筈のを, 約束で, 紺と, 者あら, 者に, 船に, 船の, 船は, 船を, 良人へ, 菓物だの, 藁草履の, 訣には, 趣が, 路, 路すがらの, 路に, 路用が, 路用だけ, 身である, 身も, 迄は凡て, 迄われ葬禮, 迄何處, 迄宗助, 迄待つ, 迄絶え, 近頃島中, 途すがら曩に, 途中その, 途中たびたび, 途中だ, 途中です, 途中に, 途中にも, 途中の, 途中メルゲル老人の, 途中八五郎は, 途中岩龜横丁の, 途中御機嫌が, 途中自動車が, 道すがら其の, 道でした, 道とは, 道も, 錢形平次, 間に, 間清に, 面目も, 頃から, 頃です, 頃に, 頃には, 頃雪に, 馬の, 駄賃とりの

▼ 歸~ (1092, 14.8%)

26 來る 25 を待つ 24 がけに 19 になる 14 になつ, になりました 10 が遲, 來て, 支度を 8 になつて, 給へ 7 來り 5 になります, の遲, 仕度を, 來れる, 路に, 途に 4 て, に, ガラツ八は, 來ぬ, 來ん

3 [22件] かえ, が遲い, しが, ての後, て後, になり, に買つて來, のやう, の汽車, の船, はしない, をし, を待ち受け, 來よ, 來れ, 妻の, 度い, 途で, 途を, 途ガラツ八は, 道で, 際に

2 [69件] がけの, がない, が早から, しは恰も, それから, たいにと, ぢや, てわが, てパトロクロス, て床, て表, で, でせう, と聞, と覺, ながら彼, なさる, になりましたら, になれ, には寒, には待伏せ, にわざ, に一杯, に京都, に君子さん, に御, に成つた, に直ぐ, に私, に義雄, に見, に見る, に角兵衞, に首筋白, のお, の人, の仕度, の子供, の客, の時, の百姓, の電車, は例, は夜, は懷手, は遲, も首, を待ち, を待つた, エミリーは, 一と, 二人歸り, 來ず, 來るべき, 來んに, 妹達と, 姿を, 支度する, 新參, 東兩國の, 白々明けの, 給ふ, 給へと, 足を, 路で, 途, 途には, 途平次は, 道に

1 [663件 抜粋] あちこちと, あとに, あれ冷泉樣, いよ, おのが, お峯, お樂, お辰, かねて殘つた者, かへらず待ちつ, かれこれ六時, がけだつた, がけでやす, がけな, がけには, がけバス, がけ日暮れ前, がけ見付, がなく, が一時間, が夜櫻見物, が彼等, が深い, が遠い, こそ, この太鼓, これが, さきを, さては奈良炎上, さまに, しかチエンチイ, しこれ, しとて之, しなるべく, しは夜ふけ, しは夜半, しもあれ, しも健康頓, しより, すつかり, そこから, そこで少し, そしてまたすぐ, そのま, その夜, その次, その次ぎ, その話, それが, それより, それを, たいに, たいのよ, たまへ, たりし, だが名人, ちよいと, ていなん, てかく, てかの, てこれ, てそこ, てつら, てまた, ても好し, ても行く, てわれ, てアイアス, てエリス, てダンテ, てペネローペ, てヴェルチェルリ, て之, て今, て他所, て伯父樣, て僧, て其の, て其趣, て再び, て再選, て出入, て匂, て半ば衣, て君, て妹, て封, て彼ら, て戒賢論師, て數, て日, て未だ, て樣子, て此草幹, て汗拭, て熟, て米子, て罪, て膝, て衆, て述べん, て遠き, て飜譯, といったこと, といふ, と云つたの, と見えた, と言, と違つて, ながらその, ながら思ふた, ながら私, なすつたの, などそれ, などには往來, などに一, にいた, にお, にお前, にくいといふだけの, にしかばしな, にそれ, にちよい, にぢ, にでもどうか, になつたわ, になら, にならなく, になりまし, になりません, になるでせう, になれません, にはおも, にはきつ, にはな, にははがき, にはもう一度, にはタクシー, には一種, には何時, には國分寺, には寅吉親分, には小, には戰地, には手拭, には是非, には汽車, には洒, には渠等, には覆面, には顏, には駄菓子, にまた, にもそれ, にも一ヶ月, にパリ, に一つ木, に一天俄, に一杯飮, に一緒, に上海, に下, に二三度與八, に五匁玉一つ, に些, に何とか, に六月六日栃木, に其の, に出征中, に半分, に又, に吃, に吉原, に吹雪, に土佐堀, に大和巡り, に女郎買, に寄る, に小網町, に屹度, に成りまする, に手, に指井, に文, に新宿, に更に, に橋向う, に汽船, に汽車, に湯島, に激しく, に牛肉, に球突塲, に由ば連れ, に男, に番町, に百貨店, に眞, に碧童, に稍, に立寄つ, に腰, に菓子屋, に葉書, に蛇坂, に見かけた, に角, に變, に買物, に軍鷄喧嘩, に近, に近所, に途中, に酒, に野毛, に階下, に馬上, に鳥渡千駄木, に麹町, のおそく, のこ, のこと, のこれ, のはげしく, のはつきり, のジヨン萬次郎, のバス, の一パイ, の乘合自動車, の人足, の兒童, の友人, の女, の小, の廊下, の情事, の或, の手桶, の汽車賃, の無き, の無職者, の相合傘, の福田友作氏, の程, の箱車, の自動車, の若, の若者, の路用, の途中, の速, の都合, の醉漢, の門, は, はお, はぐれた, はどうして, はどうしても, はドウセ夜, は上り, は何處, は多勢, は幾代餅, は思ひ, は明神下, は樂ぢ, は此方, は無論, は白山下, は百合子, は石原, は雨, は頂上, は鬼子母神, まして後, まして第, ましよう, また往い, また澎湃, まだ陽, まで附き, まんじりとも, みちには, みち友人の, もしない, もならず, も出, も絶えた, も遲いが, よ, よお前, よ皆, わたしは, を, をいそぐ, をお, を今, を來, を便々, を出, を喜ん, を待ちし, を待ち受けた, を待っ, を心配, を急いだ, を急がう, を急ぎ, を知らせ, を誘つて, を迎, ギベルリニ黨は, グリフォネは, トロイア軍の, ドカンと, フト出來心で, フト畑の, マシヨマシヨ, ラムプの, ヴェニスにて, 一三〇〇年ミラーノの, 一二九四年に, 一二六九年の, 一時泉岳寺畔に, 一杖一鉢常の, 一番上側に, 上から, 上樣には, 下手人の, 二人一所に, 二十年前の, 井戸を, 人を, 人垣は, 今や現に, 伜の, 何やら主人, 來ざりし, 來し, 來たり, 來たれ, 來なく, 來ね, 來べき, 來べけれ, 來む, 來らざる, 來らぬ, 來れり, 來んまでの, 來ん時誤りて, 來玉ひし, 來給ひし, 來給ふこ, 候故, 僅かに, 僕は, 入船町の, 入院し, 兩國へか, 八十八歳の, 六月頃まで, 兵車より, 其頭を, 兼る, 内祝言を, 十年振りで, 十風と, 千六百四十年に, 原上の, 去る, 去ること, 又高, 友達の, 同七二年, 吾妻屋永左衞門は, 喜べり彼らは, 土地の, 城内の, 夜が, 夜遊びに, 妻子に, 嫁入の, 子供達は, 客を, 宵闇の, 家まで, 小樽新報を, 川崎の, 己の, 市の, 平次に, 平次は, 度いと, 度いんです, 度く, 庭の, 後から, 後また, 得む, 我かしこに, 我の, 或は月, 或者, 房内に, 折柄の, 提灯を, 支度と, 支度の, 旌を, 旗を, 既に大組, 明朝鹿之助の, 明神下の, 是までの, 更に再び集り, 月末には, 本日は, 果て, 染五郎は, 柳原で, 橋の, 檜物町を, 櫃に, 次第すぐ, 次第兎に, 此處には, 歸りした, 段々若返りし, 母へ, 派手な, 温くなりかけた, 父元宗の, 爾來公, 町を, 町内の, 白山あたりへ, 直に臺所, 相は, 着きけん, 私は, 築土八幡樣, 素知らぬ顏, 給はずばと, 給ひ, 給ひしなれ, 給ひぬ, 給ふか, 續い, 美なる, 聖ベルナルドゥスを, 聖母と, 自分は, 船の, 芥川僕ちやん, 若旦那を, 荷だ, 荷物を, 著かず, 著かれよう, 葬儀を, 血と, 谷中から, 谷中へ, 路, 路さ, 路には, 路ガラツ八は, 路八五郎は, 路朝の, 身の上を, 車なら, 近道を, 途なる, 途は, 途まで, 途も, 途四目垣の, 途東兩國の, 途金澤町へ, 道ときたら, 道にでも, 道は, 道田井さんと, 遲くもない, 遲れた, 門前町の, 間も, 間もなく友人, 際の, 際は, 際平次は, 難い物, 難からう, 雷門へ, 音樂の, 駿介は, 騷ぎが, 默つて國友の

▼ 歸つて~ (633, 8.6%)

40 見ると 32 行くの 26 しまつ 17 行きました 9 いつた, 行く 8 お呉れ, 呉れ 7 いらつし, もい, 行くと 5 ゐた, 行くこと 4 しまつて, ゐて, 入らつし, 居ります, 行きます

3 [13件] くる, も構, ゐたの, ゐら, ゐる, ゐるの, 呉れと, 御米, 行きましたが, 行くだらう, 行くので, 行くもの, 見ますと

2 [22件] いつて, から, からその, からにしよう, からのこと, からまだ, くろ, と例, の報告, は來, やると, ゐた間, 去つた, 呉れとて, 居たので, 居る, 待つて, 知らん顏, 考へて, 行くお, 行くやう, 行く平次

1 [350件] あた, あの女, あの川, あの材木會社, いつたあと, いつたお, いつたが, いつたといふ, いつも寢, いらしつて, いろ, お, おくれ, おくれお前, おくれよ俺, おしまひ, おせい, おつかさん, おやすみ, お光さん, お寢, お床, お着換, かう云, からかな, からこの, からそつ, からそれ, からそれとなく, からでなく, からというふも, からとしよう, からと返事, からの一個月, からの事, からの仕事, からの樣子, からの熊吉, からの爲事, からの私達, からの詩數篇, からの靜子, からはこの, からは何, からは普通, からまで其事, からもこの, からもすぐ, からもそれ, からもそんな, からもたか子, からもなんだか, からもぼつ, からも一日中, からも全く, からも杉村, からも矢張り仕合せ, からも私, からも胸騷ぎ, からも芝, からも貪り見た, から一刻, から三月, から二度目, から二日寢, から二週間經過, から今, から傍, から僕, から兄, から其の, から再び, から出かけ, から出掛る, から別に, から又, から君子さん, から喰, から四半刻, から土藏, から夜一夜苦しみ, から大, から女, から妻, から子供等, から客, から巖, から年貢, から幸福, から往年, から待て, から御馳走, から手, から手近い書, から挨拶, から摺り換, から晩餐, から書いた, から松葉屋, から校正刷, から段々, から毒, から氣, から洗, から渠, から父, から猶, から當日, から當時, から當時イ, から病氣, から直ぐ, から相談, から祖母, から私, から義雄, から考へ, から聞いた, から良人, から葉書, から話す, から車, から頻りに, から齋藤, か顫, きてたが, くだすつて, くると, こいと, これから汗, して, しなければ, しばらくする, しまつたら一生, しまつたら好かつたか, そのこと, その事, その名物, その疲れた, その通り, それから僕, それから夕食後, それに利雄さん, ね, ね私, の第, はならぬ, はゆけなかつた, は下さいませ, は何, は大小, は居ません, は濟, は見た, まだ吉左右, まゐりました, まゐります, も, もいい, もう一度私, もう三月, もう四半刻以上, もう夕飯, もえ, もさうだ, もその, もその後何年, もそり, もふじ子, もまだ, ももと, もよから, もよろしい, もら, もらつた雜誌, もらつてもすら, もらひたくて, もろくに, もゐない, も何, も來, も大して, も大丈夫, も大事, も孝高, も宜, も尚, も屹度, も彼, も後, も恰好, も暫く, も歌人香川景樹, も親父, も遲, も頭, やがて家祿, やりたいやう, やる, ゆきほか, ゆき夜, よおし, よく氣, よく話し, らしやるの, る留守, わが大師, ゐたお, ゐたとは, ゐたので, ゐた堺, ゐた小出氏, ゐた弟, ゐた時, ゐた福田氏, ゐた義男, ゐた郷里, ゐない, ゐないと, ゐなかつたが, ゐなければ, ゐまい, ゐますか, ゐますよ, ゐるが, ゐるし, ゐるぜ, ゐると, ゐるとは, ゐるべき筈, ゐるまで, ゐるやう, ゐる子供達, ゐる繼母, ゐる間, をりました, 下さらないと, 二度と此處, 今に來, 休みました, 休んで, 何と言, 倒れるまでに, 働いて, 再會, 冷たい蒲團, 出した奏摺, 半刻, 又七, 又仰山, 又出直す, 又戻, 古い春, 叱られるし, 同じ宿, 呉れいて, 呉れつて, 呉れぬか, 坐らなければ, 大恩, 宜いんです, 小商, 居た, 居た八五郎, 居つたらば, 居つて, 居ないか, 居ます, 居りますから, 居るかも, 居るから, 居ること, 居る御新造, 居る筈, 居れば, 幾らか暖まつた, 往き今一人, 御里, 悉く蜀黍, 戴きたいなんて, 改めて障子, 改めて飮, 早速亭主, 暫くし, 暫くロンドン, 暫く經つて, 歩き出したが, 死んだこと, 殺して, 清から隱居, 漸くくつろいだ, 漸く豆, 濃い熱い茶, 熱い茶, 直ぐその, 置いたと, 考へると, 聞いて, 聞くと, 若樣, 行かうと, 行かうとして, 行かなかつた, 行かれるので, 行きましたよ, 行くうしろから, 行くお仙, 行くほか道, 行くん, 行くガラツ八, 行く三藏, 行く二人, 行く伊勢屋新兵衞, 行く八五郎, 行く冥途, 行く國松, 行く外, 行く姿, 行く方, 行く松五郎, 行く母, 行く氣持ち, 行く老, 行く自分, 行く藤, 行く越後屋, 行く足音, 行く身, 行く鳥, 行けないお前, 行けば, 行けるもの, 被入つ, 見た, 見たさ, 見たら, 見て, 見なくつちや, 見に, 見ましたが, 見ること, 見れば, 親しい人達, 話したこと, 話すと, 讀んで, 貰うて, 遣つたこと, 間もなく皆んな顏, 阿母さん

▼ 歸~ (483, 6.5%)

84 うと 24 うか 22 なければ 1612 ないの, なかつた, ねば 11 うよ 10 うとは 9 ないと 8 ない, なきや 7 しむ, ずに, ないで, なかつたと 5 うぜ, うぢ, うとして, ず, ないから, ないので 4 うとも, なかつたの, まし 3 せ給, ないさ, ないん, ぬ, る

2 [19件] うかとも, う八, ざりければ, ざりしかば, じ, ず私, せて, ないし, ないつもり, ないよ, ない自分, なかつたん, なかつた晩, なくち, なくては, ぬこと, ぬと, ぬやう, ぬ事

1 [132件] うかとふと考, うかと思, うかと思つて, うかと思ひました, うかと思ふ, うかと考へた, うが, うけれど, うこれ, うただ, うでは, うといふ, うといふところ, うとて, うとな, うよね, う夜露, ざりせば, ざることなれば, しむべき唯一, しむ彼, しめなと, じと, すの, ずお, ずお針, ずその, ずそれから, ずと, ずとて, ずなつ, ずや, ずカムパネルラ, ずジヨバンニ, ず下女, ず今朝, ず内儀, ず四方, ず妻, ず家, ず次男信太琉球, ず正直, ず氣, ず江戸, ず物, ず直ぐ, ず若い, せず自分, せたが, せました, せましたが, せましよう, せる, せること, せ病氣, ないかも, ないけれどね, ないこと, ないしろ物, ないだらう, ないぢ, ないつて, ないつて言つて, ないでも, ないなら, ないのでね, ないはず, ないやう, ないわ, ないんで, ないツ, ない上, ない事, ない前, ない留守家族, ない積り, ない筈, ない覺悟, なかつ, なかつたが, なかつたので, なかつたら私, なかつたんで, なかつた申譯, なかつた老婦達, なかつた長い, なくつちや, なくて, なくなつた, なくツ, なけり, にや蹴る, ぬうち, ぬこと何年, ぬだらう母子共健在, ぬといふ, ぬとか, ぬとは, ぬので, ぬもの, ぬ人, ぬ内, ぬ决心, ぬ古里, ぬ夜, ぬ客, ぬ故郷, ぬ昔, ぬ松一株, ぬ水, ぬ決心, ぬ海, ぬ覺悟, ぬ鳩, ねえこと, ねえし, ねばいか, ねば承知, はつた, はつて, はるの, はる事, ばこれ, ばわが, ば折檻, ば汝, ば路用, むか, むことの, るとき, るれば, んずる

▼ 歸つた~ (268, 3.6%)

10 ところで 7 んだ 6 ところを, と言, のぢ, よ 5 やうな, んだらう 4 か, ことが, でせう, ばかりだ 3 がその, ことだらう, といふ, といふの, ところへ, やうで, 筈の

2 [18件] からすぐにいらつしやいつて, ことは, といふこと, ときは, とき御, と聽, と見えます, に違, のでせう, は惜しい, ばかりぢ, ばかりで, ばかりです, ものである, も同じ, も見, やうでございます, 筈だ

1 [144件] かそれとも, かともいはない, かどう, かね, かのやう, かもう, かも知れない, からだ, からである, から何處, から安心, から後, から湯殿, から飛んだ行き, か一刀, か知ら, か親仁, か調べ, があがらない, がいや, がさ, がさて, がね, がまた, が丁, が三百八十兩, が井出君, が四間以上, が塔, が大, が姉, が家, が後, が後で, が心, が數日後, が新宿, が最後手紙, が逢, が閉め切つた, きりだつた, きりズット見えない, きり一と, きり店から, きり音沙汰の, ことなど, ことなんか, ことに, ことも, し, し徳松, ためおそく, ため遂に, だか, だから逢, であらう, で四季折々, といつ, といふお, といふぜそれ, といふん, といふ噂, といふ外, といふ娘, といふ安らかさ, といふ弟, といふ有名, といふ段取り, といふ記録, といふ面白い, とかの, ときから, ときでも, ときには, ときひどく, とき内地は, とき太宗の, とき嫂は, とき戸締りに, とき眞に, とき見る, ところぢや, ところである, とて迚, とのこと, との事, とは知る, とは言, とわかれ, とヘン, と云, と巡査, と思はれる, と思ふ, と成つた時, と次, と見え, と言つて, と言ふし, と門口, ならば, にし, に間違, のう, のであつ, のでをぢさん, ので心, ので氣, ので照ちやん, ので私, ので結局, はうが, ばかり, ばかりその, ばかりでございます, ばかりと云, ばかりの今夜, ばかりの晴着, ばかりの疲勞, ばかりの私, ばかりの蒔清, ばかりの顏, ままの, ものだ, ものなら, ものの, ものは, ものも, やうだ, やうです, やうに, よし, らしい, らしいが, らしい生垣近く, ゐて, んです, んで何, 其の箭先, 如く滿足, 御女中, 新宗旨, 明る日, 筈です

▼ 歸~ (240, 3.3%)

49 てきた 39 てくる 28 てゆく 19 てしまひました 16 てくれ 10 てき 9 てしまふ, て下さい 5 て行く 3 てしまう, てしまはう, てしまひ, てしまひます 2 たりした, たりする, てこなかつた, てしまおう, てしまへ

1 [34件] たかい, たといつて, たま, たらしくさ, たり又, たり大膳坊, たり少から, たんぢや, ちやどう, ちやなら, ちや嫌よ, ちや戸の, てい, ていた, ていただきたい, ていらした, ていれ, てきました, てきや, てくれつ, てくれました, てこない, てしまひたくなる, てみた, てみたら, てみる, てみれ, てやる, てやれ, てゆくべき, てゆくらしい, てゆけ, て下さいまし, て欲しい

▼ 歸~ (147, 2.0%)

4 てやつ, て了 3 てくれ, てくれない, てし, てしまひ, てしまふ 2 ちやなら, てたつた, てゐる, て悄然, て行く, て貰

1 [112件] あまねく海内, かくして王妃, この物必然, その代り, その代り騷ぎ, たり, たりき, たりし, たりしも復, たるが, ちや万一, て, てあつた, ておけ, てお通夜, てからお, てから暫く, てから臺所, てくれた, てくれる, てしまい, てしまはう, てしまひました, てはくれません, てもら, ても可, てやつて, てやる, てよ, てより, てよりは北條氏, てゐ, てゐた, てブラブラ, て下さい, て下さいません, て且, て主, て了つて, て他者, て來ましよう, て勇吉, て取れ, て否決, て唯, て大野田仁左衞門, て天災, て妹, て居る, て岡山, て已, て庭, て徂徠, て想像, て手古奈, て提灯, て染五郎, て汝恥辱, て決して, て畢, て私, て縁側, て纔, て肉體, て自ら刑, て自分一人, て自殺, て解釋, て警察官, て讀書社會, て遂に, て隱, になりました, はしない, ひつそりと, や宜, を願ひたい, シャンドルフは, ・後の, 一二八八年七月ウゴリーノ及び, 主として其改革, 人命の, 伯の, 來る, 其の少, 其僧主と, 其端正, 參らせじ, 又は歸せん, 少し醉つて, 平次は, 弱息穉子, 彼女に, 彼方より, 後者の, 或者, 或者地, 所謂實際主義を, 文學も, 日露戰役の, 是れ, 時代は, 村そのものも, 次で, 爭を, 王の, 申候, 直ちに行李, 給ふ, 自己に, 裏表の, ,社會組織の

▼ 歸つたの~ (141, 1.9%)

10 はもう 7 である 6 か, だ, です 3 であらう, は, は亥刻

2 [12件] かな, ですか, では, はその, はやがて, は何刻, は夜, は日, は薄暗く, を知つて, を見た, を見る

1 [73件] かしら, かその, かと母, か兩親, か戻, がふと, が一代, が九時前, が亥刻, が夜半過ぎ, が大正四年頃, が怪しい, が段々, だから, だつた, だといふ, だな, だ相, でございます, で御座います, には既に, にガラツ八, に相違, はありません, はあれ, はお, はそれから, はそれでも, はツイ一, はツイ半年, は一人, は一番先, は三年前, は九時過ぎ, は二十一日, は二度目, は二日目, は亥刻頃, は今, は何刻時分, は何時頃, は八時近く, は其晩, は十一時, は十一時頃, は十二時過ぎ, は十時半頃, は千八百七十三年, は半歳前, は喜太郎, は増上寺, は多分, は子, は富江, は後で, は戌刻, は未だ, は本, は無理, は翌, もお, もそんなに, も何, も知らず, や用事, よ, よお, をみんな知つて, を戀, を氣, を珍, を財布ごと死骸, を追

▼ 歸~ (104, 1.4%)

6 と云 4 と言 2 といふ, といふ電報, ども, ばダンテ, ば可, 主人の, 戀人くちびるは, 歸れ

1 [78件] あしない, かし而し, この事理, この馬鹿野郎, さうもない, そのこと, てよかつ, といひ越せ, といふなら, といふの, といふ手紙, とさり, とでもいふ, とは世界, とは云, とや, と云つたぢ, と云つて, と仰つ, と先生, と勸め, と叫ん, と呼ん, と命令, と外, と言つて, ども世, など云, なんていふ, ば, ばい, ばお, ばお家, ばきつ, ばしみじみ, ばすぐ, ばまた, ば人來, ば半, ば卓上, ば只, ば壁, ば夜, ば存分, ば宜, ば峰, ば川, ば川上僅か, ば彼等, ば必ず, ば我, ば有情, ば歸つた, ば父, ば直に, ば矢張り元, ば花, ば衆人, ば見積り, ば誰, ば露月, ツて, 何處へでも, 兄に, 其の櫟, 君, 好きな, 屍體を, 嶺の, 月波の, 此家に, 歸れつて, 直ぐ歸, 袷の, 豪勇の, 轟雷の, 都合の, 馬鹿野郎

▼ 歸つて行~ (95, 1.3%)

82 つた 7 つたが 1 つたとき, つたとき何ん, つたよ, つたらう, つたん, つて

▼ 歸する~ (89, 1.2%)

5 ことは, ところは 4 のである 3 ことが, ところの 2 ことである, ことに, ことを

1 [63件] かもしれない, から實, か然, が如く, が實, ことこれを, ことさへも, ことと, ことなり, ことにだけは, ことによ, こと勿れ, こと生の, ところ, ところへ, ところを, ところをば, ところ木版彫刻今日で, ところ造糞機たるに, とを論ぜず, と云, と同時に, なからむ, にいたれる, につれて囘想, に似, に拘はらず, に當, に至る, のだ, ので, のであ, のであります, ので貴方, のは, のを, の理論, は第, ものある, ものとして, ものなり, ものに, やうである, やうな, より外, を哀, を待つ, を願, 一切の, 乎と, 外は, 完全性の, 影の, 所は, 所わが, 所同じ, 故一切は, 望みを, 結果だ, 處は, 説は, 譯であります, 迄

▼ 歸つたら~ (52, 0.7%)

2 ば宜しく

1 [50件] あたい獨り, あてが, いいだらう, いかんいふ, お靜, この多勢, この月, すぐに, どうか, どうかな, どうかね, またぶらぶら, もう何, もう來, もう駄目ぢ, 三時で, 主人に, 二度と戻, 何でも送つ, 何とかし, 内輪の, 又どうにか, 可から, 嚊でも, 子供たちを, 安之助と, 寢る, 少し身躰, 己は, 平次へ, 承知しない, 接吻し, 早速比叡, 是を, 暗くなるだらう, 松井が, 此度は, 浴衣に, 然う, 父さんや, 皆んなに, 直ぐに, 直ぐハガキ, 相談し, 能く, 花で, 芹や, 葉書で, 間もなく淺草, 鳥を

▼ 歸した~ (48, 0.7%)

5 のである 4 方が 2 のだ, のは, んだ

1 [33件] あとが, からである, が二回目, が屆, ことが, ことは, ことを, という事實, といふこと, と思はれた, と記載, のが, のであらう, のであります, ので古書佚亡, ものである, ものと, ものに, ものは, んです, ツて, 上で, 上八五郎一人を, 主體, 先の, 後で, 敦煌の, 時には, 時の, 有の, 自己を, 見物人は, 點も

▼ 歸ります~ (42, 0.6%)

852 と小さく, 一人で, 左樣なら

1 [23件] お歸, か, から, からお先, からね, からね今夜, から上つて, が, がね親分, がまだ少し, が舞臺, ぜ, といふ, とこれから, とも, ともあなた, のに, べつて云, やう, よ何, 又の, 毎朝缺か, 迄と頼ん

▼ 歸りました~ (35, 0.5%)

1072 がその

1 [16件] お休みなさい, がもう, が一緒, が不思議, が今朝, が少女, が惜しい, が暮笛集, が翌, が腰越, が間もなく, でせう, の, のださうです, 妙に, 許り

▼ 歸~ (34, 0.5%)

2 とその

1 [32件] ことが, ことにな, ことも, だらうから, と, といふ, といふ意味, といふ所, といへる, とか何, とか歸, とガラツ八, と入れ, と平次, と致さう, と雖, なんて殘念, に決つて, のである, のは, ゆゑに一を, よ, より外, 代りうんと, 何んな, 故に悔改めよ, 故に經濟的競爭, 時と, 殆ど籠城, 潮時を, 當ても, 臭穢の

▼ 歸って~ (33, 0.4%)

8 來た 4 來る 2 來ました, 行った

1 [17件] いってからという, おもらい, おやすみに, ください, しまったらあなた, それからどこ, みえたが, みえたら二週間, みると, 來たら, 來ちゃ, 來て, 來てからに, 來ない, 來まい, 行こうと, 行ってからも

▼ 歸らん~ (32, 0.4%)

62 とす, や

1 [22件] か南海, か否, か紀, ず, といかん, といつた, といひ, とおも, とする, とせし, とてアヴェンティヌス, とて立上り, との, との計, とクロステル巷, と云つて, と子ープルス港, と當夜十一時半拔錨, に, のかね, は一時間, は何ら

▼ 歸れる~ (31, 0.4%)

1 [31件] か, かしらと疑ふ, かしらどう, ことを, とき, とき動かざる, とき換言すれ, としても日本, と思, と思ふ, と言, に別れ, に心, のだ, のは, は八月, ものぢや, わ, ティスベ自刃せる, 位ゐ, 刹那に, 彼を, 後, 日, 時タイスの, 時我は, 札幌を, 紳士幸あり, 者の, 譯で, 途すがらに

▼ 歸つた時~ (30, 0.4%)

1 [30件] お霜婆さん, この鳩, でなきや, と朝寢, にはいくらか, にはレイバーン, には亞尼, には初太郎, には已に, には母, には激しい, に月, の冷淡, の母, はお, はかれこれ, はどこ, はまだ, はもう, は何處, は先, は反, は女房, は御, は此, は汗びつしよりになつてゐました, は踊子, も稻妻, 御米, 詳しく話した

▼ 歸りたい~ (29, 0.4%)

2 か, といつ, と言

1 [23件] が旅費, つて少, とさ, とて歸りよ, とばかりあせつ, とも思はなかつた, と仰しやり出した, と存じます, と思います, と思つて一生懸命, と思ひました, と思ひます, と思ふ, な, なア, のか, のだ, のである, やうに, わ, 樣子で, 氣持が, 氣持ちに

▼ 歸つた後~ (24, 0.3%)

2 で彼

1 [22件] であ, であの, でお, でお玉, でした, でガラツ八, で不意, で半, で木戸, で柱, で考へ, には家, の戸, の智惠子, の毎夜, は傷ついた, は已む, は本, へ行つて, までも瞼, を見る, 暫くの

▼ 歸~ (22, 0.3%)

10 なさい 2 なさつたの, なすつた 1 なさいあんね, なさいとも, なさいな, なさい出て, なさい歸, なさつたんぢ, なさる身體, なすつて奧さん

▼ 歸りませう~ (21, 0.3%)

43 歸りませう 2

1 [12件] え, かと立ち上る, から, さア, と思ひました, と言つて歸, など, ね, はあ一刻, よ八丁堀, 如何樣, 親分

▼ 歸るべき~ (17, 0.2%)

3 家も 2 家が

1 [12件] なり, に非, 任を, 夏にも, 妻も, 家を, 宿は, 時だ, 處ぢや, 術を, 道を, 願切なる

▼ 歸つたあと~ (16, 0.2%)

1 [16件] お銀ちやん, その夜遲くま, であつ, でふと, で主人, で宗助, で掃除夫, で芥川, なの, におそらく, のこと, の感想, の芥川, は嵐, までも喜んだ, も樂

▼ 歸れない~ (15, 0.2%)

2 ほんの附景氣

1 [13件] かも知れない, ことに, ことも, と云, と思います, と決る, と渠, にきまつ, のだ, のでここ, 事が, 第一武家, 筈は

▼ 歸~ (15, 0.2%)

2 待ち受けて, 意味する

1 [11件] なし得ること, 同じうし, 告げ知らせて, 命ぜられた, 待つ, 待てる時, 成就する, 期せず, 求めそれ, 行ひ, 遂げること

▼ 歸~ (14, 0.2%)

2 りの

1 [12件] さうと, さば, せと, つた時は, つて行つた, らなけ, られ十七日, りか, りて, りでしたと, りを, れない事

▼ 歸したる~ (12, 0.2%)

1 [12件] が天子, は勿論, は我輩, ものが, ものである, ものと, アは, 内容の, 始終を, 存在の, 状態に, 身體の

▼ 歸つて貰~ (11, 0.1%)

5 はう 1 つたが, つたよ, はうぢ, ひ度さ, ふ, ふ筈

▼ 歸へる~ (11, 0.1%)

1 [11件] ことにより, さに, に及, のだ, のです, のを, もあつ, もあり, わ, 船が, 途中エドフデンデラと

▼ 歸られる~ (11, 0.1%)

1 [11件] か, だけの自信, なんか, のだ, のを, ように, んです, 事に, 物で, 福原君と, 錢形の

▼ 歸さう~ (10, 0.1%)

2 とした 1 か, とする, と佐佐, と思, と思つた, と思つたの, と思ふ, と致しました

▼ 歸つて了~ (10, 0.1%)

3 ひました 1 はれたもの, ひましたから, ひます, ひ夕飯, ふけれども, ふことも, ふとい

▼ 歸られた~ (10, 0.1%)

2 すぐあと, ものを 1 とき何にか, やうに, 折竹先生を, 捨子でございます, 時に, 筈です

▼ 歸りし~ (10, 0.1%)

2 ことなき 1 ことは, 人ぞ, 人の, 後は, 後人々は, 後夜もすがら, 時聟と, 母の

▼ 歸つて參~ (9, 0.1%)

5 りました 1 られたの, りましたが, ります, りますから

▼ 歸られ~ (9, 0.1%)

1 しか然るに, それ計りで, ちや私が, てから幾年ぐらゐ經つて之, てはとご飯, て居る, 一度聽, 井出君ひとりで, 翌る

▼ 歸りで~ (9, 0.1%)

1 お一人, でもあつ, どこかに, は無い, もない, 其儘に, 外人の, 履物を, 錢形の

▼ 歸りです~ (9, 0.1%)

71 かせめて, な

▼ 歸~ (9, 0.1%)

2 て來 1 た, たの, た事, てから僕, てゆく, てゐた, て行ツ

▼ 歸され~ (8, 0.1%)

1 てしまひました, てその, て枡田屋, て氣拔, 俵屋は, 掛り人の, 染五郎と, 色男の

▼ 歸された~ (8, 0.1%)

1 が眞當, と, のです, ので今度, のは, ばかりぢ, ばかりで, ばかりのお

▼ 歸せん~ (8, 0.1%)

4 とする 2 ことを 1 とした, とてこ

▼ 歸りつ~ (8, 0.1%)

2 いた, いたの 1 いた時, いて, いてるの, て寸法

▼ 歸~ (8, 0.1%)

1 しその或, したと, したる敵將, した外人, した姓名, した所, して, し來

▼ 歸~ (7, 0.1%)

1 しもピストイア, それでも聽, たまはむ, といふ, とうるさく, と命じた, ば親

▼ 歸せし~ (7, 0.1%)

1 て言教, むとの, むるを, むる企ては, むる所以で, むる譯には, めんとしても

▼ 歸つて仕舞~ (7, 0.1%)

2 たから, ふ餘 1 つた, ひたいの, ふのに

▼ 歸つて行つたの~ (7, 0.1%)

1 だ, ですが, はたしか, は何刻, を二人, を呉葉, を見た

▼ 歸らし~ (7, 0.1%)

1 て呉れ, て頂き, て頂きました, むる, むることあらば, むること勿れ, めんと

▼ 歸りたく~ (7, 0.1%)

1 なつた, なつたの, なつたら, なつた時, はない, は無い, ツて

▼ 歸りたくない~ (7, 0.1%)

1 か, からどこ, しその, と云つて, と申す, 夜の, 東京へ

▼ 歸りだ~ (7, 0.1%)

1 から, から世間, から物盜, とか謂ツ, とのこと, と話, など

▼ 歸るなら~ (7, 0.1%)

1 おら今が, ば最も, ば自然主義, 旅費ぐらゐはするつもりぢやが今の, 早く歸, 歸る, 血の

▼ 歸~ (6, 0.1%)

2 ないよ 1 うかと相談, ないと, ないやう, ない無理

▼ 歸すべき~ (6, 0.1%)

2 もので 1 か, は理, ものかと, ものなら

▼ 歸せざる~ (6, 0.1%)

2 をえず 1 に似, をえじ, を得ず, 間は

▼ 歸せね~ (6, 0.1%)

4 ばならぬ 1 ばならぬであらう, ば止まぬ

▼ 歸つた事~ (6, 0.1%)

1 があつ, もなく, も仔細, やそれ, を話した, 凡そ前日來經歴

▼ 歸つて湯~ (6, 0.1%)

5 に入 1 を使

▼ 歸つて私~ (6, 0.1%)

1 が二本目, に返, の家, の水差, はすぐ, はアンモニア

▼ 歸~ (6, 0.1%)

4 云ふ 1 す故に, 實在

▼ 歸~ (6, 0.1%)

2 客と 1 中に, 日に, 職工で, 見込みは

▼ 歸せしめる~ (5, 0.1%)

2 ことによ 1 からである, と共に有, 迄はと云つた風

▼ 歸つたさうです~ (5, 0.1%)

21 から一應, がいづれ, ねえ

▼ 歸つた方~ (5, 0.1%)

3 がい 1 がいい, がよから

▼ 歸つた晩~ (5, 0.1%)

1 から自害, すぐ手, に限つて, も私, を覺

▼ 歸つた樣子~ (5, 0.1%)

2 です 1 でしたが, で格子, もありません

▼ 歸つて寢~ (5, 0.1%)

1 かした, たいと, たので, てしまひました, る事

▼ 歸つて間~ (5, 0.1%)

2 もない, もなく 1 も無く

▼ 歸~ (5, 0.1%)

1 するよ, 依つて六朝時代, 兵庫の, 就く, 引張つて

▼ 歸へり~ (5, 0.1%)

1 になつたの, は亦, 太守がり, 父に, 父の

▼ 歸らざる~ (5, 0.1%)

31 の意, はその

▼ 歸られない~ (5, 0.1%)

1 ことに, となる, もので, よ, 殊に今日

▼ 歸りまし~ (5, 0.1%)

2 て又 1 てね, て僕, て年寄衆

▼ 歸りや~ (5, 0.1%)

1 ええのに, しない, しない夜, 宜い, 宜いんだ

▼ 歸るだらう~ (5, 0.1%)

1 と云, と思つて, と言, ゆつくり話し, ツて

▼ 歸つた平次~ (4, 0.1%)

1 は主人源左衞門, は今朝, は朝, は本

▼ 歸つた時刻~ (4, 0.1%)

1 が聽, は, は誰, を調べる

▼ 歸つた樣~ (4, 0.1%)

1 な大, な氣持ぢ, な譯, に身

▼ 歸つた當座~ (4, 0.1%)

2 の世の中 1 はまだ, は二十何圓

▼ 歸つた相~ (4, 0.1%)

1 だな, で, です, です大分醉つて

▼ 歸つてそれ~ (4, 0.1%)

1 からすぐ, から少し, つ切り急ぎ, を一本

▼ 歸つて今~ (4, 0.1%)

2 まで通りつ 1 の息, 迄寢

▼ 歸つて來たん~ (4, 0.1%)

21 だが, だと

▼ 歸つて机~ (4, 0.1%)

3 の前 1 に向

▼ 歸つて母~ (4, 0.1%)

1 と食卓, に和尚さん, の差入れ, を養

▼ 歸つて自分~ (4, 0.1%)

1 が衞侯, の居間, の机上, の眼

▼ 歸つて行つた~ (4, 0.1%)

1 から東京, といふだけのこと, といふ話, とわかりました

▼ 歸~ (4, 0.1%)

1 そのままに, はじめより, 彼自身にと, 黄老に

▼ 歸られず~ (4, 0.1%)

1 そのま, に居ます, 室の, 私は

▼ 歸りか~ (4, 0.1%)

1 と起, なんかで通り, をこ, 或は私

▼ 歸りかけた~ (4, 0.1%)

1 時でございました, 時分に, 足を, 頃何を

▼ 歸りかける~ (4, 0.1%)

1 しさ, と他, 歸り, 熊吉に

▼ 歸りさ~ (4, 0.1%)

3 へすれ 1 うもない

▼ 歸りたる~ (4, 0.1%)

2 夏分などは 1 ことも, 財寶を

▼ 歸りません~ (4, 0.1%)

1 か, と云, の, よ

▼ 歸り行く~ (4, 0.1%)

1 のである, 人々が, 男の, 者の

▼ 歸れなく~ (4, 0.1%)

2 なつて 1 なつた, なつて陸

▼ 歸ろう~ (4, 0.1%)

1 かと思いはじめた, つと, として難波, よ

▼ 歸される~ (3, 0.0%)

1 と直ぐ, のが, ものだ

▼ 歸してやる~ (3, 0.0%)

1 とそれから, ともう一度, 約束で

▼ 歸った~ (3, 0.0%)

1 きりまもなく, のは, 男を

▼ 歸つたぢ~ (3, 0.0%)

2 やない 1 やありません

▼ 歸つた翌日~ (3, 0.0%)

1 から三日, の午前, 直ぐまた

▼ 歸つた跡~ (3, 0.0%)

1 でお, と見え, を見る

▼ 歸つてしまつて~ (3, 0.0%)

1 から二人, はいけない, ゐます

▼ 歸つて一~ (3, 0.0%)

1 と休みし, と休みする, と風呂

▼ 歸つて彼~ (3, 0.0%)

1 の貴族的, は今何, は組合

▼ 歸つて晝寢~ (3, 0.0%)

1 でもしたら, でもする, をし

▼ 歸つて百姓~ (3, 0.0%)

1 するの, するよ, をし

▼ 歸つて蒲團~ (3, 0.0%)

2 の中 1 に這入

▼ 歸らんこと~ (3, 0.0%)

1 は今, を命ずべし, を待ち

▼ 歸らんため~ (3, 0.0%)

1 このひそか, なりされど, に猶

▼ 歸りき~ (3, 0.0%)

1 ける時, て, て太古

▼ 歸りで御座います~ (3, 0.0%)

1 か, かちと, からまア

▼ 歸りぬ~ (3, 0.0%)

1 といふ, と答, 若くしてわれ戰場

▼ 歸りらしい~ (3, 0.0%)

1 お瀧, 子供と, 幾十人かの

▼ 歸れた~ (3, 0.0%)

1 かどう, ような, 勘定だ

▼ 歸れつ~ (3, 0.0%)

1 たら私, てそんな, て言

▼ 歸えり~ (2, 0.0%)

1 に寄ん, やがれ

▼ 歸~ (2, 0.0%)

1 そのいづれ, 勢よく

▼ 歸さず~ (2, 0.0%)

1 においた, 佇立める

▼ 歸されました~ (2, 0.0%)

1 が亂暴, ぜ

▼ 歸します~ (2, 0.0%)

1 からし, とね大

▼ 歸すべ~ (2, 0.0%)

2 からず

▼ 歸すべきである~ (2, 0.0%)

1 けれども兩天皇, といふ

▼ 歸す可~ (2, 0.0%)

1 きである, きは

▼ 歸せしめ~ (2, 0.0%)

1 て見れ, むとするは個々の

▼ 歸せなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 歸せられる~ (2, 0.0%)

1 ことを, のであらう

▼ 歸ってからも~ (2, 0.0%)

1 東京と, 眼を

▼ 歸つたお~ (2, 0.0%)

1 時さんとは, 祝ひに

▼ 歸つたさう~ (2, 0.0%)

1 ぢや, で

▼ 歸つたさうである~ (2, 0.0%)

2 がそれ

▼ 歸つたつて~ (2, 0.0%)

1 仕樣, 面白くない

▼ 歸つた上~ (2, 0.0%)

1 でにしよう, で皆んな顏

▼ 歸つた人~ (2, 0.0%)

1 の膳, は憤懣

▼ 歸つた人間~ (2, 0.0%)

1 に眼, を調べる

▼ 歸つた信吾~ (2, 0.0%)

1 が素知らぬ, はさらでだに

▼ 歸つた姿~ (2, 0.0%)

1 を見た, を誰

▼ 歸つた拙者~ (2, 0.0%)

1 に何ん, の妹

▼ 歸つた私~ (2, 0.0%)

1 に喜び, は早速

▼ 歸つた者~ (2, 0.0%)

1 がある, も頻繁

▼ 歸つた頃~ (2, 0.0%)

1 からゲエテ, ちらほら雪

▼ 歸つてしまつたの~ (2, 0.0%)

1 は亥刻, もそれ

▼ 歸つてゆ~ (2, 0.0%)

1 つくり休息, つくり飮

▼ 歸つてら~ (2, 0.0%)

2 つし

▼ 歸つてる~ (2, 0.0%)

1 から, もんだ

▼ 歸つて一杯~ (2, 0.0%)

1 やつて寢, やらうよ

▼ 歸つて下女~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 歸つて二階~ (2, 0.0%)

1 の萬年床, へ上がる

▼ 歸つて今度~ (2, 0.0%)

1 は大, は疊

▼ 歸つて今朝~ (2, 0.0%)

1 まで小さく, 改めて川崎

▼ 歸つて何~ (2, 0.0%)

1 うといふ, か買つて

▼ 歸つて來さ~ (2, 0.0%)

2 へすれ

▼ 歸つて來よう~ (2, 0.0%)

1 が挨拶, とする

▼ 歸つて先刻~ (2, 0.0%)

1 の穴, 起き出したばかり

▼ 歸つて其方~ (2, 0.0%)

1 の所置, を見る

▼ 歸つて女房~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 歸つて妻~ (2, 0.0%)

1 とい, をも貰つて來

▼ 歸つて子供~ (2, 0.0%)

1 に見せ, の時

▼ 歸つて家~ (2, 0.0%)

1 から一, の内

▼ 歸つて寢よう~ (2, 0.0%)

1 と幾度, と思ひました

▼ 歸つて布團~ (2, 0.0%)

1 のなか, を敷き

▼ 歸つて往~ (2, 0.0%)

1 つた, つたので

▼ 歸つて當~ (2, 0.0%)

2 りちらされる的

▼ 歸つて着換~ (2, 0.0%)

1 へし, へて來

▼ 歸つて終~ (2, 0.0%)

1 はう, はれた

▼ 歸つて行つた後~ (2, 0.0%)

1 でお, で妄

▼ 歸つて行つた時~ (2, 0.0%)

1 に其周圍, のこと

▼ 歸つて親分~ (2, 0.0%)

1 のお, の平次

▼ 歸つて錢形~ (2, 0.0%)

2 の親分

▼ 歸つと~ (2, 0.0%)

1 くんな, くんなれな

▼ 歸~ (2, 0.0%)

1 くる, 來さうにも

▼ 歸として~ (2, 0.0%)

1 哲學とは, 神聖者の

▼ 歸によ~ (2, 0.0%)

1 つてはじめて, つて行はれる

▼ 歸らしめ給~ (2, 0.0%)

1 へ, へといふ

▼ 歸らむ~ (2, 0.0%)

1 と思へ, までを扉

▼ 歸られず立て~ (2, 0.0%)

2 しばらく泣い

▼ 歸られませぬ~ (2, 0.0%)

2 五日六日と

▼ 歸らん時~ (2, 0.0%)

1 に其膝, の沐浴

▼ 歸りかけ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, てゐる

▼ 歸りか今日~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ 歸りさうに~ (2, 0.0%)

1 するの, なかつた日

▼ 歸りたかつた~ (2, 0.0%)

1 でせう, のだ

▼ 歸りたくなる~ (2, 0.0%)

1 と誰, 事も

▼ 歸りつくま~ (2, 0.0%)

1 で一言, で私

▼ 歸りでした~ (2, 0.0%)

1 が, がその

▼ 歸りな~ (2, 0.0%)

1 ば, んです

▼ 歸りなさるべく~ (2, 0.0%)

2 金故に

▼ 歸りなされ~ (2, 0.0%)

1 ては都合, エヽ何を

▼ 歸りはこ~ (2, 0.0%)

1 はい, はいつての

▼ 歸りまする~ (2, 0.0%)

2 からは私

▼ 歸りませぬ~ (2, 0.0%)

2 とて驅

▼ 歸りよ~ (2, 0.0%)

1 か佐渡, とハンケチ

▼ 歸り着いた~ (2, 0.0%)

1 のは, 時は

▼ 歸り着き~ (2, 0.0%)

1 て我心, 足を

▼ 歸るで~ (2, 0.0%)

2 はなく

▼ 歸るまい~ (2, 0.0%)

1 とした, と思つたの

▼ 歸る見~ (2, 0.0%)

1 て, ゆ

▼ 歸れなくなる~ (2, 0.0%)

2 かも知れない

▼ 歸れません~ (2, 0.0%)

1 のでその, ので山村

▼ 歸れり~ (2, 0.0%)

1 されど汝, 是抑

▼ 歸準備~ (2, 0.0%)

2 をする

▼1* [525件]

えるぜ, 歸えれさつ, 歸から全部拔書きを, 歸行はれる, 歸ぐかあはれ月波根の, 歸ぐ町の子, 歸さざる迅き, 歸させて, 歸さないでせう, 歸さなかつたものだ, 歸さぬぞ, 歸されないことが, 歸されませんがいづれ, 歸さ來つつ, 歸さ木々のみどり, 歸しかかつて居た, 歸しかけてゐる, 歸ししませんよ昨夜, 歸したいので, 歸したくない氣持が, 歸したれば木, 歸してやらなければならない, 歸しもせず枝, 歸し下されば心, 歸し下すつた, 歸し休ませるものは, 歸し得るものい, 歸し得るであらうか, 歸すべしされど刑罰, 歸するあるのみ, 歸する如きは恐らくは, 歸すればなり, 歸す人は歸, 歸す外はあるまい, 歸せしむべきことを, 歸せしめたことを, 歸せしめたるはパルメニデエス, 歸せしめようとする, 歸せしめられるのでなけれ, 歸せずして拍節, 歸せつて言, 歸せぬもの, 歸せねえが, 歸せられた製作の, 歸か否や, 歸と云, 歸たってもう, 歸っては來なかっ, 歸つたあと清治はまた, 歸つたお前がお, 歸つたさうだとか云, 歸つたさうで秋日和に, 歸つたつて何, 歸つたつて女房も子供, 歸つたのさ尤も雨戸, 歸つたら忘れずに近所, 歸つたら疲れてぼんやり, 歸つたら貸して貰ふよ, 歸つたる吾等の, 歸つたガラツ八は, 歸つたペセタをフラン, 歸つた三吉を待つ, 歸つた主人の奎吾, 歸つた事實はよく, 歸つた二人殊に無意識, 歸つた人々と上方, 歸つた佐藤虎次郎氏や粕谷義三氏, 歸つた例はない, 歸つた侍女菊を熊本, 歸つた儘人知れず裏, 歸つた八五郎から聽, 歸つた兵士のやう, 歸つた切り今にな, 歸つた國松は無性に, 歸つた土産が銘銘, 歸つた天南に娘, 歸つた女となる, 歸つた如水と相談, 歸つた子供は此一夜, 歸つた宗助は又, 歸つた家内の話, 歸つた實感だつた, 歸つた寫經である, 歸つた小籠の戸, 歸つた小間使のお, 歸つた山本正雄こと岡田良造はその, 歸つた年の夏, 歸つた廉がある, 歸つた彼は怠け, 歸つた後一人ニヤニヤと, 歸つた後勘次は, 歸つた後彼少年に再, 歸つた後故郷の根津村, 歸つた後武村兵曹若し軍艦, 歸つた後瘡痍を重く, 歸つた後絹子は自分, 歸つた御風氏は寢食, 歸つた恨みや決して, 歸つた所で殆, 歸つた折に八幡屋, 歸つた故郷の第, 歸つた文吾は小, 歸つた日本貨幣取戻しの, 歸つた日路傍に自分, 歸つた早々の芥川, 歸つた時八點鐘の號鐘, 歸つた時分に父さん, 歸つた時卯平は横, 歸つた時太郎や次, 歸つた時居合はせた, 歸つた時彼は到底, 歸つた時彼女はなんだか, 歸つた時机の上, 歸つた時母君が話し, 歸つた時汽車の中, 歸つた時私はつく, 歸つた時義男は二階, 歸つた晩彼の學資, 歸つた書を成るべく, 歸つた最後の晩, 歸つた櫻木海軍大佐は金モール, 歸つた波斯へ歸つて, 歸つた澄子さんがお, 歸つた濱野さんもどうも, 歸つた熊吉はその後ふた, 歸つた父の袂, 歸つた物をスーツ, 歸つた猫がいきなり, 歸つた玉露が幸, 歸つた王の將, 歸つた田舍で私, 歸つた留學生などが輸入, 歸つた祗園だん, 歸つた節當人に逢つて, 歸つた米松は店, 歸つた結果が表, 歸つた罎の酒, 歸つた芥川が書齋, 歸つた萬三郎がわざ, 歸つた行李や風呂敷包み, 歸つた見舞に持つ, 歸つた許りといふ, 歸つた話を出す, 歸つた銘仙の縞柄, 歸つた鑄掛屋の岩吉, 歸つた頃谷の上, 歸つた頃雨も滋, 歸つた食堂へ復行, 歸つた駿介は煙草耕作者組合, 歸つた黒ん坊のだらうが, 歸つちまつたりしてたら, 歸つてあちらでゆ, 歸つてあれこれ持つて, 歸つていつてる, 歸つておいでになります, 歸つておしまいになりました, 歸つてお前の習, 歸つてお母さんにきく, 歸つてお爺さんに見せ, 歸つてきたんし手, 歸つてきた人のやう, 歸つてきた者はない, 歸つてぐつすりと熟睡して, 歸つてさうした, 歸つてさきの峰傳, 歸つてしまへ, 歸つてしまつただらうと, 歸つてしまつた後にたつた, 歸つてしまつた後花は咲い, 歸つてすつかり氣, 歸つてなにか書置, 歸つてのつそり, 歸つてひつそりとした, 歸つてみつちり修業さして, 歸つてカアキイ色の作業服, 歸つてテーブルの位置, 歸つてフト商賣用, 歸つてホツとした, 歸つて一つ汗でも取, 歸つて一日ゆつくり考へよう, 歸つて一生懸命考へたよ, 歸つて一睡した後, 歸つて一種の臭, 歸つて一緒に生きる, 歸つて三年經て後貴君, 歸つて下宿の内儀, 歸つて不自由をかけ, 歸つて中庭の小さな, 歸つて中西屋にゐた, 歸つて中食をし, 歸つて主人主計樣に御, 歸つて主君に告げよ, 歸つて亂醉した船頭, 歸つて了つたでせう, 歸つて了つて數ある卓子, 歸つて了ふかも知れぬ, 歸つて二階座敷に寢, 歸つて五六日しかたつ, 歸つて亡なつた, 歸つて亡き人の姉, 歸つて人見寧梅澤敏など, 歸つて今日ハンケチに叩い, 歸つて今日一日の見聞, 歸つて以來今までこんな, 歸つて以後一切關係を斷, 歸つて伊之助は纏つた禮, 歸つて何んにも言はず, 歸つて何處までもお, 歸つて佛樣の前, 歸つて來それと共に新しく, 歸つて來たことしかも, 歸つて來やうが氣, 歸つて來んださ, 歸つて來房へ入, 歸つて來無いもの, 歸つて來状や訪問者, 歸つて來監房へ入る, 歸つて俄に機嫌, 歸つて傘をすぼめ, 歸つて僅か二夜を過した, 歸つて僕に會, 歸つて兎も角, 歸つて入口の隅, 歸つて其夜は夫, 歸つて其處から大森, 歸つて内の樣子, 歸つて冷飯をたべる, 歸つて別に此事, 歸つて前々からの約束, 歸つて十名ばかりの諸, 歸つて午餐の膳, 歸つて危いこと, 歸つて叔母に學資, 歸つて叔父さんとよく, 歸つて吉野や妹共, 歸つて問題とわたし, 歸つて四半刻も經つて, 歸つて夜がす, 歸つて大臣の男, 歸つて太湖の洞庭山, 歸つて夫から横濱, 歸つて夫婦の睦じいところ, 歸つて娘を相手, 歸つて嫁に行, 歸つて定吉に訊く, 歸つて容子を話し, 歸つて寐やうと云, 歸つて將來の文化指導, 歸つて小唄の師匠, 歸つて工面するさ, 歸つて差向ひ, 歸つて差支のない, 歸つて平次の後, 歸つて庄次にこの, 歸つて床に就いた, 歸つて廊下を來, 歸つて後一部分の外, 歸つて後半時間以内にソーンフィールド, 歸つて復命した, 歸つて心盡しの, 歸つて怪我をした, 歸つて惠果阿闍梨は順宗, 歸つて戀女房のお, 歸つて斯の手紙, 歸つて斯んな事, 歸つて日本へ立つ, 歸つて明日朝早く來, 歸つて明治の初年, 歸つて春松を送り返した, 歸つて昨夜は其處, 歸つて時局下の同郷國民, 歸つて晝間の工場, 歸つて晝食を共に, 歸つて晝飯を食つて, 歸つて晩飯にし, 歸つて景氣づけに, 歸つて暫らくすると, 歸つて書齋に戻る, 歸つて最後まで手許, 歸つて月代をし, 歸つて朝飯を濟, 歸つて杯を擧げ, 歸つて横になりたい, 歸つて檢屍に立會つて, 歸つて此處にゐる, 歸つて母親の養生, 歸つて泉屋一家へ仇, 歸つて涙ながらに良人, 歸つて清水の養子, 歸つて演説の筋, 歸つて澤庵の重し, 歸つて濱町河岸までは目, 歸つて煙草を吸つて, 歸つて燈下で考へる, 歸つて父の墓, 歸つて父親の死骸, 歸つて片平町小學校に復校, 歸つて牛蒡でも拵え, 歸つて琉球那覇港へむかつた, 歸つて田端の下宿, 歸つて町年寄に出せ, 歸つて留守だし, 歸つて畢つた, 歸つて皆んな寢ついた頃佛壇, 歸つて盛宴を張る, 歸つて直ぐに始めた, 歸つて直ぐ道會に於ける, 歸つて相談せう, 歸つて着物を換, 歸つて睡眠せんと, 歸つて研究すると, 歸つて祖先の塋域, 歸つて祖父や母たち, 歸つて神妙に野良仕事, 歸つて禊をし, 歸つて私達と一緒, 歸つて窓から自分, 歸つて筒袖の仕事着, 歸つて籠居したり, 歸つて紙に向, 歸つて紫檀の臺, 歸つて紺サアジを一帳羅, 歸つて結構な智慧, 歸つて縁の下, 歸つて群衆と共に, 歸つて耳を欹てる, 歸つて聲を掛けた, 歸つて肥桶を擔, 歸つて脇差を持つ, 歸つて自家の閾, 歸つて良人久野將監を迎, 歸つて色々な話, 歸つて茲に晩年, 歸つて茶店の前, 歸つて菊次郎が外, 歸つて萎微沈衰の底, 歸つて衆に告げた, 歸つて行き表口から入, 歸つて行く先がたとへば, 歸つて行つたあとで言, 歸つて行つたあと妻は聲, 歸つて行つた事があつ, 歸つて行つた兄の後ろ姿, 歸つて行つた姿が目, 歸つて行つた時刻は, 歸つて行つた此の若い, 歸つて行つた氣持も知つて, 歸つて行つて老祖母さん, 歸つて行つてしまつた後もそこ, 歸つて行つて後の戸締り, 歸つて行つて殘るの, 歸つて行つて貰はう, 歸つて衣服を改め, 歸つて表の戸, 歸つて裁縫の代用教員, 歸つて裏梯子を二階, 歸つて親族に語る, 歸つて親父のあと, 歸つて謙齋先生に話したら, 歸つて谷中村に參, 歸つて貰つたのである, 歸つて貰ふつもりであつ, 歸つて質に入れた, 歸つて身をかためる, 歸つて身ぶり澤山にその, 歸つて身扮まで變, 歸つて近く發刊せられた, 歸つて追憶をほし, 歸つて逃げも隱, 歸つて遙かの後方, 歸つて遲い中食, 歸つて鏡の前, 歸つて開業すると, 歸つて雙方顏を見合せ, 歸つて雙生子を御, 歸つて靜かに休む, 歸つて面喰つて鍵を持つ, 歸つて頂戴ね, 歸つて顏を見せ, 歸つて風呂數包を脊負つたの, 歸つて飯を食つて來, 歸つて駕籠のもの, 歸つて體温表を凝視, 歸つて鳥ちやんの顏, 歸つて鹽燒にさせ, 歸つて點呼を受けた, 歸つて鼻高々と家人, 歸つとるけに, 歸によるのである, 歸へらうと思ふ, 歸へらず途中の, 歸へるだらうと思つて, 歸へれば夜半, 歸亦可能, 歸よりはむしろ前進, 歸らうにも旅費, 歸らざるあこがれの瞳, 歸らした通行税取立所へ, 歸らしたい課外は, 歸らしめ他を一齊, 歸らずして就中憐, 歸らせんためその道を盡す, 歸らむといふに留めもせず, 歸らむといふ左千夫君をおくり, 歸らむとする思慕である, 歸らむとする時主人東京より來, 歸らむとすれば石井滿氏小學校長谷中市太郎氏, 歸らむとて北條より馬車, 歸らむまでは江戸の舊主, 歸られたら大變, 歸られなくなつた, 歸られぬ事あらん, 歸られますので, 歸られませんぞよ, 歸らんすべなし, 歸らんため罪を淨むる者, 歸らん家を求むる, 歸らん彼はアルゴス, 歸らん時わが家の戸, 歸らん汝待ち日々に希望, 歸りあそばした時には, 歸りいそいで原稿用紙, 歸りいたづらに, 歸りかけましたが平次, 歸りかけようとした, 歸りか好きお返事, 歸りか谷中の寺, 歸りか高髷おとなしやかに白粉, 歸りくる彼, 歸りくさつたわ, 歸りこむ日の, 歸りこんと出, 歸りさうに杖を持ち直した, 歸りしに故郷の, 歸りそびれて殘つた者, 歸りたいなア, 歸りたうないか, 歸りたかったのです, 歸りたき心は, 歸りたくなくなつて弱つてゐます, 歸りたくなります不思議な, 歸りだつか, 歸りだつたさうで, 歸りつくと間もなく, 歸りつこはありません, 歸りであると言つて妹, 歸りなさいな, 歸りなさいましお休みなさい, 歸りなさいませさうお, 歸りなさいませんではねえ, 歸りなさるから早く, 歸りなりといふ, 歸りぬべきものをと, 歸りましたですが, 歸りますまいね, 歸ります更けては路, 歸りもつたい振つて筆立に, 歸りやがれ金を有難がる, 歸りやアげつぷ, 歸りや何枚でもあら, 歸りゆきわが洗禮, 歸りゆきし彼等には, 歸りゆく樣また, 歸りらしく鞄を, 歸りんなりましたけど, 歸り下さいませもうお, 歸り下さいませんか, 歸り仕たくになつ, 歸り休みたいのである, 歸り入らしむる習なりとぞ, 歸り入らしめんこそ, 歸り出發の, 歸り去つてしまふ, 歸り去らんとや, 歸り去り父親一人は, 歸り去れる時, 歸り得て, 歸り得べしと期し得る, 歸り得んことを, 歸り流れ落ちる谷川は, 歸り留ける内菊太夫が, 歸り病める者職なき, 歸り着いたら彼女の, 歸り着きし後は, 歸り着きぬと宣給, 歸り着くまでに半月, 歸り着ける時, 歸り行かんためさ, 歸り見たいな恰好ぢ, 歸り跪いて石, 歸り遊ばし明日は, 歸り遊ばすにお, 歸り遊ばせまアおつれ樣, 歸り降つて改めて, 歸り馳せて同志, 歸るあそび癖にも, 歸るいふやうな, 歸るじぶんにや, 歸るたづたづし罪の, 歸るだア, 歸るであらうといふ, 歸るべきなり歸る, 歸るべく思へどもおも, 歸るべければ口, 歸るべし破滅逃れず, 歸るまじ父樣も, 歸る如く汝も, 歸る如くなりきと, 歸れずに力, 歸れないだらうしフランス, 歸れないだろうその時, 歸れなくなりあなたを, 歸れねえで居る, 歸れまいからゆ, 歸れますそれに, 歸れよおとつ, 歸れるなら出入りの, 歸ろうと思つて, 歸をも意味する, 歸スル如ク所謂江海ノ浸, 歸支度をする, 歸着いたしその, 歸着せしむるが, 歸臥せる王翦の, 歸鞦韆影裏紅杏肥濛濛花氣濕人面東風吹冷輕羅衣などといふ句